光軍の戦士のブログ

. わずか5ヶ月の間に、12人もの医師が、たて続けに死亡や行方不明となった真相とは!?

わずか5ヶ月の間に、12人もの医師が、
たて続けに死亡や行方不明となった真相とは!?






新発見。BLOGさんのサイトより

がん、自閉症、予防接種ワクチンと医師たちの謎の死
http://shinhakken-blog.seesaa.net/article/439585847.html

<転載開始>

2015年、同時期に米国で代替医療の医師たちが突然の不可解な死を遂げました。
この事件は様々の憶測が飛び交い、ある一つの仮説が浮上しています。
それは、現代医療関係者には都合の悪い治療の真実を突き止めた医師たちが
抹殺されたというものです。

このような内容に触れると陰謀論のカテゴリに入れられ、
トンデモ記事になりがちですが、医師たちの行ってきた活動と連続した
不可解な死の事実関連をあなたならどう解釈しますか?


ほぼ同時期に不可解に亡くなった医師の共通点



Dr. ジェフリー・ブラッドストリート 代替医療と自閉症治療のスペシャリスト。



Dr. ニコラス・ゴンザレス 代替医療とがん治療のスペシャリスト。



彼らは現代医療の現実を知り、
今の主流医療法ではないアプローチを推進していた医師です。
自閉症とがんの深い関係について真実を知っていた二人は命を落としました。
この二人に一体どんな関係が?

■Dr. ジェフリー・ブラッドストリートの死■

2015年6月15日、ノースカロライナ川で死体となって発見された。
彼の胸には銃弾跡があった。当局はすぐに死因を自殺と判定。
家族は、どうして自殺する人間がわざわざ川まで行って自分の胸を撃って
命を絶つのか、と他殺を主張。

だが、この死亡事件は非常に不可解な状況のまま片付けられています。

彼の死の前、FDAエージェントと法執行機関が自閉症患者への治療禁止と
GcMAFの研究中止のため彼のクリニックへ捜査が入っており、
使用についての情報収集の為、全ての記録が押収されています。

GcMAFとは?

人間が本来持っているが、体内で眠ったままの状態で働いていない強力免疫細胞
(マクロファージ)を活性化させる史上最強の物質と言われています。
この細胞が体内活動すると、癌、自閉症、ウイルス・細菌、パーキンソン病など
あらゆる病気を治癒するとされ、その治療法はマクロファージ活性化療法と
呼ばれています。
(当然、日米ともに未認可治療です)

日本ではこの治療を取り入れているクリニックがあります。詳しくはこちらのサイト

GcMAFは、薬ではなく体内で生成される自然物質の為、
副作用も殆ど無く安全とされています。
この治療法による研究は1990年代から行われており、
GcMAFに関して多数の報告があります。

ブラッドストリートは、ヨーロッパで生成されたGcMAFを患者に使っており、
この治療法の啓蒙活動を積極的に行っていました。

また、彼は自分の患者にGcMAFを用いた治療結果を科学医学雑誌で発表していました。
実際、医学研究では、末期がん患者に対するGcMAF効果が示されており、
高い効果が証明されています。

彼は、自閉症の子供の血中には高いレベルのNAGALASと言われる
酵素タンパク質があることを発見しました。
これは、がんや自閉症などを治癒できる体内の強力免疫細胞(マクロファージ)を
不活性状態にしてしまう悪の物質であることを突き止めたのです。

そこで、GcMAFを使って400人のNAGALAS値の高い自閉症の子供を治療したところ、
80%近くの子供達の好転反応を確認しました。

他の研究結果でも1,500人の自閉症の子供のうち85%が高いレベルのNAGALAS値を持ち、
そのうちGcMAFによって70%が症状の緩和などの好転反応、15%は完治、
15%は反応無しという顕著な結果を残しています。

ブラッドストリートの息子は、1歳時、MMRワクチン接種後脳障害を起こしました。
それから彼は予防接種とワクチンの関係性について活動を起こし、
議会で証言もしています。


続いてもう一人の医師の死です。

■Dr. ニコラス・ゴンザレスの死■

2015年6月21日、心臓発作により死亡。
検死結果では、健康状態は良好と報告されている。
彼は、癌になった女優のスザンヌ・サマーズの治癒に関わっていた
ことでも知られていました。

ゴンザレス氏は、化学療法に使われる100以上の薬が人体に及ぼす危険性や
破滅的歴史について暴露しており、代替医療に従事していたホリスティック(全体)
医学の医師でした。

健康体を維持し、病気にも精通していた医師の突然の心臓発作による死に
多くの疑念が持たれています。

ほぼ同時期に亡くなったこの二人の医師とワクチンビジネスの関係をもう少し追ってみます。



予防接種ワクチンとがんと自閉症の恐るべき関係


GcMAFを使ったブラッドストリートによる自閉症の子供の治療効果は明らかで、
彼が積極的な活動を行っていたのはうなずけます。

しかし、このNAGALASは、がん細胞あるいはウイルスに感染したリンパ球が
分泌する酵素で、何かしらの要因で体内に取り込まれる為、
自閉症の子は高いレベルで血中に存在することが分かっています。
が、全ての子のケースには当てはまっていません。

つまり、がん細胞やウィルス感染経由が認められずにNAGALASを高いレベルで
持っている自閉症の子供たちは、一体どこで体内に取り込まれたのでしょうか。

実は、Dr.ブラッドストリートとDr.ゴンザレス以外にも同年2015年に
米国フロリダで6月~10月のわずか5ヶ月の間に実に10人もの医師が
死亡や消息不明となっているのです。
彼らは共通して現代医療を取り入れずに治療をするホリスティック(全体)
医学の医師たちでした。



↑ 2015年6月19日~10月29日の間に死亡、消息不明となった12人の医師たち


米国のサイト上では、
“ 彼らは予防接種ワクチンの中にこのNAGALASが混入されていて、
自閉症の子やがん細胞を生成する原因を作っていることを突き止め、
公表する準備をしていたが、その前に次々に殺された”という記事が
多数あがっています。

そうなると、主活動をしていたブラッドストリートのクリニックの資料が
全て押収されたことにも関係が!? と、ミステリーな話をしたところで、
まさに『死人に口なし』状態で真相は闇に葬り去られたままです。

しかし、これを事実と捉え、今の世の中の仕組みを考えると、多くの人たちは、
「NAGALASの入った予防接種によって強力免疫細胞(マクロファージ)を
不活性状態にさせ、病気になりやすい体となり、最後はがん治療へ」という
現代医療システムのレールに乗るように仕組まれていると考えても
おかしくはない気がしてきますね。

まあ、そこまで飛躍した考えをせずともGcMAFを用いた治療法の効果が
全くメディアでも取り上げられず、国が承認せずに医学会でも
取り上げられない理由が見えてきます。

はっきりいえるのは、これが世の中の主流治療となってしまったら、
製薬会社、病院は潰れ(&メディアはスポンサーを失う)、
多く現代医療を行っている医師は職を失うということです。
現代医療に関わる世界経済規模は計り知れません。

さて、この一連の事件をどう解釈すべきでしょうか?
単なる連続した偶然の死?他にもGcMAFを推奨している医師は、
この事件をきっかけに声を大に公とすることはなくなってしまうのでしょうか。
(それこそがまさに思う壺ですが・・)


<転載終わり>
---------------------------------------------



管理人

二人の医師と10人の医師の死亡と失踪ですが、
ほぼ、間違いなく消されたものと、私は判断します。
やっぱり、アメリカって国はすごく怖い国だなぁーと
皆さんは感じられたかもしれませんが、
勘違いしないで下さい。
日本も全く同じであると私は思います。

ただ、日本はもっと目立たないようにやっているだけです。
暗殺組織は、100%存在しますし、養成機関もあります。
皆さんが知らないだけです。

この件に関しては、★メルマガ第9号 ~
『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
http://ameblo.jp/64152966/entry-10784838369.html

以上の記事の中には、信じられないような恐るべき内容が書かれています。
無論、ブログではとても公開出来ませんし、たとえ公開したとしても
即座に、削除対象になってしまうでしょう。
それよりなにより、命に危険が及びます。

警察、監察医、検察、裁判官、政治家、マスコミ・・・・
これら全ての上層部に闇のカルトが巣食っていますので、
全て、自殺か病死扱いにされて終わりです。
闇の犯罪を隠蔽する仕組みは、世界でもトップクラスのレベルです。
もし、これらの秘密の一部でも、皆さんが知ったら・・・
愕然とするでしょうし、
今の日本に対する見方が、まるで変わると思います。
不正選挙どころの話ではありません。
怖いんですよ、この国は、本当に。


さて、もう一つ重要なポイントがあります。


GcMAFとは?  

NAGALASとは?

マクロファージ活性化療法とは?


新年の★メルマガ第31号では、“マクロファージ活性化療法”について
記事にすることにしました。
日本においても、このマクロファージ活性化療法を施術している病院が
幾つもあるようですが、調べてみると、かなり高額な費用がかかるみたいです。
保険適用外なので、仕方無いかもしれません。
しかし、100万から数百万円もかかるとなると、お金持ちしか無理でしょう。
但し、★メルマガ第31号では、もっと安く簡単に自分で出来る方法を
ご紹介する予定にしています。




http://hobab.fc2web.com/sub4-helper_T_lymphocyte.htm



お知らせ

12月22日に最新のメルマガを配信しました。
まだ届いていないメルマガ読者の方は、直ぐにご連絡下さい。

12月22日配信〜最新記事

★メルマガ第29号

芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』













スポンサーサイト



. スターウォーズのレーア姫役キャリー・フィッシャーさん、謎の急死!?

スターウォーズのレーア姫役
キャリー・フィッシャーさん、謎の急死!?







2016年12月28日
★米女優で作家のキャリー・フィッシャーさん、60歳で死去
http://www.bbc.com/japanese/38448050

映画「スター・ウォーズ」シリーズのレイア姫として知られる米女優で作家の
キャリー・フィッシャーさんが27日午前、亡くなった。60歳だった。
23日にロンドン発ロサンゼルス行きの機内で着陸直前に心臓発作を起こし、
病院に搬送されていた。

娘ビリー・ルードさんの代理人サイモン・ホールズさんは
「とても深い悲しみと共に、ビリー・ルードは、
愛する母親のキャリー・フィッシャーが今朝8時55分(日本時間28日午前1時55分)に
亡くなったと明らかにしました」と家族の声明を出した。

「世界中に愛された人がいなくなり、その不在をとても寂しく思うことになります。
家族全員が、皆さんのお気持ちや祈りに感謝します」

母親で女優のデビー・レノルズさんはフェイスブックに、
「私の愛する素晴らしい娘の才能を大事に受け止めてくれた皆さんに感謝します。
彼女を次の場所へと導く皆さんの思いや祈りをありがたく思っています」と書いた。



2016年12月29日
★米女優デビー・レノルズさん急死 
娘キャリー・フィッシャーさん死去の翌日

http://www.bbc.com/japanese/38456377

1952年の米映画「雨に唄えば」などで知られる米女優デビー・レノルズさんが28日、
ロサンゼルスで死亡した。84歳だった。
米メディア報道によると、当日に脳梗塞を起こしてロサンゼルスの病院に
救急搬送された後に亡くなった。
前日27日には、娘で女優・作家のキャリー・フィッシャーさんが亡くなったばかりだった。





★レイア姫よ永遠に スター・ウォーズの共演者らが追悼
http://www.huffingtonpost.jp/2016/12/27/message-for-carrie-fisher_n_13867678.html

人気映画「スター・ウォーズ」シリーズのレイア姫役を演じたアメリカの女優、
キャリー・フィッシャーさん(60)が12月27日、死去した。
この「レイア姫の死」に、「スター・ウォーズ」シリーズの出演者らも
相次いで哀悼の意を表した。

フィッシャーさんは1977年に公開された第1作「スター・ウォーズ」
(後に「エピソード4」と改題)のヒロイン、レイア・オーガナ姫に起用されて
一躍スターとなった。
「帝国の逆襲」(80年)、「ジェダイの復讐」(80年、現在は「ジェダイの帰還」に改題)
でもレイア姫を演じた。
また、2015年に公開された第7作「フォースの覚醒」では32年ぶりに
レイア姫として出演していた。

アメリカのメディアによると、2017年12月に公開予定のシリーズ第8作にも出演し、
既に撮影を終えていた。また、CNNなどによると、現在公開中のシリーズ外伝
「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」でも、デジタル映像で登場する。

スター・ウォーズで共演していた、「ハン・ソロ」役のハリソン・フォードは
情報サイト「E!」に次のようなコメントを発表した。

キャリーは光り輝いていて、個性的でした。
面白くて、恐れ知らずでもありました。
彼女は人生を勇敢に生き抜きました。
私たちは彼女を忘れないでしょう。


また、フィッシャーさんをレイア姫役に抜擢したジョージ・ルーカス監督も、
同サイトに次のように語った。

キャリーと私は人生の大部分で友人でした。
最高に賢く、才能ある女優であり、皆に愛される多様な個性を持つライター、
そしてコメディエンヌでもありました。
スターウォーズでは、偉大で強力な王女でした。
多くの人々が考えるよりも難しい役割でしたが、元気で賢明で、希望に満ちていました。
家族、友人たち、ファンの皆さん全員とともに心から祈りたいです。
皆が彼女を惜しむでしょう。


<引用終わり>
-----------------------------------------------


森井啓二氏のツイ―トより
https://twitter.com/keijimoriiVet/status/814384310560002048

今月2日にスターウォーズのレーア姫役だった女優キャリー・フィッシャーさんに
送られたとされる内容証明郵便。
手紙の最後には
「その日にはどんなことがあっても飛行機に乗らないでください。」





ハリウッドで、歌手や俳優として名声と莫大な富を得ようとするなら、
代償として、『血の生け贄』を捧げなければならない。

http://ameblo.jp/64152966/entry-11120506440.html


レディー・ガガと血の生贄

イルミナティの血の生贄と、至点の生贄
http://mamarracho.tumblr.com/post/5886081599/illuminati-blood-sacrifices-solstice-sacrifices

その世界で名声を得るためには、魂を悪魔に売り渡さなければならない。
そして、より高い地位とエリートとしての特権を手に入れて、
2000万ドルクラブ の仲間入りをするような金持ちになるためには、
血の生贄を差し出す必要がある。


左側は、その結果、名声を掴んだセレブ。
右側は、彼らに「血の生贄」として捧げられた人々。
親友や、両親、子供まで差し出してきたのです。


名声を得るために捧げられた血の生贄: PART 1 , PART 2 .

1.Kanye West - his mom .
2.Jay-Z - his nephew .
3.Damon Dash - Aahliyah
4.James Prince - Pimp C .
5.Suge Knight - Tupac
6.Lady Gaga - Lina Morgana
7.Soulja Boy - his brother .
8.The Game - Billboard
9.Eminem - Proof .
10.50 Cent - Jam Master Jay
11.Dr. Dre - Eazy-E , his son .
12.Bill Cosby - his son .
13.Eddie Levert - his son .
14.John Travolta- his son .
15.Marie Osmond - her son .
16.Anna Nicole Smith - her son .
17.Jennifer Hudson - whole family .
18.Wyclef Jean - his father .
19.Michael Jordon - his father .
20.Mike Tyson - his daughter .
21.Liam Neeson - wife .
22.Cam’ron - Big L
23.Jim Jones - Stack Bundles
24.Queen Latifah - her brother .
25.Venus/Serena Williams - their sister .
26.Jackson Family - Michael Jackson
27.N-Dubz - Father/Uncle/Manager .
28.Joseph Gordon-Levitt - his brother .
29.Jesse Jackson - Martin Luther King Jr .
30.Louis Farrakhan - Malcolm X
31.Prince - his father .



至点(SOLSTICE)の生贄: PART 1 , PART 2

・マイケル・ジャクソンは2009年6月25日に死去。(夏至の後の3日)
・ジェームズ・ブラウンは2006年12月25日に死去。(冬至の後の3日)
・ファラ・フォーセットは2009年6月25日に死にました。
・スカイサクソンは2009年6月25日に死去。
・ディーン・マーチンは1995年12月25日に死去。
・アーサ・メイ・キットは2008年12月25日に死去。
・エクソダス・タイソン は2009年5月25日に死去。
・リサ(Left Eye)ロペスは2002年4月25日に死去。
・ロジャー・トラウトマン は1999年4月25日に死去。
・アーリヤ・ホートン は2001年8月25日に死去。
・スタティック・メジャー は2008年2月25日に死去。
・トゥパック・シャクール は25歳で死去。
・ビギー は25歳で死去。
・ブリトニー・マーフィー は2009年12月20日に死去。



その他、27 クラブ:カート・コバーン、ジム・モリソン、ジャニス・ジョプリン

至点 とは「夏至」と「冬至」のこと。この前後、2~3日が重要とされて、
サタンに関する悪魔的な儀式が行われている。
「25日」とは、ニムロドの誕生日である12月25日 に深い関係があるのでしょう。


12月25日に生まれたのはイエス・キリストではなく、ニムロドです。
私たちは、イエスの誕生を祝っているのではなく、
サタン大王の二ムロドの誕生日を祝ってきたのです。


今というか、今までも、世界のミュージック・シーンに突然、彗星のごとく
現われた人間は、彼らの芸術的才能より、サタンに対する忠誠をどれだけ
深く持っているかが重要なのです。

後は、アメリカの音楽産業が、よってたかってデコレーションを施し、
スーパースターに仕立て上げていくのです。

レディー・ガガには、同じグループから出てきたマイケル・ジャクソン
ロンドン公園で暴露しようとして消された)や、ちょっと下品な芋ねーちゃん
のマドンナのような人間味が感じられません。

ガガは、筋金入りのサタニストです。




お知らせ

12月22日に最新のメルマガを配信しました。
まだ届いていないメルマガ読者の方は、直ぐにご連絡下さい。

12月22日配信〜最新記事

★メルマガ第29号

芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』





スターウォーズ エピソード4
【吹き替え】 デス・スター破壊











. 地下鉄サリン事件~農薬も除草剤も向精神薬もサリンも、基本的には同じものです。

地下鉄サリン事件
~農薬も除草剤も向精神薬もサリンも、
基本的には同じものです。







地下鉄サリン事件
救急医療チーム最後の決断

http://www5a.biglobe.ne.jp/~t-senoo/Ningen/tikatetu_sarin/tikatetu_sarin.htm

平成7年3月20日、東京は無差別テロに襲われた。
地下鉄に毒ガスサリンをばら撒かれたのである。
人類史上経験のないテロに、学生、OL,地下鉄職員も巻き込まれ、
5000人がうめいていた。
多くの患者が運ばれたのは東京築地の聖路加国際病院、院長は日野原重明。
目が見えない、襲いくる謎の痙攣。どんな薬を使えばいいのか。
未曾有の毒ガステロに挑んだ、医師たちのドキュメントである。

― 中略 ―

危険な薬「パム」投与の決断




事件発生から一時間、聖路加の収容患者は100人を超えた。
だんだん呼吸が弱くなる患者たち。
救命センターには、治療の指示を仰ぐ電話が殺到した。
「パムを使いましょうか?急ぎましょう」。
石松は「待て、患者の命がかかっている」。
 
地下鉄職員の大室は意識がなくなり、人工呼吸器が頼みとなった。
全身に痙攣が始まっていた。
このままでは、心臓が止まる。

その頃、長野県松本市。
一人の男がテレビの築地駅の光景に見入った。
信州大学付属病院の柳沢医師。松本サリン事件で被害者の治療を担当していた。
インタビューで、瞳がやけに小さかったと証言している、
これはサリン中毒の大きな特徴である。
直ちに聖路加病院に電話し、救命センターの石松に告げた。
「サリンの症状に似ています」。
後は石松の決断だけが残された。

石松はパムを見つめた。静かに席を立った。集中治療室で告げた。
「パムを投与する」。
同僚の奥村がうなずきながら、パムをあけて注射器に吸い取り、点滴ボトルに注入した。
重症患者8人に投与した。石松はじっと知らせを待った。
30分後、奥村が駆け込み、「パムが効きました」、心臓が止まる前兆の痙攣が消えた。

しかし、薬剤部で大問題が持ち上がった。パムは特殊な薬、在庫が20人分しかなかった。
薬剤部長の井上がパムを扱う問屋、名古屋のスズケンに電話をかけた。
「東京中でパムが必要になる。ありったけのパムを運んでくれ」と。
責任者の小林は、各地の倉庫にパムを集めるように指示した。
小林は新幹線に乗り、沿線の浜松、静岡、横浜の各倉庫からパムを受け取る作戦を取り、
合計230人分が集まった。

東京の聖路加病院、非番の看護婦が駆けつけていた。
臨時の血液検査コーナーが作られた。
足りなくなったカルテは、手作りで、患者の首にぶら下げた。
午後1時、新たなパム約200人分が到着した。
患者に次々に投与された。

その頃、集中治療室に、地下鉄職員の大室の治療が続いていた。
その手が動いた。意識が戻った大室、懐かしい声が聞いた。
「大丈夫かい?」母のゆき子が枕元で涙ぐんでいた。
大室は「大丈夫だよ」と答えた。
この無差別テロに立ち向かった病院スタッフ1200人、
必死の戦いは夜通し続けられた。


<引用終わり>
-----------------------------------------


健康被害の概要
――地下鉄サリン事件後、何が起きたか(当時40歳、女性のケース)

http://1995320jiken.webcrow.jp/

原因不明の体調不良

1995年3月20日、地下鉄サリン事件が起きました。
そのとき、地下鉄車内や駅の構内でサリンという毒ガスに曝露した人の身体に
どんなことが起きたのか、具体的に知る人はあまりいません。
その場に居合わせて、その後さまざまな症状を経験しても、
まさかたった1日のほんの数分間のことが影響してそんなことが起きるとは
信じられない気持ちでしたが、時を経て知らされた事実とともに振り返ったとき、
少しずつわかることが出てきました。

事件から13年過ぎた2008年、
オウム真理教による犯罪被害者を救済する法律が成立しました。
被害者には給付金が支給されることになったため、警視庁では被害者の一人一人に面談し、
あらためて当時の状況や、症状が発現した経緯や治療経過について細かく聴取しています。
その記録を、今後の治療や研究に生かしてほしいと期待しましたが、
医師や弁護士らが求めた情報開示の要求を、国は拒否したそうです。

私にとっての地下鉄サリン事件は、電車の中で強い化学臭のするガスを吸いこんでから
丸1日吐き気が続いたというものでした。
といっても、入院するほどではなく、翌日には普通の食事ができる程度に回復しています。
受診した大学病院では、縮瞳が現れていて、コリンエステラーゼが30%減少していると
言われましたが、それが何を意味するのかわからず、将来的に起きるかもしれない症状に
どんなものがあるかも理解しないまま、やがて忘れていきました。

数か月から数年を経てから、のどの炎症、歯肉炎、微熱と頭痛、膀胱炎、生理不順、
月経前症候群(PMS)の悪化、足腰が立たなくなる、平衡感覚異常、記憶障害、鼻水、
鼻血、涙、聴覚過敏、卒倒、めまい、皮下出血、閉じた目が開かない……といった
症状が繰り返し起きましたが、それぞれ関連性も何もない、診療科の異なる症状なので、
はじめのうちは事件と関係があると考えることもできずにいました。

経験したことがない症状が唐突に現れるたびに驚いて、さまざまな医療機関を
受診しましたが、そもそもそれらは一般的な医療では想定されていない症状なので
そのような訴えをしても受けいれられないと気づくのに時間がかかりました。
それがわかってからは、治療の対象になる症状の時だけ病院に行き、
消炎剤や抗生物質を処方してもらって急場をしのぐことを繰り返しました。

同じ症状を数回から数十回繰り返すようになってから地下鉄サリン事件との関連を
考えるようになり、同じような状況にある人はどうしているのか、
この先はどうなっていくのか知りたいと思うようになりました。
犯罪被害者救済法ができてから実施された被害者への事情聴取で明らかにされた
健康被害の実態に、個人的に大きな関心を持ち続けてきましたが、貴重な記録が
被害者のために生かされることもなく、事件は封印されて幕引きとなりました。


遅発性の症状とがん

事件発生以来多くの被害者の診療に当たってきた医師の話から、
入院した女性患者と自分に起きた生理不順の症状がよく似ていたことを
2010年に初めて知りました。
医師の話を聞きながら、「やはり、そういうことだったのか」と納得しましたが、
ちょうどその頃、今度はがんを発病しているとわかりました。
私のがんの症状は痛みも何もなく、ただ出血するだけでしたが、
それに歩調を合わせるように、毎日かなりの量の鼻血がなぜか出るように
なったのが不思議でした。

2009年、聞き取り調査をされたときの警視庁の担当官の話によれば、
地下鉄サリン事件の被害者は、実はかなりの人ががんを発病していて、
すでに亡くなっている人も少なくないとのことでした。

地下鉄サリン事件のときに使われたPAM(パム)のような解毒剤は、
曝露から数時間以内の投与でないと効果がないとされています。
事件直後にその機会を逸した私には、もう解毒のチャンスはないと諦めていましたが、
必ずしもそうではないようです。

長い歳月が過ぎてからでも解毒は可能とたまたま知り、事件後17年過ぎてから私は、
医師の指導のもとで解毒を始めました。
どの程度まで改善するのかまだわかりませんが、20年近く経過してからでも
解毒の効果を実感するようになっています。

例えば、血圧と体温は長年にわたって下がり続け、
血圧は上が70台、下が40台、体温は35度以下になっていることがしばしばありました。

ところが、2013年にグルタチオンや各種ミネラル、ビタミンなどの服用を始めて
半年余り過ぎた頃から少しずつ変化が現れ始め、 2014年1月には、血圧は上が100前後、
下は60前後、体温は36度近くまで上がり、
毎日のように出ていた鼻血も完全に止まりました。


毒物の体への影響は解明されていないことが多く、
特にサリンについてはほとんど何もわかっていないようですが、
これまでの研究でわかっている範囲の解毒法により、
体調が改善している例もあることを報告しておきたいと思います。

サリンという毒物は、すでに製造も使用も禁止されていますが、
同様に毒性の強い有機リン系の農薬や殺虫剤、難燃材、可塑剤などが、
日本では身近なところでたくさん使われています。
人体に有害な化学物質は、微量曝露の繰り返しでも化学傷害(化学物質過敏症)や
中毒症状が起きうるといわれています。

地下鉄サリン事件で1回軽い中毒を起こした程度と思っていても、
実際に身の周りの有害な化学物に反応しやすくなり、体調を崩しやすいのですが、
そういう患者を受け入れる医療機関や解毒剤を処方できる医師は極端に少ないのが現状です。
サリンは治療の手だてがないのなら、せめてそれ以上悪化させないための生活上の注意点を
知っておく必要があると思いますが、取扱いに注意しなければいけない毒物が身の周りに
たくさんあること自体あまり知られていません。

危険なものがあると注意していても、症状が現れたり悪化させてしまったときには、
医療機関で適切な治療や指導を受けられるようになることを願いながら、
これまで自分が経験してきたことを記録していくことにします。
共通する経験をした人の参考になれば幸いです。


<引用終わり>
-----------------------------------------



重要関連記事

もみじ
農薬も除草剤も向精神薬もサリンも、基本的には同じものです。
http://hukoukisaibai.blog.fc2.com/blog-entry-95.html

現在、もっとも憂慮すべき問題は、全国でラジコンヘリコプターによる
高濃度有機リン系農薬の空中散布(以下 空散)が広範囲に行われ、
95年の散布量の30倍にまで増えていることです。
その結果、小児・小中学生の慢性有機リン農薬中毒症状(特に、ぜん息と精神障害)を
示す患者が顕著に増加しています。
より深刻なことは、これらの症状の後に現れる「化学物質過敏症」です。
本講演において、これまでの医師としての取り組みと同時に、
有機リン農薬の新たな毒性に関する幾つかの学術的知見について紹介します。

高濃度の有機リン農薬の空中散布

農地における農薬散布は、ラジコンヘリに依る方法に移ってきています。
ところが、ラジコンヘリには農薬を 8 リットルしか積めないため、
殺虫剤のスミチオンやデイブデレックスを、5~6 倍に希釈して載せ
(本来、農地においては 1000 倍希釈で使用するように指示されている薬剤です)
空中散布しています。

散布された農薬は霧状になり、濃度の農薬が大気中に拡散し、
その後 2~3週間もの長期にわたってガスの塊となって辺りに停滞します。
空散した場所から 1,500mも離れた所に住んでいる人でも、
呼吸困難に陥って病院に駆け込んできます。

群馬県の郡部は都市開発が進み、
農業地区と住宅地が混在するようになってきています。
そのため、これらの地区から来る患者が非常に多くなっています。
特に深刻なことは、有機リン農薬の散布により精神障害が起こることです。
たとえば、農薬空散地域に住んでいる 69 歳と 72 歳の女性は、空散後、
急性の痴呆を発症して、病院でアルツハイマーの疑いと診断されましたが、
私の医院での有機リン慢性中毒に対応した治療で、
5桁の数字を逆から言えるほどに回復しました。

また、愛知県の岡崎でも、有機リン農薬への曝露により
パーキンソン氏病様の症状を発症した例が報告されています。


病院、デパート、電車などでも有機リン農薬が散布され、
肺から体内に入る公共の場所や電車などの公共の交通機関で、
農地以上に高濃度の有機リン農薬が殺虫剤として使用されています。
しかも室内の場合、ガス化した後、容易には拡散しませんし、
分解も遙かに遅いので、暴露が長期に渡ることになります。

もっと厄介なことは、多くの病院でも有機リンが散布されていることです。
有機リン中毒のひとつとして記憶障害がありますが、医者や看護士は、
有機リンが充満した部屋の中で仕事をしていることになると思われます。
これが医療事故原因の一つとなっている可能性も、否定できません。


<引用終わり>
-----------------------------------------



管理人

今回、止む無く、かなり長い記事になってしまいました。
どうか、ご容赦いただきますようにお願い致します。
しかし、引用文はどれも大変重要なものばかりです。

健康被害の概要(当時40歳、女性のケース)・・を拝見しまして、
思わず絶句してしまいました。
国や医療機関からの適切な早いサポートは無かったのでしょうか?

地下鉄サリン事件の後、サリン製造所を家宅捜索すると
解毒剤の「グルタチオン」も発見されたと、当時、報道していた。
きっとサリンを作りながら、犯人たちはその被害に遭うことを恐れていたのだろう。
その為の解毒剤として用意していたのです。

被害者の女性は、事件後17年過ぎてから解毒を始めたと・・・
とても信じられません。
事件直後に、多くの被害者が、この「グルタチオン」を投与されていれば、
症状も被害もかなり軽減されたはずです。
まして、ガンで死ぬ人もかなり少なかったはずです。

信じられますか・・・皆さん!?
これが、国がやっていることです。
これじゃぁ~、・・・人体実験をしていたんじゃないかと
疑われても仕方ありません!?
・・・そう、731部隊のように!


皆さん、
「グルタチオン」・・という言葉を是非、頭に叩き込んでいただきたい。
検索すれば、色々と出て来ます。

この「グルタチオン」は、サリンや農薬の解毒をするだけに止まりません。
被曝対策やガン対策にも極めて有効であると考えられます。
その事を是非、知っておいて下さい。

今年最後の・・★メルマガ第30号は、
この「グルタチオン」を中心にした被曝~ガン対策の記事に決めました。







お知らせ

12月22日に最新のメルマガを配信しました。
まだ届いていないメルマガ読者の方は、直ぐにご連絡下さい。

12月22日配信〜最新記事

★メルマガ第29号

芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』





高濃度ビタミンC&グルタチオン点滴併用の隠れた効果
http://sakura-clnc.com/2847/









. 2014年、ASKA氏逮捕でお蔵入りとなった宮崎駿監督の反原発アニメ「On Your Mark」

2014年、ASKA氏逮捕でお蔵入りとなった
宮崎駿監督の反原発アニメ~「On Your Mark」







始めに

私のブログへの規制が強くなっているようです。
アクセス解析を見ると、機種によるアクセスは3つあります。
パソコン・スマートフォン・モバイルの3つです。

スマートフォンによるアクセス数が、一頃より、
10分の一近くまで落ちています。
パソコン・モバイルからのアクセス数には大きな変化は見られないので、
スマホだけ檄減した理由が、他に考えられません。
スマホのある機種では見れるけど、ある特定の機種からはアクセスしずらいように
されている可能性も考えられますが、有害サイトや危険サイトに指定されている
可能性も疑われます。
事実、目の前で、他の方にブログへのアクセス法を教えてあげた時に、
全くアクセス出来なかったこともありました。

ここ最近の警察への批判や真相暴露といったものが、連中を大いに刺激した可能性も
有り得る訳ですが、アスカさん関連の記事もNGだったのかもしれません。
彼らは、何だって出来るので、大変手強い相手です。

権力に都合の悪いものは、削除する、潰す、妨害するといった工作は、
何も今に始まった訳ではありませんが、こういった事例は、直接的に、
やられた人間でなければ、なかなか理解してもらえないかもしれません。

メルマガ希望者の皆さんの中には、以下のような人が徐々に増えて来ました。

ワントンさんのブログを見ていると、直ぐに見れなくなってしまうので、
時間の問題だと思い、メルマガ購読させていただくことにしました。

応援しています。





さて、本題に入ります。
今回、お名前の出ているアスカさんや宮崎駿監督なども
反原発の要注意人物として様々な妨害を受けておられる事と思います。
これも、やはりご本人でなければ、決して分からないと思います。

宮崎駿監督は、大御所としてあまりにも大物なので、
なかなか目立つ工作はしずらいと思いますが、歌手のアスカさんは、
見せしめと生け贄にするには格好の存在です。

アスカさんは、もうかなり前から、盗聴・盗撮などによって
監視されていた事実があります。
恐らく、相当前からでしょうね。
逮捕された2014年よりもずっと前からだと私は考えています。

アスカさんは、覚せい剤で2014年に逮捕されましたが、
彼の脇が甘かったといえば、それまでの話ですが、しかし・・・
私の第六感に、妙に引っ掛かるものがあります。
だってそうでしょ。
逮捕されるずっと前から監視されていたのですから。
普通は、監視していた連中が、覚せい剤へと誘導したのではないかと
疑うのも無理はないと思います。
皆さんは、どのようにお考えになられるでしょうか?

そもそも、芸能人なんて権力が利用する為の存在な訳です。
各個人の覚せい剤疑惑なんて、そのほぼ全容を警察は掌握している
可能性が非常に高いと私は思っています。
事件として発覚するのは、大抵の場合、政治的に利用出来る時です。
まずい何かを隠したい時とかですね。

また、確実に逮捕出来るのは、口コミなどではなく、本人を
盗聴・盗撮によって監視しているからと考えるのが最も自然です。



今回、この記事を書く気になったのは、
メルマガ読者の方からいただいたメッセージでした。
ご本人様からの了解は取ってあります。


ASKA氏不起訴について~On Your Mark

wanton様、いつも大変興味深い情報に感謝しております。
最近のASKAさんの記事について思うところがありまして、
筆不精ながらメッセージを送らせえて頂きます。

はじめに私は昔からチャゲアス大好きで、
先日のASKA再逮捕には非常に違和感を持ちました。
不起訴になってホッとしたと同時に、とっさにお茶を提出する等
タダモノデハナイ感にあらためてASKAすげー!とますます応援したくなりました。

そもそも2014年、最初にASKA氏が逮捕になったタイミングが
「宮崎駿作品集DVDBOX」発売の1ヶ月ほど前だったと思いますが、
このDVDBOXに収録予定だった「On Your Mark」という宮崎監督による
短編アニメーション(チャゲアスの同名楽曲にアニメ映像をつけたミュージックビデオ)
がこの事件によりお蔵入りになりました。

実際にはスタジオジブリの粋な計らいにより希望者にのみ配布されたそうですが。
恐らくwantonさんもご覧になったことがおありではないかと思います。
20年以上前に作られたアニメ作品ですが、内容はほぼ現在の日本、原発事故後の
汚染された日本の地下でひっそりと暮らす人々の話です。

おそらくこの作品が超メジャーな宮崎駿氏の作品集におさめられては
困る人たちもいたことでしょう。

さて、「On Your Mark」なる短編アニメ作品ですが内容がなかなか難解で、
主人公たちが天使を助けようとして失敗する度に時間が戻るようなつくりなのですが、
私も何十回とこの作品をみて最近たどり着いた答えが次の様になりました。

本当の成功をつかむには、強い成功のイメージを持てるかどうか、
さらにあらゆる失敗を想定できるかどうかにかかっている!ということです。
つまり主人公たちは失敗してやり直しているのではなくて、
失敗をあらかじめ想定して解決策を用意していたので一発で天使を助けられた。

作品では20年前の私たちに原発事故という最悪の失敗例を見せつけています。
今回お茶を提出したASKA氏もやはり、ゆるぎない成功のイメージとあらゆる失敗の
想定が出来ていたからこそ、今回の不起訴につながったのではないでしょうか。
ASKA氏のニューアルバムや書籍が無事発表されれば良いなと思っています。

長々とツマラナイ事を書いてしまいすみません。
今年もwantonさんの記事にすべて目を通すことができ、私の覚醒レベル(?)も
少しだけ上昇したように思います。
これからお身体にお気をつけてすばらしい情報を配信していって下さい。
まだ少し早いですが来年もどうぞ宜しくお願いします。
  
↓ちなみに定番「On Your Mark」動画リンクです。
http://www.dailymotion.com/video/x33j0w3


<引用終わり>  m(_ _ )m
----------------------------------


「On Your Mark」動画の説明文より拝借

『On Your Mark』(オン・ユア・マーク)とはCHAGE and ASKAが発表した楽曲
「On Your Mark」のプロモーション・フィルムとして作成された、
スタジオジブリ制作のアニメーション作品である。

1995年7月15日、映画『耳をすませば』と同時上映で公開された。
元々はCHAGE and ASKAが1995年 - 1996年にかけて開催したコンサートツアー
「SUPER BEST3 MISSION IMPOSSIBLE」の中で、
演出の一環としてコンサート会場で上映されていた。

これは、PVを制作する際にASKAからアニメーションでやってみたいと持ちかけ、
それならばと宮崎作品のファンであったCHAGEが提案したアイデアだという。
監督によると、タイトルや歌詞をあえて曲解し悪意に満ちた映画に仕立て、
いつか来る未来に生きるということをイメージして制作したという

ストーリー

地表が放射能で汚染され、病気が蔓延し、
人類が地下に住むようになった世紀末後の未来の都市が舞台。
あるカルト教団の施設「聖NOVA'S CHURCH」を襲撃、制圧した武装警官隊。
その中の警官2人は、教団施設の奥で翼の生えた少女を発見する。
2人は彼女を救助するも、研究資料として今度は政府機関の施設に連れ去られてしまった。
2人は彼女を空へ帰そうと奮闘を始める。

-----------------------------------



管理人のお勧めする分かり易い記事

【解説】「On Your Mark」CHAGE and ASKA and 宮崎駿【その1】
http://tabinootomo.com/loa016/




★阿修羅♪さんのサイトより

宮崎駿が描いた原発メルトダウン後の世界 -
On Your Mark 15年前の宮崎駿インタビュー記事

http://www.asyura2.com/13/genpatu33/msg/448.html

以上の記事のコメントより

"God is watching you"。
それで、そこにあるのは"1984"で描かれたような世界なわけでしょう。
カルト教団のビルを警察が襲撃していたけど、前者が悪で後者が善か、というと、
決してそうではなく、そのような世界の中で構成される社会においては、白と黒とに
(もっとあってもいいけど)世の中を分け、互いに憎み、互いに消耗しあうしかエネル
ギーの使い道はない、ということに思える。
世界を3分割して常に互いに戦争しているという、"1984"の世界でもそうだった。

それはオーウェルが空想の中で作った世界のことでなく、
このリアルな世界で現実に起きていることだったりする。

2人の警官が、そこから天使を解放した。
実行するにあたっては、結構逡巡したようだ。

1度目は失敗した。
都市の高架橋から落下したトラックのコックピットで、
警官たちは自分たちも落下しているのに、それを全く気に懸けず、
天使を飛ばそうとしていた。
それでも、ドームに覆われた都市の中で、
つまり、"1984"的な世界の中では、天使は飛ぶことができなかった。

2度目。警官たちはその世界から飛び出した。
太陽の光はあまりに眩しく、放射能にまみれた外の世界では、人に命の保障がない。
でも、実際出てみると、そこは巨大な石棺がある以外は、陽光がふんだんに降り注ぐ、
のどかな田園風景だったりする。
青空と緑の間で、風を一杯に受け、天使は飛んでいった。

警官たちは生きて都市に帰れたかも知れない、帰れなかったかも知れない。
生きて帰ったとして、警官に戻れたかも知れない、戻れなかったかも知れない。
意外と、石棺の見える田園に住み着いてしまったようも思える。
彼らにしてみれば、きっと、その後のことなどどうでも良いのかも知れない。

それで、映画の中での「放射能」というのは、都市の中で人々が住んでいる
"1984"的な世界の中で、人々を縛り付ける価値観の象徴みたいなものとして
扱われているわけでしょう。

そして、「天使」というのは、その価値観から人を解き放つ、希望の象徴。
ただ、「希望の象徴」というようなたいそうなものでもなく、
実は、誰の心の内にもあるもののように思える。

フクイチの放射能が、私たちの日常にリアルなものとして迫りつつある。
それはフクイチだけのことでなく、このような社会を作ってしまった
元になっている価値観を、解き放ちたいと頭の中では思ったりするけど、
じゃあ、実際に行動するのかどうか。
行動するしないはその人の自由だけど、何もしなければ、何も変わらない。


<引用終わり>  
----------------------------------







お知らせ

12月22日に最新のメルマガを配信しました。
まだ届いていないメルマガ読者の方は、直ぐにご連絡下さい。

12月22日配信〜最新記事

★メルマガ第29号

芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』




On Your Mark ♪CHAGE and ASKA









. ガンが死滅する39・3℃の熱を光や音の周波数に変換出来ると奇跡が起こせる!

ガンが死滅する39・3℃の熱を

光や音の周波数に変換出来ると奇跡が起こせる!




るいネットさんのサイトより
(動画は、当ブログ管理人が追加しました)


ガンは光で簡単に殺すことができた!
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=300231&g=132203


医療従事者でも、その名を知っている人は、
少ないのではないでしょうか。
ロイヤル・レイモンド・ライフ博士。
これほど、医療において革命的な発明・発見をした人物は
いないと言っても過言ではありません。

ライフ博士の偉業を、誰にでもわかるように簡潔に言って
しまえば、 人々を苦しめる、あらゆる種類の病気を、
完全に治療する方法を、約 80 年も前に見つけた人物です。
果たしてそんなことが可能でしょうか。
とても信じられませんね。

残念なことに、病気で死んでいく人は後を絶ちません。
ライフ博士の魅力的な治療が本物であるならば、
先進治療として、スタンダードになっていいはずです。
誰もが抱く疑問の答えは、医療の正史には決して出てこない、
抹殺された天才の壮絶な人生が物語っています。
隠され続けた発明と、ライフ博士の生涯を振り返って
みることにしましょう。

-------------------------------------------------------------



[ガンを殺す技術]

ライフ博士は、すべての物質と同様に、目には見えない
レベルでウイルスもそれ独自の振動数で、
振動していることに着目しました。
そして、そのウイルスと共振する周波数の光を照射して、
ウイルスをさらに振動させました。
微生物がその構造的な形を維持するのに耐えきれなくなる
まで照射レベルをさらに上げてやると、ウイルスの形は歪み、
崩壊してしまうのです。

ライフ博士は、この周波数を
「致死反応振動数(MOR)」とよびました。

そして、 この「致死反応振動数(MOR)」の光は、
ウイルス以外の周りの正常な細胞には、
いっさい害を与えないのです。

また、 電気を使用した治療法なので、
実質的にわずかな電気代しかかからないため、
治療費もたいへん安いものでした。
脱毛などの副作用に苦しんだりすることもなく、
患者は、すみやかに治療されて、
無事に家族の元にもどれるのです。

抗がん剤を用いた化学療法や放射線療法や外科手術のように
命を危険にさらす必要もありません。

この治療法の仕組みは、ワイングラスをある特定の音波で、
破壊できることに似ています。
目には見えませんが、ワイングラスの分子は、すでにいつも
特有の音(その音波のいくつかの高調波と同じ振動数)で
振動しています。その音と共鳴しているのです。

全てのものは、その物質個有の振動数で振動しているので、
その音波で破壊されるのは、そのワイングラスだけです。
まさにありとあらゆる全てものは、他とは異なるそれ固有の
共鳴振動数を有しており、それこそありとあらゆる周波数が
存在しているのです。



ワイン

ワイングラスを音で割る(共鳴実験) 

https://www.youtube-nocookie.com/embed/bOl2FPdZTTs



この技術を完成させるのにライフ博士は、
ヘルペスや小児麻痺、脊髄膜炎、破傷風、インフルエンザなど
を含む数多くの危険なウイルスなどの病原菌を破壊する特定の
周波数を発見するために一度に丸二日( 48 時間)通しで働く
という生活を長年行っていました。

[著名な博士たちとの共同研究]

1929 年、
「ライフ博士が開発した顕微鏡でウイルスの生態の観察に成功した」
という新聞記事が出ると、アーサー・ケンダル博士が友人の
ミルバンク・ジョンソン博士にライフ研究所を訪問して、
本当か確認してくるよう依頼しました。
依頼の通り研究所を訪問した、ミルバンク・ジョンソン博士は、
ライフ博士の先進的な研究に興味を持ち、協力者となりました。
また、アーサー・ケンダル博士も、ウイルスを培養して、
生きたまま観察できる培養液(K- medium) を開発し、
ライフ博士と共同研究をはじめました。

そして、 1931 年 11 月 20 日には、ミルバンク・ジョンソン
博士による晩餐会が催され、米国内で最も尊敬される医学界の
権威である 44 人が、ライフ博士とアーサー・ケンダル博士の
共同研究の功績を祝いました。

1934 年、南カリフォルニア大学は、特別医療研究委員会を
設立して、ミルバンク・ジョンソン博士のパサデナ郡立病院の
末期がん患者を対象にライフ博士の研究所でがん治療実験を
実施しました。
その研究チームには医者や病理学者が加わり、
患者の診察を行いました。

3 カ月の診療の後、委員会は 86.5 %の末期がん患者が
完全に治癒したと報告したのです。
さらに治療は継続され、残りの 13.5 %の患者も
4 週間後にはこの治療によって完治してしまいました。
ライフ博士の技術による治癒率は何と 100 %だったのです。
現代の最先端治療でさえ、がんの平均治癒率は、
15 ~ 30 %と言われていますから、この数値が、
どれほど驚くべきものかおわかりになるでしょう。

[悲劇のはじまり]

悲劇の兆候は、
まずライフ博士を買収することから始まりました。
1934 年 には、米国医師会の株式をすべて所有していた
モーリス・フィッシュベイン氏が、弁護士をよこして、
ライフ博士の治療法の独占権を渡すよう要求しました。
しかし、ライフ博士は、それを断ったのです。

まず、ライフ博士の研究所からフィルムや写真や研究書類の
多くが盗まれました。
しかし、容疑者が逮捕されることはありませんでした。

そして、ライフ博士の研究を立証するため、何億円もかけて
設立されたニュージャージー州のバーネット研究所が放火
されたのです。

これによって 、ライフ博士も窮地に立たされました。
というのは、コンピューターがなかった時代にこれらの
データを復元することは大変なことだからです。
さらに、ライフ博士の貴重な顕微鏡は何者かによって、
破壊され、 5682 もの部品が盗まれました。

そして、最後にとどめを刺したのは、
警察による令状なしの捜索と違法な没収です。
これにより、 50 年に渡るライフ博士の研究の残骸も
すべて処分されてしまったのです。

結論として、ライフ博士の生涯をかけた研究と大発見は
無視され、潰されただけでなく、おそらくは、ライフ博士と
ともに埋もれてしまったものと思われます。

ライフ博士の最後の 3 分の 1 の人生は、
アルコールに溺れたものでありました。
無駄になった 50 年の研究生活からくる精神的な痛み、
またすべてを鋭敏に知覚できる意識は、膨大な利益を
手にする少数の既得権益者たちの傍らで、
無為に苦しむ何百万もの人々を、酒の力なしで、
忘れることはできなかったのでしょう。

1971 年、ライフ博士は、バリウム(精神安定剤)と
アルコールの過剰摂取により帰らぬ人となりました。
83 歳でした。
ライフ博士は、自身の発明した治療器の特殊な光の照射を
浴び続けていたため、アルコールの乱用にもかかわらず、
これほど長生きできたといわれています。



ロイヤル・レイモンド・ライフ博士の周波数リスト

<引用終わり>
---------------------------------------------



管理人


音の周波数、光の周波数、赤外線の周波数、電磁波の周波数

紫外線の周波数と・・・様々なものがありますが、

その究極的な本質は一つのものであると聞いたことがあります。

その一つのものから様々に形を変えて派生しているだけであると・・・

ヘビなどの視界は熱からでる赤外線でものを見る世界です。

蝶は紫外線でものを見る世界です。

人の目では、蝶の雄と雌は区別出来ませんが、蝶たちは、

雄と雌をはっきり判別出来るというのは常識になっています。

皆さんも記憶されていると思いますが、

過去記事にもそのヒントがありました。

◎⇒ 「ガン細胞は39.3度以上で死滅する!」http://ameblo.jp/64152966/entry-11738869196.html

一部引用

ガン細胞は35・0℃で一番増殖し、

39・3℃以上になると死滅することがわかっている・・・

世界ではじめて発表されたガンの自然治癒例によれば、


ガンに罹患(りかん)後、自然治癒した人全員が、

丹毒(急性の皮膚細菌感染症40℃以上の発熱がある)や

肺炎にかかって発熱した人だった。


----------------



如何でしょう。

ライフ博士の学説とピタリと一致します。

つまり、39・3℃前後あたりにガン細胞の共振域があると

言い換えることも出来そうです。

ここでは、温度―赤外線の周波数に置き換えられるのでは

ないでしょうか。

ライフ博士は、これを光を使ってやろうとしました。

光の周波数と言い換えたほうが適切でしょうか。

ガン細胞を死滅させる赤外線の周波数を光の周波数に

変換出来たとしたら、ものすごいことになりますね。

長い時間、熱い思いをしなくても簡単にガンを死滅させることが

可能となります。

恐らく、ライフ博士は、これを実践していたと考えられます。

今日は、もしかしたら、ものすごい気づきを与えられたかも

しれません。

まさに、天からの啓示!

赤外線の周波数を光の周波数に変換出来ることは可能だと

ご存知の方は、是非、当ブログにお知らせ下さい。

ガンは恐ろしいものでもなんでも無くなってしまう!

これはすごいことですよ。

ガンには様々な原因がありますし、ガンそのものも、

良性があったり悪性のものがあると云われています。

ガンになるのは、先ず、原因がある訳です。

その原因によって体質が劣化して様々な病気を

発症することになります。

ガンはその悪化した体質から生まれて来るものです。

ですから、ガンだけを退治しても駄目です。

原因を遠ざけ、且つ、体質を改善していく努力が必要になって来ます。

同時に、生活習慣も変える必要があります。

肉食や糖分を控えるとかの・・・


その上、免疫力を高めることが出来たら言う事なしです。

⇒  http://ameblo.jp/64152966/entry-12230559688.html


         



. 医者の不養生いや不勉強~ 医師もどんどん亡くなっている

医者の不養生いや不勉強 
~ 医師もどんどん亡くなっている






★阿修羅♪さんのサイトより

医者の不養生いや不勉強~ 医師もどんどん亡くなっている
http://www.asyura2.com/16/genpatu47/msg/174.html

<転載開始>

4月にも投稿しましたが、相変わらず医師の訃報が多いようです。

政府・医師会からの圧力で、放射能汚染の影響を患者に告げないのはわかりますが、
もし内部被ばくの危険性を知っていれば、少なくとも自分だけは気をつけるはずです。

バタバタ亡くなっているということは、ようするに内部被ばくのことを全く知らない
無知、無防備な先生が大半だということでしょう。

東京・千代田区の歯科医・シェフさんのツイートです。

--------(引用ここから)----------

https://twitter.com/sendagiwalker/status/778382801833865216
(シェフ) 東京・千代田区
日本中で医師の訃報が増えています。被曝を過小評価して
馬鹿にした医師ほど、その報いを負っているのかも知れません。
#死因は無知の医師
16:58 - 2016年9月20日

https://twitter.com/sendagiwalker/status/777793553342668800
(シェフ) 東京・千代田区
慶応とか国立大の医師に内部被曝の事を聞くと興味深い。
概ね小学生レベルの知識しか無いからだ。
#被曝過小評価の代償 #被曝したら医療は当てにならない
1:56 - 2016年9月19日

https://twitter.com/sendagiwalker/status/777699019434754049
(シェフ) 東京・千代田区
もう数年もすれば被曝を過小評価し笑っていた医師達は
患者から信用されなくなるだろう。逆に以前から注意を促し
指導や啓蒙していた臨床医は評価されるだろう。
殆どの医師は患者の被曝を放置していた事になる。
アナタの担当医はどうだろうか。#被曝を笑う医者は悪魔
19:41 - 2016年9月18日

--------(引用ここまで)----------


国民の健康を守る医師がどんどん亡くなっていくのは、大変深刻な状況です。

これから放射能被ばくによる患者が激増します。
そうでなくても日本では医師が決定的に不足して困っているのに、
どうなってしまうのか。

日本の医療崩壊が目前に迫っています。

内部被ばくの危険性をきちんと理解して、
御自分と患者さんの健康を守る先生が増えることを
切に望みます。


(関連情報)

「亡くなる医師が相次いでいる 被ばくの危険性をはっきり告げる先生が日本を救う」
(拙稿 2016/4/23)
http://www.asyura2.com/16/genpatu45/msg/535.html

「体調不良の西川史子さん ラーメン番組にひんぱんに出演」 (拙稿 2016/5/28)
http://www.asyura2.com/16/genpatu45/msg/730.html

「被ばく患者激増で目前に迫る医療大崩壊 暗黒未来の到来」 (拙稿 2014/3/2)
http://www.asyura2.com/14/genpatu36/msg/568.html


--------(引用ここから)----------

https://twitter.com/yuzushenko1207/status/808979438851325952
(みーちゃ 羽生結弦) 愛知
おばあちゃんが通ってる開業医の先生が急性白血病で亡くなったとか
病院どうするんだろ・・・
2:18 - 2016年12月14日

https://twitter.com/Ayato_874/status/808689445121638402
(あやと*)
薬なくなると辛いな でも病院の院長先生亡くなったから
病院探す所からやりなおし ってか受診料もねぇわ
7:06 - 2016年12月13日

https://twitter.com/AlicePirates14/status/808936493662302208
(チルハ@もっちゅぴっと)
ファンタビ観た(^^ )面白かった。ところで私の通ってる病院の先生が
亡くなったみたい…いい先生だったのに(;_;)
23:27 - 2016年12月13日

https://twitter.com/kiririri/status/808579061714853889
(きりゑ) 東京
今日歯医者行ったら大好きな先生が急に亡くなった
とのことで閉院していた
息子先生は私とどっちがよぼよぼになって‥
くらいずっと通う気だったからすごいすごいショック。
お父さん先生にもちびっこの時からお世話になってたし‥
これでいよいよ高円寺との縁が切れたなあ
23:47 - 2016年12月12日

https://twitter.com/18_stt/status/807510062751039488
(Reki)
母親から電話来て、俺がいつもお世話になってた
病院の院長先生が亡くなったって 俺、どうしよ、
治してくれる先生居なくなっちまった
0:59 - 2016年12月10日

https://twitter.com/iwakeko/status/806796882311684097
(大野君ちの恵子さん) 愛知
子ども達が赤ちゃんの時からのかかりつけ医の先生が急死され…
入院されたと連絡来たのが一昨日だったからあまりに急すぎて…
ちょっと食欲がなくなってしまった… VS気持ち落ち着いてから観よう…
ほんとにお世話になったからショック大きい:;(∩´ `∩);:
1:45 - 2016年12月8日

https://twitter.com/hanamatsurin/status/807205651566866432
(ハナ)
@pso2_stella38 ありがとう!!
今も治療中で家族でお世話になってるかかりつけの病院の先生が
突然亡くなったって知ってショック過ぎて。。。(;ω;)整理つかない感じなのー
4:49 - 2016年12月9日

https://twitter.com/ikoma__miru/status/805607205437206528
(生駒 美瑠) 東京
長年通ってた歯医者と連絡つかないから違う歯医者に通ってるんだが、
今日聞いたら先生が急死したとのこと(>_<) 白血病とか(>_<)
うちの校医だったんだよね(>_<) 最近、周りがみんな死ぬ(>_<)
俺もやりたい事やっといた方がいいと改めて感じた(>_<)
18:58 - 2016年12月4日

https://twitter.com/nyankororin_mou/status/804881656704139264
(みいこ@国境無き猫もふ団)
ほー。私が昔通っていた精神科クリニックの医者くも膜下出血で
亡くなっとった。私より若いのに。娘はまだ大学生ぐらいじゃないのかね。
医者にするって言っていたのにね。
18:55 - 2016年12月2日

https://twitter.com/xxami530xx/status/804306847259729920
(アミ)
高宮内科の先生亡くなったって……
4:51 - 2016年12月1日

https://twitter.com/sasha_gs55/status/802486143618945024
(さしゃ)
現役の医者の親戚が40代で胃がんと肺がんで亡くなったとか…
4:16 - 2016年11月26日

https://twitter.com/shigeta_koji/status/801994712483708928
(茂田浩司・ライター) 東京
区民検診へ。看護師さんに9月に癌で亡くなった先生のことを聞く。
ふっくらしてた先生が見る影もなく痩せて「命を削って診察してました」。
2月に行った時、手術したと報告したら「再発させないようにね」と。
「先生はどうなんですか?」と聞きかけて顔色も悪くないし止めた。
聞かなくてよかった
19:43 - 2016年11月24日

https://twitter.com/akiko44/status/795608914674843648
(akko)
荻窪時代にお世話になった先生が亡くなった。とても悲しい。
病院葬に参列しようと思う。
4:48 - 2016年11月7日

https://twitter.com/ninoninoha/status/793748036933398528
(セdes@猫と育児) 東京
ここからはコントみたいな怒り笑い話。
産院でもらったデパスがなくなってほしいので、
近所の心療内科に行ってみたら、先生が脳梗塞か何かしたらしく、
言語や体に麻痺がきてて患者かって感じで!
話しても何言ってんのかわからないし、紙カルテ書くのも遅いし、
逆に精神的にめっちゃ疲れたYO
2:34 - 2016年11月2日

https://twitter.com/yu_pocky/status/793439936275898368
(ゆか)
先月で長かった歯医者生活が終わった。
凄く優しい親身な先生だったけど、どうやら脳梗塞?で亡くなったと聞いた。。
信じられない…吉川先生に出会えて前歯がやっと綺麗になった。
婚活の意欲も湧いてきたし、もっと可愛くなりたい!
と思える様になった矢先の出来事。ご冥福をお祈り申し上げます…
6:09 - 2016年11月1日

https://twitter.com/pmxpvrtmx/status/791282844710670336
(poppy) 札幌
めまいと吐き気で倒れた主治医、その後の午後診で70人も診たと…!!
今日も110人も診たと!!! 1人5分で廻すとかだよね…。
明らかにおかしい!!! 私がいた頃はのんびり10分はとってた。
いい先生だから混むのもあるだろうけど、首都圏、
大変なことになっているのでは。
7:18 - 2016年10月26日

https://twitter.com/xyaguti/status/791223166928498688
(みい) 兵庫
知り合いの病院を経営している50歳手前の医師が脳出血で倒れた。
復帰は厳しいらしい。彼は頭が下がるほどの働き者だった。
私は働き者ではないが、気をつけないと。
3:21 - 2016年10月26日

https://twitter.com/tinkerbell_1/status/790539017196478465
(ティンク)
…先ほど妹から連絡で、昨日 医師をしていた知人が
心筋梗塞で亡くなったと聞いて… まだ子どもさんも学生だし…
8月に会った時も、いつもの様に会話してましたので…残念でした
こんな時間ですが貰った 堅揚げポテトを食べたので、
明日も業務を頑張ります どうぞ皆さん、身体に気をつけて
6:02 - 2016年10月24日

https://twitter.com/relychoris/status/789032841862455296
(relychoris) 熊本・南部
かかりつけだった病院の先生は亡くなったし、新しく行くことにした
病院はきょう午後が休診なので、薬を服んで寝るしかない。
つか、あの病院の待合室で2時間も待たされた時に
風邪をうつされた気がしてならない…。
下手に病院へ行くと病気をもらってくるとか、
リピート率が高い商売だなあ(違う
2:17 - 2016年10月20日

https://twitter.com/chicmeg/status/788735171566538752
(Fruitgirl JOY)
最近自分のことで病院に行ってなかったけど、
長引く風邪を診てもらおうと、自分でもガンを患っていたのに
自分の患者さんのこと想ってクリニックを閉めずに
沢山の人を診てきてくれた先生の病院へ行こうと
病院のサイトを見たら、先月亡くなっていたと知った今日。
6:34 - 2016年10月19日

https://twitter.com/MKumamoto/status/788951153778188294
(ねこぱんち) 神奈川・小田原市
@hanginbody @PERFECTASSHOLE0 @Moo1984npo
私も半年ぶりくらいでかかりつけの医院に今行ったところ。
59歳の女医さん9月に脳梗塞で亡くなられたということでした。
私は73歳、お若い方の死はショックです。
20:53 - 2016年10月19日

https://twitter.com/sayasayamoyamo/status/788943955249418240
(もやも@1229BUCK-TICK武道館)
こちらにきて10年お世話になった内科の先生がお亡くなりになったようで…
今日診察に来たらそっとご報告が貼られていた。残念な気持ちでいっぱい。
優しい良い先生でした。ありがとうございました。
20:24 - 2016年10月19日

https://twitter.com/rYothedentist/status/788627800538411008
(rYo(BKR)) 東京
最近近所で診療されていた先生が亡くなったから、
そちらに行っていた患者さんがうちに来て忙しさMAX。
で、Twitterが通知機能死んでるから、ぶっ壊れのツイートが
掘らないと見れない(見逃しもあり)
Twitterさん(アプリ)お願いしますよ(´;ω;`)
23:28 - 2016年10月18日

https://twitter.com/satomi_kudoh/status/787997099249893378
(satomi_kudo)
私の病気を見つけてくださった先生が亡くなりました。
急性心不全だったそうです。先生、これまで診ていただき、
本当にありがとうございました… 天国で安らかにお眠りください。。
御冥福をお祈り申し上げます。
5:42 - 2016年10月17日

https://twitter.com/purple_oneli/status/787980580763766784
(サキエル) 神奈川
親が通ってる眼科の先生が亡くなったそうで、
とりあえず目薬が欲しいからどこの眼科に行こうかと探しまくってる。
この前行った時に2週間ぐらい休みって貼り紙がしてあったって
聞いてたから、その時に何かあったのかも。
4:36 - 2016年10月17日

https://twitter.com/steal_51/status/788210800586403840
(steal.51) 神奈川・平塚市
訃報が飛び込んできた。高校の同級生が、
昨日舌癌のため亡くなった。
驚きとショックのあまり、声が出なかった…
数年前から闘病生活しながら、医師として頑張っていて、
これからだったというのに…無念過ぎて言葉が出ない。
19:51 - 2016年10月17日

https://twitter.com/cocolino/status/787802204677607425
(cocolino) 東京・中野、高円寺
かかりつけ医として通っていた病院の先生が癌で亡くなってしまった。
これからまた病院探すの面倒だし、ここに通いたいと思える医者に
また出会えるだろうか。
16:47 - 2016年10月16日

https://twitter.com/Y19xx5/status/787653088987353089
(郁 低浮上。)
また②お久し振りです(笑) 先週月曜辺りから体調に違和感を感じ・・・
結果的に熱が上がり病院行きに それと同時に小さい時から
お世話になってる先生が亡くなったというショックな事と重なり、
寝込んでました。 だいぶ良くなり、今日からまた復活です、
よろしく\('ω')/♪
6:55 - 2016年10月16日

https://twitter.com/showko04261/status/787790606466547713
(syoko.)
インフルエンザワクチンってゆう言葉を1日何回聞くんやろってくらい
聞いてる。近くの医院の先生亡くなったからもう今年インフルなれへんなこりゃ。
16:01 - 2016年10月16日

https://twitter.com/plvy_mskm/status/787536979034386433
(藤紫)
そろそろインフルエンザの予防接種の時期か。
去年の予防接種の時期に娘さんのかかりつけの小児科の先生
亡くなったんだよなー。まだ1年しか経ってないのか。
遠い過去の引き出しに入ってたわ
23:13 - 2016年10月15日

https://twitter.com/usss_smrs_h/status/787208556176998401
(氷竜@リス /しまさか余韻
6年以上担当してもらってた歯医者の先生が脳梗塞で倒れたらしく、
今違う先生に見てもらったけど なんか、普通にいけめんやってんけど
爽やか系いけめんやった いつものおっちゃん先生より優しいし 私は好き((
1:28 - 2016年10月15日

https://twitter.com/CHAPOP_chapo/status/786589486687727620
(CHAPOP_chapo)
高田馬場の皮膚科前田医院、先生が亡くなって閉院しちゃったんだ(u_u)
今年中にあらゆるホクロを除去しようと思っていたら.°( д 。)°.
安い値段で、適切な治療をしてくれるぼったくり美容クリニックより
断然良かったのにな。 #前田医院 #シミホクロ取り #美容外科
8:28 - 2016年10月13日

https://twitter.com/h_love03090719/status/786489040228933633
(結姫) 富山
かかりつけの小児科の先生が亡くなったらしい・・・
病院無くなるかもしれないみたい(><)
インフルエンザの予防接種もあるし・・・どうしよう(><)
1:49 - 2016年10月13日

https://twitter.com/miiiiicann/status/785831607596830726
(みほ。)
会社の近くに新しく建った病院の医院長先生が、
病院建設中に亡くなってたらしい。脳関係の病気で急死やったそうな。
人生何があるかわからんね。
6:17 - 2016年10月11日

https://twitter.com/tsurayuki___/status/784432542480896000
(シン・ツラユキ)
某病院では月の残業時間が400時間を超える医師がいて、
30代くらいの若い医師に心筋梗塞やら脳出血やらが続出したという。
9:37 - 2016年10月7日

https://twitter.com/Rizfis/status/784013200521990146
(Rizfis)
かかりつけの歯科の先生が病気で亡くなっていて、
自分よりも先に先生がいなくなる可能性が多いことを思い知った。
5:51 - 2016年10月6日

https://twitter.com/afterzero0201/status/783591400487071744
(ねおぜろ)
@azucatter 反面教師も含め、その後まで気に掛けてくれる
良い先生ですね。うちの母校で統計を取っていましたが、
放射線科が平均寿命60代と、若くして亡くなっていました。
職業病でしょうかね。
1:55 - 2016年10月5日

https://twitter.com/kanawandy1/status/783674393088004096
(ぴぃ仕事用☆写真変更) 北国
麻酔科Drが昨夜自宅で脳出血で倒れた。
何か体調悪いんだよなーってボヤいてヘビーなのに禁煙してたらしい。
オマケにマラソン大好きなのに4日前の大会欠場。
7例のオペ非常勤の麻酔科Dr一人で回していた。カッコイー女医joi
7:25 - 2016年10月5日

https://twitter.com/koma_611651/status/782871390013706240
(うろこまめ)
つい3週間前に取材した整骨院の先生が急逝。
まだ30代半ばなのに…。 やっぱり毎日を大切に生きよう。
2:14 - 2016年10月3日

https://twitter.com/ysyays/status/781813011300306944
(しらちゃん@愛煙家) 山梨
4年以上お世話になった病院にお別れしてきた。
最後に診断室に入れてもらい、亡くなった先生にお別れが出来て、
残念で悲しいが良かった。 ずっと居ると泣きそうだったんで、
5分ほどで診断室をあとにした。 病院を出て直ぐに車の中で
泣いてしまったが。 先生の御冥福をお祈りいたします。
4:08 - 2016年9月30日

https://twitter.com/hakuchim/status/781730154745765888
(はくちむ) 静岡
かかりつけの小児科が9月から休診でどうしたんだろう…
なんて思って今日薬局行ったら先生急死されたって話聞いて
衝撃が隠せない。優しくて親身に話聞いてくれて
熱性痙攣の時も丁寧に説明してくれて安心した。
いい小児科見つけたと思ったのに…ご冥福をお祈りします。
22:39 - 2016年9月29日

https://twitter.com/lovealot_/status/781010349294292993
(I.M)
久しぶりに藤枝の市立病院内のDOUTORに来た。
かつてここの病院の外科医の金丸仁先生が癌で亡くなったと
最近聞いたからだ。先生は乳癌の権威だった。
うちの母も先生に手術をしてもらい、十数年を生き延びた。
先生はなんとミステリー小説なども書いている。とても残念。
22:59 - 2016年9月27日

https://twitter.com/carapowa1/status/780279057829113856
(どるぴん) 九州
@zakennayou その方は福岡市の中央区。
今月義姉夫婦の会社の近くのクリニックの50代の医師が
大動脈解離で急死したし。異常に多いと思う。
でも全員地元の人なんだ。。。
22:33 - 2016年9月25日

https://twitter.com/myotonica_info/status/779871994225360896
(筋強直性ジストロフィー情報集) 東京・杉並区
2016年9月23日(金)、国立病院機構 東埼玉病院 院長 川井 充先生が
ご逝去されました。葬儀は下記の通り執り行われる予定です。
通 夜:2016年 9月27日(火) 18時00分~
告別式:2016年 9月28日(水) 10時30分~
通夜・告別式 会場:大宮典礼会館
19:35 - 2016年9月24日

https://twitter.com/dekoking07/status/779857129049993217
(でこ)
かかりつけの病院の先生が亡くなった。まだ若かったのに…
18:36 - 2016年9月24日

https://twitter.com/yuko_mocha/status/779333073267666944
(y.yuko)
そしてモカが行ってる動物病院の院長先生が急死してはって
今日それを知ってめっちゃ衝撃やった…なんかショックやわ…
7:54 - 2016年9月23日

https://twitter.com/xswaLLox/status/777483201660936192
(炬燵から出れないつばめ)
@xxAg_ism 木内医院ってとこでね、アリーナとか
TSUTAYA方面にある病院なんだけど。急死されたらしくて…
いい先生だったしお世話になってたから悲しいし困った…
5:23 - 2016年9月18日

https://twitter.com/tama9611/status/775706381043191809
(店長)
近くの内科の先生が亡くなったから行く病院が・・・
7:43 - 2016年9月13日

https://twitter.com/25Amica/status/775243346163802113
(☆あみたん☆放送したいけど出来ない系)
15年通ったドクターが倒れたらしい…
もうあの上から目線な先生節が聞けなくなるのかと思うと、
やっぱ寂しい… 入籍したこととか直接伝えられない…
ぶっちゃけ、第二の父親って存在だったから、
何とも言い難い気持ちになる…
まだ亡くなってはないらしいから、いつか逢える日まで
1:03 - 2016年9月12日

https://twitter.com/ayashina/status/774627357361528833
(護面綾丸)
俺の心臓心配してたかかりつけの先生が心筋梗塞で亡くなるとは…
8:15 - 2016年9月10日

https://twitter.com/foxnumber6/status/772699476049874944
(好きになるその瞬間王。)
お母さんの通ってるメンの病院の先生が50歳にして
くも膜下出血で急死したという報が来て、やっぱりメンの相手を
生業にすると寿命縮むんだなと思った。
0:34 - 2016年9月5日

https://twitter.com/ronrmron/status/772691081318191105
(Bianca)
皮膚科に行ったら先生が急死の張り紙
えっ本当に?信じられない...!Σ( ̄□ ̄;)
0:01 - 2016年9月5日

https://twitter.com/mami_katze/status/771581204982173696
(虚弱ばばぁのまみ)
ちょっと病院で驚きのことがあり動揺が隠せない…
そうか、そうだったのか。九年間診て貰ってた先生が
くも膜下出血で亡くなってた…。先月の13日にだそうだ。
もう、頭にタオル巻いた先生や首にタオル下げた先生は
見れないのか…。さっき話題にしてただけに…。
22:31 - 2016年9月1日

https://twitter.com/gurigurayeeh/status/770720339860922368
(もとこ)
水分補給しに手術室の外にでたら暗闇の中で
人が倒れててよく見たら外科医だった ここは戦場や…
13:30 - 2016年8月30日

https://twitter.com/1010Radio/status/770509954847379456
(1010Radio)
K医師が亡くなった。いろいろ思い出はあるが、
その中でも彼が勤務医時代一緒に沼釣りをして
何も釣れなかったことだろうか。
数年前から自ら経営する医院が閉鎖されていたので
気にはなっていたが闘病中だったようだ。安らかに眠って欲しい。
23:34 - 2016年8月29日

https://twitter.com/carapowa1/status/768664267268567040
(どるぴん) 九州
福岡の義姉からTel有り。義姉の家は天神で会社を経営。
先週、近くのビルでクリニックを開業してる50代の医師が
大動脈解離で突然死したと。で、、、内緒にしてたけど
義姉の旦那も2年前に狭心症で手術、ステントを入れてるんだそうだ。
義姉も昨年腸閉塞で入院してる。福岡多過ぎ。
21:20 - 2016年8月24日

https://twitter.com/fuku_come/status/767668759209193472
(Nobuhide Fukushima) 福岡
今日、ちょっとショックなことがあって。
実は、今月は会社の健康診断月間で、
ぼくも今月下旬の健診に向けてダイエットに励んでたわけなんですが…。
その健康診断のクリニックの院長先生が急逝されました。
ええええ~!? と、いうことで、今月の健康診断は白紙に。
いろいろ考えなくちゃ。合掌
3:24 - 2016年8月22日

https://twitter.com/nikoniko_yt/status/767907207983751168
(すいーと) 札幌市
今日は、心療内科の通院日です。担当の院長先生が、
くも膜下出血でお亡くなりになっていました。まだ51歳です。
早過ぎる死にショックを受けています
19:12 - 2016年8月22日

https://twitter.com/koukou_19825/status/767007148148559873
(@深見川) 愛知
医者になった姪が手術して入院しとるのを今日知った。
良性の腫瘍で命は大丈夫のようだが。
人間本当に何が起きるかわからん。
自分より若い職場の同僚も白血病で亡くなったり、
昔の上司はガンで1年で亡くなった。何もなく生きてるのが幸せだ。
7:35 - 2016年8月20日

https://twitter.com/simo_107/status/766092450670649344
(るるはイラスト修行中@健康になりたい)
主治医の先生が13日、くも膜下出血で亡くなってた・・・。
7年もお世話になったし、凄く寂しい。
19:00 - 2016年8月17日

https://twitter.com/1978starmine/status/764419971652780032
(スタートSTAR☆ット) 札幌市
ボクのかかりつけ医の先生が亡くなった、、、
51歳くらいクモ膜下出血で今日の朝 信頼してたので悲しいです
4:14 - 2016年8月13日

https://twitter.com/aigooooo/status/761913107237089281
(aiko)
インフル注射とかでお世話になってた開業医の先生が亡くなったとか。
40代半ば。見た目柔道部。血液内科専門医だったから
相談きいてもらったこともあった。かなしい。
クリニックどうなるんだろうか。。
6:13 - 2016年8月6日

https://twitter.com/macco524/status/761737079747334144
(macco) 京都市
ジルが子犬の頃からお世話になってきた獣医さんが急逝されたそうだ。
ジルを最後まで診ていただきかったし、私達もとても寂しいです。
18:34 - 2016年8月5日

https://twitter.com/kaaaz1977/status/760770601929678848
(k-3)
病理学の先生が亡くなられた。ご冥福を申し上げます。
2:33 - 2016年8月3日

--------(引用ここまで)----------


<転載終わり>

----------------------------------------------



amaちゃんだ ‏@tokaiama · 37分37分前
https://twitter.com/tokaiama/status/812407030027649024

医者の不養生いや不勉強  医師もどんどん亡くなっている 
http://www.asyura2.com/16/genpatu47/msg/174.html

1990年以降、
文部省が放射線被曝カリキュラムを廃止したため、
大半の医師は被曝についての基礎知識がない。
東日本で避難が行われない大きな理由になっている。





管理人

最初から、結論的な話をします。

被爆対策とガン対策は、非常に近似値のところにあります。
重なる部分が非常に多いのです。
少し勉強している人なら、私の言わんとする事がよく理解出来ると思います。

つまり、被爆対策とガン対策を深く理解していない医者が死んでいる事になります。
怖い話ですが、本当のガン対策を知らない可能性が濃厚って事でしょうか?

そうしますと、そのようなお医者さんから、ガンの治療を受ける訳です。
皆さん、私の言っている事の意味がお分かりいただけるでしょうか?

お医者さんは、医療マフィアから指示されたマニュアル通りのことを
やっているだけです。
マニュアルっていうのは、製薬会社と病院が利益を上げるだけのものです。
そこには、国民の尊い命の尊厳なんて何も存在しません。

日本全国のお医者さんが、どこを切っても金太郎しか出て来ない金太郎飴みたく・・
同じような人ばかりっていうのが真相なのでしょうか?
無論、一部には本当に素晴らしいお医者さんもおられるでしょうが、
そのお医者さんに、幸運に当たるのは、
宝くじに当たるかの如くの確率なのではないでしょうね・・・???

思い出されるのは、東京にはもう住めないと、病院を東京から岡山に移設された
三田医師の言葉です。

『今どきの医師は、放射能の知識はもちろんのこと、被爆対策についても
ほとんど何も知らない。
医大のカリキュラムにも無いし、勤務医として大変忙しいので不勉強で、
被爆対策についても何も知らないのが実情だ。』


・・・だそうです。
どうするんでしょうか、東日本の皆さんはもちろんの事、日本国民の皆さんは・・・。
あっ、私も日本国民の一人でした。

これは手前味噌ですが、私は2011年より、様々な放射能の問題や被爆対策について
たくさん記事にしていますし、1年前からは、メルマガの関係で、本格的に被爆対策や
ガンの本質やら治療法について研究を重ねてきました。
もしかすると、ヘタなお医者さんより詳しいかもしれないとさえ思う時があります。

というのも、メルマガサイトのアドレスに、東京のお医者さんや歯医者さんから、
数回メ-ルをいただいたことがあるのです。
たとえ匿名扱いにしても、一応、個人情報に該当しますから、
メ-ル内容は、この場では公開は出来ません。
しかし、正直、驚かされました。
あまりにも何も知らないことに・・・\(゜□゜)/

しみじみと、その意味について考えさせられました。
大変な事になるんじゃないのかな・・・この先。
2017年あたりから、東日本では被爆症状が激増すると予想されているのに!






お知らせ

12月22日に最新のメルマガを配信しました。
まだ届いていないメルマガ読者の方は、直ぐにご連絡下さい。

12月22日配信〜最新記事

★メルマガ第29号

芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』












. ASKAさんへの進言~「尿を出してしまったら終わりだ。必ず、陽性にされてしまう」

ASKAさんへの進言~「尿を出してしまったら終わりだ。
必ず、陽性にされてしまう」






兵頭正俊 氏のツイートより
https://twitter.com/hyodo_masatoshi/status/811893177984512003

「尿を出してしまったら終わりだ。必ず、陽性にされてしまう」。
検察・警察は正義の味方である、と信じていたら、
お茶を尿として差し出す機転は働かなかった。
この機転は、のほほんとした日本では、なかなかにレベルの高いものだ。
これがなかったらかれはスピンの物語にそって有罪とされていただろう。



管理人

私も全く同感です。
お茶でさえ、覚醒剤が検出されたとねつ造する警察です。
本物の尿だったら、確実に有罪にもっていかれたでしょう。
そういった怖れを理解していたからこその「お茶」だったのでしょう。

ただ、安心するのはまだ早い。
メンツを潰された警視庁が、おとなしく引き下がる訳がありません。
今後、また尿検査を求めてくる可能性だってあります。
ASKAさんの尿さえ手に入れれば、
あとは、その尿に覚醒剤を仕込み検出されたとねつ造すれば済む話です。

或いは、ASKAさんの飲食物に覚醒剤を仕込まれる可能性だって有り得ます。
定期健診なんて、絶対に行かないほうがいいです。
尿や血液から覚醒剤が検出されたとやらかすかもしれない。

私が思うに・・・
ASKAさんを護れるのは、

先ず第一に、本人とご家族の自覚と防衛意識。

次に、仲間やファンとの連帯意識。
ブロガー、ツイッターなど多くのサイトを味方につけるべきです。
ASKAさんに違法に手を出すリスクを警察に感じさせなければいけません。
その為には、今後起こり得る冤罪のケ-スを何度も繰り返し、
ネットで流す必要があると思います。

検察や警察に、それを見せつけるべきです。
彼らは、世論にとても敏感です。
特に、検察は警察への一番の歯止めになることを知っておいて下さい。
恐らく、今回のASKAさん不当逮捕の一件を担当した検事も、
今現在、ネットで流れている風評を必ず目にしているはずです。

経験者は語るです・・・
http://ameblo.jp/64152966/entry-11766281692.html


最悪の流れのケ-スの場合・・・
検察審査会 への提訴も視野に入れておくべきでしょう。



ASKAさんのブログが更新されました。

2016-12-22
尿とお茶
http://aska-burnishstone.hatenablog.com/entry/2016/12/22/175558

2016-12-22
このブログへの誤解が生まれているようなので。
http://aska-burnishstone.hatenablog.com/entry/2016/12/22/224319



私のASKAさん関連の記事に、アクセスが集中しているようです。
http://ameblo.jp/64152966/entry-12224026183.html




日刊ゲンダイ~2016年12月22日
メンツ丸潰れ警視庁 “ASKA専従チーム”結成の可能性も?
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/196259


メンツと組織防衛しか頭にない警視庁!
正義なんてどこにも存在しない。
国民の味方なんて、テレビしか見ない人の壮大な幻想に過ぎません。
それにしても、ASKAさんの顔色が悪いのが少し気掛かりです。



お知らせ

12月22日に最新のメルマガを配信しました。
まだ届いていないメルマガ読者の方は、直ぐにご連絡下さい。

12月22日配信〜最新記事

★メルマガ第29号

芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】







もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』




101 回目のプロポーズ









. あと4日で終了します!

あと4日で終了します!






お知らせ

お正月用・特選甘酒~『恋の予感』
~先着100名様プレゼントキャンペ-ン!

http://ameblo.jp/64152966/entry-12227561051.html

おかげを持ちまして、100名様に到達致しました。

大変有り難う御座います。m(_ _ )m

ところが、ここ数日、プレゼントキャンペ-ンはまだやっていますかといった
お問い合わせが多数寄せられて来ています。
お問い合わせの多くの方が、私のブログから来られているとのことで、
そこで、れもんカンパニーさんとの協議の結果、12月25日までの延長を
させてもらうように私の方から要望を出しました。

先着100名様プレゼントキャンペ-ン!~は、 
12月25日まで継続致します。 


あと4日間の短い期間ですが、ふるってご応募下さい。



≪緊急のお知らせ≫

れもんカンパニーさんのホ-ムペ-ジが 移転 しました。
ご注文は、以下の新ホ-ムペ-ジよりお願い致します。
・・・・・・・・・・・・・・
http://www.tamogi-seto.com/






簡単なご説明

サプリメント:1日あたり、2~8錠を目安に、水またはぬるま湯でお飲み下さい。

ピュアパウダー(たもぎ乾燥粉末):1日あたり、0.5~1グラムを目安にお飲み下さい。
コップに少々のぬるま湯に、振り掛けるようにすると簡単に溶けて飲みやすいです。

瀬戸のたもぎスティック:1日あたり1本が目安です。


お勧めは、夜寝る前に、温かい白湯で飲むと効能的には良いそうです。
内容的(成分)には、瀬戸のたもぎスティックがお得になっているようです。

商品は、極力、お正月・三が日にお届け出来るように頑張っています。
甘酒をお正月3が日に欲しいお客様は、なるべくお早目に注文されたほうが
宜しいかと存じます。



以上、宜しくお願い申し上げます。













. ビタミンEの7000倍の抗酸化物質「エルゴチオネイン」を豊富に含むスーパー健康キノコ~たもぎ茸

ビタミンEの7000倍の抗酸化物質
「エルゴチオネイン」を豊富に含む
スーパー健康キノコ~たもぎ茸






糖尿病の方に朗報!
血糖値を下げるたもぎ茸とは?
【糖尿病予防、糖尿病食事、糖尿病レシピ】

http://matome.naver.jp/odai/2138666359887985601

掘り出し物の秀逸な必見記事です。


<一部引用>

ビタミンEの7000倍の抗酸化物質「エルゴチオネイン」
が含まれています。
そのため「スーパー健康キノコ」とも言われています。
エルゴチオネインの含有量はダントツです。

(日本食品分析センター調べ)


エルゴチオネイン とは、

キノコなどの菌類や一部の細菌のみが合成できる成分です。
抗酸化作用が強く、DNAの損傷や過酸化脂質の生成を防ぐ
働きが期待されています。

また、抗酸化作用に加え、光による肌の老化を抑制する効果が
あると言われており、美容の面からも注目されている成分です。


【エルゴチオネインの健康効果】 

・活性酸素を除去する効果

・美肌効果

・過酸化脂質の生成抑制作用

・DNA損傷抑制作用








出典より

エルゴチオネインは、化学合成されている製品の市販価格は
1mg千円(1g約100万円)と非常に高価なことから、
人体の細胞にとって活性化という有効な働きがあることが認められ
ながら、これまで商品として研究が進まなかったのは、
研究対象としてあまりに高額なためであったと思われる。

エルゴチオネインはシイタケやヒラタケなどの栽培キノコや
各種野生キノコに含まれている。
なかでもタモギタケには多く含まれているそうだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


健康維持に!アガリクスの2倍の【β-グルカン】 

β-グルカンは免疫細胞に働きかけて悪性新生物を攻撃させたり、
抗酸化酵素(SOD酵素)に働きかけて生態に悪影響を及ぼす
いわゆる活性酸素消去能力を高めたりするという効果が期待されている多糖です。


便秘改善に!米ぬかの60倍の【キシロース】 

キシロースは大腸内の環境を整え便中の水分量を理想的な
状態にする作用があり、便秘の改善に役立つといわれています。
また、腸内の腐敗産物生成の抑制効果もあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


抗酸化力ってなに?
http://www.minamitohoku.or.jp/up/news/minamitouhoku/topnews/200912/sanka.htm


活性酸素の正体

抗酸化力のことを知るには、まず活性酸素のことを
理解しなければなりません。
私たちが生きていくためには酸素は不可欠ですが、
身体に取り込んだ酸素の一部は、他の分子と結び付いて
高い酸化力を持つ活性酸素に変化します。

この活性酸素は酸素分子が他の分子と結び付いたり、
電子だけを奪って出来る化合物です。
分子の構成によって4種類があり、それぞれ特性を持っています。

私たちの身体は年齢とともに老化しますが、それは活性酸素によって、
金属の錆のように細胞が錆びていくことなのです。
この錆びる、つまり酸化が活性酸素の仕業なのです。

活性酸素は絶えず身体の中で作られています。
これが蓄積されると、単に老化を早めるだけでなく、
がん細胞が増殖したり、動脈硬化を引き起こすなど、
様々な疾病の原因になっていることが分かっています。

もちろん、酸素が絶対に必要な私たちの体内では、
この活性酸素の働きを阻止する物質もしっかりと作っています。
これが抗酸化物質(スカベンジャー)と呼ばれるもので、
この物質の働きのことを「抗酸化力」と言うのです。



抗酸化物質の働き

身体の中の抗酸化物質は酵素を含めてタンパク質、尿酸など多様です。
よく知られるビタミン類やポリフェノール類など食物に含まれる
抗酸化物質も多くの種類があります。

そして、それぞれが

①活性酸素の発生を抑えるもの

②活性酸素の酸化力を抑えるもの

③活性酸素の受けた被害を修復するもの


といった役割を持っていて、働き方が違うのです。



活性酸素の無害化

先に挙げた抗酸化物質はなぜ活性酸素の害を防ぐのでしょうか。

活性酸素はいずれも電子が不安定な状態にある分子です。

そこで、電子を与えて分子の構成を変えれば
活性酸素の酸化力が無くなります。

抗酸化物質はこういった働きをしているのです。


そうした働きの一例を挙げます。

抗酸化物質の1つに
スーパーオキシドジムターゼ(SOD)という酵素があります。
これが活性酸素の1つスーパーオキシドを過酸化水素に変える働きをします。

でも過酸化水素も実は活性酸素の1つです。
そこで次にカタラーゼ、グルタチオンノキシターゼといった
抗酸化物質が活躍して、過酸化水素を無害の水に変えます。
こうした働きでも過酸化水素の発生に追い付かなくなると、
今度はビタミンB2が手助けする、という具合です。


少しでも老化を防ぐ暮らしを

活性酸素を無害化するため複数の抗酸化物質が活躍していますが、
体内で作られる抗酸化物質を補助するため、外からも多種類の
抗酸化物質を取り入れていくことが必要なのです。それと同時に、
活性酸素を作り出す要素を減らすことも重要です。

なぜなら、
私たちの日常生活には活性酸素を増やす要因があふれています。
挙げてみますと

①タバコ
②紫外線
③脂肪の摂りすぎ
④アルコール
⑤ストレス。

これらの要因について考え、なるべく控える方策を考える必要があるでしょう。
長生きするために。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


管理人

エルゴチオネインは、
健康増進に比べるもののないほど
役立つ、とびきりの抗酸化物質。

研究者によっては、このエルゴチオネインの抗酸化力によって
回復が期待できる疾病として、

放射線障害、大気汚染による呼吸器疾患、発がんと転移

抗癌剤による副作用、化学物質中毒や金属障害、糖尿病と
それによる合併症、動脈硬化、皮膚疾患など、
実に多岐にわたる症例をあげられる方々もおられます。


エルゴチオネインは、未承認のビタミンと云われています。
ビタミンA、B、C、D、E、といったものは、大変重要な酵素ですが、
寿命がとても短く、熱にも弱いとされています。

その点、ビタミン=エルゴチオネインは、寿命が大変長く、しかも、
120度の熱でも壊れない優れものときています。
まさに、ビタミンの王様といっても良い最優秀酵素です。


つまり、生たもぎや乾燥たもぎに止まらず、粉末や錠剤にしても
ほとんど効能が損なわれないことを意味しています。
しかも、他のビタミンやミネラルも豊富で、野菜不足を補うものと
しても、最適であると考えられます。


たもぎ茸のエルゴチオネインやβ-グルカンを調べれば調べるほど、
放射能汚染地域に最も活用すべきものではないかと気づきました。
強烈な酸化を促進する放射能に対しては、強力な抗酸化力を持つ
たもぎ茸を推奨することは、自然の摂理にも叶っています。


ただ、産地がどこでもいいという訳ではありませんし、
産地偽装という大きな問題もあります。
また、厳しい放射能検査、化学物質、重金属検査などを
厳正にやっている会社でなければ信用にも関わります。

そういった意味においても、当ブログとしては、
確かな信用のおける「たもぎ茸のブランド商品」しか扱わない、
以下の広島の会社を皆様に御紹介しております。


http://www.tamogi-seto.com/




もみじ
関連記事

【深刻化する健康被害ツイート集】
この1~2年で同窓会の半分以上が亡くなった。

http://ameblo.jp/sunamerio/entry-11957312031.html




たもぎ茸は、
広島の矢野にて、綺麗な水で室内栽培されています。








. ASKAさん不起訴処分は、警察の明らかな違法・捏造逮捕に東京地検が気づいたからだ。

ASKAさん不起訴処分は、
警察の明らかな違法・捏造逮捕に
東京地検が気づいたからだ。






12月19日 22時54分

ASKAさん 不起訴処分 地検「液体が尿と立証が困難」
http://mainichi.jp/articles/20161220/k00/00m/040/064000c

覚せい剤使用容疑 容疑不十分で釈放

東京地検は19日、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕された歌手のASKA
(本名・宮崎重明)容疑者(58)を容疑不十分で不起訴処分とし、釈放した。
地検は「任意提出されて鑑定した液体がASKAさんの尿と立証するのが困難と判断した」
と説明した。

ASKAさんは11月25日、
「盗撮されているから確認してほしい」などと自ら110番。
自宅に駆け付けた捜査員に任意提出した尿から覚醒剤の陽性反応が出たとして、
28日に逮捕された。

警視庁組織犯罪対策5課などによると、尿検査を求めた捜査員に対し、
ASKAさんは「自宅でなら」と応じ、その場で液体を任意提出した。
だが、逮捕後は「あらかじめ用意したお茶を尿の代わりに採尿カップに入れた」と説明。
「覚醒剤は使っていない」と否認したという。

採尿を求めた際、捜査員はASKAさんの妻とともに背後から監視していたが、
地検は本人の尿と立証することが困難と判断した。
液体は少量で最初の鑑定時に使い切ってしまったため、再鑑定もできなかったという。
時間がたっていたため改めての採尿はしていない。

地検は「逮捕、勾留の手続きに問題があったとは考えていない」としている。
組対5課も「違法逮捕とは考えていない」としたが、「任意捜査ということもあり、
採尿に立ち会った警察官も手元までは確認できなかった」と説明した。

ASKAさんは2014年に覚醒剤や合成麻薬MDMAを使用したなどとして逮捕され、
覚せい剤取締法違反と麻薬取締法違反で懲役3年、執行猶予4年の有罪判決が確定し、
執行猶予中だった。【平塚雄太、堀智行】


<引用終わり>
---------------------------------------


管理人

ASKAさんは、警察の犯罪性を見抜いており、
何がなんでも犯人に仕立て上げられてしまう危機を
予め、考えていた方法で自己防衛したと
管理人は考えています。

予め、用意しておいたお茶を警察に差し出し、
それに対して、ASKAさんから採取した尿から
大麻の陽性反応が出たと発表する警察も相当な悪である。

これでは、公判は維持出来ません。
警察と違って、検察はものすごく自己防衛意識の強い組織です。
あまりに黒い捜査に付き合って、後々、そのドロを被ることを
極端に嫌う傾向があります。
そうなると、担当検事の出世の道は、完全に閉ざされてしまいます。

皆さんに、一つ知っておいて欲しいのは、
ASKAさんが、あのように主張しているのであれば、
警察は、再び、ASKAさん尿を採取して検査することも可能でした。

ウィキペディア~より
大麻成分の検出期間は使用頻度に比例して、最低で48から72時間、
最大で12週間は検出可能とされている。

再検査すると、大麻を使用していたか否か判明します。
ASKAさんは、誰よりも自分が大麻を使っていない事を分かっています。
ですから、結果は白と出るのは明らかです。

そうなりますと、どういう事になりますでしょうか?

警察が、ASKAさんをデッチ上げで犯人に仕立て上げたことが
満天下に明るみになってしまうのです。
これは、天地をひっくり返すほどの大騒ぎになることは必定。
警察の信用と権威は、どん底に落ちてしまうでしょう。
そして、徹底的に責任追及がされる事態になります。

検察や警察のいい訳とも思える公式発表は、
警察のメンツや立場を擁護する以外の何ものでもありません。
苦しい言い逃れをしているに過ぎません。

マスコミ連中は、直ぐに犯罪者扱いをしていました。
彼らは、どのように責任を取るつもりでしょうか?
やはり、また知らん顔をするのでしょう。
本当にどうしようもない連中とは彼らのことです。
だから、マスゴミって云われるんです。
ジャーナリストが聞いてあきれます。

また、2チャンネルだけではなく、多くのブログサイトを見ても
マスコミ同様に、ASKAさんを犯罪者扱いにして嘲笑していました。
くだらないサイトも実に多いです。
分析能力ゼロを見事にさらけ出しました。

皆さんに、よく理解していただきたいのは、
これは、ASKAさんお一人の問題では決して無いということです。
今後、多くの心ある有識者やブロガー、ツイッター管理人が、
同様に、標的にされる可能性が非常に高いです。
明日は我が身なのです。
一個人の問題だと考えている人は、大変な勘違いをしています。

今から、こういった問題で、より多くの人の連帯意識を喚起しておかなければ、
イザという時には、やられ放題の惨状を見ることになってしまうでしょう。
もう、そんな危うい情況に突入していることを、是非、
皆さんに知っておいて欲しいと思います。
そして、マスコミ発表を直ぐに、鵜呑みにするのは止めにしましょう。


最後に、一つだけ付け加えておきます。
私は以前、身近に起こった事件を連載で記事にしていたことがあります。
いわゆる、事件の真相を暴いて本質を知らせる為に書いたのですが、
意外にも、検察や警察関係者が見ていることが多いのです。
或いは、検索で引っ掛かったものを調査している場合もあります。
何故、そのことが分かるのかは秘密ですが、しかし、そういった記事で、
アクセス数のかなり多いところは、少なからず見られています。

そして、そのような記事が、時として・・・
検察の判断に微妙に影響を与えることも有り得ると思うのです。
実際に、そのことを実感した実例が、過去にあります。
少なくとも、検察や警察に対して、多少のプレッシャーには
なっていると、私はそのように思っています。
特に、検察はそのあたり、すごく敏感だと思います。
彼らは、自己防衛意識がものすごく強い人たちですから。






お知らせ

12月11日に、メルマガを配信しました。

メルマガ第28号

『今後、大腸ガンが激増する!』

まだ届いていないメルマガ読者の方は、直ぐにご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】




因果応報
Once upon a time in the West (1968) 








. ある厚生労働省の医官のお話

ある厚生労働省の医官のお話







内海 聡 医師のサイトより
https://www.facebook.com/profile.php?id=100014357893194&hc_ref=SEARCH&fref=nf


厚生労働省の医官のお話

2005年のことだ。私(あるおっさん)は抗がん剤を告発する著書の取材で、
忘れられないほどの衝撃を受けた。
厚生労働省(電話03-5253-1111)に電話取材したときのことだ。

「抗がん剤って、がんを治せるのですか?」

電話口に出たK技官(あえて実名は秘す)は、私の質問にこう答えた。

「抗がん剤ががんを治せないのは周知の事実です」
 
私はあまりにも驚いて、一瞬、言葉を失った。

「抗がん剤は毒物だとも、私は聞いたのですが?」

「大変な猛毒物質です」。

これも、実にあっさりと答えた。私は絶句しながらも、
「がんを治せないのに、そんな猛毒物質をがん患者に打っているのですか?」

「そのとおりです」

「猛毒だったら、患者さんは死んじゃうじゃないですか?」

するとK技官は、少し声を落としてこう答えた。

「そういう方が大勢いらっしゃるんですよね……」
 
これではもはや治療ではない。たんなる“毒殺”じゃないか!
気を取りなおして、私はさらに聞いた。

「抗がん剤には発がん性があるとか?」
 
「大変な発がん物質です」 と、K技官はきっぱり言い切った。

「ええっ、がん患者に強烈な発がん物質を打っているの! 
それでは、新しいがんが発生してしまうのでは?」
 
「そういう方が大勢いらっしゃる……」

抗がん剤担当のK技官が、あまりに平然と答えるのに驚愕した。
“かれら”にとっては、以上の事実は、当たり前のことなのだ。
 
「そのような猛毒を、なぜ衰弱したがん患者に打つのだ!」
私は取材というより怒りの声で怒鳴りつけた。
さらに、「そんな猛毒が、なんでクスリに化けるのだ!」と問いただした。

すると、K技官の説明では
「抗がん剤を投与すると、10人に1人くらいに腫瘍縮小がみられるんです」 という。
それを“効いた”と判断して医薬品(抗がん剤)認可するのだという。
 
10人のうち残りの9人のがん腫瘍はピクリとも変化しない。
それでも「効能あり」とする、わが国の薬の認可制に唖然とする。
悪辣なペテンというしかない。
それも、観察期間は投与後わずか「4週間以内」だという。
 
カナダは、ガンの患者がいた場合、なにもしないという選択がある。
「無治療」が22%、「放射線」をするのは3% 、他は想像に任せる。
カナダは抗ガン剤を打ったり手術したり放射線を浴びたりしたら
逆に 悪化させて死んでしまうということをよく知っている。
日本は「抗ガン剤」「手術」「放射線」がほぼ100%。






管理人

日本は「抗ガン剤」「手術」「放射線」がほぼ100%。
まさに、その通りだと思います。
日本人は、新聞、テレビ、週間雑誌しか見ない人がほとんどです。
これらの媒体は、真実というものを国民にほとんど知らせない役割を受け持っています。
それだけではなく、洗脳装置にさえなっているのが実情です。
ですから、情報弱者の人間が大量生産されることになる訳です。

このような一般の人達に、病院に行くとヤバイですよと・・・
そんな事を言っても、まるでチンプンカンプンなのであります。

ネットの情報は、デマも多いですが、しかし、真相もネットにしか存在しないのも、
また事実であります。
今や、ネットの情報を多くの人が知ることが出来るようになりました。
既に、覚醒した人・・覚醒しかかった人も少なからず出て来るようになりました。

しかし・・・です。
このような覚醒しかかった人でさえも、イザ、自分がガンになってしまったら、
大いに心が揺れ動くようです。
何故なら、身近に頼る人がほとんどいないからです。
お医者さんから、「抗ガン剤」を使わないと大変なことになりますよと・・・
脅されたら、どんな人でも心が折れてしまうでしょう。

お医者さんは、患者さんを恫喝しながら「抗ガン剤」を売るのが仕事ですから、
ごく当たり前の風景がそこにある訳です。
また、そうしないと、勤務医さんなんかは大病院の中での出世も閉ざされます。

私は、ガンになったことが一度もありません。
ガン患者になってしまったら、その方々のお気持ちというものは、
我々には、到底、計り知れません。
筆舌に尽くしがたい絶望と苦難が待ち受けているだろうと推察致します。

勤めていた仕事も辞めて、経済的にも苦境に立たされてしまいます。
経済的に裕福な家族がサポ―トしてくれるなんてケ―スは、
ごく一部の人達に限られるのではないでしょうか。
つまり、大変困難を極める立場に追い詰められることになるのです。

私が知るあるブログサイトのある女性の方は、生活保護を受けながら、
長い闘病生活を送り、その果てに、尊い若い命を散らしてしまいました。
やはり、「抗ガン剤」治療を受けていました。


☆命の記録 ~ 二度と更新されないブログより
http://ameblo.jp/64152966/entry-11504395476.html




お知らせ

お正月用・特選甘酒~『恋の予感』
~先着100名様プレゼントキャンペ-ン!

http://ameblo.jp/64152966/entry-12227561051.html

おかげを持ちまして、100名様に到達致しました。

大変有り難う御座います。m(_ _ )m

ところが、ここ数日、プレゼントキャンペ-ンはまだやっていますかといった
お問い合わせが多数寄せられて来ています。
お問い合わせの多くの方が、私のブログから来られているとのことで、
そこで、たもぎの会社さんとの協議の結果、1週間の延長をさせてもらうように
私の方から要望を出しました。

先着100名様プレゼントキャンペ-ン!~は、 
12月25日まで継続致します。 

あと1週間の短い期間ですが、ふるってご応募下さい。






お知らせ

12月11日に、メルマガを配信しました。

メルマガ第28号

『今後、大腸ガンが激増する!』

まだ届いていないメルマガ読者の方は、直ぐにご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】




神田川 ~ かぐや姫







. デッチアゲ冤罪は警察の世界では当たり前(元警察官・仙波敏郎)~アスカさんも!?

デッチアゲ冤罪は警察の世界では当たり前
(元警察官・仙波敏郎)~アスカさんも!?







仙波敏郎:愛媛県警の警察官として40年間勤務し定年退職した元警察官。
愛媛県警察の現職警官として、警察の裏金作りを内部告発。



管理人

上の動画は、是非、見て欲しいと思います。
40年間勤務した元警察官の話は、実に驚くべきものです。
出来れば、少し長いですが、最初から全てを見て欲しいと思います。

特に、1時間1分25秒 からの真相暴露は、絶対に見て下さい。
デッチアゲ冤罪なんてものは、日常的に当たり前に行われていると平然と語っています。

どんな事をしても犯人を作り上げるのだそうです。
それが、警察のお金になるのだそうです。

警察は、日本最大で最凶の犯罪者組織であると断言しています。
40年も勤め上げた元警察官が、はっきりと確信を持って話しています。
タ―ゲットにされた犠牲者の指紋を別に採取して、事件現場から発見されたと
平気でやるのだそうです。


という事は・・・
尿検査で、大麻の陽性反応が出たなんて、子供にだって簡単に出来てしまいますね。


ASKA容疑者、ホテルで覚醒剤使用か 逮捕当日も滞在
http://www.sankei.com/affairs/news/161130/afr1611300022-n1.html


重要ポイント

そもそも、ASKAさんは、盗聴されていると言って
自ら、警察に調べて欲しいと通報している訳です。
そんな彼が、以前、覚せい剤でとことん痛い目に遭っているにも関わらず、
大麻を吸っていたなんて、そんな馬鹿な人間がどこにいますか?
調べられれば、簡単に分かってしまうのですから。
彼は、ブログもやってますし、かなり聡明な人物です。


アスカさん逮捕はスピンコントロール。
“年金カット法案”強行採決隠しの為に
予め、用意されていた。

http://ameblo.jp/64152966/entry-12224026183.html


スピンコントロールは無論ですが、それだけではなく、
彼の出版予定の本を中止させる目的もあったと思われます。

その内容は、日本で盗聴・盗撮が日常的に行われている告発本でした。
やっているのは、警察・公安の連中でしょうから、
当然、彼らにとって極めて都合が悪いのは間違いないところです。


2016年11月29日

ASKAさん 日本は盗聴監視大国だ!
皆監視されてるんだよというテーマで本を出版予定

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/11/29/kiji/K20161129013813240.html

最近のASKA容疑者は著書を執筆していた。
関係者によると、テーマは「盗聴国家・日本」だった。
今年に入ってブログで主張していたように、自身の盗聴・盗撮被害を告白し、
半生もつづるという内容だったという。

出版は年明けに予定し、執筆作業は大詰めを迎えていた。
この日も執筆していたとみられ、午前中に知人に電話で
「今、一生懸命書いているんだ」と報告。知人は本紙に「とにかく元気いっぱいだった。
逮捕が迫っているような感じは一切なかった。
出版社との信頼関係が良好で、筆が進むと言っていた」と明かした。

ASKA容疑者は1月、自身のブログに全20章、約9万5000字の長文手記を掲載。
これは出版社に持ち込んだが、洋子夫人の反対などもあって書籍化されなかったもの。
その後も諦めきれずに自ら出版各社に売り込んだ。
断った出版社の関係者は「日本が盗聴国家だと訴えたいASKAさんと、
ASKAさんの半生を描きたい版元の意見が折り合わなかった」と語った。
出版社が決まったのは半年ほど前だったという。

一方で、8月からは本業も再開した。
来年1月、13曲入りのアルバムをインディーズで発売することを発表。
自らバンドメンバーを集め、福岡にレコーディングスタジオを借りて、
東京と福岡の行き来を繰り返した。
ブログでは楽曲制作の経過を随時報告し、27日には、収録予定の新曲を
12月下旬にユーチューブ上で先行公開することを予告したばかりだった。

数百万円という費用は全て自身で持ち出した。
関係者は「アルバムと著書を同じ時期に発売することで、
完全復活をアピールする狙いだった」と説明。
どちらもお蔵入りになるとみられ有罪判決から約2年後の
完全復活計画はもろくも崩れた。

<引用終わり>



チャゲ&アスカが、デッチアゲ&アスカ・・・なんて、
シャレにもならんけど、アスカさんは生け贄にされて可愛そうです。
この際、大麻とアスカさんを絶対悪にしたい連中の仕業です。

大麻⇒アスカ=盗聴・盗撮告発本⇒社会悪に仕立て上げる

利害関係を見ただけでも、
一体誰が主犯なのかが直ぐに分かります。
・・・
警察は、日本最大最凶の犯罪者集団である。
http://ameblo.jp/64152966/entry-10784838369.html


それにしても、新聞・テレビの報道や週刊誌の記事はなんと酷いものだろう。
よってたかって犯罪者扱いだ。
事件の真相を探る片鱗さえもまるで見えない。

あなた達・・・み~んな、まとめてクズです。
カルトまみれのクズ野郎どもだ!






お知らせ

12月11日に、メルマガを配信しました。

メルマガ第28号

『今後、大腸ガンが激増する!』

まだ届いていないメルマガ読者の方は、直ぐにご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】



101 回目のプロポーズ








. 今日がもし人生最後の一日だったとしたら・・・

今日がもし人生最後の一日だったとしたら・・・






「毎朝鏡を見るとき、自分に問いかけるんだ。

今日がもし人生最後の日だとして、

今日これからやろうとしていることをやりたいだろうか?」

「答えがノーの日が何日も続くようなら、他にやりたいことを探すべきだ。」


by.スティーブ・ジョブズ

---------------------------------



管理人

故・スティーブ・ジョブズ氏の名言として知られています。
普段、あまり考えないようなことを一度、ゆっくり考えてみるのも
意義深い人生を送る為にも大変良いことだと思います。

答えは、人それぞれ・・・
他の誰でもない、『あなた』の心の中にしかありません。

如何でしょう?
皆さんも一度ゆっくり考えてみられてはどうでしょうか。

もしかしたら、何か大きな気づきのきっかけになるかもしれません。


色々あるでしょうね。
自分が本当にしたいことは何だろう?
自分の本当に好きな人と一緒にいたいけど、それは誰なんだろう。
自分が心から可愛がっているペットと一緒にいるだけでいいと思う人もいるでしょう。

或いは、ただ心穏やかにのんびりと
その一日を過ごしたいだけという方もおられると思います。

故・スティーブ・ジョブズ氏の言葉は、
究極的には、つまらない人生を送って欲しくないという至言なのだと思います。

例えば、私個人の気持ちを云わせていただくと、ここ最近、
みんな、その問題で騒いでいるけど、それほど大切な事なの・・???
・・・って思うことが、最近増えてきました。

但し、その事について、良い悪いを言うつもりは全くありません。
何の意味もありませんから。

何故、そんな事を私が書いているかというと、
多くの様々な情報を探して、その中から、記事にしたいものを見つける訳ですが、
多くのサイトを訪問しても、なかなか目に止まるものが見当らないのです。

もしかすると、最近、私が変わったせいかもしれません。
つまらない・・と感じたら、どんなに人気が出そうでも記事にしません。

故・スティーブ・ジョブズ氏の言葉が、胸に突き刺さります。

以前は、ほとんど毎日、記事を更新していたのですが、
時々、更新しない日があります。
実は、そんな事情もあったりするのです。




ホワイトフード さんのただ今の空間線量~より
https://twitter.com/whitefood1/status/809503596941189120

12月16日6時01分、
空間線量の月平均を25%以上上回る拠点が167箇所以上存在します




上の図を見ると、どう考えても、福井の原発銀座と島根原発が
空間線量と関係しているとしか考えられません。

東北は、青森の六ヶ所再処理工場 ですか・・・
今の六ヶ所村再処理工場は、
各原発から出た使用済み核燃料で満杯なのだそうです。
使用済み核燃料同士が接近すればするほど、比例して、
その危険度は増すのが常識です。
つまり、満杯は危険信号と同じ意味であることになります。


ところで皆さん、原発は、いまも停止などしていないそうです。
停止しているのは原発発電であって、原子炉も冷却装置も、
いまだに元気よく動いているのだそうです。

よく原子炉に「制御棒」を入れるといいますが、「制御棒」というのは
カドミウム・ホウ素などでできた中性子吸収材です。
これを核燃料の隙間に入れることで、核反応を抑制したり、
たくさん入れて核分裂反応を停止させます。

ところが原発は、これだけでは完全に停止しないのです。
核分裂反応が停止しても、まだエネルギーが発生するのです。

どういうことかというと、原発は稼働中に核分裂をしています。
核分裂するとウランやプルトニウムが分裂して核分裂生成物ができます。
その核分裂生成物は、放射性同位元素といって、安定核に変わるまで
強い放射線を出し続けるのです。

こうして生まれる放射線は、周囲の物質に吸収されて最終的には熱に変化するのだけれど、
このとき「崩壊熱」といって、ものすごい高温を出すのです。
これは核分裂反応とは異なるけれど、原子力の範疇に含まれるエネルギー反応です。
この崩壊熱を利用したものが「原子力電池」です。

原発は、崩壊速度の早い大量の放射性同位元素が狭い空間に詰め込まれています。
こうした環境では、崩壊熱を冷却によって熱を取り続けないと、
原子炉の温度は際限なく上昇してしまいます。
ほっておいたら炉心や圧力容器、格納容器などまで溶解し、
まさにメルトダウンして放射性物質がバラまかれることになります。
つまり、原子炉が爆発したのと同じことが起こってしまうのです。

ですから、原子炉では、核分裂反応停止後も、崩壊熱を制御するために
原子炉の冷却をし続けます。
炉心に水を注入して循環させ、熱を取るのです。


強い放射線を出し続けるのであれば、どこかでベントをしている可能性が
非常に高いと、原子力の素人でも思いつく訳です。

ホワイトフードさんのただ今の空間線量の画像からは、
そのような推測が成り立つと、皆さんは思われませんか?

つまり、日本全国に54基ある原発からは、今も尚、定期的に
放射能ブル―ムが放出されている可能性があることになります。
原発が停止しているからといって、安心しないほうがいいと思います。

そんな訳で、福井、石川、鳥取、島根、京都、兵庫、滋賀、富山、岐阜、
そして、風の通り道である愛知県と名古屋の市民の皆さんは、
一応、気をつけたほうが良いと思う訳です。
少なくとも、最低限、花粉用マスクをすることをお勧めします。


ここ最近、メルマガ読者の方から、幾つもの深刻なご相談が寄せられています。
そのほとんどが、ガンに関するものです。
もし、自分が本当にガンになったら、如何に深刻な事態か、想像して見て下さい。
スティーブ・ジョブズさんの名言では無いですが、本当に、人生最後の日を
想像しなければならなくなってしまうのです。

あらゆる情報から考えられるのは・・・
2017年以降、更に、ガンや被曝症状が激増することが予想されます。
もう、他人事では済まされない危険水域に入って来たと認識すべきです。

今、気をつける人と気にもしない人とでは、恐らく・・・
運命を大きく分けることになるだろうと、私は心配しています。

あなたの命・・家族の命、これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?








お知らせ

12月11日に、メルマガを配信しました。

メルマガ第28号

『今後、大腸ガンが激増する!』

まだ届いていないメルマガ読者の方は、直ぐにご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】













. お正月用・特選甘酒~『恋の予感』~先着100名様プレゼントキャンペ-ン!

お正月用・特選甘酒~『恋の予感』

~先着100名様プレゼントキャンペ-ン!












今年もたもぎ茸製品のご愛顧
ありがとうございました!

感謝の気持ちをこめまして

先着100名様
年末イベントセールのお知らせです!


5千円以上お買い上げの方には
下記の中からご希望の品をプレゼント!


さらに1万円以上お買い上げの方には
ご希望の品以外に広島米使用の甘酒
「恋の予感」900ml1万円ごとに
1本プレゼントいたします。

たもぎ茸の栽培からおかげさまで7年目を迎えました。

全国のお客様に弊社の製品を愛用していただき,
心から感謝しております。


またお礼のメールやお電話に励まされ
今日まで歩むことができました。


そこで新しい年に向けてお礼の気持ちをこめまして
イベントセールを行います。

どうぞふるってご応募くださいませ。


 

5千円から1万円未満(税抜き)につき
スティック5本入り1袋プレゼント

1万円につき…サプリメント1箱プレゼント

1万円につき…スティック30本入り1箱プレゼント

1万円につき…ピュアパウダー1袋プレゼント 



備考欄に必ずプレゼントご希望をお書きください。



さらに特別プレゼント

 
☆1万円以上お買い上げの方には

上記のプレゼントに加えて
広島県産こだわりの甘酒「恋の予感」
1万円お買い上げごとに1本差し上げます。
2万円でしたら2本)

☆2万円以上お買い上げのお客様は送料無料といたします。


大変身体に良い甘酒を新しい年のおとそ代わりに
ぜひお召し上がりくださいませ。


たもぎ茸とこだわりの甘酒で
いつも頑張っているあなたのお身体に
ごほうびをあげてくださいね。


 
  
緊急のお知らせ

れもんカンパニーさんのホ-ムペ-ジが

 移転 しました。

ご注文は、以下の新ホ-ムペ-ジよりお願い致します。

・・・・・・・・・・・・・・

http://www.tamogi-seto.com/  










・・・・・・・・
放射能・化学物質検査




もみじ
「エルゴチオネイン」を豊富に含む
スーパー健康キノコ~たもぎ茸

http://ameblo.jp/64152966/entry-11950412374.html  




たもぎ茸は、

広島の矢野にて、綺麗な水で室内栽培されています。

 






. 悲しくたって~それでも人は生きていく!

悲しくたって
~それでも人は生きていく!










年金滞納者は存在しなかった 未納者の9割以上が免除対象
http://thutmose.blog.jp/archives/67900245.html










管理人

ここ最近、特に心に残った画像を二つピックアップしました。
この二つの画像だけで、多くを語らずとも日本社会の世相を感じさせます。
文字にしなくたって、語りかけて来る大きなものを感じます。
時には、文字にしないほうが説得力を持つ場合があります。


そして、皆さんのツイ-ト・・・


愛と虹の天使 フクダルマン さんのツイ-トより
https://twitter.com/fukudaruma774/status/807773076205096960

日本の世界一。
精神病院の病床数は世界一。
添加物の認可数も世界一。
農薬の使用量も世界一。
抗癌剤の在庫処分場としての価値も世界一。
効かないインフルエンザ薬のタミフル備蓄も世界一。
放射能の基準値も世界一。
有病率も世界一。
無駄な検診や人間ドックの普及率も世界一。



cmk2wl さんのツイ-トより
https://twitter.com/cmk2wl/status/160975710545129472

「きつい言葉だが、現在の日本は核戦争後の世界と言っていい。
セシウムで広島型原爆170発分と言われるセシウムが
福島第1原発から環境に放出された。
土壌、水、空気、食べ物。日本全体が核戦争の後のように汚染されている」

元ブルガリア原子力安全庁長官ゲオルギ・カスチエフ氏


cmk2wl さんのツイ-トより
https://twitter.com/cmk2wl/status/160678513484120064

フランスのテレビ番組で、日本在住フランス人が怒りをぶちまけた。
「ニュースでは“何の心配もいらない、大丈夫だ”と繰り返している。
必要なインフォメーションは何もない。
日本人はバラエティー番組を見て笑い転げている場合か?」



junko ‏@junko_in_sappro さんのツイ-トより
https://twitter.com/junko_in_sappro/status/808092123081818112

自分の中にも、怖れは確かにある
だけど、根っこの部分から湧き上がってくる「何か」が
その怖れを払拭してくれる
自身が生を受けたことが、良かったのか、悪かったのかは
別の問題として
せめて今生で、自分と関わった生きとし生けるものが
一握りでも生れ落ちて良かったと感じてくれればと思う



amaちゃんだ ‏@tokaiama さんのツイ-トより
https://twitter.com/tokaiama/status/808089191837904897

人生が拠って立つのは愛だけだ
財産でも権威でもない
自分の心を支えてくれるもの、それは目の前にいる、あなたの愛
この重さを読み違えて世間体や財産利権を守ることと引き換えにしたりしたら、
それは心、そのものを取り返しのつかないほど蝕み墜としてしまう
本当に大切にしなければならないもの



管理人

不思議ですね・・・
何故だか、み~んなつながって来てしまいます。
皆さんも、そう思われませんか?

皆さん、それぞれに大切な言葉を発信されておられます。
まるで、私の伝えたいことを代弁してくださっているようです。
とても不思議な感覚に覆われたので、そのままを記事にすることにしました。

それぞれの問題に言いたいことは山ほどありますが・・・
今回は封印しておきます。

それよりも、こんな国になってしまった日本において・・・
心ある人たちの心情をそのまま文字にしたくなりました。


悲しくたって~それでも人は生きていく!


本来、言葉にならない心の内を・・・
敢えて、文字にしてみました。
無論、私もその中の一人です。

多くの悲しみも・・・
本当に大切な何かを見つめていくと、
やがて、その中から小さな希望が芽生えてくるから不思議です。

どんなに苦しくったって、
希望の見えない人生は寂しすぎます。

時には、笑いながら、
楽しい人生にしなければつまらない。
時には、恋なんかもしたりしてね。^^

人は、幸せに生きる為に生まれてきたのだと信じたいです。


悲しみよ・・・こんにちわ、だけど、さようなら。

幸せさん・・・こんにちわ。


あなたの笑い声や楽しい笑顔が、私を幸せな気持ちにさせてくれる。
だから、私は人の幸せを願って止みません。。


死ぬときまで、
ずっと、ずっと・・・その気持ちは決して変わらないと思います。




この世の果てまで





お知らせ

12月11日に、メルマガを配信しました。

メルマガ第28号

『今後、大腸ガンが激増する!』

まだ届いていないメルマガ読者の方は、直ぐにご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】









. 世界で一番の親日国〝パラオ”に行きたくなった。~もう日本人やめよっか?

世界で一番の親日国
〝パラオ”に行きたくなった。
~もう日本人やめよっか?








管理人

毎日、無数の情報を調べたり目にしているのですが、
出てくるのは、洪水のように・・日本国内の醜聞ばかり。
あまりにも問題がたくさん有り過ぎて・・・
どれを記事に取り上げるべきか、いささか悩みますし、
いい加減、うんざりしているのも事実です。

そんな中、〝パラオ”のことを知りました。
世界で一番の親日国なんだそうです。


大小300の島々から成り、人口は2万人程度。
年間の平均気温は約28℃の「常夏の島」であり、日本との時差はない。

https://matome.naver.jp/odai/2141174329740109301




今、パラオに住む人でこの橋を知らない人はいないでしょう。
全長412m、主塔の高さ41m、幅10mの橋は、その優美さと走り心地の良さで
毎日多くの人に利用されています。
国際空港から市内に入る場合にも、必ずこの橋を通ります。

また、休日には橋の下の広場で地元の子供達が楽しく遊び回ったり、
高校生が掃除をしていたり、毎年10月1日になると、
政府の独立記念式典が橋の下の広場で催されて、長く延びた橋の各柱には、
パラオの青海満月旗が翻ります。
この橋は「KB橋」と呼ばれ、日本の援助によることから、
「日本・パラオ友好の橋」とも名付けられ、この国で広く愛着を持たれています。


パラオではたくさんの日本語が使われています。
例えば「大丈夫」「どうぞ」「ゴメン」などの何気なく使う言葉や
「扇風機」「浴衣」(パラオには冬がない)といった言葉もあったりします。

シゲオ、クニオ、フミコなどの所謂「日本人の名前」が
名字、性別問わず付けられていたりします。
更には「カトウサン」といった「さん」を名前に付けていることもあるようです。

国民のほとんどが「ハトのうた」を知っており、桃太郎のうたを歌える子もいるようです。
パラオの曲には「アナタシカイナイー!」と歌うラブソングもあるようです。


日本人は、「パラオ」という国自体をよく知らない人が多いというのに、
なぜ、パラオはそれほど「親日」なのであろうか?

その答えの一つは、パラオの悲しい歴史の中にある。

不幸の始まりは、ヨーロッパの大航海時代に、
「スペイン」に発見されてしまったことである。

ヨーロッパから持ち込まれた「天然痘」、
ならびに現地人に対する「熾烈な搾取」の結果、
パラオの人口は、およそ10%にまで激減し、
わずか数百人しかいなくなってしまったという。

スペインが米西戦争で敗れると、パラオは「ドイツ」に売却される。

「ドイツ」は、ココナッツ・タピオカの栽培、リン鉱石の採掘などの
「産業振興」に熱心だったものの、インフラ(道路・水道)整備・現地人の教育など
には、全くの無関心であった。

ドイツが第一次世界大戦で敗れると、パラオは「日本」の統治領となる。

日本も、ドイツ同様に「殖産興業」に力を入れた。
加えて、日本は「教育」にも熱心であり、現地人の住環境整備とともに、
多数の学校や病院を建設した。

日本の行った一連の施策は、パラオに「未曾有の経済発展」をもたらし、
人口も2万人から5万人へと激増した。

パラオはその歴史上、幾多の外国支配を受けてきたが、
現在のパラオ人は口をそろえて「日本の統治時代が一番良かった」と述懐するという。

第二次世界大戦末期、パラオは日米の戦場となる。

日頃から日本人の「誠実さや勤勉さ」に触れてきていたパラオ人の中には、
「共に戦う」と志願してきた人々までいたという。

パラオ人には「蒙古斑」があり、人種的には欧米人よりも日本人に近いと言われている。

その近縁の日本人たちが、圧倒的劣勢の中でも、
果敢にアメリカ軍に立ち向かっていく姿に、
パラオ人たちは感銘を受け、尊敬さえもしたという。

日本軍は、パラオの民間人に対する充分な配慮を見せ、疎開させるなどして、
「パラオの民間人の死者を一人も出さなかった」という。

しかし、残念ながら、日本はアメリカに敗れる。

アメリカ兵は、島に残された日本兵の遺体を放置していたが、
パラオ人たちは、勇敢に戦い「仏」となった日本兵たちを手厚く葬り、
いまもその墓を守り続けているという。

アメリカの占領下に入ったパラオ。

アメリカにとってのパラオは、単なる「軍事基地の一つ」に過ぎなかった。

その統治方針は、「戦前の日本の記憶の一掃」であり、
日本が築いた町並みや産業基盤は徹底的に破壊され、
主のいない農地は元のジャングルと化した。

さらに、アメリカは「反日教育」によりパラオ人を洗脳しようとする。
しかし残念ながら、パラオ人の間には、
「反日の精神は、まったく浸透しなかった」という。

アメリカは、パラオの産業を振興せず、
島民をおとなしく島に閉じ込めておくという政策をとり、
その愚策は「動物園政策」と批判を受けている。

パラオの国定教科書全462ページの内36ページが日本統治時代のことが記載されており、
章には「日の丸の旗のもとに」というタイトルが付けられています。

太平洋戦争のとき、ペリリュー島には日本軍が進駐し陣地が作られました。
日本兵と島民は仲良くなり、日本の歌を一緒に歌ったりしたそうです。
やがて、戦況は日本に不利となり、いつ米軍が上陸してもおかしくない状況になりました。

島民は話し合い代表数人と共に日本の守備隊長のもとを訪れました。
「自分達も一緒に戦わせて欲しい」
それを聞くなり隊長は激高し
「帝国軍人が、貴様ら土人と一緒に戦えるか!」
と叫び追い返しました。
島民は裏切られた想いで悔し涙を流しました。
船に乗って島を去る日、日本兵は誰一人見送りに来ません。
島民は悄然と船に乗り込みました。

しかし、船が島を離れた瞬間、日本兵全員が浜に走り出てきました。
そして、一緒に歌った日本の歌を歌いながら手を振って彼らを見送ってくれました。
先頭には笑顔で手を振るあの隊長の姿もありました。

ペリリュー島の戦いで日本軍は3日で終わるとされていた戦いを
72日間耐え玉砕しています。
その72日間の戦いで民間人の死者数は0でした。






アメリカの圧政により、パラオの独立は遅れに遅れた。

待望の独立は、東西冷戦の終結により、
「アメリカにとってパラオの利用価値がなくなった後」の1994年である。
世界で185番目の独立国家(現在193ヶ国)として国連に承認された。

アメリカ統治時代に、インフラ整備や経済産業はすっかり後退してしまっていたが、
独立後、日本や台湾の支援により、急速に都市整備が進む。

独立に際して制定された「パラオの国旗」は、「日の丸」デザインの色違い。

「青い海に、黄色の満月」という「月の丸」である。





公募された国旗案70点の中から、
一も二もなく、この国旗が満場一致で選ばれたという。

「太陽」を象徴する日本の国旗に遠慮したパラオは、「満月」をモチーフとし、
さらに、中心を少しずらすことで、日本に敬意を表したといわれている。


<引用終わり>







日本国が、〝パラオ”の人たちにかけた迷惑は、
今から、あらゆる形で償うべきだと思います。
にもかかわらず、大変な親日国でいてくれることに
申し訳ないと思いつつ、心より感謝です。





〝パラオ”に行きたくなりました。
もし、しばらく住んだら・・・
帰りたくなくなるんじゃないのかな・・日本に。

綺麗に澄み切った空と海の大自然の中で、記事を書くと・・・
内容もまるで違ったものになるかもしれませんね。

こんな国で、残された余生を送るのもいいかもしれない。
だけど、それでも日本のことは、ずっと気になるでしょう。






今、メルマガ読者の方で、将来、海外移住を真剣に考えておられる人が
少しづつ増えてきました。
つくづく、嫌になってきたみたいです。
汚染された政治と環境と・・・
そして、人知れず倒れていかれる無数の人・・人・・人・・・。
解るような気がします。

〝パラオ”に移住する人も出てくるかもしれませんね・・・








お知らせ

12月1日に、メルマガを配信しました。

メルマガ第27号

『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

まだ届いていないメルマガ読者の方は、直ぐにご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』











. 小林麻央 さんは、温浴療法を始められたそうです。

小林麻央 さんは、
温浴療法を始められたそうです。








小林麻央 さんのブログ
http://ameblo.jp/maokobayashi0721/entry-12225399774.html


管理人

小林麻央 さんは、温浴療法を始められたそうです。
だけど、それだけでは駄目なんですけどね。

先ず、家族中が大好きなお寿司を止めるべきと思います。
福島を起点に三陸沖の魚は、ストロンチウムやその他の放射能で
汚染されていますから、お勧め出来ません。

毎日飲む水道水は、浄水器をつけたほうがいいです。
http://item.rakuten.co.jp/shoptom/10000080/

外食を避け、汚染食材を食べないようにする。


◎真っ先にすべき事は、身体に悪いものを入れないようにすることが
 全ての出発点であり、基本とすべきです。


◎次に、身体に入ってしまった毒素や放射能を排出することが重要。

東京の有名な医師が、娘さんにケイ素を使って
放射能を3カ月で1/6以下に激減させた!

http://ameblo.jp/64152966/entry-12046334094.html


◎ただ単に温熱療法するだけでは不足です。

岩盤浴や温熱療法の時に、還元水~アルカリ水をどんどん補給する。


私たち人間の体は、胎児で体重の約90パーセント、新生児で約75パーセント、
子どもで約70パーセント、成人では約60~65パーセント、
老人では50~55パーセントが水で満たされています。

つまり、60キロの成人の人ですと、およそ36キロが水分です。
一回で、0.5リットル~1リットルの汗が出ると相当な効果といいますか、
大きなデトックスになる訳です。
無論、水分補給は必須です。
身体に大変良い還元水~アルカリ水をどんどん補給してあげましょう。
http://www.shiawase-supli.com/water/49.html

ガンに効果あると考えられる水分をどんどん体内に流し込むのです。
これを1ヶ月ほど続けると、劇的に体質改善がはかれると私は考えています。
そして、同時に、塩分やミネラルの補給もその都度行います。

身体の中で、水分の移動が起こります。
ある意味、身体の到る所で、小さな川の流れが出来るのです。
そこから、毒性化学物質や細菌・ウィルスも出て行くことが期待出来ます。

既に、ガンや病気でやせ細っている人は、岩盤浴に入る前に、
予め、水分補給をしておくことをお勧めします。
更に、短時間で何回も入るようにして負担にならない配慮をすべきです。



局所深部加熱
という言葉を是非、頭に入れておいて下さい。

お風呂や低温サウナに入ると、確かに、免疫力は少し上がります。
しかし、身体の奥深いところまで温熱が届かないのが常識です。
しかも、身体が熱くなる血管が膨張し、血流によって体温を一定にするような
機能が備わっていますので、実は、身体の奥深い部分まで温めるという作業は
困難を極めるのです。

人の身体は、細菌や病魔に打ち勝つために、『発熱』という免疫作用が働きます。
この発熱を下げる解熱剤は使うべきではありません。


ガン細胞が39.3度以上で死滅するのなら
サウナや酵素風呂に入ろう!

http://ameblo.jp/64152966/entry-11461803557.html

世界ではじめて発表されたガンの自然治癒例によれば、
ガンに罹患(りかん)後、自然治癒した人全員が、
丹毒(急性の皮膚細菌感染症40℃以上の発熱がある)や
肺炎にかかって発熱した人だった。

以後、発熱により、ガンが治った症例はいくつも確認され、
ヨーロッパの自然療法病院では、ガン患者を45℃くらいの熱い風呂に
入れたり、アルミホイルのようなもので体を包み熱を加えて体を温めたり
というような温熱療法が行なわれてきた。・・・・・・・・・・


-引用終わり-
---------------------------------------------------

 

管理人

温熱療法は、確かに身体やガンに良いです。
ただ、人の発熱作用には遠く及びません。
人間の免疫機能の何と素晴らしいことでしょう。

この人体の発熱を人為的に行うのは極めて困難です。
まして、身体の奥深いガンの患部までには届きません。
ですから、機械の温熱機に頼るのが実情なのです。


現状では、以下のようなものしか見当たりません。


既に、他の臓器に転移した人は、局所深部加熱 する特殊な方法があります。

人体の深い部分のがん細胞を加温する方法として、
高周波誘電加温装置が実用化されています。


ハイパーサーミアの加温に最適な高周波誘電加温

ハイパーサーミアに求められる加温の特性は以下の7点にまとめられます。

① 人体に大きな負担をかけずに加温できること
② 安全に加温できること
③ 局所的な加温ができること
④ 生体深部の加温ができること
⑤ 加温領域を変えることができること
⑥ 全身的な影響が少ないこと
⑦ 温度コントロールが正確にできること








今現在、この★局部深部加熱高濃度ビタミンC点滴療法の組み合わせが
一番現実的、且つ、有効であると考えられます。

全国の点滴療法クリニック検索はこちら⇒点滴療法研究会
http://www.iv-therapy.jp/index.html
このサイトで点滴療法を実施している全国のクリニックが紹介されています。


★重曹を20%に薄めて毎日飲むことは、安上がりで誰にでも出来るので
 私はいつも推奨しています。

――自然食――
1945年8月9日、日本の長崎にプルトニウム原爆が投下された際、
爆心地から1.4キロ地点にあった病院のスタッフが、空中に充満していた
プルトニウム{放射性物質の一種で寿命は10万年以上}を多量に吸い込み
内部被爆しながらも、自然食により発症しなかった、また発症したひとも
完治した記録があります。

プルトニウムは他の放射性物質の3万倍も放射能が強いといわれますが、
この放射能を消す自然食があったのです!
この被爆予防治療食は「玄米」と「天然塩」と「大豆の発酵食品」の味噌です。

{放射能とは原発の原子炉のなかで生まれた放射性物質が照射する放射線の能力、
威力、その毒性をいいます。また放射性物質{核生成物}そのものをさすこともあります}。

――引用終わり――


メルマガアドバイザーの博士号を持つ化学者の方のお話より

重曹は、炭酸水素ナトリウムであり、ナトリウムは、セシウムと化学的性質が似ている
(アルカリ金属どうし)ので、セシウム排出機能がある可能性はあります。
それならば塩、すなわち塩化ナトリウムでも効果は全く同じはずですが、
塩は味が強すぎるので、たくさん飲める重曹が推奨されているのではないかと。




基本知識


癌は我々細胞内の「解糖系」と「ミトコンドリア」の鬩ぎ合いの結果生まれる


解糖系(原核生物)古い――――――――ミトコンドリア(真核生物)新

20億年前――――――――――――――――――20億年以降

ブドウ糖が大好き――――――――――――脂質・タンパク質~ケトン体+脂肪酸

低温が好き(32℃)―――――――――――――体温(37.2℃)が好き

酸性が好き――――――――――――――――中性・アルカリ性

分裂する――――――――――――――ほとんど分裂しない

子どもの時に活発―――――――――――――歳とともに活発

交感神経が好き――――――――――――――副交感神経が好き

酸素が嫌い――――――――――――――――酸素が大好き

エネルギー効率が悪い――――――――――エネルギー効率が良い

血流が嫌い――――――――――――――-血流が大好き

ステロイドが大好き―――――――――――ステロイドで弱体化

瞬発力が強い――――――――――――瞬発力はないが、持久力がある



<結論>

①解糖系が勝利した場合「癌」になるのである。
②高血糖が何より、癌の基礎原因の一番である。
③低体温
④交感神経優位
⑤薬


1.通常は細胞内で「解糖系」と「ミトコンドリア」が均衡しているが、

細胞内が、「高血糖」に傾くと、この均衡が崩れ、「解糖系」が優位になる。


2.人体に望ましくない「高血糖」が続くと、我々自身の身体が、「高血糖」を

何らかの形で、収める為に、自身の体内に「高血糖」を吸収する細胞を

造る防衛反応を起こし、癌細胞が体内に発生する。


3.なぜ、子どもや、若い人の癌の進行が早いのか?

 放射性物質に敏感なのか?解糖系の特徴を読めば理解できる


4.なぜ、瞬発力と筋肉増強の効果の著しいステロイドをスポーツ選手が欲しがるのか?

そして、その後に彼らがなぜ、癌になるのか?

すべて、解糖系の記述で謎が解ける。


5.解糖系は、炭水化物やブドウ糖を主食にしていた原始的な細胞であり、

ミトコンドリアはタンパク質や脂質と酸素を主食にして莫大なエネルギーを獲得した。

6.ようするに、糖質やブドウ糖は、原始生物の主食なのである。

我々哺乳類(ミトコンドリア)は、あくまでもタンパク質と脂質を食品の

中心にするように遺伝子がプログラムされているのである。



7.だから、癌細胞(解糖系)は先祖がえりの細胞と言われるのである。

我々は、先祖がえりしないように糖質を控える生活が望ましいのである。








お知らせ

12月1日に、メルマガを配信しました。

メルマガ第27号

『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

まだ届いていないメルマガ読者の方は、直ぐにご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』






. 「乳がん」と「甲状腺ガン」~して良い事と悪い事のお話~

「乳がん」と「甲状腺ガン」
~して良い事と悪い事のお話~






管理人

最近、乳がんが激増しているといった情報があります。
http://inventsolitude.sblo.jp/article/175724518.html

乳がんにしろ、甲状腺ガンにしても、くれぐれも気をつけて欲しいと思います。

最近、寒くなってきました。
乳がん~甲状腺ガン・・ともに共通していえることは、
身体をなるべく冷やさないこと。
特に、局部を冷やさないことがすごく重要です。

乳がんと甲状腺ガンだけではなく、あらゆるガンに共通して身体に良いものは、
腹巻ですが、特に乳がんが心配な女性の方には、腹と乳房を共にカバー出来る
長い腹巻が超お勧めです。







更に、甲状腺ガンや多発性のう胞が心配される人は、
寒い季節には、首用保護用サポーターを常時するように心掛ける。(特に外出時)





◎男女共に、布製のパンストがお勧め。
体温は、温度の低い下半身のほうに熱がどんどん奪われて体温が低下します。
下半身を冷やさない事は、命を護ることにつながります。
女性の方は、冬はスカートを止めズボンにすることを超お勧めしておきます。

◎外出時、帰宅時に温かいお茶を飲む事も超お勧めしておきます。


★以上のことを心掛けるだけでも、免疫力は著しく向上し、
病魔に冒される危険性をかなり抑止することが期待出来ます。
或いは、どちらにころぶかの決定的な分かれ目になる可能性もあります。


★抗がん剤と放射線治療はやらないほうが良いと思います。
この2点については、既に、心あるお医者さんも指摘されておられますので
記事にすることは特に問題は無いと思います。


抗がん剤は、ここまで何度も記事にしてきました。
そこで、放射線治療 に関して少し書いておきます。


もみじ
医療用ヨウ素131については注意をしておきます。
こんな治療を絶対にしてはいけません。
抗がん剤と何等変わりません。


ウィキぺディア~出典より

治療目的で意図的にヨウ素131を投与する際には、
数億~数十億ベクレル を投与する。

これによって甲状腺に照射される放射線量は
数十シーベルト(ミリもマイクロもつかないことに留意)にもなる。


一体この国の医療は、どこまで狂っているんだろう。
この数十シーベルトの放射線量だけで、いずれ、他の病気やガンになることは間違いない。

まさに、殺人レベル!


甲状腺のしこり(結節)と膿胞の中に、
極めてヤバイ・・ガンの元細胞がある場合があります。
http://www.ne.jp/asahi/web/oki/health/kojosen.html

一番ヤバイのは、未分化がん・・・2年生存率0%
その次にヤバイのが、悪性リンパ腫・・・10年生存率50-60%

放射性ヨウ素131は、311原発事故前からも出ていました。
これは、日本各地の54基もの原発から、ベントの形で排出されていました。
我々が考えているよりも・・はるかに汚染が進んでいたと考えられます。
その全てが、ずっと隠されてきたものと思われます。


◎重曹を20%に薄めて飲む事とうがいをお勧めします。

◎特に東日本の汚染の酷い地域の人には、定期的に、
 高濃度ビタミンCの点滴を受けることをお勧めします。
 (ガン予防の意味)


全国の点滴療法クリニック検索はこちら⇒点滴療法研究会
http://www.iv-therapy.jp/index.html
このサイトで点滴療法を実施している全国のクリニックが紹介されています。


◎食事は、西日本の玄米を中心にする。
 玄米だけで、必要な栄養のほとんどが摂れます。
 外食はなるべく避けること。







チェルノブイリ事故が起こってから、6年目 あたりから
あらゆる疾患が 激増 しています。
日本でいうと、来年の2017年から という事になります。




お勧め記事⇒★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

この1年間で最も重要な記事になると思います。
ガンの元になっている大元を何とかしなければ、
いくら食事療法、温熱療法、電子治療をしても
その効果は半減以下になってしまいます。
その一番効果的な処方を記事にしました。






お知らせ

12月1日に、メルマガを配信しました。

メルマガ第27号

『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

まだ届いていないメルマガ読者の方は、直ぐにご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』











. 【鳥インフル・パンデミック】~数百万円の投資で数百億円の儲けになるんだから止められんわな。

【鳥インフル・パンデミック】
~数百万円の投資で数百億円の儲けに
なるんだから止められんわな。






2016年12月2日

青森、系列農場でも鳥インフル アヒル4千羽処分へ
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2016120201001691.html

青森県は2日、青森市北部の農場で食用アヒル(フランスカモ)が死んでいるのが見つかり、
遺伝子検査の結果、高病原性のH5型鳥インフルエンザウイルスが検出されたと明らかにした。

11月28日に高病原性ウイルスが検出された農場から約350メートルの距離にある
系列農場で、飼育しているアヒル全約4800羽の殺処分を3日午後までに終える方針。

県によると、農場の経営者から2日午前
「アヒル5羽が死に、他の多くも衰弱している」と連絡があった。
県が死んだ3羽と衰弱した1羽を調べ、いずれも簡易検査で陽性反応を確認した。
県や農林水産省が感染経路を調べる。

(共同)
----------------------------------------





管理人

ある時から、インフルエンザは渡り鳥から拡散するとした学説が主流でした。
学者を含めた研究機関が、インフルエンザのウィルスを持つとされるその渡り鳥の
飛行ル-トを何年もかけて徹底調査を試みたことがあります。
問題になっている渡り鳥の大元の生息地は、ロシアのバイカル湖から休息地点へと、
そして、ロシアからアジアに渡ってかなり綿密な調査を行ったのですが、
ついに、その感染源を見つけることは出来ませんでした。

そんな感染源なんてある訳がないのです。
人間がばら撒いているのですから。

ホント、頭にきちゃうね。
どうせ、アヒルのエサ(飼料)にでも、鳥インフルエンザウイルスを
大量に仕込んだのでしょう。

製薬会社は、インフルエンザ・ワクチンを大量に生産して、
厚生省を中心としたル-トで、売れるのを待っているだけだ。
毎度、バレバレのヤラセで、日本という国はどうしようもないですね。
それに、ほとんど何の問題意識を感じずに従順にワクチンを打つ
子羊の群れと化した日本国民の皆様方。

日本だけでも、数百万円の投資で数百億円の儲けになるんだから止められんわな。
世界的に見れば、数千億円の利益を生み出していると概算出来ます。

イルミナティ⇒製薬会社⇒厚生省⇒マスコミ

こういった極めてうさんくさい構図が出来上がっています。
そもそも、鳥インフルのみならず、エボラ出血熱とかのウィルス・パンデミック
ですが、その全てが研究室で遺伝子組み換えなどによる人為的に作られた証拠が
すでに、出回っています。

研究室で研究開発されたウィルスは、人間がばら撒く為に開発されたもの。
だから、感染源なんて、とうの昔から分かり切っているじゃありませんか。
少し説明したら、子供にだって分かる簡単な仕組みを誰も理解しようとしない。

お金儲けと人口削減が合体したものが、あらゆるウィルス・パンデミックの正体です。
厚生省は、厚生利権を拡大出来ますから、大喜びして協力している始末。
我が国においては、まともな省庁は、ただの一つも見当たりません。



2015/12/19
インフルエンザ薬「タミフル」の危機!
http://blogs.yahoo.co.jp/momotarou3169/57103880.html

今年もインフルエンザの季節がやってきました。
ワクチンの値上げも話題になっています。
また、ワクチンそのものの効果や副作用も話題になっています。
今回は、昨年発表された「コクラン共同計画」での
「タミフル」の調査報告をご紹介します。

英国に本部を置き、医療行為の有効性に関する情報を提供する
国際的非営利団体のコクラン共同計画が昨年4月、
インフルエンザ治療薬「タミフル」に関する調査報告を発表し、衝撃が走りました。

タミフルはインフルエンザにはほとんど効かないうえ、高い確率で
副作用が出るという結果が出たからです。

発表された内容の骨子は、以下のようなものでした。

問い:タミフルはインフルエンザに効くか?

答え:ノー

タミフルを使用した成人インフルエンザ患者の発症期間は6.3日。
投与しなかった成人患者の発症期間は7.0日で、
早く治るという明確な結果は得られなかった。


問い:タミフルは安全か?

答え:ノー

副作用として成人の4%、小児の5%に吐き気や嘔吐が見られ、3.1%が頭痛を訴えた。
また、タミフルを予防的に服用した人の1.1%に精神症状が表れた。
そして、「インフルエンザの予防または治療のいずれかのために、
タミフルなどノイラミニダーゼ阻害剤の使用に関して意思決定を行う際には、
利益と害のバランスを考慮すべきである。

インフルエンザウイルスに対する特異的な作用機序をメーカーが
(有効性の根拠として)提示しているが、
これは、臨床的エビデンスには合致しない」とも記しています。

この報告が大きな意味を持つのは、9623人のデータを解析して行われた、
最も信頼のおける調査だからです。

それを可能にしたのはタミフルの製造元である巨大製薬企業・ロシュから
臨床データを提出させることに成功したからです。

ロッシュは、はじめは自分たちに不利な結果が出ることを恐れ、
さまざまな理由をつけて臨床データの提出を拒んでいましたが、
コクラン共同計画が英国や北欧などの政府を動かして圧力をかけた結果、
入手に成功したのです。


タミフルを大量に使用する日本

この調査報告の発表が行われたあと、コクラン共同計画は提携関係にある
英国医師会報編集局と共同で各国の政府にタミフルの使用を再検討するよう
声明を出しています。

英国では国民の8割に処方できる膨大な量のタミフルを備蓄していたので、
メディアは一斉にトップ扱いで報じました。

特に秀逸だったのは、英国を代表する新聞であるガーディアンの長大な記事でした。

同紙は、「英国政府はこの薬にこれまで5億ポンド(925億円)も使ってきた。
これはスキャンダルだ」と断じたあと、英国流のブラックユーモアで、
「100万人にタミフルを処方すれば、4万5000人が嘔吐し、3万1000人が頭痛を訴え、
1万1000人に精神障害が出る。

もしインフルエンザの大流行が始まったら、
我が英国には5000万人分のタミフルがあるのだから、すごい嘔吐量になりそうだ」
と痛烈に皮肉っています。

これは、タミフルが元々効果がなかった訳ではないと思います。
非常に多く使われた為にタミフルに耐性を持たないウイルスは駆逐され、
逆にタミフルに免疫を持ったウイルスが台頭してきたのでしょう。

「リレンザ」や「イナビル」も乱用を続けるなら…今後同じことがいえます。
抗生剤が第1世代→第4世代へと移行したのと同じなんです。
また、それに代わる新薬が開発されればよいですが…
それもやがて効かなくなって…どんどん人にも厳しくなっていきます。

闘いが続く限り…金が儲かる「死の商人」みたいですね。
人々には荒廃(副作用)と生活の困窮だけが残るのです。


近藤誠博士ら心ある学者や医師が提唱されていた「危機」が現実に起こっているのです。

インフルエンザワクチンも今年は4種類は配合されているようですが、
これも同じで耐性を持っているウイルスには無力です。

医師の言葉を借りるなら「型が合わなかったんですね」

私たち人間が登場する以前から、
ウイルスや細菌、カビなどは存在していた訳ですから…
駆除するなんて永久にできません。

また、私たち人間もこれらによって生かされていることもあって、
無くなっては困るのです。

もし、薬物に頼り続けるなら、私たちが本来持っている免疫力が次第に低下して、
新型のウイルスや細菌などが登場する度に大きな被害を受けることでしょう。
抗ウイルス薬のみならず、すべての薬剤が同じような顛末をたどります。

これらの解決法は私たち自身が
「クスリの呪縛(薬漬け)から抜け出す」ことしかありません。
ある意味、麻薬中毒などと同じなのかもしれません。


<引用終わり>
----------------------------------------


鳥インフルエンザの分布も・・・
口蹄疫の分布も・・・
アジアやアフリカばかり。
これっておかしくない❓








お知らせ

12月1日に、メルマガを配信しました。

メルマガ第27号

『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

まだ届いていないメルマガ読者の方は、直ぐにご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

この1年間で最も重要な記事になると思います。
ガンの元になっている大元を何とかしなければ、
いくら食事療法、温熱療法、電子治療をしても
その効果は半減以下になってしまいます。
その一番効果的な処方を記事にしました。



★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』










. 東日本の家の中は、キラキラ光っています。

東日本の家の中は、キラキラ光っています。






「この映像は浪江の警戒区域に落ちていたスリッパである。
使用したフィルムはコダックのTR-Xの大判の8X10フィルムだ。
要するに密着焼きと同じ手法だ。
現像は念のため2倍の増感現像をした。
ネガを印画紙に焼き付けた状態で見せるため白黒反転させた。
放射線が輝いて見える。
私たちの体内に入って細胞内のDNAを破壊していく姿を想像して欲しい。
恐ろしい光景だ。」
http://mphoto.sblo.jp/category/1117537-1.html 



お知らせ

12月1日に、メルマガを配信しました。

メルマガ第27号

『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

まだ届いていないメルマガ読者の方は、直ぐにご連絡下さい。



管理人

今からの世の中は、危機管理意識を働かさなければ生きていけません。
全ては、先ず、イメージするところから始まります。
それが無いと・・何も始まりません。
感性が鈍くなって来ると、イメージすることさえ出来なくなってしまうものです。

このイメージを働かせられる人は、感性豊かな人です。
当然、危険を予知する感覚も澄んでいます。
多くの人に、その危険を感知してもらいたいが為に、
冒頭に、あのような放射能を感じさせる写真を載せました。


恐らく、東日本の汚染の厳しい地域の自宅の室内は、冒頭の写真と
似たようなものではないかと推察出来ます。
毎日々・・・汚染を室内に持ち帰っているので・・・
当たらずとも遠からずといったところではないでしょうか。

多重汚染~多重被曝といった怖ろしい言葉が脳裏に浮かんできます。
無関心の人は、無視してもらっていいです。
強い関心を持つ人だけに、良いアイデアを提供したいと思います。

大切なお子さんを持たれていたら、尚更です。
今更ではなく、今一度、立ち止まって考えて欲しいと願っています。
2017年は、被曝症状が爆発的に増える年なのですから。





チェルノブイリ事故が起こってから、6年目 あたりから
あらゆる疾患が 激増 しています。
日本でいうと、来年の2017年から という事になります。



もし、汚染地域に住み続けなければならない様々なご事情のある皆さんは、
それなりの覚悟と心構えが必要になってくると思います。
それなくしては、きっと、未来は明るいものにはならないのではないでしょうか。

自分や家族を護るには、先ず、身の周りから除染をしなければお話になりません。


イラスト付き
「放射能を少なくする家そうじ」ができました。

http://eminakae.exblog.jp/12809789/



















頑張って部屋を掃除しても、まだ結構残っている可能性があります。
残存放射能の除染は、微生物にお願いしましょう。


放射能を既に肺いっぱいに吸い込んだ人は
一体どうすれば良いのでしょう?

http://ameblo.jp/64152966/entry-11729782302.html


雑菌が含まれない乳酸菌の元菌の作り方っていえば、
今の所、以下の方法しか思いつきません。

つまり、殺菌用紫外線ランプと米のとぎ汁さえあれば、
純粋な光合成細菌は、幾らでも作れるのです。

http://grnba.com/iiyama/hikari.html#ws05192


放射能大好きな光合成細菌がたっぷり入った溶液をスプレー容器に入れ、
部屋中くまなくシュッシュしてやりましょう。
これは、あなたや家族の除染にも使えます。
長い時間をかけて、定期的に噴霧することが重要です。






もみじ
部屋の水式空気清浄機は、cmk2wl さんに頼めば、格安で作って送ってもらえます。
とても優れものです。

cmk2wl さんのサイト
https://twitter.com/cmk2wl


モンスーン”SC”(スーパーチャージャー)
車で移動した仕事場の空気清浄が短時間でできる小型水式の依頼があり制作しました。
圧力損失を防ぐためにインテーク側のファンからの風をアウトゴー側のファンが
吸い出す構造に。
この方式によってデュアルファンのハリケーン並みの捕集力が得られます。
https://twitter.com/cmk2wl/status/791556251305979904







ヒマワリ
重要・関連記事

【放射性物質を無害化する微生物vol.1】~放射性物質を吸収する微生物編~
http://www.seibutsushi.net/blog/2014/07/2127.html

【放射性物質を無害化する微生物vol.2】~放射性物質を分解する微生物編~
http://www.seibutsushi.net/blog/2014/07/2304.html

【放射性物質を無害化する微生物vol.3】~原爆と原発の違いと放射能耐性微生物の効果~
http://www.seibutsushi.net/blog/2014/08/2418.html

【放射性物質を無害化する微生物vol.4】~放射性物質による被害~
http://www.seibutsushi.net/blog/2014/11/3179.html







もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

この1年間で最も重要な記事になると思います。
ガンの元になっている大元を何とかしなければ、
いくら食事療法、温熱療法、電子治療をしても
その効果は半減以下になってしまいます。
その一番効果的な処方を記事にしました。



★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』











. プロフィール

z64150528

Author:z64150528
FC2ブログへようこそ!

. 月別アーカイブ
. 検索フォーム
. リンク
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR