光軍の戦士のブログ

. 薩長と最後まで戦った福島と福井には・・日本の原発の半分近くがあるのは一体何故!?

薩長と最後まで戦った福島と福井には・・
日本の原発の半分近くがあるのは一体何故!?









始めに

メルマガ最新記事 6月30日配信

★メルマガ第48号
何故〜甲状腺ガンが全国で増えているのか!? 

届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。




福井には、
14基もの原子力発電所が立ち並ぶ世界有数の原発密集地、通称〝原発銀座”

この周辺の他府県は、かなりヤバイ。
福井、京都、石川、滋賀、岐阜、愛知、大阪 ・・・

そして、福島には第一と第二を合わせ10基もの原発。
およそ、日本の原発の半分近くが、この両県に存在するのです。
皆さん、これを偶然と思われますか?

原発銀座の福井と福島には、歴史的な共通点があります。
最後まで、薩長フリーメーソンと戦った藩でした。
つまり、カルト・イルミナティに最後まで楯突いた仇敵だったのです。

福島では、意図的に原発事故まで起こされています。
松下政経塾の連中は、2011年の311の夜に、
近くの中華料理屋で、祝杯を上げて大いに盛り上がったそうです。
我々は、決してこの事実を忘れるべきではありません。


明治維新は、イルミナティが裏で糸を引く薩長連合による
日本乗っ取りのクーデターであったというのが真相です。
明治維新政府の要人の大部分が、朝鮮部落の田布施の出身者であった。
鹿児島にも山口にも田布施がある。
小泉元総理は、鹿児島の田布施が出自。
安倍総理は、山口の田布施が出自である。

イルミナティは、日本の深い闇の歴史を全て知っていて、それを利用した。
この両者は、元々、憎しみ会っていて、支配する代理人としては、
決して、イルミナティを裏切らない存在として朝鮮部落の人間を
代理人とする事に決めたのである。
これは何も、日本だけではなく世界共通の軍事戦略なのである。



アンケートを実施します。

福島と福井に、日本の原発の半分近くがあるのは偶然ですか?

.偶然だと思う。

.偶然だとは思えない。

.分からない。


福島と福井の両藩は、最後まで抵抗した英雄だった!



白虎隊 会津の名を不朽のものとするために





もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



★メルマガ第1号~ガンの本質と生還
★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】
★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】
★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」
★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』
★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』


★メルマガ第6号『白血病について』
         〇生還の為に知っておくべきこと!
        〇『白血病について』~重要資料
★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足
★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』
★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』


★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』
★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者
★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ15号 決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?
★メルマガ第16号 東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光


★メルマガ第17号 勇気を失うことはすべてを失うことである。
★メルマガ第18号 がん細胞のボディーガードを光で死滅させる画期的技術を世界に発表!
★メルマガ第19号 高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!
★メルマガ第20号 もしもの危機の時の準備を!
 〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。
★メルマガ第21号 家のローンの変動金利があなたを破産させます!
★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器 機械から、マイナスの電子を
体内に注入出来れば、結果としてマイナスイオンが体内で発生します。
★メルマガ第23号 『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』
★メルマガ第25号 『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』
★メルマガ第26号 『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』
★メルマガ第27号 『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】
★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』
★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】
★メルマガ第30号 『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』
★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!
★メルマガ第32号『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』
★メルマガ第33号 『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
 〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!
★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】
★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!
★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!
★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!
★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!
★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』
★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!
★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?
★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!
★メルマガ第46号
我々は、40万人のガン患者を救える治療法を見つけることが出来るだろうか!?
★メルマガ第47号 【高濃度ビタミンC点滴療法の真実】


九州地方の 「甲状腺がんの手術件数」 は、以下のように推移しています。











スポンサーサイト



. 稲田防衛大臣の都議会選挙応援演説は明らかに自衛隊の政治利用で憲法違反!

稲田防衛大臣の都議会選挙応援演説は
明らかに自衛隊の政治利用で憲法違反!










2017年6月28日

憲法・自衛隊法・公職選挙法違反の数え役満、
元弁護士・稲田防衛相の都知事選応援演説はどれだけアウトなのか

http://buzzap.jp/news/20170628-inada-jsdf/

問題だらけの稲田防衛相、都知事選の応援演説で
自衛隊を自民党の私物であるかのように語り、
公職選挙法違反が指摘されています。詳細は以下から。

これまでも南スーダン日報隠し問題、森友学園に絡む虚偽答弁問題、
「教育勅語の精神」擁護発言、在特会と蜜月問題など、
数限りない問題を引き起こし、防衛大臣としての資質に
常に疑問が突きつけられ続けてきた稲田朋美防衛相。

ですが、今回ばかりは自衛隊の中立性を根幹から揺るがしかねない
公職選挙法違反の暴言を飛ばし、自民党内や防衛省内、自衛隊内部からも
怒りと批判が吹き出しています。

その発言は
東京都板橋区で行った都議選の自民党公認候補の応援演説の場で行われたもの。
集会に出席した稲田防衛相は自民党公認候補を応援する文脈の中で
「防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたい」と発言しました。

動画からこの部分の前後の発言を拾うと
「ぜひですね、2期目の当選本当に大変ですからお願いしたいと、
このように防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたいと、
このように思っているところでございます」となり、
決して都合よく切り取って批判しているわけではない事が分かります。

この発言が絶対にあり得ないのは、
自衛隊全体を統督する防衛大臣という地位にあって、
「防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたい」としているところ。
防衛省という省庁と、上意下達の実力組織である自衛隊のトップに当たる立場で、
自衛隊と防衛省として自民党の公認候補の応援をお願いしているのです。

憲法第15条2項は
「すべて公務員は、全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない」と規定しており、
政治的中立性が求められます。
よって防衛省や自衛隊が自民党という一政党を応援する事はあり得ませんし、
あたかも応援しているかのような稲田防衛相の発言は
決して認められるものではありません。

また、自衛隊員は自衛隊法第61条によって、
選挙権の行使を除く政治的行為が制限されています。
稲田防衛相の発言は、
自衛隊が自民党を応援していると有権者に錯覚させる印象操作であり、
自衛隊が組織ぐるみで法を破っているとのあらぬ誤解も招きます。

また、公職選挙法第136条の2では国家公務員はその地位を利用して
選挙運動をすることができないとされており、稲田防衛相はこれに該当します。

そして、その地位を利用して特定の候補者を応援し、集会の応援演説の中で
「防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたい」と明言している
訳ですから、これは公職選挙法違反であると指摘せざるを得ません。

稲田防衛相はその後発言の撤回に追い込まれましたが、その際の発言が
「近くに練馬駐屯地もございますので、大変応援をいただいていることに
感謝をしておりますという趣旨で演説を行ったわけでありますが、
その中で誤解を招きかねない発言があったことに関しまして、
撤回をいたしたい」というもの。

「近くに練馬駐屯地もございますので、大変応援をいただいていることに
感謝をしておりますという趣旨」であるなら、
自衛隊が自民党を応援してくれているから自衛隊の意見を代弁したという事になり、
取り返しのつかない燃料を投下してしまっています。

政治的中立性が強く求められる自衛隊に対するこうした発言に
怒り心頭なのは野党だけではありません。

石破元防衛大臣からも
「組織としての自衛隊、役所としての防衛省がお願いをするというのはありえないこと。
自衛隊の政治利用ともとられかねない、適切でない発言なので
撤回しておわびをしたほうがいいのではないか」と批判されています。

また、自衛隊幹部からも
「われわれは政治的主張ができないのに、
稲田氏に勝手に応援演説で利用されたと感じる。
全自衛官が自民党支持と誤解されてしまうのではないか」との声が上がっています。

弁護士でありながら自らの統括する自衛隊に関する法律も理解していない
のであれば防衛相としての資質はありませんし、
理解した上での発言であれば極めて悪質な法律違反です。
もちろん撤回したからといって
「あったものを、なかったことにできない」のは当然のこと。
稲田防衛相の続投を許そうとするならば、都知事選の投票日を前に
自民党がさらなる批判に晒されることは間違いなさそうです。








管理人

小林麻央さん死去
芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

http://ameblo.jp/64152966/entry-12286425616.html

上にある6月24日の記事が、何故か、消されていました。
驚いて、直ぐに再掲載致しました。
原因は不明です。
今気づくとは不覚でした。


東京都議会選挙は、自民党と小池都知事率いる都民ファーストの一騎打ちの
構図のようにマスコミに煽られていますが、皆さんには、一度・・・
静かに冷静に考えて欲しいと思います。

自民と都民ファーストの対立の構図を作っているのは、
カルト・イルミナティの連中です。
しかし、この二つの組織は同じ仲間です。

都民ファーストは、自民党の不満分子の受け皿に過ぎません。
第二自民党といってもいいと思います。
維新も第二自民党です。
全て仲間なのです。

自民党>公明党>維新>都民ファースト

み~んな、同じ穴のムジナです。


結局、テレビ、新聞、週刊誌に、国民が踊らされているだけに過ぎません。

不正選挙にウソの対立軸・・・
カルトに乗っ取られた国はこうなるという良い見本です。
そして、国民の声を代弁する党は少数派へと追いやられる。

何を今更・・という感じに思うかもしれませんが、
カルトに好き勝手にやられるのを少しでも抑止する意味においても
上記以外の野党に投票しましょう。

2017年 東京都議会議員選挙
投 票 日:2017年7月2日







お知らせ

6月21日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第47号

【高濃度ビタミンC点滴療法の真実】

届いていないメルマガ読者の人は、直ぐにご連絡下さい。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



★メルマガ第1号~ガンの本質と生還
★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】
★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】
★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」
★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』
★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』


★メルマガ第6号『白血病について』
         〇生還の為に知っておくべきこと!
        〇『白血病について』~重要資料
★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足
★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』
★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』


★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』
★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者
★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ15号 決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?
★メルマガ第16号 東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光


★メルマガ第17号 勇気を失うことはすべてを失うことである。
★メルマガ第18号 がん細胞のボディーガードを光で死滅させる画期的技術を世界に発表!
★メルマガ第19号 高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!
★メルマガ第20号 もしもの危機の時の準備を!
 〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。
★メルマガ第21号 家のローンの変動金利があなたを破産させます!
★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器 機械から、マイナスの電子を
体内に注入出来れば、結果としてマイナスイオンが体内で発生します。
★メルマガ第23号 『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』
★メルマガ第25号 『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』
★メルマガ第26号 『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』
★メルマガ第27号 『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】
★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』
★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】
★メルマガ第30号 『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』
★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!
★メルマガ第32号『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』
★メルマガ第33号 『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
 〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!
★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】
★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!
★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!
★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!
★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!
★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』
★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!
★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?
★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!
★メルマガ第46号
我々は、40万人のガン患者を救える治療法を見つけることが出来るだろうか!?
★メルマガ第47号 【高濃度ビタミンC点滴療法の真実】










. 小林麻央さん死去~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

小林麻央さん死去
芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】








6/23(金) 11:18 掲載

小林麻央さん死去 34歳 
22日夜自宅で 闘病中にブログ続けるも力尽く

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6244353

歌舞伎俳優、市川海老蔵(39)の妻でフリーアナウンサーの小林麻央
(こばやし・まお)さんが22日夜、都内の自宅で死去した。
34歳。東京都出身。
人気キャスターから梨園の妻へ転身し、成田屋を支えていた14年10月、
乳がんの告知を受けて闘病中だった。
21日に容態が急変したという。(スポニチアネックス)

---------------------------------


管理人

[続きを読む] をクリックすると、6/23(金) 11:06配信 と出る。
こんな時に言いたくはないのですが、私には裏社会の悪意しか感じられない。

34歳 ⇒ 7
11 と 18 と 6 と 7

理解出来ない人は、以下の記事を見るといいです。

皆さん、暗号は解けましたか!?
https://ameblo.jp/64152966/entry-12066606299.html


本来なら、麻央さんの死を悼み、ご冥福を祈るだけにしたいのですが、
裏の世界を知る者として、真実を語る義務があると思います。
今や、知らない・・・で終わらせる段階ではありません。

私は、去年、芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】という
メルマガを配信しました。
今回は、特別に皆さんに公開します。
但し、見た人は決して外に漏らさないようにして下さい。

★メルマガ第29号

芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】
http://ameblo.jp/64152966/entry-11471676776.html

私は、この記事の中で以下のことを書きました。


死亡日時までをも・・・決められていないことを切に願うばかりです。

もし万一、近い将来・・・
イルミナティに直結する日時に、天国に召されたとなると、
ほぼ、闇組織による犯行が確定すると判断しています。



世界的に有名だった映画俳優のスティーブ・マックイーンさん。
抗がん剤を始めとしたガン3大治療に頼らず代替治療で奇跡の復活。

ところが、抗がん剤を使わずに生還されたら大変困る連中がいた。
奇跡の復活を遂げる直前に、心臓麻痺が起こる薬を盛られた。

没年月日 1980年11月7日(満50歳没)
18と18ですか・・・
嫌になりますね・・・ホント。

医療マフィアはヤクザよりも怖ろしい。

★メルマガ第32号 (2017年1月22日)
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』
http://ameblo.jp/64152966/entry-11271051810.html



ところで・・・
今現在、ガン3大治療に頼らずに治すのが主流となりつつあります。
無論、表の世界の話ではありません。
政治家やお金持ちの裏の世界の話です。

知らないのは、いつの場合でも我々一般庶民ばかりです。
6月21日配信の最新のメルマガでは、
私の知り合いの方で・・・
実際に、その治療を受けて末期がんから完全に生還した人を記事にしました。


★メルマガ第47号
【高濃度ビタミンC点滴療法の真実】







皆さんは、もう真実を知るべき時です。
私のブログもいつまで持つか分かりません。
最後に残るのは、もはや・・メルマガしかないのです。
尤も、私の命があればの話ですが。


小林麻央さん、今は安らかにお眠り下さい。
貴女の死を決して無駄にはしません。






お知らせ

6月21日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第47号

【高濃度ビタミンC点滴療法の真実】

届いていないメルマガ読者の人は、直ぐにご連絡下さい。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



★メルマガ第1号~ガンの本質と生還
★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】
★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】
★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」
★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』
★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』


★メルマガ第6号『白血病について』
         〇生還の為に知っておくべきこと!
        〇『白血病について』~重要資料
★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足
★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』
★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』


★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』
★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者
★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ15号 決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?
★メルマガ第16号 東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光


★メルマガ第17号 勇気を失うことはすべてを失うことである。
★メルマガ第18号 がん細胞のボディーガードを光で死滅させる画期的技術を世界に発表!
★メルマガ第19号 高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!
★メルマガ第20号 もしもの危機の時の準備を!
 〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。
★メルマガ第21号 家のローンの変動金利があなたを破産させます!
★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器 機械から、マイナスの電子を
体内に注入出来れば、結果としてマイナスイオンが体内で発生します。
★メルマガ第23号 『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』
★メルマガ第25号 『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』
★メルマガ第26号 『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』
★メルマガ第27号 『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】
★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』
★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】
★メルマガ第30号 『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』
★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!
★メルマガ第32号『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』
★メルマガ第33号 『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
 〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!
★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】
★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!
★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!
★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!
★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!
★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』
★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!
★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?
★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!
★メルマガ第46号
我々は、40万人のガン患者を救える治療法を見つけることが出来るだろうか!?












. 癌の芸能人は死の広告塔!~「生きて帰られては、困るんですよ」~某大手病院の助教授

癌の芸能人は死の広告塔!
「生きて帰られては、困るんですよ」
   某大手病院の助教授








小林麻央さん死去
芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

http://ameblo.jp/64152966/entry-12286425616.html

コメント 21

はっきり言って不快です。

先日友達からこのブログを教えてもらいましたが、
はっきり言って一人の人が亡くなっているのに陰謀付けるのはとても不快です。
抗がん剤の治療は良くないと私も思いますが、
幼い子供達を残して亡くなられてるんです。
麻央さんの親族の方々にとても失礼だと思います。

keiko39  2017-06-26

-------------------------------------


管理人

以上の方の言うことを聞いていたら、真相について誰も語れなくなります。
反原発を記事にすれば、「原発で働いている本人や家族の気持ちを
考えたがことあるのか!」・・といった屁理屈にも通じたものがあります。

この方は、抗がん剤が良くないことは理解していても、およそ・・・
この社会の本当の闇については、ほとんどご存じないと思われます。
こういう方と議論しても全く意味がありません。
添付した記事を見ることさえしないでしょう。
私はこういった人を今日まで、嫌というほど見てきました。

人一人の死と家族の気持ちを大切にすることは、当然、私もよく理解しています。
しかし、数百万人の人たちがガンになられ、毎年、35万人以上の人が
お亡くなりになられているのです。
私は、その数百万人の人たちの未来の為に記事にしています。

事実、そういった気の毒な方々と、連日のように向き合っています。
ガン患者の方と2時間以上も渡って電話でお話しすることもたびたびです。
リアルに向き合っている私としては、何を訴えなければならないかが
大変よく見えてくるのです。
現状を何とか変えなければ、同じことの繰り返しです。
悲劇と苦痛と困難は、ずっと続いていきます。
それを変える為に記事を書いているのが真相です。

一個人の情緒的な感情で、一番重要な真相を妨害するのは、
実は、日本人にはよくあることで国民が変われない最大の阻害要因にもなっています。
だから、いつまで経っても日本は良くならないのです。

人の気持ちを考えないのか・・・
エビデンス(証拠)を示せ・・・

こういったものは、ある意味、権力者用語です。
真相究明を妨害するのに最適です。

思い出されるのは、「食べて応援」~絆・・・ですね。
汚染地域の農作物や魚の汚染を問題するたびに出てくるのは風評被害。
汚染地域で一生懸命作っている人の気持ちを考えたことあるのかと・・・
私は、その顛末の真相も記事にしています。

私は、コメント 21 の人に言いたい。
人一人の家族の気持ちを問題にして不快だと言うなら、
それでは、数百万人の人たちのガンの問題をどうするのか?
毎年、35万人も死んでいく人たちの無念さやお気持ちをどう思うのか?
一本の木だけを見て、数百万本の森や山が全く見えていない。

そして、更に重要なことは・・・
今からのこういった国民の為に自分が何が出来るのかを考えたことありますか?
・・・と、私は問いたい。
恐らく、何も考えてはいないでしょう。
だから、あんなことが平気で言えるのです。

議論する気は全くありません。
ほとんど意味がありませんから。
ただ、一言申し添えれば、ここのブログは真相究明サイトです。
情弱で大儀のない人は、ここを訪れるべきではありません。
他の読者やコメント者の迷惑になります。

何故、わざわざ記事に採用したかと申しますと・・・
これが、日本と国民が未来に向かって決して変われない
一大阻害要因になっていると、私が感じたからです。
変われないと、もう生きられない社会になっているからです。
日本国民に誰しもある共通項であると私は考えています。
ですから、記事さえも決して拡散されることはありません。





作成日時 : 2017/05/16

癌の芸能人は死の広告塔!搾り取ってから殺す
http://blog.goo.ne.jp/oribeizum/e/9d7634cf0dca5c0afcef85edd25af076


【必見!驚愕の真実】日本で抗がん剤を使う理由
   芸能人は「死の広告塔」という!!




とある会合で、酒が入ると小声で私に囁く某大手病院の助教授!!
「芸能人の“癌患者”は、すぐには殺さないんですよ!!」
「・・・・・・」
「抗がん剤の点滴を30回して、次に放射線治療を30回!!」
「・・・・・・」
「そして、1回300万円の特別治療を5~6回して~お陀仏だなぁ~!!」

「ほう~!!」
驚いた私が、相槌を送ると、
「搾り取るだけ搾り取って、殺すんですよ!!」
「・・・・・・」
「生きて帰られては、困るんですよ!!」
「こりゃあオフレコですからね!!」
「今は、自宅療養にしていますが再入院ですよ!!」
「死の広告塔ですから、すぐには殺しませんよ!!」
と微笑む相手の言葉に、私は微笑みながら。
「わかってますよ!!」
と答えると、私は医師から離れて同伴していた友人に、
「あれは、誰の話かなぁ~」
と問いかけると、友人は
「あの医師は、歌舞伎~」
という友人の口に右手の人差し指を当てると、
「それ以上は、聞きたくない!!」
といって、友人に口止めをした。

会合で、こんなことを面白おかしく言う馬鹿医師!!
私は、隣接する防衛省の建物を見ながら癌患者のことを思って溜息をついた。
やっぱり世の中は、狂っている・・・・・!!』

http://news.j-houdou.com/kusa/keijiban_toko.php?jid=10005&mid=2679&r=20
『事実報道サイト
がん治療の真実を考えるー権威ある医師たちの本物の言葉。

「癌と闘っていると言われる癌研究が詐欺であることを知っておくべきだ」
20世紀における最も重要な化学者で
ノーベル賞を2回も受賞したライナス・ポーリング博士

「癌細胞の発生の根本的な原因を発見したが、その治療法が適用されなかった」
オットー・ウォーバーグ博士、医療ノーベル賞受賞者

「実際の臨床的、科学的根拠は、どれもがん業界の主張を支持できるものではない。
従来のがん化学療法は、治癒しないまま(高額に)支払われる最高の治療法である。
みなが現実に目を覚まさない限り、政治と癌の何十年以上の関係は一般に
知られないままにしておきたいのだ」
ジョン・ダイアモンド医師 リー・コウデン医師

「がんの化学療法は、医師、病院、製薬企業にとって非常に有利な事業である。
医療施設は、患者の誰もがその化学療法慣習に従って欲しいと考えている。
彼らは、化学療法業界が下火になるのを望んでいないのだ。
それが腫瘍学の進歩にとって最大の障害になっている」
グレン・ワーナー医師』

https://www.youtube.com/watch?v=fmpdakV_4ho
『抗がん剤は造がん剤!?~OTAレポートの真実~』

誰もが健康に生きたいと願っています。
幼い子供を抱えている人なら尚更です。
大金を払って殺されたいと思う人などいないのです。
日本のガンビジネスは、人類史上最凶最悪の殺人詐欺ビジネスです。
ガン患者を意図的に殺し続ける事で、ガンの恐怖を何十倍にも増幅し、
新たな獲物(ガン患者)を獲得し、
それを永遠に繰り返す救いようのない鬼畜ビジネスです。

芸能人のガン患者は死の広告塔!!
人を殺すために開発された抗がん剤や放射線被曝を、何十回も繰り返し与えます。
殺される側のガン患者は地獄の苦しみです。
バカ医者を信じて治療と称する拷問を受けるのですが、日に日に体調が悪くなり、
見た目にも明らかに衰弱していきます。

ガン患者は、まさか主治医が自分を徐々に殺そうとしている!などと夢にも思いません。
このとてつもなく辛い治療に耐えれば生還できる!と本気で信じ込んでいるのです。
そんな必死のガン患者に対して、日本の医者は裏でヘラヘラと笑いながら
“人殺し医療”を行っているのです。
カネを搾れるだけ搾り取ってから殺す!
これが日本のガンビジネスのセオリーなのです。
生きて帰られては困る!というのが日本のクズ医者たちの本音です。

有名人が乳がんになった!というだけで、ガン検診を受ける人が急増します。
そして治療の甲斐なく亡くなった!となれば、ガンの恐怖は増幅します。
日本の医学界は、こんな地道な努力を続けながら、
ガンを恐怖の難病・死病と信じ込ませているのです。
多くの日本人は、この詐欺ビジネスにまんまと引っかかってしまうのです。

医学界は笑いが止まりません。
いくら殺しても、次から次へと獲物(家畜)が病院に自らやってきます。
自分の患者にすれば、どんなに惨い拷問を与えてもいいのです。
大切な臓器を切り刻み、猛毒のマスタードガスを与え、強い放射能を浴びせる。
どんな健康な人でも死んでしまうような拷問を与え続ければ、
莫大な利益が入る様な仕組みになっているのです。
他人の痛みがわからないサイコパス集団にしてみれば、
こんなにラクで儲かる商売はないのです。
公には「患者さんの為に最善を尽くす!」などとキレイゴトを言いますが、
オフレコでは「カネを搾り取るだけ搾り取って殺す!」などと、
はしゃいでいるのです。

現実に他人の命を金儲けの道具!としか見ない極悪人が存在するのです。
私たちの常識では考えられない人たちが居るのです。
だから、こんな非常識な殺人詐欺ガンビジネスが、何十年も行われ続けるのです。
自分でガン患者を何十人・何百人も殺していて、まったく気付かない事はないのです。
治療をすればするほど衰弱していく患者を繰り返し見ていれば気付きます。
カネが儲かるから、惰性で患者を殺し続けているだけです。
自分で考えることを放棄しているのです。
こんな最低最悪なクズ医者たちに、命を奪われてはいけません。
苦しいガン治療は、すべて詐欺なのです。
体調が良くなるガン治療を選択すべきです。



引用おわり


治療と称して効きもしないどころか、癌を悪化させる毒薬を投与して
患者を殺すのが日本の癌治療です。
こんな殺人ビジネスがまかり通っているのが情報発展途上国の現状でしょう。
知らなと言うことは実に恐ろしい。

兎に角、抗がん剤を使う医者は、人殺しで間違いありません。
私の父親も殺されました。
大切な人が殺されないよう、ガン治療の現実を知るべきです。

気になるのは、小林麻央さんが亡くなられた(殺された)タイミングですが、
何かに利用されているのでは、と勘ぐってます。
恐らく、今日前川氏の会見があるので、そのスピンではないでしょうか。

ガン治療の広告塔で殺され、尚かつ汚物政権擁護のスピンに利用され、
小林麻央さんは本当にお気の毒です。


(引用終わり)
------------------------------------



お知らせ

6月21日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第47号

【高濃度ビタミンC点滴療法の真実】

届いていないメルマガ読者の人は、直ぐにご連絡下さい。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



★メルマガ第1号~ガンの本質と生還
★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】
★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】
★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」
★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』
★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』


★メルマガ第6号『白血病について』
         〇生還の為に知っておくべきこと!
        〇『白血病について』~重要資料
★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足
★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』
★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』


★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』
★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者
★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ15号 決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?
★メルマガ第16号 東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光


★メルマガ第17号 勇気を失うことはすべてを失うことである。
★メルマガ第18号 がん細胞のボディーガードを光で死滅させる画期的技術を世界に発表!
★メルマガ第19号 高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!
★メルマガ第20号 もしもの危機の時の準備を!
 〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。
★メルマガ第21号 家のローンの変動金利があなたを破産させます!
★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器 機械から、マイナスの電子を
体内に注入出来れば、結果としてマイナスイオンが体内で発生します。
★メルマガ第23号 『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』
★メルマガ第25号 『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』
★メルマガ第26号 『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』
★メルマガ第27号 『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】
★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』
★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】
★メルマガ第30号 『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』
★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!
★メルマガ第32号『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』
★メルマガ第33号 『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
 〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!
★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】
★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!
★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!
★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!
★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!
★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』
★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!
★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?
★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!
★メルマガ第46号
我々は、40万人のガン患者を救える治療法を見つけることが出来るだろうか!?















. 首都圏~感染症激増の恐れ!~放射能は最大のタブー

首都圏~感染症激増の恐れ!
 ~放射能は最大のタブー





お知らせ

6月21日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第47号

【高濃度ビタミンC点滴療法の真実】

届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。







2017年6月14日

同じ幼稚園の園児2人が死亡 感染症か、川崎市が調査へ
http://www.huffingtonpost.jp/2017/06/15/kawasaki_n_17132118.html

川崎市は14日、同市川崎区の私立大師幼稚園に通っていた男児と女児の計2人が
今月、帰宅後に相次いで死亡したと発表した。
感染症による病死の疑いがあるとして市が原因を調べているが、
ウイルスや細菌の特定には至っていないという。
他の園児に目立った症状は出ていないという。

市によると、2人とも4歳で、同じクラス。
6日に女児が、12日に男児がそれぞれ自宅から市内の病院に救急搬送されたが、
死亡が確認された。
女児は4日から吐き気を訴え、同日に医療機関で急性胃腸炎との診断を受けた。
男児は12日朝から発熱し、同日昼前にはけいれんを起こしていた。

神奈川県警川崎署から12日午後、
2人の死亡が確認されたという連絡が川崎区役所にあった。
死因は分かっていないという。

2人の死亡を受け、園は保護者に対し、子どもが体調不良を訴えた場合は
早めに医療機関を受診するよう呼びかけるとともに、13日から自主休園している。

この園は6クラス編成で、3~5歳児約200人が通う。
多田政彦園長は「2人は元気に登園していた。本当に驚いている」と声を詰まらせた。

---------------------------------



管理人

驚くべき事に、園児2人の死亡事件を扱った大手新聞の該当記事が
今現在の時点で、既に、削除されていることです。

NHKニュース  TBS NEWS 日テレNEWS24

他では、読売、毎日といった大手では、
検索しても記事さえ見つかりませんでした。
何故でしょうか・・・

恐らく、首都圏各地で起こった今回と同様の死亡事件においても
削除されたか、無視されている可能性が高いと考えるべきです。

いわゆる、トレンド・・最新の急上昇ワードにしたくないといった
意図を勘ぐりたくもなります。

首都圏は、放射能被曝地帯だと云われています。
被曝で直ぐに問題になるのが、ガン・白血病・心筋梗塞・川崎病・その他・・

しかし、今や、そういった病気になる前に、
多くの人が感染症で倒れていくことが予想されています。
今回の園児2人の死亡事件は、その一端を示すもので
あくまでも氷山の一角とみるべきです。

感染症では、インフルエンザ、はしか、RSウイルス感染症、梅毒などの性病、
変わったところでは、ヘルパンギーナといった子供の感染症も出ています。

こういった病気は、仮に感染したとしても免疫力がきちんとしていれば
重症までには到りません。

しかし、以上のような病名さえつかないものが一番怖いのです。
今回の園児2人の件は、それに該当するかもしれません。
感染症だとしても、その病原菌さえ見つけることが出来ないのです。

実は、その病原菌なるものは元々、体内にいる腸内細菌だったりします。

免疫力が低下してくると・・・
腸内細菌の善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れるだけではなく、
大腸菌が大暴れするようになります。
ですから、病原菌を特定するなんてことも出来ないのです。

凶暴化した大腸菌が血管から進入して、様々な病気を発症します。
園児2人の症状は、その一例に過ぎないものです。

他にも、肺炎、敗血症、発熱・・・様々な病気をひき起こします。
ウイルスや細菌の特定が出来ないというのは、つまりそういうことです。

一部の人達は、この事実を知っています。
しかし、秘密にするのです。
何故かというと、免疫力低下に行き着くからです。
当然、免疫低下させているものは何だと注目が集まる事態になります。

首都圏にとって、放射能は最大のタブーです。
この事実は、何がなんでも隠す必要がある。
東京が崩壊するからであり、オリンピックさえ開けなくなる。

実は、それだけではありません。
首都圏を始めとした関東一円で、ガン・白血病、甲状腺ガン患者ばかりを
収容するガン病棟があります。
これは、関東の中のある県に存在します。
2011年の311以後、大増築されました。
そのガン病棟に行くと、患者の名札さえも見当りません。
初めて訪れた人は、患者なんて誰も居ないのではないかと感じるはずです。

ここは、まさに被曝について研究する731部隊の様相を呈しています。
国民が決して知ることを許されない・・収容所ともいうべきブラックボックス。
患者さんが死ぬと・・・全て、病死とだけ記されます。
放射能とは一切関係ない、ただの病死扱いです。
なので、ガン・白血病患者の死亡グラフなんてものは全く当てになりません。

全てが・・・闇から闇に葬られます!



以下の記事は大変参考になります。必読です。

もみじ
NO.545 腸管免疫 その12 腸内細菌の種類とバランス
http://chirotic.exblog.jp/23701942/


本当は防げた?
免疫力低下が引き起こす症状と病気

http://www.karadameii-meneki.net/disease/








もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



★メルマガ第1号~ガンの本質と生還
★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】
★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】
★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」
★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』
★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』


★メルマガ第6号『白血病について』
         〇生還の為に知っておくべきこと!
        〇『白血病について』~重要資料
★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足
★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』
★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』


★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』
★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者
★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ15号 決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?
★メルマガ第16号 東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光


★メルマガ第17号 勇気を失うことはすべてを失うことである。
★メルマガ第18号 がん細胞のボディーガードを光で死滅させる画期的技術を世界に発表!
★メルマガ第19号 高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!
★メルマガ第20号 もしもの危機の時の準備を!
 〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。
★メルマガ第21号 家のローンの変動金利があなたを破産させます!
★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器 機械から、マイナスの電子を
体内に注入出来れば、結果としてマイナスイオンが体内で発生します。
★メルマガ第23号 『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』
★メルマガ第25号 『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』
★メルマガ第26号 『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』
★メルマガ第27号 『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】
★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』
★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】
★メルマガ第30号 『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』
★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!
★メルマガ第32号『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』
★メルマガ第33号 『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
 〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!
★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】
★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!
★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!
★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!
★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!
★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』
★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!
★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?
★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!
★メルマガ第46号
我々は、40万人のガン患者を救える治療法を見つけることが出来るだろうか!?










. 『がん余命ゼロ宣告』~独自の食事療法を続け14年も生きたフレンチシェフ

『がん余命ゼロ宣告』~
独自の食事療法を続け
14年も生きたフレンチシェフ








健康と食と医 さんのブログより
2017年6月15日 (木)

末期がんでも生きられる 『食習慣の極意』
http://kenko-syoku-i.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/post-d131.html

(転載開始)

「がんで余命ゼロと言われた私の死なない食事」(幻冬舎)の著者で、
フレンチシェフの神尾哲男(かみお・てつお)氏が
入院中の前橋市内の病院で4日死去されました。64歳。
北海道出身。末期がんと診断されながら、
独自の食事療法を続け14年にわたりがんを抑え込んだことから
“奇跡のシェフ”としてマスコミに取り上げられた人です。

1ヶ月前に雑誌で紹介された記事です。
食生活を見直せば末期がんを克服できるというものです。


YAH00ニュース 女性自身記事 最終更新:4/5(水)

リンク

****************************

「余命ゼロ」から14年生きたシェフ伝授する食習慣の極意10


「体の調子がよくないと感じる人には、
『まず食生活を見直してください』と私は言いたいのです。
人間の体はすべて、食べたり飲んだりしたものからできているのですから」

こう語るのは、著書『がんで余命ゼロと言われた私の死なない食事』(幻冬舎)
が4万5,000部のヒットとなっている神尾哲男さん(65)。

神尾さんはフレンチのシェフとして修行を積み、順調にキャリアを重ねていた。
しかし暴飲暴食がたたったのか、’03年、51歳のときに、
前立腺がんと診断されてしまう。
しかも、すでに骨とリンパに転移していることが判明。
睾丸の摘出手術を受けた後、3年間ホルモン療法を続けたが、
徐々に薬が効かなくなり、ついに医師から
「打つ手なしの末期がん」と宣告を受ける。

このとき、神尾さんは病院と決別。料理人としての矜持から、
「食で命のリセットをしよう」と決意したという。
職業柄、食材や栄養について知識が豊富だったこともあり、
自らの“食”を見つめ直しながら徹底的に探求を開始。
こうして、「余命ゼロ」宣告から14年経過したいまでも、
がんとともに生き続けている。その食事法に、いま注目が集まっているのだ。

「私の体のがんは消えたわけではない。いまも穏やかに進行しているはずですが、
その悪化を抑制しながら生きている、ということなのです」

飄々と話す神尾さんの導き出した結論は、「がんを撃退する」のではなく、
「がんとゆるやかに共存する」こと。
14年間実践し、身をもってその効果を証明した
「がんで死なない食習慣」の極意10は次の通りだ。


【1】調味料(醤油、みりん、塩、味噌など)は“本物”を使う

【2】食品添加物を極力避ける

【3】大量の農薬や化学肥料で育った野菜、遺伝子組み換え食品を避ける

【4】糖分を取らない

【5】1日2食、腹六分目までを心がける

【6】体を冷やす食べ物・飲み物は厳禁

【7】食材の栄養素を壊さない調理法で(例:味噌汁はぬるめの60度)

【8】体を弱アルカリ性に保つ

【9】きちんとだしを取る

【10】雑食であれ。たまには外食もよし


最初の2年間は、妻と2人でマクロビオティックを徹底的に実践した神尾さん。
しかし、肉・魚を排除することは自分に相性が悪かったという。

「確かに、すっかり体が浄化されたと感じられたのですが、どうにも力が出ない。
体を維持するには動物性タンパク質や脂質は大切です。
それでマクロビやそのほかの食餌療法の“いいところ取り”をし、
研究を重ねて、いまの食生活の形に集約させたのです」


(転載終わり)
****************************



管理人

がん余命ゼロ宣告を受けたにも関わらず、
14年間も行き続けた神尾さん。

私の今日まで知り得た情報を治療に活用すれば、
更に、もう10年以上も生きられたのではないかと・・
ふと、そのように感じました。

神尾さんの10項目にも及ぶ提言は、その一つひとつが
どれも大事なことばかりですが、では具体的に
どのようにすれば良いのかは、
個人が一度立ち止まって、ゆっくり考えるべきことになると思います。

食生活を含めた生活習慣というものは、
なかなか変えられませんから、
実際のところ、大変だと思います。

例えば、夏の暑いさかりに冷たいジュースやビールを
飲まないようにするのは、はっきり言って至難です。
ビール党のみなさんには酷というものでしょう。(笑)

身体を冷やさないことが、特に重要です。
現代社会では、食べ物や飲み物は毒性添加物だらけです。
当然、身体に毒素が蔓延しています。

そうしますと、身体の一番弱いところからガンが発症します。
弱いところは、人によって様々です。

取り敢えず、解毒することから始めたら良いと思います。
それには、グルタチオンと酵母の生きた本味噌がお勧めです。

合わせて、岩盤浴をお勧めします。
一度、徹底的に身体の体液を新鮮なものに変えてしまうのです。
週に3~5回は行って、3ヶ月も続ければ、かなりな体質改善が出来ます。
水分補給は、重曹水やアルカリ水、ミネラル水で。








皆さん、驚くべきことに、夏でも身体は冷えるのです。
クーラーがなくて暑いので、パンツ1枚で寝ていた知人の話です。
身体が冷え、腹も冷やされてしまって、ものすごい便秘になったそうです。
とうとう、緊急でお医者にいく羽目になりました。


今回は、特に女性の皆さんに知っておいて欲しいことを書きます。


~女性がガンにならない為に気を付けること~


★ 乳がん

乳房は大きいほど冷えやすいと云われています。
夏などは、家でも職場でもクーラーをガンガンかけます。
乳房を覆うブラジャーは、天然素材の厚手のものがお勧めです。
冷えると、否応無く、ガンの魔手が忍び寄ります。
寝る時は、特に乳房を冷やさないように工夫が必要です。


★ 大腸ガン

女性に特有の冷え性と便秘ですが、便秘は万病の元。
便秘は、大腸ガンの大きな要因の一つですが、
女性のガン死亡で、一番多いのは、この大腸ガンです。

何故、便秘が多いかというと、スカートで下半身を冷やすからです。
下半身の冷えで、大腸や子宮、卵巣が一番影響を受けます。
スカートからズボンに変えるのも一つの考え方です。

防御策は、腹巻きをすることと
パンティストッキングを天然素材の厚手のものにすることです。

パンティ-ストッキングのある恐ろしい秘密
http://ameblo.jp/64152966/entry-11379964093.html


特に女性は、身体のラインを気にされますから、
洋服も薄でのものばかりを身に着けます。
なので、一層、体温の低下を招く結果になる訳です。

慣れというものは本当に怖ろしい。
身体の冷えが常態化すると、冷えていることに気づかなくなるのです。

冷えは ガンと万病の元 です







あなたの化粧品は大丈夫?
肌を危険にさらす11の有毒な化粧成分

http://googirl.jp/biyou/cosmetics11/

コールタール

ジエタノールアミン(DEA)

ホルムアルデヒド

パラベン

フェニレンジアミン(PPD)

フタル酸エステル

ラウリル硫酸ナトリウム(SLS)とラウレス硫酸ナトリウム(SLES)

トルエン

フラグランス(香料)

トリエタノールアミン(TEA)

ヒドロキノン







お知らせ

6月11日にメルマガ最新記事を配信しました。

★メルマガ第46号

我々は、40万人のガン患者を
救える治療法を見つけることが出来るだろうか!?


まだ届いていない読者の人は、直ぐに、ご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



★メルマガ第1号~ガンの本質と生還
★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】
★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】
★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」
★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』
★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』


★メルマガ第6号『白血病について』
         〇生還の為に知っておくべきこと!
        〇『白血病について』~重要資料
★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足
★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』
★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』


★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』
★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者
★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ15号 決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?
★メルマガ第16号 東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光


★メルマガ第17号 勇気を失うことはすべてを失うことである。
★メルマガ第18号 がん細胞のボディーガードを光で死滅させる画期的技術を世界に発表!
★メルマガ第19号 高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!
★メルマガ第20号 もしもの危機の時の準備を!
 〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。
★メルマガ第21号 家のローンの変動金利があなたを破産させます!
★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器 機械から、マイナスの電子を
体内に注入出来れば、結果としてマイナスイオンが体内で発生します。
★メルマガ第23号 『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』
★メルマガ第25号 『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』
★メルマガ第26号 『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』
★メルマガ第27号 『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】
★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』
★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】
★メルマガ第30号 『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』
★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!
★メルマガ第32号『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』
★メルマガ第33号 『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
 〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!
★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】
★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!
★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!
★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!
★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!
★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』
★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!
★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?
★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!









. 命のメッセージ

命のメッセージ








皆様へ~
人が生きる為の支援をお願い致します。
 
http://ameblo.jp/64152966/entry-12280619146.html

皆さん、どうかこの二人をお助け下さい。
まだ、治療費が不足しています。
多少、余裕のある人にカンパをお願い申し上げます。
一口・・5千円を基本とさせていただきますが、
幾らでも構いませんので、どうか宜しくお願い致します。

カンパいただいた全ての皆様に、お振込み確認メールと共に、
心ばかりの御礼として以下のメルマガを一緒に送らせていただいています。


5月31日 
★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!

5月20日 ★メルマガ第44号
膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?

★メルマガ第40号〜『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』

★メルマガ第32号 (2017年1月22日)
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

★メルマガ第29号〜芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】




便宜的に、メルマガの受付フォームを使います。

受付フォーム
http://wantoninfo.com/

内容[必須]の箇所に、『カンパします』と『金額』をご明記下さい。

お振込みを確認出来た方のみ、お礼の確認メールを返信致します。

カンパしていただいた方には、その都度、メルマガの掲示板に掲載します。
掲示板のURLをお礼の確認メールと共にお送りします。
掲示板で、各自、ご確認出来ます。

個人情報の関係もありますので、
掲示板には、県名と名字、金額のみが掲示されます。
その他の情報は、一切伏せられます。



管理人

私が考えていた以上に大変きびしい状況にあるようです。
もっと早く、私に相談してくれていたならとの思いはあります。
しかし、こういった一身上の病気のことは、詳しいことまでは
なかなか他人には話せないものだと理解はしているつもりです。
ただ、やはり、一抹の悔いは残ります。
メールだけのやり取りには、限界があると悟りました。
そのことを良く頭に入れて、今後の教訓として生かそうと思います。




亜矢さんから、メルマガ掲示板にメッセージが寄せられました。


      ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆


はじめまして。 亜矢  2017年6月7日(水) 13:34

私が、wantonさんにご提案いただきました、本人です。
体調があまり思わしくなく、ご挨拶が遅れましたこと、お詫びいたします。
身も知らない、私や寄り添ってくれている彼のために皆様の貴重なお金や
お気持ちをいただき、感謝でいっぱいです。
申し訳ございません。

治療などで、使わせていただいた金額は、wantonさんに領収書などをお渡しし、
皆様に明確にさせていただきます。
そして、今からの経過なども、ご報告させていただきます。
wantonさんや皆様のお気持ちにお返しできるのは、寛解する事だと思っております。
その為にも、一生懸命踏ん張りますが、万が一、私が生きることが難しくなった場合、
新たに、たくさんのがん患者様やご家族のため、寄付金は、wantonさんにお返しします。
次の方にバトンタッチしたいと思ってます。

しかし、私も諦めているわけでなく、奇跡を起こして、たくさんの方々の苦しみや
悲しさに希望を持っていただける存在になりたいと切に願っております。
wantonさんにも、今だけではなく、これからも、たくさんの方々のため、
このシステムを続けていってほしいと思っております。
もちろん、私も元気になったら、支援する側になります。
出来る限り、頑張ります。
生きていきます。
本当にありがとうございます。


--------------------------------------



亜矢さんの婚約者~隆さんからのメール


      ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆


彼女に対する出来る限りの事は今迄僕自身精一杯やってきているのですが、
やはり限りがあるのは拒めません。

金平さんに手間、労力をおかけしてカンパ迄募って貰って、
更に全国の方々にご迷惑をおかけする事になる事を想うと、
自身の不甲斐なさがずしりと重くかかってくるのは正直な気持ちです。

しかし、今、大切なのは、彼女をはじめ、多くの癌罹患者の事とその寄り添う家族や
周りの人達の事と、金平さんの真っ直ぐな気持ちが伝わって受け入れる事にしました。
自分たち二人に留まらず多くの人たちへのきっかけとなればと

今は、現実的に仕事より優先して彼女の事、母の事で動き回っている中、
なかなか現状ではネット環境に入られない今、カンパされた方々に、
お礼を私からもするべきなのですが… ワントンさん、本当に申し訳ないです。

話は変わりますが、近辺でハイパーサーミアですが北九州の戸畑共立病院って
とこにあって、少し遠いですが日帰り可能な所なので、これから検討したいです。
あと、超高濃度ビタミンC点滴される所は福岡市にありました。
高濃度ビタミンCでも山口県周南市に海風診療所って所は、
国内の高濃度ビタミンC点滴剤は添加物(ピロ亜硝酸ナトリウムや
ベンジルアルコール)が含まれているので、添加物フリーの物を使用していると
ホームページに書かれてました。
ホームページの内容を見ると癌に対しての見解と点滴療法の事は割りと
納得出来る所と思いましたしたので、今後、ここも指針の一つになりそうですが、
超高濃度ビタミンCでなければってとこあるのでしょうか

あと、最近の亜矢は、以前とちがい、意識的にどうも負の渦に陥らなくなってる様です。
何か大きな気持ち、意識的な変化があったように思います。
痛みは時々今もきますが、もってきていただいたタカダイオンを使用し出して
兎に角よく眠れ出したようです。
初めて伝えますが、電磁波 霊(彼女は見える人でした)に関してひどく敏感だったけど
とくに障害が少なくなってるようでもあります。
まだお伝えしたい事あるのですが今日はこの辺で失礼します
またご連絡させて下さい。


〇〇 隆

--------------------------------------------



金平様へ

入金、確かに確認しました
全ての皆様に本当に感謝します。

自分の工面出来る額を合わせると動け出せます。
昨日から、彼女本人の病院回りと母の病院で連日走り回ってたので
ご連絡遅くなり申し訳ございません。

所で、腹水を抜く事で、昨日早速、かかりつけの病院に行って紹介状を書いて貰い、
前回のメールで書いてました、KM-CARTのある防府消化器病センターに
セカンドオピニオンもかねて行ってみました。

分かった事として、腹水は意外と少なく1〜2リットルもないだろう事と、
ガスが多い事、KM-CARTは、癌性腹水は濾過する時、目詰まりし、詰まってしまう
事と、腸が腫れているのと腹水が少ないので、抜く際に刺せる場所が少ないので
下手をすると腸に穴をあけてしまうとの事でした。医師が言うには、
腸閉塞状態らしいですが、まだ食欲がある事と便通はちゃんとある事で、
即の手術はしなくてよいとの事で帰りました。
因みに KM-CARTに関しては、最近は大体のCARTを行う病院では
KM-CARTを使われているらしいです。

それから、今日、本人が体調が酷く悪いままだったので、
またかかりつけの病院に行き、処置して貰い今は元気そうです。

そこで、何より、かかりつけの医師に高濃度ビタミンCや、グルタチオン等、
点滴療法、温熱療法ハイパーサーミア等の話をしたら、
初めて、医師が、抗がん剤の様に体に毒を入れる訳でもなく、
僕は実はその様な代替治療で良くなった患者さん、治った患者さんを
これ迄見てきているから出来るだけ協力させてもらいますと
(抗がん剤の否定的な話は、当医師の立場として今迄公言はできなかったのかもしれません)
その方針については快諾いただきました。

つまり、これから、受けようとしている少し遠く離れた高濃度ビタミンC等点滴療法を
行える病院から、何回か行く様にはなるでしょうが通うのは、遠いのでと言う事情で、
このかかりつけの医師の所に点滴を送って貰ったら、
かかりつけの医師が点滴をして下さると言う話でした。
実際、このかかりつけの医師は何度かそれを今迄された様です。
やはり話てみるもんですね。

また新たな希望も生まれてきたので、近々には、高濃度ビタミンC等行うと言う
以前あげてた所に連れて行ってみます。

これから、かかりつけの医師の所で点滴療法等行えだしたら、
重曹水点滴の事もアプローチしてみます。

金平さんいつも有り難うございます。

今、亜矢は昨日迄とはうって代わって元気です。
またご連絡させて下さい。

〇〇 隆

--------------------------------------------




      ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆


近況報告です。 亜矢  2017年6月14日(水) 23:33

wantonさん、皆様、温かいご支援とお気持ちを本当にありがとうございます。
本当なら、お一人お一人お一人にお礼を申し上げたいくらいですが、言葉になりません。
ただ、お気持ちに応えたく、頑張ります。
今の近況報告をさせていただきます。

腹水を処置するため、KM-CARTが唯一ある病院にかかりつけの病院から、
紹介状を書いていただき、セカンドオピニオンもかねて、行ってきました。
しかし、腹水がまだ、1~2リットルくらいで少なく、
針を刺すと腸を傷つける可能性があるので、今は、出来ないとのことでした。

あと、分かったことは、イレウス(腸閉塞)を起こしかけているのは、
腸にがんが点在しており、何箇所か狭くなっているからだそうです。
腹水もがんが沢山あり、KM-CARTでも詰まってしまうとのことでした。

昨日から、便通がないため、出来るだけ、自然にでるよう色々試しています。
このままでは、人工肛門をつけずに過ごせば、絶食と点滴で余命1ヶ月、
人工肛門をつけても、余命3ヶ月と告知されております。
とにかく、便通があることを願っております。
以上の治療代は、保険適用なので、料金はかかっておりません。
次を考えて、こちらのコメントにも書いてくださっていた方がいらっしゃいましたが、
山口県にある海風診療所で高濃度ビタミン点滴やグルタチオン点滴などの相談をすべく、
手続きの途中です。

とにかく、頑張って生きていきます。
また、治療方針など、こちらに報告させていただきます。
皆様、本当にありがとうございます。


--------------------------------------




管理人から 亜矢さんへのメール

現状・・便通が不安定というのが一番の問題です。
腸内環境が悪いままだと、そのままガンの悪化につながります。
取り敢えず、応急処置をすることをお勧めします。


便秘薬をランキングで発表!効果が高いのは!?
http://bennpikaisyouhou.com/category24/entry238.html

1位 3aマグネシア

これはマジで神!!!
そしてランキング1位が3aマグネシアという便秘薬です。
1日1回就寝前に3〜6錠服用していきます。
酸化マグネシウムという成分が大腸内に水分を集めることによって、便を柔らかくして、
自然な排便作用を促すことができます。特に腸の動きが鈍った弛緩性便秘、
そして便が固くなり直腸に便が溜まった直腸性便秘を解消することができます。

----------------------------------------

就寝前に、温かいお湯と共に飲むことをお勧めします。
平日は、なるべく多くの温かい水分を何回も摂ることをお勧めします。
水分を多く摂って、便を出やすくする為です。
出来れば、重曹を小さじ一杯を温かいお湯のコップに入れて飲むのがいいでしょう。
冷たい飲み物は、極力飲まないようにして下さい。

もっかのところ、これを最優先して行って下さい。
今の腸内環境のままですと、超高濃度ビタミン点滴をしても
無駄に終わる可能性すらあります。
便通を良くした上で、超高濃度ビタミン点滴をして下さい。

“超高濃度ビタミンC点滴”は、“大量”・“高濃度”のビタミンCを点滴することで、
ビタミンCの血中濃度を急激に上昇させます。
短時間でビタミンCが全身に行き渡りますので、高い抗酸化作用が得られます。

つまり、高濃度ビタミンC点滴と謳っていても、超高濃度にして欲しいと言えば
そのようにしてもらえるはずです。
要は、点滴の分量の話なんだと思います。
超高濃度にして下さいと申し出てみて下さい。
やはり、添加物フリーの液剤が良いのは言うまでもありません。


便秘薬と温かい重曹水・・・そして、ビフィズス菌。
1位 ヘルスエイド ビフィーナS [森下仁丹]
http://www.kickoff.bz/

更に、酵母の生きた本味噌を毎日、何回も舐めて口に入れて下さい。

現状・・取り敢えず、以上のことを優先して行うべきだと思います。


----------------------------------------



一番良いのは、5%の重曹を500mlの水に溶かして、一時間かけて静脈注射する。
そして、肝臓のガン患部に直接注入する。
これには、かなりの期待が持てると考えています。
高濃度ビタミンC点滴をしてくれるところで、
重曹の点滴も頼んでみるのもアリかと思います。


重曹+高濃度ビタミンC+ビタミンB17+グルタチオン・・の点滴。
そして、ハイパーサーミアを併用して行っていけば、
かなりの確率で、ガンから生還出来ると私は確信しています。
ただ、これら全てを行うには、100万くらいはかかりそう。(泣)

そもそも、重曹をガン患部に直接注入してくれる病院が日本に
あるのかどうかさえも分からないのが現実ですが、しかし、
重曹の点滴をしてくれる医師であれば、可能性はあります。
今後、探してみるつもりです。

最後に、良い病院、並びに、良い医師を見つけることが大変重要です。
良い医師というのは、コミニュケ-ションが出来る医師のことです。
こちらの希望をある程度、聞き入れてくれるお医者さんです。
その為にも、ある程度の知識が必要ですし、
お医者さんに話が出来る程度になって欲しいと願っています。
これが成功すると、生き残れる可能性がグンと膨らみます。

そして、治療が成功を収めれば、他の患者さんにも勧めることが出来ます。
これは、大変な力になるに違いありません。
治療のためのネットワークも出来てくる可能性を秘めています。


----------------------------------------



たしかなこと 松崎しげる










. 皆様へ~人が生きる為の支援をお願い致します。

皆様へ~
人が生きる為の支援をお願い致します。









私の使命は人の手助けになること
~それを私の生きていた証(あかし)にしたい!

http://ameblo.jp/64152966/entry-12280374503.html

昨日の記事の続きになります。


先月の5月19日、私はガンで苦闘されておられるお二人のお家に
ご訪問させていただきました。
高速バスと新幹線を使って、4時間近く要しました。

ガンの女性と婚約者の男性のお二人と、色々、お話しする機会を持ちました。
女性の方は、ここ1年半くらいの間に、かなり痩せられたようです。
やはり、かなり危険な水域に入っていることを感じさせられました。

今後のことについて、色々とお話しさせていただきました。
女性の方は、長らく病院での治療を拒否しておられました。
しかし、詳細な情報が欲しいので、私が訪問するまでに、一度、
病院でのCT検査を含め精密検査をお願いしておきました。
何故なら、当のご本人でさえも一部に誤解がある可能性もあったからです。

これにつきましては、ご本人よりのご説明をお借りします。


        


こんにちは。
先日、わんとんさんが、いらしてくださった時、動けて、私自身が驚きでした。
嬉しかったです。

持ってきてくださったタカダイオンも、毎日、朝夕と使わせていただいております。

わんとんさんが、帰られてから、また、痛みが戻り、
なかなか、ご連絡出来ずにおりました。お許しください。

今日、病院で検査の詳しい説明を受けましたので、ご報告させてください。

まず、肝転移の件ですが、卵巣がんからの転移なので、破裂する心配は、
あまりないでしょうとのことでした。
一年、二年先くらいには、肝機能も落ちていくのではないかとのことでした。
肝臓がんならば、破裂も考えられたみたいです。
あと、骨の近くに転移しているので、骨の転移も十分考えられるみたいです。

あとは、腹水が溜まってきているので、便秘しやすく、腸閉塞をおこしやすいので、
気をつけてくださいとのことでした。
以前みたいに緊急で人工肛門の手術の可能性は、高いようです。

今まで、CT検査を拒んでいたので、医者も、判断に困ってらっしゃったと思いますが、
この度、検査したので、はっきり分かった次第です。

とにかく、今は、痛みを抑えるため、薬を服用しておりますが、
いつか痛みも違う方法でコントロール出来たらいいなと願っております。

詳しい状態が分かりましたので、ご連絡させていただきました。

お忙しい中、いつも申し訳ございません。

わんとんさん、あまり、ご無理なさらず、お身体、ご自愛ください。


--------------------------------


わんとんさん、今日、ブログに記事があがっていたので、
メールさせていただきました。

わんとんさんが、こちらに来てくださるとのことで、
今まで拒否していた、造影CTを受けました。

自分自身も自分の状態を一度ハッキリ理解しておいた方が良いと決意しましたし、
わんとんさんにも、今まで、アバウトに医師から聞いたことを伝えていたので、
しっかり説明出来るようにしなくてはと言う気持ちからです。

今まで、卵巣がんを切除した部分に腫瘍があって、腸を圧迫し、
便が出にくくなつていると聞いていたのは、
腹水による、腸への圧迫であることが判明。

あとは、肝臓にがんが転移し、最長径8センチ以上になっていたため、
激しい痛みが出ています。


肝転移・・
数字がガンの最長径
その下の黒い卵型ががんになります。





検査をしていなかったため、医師も、ハッキリとしたことが分からないままの説明を
受けていたため、わんとんさんに送った内容も二転三転としてしまいましたこと、
お詫びいたします。

わんとんさんから、お優しいメールを頂き、私だけが辛いのではなく、今、現在、
がんと向き合い、苦しんでいらっしゃる方々を思うと、
わんとんさんからの提案も申し訳なく、辞退させて頂きました。

それからも、わんとんさんから、メールを頂き、こちらに来てくださるとのことで、
彼とも、何度も話し合いました。
そして、決意しました。
わんとんさんの気持ちを素直に受け入れさせていただこうと。
ただ、それによって、わんとんさんに批判など、受けてほしくないのが本音です。

なので、どういう状況であっても、私は受け止める所存ですので、
どうぞご無理だけは、なさらないでください。

いつも、ありがとうございます。

〇〇 〇〇


~ 引用終わり ~




☆命の記録 ~ 二度と更新されないブログより
http://ameblo.jp/64152966/entry-11504395476.html

上の記事は、2013年4月4日のものです。
あれから、もう4年以上が経ちました。

記事中の、末期がんと生きるココの日常 さんは、
2011年8月23日未明に、若くしてお亡くなりになりました。
そして、記事に載せた・・『余命1ヶ月の花嫁』もそうですが、
お二人とも、ずっと抗がん剤を使用されていました。

ココさんは、若くして胃癌になられ、それが原因で仕事が出来なくなり
生活保護のお世話になり、入院して何年にも及ぶ闘病生活の末に
力尽きて・・・無念の最後を迎えられたのでした。
余命1ヶ月の花嫁さんは、乳がんでした。

以上の二つのケースですが、
もしかしたら死なずに済んだのではと
ずっと・・・私はそのように思っていました。


今回、私が訪問したお二人ですが・・・
情況が、ココさんにも似ていますし、更に、
恋人同士という意味では
余命1ヶ月の花嫁さんのお二人にも・・・。


今回の彼女が、ガンであることが分かった時に・・・
彼女の恋人である男性は、結婚を決意されたそうです。
そして、彼女にプロポーズされたとのこと。


それを聞いた時に、私は思いました。
5年後の彼女の笑顔を見たい。
10年後、二人の幸せな結婚生活を送る姿が見たいと・・・

以前なら、きっと思い浮かばない発想でしたが、
しかし、ブログやメルマガを積み重ねることにより、
かなり視野が開けて来ました。
可能性も高くなって来たことを実感している今日この頃です。

私は彼女の婚約者の方に話しました。
彼女は、肉体的~精神的、経済的にも苦闘を強いられています。
彼女は、世界に咲いた・・たった一つしかない、かけがえのない花。
出来ることは何でもして助けてあげて下さい・・と。

もし、彼女につらいことがあるなら、全て、あなたが楯になって
護って欲しいと・・お伝えしました。

私は、病気を治すにはある程度のお金も必要であるとお話しました。
婚約者の方も出来るだけの援助はしているものの・・・
やはり、限界があるのは仕方ありません。

そのことがよく分かっている私は、カンパを募ることを提案しました。
しかし、お二人は何度も辞退されました。
だけど、どうしても必要であるなら、決断すべきですと説得しました。

ガン患者に待っているのは、殺人病棟のガン3大治療。
代替医療は、300万どころか500万円以上もかかって破産するでしょう。
つまり、日本国民には死ぬ運命しか待っていないのです。

私が勧めるのは、第3の道。
第3の道とは・・・小さな栄光の道。
なるべくお金がかからず、最善の治療を目指すもの。

ガン患者の彼女のうしろには・・・
決して目にすることの出来ない、同じ病魔で苦しんでおられる
何十万人の気の毒な方々が・・確かに存在しています。

私は、このような皆さんに第3の道をお勧めしていくつもりです。
ですから、今回の件は、個人に止まる話ではないと思っています。
他の方にも、大いなる救いつながるのではと確信しています。
つまり、助かる人がたくさん出てくるということです。
成功につながれば、これ以上、素晴らしいことはありません。
その為の武器は、当然、メルマガになると考えています。

私は、
彼女が心苦しく、そして、つらいのであれば・・・
その全てを、あなたが受け止めて楯になって欲しいと
婚約者の方にお話しました。

無論、私とて同様です。
全ての非難中傷を受け止める覚悟でいます。
人の命以上に大切なものなんてある訳がない。
それを護る為なら、あらゆる攻撃も意に介しません。

皆さん、どうかこの二人を助けて下さい。
多少、余裕のある人にカンパをお願い申し上げます。
幾らでも構いませんので、どうか宜しくお願い致します。


便宜的に、メルマガの受付フォームを使います。

受付フォーム
http://wantoninfo.com/

内容[必須]の箇所に、『カンパします』と『金額』をご明記下さい。

お振込みを確認出来た方のみ、お礼の確認メールを返信致します。

カンパしていただいた方には、その都度、メルマガの掲示板に掲載します。
掲示板のURLをお礼の確認メールと共にお送りします。
掲示板で、各自、ご確認出来ます。

個人情報の関係もありますので、
掲示板には、県名と名字、金額のみが掲示されます。
その他の情報は、一切伏せられます。

掲示板は、婚約者のお二人、カンパした人、メルマガ読者の人しか
見ることが出来ません。
なので、個人情報は護られます。

そして、カンパの内訳は100%、ガラス張りで確認出来るようになっています。

カンパは、全額、婚約者のお二人に提供されます。

無論、カンパの第一号は、私自身です。

皆様、どうか、切に・・よろしくお願い申し上げます。











. <共謀罪>成立以前に、市民への拷問は行われているし、更に、激増するだろう!

<共謀罪>成立以前に
市民への拷問は行われているし
更に 激増するだろう!









【現代の特高】 奈良県警拷問死
https://matome.naver.jp/odai/2148226710833050801

【山本病院 奈良】医師死亡は「警官の暴行の可能性」法医学教授が告発


2010年2月25日、取り調べ中に亡くなった塚本泰彦さん。
その理由が奈良県警の取り調べで行われた警察官による暴行が原因だという告発がされた。
塚本泰彦さんとはどんな人物なのだろうか。

塚本泰彦(つかもとやすひこ)さんは当時54歳で、
2010年2月25日に亡くなっている。

塚本さんは2010年の2月、肝臓がんの手術での医療ミスにより警察に逮捕された。
2010年2月に逮捕され、奈良県警の桜井署という場所で取り調べを受けていた。
しかし、塚本さんは2月25日に亡くなってしまった。

当時、死因は急性心筋梗塞とされ、塚本さん自身の病気が原因で亡くなったとされ、
この事件は幕を閉じることになったが、今となって事実と違うのではないかと
取り上げられているのだ。

取り調べ中に亡くなった塚本さんであるが、遺族がその死因を疑った。

そして、塚本さんの遺族が、岩手医科大学の教授である出羽厚二さんに
もう一度死因を確かめてほしいというようにお願いしたのだ。

出羽厚二さんが司法解剖の結果などを見たところ、
塚本さんの頭部や胸部に殴られたあとがあり、

取り調べ中に行われた警察官の暴力が原因で塚本さんが亡くなったのではないか
という告発がされることになったのだ。

2010年2月の当時、報道などでは警察官の暴行が原因などと思いもよらず、
取り調べ中に亡くなったということだけが報道されたため、
このニュースが大きく話題になることはなかった。

しかし、今回は警察官の暴行による殺人事件の可能性が浮上してきており、
この事件がもしかしたら大事件だったのではないかとも言えるだろう。

今後、捜査が進むに連れて、奈良県警で取り調べ中に暴行があったと分かれば、
奈良県警は世間からかなり叩かれることになるだろう。



更に、詳しい情報は以下の記事に

山本病院の男性医師は暴行死だったのか
https://www.ktv.jp/runner/18pm/2017_04_25.html







警察署で勾留中の医師死亡、遺族が敗訴 奈良地裁判決
http://www.sankei.com/west/news/161227/wst1612270081-n1.html




-------------------------------





図(治安維持法による犠牲者数) 
出典:日本共産党のホームページ



管理人

共謀罪なんてピンと来ないという人の為に取り上げました。
つい最近、実際に起こったことです。

恐らく、共謀罪が施行されると、今後、こういった事例は
激増すると予想しています。
警察官も大量増員されると記事にありました。

早い話、検挙し立件するのは、警察にとっては商売ですから。
病院が、ガンガン抗がん剤を売りつけるのと同じ理屈です。
裏金も大いに入って来て、警察幹部は大いに潤います。

まあ、合法的なヤクザだと思っていい。
検察が用意する鑑定医は、警察を護る為だけに働きます。
裁判所の裁判官は、同じ息のかかった人物があてがわれる。
今回の裁判においても、遺族は敗訴しています。

以前から申し上げている通り・・・
司法の中枢にカルトのネットワークが形成されています。
カルトって分かりますか?
ですから、邪魔者が消された時にも絶対に立件されることはありません。

マスコミや新聞紙上で、暗殺疑惑なんて聞いた事も見たことも無いはずです。
実際には、ものすごくたくさんの不都合な人間が始末されています。
共謀罪・・云々を議論する前に、こういった事実を知っておきたいものです。

警察にとっては、商売ですから、正義もヘッタクレもない。
冤罪であっても、勝ちさえすればいいのです。
自民党と司法は、そのような警察を手厚く護ってくれます。
だって、同じ穴のムジナですもんね。

国民の多くが、今回の共謀罪に無関心なのであれば、
いずれ間違いなく、その代償を支払うことになるでしょう。
そう、原発による放射能被曝の場合と全く同じです。

しかし、すごい国だよね。
拷問して人を殺しても何の罪にも問われないのだから。
しかも、裁判しても負けることはない。

過去の治安維持法による犠牲者の実像は、
我々に何を教えてくれるのか?
歴史は繰り返すと言われますが・・・
同じことが日本国民に起こることを教えてくれています。


現職警察官として初めて警察の裏金問題を実名で内部告発した
仙波敏郎氏の真実をえぐる名言。

「警察は、政権交代して欲しくないんです。
ずっと自民党のままがいいんです。」

自民のままだと人事も予算も自由になるし、
なにしろ犯罪を犯しても捕まらない、
不死身になれるからだという。


40年間勤め上げた元警察官の仙波敏郎氏は
冤罪でよくやられるのは、
警察署内の事情聴取で本人にお茶を飲ませ、
湯のみから採取した指紋を
犯行現場から採取したと報告する。
こんな事は当たり前に行われていると暴露した。


愛媛県警の裏金を内部告発した仙波敏郎さん
 6/13







お知らせ

6月11日にメルマガ最新記事を配信しました。

★メルマガ第46号

我々は、40万人のガン患者を
救える治療法を見つけることが出来るだろうか!?


まだ届いていない読者の人は、直ぐに、ご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



★メルマガ第1号~ガンの本質と生還
★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】
★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】
★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」
★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』
★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』


★メルマガ第6号『白血病について』
         〇生還の為に知っておくべきこと!
        〇『白血病について』~重要資料
★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足
★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』
★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』


★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』
★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者
★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ15号 決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?
★メルマガ第16号 東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光


★メルマガ第17号 勇気を失うことはすべてを失うことである。
★メルマガ第18号 がん細胞のボディーガードを光で死滅させる画期的技術を世界に発表!
★メルマガ第19号 高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!
★メルマガ第20号 もしもの危機の時の準備を!
 〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。
★メルマガ第21号 家のローンの変動金利があなたを破産させます!
★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器 機械から、マイナスの電子を
体内に注入出来れば、結果としてマイナスイオンが体内で発生します。
★メルマガ第23号 『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』
★メルマガ第25号 『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』
★メルマガ第26号 『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』
★メルマガ第27号 『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】
★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』
★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】
★メルマガ第30号 『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』
★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!
★メルマガ第32号『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』
★メルマガ第33号 『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
 〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!
★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】
★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!
★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!
★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!
★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!
★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』
★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!
★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?
★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!












. 【悲報】 <共謀罪>賛成多数で成立 午前7時46分決着

【悲報】 
<共謀罪>賛成多数で成立 
 午前7時46分決着









6/15(木) 7:50配信

<共謀罪>賛成多数で成立 午前7時46分決着
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170615-00000010-mai-pol

「共謀罪」の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する改正組織犯罪処罰法が
15日午前、参院本会議で採決され、自民、公明両党と日本維新の会などの
賛成多数で午前7時46分に可決、成立した。
14日夜に参院法務委員会での採決を省略する「中間報告」の動議を自公両党が
参院本会議に提出していた。
この間、野党は徹底抗戦し、内閣不信任決議案を14日夜に提出して
参院本会議を中断させた。
ただ、15日未明の衆院本会議で決議案を否決され、
徹夜の攻防でも同法成立を妨げることができなかった。

与党は性犯罪厳罰化のための刑法改正案も16日までに参院本会議で可決、
成立させる方針で、18日までの国会会期を延長せずに閉会する調整を始めた。

委員会での討論や採決を省略する中間報告は異例。
学校法人「加計学園」を巡る文書の問題で文部科学省が再調査に追い込まれ、
野党が攻勢を強める中で安倍政権は早期の国会閉会を優先する強行策をとった。

中間報告は2009年の改正臓器移植法以来。与野党対決法案では、
第1次安倍政権下の07年に改正国家公務員法で行われて以来10年ぶり。
野党議員の委員長が採決に応じない場合に行うのが通例で、与党議員(公明)が
委員長を務める現在の法務委での中間報告は極めて異例だ。
23日告示の東京都議選を重視する公明党は委員会採決時の混乱を懸念しており、
採決を省略する中間報告を容認した。【高橋恵子】


-------------------------------


ツイッターより

何度も言ってるけど、共謀罪と特定秘密保護法が組み合わされれば
最強の治安維持が実現するんですよ。
「共謀罪で逮捕する!理由は秘密だ!」で全部済む。
世間からは「よほどヤバイことを計画していたに違いない」と思われて、獄中死です。
https://twitter.com/so_harunohi/status/874989543753080832


政府が非常識にもいきなり共謀罪の本会議採決を言い出した背景は、
加計学園・森友学園疑惑の追及から逃れたいということしかない。
共謀罪を成立させて閉会させれば追及の場はなくなる。
逆に言えば、疑惑がそれだけやばい内容だということであろう。
https://twitter.com/mt3678mt/status/874999891272941568


不信任案出さないなら予算委員会の集中審議取れたはずなの。
そしたら総理の出席あって加計学園も森友もやれたの。
しかし民進党はその道を捨てて共謀罪でやると決めたんだろ?
そしたら徹底してやるしかないべよ。何考えてんだよ
https://twitter.com/noiehoie/status/874972037466292225



小林多喜二は警察に連行されたその日に虐殺された
https://twitter.com/tanakaryusaku/status/875003965531766785





共謀罪に無関心な人には、この演説がオススメ。
「政府はあなたを一般人と思ってない!」
小池晃議員の説明は分かりやすくパワフル

http://www.asyura2.com/17/senkyo227/msg/403.html





お知らせ

6月11日にメルマガ最新記事を配信しました。

★メルマガ第46号

我々は、40万人のガン患者を
救える治療法を見つけることが出来るだろうか!?


まだ届いていない読者の人は、直ぐに、ご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



★メルマガ第1号~ガンの本質と生還
★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】
★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】
★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」
★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』
★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』


★メルマガ第6号『白血病について』
         〇生還の為に知っておくべきこと!
        〇『白血病について』~重要資料
★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足
★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』
★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』


★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』
★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者
★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ15号 決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?
★メルマガ第16号 東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光


★メルマガ第17号 勇気を失うことはすべてを失うことである。
★メルマガ第18号 がん細胞のボディーガードを光で死滅させる画期的技術を世界に発表!
★メルマガ第19号 高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!
★メルマガ第20号 もしもの危機の時の準備を!
 〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。
★メルマガ第21号 家のローンの変動金利があなたを破産させます!
★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器 機械から、マイナスの電子を
体内に注入出来れば、結果としてマイナスイオンが体内で発生します。
★メルマガ第23号 『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』
★メルマガ第25号 『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』
★メルマガ第26号 『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』
★メルマガ第27号 『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】
★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』
★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】
★メルマガ第30号 『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』
★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!
★メルマガ第32号『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』
★メルマガ第33号 『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
 〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!
★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】
★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!
★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!
★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!
★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!
★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』
★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!
★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?
★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!









. 共謀罪の成立で日本は終わる!!!

共謀罪の成立で日本は終わる!!!







2017年6月11日
共産党の小池晃さんが、国会の質疑で、
「共謀罪が試行されたら原発の廃止を訴える人が
罪に問われてしまうのではありませんか?」
と質問しました。

そうしたら自民党席からヤジが飛びました。
なんて言ったと思いますか?
【そんなのは一般人じゃない】ですよ?
そんな法案は通してはいけません!
https://twitter.com/x_custom/status/873768803045265408



管理人

共謀罪は、一般の人は対象にならないと言っておきながら、
原発の廃止を訴える人は、一般人じゃないから、当然、
取締りの対象になると言っているのと同じです。

原発の廃止を訴える人は、日本国内において、少なくとも・・
最低でも数十万人以上はいると考えられます。
更に、原発廃止を訴えないまでも原発廃止を望む人は
数千万人の規模でいると推測されます。

これは、常識人が考えれば・・原発の廃止を訴える人を弾圧して、
もって、数千万人規模の原発反対の声を圧殺することを狙いとした
ものであると解釈出来ます。


同様に考えますと、戦争反対を訴える人も弾圧対象になります。

aki ‏@yasuakiadachi · 2015年10月8日
https://twitter.com/yasuakiadachi/status/652252680786587648

クリスチャンの女性が「平和がだいじ」と書いた
可愛らしい絵本袋を持って国会周辺を歩いていたら
警官に職務質問されたそうだ。
彼女が警官に「どうして聞くんですか」と聞いたら
絵本袋をさして「平和って書いてあるから」と。
今や「平和」は犯罪!





平和を望む国民なんて、日本国民の圧倒的大多数でしょう。
日本国民の大多数が、共謀罪の取締り対象と考えるべきです。



松田美由紀‏ @MATSUDA_MIYUKI
https://twitter.com/MATSUDA_MIYUKI/status/403503148645367808

ありえない!
内閣官房審議官の鈴木良之が「秘密保護法案の解釈上、
新聞・出版等の関係者以外の者が、
何万人も来場者があるブログ ~ にて
時事評論をすることは処罰対象となる」と明言した。
http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22






簡単に総括してみますと・・・

警察に、ある一人の国民が共謀罪で逮捕されたとします。
その国民は、弁護士に弁護を頼むことになります。

弁護士は、警察に具体的な罪状を問いただします。

警察は、「共謀罪です」・・・と答えます。

弁護士は、具体的には何の共謀罪ですかと、再度、問いただします。

警察は、「秘密保護法」に関わるものです。

弁護士は、「その内容についてお聞きしたい」と言っても、

警察は、「秘密です」と言えば、全て通ります。


弁護士が、仮釈放を取り付けようとしても無理ですし、
裁判官とてどうすることも出来ません。

警察と検察が、法律に基づいて執行していると言えば
手も足も出せないようになっています。

秘密保護法~共謀罪といった一連の法整備の本質はそういうものです。
これは、笑い話でもコントでもありません。
現実の話です。

戦前の治安維持法と何等、変わらない。
これを誰が糾してくれるのでしょうか?
世界中が問題視している北朝鮮と、一体何が違うというのでしょうか?

これを進めてきたのが、今の自民党安倍政権です。
そして、選挙を行えば自民党が繰り返し圧勝する???
私には到底、信じられません。
不正選挙が行なわれているとしか、考えられない。

世界の国は・・・
この空前の暴挙を国民が支持していると思っています。
かくして、日本国民は本当にバカだと軽蔑されるのは避けられません。

厚顔無恥な自民党議員だけではない、日本国民も揃って
侮蔑の対象となるのは間違いない。
今や、日本国民は海外の笑いものになってしまう。

かつて、安倍晋三総理の父親である元外務大臣の安倍晋太郎は、
「自分は朝鮮人だ」と近親者に話したそうだが、
とても、日本人が政治をしているようには思えないのも事実である。
いや、そうとしか思えない。

秘密保護に指定されている事案に関する罪状であれば、
全ての国民は、まったく成すすべもない。
いずれ、日本全国の各地で実行に移されるのは、もはや、時間の問題となった。
世界の軽蔑と共に、日本は終焉を迎えることになるだろうか!?



共謀罪、13日審議を職権決定=野党は採決警戒-参院法務委
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017061200844&g=pol

「共謀罪」の構成要件を改めた「テロ等準備罪」を新設する
組織犯罪処罰法改正案をめぐり、参院法務委員会は12日の理事会で、
既に合意していた13日午前の参考人質疑に続き、
同日午後に法案審議を行うことを秋野公造委員長(公明)の職権で決めた。
野党は同日中の採決を警戒しており、金田勝年法相問責決議案を提出して、
徹底抗戦する構えだ。
 
理事会に先立ち、自民、民進両党は国会内で参院国対委員長会談を開催。
民進党の榛葉賀津也氏は、13日の法案審議に応じる条件として、
同日中の採決は行わないと確約するよう要求。
自民党の松山政司氏は「確約できない」と拒否した。
 
民進党の野田佳彦幹事長は12日の記者会見で
「審議不十分の中での採決はあってはならない」と与党をけん制。
共産党の小池晃書記局長は会見で、問責案のほか内閣不信任決議案にも言及しつつ
「野党4党が結束して終盤国会に当たる」と述べた。(2017/06/12-18:24)








お知らせ

6月11日にメルマガ最新記事を配信しました。

★メルマガ第46号

我々は、40万人のガン患者を
救える治療法を見つけることが出来るだろうか!?


まだ届いていない読者の人は、直ぐに、ご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



★メルマガ第1号~ガンの本質と生還
★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】
★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】
★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」
★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』
★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』


★メルマガ第6号『白血病について』
         〇生還の為に知っておくべきこと!
        〇『白血病について』~重要資料
★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足
★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』
★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』


★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』
★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者
★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ15号 決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?
★メルマガ第16号 東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光


★メルマガ第17号 勇気を失うことはすべてを失うことである。
★メルマガ第18号 がん細胞のボディーガードを光で死滅させる画期的技術を世界に発表!
★メルマガ第19号 高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!
★メルマガ第20号 もしもの危機の時の準備を!
 〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。
★メルマガ第21号 家のローンの変動金利があなたを破産させます!
★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器 機械から、マイナスの電子を
体内に注入出来れば、結果としてマイナスイオンが体内で発生します。
★メルマガ第23号 『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』
★メルマガ第25号 『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』
★メルマガ第26号 『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』
★メルマガ第27号 『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】
★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』
★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】
★メルマガ第30号 『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』
★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!
★メルマガ第32号『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』
★メルマガ第33号 『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
 〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!
★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】
★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!
★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!
★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!
★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!
★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』
★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!
★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?
★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!












. 高浜原発3号機再稼働の本当の意味を国民は知らない!

高浜原発3号機再稼働の
本当の意味を国民は知らない!







2017年6月6日
ウォーカーのブログさんのサイトより

高浜原発3号機が臨界状態 さらに、
茨城県の原子力関連施設で作業員5人が被ばく!

http://ameblo.jp/walker-memo/entry-12281675816.html

6日、再稼働した福井県にある高浜原子力発電所3号機は7日午前2時半に
核分裂反応が連続する「臨界」と呼ばれる状態になりました。

高浜原発3号機は6日午後2時、運転員が中央制御室で核分裂反応を抑える制御棒を
引き抜くためのレバーを操作して原子炉を起動させ、1年3か月ぶりに稼働しました。

--------------------------------------------


管理人

原発は停止していても動いています。
ただ、電気を作っていないというだけです。
やはり、ベントなどで放射能を大気に放出しますし、
海洋にも放射能汚染された汚染廃液を流しています。
海では、長期に渡り食物連鎖による生体濃縮が進み、
海産物の摂取により、国民は知らない間に内部被ばくさせられます。
これは極めて深刻な問題です。

日本各地の原発が再稼働されるにあたり、多くの人が問題提起しないのは、
まことに残念なことです。

原発が再稼働されると、放射能の大気放出量と海洋放出量が
当然、増えることになります。
これを科学的に徹底検証する大学や研究所は皆無です。
こういった所は、国からの補助金によってがんじがらめに
縛られているので、調査さえもしていないのが現実です。

大気汚染も海洋汚染も大変深刻であろうことは、
素人にも分かる道理です。

今回は、大気汚染に絞って考えてみたいと思います。

福井県の高浜原発3号機を例にとってみましょう。

通常、大気汚染はどのように流れるのか?
原発事故の場合も大変参考になります。
これは、何も再稼働した高浜原発3号機だけの問題に止まりません。

川内原発2基
伊方原発1基
高浜原発4号機
高浜原発3号機

通常時、それぞれの原発からベントで、どのように流れるのか・・・
国民はあまりにも無関心に過ぎます。
また、原発事故の時に、どのような避難ル-トをとるのか?
これらは全てつながっています。

原発事故は置いといても、通常時はどうでしょうか?
高浜原発の場合を考えてみます。


 


見ての通り、山脈図が極めて重要です。

通常時において、福井の何基もの高浜原発がエアベントをすると・・・
福井県はもとより、少なくとも・・滋賀県、京都府、岐阜県、愛知県、石川県、
といった周辺県に流れることが予想されます。
特に、濃尾平野は風の通り道になっており、岐阜県、愛知県には直撃します。

川内原発はどうでしょうか?
伊方原発はどうでしょうか?


多くの人は、福島原発からの汚染ブル-ムの襲来で、
既に、学習しているはずです。
福井の高浜原発だけで、最低でも以上の6県が影響を受けるのです。

皆さん
自分は関係ないと思っておられませんか?



花粉症用マスクをしている人に
ガンが少ないのは
大気の放射能を防御しているからか!?




2015年6月21日

えぇーーー!20日愛知県西部
~219μSv/h(19:47)~本当なの!?

http://ameblo.jp/64152966/entry-12041308916.html


オイオイ
20日 11:11  166μSv/h どうなってんの?

愛知県西部(尾張)
17:55  210μSv/h  どこなんでしょう?





愛知県西部 19:47 219μSv/h
数値が下がらないです。愛知西部です。
福井かと?  どうでしょうか。

福井でしょうね。
敦賀から琵琶湖東岸を経て岐阜名古屋へ抜ける
濃尾平野までは放射能の風の通り道なんですよね。

愛知尾張 6月21日朝測定 0.14μSv/h前後です。
ソエクス アルミ遮蔽無し どうやら平常値に戻ったようです。
情報、ありがとうございました。



愛知県



福井県



岐阜県



三重県



大阪府




【悲報】
ガンマー線だけを計測する機器では
もうダメなことが判明しました。

http://ameblo.jp/64152966/entry-12041689460.html


管理人

さて、愛知県尾張の高線量の汚染雲ですが、
一体どこから来たのでしょうか?
福井由来か・・・

我々は、311より危機感を募らせ、そして、多くの有志が、
ガイガーカウンターという武器を手にしました。
放射能は目に見えないし臭いもないからです。
・・・これで、自身の身や家族を護るのだと。

しかし、大きな盲点がありました。
ガンマー線しか計測出来ないのでは、
本当の汚染や危機的状況は、厳密には分からない事です。

もし、ベータ線の由来が、例の汚染雲だと仮定すると、
高地の山間部ほど、危険である事になります。
まして、山登りなど、自殺行為に等しいと云えます。

もしかすると、我々は知らない間に、ずっと大変危険な
ベータ線を吸わされて来た可能性が出て来ました。
日本全国の原発は、必ず、ベントする必要があります。
その都度、ベータ線核種を出し続けていたのは間違いない。
アルファ線核種も出続けていたに違いありません。
しかし、誰も気付かないでいた。

これでは、白血病や各種のガンが激増し続けても
全く不思議ではありません。
しかも、モニタリングポストには、ほとんど反映されません。
更に、過小表示されています。
これは、本当に恐ろしい事実です。

全てが、福島由来だと考えるのは極めて危険です。

ベータ線よりもアルファ線は、更に、検出困難です。
これが、原子力産業の最も知られたくない秘密であり
パンドラの箱だったのかもしれません。
もともと、昔は、ガンなんてほとんど無かったのです。


もみじ
ガイガーカウンターでβ+γ線で測定するとどうなるか見てみます。

ガイガーカウンターの検出器は,γ線よりβ線をよく捉えます。

γ線は1000個中10個しか捉えられなくても,
β線は1000個中200個を捉えることができます.

γ線の計算方法と同じように計算すると,

0.1μSv/h×(200+10)=21μSv/hと,

本来の21倍の数値 になってしまいます。


宝石赤
このような計算になるため,
β+γ線で測定すると異常な値になってしまうのです.
http://www.mikage.to/radiation/info/info0001.html

高過ぎる異常な数値が表示される時は、
跳ね上がった異常数値よりも寧ろ、
その事実に着目すべきです。

β核種の存在の可能性があるという証拠になる訳です。










もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



★メルマガ第1号~ガンの本質と生還
★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】
★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】
★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」
★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』
★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』


★メルマガ第6号『白血病について』
         〇生還の為に知っておくべきこと!
        〇『白血病について』~重要資料
★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足
★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』
★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』


★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』
★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者
★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ15号 決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?
★メルマガ第16号 東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光


★メルマガ第17号 勇気を失うことはすべてを失うことである。
★メルマガ第18号 がん細胞のボディーガードを光で死滅させる画期的技術を世界に発表!
★メルマガ第19号 高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!
★メルマガ第20号 もしもの危機の時の準備を!
 〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。
★メルマガ第21号 家のローンの変動金利があなたを破産させます!
★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器 機械から、マイナスの電子を
体内に注入出来れば、結果としてマイナスイオンが体内で発生します。
★メルマガ第23号 『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』
★メルマガ第25号 『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』
★メルマガ第26号 『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』
★メルマガ第27号 『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】
★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』
★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】
★メルマガ第30号 『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』
★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!
★メルマガ第32号『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』
★メルマガ第33号 『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
 〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!
★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】
★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!
★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!
★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!
★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!
★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』
★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!
★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?
★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!













. 【恐怖政治のはじまり】大袈裟太郎さんの口座凍結‼️

【恐怖政治のはじまり】
大袈裟太郎さんの口座凍結!!









☆Dancing the Dream ☆さんのサイトより

【恐怖政治のはじまり】大袈裟太郎さんの口座凍結‼️
https://ameblo.jp/et-eo/entry-12281678736.html

ついに ここまできましたか…
追い詰められた安倍政権、気触れ末期症状‼️

加計問題での政府説明「納得できない」72%…
もう、国民の不満は、ピークに達してますから。

幼稚な暴君の安倍を担いで、
警察官僚たちは、
「警察国家」の力を 見せつけたいのでしょうね。

前川つぶしに動いた
杉田和博。
警察官僚トップ、官房副長官。
安倍の謀略政治の要。

北村滋。
杉田の子飼い。官邸のアイヒマン。
内調トップ、 内閣情報官。

中村格。
山口レイプ事件を握りつぶした 元 警視庁 刑事部長。
現 警察庁 組織犯罪対策部長。
『共謀罪』の摘発を統括する予定の男。


犯罪など犯していない者への弾圧行為。
まだ成立もしていない『共謀罪』の予行演習でしょうか?
こんなの許せますか?
ありえない!

大袈裟太郎さんは、
強力にアピールする力があり、
それでいて、
運動歴は意外に短く、
身近なお兄ちゃんのイメージで、
身体を張って、緩急をつけつつ、
高江などのガチンコのデモ現場を和ませ、
一般の人にデモ参加のハードルを低く感じさせる
不思議な魅力のある コミュニケーション力の高い人。
隅に置けない人物ですよね。

大袈裟太郎さんへの暴挙は、《見せしめ》…
「フツーの人」への萎縮効果を狙っている…


大袈裟太郎さんのブログより転載⬇︎
__________________________________________________



2017年06月07日

緊急通信552
「言論弾圧、大袈裟太郎の口座凍結される」

http://blog.livedoor.jp/oogesataro/archives/2175605.html

緊急事態です。いよいよガチの言論弾圧です。

昨年8月に高江に飛んでから10か月間、

マスメディアには伝えられない生々しい情報を届けようと、

独立メディア、ポスト–ジャーナリズムとして踏ん張ってきた、

この大袈裟通信の受信料、カンパ窓口の口座が凍結されました。


郵便局で通帳が吸い込まれ、警備員に囲まれました。

届いた書面によると、

「法令や公序良俗に反する行為に利用され又はそのおそれがあると認められる」

一体、どういう根拠でしょうか?????????

当方、何ひとつ違法行為は行っておりません。


最悪の場合、口座にあった全額が没収になるとのことです、、、

この口座には、受信料カンパ以外にも、仕事のギャラなどが入っておりました。

まったく身動きの取れない状態になりました。

いよいよ言論弾圧の矛先が自分に向かってきたことを
身を以って感じています。

6年間社会運動に関わってきた先輩が、こんな事態は初めてだと言っています。

暴力団関係者以外で、口座が凍結された初めてのケースではないかと、、、

どうやらネット右翼の嫌がらせとは、関係が無いとのことです。


権力のおそろしさに打ち震えていますが、

絶対泣き寝入りはしません。全額取り戻します。

心底、今のこの国は腐っています。

共謀罪が成立する前に、すでにこんな国になっています。

共謀罪が成立したら一体、どんな国になるか、

その危険性をみんなで共有してほしいと思います。

___________________________________________________

http://www.ja-hokuo.jp/business/pdf/fututyokinkitei.pdf

普通貯金規定(抜粋)
11.(解約等)
(1) この貯金口座を解約する場合には,この通帳を持参のうえ,
当店に申出てくださ
い。
(2) 次の各号の一にでも該当した場合には,当組合はこの貯金取引を停止し,
または貯金者に通知することによりこの貯金口座を解約することができるものとします。
なお,通知により解約する場合,到達のいかんにかかわらず,当組合が解約の通知 を
届出のあった名称,住所にあてて発信した時に解約されたものとします。
1 この貯金口座の名義人が存在しないことが 明らかになった場合または貯金口座 の
名義人の意思によらずに開設されたことが らかになった場合
2 この貯金の貯金者が前条第1項に違反した場合
3 この貯金が法令 公序良俗に反する行為に利用され,
またはそのおそれがあると認められる場合
(3) この貯金口座は,第1号,第2号AからFおよび第3号AからEのいずれにも
該当しない場合に利用することができ,第1号,第2号AからFまたは第3号A からEの
一にでも該当する場合には,当組合はこの貯金口座の開設をお断りする ものとします。
また,前項のほか,次の各号の一にでも該当し,貯金者との取引 を継続することが
不適切である場合には,当組合はこの貯金取引を停止し,また は貯金者に通知する
ことによりこの貯金口座を解約することができるものとしま す。

1 貯金者が口座開設申込時にした表 ・確約に関して虚偽の申告をしたことが判明した場合
2 貯金者が,次のいずれかに該当したことが判 した場合
A.暴力団
B.暴力団員
C.暴力団準構成員
D.暴力団関係企業 E.総会屋等,社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等
F.その他前各号に準ずる者
3 貯金者が,自らまたは第三者を利用して次の各号に該当する行為をした場合
A.暴力的な要求行為
B.法的な責任を超えた不当な要求行為
C.取引に関して,脅迫的な言動をし,または暴力を用いる行為
D.風説を流布し,偽計を用いまたは威力を用いて当組合の信用を毀損し,
または当組合の業務を妨害する行為
E.その他前各号に準ずる行為
(4) この貯金が,当組合が別途表示する一定の期間貯金者による利用がなく,
かつ 残高が一定の金額を超えることがない場合には,当組合はこの貯金取引を停止し,
または貯金者に通知することによりこの貯金口座を解約することができるものとします。
また,法令に基づく場合にも同様にできるものとします。
(5) 前3項により,この貯金口座が解約され残高がある場合,
またはこの貯金取 引が停止されその解除を求める場合には,通帳を持参のうえ,
当店に申出てく ださい。
この場合,当組合は相当の期間をおき,必要な書類等の提出または保証人を求める
ことがあり,また貯金取引が継続されるときは貯金口座が変更さ れることがあります。
(平成 22 年 11 月 10 日現在)

___________________________________________________



管理人

これを放置すれば、
全国の市民運動の口座はすべて凍結される!


辺野古・高江などで取材活動を行っていた
大袈裟太郎さんの口座が何故か凍結されました。
郵便局で通帳が吸い込まれ、警備員に囲まれたそうです。

最悪の場合、口座にあった全額が没収になるとのこと。
これは、憲法で定められた個人の生存権を奪う行為です。
つまり、完全な憲法違反と断じていいと判断します。

「法令や公序良俗に反する行為に利用され又はそのおそれがあると認められる」

つまり、拡大解釈することによって、
どんな人物をも恣意的に弾圧することが可能となる!

権力に不都合な人物に対して、あらぬ難癖をつけたり拡大解釈を
する事により、本人の財産を奪い身動きが出来ないようにする。
更には、冤罪を仕掛けて実行するのは常套手段であり数々の歴史が証明しています。
これは、個人並びに、国民に対する大変な侵害に該当します。

預金封鎖されたら、一体どんな事になるか誰にも分かります。
へたすると、野垂れ死にすることになります。
こんな事を権力は平気でやります。

まさに、【死の宣告】に等しいものです。
断じて、こんな不当な行為が許される訳がない。
公然と憲法違反を犯している連中が国家の中枢にいます。

これを実行した大元の張本人は、公安であろう。
公安から財務省⇒郵貯銀行のルートで実行されたと考える。
公安は、CIAの直属の組織である。
だから、警察庁長官はほとんどの場合、公安から選出される。

いずれ、この動きは拡大していく恐れがあります。
だから、我々は黙視していては駄目なんです。
国民が騒ぐ様子がないと・・・いずれ、
待っているのは、国民への預金封鎖で間違いありません。

皆さん、この事件を大拡散しましょう!!!



大袈裟太郎~ 山城博治さん逮捕 抗議のスピーチ

「有刺鉄線一本切っただけの男が130日間拘束され、
8億円をちょろまかしたやつが偉そうにふんぞり返ってる!!
こんな国おかしいだろうよ!?」
大袈裟太郎氏が国会前で叫ぶ!! ~森友10万人デモ・右翼来襲!





もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



★メルマガ第1号~ガンの本質と生還
★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】
★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】
★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」
★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』
★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』


★メルマガ第6号『白血病について』
         〇生還の為に知っておくべきこと!
        〇『白血病について』~重要資料
★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足
★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』
★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』


★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』
★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者
★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ15号 決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?
★メルマガ第16号 東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光


★メルマガ第17号 勇気を失うことはすべてを失うことである。
★メルマガ第18号 がん細胞のボディーガードを光で死滅させる画期的技術を世界に発表!
★メルマガ第19号 高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!
★メルマガ第20号 もしもの危機の時の準備を!
 〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。
★メルマガ第21号 家のローンの変動金利があなたを破産させます!
★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器 機械から、マイナスの電子を
体内に注入出来れば、結果としてマイナスイオンが体内で発生します。
★メルマガ第23号 『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』
★メルマガ第25号 『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』
★メルマガ第26号 『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』
★メルマガ第27号 『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】
★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』
★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】
★メルマガ第30号 『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』
★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!
★メルマガ第32号『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』
★メルマガ第33号 『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
 〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!
★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】
★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!
★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!
★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!
★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!
★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』
★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!
★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?
★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!










. 6月6日に生まれて~酒にむかいてはまさに歌うべし 人生幾ばくぞ!

6月6日に生まれて~
酒にむかいては まさに歌うべし
  人生幾ばくぞ!









對酒當歌(さけにむかいてうたうべし) 曹操
http://kohan400.blog129.fc2.com/blog-entry-26.html


対酒当歌  (酒に対(むか)いては当(まさ)に歌うべし)

人生幾何  (人生は幾何(いくばく)ぞ)

譬如朝露  (譬(たとえ)ば朝露の如し)

去日苦多  (去りし日は苦(はなは)だ多し)

慨当以慷  (慨(なげ)きを以てはまさに慷(うれ)い)

憂思難忘  (憂(うれ)う思いは忘れ難し)

何以解憂  (何を以て憂いを解かん、

唯有杜康  (唯だ杜康(さけ) 有るのみ)


意味

酒を前にしたら歌うべきじゃないか!

人生など幾ばくのものか

たとえば朝露のように(儚いものです)

過ぎてしまった日ははなはだ多く

まったく悲憤にくれるばかりで、

憂(うれ)う思いから離れられません

何をもって憂いを解き放ちましょう。

ただそれは杜康(さけ-酒)だけです!



~ 引用終わり ~



三国志Three Kingdoms赤壁の戦い前編ノーカット 吹き替え版




三国志Three Kingdoms 赤壁の戦い 後編(ノーカット)吹き替え版





管理人

今日は、私の誕生日。
私もやっと二十歳になりました・・・
なんて、大うそを言っている場合ではありませんが、
心はいつまでも18のままでいたいと思う今日この頃です。


酒にむかいては まさに歌うべし 人生幾ばくぞ!

三国志の曹操が詠んだとされる詩の一節です。
これは、まさに今の日本国民の為に詠んだとさえ思えるではありませんか。
日本国内に一体どれだけのカラオケボックスがあるでしょうか?

酒と歌・・・
日本の若者が、曹操の詩を身を持って体現しているとしか思えません。
当時の曹操が、今突然、日本に現れたなら・・・
大喜びするのは間違いのないところかと。
尤も、あの当時は今の歌ではなく漢詩なのでしょうが。

酒を飲んで大いに楽しめ・・・
人生など走馬灯のごとく、あっという間の出来事に過ぎぬ。
光陰矢の如し・・でしょうか。

当時は、大乱の世。
戦(いくさ)に明け暮れる世なれば、
より一層の輝きを放つ詩であったと思えます。

しかし、今の日本は当時とはまた違った大乱の世になりつつあります。
とても静かな大乱の世です。
たくさんの人が、毎日、毎月、毎年のように・・・
人知れず静かに・・病魔で死んでいく世界。


曹操の詩も今の日本にマッチングしていますが、
以下の文節も異彩の光を放っています。


お前が無駄に過ごした“今日”は
昨日死んだ誰かが死ぬほど生きたかった“明日”なんだ







生きたくとも生きれない人がいます。
生きれるのに、若くして自ら命を絶つ人も後を絶ちません。
人生とは何と皮肉でありましょうか。

私もある時期、ふと・・何度も死のうかと脳裏をよぎったことがありました。
でも、今・・生きています。
生きていて良かったと思っています。
しかし、生きたくとも生きれないのは本当につらいことです。

何も、あの世に逝って地獄を見なくとも
現世のあちこちに、地獄はたくさんあります。
しかし、現実にはほとんどの人がその地獄絵図から目を逸らします。
仕方の無いことです。

戦争であったり、病魔との闘病であったり、精神的苦痛の病(やまい)だったりと、
形は違えど、地獄のような苦しみと恐怖を味わいます。
人は幸せに生きるために生まれて来たというのに・・・
天はなにゆえ・・このような試練を人に課すのでしょうか。

幸せに生きるために、どうすれば良いのかと考えたことがあります。
私の辿り着いた結論は・・・
あらゆる「不安」や「恐怖」を自分の心から一層することでした。

しかし、このことは実に簡単なことでもあり、
同時に、ものすごく難しいことでもあるのです。
ところが、簡単であるか、難しいかは本人の気持ち次第で
どのようにも変わってしまうものなんです。

まさに、そのことが私の人生の中で最大の【気づき】になりました。

私は、1日のほとんどが徹夜仕事に追われる日々の日常から、
いつの日からか、幸せに生きたいと心から願うようになりました。
ところが・・・
幸せについて深く考えてみると、まるで訳が分からなくなりました。
裾野が宇宙ほどに広く、そして、実に奥深い事に気づかされました。

ある時、全ての諸悪の根源が「不安」にある事に気づきました。

お金が無い不安
仲間外れにされて孤独になる不安
いじめられる不安
愛されない不安
病気になる不安
自己破産する不安
失恋するかもしれない不安
恥をかく不安
社会的な名誉を失う不安
自分の思ったとおりにならない不安

そして、究極的には、死への恐怖がピラミッドの頂点にあります。
もし、死への恐怖が克服出来たらと、ある時に考えました。
多分、その他の不安は取るに足らないものになるに違いない。
私は、死への恐怖を捨て去ることを心に決めました。
直ぐには無理ですが、ずっとそのように思うことで・・・
いつしか、あまり怖くなくなってしまったのです。
訓練すれば、出来るようになるから本当に不思議です。

良い悪いは関係ありません。
単に、そのように生きると決めただけのことです。
でなければ、以下の記事にあるような事も出来なかったはずです。

190cmもある元ヤクザとの激闘の記録!
~セクハラ総集編

http://ameblo.jp/64152966/entry-11714633475.html


つまり、幸せに生きる方法はよく分からなかったけど、
全ての不安を捨て去るのも一つの方法かもしれないと思ったのです。
出来る出来ないではなく、何でもやって見たらいいと思うんですよね。
もしかしたら、簡単に出来てしまうかもしれないのです。

しかし、これはあくまでも個人的生き方の問題。
個人は個人として・・・
インターネットの世界に身を置いている人間としては、
その輪を少しでも拡げたいとの想いが芽生えました。
無論、個人としては大したことは出来ませんが、
この世の苦痛や苦しみを少しでも少なくしたいといった想いは、
ずっと心の中にありました。

今までの人生の中で、ネットの世界に入っていったのは、
もしかしたら、必然だったかもしれないと思うようになりました。
ブログ活動から・・・そして、メルマガへと進んだのは、
これもまた、運命であり必然だったのかもしれません。

何故なら、さきほどから申しましたように、
心の中に、自分が幸せになりたい・・
そして、人も幸せでいて欲しいとの思いが
ずっと、一貫してあったからです。

想いが現実になる・・・とは云いますが、
まさに、そうとしか思えないものがあります。
そう・・・現実なんですね、
今やっていること、やろうとしていることは。


以下の記事も、まさに現実に起こっていることです。

皆様へ~人が生きる為の支援をお願い致します。
http://ameblo.jp/64152966/entry-12280619146.html

そして、カンパのお申込みが、次々と届いています。
これこそ、まさしく現実そのものではないでしょうか。
私は、多くの皆さんの善意に感涙しています。
本当に感謝の言葉さえも見当りません。

本当に不景気で世知辛い世の中において、
誰がそんなに余裕があるでしょうか・・・
にも関わらず、多くの人の善意が届いています。
涙を禁じえません。
皆さんに、心より感謝の気持ちをお届けしたい思いで一杯です。



キセキ Song of Love (カノン)




もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



★メルマガ第1号~ガンの本質と生還
★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】
★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】
★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」
★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』
★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』


★メルマガ第6号『白血病について』
         〇生還の為に知っておくべきこと!
        〇『白血病について』~重要資料
★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足
★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』
★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』


★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』
★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者
★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ15号 決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?
★メルマガ第16号 東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光


★メルマガ第17号 勇気を失うことはすべてを失うことである。
★メルマガ第18号 がん細胞のボディーガードを光で死滅させる画期的技術を世界に発表!
★メルマガ第19号 高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!
★メルマガ第20号 もしもの危機の時の準備を!
 〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。
★メルマガ第21号 家のローンの変動金利があなたを破産させます!
★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器 機械から、マイナスの電子を
体内に注入出来れば、結果としてマイナスイオンが体内で発生します。
★メルマガ第23号 『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』
★メルマガ第25号 『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』
★メルマガ第26号 『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』
★メルマガ第27号 『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】
★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』
★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】
★メルマガ第30号 『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』
★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!
★メルマガ第32号『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』
★メルマガ第33号 『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
 〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!
★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】
★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!
★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!
★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!
★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!
★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』
★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!
★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?
★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!











. 私の使命は人の手助けになること~それを私の生きていた証(あかし)にしたい!

私の使命は人の手助けになること
~それを私の生きていた証(あかし)にしたい!










無数の危険と死地に見舞われながら・・・
何故、今、自分は生きているのだろう!?


以下は、2016年5月9日の記事です。

あわや激突! ~今、命がある事に感謝~
http://ameblo.jp/64152966/entry-12158659295.html


そして、以下が、2011年4月28日の記事。

50以上の死地の危機から何故、生き残ってこれたのか!
http://ameblo.jp/64152966/entry-10874821478.html



半世紀以上にも渡る私の人生の中で、静かに振り返ると・・・
死んでも全くおかしくない危機が無数にあったことの事実と
そして、今も尚、生きていることの不思議を想う時があります。

ある時は、無理をして出勤する為に、仕事前に風邪薬を服用し、
夜9時に仕事を終えてバイクで帰宅途中に、強烈な眠気に襲われ
反対車線のガードレールに走りながらの激突。
しかし、ケガ一つしなかった。
運悪く対向車がいたら、即死は間違いなかった。

そして、ある時は、アルバイトの徹夜仕事を終えての朝の帰り道、
やはり、居眠りをしてしまい対向車と激突してしまいました。
ところが、にもかかわらず、ここでもケガ一つしなかった。
眠くなったことにより、スピードが落ちていたことが幸いしました。

警察を呼んで、事故の検証が行われ、私の脇見運転だとされました。
相手の車は、まだ新車で修理に50万円超を支払う羽目になりました。
お相手の人には大変申し訳なかったと、今も思っています。
事故記録は、今も竹原警察署に残っているはずです。

自損と対物のこの二つの事故で、ケガ一つしなかったなんて絶対に信じられないと
思う人もおられるはずです。
そう思うのが当然です。

しかし、これはウソ偽りの無い事実です。
そんなウソを言ったって、何の得にもなりません。
どうしても信じられない人には、当時の事故記録をいつでもお見せします。

ただただ・・・不思議に思うだけです。
それが、私の正直な気持ちです。
たくさんある命の危機の中のたった二つの実例です。
もう何度死んでもおかしくはない人生でした。
でも私は生きています。

ただ漠然と生きてきた人生の中で、そのような幾多の危険と死地を
あまり深く考えることはありませんでした。
そう・・・、2011年の3月11日頃までは。

東日本大震災が起こった日、私は強烈な衝撃を感じました。
そして、何かをすべきだ。
何かをしなければならないといった使命感をおぼえました。
今しなければ・・いつそれをするのか、といった焦りが生まれたのでした。

その為に、掛け持ちでやっていた二つのアルバイトの一つを辞めました。
そして、毎日、情報収集とそれを記事にする作業が続いたのです。
そういった日々の中、2011年4月28日のあの記事を書いたことになります。

記事を書きながら・・・
私はこの日の為に、生かされてきたのではないかと思うようになりました。
何故かというと、私の人生の半世紀の間・・・
死んでもおかしくないような危機と死地があまりにも多かったからです。
考えれば考えるほど・・・不思議であり、奇跡とも思えるような幸運は、
もはや、一般的な幸運の範疇を大きく超えているとしか思えなかったからです。

天に生かされてきた・・何かの役割を持って生まれたなんて・・・。
人によっては、独りよがりで傲慢だと感じられるかもしれません。
しかし、たとえそのように思われようと、私の夢想とも思えるような
このある種の感慨は自然に芽生えたものとしか例えようがありません。

ですが、静かに考えてみますと・・・

天に生かされてきた。

何かの役割を持って生まれた。


これって、私一人だけじゃない。
世間一般の多くの人にも当てはまるのではないでしょうか?

人は天によって生かされているのでしょうし、
人には、形は違えど様々な何等かの役割というものがあるように思います。
違うのは、人によって、それにいつ気づくか・・・
或いは、はっきりと意識するようになるのか。
更には、その人の役割がいつ訪れるのかといった違いだけだと思うのです。
まさに、その違いだけだと思います。

人の役割というものは、様々に形を変えてあるものでしょうし、
それぞれの一つひとつが偉大なものではないかと思っています。
そして、役割はその人が意識し始めた時から、より一層輝きを放つのだと思います。

家族の中から不幸にもガン患者が出たら・・・
家族の人は、何としても治って欲しいと願い、護りたいと切に思います。
その時から、家族の人に明確な役割が生まれます。

そして、ガン患者になられたご本人は、自分の為に、そして、家族の為にも・・
何としても治したいと願い、家族を悲しませたくないと思うものです。
生きたい・・何としても復活して元の自分を取り戻し、家族の中に戻りたい。
これもまた、形を変えた役割が生まれるといえるのではないでしょうか?


私は、いつもガンに関する理論的な記事を書いていますが、しかし、
精神的なものの力はものすごく大きいと思っています。
我々が考えている以上に、すさまじく大きいものだと感じています。

大切な人の為に、何としても生きたい。
大切なことを成すために、何としても生きたい。
この意識を強く持つことこそが、病魔を克服する時に目に見えない大きな力に
なると、私は確信しています。

私は、人の想いというものが、とてつもなく大きく偉大であると
ブログをやり始めた途中から気づくに到りました。
しかし、人の想いだけでは成就しないことも、これまた事実としてあります。
人の想いをサポートするものは必須ではないでしょうか。

心と心のつながり・・・
結局のところ、決して孤独であってはいけないと思うのです。
ガンや難病におちいった人やご家族を決して孤立化させてはいけないと思います。

そして、もう一つ大きなものがあります。
生きることを支援するための『大切な情報』です。


もし、いつか・・あなたがガンになったら、
この記事を思い出して下さい。

http://ameblo.jp/64152966/entry-12196865913.html

色々と調べていく中で、末期の癌を克服して治った人たちを
「生還者」や「サバイバー」と呼ぶことを知りました。
サバイバーが何をやって、そして何が最も重要な要因だったかを調べた結果があります。


サバイバーが最も重要な要因だったと考えているのは


1.考え方

2.食事

3.治療法

4.家族

5.情報

6.友達

7.努力

8.運

9.医者


1位は「考え方」なのだそうです。
なんと、「医者」は「運」より下の最下位です。


~ 引用終わり ~
----------------------------------------



第一位は、考え方・・だそうです。
ガンからの生還者の人が一番重要なものと挙げたものです。
驚きです。
シンプルなだけに、とても奥が深そうです。

奥が深いけど、敢えて、シンプルになぞらってみると・・・究極的には、

大切な人の為にも、今、死ぬ訳にはいかない。

使命感による大事を成す為にも、今、死ぬ訳にはいかない。

この気持ちを明確に意識することから全てが始まるのだと思います。
一見、当たり前のことのように思われるかもしれませんが、
はっきり意識して自覚することには大変大きな意味があると思います。

その時になって、始めて何かが変わっていくのではないでしょうか。
何十年となく続けて来た生活習慣なんてものは、とてもではないですが
到底、おいそれと変えれるものではありません。

人間というものは、変われない生きものなんです。
身も心も・・
余程のことが無い限り・・・

だけど、変わらないと生きれないと悟った時・・・
人は、徐々に・・或いは、大きく変わっていくのだと思います。

愛する人が目の前にいます。
ガンであるあなたの行く末を案じて、心の中で涙しています。
それを感じたあなたもまた・・・心の中で涙します。

恐らく、これが本当に人を愛するということ。
この人の為なら死んでもいいとさえ思える心。

第一位の「考え方」には色々とあるかもしれません。
だけど、全ての基本は愛することから生まれるものだと思います。

子供を愛する。

両親を愛する。

夫を愛する。

妻を愛する。

彼女を愛する。

彼氏を愛する。

親友を愛する。


サバイバーが最も重要な要因だったと考えているのは、
やはり、考え方~精神的なものだと気づかされます。

人が死にたくない~生きたいと願うのは自然な感情ですが、
更に一歩進んで・・・
自分の愛する人の為にも死にたくないと思えるようになった時、
時として、奇跡が起こるのではないでしょうか。
少なくとも、私はそのように信じています。

私のところのメルマガは、そのような人たちをほんの少しでも
お手伝いしたいとの想いがつまっています。
メルマガを始めた当初は、基礎的な知識に重きをおいていました。
ここ最近は、基礎から一歩進んだものをお知らせ出来るように
努力を怠らないように心掛けています。

ただ、それだけではなく、メルマガ読者の方とのリアルな心の交流が
幾つも生まれて来ています。
メルマガの中から、リアルな交流とお付き合いが増えてきました。
これは大変素晴らしいことでもあると同時に、大変緊張することでもあります。
情報だけを流していればいいという時期は終焉を迎えました。

メールでのご相談もありますし、
相談の為のお話が、電話で2時間を超える時もあります。
また、実際に私のところに相談で来訪される読者の方も時々おられます。
リアルな交流というのは、つまり、そういうことです。

そういった意味もありまして、この私に緊急に求められるものは、
メルマガのより一層の質的向上です。
今日よりかは明日、今月よりかは来月、今年よりかは来年と・・・
本当に進化していくメルマガをお届けする責務を痛感しています。
これは、何としてもやっていくつもりです。

今回は、リアルな交流の一端を見ていただこうと思います。
メルマガの内容も、その流れに沿ってリアルな一面もあって然るべきとの思いからです。

お相手の人からは了承を得ています。
ガンになられて、お仕事が出来なくなり、止む無く、生活保護を受けられ
ながら闘病生活をされている若い女性の方です。
そういったご事情もあって、過去に購読されておられましたが
今はメルマガを購読が出来ずにいます。
しかし、今もメルマガを無料で提供させていただいております。
メルマガ読者の皆様に、この場をお借りしてお詫び申し上げます。




゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆


件名 復活

わんとんさん、いつも希望溢れる優しい記事をありがとうございます。
私は、食事が取れなくなり、精神的にもドン底で、もがくほど、負の連鎖でいました。
それでも、重曹や出来るだけのことは、続けましたよ。

ただ、食べたいものを自責の念を持たず、今は、生きるために何か食べようと決めました。
しかし、何も受け付けなくなり、記憶も視力も朦朧となり、体がほとんど動かなくなりで、
とにかく食欲だけでもと思い、病院にかかりましたが、残念なことに腫瘍で直腸が圧迫され、
便が出なくなってました。

今は、本当に危ない状況なので、点滴でしのいでますが、
早急に人工肛門の手術が必要みたいです。
腫瘍なんて、小さくなるよ。大丈夫。本音は、そう思ってます。
人工肛門なんて、泣くだけ泣きました。
悩むだけ、悩みました。
でもね、なるようにしかならない。
ここで、死ぬわけにはいかないので、最悪、受け止める決意もしました。
ニュースでも、危機的なことも言ってます。

守るべき、自分や家族、恋人、友人。
やりたいこと、夢見たこと、守りたいものが全て明るい未来が見えてきました。
今を大切に後悔することなく、自己責任のうえ、楽しんでいきます。
いつもありがとうございます。

〇〇 〇〇


-----------------------------


私からの返信

件名 フレー フレー 〇〇 〇〇 さん !!!

〇〇 〇〇 様

〇〇さんがそんなに苦しまれていたとは思いもしませんでした。
本当につらいよね。
お慰めする言葉も見当りません。

私は何をしてあげれるのかを考え込んでしまいました。
ガンの治療法に関しては、2の矢〜3の矢〜4の矢と・・・
色々とあると思いますが、ある程度、お金がかかってしまう話になってくるのが
本当につらいところです。

既にご存知かもしれませんが・・・
例えば、こんなものもあります。


★メルマガ第18号

がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!


~より一部引用

高周波誘電加温によるがん温熱治療(ハイパーサーミア)
http://www.vinita.co.jp/institute/radiofrequency/050260.html

がん治療は近年、外科療法、放射線療法、化学療法を中心として大きく進歩して
きましたが、最近、がん細胞を温めて死滅させるハイパーサーミア(がん温熱療法)
という治療法も普及しつつあります。
そして、がん細胞を加温する方法として、高周波誘電加温装置が実用化されています。


ハイパーサーミアの加温に最適な高周波誘電加温

ハイパーサーミアに求められる加温の特性は以下の7点にまとめられます。

人体に大きな負担をかけずに加温できること
安全に加温できること
局所的な加温ができること
生体深部の加温ができること
加温領域を変えることができること
全身的な影響が少ないこと
温度コントロールが正確にできること

引用終わり


同時に、重曹+ビタミンB1+ビタミンC+グルタチオンの点滴がかなり有効だと思います。
私の知り合いは、高濃度ビタミンCの点滴を中心にして、末期の大腸がんから生還しています。

重曹でガンが治る理由
http://16296315.at.webry.info/201404/article_5.html

(一部引用)

ただしメイロン点滴だけでは、ガンは治りません。
乳酸アシドーシスを治すには、最低でも重曹+ビタミンB1が必要です。
ビタミンC・ビタミンB群・ジクロロ酢酸・α-リポ酸・グルタチオン・
マグネシウムなどを加えると、より治癒率が上がります。
糖→乳酸をこれ以上増やさないためにも、
断糖療法(スーパー糖質制限食)も欠かせません。
ガン治療の基本は、まず第一に糖代謝異常の乳酸アシドーシスを治すことです。

http://blogs.yahoo.co.jp/horisusumu8/31835380.html
「5%の重曹を500mlの水に溶かして、一時間かけて静脈注射します。
一週間のうち6日行います。

がん細胞に直接に注入できるような場合は、がん細胞に直接注入します。
ビタミンCの大量注射(100g)を、重曹の注射と一週間おきにします。
つまり、1週目は重曹、2週目はビタミンCで、この2週を1サイクルとします。
ドクター・シモンチーニによると、これを3サイクル行うと、
ほとんどのがんは治ってしまうということです。」

(引用終わり)


しかし、治療費や旅費やらで結構、お金がかかってしまいますね。
それが一番やっかいな問題です。
何とか出来ないものかと思案しています。
私のブログで寄付を募っても、どれだけ集まるか分かりません。
だけど、もし、〇〇さんが決心されて構わないのであれば、
私は躊躇することなく記事にして決行してもいいと考えています。
全ては、〇〇さんのお心づもり一つです。

一人で悩まないで、一緒にいい方法を相談しながらやっていきましょう。
一度、電話でお話したほうがいいかもしれませんね。
この際、もう綺麗ごとは抜きです。
私に出来る事は、何だってやるつもりです。

フレー フレー 〇〇 〇〇 さん !!!




--------------------------------------------



゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

件名 取り急ぎ

こんにちは。
わんとんさんからのメール、すごくすごく心に優しい風がふきました。
ありがとうございます。

目に今、疲れが来ているので、詳細は、またのちほど、ご報告させてください。
人工肛門の手術の件ですが、奇跡が起こり、食事は摂れるようになり、
便通も通ったおかげで、即手術は、免れて、元気にしております。
また、あらためて、メールさせてください。

あと、寄付を募ってのお話、とてもありがたくお気持ちだけで十分いただきましたので、
辞退させてください。
このことについても、また、メールに書きます。
取り急ぎで、申し訳ございませんが、また、ゆっくりお返事させてください。

ありがとうございます。

〇〇 〇〇



゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

件名 こんにちは。

いつも、お世話になります。
ようやく、メールが書けるので、ご報告と私の気持ちをしておきます。
去年の3月に大きくなった卵巣がんの摘出手術をしました。
子宮、リンパ節の郭清、腹膜切除。

その時、告知されたのが、1期1c。
抗がん剤拒否。
それから、毎月の術後検診。
全部、取ったし、食事や出来るだけの重曹飲用、サプリも続けました。
絶対、大丈夫と妙な自信もあり、毎月の検診も、確認するために行ってました。
ところが、去年の11月、CA19-9(腫瘍マーカー)の数値が標準値37以下が54.8に上昇。

再発の疑い。

12月、151.0 再発の告知。
抗がん剤拒否。検査拒否。病院拒否。
今年、3月、激痛と長期の微熱で、個人病院にかかりました。
我慢に我慢を重ね、痛みや辛さにひたすら耐えて、食事療法やサプリを頑張り、
自分自身を追い込み、生きる気力も、生きる意味も見失ってました。

痛み止めを処方され、飲んではダメだと、自身に言い聞かすけど、痛みがとれて、
家事ができたり、好きなことができたり、彼と向き合えたりが幸せな時間。
普通の体って、こんなに楽なんだな、歩くって素晴らしいって、涙が溢れたほどです。

それでも、痛み止めを飲まないほうがいいと、自分を追い込み、
辛く動けない状態を作ります。
いろいろ、試したりしたおかげか、腫瘍マーカーも3月は111、4月は82と、
少しずつ、下がっています。

試しているのは、重曹飲用、メガハイドレート、グルタチオン、ヘンプオイル、
ソマチット、びわの種の粉末、アシュワガンダ、ロディオラ、飲用の高濃度ビタミン。

食事は、一時期、玄米菜食。効果がなかったので、徹底した、断糖食事。
しかし、断糖は、体に向いてなかったのか、
吐いたりして、食欲すらなくなってしまい、断念。

どれもこれも、自分を追い込むことばかり。
良いと思って頑張るけど、経済的にも、精神的にも、おいこんでばかり。
今は、正直、今を楽しんで行きたい。
そのために、抗がん剤も拒否したのに、
あれから、全然、自分らしく生きてないなって思い返してます。

まだまだ、やりたいことがたくさんあるのに、サプリで経済的困難。
痛みに耐えて、動くことすら、困難。
このまま、もし死んだら、後悔するような気がしています。

わんとんさんからしてみれば、何がなんでも、一人でも多く克服してほしいって
思われていらっしやるのだと思います。
私も、その中の一人だと、有り難く思っております。

今は、切除した卵巣があった部分のところに腫瘍が出来て、
その腫瘍が直腸を圧迫してしまい、便通がいつ困難になるか、
分からない状態でおります。

わんとんさんから、寄付を募ってのお話も、すごく嬉しかったですが、
私より、もっともっと辛い状態の方もたくさんいらっしやいます。
それに、私も彼も同じ思いですが、逆にわんとんさんに恩返ししたいくらいの
気持ちなので、辞退させていただきました。

とにかく、1日1日を後悔することなく、楽しみながら生きたい。
今は、それだけです。
いつか、わんとんさんに会いに行けたらと思うと楽しみも増えます。

長々と乱文になってしまいましたが、わんとんさんからのお優しい記事や
メールを励みにしながら、出来るだけのことをし、
毎日を大切に生きていきたいと願っている私です。

本当にありがとうございます。
このメールにわんとんさんが、何かを感じ、記事にされることは、全然構いません。

お身体をご自愛ください。


〇〇 〇〇



゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

件名 追伸

私の気持ちだけで、書いてしまいますが、私の体調が安定したら、
出来るだけ早いうちに、わんとんさんにお会いしたいと思っております。

私一人でも、会いに行くつもりでもいますが、
彼もわんとんさんと一度は話がしたいと言うと思いますので、
一緒に行けたらと願っております。

わんとんさんが多忙なのは、重々承知の上で、
ご迷惑をおかけすることになりますが、よろしくご検討いただけないでしょうか?
なるべく、お忙しい時期は、避けたいと思っております。

よろしくお願いいたします。


--------------------------------------------



管理人

【 切除した卵巣があった部分のところに腫瘍 】

以上の部分に、重曹の水溶液を注入することが頭に浮かびます。
同時に、重曹の点滴も並行して行なう訳ですが、やはり、ここまで病状が進むと
重曹は飲むのではなく、点滴しかないと思います。

飲用の高濃度ビタミンでは駄目だと思います。
口から飲んだ高濃度ビタミンは、そのほとんどが尿となって
排出されるのがオチです。
やはり、超高濃度ビタミンCを点滴するしか効果は望めません。
ビタミン17にしてもそうですが、ある一定の高濃度でなければ
駄目ということははっきりしています。

かなり大きくなった腫瘍は、ハイパーサーミアによって
腫瘍組織を減退~根絶することも考えるべきです。

問題は、以上のことをしっかり把握して、きちんとやってくれる
病院に行くことですが、近くにその病院を探すことが先決です。
これが先ず大きな問題として立ちふさがります。
恐らく、探すといってもなかなか見つけることは困難かもしれません。

更なる問題として、近くにそのような病院がなければ、
遠くの・・例えば、埼玉の帯津三敬病院に頼るしかありません。
旅費・滞在費・治療費・・・
結構お金がかかると思います。
正直、お金がなければいかんともし難い。

今日の夜、彼女の彼氏とお話する予定にしています。
しかし、どうしてもお金がネックになってきます。
私個人のわずかばかりのお金ではどうにもなりません。
やはり、ブログでカンパを募るしか方法はないのだろうか・・・
ただ、彼女のほうがカンパを丁重に断っておられますので、
いくらお話しても、八方ふさがりになる可能性は否めません。

そういう意味では、応急処置としてハイパーサーミアがあります。
ハイパーサーミアなら、近くに設備のある病院がある可能性もあります。
皆さんもご存知の通り、ガンは温熱に大変弱いですから。

取り敢えず、彼女の彼氏とお話をすることになります。
重曹の点滴~超高濃度ビタミンCの点滴と、そして、ハイパーサーミア・・・
治療は、以上の3つの中から、現実に可能な線を探すことになるでしょう。
3つを同時並行して出来れば一番良いのですが、それが無理なのであれば、
一つでも進める以外にはありません。

もし、一つの方向性が決まったら、私としても全力で協力を
惜しまない決意で望みます。
緊急に出来ることからやっていく。
でなければ、私は生涯・・後悔することになるでしょう。




今日のお勧め記事

かなり長い記事ですが大変勉強になります。


最強の発癌メカニズムを抗ガン剤に採用した悪魔のホンネ
https://web.archive.org/web/20110726112922/http://hon42.com:80/iryou/che2.php




ダイアナ・ロス If We Hold On Together










. 関節リウマチは、自己免疫疾患などではなくある種の薬によって発病する!

関節リウマチは、
自己免疫疾患などではなく
ある種の薬によって発病する!









5月31日に、メルマガ最新記事を配信しました。

★メルマガ第45号

【関節リウマチ】
〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!


まだ届いていない読者の方は、必ず、お名前を明記の上、
直ぐに、ご連絡下さい。


関節リウマチの原因が、ほぼ解明出来ました。
★メルマガ第45号のほんの一部をご紹介します。

これは、巷に流布されているような自己免疫疾患などではありません。
やはり、ある種の薬が大きく関与している事実が判明しました。

しかし、残念ながら、この真相は全て隠蔽されています。
患者の人が、何とか治そうとして超一流大学の医学部や大学院の
様々な研究論文を調べたって、解かる訳がないと思います。

あらゆる医大や研究機関の研究論文は、現在、私用されている「クスリ」を
全て肯定するところから始まっているのです。
その限りにおいては、真相解明に近づくことは不可能です。



■ 膠原病(こうげんびょう)発症のきっかけ

・薬の服用
・日焼けの炎症
・妊娠や出産
・ケガや手術
・美容整形
・感染症


■ 膠原病(こうげんびょう)の症状.

・関節が腫れる
・関節の痛み
・熱が出る
・指がこわばる
・指がむくむ
・皮膚が変化する
・筋肉痛

免疫機能の異常により、血管、皮膚、筋肉、関節、内蔵などに炎症が起きます。







重要なヒントがあります。

平成25年1月17日
大阪大学 科学技術振興機構(JST)

もみじ
世界初 破骨細胞が骨を壊す様子のライブイメージングに成功
—関節リウマチや骨粗鬆症、がんの骨転移に対する理想的治療法開発に光—

http://www.jst.go.jp/pr/announce/20130117/index.html


炎症性のT細胞であるTh17は、

N型の破骨細胞に働きかけてR型へと

変化させることによって骨の破壊を誘導する









T細胞を炎症させているのは、ある種の薬物です。
当ブログを継続して見ておられる人は、直ぐに、ピンと来るはずです。


先ず、出発の時点において大きなミステイクをしています。
なので、その先の展開も間違ったものになるのは自明の理です。
結局、その治療も「クスリ」であり、挙句の果てに「手術」となります。

【関節リウマチ】~で苦しむ人が、幾ら知識を得て治そうとしても、
これらの文献を見るだけでは、到底、無理だと思わざるを得ません。
ますます、訳が分からなくなり、お医者さんに頼る他はないことになります。
こういった所は、やはり、ガンの分野と同じです。

医療業界は、患者や国民を煙にまくことが、より大きな商売につながることを
大変良く理解しているとみえます。
ですから、いつまで経っても患者さんが救われることは決してありません。

膠原病や関節リウマチが、激増の一途を辿るのは当然です。
そもそも、100年前は、こういった難病はあまり無かったのです。
今現在の100分の一だったなんて、絶対におかしいでしょう。
少なくとも、戦後、70年の間に何かが大きく変わったのです。
その変わったものを探るのが一番の解決につながると考えるべきです。

戦後、日本国医療費の天文学的激増・・・
その最大の主役は、「お薬」です。
毎食後に飲んで下さいと、決まって処方されます。

膠原病は、
自分自身の細胞を攻撃する自己免疫疾患であるから、
免疫抑制剤を使って治療すると・・・

クスリを使うことによって生じた病気を自己免疫疾患と言い換えることのペテン。
そもそも、薬の服用がきっかけになっているのなら、当然、その原因も
クスリに求めるべきなのに、「自己免疫疾患」とは、これ如何に?
それに、あろうことか、免疫を抑制するというパラドックス。
「ガンの原因になる薬をガン患者に使う」というパラドックスと
基本的原理は同じですね。

日本の医療とは何ゆえ、ここまで狂ってしまったのか?
東大医学部の研究論文を見たって、何の解決にもならない。
出発点で大きな間違いを犯しており、それを全て正しいとするところから、
あらゆるものが歪んでしまっています。

ガン患者や膠原病・関節リウマチが、激増の一途を辿るのを何故、
医者や国民は疑問に感じないのでしょうか?
日本の近代医学は大きく進化しているって・・・?
数字やグラフは、決してウソをつかない。
東大のお偉い教授先生がいくら雄弁に解説したとしても、
戦後のグラフを見せれば、何も言えないのではありませんか。
それこそ・・それで終わりみたいな話になってしまう。

逆に、日本の医療は50年以上も遅れているんじゃないのかと言いたい。
グラフからは、そうとしか読み取れません。
いや、寧ろ、意図的に国民の数を減らそうとしている
といった説のほうがより説得力を感じさせます。
そのように考えれば、全てに説明がついてしまうので恐ろしい。




関連記事

なぜ自己免疫疾患がないのか?partⅡ・膠原病は全て治る
~造病医学・殺人医学となっている現代の医療の嘘と罪を暴く~

http://www.matsumotoclinic.com/column/column_17.html



関節リウマチ





もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



★メルマガ第1号~ガンの本質と生還
★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】
★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】
★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」
★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』
★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』


★メルマガ第6号『白血病について』
         〇生還の為に知っておくべきこと!
        〇『白血病について』~重要資料
★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足
★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』
★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』


★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』
★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者
★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ15号 決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?
★メルマガ第16号 東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光


★メルマガ第17号 勇気を失うことはすべてを失うことである。
★メルマガ第18号 がん細胞のボディーガードを光で死滅させる画期的技術を世界に発表!
★メルマガ第19号 高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!
★メルマガ第20号 もしもの危機の時の準備を!
 〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。
★メルマガ第21号 家のローンの変動金利があなたを破産させます!
★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器 機械から、マイナスの電子を
体内に注入出来れば、結果としてマイナスイオンが体内で発生します。
★メルマガ第23号 『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』
★メルマガ第25号 『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』
★メルマガ第26号 『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』
★メルマガ第27号 『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】
★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』
★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】
★メルマガ第30号 『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』
★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!
★メルマガ第32号『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』
★メルマガ第33号 『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
 〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!
★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】
★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!
★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!
★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!
★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!
★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』
★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!
★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?











. プロフィール

z64150528

Author:z64150528
FC2ブログへようこそ!

. 月別アーカイブ
. 検索フォーム
. リンク
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR