光軍の戦士のブログ

. 米国がばら撒いた「免疫不全」マイコ生物兵器

米国がばら撒いた「免疫不全」マイコ生物兵器




最初に

今日の記事は、主として転載になりますが、
非常に重要な記事です。
何故なら、我が日本でもばら撒かれている可能性があるからです。
つまり、ケムトレイルとしてですね。

日本各地において、特に、週末は気をつけたほうがいいと思います。
原因不明の多くの難病にも関わっている可能性があります。
日本の国民が病気になればなるほど、喜ぶ人たちがいます。
人口削減委員会はもとより、製薬会社、医療関係者と・・・

日本国民は、世界の中でもトップクラスの削減対象と云ってもいいでしょう。
日本国内では、空からのケムトレイルは、常態化しています。
信じない人はともかく、既に、知っている人は十分に気をつけて下さい。


衝撃!!【暴露!】
ケムトレイルを散布している航空機の中の画像が初めて公開される!!

http://ameblo.jp/shig1956/entry-12213444930.html



特に気になっているのは・・・
原因不明の 膠原病 との因果関係です。
「免疫不全」マイコ生物兵器が関係している可能性も含めて
今後の重要な研究課題になるであろうと考えています。






2010 年 5 月 14 日
米軍病理学研究所へようこそ!:
これが米国のばら撒いた「免疫不全」マイコ生物兵器:全訳付き

http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/141.html

(前書き)

ニコルソン博士に「生物兵器」と名指しされた遺伝子改変マイコ病原体は、
1980年代から1993年にかけて、
ワシントンD.Cの米軍病理学研究所で研究されてきたものでした。

この関係の文献は、1986年~1993年にかけて、
7本の論文として発表されています。
その中心はロ博士です。

ロ博士のグループは、他の研究者とあまり交流せず、
奇怪なマイコ病原体について研究を続けました。

その病原体は、湾岸戦争後に、湾岸戦争症候群にかかった復員軍人および
家族の血液から続々と検出されることになりました。

また、現在では、これと同じ、あるいは類似病原体が、
米国、欧州において慢性疲労症候群等の病原体として
蔓延していることが確認されました。
(日本は未確認のようです)

そういうわけで、米軍病理学研究所の研究内容をちょっと覗いてみましょう。


(今回の要点)
1993年の論文です。
マイコプラズマ ファーメンタンスをサルに接種し、
サルが死亡するまでの経過を観察し、また死体を検分するという実験です。

サルは,全身にわたる感染を引き起し、数十週間ですべて死亡しました。

発熱はほとんど起こらず、組織炎症も見られず、
抗体は終期に少し発現しただけでした。
通常の免疫反応は抑制されていました。
神経系まで損傷が見られました。

マイコプラズマ ファーメンタンス以外の日和見感染は存在しませんでした。

要するに、清潔な環境下で他の感染を押さえた条件下で、
マイコプラズマ ファーメンタンスが致死的疾患を起こす病原性であること、
その症状は、免疫反応を抑制する免疫不全症候群であること、
終期には神経系まで破壊されること
を実証したわけです。

マイコプラズマ ファーメンタンスは、全身の細胞に幅広く接合し、
また免疫細胞を破壊して後天性免疫不全の症状を引き起し、
神経系破壊まで含めて、死をもたらすものであることが判りました。

これは、マイコプラズマ ファーメンタンスが、
ヒト細胞、特にT4ヘルパー細胞などの免疫細胞に対して、
エンドサイトーシス機構によって接合し、細胞の破壊をもたらし、
免疫反応を抑制するという結果と整合しています。

また、マイコプラズマ ファーメンタンスから、
細胞接合性のエイズウイルス被膜遺伝子配列(gp120の遺伝子)を
発見したという論文とも整合しています。

米軍がこんな代物を動物実験していたとは。 絶句。

このマイコプラズマが、湾岸戦争症候群の患者(復員軍人)の血液から発見され、
またその復員軍人の家族の血液から発見されたものです。
その原因は炭疽菌ワクチンが最も強く疑われています。

また、慢性疲労症候群患者の血液から高い割合で検出されたものです。

なお、マイコプラズマ ファーメンタンスの検出手法(ポリメラーゼ連鎖反応法)は、
ニコルソン文献とほぼ一致しているようです。


関連リンク
湾岸戦争症候群が軍人の家族に伝染しているという論文(一部翻訳)
http://www.asyura2.com/biz0310/war40/msg/506.html

湾岸戦争症候群に罹患した復員軍人の「家族」の血液から生物兵器?を続々検出
http://www.asyura2.com/0311/war41/msg/282.html

白血球から検出のマイコプラズマにエイズウイルスの被膜遺伝子配列:生物兵器の証拠文献
http://www.asyura2.com/0311/war41/msg/582.html

炭疽菌ワクチンの凄まじいデタラメ3:湾岸戦争症候群の一因は微生物汚染(未認可)
炭疽菌ワクチンという証拠
http://www.asyura2.com/0311/war41/msg/428.html


(論文名)

Lo S-C, Wear D J, Shih W-K, Wang R Y-H, Newton P B, Rodriguez J F.
Fatal systemic infections of nonhuman primates
by Mycoplasma fermentans (incognitus strain)

(マイコプラズマ ファーメンタンス(インコグニタス株)による、
非ヒト霊長類の致死的な全身性の感染)
Clin. Infect. Diseases 1993; 17(Suppl 1): S283-S288.

軍病理学研究所、感染および寄生疾患病理学部門 米国病理学登録(ワシントンD.C)
国立衛生研究所 ウォーレン グラント マグナソン 医療センター 輸血医学部門
(メリーランド州ベセスダ)


(翻訳)
(全文訳です。 英文のテキストデータは入手できていません)。

四匹のシルバールトン(注:オナガザル科です)に
マイコプラズマ ファーメンタンス(インコグニタス株)を接種したところ、
消耗性の症候を示し、7~9カ月で死亡した。

感染した動物は、マイコプラズマ感染に対して、
遅く、一時的な抗体反応しか示さなかった。

3匹のサルは、周期的に、マイコプラズマ抗原血症を示した。
最も持続的な抗原血症を示したサルは、検出可能な抗体反応を
積み上げることができず、感染によって最初に死亡した。

対照例のサルを、最後の感染動物が死亡した8カ月後に殺した
(注:マイコプラズマを接種していないサルです)ところ、
抗原変化や抗原血症の証拠はなかった。

ポリメラーゼ連鎖反応法、免疫組織化学および電子顕微鏡観察によって、
感染動物にマイコプラズマ ファーメンタンスの全身性の感染を確認した。

他の日和見感染や腫瘍性疾病は発見されなかった。

感染した組織において、
多数のマイコプラズマに対する炎症反応が見られないことは興味深い。

マイコプラズマ ファーメンタンス(インコグニタス株)は、明らかに、
これらのサルにおいて、通常の炎症反応、免疫反応を抑制し、消耗性疾患を生じさせ、
致死的な全身性の疾患をもたらしているのである。

我々の研究室では、
エイズ患者のカポジ肉腫から分離したウイルス様感染因子(VLIA)を研究してきた。
この因子は、最初は、DNAウイルスであると考えていた。

ウイルス様感染因子が病原性であるかどうかを決定するために、
内側管部を4匹のシルバールトン(注:サル)(番号SL2-4)に腹腔内投与した。
ウイルス様感染因子は、形質転換NIH/3T3細胞培地で成長させ、
分離し、30%ショ糖バリアで200,000gで
3時間マイコプラズマ粒子をベレット化して精製したものである。

一匹の別のサルには(番号SL1)、NIA/3T3細胞の対照例の
培養物から調整した上澄み液のみを投与し、対照例とした。

更に、ウイルス様感染因子が本当にマイコプラズマであるか否を、
別の研究によって明らかにした。

詳細なDNA分析によって、
我々が一時的に「マイコプラズマ インタコグニタス」と呼んだ種が、
マイコプラズマ ファーメンタンスの一株であるらしいことが明らかになった。
インコグニタス株と、マイコプラズマ ファーメンタンスの原株とは、
抗原異質性が見られるのであるが。

マイコプラズマは、種特異的であることが知られている。
ヒトマイコプラズマは、実験動物には稀にしか感染しない。
チンパンジーは、ヒトに対して遺伝的に近い動物であるが、
ヒト病原性マイコプラズマ(例えばマイコプラズマ ジェニタリアム)に対して
病原性のようである。

本研究においては、サルにウイルス様感染因子/インコグニタス株を
感染させたところ、致死性であった。

ウイルス様感染因子/インコグニタス株を接種した2週間後、
サルSL4番は、鼻漏および流涙を起こし、これは6週間継続した。
このサルは、8~12週間に、顔面/首に水腫を起こし、肌色が悪く、
18週後には、脱毛症と関連する皮膚炎(過剰な鱗片剥離とかゆみ)を起こした。

このサルは、ウイルス様感染因子/インコグニタス株を接種した後、
29週目に死亡したが、最初に感染した死亡した動物であった。
この動物は、ウイルス様感染因子/インコグニタス株を接種後16週目を別として、
発熱しなかった。

動物SL2、SL3、SL5は、
ウイルス様感染因子/インコグニタス株を接種してから36~38週目に死亡した。
感染したすべての動物について、体重が変動し、
14週目から死亡までは体重が連続的に減少した。

下痢は見られなかった。

動物SL3、SL5は、マイコプラズマ感染後、
4~14週目、あるいは2~20週目に、それぞれ一時的にリンパ腺症を示した。

動物SL2、SL3、SL5は、感染初期には継続的な低レベルの発熱を生じたが、
しかし最終段階では低体温となった。

動物SL5は、感染の最終段階では、ふるえ、硬直、バランス喪失を示した。
これら臨床症状は、神経性疾患を強く示唆している。
しかし、動物の体力が明らかに弱っていたために、この評価は妨げられた。

動物SL2は、継続的で顕著な白血球溶解を起こした唯一の動物であり、
白血球溶解は2カ月異常にわたって続いた(接種後16~24週)。

対照的に、動物SL3およびSL4は、疾患の最終段階で、顕著な白血球減少症を
起こし、白血球数は、それぞれ、410から448細胞/μlとなった。

残念なことに、ヒト白血球のヘルパーサブセットを代表するCD4足す細胞を
染色する蛍光モノクローナル抗体は、シルバートンの白血球を染色できない。

赤血球および血小板数は変動した。
血小板数が一時的に減少する期間が観察された。
いずれの動物も、疾患の最終段階において、血小板減少症は起こさなかった。

マイコプラズマに対して特異的な抗体を、ELISAによって検出した(図1A)。
また、マイコプラズマ ファーメンタンス特異的な抗体は、
連続的に放血からの血清試料(マイコプラズマ接種前に得た試料を含む)における、
新しい免疫反応帯の存在や、ウエスタンブロット分析での全体の血清学的免疫反応
パターンの変化によっても確認できた。

ELISAにおいては、2匹の感染したサル(SL2およびSL3)の方が、
より顕著な、遅い抗体反応を示したが、
抗体反応はそれぞれ、接種後、30、24週目に生じた。

他のサルSL5は、疾患のごく最終時期にいたって、検出可能な抗体を産生したが、
動物SL4では抗体は検出されなかった(図1A)。

すべての感染動物は、感染の経過を通じて、
周期的にマイコプラズマ抗原血症を示した(図1B)。

SL4は、最初に死亡した動物であるが、
最も継続的な抗原血症を示した。

対照例のサルは、最後のマイコプラズマ接種サルが死頁法してから8カ月後に
殺したが、抗体反応も抗原血症も示さなかった。

これらのサルは、いずれも、研究期間中、
サル免疫不全ウイルス(SIV)に対する抗体を持っていなかった。

インコグニタス株に特異的なDNAは、
4匹の感染動物のすべての壊死組織から、
ポリメラーゼ連鎖反応法によって、直接に検出することができた。

4匹の感染サルのうち、
試験した4つの脾臓、4つの肝臓のうちの2つ、2つの腎臓のうちの1つ、
および3つの脳のすべてから、マイコプラズマ感染を同定した。
しかし、対照例のサルの組織からはマイコプラズマ感染は見つからなかった(図2)。
また、疾患の最終段階で神経症症状を示した一匹のサルの脳から、
マイコプラズマDNAを検出した。

感染したサルからウイルス様感染因子/インコグニタス株)を再分離するために、
我々は、瀕死状態のサルから得た末梢血液単核細胞(PBMC)を、
正常なヒトからの末梢血液単核細胞、NIH/3T3細胞、
およびサルBSC腎臓細胞と共に、同時培養した。

ウイルス様感染因子/インコグニタス株の有機体を回収でき、
レトロウイルス感染の証拠は検出されなかった。

検死の際には、悪性腫瘍、細菌または真菌類の日和見感染、ウイルス包含体は、
試験したすべての組織において同定されなかった。

動物の肝臓および脾臓のホルマリン固定したパラフィン埋設組織を、
マイコプラズマ ファーメンタンス(インコグニタス株)を育てるのに使った
ウサギ抗血清によって、免疫化学的染色した。

動物SL2およびSL3の肝臓および動物SL4の脾臓は、
ポリメラーゼ連鎖反応法によってインコグニタス株DNAを最も多量に
含んでいるように見えた。
これら肝臓および脾臓を、インコグニタス株特異的なウサギ抗血清および
モノクローナル抗体の両方によって、染色陽性であった(図3)。

感染したサルからの脾臓および肝臓を直接に電子顕微鏡で観察したところ、
マイコプラズマ様の粒子が見られた(図4)。

この微生物のほとんどは、細胞外に局在化していた。
しかし、他の領域では、マイコプラズマ様粒子の固まりが、
肝細胞の細胞質中と、変性中のクップファー細胞の中に見られた(図5)。

これらほぼ球形の粒子は、直径140~280nmであった。
粒子の一部は、よく区分された外側を限る膜を有していた(図6)。

ときには、これらマイコプラズマ様の粒子は、
顕著な変性を示した細胞核中にも観測された。

対照例SL1のサルの場合には、
検死によって得た肝臓および脾臓組織は、
インコグニタス株DNAを含んでいなかったが、
インコグニタス株特異的な抗血清によって染色されず、
上記と同様のマイコプラズマ様粒子が電子顕微鏡観察で観察されなかった。

こうして、マイコプラズマ ファーメンタンスを接種したすべてのサルが、
全身性のマイコプラズマ ファーメンタンス感染を発現したことが示されたけれども、
検死の際に試験したすべての組織において、
急性炎症病変や反応プロセスは存在しなかった。

結論
 マイコプラズマ ファーメンタンス(インコグニタス株)は、
シルバートンにおいて病原性であり、全身性の感染を引き起こすようである。

マイコプラズマ ファーメンタンスによる感染以外の日和見感染は、
マイコプラズマを接種した動物の組織から見つからなかった。

マイコプラズマによる感染は、
マイコプラズマ抗原に恋するポリクローナル抗体およびモノクローナル抗体を
用いた免疫組織化学技術によって、
またポリメラーゼ連鎖反応法によるマイコプラズマDNAの検出によって、
更に電子顕微鏡による感染組織中の微生物の直接同定によって、確認した。

動物における感染に対する免疫反応は典型的ではなかった。

マイコプラズマに対する抗体反応が遅くかつ一時的なものであったことが興味深い。

更に、動物は、顕著な炎症反応を生ずることなしに、
多数の臓器系に集中的なマイコプラズマ感染を起こした。

このヒトマイコプラズマの病原性は、
ヒト免疫不全ウイルスおよびサル免疫不全ウイルスを含む他の感染性因子と
組み合わせることなしに、更に多様な実験動物において研究する必要がある。





http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20100611



お知らせ

メルマガ読者の皆様へ

10月31日に、メルマガ第24号を配信します。

『大麻の真実~国民は何も知らない!』



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/


第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

この1年間で最も重要な記事になると思います。
ガンの元になっている大元を何とかしなければ、
いくら食事療法、温熱療法、電子治療をしても
その効果は半減以下になってしまいます。
その一番効果的な処方を記事にしました。











スポンサーサイト



. がん・難病治療に最も効果があるのは温泉より岩盤浴

がん・難病治療に最も効果があるのは温泉より岩盤浴







癌治療(がん治療)に良い温泉、癌に効くとされる温泉
http://www.spadayo.com/gan.html

日本では古来より病気になると「温泉」を湯治利用して病を治してきました。
古くは京の天皇も道後温泉や別府温泉で湯治したり、武田信玄も温泉を傷ついた
兵の治癒に使用したり、豊臣秀吉も長生きしようと有馬温泉を好みました。
江戸の人は、湯治するために、長屋を引き払い、家財道具をすべて質屋に入れて、
資金を調達してから、草津温泉で湯治したと言います。
現在の湯治は短い場合で1~2週間、長い場合だと6ヶ月~1年以上湯治されるようです。


管理人

温泉やお風呂が身体に良いのは確かだと思います。
身体を温めること自体、免疫力を高めてくれます。
しかし、限界もあります。

例えば、がんに効果を期待しようとしますと、
免疫力に良いのは確かだとしても、患部に対しては
かなり高温の温泉やお風呂に長時間浸かっていなければなりません。
かなり熱いお風呂に長時間なんて、どだい無理な相談です。
私なら、ほんの数秒でお湯から出てしまうでしょう。
それと、かなり我慢しても、期待しているほどの効果は望み薄です。


メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!


~ 一部引用

科学のお話

お風呂で身体を温めるのと、遠赤外線で身体を温めるのとでは
決定的な違いがあります。

人がお風呂に入った時、お風呂の温度と体温には温度差があります。
温度差がある間は、熱移動をし続けます。
しかし、お風呂の温度と体表面の温度が一緒になると、その時点から、
熱移動はストップしてしまいます。
つまり、温度差が無ければ、熱移動は決して起こらないのです。

分かり易い一例を挙げます。
アイスクリームの揚げ物や天ぷらがあります。
何故、そんな事が出来るんだろうと不思議に思った事はありませんか?

油を一杯に溜めた高温の鍋に、衣をつけたアイスクリームをつけると、
一瞬にして、衣だけ、高温の油と同じ温度になります。
その瞬間から、熱移動がストップしてしまいます。
だから、アイスクリームを溶かさずに、ほぼ同じ状態で食べれるのです。

以上が、お風呂の原理であり限界なのです。
つまり、お風呂は思っているほど、体温を上げていない事が分かります。

しかし、遠赤外線は違います。

これまで、遠赤外線は「対象物の中心まで浸透して中から温める」と
思われていましたが、最近の研究では表面の極わずか0.1mm~0.2mm程度
の所で吸収され、直接深い所までは届いていないことが判明しています。

⋆ 遠赤外線の特徴である、放射(輻射)による伝熱は、熱エネルギーを
低下させる事なく対象物に供給できるため、
他の加熱より深部への熱の伝わりが早くなります。
そのため、中から暖めているのではないか、と考えられていました。

遠赤外線は、光や電波と同じ性質のもので「熱」そのものではありません。
物質を構成する分子や結晶は、それぞれ固有の振動をしています。
水などの遠赤外線を吸収しやすい物質は、共通して3~30μmの固有振動があり、
遠赤外線の照射を受けるとお互いの波長帯が合うので、
共鳴し合い分子レベルの運動を活発にします。

これを熱振動といい、照射された物質の温度を上昇させます。
遠赤外線は物質に吸収されると、まず共鳴する振動エネルギーに変換され、
これが熱エネルギーとなって、自分から熱を発するようになります。

逆に、紫外線などの波長の短い電磁波は、物質との波長が合わないために、
その構成分子を損傷させます。(日焼け、レントゲン照射、被曝など)

更に、同じ遠赤外線帯の電磁波でも波長が合わないと、その効果は小さくなります。
また、熱源から対象物に直接伝達され、空気などの間接的に熱を伝える媒体を
必要としません。
これを「放射(輻射)伝熱」といい、電磁波の特徴です。


基本的に、遠赤外線全身温熱療法は身体の免疫力アップに効果を期待出来ます。
更に、身体の表面に近いところにあるガンの患部にも効果が期待出来ます。
例えば、皮膚がん、甲状腺ガン、前立腺がん、乳がん・・・といったガン。


<引用終わり>


メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

~ 一部引用

癌細胞は43℃以上の熱の中では死滅します。
ただし、42℃ではほとんど大丈夫ですが、残念ながらガン細胞以外の正常な一般細胞も
43℃に達すると死滅します。
しかしながら、43℃に達した一般組織では、血管が拡張して血流を増やすことで
熱を下げる機能が働くので、一般細胞は1~2℃下がります。
これで、43℃の環境でも一般細胞は生き残り、癌細胞は死滅するのです。
がん組織の血管は既存の血管から新しくできた新生血管なので、
一般細胞の血管のように拡張せず、熱を下げられず、
43℃の熱が加われば癌組織は死滅すると言う事なのです。


レベルの高い岩盤浴は、ガン・白血病患者や被曝患者にとって、
今後、最大のアイテムになると私は考えています。



関連記事

ガン細胞が39.3度以上で死滅するのなら
サウナや酵素風呂に入ろう!

http://ameblo.jp/64152966/entry-11461803557.html
FBのシェア:19000


<引用終わり>
-------------------------------------------------


管理人

先ず、ガンや病気の原因となっている毒素や細菌、
そして、放射能核種をどんどん身体から排出することが一番重要です。
その為には、汗をかくのは最高のデトックスになります。
サウナやお風呂では、思ったほど汗をかきません。
岩盤浴が私の一番のお勧めです。

そして、身体に大変良い還元水~アルカリ水をどんどん補給してあげましょう。
ガンに効果あると考えられる水分をどんどん体内に流し込むのです。
これを1ヶ月ほど続けると、劇的に体質改善がはかれると私は考えています。
そして、同時に、塩分やミネラルの補給もその都度行います。

病気の元になっているものを放置して、
あれこれやっても効果は薄いという考え方が基本です。



一番やっかいなのは、
身体の奥深いところに出来たガンをどうするかという一点にあります。
これは、深部加熱以外には方法は無いと思います。
メルマガでも、この深部加熱法を取り上げていますが、
薬事法のからみもあり、ここでは割愛せざるをえません。


私の推薦する岩盤浴のお店を御紹介しておきます。

石浴日和 ~ 千葉県
http://www.ishiyokubiyori.net/





お知らせ

メルマガ読者の皆様へ

10月の終わりに、メルマガ第24号を配信します。

10月19日にメルマガ第23号を配信しました。
もし、届いていない場合には直ぐにご連絡下さい。

『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

この1年間で最も重要な記事になると思います。
ガンの元になっている大元を何とかしなければ、
いくら食事療法、温熱療法、電子治療をしても
その効果は半減以下になってしまいます。
その一番効果的な処方を記事にしました。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/


第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。











. 重曹で瞬時に放射能が除去できることを実験されたそうです!?

重曹で瞬時に放射能が除去できることを
実験されたそうです!?





2016-10-14
重曹で瞬時に放射能が除去できることを実験しました。
http://ameblo.jp/makerba/entry-12209475363.html

昨日は千葉県の大喜多町の約1,000坪の田畑で、放射能の測定と、
重曹で放射能除去の実験を行いました。

千葉県は放射線量が多いとよく目にするので、
測定前はここで農業が出来るかと思っていましたが、測定してみると、
雨上がりという条件下で、室内とほぼ同じ放射線量でした。

東京蒲田の室内の値が0.047、
千葉県大喜多町の室内が0.045。

田畑の一番多いところが0.070、
次が0.065でした。
後は室内とあまり変わらずです。

私はblogで、何度も重曹で放射能除去出来ると書いていて、
いつか重曹で放射能が消える実験をしてみたいと思っていました。

実験前は、重曹撒いて暫く放置する時間が必要かなと思っていました。

実際に上記の放射線量が多いところに撒いたところ、なんと言うことでしょう?
瞬時に放射線量が減ったのです。

0.070→0.051
0.065→0.045

こんなに直ぐに放射能除去できるとはビックリしました。

どういう仕組みかわかりませんが、驚きです。

まだまだ重曹で放射能除去出来るのを知らないで、
危険にさらされている方が多いと思うので、皆さんでこの情報を拡散してください。

どうか放射能で、苦しむ方がいなくなりますように。


<引用終わり>
---------------------------------------------



管理人

う~ん・・・、本当なんでしょうかね。
何故、身体に良いのかは、ここまで記事にしていますが、しかし、
放射能の線量が下がるという実験は、初めて目にしました。
もしそうなら、その原理については解説は不可です。
ただ、アメリカ合衆国陸軍も被曝対策や汚染軽減に使用しているようですから、
まんざら根拠がない訳ではないと思いますが、どうなんでしょうか?



アメリカ合衆国陸軍は、放射線障害防止に重曹を推奨
http://ameblo.jp/64152966/entry-11501651485.html

一部引用

●海塩について:

あらゆる放射線被ばくを生き抜く秘訣は、海塩にあります。
あなたがもし、日本の原発事故による災害に直面しているか、
X線を受けた(病院や空港の検査)、あるいはガンの放射線治療
を受けた場合、海塩(ヨウ化した食卓塩ではないもの)入りの
お風呂に入り、体内に入った放射性物質を出しましょう。

●重曹について:

口腔ガンや咽喉ガンと診断された場合、
重曹を水に混ぜてうがいをすることで、
放射線を中和することが可能です。
重曹は、放射能汚染除去に強い威力を発揮します。

アメリカのニューメキシコ州ロス・アラモス国立研究所のドン・ヨーク氏は、
ウランに汚染された土壌の浄化に重曹を使用しました。
重炭酸ナトリウムは土中からウランを分離させて結合します。
現時点でヨーク氏は汚染された土壌サンプルから92%のウラン除去
に成功しました。

●これだけでは信用できない、とお感じのあなたに:

では、もうひとつお知らせ。
アメリカ合衆国陸軍は、腎臓への放射線障害防止に重曹を推奨しています。

放射能は非常に有毒です。放射能暴露は、たとえ微量であっても、有害です。
X線による被爆(病院と空港検査)または「放射線治療」と呼ばれる全ての
治療は、最も危険な放射能中毒の原因です。
X線と放射線ガン治療は、集中的で頻繁な被ばくとなるため、
放射性降下物よりも遥かに壊滅的です。

●お風呂や飲料水に重曹を:

放射性毒を体内から排出するためには、
お風呂のお湯に海塩と重曹を1/2カップずつ入れてください。
毎日20~30分間を約3週間、または、2日に1度、6週間、
そのお湯に浸かります。

海塩は放射能を体内から引っ張り出してくれるのです。

質の良い海塩を一つまみ、蒸留水に入れて、毎日コップ数杯を飲みます。
これで、体内の放射性物質を除去するのに必要な
ミネラルと痕跡元素を補給できます。

●塩水が飲めないよ!などの場合:

アミノ酸のシステインが、電離(イオン化)放射線によって生成される
フリーラジカルを撃退して、身体への放射性物質の悪影響を防ぎます。
システイン、メチオニン、システィンと、その派生物は“硫化アミノ酸”
の仲間です。これらのアミノ酸は、炭素、水素、窒素と酸素に加えて、
硫黄を含んでいるため、上記の働きをします。


英語原文: http://presscore.ca/2011/?p=2211

以上、引用終わり
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



取り敢えず、この重曹でうがいを行い、
そして、20%薄めて少量飲むことを薦められました。

私が薦められたうがいの方法は、

小さじのスプーン一杯に、
ヤクルト1本分の量ほどの水で薄める事です。

かなり塩味の効いた味がしますが、
やるのとやらないとの差はかなり違います。

やっていると、鼻の奥の痰のようなものが時間と共に出てきて
鼻が気持ちよくなります。
興味のある方は一度試してはいかかでしょうか?

-引用終わり-
-------------------------------------------------







お知らせ

メルマガ読者の皆様へ

10月の終わりに、メルマガ第24号を配信します。

10月19日にメルマガ第23号を配信しました。
もし、届いていない場合には直ぐにご連絡下さい。

『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

この1年間で最も重要な記事になると思います。
ガンの元になっている大元を何とかしなければ、
いくら食事療法、温熱療法、電子治療をしても
その効果は半減以下になってしまいます。
その一番効果的な処方を記事にしました。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/


第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。











. メルマガを始めて、ちょうど1年が経ちました。

メルマガを始めて、ちょうど1年が経ちました。



管理人

メルマガを始めたのが、去年の11月でした。
手探りのヨチヨチ歩きで何とかここまでやって来ました。
ちょうど、年間購読も3ヵ月購読も更新の時期にあたり、
個人メルマガなものですから大忙しです。

メルマガ購読希望者の皆さんへの返信。
購読継続希望者の皆さんへの返信。
そして、新規の方へのメルマガ配信と・・・
それだけで、1日だけで6時間もかかることもあります。
中には、健康面や悩みなどでご相談を受けたりもしますので、
かなりの労力を必要とします。

私が、メルマガを始めた最初の動機は、ある怖れからでした。
ブログそのものが退会に追い込まれ、そして、全てが削除されてしまう。
つまり、6年間、毎日やってきたことが、全て無くなってしまうのです。
そういった潜在的な怖れは、数年前から持っていました。
動機は、そういった漠然とした危機感によるものでした。

でなければ、メルマガなんて大それた気持ちは持たなかったと思います。
しかし、イザ始めるとなると、また別の心配が出て来ました。
もし、数十人にも満たないくらいの希望者だったら・・・と。
ブロガーの人は数多くおられますが、仮に、結構有名になったとしても
本当のパフォーマンスが分かるのはメルマガをやった時です。
その時に、初めて、自分の潜在的な本当のパフォーマンスを知ることになります。
ですから、ある意味、恐怖でもあるのです。

私の場合、幸運でした。
一つには、アメーバさんでブログをやらせていただいた事が大きいです。
やはり、ここが一番影響力が大きいですから。

二つ目は、私の背景が真っ白で何も無いことが理解された事。
宗教色も政治色も無いことを皆さんはよくご存知です。
私を工作員扱いにして、ブログで攻撃しているブロガーのほとんどは、
その背景は灰色で、トーイツやソーカのカルト系であることが判明しました。
皆さんは、その事実をよく認識しておられるようです。


つい最近、嬉しいこともありました。
メルマガの基本単位は、3ヵ月購読と1年間購読の二つですが、
中には、5年~3年~2年購読をしていただいた方もおられます。
これは、メルマガ管理人にとって、とても嬉しいことなんです。
少なくとも、5年は死ねないですね。(笑)
3ヵ月購読の方の多くが、1年間購読に切り換えられました。
今現在、購読者全体の9割が1年間購読です。
感謝の言葉以外には見当たりません。
皆さん、本当に有り難う御座います。


継続して更新される人の中には、

『 いつか、豊富なメルマガの情報が、自分や家族に役立つと思うから 」

・・・といった嬉しい言葉もいただきました。


今日も、以下のメッセージをいただきました。


光軍の戦士さま

お忙しいのに、ご丁寧にありがとうございます。
本日、メルマガ購読料1万円を入金しました。

「夢も希望もない世の中になってしまった。」
と姉に嘆いたら、
「自分が変わったからだよ。
世の中は変わってない」
と言われました。

いろいろと知ることが希望になることだけではない。
世界の裏事情はがっかりすることばかりでした。
おかしいでしょう?
生き物が恐怖や痛みを感じるのは生存のためです。
生まれて来たら、生きることが権利であり義務であり、
自然の法則はそのようになっているのです。
なのに、それに逆らう者たちに、なぜ繁栄があるのでしょう?

打ちひしがれてばかりもいられません。
私の愛する者たちの健康と生存を守るために、
何ができるのかを考えて行かねばなりません。

これからもよろしくお願い致します。

〇〇 〇〇

----------------------------------


ドイツや台湾は、原発全廃に向けて動き出しました。
素晴らしいことです。
韓国は、既に、パチンコを全廃しています。
しかし、日本は・・・

日本の深い闇は、怖ろしく深いことに気づきました。
個人で立ち向かうには、相手はあまりにも巨大です。
そして、常に、死がつきまといます。

変われない日本・・・
そんな中で、生きて行くにはどうすれば良いのか?
それが、私のメルマガの最大のテーマです。

私は死を怖れません。
死ぬ時は、私の全ての役割が終わった時だと思えるようになりました。

望むことは、メルマガやブログの読者の皆さんの幸せのみ。
そして、許されるなら、最後に、皆さんにお別れを云って逝きたい。
いつか、きっと・・・そんな日が来るでしょう。




Once upon a time in America





お知らせ

メルマガ読者の皆様へ

10月の終わりに、メルマガ第24号を配信します。

10月19日にメルマガ第23号を配信しました。
もし、届いていない場合には直ぐにご連絡下さい。

『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

この1年間で最も重要な記事になると思います。
ガンの元になっている大元を何とかしなければ、
いくら食事療法、温熱療法、電子治療をしても
その効果は半減以下になってしまいます。
その一番効果的な処方を記事にしました。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/


第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。











. 女優の高樹沙耶さん、大麻所持容疑をデッチあげられ?逮捕される!

女優の高樹沙耶さん、
大麻所持容疑をデッチあげられ?逮捕される!
 







元俳優の高樹沙耶容疑者、大麻所持容疑で逮捕 容疑否認
http://www.asahi.com/articles/ASJBT3VP3JBTUTIL00Q.html

 厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部は25日、
沖縄県石垣市の自宅で乾燥大麻を隠し持っていたとして、
元俳優の高樹沙耶(本名・益戸育江)容疑者(53)と同居する男2人を
大麻取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕し、発表した。
高樹容疑者は「私のものではない」と容疑を否認。
男2人も否認しているという。

 同部によると、逮捕容疑は、3人が25日午前10時半ごろ、
石垣市の自宅で乾燥大麻数十グラムを所持していたというもの。
自宅からは、大麻を巻くための紙や吸引用のパイプも見つかった。
パイプに使った形跡があることから、同部は3人が使用目的で
乾燥大麻を所持していたとみて調べている。

 高樹容疑者は1982年に俳優デビュー。ドラマなどで活躍した後、
「持続可能な暮らし」を求め、千葉県にエコハウスを建てた。
2012年には所属事務所を辞めて石垣市に移住し、宿泊施設を運営していた。

 16年7月には、参院選東京選挙区に新党改革から立候補したが、落選。
選挙戦では「医療大麻の研究推進」を掲げ、
落選時にも「医療大麻を知って欲しかった。市民運動として続ける」と話していた。






管理人

100%やられるだろうと思っていましたが、ヤッパリなって感じです。
高樹沙耶さんが、今年7月の参院選で、医療大麻の合法化に向けて
動き出した時点で、確実に嵌められるだろうと予想していました。

やったのは、警察内部の非合法活動組織「ゼロ班」が主体の連中でしょう。
厚労省の麻薬取締部なんてのもお仲間さんが多数いるはずです。

“大麻叩き”は、人口削減委員会の至上命題ともいうべき最重要課題の一つです。
事あるごとに、大麻を叩きます。
身体に大変良い大麻を叩くことの本当の意味は、日本国民叩きです。
汚染された食べ物を「食べて応援」させている連中と同根です。

警察・検察、司法、政治家の中枢は、ブラックによって固められています。
日本国のあらゆる部門の要職は、ブラックでなければ決して就けない仕組みになってます。
無論、電通を始めとしたマスコミも同類です。
その事に気づいていない日本人は、確実に削減されてしまいます。

小沢一郎も東京地検特捜部に、事件そのものが存在しないデッチ上げ事件を
やられて政治生命をほぼ失うキッカケになりましたし、
植草一秀さんは、ハニートラップを仕掛けられて教授職を追われました。
元財務大臣の中川さん、元報道ステーションディレクターの岩路さんは、
例のあの連中によってポアされてしまいました。
皆さんが思っているよりも、この日本は本当に恐ろしい国なんです。

今の所、高樹沙耶さんが、どのような反撃に出るかは分かりませんが、
恐らく、カルト警察・検察、司法によって確実に有罪に持っていかれる可能性が100%。
権力に、よってたかって犯罪者にされてしまうでしょう。
司法取引で、3人の関係者の中の誰か弱い人が一人陥落すれば、それで終わりです。

そもそも、大麻や吸引用パイプなんてものは、簡単に仕込めますから、
それを隠し持って、「あった!」と言えば成立する訳です。
或いは、予め、高樹沙耶さん宅に仕込むのは、実に簡単に出来てしまいます。
バカにでも出来る仕事というのは、こういう事を意味します。
そして、腐ったマスコミが真相究明することなしに、警察発表だけを垂れ流し、
日本民族にとって大切な人間を犯罪者に仕立て上げる訳です。
更に、その報道を見た国民がフンフンとうなずき納得するという次第。

今後・・・
ネットで影響力を持った人は、こういったデッチあげでやられる可能性を
常に考えておかねばなりません。
要注意人物は、常に監視されている可能性があります。
盗聴も盗撮もされているかもしれないと考えておくべきです。
いつ何時、犯罪者に仕立て上げられるか分からないご時勢になっているのです。

ちなみに、芸能人は覚せい剤で利用されています。
ところが、覚せい剤の大元が摘発されることは絶対にありません。
当然でしょう。
その供給元は、日本支配しているブラックの奥の院な訳です。
米軍基地なんてのも・・・アレですからね。


最後に・・・
見せしめの為の生け贄にされた高樹沙耶さんは可愛そうです。
もし万一、仮に、本当に大麻を吸っていたとしても、
責められるべきは高樹沙耶さんでは無いと私は確信しています。
それを法的に禁止しているブラック国家官僚組織そのものにあると考えます。
何か、助けてあげられる方法は無いものかと思案中です。

日本国民の命を救うはずの大麻を非合法化し、逆に、放射能汚染食材のような
本来、合法であってはならないものを合法にして人口削減を推進している連中に
支配されているカルト国家・ニッポン!
どいつもこいつも本当に腐ってやがる。


高樹沙耶さんのツイッター
https://twitter.com/ikuemiroku?lang=ja

高樹沙耶さんのフェイスブック
https://www.facebook.com/ikue.masudo







「生きたい!」末期がん患者 山本正光さん、
医療用大麻を求めて訴訟を起こすも…






お知らせ

メルマガ読者の皆様へ

10月19日にメルマガ第23号を配信しました。
もし、届いていない場合には直ぐにご連絡下さい。

『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

この1年間で最も重要な記事になると思います。
ガンの元になっている大元を何とかしなければ、
いくら食事療法、温熱療法、電子治療をしても
その効果は半減以下になってしまいます。
その一番効果的な処方を記事にしました。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/


第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。





浮世離れ 虹の豆~高樹沙耶さん運営
http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:http://www.nijinomame.com/information_u.html








. 鳥取人工地震の気象庁発表そのものが暗号化されたものだった。

鳥取人工地震の気象庁発表そのものが

暗号化されたものだった。









気象庁発表より


21日14時7分頃、
鳥取県で最大震度6弱を観測する地震がありました。
震源地は鳥取県中部、M6.6。
この地震による津波の心配はありません。
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20161021140724.html


発生時刻
2016年10月21日 14時7分頃

震源地 鳥取県中部

最大震度 震度6弱

緯度 北緯 35.4度
経度 東経 133.9度

マグニチュード M6.6

深さ 約10km ⇒ 約11km


------------------------------------------------


管理人


先ず、この気象庁の発表を、もし仮に、
イルミナティ・フリ-メ-ソンの関係者が見たとしたら、
直ぐに、暗号だと気づくでしょうね。

最大震度 震度6弱
マグニチュード M6.6

これって、もろに666でしょ。
通常、有り得ませんよ、こんな偶然が重なることは。


実際には、最大震度もマグニチュードも発表されたものより
低かったのは、少し考えれば分かるはずです。
そもそも、あの程度の被害で済むはずがありません。
つまり、実際の数値を改ざんして発表したと考えられます。
別に不思議でも何でもありません。
今までも、かなりやってきた前科があります。
知らないのは、情報弱者の人だけです。

666っていうのは、私なりに訳しますと、
イルミナティ・フリ-メ-ソンの皆様へっていう意味か、
或いは、
イルミナティ・フリ-メ-ソンが人工地震を起こしましたという暗号でしょうね。


それから、当初、深さ 約10km と発表していたのに、
その後、直ぐに⇒ 約11km と訂正しましたと出ましたね。
これなんかも完全におかしいです。

説明します。

過去の多くの実例からすると、深さ 約10km の本当の意味は、
深さが、1キロでも3キロでも5キロでも全て統一して、
深さ 約10km と発表するのが恒例となっています。
ところがですよ、にも関わらず、たった1キロ違うだけで、
実は、⇒ 約11km でしたと訂正すること自体、おかしいと思いませんか?

如何でしょう、皆さん。
私の言うことがおかしいですか?
或いは、気象庁のやっている事のほうがおかしいですか?
皆さんは、どのように感じられたでしょうか?
この意味は、11という数字を一層際立たせています。


更に続きます。

発生時刻
2016年10月21日14時7分頃

21日14時7分頃・・・この部分が大変怪しいですね。
何故か、分かりますか?
ぎんこさんのコメントにもありましたが、
これって、全て、7の倍数です。
7で割ると、3⇒2⇒1・・・⇒0、次は0 爆弾って意味にもとれます。
0って、ドカンって、多くの人は想像しますよね。
カウントダウンな訳ですから。

日にちと時間と分が、全て7の倍数になる確率は、かなり低いです。
1か月の中で、7の倍数になる確率は、30分の4です。
1日の24時間の中で7の倍数は、24分の3です。
1時間の60分の中の7の倍数は、60分の8です。
これを全てかけ算すると、確率が算出出来ます。

この3つが、7の倍数で重なる偶然は、およそ、400分の1の確率です。
この1点だけでですよ。

震度とマグニチュード が、全て偶然に、666となる確率も恐ろしく低いです。
恐らく、これも数百分の一の確率です。

400分の1と数百分の一をかけ算すると、本当の確率が出ます。
400×300と仮にしますと、120000分の一です。
つまり、この二つだけを取っても、12万分の1の確率の偶然です。

更に、11と続きます。
11の意味は、二つ考えられます。
一つは、11月という意味。
二つ目は、革命的テロの決起を呼びかける数字です。

これらを総合すると、100万分の一の偶然の確率と相成ります。

確率論の世界の話になると・・・
学者は、これを偶然とは定義しません。
偶然でないのならば、人が意図的に操作した暗号とみなします。

6 と 7 は、悪魔教の基本となる二本の柱です。
11は、革命的テロの決起を呼びかける数字。
この3つの数字は、悪魔教の生命線ともいうべき最重要な数字です。
この3つが、偶然に重なるなんてことは、

通常の世界では絶対に有り得ません。

その有り得ないことを気象庁は、臆面もなくやらかしたのです。
気象庁は、悪魔教=イルミナティ・フリ-メ-ソンによって完全に

支配されています。
無論、末端の職員の人は何も知らないと思います。

一部に、11月7日を要警戒日と指摘する声もあるようですが、
私としては何とも云えません。
11月7日は、7.11とも解釈が出来ます。
9.11~3.11~7.11・・・と並べますと、
確かに、嫌な感じではありますが、今のところ、何とも言えません。

一つには、
緯度 北緯 35.4度
経度 東経 133.9度
この部分が、まだ解明されていないからです。
これまでやってしまうと、本当に命まで狙われますから、止めましょう。
そこのところの解明は、密かに、読者の皆さんの各自でお願いします。

11月8日は、アメリカ大統領選挙の日なのか。

そして、問題の7日は月曜日・・・

悪夢のブラックマンデ― と称される日じゃないか。\(゜□゜)/

まあ、何も起こらないと思いますがね・・・



2016年カレンダー11月 





お知らせ

メルマガ読者の皆様へ

10月19日にメルマガ第23号を配信しました。
もし、届いていない場合には直ぐにご連絡下さい。


『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

この1年間で最も重要な記事になると思います。
ガンの元になっている大元を何とかしなければ、
いくら食事療法、温熱療法、電子治療をしても
その効果は半減以下になってしまいます。
その一番効果的な処方を記事にしました。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/


第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
〇生還の為に知っておくべきこと!
〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。
















. 21日14時7分~鳥取人工地震の目的は何だろう?~地下核実験!?

21日14時7分~
鳥取人工地震の目的は何だろう?
~地下核実験!?





NIED 国立研究開発法人防災科学技術研究所 ~より
http://www.kyoshin.bosai.go.jp/kyoshin/search/

2016年10月21日~鳥取強震波形



上にあるような地震波形 ↑ は・・・
自然地震では、ほぼ絶対に無いと思って間違いない。



人工地震と自然地震の波形の比較





21日14時7分頃、
鳥取県で最大震度6弱を観測する地震がありました。
震源地は鳥取県中部、M6.6。
この地震による津波の心配はありません。
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20161021140724.html


発生時刻
2016年10月21日 14時7分頃

震源地 鳥取県中部

最大震度 震度6弱

緯度 北緯 35.4度
経度 東経 133.9度

マグニチュード M6.6

深さ 約10km ⇒ 約11km








震度6の場所は自衛隊駐屯地があるところか、熊本と同じだな。


熊本地方⇒自衛隊高遊原分屯地
~阿蘇地方⇒自衛隊湯布院駐屯地
が震源地っておかしいだろう!?

http://ameblo.jp/64152966/entry-12151195271.html


2016/04/14 21:26:36 熊本・益城 強震記録波形






管理人

これは単なる妄想であって欲しいですが・・・

日本は、地下核実験をやっているんじゃないのか!?

日本は、いつでも核ミサイルを持つことが出来ると豪語している。



2011-03-10
石原都知事「1年以内核兵器で中国を威嚇する」と挑発
http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2011-03/10/content_22101892.htm

英「インディペンデント紙」のネットサイト3月8日の報道によると、
失言連発の石原慎太郎東京都知事は「日本は世界で唯一原爆の被害を受けた国だから、
核兵器を発展させ、勢いが増す中国を警戒するべきだ」と主張した。

石原都知事は「インディペンデント紙」の取材で数々の意見を述べた。

「日本は年内にも核兵器を製造し、世界にその威力を示す。」

「我々の敵である中国、朝鮮、ロシアの近隣国は皆揃って、核兵器を持っている。
このような敵に囲まれている国がほかにあるか。」

「いろいろ言う人はいるが、外交上で駆け引きができるかどうかは結局、
核兵器を持っているかどうかなのだ。
国連安保理事会の常任理事国はみんな核兵器を持っている。」

これらの発言がされたのは、中国が益々軍事力を強化していることに対し
世界が脅威に感じている頃だった。

石原都知事は
「昨年の漁船衝突は日本がどんなに弱腰で非力であるかをさらけ出した事件だった。
中国の漁船はわざと日本の海上自衛隊の船にぶつかったと訴えられていたが、
日本側が中国の漁船船長を釈放して事を終えた。
もし、日本が核兵器を持っていたら、中国も尖閣諸島には手が出せないだろう」と述べた。

また、右翼派の石原都知事は
「核兵器を保有すれば、ロシアはもっと日本を尊重するはずだ。
ロシアは第二次世界大戦で日本の千島列島を奪った」と述べ、
日本は武器の製造輸出に関する制限をなくすべきであると指摘した。

「中国網日本語版(チャイナネット)」 2011年3月10日


-----------------------------------------------



中国メディア~より

日本はミサイル搭載用の核弾頭を開発する能力もあり、
極めて短期間のうちに、「世界第3位の核兵器保有国」になれる

http://d.hatena.ne.jp/kibashiri/20150812/1439363542

★日本には世界最大のヘリカル型核融合実験装置があるなど、核融合技術で世界一流。

★核爆発実験をしなくても高性能のスーパーコンピューターによるシミュレーションで
核兵器を作る能力がある

★日本はミサイル搭載用の核弾頭を開発する能力もあり、極めて短期間のうちに、
「世界第3位の核兵器保有国」になれる

(※2014年時点で、世界で核兵器を最も多く保有する国はロシアで総数8000発、
第2位は米国で7315発とされる。
第3位以下はフランス(300発)、中国(250発)、英国(225発)の順なので、
この主張は日本は300発以上の中国を越える核兵器の保有が短期間で可能という
意味合いを持つ)

★日本が核兵器を保有した場合、西太平洋地区、
とくにわが国の安全に対する重大な脅威となる


<引用終わり>
-----------------------------------------------



アメリカ合衆国、ロシア、イギリス、フランス、中国の五大国のほか、
インド、パキスタン、北朝鮮が保有を表明している。
また、イスラエルも公式な保有宣言はしていないものの、
一般的には核保有国とみなされている。
これらの国は核クラブ (nuclear club) とも称される。


管理人

高性能爆薬を使っても、震度5~6の地震は起こせない。
これを起こせるのは、核爆発のみである。

今日、ここまで確かな証拠が浮上しているにも関わらず、
ネットのあまりの関心の低さには目を覆うものがあります。
一般社会の人間が何も知らないのは、嫌というほど熟知していますが、
情報の最先端を走るネット社会がこれでは、もうお手上げ・・・
一体どれだけ証拠をあげれば信用するようになるのだろうか?

核保有国に、日本が名前を連ねるのは、もはや時間の問題のような気がする。
恐らく、日本政府はずっと否定しつづけるだろうが・・・




関連記事

熊本や函館やその他の日本で起きている人工地震は
日本による原爆実験ですか!?

http://ameblo.jp/64152966/entry-12172501716.html






お知らせ

メルマガ読者の皆様へ

10月19日にメルマガ第23号を配信しました。
もし、届いていない場合には直ぐにご連絡下さい。

『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

この1年間で最も重要な記事になると思います。
ガンの元になっている大元を何とかしなければ、
いくら食事療法、温熱療法、電子治療をしても
その効果は半減以下になってしまいます。
その一番効果的な処方を記事にしました。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/


第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。










. 賞味期限1週間の牛乳が、5ヶ月経っても飲めるのは何故!?

賞味期限1週間の牛乳が、
5ヶ月経っても飲めるのは何故!?





つい数日前に、大変気になる投書が寄せられて来ました。 

(全文を公開しますが、特定商品名については伏字にします。)


件名:牛乳の賞味について


・・・・・・・・・・・・

wantonさん

メルマガ購読をしようとおもっている者です。
近日中に、昼間振込みをしに行ける日に
行こうと思っています。
時間のあるときや週末にはチェックしています。
いつもためになる情報ありがとうございます。

ところで、もう既にご存知の情報かとも思いますが、
最近気になっている事の一つを書きたいと思います。

昔から、色々な日本の食品が、やたら賞味期限が長いことについて
気になっていて、確かwantonさんのブログでも、
色々に取り上げられていたと思うので、
その関連で、今回は牛乳について、私が気がついた点について
お知らせした次第です。
突然すみません。

外国(欧州ですが)に行くと、
牛乳が、時には買ったばかりでも、乳化していることもありますし、
1週間くらいには悪くなります。
しかし、日本の牛乳は、使いきれず、1、2週間冷蔵庫に放置しても
全然悪くなりません。
疑問に思って、パックを開けたものや未開封も同時に
どのくらいもつか実験しているのですが、
そのうち、たまたま冷蔵庫の奥に5ヶ月間も忘れていた牛乳、
「〇〇ジャージー」があって、先ほど開けてみたら、
飲めるような状態でした。
(口に含んでみて確かめ、その後吐き出しました) 

その会社に電話して確かめたところ、
「何も添加していないから、1週間を過ぎると腐る」とのこと。
ですがその後、実は5ヶ月でこうでした、と言ったら、
流石に慌てているようでした。

放射能の問題もありますし、牛乳などは成長ホルモンやその他もあると思い、
牛乳をたまに選ぶ時は(なるべく避けています)、
西日本や九州の、他より割高の高級ブランド的なモノに限定はしているのですが、
どれも(〇山牛乳なども)、滅多にいたみません。
添加物一切なしとは謳っていますが、
実際は飼料の段階や搾乳の時などに、何か与えているということはないのでしょうか?

欧州のよく行く国は、とても寒い(アイスランド)ので、
気候的には日本の方が腐敗しやすいと思うのに、
牛乳は冷蔵庫でも、すぐいたみます。
日本でそれほど長くいたまない理由が知りたいですが、多分どこに聞いても
「添加物はない」の一点張りだと思いますが、
それだけでは納得し難いのです。 

牛乳が何ヶ月も冷蔵庫で飲める状態というのは、
普通のことなのでしょうか? 

私は、西日本産でも、できるだけ今後も乳製品の摂取は控えていこう
という考えを強めた次第でした。 

それではまた。


<引用終わり>
---------------------------------------------


管理人

家畜への抗生物質・ホルモン剤の投与が直ぐに頭に浮かびますが、
今回の場合、少し違うように思います。
問題は家畜用「飼料」にあると考えられます。
日本で家畜を育てるための「飼料」の原料になる穀物はほとんどが輸入です。
しかも、その大部分が米国産ってことで・・・

遺伝子組み換え穀物飼料に、枯葉剤なんて話になって来るのではないでしょうか。

過去記事より

1961年、ベトナム 戦争中、ケネディ大統領は枯葉剤の使用を許可する。
ベトナム全土の農産物を全滅させ、敵国ベトナムを飢餓に陥れようと言う作戦であった。
農産物を「枯れ死に」させる目的で開発された枯葉剤の中身は、
強烈な発ガン物質ダイオキシンであり、2007年現在でもベトナムでは
枯葉剤の影響で奇形児が誕生し続けている。

ケネディのこの枯葉剤散布作戦を実際に指揮したのは、
メリーランド州フォートデトリックの米陸軍細菌兵器研究所の化学兵器部隊であった。
フォートデトリックは、遺伝子組み替え技術を使った生物兵器=ウィルス ・細菌兵器の
研究所であり、化学兵器部隊は付随的な部隊であったが、枯葉剤を実際に開発したのは
米国最大の化学企業モンサント社であり、フォートデトリック研究所とモンサント社の
一体化が枯葉剤の開発、実戦使用を巡って明らかになる。

ベトナム戦争後、モンサント社はこの枯葉剤を農業 用の除草剤として
大々的に転用、販売し始める。
しかし、この除草剤を使用すると雑草だけでなく農産物そのものまで
枯れさせてしまう難点があった。

そのためモンサント社は、遺伝子組み替え技術を使いダイオキシンでも枯れない
農産物の種子=遺伝子組み替え食品 を開発し、
枯葉剤・ダイオキシンと遺伝子組み替え食品を「ワンセット」で販売し始める。

現在、私達が日常的に「食べさせられている」遺伝子組み替え食品は、
常に強烈な発ガン物質ダイオキシンに汚染されている危険性を持つ事になる。
元々、ダイオキシンに汚染されても枯れない「食品」として、
遺伝子組み替え技術は「開発」された。

遺伝子組み替え技術により農産物は
ダイオキシンに汚染されても枯れないが、
それを食べた人間は必ず癌にかかる。


現在、モンサントは世界最大の遺伝子組み替え食品企業として、
世界最大規模の穀物商社カーギル社と提携し、
米国を中心とした食品の生産・流通の独占体制を形成しつつある。






管理人

つまり、枯葉剤の成分は、“腐敗菌”さえも駆逐するのでしょうか?
そのように育てられた穀物を飼料として、
牛やブタさんたちは、毎日、何年にも渡って食べさせられている訳です。

これでは、いつか病気になります。
それがあまり表に出ないのは、早い内から屠殺処分され、食肉用として
出回るからでしょう。
それを日本人が食べることになる訳です。

しかし、乳牛は食肉用としてではなく、長く生存することになります。
飼料から得た毒物は、長い期間に渡って蓄積されることになります。
そして、その乳牛から搾り取った牛乳は、腐りにくいとなる訳です。
更に、病気になった乳牛さんたちは、秘密裏に処分されるのでしょう。

ここ最近の話ですが・・・
人が死んだ後もなかなか腐らないといった話が噂になっています。
首都圏の焼き場が、死人が多くてあまりにも待ち時間が長くなってしまって、
1週間以上になってしまう事も多々あるとか。
しかし、多くの死人の身体が腐らないといった話が、一時期、話題として
上がっていたことを思い出しました。
思わずゾッとさせられます。



しかも、その飼料となるエサには、別途に、
抗生物質・ホルモン剤が更に投与される訳です。


食物:抗生物質漬けの食肉
http://kusuri-jouhou.com/nyuumon/food.html

成長促進剤

動物に飼料を与えるとき、成長促進剤を混ぜることがあります。
現在、成長促進剤はヨーロッパで禁止されています。
WHOは「抗生物質を成長促進剤としての使用を禁止する」という方針を表明しています。
しかし、まだ日本では抗生物質が含まれる成長促進剤を使用しています。

成長促進剤がなぜいけないかというと耐性菌の問題があるからです。
抗生物質が効かない。
つまり、病気になってもその病気が治らなくなります。
これでは薬はもう薬でありません。

このような耐性菌が病院だけではなく農場からも検出された例が多くあります。
これは動物が病気にかかったときに使用する抗生物質の影響もありますが、
多くは成長促進剤に含まれる抗生物質の影響によるものと考えることができます。

飼料に含まれる抗生物質の量はごくわずかです。
少ないから大丈夫ではないかと思うかもしれません。
しかし、実際はこの量で十分耐性菌が発生します。

また、量が少ないので細菌を完全に殺すまでには至りません。
つまり細菌は徐々に抗生物質に慣れていき、
耐性を獲得することができる理想の状態となるのです。
このようにして、農場からも世界で最も恐ろしい菌が検出されるようになりました。


 耐性菌への感染

私達は抗生物質漬けの肉を食べていることになります。
成長促進剤によって薬に対して耐性を獲得した細菌が発生します。
つまり牛や豚、鶏は耐性菌を体のなかにもつようになります。
耐性菌を保有する動物を食肉として加工すれば、
その肉には必然的に耐性菌が含まれることになります。

耐性菌に汚染された食肉を食べると、耐性菌が私達の体の中に侵入してきます。
すると、耐性菌に感染する確率は高くなります。
実際に数%の人の糞便から耐性菌が発見されています。

耐性菌によって病気が発病し、どの抗生物質でも効果が表れないのであれば、
多くの場合は諦めるしか方法はありません。

ヨーロッパでは抗生物質を成長促進剤として使用していませんが
畜舎を清潔に保つことで衛生状態をよくし、
適切な飼料を与えることで解決しています。

なお、耐性菌の多くは加熱によって殺すことができます。
さらに健康な人にとって、耐性菌は感染力も弱く問題となりません。
ただし、例外もあります。


 加熱での殺菌

「加熱をすれば菌は死滅するため、安心して食べることができる」、
多くの人はそう考えるかもしれません。
しかし、「安心」と「安全」は全く異なります。

「加熱によって安心して食べることができても、必ずしも安全に食べることができる」
とは限りません。

多くの細菌は加熱によって死滅します。
しかし、細菌によって産出される毒素は熱に強いため、
熱では毒素を完全に取り除けないことがあります。
これでは、どれだけ熱処理しても毒素によって結局は病気にかかってしまいます。

また、しっかりと加熱をしたにもかかわらず細菌に感染することがあります。
生の状態の肉を調理し加熱をして安心した後、まな板をそのままの状態にして
ほかの食材を調理したりそのまま手を洗わずにいたりすると細菌は体の中に
入ってきます。

このように、「加熱して安心していること」と「安全に食べられること」は
決してイコールではありません。


<引用終わり>
------------------------------------------------------



米軍がベトナム戦争での実戦を前提に、1960年から約2年間にわたり、
国頭村と東村の米軍北部訓練場内と周辺一帯で猛毒のダイオキシンを含む
枯れ葉剤「オレンジ剤」の試験散布を実施していたことが5日までに分かった。
http://enzai.9-11.jp/?p=6197






お知らせ

メルマガ読者の皆様へ

10月19日にメルマガ第23号を配信しました。
もし、届いていない場合には直ぐにご連絡下さい。

『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

この1年間で最も重要な記事になると思います。
ガンの元になっている大元を何とかしなければ、
いくら食事療法、温熱療法、電子治療をしても
その効果は半減以下になってしまいます。
その一番効果的な処方を記事にしました。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/


第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。
















. 米ロ関係は最悪に近づいた~ロシアは、アメリカと戦争する準備を開始!

米ロ関係は最悪に近づいた~
ロシアは、アメリカと戦争する準備を開始!






2016年9月29日のロシア・トゥディより
画像:http://indeep.jp/moscow-underground-shelters-ready-for-the-evacuation-entire-people/

2016年9月29日
ロシア非常事態省が
「モスクワのすべての市民を地下シェルターに避難させる用意ができた」と発表した。



10月11日
露空軍の爆撃機が病院や学校の爆弾を落としていると米英が非難していますが、
カナダ人がアメリカの基地で露空軍の爆撃機のように塗装したアメリカ空軍機の
撮影に成功しました。真理は隠せませんね。嘘つきには付き合ってられません。
https://www.rt.com/viral/362321-us-jets-russian-colors/






2016年10月12日
世界的に軍事的な緊張が高まる中、
アメリカのマーク・ミリー陸軍参謀総長はロシアに対し、
かつて経験したことがないほど激しく叩きのめしてやると演説した。
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201610120000/



2016年10月14日
広がり続ける「第三次世界大戦の噂」
http://indeep.jp/wwiii-is-in-the-air-what-happens-in-october/






2016年10月15日
【英デイリーメール】プーチンが海外在住の全ロシア人に母国への引き揚げを命じた。
シリアを巡る停戦問題で米国との関係悪化が深まり、世界大戦の準備にかかっている。
既にポーランド国境付近に核ミサイルの移動を終えて臨戦態勢に入っているという。

Russia has moved nuclear-capable missiles nearer to the Polish border

Russia 'orders all officials to fly home any relatives living abroad'
Politicians and high-ranking figures are said to have received
a warning from president Vladimir Putin to bring their loved-ones home to the 'Motherland', according to local…
DAILYMAIL.CO.UK




関連記事

ロシアは、アメリカと戦争する準備を開始した!
http://news.livedoor.com/article/detail/12140862/


-----------------------------------------------------


管理人

ここ最近、安倍総理が微妙に揺れ動いています。
消費税増税の先送り~憲法改正へ向けた国民投票に慎重な姿勢・・・
ロシアとの関係改善に向けた動きへと続きます。
総裁任期延長の可能性が大きくなって、護りに入ったのでしょうか?

2016/10/03 に公開
https://www.youtube.com/watch?v=x87TkWGRajU

19分13秒あたりから、民進党の前原議員が、安倍総理にクギを刺しています。
ロシア関係において、曰く・・・
『 米国の政権移行期に、あまりバタバタと決めるという事については、
私はあまりいいとは思わない。』

ここでは、アメポチの前原議員から、やはり、アメポチの安倍総理に
注意勧告が行われていますが、これは、米国の意志だと安倍総理は
受け止めたに違いありません。
安倍総理は、北方領土返還交渉に大いに期待を寄せており、
ご自身の政治家としての勲章を欲しがっているのかもしれません。

米ロ関係が最悪に近づいている折、何かと物議を醸しだしそうな
日露関係の外交交渉な訳です。
まして、12月のプーチン大統領の訪日まで実現するとなれば、
米国としても、あまりいい顔はしないでしょう。

しかし、ここのところで、ふと感じるのは・・・
米国の国際的な影響力の低下です。
それしか、安倍総理の動向の説明がつきません。
極めて微妙な感覚からの素人の推察に過ぎませんが。

今、米国にあるのは、世界一の軍事力だけ。
世界のドル機軸体制は崩壊しつつあり、ドルの信用も失墜しつつある今日、
米国の信用と影響力は、今まさに落日を迎えようとしています。

そいうった状況下の中で、米ロ関係は最悪の情況に進展しています。
シリアを始めとして、各地で、米国とロシアの代理戦争が勃発しているのは
皆さんが既に知るところです。

ところが、ここでも・・・しかし???、となるのです。
果たして、世界情勢の自然の成り行きなのでしょうか?
私は、基本的に米国もロシアも信用はしていません。

例えば、第二次世界大戦後の東西冷戦時代ですが、
これなんかも、後世になって初めて、ヤラセだったと判明しています。
つまり、資本主義陣営も共産主義陣営もNWOの片棒をかついでいた訳です。
そもそも、共産主義そのものもロスチャイルドが創らせたものです。

対立構造を創作して、膨大な利益を得て、尚且つ、
殺戮を繰り返していた連中がいたのです。

米ロ関係の悪化も・・・怪しいですね。

アメリカ合衆国大統領が、10月、
若しくは年内に戒厳令の可能性を示唆しています。

http://ameblo.jp/64152966/entry-12202299656.html

<一部引用>

彼が訓練中に目撃し驚愕したことは。。。
ロシア軍の兵士らが米国民の家に押し入り、
米国民がすぐに銃をロシア軍兵士に手渡さない場合は
その一家を処刑するという想定の下に訓練を行っていたのです。

そして甥は無理やり訓練を見学させられていたのです。
そして米国民を演じた俳優が憲法や第二修正案について叫び続けている間に、
ロシア軍兵士らは彼等を処刑しているふりをしていました。
そして彼等の訓練を無理やり見学させられていた米軍兵士らはロシア軍兵士らに
米国民にどのように話しかけたらよいかをアドバイスすることになっていました。

これって戒厳令の訓練なのでしょうか
甥によると、ロシア軍兵士らの訓練を見学させられていた米軍兵士らは
みな恐怖を覚えたとのことです。
なぜ私がこのようなことを貴方にお伝えしているかはお分かりかと思います。
貴方は以前、国連がホワイトハウスと軍隊を乗っ取り米国民を処刑するという映画
「ハルマゲドン」を推奨していたからです。
どうかこの情報を拡散してください。
映画の通りに彼等は米国民を殺害するつもりです。

<引用終わり>
----------------------------------


何故、ロシア軍兵士が米国内にいるの???

何故、ロシア軍兵士が米国民の弾圧や殺害の訓練をしているの???

どう考えてもおかしいでしょ、これって。

米ロ関係が悪化しているにも関わらず・・・到底、理解不能。
これを説明出来るのは、全てがシナリオ通りのヤラセ以外にはない。

もしそうであるならば、我々は警戒しなければいけません。
大きな何かの計画が進行中であることは間違いないからです。
その何かが、今のところ、漠然としています。
しかも、その時期はいつなのか?

或いは、同じNWO内部の権力闘争の可能性もあります。
プーチンは、911はヤラセの内部犯行を暴露しています。
これが解明されれば、これに関与したイルミナティの政治家や軍人、多くの組織は
当然、ただでは済まないでしょう。

やはり、米国の大統領選挙を含めたアメリカ内部の動向がカギを握ると
考えるのが最も自然です。
今のオバマ大統領は、任期終了間近で、ほぼ死に体です。
その中で、ペンタゴンがやりたい放題やっているといった印象です。

お金が無くなって、力だけは世界一の大男が暴れまくる世界が
待っているように感じられます。
日本も、今まで随分と恐喝されていたようですが、
これから、更に本格化して来ないかと心配しています。

人工地震やら活火山の噴火、大型のテロ事件等・・・
犠牲になるのは、いつも日本の善良な市民ばかり。
数百兆円のお金を米国の軍部に求められても、もうあまり残っていませんから。
その時には、脅しもかねて仕掛けられるかもしれませんね。

2016年の年末から、2020年の間にかけて・・・
私が最も懸念していることです。
もし、西日本の原発がやられたら、もう日本は本当に終わりです。








お知らせ

メルマガ読者の皆様へ

ここ数日の内に、メルマガ第23号を配信します。

記事の題名

『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

この1年間で最も重要な記事になると思います。
ガンの元になっている大元を何とかしなければ、
いくら食事療法、温熱療法、電子治療をしても
その効果は半減以下になってしまいます。
その一番効果的な処方を記事にします。


メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器 を10月9日に配信しました。

機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。

http://ameblo.jp/64152966/entry-12207218197.html

以上の記事の続編が、★メルマガ第22号となります。

まだ届いていないメルマガ読者の方は、直ぐにご連絡下さい。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/












. 人の幸せって何だろう・・・

人の幸せって何だろう・・・




お知らせ

メルマガ読者の皆様へ

ここ数日の内に、メルマガ第23号を配信します。

記事の題名

『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

この1年間で最も重要な記事になると思います。
ガンの元になっている大元を何とかしなければ、
いくら食事療法、温熱療法、電子治療をしても
その効果は半減以下になってしまいます。
その一番効果的な処方を記事にします。




https://twitter.com/kininaru2014111/status/786859945144614913


管理人

昨日は、記事をお休みしました。
あるとても重要なことを体験する為に出かけていました。
そして、その日に、大変素晴らしい体験をして帰ってきました。
同時に、大切な気づきを得ることが出来ました。
ブログを休んで行って来ただけの十分過ぎる成果が得られました。
メルマガ第23号で、その体験を元にした記事を書くことになりますが、
ブログ読者の皆さんにもお伝えしたいのが私の本音です。
もしかすると、2017年のお正月に、このメルマガ第23号を
ブログ読者の皆さんへ公開することも考えています。
メルマガ読者の皆さんとの兼ね合いもあり、悩ましいところですが・・・。


さて、本題に入ります。
私は、今から10年以上も前から、ずっと幸せになりたいと願うようになりました。
実は、ずっと不幸せだと感じる日々が続いていたのです。
仕事に追い回される毎日、徹夜続きの生活・・・
人は本来、楽しく幸せに生きる為に生まれてきたはずなのです。
でも、現実はその正反対のことがあまりにも多過ぎます。

最近、ブラック企業という文字をよく目にしますが、
日本社会そのものがブラック社会に思えてきました。
働くことが生きがいだという人もいらっしゃいますが、
本当なんでしょうかね・・・
会社・企業なんて嫌なことがすごく多いと思いませんか?

会社に入社すると、先ず、社畜になることを求められます。
そこに人としての人間性が入り込む余地はほとんどありません。
そして、人の一生のうちの大部分を会社に捧げることが求められます。
更に、徹底的に社畜になりきって、上司に気に入られなければ、
社員としての出世は叶いません。

人や動物は、弱いものをイジメる習性を持っています。
会社や職場でのイジメなんて日常茶飯事でしょう。
立場の強い人が弱い人を虐げイジメるのです。
私も、そういったイジメを随分と経験しました。

社畜になりきった人は、仕事や会社以外のことはあまり考えなくなります。
そして、出世することが、自分や家族にとって幸せだと信じるようになります。
つまり、無知・無関心人間の大量生産社会が出来上がるのです。
お金が全て~出世が人生の最大関心事になります。

しかし、会社にも入れず非正規雇用やアルバイトの人は、ものすごく低賃金で、
苦しい生活を余儀なくされてしまいます。
今の若い人や、中でも、女性の方は特にいい仕事につけません。
昼間の仕事をやりながら、夜に、スナックやキャバクラのアルバイトを
やりながら、掛け持ちで夜遅くまで働いている女性も結構おられます。

歴然とした格差をつけられた上に、差別までされる不幸な社会が目の前にあります。
そして、時として、陰湿なイジメや嫌がらせを経験する羽目になるのです。

私は以前、歯科技工所を自営でやっていました。
こんなこともありました・・・
歯医者⇒『 お前、仕事が欲しいなら、俺の周りを3回まわってワンと言ってみろ。
そしたら、考えてやる 』・・・と。
果たして、これが人間のすることでしょうか・・・
女性へのセクハラなんてものも同類だと思いますね。

どんなに綺麗ごとを並べたって、ブラック企業にブラック社会環境。
そして、『 日本の若者の自殺率~世界一 』

日本に住み続けている大人には気づきにくくても、海外から日本に来た
外国人には、その本質を直ぐに見抜かれてしまうのかもしれません。
そういった社会で生きて行くために、順応して従順になることを選ぶのでしょう。
日本人全体をみれば温厚でいい人が大変多いと思うのですが、しかし、
何故、こんなことになってしまうのか・・とても残念な気持ちになります。


その上に、巷に溢れている食べ物が大変良くありません。
どの表示を見ても添加物だらけです。
毒性化学物質と表示してもらいたいくらいのものです。
野菜や農作物といったら農薬まみれ・・・
これは、身体に悪いだけではなく、人の人格にも大いに影響が及びます。
体調を悪くし、キレやすい人間になると考えられます。
科学的には、世界保健機構でも公表されています。







我々は、こんな社会を望んでいたのでしょうか・・・
幸せに生きて行くのが極めて困難な社会を。

幸せって、一体何なのでしょう?
私は、幸せになりたいから、一度、整理してノートに書き止めようと思いました。
ところが、実際には一文字も書けなかった経験があります。

幸せって個人によってもそれぞれ違いますし、感覚的な世界です。
とてもシンプルな言葉なのに、宇宙ほどに奥行きの深いものを感じます。
その本質の世界を平面的な絵画のごとき文字にしようとすること事態に無理が
あるのかもしれません。

喜び、楽しい、癒し、感動・・・
どれも感じる世界の感覚の世界で、言葉や文字でまとめるなんて
到底、無理かもしれないと悟りました。

あなたが感動したことを文字にしてまとめなさいと云われても、
決してあなたが味わった本当の感動の心が伝わるとは思わないでしょう。
言葉にならないという文節は、その為にあるような気がします。
まして、幸せ・・・という感じる心の世界の話になると訳が分らなくなります。


ですが、もし、これが出来たら少しだけ幸せになれると感じたら・・・
その道に、第一歩を踏み出しませんか。
ほんの少し勇気が必要なら、その時こそ、勇気を出してみましょう。
出来ないと頑なに思うのは、洗脳の成せる技です。
本当は出来てしまうんです。
それで、少しでも幸せな人生を送れたら、成功者の仲間入りです。

私は、ほんの少しの勇気を振り絞り、第一歩を歩み始めました。
その為に、自分の自営の歯科技工所を廃業しました。
私にとって、それを続ける限り、決して幸せになれないと確信したから・・・
お金にはなりましたが、人生の大半を仕事に奪われる生活を止めにしました。
もう、嫌になってしまったのです・・そんな生活に。

そして、その後、アルバイトの掛け持ちで生計を立てていました。
アルバイト生活でも、やはり嫌な経験は多々あります。
しかし、決して後悔することはありませんでした。

311が起こって、二つの掛け持ちをしていた内の一つを止めました。
今こそ、ブログで成すべきことがあると感じたからです。
今やらなければ、いつそれをやるのかといった強い感情に襲われました。
そして、311から5年間・・・
今の自分があります。

今、幸せかと訊かれたら・・・幸せですと答えます。
ずっと信じてきたことをやり続け、決して後悔しない道を歩み続ける。
それが、私が辿り着いた・・・
幸せの生き方の問いに対する私なりの答えです。


人は、とてもつらい経験をすると・・・
ほんの少しだけ、優しくなれるのではないでしょうか。
実は、これはものすごく大変なことなんです。
だって、人間という生きものは、余程のことがない限り、
決して変われない生きものだからです。
自分が痛みを知り、だからこそ人の痛みも分かるようになる。
私は、人に対して、いつも優しくあり続けたいと・・・
いつからか、願い想うようになりました。
その道を死ぬ時まで歩み続けるつもりです。

人は、変われるんですね。
一年経って再会したら・・・別人になっていたなんてね。
だから、人って・・とっても素敵で素晴らしい生きものでもあるんです。

人それぞれの皆さんの人生に・・・乾杯! 音譜



Ennio Morricone - Theme from "Once Upon a Time in the West"





お知らせ

メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器 を10月9日に配信しました。

機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。

http://ameblo.jp/64152966/entry-12207218197.html

以上の記事の続編が、★メルマガ第22号となります。

まだ届いていないメルマガ読者の方は、直ぐにご連絡下さい。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/


第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!











. BSE牛肉食べ放題の国・ニッポン!

BSE牛肉食べ放題の国・ニッポン!





始めに

ここ最近、BSE~狂牛病という活字をテレビや新聞、週刊誌などで
ほとんど目にしなくなりましたね。
報道管制でも敷かれているのでしょうか?
実は、こういった時が一番危険でヤバイんですよね。
日本国民は・・・本当に忘れやすい民族ですから。


ハンバーグ、ミートボール、レトルト・ビーフカレー、牛肉缶詰、
大手牛丼チェーン店、大手外食チェーン店、大手焼肉チェーン店、

学校給食に、ハンバーグ、ミートボール、
病院の入院患者の食事に・・・介護食にも。


お母さんは、まさか、お子さんの弁当に、ハンバーグやミートボールを
入れていませんよね。
いずれ・・・・・・、大変な事になっても知りませんよ。

学校・教育関係者の皆さんは、学校給食に、ハンバーグやミートボールを
出していませんか?
放射能汚染食材を積極的に取り入れ、「食べて応援」に協力するだけでは飽き足らず、
米国にも「食べて応援」する訳ですね・・・BSE疑惑牛肉を。
学校で、あなた達、一体何を教えているんですか?
未来ある子供たちに、早く死ぬ方法でも伝授しているのですか?

世界に表示されているBSE検出の統計は、氷山の一角。
実際には、その何百倍もあると疑ったほうがいい。
皆さん、この事を是非、頭に入れておいて下さい。
家畜業者も、少しでもBSEの疑いのある牛は、秘密裏に処分し、
闇市場に流して損益を出さないようにするのは常識の範疇。


2010年の春から夏にかけて、日本では、日本の宮崎県南部を中心に
口蹄疫の流行したのは記憶に新しい。
そして、韓国では、2010年の11月から翌年にかけて、韓国全土で
口蹄疫が大流行した。

日本と韓国に共通するのは、米国からのBSE規制緩和への圧力に
激しく抵抗していた点である。
不思議な事に、世界でこの2国に、集中的に口蹄疫が大流行した。
米国からのBSE規制緩和への圧力に、素直に応じていれば、
口蹄疫も両国で蔓延しなかったのではないかと噂されています。

そうそう、もう一つ共通点があった。
日本も韓国も、米国の準植民地であるという一点。
やはり、逆らっちゃぁ~いけないんだね、宗主国に。
くわばら・・くわばら・・・




2016.04.10
危険な牛肉、流通の恐れ…牛のBSE検査を国が大幅緩和、
これまでの危険部位も検査対象外に

http://biz-journal.jp/2016/04/post_14619.html

今、日本の牛のBSE(牛海綿状脳症)対策を一変させるBSE国内対策見直しによる
食品健康影響評価作業が、食品安全委員会プリオン専門調査会で行われている。

これまでBSE検査対象牛は、48カ月齢以上の全頭だったが昨年12月、
厚生労働省は対象から健康牛を外し、と畜場で運動障害や神経症状等がある
24カ月齢以上の牛のみとすることを食品安全委員会に諮問。
同評価作業はこれを受けたものである。これにより、
ほとんどの牛は検査対象にならなくなる。

2001年に日本でBSEが発生して以降、全月齢の牛を検査対象とする全頭検査体制を
確立していたが、13年4月から検査対象牛を30カ月齢以上の牛に、
同年7月からは48カ月齢以上の牛を検査対象にするよう規制を緩和してきたが、
今回の見直しで原則検査をしないという方向に抜本転換することになる。


海外では発生相次ぐ

では、世界的にBSEの発生はなくなっているのであろうか。
今年3月には、フランスでBSE感染牛の新たな発生が確認されたばかりか、
昨年はアイルランド、ノルウエー、スペイン、スロベニア、カナダ(以上、各国1頭)、
英国(2頭)でBSE感染牛の発生が確認され、一昨年は、フランス(3頭)、
スペイン(2頭)、ルーマニア(同)、ドイツ(同)、ポルトガル、英国、
ブラジル(以上、各国1頭)でBSE感染牛の発生が確認されている。
このように、BSEは決して過去のものではなく、発生件数は少なくなっているものの、
現在も発生が続いているのである。

そのなかでも問題なのが、異常プリオンが含まれている肉骨粉を含む飼料を
原因として発生する定型BSEではなく、原因が不明で発生する非定型BSEである。
前者は、肉骨粉などの動物性タンパク質飼料の使用規制によって発生を抑制する
ことができるが、もちろん飼料規制が不徹底であれば発生は継続拡大する。

これに対して非定型BSEは原因が不明であるだけに対策も打てず、
発生を抑制することもできない。
現にヨーロッパでは01年から15年までに非定型BSEが90頭も発生しており、
飼料規制が徹底されているなかでも、以下の通り発生が継続している。

・10年:8頭
・11年:8頭
・12年:9頭
・13年:5頭
・14年:7頭
・15年:3頭


脅かされる食の安全

この非定型BSEについては、3月10日に驚くべき研究結果が
農研機構・動物衛生研究所から発表された。
それは、「非定型BSEから新規BSEが出現する現象を確認」という
次のような研究成果であった。


「従来型のBSEとは異なる性状の非定型BSEは全世界で100例ほど確認されていますが、
孤発性と考えられる非定型BSEに関する科学的知見は乏しく、
リスクの推定は困難となっています。
農研機構 動物衛生研究所は、非定型BSEの性状解明に関する研究を進めてきました。

カナダで確認されたH型非定型BSEの材料を牛型プリオンたん白質遺伝子改変マウス
(牛型マウス)で継代培養することによって、新たなBSEプリオンが出現することを
明らかにしました。
このプリオンは牛への脳内接種実験で従来のBSEに比べて短い潜伏期を経て、
BSEを発症させることが確認されました。
新たなBSEプリオンの出現は、非定型BSEが牛群で継代された場合に
病性が変化する可能性を示唆するものと考えられます」

要するに、非定型BSEが動物で伝達を繰り返すことによって、
新たなBSEプリオンが出現する可能性が明らかになったということである。
その新たなBSEプリオンは、潜伏期間が従来の16.2~22.5カ月から14.8カ月と短くなり、
脳内の蓄積パターンが異なるものであった。

では、健康に見える牛を原則検査しないという今回の方向転換により、
この非定型BSEが私たちの食生活に入り込まない保証はあるのだろうか。
この非定型BSEは、高齢牛に発生しやすいと指摘されており、
48カ月齢以上の牛のBSE検査をしてきたこれまでの検査体制であれば
排除される余地があったが、今回の見直しが実現すれば48カ月齢以上の検査は
なくなるのであり、この非定型BSE牛が私たちの食卓に入り込む可能性は高くなる。

さらに、厚生労働省は、これまで危険部位としてと畜場で廃棄していた
扁桃及び回腸遠位部、脊柱を危険部位から外すことを求めており、
脅威はいっそう増すことになる。

食品安全委員会プリオン専門調査会は次回から、
この非定型BSEについて審議をする予定になっているが、
国民の食の安全を守る防波堤になるかどうか、その真価が問われることになる。
(文=小倉正行/フリーライター)

<引用終わり>
------------------------------------------



狂牛病の真実
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Tachibana/9059/tomatoma/bse.htm


 狂牛病は、決して新しい病気ではない。

狂牛病は1990年頃から、専門家の間では人間への感染の危険性が問題視されていた。
問題視はされていたが、その問題が世間に明るみに出ることは、畜産に関わる人々の生活に、
大きな打撃を与えかねない。
もしも勇気を持ってその事実を世間に明るみに出したとしても、反対意見で握り
つぶされるか、政治的圧力で押さえつけられるかのどちらかであった。


1700年代の初め頃から、羊のスクレイビーという病気→(ご存じの通り、
脳がスポンジ状になって最終的に生命維持が困難になり死に至る病気)←は知られていた。
しかし、他の種に感染する可能性が示唆されたのは、ごく最近のことである。
その間、スクレイピーと診断され、処分された羊は数百万頭と言われているが、
発症するまでに最長5年と非常に期間が長い。

発症前に加工され、市場に出回ったものが多数に上るという見解が一般的である。
しかも、スクレイピーは現在でも羊の群があるところなら、どこでも存在する病気である。
ちなみに、この事実はかなり昔から知られていたが、狂牛病騒ぎで有名になった
イギリスでは、長くにわたって何の対策も講じられていない。

加工された羊は、人間の食用になる他、人間が食べられない部分は
砕かれて家畜の餌として市場に出ることになる。
この餌を食べた牛が、狂牛病を発症した疑いがあるという意見が一般的である。


スクレイピーは、ほとんどの動物に感染することが報告されている。 

政府はしきりに隠そうとしているようだが、スクレイピーに感染した羊の組織を使用して、
他の動物に同様の病症を発症させることに成功した例がいくつも報告されている。


感染した動物は、以下の通りである。

サル

ハムスター





山羊

マウス

ラット

ミンク

モルモット


人間での実験はさすがに行われていないが、人間にきわめて近い遺伝子を持つサルが
感染したことから、人間に感染する可能性も非常に高いとされている。
また、口腔内に傷があると、感染する危険性が格段に増すという実験結果も報告されている。
羊から感染する以外にも、羊→牛→人間という感染経路も十分にありえるとされている。


 人間ではどうなのか?


実験データではないが、人間間で感染した例や、
他の種から人間へ感染した例がいくつも報告されている。


狂牛病が発生した農場主が
CJD (人間に感染した狂牛病のことを特にこう呼ぶ) に感染して死亡
(8例 いずれもイギリス)。

○肉や飼料を扱う業種(飼料の試食に携わっていた)で、CJDに感染して死亡。

○神経外科や組織学者が患者からCJDに感染して死亡。

○成長ホルモン (これは人間の死体から採取する) の投与を受けた子供数名が
CJDに感染して死亡。

○人間の死体から採取された、女性ホルモン接種を受けた女性数名がCJDに感染して死亡。

○羊の血清から調製された、狂犬病ワクチン接種によって、CJDに感染して死亡。


人間医学では、CJDは遺伝によって起こるという説が押し通されている。
しかし、犠牲者の家系にそのような症状で死亡した人間はおらず、
親族にもそのような症状を発症している者はいない。
それでも、「遺伝によるものである」という意見を通そうとしている。
そちらの方が政治的にも混乱を招かず、都合がよいからではないだろうか。


 現在生きているほとんどの人間は、すでに感染している可能性がある。

狂牛病が世間に明るみに出たのは、ごく最近のことである。
それまで、狂牛病という病気自体がほとんど認識されていなかったので、
「立てないのは足の関節の欠陥」と診断され、そのまま処理されて肉に
なってしまっていた。
しかも、そのような例は「よくあること」と認識されており、
特に対策も講じられていなかった。

また、脳や神経組織などは、すりつぶして安物のソーセージに増粘剤として加えられたり、
他の臓器と一緒にミンチにして、ハンバーガーの中に挟まっている肉になったりして
いたのである。
最近、狂牛病騒ぎでそのようなことはなくなったが、
近頃までごく当たり前に行われていたことである。
イギリスでは未だに平然と行われている。

CJDは、感染までに十年と言われているが、病原体を摂取する量によって、
発症までの期間が増減する。
近年、突然痴呆症のようになってしまう症例がたびたび報告されているが、
昔はこのような症例はほとんどなかったとされている。
CJDに関連するものである可能性も示唆されている。


 政府の安全宣言は本当に信じてもよいのだろうか。 

「狂牛病の病原体は、脳・神経組織・腸・リンパなどの臓器に
集中しており、肉は大丈夫」と発表された。

専門家に言わせると、それは「真っ赤なウソ」である。
おそらく、少し知識のある人ならば、間違いであることを指摘するであろう。

病原体は、発症するまでほとんどの器官に存在する。
ただ、発症する頃には、脳・神経組織などの器官に病原体が多数存在し、
そこに集中しているような状態になっている、というだけである。

また、リンパの毛細管は血管のように体内をほとんど網羅しており、
当然普通の肉の中にも含まれている。
それを手作業で切り分けるのは絶対に無理である。

また、神経組織も同様である。神経組織は束になっていれば目に見えるが、
普通は1本1本が分かれた状態で筋肉上に存在する。
神経1本1本をすべて除去するなど、獣医にも無理な話である。
今では検査されているため、「検査済み」ステッカーが貼ってある肉を
食べるなら大丈夫である。


 イギリス産の肉は、ものすごく怪しい。

スクレイピーに感染した羊肉を摂取することで、人間に感染する可能性は
実験データがないのでわからないが、イギリス産の羊肉は、食用が禁止されている。
これは、イギリスの羊はスクレイピーに感染している割合が高いためである。
「可能性」ではなく、実際感染している割合が高いのだ。

また、牛肉に関しても不透明な部分が非常に多い。
大腕を振って安全宣言をしているが、
狂牛病対策はほとんど行われていないと言ってよい状態だ。
処理業者はもちろん、農場主でさえそのようなことに気を配ることはない。
対策は発表されているが、ほとんど守られていない。








お知らせ

メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器 を10月9日に配信しました。

機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。

http://ameblo.jp/64152966/entry-12207218197.html

以上の記事の続編が、★メルマガ第22号となります。

まだ届いていないメルマガ読者の方は、直ぐにご連絡下さい。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/


第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!











. 東京大停電は、これから起こる~更なる巨大災厄の前兆であり警告!

東京大停電は、これから起こる
~更なる巨大災厄の前兆であり警告!






停電の影響でダイヤが大幅に乱れ、乗客らでごった返す西武池袋線池袋駅ホーム
=12日夕、東京都豊島区


10月12日 21時16分
東京都内で大規模停電 東京電力が会見で謝罪
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161012/k10010727421000.html

12日午後、都内で発生した大規模な停電を受けて、
東京電力は午後7時半ごろから記者会見を開き、
「お客様をはじめ広く社会の皆様に大変なご不便、ご迷惑をおかけしたことを
おわび申し上げます」と謝罪しました。

今回の大規模な停電による経済的な損失への対応について、東京電力は記者会見で、
「被害の状況について多数の問い合わせがあり、どのような損害があったのか、
まずは話を聞くことしか出来ない」と述べました。
そのうえで、停電の原因によっては賠償などの対応を検討するのかと問われたのに対し、
「原因についてはなんとも言える状況ではない」と述べ、明言を避けました。


発火の原因は

問題の地下の送電施設には送電ケーブルが3本ずつ6つの束にして
合わせて18本通っています。
東京電力によりますと、原因はわかっていないものの、
このうち1本のケーブルから火が出て、ほかのケーブルに燃え広がった可能性が
あると説明しています。

ケーブルは直径がおよそ15センチほどあり、中心には電気が流れる銅線が通っていて、
その外側に絶縁体として、油を染み込ませた紙を何重にも巻きつけることで漏電を
防ぐ仕組みとなっています。
東京電力によりますとこのケーブルの絶縁体が何らかの理由で損傷した場合には
高い電流が流れて出火するおそれがあり、それが油に引火してほかのケーブルに
被害が広がることが考えられるとしています。

ただ今の時点で、原因は特定できていないということです。
東京電力によりますと、この施設のケーブルは35年前に敷設されたもので、
異常がないか、定期的に目で確かめる点検をしていて、
最近はことし6月15日に点検を実施したということです。
また絶縁の不良による同じような火災は、平成17年に神奈川県内で
起きているということです。

-------------------------------------------


▼ 停電 東京都内のATM 一時利用できず

▼ 東京都内 一時200か所の信号が停止

▼ エレベーター閉じ込めや非常電源で手術

▼ 霞ヶ関の官庁街が停電




2006年の首都圏大規模停電の時は、三国屋建設所有のクレーン船のクレーンブームが
河川上空を横断する送電線に接触したため生じた地絡放電アークにより一部の電線が
溶融損傷し、一部の電線が完全溶断した事故による。

1999年11月22日に首都圏で発生した停電 ⇒ 1999年11月22日首都圏大停電、
T-33Aの墜落事故によるもの。

1987年7月23日首都圏大停電⇒無効電力の急増に対して電力用コンデンサの投入で
対処したが、全量を投入したにもかかわらず、無効電力需要に対応できなかったため、
P-V曲線上の動作点が不安定解の領域に遷移し、
電圧崩壊(系統全体で電圧を維持できない状態)に至った事が原因。

インバータエアコンが、電圧が低下しても冷房機能を落とさないように制御するため、
電圧が低下した分電流が増加し、さらに電圧低下を招くという悪循環があったと
言われている。

通常の停電と違い、短絡・地絡などの電気事故が引き金ではない事が特徴的である。
停電事故の最大要因は、電力系統で重負荷に発生する無効電力発生の予測を誤り、
電力用コンデンサーの増設を怠ったことにある。



テロの可能性は「確認中」⇒ 菅義偉官房長官 ・・・

管理人

今回の東京大停電が、自然発生災害か、或いは、テロかという問題については、
まだ分からないというのが私の立場です。
しかし、テロであるかないかは別にして、実際に起こったという事実に
着目すべきです。
天災や事故、事件は、将来の我々に危険を知らせてくれる場合が多いからです。
地震雲などは、その良い一例になると思います。

全て偶然だと思っているのは人間だけです。
動物は、数時間も前に、センサーで天変地異を察知して逃げる事は
つとに有名な話です。
危機管理能力の欠如は、時として、人の生命までも奪ってしまいます。



2016年1月27日
ウクライナのサイバー攻撃が示す本当の脅威
http://blogs.mcafee.jp/mcafeeblog/2016/01/post-748a.html

昨年末にウクライナにおけるサイバー攻撃によって、
数時間に渡る停電が発生したというニュースです。
過去、サイバー攻撃が原因と思われる停電は他国でも発生していましたが、
政府が公式に発表したものとしては世界初の事例と言われています。

<中略>

実は、さらに、私の気を重くさせる報告があります。
本攻撃に用いられたマルウェアを解析したKnownSec社のレポートによれば、
攻撃に使われたマルウェアの中に、目的不明な日本語の文字列が含まれていた
ということです※3。
なぜウクライナへの攻撃に日本語が含まれているのかはわかりませんし、
使いまわしたツールにたまたま含まれていたということも考えられるので、
「実は日本も標的だ!」などという早計をすべきではありませんが、
今回の事件は、日本には関係ないなどという甘い認識はすぐに捨てたほうが
良いように思える痕跡です。

<引用終わり>
-----------------------------


管理人

都市型大停電は、送電施設などへの物理的攻撃だけではなく、
サイバー攻撃もありますので、これを完全に防御するのは、
事実上、不可能だと思われます。

都市型大停電を起こそうと思えば、たった数人の特殊工作員によって
簡単に出来てしまうので恐ろしいのです。
どこを破壊すれば首都機能を麻痺させられるかというのは、
軍事のプロなら、簡単に見極めがつくのは明らかです。

ウクライナへの攻撃に使われたマルウェアの中に、日本語が含まれていたと・・・
これは、いずれ日本でも起こる可能性を示唆していると考えるべきです。

いずれ・・・ですね。
日本に大混乱が訪れることを私は想定しています。
しかも、単一のものではなく、複合的に起こる~起こされる。
そう、なにも都市型大停電だけではないのです。

都市型大停電は、幾つもの軍事作戦の中の一つに過ぎないという認識が必要です。
大都市の混乱をより増幅する目的の為に使われる可能性が高いです。

自然災害テロ~偽旗テロ事件⇒どさくさ紛れに⇒経済テロ事件勃発

私はこの中の、経済テロ事件勃発の前後にやられる可能性を指摘しておきます。
誰も、緊急にお金を引き出せなくなります。
大都市の市民が、混乱して右往左往して街をさまよう姿が目に浮かぶようです。

何故、私が今回の東京大停電を取り上げたかと申しますと、
東京に住むメルマガ読者の方からの通報にありました。
東京大停電に際し、直ぐに、私の昨日の記事が脳裏に浮かんだそうです。

脳裏に浮かんだという事は、将来に起こり得るという天啓のようなものです。
今から起こり得ることが、全て計画通りであるならば、その全貌の概略を
前もって知っておくことが極めて重要なポイントです。
その為には、時として、にわか軍事専門家になることも必要なのです。
何故なら、これら一連のシナリオを具体的に計画しているのは、紛れも無く、
プロの軍人テロリストなのですから。

ですから、我々も、にわか仕込みの軍事専門家になることも求められる訳です。
多くの人が、今はピンと来ないかもしれません。
しかし、今、私が申していることは、時間の経過とともに・・・
極めて重要性が増してくると、はっきり申し上げておきます。

恐らく・・・
真剣に関心を持つ人は、最悪の窮地からは逃れられるはずです。
その全貌をある程度、理解するという本当の意味は、つまり、
そういうことなんです。

問題は、それがいつかという事だけです。
軍事作戦は、もうほぼ決定していると思っていたほうが無難です。

漠然としていると感じられる人もおられるでしょうが、
私の記事を継続して見ておられる人は、おぼろげながらも、
先が見えておられるのではないでしょうか。

一つだけはっきり云えることは、その時になってあわてても遅いという事です。
私が、あまり人気が出そうも無いこういった地味な記事を書いているのも、
将来的に、極めて大きな意味があると確信しているからです。

ブログへの妨害や圧力が、徐々に強くなって来ています。







お知らせ

メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器 を10月9日に配信しました。

機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。

http://ameblo.jp/64152966/entry-12207218197.html

以上の記事の続編が、★メルマガ第22号となります。

まだ届いていないメルマガ読者の方は、直ぐにご連絡下さい。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/


第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!












. ローマ法王とエリザベス女王の『最後のクリスマス』の意味と阿蘇山噴火のサイン!?

ローマ法王とエリザベス女王の
『最後のクリスマス』の意味と
阿蘇山噴火のサイン!?










始めに

ローマ法王とエリザベス女王は、秘密結社・イルミナティの上級幹部の中の
更に上の方の特別幹部です。
ですから、この二人の発言を軽視してはいけません。
特別な何かのサインであるとみなすべきです。


女王の2015年クリスマスのメッセージ
: あなたの最後のクリスマスをお楽しみください

BBCが年次クリスマスメッセージを撮影している間、
女王はこのような爆弾発言をしました。
BBCインサイダーいよると、
ダイアナ皇太子妃の殺人に対する心からの遺憾の意を示しました。
明らかに困った様子で女王は言いました、「彼女は、あまりにたくさん知り過ぎた」と。
女王は、王家を残すために単純に必要なことをして欲しいと彼女に頼みました。

上級BBC生産スタッフと宮殿アドバイザーは取材をキャンセルしようとしました。
しかし、女王が恐れを表明する以前に、悪意のある力(彼女が持つ力よりずっと強い力)
がヨーロッパに蔓延しているので、これが地球上の最後のクリスマスになる可能性が
あるでしょう。
BBCスタッフが、宮殿アドバイザーからの厳しい命令の下で、取材をキャンセルして、
初期の昼食会に下級スタッフを送る前に、
「私は、あなたが最後のクリスマスを楽しむことを望みます」と、
彼女は苦々しく言いました。


教皇いわく、
わたしたちのクリスマスは最後のものになるだろう

フランシス法王は、このクリスマスが人類のための最後のものであるかもしれないと
聖ピーターのスクエアで群衆に話しました。
厳しいスピーチで、世界の現在の混沌とした情勢が「終わり時代」の初めの印であり、
そして、来年の今頃は、世界が混とんとしているであろうと、法王は言いました。
フランシス(その人は第3次世界大戦の始まりを以前に発表しました)は、
今月の始めに、カーサ・サンタマリア号のミサで、今年のクリスマスを、
見せかけであると言いました。

<引用終わり>
----------------------------------


管理人

何かが起こる前には、必ず何かのサインがあるものです。
皆さん、この『サイン』という言葉に注目して下さい。
その何かを知る重要な手掛かりになります。

ロシアから聞こえて来るのは・・・
ロシア緊急事態省(EMERCOM)の
「モスクワの全市民を地下シェルターに避難させる準備がととのった」と、
声明を報じたり・・・
怒りのプーチンが西側メディアに警告した「第三次世界大戦」開戦の理由

などなど、この関連の情報が幾つも出て来ています。
世界情勢は、いつも気にしておく必要があります。
日本の情勢も、この世界情勢と密接にリンクしています。

昨年、ローマ法王とエリザベス女王が、あのような発言をしている以上、
何かが起こされる・・計画されていると警戒をすべき時に来ています。

世界情勢も大いに注目すべきですが、しかし、世界情勢ばかりを論じるのは
ある意味、ミスリードです。

問題は、我が国・・・日本です。
暗中模索の中、陰謀論ばかりが先行しても問題ではあります。
実際に起こっていることを手掛かりと申しますか、
謎解きの糸口にするしかないと思うのであります。


ここ最近、大変気になる出来事がありました。

10月8日、熊本の阿蘇山噴火です。
http://www.j-cast.com/2016/10/08280182.html

2016年10月8日の午前1時46分に発生した熊本県・阿蘇山中岳第1火口での爆発的噴火は、
噴煙が1万1000メートルの高さに達し、九州以外でも火山灰が観測されるなど、
影響が広範囲に及んでいる。噴火警戒レベルは2から3まで引き上げられ、
入山が規制されている。

36年ぶりの爆発的噴火とあって、ネット上では、
2016年4月14日に発生した最大震度7の熊本地震が原因ではないのか心配する声も
上がっているが、気象庁は「関連はわからない」とし、専門家の間でも見解が分かれている。


“「阿蘇山噴火。観光もだし農業被害が本当に辛いな。地震との関係も気になる。」








阿蘇山噴火の数日前に謎の光源が観測される!
5~6個の黄色い光が移動!UFO?ネット上で憶測を呼ぶ

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-13709.html




本当に、5~6個の黄色い光が表れたのが事実かどうかは疑問です。
私には、ネットを通して、あるサインを出したとしか思えません。

謎の光源の写真を見ると、光は・・・6個に見えます。
これには、二つの意味が考えられます。

一つ目は、阿蘇山噴火は、秘密結社がやったと誇示しているように思えます。

二つ目は、活火山の噴火はいつでも出来ると暗に指し示しています。


2016年10月8日は、秘密結社が常用している数秘術を使えば、
足すと、18という数字になり、666の暗号ですし、(0は無視されます)
1時46分に噴火が起こったので、ここでも46が出て来ました。
そして、6個の怪しい光源の登場・・・
全てが、秘密結社・イルミナティにつながります。
これをまだ偶然だと思う人は、家畜国民レベルです。

具体的な話をしますと、
4月に起こった熊本大地震と完全にリンクしています。
熊本人工地震⇒集中豪雨⇒阿蘇山噴火による火山灰
これらは全て、熊本の農作物に大打撃を与えます。

9月には、気象操作による人工台風と集中豪雨によって、
北海道の農作物が大変な被害を蒙りました。

日本民族の生命線である「食料」が、攻撃されている訳です。

日本の南端と北端が叩かれています。
私には、次は『本土』だというサインに思えて仕方ありません。
もしあるとすれば・・・次はどこなんでしょうか?
そして、それは、12月のクリスマス前後に計画されているのでしょうか?

人工地震や活火山噴火の高度な技術を持っていますので、
自然災害テロも考えられる訳ですが、航空機、新幹線、ビル爆破といった
ISISを装った偽旗テロ事件も視野にいれておく必要もあります。


自然災害テロ~偽旗テロ事件⇒どさくさ紛れに⇒経済テロ事件勃発

今現在、水面下で、情報収集、並びに調査中・・・
時々、ブログ記事を更新出来ない日も出て来ますのでご理解下さい。

12月の23日・24日・25日は三連休です。
このあたりは特に要警戒です。
2016年12月24日は、やはり、18⇒666になります。
この日が一番やばいかもしれません。
何も起こらないのが一番良いのですが、ここまでサインが出ている以上、
一応、警戒をするのがサバイバルを生き抜く最低限の心得です。
合衆国大統領選挙にも注目して下さい。
もし万一、中止になるようでしたら大事件勃発です。
但し、その可能性は、今のところ2割程度。


数日前の週刊誌に、銀行危機の記事が出ていました。
日本の多くの金融機関が破綻しかかっていると・・・
最後に残るのは、数行だろうと云われています。

日銀のマイナス金利政策によって打撃を受けているだけではなく、
国債に代わって、その分、市場にお金が流れるはずなのに、
実際にはあまり流れていない。
銀行にとって有利な投資先になるような企業が不足しているからです。
それほど、不況だということです。
優遇されているのは、大企業だけですから仕方ありません。

日銀がマイナス金利政策を執るのは、そうしないと日本政府が予算を
組めなくなるのが最大の理由です。
しかし、世界の金利上昇圧力が強くなってきますと、
果たしてどうなりますでしょうか?
日銀のマイナス金利政策の転換点が、一つのサインになるに違いありません。

やはり、ここでもサインが出て来ました。
今からも、数々のサインが出て来るに違いありません。
そのサインを見逃さないことが、生きて行く為の必須の条件になるでしょう。
あるサインを見て、何かを感じた時が、あなたの行動の出発点です。
その行動が、あなたと家族の安全と命、そして、財産を護るはずです。

もし、異変があれば、その都度、ブログ読者の皆さんにお知らせします。
メルマガは、個別にサポートする為の情報基地になります。
もう、そのような大変な世の中になった事をしっかり頭に入れておきましょう。
家畜国民のままでは、淘汰の二文字だけが待っている世界に入ったのです。



全ての日本人は“削減”されるかもしれません!





お知らせ

メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器 を10月9日に配信しました。

機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。

http://ameblo.jp/64152966/entry-12207218197.html

以上の記事の続編が、★メルマガ第22号となります。

まだ届いていないメルマガ読者の方は、直ぐにご連絡下さい。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/


第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!










. ニキビがでる場所で身体のどこが弱っているか分かる図が話題に!

ニキビがでる場所で
身体のどこが弱っているか分かる図が話題に!







出典 http://fundo.jp/38737


ニキビって、思春期だけではなく、大人になってからも出来ちゃいますよね?
そのニキビのできた位置で、身体のどの部分に毒素がたまっているか分かる
図が話題になっています!


ニキビは溜った毒素を排出しようとしている

くみんちゅさんという方のTwitterで紹介された”
ニキビで毒素早見図“が話題になっています。
https://twitter.com/kuminchuu/status/608861941503672320

ニキビは身体の老廃物が内臓で処理しきれなくなった時に
老廃物を外に出そうとして現れるのだそうです。







「がん別」の兆候の例を知っておこう!
http://konenki-iyashi.com/category19/entry489.html








部位別 ⇒ 兆候

脳腫瘍⇒ 頭痛、吐き気、めまい

喉頭がん⇒ 声がかすれる

食道がん⇒ 食べ物がうまく飲み込めない、ノドがしみる感じがする ※自覚症状が少ない

肺がん⇒ 咳が出る、胸や背中が痛む、血痰が出る

乳がん⇒ 乳房にしこりがある 乳房に違和感が出る 乳房にくぼみやひきつれが出る

胃がん⇒ 胃の周辺が痛む、貧血気味、黒い便が出る

肝臓がん⇒ お腹の上周辺が痛む ※慢性肝炎などがあるとリスク大。

胆のうがん⇒ 血尿が出る ※胆石や胆のうポリープがある人はリスク大。

すい臓がん⇒ 背中が痛む、お腹の上周辺が痛む、皮膚や白目が黄色くなる 
血糖値が急に上がる、糖尿病になった 体がかゆくなる 
※目立った自覚症状が小さいので要注意。

腎臓がん⇒ 血尿が出る 腹部の疼痛、腹部にしこりができる※慢性腎炎から発病しやすい

膀胱がん⇒ 血尿が出る 尿の色が白濁する 尿の量が極端に増減する、尿の臭いが甘酸っぱい

子宮がん⇒ 血尿が出る、おりものに血が混じる 不正出血がある

卵巣がん⇒ 下腹部が痛む ※自覚症状が小さい上。とくに初期は全くわからないので要注意

大腸がん⇒ 血便が出る、お腹の上が痛む 便秘と下痢を繰り返す 
※大腸ポリープがある人は要注意。



女性がかかりやすい「がん」

第1位 乳がん

第2位 大腸がん

第3位 胃がん

第4位 肺がん

第5位 子宮がん


女性の死因となりやすい「がん」

第1位 大腸がん 

第2位 肺がん  

第3位 胃がん  

第4位 すい臓がん 

第5位 乳がん


<引用終わり>
-------------------------------------


管理人

一般的に言われている酸化還元電位は
「+250mV以上:酸化状態、+250mV以下:還元状態」だとされています。
つまり、選ぶ際には少なくとも250mV以下の商品を選ばなくては効果を
期待することができないといえます。
ちなみに純粋な水はおよそ250mVとなっており、
水道水が600mV、雨水が800mV以上だと言われています。

私たちが普段口にしている水のほとんどは酸化還元電位の観点から見てみると
酸化状態にあるものがほとんどだということが分かります。
これらの酸化した水を口にしてしまうと血液や臓器などを酸性に傾けてしまう、
つまり負担をかけてしまうことになります。

そして、その他の食べ物の多くが酸化状態にあるものがほとんどだという
ことを考えますと、かなり真剣に考えなければならない問題と思います。
少なくとも、水道水をそのまま飲み続けるのは良くないと思われます。
特に、塩素が大変宜しくありません。
東日本ですと、当然、放射能の問題もあります。
最低限、質の良い浄水器が求められますが・・・
質の良いものほど高額になるので、本当に頭の痛い話です。
 

辛口ジャーナリストの船瀬俊介さんや、Facebookアクセス数3位の医者の
内海聡さんなどもオススメしているもので「ガイアの水135」があります。

この浄水器は発酵を促す水としても知られていて、
例えば豆乳にこの水を入れると豆乳ヨーグルトが出来ます。
今、流行りの万能酵母液作りの最初のステップの発酵ですと、
通常、35℃~40℃で24時間かかるものが、
ガイアの水を使うと1時間で出来ます。

なお、10月9日に発売の雑誌、アネモネ(anemone)では、
万能酵母液の作り方(レシピ)の特集をしています。
そして、万能酵母液のホームページでは、10月9日(アネモネの発売日)に合わせて
誰でも作り方が見れるようになっています。


万能酵母液
http://www.bannoukouboeki.com/


ガイアの水135





お知らせ

メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器 を10月9日に配信しました。

機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。

http://ameblo.jp/64152966/entry-12207218197.html

以上の記事の続編が、★メルマガ第22号となります。

まだ届いていないメルマガ読者の方は、直ぐにご連絡下さい。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/


第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!










. 機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、結果としてマイナスイオンが体内で発生します。

機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。





管理人

先ず始めに

私は健康医療機器に関しては、極めて疑い深いほうです。
事実、かなり高額で怪しいものも多々あります。
しかし、その見分け方は大変難しいと感じています。
私が調べる時には、肯定派の記事だけではなく、
否定派の記事も出来るだけ目を通すようにしています。

そして、ある程度、その機器の原理が納得出来たとしても・・・
完全に信用することまではしません。
極めて慎重に扱うべきだというのが、私の基本的姿勢です。
それが、高額な機器であればあるほど尚更でしょう。


★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!


ある読者の方より紹介された健康機器を取り上げました。
当初、本当に良いものであるなら・・ラッキー。
皆さんに紹介することも視野に入れていました。
しかし、残念ながら、その反対の目が出てしまいました。
ご紹介いただいた読者の方には大変申し訳ないと思いましたが、
私は本当の事しか書けないのです。
読者の皆さんの全員の利益に資するのが最大の目的なのです。

ただ、あまりにもありのままを書いた為に、情報提供していただいた
読者の方には、配慮を欠いた一面もあり、深く反省もしております。
★メルマガ第19号の題名も、記事を書き終わってから付けたものです。
当初は、そのようなつもりはほとんど無かったのです。

ところで、その読者の方からは、メールでのやり取りの中で、
二つの健康機器の名前が出ていました。
その一つは、大変残念な結果に終わってしまいましたが、しかし、
もう一つのものに関しては、非常に高い関心を持ちました。

更に、調べていく内に、本当に良いものかもしれないといった
感想を徐々に抱くようになったのです。


機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


これが、メルマガ第22号の題名になります。

私は、今日まで、マイナス電子が、身体やガンに対して
メチャクチャ良いと、何度も記事にして来たのです。
もし本当に、マイナス電子を体内に注入可能であれば、
一体どれだけ良いだろうと、ずっと心の奥底で想い続けてきました。
無論、これはガンに対しても極めて強力な武器になります。


内部被曝からガンやその他の病気になるメカニズム
http://ameblo.jp/64152966/entry-11350936235.html

ある原子や分子から電子が一個なくなると、
その物質は「酸化」されたといいます。
逆に電子を一個もらうとその物質は「還元」されたといいます。

酸化するは、老化するとほぼ同じ意味合いですが、
ある物質や細胞から、マイナス電子が一個奪われたら、
酸化するというのが科学的定義です。
逆に、マイナス電子が一個加えられたら、還元された
ということになるのです。

酸化⇒細胞弱体化⇒老化⇒免疫機能低下⇒ガン発症

つまり、マイナス電子を加えて細胞を還元する・・・
それが、免疫機能の劇的上昇につながる訳です。
ガンに対しても有効であることは明らかです。



★阿修羅♪さんのサイトより

玉手箱を開けてしまった日本人 急激な老化が進行中
http://www.asyura2.com/15/genpatu42/msg/183.html


「私が放射線作業の現場で見た、もっとも恐ろしい光景は、
作業者の凄まじい老化現象だった。
十年以上もガンマ線RTを撮影してきた人たちは50才で
70才くらいに見え、歯も抜けて全身ボロボロだった。
ガンマ線浴びると体内水分に大量のフリーラジカル(活性酸素)
生成、これが血管内壁破壊、細胞を老化」


「私は事故直後から、福島県の若い女性達が最初に
逃げ出してゆくと指摘し、実際にそうなっている
理由は何か? 放射線老化現象である 被曝地では
通常の数倍の老化が起きる
これはX線非破壊をやってた連中を観察して
思い知らされたことだった
女性は老化する自分を見て恐怖し、逃げ出したのだ」

事実、若い女性が福島からどんどん脱出しています。

男性に比べ、長時間鏡に向かう女性は、自分の老化、
劣化に気づきやすく、それが移住の大きな原因に
なっていることは否めません。


芸能人の中でも急激に老けた人が話題になっています。

昨日、TV堂本兄弟で深キョンが出てて、
最近 老化が激しいと言ってた。
私も、最近の深キョンは急に老けたと思ってた。
笑うと目の下にハの字のシワというか隆起が見られる様になった。
以前は無かった。澄まし顔の時はわからない。
笑うとわかる。顔の色もワントーン黒く赤くなった。
被曝症状だと思う


<引用終わり>
__________________________________________________________



管理人

大変嬉しいことがありました。
今回、注目に値する健康機器をあるメルマガ読者の方から
試験的に試して欲しいとの申し出がありました。
渡りに船で、私はその申し出を快諾しました。

私は、当分の間、その健康機器を実際に、我が家で試してみるつもりです。
それまでは、その健康機器の正式名は伏せさせていただきます。
何万というたくさんの閲覧者が、このブログを見ておられます。
そういった影響も考えた上での慎重な判断ですが、どうか・・・
ご容赦とご理解のほど、宜しくお願い致します。
ある一定の体感が得られたら、ブログ読者の皆さんにも、
その全てをご報告させていただきます。


出典より~非リンク


「放射能を被曝しても、正常な体にもどり得る医療機器は、
ここ数十年間、世界を見渡して“〇〇〇〇〇〇”しか見当たりませんでした。
チェルノブイリ非常事態省やフィリピン、ネパールで使用され、
日本でも奇跡的な治癒を得ています。」

「かつて広島の被爆者は、通常30種類もの症状を併発していますが、
電子治療器“〇〇〇〇〇〇”を使用した結果、その30種類の症状は、
実際に消えて行きました。
癌や白血病etc.への高い防御効果もあります。」

「酸化=電子が失われること・還元=電子が供給されること
ビタミンC、EもコエンザイムQ10も水素も、共に電子を供給しますが、
それを大量にすることは出来ません。
そこで電子自体を大量に供給するディバイスが開発されました。」

「市販されている電子系治療器のほとんどは10,000~100,000個の
範囲ですから治療効果がありません。
一方〇〇〇〇〇〇は、186,900,000,000個。」

「人体内で問題を生じ、症状を呈しているかその前段階にある部分は、
必ずプラス帯電しています(陽電化現象)(酸化されている)。
ところが電子はマイナスですから、体の健全なマイナス部分は素通りして、
問題のあるプラス帯電部分に襲いかかり、中和するまで止めません。
放射線を受けて活性酸素に汚染された患部は、
こうして(還元)マイナス(健全な状態)に戻ります。」

人間は酸化すると病気になります。
ミトコンドリアは酸化(電子を失う)すると活動できない(ATPを作れない)からです。
被曝するとガンや心臓病になるのは、ミトコンドリアが活動できなくなるからです。
酸化を還元するには、ビタミン、ミネラル、水素などが役立ちます。
しかしもっと効果的に還元したければ、〇〇〇〇〇〇治療器の併用が効果的です。
広島やチェルノブイリで実績があり、現在の福島原発でも活躍しています。
酸化=電子を失うことですから、電子を大量に与えれば還元されます。
とても単純な話です。
世の中を支配しているのが善人であれば、有効な被曝対策がとれるのです。
しかし現実に世の中を支配しているのが極悪人ばかりなので、
有効な被曝対策は隠蔽されます。


福島原発の事故後に、
大量に〇〇〇〇〇〇を購入したのが東電です。


しかしそんなことは大々的に報道されないので、誰も知りません。
〇〇〇〇〇〇は現在でも品薄で、納期に時間がかかるようです。
本来なら国がメーカーに大量生産を命じて、被災地に無料で配るべき治療器です。
しかし原発利権・医療利権があるので、現実には無理です。
被曝に怯える人たちを嘲笑いながら、原発関連も医療関連も焼け太りで高笑いです。

現代人は精製糖質の過剰摂取で、乳酸が溜まって酸化してガンや慢性病になります。
内部被曝によっても、酸化して様々な不具合が出ます。
大量の電子を与えれば、酸化した細胞だけが電子を欲しがり、
還元していずれは元に戻ります。

電子を求めて暴れ回っているのだから、電子を与えれば解決する理屈です。
「被曝で鼻血が出る事など科学的にあり得ない。」
「電子で被曝症状が改善されるなど科学的にあり得ない。」
政治家も科学者も医者も官僚もマスコミもウソばかりで、
犠牲になるのはいつも名もなき大衆です。


<引用終わり>
__________________________________________________________


以上、ここまで。

続きは、★メルマガ第22号へと続きます。

10月9日の日曜日に配信する予定です。





ダイアナ・ロス If We Hold On Together 日本語訳






お知らせ

9月30日に、メルマガ第21号を配信しました。
まだ届いていない方は直ぐにご連絡下さい。


メルマガ第21号

家のローンの変動金利があなたを破産させます!


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/


第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。














. 新・ネット工作員の正体と消し屋の正体

新・ネット工作員の正体と消し屋の正体




ネット工作員の正体と消し屋の正体
http://ameblo.jp/64152966/entry-11925550749.html

以上の記事の続編です。


始めに

ここ最近、マイナスイオン似非科学という造語を元に
マイナスイオン叩きが組織的に行われています。
これについては、半分が本当で、後の半分がウソという事になります。
大手の家電メーカーが、このマイナスイオンブームに便乗し、
過大宣伝や、まがい物を出した為に、足元を見られてしまった訳です。

しかし、マイナスイオン似非科学という言葉を持ち出している連中に
本質的な議論を構築している記事は全く見られません。
工作員によって創られた創作記事や適当解説に誘導しているだけです。
情報弱者の人は、これに簡単に洗脳されてしまいます。

ある意味、マイナスイオンに隠された本質的部分を叩くことが
真の狙いとしてある訳です。
これをやっている組織の大元は、アレです。
「食べて応援」を推進しているところです。
放射能汚染された食材を応援するという美名を元に
多くの市民に食べさせて被曝させるのが本当の目的です。

元々、マイナスイオンという言葉自体が曖昧なところがあり、
つけ入れられる隙が多分にあるので仕方無いともいえます。
もっときっちりとした定義を持たせた言葉に変える必要がありますが、
『あるある辞典』というテレビ番組から派生して出て来て、
大手家電メーカーがそれに便乗して全国的に広まったので、
便宜上、私もその用語を使わせてもらっているだけです。

しかし、マイナスイオンバッシングはすさまじいです。
極めて狡猾で執拗に行われています。
私も以前、組織的に攻撃を受けたことがあります。
その時は、マイナスイオンではなく、微生物に関するものでした。

味噌、醤油、酒酵母、納豆、万能酵母液・・・
これらの微生物が、ものすごく身体にいいと・・・
その中の最優秀のものは、放射能核種の分解まで行うものがいます。
これは、東大名誉教授も証拠を元に確信的に証言しています。

この時も、徹底的に微生物バッシングされました。
そう、今回のマイナスイオンと全く同じです。
皆さんも騙されないようにして下さい。
この手の記事が、あまり拡散されない最大の原因となっています。
人は、直ぐに騙されてしまいますので仕方無い部分もありますが。

その機器が、本物かどうかを判定するのは簡単に出来ます。
科学的に説明すると、酸化還元電位~というものがあります。
また、それを測定する機器も確かに存在するのです。
調べれば、誰でも簡単に分かることです。
マイナスイオン似非科学でも何でもない・・・
科学の常識の話をしているのです。

宜しいでしょうか、皆さん。
今日まで、人間にとって本当に良いものは、例外なく・・・
全て、潰されて来た歴史を忘れた訳ではないでしょう。


ガンが死滅する39・3℃の熱を
光や音の周波数に変換出来ると奇跡が起こせる!

http://ameblo.jp/64152966/entry-11983067865.html
FBのシェア:22000


[悲劇のはじまり]

悲劇の兆候は、
まずライフ博士を買収することから始まりました。
1934 年 には、米国医師会の株式をすべて所有していた
モーリス・フィッシュベイン氏が、弁護士をよこして、
ライフ博士の治療法の独占権を渡すよう要求しました。
しかし、ライフ博士は、それを断ったのです。

まず、ライフ博士の研究所からフィルムや写真や研究書類の
多くが盗まれました。
しかし、容疑者が逮捕されることはありませんでした。

そして、ライフ博士の研究を立証するため、何億円もかけて
設立されたニュージャージー州のバーネット研究所が放火
されたのです。

これによって 、ライフ博士も窮地に立たされました。
というのは、コンピューターがなかった時代にこれらの
データを復元することは大変なことだからです。
さらに、ライフ博士の貴重な顕微鏡は何者かによって、
破壊され、 5682 もの部品が盗まれました。

そして、最後にとどめを刺したのは、
警察による令状なしの捜索と違法な没収です。
これにより、 50 年に渡るライフ博士の研究の残骸も
すべて処分されてしまったのです。

結論として、ライフ博士の生涯をかけた研究と大発見は
無視され、潰されただけでなく、おそらくは、ライフ博士と
ともに埋もれてしまったものと思われます。



ガンの真の正体・ガンジダとその特効薬とは!
http://ameblo.jp/64152966/entry-11122613473.html

「ガンの正体。治療可能だ」


毎年、世界中で約8百万人以上がガンで亡くなっている。
アメリカだけでも50万人以上に及んでおり、2030年には
世界中で1,200万人に上ると予想されている。
85歳以下の人々の死因で最も多いのがガンであり、
アメリカでは4人に1人がガンで亡くなっている。

「テロから一般大衆を守る」為に、私達の自由が日ごとに奪われて
いく一方で、これらの人々全員が、闇の輩達と製薬カルテルが治療
する事を組織的に拒んでいる。
その疾患により、毎年多くの人々が苦しみ、亡くなっていく。

一緒になれば、治療法を見つけることが出来る。
一緒になら私達には出来る。だが製薬会社が絡むとなると話は別だ。
「治療法」の探求に毎年莫大なお金が慈善事業を通して集められて
いるが、体制側にはそれを探求する意思は無い。

ロックフェラーが操る優生学 推進 組織、家族 計画 連盟
(Planned Parenthood)の代表リチャード・デイ博士が、
1969年にピッツバーグでの医師たちの会議で、来たるべき国際社会の
変革についてどう発言していたかを以下綴ろう。

個々の計画的変革が書かれた長いリストの詳細を述べる前に、
彼は集まった医師達に「録音器具の電源を切り、メモを取らない様に」求めた。
だが、ある医師はメモを取り、後にそこで話されていた事を公にした。
40年後の現在、私達は、デイ博士が如何に並外れて正確だったかを
確かめる事ができる。
1969年に彼が医師達へ話した以下の内容にある。

「ほぼ全てのガンは今すぐ治療可能だ。

それに関する情報はロックフェラー研究所内のファイルにあるが、

それが今後公開される可能性は薄い。」

人々をガンで死なせれば人口増加に歯止めをかける事になるだろう

とデイ博士は語った。

「あなたは他の病気でよりも、ガンで死ぬ確率が高い」。
こういった人々に情は存在しない。だからこんな事が出来るのである。

ガンの症状に対し、破壊的な薬、細胞や人体を殺す化学療法の様な
激薬によって処置する事で莫大な富を得ている以上、大手製薬会社は
それを治療したいという願望を持ってはいない。
だが、本来それはお金の為ですらない。

例の闇の輩は人口削減の方法として、
人々が必要以上に早く苦しんで死んで欲しいのだ。
そうした訳で、製薬大手陰謀グループの外部の誰かが
効果的なガンの処置法を発見すると、
医療体制派や政府機関にすぐさま目を付けられるのである。


<引用終わり>
------------------------------------------------


我が国、日本においては、本当に身体に良いものは、
例外なく、叩かれる運命にある。
そして、それを実行しているのは、
警察であり、厚生省であり、国そのものなのだ。
工作員は、末端のアルバイトに過ぎない。

こういった工作員組織の大元のトップの主張を見てみよう。


「食べて応援」推進の大元が人口削減委員会の出先機関だったって本当!?
http://ameblo.jp/64152966/entry-11178503265.html


「人口が手に負えなくなったら、エルサルバドル、イラン、レバノンの類いで良い。
かなり大規模な内戦で、男を皆戦場に引きずりだし、
子供を産む女を皆殺し、処分してしまう事だ」

米国国務省トマス・エンダース



「2020年には人口は100億になる。
誰もそんな世界に住みたくはない。出生率を下げるか、
死亡率を上げるか、戦争により極めて速やかに効率的に死亡率を上げる事が出来る。

また飢餓や病気を拡大させる事も人口調節に有効である」

米国国防長官ロバート・マクナマラ



「地球で全ての人間が豊かに生活出来るのは50億人が限界だ。現在の80億人は多すぎる。」

ディビッド・ロックフェラー



「2010年までに地球人口の10%以上を殺害、処分してしまう必要がある。」

ハーバード大エコノミック・リサーチ・プロジェクト報告:グローバル2000
(資金源:ロックフェラー財団)




「黒人、アラブ人、中国人、日本人等、有色人種は人種的に劣っているので、

世界規模の核戦争で絶滅させる必要がある。
まず始めにイスラエルはアラブに先制核攻撃をすべきだ。
有色人種が絶滅した後、世界で最も優秀なユダヤ人を中心とした白人だけの楽園が出来る。

それが聖書に書かれている神の国の出現の意味である。」

イスラエル:エルサレム・ポスト社説



【参考文献:ジョナサン・ビューティー著「犯罪銀行BCCI」 ジャパンタイムス刊】




2つの海外派遣後56人が自殺の真相
~その多くが戦死だった可能性!?

http://ameblo.jp/64152966/entry-12206133125.html

ここ最近の私の人気記事ですが、動画になっているようです。






お知らせ

★メルマガ第22号は、10月9日の日曜日、夜に配信します。

機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/


第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!










. ビタミンCと断糖療法を併用 副作用ほぼゼロの「ガン治療」~防衛医大も内部被爆対策に推奨!

ビタミンCと断糖療法を併用
副作用ほぼゼロの「ガン治療」
~防衛医大も内部被爆対策に推奨!





日刊ゲンダイ~より 2015年5月16日

ビタミンCと断糖療法を併用 副作用ほぼゼロの「ガン治療」
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/159828

東京・目黒の小さな病院「ハタイクリニック」に、
いま全国からがん患者が押し寄せている。
同院の西脇俊二院長の治療を受けるためだ。
西脇院長は日本で唯一、「超高濃度ビタミンC点滴」と「断糖食事療法」を
同時に取り入れることにより、次々とがん患者を救っているという。
いわく「がんが消えた!」。
しかも、「副作用はほぼゼロの代替療法」と胸を張る。
手術や抗がん剤治療と何が違い、どんな作用が治療効果を上げるのか? 直撃した。

■ がん細胞だけに作用する“天然の抗がん剤”的な働き


Q なぜビタミンCか?

「がん細胞に大量のビタミンCが作用すると、過酸化水素(H2O2)が発生します。
これは酸化作用が強いため、がん細胞をやっつけます。
実は抗がん剤も強い酸化物質です。
ただし、抗がん剤はその強い酸化作用でがん細胞ばかりか正常細胞もやっつけてしまう。
副作用です。
ビタミンCの場合は事情が違います。
正常細胞はカタラーゼという酵素を持っていてビタミンCが作った過酸化水素を
水と酸素に分解します。
つまり、がん細胞だけに作用し、正常細胞はやっつけない。
まさに“天然の抗がん剤”的な働きをするのです」


がん細胞は糖質(ブドウ糖など)を主な栄養源として増殖することが分かっている。
ブドウ糖とビタミンCは化学構造が酷似しており、
がん細胞が飢餓状態(断糖状態)に陥ると、ブドウ糖の代わりに、
非常によく似たビタミンCを真っ先に“食べてしまう”そうだ。

「そこで過酸化水素が発生してがん細胞を殺す──そう考えたのです」

西脇院長がこの治療法を始めたのは2007年、別の病院での勤務医時代のことだった。


Q 超高濃度の濃さは?

「普通の人が病気にならないためのビタミンCの必要量は
5.5~16.8マイクログラム/ミリリットルです。
がんの治療のためには、これを3500~4000マイクログラム/ミリリットルの
高濃度になるようにして投与します」

寝不足状態や喫煙のあとはビタミンCの血中濃度が上がらないので注意が必要。
点滴時間は1時間半~3時間程度。料金は、初回は25グラム1本1万800円。
以降はがんの大きさに応じて50グラム1万8360円~。


Q 何回で効果が出るか?

「点滴を単独でやる場合、週に3回以上を勧めています。
合計30回を超えたあたりから効果が見え始めます。
早ければ約1カ月で腫瘍マーカーが下がり始め、
2カ月半で転移したがんが消えた人がいました。
抗がん剤との併用も大丈夫です」

■ 治療中は徹底的に“糖質カット”した食生活

Q 断糖の方法は?

「ご飯は食べません。パンも麺類も野菜もゼロ。果物もなし。
断糖療法は、いわゆる糖質を徹底的にカットする食事療法です。
前述したように、糖質を取ると一番先にがんに“食べられちゃう”からダメ。
糖質を断って、がん細胞を“お腹がすいた状態”にして、
ブドウ糖にソックリのビタミンCを食べさせる! 
断糖があってこそ、ビタミンC点滴の効果が上がるというわけです」


Q どんながんに効果?

 これまで、子宮体がん、胃がんの再発、上顎洞がん、下咽頭がん、
卵巣がんのほか、肝臓、大動脈リンパ節などに転移したがんが消えたという。

「がんの部位は関係ないと思います。
ただし、画像検査でがんが消えたからといってすぐに断糖をやめると、
がんが復活した例がありました。
消えても半年間は治療を続けてほしいですね。
いずれにしろ、少なくともこの治療法で抗がん剤の副作用や闘病生活のQOLが
上がることは明白です」

 現在、毎週延べ50人ほどが治療を受けている。
治療例は「ビタミンC点滴と断糖療法でガンが消える!」
(KKベストセラーズ)に詳しい。

Q 副作用はゼロか?

「高濃度ビタミンCの副作用はないわけではありません。
点滴中に眠気が出る、口が乾く程度。
ごくまれに、ぶつけた時などにアザができやすくなるくらいです」

 手術や放射線治療はない。検討してみる手はあるはずだ。


<引用終わり>
-----------------------------------------------



内部被爆によるガンや健康被害に
ビタミンCが有効
~防衛医大・陸上自衛隊

http://ameblo.jp/64152966/entry-11567328026.html

<一部引用>

2010年の3月に、防衛医科大学と陸上自衛隊の研究者達が、
内部被爆による胃腸障害やガンなどにビタミンCがかなり有効
であると既に発表していた事が明らかにされました。
にも関わらず、それらの一切が表に全く出て来ないという
のは、一体どういう訳なのか!?

そういった秀逸な情報は一切流すなと米国の圧力があったので
ありましょうか???
食べて応援や震災瓦礫の拡散などを見ていますと、もしかすると、
積極的に人体実験や人口削減を推進するように命令されている
のかもしれませんね。

日本政府からは、積極的に日本国民の生命と健康を護るという
明確な意思は、ほとんどと云っていいくらい見られません
でしたからね。
それどころか、安全基準値を大幅に引き上げたり、安全デマ
ばかりを流し続け、犯罪的行為を繰り返していました。
本当に信じられない国です。
一体どうなっているんでしょうか、我が国・日本は!?

防衛医科大学と陸上自衛隊の研究者達の論文の中には、
以下のようなことが明確に述べられています。

「もし、原発の事故やテロが起きて汚染地域にいる住民や
作業員を助ける為に派遣する時、レスキュー隊員は、事前に
ビタミンCを飲むべきである。飲むことによって自分達が
放射能汚染の被害を受けることを防ぐことが出来る」


・・・と、はっきり述べている訳です。

しかし、本当に酷いですね。
こういった国民の命を護る為の情報は、即座に活用される
どころか、その全てが抹殺されてしまったのです。
これは、とんでもない犯罪行為です。
国による、国家的巨悪犯罪ともいうべきものです。

更に続きます。

「皆さんは、放射線が殺人光線のように、直接、身体の
中の遺伝子を傷つけると思っています。しかし実は、これは
全く違います。直接、遺伝子を攻撃するのは、たった20%
であります。では残りの80%は何かというと、活性酸素
であります。この活性酸素が、細胞の膜や遺伝子を傷つける」


そして、更に、

「この活性酸素は、ビタミンCで消せるという事であります。
人間の持っている抗酸化能力を最大に上げておくということ。
そして、この抗酸化能力を早く高めることが重要であり、
その為に、ビタミンCの点滴をまずやっておくという事」


・・・という話であります。






<引用終わり>
-----------------------------------------------



医者としての経験に基づくと~
どの種類のガンも、2週間から16週間で完治します。

http://ameblo.jp/64152966/entry-12061961016.html

(概要)


Dr.レオナード・コールドウェル曰く:

医者としての経験に基づくと。。。。
どの種類のガンも、2週間から16週間で完治します。
それどころか、すぐに治るガンもあるのです。
20年以上の経験を積んだ医師は誰もがガンが
一瞬のうちに治るケースを知っています。

ガンを治すには、身体の解毒が必要です。
次に、身体をアルカリ性に保つことです。
そして、緑色の葉や野菜に含まれるクロロフィルの効果で
酸素を多く体内に取り入れることです。

身体をアルカリ性に保つにはカルシウムや他の微量元素
ミネラルのサプリメントなどを飲むのが効果的です。
これで数週間後にはガンが消えてしまいます。

ガンを治すには、身体をアルカリ性に保ち、
自己治癒力(アルカリPhレベル→7.5以上に)を高める
必要があります(これはアルカリ度がかなり高い状態です)。

ドイツのある医師は、ガン患者に酸素治療を行っています。
ガン患者の血液を抜き取り、血液にマイナスイオン?の
酸素を注入してから患者に輸血します。
すると、患者の身体は新生児のように蘇ります。

ガン患者の血液は酸素不足により黒っぽい色をしていますが、
酸素を注入することでピンク色に変わります。
これは法的に認められたドーピングのようなものです。
輸血した途端に患者はエネルギッシュになります。

さらに、(特に)私が行った治療は。。。
大量のビタミンC(1日に100cc、1週間に3回以上の割合で)
を血液に注入しました。
そうすると、ガンは2日以内に消えてしまいます。
心臓病を患っている人もビタミンCの大量摂取でで完治します。

さらに、ビタミンEは高血圧を改善します。
しかし人工的に作られたビタミンでは効き目はありません。
天然のビタミンでないと効き目がありません。
自然界の問題は自然界が解決するのです。

さらにガン患者が自分でガンを治したいと思うなら。。。
未加工の食品だけを食べる完全菜食主義者
(ローフードダイエット)になることです。

さらに、腎臓に疾患の無い方は、1日に1ガロンの水
(小さじ1/2の海塩を入れる)を飲みます。
人間の身体がうまく機能するには身体に電気を流す必要があります。
電気を発するには塩が必要なのです。
そのため、体内の塩分が不足すると高血圧になります。

ただ、食卓塩(精製塩)を摂ると、塩の結晶が血管の膜を
傷つけ血管内部が出血します。
そして、出血を止めるためにコレステロールが傷ついた部分を
覆うため、結果的にコレステロールで血管が狭くなり高血圧になります。

塩は食卓塩ではなく海塩を使ってください。


<引用終わり>
-----------------------------------------------


管理人

私が重曹を推奨する理由
http://ameblo.jp/64152966/entry-12155048495.html

今日は、最も簡単に出来る被爆対策とガン対策をご紹介します。

× がん患者のペーハーは、pH5~6

〇 免疫力を発揮する最適ペーハーは、pH7.3~8.5



重曹をたくさん摂りすぎると副作用も考えられますが、
適量を摂ることにより、被爆対策の一助になると思います。

重曹の炭酸水素イオンは、マイナスイオンでアルカリ性です。
アメリカ合衆国陸軍が重曹を推奨する理由はとてもシンプルで分かりやすい。
腎臓障害にもいいと記されています。

ある意味、放射能の毒消しにもなる訳です。
ガンにも有効であると医師は語っています。

こうして見ると・・・
ガンも被爆症状も本質的な共通点があるようです。
そして、この両方に重曹が有効であるという事実は
知っておいて絶対に損はありません。


アメリカ合衆国陸軍は、放射線障害防止に重曹を推奨
http://ameblo.jp/64152966/entry-11501651485.html


取り敢えず、この重曹でうがいを行い、
そして、20% 薄めて少量飲むこと。

うがいの方法は、
小さじのスプーン一杯に、
ヤクルト1本分の量ほどの水で薄める事です。

重曹は、医薬用のものを買って下さい。
掃除用のものは避けたほうがいいと思います。






お知らせ

9月30日に、メルマガ第21号を配信しました。
まだ届いていない方は直ぐにご連絡下さい。


メルマガ第21号

家のローンの変動金利があなたを破産させます!


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/


第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。











. 10月6日:ワシントンのG20で『ドル基軸通貨見直し⇒新体制へ』が協議される!

10月6日:ワシントンのG20で
『ドル基軸通貨見直し⇒新体制へ』が協議される!
 






今週の10月6日:ワシントンでG20が開催される。

経済破局は来るのか? ~さんのサイトより

2016年10月03日
金融サミットの報道から
http://blog.goo.ne.jp/ns-japan/e/df98e4a7e100e9fe1180df9eb5e364c3

本日、各紙朝刊で一斉に
「金融サミット」(ブレトンウッズ2 189895)の件が報道された。

(※最近、特に経済問題では、マスコミよりネットのほうが情報が早く、質も高い)

各紙とも表層的な報道にとどまっているが、そこから見える内容を整理。

・仏サルコジは、金融破綻問題の中心責任は米国であることを明言。
また、世論を背景に「金融規制強化」を主導して、自らの存在感を示す作戦のようだ。
独も同様か?

・英ブラウンは、「第2のブレトンウッズ体制構築を」と明言していることが注目される。189895の記事にあるとおり、ついに米を切り捨てにかかった(米覇権の終焉を見切った)
と見てよいだろう。

・BRICSの動き、スタンスはまだよく見えない。

・米ブッシュはサミット開催をかなり嫌がったようだ。
「金融危機対策と再発防止」の議題についてはしぶしぶ同意したようだが、
「ドルの基軸通貨見直し」につながる新体制づくりに反対している。

今回のサミットの主眼は、米の抵抗はあるにせよ、欧州各国の意志として、
ドル基軸通貨見直し→新体制への布石であることは間違いなさそうだ。

・日本は? 

報道には「危機意識を共有することが大事で、必要な会議だ。危機突破のために、
中心的な役割を日本が果たすことは当然のことだと思う」
「麻生太郎首相も先のブッシュ大統領との電話会談などで
必要性を互いに認めあっているようだ」リンク とあるが
・・・残念ながら蚊帳の外のようだ。


これから各国の駆け引き→政治決戦の局面に入っていくと思われるが、
重要なことは、米、日を除いて、世界の状況認識は
「米国覇権の終焉」に急速に傾きつつあることだ。


<引用終わり>
-------------------------------------------------



今年の秋から世界的な大恐慌
~金融崩壊が起こる可能性が高いそうです!?

http://ameblo.jp/64152966/entry-12125960783.html

<一部引用>


金融戦争の発火点はアメリカから日本に変更されたのでしょうね。

そのために年金をアメリカに貢いで延命させていたのでしょうか!?


最後に日本のケースを見ています。
以下が日本の不等式です。

(名目GDPの成長率:0%)<(財政赤字の増加率:3.3%)

日本政府の債務は1209兆円と、
GDPの234%に達してしまいました。

吉田さんによるとこのレベルでは、長期金利が3%台になると
政府は債務不履行に陥り、予算を組めなくなってしまうといいます。
債務不履行とは、国家破産のことです。

現在日本政府が自転車操業を続けていられるのは、
異常な低金利のおかげです。
この異常な低金利をもって、日本国債の信用の現れだという人がいます。
それは本質を見誤った考えだと私は思います。

膨大に膨れ上がった債務ゆえに、今の異常な低金利でないと
国は予算が組めないのです。
それゆえ国はあらゆる手を使って低金利を維持しようと必死なのです。

つまり人々が日本国債を信用しているから低金利なのではありません。
国の政策によって、無理やり低金利を維持しているのです。
しかしながら、そうした自転車操業が未来永劫続くはずがありません。

人々が国債に対して疑問を抱いたとき・・・、それが予兆だと言えます。


<引用終わり>
---------------------------------------------


管理人

膨大に膨れ上がった日本国政府の債務・・・

この債務の内訳は???

①アメリカに恐喝されて抜き取られたり貢がされたお金。

②官僚と政治家が、よってたかって食いものにしたお金。



暴走する悪徳エリートの所業~さんのサイトより

2016年10月03日
ギリシア国債の50%の、借金「棒引き」=借金踏み倒しの、根源
http://blog.livedoor.jp/gensenkeijiban-bousou/archives/48527116.html

政府と国が「自由に紙幣を印刷する」というのは、ドロボウ制度に他ならない。

オルタナティブ通信リンクより転載します。
------------------------------------------------------------

国は印刷機を回転させ、自由に紙幣を印刷できる。

紙幣の印刷量を2倍にすると紙幣の価値は半分になる。
社会全体で、品物と紙幣が1対1で対応していたものが、1対2で対応する事になる。
同じ1という品物を買うのに2倍の資金が必要になる。
昨日まで50万円で買えた品物が、100万円出さないと買えなくなる。
逆に100万円で2つ買えたブランド品のハンドバッグが、1つ=半分しか買えなくなる。
銀行に100万円貯金していた人間は大損する事になる。

失われた50万円分はどこに行ったのか?

国は新たに印刷した紙幣(=国債増発)で自由に買い物が出来る。
その買い物の50万円分が、銀行預金を行っていた市民が失った50万円である。
つまり50万円盗まれた事になる。


紙幣を自由に印刷する権利を「国家に与える」という事は、
一般市民の貯金を自由に盗む権利を、国家の官僚達に与えている事を意味する。

もしも誰かがあなたのポケットからサイフを抜き取り、
1万円札を何枚か盗み取ろうとしたら誰でも怒るであろう。

なぜ政府と国が「自由に紙幣を印刷する」というドロボウ制度に誰も怒らないのか?
なぜ国から紙幣の印刷権を「取り上げ」、役人と政治家に「自由にドロボウ」を許さず、
自分達で通貨を作る「当然の権利」を取り戻さないのだろうか?

「ドロボウされない権利」=通貨を自分達で作る権利は基本的人権である。

国家が紙幣・国債を印刷する事は人権侵害の犯罪行為である。


<引用終わり>
------------------------------------------------


管理人

世界経済が風雲急を告げています。
かつての経済大国、否、今も尚、経済大国である日本。
「ドルの基軸通貨見直し」から「米国覇権の終焉」へと
刻一刻と近づいている様子が世界に流れています。
経済規模が大きいほど、その影響は甚大なものとなるに違いありません。

そういった世界情勢の中、日本国民の関心は、今後、日本はどうなるのか?
・・・といった不安に集約されると思います。
それを知る大きな手掛かりがあります。

民主党政権誕生前の自民党政権を見てみます。

安倍晋三
2006年9月26日- 2007年9月26日 (366日)

福田康夫
2007年9月26日- 2008年9月24日 (365日)

麻生太郎
2008年9月24日- 2009年9月16日 (358日)

中川昭一元財務大臣
2008年9月24日 - 2009年2月17日


いずれも一年という短期政権で終わっています。
私の見るところ、アメリカが深く関わっています。

安倍晋三と福田康夫が止めた最大の理由!?

ずっと疑問だった、安部・福田短期政権の謎と深い闇!?
http://ameblo.jp/64152966/entry-11348251736.html

安倍晋三は、5000万件の年金記録紛失の問題が全てでしょう。
馬鹿げた運用方法で元本の大部分を失ったとありますが、
その中身はブラックボックスです。
信じられない話ですが、年金の中から自由にお金の出し仕入れが出来るのです。
しかも、一般外収支として計上され、収支決算の国会への報告義務さえも無いのです。

通常、考えられないことが我が国・日本で起こっています。
これを可能に出来るのは、アメリカの影の力以外には考えられません。
つまり、100兆円以上のお金が、アメリカに抜かれた可能性も有り得るのです。

安倍は、1年間で解決すると約束し、1年になる前の日に辞任しました。
つまり、責任を取らされないように逃げた訳です。
全てを解明しようとしたら、恐らく、命は無かったでしょう。


福田康夫は、じつに、日本が保有する全外貨準備高にあたる
1兆ドル(約100兆円)の提供を求められたという。
これは、アメリカ政府が今回の金融パニックを封じ込める目的で
投入を決めた7000億ドルを上回る金額である。
要は、自分たちの失敗の尻拭いを日本に押し付けようとした、
アメリカのムシのよすぎる話に福田前首相はキレてしまったというのである。
つまり、総理を辞任することで、アメリカにNOと言ったのです。


麻生太郎の時の中川昭一元財務大臣ですが、
そのような一連の経緯を知った上で、財務大臣在任当時に、

『アメリカはあまりにも身勝手だ。米国債は買わない』と言い切っています。

2009年(平成21年)2月14日に、ワインに薬を盛られて酩酊会見を仕組まれ、
財務大臣を辞任に追い込まれてしまいました。
そして、その陰謀を政治生命をかけて解明していた矢先・・・
2009年10月4日、何者かによって暗殺されてしまったのです。
http://ameblo.jp/64152966/entry-10784838369.html


以上の三代に渡る自民党短期政権には、アメリカが深く関与している
疑いが極めて濃厚です。

そして、今現在!!!

「ドルの基軸通貨見直し」から「米国覇権の終焉」へが目の前にあります。

今後、日本に何が起こるでしょうか!?

この二つの関係をリンクして考えなければ、近い将来の日本の行く末は
到底、見えて来ないのではないでしょうか。

恐らく、ドル崩壊~デフォルト~アメリカ崩壊~内乱へと・・・
アメリカは建国史上、最大の危機と痛みを経験するはずです。
植民地の日本は、その痛みを緩和する任務を命じられるはずです。

100兆円や200兆円で済む話では到底なくなって来ます。


極論から申しますと・・・少し先の話になるかもしれませんが、
安倍晋三が提唱する・・・日本版FEMAが発動されてしまいますと、
日本は、表向きとは違い、米国FEMAの管理下に入ることになります。
実質的な支配権は、米国FEMAに移行します。
つまり、植民地から奴隷国家になってしまう事になる訳です。
これが、私が最も恐れている事態です。
極論と申しましたように、近い将来の話です。
今直ぐに起こるとは言っていません。

ただ、日本版FEMAが発動されるには、それなりの大災害や大事件が必要です。
日本国内で、それが起こされる可能性は、ほぼ100%に近いと考えています。
日本経済崩壊~大災害テロ~日本版FEMA発動・・・
首都圏崩壊も当然、計画されている可能性大です。
そうなると、日本という国は、事実上、無くなってしまいます。
日本のあらゆる富は、収奪され尽くされると考えておくべきです。

ここで皆さんに申し上げておきますが、
日本の総理、閣僚、財務省、日銀、警察・検察、公安、そしてマスコミ。
これらは全て、NWOの使いっ走りです。
ですから、何でも出来てしまうので本当に怖いのです。
劇的に起こるのか、比較的ゆっくりと起こるのかは神のみぞ知るです。

無論、日米双方に各々の抵抗勢力の存在がありますから、
全てが彼らの思うとおりに進むとは限りません。
しかし、一連の大筋の流れは知っておいて欲しいと思うのであります。

私が、★メルマガ第20号を書いた理由も、そういった近未来を見据えてのものです。

もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。




もう一つの重大なヒントは、アメリカ大統領選挙の動向。
もし、これが行われなかったら、恐怖が現実のものとなります。


主なスケジュール

2016年
7月18日 - 21日:共和党全国大会
7月25日 - 28日:民主党全国大会
9月26日:第1回テレビ討論会
10月4日:副大統領テレビ討論会
10月9日:第2回テレビ討論会
10月19日:第3回テレビ討論会
11月8日:一般有権者による投票および開票
12月中旬:選挙人による投票

2017年
1月上旬:大統領および副大統領当選者が正式決定
1月20日:大統領就任式



2016年11月と12月のカレンダー



重要なヒント ↑ が秘められています。
何かを感じ取ることが、
サバイバルを生き残る為の第一歩です。




お知らせ

9月30日に、メルマガ第21号を配信しました。
まだ届いていない方は直ぐにご連絡下さい。


メルマガ第21号

家のローンの変動金利があなたを破産させます!


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/


第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。












. 2つの海外派遣後56人が自殺の真相~その多くが戦死だった可能性!?

2つの海外派遣後56人が自殺の真相
~その多くが戦死だった可能性!?








実弾の飛び交う戦場に数千名が派兵されて、
なぜ死者が皆無で、なぜ自殺者が56名なのか、その意味を理解できないか?
もし海外派兵で戦死者が出たなら政権が責任を問われるが、
自殺者なら問われないんだよ。
https://twitter.com/tokaiama/status/782739034711875584


【閲覧注意】「戦争で儲けさせてはならない!」








2016年10月03日月曜日

南スーダンへの自衛隊派遣批判 元隊員が講演
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201610/20161003_13043.html

陸上自衛隊の元レンジャー隊員井筒高雄さん(46)の講演会が2日、
仙台市青葉区の市市民活動サポートセンターであった。
自衛隊の南スーダンでの国連平和維持活動(PKO)について解説し、
市民約110人が耳を傾けた。
 
井筒さんは昨年の安全保障関連法成立で可能になった駆け付け警護について、
「テロリストと一般住民の区別は付きづらく、
武器を持たない人も殺さなければならない場面が出てくる」と強調。
「米国の国益のため、自衛隊を差し出す行為は許せない」と批判した。
 
講演会は戦争に反対する市民団体「女の平和ピースアクションみやぎ」が呼び掛けた。
世話人の須藤道子さん(68)は「自衛隊が大きな岐路に立たされていることを
私たち一人一人が考えなければならない」と話した。



2016年09月18日

日本自衛隊、南スーダンで襲撃を受けたか
http://parstoday.com/ja/news/japan-i16846





南スーダンの治安筋が、同国の国連キャンプに駐留している日本の自衛隊数名が、
武装勢力の襲撃を受けたと発表しました。

ジャパンタイムズによりますと、自衛隊員が駐留している国連のキャンプ付近にて、
武装勢力の襲撃が発生したということです。

この報告によりますと、この襲撃の被害に関する正確な情報は
伝えられていないということです。

また、南スーダンの治安筋の話では、日本の自衛隊員は、
武装勢力の狙撃兵からの銃撃を受けたとされています。

2012年から現在まで、日本の自衛隊は国連の平和維持活動の中で、
この地域に駐留していました。

南スーダンでの激しい衝突や、中国軍兵士2名など、
国連平和維持活動の参加者数名が死亡していることを受けて、
日本は危機的な状況のために、自衛隊参加者を同国から撤退させるとしていました。

南スーダンの衝突は現在も続いており、これにより270人近くが死亡しています。
国連の拠点も、この衝突の中で危険にさらされています。

南スーダンはおよそ5年前、スーダンから分離し、
世界と最も新しい国として独立宣言しました。
7月に発生した首都ジュバでの激しい衝突により、アフリカ諸国の首脳陣は、
南スーダンにおける地域的な軍事力の駐留を求めました。




写真;南スーダンとの国境地帯で、
銃を手にするケニアのトゥルカナ族の少年たち。
両国の国境紛争にも、それぞれの少年兵が駆り出されている
=2014年12月21日、イレミ・トライアングル(ロイター)


『自衛隊員が初めて殺し合う相手は南スーダンの少年兵です!』
http://blogs.yahoo.co.jp/sayuri2525maria/36152027.html

自衛隊員の皆さま

憲法違反=戦争法に
 従うのは拒否願います

あれだけ反中国を煽りましたよね
その舌の根も乾かぬのに
 中国の利益を守るために、
    南スーダンまで出かけ
      少年兵を殺すのか?


『自衛隊員が初めて殺し合う相手は南スーダンの少年兵です!』

右翼小児病
(=アジア諸国に対して排外主義を掲げながら、
米国には極端に追従する妄信的な極右のこと;作家・宮崎学氏の評)

の安倍晋三違憲状態首相が、中国の脅威を煽りに煽りまくって
成立させた憲法違反の戦争法により、

自衛隊が海外で
武力行使すなわち
戦闘が出来るようになりました。

自衛隊が最初に武力行使するのは、
「中国が南スーダンに持つ石油利権を守るため、
自衛隊が南スーダンの中国軍を“かけつけ警護”する」


つまり

「南スーダンで、米軍の肩代わりをして
中国軍を警護し、中国の権益を守る」という事例になりそうです。 


『週刊プレイボーイ』(2015年8月10日号)に掲載された
「今年6月にモンゴルで行われたPKO多国間共同訓練での、
自衛隊と中国軍などの共同訓練の写真
(米国防総省が撮影・公開したもの)」
を戦史/現代紛争史研究家・山崎雅弘氏のツイッター
(2015-9-22)より転載させて頂きましたが、

米中間には、
戦争法成立を見込んでの
「日本の自衛隊を今後どのように使うか」
の取り決めがあったと思われます。

さて、その南スーダンですが、
政府軍と反政府軍が戦闘を続けており、
内戦状態となっています。

そのような地球の裏側の
日本とは関係のない国に、
自衛隊が赴くことが、
「日本の安全」に繋がるとは到底思えません。

しかも、反政府軍には
(もちろん政府軍にも、隣国ケニアにも)、少年兵がいるようです。

自衛隊員はこの少年兵とも戦うことになるのです。
自衛隊員に少年兵を殺すことが出来るのでしょうか。
自衛隊員は少年兵に殺されるのでしょうか。

「少年兵を殺す」のも
「少年兵に殺される」のも
あってはならないことです。


もちろん戦争自体が絶対悪です。

自衛隊は専守防衛が基本です。
地球の裏側まで出かけて行って、
他国の利益のために、
他国の人たちを殺してはいけません。
もちろん、殺されてもいけません。


自衛隊員の皆さん、
南スーダンで何が待ち構えているのか、
よく考えて下さい。

憲法違反の戦争法に従うのは拒否して下さい。

以上引用終わり



陸自PKO隊長が射撃許可 南スーダン「正当防衛なら」
http://www.asyura2.com/13/warb12/msg/729.html

<一部引用>

前略

井川氏によると、宿営地付近で銃撃戦が起きたのは1月5日。
当時、中部ボルは反政府勢力が占拠しており、部隊には
「首都の西側約200キロにいる反政府勢力が首都に向かって前進中」
「南方からも反政府勢力が北上している」との情報が寄せられていた。

銃撃戦が始まったのは同日夕方。
当時、PKO施設内には1万人以上の避難民がいた。
武装兵が宿営地南側にある土塁の上から発砲するといった事態が想定され、
約400人の自衛隊員も流れ弾にさらされる可能性があったという。
 
約2週間前にも同国内の別のPKO施設で似たような銃撃戦があり、
避難民を狙った武装勢力の流れ弾でPKOに参加していたインド兵が
死亡したとされていた。
このため、井川氏は「隊員を死なせるわけにはいかない」と
全隊員に武器と弾薬の携行を命令。
その上で
「各自あるいは部隊の判断で、正当防衛や緊急避難に該当する場合には撃て」
と命じたという。

約2時間後、銃撃戦は政府軍の脱走兵がPKO施設に逃げ込もうとした際、
撃ち合いになったものだと判明。
政府軍と反政府軍の戦闘に巻き込まれる恐れはないと判断し、命令を解いたという。
井川氏は「(巻き込まれるかもしれないという)私の見通し通りになっていた場合は、
撃っていたかもしれない」と話す。

南スーダンは昨年12月中旬から事実上の内戦状態にある。
今月17日にも中部ボルで武装勢力がPKO施設内に乱入して銃を乱射、
国連部隊と銃撃戦になり、避難民ら約60人が死亡。緊張した状況が続いている。
(ジュバ=三浦英之)

<引用終わり>
--------------------------------------



管理人

ISISのバックには、米国とイスラエルがいるのは有名な話。
南スーダンの紛争にも、その双方のバックに扇動している黒い影がある。
そして、その紛争に乗じて、資源を手に入れたい各国の思惑が渦巻いている。
こういった背景の分析をして、全体像を世界に知らせる必要があります。
日本においては、政治家やジャーナリストにその義務がある訳ですが、
そういった声はどこからも聞こえてきません。

南スーダンの実情と共に、その全貌を明らかにし、南スーダンへの
自衛隊派遣を国会で厳しく指弾する声はほんの一部に限られており、
国会で紛糾したというニュースにはお目にかかれない。

自衛隊員は、命令されたら行くしかない宿命にある。
嫌なら、自衛隊を辞めるしかない。
日本国を護る任務とは何の関係もない作戦に従事させられる。
運悪く流れ弾に当たって死亡しても自殺扱いにされるのであろうか?
軍需産業だけが儲かり・・・そして、戦争屋が笑う世界がそこにある。

こういった南スーダンへの自衛隊派遣は、今後に向けた既成事実作りに
あると考えます。
つまり、その先があるという事実。
徐々に地ならしと環境整備が行われ、更なる過酷な任務を押し付けられるのは
火を見るよりも明らかである。

環境整備というのは、米国と日本の戦争屋が儲ける為の環境整備です。
その戦争屋の代理人が、今の安倍政権である。
そして、全く無知で戦争おたくのカルト政治家が防衛大臣をしている惨状。
カルト新聞やテレビが、本当の真相を伝えることは皆無だ。
真相を伝えるサイトやブロガーは、徹底して妨害や嫌がらせを受ける毎日。
今、私はそれを経験しています。
多くは語りませんが・・・

戦争も究極的には、経済行為です。
世界経済が、何かおかしな動きを見せ始めています。
今後、何か大きな動きがあるかもしれませんので、
皆さん、警戒を怠らないようにして下さい。




【大本営発表】政府
「南スーダンで150人が死亡する事態が起きたが武力紛争は発生していない」

http://hitomi.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1468273529/l50







お知らせ

9月30日に、メルマガ第21号を配信しました。
まだ届いていない方は直ぐにご連絡下さい。


メルマガ第21号

家のローンの変動金利があなたを破産させます!


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/


第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。















. それでも生きて歌いたい!・・木村唯さん ~ 命と健康情報まとめ

それでも生きて歌いたい! 木村唯さん
 ~ 命と健康情報まとめ








足を失っても歌ったアイドル 残した言葉メンバー励ます
http://www.asahi.com/articles/ASJ9T7J0XJ9TUTIL020.html

 昨年10月、18歳のアイドルが小児がんで亡くなった。
東京・浅草の「花やしき少女歌劇団」の一員として歌手をめざしていた。
右足の切断手術を受けたが、ステージではいすに座って歌った。
少女が旅立ってから1年。
死を前に残したさまざまな言葉が、
10月から新しいステージに立つメンバーを励ましている。

9月25日、東京・浅草の老舗遊園地「浅草花やしき」内の小さなステージ。
ここを拠点に活動する「花やしき少女歌劇団」(団員数32人)のメンバーが踊っていた。

 「唯ちゃん、きっと見に来てるね」。
後輩のステージを見に来た元メンバーの少女たちが話した。
かつてこの輪の中心にいた木村唯さんの一周忌が、まもなく訪れる。

 唯さんは小3で入団。中3の夏、足の痛みに襲われた。
「横紋筋肉腫」というがんで、抗がん剤治療に耐え、高1の夏に右足の切断手術を受けた。
生きる可能性を探り、ステージに戻るための決断だった。
唯さんは入院中、母雅美さん(43)に
「私を可哀想だと思わないで。私は十分幸せだから」と話し、
ベッドの上でショーの動画を見ていたという。

 手術から約5カ月後、ステージに戻った。
片足を失った唯さんは観客が不快にならないか、
歌劇団の小さな子が怖がらないか気にしていた。
だが、無用な心配だった。
一番仲良しだったメンバーの大橋妃菜(ひな)さん(16)は
「みんな『おかえり』っていう感じだった」。
ファンも手製のうちわを振って迎えた。



それでも生きて歌いたい





アイドル・木村唯さんの命を奪った横紋筋肉腫は、
放射性セシウムやトリチウムの被ばくで発症する

http://www.asyura2.com/16/genpatu46/msg/541.html

<一部引用>

昨年10月、花やしき少女歌劇団のアイドル、
木村唯さんが横紋筋肉腫の転移で亡くなった。
享年18歳。
一周忌を前に、最後まで希望を失わず前向きに生きた唯さんが再度話題になっている。

横紋筋肉腫。
あまり聞いたことのない病気だが、骨、筋肉、脂肪といった軟部組織にできる腫瘍で
発症率は100万人に1人という希少がんである。
小児や青少年に多いという。

唯さんは、2011年9月に被災地を訪れている。
その際大量に被ばくし、それが横紋筋肉腫の原因になった可能性が高い。
被ばくに注意していなければ、
その後数年間の食事や呼吸による内部被ばくの影響もあるだろう。


チェルノブイリの被ばく者を多く診察しているヘレン・カルディコット医師は、
放射性セシウムは筋肉に蓄積され、心臓病や糖尿病のほか、
横紋筋肉腫を引き起こす可能性があると指摘している。

「主要な放射性元素の一つセシウムは、カリウムの疑似物質で、
心臓、内分泌器官と筋肉に凝縮し、心臓の異常、心臓発作、糖尿病、
甲状腺機能低下症や、甲状腺ガンや、横紋筋肉腫と呼ばれる、
極めて悪性の筋肉の癌を引き起こす可能性がある。
セシウムの放射能は、300年間持続し、食物連鎖で濃縮する。」

また、米ニューヨーク州ロングアイランドのブルックヘブン国立研究所の周辺は
トリチウム汚染がひどく、複数の住民が横紋筋肉腫を発症したと報告されている。

「なかでも、ニューヨーク州ロングアイランドにあるシャーリー(SHIRLEY)
という町からの報告は衝撃的でした。

『女性の9人に1人が乳ガンを発症』

『400万人に1人と言われる子どもの横紋筋肉腫という珍しいガンが、
同じ通りで2人発症。周辺地域全体の患者数は20人』という事実が示されます。」

福島原発事故の放射能汚染により、今後、横紋筋肉腫が増加するのは間違いないだろう。

事実、マスコミに取り上げられることが増えているようだ。

これから社会を牽引する若い人たちが、
こういった悪性のがんで亡くなっていくのは大変深刻である。

何よりもまず、食事と空気に気をつけて内部被ばくをできるだけ減らすことが大切だ。


<引用終わり>
------------------------------------------------



管理人

悲しくて・・悲しくて言葉になりません。
片足を切除しても尚、生きて・・歌い続けようとした木村唯さん。
そんなけなげな唯さんに、神の御慈悲は無かったのでしょうか・・・

近い将来、東京に出かける時があれば・・・
是非、木村唯さんのお墓に綺麗な花を献花したいと強く思いました。
まだ18歳・・・
正直、やりきれない想いがしてなりません。

今後、東日本で木村唯さんや小林真央さんのような人が
あちこちに出て来る可能性に危機感を強く感じています。
その為にも、情報収集は欠かせません。
そして、知り得たことをブログやメルマガで伝えて行きたいと思います。

木村唯さん・・・
安らかにお眠り下さい。

合掌。。。


光軍の戦士より







命と健康情報まとめ


★アボカドの成分が白血病の原因
⇒「がん幹細胞」だけを攻撃することが判明!
http://ameblo.jp/64152966/entry-12145377387.html
FBのシェア:36000



ガンが死滅する39・3℃の熱を
光や音の周波数に変換出来ると奇跡が起こせる!
http://ameblo.jp/64152966/entry-11983067865.html
FBのシェア:22000



白血病患者激増~患者数が、昨年の約7倍~福島、茨城、栃木、東京
http://ameblo.jp/64152966/entry-12045183016.html
FBのシェア:22000



ワクチンの中に、
白血病やガンのウィルスを入れないで下さい!
http://ameblo.jp/64152966/entry-12129660495.html
FBのシェア:21000



ガン細胞が39.3度以上で死滅するのなら
サウナや酵素風呂に入ろう!
http://ameblo.jp/64152966/entry-11461803557.html
FBのシェア:19000



福島の放射能を食べる奇跡のバクテリアの正体が判明!
http://ameblo.jp/64152966/entry-11405502782.html
FBのシェア:15000



マンモグラフィによる被曝リスクは
胸部エックス線検査の1000倍!
http://ameblo.jp/64152966/entry-12169319236.html
FBのシェア:12000



子宮頸がんワクチンの99.9%が
接種をした女性に全く効果がない事を厚労省が認めた
http://ameblo.jp/64152966/entry-11506713698.html
FBのシェア:12000



放射能を既に肺いっぱいに吸い込んだ人は
一体どうすれば良いのでしょう?
http://ameblo.jp/64152966/entry-11729782302.html
FBのシェア:8052



乳がん患者の8割は
朝食にパンを食べているって本当ですか!?
http://ameblo.jp/64152966/entry-12170154782.html
FBのシェア:4953




驚くべき先進国ガン死亡率の謎!?
http://ameblo.jp/64152966/entry-12107478218.html
FBのシェア:4808



☆日本一小さな儲からない病院
~「病気は血液の汚染と体温の低下である」
http://ameblo.jp/64152966/entry-11526871716.html
FBのシェア:4776



放射能検査してない関東野菜や奇形魚・巨大魚
などが、何故、大量に九州ばかりへと流れるの!?
http://ameblo.jp/64152966/entry-11836809599.html
FBのシェア:4493



今、日本人が食べてはいけないものワースト10
http://ameblo.jp/64152966/entry-12103576588.html
FBのシェア:3924



アメリカ合衆国陸軍は、放射線障害防止に重曹を推奨
http://ameblo.jp/64152966/entry-11501651485.html
FBのシェア:3464



東京の有名な医師が、娘さんにケイ素を使って
放射能を3カ月で1/6以下に激減させた!
http://ameblo.jp/64152966/entry-12046334094.html
FBのシェア:2443



予防接種を受けた人を中心にインフルエンザが大流行
http://ameblo.jp/64152966/entry-11453543181.html
FBのシェア:2223



すげぇ~な。
がん検診で必須のPET/CT検査は、
一回だけで26mSvも被爆するのか!?
http://ameblo.jp/64152966/entry-12142187777.html
FBのシェア:2174



小麦粉は、
血液の造られる小腸に悪影響を及ぼすって本当!?
http://ameblo.jp/64152966/entry-12146851232.html
FBのシェア:1939



朝食を抜くとかなりの排毒が期待出来るそうだ。
http://ameblo.jp/64152966/entry-12143220053.html
FBのシェア:1896



ガンの真の正体・ガンジダとその特効薬とは!
http://ameblo.jp/64152966/entry-11122613473.html
FBのシェア:1795



ワクチン伝説に終止符
~極秘文書が衝撃的真実を明らかに!
http://ameblo.jp/64152966/entry-12191649001.html
FBのシェア:1397




医者としての経験に基づくと~
どの種類のガンも、2週間から16週間で完治します。
http://ameblo.jp/64152966/entry-12061961016.html
FBのシェア:1336



パンティ-ストッキングのある恐ろしい秘密
http://ameblo.jp/64152966/entry-11379964093.html
FBのシェア:1243



わずか5ヶ月の間に、12人もの医師が、
たて続けに死亡や行方不明となった真相とは!?
http://ameblo.jp/64152966/entry-12177538633.html
FBのシェア:1182




インフルエンザで急死する人が増えている
~予防接種を受けた人を中心にインフルエンザが大流行
http://ameblo.jp/64152966/entry-12132298144.html
FBのシェア:1163



「食べて応援」推進の大元が人口削減委員会の出先機関だったって本当!?
http://ameblo.jp/64152966/entry-11178503265.html
FBのシェア:1131



余命宣告をされた末期ガン患者が
大麻使用を始めたら劇的な改善
~しかし、逮捕されるとは!
http://ameblo.jp/64152966/entry-12154699972.html
FBのシェア:1074



原爆投下後、
何故か、アル中患者に被爆症状が出なかった
~核シェルターには必ずお酒が備蓄される。
http://ameblo.jp/64152966/entry-11856151298.html
FBのシェア:1074



芸能人の悲しい訃報はガンばかり
~放射能は老化を20年早める!?
http://ameblo.jp/64152966/entry-12032727433.html
FBのシェア:1049



今年お亡くなりになった著名人の多くは
「被爆」が関係している可能性も!?
http://ameblo.jp/64152966/entry-12102539789.html
FBのシェア:662



2016年問題の恐ろしい本質
http://ameblo.jp/64152966/entry-12100111684.html
FBのシェア:651



癌患者は80%以上の人がカビに覆われて死ぬ
という実体が判明~岡山大学医学部の卒業論文。
http://ameblo.jp/64152966/entry-12081499191.html
FBのシェア:494



マイナスイオン(重曹)は、
ガンの元を分解し症状を軽減する効果があるそうだ。
http://ameblo.jp/64152966/entry-12195122110.html
FBのシェア:366







お知らせ

9月30日に、メルマガ第21号を配信しました。
まだ届いていない方は直ぐにご連絡下さい。


メルマガ第21号

家のローンの変動金利があなたを破産させます!


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/


第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。









. 携帯の請求が高過ぎると調べたら、おぼえのない日本ユニセフへの募金額が上乗せされていた!

携帯の請求が高過ぎると調べたら、
おぼえのない日本ユニセフへの募金額が上乗せされていた!





始めに

昨日の記事で・・・

主要サイトランキング
http://www.rui.jp/new/chumoku/chumoku_site_1.html

wantonのブログ(光軍の戦士たち) 60049 ~ 23

るいネットで引用された私の記事が・・23
その割には、すごく多く閲覧されています。


以上の ↑ 件を載せましたが、記事にしたせいもあり、
その後、62000 くらいまでアップしたのを確認していました。
やはり、皆さん関心が高いのだと思っていたのですが、
今朝見てみると、何と・・2000~以上もアクセス数が落ちているではありませんか。
今朝⇒ 59874 ⇒18時現在、また60670 に上がってはいますが・・???
皆さんも、昨日、ご覧になられた方も多いと思いますので、
多くの人が確認されていると思います。
皆さんもこの事実に、アレって不思議に思われたのではありませんか?

これが何を意味するかと申しますと・・・
つまり、昨日の一つの記事だけで、何千ものアクセスが消されていると。
昨日の記事を見て、主要サイトランキングにアクセスしたのは、恐らく、
何割かの人でしょう。
その何割かの人だけではなく、 プラス アクセスしていない人も
ある程度、消されている可能性がある訳です。
そう考えますと、5千以上のアクセスが消されている可能性があります。

恐らく、外部カルトの仕業でしょうが、ここまで歴然と証拠が残った例は
極めて珍しいと思います。
昨日の記事だけがやられたとは誰も考えないでしょう。
人気が集中した記事やヤバイ記事は、のきなみバッサリとやられている
のではないかと推測しています。
カルトは、どこまでいっても腐れ外道です。
アメブロ政治経済の上位は、今や、極右に占拠されています。
私だけが、反戦平和~反原発で踏みとどまっていますので、恐らく、
邪魔でしょうがないのでしょう。

2014年に公開した記事は、アメブロのいいね!が3527。
フェイスブックのいいね!が71000。
公開して2日目くらいに、1日のみで35万アクセスありました。

知らなかった!ロシアの皆さん、本当に有難う
~氷上の日の丸を囲み世界が黙祷

http://ameblo.jp/64152966/entry-11786213023.html

ところが・・・35万アクセスの日に、
その日のアメブロ政治経済は第2位でした。
第一位のサイトを見ると、どのページを調べて見ても・・・
フェイスブックのいいね!が・・・0、0、0、0・・・
有り得ないでしょ。
つまり、そういうことなんです。

今日夜10時の主要サイトランキングにおける私のアクセス数を
メモしておいて、明日、どれだけ減っているか確かめてみましょう。
累積アクセスは増えるものであって、減るなんて初めて目にしましたよ。(笑)


-------------------------------------------


今月の携帯の請求が高すぎると思って明細を見たら、
おぼえのない日本ユニセフへの募金額が上乗せされていて…

http://twinavi.jp/topics/lifestyle/57ecef4b-c3b0-43b3-a73e-2529ac133a21?ref=pc_tw


嫁さんと一緒にSOFTBKへ。どうも今月の請求が高すぎると思って明細を見たら、
日本ユニセフへ10,000円の募金額が上乗せされていたのだ。
もちろん二人ともそんな募金をした覚えはない。
こりゃどういうことだ?と思って窓口へ確認しに出向いた。

担当さんのお話だと「かざして募金」というサービスを利用しているとのこと。
初めて聞いたサービスだ。
アプリをインスコしてどうのこうのと言ってたが、そんなアプリを導入した覚えはない。
したくもない。
端末の履歴を確認すると9/2に5000円づつ募金している、とのこと。
いや知らんがな。

どうやら嫁さんの端末からサービスを利用しているとのことだが、嫁さんは全く知らない。
しかもこれから毎月一万円づつ寄付するという契約になっているらしい。
アプリ一覧を見せてもらったがそんなアプリは入っていない。
なんかサービスセンターみたいなところに電話してもらって契約の解除をした。

しかし今月募金した分は「利用されたのだから」という理由で返金されない、という。
いやしてねえよ。した覚えねえよ。
さすがに温厚な僕もこれには納得できない。
一応冷静な体で電話口の担当さんに話をしたが
少し感情的になってしまったかもしれない・・・ 
電話の担当さんごめんなさい。

・募金契約をした覚えはないこと
・アプリもインストールされていないこと
・もし誤動作によるものだとしたら
金銭の取引が誤動作で簡単に起こってしまう事は問題だ ということ
・SBで対応できないなら直接日本ユニセフへ連絡して対応をしてもらいます ということ
これらを一応冷静に話した

なんのかんの30分くらいやって
「利用されてしまったので返金はできませんが、翌月の電話料金から割引いたします」
という対応。 
利用してないけどね?なんかゴネたみたいになって心苦しいが一万円はでかい。
諦められる金額ではないからなあ・・・
ということで金銭決着はついたのだが・・・

納得できないのは「いつ、どのような経緯で募金しているのか」
ここをしっかりしておかないとまた同じことを繰り返す恐れがある。
ということで端末に残った9/2の全ての履歴を漁ってみる。
嫁さんの携帯を見るのはしのびないがほっとくのも危険だ、
ということで了承をもらって漁る。

かざして というくらいだから何か2次元をスキャンしたのではないか?
写真に撮った一部にその2次元が入り込んだ?
LINEの広告で誘導された?
悪意ある誰かに操作された?
色々調べたがわからない。 
そんな折、9/2にソフトバンクのお知らせメールとかいうのが来てるのを見つけた。





件名は「ソフトバンクお知らせメール(PR)」
日本ユニセフ協会からのお知らせです
これを下にスクロールすると

>寄付する pic.twitter.com/XV7Zkp0EOj

どうもここからちょっとしたクリック操作で寄付してしまうらしい。
(また同じ目に合うのは嫌だからもうやらない)
どうもこれをウチの嫁はやらかしたようだ。
しかしとんでもない仕様である。
勝手に引き落とされてしまうのでワンクリ詐欺より酷い。
誤動作で簡単に金銭の取引が行われてしまう。

しかも今後も毎月一万円の寄付を継続するとか
おそらくデフォルトの選択肢がそうなっているのだろう。
調べると他にも同じような経験をされている方がいるようだ。

いくつかのクリックで取引成立。
いまどきこんな酷い詐欺サイトを僕は見たことがない。
行政指導入らないのかね・・・   以上です

簡単に言えばパスや個人情報の入力がないので
【気に入らないヤツの携帯から簡単に高額募金ができるよ!】

補足:
・嫁さんはソフトバンクからのお知らせメールを能動的に開くことはしない
・ウザいので開封状態にして放置してしまう
・このメールも見た覚えはない

ということで誤操作のみで一か月一万円の継続募金まで進んだようです


誤操作で寄付するの無理って意見の方へ
ならばなぜ寄付を行う意思がないのに高額な継続寄付の契約をしているのでしょうか
知らない間に電話かけちゃうアレと同じケースだと思われます

今、件のメールから検証してみた。
ウチの端末から件のメールを開いた状態で「5回」2cm四方を連続タップすると
5000円の毎月寄付契約ができてしまうようだ。

こんな感じ
右下を押し続けるだけで契約完了
pic.twitter.com/zfBckO8kaB









最初の画面をスクロールしなくてもタップするだけで次の画面に進む。
あとは連続タップで契約成立。これはだめでしょ

他にも支援団体は多数あるようで、特に日本ユニセフ協会だけの問題ではないようだ。
この「かざして募金」のシステムに問題があると思う。
途中でタップ以上の文字入力等を挟まないのは良くない。
それにしてもなぜSBは多数ある支援団体の中から
日本ユニセフ協会をピックアップしてきたんでしょうねえ


<引用終わり>
------------------------------------------


管理人

なぜSBは、日本ユニセフ協会を・・・???

決まっているじゃないですか、お仲間さんだからですよ。
しかし、やることが巧妙で極めて悪質ですね。
さすが、日本ユニセフ統一協会だけのことはある。
https://twitter.com/tokaiama/status/781644055952314368

何故、私がこの件を記事にしたかといいますと、
私も同じ様な経験があるからです。
携帯は、やはりソフトバンクでした。

私がブログを始めてから半年ほどして、携帯からブログを見ようとした時に、
このアプリを使うと、ブログの画面を綺麗に見ることが出来ますと案内が
出て来て、それではと、有料でサインしたのですが、見れたのは、1ヶ月で
直ぐに、そのアクセス入り口のところでフリーズしてしまったのです。
どうやっても解決することが出来ず、あきらめて放置していたのですが、
何ヶ月か経って、毎月の引き落としが異常に多く、銀行に行って、通帳を
調べたところ、ソフトバンクの例のサインしたところからでした。

ソフトバンクの営業所に赴き、事情を確かめに行きました。
そしたら、毎月、例のサイトをたくさん使用されていますからとの説明。
そんな馬鹿な・・・フリーズして以降、全く使用していないと話したら、
「いえ、使用履歴が残っています」からと・・・
それでは、その履歴とやらを見せてくれと話すと、
「当方では無理です。ご自身で履歴をご覧下さい。」・・・と。
そこで、履歴を調べようとしたら、そのサイトを開けないのですよ。

私は、恐らく、全国的にフリーズするといった不具合が起こったのだと察しました。
たくさんの苦情に対して、既に、マニュアルのようなものが作られており、
体よくあしらう方針が透けて見えました。
こんな会社は駄目だなと判断し、しばらくしてから、解約しました。

はっきり言って、日本はカルトの巣窟に成り果てています。
どこを見てもカルトだらけです。
日本人は、そんな事は何も知りません。

記事の冒頭の 始めに のところに出て来るのもカルトです。
彼らは、金も組織もIT技術もかなり進んでいますから、
大抵のことは、何でも出来てしまうのです。
カルトって何のことか分かりますか?
まあ、宗教がからんでいて、大部分が日本人では無いということ。
パチンコなんかもそうですが、その他の分野でも徹頭徹尾・・・
日本人を食いものにしている連中です。
我々のことを虫けら同然と考えており、どんなむごいことでも
平気でやってくるし、しかも何とも思っていませんからね。


そこで、皆さんに一口アドバイスをしておきます。


全てのカルトは船井へ通ず
http://h09.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-8d97.html

統一教会、創価学会、大本教、オウム真理教、幸福の科学、
その他日本には様々なカルト宗教が存在します。
組織がそれぞれ違うので
「どこどこは信じられる」とか「どことどこは敵対している」とか、
いろいろ複雑に見えるかもしれません。
しかし答えは単純明快です。
全てのカルトがアメリカユダヤ傘下の裏社会組織です。
 
それぞれのカルト組織が機能的に動くためにはハブとなるものが必要です。
私は以前それが「隠れた組織・司令塔」であると漠然と考えていました。

「船井総研こそが日本の中で経済活動を通じてカルトを連携させるハブ組織である」
というものです。(もちろんこれだけで全てではありません。
しかし大きな集合体であることは間違いないでしょう)

船井は経済活動を通じて日本を浸食する役割。
基となるのはアメリカから来た怪しいマーケティングという名の人狩りビジネス。
そこにあらゆるカルト組織がからみ、カルトは横でつながります。


---------------------------------------------


前記事続報⇒「これは情報戦争そのものである!」
http://ameblo.jp/64152966/entry-11517185457.html

「生命を育む会」を検索すると
放射線ホルミシス効果が出て来ます。

放射線ホルミシスを調べて見ると
統一協会が出て来ます。

勝共連合の頃から統一協会は原子力産業のおこぼれに
あずかってきており、ホルミシス関連の事業が本格化。
ホルミシス、ホルミックなどが医療的に効果がある宣伝、
多くは統一協会の悪徳商法。

昔、放射線ホルミシス理論により、
【放射能泉(含放射能-ラドン泉)】などによる低線量被曝はいいとされたが
2006年、世界保健機構(WHO)は、
ラドン泉の放射線が 肺がんの重要な原因 であることを警告。


-----------------------------------------------





今日の30日に、メルマガ第21号を配信しました。
まだ届いていない方は直ぐにご連絡下さい。


メルマガ第21号

家のローンの変動金利があなたを破産させます!


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/


第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。













. プロフィール

z64150528

Author:z64150528
FC2ブログへようこそ!

. 月別アーカイブ
. 検索フォーム
. リンク
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR