光軍の戦士のブログ

. アスカさん逮捕はスピンコントロール。“年金カット法案”強行採決隠しの為に予め、用意されていた。

アスカさん逮捕はスピンコントロール。
“年金カット法案”強行採決隠しの為に
予め、用意されていた。








管理人

一度、逮捕歴のついた芸能人は、何度でも使いまわしされる。
無論、自民党政権と警察はグルである。

今回の場合、“年金カット法案”強行採決隠しの為に、
アスカさんは利用されたことは間違いない。

但し、アスカさんが本当に覚せい剤を使用したかどうかについては
大変大きな疑問点がある。

当初より、反原発・反戦平和に目覚めたアスカさんは、警察当局より
格好の標的になっていた可能性が高い。

尿検査と言ったって、採取したアスカさんの尿に、ちょっと、覚せい剤の粉を
垂らすだけで、簡単に覚醒剤の陽性反応で逮捕することが出来てしまう。

無知な一般大衆は、簡単に騙されてしまう。
警察が、日常的にでっち上げで冤罪事件をひき起こしている事実さえ知らないのだ。

漫画のような正義感溢れる刑事ドラマを毎日のように見せられている一般大衆は、
警察を信じて疑う事を知らない。
警察が、犯人にしようと思えば、実に簡単に犯人にされてしまうのである。


この際、はっきりと断言しておきます。

日本国内における犯罪組織として、警察はヤクザと双璧をなす!

警察は、日本最大の犯罪者集団である。
http://ameblo.jp/64152966/entry-10784838369.html


警察は、家庭崩壊のみならず、無数の空き巣や強盗を生み出す温床となっている
パチンコ業界の最大の支援組織である。
何故なら、警察にとって犯罪は、まさに金の成る木だからである。
犯罪が増えるに比例して、よりたくさんのお金が
警察に流れるような仕組みになっています。

医療業界が、殺人薬の抗がん剤をたくさん売り捌いて大儲けする。
人口削減目的のワクチンを全国的に推進して大儲けする。

警察も医療業界も、間違いなく巨悪犯罪者集団である。
マスコミは、この両者を賛美し応援する為の補完組織であり、
これまた、同じ犯罪者集団である。。

しかし、情報を閉ざされた一般大衆は、警察や医者を信じて疑わない。
はっきり言って、救いようが無い。



ASKA逮捕を事前予告して“見せ物”に!
清原逮捕に続く警視庁組対5課の情報操作と
それに乗っかるマスコミの手口

http://lite-ra.com/2016/11/post-2731.html

こんなことってありなのか。
本日28日午後からマスコミが大騒ぎしているASKAの二度目の覚醒剤逮捕事件だが、
その過程はかなり異例のものだった。
何しろ、テレビ各局が逮捕状も出てない段階で一斉に、
「ASKA元被告 逮捕へ」と報道したと思ったら、
当のASKAが自分のブログで逮捕も覚醒剤の陽性反応も完全否定。
その後、逮捕報道とASKAのブログの応酬が繰り広げられ、
ASKAの自宅前にマスコミが集結。
身柄確保の瞬間があらゆるメディアで実況中継されるという事態に発展したのである。

結局、ASKAは午後10時前に警視庁に逮捕されたが、逮捕報道は明らかな前打ちであり、
この一件は警察と、それに無批判に乗っかるマスコミの危うい体質を浮き彫りにした
といえるだろう。

まず、経緯を説明しておこう。
始まりは14時30分頃、NHK、そして共同通信が「歌手のASKA元被告逮捕へ。
覚醒剤使用容疑」という速報を打ったことだった。
これを受けて、放送中だった『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)、
『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ)、『ゴゴスマ GO GO! Smile!』(CBCテレビ)
などのワイドショーが一斉にこのニュースに切り替え、大々的に報道を始めた。

報道によると、ASKA元被告は先週25日の19時ごろ、
「盗聴とか盗撮されている」と自ら110番通報。
この時、ASKA元被告がろれつが回らない状態だったため、警視庁が尿検査を行った結果、
覚醒剤の陽性反応が出たという。
そして、各局とも警視庁記者クラブからの中継で「これから逮捕にいたる」と断定的に報じた。

中でも『ミヤネ屋』は、宮根誠司が「覚せい剤使用の疑いで逮捕ですって」
「また逮捕?」と、もうすでに逮捕されたかのようなトーンで解説していた。

ところが、その少し後、14時50分過ぎになって、当のASKAがブログに
「はいはい。みなさん。落ち着いて。」(原文ママ)と題して、
こんなことを書き込んだのだ。

〈間違いですよ。詳しくは書けませんが、先日、僕の方から被害届を出したのです。
被害の内容は想像してください。
そしたら逆に疑われてしまいまして、尿検査を受けました。
何の問題もありません。
すべて、フライングのニュースです。これから弁護士と話します。〉



続きは、リテラさんの記事本文よりご覧下さい。


<引用終わり>
---------------------------------------



★ASKAさん壮絶な「集スト、PC遠隔操作」被害を語る!
http://1tamachan.blog31.fc2.com/blog-entry-15233.html


2016-07-18

この半年間のできごとについて

ASKAです。

 みなさんには、本当にご心配おかけいたしました。
既に、週刊誌やネットでご覧になられていたでしょうが、実は、盗聴盗撮の事実に
懐疑的になった周囲によって、覚せい剤の後遺症であると判断され、
医療保護入院という国が定めたシステムの入院をさせられてしまっていました。
本当に、病気だと思ったのでしょう。
早く治療を受けさせなければと考えたのでしょう。

 その行為には何の恨みも生まれてはおりません。

盗聴盗撮は本物です。巷では横行しています。
皆さんも、気づかれていないだけで、被害に遭われています。
ネットでは、精神科の医師の発言により、僕が精神病、統合失調症のように
書かれていますが、僕は病気ではありません。
精神科の医師たちは、現代のテクノロジーについて行っていないだけです。
今回のできごとは、盗聴盗撮集団の思惑どおりに事が運んだということになります。

実は、このブログをUPするのは4回目のことです。
7月14日、お昼の2時頃に1回目を「ASKA_Bunishustone」2回目は「ASKA_BS」です。
ヤフーよりUPしたのですが、グーグルやヤフーの検索エンジンには、引っかからず、
誰の目にも止まりませんでした。
検索エンジンは、5分も満たないうちに作動するものです。
どなたか、プログラマやエンジニアの方が読者の中にいらっしゃいましたら、
この疑問を解いてください。
1月に2回目のブログ立ち上げの際には、3時間ほどで1000アクセスを超えましたので、
非常に不可解です。何らかの力が働いているのではないでしょうか?
このブログのオリジナルはここです。

http://ameblo.jp/used-be-a-realcast/entry-12180800382.html?frm_id=v.mypage-checklist--article--blog----used-be-a-realcast_12180800382


プログラマのみなさん、このブログのソースコードに不自然な点はないでしょうか?

4日間も検索に引っかからないのは、極めて不自然です。
それとも、ヤフーやアメブロは検索エンジンに引っかかりにくいのでしょうか?

ま、あまり疑いを持つのは良くないですね。
そういうことも、あるのかもしれません。
今回は「はてな」により、

 ”aska_burnish stone”で、UPしてみました。


話を変えましょう。入院生活は過酷でした。
4ヶ月の入院生活では、最初の10日間、部屋に鍵がかけられ自由を奪われました。

本さえも持ち込めないのです。何もやることがないということは、本当に辛いことです。
僕は、4ヶ月間ひたすら筋トレに励みました。

 そして、入院3ヶ月を過ぎた頃、僕が正常であると確信したある弁護士らによって
救出して頂いたのです。
しかし、医療保護の名の下には、直ぐには解放とはならないのです。
一度、任意入院に切り返わる必要があります。

5月17日、僕は九州の病院に転院しました。
そこでは、医院長の検診、面談が行われ、直ぐに「病気ではない」と、診断されました。

やっと、疑いが晴れたのです。
医療保護が解け、任意入院になり、1ヶ月間の自由な生活をいたしました。
パソコンもスマホも許可してもらいました。
部屋にはテレビもある、お風呂も毎日入れる。売店にも自由に行ける。
外泊もできる。地獄から天国です。

久しぶりにパソコンに触れた時、驚くべき事実に遭遇いたしました。
僕の所有しているパソコン、スマホの 全てのパスワードが
書き換えられてしまっていたのです。
ケーブルが繋がったままでしたので、遠隔操作でしょう。
パスワードを取り戻すのには大変な時間を費 やしました。
1月に書いた4つのブログも、全部削除されました。
昨今、芸能人の多くが、このような被害に遭われていることはご存じのことでしょう。


興味深い話をしましょう。僕が「700番」を公開した直後、
僕が6年間に渡って受けてきた盗聴盗撮の証拠は、全て削除されてました。

 現在ネット上に盗聴盗撮の痕跡はありません。
しかし、僕はその多くをCD-Rに記録してありましたので、
集団の証拠隠滅は無駄な努力となりました。


 九州の医師には、証拠を見せました。

 「・・。 こんなことが起こってたんですね。驚きしかありません。」

 「これが、今の世の中の実態です。僕のように盗聴を訴えて、
病気にされている人たちが、全国にはたくさん居ると思います。」

ネットでは、僕がモンスターハンターゲームの被害者だと自ら思い、
勘違いしているなどと書かれておりますが、
そんな分かりやすいことに6年間も費やすことはありません。
モンスターハンターゲームのスレッドなどは見たことがありません。
彼らが、モンスターハンターゲームの用語を使用してやっていたのです。
カモフラージュです。
僕が見ていたのは、数人のツイッターとブログだけです。
過去、彼らによって壊されたパソコンのハードディスクは、全て持っています。

また、盗聴で得た僕の声を使用したゲームがあると書きましたが、
そのゲームソフトも入手いたしました。自分の声とは58年間付き合ってきてるのです。
間違 いはありません。
声紋鑑定を行えば良いだけです。ここから先の僕の行動は書きません。
ただ今、弁護士と打ち合わせの日々です。
みなさんへの公開もありえる かもしれません。


6月の終わり、またログインパスワードを変えられてしまいまいた。
リセットパスワードでパスワードを取り戻し、その足で、あるIT会社へ相談を
するために足を運びました。
その時、IT会社社員の目の前で、
再びログインパスワードを書き換えられてしまったのです。
電源を入れてから、僅か数分間のできごとです。
これは「キーロガー」というソフトです。
そのウイルスソフトを仕込まれていると、パスワードを書き換えても、
一瞬のうちに相手に情報が送られるのです。
現在、キーロガーを防ぐ手立ては殆どありません。

 「相当の集団ですね。ウチのプログラマでは対抗できません。」

しかし、このできごとは、僕にとって追い風になりました。
証人が増えて行ったからです。

 彼らは、やりすぎたのです。体制は整ってまいりました。

 また、週刊誌では、
僕が「奇声を上げていた」と、ありましたが、真っ赤な嘘です。
家族に手を上げることなどもありません。

この6ヶ月間の経緯につきましては、近いうちにある形で皆さんに報告をいたします。

 ありがとうございました。


 ASKA

aska-burnishstone.hatenablog.com/entry/2016/07/18/031050
aska_burnishstone’s diary
 さんちより転載しましたm(_ _)m


<引用終わり>
---------------------------------------




ASKA さんをつけまわしている連中は、
やはりこの連中で間違いないしょう。

http://ameblo.jp/64152966/entry-10784838369.html








お知らせ

11月20日に★メルマガ第26号を配信しました。

『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』


まだ届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

この1年間で最も重要な記事になると思います。
ガンの元になっている大元を何とかしなければ、
いくら食事療法、温熱療法、電子治療をしても
その効果は半減以下になってしまいます。
その一番効果的な処方を記事にしました。



★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』




101 回目のプロポーズ









スポンサーサイト



. 『甲状腺ガン』特集号~その治療法と~【ある奇跡のお話】

『甲状腺ガン』特集号
~その治療法と~【ある奇跡のお話】








お知らせ

11月30日に、メルマガを配信します。

★メルマガ第27号

『甲状腺ガン特集~その治療法と~ある奇跡のお話』

甲状腺ガン治療3点セットを詳細に解説し、
その具体的処方についてを記事にします。
永久保存版にしたいので、薬事法に引っ掛からないように
メルマガで公開することにしました。

メルマガは、年内に新しいホームページが出来ます。
新年からは、そのホームページから全て記事を配信することになります。


----------------------------------------------------------


管理人

今回の記事は、メルマガのPRバージョン版です。

以前にも書きましたが、甲状腺に出来る「のう胞」は、間違いなく病気です。
心ある医師が、そのようにはっきりと明言しています。
それが進行すると、「多発性のう胞」や「のう胞結節」となります。
更に進行すると、最悪・・「甲状腺ガン」に到ります。
概要については、以下の記事におおまかに書かれています。

甲状腺がんのステージ・病気の進み方・悪化の仕方
http://www.gan-info.com/317.6.html

<一部引用>

甲状腺がんの病期の進み方・悪化の仕方は、がんの種類により異なります。

甲状腺がん患者の約90%を占める乳頭がんの場合には、
進行がゆるやかで転移の可能性も低いという特徴があります。

首のしこりにより異常に気付きやすいですが、
約10%の確率で非常に悪性度が高い未分化がんに変異することもあります。

未分化がんは、進行が急激でほとんどの患者が半年以内に死亡する
という怖い種類の甲状腺がんです。
高齢者ほど変異の可能性は高くなります。

髄様がんでは、遺伝による家族性である場合が多く、
1か所ではなく甲状腺全体にがんが多発する傾向があります。
悪性度はさまざまです。

濾胞(ろほう)がんでは、乳頭がん同様進行が緩やかなタイプですが、
乳頭がんよりは転移しやすく、肺や骨などに遠隔転移しやすいという特徴があります。


<引用終わり>
-------------------------------


ガンの悪性度については、ここまで調べて見たところによると、
以下の記事と大きく関係があると考えられます。


世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

http://ameblo.jp/64152966/entry-12171166003.html


つまり、通常の細胞がガン化していく過程において、細胞の遺伝子が
カビ菌やウィルスの遺伝子と『合体』してしまう実例があります。

カビ菌やウィルスの繁殖度のすさまじさが、そのまま・・・
ガン細胞の悪性度につながっているとしか考えられないのです。

皆さんは、「遺伝子組み換え」、という言葉をよく目にすると思います。
これは、人間が遺伝子を操作したものです。
人間のレベルでさえ可能な訳ですから、ある条件化では、
当然、自然界においても起こり得る訳です。
いや、寧ろ、起こらないほうがおかしいとも言えます。

様々な悪性腫瘍の病名は、その部位によって変わるだけだと思います。

腸管内でみられる「リッキーガット症候群」は、血液中に、
カビ菌やウィルスを送り込む訳ですから、人の細胞がガン化していく
過程で、カビ菌やウィルスの遺伝子と『合体』する機会は、
否が応でも高まるであろうことは誰にでも理解出来ると思います。

これが、悪性ガンの真相なのではないでしょうか。
先ず、これを理解しておかないと解決策を見出すことすら出来ません。
つまり、総合的理解を深めないと先に進めないことは明らかです。
まして、治療法などを見出せる訳がないのです。


先ず、真っ先にやらなければならないのは、

★メルマガ第23号

『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


そして、次にやることは、温熱療法~特に、深部加熱法

★メルマガ第18号

がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!




そして、腸管内と体内のカビ菌を駆逐する努力が必要になってきます。

癌患者は80%以上の人がカビに覆われて死ぬ
という実体が判明~岡山大学医学部の卒業論文。

http://ameblo.jp/64152966/entry-12081499191.html

以上の記事に、非常に重要なヒントがあります。

癌患者は80%以上の人がカビに覆われて死ぬ・・・
ここがポイントです。
これを説明出来るのは、
人細胞の遺伝子とカビ菌遺伝子の合体以外では説明がつきません。

つまり、合体したガン細胞の周囲に、カビが大繁殖するのは、
ガン細胞が、カビ菌によって支配されているので、何等、不思議ではないのです。
仲間をどんどん呼び寄せて増やしている訳です。
或いは、ガン細胞そのものが、カビ菌を生み出している可能性があります。

これは、医学界においても最大のタブーの一つでしょう。
この真相を大々的に告発しようとする医学者や科学者は・・・
大抵の場合、潰されるか、暗殺の憂き目をみることになる訳です。


皆さん、ご理解いただけたでしょうか?
何故、メルマガでしか書けないのかを・・・。
これをブログで書き続けると、私も同じ目に遭うからです。



以下、この続きは、メルマガ第27号に続きます。







お知らせ

11月20日に★メルマガ第26号を配信しました。

『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』


まだ届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

この1年間で最も重要な記事になると思います。
ガンの元になっている大元を何とかしなければ、
いくら食事療法、温熱療法、電子治療をしても
その効果は半減以下になってしまいます。
その一番効果的な処方を記事にしました。



★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』












. 「人を守ってこそ自分を守れる・・・己のことばかり考えるやつは、己をも滅ぼすやつだ!」

「人を守ってこそ自分を守れる
・・・己のことばかり考えるやつは、
己をも滅ぼすやつだ!」







「人を守ってこそ自分を守れる・・・

己のことばかり考えるやつは、己をも滅ぼすやつだ!」


(勘兵衛)


『七人の侍』
セリフで振り返る名場面

http://members3.jcom.home.ne.jp/gorobei/meibamen/mei_home.htm

名場面そのⅡー村の要塞化が始まった~より

「自分の家捨てて、人の家守るためにこんなものかつぐことはねぇ!」
とエゴをむき出しにする離れ家の住人・茂助らに毅然と刀を抜く勘兵衛。
ゾクっとするシーンでした。



管理人

今の日本は、311以降、表に出てこなかった暗部がすさまじい勢いで
噴出したかのような様相を呈しています。
いつも記事にするのは、その暗部のことばかり。
多くの人が、嫌になって来ているのではないでしょうか。
かく言う私もその中の一人です。

更に、国内ばかりか世界にも暗雲がただっている今日、
私たちに希望はあるのでしょうか・・・見えるのでしょうか?

多分、希望というものは、人から与えられるものではなく、
自分の心の中に芽生えるものだと思うのです。

自己中心的で、いつも自分のことしか考えない人には、
常に、不安がつきまといます。
不安の中からは、決して希望は生まれて来ないものです。

もし、あなたが希望を感じて生きられる人間になりたいと思ったら、
いい方法があります。

自分以外の大切な人の幸せをひたすら願うこと・・・。

ご夫婦であれば、お互いに相方の幸せを想い願い続ける。

両親であれば、ひたすらに子供の健康を祈り、そして、幸せを願う。

恋人であれば、自分の都合や打算などではなく、
ひたすら、お相手の気持ちを大切にして、そして、幸せになって欲しいと願う。

親友や知人の幸福をいつも願うように心がける。

学校の先生は、自分のメンツや体面より、本心から生徒のことを思いやる。


口で言うのはたやすいですが・・・案外、これが難しい。

もし、これが出来るようになると人生そのものが大きく変わるような気がします。
不安におののく毎日から、小さな希望が芽生えてくるような気がしませんか?

面白いもので・・・
自分の事しか考えない人は、結局、自分さえも守れないそうです。
大切な人の幸せを願うとき・・・
初めて、本当に何が大事な事なのかが見えて来るようです。

更に不思議なことに、不安や恐れが小さくなって来ます。
何故、そんな事が分かるのかって・・・?
私が経験したからです。

不思議ですね。
そうすると、本当に大切なものが見えてくるだけではなく、
全ての答えまでもがぼんやりと心に浮かび上がってきたりします。

不安の流れの中で生きていくのと、
希望が自然に湧いてくる流れの中で生きていくのとでは、
果たして、どちらが幸せに生きていけるでしょうか?

あなたは、どちらの生き方を選びますか・・・
今日の記事はとっても短くシンプルですが、
ものすごく重要なことだと思います。
究極的には、あなたの人生そのものを大きく左右するのですから。

試しに、1日だけでもそのように心がけてみて欲しいものです。
きっと、何かが変わるはず。




映画 『七人の侍』 予告編





お知らせ

11月20日に★メルマガ第26号を配信しました。

『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』


まだ届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

この1年間で最も重要な記事になると思います。
ガンの元になっている大元を何とかしなければ、
いくら食事療法、温熱療法、電子治療をしても
その効果は半減以下になってしまいます。
その一番効果的な処方を記事にしました。



★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』










. “年金カット法案”強行採決か!?~最初から官僚がお金を盗る為に始めた制度だからね。

“年金カット法案”強行採決か!?
~最初から官僚がお金を盗る為に始めた制度だからね。







国民をなめてる!【年間14万削減】
〝年金カット法案〟強行へ by 日刊ゲンダイ
http://blogs.yahoo.co.jp/akaruria/35049352.html


国民をなめてる!【年間14万削減】〝年金カット法案〟強行へ
安倍政権の国会審議は「演出」「プロレス」「茶番」 
物価が上がって賃金が下がっても年金が減額される。
高齢者イジメの〝年金カット法案〟がきょう(25日)
衆院厚生労働委員会で「強行採決」される(日刊ゲンダイ)




年金カット法案 与党きょう採決狙う ― 衆院厚労委理事懇 野党が反対
http://blog.goo.ne.jp/minamiku100/e/d65d0a254660c8266623f1380d78e94a

年金カット法案について与党は24日の衆院厚生労働委員会の理事懇談会で、
25日の採決を提案しました。日本共産党、民進党は審議が十分に尽くされて
いないとして反対しました。そのため、委員長が職権で大臣質疑までの日程を決定。
与党は同日採決の構えを崩していません。

懇談会で、与野党は25日午前の参考人質疑、
同日午後の安倍晋三首相が出席しての質疑については合意しました。
与党はその後の日程として、1時間半の大臣に対する質疑をした上での採決を提案し、
野党は徹底審議を求めたため、丹羽秀樹委員長が職権で大臣質疑を決定しました。
委員長職権での委員会運営は6度目です。

高橋氏は、参考人招致決議を当日に行うことは「異例中の異例」と厳しく批判。
丹羽委員長は「前例としない」と約束しました。

年金カット法案をめぐっては、与党と維新の合意だけで審議入りが強行されたのを
はじめ、委員長職権が相次ぐなど、異常な運営が続いています。
日本共産党は、物価が上がっても賃金が下がったら年金支給額が下がる同法案は、
マクロ経済スライドの「キャリーオーバー制度」と合わせて後代にもつけを回す
と批判しています。


----------------------------------------------------



(武田邦彦氏ブログ)
なぜ、年金のお金は無くなるのか?
http://takedanet.com/archives/1013802444.html

「最初から官僚がお金を取るために始めた制度
だと当時の担当課長自身が言っているのです 」




私が「国債は買ってはいけない」という本を書いたとき、日本のお金の流れを
よくよく調べたり、計算したりしました。その中でびっくりした一つに
「年金は積み立てていたら無くなる」ということでした。
当時の私の計算結果ですが、20才から年金を積み立てても、
最初の10年はわずかに全体の1.5%しか積み立てられないのです。
その原因は物価上昇とか生活程度の向上なのですが、これはすでに歴史的事実なのです。

さらにこれに加えて社会保険庁が「年金の使い込み」をしたので、
本来、払わなければならない約束は800兆円、実際にあるはずの年金が150兆円。
そしてそのうち約100兆円が消えているのです。
年金制度を始めたら膨大なお金が集まったので、それに群がった人たちが
(どうせ焦げ付くことがわかっている)公共投資にそのお金を投じたことと、
役人が天下りで他人の年金をむさぼったことでなくなりました。


このことは有名な国民年金制度の創設者で元厚生省年金課長だった
花澤武夫氏の回顧録を見れば一目瞭然です。


「この資金(年金)があれば一流の銀行だってかなわない。
厚生年金保険基金とか財団とかいうものを作って、
その理事長というのは、日銀の総裁ぐらいの力がある。
そうすると、厚生省の連中がOBになった時の勤め口に困らない。

年金を支給するのは二十年も先のことだから、今のうちに使っても構わない。
先行き困るという声もあったが、そんなことは問題ではない。
将来みんなに支払うときに金が払えなくなったら賦課式にしてしまえばいいのだから」

つまり、国民から年金といってお金を集めれば何でもできる。
そして国民に支払う段階ではお金がなくなっているから賦課方式
(今のように若い人が払って高齢者がもらう)にすれば良いというのですから、
年金を始める時に、すでに「年金を支払うことなど考えず、どんどん使え」、
「無くなったら賦課方式(その年精算方式)に変えれば良いと言っていたのです。

つまり年金は最初から官僚がお金を取るために始めた制度だということを
当時の担当課長自身が言っているのです。
でも、官僚も人間ですし、明治以来の制度で疲労し腐敗しています。
それに競争に勝ち抜いてきた「自分だけが良ければ」という人の集まりですから、
むしろ「揺りかごから墓場まで」というようなこのぐらいのことを気がつかない
私たちの方が問題だったのでしょう。

今、消費税の増税法案がでていて、「年金との一体改革」と言っていますが、
これは簡単に言うと
「これまで厚労省などが使い込んだ(もしくはダメな団体に融資した)ので、
お金が足りなくなり(つまり年金を他の目的に使用してなくなった)、
税金で補填する」ということです。

こんなことはとうてい、認められません。
第一に使い込んだところが弁済するのが普通で、霞ヶ関が払うべきです。
第二にそれでも国として足りないものがあるなら、なぜ年金がこんなになったのか、
花澤氏の回顧録の内容の解説、150兆円のうちの焦げ付きの責任などを
明らかにしてからが当然です。
それにしてもおとなしい国民と、政府発表を繰り返すだけのNHKですね。

年金の話は、政府のあまりの無責任さに驚くばかりですが、
これは果たして年金だけのことでしょうか? 
実は私たちの代表である政府はすでに年金の話と同じように腐敗しているかも知れません。
何しろ制度を作るときに使い込みを前提にしているということですから、
私が今まで体験したリサイクルや温暖化なども最初からトリックだったのも
当然のようにおもいます。

そして今でも、エネルギーや電力などに同じようなトリックがあり、
それに荷担している人が多いことを考えると慄然とします。


<引用終わり>
-----------------------------------------------



ずっと疑問だった、安部・福田短期政権の謎と深い闇!?
http://ameblo.jp/64152966/entry-11348251736.html

付け加えて,日本の年金の話がある。
そもそも,この話は戦時中にまでさかのぼる。
敗戦色が濃くなり戦争債で十分な戦争資金が集まらなくなったために,
日本政府はこの資金を国民年金の名前で集め,すべてを浪費した。

戦後,社会保険庁に受け継がれた年金であるが,その後も馬鹿げた
運用方法で元本の大部分を失ったために年金行政は破綻状態となる。
この額は100兆円を越えると言われるが,政府としてはこれを闇に
葬り去るしかなくなった。そこで,その額に当たる5000万件の記録
紛失情報の政府筋からのリーク(漏洩)となったのである。

安倍首相は国会答弁で,
「最後の一人になるまで私が責任を持ってお換えしいたします」と明言した。
そして,その処理を1年以内にとも言及した。
結論から言えば,「私の任期がそこまで続いたら…」という付帯条件が
ついて,という話であったという訳だ。辞任した今となっては,
誰が責任を持つのだ?という追求には当事者がいないということになる。


<引用終わり>
-----------------------------------------------



重要関連記事

日本は既に、破産同然である事が判明!
~預金封鎖=金融統制は時間の問題!

http://ameblo.jp/64152966/entry-12126692025.html


管理人

国民年金・厚生年金、あまりにも高過ぎる健康保険料金

国民のお金を食いものにしている連中が確実に居る。
とてつもなく巨大な蜜に群がり、それを貪っている。

超巨大化した官僚機構と天下り王国、そして、巨大利権。
更に、そのおこぼれに政治家があずかる。

経産省は、原発政策の核となり推進してきながら、
311からなる原発事故の後始末のツケを国民に払わせようとしている。
今や、原発利権帝国は巨大化しており、日本の政治さえも支配するに到る。

まさに、やりたい放題やっているのが真相である。
全て国民のお金を使っての悪行三昧だから、まことに始末が悪い。

国民が幸せになれない最大の元凶は、官僚マフィアである事は間違いない。



国民年金の支給開始年齢は
70~75歳に引き上げられるだろう。

しかし、
国民の多くがその年金を手にする事は出来ない。

何故なら、
意図した放射能の拡散で多くの命が奪われるからだ。

これが、
官僚中枢の本音であり、現に、実行している。

無関心でいる今の若者は
将来、どえらい目に遭うだろう。





国民年金の支給開始年齢は75歳からに引き上げられる?
https://www.hoken-clinic.com/sp/teach_qa/detail62.html?from=listing&waad=JWpdkOpv





お知らせ

11月20日に★メルマガ第26号を配信しました。

『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』


まだ届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

この1年間で最も重要な記事になると思います。
ガンの元になっている大元を何とかしなければ、
いくら食事療法、温熱療法、電子治療をしても
その効果は半減以下になってしまいます。
その一番効果的な処方を記事にしました。



★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』










. 首都圏に雪が降り、線量が上がる~そして、通勤電車で「多くの駅で急病人」とアナウンスされる日々

首都圏に雪が降り、線量が上がる
~そして、通勤電車で「多くの駅で急病人」
とアナウンスされる日々








首都圏の雪ピーク越え、路面凍結に注意
http://weathernews.jp/s/topics/201611/240165/

首都圏の雪はピークを越えつつあります。
ただし、帰宅時間&明日の通勤時間は路面凍結によるスリップ事故や転倒に要注意。
くれぐれも慎重にお願いします。
#雪 #転倒 #スリップ #滑る





11月24日の朝08時の空間線量です。
月平均の2倍で赤、1.5倍で黄、1.25倍で橙に点灯します。
詳しくはこちらでご確認いただけます。
http://news.whitefood.co.jp/radiationmap/



東京では、ついに「多くの駅で急病人」と通勤電車で放送されるように。
でもマスコミは一切ダンマリ。
相当な箝口令しかれてるんだね。
https://twitter.com/kenshimada/status/801555105896009728



管理人

今日は、朝からずっと色んな情報を眺めていました。
上にある3件は、つながっているなと感じたので記事にしました。

それから・・・
経済が相当にやばくなって来ているみたいですね。
ブログか・・・次のメルマガで記事にしようかと思案中です。

ところで・・・
皆さん、雪に濡れては駄目ですよ。
あなたの衣服と肌が、ずっと汚染されることを意味します。
そして、当然、あなたの家の中が汚染されます。

雪が降って、放射線量が上がることの意味は、
言うまでも無く、その地域の上空が大気汚染されているから。
分かっていると思いますが、これは常識ですね。

当然、水道水も更に汚染されます。
そこで、皆さんの為になる情報を提供しておきます。

横浜のメルマガ読者様からの情報

RO逆浸透膜ですが私の使っているのは3万円台です。
実はそこの方とも一度電話で話したことあるのですが
娘さんがご病気で放射線にやられて二回引っ越しして苦労した方が
安く販売しています。

この機械にカバーを付けてどこぞかのシールを貼れば何十万にも変化して
販売してる悪徳業者は沢山いると聞きました。
うちのはこれですが、比較的フィルターも安くて水質もきちんと計れるように
水質チェッカーが付いてきます。
参考までにどうぞ。

http://item.rakuten.co.jp/shoptom/10000080/






お知らせ

11月20日に★メルマガ第26号を配信しました。

『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』


まだ届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

この1年間で最も重要な記事になると思います。
ガンの元になっている大元を何とかしなければ、
いくら食事療法、温熱療法、電子治療をしても
その効果は半減以下になってしまいます。
その一番効果的な処方を記事にしました。



★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』




Adamo/雪が降るTombe la neige~日本語Version (1969年)










. 【急性白血病の真相】~放射能とカビ菌の連合軍による攻撃!

【急性白血病の真相】
~放射能とカビ菌の連合軍による攻撃!
 





統計グラフの出典 ↓
メチャ増えてるね。急性白血病 厚生労働省の医療データー、
急性白血病から見た原発事故後の日本を見てみる。
http://www.asyura2.com/16/genpatu45/msg/166.html




①【放射能大観】~大量の窒素酸化物を発生させ、
社会環境や人体にカビが大繁殖する!

http://ameblo.jp/64152966/entry-12070434932.html


②★アボカドの成分が白血病の原因
⇒「がん幹細胞」だけを攻撃することが判明!

http://ameblo.jp/64152966/entry-12145377387.html
FBのシェア:36000


③癌患者は80%以上の人がカビに覆われて死ぬ
という実体が判明~岡山大学医学部の卒業論文。

http://ameblo.jp/64152966/entry-12081499191.html
FBのシェア:494



管理人

以上の3件の記事が非常に重要です。
誰も否定しようの無い事実から議論を組み立てるのが
出発点であり全ての基本だと考えます。

放射能とカビ菌~ガンとカビ菌・・・
この3点が、非常に強くリンクしており関係が深いと考えられます。
この関係をよく理解しないと、
到底、急性白血病の真相には近づけないと思います。
また、この3点の因果関係を科学的に解明出来れば、
自ずと、治療法も明らかになるのではないでしょうか。

しかし、世界と日本の医学界は、世界の人口削減を最重要アジェンダに
しているイルミナティによって事実上、支配されています。
従がって、真実ではないウソの学説が多く流布されています。
先ず、この事をよく理解出来なければ、決して先には進めません。
ところが、ここまでの最低限の事を理解している人のなんと少ないことか。
この時点でアウト。

だから、日本のガン患者の死亡率の伸び率が右肩上がりを続け
世界の中でもダントツでトップなのです。
数字は決してウソをつきません。
日本のお医者さんで、これを否定出来る人は一人もいないはずです。






 の記事の中に出て来るリーキーガット症候群ですが、
 
急性白血病と非常に関係が深いと考えられます。
にも関わらず、その指摘がされないのは、医学界が、『急性骨髄性白血病』と
命名しているように、骨髄起因説に終始しているからに他なりません。

<一部引用>


リーキーガット症候群とは?

小腸(Gut)の粘膜に穴が空き、
異物(菌・ウィルス・たんぱく質)が
血液中にあふれ出る(リークする)こと
が意味です。

日本語では、腸管壁浸漏症候群と言います。



リーキーガットを引き起こす原因

小腸の絨毛を損傷させる大きな原因としては、

× 放射能やカビ菌(カンジダなど)

× 解熱剤や抗がん剤、抗生物質

× アルコール⇒特にアセドアルデヒドがリーキーガットを引き起こし
やすくさせますから、アセドアルデヒドを分解しにくい体質の人。


<引用終わり>


放射能はカビ菌を大繁殖させます。
放射能で汚染された食べ物を摂りつづけると、
当然、腸管内部にカビ菌が増え続けます。
そのカビ菌が、小腸粘膜に超微細な穴を開けるのは、
到って、自然に考えられることです。
あまりにも増えすぎると、絨毛も防ぎきれないからです。

そこから、 異物(菌・ウィルス・たんぱく質)が血液中にあふれ出る訳ですから、
急性白血病を誘発するのは、ある意味、当然とも云えます。
いずれ将来的には、小腸造血説が主流になって来ると思います。
その小腸が、カビ菌に攻撃されたり、カビ毒に汚染されたりしますと、
白血球にも異常が出て来るのも当然のように思います。

これを『急性骨髄性白血病』と言っている限りにおいては、
本当に正しい治療法を得られる事は皆無と申し上げてもよいでしょう。
まさに、医学界を支配するイルミナティの思惑通りに進められています。

つまり、小腸と大腸の内部を綺麗にし、正常に機能するようにしないと、
急性白血病~白血病は絶対に治す事は出来ないことを意味します。


急性白血病~対策法

◎ 納豆を毎日食べる。(納豆菌はカビ菌の天敵)

◎ 万能酵母液豆乳ヨーグルトを毎日食べる

◎ なるべく、オメガ3系の油⇒亜麻仁油やえごまオイルを毎日摂るようにする。

◎ 汚染されていない繊維質の野菜を食べるようにする。(たもぎ茸は超お勧め)

◎ 寝る前に温かい飲み物を摂るようにし、冷たい飲み物は日常的に避けること。

◎ 常に身体を温めるようにする。

◎ 岩盤浴や遠赤外線サウナを常用する。(水分補給は必須)

◎ 腹巻は必ずしたほうが良い。

◎ 西洋の薬剤は、腸管を傷めるので飲まない。(胃腸が荒れる薬剤)

◎ 酵母の生きた味噌や酒粕を摂るようにする。

◎ 食事は、玄米クリームがお勧め。(玄米のフィチン酸が放射能を排出)

◎ 重曹や自然塩を摂るようにする。(ガンにも放射能にも有効)

◎ 骨髄移植は論外。(骨髄バンクは単なる巨大利権に過ぎない。)
  血液は骨髄で造られていない学説が最有力。



★ 但し、何の問題意識無しに、米・野菜・魚などの汚染食材を食べ続ける人は
  何をやっても無理だと思います。

★ 本気で急性白血病を治そうと思う人は、放射能汚染地域にいては駄目。
 少なくとも、治療期間は、西日本で保養しながら治療をするしかないと思います。




関連記事


白血病患者激増~患者数が、昨年の約7倍~福島、茨城、栃木、東京
http://ameblo.jp/64152966/entry-12045183016.html
FBのシェア:22000


ガン細胞のある大変恐ろしい秘密に気がついた!?
http://ameblo.jp/64152966/entry-12082663351.html








お知らせ

11月20日に★メルマガ第26号を配信しました。

『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』


まだ届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

この1年間で最も重要な記事になると思います。
ガンの元になっている大元を何とかしなければ、
いくら食事療法、温熱療法、電子治療をしても
その効果は半減以下になってしまいます。
その一番効果的な処方を記事にしました。



★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』










. NHK地震速報~22日06時51分頃地震がありました。

NHK地震速報
~22日06時51分頃地震がありました。








平成28年11月22日06時56分 気象庁発表
http://www.jma.go.jp/jp/quake/

22日06時51分頃地震がありました。

震源地は福島県沖(北緯37.2度、東経141.5度)で、

震源の深さは約30km、
地震の規模(マグニチュード)は4.9と推定されます。

各地の震度は次の通りです。
なお、*印は気象庁以外の震度観測点についての情報です。

福島県  震度3
宮城県  震度2
茨城県  震度2
栃木県  震度2
山形県  震度1
群馬県  震度1
埼玉県  震度1
千葉県  震度1
新潟県  震度1






【福島県に津波警報】
午前7時06分、福島県相馬で90センチの津波観測
http://www.huffingtonpost.jp/2016/11/21/story_n_13134278.html?ncid=tweetlnkjphpmg00000001

【津波到達】
津波が来ています。今すぐできるだけ高いところに避難してください。
▼相馬港7:06 90cm▼仙台港7:25 80cm▼久慈港 7:37 80cm
▼石巻鮎川 7:39 80cm(上昇中)▼小名浜港 6:49 60cm
http://www3.nhk.or.jp/sokuho/tsunami/


福島第二原発3号機では、午前6時10分ごろ使用済み燃料を冷却するための
水をためるタンクの水位が低下したことを示す警報がなり、
プールへの送水が停止しました。
冷却水が漏れだすなどの異常はみつかっておらず、東京電力が、
今後1、2時間程度でポンプを再び起動させる準備作業を進めています。
2016年11月22日 07:52


【津波観測】県内各地で津波を観測。
久慈港では80センチの津波を観測(7:37)宮古30センチ(7:19)
大船渡30センチ(7:08)釜石20センチ(7:15)。
引き続き岩手県沿岸に津波注意報発令中。厳重に注意。


福島第二原発に1メートルの津波到達 #nhk_news
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161122/k10010779081000.html


管理人

もし、今回の地震が前震であった場合、
本震は、2~3日内に来る可能性があるので警戒して下さい。

2011年3月11日の大地震の前震は2日前でした。
2011年3月9日11時45分・・・本震までの猶予は46時間だった。

尚、NIED 国立研究開発法人防災科学技術研究所 ~よりの
福島強震波形が、いくら検索しても全く出てこないのが大変気になります。

福島県、茨城県、宮城県で、太平洋沿岸部に住んでおられる方は、
次に大きな地震が来た場合の避難地点をシミュレ-ションしておくべきです。
今週中は、なるべく海岸に近づかないようにしたほうがいいでしょう。
また、車での走行も沿岸の幹線道路は避けるくらいの配慮をすべきです。

更に、福島第一原発~第二原発の動向や情報に注意して下さい。
何らかの異変は、直ぐに、放射能拡散につながります。
首都圏、関東、東北の皆さんは、風向きと共に要警戒です。









. 何じゃこりゃー何も無いじゃないか!?~【フクイチ4号機の真実】

何じゃこりゃー何も無いじゃないか!?
~【フクイチ4号機の真実】






 
画像は、1号機の写真です。
https://twitter.com/cmk2wl/status/796863994094972928


お詫び

1号機と4号機を分けて説明すべきでした。
一部に、勘違いを生むような紛らわしい混同と混乱が
生じた事を深くお詫び申し上げます。


但し、【フクイチ4号機の真実】に関する記事は
全く訂正の必要の無い全て正当性のある事実を元にした
記事であることを管理人の責任において述べておきます。



 【保存 記録】
🔴公然と晒され始めた福島原発の姿🔴
▼今も管理されコントロールされているあの燃料プールはない。
▼原子炉の蓋も 全くない。
▼これまでの東電側とマスコミ報道の映像は全くウソだった。
https://twitter.com/7yFd4/status/797051270896852994




映像をよく見てほしい(4分40秒〜を特に)
何が本当で何が嘘か、見抜けないのならそれまでの人生を棒にふったということ。
子供騙しがいくらでも通用するということになる。
https://twitter.com/cmk2wl/status/798596034427371520





東京電力福島第一原子力発電所
4号機燃料プールには

09%核燃料が水に浸かって無事にあった。取出しも終了。

91%核燃料は存在しない。火災爆発で環境に飛び散った。
https://twitter.com/cmk2wl/status/798907830380003328



最も【4号機の真実】に近いと思われるまとめ

4号機の使用済み燃料プールの核燃料は、
2011年3月の時点で、あらかた燃えてしまった。

http://twilog.org/ST0NES/search?word=cmk2wl&ao=a&order=allasc&page=14#d131111


「燃料プールに燃料はありません。
ホントは全部放出されていました」だったら避難するの?
それでも避難しないんでしょ?


米軍だって4号機燃料プールの燃料がないことを確認している。
http://d.hatena.ne.jp/shuusuto_koukaZERO/20110820/1313844749
https://pic.twitter.com/TkLJfg62lS



朝日新聞は偵察機購入に関する記事で
「4号機のプールが空になっていることなどを確認し…」と報道しいる。
この事実確認と調査取材はやっているんだろうか?
ここが最も重要なポイントだろう。


燃料棒が水で守られるなんてことはない。4号建屋の壁を破壊するほどの衝撃は、
ほぼ圧縮しない「水」を伝って、燃料棒を直撃している。
無事である筈はないし、そんなことをのたまうのなら学者でも教授でもない。


4号建屋は、炉にも燃料プールにも燃料があったはず(あるいは移送中のクレーン)。
爆発後の福島原発のサーモグラフィ画像にも、
他の部分より高温の炉と燃料プールが写っている。
建屋の壊れかたからすると、移送中のクレーンで最初の爆発があり、
横方向に力が働いたか?。次に燃料プール。


4号建屋 ●爆発があったことは写真からも明白。
●水素爆発にしては損壊が大きい。
●建屋の壊れ方が均一ではなくOPフロアだけ見ても外壁の壊れ方が違う。
●サーモグラフからは炉付近にも燃料があった。
●槌田博士によれば燃料を炉に移動中だったと。


●OPフロアの床は数千トンを支える丈夫な作り。
上で爆発があってもフロアが結界となり、その下の階までは影響しないはず(逆もしかり)。
●水素は酸素より上に滞留する。上の階の水素爆発でペラペラの屋根が飛んだのなら、
下の階の酸素と2回目の反応をするとは考えにくい。


●爆発がOPフロアを挟んで2回以上あったなら壊れ方に納得できる。
●水素爆発は弱い爆発。仮に都市ガスを建屋に入れて最適な反応をさせたとしても、
あれ程の損壊にはならない。
●東電が4号建屋の一階部分の大穴の空いた写真を修正したのは、
水素爆発「説」を堅持したかったから?


燃料移動中の炉(orクレーン)の燃料が最初に爆発。
OPフロアより上と下の構造を破壊(炉は上下階をまたいでいる)。
その時の爆圧(下の階からでも)は燃料プールの水(含むDSピット、原子炉ウェル)を
大量に吹き飛ばして、陶器のような燃料ペレットは粉々に。


爆圧をほとんど圧縮しない「水中」でまともに受けた燃料集合体の中の燃料ペレットは
粉砕され、時間経過による冷却水損失と同時に崩壊熱とジルコニウム火災
(ここでは屋根がないので水素爆発にはならない) こんな感じではないだろうか。


爆圧を受けても「全てのプールで水の損失がなかった」としても、
10日間の注水ができなかったプールは崩壊熱で蒸発。
燃料の大半は空気中に顔を出していた。どちらの視点からも、
4号機燃料プールには、2011年3月の時点で、
取り出せるようなカタチの燃料はないだろう。


もうわかりましたよね? 
4号機の使用済み燃料プールの中には、核燃料はないのです。
2011年3月の時点で、あらかた燃えてしまった。
大気に、海に、そして陸地に放出されたのです。
映像を見せられれば「まさか」と思うでしょうが、
そうやって誤摩化されていくのです。


原発建屋の天井はペラペラの薄い構造になっている。
水素爆発なら一番弱い天井を吹き飛ばして終わり。なのにこの壊れ方。
1メートル厚の鉄筋コンクリートが吹き飛んでいる。
水素爆発がどの程度のものかは YouTubeでも見られる。
https://pic.twitter.com/MHUe22vwNL


コンクリートの壁にF4ファントムを衝突させる実験。
1988年米国サンディア国立研究所で実施。
http://www.engineering-eye.com/AUTODYN/case/impact/01_f4.html
シュミレーションあり。
こちらは実際の動画 
http://www.youtube.com/watch?v=kWy3WKRKMlc 
コンクリートとはこれほど丈夫なもの。原発もしかり。


4メートル厚のコンクリートは、約 18トンの戦闘機が
時速約 800キロで激突してもビクともしない。
福島原発建屋に働いた力はどれだけなのか。
水素爆発?馬鹿馬鹿しい。


4号機燃料プールの件に気がつくかどうか、
そこが人間としての分水嶺なんだと思う。


もう11年3月の時点であらかた終ってるんですよ。
建屋写真からも衛星写真からも計算からも、燃料がある筈がない。
燃料が全部吹き飛んだから人がいられるんです。
4号機燃料取り出しは「21世紀最大のウソ」になるでしょう。



1. 4号機燃料プールは地震で冷却水を失い、さらにプールにヒビが。
顔を出した燃料はジルコニウム火災を起こして冷却水を損失させ水素を発生。
灼熱の燃料は自らが作り出した水素爆発によってさらに損傷を受け、一部は気化。
残りはメルトダウン。


2. 燃料プールの下部を突き破った灼熱の塊は、
ずっと下の階にあるサプレッションチェンバーを直撃。
中に残っている水によって「水蒸気」爆発し、
建家のオペレーションフロアより下の階と外壁を破壊。
オペレーションフロアの床面を持ち上げる程の破壊力を発揮した。



大事なことを伝えます。
水素爆発の水素は、顔を出した燃料のジルコニウム被覆管から発生します。
その時の温度は900〜1000℃。
水の沸点は100℃。燃料は3百トン。水は満水でも3千トン。
最終的には燃料 2500℃ 水素爆発したなら、
直後に何が起るかをご自身で考えてください。


<引用終わり>
---------------------------------------------



【反原発派も触れようとしない原子力最大のタブー】
http://ameblo.jp/64152966/entry-11565424020.html

東海アマさんより

核兵器製造には高濃縮ウラン、プルトニウムが必要と
刷り込まれてきましたが、それは本格的核爆弾の話で
あって、ビルを一棟吹き飛ばすぐらいなら、
核燃料を水に浸けるだけで十分
「核燃料はそのまま核爆弾になる」
これこそ原子力業界が今までずっと隠し、
ごまかしてきた真実でした。

槌田敦さんの指摘は、つまり、今日本で稼働してる、
すべての原発が、そのまま核爆発を起こすことができるという真実
水のなかに核燃料を置き、周囲をベリリウムで囲って
爆発的圧縮をかければ、そのまま核爆発する
超絶的汚い核テロ爆発になる仕組

実は、今の国内原子炉のすべてが核爆発の条件を満たしてる
核燃料は水で満たされ周囲にベリリウム、ハフニウムが置か
れていて、あとは点火するために爆発圧縮があればよい
燃料被覆管が溶融して水素が噴き出し、
それが爆発してくれれば原子炉がそのまま巨大な核爆発を
起こすことができるということ



反原発派も触れようとしない原子力最大のタブー
槌田敦氏が追及

http://www.asyura2.com/13/genpatu32/msg/357.html

<一部転載>


以下、要点をまとめます。

* 1号機は水素爆発。原因は地震による配管破断、
水素ガス漏れ、建屋天井に溜まり爆発。

* 2号機は爆発なし。格納容器下部の爆発音はベント音。
このベントで飯館村等が汚染された。

* 3号機はプール内で核爆発。
瞬間的閃光と500メートルの垂直噴煙。
核連鎖反応で高温化、水蒸気爆発へ。

* 東電は3号機爆発当時の中性子測定データを絶対に公開しない。
中性子が発生する原因は核分裂のみ。

* 4号機は試験運転のために、燃料を原子炉に移動中に地震が起きた。
燃料が原子炉の底に落ちて核暴走が始まった。
何度も水蒸気を吹き上げ、天井を吹き飛ばした。
噴出は3ヶ月も続いた。

* 4号機原子炉内部の写真はウソで、別の原子炉のもの。
海水を入れたのに燃料プールのように錆がなく、
照明ランプが映るほどピカピカなのはおかしい。

* 政府・東電は3基とも全部水素爆発だとウソをついている。
水素爆発では水蒸気ができ白煙が上がる。
3号機のような黒煙は絶対に上がらない。

* 核兵器には3種類ある。
一つは10%低濃縮ウランと、水を中性子減速材に使う初期の原爆
で、核反応の熱で水蒸気爆発を起こさせるもの。
もう一つは改良型で高濃度ウラン・プルトニウムを使う核爆弾
(広島・長崎に落とされたもの)。
三つ目は、強化型の爆弾(水爆、中性子爆弾)

* 臨界は簡単には起きないというのはウソ。
5-10%低濃縮ウランは、水があれば核分裂を起こして爆発する。

* 戦時中、理化学研究所・仁科教授が研究していた原爆も
水を使う初期型のもの。

* 米国でも同様の研究がされ、装置が大きく空輸はできないが
港湾の攻撃には使えると、アインシュタイン、シラード両博士が
ルーズヴェルト大統領に進言している。

* 使用済み燃料は線量が高く扱えないが、
新品の燃料なら盗んでテロに使える。水に浸せば爆発する。

* 核燃料(低濃縮ウラン)が簡単に爆発する事実がわかれば、
原発は原爆と違い核爆発を起こさない、
核の平和利用だ、という長年の主張が崩壊する。
だから原子力業界はこの事実をひた隠しにし、
絶対にこれを認めようとしない。

* マスコミはもちろん、反原発学者まで東電発表をそのまま
受け入れ、水素爆発の大合唱。
誰も真の爆発原因を究明しようとしない。科学者として失格だ。

以上です。


<引用終わり>
---------------------------------------------




管理人

皆さん、そんな古い話かと思わないほうがいいです。
我々が、考えていたよりも、
とんでもなくはるかに汚染されている事実が判明したのです。
つまり、本当は国家非常事態宣言発令レベルだったという恐るべき真相。
しかし、日本政府は原発政策と巨大利権を守る為に全てを闇に葬った。
その代償は、日本国民の取り返しのつかない大量被曝である。



関連記事

5月21日
【速報・4号機大量の煙】 21日夜のまとめ 3号機の危険性
http://ameblo.jp/64152966/entry-10898934979.html


5月23日
【速報】4号機下に赤い発光が確認されました。炎である可能性があります
http://ameblo.jp/64152966/entry-10900263592.html


6月11日1時頃からの福島第一原発での大量白煙噴出
http://ameblo.jp/64152966/entry-10920158955.html


6月14日速報です→福島第一原発で、膨大な煙が発生
http://ameblo.jp/64152966/entry-10923068809.html


2011年6月18日21時ごろからの福島第一原発での大量白煙噴出まとめ
https://matome.naver.jp/odai/2130840914969189501


2011年6月19日0時頃の4号機上空に形成された柱状の白煙まとめ
https://matome.naver.jp/odai/2130841211369215501

0時頃のJNNライブカメラを確認すると、少なくとも4号機及び3号機付近から
大量の白煙が噴出している可能性が高いです。

また、4号機の位置からまるで塔が立っている様な柱状の白煙の噴出が確認されています。





3月11日、4号機の原子炉は運転中だった?

全電源喪失後、4号機原子炉の非常用復水器も起動した

ようだが冷却できずに爆発したようだ


4号機は非常用復水器のあるフロアの損傷が激しい
http://phnetwork.blogspot.jp/2011/09/blog-post_13.html




お知らせ

11月20日に★メルマガ第26号を配信しました。

『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』


まだ届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

この1年間で最も重要な記事になると思います。
ガンの元になっている大元を何とかしなければ、
いくら食事療法、温熱療法、電子治療をしても
その効果は半減以下になってしまいます。
その一番効果的な処方を記事にしました。



★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』












. 18日の福岡博多地震も人工地震~気象庁発表はイルミナティのサインがずらり!

18日の福岡博多地震も人工地震
~気象庁発表は
イルミナティのサインがづらり!







地震情報
http://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/earthquake/20161118101912.html

情報発表時刻 2016年11月18日 10時23分
発生時刻 2016年11月18日 10時19分ごろ
震源地 福岡県北西沖
緯度 北緯33.7度
経度 東経130.2度
深さ 10km
マグニチュード 4.2
情報 この地震による津波の心配はありません。

<引用終わり>
------------------------------------


情報発表時刻 2016年11月18日 10時23分
⇒9―11―18(666)―


発生時刻 2016年11月18日 10時19分ごろ
⇒9―11―18(666)―11若しくは2


緯度 北緯33.7度 ⇒イルミナティ13血流

映画「沈まぬ太陽」と「イルミナティ13血流」
http://ameblo.jp/64152966/entry-11904673464.html


経度 東経130.2度 ⇒


マグニチュード 4.2 ⇒

震度 3 とマグニチュード 6を掛け算すると18(666)になる。



陰謀論否定論者でさえも

これはおかしいと思うだろう!

映画「沈まぬ太陽」は、123便墜落事故を題材にした。

11の意味は、革命的テロ決起を呼びかける数字だ!



------------------------------------



NIED 国立研究開発法人防災科学技術研究所 ~より
http://www.kyoshin.bosai.go.jp/kyoshin/search/

2016年11月18日~福岡強震波形




上にあるような地震波形 ↑ は・・・
自然地震では、ほぼ絶対に無いと思って間違いない。



人工地震と自然地震の波形の比較




管理人

4月の熊本地震から10月の鳥取地震、そして、今回の福岡地震。
この3つは、全て人工地震と判明しています。

前回の鳥取地震の時には、地下核実験をやっているんじゃないかと
私は書きましたが、しかし、どうもそれだけではないような気がして来ました。


以下の動画を見て下さい。

地下深部掘削船「ちきゅう」関係者の「人工地震」発言




ちきゅう号の乗組員が、はっきり語っています。

「その他、人工地震を発生させまして・・・」
「その地震波を測定する為のものです」


地震波を測定すると何が分かるのでしょうか?
⇒地殻構造や空洞分布が分かります。



http://deeksha777.blog88.fc2.com/blog-date-201503.html


地殻構造や状態が分かると、更に、何が分かるのでしょうか?
⇒地殻構造の空洞部分の分布状況が浮き彫りになる。

その空洞部分には何が存在するのですか?
⇒膨大な原子状水素、若しくは、天然ガスがある。

地下の膨大な原子状水素滞留域の比較的薄い海底岩盤の上部で「核爆弾」を
爆発させると何が起こるのですか?
⇒「核爆弾」の威力の何十倍もの威力がある大爆発が起こる。

その大爆発が起こると、一体どういう事が起こるのですか?
⇒巨大人工地震を発生させることが出来る。

また、同時に、ある複数ポイントで核爆弾による人工津波兵器を使えば、
確実に大きな人工津波を発生させることが可能となる。


科学雑誌「ニュートン」は、2011年3月11日の数年前に、
日本でマグニチュード9の巨大地震が起こると予言し、表紙を飾った。


2007年 のニュートンにあった、
『 M9大地震 破壊力は神戸地震の1000倍 』




その「ニュートン」が、最近、南海トラフ巨大地震が起こると予言している。





「次」にひかえるM9超巨大地震
(ニュートンムック Newton別冊) ムック – 2011/6/28





東南海巨大地震は

中央構造線付近がズレたと称して

人工地震が仕掛けられる可能性が高い!

阪神淡路大震災(人工)も中央構造線付近だった。








【後編】 恐るべきCIA軍事極秘ファイル
http://ameblo.jp/64152966/entry-10987415753.html

① 地震学のウソ、地震学会への提言」(工学社、山本寛著)

一般に常識とされる「プレートテクニクス(地殻の歪み)で地震が起きる」
という理論の間違いを論証。
地震発生メカニズムの通説は「地震はプレートの相対運動によってプレート内に
「歪みエネルギー」が蓄積され、それが急激に開放されることで引き起こされる」。

だが、最近の「GPS」の進歩によって、一つのプレートが他のプレートの中に
ゆっくりと沈み込んでいく「スロースリップ現象」が多く観測されるようになり、
従来の「地殻に歪みエネルギーが蓄積される」という説明には
無理があることがはっきりした。

断層は地震の結果であって、原因ではない。
断層は過去の地震の履歴であり未来の震源地とは成り得ない。
地殻は地震エネルギーの伝達の媒体にはなっても、
その歪みが地震エネルギーの発生源にはならない。

つまり、地震は地中で何かが爆発することが原因、と結論する。
ではその爆発物とは何か?プロセスは?
それは地下に発生、蓄えられた水素。

水H2Oに含まれる酸素が地下の鉱物を酸化すると、水素が残される。
その水素が常温核融合を起こすとき、水爆と同じ原理で巨大なエネルギーが
発生する(ヘリウムガス発生が水素核融合を物語る)。

もし時間をかけて地下に多量の水素が蓄えられた場合、
巨大地震発生の可能性は否応なく高まる。


地震学会は既に国際金融資本家達の支配下にあり、
真実を語る地震学者は学会から追放される。
一般大衆は地震の本当のメカニズムを知らされない仕組みができているのだ。


② 「水素プラズマ エネルギー革命」(工学社、山本寛著)

水爆の原理、水素核融合を起こすのに超高温高圧の環境は要らない。
常温で起こす理論が解明された。この常温核融合理論が理解できれば、
地下で起こる地震の本当のメカニズムも容易に理解できる。

国際金融資本家達によって起こされた911事件では、
中性子線が観測されたこと、鉄骨がどろどろに溶解し、
多くの遺体がその超高温で蒸発してしまったこと等から、
この新しい技術による純粋水素爆弾が使用されたと言われている。

また常温核融合技術を平和目的に応用すれば、各家庭に強力で安全、
しかも安価なエネルギーを発生する発電機を設置することも可能となる。
国際金融資本家達はこの技術を20年以上前から既に掴んでいるが、
一般大衆はまたしても真実から遠ざけられている。

脅迫の手段に地震兵器を使い、エネルギーによって世界を支配する、という
彼等の戦略からすれば、常温核融合ほど都合が悪い技術は無いからだ。



【必見】
地震爆発論から見た東北大震災の真相







お知らせ

メルマガ読者の皆様へ

11月13日に、メルマガ第25号を配信しました。

メルマガ25号

~ 『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

まだ届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

この1年間で最も重要な記事になると思います。
ガンの元になっている大元を何とかしなければ、
いくら食事療法、温熱療法、電子治療をしても
その効果は半減以下になってしまいます。
その一番効果的な処方を記事にしました。










. 日本のとある風景~より

日本のとある風景~より







<福島汚染土>仮置き依然1000ha 営農再開の足かせ
http://news.biglobe.ne.jp/domestic/1115/mai_161115_4182528802.html

毎日新聞~2016年11月15日

東京電力福島第1原発事故による福島県内11市町村の避難指示区域(解除済みを含む)
に、除染作業に伴う汚染土などの仮置き場が、東京ドーム213個分に相当する
約1000ヘクタールあることが環境省への取材で分かった。
汚染土の搬出先となる中間貯蔵施設の整備の遅れが背景にある。
9割強が田畑で、各自治体は基幹産業である農業の復興に取り組むものの
農地が奪われた格好となっており、農家からは風評被害などを懸念する声が上がる。

環境省によると、避難指示区域には約280カ所の仮置き場があり、
敷地は同省が農家などから有償で借りている。汚染された土や草木などを入れた
「フレコンバッグ」と呼ばれる黒い袋(1立方メートル)が
700万袋以上山積みされている。

中間貯蔵施設は、福島第1原発を囲む形で、同県双葉、大熊両町の避難指示区域
(帰還困難区域)の約1600ヘクタールに建設される。
県内各地の仮置き場から運び込み、最長30年間保管し、県外で最終処分する計画だ。

本体工事は当初2014年7月に着工を目指したが、地元との交渉や用地取得が遅れた。
20年度末までに最大で建設用地の7割を取得する目標を掲げるものの、
10月末現在の取得面積は約170ヘクタールで予定地の1割。
同省は汚染土などの発生量を福島全域で最大2200万立方メートルと推計するが、
20年度末までに搬入できるのは最大でも1250万立方メートルにとどまる見通しだ。

6月に大半で避難指示が解除された葛尾村は、農業の再生を重要施策に掲げるが、
原発事故前の10年は約270戸の農家が計約130ヘクタールの田んぼでコメを
栽培していたものの、現状は11戸の約6ヘクタール。
村内の田んぼ約220ヘクタールのうち3割近くが仮置き場になっている。

同村の白岩寿喜さん(70)は先月、黒い袋が山積みになった
仮置き場と隣り合わせの田んぼで稲刈りした。
コメの価格は原発事故前に戻っておらず風評被害の長期化が悩みで
「仮置き場がなくならないと、農家も意欲を失い、担い手不足になる」と嘆く。

【土江洋範】

<引用終わり>
-------------------------------------------





2014年9月1日

米はうちで作っているけど、
(他県産)を買って食べています
~相馬市直売所より

http://ameblo.jp/64152966/entry-11918163080.html


ヤフーの知恵袋~より
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11122175621

質問者~toranosuke_china0802さん

福島県の お米 セシウム君は 全国へ流通していますか?


ベストアンサーに選ばれた回答~herikutuyaさん

そのお米を運んでいる者です。
大手の米屋(都内や全国)や
牛丼チェーンの精米工場にも 運んでますよ。
多分、貴方のお腹にも 入っているはず。


---------------------------------------------


2013年1月24日

政府備蓄米25万トンのうち、福島米が最多の4万トン!
売れない汚染米を政府が買い上げ、全国流通へ
(1/24 福島民報)
http://www.minpo.jp/news/detail/201301246204



政府が農家や集荷業者から買い上げる平成25年産の
「備蓄米」25万トンのうち、県は全国最多の4万トンの配分枠を
申請し、認められた。
県内の前年の契約実績214トンの約200倍。

備蓄米は入札で価格が決まるため、東京電力福島第一原発事故
に伴う風評被害の影響がない。
県内では作付け再開地域を中心に価格下落への懸念があり、
県は不安を抱く農家に備蓄米制度の活用を呼び掛ける。

県などが23日に福島市のパルセいいざかで開いた25年産
米作付けに関する説明会で各市町村の担当者らに示した。
農林水産省によると、入札は一般競争入札方式で、
作付け前の1~6月までに数回行われる。

審査登録した農家や集荷業者などが参加でき、
一番安い価格から落札される。本県の場合、
配分枠の4万トンに達するまで応札できる。

入札予定価格は全国一律で、24年産米の平均落札価格は
60キロ当たり1万3406円だった。市場流通米と比べ、農水省は
「輸送費や販売促進費を除いた価格と同水準」としているが、
入札は収穫前のため、市場価格と開きが出ることもある。

応札増加を目指し、都道府県別の入札予定枠は、
25年産米から拡大された。県は風評対策を含め、
「農家の希望に応えられる数量」として4万トンに設定。
一定の収入を確実に見込める利点などを示しながら
生産者らに活用を呼び掛ける。

県によると、本県の24年産米の収量は約36万トンだった。


<引用終わり>
-------------------------------------------


管理人

何がおかしいとか・・・
何が間違っているとか・・・
もう、そんなレベルの問題ではないような気がする。

汚染されていると分かってて米を作り続ける農家。
汚染されていると分かってて米を買い上げ、全国に流通させる日本国政府。

それを承知で、お客に食べさせる外食産業。
食べて応援を推奨する一般市民や有名人やテレビなどのマスコミ。

そして、何の問題意識も持たず、産地さえ確かめずにお米を買って行く一般市民。

モラルハザードという言葉さえもむなしく響いてきます。


風評被害・・・???

放射能が体内に蓄積すると・・・
どうなるのか分かっていないのだろうか?
ガン・白血病、心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病、知的障害・・・
数え上げたらキリがない・・無数に出て来ます。

日本は、いつからこんな国になってしまったのでしょうか?
分かる人がいたら、誰か教えて欲しい。


しかも、自分達が勝手にドンドン進めて原発の巨大利権を独占している
経産省が、原発事故の尻拭いを国民に支払わせようとしています。
盗っ人猛々しいという言葉は彼らの為にあるんじゃないだろうか。

経産省も厚労省も・・・
巨悪犯罪者集団であることには間違いない!




2016年11月17日

福島原発事故の賠償金を負担させるため、
過去50年に積み立てるべきだった保険料を広く国民に後払いさせる案を、
経産省の作業部会が検討!

http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/504129fde52acf7b5d06cea0d95d10d2


福島事故賠償の国民負担案

2016/11/16 20:26 共同通信

経済産業省は16日、有識者による
「電力システム改革貫徹のための政策小委員会」の作業部会を開いた。
東京電力福島第1原発事故の損害賠償費用を工面するため、
原発による電気の利用者が事故に備えた保険料として積み立てるはずだった
「過去分」と称し、最大50年さかのぼって国民から広く徴収する案を検討した。
ただ原発を持たない新電力の反発が強く、議論は曲折もありそうだ。

現在は、大手電力が一般負担金として電気料金から賠償費用の一部を回収。
2015年度は総額1630億円で、原子力損害賠償・廃炉等支援機構が、
東電が担う特別負担金や交付国債と合わせて費用を拠出する。





お知らせ

メルマガ読者の皆様へ

11月13日に、メルマガ第25号を配信しました。

メルマガ25号

~ 『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

まだ届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

この1年間で最も重要な記事になると思います。
ガンの元になっている大元を何とかしなければ、
いくら食事療法、温熱療法、電子治療をしても
その効果は半減以下になってしまいます。
その一番効果的な処方を記事にしました。









. テレビ『名医のTHE太鼓判!』を見た感想

テレビ『迷医のTHE太鼓判!』を見た感想







管理人

11月14日の月曜日夜に外食に出かけました。
和食のお店なんですが、たまに、そこに食べに行きます。
夜の7時前に、お店に入って注文をし終わって大画面のテレビを
見ていると、『名医のTHE太鼓判!』っていうのが始まりました。

しばらくすると、インフルエンザ・ワクチン注射はしたほうがいいのですか?
という質問が出て来ました。
5人の名医さんの内、4人が太鼓判を推しました。
残りのお医者さんが、中太鼓判を推したのですが、
何やら、私は注射が嫌いなのでという訳の分からないような事を喋ってましたが、
基本的に賛成なので、全員が◎をつけたことになります。

私は、この時点で・・・終わっているなと思いました。
夜の7時といえば、日本全国の家で、テレビ見ながら食卓を囲んでいるお時間です。
すごい影響力があるでしょうね。
このように洗脳されていくのかと・・・しみじみ思わされました。

しかも、ゲストのタレントの人が、「インフルエンザ・ワクチンはいつ受ければ
いいのですか?」と名医さんに尋ねると、名医さんは、「やはり、11月くらいから
受けておいたほうが良いと思いますよ。」・・・と、念を押しています。
しかも、ワクチンを受けておくと、もしインフルエンザにかかったとしても
その症状が軽減されると根拠の無い発言をしています。
これで、インフルエンザ・ワクチンを受けに行く人が倍増する訳です。
ほとんどといいますか、完全にヤラセの番組でした。

テレビのやっていることは、本当に犯罪に加担している事と同じです。
情報弱者の人をどんどん洗脳した挙句に、更に、病人まで作り出しています。
そもそも、ワクチンの本質さえ全く知らないのです。
世界の人口を何としても削減する必要があると狂信的に悪魔教を信仰している
人口削減委員会が、ワクチンの発祥元なのです。


ワクチンの中に、
白血病やガンのウィルスを入れないで下さい!

http://ameblo.jp/64152966/entry-12129660495.html
FBのシェア:21000


予防接種を受けた人を中心にインフルエンザが大流行
http://ameblo.jp/64152966/entry-11453543181.html
FBのシェア:2223


子宮頸がんワクチンの99.9%が
接種をした女性に全く効果がない事を厚労省が認めた

http://ameblo.jp/64152966/entry-11506713698.html
FBのシェア:12000


ワクチン伝説に終止符
~極秘文書が衝撃的真実を明らかに!

http://ameblo.jp/64152966/entry-12191649001.html
FBのシェア:1397



お医者さんも、こういった政治的背景については、全く無知です。
ただ、上から言われたことを判で押したように、全く同じ説明を
患者さんや視聴者にしているだけです。
ただ、儲かればよいとだけ考えているのが本音かもしれません。


その結果が、以下のグラフです。






国民医療費が、50年間で36倍も増えています。
日本の人口が増えたのを差し引いても、30倍以上になった計算です。

その最大の要因は、定期健診でしょう。
まさに、打ち出の小槌と化しています。
例えば、血圧の平均値を少し下げるだけで、大量の病人の出来上がりです。
元々、日本国民は血圧の高い民族だそうですが、
ものすごく巧妙に病人に仕立て上げられています。

定期健診とテレビ・雑誌の宣伝・洗脳効果

芸能人や著名人・識者もそれに協力しています。


実は、かく言う私も15年ほど前に、これに引っ掛かりました。
赤紙が来まして・・・要精密検査だそうで、アルバイトの職場の指示で、
近くの病院で、血液の精密検査を受けさせられました。

その結果、お医者さんから大変な脅しをかけられました。
「このまま放っておくと、大変なことになりますよ」
「場合によっては、大変な手術が必要になるかもしれない」・・・と。

お医者さんは、脅したり恫喝するのが商売ですから、
分からないではありませんが、患者さんにしてみれば恐怖でしょう。
その直後から、お医者さんの言われるがままの奴隷となってしまいます。

私の場合ですが、面倒くさいので、その病院には2度と行きませんでした。
15年間、私の健康は全く問題は無かったです。
寧ろ、病院に行き続けたほうが怖ろしい結果になっていたかもしれません。


話は、テレビ『名医のTHE太鼓判!』に戻りますが、
抗がん剤は取り上げないのですかね?
既に、やったかもしれませんが、私は知りません。
是非、見てみたいものです。

全員、太鼓判を推すんじゃないのかな・・・笑。




ツイッターより

失業していた9ケ月間、税金納付書が届いて、毎月コンビニで支払った。
国民健康保険が3万円、国民年金が1万5000円、住民税が月平均1万8000円、
合計63,000円もの大金を毎月失業者に支払わせるとは、
考えてみると日本とは本当に情け容赦ない国だなあと思う。
失業手当が消えていく。
https://twitter.com/Gennashi/status/797937115342352384


なにしろ、健康保険料があまりにも高過ぎます。
合法的に詐欺をやられているとしか思えない。
洗脳された情報弱者の人と処方箋を垂れ流しに受け取るご老人と、そして、
なによりも巨大化した厚生利権がその原因ではないかと私は考えています。
それを負担させられるまともな日本国民は、私を含めて哀れという他はありません。


レントゲン⇒×
ワクチン⇒×
抗がん剤⇒×××


最低限、これだけは知っておくべき。
今や、ネットでは常識となりつつあります。




ワクチンを開発・提供している人達の主張! 



「2010年までに地球人口の10%以上を殺害、処分してしまう必要がある。」

ハーバード大エコノミック・リサーチ・プロジェクト報告:グローバル2000
(資金源:ロックフェラー財団)


「2020年には人口は100億になる。誰もそんな世界に住みたくはない。

出生率を下げるか、死亡率を上げるか、戦争により極めて速やかに
効率的に死亡率を上げる事が出来る。

また飢餓や 病気を拡大 させる事も人口調節に有効である」

米国国防長官ロバート・マクナマラ



「地球で全ての人間が豊かに生活出来るのは50億人が限界だ。現在の80億人は多すぎる。」

ディビッド・ロックフェラー



「黒人、アラブ人、中国人、日本人等、有色人種は人種的に劣っているので、
世界規模の核戦争で絶滅させる必要がある。

まず始めにイスラエルはアラブに先制核攻撃をすべきだ。
有色人種が絶滅した後、世界で最も優秀なユダヤ人を中心とした白人だけの楽園が出来る。

それが聖書に書かれている神の国の出現の意味である。」

イスラエル:エルサレム・ポスト社説



【参考文献:ジョナサン・ビューティー著「犯罪銀行BCCI」 ジャパンタイムス刊】





岐阜にワクチン工場 インフル用、昆虫細胞で培養 世界最大級
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2012511.html

子宮頸がんワクチン「サーバリックス」も
昆虫の遺伝子組み換え製剤のようです。
https://twitter.com/junko_in_sappro/status/796872447752433664





お知らせ

メルマガ読者の皆様へ

11月13日に、メルマガ第25号を配信しました。

メルマガ25号

~ 『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

まだ届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

この1年間で最も重要な記事になると思います。
ガンの元になっている大元を何とかしなければ、
いくら食事療法、温熱療法、電子治療をしても
その効果は半減以下になってしまいます。
その一番効果的な処方を記事にしました。




情報過多になっている昨今
これを待合室に掲げている
病院て スゴいと思った!
https://twitter.com/kiyomizu5/status/665427934908403716








. JAL123便墜落事故~真相の全容を残しておきます。

JAL123便墜落事故
~真相の全容を残しておきます。






2016年8月10日

JAL123便墜落事故の真犯人と
その恐るべき全貌がほぼ明らかになった!

http://ameblo.jp/64152966/entry-12188961780.html



以上の記事に、ほぼ全容が書かれています。
私にしては、大変良く出来た記事だと・・・
少なくとも、私はそのように確信しています。

但し、ここ最近、追加説明をする必要も感じていました。

以上の記事にあるように、ブラックボックスで聞き取れた2度の爆発は、
JAL123便の前輪と後輪が爆破されたものです。
予め、時間をセットしておいた爆発物が仕掛けられていたのでしょう。

ですから、・・「米軍横田基地に着陸許可を求めて来たが、日本政府が拒否した為に
着陸させることが出来なかった。」・・・というのは、真っ赤な大噓のデマです。
そうでしょ。
車輪が無いのに着陸なんか出来るはずが無いのです。


そして、ここからが肝心なのですが、1985年当時には、既に、
航空機を遠隔操縦出来る技術が存在していたという事実です。
但し、その事実は最高機密扱いにされて来たというのが真相でしょう。


全てのボーイングには、遠隔制御で操縦出来る装置がついている。
http://yaplog.jp/kenchicjunrei/archive/139

<一部引用>

ボーイングの民間向け航空機は、757以降、767・777・787のすべてが、
外部から通信によって操縦系(通信系などもだろう)を制御できる機能が組み込まれている。
わかりやすく言えば、747ジャンボは別だが、現在主流として使われている
ボーイングの新鋭機種は、たとえパイロットが搭乗していなくても、
外部からの操縦で離陸→目的地への飛行→着陸を完遂できる性能を備えている。

基本的には、オバマ大統領が好む無人機攻撃で使われている無人機に
搭載されている機能や性能と同じである。
このような機能は、建前的説明として、ハイジャックにあった航空機を
“善良な”国家機関の要員が奪い返し、ハイジャック犯に抗して
地上に“無事”着陸させることが目的とされている。

「遠隔操縦」に関する何よりの問題は、装備の有無という最低限の情報を含む
「遠隔操縦」の機能や特性に関する情報が秘匿されていることである。

どういう手順で遠隔操縦に移行するのか、遠隔操縦で機体を制御できる範囲はどこまでか、
遠隔操縦を行った実績(“痕跡”)は機体のブラックボックスに記録されるのか
などなどがまったく不明なのである。

<引用終わり>
----------------------------------


JAL123便が、操縦不能に陥ったのは、圧力隔壁が爆発したからでも
後部尾翼に自衛隊の練習用ミサイルが当たったからでもありません。
遠隔操縦されていたからである。
上空に飛んでいる時には、後部尾翼は無事だったと思われます。

墜落後、アジア人の顔をした日本人ではない自衛隊特殊部隊が、
後部尾翼に、何等かの細工をして、あたかも、それが墜落の原因で
あるかのように工作されたものと私は考えています。

まだ暗い未明の時にやって来た得体の知れない自衛隊特殊部隊が、
その工作をやったものと考えています。
その当時、まだかなりの乗客が生きていたという証言がありますが、
それらの作業を生き残りの乗客に見られた可能性がある為に、
毒ガスで息の根を止められたと考えれば、全てに説明がつくのです。

大きな話題になった、すさまじいまでの火力で燃やされた痕跡のある遺体は、
恐らくは、貨物室の荷物に、予め、殺されて遺体として積み込まれた
17名のトロンOSの研究者達に違いありません。
他の乗客と貨物室の遺体の様相がまるで違うので、徹底的に調査されたら
簡単におかしいことが分かってしまうので、2度焼きされたのでしょう。

そもそも、小企業のトロンOSの研究者が、17名揃って同じ航空機に搭乗することは、
通常、絶対に有り得ないのではありませんか。
少なくとも、2機に分かれて移動するのが常識であり、この世界の鉄則になっています。
http://ameblo.jp/64152966/entry-11908306695.html

これが・・・世にも怖ろしい真相なのだと思います。


JAL123便は、飛立つ前から

御巣鷹の尾根に墜落させられる事は決まっていた。




皆さん、暗号は解けましたか!?
http://ameblo.jp/64152966/entry-12066606299.html

プロローグ

まず、日本航空123便墜落事故の話から始めます。
123便が、6になるのはご承知のことと思います。
そして、日航123便はボーイング747でした。
747は、18になります。⇒ 666

墜落現場は、群馬県多野郡上野村の高天原山の尾根
(通称「御巣鷹の尾根」でした。

正式名称は、高天原山(たかまがはらやま)といいます。

た か ま が は ら や ま ・・・

これをカバラ変換すると面白い数字になります。


T A K A M A G A H A R A Y A M A

20+1+11+1+13+1+7+1+8+1+18+1+25+1+13+1= 123





123便⇒ 6

ボーイング747⇒ 666

高天原山⇒123⇒ 6


出て来る数字は、全て 6 。
これを全て偶然だと思う人は、それでもいいですが、
もし、偶然というなら・・・
恐らく、確率的には数百万分の一の偶然でしょう。


何が言いたいかというと、悪魔信仰をしている連中は、
儀式と共に、実に緻密に計算した上で計画を立案し、
信仰をもとにした数字に絶対的にこだわるという事実を
知って欲しかったのです。

つまり、高天原山に日本航空123便を誘導して撃墜するのは、
絶対的な使命であり、命令であった訳であります。
そして、本当の生存者は7名であったにも関わらず、
4名にされたのも彼等の教義によって、数字を変えられ
なかったからです。
他の3名の生存者の消息は、全て闇に葬られた訳ですが、
それが表に出て来ることは、まず無いでしょう。
死亡者は、何がなんでも520名でなければならなかったのです。

死亡者520名の本当の意味は・・・
簡単に云うと、彼等の犯行声明を意味します。
その意味が分かる人には分かるはずです。


「666」あるいは「6」は「2本の柱」の内の1本だと定義される数字です。
そして、もう一つの隠された柱は、 という数字です。
520名は、足して7になりますね。
7でなければならなかったのです。
それが、彼等の絶対的な教義な訳ですから。

以下の図を参考にして下さい。





(事故概略)

1985年8月12日 18時12分に羽田を大阪に向け離陸した日航123便
(ボーイング747型ジャンボ機・乗員15人、乗客509人、計524人)は
離陸してまもなく大島西方上空付近で機体の異常を訴え、数十分間ダッチロールと
呼ばれる異常飛行の後、18時56分すぎ、群馬県上野村の三国山の北北西
約2.5キロメートル、標高1,565メートルの通称・御巣鷹の尾根に激突し炎上した。
4名の重傷生存者と520名死亡の犠牲を出した。





アレレレ・・・???
公式の記録では、4名の生存者 となっていますが、
日本経済新聞の紙面では、7名の生存者 と公表されています。

一体どちらが正しいのでしょうか?

日本経済新聞の紙面が正しい。


如何でしょう、皆さん。
520名死亡の真相が理解出来たでしょうか?
JAL123便を撃墜した連中に取って、何がなんでも520名で
なければならなかったのです。
これは、イルミナティの宗教的教義によるものです。
彼らにとって、教義は絶対的な信仰といえるものです。
つまり、実際には、517名の死亡者だった訳です。
そして、他の3名の生存者は、密かにどこかに連れ去られたのです。
3名のその後の安否につきましては、一切不明となっています。


ところが、事故が起こった8月12日の翌日、13日の未明には
50名前後の生存者がいた事が分かっています。
しかし、アジア人の顔をした日本人ではない自衛隊特殊部隊によって、
その生き残りの大部分が、証拠隠滅の為に殺害された可能性が高い。

http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/a1a847e042b50e4899e8cc57750e87d1

123便の乗客、乗務員はこの者達の手にかけられ、処分された。

殺人鬼が迫って来る瞬間、彼等は一体何を思ったのだろうか?

彼等は無残にも、毒ガスで息の根を止められたり、

火炎放射器で生きたまま焼かれた。


<引用終わり>
-----------------------



重要追加事項


このJAL123便墜落事故に関する記事では、(新)日本の黒い霧さんが有名です。
ところが、この人の記事にはおかしな部分が幾つもあると感じました。
例えば、ソ連軍機との交戦もあったと書かれています。
ここが、先ず、一番引っ掛かりました。
有り得ないと思います。
しかも書かれているソ連軍機の機種を調べてみるとプロペラ機だったという
笑い話になるような話です。
今は、適当に書き変えられているかもしれません。
軍事の専門家が見たら、一発でデマだと分かるような内容です。
しかし、一般人にはそれは分からないのでしょう。
私には、撹乱情報の為の記事としか思えません。

ところで、この(新)日本の黒い霧さんですが、放射能に関して、
なかなか面白いことを話しています。


前記事続報⇒「これは情報戦争そのものである!」
http://ameblo.jp/64152966/entry-11517185457.html

抜粋その1

人体は放射化と言って汚染されると血液が放射線を出すようになり、
他人を被曝させるのです。つまり放射能は人から人へ伝染するのです。
ニニギも受付に被曝した人が来ると頭がいたくなり、不快になります。



管理人

人体の放射化という元記事は、(新)黒い霧さんのようです。
カルトの噂が絶えないと聞いていますが・・・
こういった現象は、通常ほとんどありません。
ニニギ氏本人が頭が痛くなったというのも何かの間違いでしょう。
黒い霧さんとニニギさんが同一人物って事は無いでしょうが。

以下を参考まで

人体って放射化するのですか?
http://okwave.jp/qa/q7428722.html

放射化は基本的に重粒子線や中性子線などを被ばくした際にしか
起こらないと思っていただいて大丈夫ですので、137Csなどの今回
の事故で拡散している放射性物質から出ているα線、β線、γ線
では起こらないと考えていただいて問題ありません。
-以上-

しかし、本当に酷いと思います。
これでは、汚染地域にお住まいの人たちに対して
間違いなく差別が生まれます。
駄目ですよ、こんなデマを流しては・・・
しかも、自分も頭が痛くなったなんておかしな話までしては。
不安を煽り、お互いを憎しみ合わせ、人心の分断を謀っている
と思われても仕方ないでしょう。


「生命を育む会」を検索すると
放射線ホルミシス効果が出て来ます。
http://members3.jcom.home.ne.jp/horumi/kouenn.html

放射線ホルミシスを調べて見ると
以下の記事が出て来ます。必見 ↓
http://ameblo.jp/64152966/entry-11047529621.html

一部引用

勝共連合の頃から統一協会は原子力産業のおこぼれに
あずかってきており、ホルミシス関連の事業が本格化。
ホルミシス、ホルミックなどが医療的に効果がある宣伝、
多くは統一協会の悪徳商法。

昔、放射線ホルミシス理論により、【放射能泉(含放射能-ラドン泉)】などによる
低線量被曝はいいとされたが2006年、世界保健機構(WHO)は、
ラドン泉の放射線が肺がんの重要な原因であることを警告。

*注
「(株)湯~とぴあ商標「ラドン温泉」とはなんら関係はありません」

ナゾの人
重要参考文献 ↓
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E6%A9%98%E9%AB%98+%E5%95%93&ei=UTF-8&pstart=1&fr=tbtopie&b=11



ニニギさんを調べると、統一協会に突き当たりました。

ニニギさん(新)黒い霧さん・・・???

って事で、その疑惑を記事にチラと書いたのですが、
その直後から、私への攻撃が始まったのです。

その尖兵は、ブロガーの 福田元昭氏 。
怪訝に思い、そこで調べてみると、何と、この福田元昭氏は、
JAL123便墜落事故の記事で、(新)黒い霧さんと全く同じような内容の記事を
アップしていたのです。

私への攻撃は、私を工作員扱いした内容の記事でした。
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2002581.html


しかも、残念な事に、ツイッターで長年の知り合いである
安保多稼士氏が、この問題の記事をツイートしていたのです。
私は、今まで付き合いのある彼に少し残念な気持ちであることを伝えましたが、
完全に無視されました。
そして、つい最近、ツイッターでブロックされたのです。


以上ですが、公正な判断は読者の皆さんにおまかせします。
6年前から、全くの素人がヨチヨチ歩きでここまでやってきました。
既に、皆さん御存知のように・・・宗教色ゼロ、政治色無し。
心の良心の声に従がって、ひたすら、ここまで一生懸命歩んできました。
多くの人が、その6年の歩みを見て知っていてくれるからこそ、
信用してくれているのだと私は思います。
メルマガ読者の多さは・・・その証だと思っています。
感謝です。







お知らせ

メルマガ読者の皆様へ

11月13日に、メルマガ第25号を配信しました。

メルマガ25号

~ 『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

まだ届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/










. <肺ガン~間質性肺炎>は、放射能かケムトレイルかカビ菌・ウィルスの可能性が高い!

<肺ガン~間質性肺炎>は、放射能か
ケムトレイルかカビ菌・ウィルスの可能性が高い!








米国がばら撒いた「免疫不全」マイコ生物兵器
http://ameblo.jp/64152966/entry-12214840710.html


長野の読者の方からの通報です。

wanton 様

何時も貴重な情報を有難う御座います。
当方長野県に在住する者です。
昨日のブログのことで当方も思い当たることがありますのでメールしてみました。

今年春から夏にかけて池や沼に大量の藻が発生いたしました。
気象あるいは放射能汚染も関係しているのかなど考えてみましたが
藻は通常池に発生するような普通の藻が大量に発生しているのです。
そこで藻が発生している家の池の水と数キロ離れている大きな沼の水を
ある機関で測定してもらいました。

水系も状況も違う二つの水で共通していたのは自然界には存在しないバクテリア
マイコプラズマ ファーメンタンス の検出でした。
ケム雲も気にはなっていましたがあらためてなるほどと納得した次第です。

-------------------------------------



肺がカビ菌だらけになったよ~!


管理人

放射能とカビ菌はリンクしています。
放射能を好み大繁殖するカビ菌がいます。

カビ菌にも様々な種類がありますが・・・
肺ガンの場合、放射能核種よりも、寧ろ、このカビ菌によるカビ毒のほうが
影響が大きい可能性があります。




【放射能大観】~大量の窒素酸化物を発生させ、
社会環境や人体にカビが大繁殖する!

http://ameblo.jp/64152966/entry-12070434932.html


カビ菌であるアスペルギルスから発生するアフラトキシンという毒素は
自然界における最強の発ガン性物質である。

カビ菌の天敵は、納豆菌である。


驚くべき先進国ガン死亡率の謎!?
http://ameblo.jp/64152966/entry-12107478218.html

がん予防で 「納豆」 など日本の伝統食が注目され、
既存の西洋医療と代替医療を組み合わせた 治療効果への
関心も高まっている。 (略)

実は、この納豆、最新の私のメールマガジンの中で重要アイテムとして出て来ます。


★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】


真菌(ガン)の天敵の一つが、納豆菌な訳です。
メールマガジンのほんの一部をご紹介します。


顔の一部に集中的に出る根強いアトピーは、原因はほとんどの場合、
真菌、つまりカビ菌だそうです。
吸入性アレルゲンの80パーセント以上はダニ・カビが関与していると
認識され、花粉症もカビが原因である可能性が疑われています。

ところで・・・
身体に出来るアトピーは、多くの場合、真菌が関与している訳ですが、
納豆を使って治す人がおられるようです。
納豆菌の化粧水(ちょっと高い)もあるそうです。

真菌の天敵なんだそうです・・・納豆菌は!?

ほとんどのガンに真菌が関与しているなら・・・
納豆菌を利用しない手はありません。


ガン患者で、既に、体内にカビ菌が大繁殖している場合には、
恐らく、助かる見込みはかなり薄いです。

それに見合った納豆菌の軍隊を送り込むしか手は無いのでは
ないでしょうか。


<引用終わり>

-----------------------


私が大変驚いた理由がご理解いただけたでしょうか。
やはり、世界の研究はかなり進んでいるようです。
外国人は、納豆の臭いを相当に嫌っています。
にも関わらずという意味では、何か相当な根拠があってのことでしょう。
但し、メールマガジンでは、単なる健康食としてではなく、
もう一歩、踏み込んだ内容となっています。


最新のメールマガジンに寄せられたある読者の方からのメッセージをご紹介します。


光軍の戦士様

今回も素晴らしいメルマガを有難うございます!

今回の洞察を拝読し、なるほどと思いました。
そして、すぐにシェアを差し上げたい情報があることに気が付きました。

納豆菌を使ったバイオなカビ取り商品で、お風呂場や下駄箱や
押し入れのカビを納豆菌が食べてくれて、お風呂場や下駄箱や
押し入れのカビがいなくなる商品がありまして、
((コジット)というメーカーなどamazonなどで見れば沢山出ています。

今調べたら、コジットさん以外からも商品が増えていました)
数年前に、コジットさんの「バイオなお風呂カビ取り」というのを、
たまたま知って、それまでの有毒なカビ取り洗剤を使うよりエコだし、
いいなあと思って、数年前からお風呂の天井に張って使っているのですが、
確かに効果があって、お風呂場に黒いカビが全く出なくなりました。

エコだし、張っておくだけでカビが出ないので、とにかく楽で便利で
気に入ってリピートしていましたが、冷静に考えてみると、
張っておくだけで、お風呂場のカビを納豆菌が食べてくれていて、すごい効き目です。
その他、押し入れに張っておくものや、お部屋の匂い取りなどの
バージョンもあって、どれも効果がありました。

確かにカビに効果がありましたよ、

実体験談をぜひともお伝えしたくてお便り差し上げました。

これからもメルマガ楽しみにしています。
応援しています。

東京都 〇〇より



<引用終わり>

-----------------------


重要関連記事


癌患者は80%以上の人がカビに覆われて死ぬ
という実体が判明~岡山大学医学部の卒業論文

http://ameblo.jp/64152966/entry-12081499191.html


放射能を既に肺いっぱいに吸い込んだ人は
一体どうすれば良いのでしょう?

http://ameblo.jp/64152966/entry-11729782302.html



【光軍の戦士メールマガジン】 
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html




お知らせ

メルマガ読者の皆様へ

11月13日に、メルマガ第25号を配信しました。

メルマガ25号

~ 『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

まだ届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/


--------------------------------------------------




親戚で千葉在住の医師
「間質性肺炎で最近亡くなる人が増えている」

http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/2daf6016386e18816090c0abc34b99a0

<一部引用>

間質性肺炎は、放射線治療を受けた際の副作用が原因の一つ

生存率(死亡率ではありません)は10年で20%


間質性肺炎はそのものずばり
放射線治療を受けた際の副作用が原因の一つだとして知られています。
http://www.masa.go.jp/res/files/resQnA/IP11.html

また、ウィルスやカビアレルギー、膠原病など一般的に
肺炎に関わる事象も当然原因として挙げられており、
現代の医学で「全く原因が分からない」特発性間質性肺炎に罹り、
突然亡くなってしまうなんて考えにくいことです。
更にこの病気が見つかった場合の生存率(死亡率ではありません)は10年で20%です。
もし罹ってしまったら10万人のうち8万人は確実にこの病気で死ぬのです。

311からまだ1年半しか経っていません。
今後も「特発性間質性肺炎」による死者は増え続けていくのでしょうね。


<身内が間質性肺炎で亡くなった>

葬儀の時、親戚で千葉在住の医師が、

「間質性肺炎で最近亡くなる人が増えている」

「この不治の病で亡くなる若い人も多い」と


昨年来、世田谷区の80代の身内が間質性肺炎で亡くなりました。
入院後1ヶ月の出来事でした。

葬儀の時、親戚で千葉在住の医師が、間質性肺炎で最近亡くなる人が増えている。
この不治の病で亡くなる若い人も多い、と話していました。

その後、1ヶ月も経たないうちにもう1人の70代の親戚も亡くなりました。
肺炎でした。
肺炎で高齢者が亡くなる話はよく聞きますが、
間質性肺炎という治療方法がない病気があることは知りませんでした。
そして、このブログで同じ病名をこんなに頻繁に目にするとは思いませんでした。


間質性肺炎とは
家 族 を 守 ろ う
http://www.himorogi-kaiun.net/kenkou/mune%2033.html より

症状

肺はスポンジ状のような組織でできており、呼吸によって取り込まれた空気は
気管支を通って気管支の末端で毛細血管のように張り巡らされた肺胞という
ところまでたどり着き、ここで酸素が吸収される訳ですが、
この肺胞は大きさが数ミクロンの大きさで、肺胞と肺胞には間が空いており、
その間が炎症を起こすことを間質性肺炎といいます。

この間質性肺炎には急性と慢性があり、慢性の場合には症状の進行は非常に緩やかで、
間質性肺炎の原因はウィルス感染、粉塵、放射線、膠原病の他、
大部分は原因不明とされています。

症状は咳、息切れが主で、急性の場合には発熱、関節痛、倦怠感が挙げられます。


治療

間質性肺炎の治療は原因に応じた処置が施されますが、
急性間質性肺炎の場合にはウィルス感染も関係してくることもあり、
ステロイド剤や、免疫制御剤が一般的です。


間質性肺炎、病から10 - 15年で約半数の方が亡くなり、肺癌を合併する
http://www.masa.go.jp/res/files/resQnA/IP11.html より

病から10 - 15年で約半数の方が亡くなり、肺癌を合併することなどが、知られています。

原因は実に多彩です。

a. 感染症・・・・・マイコプラズマ、ウイルスなど

b. 放射性肺臓炎・・放射線治療による副作用

c. 過敏性肺臓炎・・トリコスポルンなど

d. 膠原病

e. 原因不明・・・・この場合を、特発性(とくはつせい)間質性肺炎と言います。

本疾患の予後は、発見から、5年で生存率50%、
10年で生存率20%程度と言われています。
死因としては、感染を契機とした急性増悪や、
呼吸状態の悪化による呼吸不全、肺癌の合併などがあります。


<引用終わり>
---------------------------------



放射能汚染 最近の肺炎は 抗生剤が効かない
「 放射能を吸い込んでいるからね」

http://ameblo.jp/aloveget3939/entry-11840117616.html

<全文引用>

最近の肺炎は 抗生剤が効かないという データーが出ています
ここ3年で 急激に増えていますか

もともとの細胞を破壊されれば 薬は聞かないです
楽にする薬はあるけど 根本的に 直せない

肺に 入ってしまったら もう どうにもならない ですから
事故当初から 2年間は プルームや ホコリなど マスク着用の
人は 少なくても リスクはだいぶ下げられたと思いますが

振り返り あなたはいかがでしたか

子供たちの 沢山の体調不良が ありますが

毎日一緒にいると 気が付かない点がたくさんあります
よく
目の下に クマができる
公園などに 行くと だいぶ 食べているなあ この子供はとか
結構見かけます

風邪が 普通より長引く子供
免疫の低下

胃 腸などの不調を訴えることいます 多いのが
出血性胃腸炎
うんちが 黒 タール状の うんち 「 要注意 」です

現在でも 今年に入ってから 体調の不調を 訴える人が
後を立ちません
去年と 今年の 今頃の 違いとは何ときかれます

去年はまだ 魚 野菜の 検査も行われている場所が多く
今年に入り 去年の9月すぎから セシウム検査が しなくて
よい場所が増えてきました
当然 太平洋の魚も 千葉 茨城の漁港では ほとんど
行われていません

まあ 週二一回程度で 検体抜き打ちですから
20万トン 取れても 19万トン以上は 無検査です
「 本当に 大丈夫なのか 」

ですが 実際に 沢山のデーターは 公開されていますが
一時公開されても 公開データ数日で 消えてしまいます
これは 不利な人が 消せと 命令できる立場の人
普通の人では 消せとは言えませんよね

原子力科学研究所が ヨー素を 検出と データーを公開した
国の機関です
ホームページ上で 公開しました
ですが 翌日には データーが 消されています

これも 消せという立場や 命令できる人でなければ無理
誰が 指示したのでしょうか

現在の現状は 福島第一原発の事故を 早く忘れる作戦中
のようです

ただ 犠牲者は 未知です
既に 数万人は 何らかの方向に向かっているようです
現在の普通の医師では 汚染は 「ブラックボックス」です

放射線による 筋肉の痛み 骨からきているのか 解らない
この様な人には 「 中枢神経系の薬剤を 大量に処方して 」
痛みをとるだけしかできないようです

放射性粒子を肺に吸い込んだ人たちにも なんとまあ
昭和初期の対処しかしていません
菌 耐性菌による肺炎が増えている としかわからない
原因はと 聞けば 今流行っている としか言えない

病気は 免疫と関係が 特にあるようです
ですから 免疫の低下は 放射能が染色体をおかして
免疫の低下をしています

ある人は 体調を崩し たらい回しの人がいました
この方は 通販の野菜だけ食べて 一切 関東 東北の
モノは口にしない
有機野菜も 放射能検査済みと 言って通販で買っていた
水も 水道から取らない

こんな人が 放射能検査済みの通販野菜を食べて
軽い するする便から始まり 体が重い つらいという
のが 事故から2年半頃から出てきて
町医者 総合病院 国立病院と どこでも 原因が分からず
最後に 都内の大学病院で 検査したところ
尿を 貯めて 検査したら
尿から 大量に セシウム137が 検出されました

スーパーで買わない行動 そして 水は 天然水「 メーカー検査済み 」
それでも こんな結果になった人もいるようです

とうしても サーベイメーターが欲しいということで
今年購入して 通販の有機野菜など 測ったら 反応しているので
通販の 業者に問い合わせたら
検査は 月に一度なので ???
肥料に 魚粉 「 魚を発酵 乾燥した野菜等の栄養分肥料 」を
使用しています という事です

どうやら 産地が北海道でも九州でも 太平洋の魚の魚粉が問題
という 疑いが出ました

こんなに 通販送料を払って 割高の野菜を買っても
危ないという事が 事実あることを 報告しておきます

それだったら スーパーの方が安心かもしれませんね

背びれの曲がった 売れない 魚は 捨てるのでなく
肥料になるということがあります

だって 売れないよね
なら 燃料費にでもなれば という事かな

今月の末から 6月にかけて 東北 北関東の田畑では スクスク
野菜が育っています いま 種を植えている 真っ最中ですね
まもなく ご家庭に 届くことと思います

東北産地を 買わないから大丈夫 北関東も 食べないと言っても
数日前の 報告
福島隠しか 偽装 数十点が 発覚という 新聞を報告しました
無くならない 産地偽装
安心していられませんからね

産地偽装しても 最近は ニュースにもならない様です

特に怖いのが 外国産の偽装
国産を外国産と 表示 外国参を国内産と表示

売れなければ 収入がないから 仕方なく偽装したと言いますが
だから 風評が生まれるし 風評は 何もないとこでは出ない

現在では 沢山の人が サーベイメーターを持っている人がいるので
全国各地から 報告いただいています

坂上の運営する 「 放射能と向き合う人たちの 掲示板 」
約三年間 自己後少し経ってから 運営しています
今年に入ってからも 報告は うなぎ昇りになっています

なぜ

検査省略地域が 増えているからです

坂上

サーベイメーターの問い合わせ

食品からの放射能摂取を 最小限に塞ぎ リスクを下げられます

問い合わせ
027-226-6266 坂上を呼び出してください

前橋市千代田町 4-19-5
ゲットウエーブ内 テクノ坂上


<引用終わり>
---------------------------------









. トランプ新大統領の9.11真相究明発言は、大統領になる為の命懸けの最後のカケだった!

トランプ新大統領の9.11真相究明発言は、
大統領になる為の命懸けの最後のカケだった!






Trump: I’m Reopening 9/11 Investigation
トランプ:私は、9/11の調査を再開している


http://yournewswire.com/trump-im-reopening-911-investigation/




Donald Trump’s plans for his first 100 days in office are raising eyebrows around the world, but of all the items on his agenda it is the reopening of the 9/11 investigation that will provide the greatest earthquake for the establishment.

在職彼の最初の100日のドナルド・トランプの計画は世界中で眉をつり上げています、
しかし、彼の課題に関するすべてのアイテムのうち、設立のために最も大きな地震を
提供するのは9/11の調査の再開です。



Trump believes that 9/11 has not been properly investigated and
he plans to get to the bottom of it. “First of all, the original
9/11 investigation is a total mess and has to be reopened,”
Trump said.

切り札は9/11がきちんと調査されなかったと思っています。
そして、彼はそれの真相を究明する予定です。
「まず第一に、最初の9/11の調査は完全な混乱で、再開されなければなりません」と、
トランプは言いました。


以上の続きは、英文の本文よりご覧下さい。

---------------------------------



管理人

新大統領に選ばれたトランプ氏ですが、
この暴露発言に世界がアッと驚かされました。
世界中から、ツインタワーは、爆破解体された自作自演疑惑が持たれています。
そして、米国民3人に1人以上がこの陰謀説を支持しているという事実。

しかし、我が国・日本ではどうでしょうか?
ネットでも、強い疑惑を持っている人は、100人に一人くらいなものでしょう。
これが一般社会になると、1000人に一人も疑惑を持っていないのではないか。
つまり、徹頭徹尾、日本は情報が隠蔽されている国だといえましょう。
本当に、どうしようもないくらい、何も知らないのが真相です。
それに、無関心が輪を掛けて、真相などどうでもよく、所詮、都市伝説の世界です。

これって・・本当に何とかなりませんかね。
日本が大きく変われない最大の原因になっていると私は思っています。

本題に戻します。

トランプ新大統領が、このツインタワー爆破テロ事件を本当に究明する気持ちが
あるのかどうかは、私には分からないし確信も持てません。
ただ、ヒラリーとの一騎打ちの選挙戦の最中の候補者の段階で、
ああいった発言を公開の場で発言すること自体、相当の勇気が要ったはずです。
何故なら、米国最大のタブーであり、必ず、命を狙われる羽目になるからです。

しかし、候補者であったトランプ氏は、どうしても大統領になる為の
大逆転の為の秘策・・・切り札であった可能性があります。

当初から・・・トランプ氏は、センセーショナルに
911への米国民の怒りを結集する以外に
自分に勝ち目は無いと考えていた可能性が非常に高い。

もちろん、命が狙われることは承知の上でのギリギリの勝負に出たのです。
アメリカ国民の多くが、911に対して大きな疑惑を持っていることを知った上での
命賭けの最大の勝負だったに違いありません。
もし、自分(トランプ氏)が暗殺されれば、911が自作自演の内部犯行である事実を
アメリカと世界が尚一層、強烈に疑うようになる。
間違いなく、911自作自演説が再燃することになる。
だから、簡単には暗殺はされないだろうと分析したのだと推測します。
ブロガーとして、私はそのように考えています。

あのツインタワー爆破テロ事件で、関与した人間は相当数にのぼるはずです。
CIAや軍の一部の特殊部隊・・・そして、政治家トップの連中。
こういった連中から、命を狙われます。
これが命懸けでなければ一体何ですか。

トランプ氏も選挙期間中、相当な警護をつけていたと思いますが、
悪い連中が本気で暗殺しようとすれば可能だったと思います。
考えますに、あまりにも露骨に目立ち過ぎるので躊躇したと推測しています。
もし、トランプ新大統領が本気で真相究明しようとしたら、その時に殺ればいいと、
そのように考えている節も十分考えられます。
或いは、単なるパフォーマンスで、そこまではしないだろうとタカをくくっている
のかもしれません。
また、周囲から警告を与えれば、手を引くと考えているのかもしれません。

タレントのデーブ・スペクターは、テレビ番組の「そこまで言って委員会」で、
死に物狂いで偽旗テロ陰謀説を否定しまくっていましたね。
何故、あそこまで必死に否定したのか・・大いに不審を感じた人は多かったはずです。
だから、CIAの手先だと噂されてしまうのです。



2009年6月14日のたかじんさんのTV番組911事件放送
1分15秒あたりからの執拗な攻撃~工作員っぽい仕事してま~す。




日本のテレビは、本当にクソですね。
バカをたくさん作り出す鉄のガラクタに過ぎません。
出演している有名タレントも、ほぼ全員が「信じない」ですから・・・
こういう嘘つきかバカしかテレビには出してもらえません。
そして、いつも美味しいギャラをもらっているのです。
まさに、よってたかって売国合戦をしている図にしか見えません。



しつこいくらい、
一体何の為に自作自演をやらねばならないんだと
あの芸能人は、必死に議員を責めていましたね・・・笑。
デーブ・スペクターさんに教えて差し上げますよ ↓
http://ameblo.jp/64152966/entry-11601312207.html

<一部引用>

911爆破テロの本当の狙いも、実は借金帳消しにありました。

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=242323
~より ↓

このブレディ債の満期、なんと2001年9月12日。
償還所要額は1,200億ドル。
借金を跡形も無く消し去りました。

ペンタゴンに飛行機が墜落したというのもウソで、
実は、ミサイルが打ち込まれました。
ミサイルが打ち込まれた場所には、何兆円もの
使途不明金の調査書類があった場所です。

また、WTCビルの地下には1,200億ドル相当の金塊が保管されて
いましたが、2001年9月11日の朝までに全部運びだされて、
それ以後、行方は不明です。
大方、NY連銀の地下金庫にでも隠されているのでしょう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


管理人

恐らく、911自作自演テロに関与した人間は1000人以上にのぼるはず。
司法取引で大統領特赦を条件に取り調べを強行に推進すれば、
芋ずる式に、911内部犯行を暴露する人間が続出する可能性があります。
そうなると、アメリカ国内で革命が起こります。
それは、きっと日本にも波及するのは確実であると私は確信しています。

それだけではありません。
イスラム過激派を犯人に仕立てて、それを口実に
・・・対テロ戦争、アフガニスタン戦争を開始した。


年表

2001年9月11日 - アメリカ同時多発テロ事件で約3000人が死亡

2001年9月16日 - 国家哀悼日に、ジョージ・ウォーカー・ブッシュ大統領が
この十字軍、テロとの戦争は時間がかかるでしょうと発言。

2001年10月7日 - テロの報復としてアメリカ合衆国がアフガニスタンを攻撃
(対テロ戦争、アフガニスタン戦争)。

2002年1月29日 - ブッシュ大統領が一般教書演説でイラクを非難する悪の枢軸発言を行う。

2002年8月26日 - リチャード・チェイニー米国副大統領は
「イラクの核脅威は、予防的攻撃の正当性を証明している」と発言。

2002年9月24日 - イギリスの下院において、トニー・ブレア首相は
「イラクは、化学兵器と生物兵器を保有している。
イラクのミサイルは45分間で展開できる」と断言した。

2002年11月 - 国連決議1441により、イラクが4年ぶりに国連の査察を受け入れ、
同決議の第3項が定めるところに従い、武器申告書を査察団に提出。

2002年11月 - コリン・パウエル米国務長官は「サッダーム・フセインはガス壊疽、
ペスト、チフス、コレラ、天然痘など、数十種類もの病原菌の研究に着手した」
と述べた。


後に、その全てがCIAの誤情報による
虚偽であり間違っていることが判明した。




2003年 開戦前夜

1月9日 - 国連監視検証査察委員会(UNMOVIC)と国際原子力機関(IAEA)から
国連安保理へ中間評価報告。イラクが国連決議に違反したと疑われるような証拠、
痕跡はないとされた。

1月16日 - 申告書に掲載されていなかったものと考えられる化学兵器搭載用
ミサイル12基が発見される。

1月28日 - ブッシュ大統領は演説において「バグダードが、ナイジェリアから
核兵器に利用できる酸化ウラニウム500トンを買おうとした」と説明した。


後に、イギリス諜報機関から入手した
この情報は嘘であったことが判明した。




2月5日 - イラクが大量破壊兵器を隠し持っていることを示す証拠を
アメリカ側が安保理にて提示(パウエル報告)。

2月14日 - 査察団の再報告。武装解除の進展を積極的に評価しつつも、
査察が完了しておらず、まだ時間が必要であることが示唆された。

2月15日 - 戦争拒否のデモが特にこの日世界的に行われる。

2月28日 - 中間報告書が公表される。

3月7日 - 2度目の中間報告が公表。この後、アメリカ側は査察は不十分として、
戦争をも辞さないとする新決議を提案したが、
フランス等は査察は成果を挙げており継続すべきと主張した。
途中チリなどが修正案も提示したが、アメリカは拒否。

3月15日 - アメリカ、イギリス、スペインがアゾレス諸島で密談。
安保理では新決議案が反対多数で否決される見通しとなったため、
アメリカは安保理での裁決を避け、独断で開戦に踏み切ることを決定した。

3月17日 - ブッシュ大統領がイラクに対して、テレビ演説で最後通告。
フセイン一族と主要閣僚の48時間以内の国外退去を命じる。
フセイン大統領は徹底抗戦を宣言。


開戦

3月19日 - 米英軍による空襲「イラクの自由作戦」を開始。

3月20日 - クウェート領内から、地上部隊がイラク領内へ侵攻を開始。
地上戦が始まる。



イラクによるクウェート侵攻時、動きの鈍いアメリカ世論を戦争に狩りだすため
クウェート政府が広告代理店を使った。
この少女はその広告代理店の手先で在米クウェート大使の娘、
アメリカ育ちでクウェートになんか行ったこともないし証言も真っ赤な嘘。
この嘘の証言(情報操作)が後の湾岸戦争の発端になった。
実はアメリカ政府がクウェート政府に広告代理店を使えと提案、
イラク関係では英国発信の化学兵器や核兵器も嘘で捏造。



嘘から始まった湾岸戦争!
自作自演の議会証言とPR操作!






お知らせ

メルマガ読者の皆様へ

数日の内に、メルマガ第25号を配信する予定です。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/













. トランプの勝利が、第三次世界大戦を止めた?・・・が喜ぶのはまだ早い!

トランプの勝利が、第三次世界大戦を止めた?
・・・が喜ぶのはまだ早い!










トランプ氏、公職経験ない初の大統領 外交通の側近は?
http://www.asahi.com/articles/ASJC95QNCJC9UHBI03B.html

米大統領選は8日夜(日本時間9日午前)から開票され、
共和党のドナルド・トランプ氏(70)が、優勢が伝えられていた
民主党のヒラリー・クリントン前国務長官(69)を破り、当選を確実にした。
米国史上初の公職経験のない大統領となる。既成政治への不満や怒りを背景に
支持を集めたが、超大国の指導者としての手腕は未知数だ。
環太平洋経済連携協定(TPP)や日米関係などの行方も、不透明感が増している。






管理人

今回の大統領選挙に関して、ここ最近、私は二つの記事を書きましたが、
その格子となる中心部分は、ほぼ当たっていた事が確認出来た選挙結果となりました。

<一部引用>

そのロスチャイルドの傘下にあるのが、ABCニュースとワシントン・ポスト。
選挙における支持率なんてものは、大抵、作為的なものです。
ある程度の事実を元に、それにサジ加減を加えて捏造するのが真相です。

ロスチャイルド⇒ABCニュースとワシントン・ポスト⇒クリントン
以上のような構図が出来上がっていますので、余程の事がない限り、
この二つのメディアが、トランプ氏の優位を伝えることは考えられないのです。

ここの部分が、一番の謎であり疑問点です。

何故・・・
どうも、ここに今回の米大統領選を取り巻く背景の闇を読み解く鍵がありそうです。

一つ考えられる事は、実際には、トランプ氏がヒラリー・クリントンを
大きくリードしている可能性を疑います。

<引用終わり>
----------------------------


小悪が大悪に勝ったといった盛り上がりに欠けた選挙でしたが、
TPPが大きく後退するのは、ひとまず歓迎すべきだと思います。
トランプ氏に関しては、未知数な部分が多いので、
詳細に分析するのは徒労に終わりそうなので止めておきます。

そもそも、政治家でもない、軍人でもないトランプ新大統領の周囲は、
補佐官でガチガチに固められるでしょう。
大統領に決まった瞬間から、守りに入るので、いきなり大きく変わる事は
あまり考えられないと思います。
大きな政策の大部分は、各省庁の官僚と補佐官との折衝の中で
調整しながら決められるはずです。

民主党とは敵対関係ですし、所属する共和党主流派との対立は深刻だそうですから、
大統領としての船出は多難続きとなる恐れがあり、大統領職の遂行は、
かなりの困難がつきまとうと思います。

恐らく、過激な主張は影を潜め、当分の間は護りの運営に終始するのでは
ないでしょうか。
CIAやFBIの関係者の一部で話題に上がっている「トランプ暗殺説」は、
かなり気がかりではありますが、今の段階では何とも云えません。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48829

但し、その可能性だけは常にあると考えておいたほうがいいでしょう。
特に、ペンタゴンやCIAとの対立が激化するとかなりヤバイと思います。
シリア情勢において、どのような政策を打ち出すのかが見物です。
ここのポイントで、トランプが何者なのかが判明すると思います。

はっきり申し上げて、トランプ新大統領は、かなり無知です。
周囲の海千山千の利権ハゲタカ連中は、そこにつけ込み、トランプを
思ったように操ろうとすると思います。
他国は、今後、大いに混乱するであろうことが予想されます。




やのっちさんのツイッター・サイトより引用させていただきます。
https://twitter.com/_yanocchi0519



ドナルド・トランプ候補の勝利が、第三次世界大戦を止めた可能性が高い。
http://yournewswire.com/donald-trumps-election-may-have-stopped-world-war-iii/






藤原直哉氏のツイートより
https://twitter.com/naoyafujiwara

単に所得を上げるために、1%の大金持ちの仲間入りをするために、
彼らに気に入られるために天ぷら学問をしてきた人たちは
トランプの大統領就任は最大の屈辱だろう。
知的秩序の大崩壊。
だから感情で受け入れられないだろう。

彼らが騒ぎ出せば今度はトランプ支持者も騒ぎ出す。
そこにネオコンがトランプを揺さぶろうとすればさらにひどい動乱になる。

そこはトランプとFBIで抑え込む。
イスラエルが暴発するのはロシアが止める。
そしてできるだけ早くクリントンの化けの皮を剥いで国民に示して、
ネオコンやクリントン一家を葬る。

米国は巨額の貿易赤字を金融の資本収支の黒字で埋め合わせて暮らしている。
ところがリーマンショックで資本収支の部分は本当は全壊してしまった。
それを各国中央銀行の資金注入でここまで飛ばしてきたけど
もうそれも完全に息切れ。

ということで資本収支の黒字はもうあきらめる。
したがってFRBのイエレンはクビ。ウォール街も強制店じまい。
さらに貿易赤字の元凶の中国とメキシコからは輸入を止め、
国内の産業復興に全力を挙げる。

世論調査で接戦と言っていたのにふたを開けたらトランプの圧勝。
ということはメディアの操作以上に有権者がメディアや調査会社に
嘘をついていたということ。
そこまで1%組は信用されていない。
だからメディアの世論操作は全く無意味。

ウォーターゲート事件を思い出しても、
FBIが職を賭して捜査しているのだから
クリントンの逮捕・有罪は誰も止められない。

よってクリントンに組していてウィキリークスに名前が出た会社や個人はもう終わり。
トルコみたいに根こそぎ大量の追放劇になるのは必至。
だからそこに勤めている人は逃げ出すしかない。

ウォール街は大抵11月締めでボーナスが決まる。
しかも12月4日がイタリアの国民投票でどうせ与党が負けて金融危機になる。
ということは11月中に稼げるだけ稼いで12月に可能な限りボーナスもらって、
トランプ就任前に辞めるしかない。

だから損の伝票は全部来年に飛ばし、利益の伝票は全部今月に回して、
最大限個人的利益を出す。
また会社から合法的に持ち出せるものは全部持ち出す。

恐らくそれをみんな同僚が同時に始める。
ウォール街は強制店じまい前の略奪と逃亡の巷と化す・・・。
こんな感じじゃないかね。


やのっちさんのツイートより

中国の習近平氏もロシアのプーチン氏も、トランプ氏を強く支持しています。
この当たり前の事実すら、多くの日本人は理解できていません。
なぜ、彼らがトランプ氏を支持しているのか?
ヒラリーならテロリストを活用した偽旗戦争の継続、
トランプ氏なら偽旗戦争の終結が目に見えているからです。

以下、引用ツイート

中国とロシアは、なぜ「トランプ支持」なのか
日本と米国の関係は非常にデリケートになる~by.藤原直哉氏
http://toyokeizai.net/articles/-/144316

米大統領選挙でのゲームのルールは非常に簡単だ。
既存の秩序が維持されたほうがいいと思う人はクリントン候補を支持。
秩序が変わったほうがいいと思う人はトランプ候補支持だ。
特に、「自分たちは社会に虐げられている」と考えている製造業従事者や
米国中・南部で白人がトランプ候補を支持した。

世界各国で見ると日本やEU、韓国はクリントン候補が大統領になればいいと思っている。
一方、ロシアや中国、北朝鮮はトランプ候補になればと思っている。

-------------


トランプ氏の「就任100日行動計画」の主な内容
・NAFTAの再交渉、もしくは脱退を表明❗️
・TPPからの撤退❗️❗️❗️
他多数
http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLASGM10H42_Q6A111C1EA2000/

アベシ政権!これをちゃんと見てるの!?
米次期大統領の行動計画だよ!










お知らせ

メルマガ読者の皆様へ

数日の内に、メルマガ第25号を配信する予定です。

10月31日に、メルマガ第24号を配信しました。
まだ届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。

『大麻の真実~国民は何も知らない!』



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/


第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

この1年間で最も重要な記事になると思います。
ガンの元になっている大元を何とかしなければ、
いくら食事療法、温熱療法、電子治療をしても
その効果は半減以下になってしまいます。
その一番効果的な処方を記事にしました。










. アメリカ大統領選~アメリカ全土に国家非常事態宣言が出ないことを祈ります。

アメリカ大統領選~アメリカ全土に
国家非常事態宣言が出ないことを祈ります。







FBI「クリントン氏の訴追ない」 メール再捜査も不正見つからず
http://www.afpbb.com/articles/-/3107022


【11月7日 AFP】
米大統領選の民主党候補ヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)氏が
国務長官時代に公務で私用メールを使った問題で、連邦捜査局(FBI)の
ジェームズ・コミー(James Comey)長官は6日、新たなメールを調べた結果、
クリントン氏による不正行為は見つからなかったとして、
同氏を訴追しないよう勧告した7月の結論は変わらないと議会に明らかにした。
クリントン氏陣営はこの動きを歓迎した。

クリントン氏に対するFBIの捜査は7月にいったん終結していたが、コミー長官は先月末、
新たなメールが見つかったとして捜査を再開すると突然発表。
大統領選が間近に迫った時期だけに波紋を広げていた。

コミー長官は連邦議員の間で回覧された書簡で、捜査の再開後
「FBIの捜査チームは24時間体制で作業をした」と説明。
「この過程で国務長官在任時にクリントン氏が受信・発信した通信内容全てを調査した。
それに基づき、クリントン氏に関して7月に示した結論を変更しなかった」と述べた。


<引用終わり>
---------------------------------------------


管理人

ところが、話はこれで終わらない。
このコミーFBI長官の裁決に、捜査にあたったFBI捜査官全員が、
猛反発して長官に辞表を提出したらしい。
これに大変困ったFBI長官が、再捜査を決定したといった情報が
流れて来ています。

このヒラリーのメール問題は、かなり深刻で、幾つもの法を犯しています。

① 国務長官用のメールを私用に使ったこと。

② そのメールを使って、莫大な献金をしてくれた某国に対して、
  有利な情報提供をした可能性があること。

③ ヒラリーがISISの資金提供者であることを示すメールが、
  ウィキリークスによってリークされました。
  ウィキリークスが開設以来10年間にわたりリークしてきた情報、
  全て100%真実であることが確認されています。


2011年リビアに降り立つヒラリー、
その右にいるのはカダフィ暗殺要員(アフガニスタン人)彼らが母国に帰った時、
タリバンによって全員殺された。口封じのためにヒラリーが命令。
そしてリビアの金2兆4千億円を強奪。その金でシリア反政府軍に資金援助、
イスラム国を作った。大使は惨殺された、
https://twitter.com/kininaru2014111/status/794573430737682432




④ その他、極めて都合の悪いメールは、即座に削除された形跡があり、
  その内容についても捜査対象になる事は明らか。


--------------------------------


管理人

結論として、もし仮に、ヒラリーが大統領に選ばれたとしても、
その先で、弾劾が待ち受けることになります。
大統領権限を使って、その弾劾に拒否権を行使したとしても、
アメリカ国民が、それに納得しないだろうと予想されます。

一方的大差でヒラリーが大統領になったのならともかく・・、
これだけ僅差の接戦で争われた大統領選であるならば、
アメリカの国家をあげての大問題になるのは必至です。
そして、ヒラリーは三日天下に終わる公算も無きにしも非ず。

そうなると、ドルも株価も米国債も暴落することが予想されます。
もし、こういった情報が、巷に流れているとしたら、大統領選挙の代理人は、
果たして、それでもヒラリーに票を入れるでしょうか?
一部に、離反する代理人が出ても全くおかしくありません。
もっとも、例によって不正選挙をやられれば、ヒラリーが選ばれます。

しかし、もしかすると・・・
ヒラリーが、以上の難題を乗り切れなかったら
いずれトランプアメリカ大統領誕生の目も考えられる訳です。

このような経緯を見ますと、どの道、今年から来年にかけて、
アメリカは大荒れになる可能性が出て来ました。
そこから、何が出て来るのか、怖ろしい一面も秘めています。
そして、その影響は、植民地である日本はモロにかぶる事になるでしょう。

こういった一連の出来事さえも、シナリオであることも考えられますが、
アメリカ全土に国家非常事態宣言が出ないことを祈ります。






お知らせ

メルマガ読者の皆様へ

数日の内に、メルマガ第25号を配信する予定です。

10月31日に、メルマガ第24号を配信しました。
まだ届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。

『大麻の真実~国民は何も知らない!』



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/


第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

この1年間で最も重要な記事になると思います。
ガンの元になっている大元を何とかしなければ、
いくら食事療法、温熱療法、電子治療をしても
その効果は半減以下になってしまいます。
その一番効果的な処方を記事にしました。









. 温故知新~1,000年前の目薬、抗生物質よりも効果あり

温故知新~
1,000年前の目薬、抗生物質よりも効果あり







2015.04.13
1,000年前の目薬、抗生物質よりも効果あり:MRSAへの実験結果


1,000年ほど前の英国で使われていた目薬を再現したところ、
抗生物質が効かないMRSAを殺菌する効果があることがわかった。

1,000年ほど前に英国で使われていた眼の感染症の治療薬に、抗生物質が効かず、
院内感染症の原因となる現代の「スーパーバグ」、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌
(MRSA)を殺菌する効果があることがわかった。

ノッティンガム大学でアングロサクソン研究を専門とする英語学科のクリスティーナ
・リー博士と、微生物学者のフロイア・ハリソン博士が中心となったこの研究では、
古代の薬を研究する「AncientBiotics」プロジェクトの一環として、
10世紀にものもらいなどの一般的な眼の感染症の治療に使われていた軟膏が再現された。

この軟膏は、大英図書館に保管されている古い医学本『Bald’s Leechbook』に
記載されていたものだ。
ワイン、ニラ、ニンニク、牛の胆汁といった効き目のありそうな成分を
混ぜ合わせてから、銅の鍋で9日間発酵させてつくられる。

もっとも、リー博士がUK版『WIRED』に語ったところによれば、
成分の細かい分量が記載されていなかったため、当初は薬を正確に再現するのが難しく、
試行錯誤を重ねる必要があったという。

軟膏の完成後、ノッティンガム大学での体外(in vitro)実験、
テキサス大学でのマウス実験を経て、現代の病原菌に対する実験が行われた。
その結果は、リー博士の言葉を借りれば「まさに驚くべきもの」だった。
現代の病院内で蔓延するMRSAを殺菌する効果が、従来の抗生物質よりも高かったのだ。

この軟膏の殺菌力は目を見張るもので、投与後に生き延びた細菌細胞の数は、
1,000個中わずか1個程度だった。

ハリソン博士の研究結果によれば、この軟膏には「自己殺菌」効果があり、
発酵期間中の軟膏に細菌がさらされると、約90%が死滅するという。


この研究では、MRSAが全滅しなかった場合でも、
この軟膏により細菌細胞間の情報伝達(クオラムセンシング:自分と同種の菌の
生息密度を感知して、それに応じて物質の産生をコントロールするしくみ)が
阻害されることが明らかになった。
これにより、細菌どうしが連動して感染組織を攻撃するのを
食い止められる可能性があるという。

ハリソン博士はこう語っている。
「厳しい条件のもとでも実験を行いました。
この実験では、人工的な『感染』を拡大させ、『バイオフィルム』と呼ばれる
密度の高い成熟した細胞群を培養しました。
バイオフィルムでは、個々の細胞がひとつにまとまり、ねばねばした被覆膜を
形成するため、抗生物質が細菌に到達しにくくなります。
ところが、現代の多くの抗生物質と違って、Bald’sの眼軟膏は、
そうした細菌の防御を破る力をもっていたのです」

この軟膏が人間に効果があるかどうかはまだわからない。
ハリソン博士は2015年3月30日にバーミンガムで開催された
「Society for General Microbiology」学会で研究成果を発表し、
さらなる研究のための支援を募っている。


<引用終わり>
---------------------------------------------


管理人

今日は、朝からずっと自室に閉じこもっていました。
そして、10時間ほど、様々な情報を見て回りました。
ところが・・・記事にしたいものが見つかりません。
どうやっても記事を書けない時ってあるんです。

ここ数年で、私の感覚の何かが変化した事を感じる時があります。
人にとって本当に大切な情報というものが、直感的に感じ取れるように
なったのかもしれません。
その他のどんなに人気が出そうな情報にもあまり関心を示さなくなりました。
巷では、大して大切とは思えないものに人気が集中している様を見るにつけ、
私の何かが大きく変わったせいかもしれないと思うようになりました。

今この時・・・
日本国民の多くの生命や財産が危機に晒されている時に、
伝えるべきことは、自ずと、ある程度、限られてきます。

思い出しました・・・
例の~津波に飲まれた悲劇の大川小学校~の一件。
非常に危険な状況下の最中に、議論や派閥闘争をしていた教師達。
それで、子供たちのほとんどが尊い命を失う羽目になってしまった。
私には、多くの人が、その類いの議論で盛り上がっているとしか思えないのです。

沈み行くタイタニック号の船の中で、明日の商売の話をしているのと
何等変わりはないと・・・私には思えて仕方ありません。
だからといって、そのような議論を否定するつもりは毛頭ありません。
色んな議論があっていいと思っています。
ただ、自分には、そのような余裕が無くなったというだけの話です。
私は、その類いの議論の輪の中に入って、ピーチク・パーチクやっている
時間的な余裕は無いのです。
ブログだけではなく、メルマガも控えていますしね。


さて、本題に入ります。

1,000年ほど前の英国で使われていた目薬が、実は大変素晴らしいもので
あった事が研究の結果、明らかになりました。
温故知新という言葉は、こんな時の為にあると思ったのは私だけではないと思います。

ワイン、ニラ、ニンニク、牛の胆汁・・・・・9日間発酵。

先ず、ワインには生きた酵母菌が存在しています。
この酵母菌によって醗酵させるという事だと思います。

ニラ、ニンニクには、殺菌効果と精力増強効果が謳われています。

問題は、牛の胆汁なんですが・・・
胆汁の酵素パワーでシミや頑固な汚れを落とすそうです。
牛の胆汁を原料に混ぜた石鹸はかなり有名です。
但し、動物愛護的には同意しかねますが、この件は割愛します。
特に血液汚れに良く効いて分解能力はかなり高いことが分かります。

これ等を9日間発酵させることで、何がどう変わるのかは、
化学者の人に訊いて見るしかなさそうですが、しかし、
ねばねばした被覆膜を形成した細菌の防御を破る力というものは、
牛の胆汁の効果だろうという事は、おぼろげながら理解出来ます。

その上で、ニラ、ニンニクなどの殺菌効果が働くものと考えられます。
醗酵菌というものは、これ等の細胞や酵素を保存・強化しているのかもしれません。
無論、それだけではありません。
人の細胞と大変親和性がよく、細胞そのものを活性化させていると考えられる訳です。


メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』 ~より

つまり、その細胞自身が危機的状況を察知して、自らが生き延びようと
した結果、細胞の初期化が起こったと考えられます。
細胞とは・・・命とは、本当にすごいものです。
我々が、奇跡としか考えられないような事を日常的に行っている
訳であります。

但し、細胞単体だけでは無理だったと考えています。
そのような、劇的変化には、共生している微生物の存在無くしては
到底、無理ではないかと考えられます。

発酵とは、微生物の働きで有機物が分解され、特定の物質を生成する現象。
狭義には無酸素状態で糖質が分解されること。
生物体はこれにより必要なエネルギーを獲得する。

細胞が、劇的変化を起こせるには、このエネルギーと細胞が持っていない
特殊な酵素が必要になって来ます。

驚くなかれ、有用な微生物は、日常的に、この二つを行って
細胞を助けているのです。
とにかく、微生物のパワーはとてつもなくすごいです。
まさに、人知れず“奇跡”を普通に行っているのです。

この微生物の人体に占める割合は、なんと何キロもの重さになります。
単に、身体にバリアを張り巡らして悪玉菌から護ってくれているだけでは
無いのです。
細胞と微生物が一緒になって、初めて生命としての輝きを放つのです。

ガンになった人が、食生活や生活習慣を変えることによって
ガンが小さくなった、消滅したというのは、この微生物群の奇跡の力に
よるところがかなり大きいのではないでしょうか。

STAP現象の最大の秘密は、このSTAP細胞培養液にあったと
私は確信しています。
この培養液無くして、STAP現象は起こり得なかった。
無論、細胞の初期化も起こるはずも無かったと思っています。
微生物のいないところに、奇跡は起こらないのです。

これが、STAP細胞の最大の秘密であると思います。
この事実を闇の権力者たちが、最も隠そうとした部分です。
残念ながら、ほとんどの人が、その真相に気づいていません。

このSTAP細胞培養液の大変素晴らしい作り方を日本全国において
講演で広めている方が、〇本市の〇〇仁さんです。
ところが、この〇〇仁さんの講演には、毎日のように、
公安が張り付いているそうです。
STAP細胞と結び付けられて、変な話をしないか見張っているのでしょう。

結局、人体の中で、善玉菌と悪玉菌が勢力抗争をしています。
悪玉菌が増え続ければ、当然、病気やガン・白血病になってしまいます。
我々は、自分の大切な身体に、善玉菌の援軍を送ってやらなければならない。
そうする事によって、難病やガン・白血病から生還出来る大きなチャンスが
芽生えて来るのです。

このSTAP細胞培養液の正体は、玄米乳酸菌です。
しかも、最高度に洗練された乳酸菌です。
巷に拡散されている玄米乳酸菌の作り方では、活性力の弱いものしか
出来ないのだそうです。
つまり、玄米と粗塩と黒砂糖を一定の割合で調合して、あとは放置ってやつです。
放置していれば、徐々に日和見菌も出て来ます。
それだと、純正の素晴らしい万能酵母液は出来ないのだそうです。


<引用終わり>
---------------------------------------------


管理人

ワイン、ニラ、ニンニク、牛の胆汁・・・・・9日間発酵。

ワインに変えて、万能酵母液、若しくは、酵母の生きた本物のお酒を使う。

ニラ、ニンニクは、どこにでもあります。

牛の胆汁に変わるものは何でしょう・・・?
牛を犠牲にするのは可愛そうです。
きっと、その酵素に変わるものは見つかるはずです。

つまり、今回の軟膏に代わるものは我々に作れる訳です。
目薬としてだけではなく、タチの悪い細菌やウィルスに効果が期待出来る
処方箋として、将来に大きな希望が生まれるのではないでしょうか。

冒頭の引用記事は、以上の大きな示唆を与えてくれるものと判断しました。
様々な耐性菌やウィルスを駆逐するのに有効であるだけではなく、
ガン・白血病にも効果が期待出来ると、私は考えています。
一番素晴らしいのは、誰にでも作れるという一点にあります。
健康飲料としてなら、誰にも文句を言われる筋合いはありませんものね。






お知らせ

メルマガ読者の皆様へ

10月31日に、メルマガ第24号を配信しました。
まだ届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。

『大麻の真実~国民は何も知らない!』



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/


第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

この1年間で最も重要な記事になると思います。
ガンの元になっている大元を何とかしなければ、
いくら食事療法、温熱療法、電子治療をしても
その効果は半減以下になってしまいます。
その一番効果的な処方を記事にしました。




Titanic ~ Celine Dion








. 8日のアメリカ大統領選挙~本選の結果は既に決まっている!?

8日のアメリカ大統領選挙
~本選の結果は既に決まっている!?








支持率が再び接近している
http://enjoyjazzlife.com/presidential-election-final

それぞれの候補の支持率ですが、

10月22~23日の調査では、
クリントン氏:50%
トランプ氏:38%
と12%の開きがあったのですが

ここに来てワシントンポストの調査では
クリントン氏:46%
トランプ氏:45%

とわずか1ポイント差までトランプ氏が肉薄してるとの報道もあります。

(*支持率は調査機関によって差があります)

追記:11月2日夜のニュースで

トランプ氏がついに僅差だがクリントン氏を上回ったとのニュースが流されました。

(このニュース・ソースはABCニュースワシントン・ポストとのことです)




http://ameblo.jp/64152966/entry-11496123652.html


管理人

ABCニュースとワシントン・ポストが、
トランプ氏がついに僅差だがクリントン氏を上回ったと・・・
先ず、これに驚きました。

クリントン氏のバックは、ロスチャイルドらしい。
https://twitter.com/syuugoro2/status/795110647138615296

そのロスチャイルドの傘下にあるのが、ABCニュースとワシントン・ポスト。
選挙における支持率なんてものは、大抵、作為的なものです。
ある程度の事実を元に、それにサジ加減を加えて捏造するのが真相です。

ロスチャイルド⇒ABCニュースとワシントン・ポスト⇒クリントン
以上のような構図が出来上がっていますので、余程の事がない限り、
この二つのメディアが、トランプ氏の優位を伝えることは考えられないのです。

ここの部分が、一番の謎であり疑問点です。

何故・・・
どうも、ここに今回の米大統領選を取り巻く背景の闇を読み解く鍵がありそうです。

一つ考えられる事は、実際には、トランプ氏がヒラリー・クリントンを
大きくリードしている可能性を疑います。

もう一つはあるとすれば、それは何かという素朴な疑問点。
何でしょうか・・・
これが分かる人は、相当な政治通ですが、
あまりにも多くの情報が乱れ飛んでいますので、非常に分かりにくいです。

考えられる事は、FBIによるヒラリー・クリントンのメール問題で、
裏で司法取引があった可能性も考えられるものの一つです。
このたび、FBIはヒラリーのメール再捜査を封印しました。
通常、有り得ないことが起こりました。
圧力があったとも考えられますが、もし、ヒラリーが大統領になったら、
メール再捜査を指揮したFBI関連職員は、ただでは済みません。
クビになるだけで済むかどうかといったところです。

にも関わらず、メール再捜査をFBIが封印した事実を考えれば、
裏で何等かの取引があったとしか考えられないのです。
その取引の内容を是非とも知りたいものです。

恐らく、公開されたら余程、困る内容のモノがあったものと推察されます。
同時に、周囲に困る連中がたくさんいた可能性を疑わせます。
無論、ヒラリー本人が一番困るのは間違いのないところです。
https://twitter.com/kininaru2014111/status/793437347245203456


メール再捜査を指揮したFBI関連職員のほうにもバックはいたはずです。
暗殺されないように強力に擁護出来るだけの大きな存在ですが、
一説によると、トランプ氏のバックには、デヴィッド・ロックフェラーが
ついているといった話が出ています。
これは、副島隆彦氏の情報ですが、真偽のほどは定かではありません。
http://www.asyura2.com/16/cult17/msg/235.html


何しろ、ヒラリーは、不都合な人物を暗殺しまくっているようですから。
https://twitter.com/kininaru2014111/status/794573430737682432





プーチンは、ヒラリーが大統領になったら、
我々はアメリカを核攻撃して破壊する、と警告しました。
ロシア人について分かっていることは彼らにはユーモアがありません。
彼らはストレートに思ったことを発言します。

https://twitter.com/kininaru2014111/status/794564243609698305

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51985934.html





管理人

結局、ヒラリーが大統領になるというのが大方の見方ですが、
結果は、明日の8日に判明します。
もし仮に、不正選挙でヒラリーが大統領に選ばれたとしても、
そのまますんなり収まるかどうかは分かりません。
もしかすると、あっと驚くようなシナリオが用意されている可能性すらあります。
11月と12月は、皆さんに、警戒を呼びかけておきます。

昨日、ある知り合いの男性とお会いしたのですが、
私のブログを見たいと言われたので、アクセス方法を教えました。
「光軍戦士」と書き込んで検索すれば簡単に出て来るはずなんですが、
I.フォンで、一応、説明画像に辿り着いたのですが、しかし、ブログ画面には、
幾ら、アクセスしようとしても固まってしまうのです。
そして、全く別のサイトに飛んだりしました。
最後には、画面が全てまっ黒くなり、とうとうブログにアクセス出来ませんでした。

お相手の男性は、「これって・・・相当ヤバイんじゃないの。。。」と言いました。
そして、他のサイトにアクセスしても、こんな事は絶対に無いとも言われました。
つまり、アクセスが意図的に規制されているということらしいです。
以前から、ブログ読者の何人かの人から通報をいただいていましたが、
実際に、目の前で見せられるとは思いもしませんでした。

ここ最近、ブログにしろ、フェイスブックにしろ、ツイッターにしても
締め付けや規制が、以前より強くなっていると感じさせられる事が多いです。
また、それは他の著名な方からも同様の発言が見られるので、
恐らく、事実の可能性が高いと思います。

真実の拡散が妨害されています。
酷いのになると、『危険で有害なサイト』に指定されています。
その表示と共に、それでもアクセスしますか???・・・と。
これをやっている連中こそが、最も危険で有害なんだよ。
どこまでいっても、カルト支配の国・ニッポン!

心あるサイトへのアクセスを妨害し、アクセス数を大幅に減らす。
本人のやる気を失わせる意味においても絶大な効果をもたらす。
私の本記事に仕込まれるスクリプトも大変に気になる作為です。




http://paro2day.blog122.fc2.com/blog-entry-775.html



http://did2memo.net/2013/03/28/twitter-says-your-domain-is-malicious-site/





お知らせ

メルマガ読者の皆様へ

10月31日に、メルマガ第24号を配信しました。
まだ届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。

『大麻の真実~国民は何も知らない!』



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/


第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

この1年間で最も重要な記事になると思います。
ガンの元になっている大元を何とかしなければ、
いくら食事療法、温熱療法、電子治療をしても
その効果は半減以下になってしまいます。
その一番効果的な処方を記事にしました。












. 東日本の老化を超促進させる放射能毒に対抗するNASA開発の宇宙ドリンク『AS10』

東日本の老化を超促進させる放射能毒に
対抗するNASA開発の宇宙ドリンク『AS10』







始めに

今回の記事は、放射能汚染された東日本の中でも
特に、若い女性の皆さんには必見の記事です。


尚、次回の★メルマガ25号では、今回の続編で、
更に重要な生き抜いていける記事を配信します。

★メルマガ25号

『 放射能やガンを駆逐して生き抜く知識とサプリメント 』


つい最近、博士号を持つ化学者の人に、メルマガのアドバイザーに
なってもらう事になりました。
今後、メルマガのより質的レベルの向上に寄与していただけると思います。


*******************************************************



玉手箱を開けてしまった日本人 急激な老化が進行中
http://www.asyura2.com/15/genpatu42/msg/183.html

「私が放射線作業の現場で見た、もっとも恐ろしい光景は、
作業者の凄まじい老化現象だった。
十年以上もガンマ線RTを撮影してきた人たちは50才で
70才くらいに見え、歯も抜けて全身ボロボロだった。
ガンマ線浴びると体内水分に大量のフリーラジカル(活性酸素)
生成、これが血管内壁破壊、細胞を老化」


「私は事故直後から、福島県の若い女性達が最初に
逃げ出してゆくと指摘し、実際にそうなっている
理由は何か? 放射線老化現象である 被曝地では
通常の数倍の老化が起きる
これはX線非破壊をやってた連中を観察して
思い知らされたことだった
女性は老化する自分を見て恐怖し、逃げ出したのだ」


-----------------------------------------------------



★阿修羅♪~さんより
http://www.asyura2.com/13/genpatu34/msg/759.html

AS10というアメリカ発のサプリメントがあります。
日本のサイトでは、軽く、宇宙飛行士の放射線対策に開発された、
と一言述べられていますが、もっぱら美容に効くとして紹介されています。


①「宇宙の美容ドリンクAS10で肌年齢をリセット  2012-10-11」
http://ameblo.jp/tinkbeauty/entry-11377033470.html


②「肌のしわ、しみを、わずか4か月で改善してくれるドリンク  2012-6-1」
http://www.gigamen.com/nasa-space-drink-helps-reduce-signs-aging-study-shows.html


③「肌年齢が10歳若返る?! NASA開発の宇宙ドリンク『AS10』とは【話題】
2012-10-11」
http://news.livedoor.com/article/detail/7035184/


④「NASAの宇宙ドリンクに若返り効果、肌の自己修復力アップ 2012-6-3」
http://www.afpbb.com/articles/-/2881463?pid=9034506

----------


その成分はメーカーによると次、イギリス支店のサイトから、
http://www.as10.co/downloads/as10-life-facts.pdf

google翻訳では成分表は消えますが、Ingredients(成分)の表を見ていただければ、
巷の総合ビタミンミネラル剤にも含まれている成分が書かれています。

製品の特長(Product Features)の項には、 (訳はすべて投稿者の拙訳)

『この製品は、宇宙飛行士団が使用する完全な日常的マルチビタミン剤として、
アメリサイエンセズとNASAとジョンソン宇宙センターが協力して共同開発しました。』
とあります。


また、イギリス支店のサイトには次のようなことが、説明の一部を訳してみると、
http://www.as10.co/astronauts-test-supplements.html

『ヒューストンを根拠地とするアメリサイエンセズ社とNASA/ジョンソン宇宙センター
(JSC)との4年近くの共同研究の結果、あるNASA上級医官は次のことを認めました。
研究の結果得られた2つの栄養サプリメントの処方が、
宇宙空間で宇宙飛行士たちにより使用されテストされました。

それは、2009年5月11日の任務STS-125と2009年7月15日の
任務STS127においてでした。
そして現在、国際宇宙ステーション上で使用され試されています。

・・・さかのぼること2005年秋、アメリサイエンセズ社とNASA/JSCとの間の
宇宙法契約に始まり、この共同研究の努力は現在、臨床地上研究とともに
飛行中でのテストへと進んでいます。
研究結果の処方の安全性と効果を確かめようとしています。

・・・・

アメリサイエンセズ社とNASA双方の専門家による数年間に及ぶ準備と研究は、
スペースシャトルと国際宇宙ステーション上で、抗酸化物質と総合ビタミンから
なる処方を使用し試すに至りました。
これらの処方をスペースシャトルの任務STS125で使用し試し始めたことは、
上に述べた研究にとって重要です。
なぜなら、ハッブル宇宙望遠鏡を修理するというこの任務は、
特別な生理学的挑戦を与えたからです。
船外活動が長引き、さらに望遠鏡の軌道位置が高かったために、宇宙飛行士は、
以前より高い放射線レベルと他の医学的懸念から、より高いリスクにさらされました。』

チェルノブイリや福島については何も触れられていませんが、
最初に挙げた日本のサイトとはずいぶん違います。

-------------

で、成分表が載っていたページの最初に挙げられている参考文献を検索すると、
次のpdf文書が見つかります。
これは、google翻訳で見てください。妙な日本語になりますが、
何を調べているかはわかります。

Antioxidant-Chemoprevention Diet Ameliorates Late Effects of Total-Body Irradiation and Supplements Radioprotection by MnSOD-Plasmid Liposome Administration,
http://www.astronaut-radiation-study.co.uk/radiation-study.pdf

ネズミを被験体として30日で50パーセントが死ぬ量の放射線を浴びせています。
(LD 50/30)
また、
ここでも、被曝量が福島と異なる云々の論議は、この投稿の趣旨から外れますから、
他所でしてください。

高線量で手っ取り早く調べて成分の有効性を見当付け、
あとは宇宙飛行士でテストという流れでしょうか。

マンガンスーパーオキシドディスムターゼをプラスミドリボゾームに入れて
使用していますから、その点は素人が真似はできません。
それなしの実験群もあります。

被曝者の我々が興味を惹かれるのはその成分表でしょうか。

というわけで、日本のサイトからは簡単にはたどり着けないものが出てきました。

-----------

大した差ではないという方もいらっしゃるでしょうが、
ここでNASA astronaut radiationで検索をかけてみると、いろいろ出てきます。
我々市井の日本人が普通は知らされる事はないだろう文書が出てきます。

その一つは、ロスアラモス国立研究所の半分機密扱いのpdfです。
5年ほど前のものです。
ロスアラモスとは、第二次世界大戦時に原爆開発のために設立され、
現在も核兵器やテロ対策関係など軍事研究の中心です。
このpdfは私のパソコンで試したところ、google機械翻訳にかからず、
表はすべて削除されています。

NUTRITIONAL SUPPLEMENTS AS RADIOPROTECTORS:
A REVIEW AND PROPOSAL,
http://www.marspapers.org/papers/MAR98074.pdf

長いので、序文の要約を簡訳してみます。

『科学的な文献はいくつかの次のような報告を含んでいる。

それらが示すところによれば、ビタミンやミネラルや植物化学物質のような栄養素は、
動物を用いた研究によれば、相当な放射線防護効果を与える。

人間の食事にこれらの物質を取り入れることは、人々のかなりの部分がすでに
自発的に実践しているが、他の健康への好ましい効果に加えて、多分それとともに、
放射線防護効果を与えるだろう。

この潜在的な放射線防護効果は放射線被ばくの影響を緩和するために非常に有益だろう。

その被曝とは、職業的放射線被ばく、宇宙飛行士の被曝(特に将来の火星探査)、
飛行機搭乗員の被曝、商業的あるいは政府関係の核施設労働者の被曝、そしてさらに、
チェルノブイリのような核事故で被曝した住民たちのことだ。

この報告書は、栄養サプリメントによる放射線防護効果の現存する証拠(エビデンス)
を再検討し、それらの効果を評価することを提案する。
まずは動物実験の後に人間によるテストを、アメリカとロシアの宇宙飛行士で、
ミーア宇宙ステーションや国際宇宙ステーションのような長期間の任務において。』

3.11の事故後、妙な博士様たちが似非科学あるいはカルトとして否定し続けたことを、
アメリカの代表的軍事研究所とNASAが真剣に追及していました。


<引用終わり>
*******************************************************







お知らせ

メルマガ読者の皆様へ

10月31日に、メルマガ第24号を配信しました。
まだ届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。

『大麻の真実~国民は何も知らない!』



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/


第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

この1年間で最も重要な記事になると思います。
ガンの元になっている大元を何とかしなければ、
いくら食事療法、温熱療法、電子治療をしても
その効果は半減以下になってしまいます。
その一番効果的な処方を記事にしました。












. 今回のアメリカ合衆国大統領選挙が、国家緊急事態への導火線にならないことを祈ります。

今回のアメリカ合衆国大統領選挙が、
国家緊急事態への導火線にならないことを祈ります。







管理人

冒頭に、アメリカ合衆国大統領候補、ヒラリー・クリントンの写真。
私は、この人物は、核のスイッチを押す~押せる人間と直感した。
私の単なる妄想であろうか・・・

従来のアメリカ覇権主義を推進しようとする立場のヒラリー。
一国繁栄主義のトランプ。

主流派のヒラリーと反主流派のトランプ。
トランプは、大統領選における不正選挙の事実を訴え、更に、
911が内部犯行であるといった陰謀を暴露すると脅しています。

ヒラリーのバックは、ペンタゴンやCIAといった戦争屋。
トランプのバックは、一体何なのだろうか???

日本のメディアは、一貫してヒラリー優位を伝えていますが、
現地の本当の支持率は、どうも違うようです。






日本でもお馴染みの不正選挙で、仮に、ヒラリーが勝ったとしても
大変な騒ぎになる事は必至の情勢ですし・・・
また、支持率の通りにトランプが勝ったとしてもただでは収まらない。
911内部犯行を暴露されたら大変困る連中がたくさんいます。
暴露まではしないまでも、検証作業や解明の流れを止めないと思われます。
ブッシュやネオコンの連中がだまっている訳がありません。
アメリカ内部の流れが、犯人達が一斉粛清される可能性が出て来ますので、
選挙に勝利しようものなら、トランプが暗殺される可能性が多分にあります。

つまり・・・
どう転んでも、今回の大統領選挙そのものが大荒れになる可能性を秘めています。
その大荒れの中で、何か大変な事態が勃発するかもしれないのです。
植民地の日本は、モロにその影響を受けます。
いつもの大統領選挙ではありません。
ですから、日本国民は大統領選挙にもっと関心を持つべきではないでしょうか。

私に云わせると、最悪の選択がヒラリーで、よりましなのがトランプと
いう風に捉えています。
しかし、どちらのバックにもユダヤがついているのは相変わらずです。


今回のアメリカ合衆国大統領選挙が、
緊急事態への導火線にならないことを祈ります。
一体何が起こるかは・・・神のみぞ知る???




トランプ氏の演説

「ワシントン体制、金融、メディア、企業の存在する目的は、
彼ら自身を富ませることだ。

力によって世界政府の樹立を目指す文明は、年貢の納め時だ。
これらの者たちは完全に堕落している。クリントン夫妻は犯罪者だ、それを忘れるな」

https://twitter.com/_yanocchi0519/status/794090429478150144




*注 管理人

世界政府=NWOを非難する人物が必ずしも反NWO側の人間とは限らない。
寧ろ、NWOの側の人間である場合のほうが圧倒的に多い。

その意味で、以下の記事は大変参考になります。

前記事続報⇒「これは情報戦争そのものである!」
http://ameblo.jp/64152966/entry-11517185457.html





孫崎 享 ‏@magosaki_ukeru 氏の情報より

11月4日採決をアメリカ大統領選の11月8日以降に先送りした自民党(安倍晋三)

11月1日の予定だったTPPの強行採決を一旦11月4日まで先送りした
政府自民党ですが、今度は農林水産大臣の『冗談』発言で
『11月8日以降に先送りした』と報じられているが、
明らかにアメリカ大統領選(11月8日投票)の結果待ちである。

現在クリントンもトランプもTPPに反対しているが、
クリントンの場合には自分がオバマ政権の国務長官としてTPPを推進していた
立場なので、自民党によるTPP強行採決とはクリントンへの援護射撃の意味なのです。

ところが、ここにきて唐突に腰砕けになるが、この原因として考えられるのが
TPPに絶対反対のトランプ大統領の誕生の可能性の高まりである。
11月8日の結果がクリントン大統領なら問題ではないが、もしもトランプ大統領なら
日本(安倍晋三)はアメリカの顔に泥を塗った(喧嘩を吹っかけた)結果になるので、
にわかに怖気づいた(クリントン勝利の確信が揺らいだ)のである。
TPPの採決をアメリカ大統領選の11月8日以降に先送りした自民党(安倍晋三)
ですが、この動きは誰が見てもアメリカ大統領選と連動している。

<引用終わり>




NBC の非公式サイトは、選挙のまえから、
ヒラリーが勝ったというレポートを掲載したが、
その記事を即座に削除した模様。
つまり、ヒラリーが不正選挙で勝つことを前提にした
記事であった事は明らかである。



シカゴトリビューン紙
民主党はクリントンに候補を降りるよう求めるべきである
http://www.chicagotribune.com/news/columnists/kass/ct-hillary-clinton-emails-kass-1030-20161028-column.html




野呂 美加 さんのフェイスブックより
https://www.facebook.com/noramika/posts/1182596775156004

原文と翻訳が掲載されていますが、
ここでは、翻訳のみ掲載します。


シカゴトリビューン紙の契約レポーターによる真っ当な記事。
取り急ぎ、日本語訳をつけました(読みにくかったらすみません!)ので、
ご参考になさってください。

*******************************************************

民主党はクリントンに候補を降りるよう求めるべきである

クリントン株式会社からにじみ出ている嘘と冷笑の数10年によって、
国務長官時代のEメールについての捜査を再開すると金曜日にFBIからの
アナウンスがあった後でさえ、ヒラリー・クリントンを大統領に選べるほど
アメリカは麻痺してしまったのだろうか。

すぐに分かることだ。
アメリカの政治システムが崩壊しつつあることは明らかだ。
ここしばらく崩壊寸前の状態が続いていていることにエスタブリッシュメント
・エリートたちは気づいていて、適切におびえている。
ドナルド・トランプという卑俗な成り上がり者が政界の入り口にいることは
その症状であるが、原因ではない。
ヒラリー・クリントンと夫ビルが、その原因であり、結果なのである。

再開されたクリントン電子メール調査についてのFBI長官ジェームズ・コーミー
の発表は、大統領選挙戦における爆弾です。 選挙日間近になって発表したのは、
FBIが見ているものが極めて重大であるためと考えられる。

これは、報告されている倒錯者アンソニー・ウィーナーの10代の少女への
性的欲望ついてであるはずはないが、ウィーナーの妻で、クリントン補佐の
ウーマ・アバディンのラップトップ、そして、ウーマとヒラリーとの間の
メールのやり取りについてかもしれない。
FBI調査の後で分かることだ。
クリントンが嘘をつき、国家機密を「無謀」に扱ってきたとコーミーは結論づけたが、
起訴は推奨できないと言った。

それで、民主党は今どうするべきなのか。
与党民主党は、彼らが治めている人々に彼らが課している高い道徳的基準に
彼ら自身を保持するなら、彼らは簡単なプロセスに従うだろう。

彼らは、クリントン氏にすぐに辞退するように要求するだろう。
そして、彼女の副大統領候補、ティム・ケイン上院議員に彼女の代わりに立たせるだろう。
新たな犯罪捜査が彼女が国務長官だった時からの自家製Eメール・サーバー周辺の
事件に及んでいる中、クリントンをホワイトハウスに近づけるのは得策ではないと
民主党は正直に言うべきである。

10月7日以来、ウィキリークスはクリントン・キャンペーン議長の
ジョン・ポデスタからハッキングした35,000通のEメールを公開した。
現在、ウィキリークス(もはや中立不偏のプレーヤーでなく、活発な反クリントン
・エージェンシー)は、あらたに15,000通の電子メールを公開する予定だ。

もし彼女が当選したとしたら、どうだろう? 不景気に苦しみ、中東での混乱は続き、
そして、大統領の犯罪調査に直面している国家について考えてみて下さい。
彼女の手をねじって、ホールをうろついているニクソン支持者として、
議会の調査、および、クリントンの公的ビジョンに追加しなさい。

民主党にとって一番良いのは、彼女に撤退を求めることだ。
彼らにとって、権力より国家が重要であるならば、それは最も責任ある行為である。
そして、公正または公的な精神においてクリントン氏の政治活動委員会として
堅く識別されないアメリカの報道機関は、そのことを要求し始めるべきである。


<引用終わり>



http://ameblo.jp/64152966/entry-11496123652.html




【 株式市場暴落警報発令 】

先行して原油先物市場が崩壊し始めています。
米大統領選、世界金融情勢、季節要因、原油在庫量などから、
原油先物市場はさらに崩壊していく可能性が非常に高いと考えられます。
崩壊の津波はやがて株式市場に波及するでしょう。
https://twitter.com/_yanocchi0519/status/794037594405289984







お知らせ

メルマガ読者の皆様へ

10月31日に、メルマガ第24号を配信しました。
まだ届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。

『大麻の真実~国民は何も知らない!』



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/












. シャワーやお風呂を通して、被曝する科学物質の量は、水道水を飲むより6~100倍多い。

シャワーやお風呂を通して被曝する科学物質の量は、
水道水を飲むより6~100倍多い。






シャワーの害に関するアメリカからのレポート
http://heart.bird.to/shower/report.html

1. 長時間のシャワーは危険である。その有害物質は、高濃度で人体に吸収される。

ボトムライン Dr.ジョンアンデルマン


2. シャワーのお湯から「塩素」と「鉄分」を除去する特別なフィルターを
購入する事を考えなさい。
そのお湯をシャワーから浴槽に入れる事が出来ます。
お湯に含まれる汚染物質の20%~91%は、入浴中及びシャワー中に皮膚を通して、
又は湯気を吸い込む事で、体内に吸収されています。
シャワーの吹き出す力で、水中のクロロフォルムや他の揮発性物質がガスとなります。

著者 IS THIS YOUR CHILD 
ドリス・Jラップ女史ニューヨーク州立大学臨床小児科助教授医師学博


3. 「長時間の温水シャワーは健康を害します」と言う発表が、
カリフォルニア州のアナハイム市で開かれた「アメリカ科学学会」で行われた。
シャワー(及び、程度は少ないがお風呂)は、水道水を飲むよりも、
更に多くの有害物質を人体に浴びせかける。
この有害物質は、水道水から蒸発して浴室外にも拡散し、
そこにいる人々も吸い込む事になる。
これらの人々はシャワーとお風呂から「飲料水の6~100倍の有害物質」を浴びている。

ニューサイエンシスト イーアン・アンダーソン


4. 塩素ガスは、熱いお湯に溶けにくく、空気中に拡散されるため、
残留塩素は結果的に減少する。
シャワーや入浴の時に、時々塩素の臭いを感じるのは塩素ガスとなって、
浴室に充満するからである。
人間が普通、塩素を感じる濃度は、3.5ppmと言われているので
その時点で浴室内はそれ以上になっている事になる。
10分間で致死量となるガスの濃度は600ppmであり、
3~20ppmの濃度に、15分~30分間さらされると重大な病気を起こす原因となる。

こうした点からも、たとえ極めて微量な塩素ガス(普通の入浴及びシャワー)で
あっても規則的にさらされる事は「灰の酸素供給を減少させる」事になる。
又、連続的に塩素処理水に浸る事は、塩素の酸化力によって皮膚の老化を
促進する事になり、太陽に長くさらされているのと同じである。
更に言えば、塩素は細胞の老化を早める事によって、
紫外線による皮膚の老化を事実上促進している。

ネイチャー&ヘルス Dr.ロナルド・S・ローラ ニューキャッスル大学教授


5. 塩素殺菌は、「飲料水を原因とする伝染病」から人間を開放したが、
1970年代半ばになって、この塩素が「飲料水中に発癌物質を作り出す可能性がある」
と言うことを科学者達が発見した。
アメリカ人の80%が塩素殺菌した水を飲んでいるが、これらの塩素殺菌水は、
食道癌、乳癌、喉頭癌及びホジキンシ病等の高い発生をもたらす。
シャワーとお風呂からは、揮発性有機物質が蒸発してでてくる可能性がある

消費者レポート


6. シャワーを浴びる事は、水道水中の塩素によって高い濃度のクロロフォルムを
浴びると言う疑問がある。

環境保護局 (EPA)Dr.ランス・ワランス


7. シャワーを浴び、お風呂に入っている間に、人間が肌を通して吸収する化学物質に
対して最近の研究は疑問を投げかけている。
皮肉な結果だが、水道水の細菌に用いられて塩素は、発癌性物質との関連が疑われている。
塩素殺菌水を飲むアメリカ人10人のうち、7人は長い期間にわたる場合の安全性を
疑問視しており、「膀胱癌の発生については、2倍のリスクがある」とも言われている。

USニュース&ワールドレポート


8. アテローム動脈硬化と心臓発作の原因は、飲料水中の塩素以外何物でもない。

Dr.J.M.プライズ


9. ピッツバーグ大学の水質科学の教授は、
「シャワーやお風呂を通して、被爆する化学物質の量は、
水道水を飲むより6~100倍多い、研究所内に実験のシャワールームを設置し、
15分間シャワーを出し検査した結果、呼吸によって吸収される揮発性汚染物質の量は、
1㍑の水道水を飲んだときに摂取される量と同じであった。」と言われています。

シャワーを浴びる事による化学物質はお風呂よりも多い。
なぜなら、シャワーヘッドで細かく水滴にされる事で水の表面積がより広くなるからである。

サイエンスニューズ130号 ジャネット・ラルフ


<引用終わり>
-------------------------------------------


シャワー浄水器
http://cdcreation.grupo.jp/blog/1516072

首都圏に住むほとんど99%の人が放射能汚染の事を真剣に考えてない現状は
決して偶然ではありません。
それでも飲み水に気をつけている人は一定数おりますが、
シャワーや風呂の水は完全に盲点でした。
それに私が気がついたのが去年の8月です。
2011年からずっと測定をやってきて本当に恥ずかしい限りです。

シャワーで洗髪をしている時に髪の毛が多く抜ける事に気がついて、
シャワーヘッドに入れてあったゼオライトを思い出し、
それを測定した時に驚愕の事実を知りました。
通水量はわかりませんが、シャワーヘッドに入れてあった
たった 7.4g のゼオライトからセシウム 1,434Bq/kg を検出しました。


今回発売するシャワー浄水器とまったく同じ条件で10日間のテストを行いました。

セシウム総量 49.28Bq/kg 参照

単純計算で10日間でセシウム約50ベクレルと言う事は、100日で500ベクレルです。
しかも驚くべき以下の記述を見つけました。

ピッツバーグ大学の水質科学の教授は、
『シャワーやお風呂を通して、被曝する科学物質の量は、
水道水を飲むより6~100倍多い。』

サイエンスニューズ130号 ジャネット・ラルフ
*参照:シャワーの害に関するアメリカからのレポート
http://heart.bird.to/shower/report.html

もしこれが事実だとしたら、しばらくは何ともないかもしれませんが、
長期的に被ばくし続ければ、取り返しのつかない程、
人体に深刻な影響を受ける可能性があります。
首都圏に住むほとんどの人が気がついてない驚愕の事実です。
首都圏の全ての世帯に取付けて頂きたいという願いを込めて
開発に真剣に取り組みました。

どうか水道水のセシウム汚染の事実から目をそむけないで下さい。
知らない人に教えてあげて下さい☆
数が普及すればコストが下げられます。
Cs-137は半減期が30年、300年経っても完全には消えません。
感情に流されずに現実のみをみて判断して欲しいと願います。
全国の方に是非使って頂きたいと思います。


<引用終わり>
-------------------------------------------


ゼオライトに関する注意事項

天然鉱物の「抗がん剤」は、罹患していなかった人にもがんを引き起こす危険性
https://jp.sputniknews.com/science/201608262693000/

かつてNATOの戦闘機はコソボで劣化ウラン弾を撃ち込んだ。
その放射性物質をコソボに埋蔵されている鉱物、ゼオライトはスポンジのように吸収した。
皮肉な話だが何を隠そう、このゼオライトは抗がん剤として人気がある。

今日、一連の鉱物は人体の健康に極めて有益な効果を持つという信仰が広まっている。
セルビアは、このような信仰の的になっている鉱物の1つであるゼオライトが非常に
豊富にある数少ない国の1つだ。
セルビアではゼオライトは薬局や、健康的な食べ物が売っている店、
もしくは単に道端で手に入れることができる。
しかし、スプートニクによって実施された小さな調査によって、
ゼオライト入りの薬は薬局で買ったものでさえ安全とはほど遠い可能性がある
ということが示された。
ベオグラード大学物理化学学部のボリフ・アドナジェウィチ教授は
スプートニクと対談し、次のように述べた。

「私はあるとき動物の餌の添加物としての天然ゼオライト使用についての
実験に参加したことがある。
実験は3年続いたが、結果は極めて驚くべきもので、ゼオライト使用放棄を余儀なくされた。
たとえば、豚100匹中20匹が120キロの体重に達したのに、
その豚たちには1グラムも脂肪がなかった。
そのかわり、全ての豚に腎臓結石が見つかり、毛が全て抜け始めた。
そして何より悪いことに、この効果は遺伝を通し受け継がれたのだ」

主な危険性は、
「奇跡の天然物」が実は放射性物質である可能性があるということにある!

アドナジェウィチ教授は次のように説明する。
「ゼオライトはイオン交換能を持つ。
つまり、さまざまな物質を分離し、吸着することができる。
コソボでの劣化ウラン弾を使った軍事作戦のせいで、土壌と水は汚染されているが、
ゼオライトは全ての有害物質を吸収するのだ。
ところで、チェルノブイリ原発事故による汚染処理のためにゼオライトが使われていた。」


<引用終わり>
-------------------------------------------


管理人

ゼオライトに多くの注目が集まる中、以下の事に注意されたし。

★ 産地がどこかを必ず確かめなければならない。

場所によっては、そのゼオライトそのものが、既に汚染されている可能性がある。
外国由来のもの・・・どこの国のどこの地域から産出したものなのか?
日本のどこから産出されたものか?

日本国内の多くの人が、そこの重要ポイントに気づいていません。
汚染されたゼオライトを購入して喜んでいるようでは駄目です。

水溶性ケイ素~ケイ素食材の原料の由来についても調べる必要があります。



http://sinsei-zeolite.co.jp/zeolight/index.html


お知らせ

メルマガ読者の皆様へ

10月31日に、メルマガ第24号を配信しました。
まだ届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。

『大麻の真実~国民は何も知らない!』



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/


第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

この1年間で最も重要な記事になると思います。
ガンの元になっている大元を何とかしなければ、
いくら食事療法、温熱療法、電子治療をしても
その効果は半減以下になってしまいます。
その一番効果的な処方を記事にしました。






. 理由は・・・子どもが成人するまで生きられないから!

理由は・・・
子どもが成人するまで生きられないから!







自然放射能と人工放射能の身体に与える影響の違い
http://ameblo.jp/momandearthorganics/entry-12212623295.html

自然放射能と人工放射能を同じだという人たちがおりますが、
ここにそれが間違いである事が明確に記されていますので、
ぜひ参考にされてください。

福島原発による内部被害を避けるには、内部被害がどれほど身体にだメージを
与えるのかを知る事は一番重要になります。
それがわかってできる努力をされている方と、
何もされていない人には今後大きな違いが出てくるでしょう。


ベラルーシーでは気をつけなかった人から死んでいったと言われています。

また先日、このようなメッセージを受け取りました。

NZの友人経由で聞いた話です。
こちらで、ベラルーシ出身の方と話をする機会があったそうですが、
学校を卒業したらまず結婚、出産してから働くのが
今では一般的な流れになってきてるそう。
理由は、子どもが成人するまで生きられないから、だそう。


<続きは本文よりご覧下さい。>
-----------------------------------------



米国がばら撒いた「免疫不全」マイコ生物兵器
http://ameblo.jp/64152966/entry-12214840710.html

10月31日の以上の記事に寄せられた読者の方からのメッセージより


長野の読者の方からの通報です。


wanton 様

何時も貴重な情報を有難う御座います。当方長野県に在住する者です。
昨日のブログのことで当方も思い当たることがありますのでメールしてみました。
今年春から夏にかけて池や沼に大量の藻が発生いたしました。
気象あるいは放射能汚染も関係しているのかなど考えてみましたが
藻は通常池に発生するような普通の藻が大量に発生しているのです。

そこで藻が発生している家の池の水と数キロ離れている大きな沼の水を
ある機関で測定してもらいました。
水系も状況も違う二つの水で共通していたのは自然界には存在しないバクテリア
マイコプラズマ ファーメンタンス の検出でした。

ケム雲も気にはなっていましたがあらためてなるほどと納得した次第です。


-----------------------------------------



メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

今日、汚染の大変厳しい地域の方と携帯でお話しました。
玄米酵母液で作った『豆乳ヨーグルト』を作っていらっしゃって
その素晴らしい効果を実感されているそうです。
今現在ある腫瘍にも大きな改善が期待出来ると話されました。

恐らく、西日本の人や汚染度の弱い地域の人には、この実感が
到底理解出来ないだろうとおっしゃっておられました。


-----------------------------------------


メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』

現在のカンナビスはヒッピー世代の吸う大麻と比べて、
12倍もの効力があり確実に有害です。
カンナビス種はグローバル化してゆき、種に高い値段がつくようになり、
強いトリップを求め、よりグットタイムを維持できる品種改良が進みました。

日本の大麻農園に生えている大麻は日本古来の大麻で安全で、
健康にも精神にも安全です。
しかし、オランダのように官僚マフィア利権になっているような品種は
吸ってはいけません!
カンナビスは完全に有害ですよ!


次に、以下の動画をご覧下さい。

「医療用大麻」 荒井広幸ふたたび 3/28参院・予算委員会
https://www.youtube.com/watch?v=IOPxCp9eN4k

日本に輸入されている~CBDオイル≒ヘンプオイル≒カンナビスオイル
これらは粗悪品が多いと問題になっているようです。

しかも、ガンを抑制すると云われている大麻の薬理成分である THC は
含まれていないと、当時の塩崎厚労省大臣は発言しています。
それだけではなく、THC を麻薬成分と悪者扱いにしています。

つまり、粗悪品か、THC 抜きの骨抜きになったCBDオイル・・・しか
日本には入って来ていないのが実情です。
日本の皆さんは、この事実をご存知なのでしょうか?
とても有り難がって購入する代物ではありませんね。
それで、更に、大麻の評判を落すのが目的なのでしょうか?
これでは、私はとても買う気にはなれません。


-----------------------------------------



愛すべき名優たち
http://ameblo.jp/64152966/entry-10698763066.html

勝新太郎編 ハワイ逮捕事件

1990年1月、アメリカ合衆国ハワイ州のホノルル空港で下着に
マリファナとコカインを入れていたとして現行犯逮捕される。
逮捕後の記者会見では
「今後は同様の事件を起こさないよう、もうパンツをはかないようにする」
「なぜ、私どもの手にコカインがあったのか知りたい。」ととぼけ通し、
結局誰から薬物を受け取ったかについて、最後まで口を割ることはなかった。

帰国した翌年に日本でも逮捕され、懲役2年6ヶ月・執行猶予4年の有罪判決を受ける。
裁判では「傍聴者」を「観客」と呼び、
客を楽しませる台本まで考えてから出廷したといわれている。


この勝新太郎さん、何かで聞いた噂では、
このハワイでの逮捕から日本に帰国した際に、ふてくされた顔で・・・

「たーいまー」って帰って来たそうで、

それを出迎えた中村玉緒さんは、

思わず、「コカインなさい」ってやらかしたそうな (^O^) 。






お知らせ

メルマガ読者の皆様へ

10月31日に、メルマガ第24号を配信しました。
まだ届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。

『大麻の真実~国民は何も知らない!』



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/


第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

この1年間で最も重要な記事になると思います。
ガンの元になっている大元を何とかしなければ、
いくら食事療法、温熱療法、電子治療をしても
その効果は半減以下になってしまいます。
その一番効果的な処方を記事にしました。









. 津波に飲まれた悲劇の大川小学校~皆さんのご意見を募集します。

津波に飲まれた悲劇の大川小学校
~皆さんのご意見を募集します。








始めに

これは、決して過去の悲劇にしてはいけないと思います。
日本列島の太平洋沿岸部~日本海沿岸部には、
非常にたくさんの学校が無数にあります。
地震大国の日本では、いつでも起こり得るのです。

多くの皆さんのご意見を募集すると同時に、
これを機会に、より多くの人々に考えていただきたいと願います。
取分け、学校関係者や子供さんを持つ親御さんには、
特に考えて欲しい問題として提起します。
無論、自治体・行政は、最優先で取り組むべき問題であると考えます。

学校においては、お預かりしている子供たちの生命を
絶対に護ることは、最低限の至上命題のはずです。
津波に襲われる可能性のある学校は、時々、避難訓練を
すべきではないでしょうか。
起こってしまったら仕方無いでは済まされない話です。


無念にも犠牲になられた多くの皆様に合掌。。。




校庭と裏山は隣接していてとても近い


2016年10月27日11:00

あの日大川小学校で何が起きていたか 津波が迫る中で教師達は権力闘争
http://thutmose.blog.jp/archives/66862393.html

40分の口論

2011年の東日本大震災の後で発生した津波で、
石巻市大川小学校の生徒と教員ら84人が不明になり、
児童の保護者らが起こした裁判の判決がありました。

2016年10月26日仙台地裁は保護者らの訴えを認めて市と県に対し、
約14億円の損害賠償を命じました。

なぜ津波という自然災害が裁判で争われ、
一審判決が出るまでに5年も掛かったのでしょうか。


当初は自然災害が原因と思われていたが、詳細が明らかになるにつれて、
教師らが闘争を繰り広げて、津波からの避難を禁止したのが分かってきました。

地震は2011年3月11日午後2時46分に発生し、
校舎の窓ガラスが割れたり備品が散乱したため、
生徒全員を校庭に集合させました。

この日校長は出張のため不在で責任者がいなかった事で、
指揮命令系統を巡って教師間で大混乱に陥りました。


地震の3分後の2時49分に津波警報が出され、消防団と役場の広報車数台が出動して、
スピーカーで高台への避難を呼びかけました。

広報車を運転した一人は少なくとも2回、大川小学校の前まで行って避難を呼びかけ、
2回目には車を降りて教師らを説得しようとしたが、教師らは耳を傾けなかったという。

生徒を校庭に座らせたまま大川小学校の教員11名は2派に分裂して
避難派と待機派に別れ、果てしない論争を繰り返していた。


大川小学校の100mほど裏には裏山と呼んでいた高台があり、
そこに上って避難するべきだという意見が出された。

だが教師の一人と”自治会”あるいは保護者の一人が
「山に登って生徒が転んで怪我をしたら、誰が責任を取るんだ」と
強硬に反対して責任論を展開した。

このとき現場にいた教頭は最初裏山への避難に同意していたとされるが、
強硬派を説得できずに議論を続けた。



津波に向かって行進させたのは誰か?

強硬派の教師は
「津波は来ないかも知れない。もし津波が来ずに裏山に上って生徒が怪我をしたら、
教頭が責任を問われる」と言って教頭を脅したという証言もある。

さらに強硬派の教師らは避難のために駆けつけたスクールバスに生徒が乗車するのも
禁止し、バスの運転手は最後までバスの中で子供たちを待ったまま、
学校前で津波に飲まれたそうです。

バスに乗車するのを禁止した理由は、全員がバスに乗れないので不公平だとか、
何度も往復したら時間がかかる等の理由を言っていたそうです。


ある子供は避難を呼びかける町内放送が聞こえていて、
広報車が怒鳴っているのも何度も聞こえたので、数人の児童が裏山に駆け出して、
一旦は避難したと証言した。

だが反対派の教師達は山の上まで子供たちを追いかけて引きずり下ろし、
全員を校庭に集めて怒鳴りつけていた。

ある生徒は
「ここに居たらみんなしぬんだよ!何で先生は分からないの」と泣きじゃくり、
ほとんどの生徒が泣きながら怯えていたと証言しました


この間に保護者数人が自家用車で迎えに来たので、
保護者と一緒に学校を出た生徒が何人か居ました。

近所の人たちは皆裏山に上って助かったが、生徒らを裏山に上らせるよう提案しても、
ことごとく教師に撥ね付けられたそうです。

避難を呼びかけていた広報車の運転手は、林の向こうで轟音が聞こえ、
海のほうから津波が押し寄せるのを見ていた。

広報車は大川小のほうに戻って津波が堤防を越えたのを伝えたが、
それからまだ5分間教師らは避難すべきかどうか議論を続けた。


そして地震から約40分後の3時25分過ぎに、
近所の人は教師らが生徒を率いて北上川の方向に歩き出したのを目撃し、
直後に轟音とともに川が決壊するのを見た。

この時ですら行進の最後尾に居た教師と生徒数名は裏山に登って助かっていて、
校庭に居たままだったら津波を見てからでも裏山に登れた可能性が高かった。

校庭と裏山は子供でも数分で上がれるほど近く、
課外授業などで子供たちはしょっちゅう上がっていた。


なぜ教師らが2派に分裂して校庭で口論を続けたりしたのか、
校長不在のなかで教頭派と反教頭派が派閥闘争をしていた疑いが強い。

おそらく反対派の教師にとって避難は口実に過ぎず、
教頭を批判して打撃を与えたかったのではないだろうか。

津波が来ているのを聞いた後で、
生徒を低地の北上川に向かって歩かせた事は人災だと言える。

最後尾を歩いて一人だけ生き残った教師は証言を拒否したため、
保護者や近所の人や生き残った生徒らの証言しか得られていない。








お知らせ

メルマガ読者の皆様へ

10月31日に、メルマガ第24号を配信しました。
まだ届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。

『大麻の真実~国民は何も知らない!』



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/


第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

この1年間で最も重要な記事になると思います。
ガンの元になっている大元を何とかしなければ、
いくら食事療法、温熱療法、電子治療をしても
その効果は半減以下になってしまいます。
その一番効果的な処方を記事にしました。











. プロフィール

z64150528

Author:z64150528
FC2ブログへようこそ!

. 月別アーカイブ
. 検索フォーム
. リンク
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR