光軍の戦士のブログ

. 北朝鮮による弾道ミサイルが北海道上空を通過なんてデッチアゲの作り話だろう!?~8月29日

北朝鮮による弾道ミサイルが
 北海道上空を通過なんて
デッチアゲの作り話だろう!?
  ~8月29日







首相「ミサイル、これまでにない深刻かつ重大な脅威」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170829-00000017-asahi-pol




https://twitter.com/_yanocchi0519/status/902314830463254528



首相官邸ホームページより

北朝鮮による弾道ミサイル発射事案について(1)
http://www.kantei.go.jp/jp/tyoukanpress/201708/29_a.html

本日5時58分頃、北朝鮮西岸より、
1発の弾道ミサイルが北東方向に向けて発射されました。
本弾道ミサイルは、6時6分頃、我が国の北海道襟裳岬上空を通過し、
6時12分頃、襟裳岬の東約1180キロメートルの太平洋上に落下した
ものと推定いたします。

現在までのところ、我が国の領域への落下物は確認されておりません。
また、現時点において、付近を航行する航空機や船舶への被害報告等の
情報は確認されておりません。
総理には、本件について直ちに報告を行った後、以下の通り指示がありました。

情報収集・分析に全力を挙げ、国民に対し、迅速・的確な情報提供を行うこと、
航空機、船舶等の安全確認を徹底すること、不測の事態に備え、万全の態勢をとること、
ミサイルが通過したと判断される地域に重点を置き、
落下物等による被害がないか速やかに確認をすること、
北朝鮮の今後の動向を含め引き続き情報収集・分析を徹底すること、
米国、韓国、関係諸国と連携し、引き続き緊張感を持って必要な対応を
適時適切に行うこと、政府においては、官邸対策室で情報を集約するとともに、
速やかにJアラートやエムネットを活用して、国民への情報発信を行いました。

また、緊急参集チームを招集し、対応について協議を行い、
更に国家安全保障会議を早急に開催し、情報の集約及び対応について
協議を行う予定であります。北朝鮮は昨年以降、2回の核実験を行い、
30発以上の弾道ミサイルを発射しており、今年に入ってからは
新型の可能性のあるものも含めた弾道ミサイルの発射を繰り返しています。

こうした中、今回発射された弾道ミサイルは、我が国の上空を通過したと見られ、
我が国の安全保障にとってこれまでにない、深刻かつ重大な脅威であります。
また、アジア太平洋地域の平和及び安全を脅かすものであると言わざるをえません。
また、航空機や船舶の安全確保の観点からも極めて問題のある危険な行為であるとともに、
安保理決議等への明白な違反であります。
我が国としては、このように繰り返される北朝鮮の度を越した挑発行動を
断じて容認できず、北朝鮮に対し、厳重に抗議を行い、最も強い表現で断固非難しました。
政府としては、国連安保理の場を含め、米国及び韓国を含む関係国と緊密に連携して
対応するとともに、被害状況の確認を行うなど、国民の安全・安心の確保のために
必要な対応に万全を期してまいりたいと思います。
以上です。


~ 引用終わり ~



本日5時58分頃、北朝鮮西岸より、
1発の弾道ミサイルが北東方向に向けて発射されました。
本弾道ミサイルは、6時6分頃、我が国の北海道襟裳岬上空を通過し、
6時12分頃、襟裳岬の東約1180キロメートルの太平洋上に落下した
ものと推定いたします。



管理人

5時58分頃⇒ 18 666

6時6分頃、通過し⇒ 66

6時12分頃、落下した⇒ 666


皆さんもご存知の通り、こんな偶然がある訳ないので
デッチアゲの作り話であろうと考えられます。

この件に関しては、日本、北朝鮮、韓国、アメリカの間にて
合意があるとしか考えられません。
軍事専門家なら、恐らく、そのように気づくはずです。

百歩譲って、もし本当に北朝鮮が発射したと仮定したとしても
以上のような偶然性は100%有り得ないことは、
子供にだって分かります。

つまり、時間を勝手に都合よく書き換えたとしか考えられません。
もしそうであるならば・・・
首相官邸ホームページの記事そのものに暗号が含まれている可能性が
疑われるという結論に到る訳です。

襟裳岬の東約 1180 キロメートルの太平洋上に落下した

問題は、ここ ↑ の部分です。
これは、暗号であると判断しました。
皆さんも、一度、解読に頭をひねってみて下さい。

実は、私のところでは・・ほぼ、解明出来つつあります。
但し、ブログでその内容は公開しません。

以前・・・新聞紙上の暗号解読を盛んにやっていた時分に、
命の危険を感じさせる警告や脅迫を幾度も受けたからです。


ここ最近、私のところは様々な妨害を受けています。

フェイスブックのシェアが削除されまくっています。
ブログ記事の紙面が、グチャグチャにされました。

そして昨日、とうとう・・・
メルマガのアドレスにも攻撃を受けました。
文字化けしたような表記の怪しいサイトから、
500近い妨害メールが入ってきました。
消しても消しても・・・次々に入って来るのです。

皆さん、分かるでしょ。
マグマグなどの大手メルマガから出ているメルマガは、
闇権力から、一切の干渉を受けません。
つまり、OKってことです。

それが、私んとこのメルマガと大手メルマガの決定的な違いです。
ある有名ブロガーで、マグマグからメルマガを出している人などは、
時々、読売事務所に出入りしているそうです。
読売事務所の意味・・・分かりますよね。

ツイッターでは、その人の記事が多数引用してツイートされています。
それが、今の悲しい実情なんです。
何にも知らない人が、あまりにも多過ぎます。
皆さんが知っている以上に、闇は深いです。

そういった様々な事情がありますので、
暗号解読もほどほどにしておかないと、
ブログに止まらず、メルマガも潰しにこられる訳で、
どんどん孤立化を強いられる羽目になってしまうのです。
尤も、命があるだけマシって見方もありますが。


私のブログタイトルには大きな意味がたくされています。
光軍の戦士ではなく、光軍の戦士たち・・になっています。
光とは、真実を知ることにつながります。
そのような多くの真実を知る人が多数生まれることを
心より願ってのものです。
光には、もう一つの意味が込められています。
未来への希望です。

そして、メルマガはそういった人々が生き残れるようにとの
想いが一杯つまっています。

光軍の戦士たち・・・とは、目覚め始めたあなた自身のことです。
私は、その中のたった一人に過ぎません。








お知らせ

8月21日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第53号 奇跡の野菜〜マルンガイ〜と石垣島!

届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



★メルマガ第1号~ガンの本質と生還
★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】
★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】
★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」
★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』
★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』


★メルマガ第6号『白血病について』
         〇生還の為に知っておくべきこと!
        〇『白血病について』~重要資料
★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足
★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』
★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』


★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』
★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者
★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ15号 決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?
★メルマガ第16号 東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光


★メルマガ第17号 勇気を失うことはすべてを失うことである。
★メルマガ第18号 がん細胞のボディーガードを光で死滅させる画期的技術を世界に発表!
★メルマガ第19号 高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!
★メルマガ第20号 もしもの危機の時の準備を!
 〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。
★メルマガ第21号 家のローンの変動金利があなたを破産させます!
★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器 機械から、マイナスの電子を
体内に注入出来れば、結果としてマイナスイオンが体内で発生します。
★メルマガ第23号 『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』
★メルマガ第25号 『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』
★メルマガ第26号 『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』
★メルマガ第27号 『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】
★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』
★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】
★メルマガ第30号 『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』
★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!
★メルマガ第32号『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』
★メルマガ第33号 『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
 〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!
★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】
★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!
★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!
★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!
★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!
★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』
★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!
★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?
★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!
★メルマガ第46号
我々は、40万人のガン患者を救える治療法を見つけることが出来るだろうか!?
★メルマガ第47号 【高濃度ビタミンC点滴療法の真実】
★メルマガ第48号 何故〜甲状腺ガンが全国で増えているのか!?
★メルマガ第49号
女性ガン死亡者数第1位(男性第3位)は〜『大腸ガン!』〜その予防法
★メルマガ第50号
癌細胞は、体内の重水素(トリチウム)と活性酸素に起因して大増殖する!
★メルマガ第51号
決して誰も書かない川島なお美さんの死の真相とは!?
★メルマガ第52号
活性酸素を大量発生させガンを発症させる最大の真犯人はリッキーガット症候群!













スポンサーサイト



. 日本は米国に奴隷として恭順を誓う政治家でなければ、決して総理にはなれない!

日本は米国に奴隷として
恭順を誓う政治家でなければ
決して総理にはなれない!







始めに

今、民進党代表選が行われています。
前原誠司元外相と枝野幸男前幹事長の一騎打ちになっていますが、
この二人の主張を比べて議論したってあまり意味はありません。
意味が無いことはないのですが、もっと本質的な議論をすべきだと思います。

特に、ツイッターの人は、何故、本質的な議論をしないのか?
一般大衆向けの井戸端会議のレベルに終始している気がしてなりません。
寸止め記事に井戸端会議では・・この日本は変わらないでしょう。

話を戻します。
民進党代表選に勝つ人は、はなから前原誠司元外相に決まっています。
日本支配の闇勢力は、前原誠司を民進党代表に決めています。
何故なら、米国の代理人だからです。
組織も資金も不正選挙も・・その実現の為に動きます。

徹頭徹尾、彼は昔から闇の使徒・・代理人なのです。
前原氏は、2011年1月7日 アーリントン墓地に献花しています。

2009年に誕生した民主党政権ですが、
鳩山⇒ 菅⇒ この後に、予定されていた総理の可能性が高いです。
しかし、前原外相が外国人からの献金を受けていたと2011年3月4日に
国会で答弁し、6日には辞任しています。

従がって、運悪く総理にはなれなかった訳です。
その代わりに、やはり米国の代理人の野田が総理に選ばれました。

何が言いたいかというと、総本山の自民党だけではない・・・
野党の中にも、著名な政治家の多くが米国の代理人なのです。
維新は、米国CIAが自民党の補完勢力として、不正選挙を駆使して
創作した政党です。
都民ファーストの会も同じようなものです。
そもそも、小池百合子都知事は、米国CIAが決めたのですから。
どんな人が選挙に出たって勝てる訳がないのです。
彼らは、選挙そのものを支配しているのですから。
メディアを使って大宣伝すれば、それが勝った根拠にされてしまうのです。


日本の歴代総理は、アーリントン墓地への献花を半強制されます。
それに従がわない政治家は失脚させられるのです。
或いは、たくさんの政治家が暗殺された歴史があります。

ところで、総理ではない政治家が献花をするのには、また少し違った
意味があるようです。
次か、その次の総理に内定したことを意味しますし、それ以外では、
何らかの密命をしっかり因果を含めて頭に叩き込む目的の為。

2017年8月16日、米ワシントン近郊のアーリントン墓地を訪れた
河野外相(左)と小野寺防衛相への密命とは・・・一体何だったのでしょうか?
外務と防衛ですから、北朝鮮に関するものの可能性が考えられます。
つまり・・・何かが起こされる可能性を感じさせる訳です。

皆さんも、是非、覚えておくとよいでしょう。
アーリントン墓地への献花の本当の意味を。
ここに、日本国民がいつまでも幸せになれず涙する元凶が見て取れます。

日本国民を不幸せにし、どんどん危険な領域に導く政治家の正体を!
そのように進めている人間が誰なのかを!

かつて・・「日本国民は、もっと血を流さないと駄目だ」と前原誠司は言い放った。
野田佳彦は、何故、消費税を増税しないのかと安倍総理に執拗に迫る。
小池百合子は、維新も顔負けの極右の正体を現している。

こういった連中を何と呼べばいいのでしょうか?
マスコミに洗脳されて、シャブ漬けになったが如くの日本国民。
シャブ中毒で、まともな判断さえも出来なくなってしまったのか!?


相変わらず、ブログ記事への妨害が酷くなっています。
一体いつまで更新出来るのか・・自信が持てません。
アメブロから離れたところで、攻撃が止むとは思えないのですが。
今でも、公開記事の下書きを別に3つも用意する有様です。
最後まであきらめずに・・・
最後の聖戦だよ!!!





石井紘基さんの流した涙!
http://ameblo.jp/64152966/entry-11135277581.html

@NakamuraTetsuji
中村てつじ(中村哲治)民主党参議院議員
http://twitter.com/#!/NakamuraTetsuji/status/18412586443

ふと落選中の出来事を思い出した。アメリカ領事館から電話があった。

「各国の次の世代のリーダーに3週間アメリカを訪問して頂く
プログラムがあります。
菅直人 先生も経験されています。」

私はそこまでやってもらうことに引っかかりを感じ行く決意ができなかった。


「各国の次の世代のリーダーに
3週間アメリカを訪問して頂くプログラム」


恐喝・洗脳プログラム ↑






菅直人

ずっと気になっていた、菅副総理のアーリントン国立墓地訪問

2010.4.23 10:04 菅直人副総理兼財務相は22日(日本時間23日)、
米首都ワシントン近郊の アーリントン国立墓地を訪れ、無名戦士の墓に献花した。
副総理または財務相が同墓地を訪問するのは極めて異例で、
日米同盟重視の表れとともに「ポスト鳩山」への布石との見方も出ている。

私には、あの菅副総理のアーリントン国立墓地での 献花というものは、
まさにアメリカへの恭順を誓った行為 そのもののように思えて仕方なかった。
菅内閣(かんないかく)は、副総理・財務大臣、衆議院議員 および民主党代表の
菅直人が第94代内閣総理大臣に任命され、
2010年(平成22年)6月8日から9月17日まで続いた日本の内閣である。


首相の菅直人氏も民主党幹事長の岡田克也氏も
アメリカのアーリントン国立墓地に献花しました。
アメリカの兵士を追悼しました。






前原誠司

2010年(平成22年)9月17日、民主党代表に再選された菅直人による
菅内閣の内閣改造(菅第1次改造内閣)に伴い、民主党幹事長に就任した
岡田克也の後任として、外務大臣に横滑りで就任。
48歳4ヶ月での外相就任は、 池田内閣における小坂善太郎外相を抜いて、
戦後最年少(当時)であった。
2011年1月の第2次改造内閣でも外相に留任した。

■ 2011年1月7日 アーリントン墓地献花






野田佳彦

2012年4月30日(現地時間)、アメリカ合衆国のワシントンを
訪問している野田総理は、アーリントン墓地で無名戦士の墓及びセクション60
(イラク、アフガニスタンにおける殉職者の墓)に献花しました。
続いて、バラック・オバマ大統領と首脳会談を行った後、共同記者会見を行いました。
その後、チャールズ・ボールデンNASA長官及び日米宇宙飛行士による表敬を受けました。
夕方には、クリントン国務長官主催のレセプションに出席しました。





安倍晋三

【ワシントン=地曳航也】安倍晋三首相は2017年2月10日午前(日本時間10日夜)
トランプ米大統領との首脳会談に先立ち、ワシントン郊外のアーリントン墓地で
無名墓地の墓で献花した。






麻生太郎

2009年2月24日、アーリントン国立墓地を訪れ、
無名戦士の墓に献花した麻生首相





献花する内閣総理大臣福田康夫(2007年11月16日)





2017年8月16日、米ワシントン近郊のアーリントン墓地を訪れた
河野外相(左)と小野寺防衛相(AP=共同)






お知らせ

8月21日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第53号 奇跡の野菜〜マルンガイ〜と石垣島!

届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



★メルマガ第1号~ガンの本質と生還
★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】
★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】
★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」
★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』
★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』


★メルマガ第6号『白血病について』
         〇生還の為に知っておくべきこと!
        〇『白血病について』~重要資料
★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足
★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』
★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』


★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』
★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者
★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ15号 決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?
★メルマガ第16号 東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光


★メルマガ第17号 勇気を失うことはすべてを失うことである。
★メルマガ第18号 がん細胞のボディーガードを光で死滅させる画期的技術を世界に発表!
★メルマガ第19号 高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!
★メルマガ第20号 もしもの危機の時の準備を!
 〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。
★メルマガ第21号 家のローンの変動金利があなたを破産させます!
★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器 機械から、マイナスの電子を
体内に注入出来れば、結果としてマイナスイオンが体内で発生します。
★メルマガ第23号 『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』
★メルマガ第25号 『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』
★メルマガ第26号 『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』
★メルマガ第27号 『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】
★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』
★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】
★メルマガ第30号 『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』
★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!
★メルマガ第32号『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』
★メルマガ第33号 『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
 〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!
★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】
★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!
★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!
★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!
★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!
★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』
★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!
★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?
★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!
★メルマガ第46号
我々は、40万人のガン患者を救える治療法を見つけることが出来るだろうか!?
★メルマガ第47号 【高濃度ビタミンC点滴療法の真実】
★メルマガ第48号 何故〜甲状腺ガンが全国で増えているのか!?
★メルマガ第49号
女性ガン死亡者数第1位(男性第3位)は〜『大腸ガン!』〜その予防法
★メルマガ第50号
癌細胞は、体内の重水素(トリチウム)と活性酸素に起因して大増殖する!
★メルマガ第51号
決して誰も書かない川島なお美さんの死の真相とは!?
★メルマガ第52号
活性酸素を大量発生させガンを発症させる最大の真犯人はリッキーガット症候群!










. 昨日の外部からの妨害か?不具合か?~グチャグチャにされた私の記事を公開します。

フリーメーソン高須クリニック院長のナチ称賛を糾弾するサイモンウィゼンソールセンター!?「差別をやめてください」 高須克弥院長のネトウヨ発言に息子が苦言!http://lite-ra.com/2015/10/post-1604.html有田芳生氏のツイートよりhttps://twitter.com/aritayoshifu/status/900158229597925376【速報】アメリカの人権保護団体(サイモンウィゼンソールセンター)が、高須克弥氏のナチ擁護発言を理由にアメリカ整形外科医学会からの追放(会員剥奪)を要求(呼びかけ)しました。今朝リリースされたのでのちほどここに掲載されます。http://www.facebook.com/simonwiesenthalcenter 以下の記事には、真相の概要が克明に書かれています。必見 ↓ナチスとシオニストの協力関係http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hd/a6fhd300.html管理人今、高須克弥氏のナチ擁護発言が大きな問題となり、ネット上で、ちょっとした騒ぎになっているようです。更に、訴訟合戦まで発展する可能性までありますが・・・しかし、ツイッターなどでは、この問題の本質を解き明かしたツイートを目にすることは皆無です。ジャパン・フリーメーソンの幹部になったと大喜びの高須克弥氏ですが、そもそも、フリーメーソンの本質を何も知らないのではありませんか?メーソンの本質を知らないし、ナチスの真の意味すらしらない。という訳で、教えて差し上げる事にしました。イルミナティ≒サイモンウィゼンソールセンター>フリーメーソンカレイドスコープ氏の記事シオニズム≠ユダヤ主義、ロスチャイルドのイスラエルhttp://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-1473.htmlシオン(ZION)とはエレサレムの別称で、シオニズム(ZION主義 ZIONISM)とは、「シオンの丘に戻ろう」を合言葉にパレスチナにユダヤ人国家を建設しようという政治運動のこと。つまり、シオニズムとはイスラエルのスポンサー(ロスチャイルド家などの国際金融資本家)にとっては、ユダヤ教徒を利用した中東での利権確保のための道具に過ぎないわけです。イスラエルの建国は1948年でしたが、ユダヤ人国家の建設はそれで終ったわけではなく、現在も世界中に離散しているユダヤ人をイスラエルに「集める」政治活動が続いています。規模の大小は別にして、今でも続いているイスラエルによるパレスチナへの攻撃は、シオニスト・ユダヤ人による領土拡大のための侵略戦争以外の何者でもありません。それを支援しているのがシオニズムの国・アメリカ。(アメリカは大英帝国の支配下に置かれてきましたが、その根幹の部分はユダヤの国と言えます)~ 引用終わり ~管理人の記事ユダヤ人大量殺戮の真犯人!? https://ameblo.jp/64152966/entry-11585650709.html麻生元総理が失言うんねんで批判されています。ユダヤの人権団体サイモン・ウィゼンタール・センターこそ同胞ユダヤ人の大量殺戮の真犯人だということは明白。<一部転載>以下はナチスとシオニストの協力関係からの引用です。■ 同化主義ユダヤ人と異化主義ユダヤ人の対立●シオニストたちが最も恐れていたこと、それは反ユダヤ主義者たちの策動ではなくて、むしろ、世界のあちこちに散らばっているユダヤ人たち(ディアスポラ)が彼らの民族としてのアイデンティティを失って、それぞれの住む国家社会に「同化」してしまう、ということだっ た。●金沢大学教授で中東現代史専攻の前田慶穂氏は、『ユダヤ人とは何か/ユダヤ 人1』という本の中で、ナチスとシオニ ストの協力関係を指摘している。 「ナチ党が政権を獲得した直後の1933 年、『世界シオニスト機構』の議長代理だったユダヤ人ヨアヒム・プリンツはこう書いていた。『強力な勢力(ナチス)が我々の支援に訪れてくれ、我々を改善してくれた。同化論は敗れた』と。」●このナチスがユダヤ人の組織を「支援に訪れた」とは、意外も意外の表現だが、これには切実な理由がある。当時のユダヤ人社会の中には、西欧文化に「同化」しようとするユダヤ人と、「異化」してイスラエル共和国の建国をめざすシオニスト・ユダヤ人との対立があった。狂信的な「異化」論者のシオニスト・ユダヤ人にとっては、「同化」論者のユダヤ人こそが、打倒すべき当面の敵であったのだ。だから、ユダヤ人全体の排斥を政策とするナチスは、「敵の敵は味方」という戦国の論理で、「味方」に位置づけられたのだ。●実際、第二次世界大戦が起こる前、ユダヤ人の大半はシオニズム運動に無関心であった。 これは数字にも表れている。1880年から1925年の間に、アメリカへ移住したユダヤ人400万人に対し、パレスチナへの移住者はたった15万人しかいなかった。 当時、西欧や東欧のシオニストたちが提唱するようなユダヤ国家建設に興味を示すユダヤ人は少数グループであった。ユダヤ人の大半は、ユダヤ国家建設など、あまりにも現実離れしすぎた妄想的計画だとみなしていた。それよりも自分たちが住む国家社会に「同化」することのほうが大事だと思っていた。 (中略)■ 同胞を裏切ったシオニスト・ユダヤ 人●ユダヤ人のベン・ヘクトが、1961年に書いた『裏切り』は、第二次世界大戦中にシオニストたちが、同胞ユダヤ人の抹殺にどれほど協力したかをあからさまに暴いたものである。彼の証言によるとシオニストはヨーロッパの正統派ユダヤ教徒(同化主義ユダヤ人含む)を犠牲の生け贄にしたという。狂信的な「異化」論者のユダヤ人たちは、同胞である正統派ユダヤ教徒を裏切ってイスラエル共和国を建国したと告発しているのだ。 彼の主張によれば、これらシオニスト指導者たちは、前もって同胞の虐殺が行なわれる時期、方法、場所を知っていたが、犠牲者たちに警告することを拒んだ。なぜなら彼らの関心事は、ユダヤ人を1人でも多く救うことよりも、パレスチナにイスラエル国家を建設することの方に向けられていたからだという。ベン・ヘクトは語る。 「エルサレムやロンドンやアメリカの臆病なユダヤ・ロッジのメンバーたち……これらのシオニスト指導者たちは、抗議もせず、ただ無関心に、彼らの何百万人の同胞が焼かれ、首を絞められ、吊り下げられるのをそのままにしていた。」 以上引用終わり。こうして、シオニスト・ユダヤ人はナチス・ドイツと組んで、同胞ユダヤ人を迫害、抹殺していきます。実は、ナチ(NAZI)という語は、ヘブライ語 で、ユダヤ人らの言葉であり、ドイツ語ではないのだ。民族主義の気運をドイツ国内に作り出したのはユダヤ系ドイツ人らであった。(中略) 一般に、「ナチ(NAZI)」という呼称は、当 時の政敵、後には連合軍が使った蔑称であると説明されている。しかし、別の裏情報によると、 「ナチ(NAZI)」の本当の意味は、「国際シオニスト連盟(National Association of Zionist International)」 だという。 以上引用終わり。 以下はイルミナティ 世界を強奪したカルト からの引用です。アドルフ・ヒトラーの祖母は、ヒトラーの父、アロイスを身ごもった際に、ウィーンのロスチャイルド家との雇用関係を断っている。 (中略)グレッグ・ハレットは著書『ヒトラーは英国の工作員だった※ Hitler Was A British Agent』で、ヒトラーの祖父がネイサン・マイヤー・ロスチャイルドであると記している(※タコ注:ダンケルクで英仏軍を見逃した事で証明されます)。 ヒトラーの祖母マリア・シクルグルーバは、ロスチャイルド家のウィーンの屋敷で女中をしていた時、“悪魔崇拝の儀礼強姦”によって「恐怖の内に」、ヒト ラーの父アロイスを身ごもった。ヒトラーの義理の姉のブリジット・ヒトラーは、ヒトラーの実妹パウラのこんな言葉を引用している。「(アドルフが)人種政策を始めてから、アドルフと私には祖父がいないの。望めば誰だって、そこから美味い取引が出来るはずよ。」 (以上『ブリジット・ヒトラーの回想録』 より)ネイサン・マイヤー・ロスチャイルドの息子、アロイス・ヒトラーは姪のクララと三度目の結婚をし、彼女がヒトラーの母親になった。アドルフ・ヒトラー、「祖父はユダヤ人と暴露する」と甥からブラックメールを受けていた から引用です。 1930年代後半に、ヒトラーの甥が、『ヒトラーの父方の祖父がユダヤ人の商人であった。』 事をメディアに暴露するとして、総統をゆすっていたという。(中略)ドイツに占領されたポーランド領内にあったアウシュビッツ強制収用所にあったとされるガス室は、以上のようなポーランド人によるあるいは連合国側の、またシオニストユダヤ人やローマカトリック、シオニストプロテスタントの犯罪を隠すためのでっち上げです。~ 引用終わり ~たまねぎ通信http://tokiy.jugem.jp/?month=201402【アンネの日記破損】マルコポーロ事件とサイモン・ヴィーゼンタール・センターアンネの日記破損で、犯人もその動機も何も分からないのに、すぐさま反応してきたユダヤ人団体が「サイモン・ヴィーゼンタール・センター」です。この「サイモン・ヴィーゼンタール・センター」という団体が何だか変なので取上げます。まずは、この「サイモン・ヴィーゼンタール・センター」が日本で有名になったのが阪神淡路大震災の年に起きた『マルコポーロ事件』です。マルコポーロ事件とは、1995年文藝春秋発行の雑誌『マルコポーロ』が2月号に於いて「戦後世界史最大のタブー。ナチ『ガス室』はなかった」との記事を掲載したことによる謝罪・廃刊騒動です。『マルコポーロ』とは、現・月刊Will花田編集長が仕切っていた雑誌。問題の記事の執筆は国立病院勤務の西岡昌紀氏によるもの。西岡氏はナチスのユダヤ人差別・迫害は史実としながらも、ユダヤ人絶滅の手段として使用されたとする「ガス室」は位置や構造から「大量虐殺のためのガス室ではない」と切り込んだのです。が、雑誌発売直後、発行元の文藝春秋にイスラエル大使館と『サイモン・ヴィーゼンタール・センター』が抗議し、また国内外の企業に対して文藝春秋発行の全雑誌への広告ボイコットを呼びかけ圧力。尚、マルコポーロ編集部側からは『サイモン・ヴィーゼンタール・センター』の抗議を受けて、直ぐに反論のために10ページを提供すると提案しますが、この提案を『サイモン・ヴィーゼンタール・センター』は拒否。そして、文藝春秋には広告が全く入らない状態に陥り1月30日、文藝春秋側は急遽「記事は誤り」として『謝罪』と『花田紀凱編集長の解任』『マルコポーロ廃刊』宣言。抗議に屈したのでした。当時、読んでないので何とも言えないのですが、文藝春秋の台所事情もあるとはいえ説明記事も出さず急遽『謝罪』で、執筆者も読者そっちのけで『花田編集長解任』『雑誌廃刊』って異常ですよ。西岡氏の「ガス室には矛盾がある」との指摘に一切、反論することなく(できず?)広告クライアントへの圧力という形でマルコポーロを攻撃した『サイモン・ヴィーゼンタール・センター』とは、今回、「アンネの日記損壊」を問題視し、麻生副総理の「ヒトラー発言」に猛抗議した『サイモン・ヴィーゼンタール・センター』と同一組織です。管理人【アンネの日記破損】事件は記憶に新しいですが、2014年2月に起こったんですね。私は、これを組織的にやったのは、イルミナティのカルト工作員だと思います。無論、サイモン・ヴィーゼンタール・センターのお仲間さんでしょう。彼ら、イルミナティは、こういったヤラセが実に多い。例えば、以下の中傷の落書きを見て下さい。チョンのチ・・・なんですが、頭のところは、右から下に下がるのが普通です。ところが、掲示板への書き込みは・・逆になってますね。普通の日本人は、こんな書き方をしません。「チョン 失せろ」・・と書いている本人が、朝鮮の人の可能性が高い。在日2世か帰化人かは知りませんが・・・アンネの日記も、途中からは、あの当時存在しなかったボールペンで書かれていることが判明した為、創作ではないかと疑われている訳です。サイモン・ヴィーゼンタール・センター っていう組織は、ユダヤの本当の歴史や、ヒットラーのユダヤ大虐殺の真相を解明しようとしている人物を弾圧する為の組織ではないでしょうか。ヒットラー自身も、ロスチャイルドの血を受け継いでおり、無論、ユダヤ人です。再掲~謎の転落死を遂げたクレヨンしんちゃん作者・臼井さんは日本人の真の正体を漫画に描こうとしていた!https://ameblo.jp/64152966/entry-11220799413.htmlブッシュ家は英国王室と縁戚関係にあるという。そのブッシュ家が、ヒットラーを財政的に支援していた。ブッシュ家もまたユダヤ。彼らイルミナティは、同じユダヤの人間でなければ決して支援などしません。英国王室⇒  イルミナティブッシュ家⇒ イルミナティヒットラー⇒ イルミナティ天皇⇒    イルミナティ共産主義⇒ イルミナティが創作プーチンは、ソ連幹部の8割がユダヤ人だったと告発しています。かれは、長年、一貫してユダヤをロシアから追い出す闘争をしていたようです。この2百年、戦争はイルミナティが決めて実行してきました。ナチスは、その為の道具でしかなかった。ナチズムに狂気する輩は、はっきり言って バカ でしかない。ナチ=国際シオニスト連盟が行っているホロコーストを知れば誰しも、嫌でもナチの怖ろしい真実に気づくでしょう。以下の記事には、その一端が書かれています。もみじこの世の闇とは、かくもおぞましきものなりhttps://ameblo.jp/64152966/entry-10786477326.html高須クリニック院長の高須克弥氏は、ナチというものをもう一回、勉強し直した方がいい。息子さんの高須力弥氏の諌言に、今一度、耳をかた向けるべきです。少し前の記事で、日本の史実には実にウソが多いと書きました。実は、世界の史実はそれ以上にウソにまみれています。ここに日本の未来は、見えている。・・・・・・・・・・・

. フリーメーソン高須クリニック 院長のナチ称賛を糾弾する サイモンウィゼンソールセンター!?

フリーメーソン高須クリニック
院長のナチ称賛を糾弾する
サイモンウィゼンソールセンター!?















「差別をやめてください」 
高須克弥院長のネトウヨ発言に息子が苦言!
 
http://litera.com/2015/10/post-1604.html








有田芳生氏のツイートより
https://twitter.com/aritayoshifu/status/900158229597925376

【速報】アメリカの人権保護団体(サイモンウィゼンソールセンター)が、
高須克弥氏のナチ擁護発言を理由にアメリカ整形外科医学会からの追放 (会員剥奪)
を要求(呼びかけ)しました。
今朝リリースされたのでのちほどここに掲載されます。
http://www.facebook.com/simonwiesenthalcenter




以下の記事には、真相の概要が克明に書かれています。

必見 ↓

ナチスとシオニストの協力関係
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hd/a6fhd300.html


管理人

今、高須克弥氏のナチ擁護発言が大きな問題となり、
ネット上で、ちょっとした騒ぎになっているようです。
更に、訴訟合戦まで発展する可能性までありますが・・・

しかし、ツイッターなどでは、この問題の本質を
解き明かしたツイートを目にすることは皆無です。
ジャパン・フリーメーソンの幹部になったと大喜びの高須克弥氏ですが、
そもそも、フリーメーソンの本質を何も知らないのではありませんか?

メーソンの本質を知らないし、ナチスの真の意味すらしらない。
という訳で、教えて差し上げる事にしました。

イルミナティ≒サイモンウィゼンソールセンター>フリーメーソン


カレイドスコープ氏の記事

シオニズム≠ユダヤ主義、ロスチャイルドのイスラエル
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-1473.html

シオン(ZION)とはエレサレムの別称で、シオニズム(ZION主義 ZIONISM)
とは、「シオンの丘に戻ろう」を合言葉にパレスチナにユダヤ人国家を建設しよう
という 政治運動のこと。

つまり、シオニズムとはイスラエルのスポンサー
(ロスチャイルド家などの国際金融資本家)にとっては、
ユダヤ教徒を利用した中東での利権確保のための道具に過ぎないわけです。

イスラエルの建国は1948年でしたが、ユダヤ人国家の建設はそれで終ったわけではなく、
現在も世界中に離散しているユダヤ人をイスラエルに「集める」政治活動が続いています。
規模の大小は別にして、今でも続いているイスラエルによるパレスチナへの攻撃は、
シオニスト・ユダヤ人による領土拡大のための侵略戦争以外の何者でもありません。

それを支援しているのがシオニズムの国・アメリカ。
(アメリカは大英帝国の支配下に置かれてきましたが、
その根幹の部分はユダヤの国と言えます)

~ 引用終わり ~



管理人の記事

ユダヤ人大量殺戮の真犯人!? 
https://ameblo.jp/64152966/entry-11585650709.html

麻生元総理が失言うんねんで批判されています。
ユダヤの人権団体サイモン・ウィゼンタール・センター こそ
同胞ユダヤ人の大量殺戮の真犯人だということは明白。

<一部転載>

以下は ナチスとシオニストの協力関係 からの引用です。

■ 同化主義ユダヤ人と異化主義ユダヤ人の対立

●シオニストたちが最も恐れていたこと、
それは反ユダヤ主義者たちの策動ではなくて、
むしろ、 世界のあちこちに散らばっているユダヤ人たち(ディアスポラ) が
彼らの民族としてのアイデンティティを失って、 それぞれの住む国家社会に
「同化」してしまう、ということだっ た。

●金沢大学教授で中東現代史専攻の前田慶穂氏は、
『ユダヤ人とは何か/ユダヤ 人1』という本の中で、
ナチスとシオニ ストの協力関係を指摘している。
「ナチ党が政権を獲得した直後の1933 年、 『世界シオニスト機構』の
議長代理だったユダヤ人ヨアヒム ・プリンツはこう書いていた。

『強力な勢力(ナチス)が我々の支援に訪れてくれ、 我々を改善してくれた。
同化論は敗れた』と。」

●このナチスがユダヤ人の組織を「支援に訪れた」とは、 意外も意外の表現だが、
これには切実な理由がある。
当時のユダヤ人社会の中には、西欧文化に「同化」しよう とするユダヤ人と、
「異化」してイスラエル共和国の建国を めざすシオニスト・ユダヤ人との対立があった。

狂信的な「異化」論者のシオニスト・ユダヤ人にとっては、
「同化」論者のユダヤ人こそが、打倒すべき当面の敵であったのだ。
だから、ユダヤ人全体の排斥を政策とするナチスは、
「敵の敵は味方」という戦国の論理で、「味方」に 位置づけられたのだ。

●実際、第二次世界大戦が起こる前、ユダヤ人の大半は
シオニズム運動に無関心であった。
これは数字にも表れている。
1880年から1925年の間に、アメリカへ移住したユダヤ人400万人 に対し、
パレスチナへの移住者はたった15万人しかいなかった。
当時、西欧や東欧のシオニストたちが提唱するようなユダヤ国家 建設に興味を
示すユダヤ人は少数グループであった。

ユダヤ人の大半は、ユダヤ国家建設など、あまりにも現実離れしすぎた
妄想的計画だとみなしていた。
それよりも自分たちが住む国家社会に「同化」することのほうが大事だと思っていた。

(中略)

■ 同胞を裏切ったシオニスト・ユダヤ 人

●ユダヤ人のベン・ヘクトが、1961年に書いた 『裏切り』は、
第二次世界大戦中にシオニストたちが、 同胞ユダヤ人の抹殺に
どれほど協力したかをあからさまに 暴いたものである。
彼の証言によるとシオニストはヨーロッパの正統派ユダヤ教徒 (同化主義ユダヤ人含む)
を犠牲の生け贄にしたという。 狂信的な「異化」論者のユダヤ人たちは、
同胞である正統派 ユダヤ教徒を裏切ってイスラエル共和国を建国したと告発しているのだ。

彼の主張によれば、これらシオニスト指導者たちは、
前もって同胞の虐殺が行なわれる時期、方法、場所を知っていたが、
犠牲者たちに警告することを拒んだ。

なぜなら彼らの関心事は、 ユダヤ人を1人でも多く救うことよりも、
パレスチナにイスラエル国家を建設することの方に 向けられていたからだという。
ベン・ヘクトは語る。
「エルサレムやロンドンやアメリカの臆病なユダヤ・ロッジの メンバーたち……
これらのシオニスト指導者たちは、抗議もせず、 ただ無関心に、
彼らの何百万人の同胞が焼かれ、首を絞められ、
吊り下げられるのをそのままにしていた。」

以上引用終わり。

こうして、シオニスト・ユダヤ人はナチス・ドイツと組んで、
同胞ユダヤ人を迫害、抹殺していきます。
実は、ナチ(NAZI)という語は、ヘブライ語 で、 ユダヤ人らの言葉であり、
ドイツ語ではないのだ。
民族主義の気運をドイツ国内に作り出したのは ユダヤ系ドイツ人らであった。

(中略)

一般に、「ナチ(NAZI)」という呼称は、当 時の政敵、
後には連合軍が使った蔑称であると説明されている。
しかし、別の裏情報によると、
「ナチ(NAZI)」の本当の意味は、 「国際シオニスト連盟
(National Association of Zionist International)」 だという。

以上引用終わり。

以下は イルミナティ 世界を強奪したカルト からの引用です。
アドルフ・ヒトラーの祖母は、ヒトラーの父、アロイスを 身ごもった際に、
ウィーンのロスチャイルド家との雇用関係 を断っている。

(中略)

グレッグ・ハレットは著書『ヒトラーは英国の工作員だった
※ Hitler Was A British Agent』で、ヒトラーの祖父が
ネイサン・マイヤー・ロスチャイルドであると記している
(※タコ注:ダンケルクで英仏軍を見逃した事で証明されます)。

ヒトラーの祖母マリア・シクルグルーバは、ロスチャイルド家の
ウィーンの屋敷で女中をしていた時、“悪魔崇拝の儀礼強姦”に よって「恐怖の内に」、
ヒト ラーの父アロイスを身ごもった。

ヒトラーの義理の姉のブリジット・ヒトラーは、 ヒトラーの実妹パウラの
こんな言葉を引用している。
「(アドルフが)人種政策を始めてから、アドルフと私には 祖父がいないの。
望めば誰だって、そこから美味い取引が 出来るはずよ。」
(以上『ブリジット・ヒトラーの回想録』 より)

ネイサン・マイヤー・ロスチャイルドの息子、 アロイス・ヒトラーは
姪のクララと三度目の結婚をし、 彼女がヒトラーの母親になった。
アドルフ・ヒトラー、「祖父はユダヤ人と暴露する」と 甥からブラックメールを
受けていたから引用です。
1930年代後半に、ヒトラーの甥が、
『ヒトラーの父方の祖父がユダヤ人の商人であった。』 事を
メディアに暴露するとして、総統をゆすっていたという。

(中略)

ドイツに占領されたポーランド領内にあった アウシュビッツ強制収用所に
あったとされるガス室は、 以上のようなポーランド人によるあるいは連合国側の、
またシオニストユダヤ人やローマカトリック、 シオニストプロテスタントの
犯罪を隠すための でっち上げです。

~ 引用終わり ~


たまねぎ通信
http://tokiy.jugem.jp/?month=201402

【アンネの日記破損】
マルコポーロ事件とサイモン・ヴィーゼンタール・センター


アンネの日記破損で、犯人もその動機も何も分からないのに、
すぐさま反応してきたユダヤ人団体が「サイモン・ヴィーゼンタール・センター」です。
この「サイモン・ヴィーゼンタール・センター」という団体が何だか変なので取上げます。
まずは、この「サイモン・ヴィーゼンタール・センター」が日本で有名になったのが
阪神淡路大震災の年に起きた『マルコポーロ事件』です。

マルコポーロ事件とは、1995年文藝春秋発行の雑誌『マルコポーロ』が2月号に於いて
「戦後世界史最大のタブー。ナチ『ガス室』はなかった」との記事を掲載したことに
よる謝罪・廃刊騒動です。

『マルコポーロ』とは、現・月刊Will花田編集長が仕切っていた雑誌。
問題の記事の執筆は国立病院勤務の西岡昌紀氏によるもの。
西岡氏はナチスのユダヤ人差別・迫害は史実としながらも、
ユダヤ人絶滅の手段として使用されたとする「ガス室」は位置や構造から
「大量虐殺のためのガス室ではない」と切り込んだのです。

が、雑誌発売直後、発行元の文藝春秋にイスラエル大使館と
『サイモン・ヴィーゼンタール・センター』が抗議し、
また国内外の企業に対して文藝春秋発行の全雑誌への広告ボイコットを呼びかけ圧力。
尚、マルコポーロ編集部側からは『サイモン・ヴィーゼンタール・センター』の
抗議を 受けて、直ぐに反論のために10ページを提供すると提案しますが、
この提案を『サイモン・ヴィーゼンタール・センター』は拒否。

そして、文藝春秋には広告が全く入らない状態に陥り1月30日、
文藝春秋側は急遽「記事は誤り」として『謝罪』と『花田紀凱編集長の解任』
『マルコポーロ廃刊』宣言。 抗議に屈したのでした。

当時、読んでないので何とも言えないのですが、文藝春秋の台所事情もあるとはいえ
説明記事も出さず急遽『謝罪』で、執筆者も読者そっちのけで『花田編集長解任』
『雑誌廃刊』って異常ですよ。
西岡氏の「ガス室には矛盾がある」との指摘に一切、反論することなく(できず?)
広告クライアントへの圧力という形でマルコポーロを攻撃した
『サイモン・ヴィーゼンタール・センター』とは、
今回、「アンネの日記損壊」を問題視し、 麻生副総理の「ヒトラー発言」に
猛抗議した 『サイモン・ヴィーゼンタール・センター』と同一組織です。








管理人

【アンネの日記破損】事件は記憶に新しいですが、 2014年2月に起こったんですね。
私は、これを組織的にやったのは、イルミナティのカルト工作員だと思います。
無論、サイモン・ヴィーゼンタール・センターのお仲間さんでしょう。
彼ら、イルミナティは、こういったヤラセが実に多い。
例えば、以下の中傷の落書きを見て下さい。





チョンのチ・・・なんですが、 頭のところは、右から下に下がるのが普通です。
ところが、掲示板への書き込みは・・逆になってますね。
普通の日本人は、こんな書き方をしません。
「チョン 失せろ」・・と書いている本人が、朝鮮の人の可能性が高い。
在日2世か帰化人かは知りませんが・・・

アンネの日記も、途中からは、あの当時存在しなかったボールペンで
書かれていることが判明した為、創作ではないかと疑われている訳です。

サイモン・ヴィーゼンタール・センター っていう組織は、
ユダヤの本当の歴史や、ヒットラーのユダヤ大虐殺の真相を
解明しようとしている人物を弾圧する為の組織ではないでしょうか。

ヒットラー自身も、ロスチャイルドの血を受け継いでおり、
無論、ユダヤ人です。


再掲~謎の転落死を遂げた
クレヨンしんちゃん作者・臼井さんは
日本人の真の正体を漫画に描こうとしていた!

https://ameblo.jp/64152966/entry-11220799413.html

ブッシュ家は英国王室と縁戚関係にあるという。
そのブッシュ家が、ヒットラーを財政的に支援していた。
ブッシュ家もまたユダヤ。
彼らイルミナティは、同じユダヤの人間でなければ 決して支援などしません。

英国王室⇒  イルミナティ
ブッシュ家⇒ イルミナティ
ヒットラー⇒ イルミナティ
天皇⇒    イルミナティ
共産主義⇒ イルミナティが創作

プーチンは、ソ連幹部の8割がユダヤ人だったと告発しています。
かれは、長年、一貫してユダヤをロシアから追い出す闘争をしていたようです。

この2百年、戦争はイルミナティが決めて実行してきました。
ナチスは、その為の道具でしかなかった。
ナチズムに狂気する輩は、はっきり言って バカ でしかない。
ナチ=国際シオニスト連盟が行っているホロコーストを知れば
誰しも、嫌でもナチの怖ろしい真実に気づくでしょう。

以下の記事には、その一端が書かれています。

この世の闇とは、かくもおぞましきものなり
https://ameblo.jp/64152966/entry-10786477326.html

高須クリニック院長の高須克弥氏は、ナチというものを
もう一回、勉強し直した方がいい。
息子さんの高須力弥氏の諌言に、今一度、耳をかた向けるべきです。
少し前の記事で、日本の史実には実にウソが多いと書きました。
実は、世界の史実はそれ以上にウソにまみれています。


ここに日本の未来は、見えている。













. 【9月9日が米朝衝突のⅩデー】~世界金融資本が各国を戦争に導く為の極秘マニュアル


【9月9日が米朝衝突のⅩデー】 
~世界金融資本が各国を戦争に導く為の極秘マニュアル









お知らせ

8月21日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第53号 奇跡の野菜〜マルンガイ〜と石垣島!

届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。



米朝衝突のXデーとして浮上する「9月9日」の深刻度
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52551

~ 一部引用 ~

「もう習近平には頼らない」

内閣改造を3日後に控えた7月31日、午前8時5分から57分まで、52分間にわたって、
安倍晋三首相は首相官邸で、トランプ大統領と電話会談を行った。

その内容は、「北朝鮮のICBM(大陸間弾道ミサイル)発射実験は断じて
容認できないとすることで日米両首脳が一致した」といった程度にしか
報じられていない。

だが、二人の間では、極めて重大な内容が話し合われていた。
日本にとっても深刻な事態であるため、以下、初めてその内容を明かす―。


トランプ 先週末の北朝鮮による2度目のICBM発射実験によって、
まもなく北朝鮮で、核弾頭を搭載したICBMが実戦配備されるだろう。
もはや北朝鮮の脅威は、アメリカにとって、直接の脅威となった。

安倍 それは日本としても同様だ。
先週末のミサイルは、日本海のわが国のEEZ(排他的経済水域)に着弾した。
日本としても、断じて容認できないものだ。

トランプ 安倍首相の気持ちは理解できる。
アメリカと日本は、強固な同盟国であり、アメリカの日本防衛に対する
コミットメント(責任の履行)は、揺るぎないものだ。

安倍 トランプ大統領の心強い言葉に感謝する。

トランプ 北朝鮮は、「アメリカのクリスマスを火の海にしてやる」と
威嚇していたが、いよいよその威嚇が、本物の脅威になったのだ。

これまでも安倍首相に言ってきたように、私のデスクには、
北朝鮮に対するいくつものオプションが提示されている。
経済制裁、直接交渉、軍事攻撃、政権転覆……。

その中で、これまでは経済制裁を中心にして、中国に影響力の行使を依頼してきた。
だが習近平は、なかなか私を満足させる圧力をかけてくれない。

安倍 習近平主席には、私もハンブルクG20での日中首脳会談(7月8日)で、
北朝鮮にもっと圧力をかけるよう促した。
だが、対話と地域の安定が大事だと言って、聞いてもらえなかった。

トランプ そうだろう。
私は、もはや当てにならない中国を頼るのを諦めて、自分で手を下そうと思う。

すなわち、4月にシリアを叩いたように、北朝鮮を一発叩いてやろうと考えている。

安倍 それは具体的なスケジュールがあるのか?

トランプ 奴らの建国記念日は、9月9日なんだろう? 
幹部が首を揃えて、記念式典をやるそうじゃないか。
その現場を叩くのが、一番手っ取り早い。
金正恩がその場にいようがいまいが、関係ない。
奴らに思い知らせてやるのだ。

安倍 …………。


~ 引用終わり ~



【ミヤネ屋】スクープ!
トランプ大統領が9月9日に北朝鮮を攻撃すると発言!!






管理人

笑えるのは、こんな機密情報がテレビや週刊誌に出て来る訳がない。
諜報組織が、意図的に流していると考えるのがこの世界の常識です。
本当に、トランプ大統領が9月9日に北朝鮮を攻撃するのであれば、
決して、こんな情報が漏れることはありません。

但し、9月9日に何も起こらなくても安心するのは早計です。
恐らく、今現在は何かを起こす為の環境整備をしているように思われるからです。

そのヒントは、以下の記事の中にも見てとれます。

韓国はもはや「内戦」状態…北朝鮮が全半島を支配する日
http://diamond.jp/articles/-/138036

以上の記事は、リンクするだけに止めておきます。
皆さんも一度見ておかれることをお勧めします。

韓国は 政治的内戦状態 に陥っていると書かれています。

韓国の朴槿恵(パク クネ)前大統領がスキャンダルで失脚させられたのは、
間違いなく、KCIA~CIAの仕業に違いありません。
しかも、あろうことか・・親北朝鮮の文在寅(ムン ジェイン)が
韓国新大統領に就任しました。

これらは、全てシナリオ通りに運ばれたと私は考えています。
所詮、韓国も日本と同じくアメリカの植民地なのです。
大統領選挙に不正選挙が行なわれたかどうかまではわかりません。

韓国の政情不安と北朝鮮と米国の舌戦が同時に起こっています。
これは、ある目的で同時並行で進められていると考えられるのです。

つまり、弾道ミサイル迎撃システムを売りつける為だけの
トランプのパフォーマンスでは無いという意味です。
ただのパフォーマンスであるならば、
最側近のスティーブ・バノン首席戦略官が、
「北朝鮮問題の軍事解決はあり得ない」・・と
公に、大統領と反対の立場を表明することなど決してありません。

今や、補佐官が次々と辞任に追い込まれトランプ大統領の周囲は
軍人ばかりになってしまいました。
簡単な話です。
軍人というのは、戦争をする為に存在するのです。
トランプ大統領は、アメリカの戦争屋に囲まれてしまったのです。
これとて、シナリオ通りといえるかもしれません。


静かに考えてみますと、意図的に緊張と危機的状況が作られているのは
誰の目にも明らかです。

私は、ふと・・ある事を思い出しました。
2009年7月21日に起こった政権交代です。
自民党が大敗し、民主党政権が誕生しました。
私は、CIAがマスコミを操り、そして、不正選挙を駆使して
政権交代させたと睨んでいます。

その理由は、当時の自民党政権が100兆円以上のお金を
米国に請求されて出さなかったことに激怒したことも考えられますが、
それよりも、311巨大人工地震津波を起こす計画があったので、
一時的に、自民党を野党へと避難させた事が考えられます。
原発事故も巨大津波によって、より被害が甚大なものとなってしまいました。
1995年の阪神淡路人工大震災も、社会党の村山内閣の時でした。
自社さ連立政権をして、結果的に、社会党は壊滅に追い込まれていったのです。

どうも、何か大きな政権交代が起こると・・・
大事件が起こるといったような歴史をみますと、
韓国にも何かが起こったとしても不思議では無い気がします。
正確には、朝鮮半島でと言い換えたほうがいいかもしれませんが。

尤も、その時には、連動してわが国・日本においても何らかの
事件やテロが計画されているかもしれませんので、
一応の警戒を呼びかけておきます。

ところで、今、朝鮮半島で起こっていることは、
私の過去記事に書いたことが、そのまま当てはまるので、スルーは出来ません。
2016年2月の記事ですが、
やはり、フェイスブックのシェアが ゼロ にされています。

日本の真相を如実に表すグラフ!~
世界金融資本が各国を戦争に導く為の極秘マニュアル

https://ameblo.jp/64152966/entry-12124103135.html

【世界金融資本が各国を戦争に導く為の極秘マニュアル】    
(出所、極秘扱い)

①金融バブルを大きく拡大させ、機を見て一挙に爆発させる。

②どんどん増税させ、国家経済を疲弊、弱体化させ、
  同時に、これを理由に社会福祉を次々と削減させる。

③更に、経済を悪化させ、若者から雇用を奪う。
職を奪われた若者が軍隊に入らざるを得ないように誘導する。

④両国を激しく扇動し、大量の兵器・武器弾薬を売りつける。

⑤両国の配下に指令を出して、幾つものテロを引き起こし、
社会不安を創出する。

⑥支配しているメディアや工作員を駆使して、様々な不安情報を
次から次へと流させ、恐怖心をかきたて社会不安を一層増幅させる。

⑦工作員の政治家やメディア、軍事専門家を総動員して
戦争が止むを得ない状況である事を国民に吹聴させ、
洗脳しつつ、国家をやがて止むを得ない戦争へと追い込む。


⑧時が来たら、幾つかの要所で殺人事件を演出し、
戦争の引き金を引く。

⑨戦時においては、人口削減に基づいて、密かに
子供を産む女、そして子供を大量に殺戮させる。
(イラク戦争では、誤爆と称し多くの子供や女性が殺されました。)








9月30日事件 - Wikipedia

スカルノ政権による外資凍結、外国企業接収は、
それらに利権を有していた欧米諸国からの非難を呼び起こし、
それまでインドネシアの独立を支持していたアメリカも
スカルノに対して不快感を強めていった
(ここからスカルノ政権の転覆を図るためにアメリカのCIAが
9月30日事件を策謀したという説が出てくる)。



2017年、アメリカはデフォルトするか?
http://indeep.jp/possibility-of-us-default-is-greater-than-anyone-thought/


管理人

色々とつながっていますので、全体を見る必要があります。
何かが起こるかもしれないし、或いは、起こらないかもしれません。
しかし、大きな危機は確実に高まっていることだけは知っておくべきです。
今は、その為の環境整備~準備期間であると捉えておいたほうがいいと思います。








もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



★メルマガ第1号~ガンの本質と生還
★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】
★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】
★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」
★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』
★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』


★メルマガ第6号『白血病について』
         〇生還の為に知っておくべきこと!
        〇『白血病について』~重要資料
★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足
★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』
★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』


★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』
★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者
★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ15号 決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?
★メルマガ第16号 東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光


★メルマガ第17号 勇気を失うことはすべてを失うことである。
★メルマガ第18号 がん細胞のボディーガードを光で死滅させる画期的技術を世界に発表!
★メルマガ第19号 高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!
★メルマガ第20号 もしもの危機の時の準備を!
 〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。
★メルマガ第21号 家のローンの変動金利があなたを破産させます!
★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器 機械から、マイナスの電子を
体内に注入出来れば、結果としてマイナスイオンが体内で発生します。
★メルマガ第23号 『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』
★メルマガ第25号 『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』
★メルマガ第26号 『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』
★メルマガ第27号 『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】
★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』
★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】
★メルマガ第30号 『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』
★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!
★メルマガ第32号『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』
★メルマガ第33号 『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
 〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!
★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】
★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!
★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!
★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!
★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!
★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』
★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!
★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?
★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!
★メルマガ第46号
我々は、40万人のガン患者を救える治療法を見つけることが出来るだろうか!?
★メルマガ第47号 【高濃度ビタミンC点滴療法の真実】
★メルマガ第48号 何故〜甲状腺ガンが全国で増えているのか!?
★メルマガ第49号
女性ガン死亡者数第1位(男性第3位)は〜『大腸ガン!』〜その予防法
★メルマガ第50号
癌細胞は、体内の重水素(トリチウム)と活性酸素に起因して大増殖する!
★メルマガ第51号
決して誰も書かない川島なお美さんの死の真相とは!?
★メルマガ第52号
活性酸素を大量発生させガンを発症させる最大の真犯人はリッキーガット症候群!














. 昔の日本人が生野菜を食べなかった理由~ビタミン摂取は温野菜のほうがベター

昔の日本人が生野菜を食べなかった理由
~ビタミンC摂取は温野菜のほうがベター










始めに

皆さん、ご存知かとおもいますが、
普段はブログ更新とメルマガの為の勉強と研究で大変に忙しいです。
私が、いつもコメントに返信しないのはその為です。

特に、ややこしくつっかかって来る人に対しては、コメント公開したら、
責任上、返信する下調べの為に何時間もかかる時があります。
これは、今の私の現状からして到底無理なのです。
そういう時には、止むを得ずコメントを公開しません。
大抵、そういう人は工作員の疑いのある人が多いです。

また、中には・・工作員よりもタチの悪いコメントをしてくる人もいます。
酷い時には、ブログ荒らしみたいなコメントも多々あります。
そういう人は、コメント欄から永久追放も検討しています。

以上です。



健康と食と医~さんのサイトより

昔の日本人が生野菜を食べなかった理由
http://kenko-syoku-i.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/post-0f0f.html

~ 転載 ~

数年前に、健康のためにとダイエットを考えて一時期、
野菜サラダに凝ったことがあります。
その時、ふと、疑問に思ったのが、日本人は刺身や寿司などで、
生魚を食べるのにどうして生野菜を食べる習慣が昔は無かったのだろうか?
という疑問です。

最近でも、生レバ刺しが禁止になり大きな話題になっていますが、
牛肉や鳥肉(特に九州人は新鮮な鳥刺しが好きです)でも生で
食べることが好きな国民なのにです。

日本のどこの地方でも昔からある野菜料理は、煮るか、焼くか、
保存のために漬物にするかです。
戦前まで国民の8割以上が農民だったため野菜は、自分の畑から採って
すぐに食べられ鮮度の心配は全くありませんでした。
よって、肉や魚のように食中毒を心配して加熱する必要は無いはずです。
それなのになぜ食べなかったのか??

少し調べてみたら、その理由は簡単でした。
昔の日本の野菜にはしゅう酸リンクが多かったからだそうです。

植物である野菜は、常に虫や動物に食べられる危険性があります。
そこで、植物たちは、虫や動物たちにとっては毒になるしゅう酸を
葉や茎、根などに貯めこんでいるそうです。
毒といっても強いものではありませんが、実は人間にも影響はあります。
しゅう酸を多量に摂取した場合、人の体内に元からあるカルシウムと
結びついてシュウ酸カルシウムになり、それが胆嚢や腎臓に溜まり、
胆石や腎臓結石の原因になるそうです。

また、少量でも胃腸の消化吸収が悪くなり、人によっては、
腹痛を起す場合もあるそうです。
特に、ほうれん草にしゅう酸は多く含まれていて、
よくほうれん草を茹でてアク抜きをするのは、
このしゅう酸(アク)を抜くためです。
しゅう酸は、水溶性なのでこの方法で大部分が簡単に抜けるそうです。

実は、昔の日本人が生野菜を食べなかったの理由は、日本の多くの野菜に
このしゅう酸が多かったため生食には適さなかったからです。
また、諸説ありますが、戦後日本でも洋食を多く食べるようになった時、
サラダなどの生野菜を食べる習慣が日本でも広まったそうです。

その時、農家では、食べやすくて、生でも食べられるしゅう酸の少ない
野菜の品種を外国から輸入して栽培したり、品種改良によってしゅう酸の量を
減らした新しい野菜を作り始めます。
一方で、日本で生野菜を食べる習慣が根付いたことによる弊害もありました。
しゅう酸を多く含んでいた昔の日本の野菜は、元々害虫の被害が少く農家も
作りやすかったのですが、農家でも生で食べられるしゅう酸の少ない野菜を
作るようになったことで、害虫対策として農薬を使う必要が出てきたのです。

農薬の害は今でも盛んに問題視されていますが、実際は農薬自体の人体への害は、
それほど大きくないそうです。農薬のほとんどが水溶性なのでしっかり洗えば、
野菜に残ることは無いそうです。
(←あくまでもサスケが読んだ本の著者の見解です。)
大きな問題は、日本の畑に農薬を散布するようになってから土を分解して
肥やしてくれていた微生物やミミズなどの虫が少なくなり、
土地がやせて化学肥料を加えないと野菜が育たなくなったことなのだそうです。

今、健康や安全性の面から有機野菜に人気があります。
特に前述した様に環境のためにも無農薬や有機農法を進めて欲しいのですが… 
ただし、無農薬や有機野菜と書かれている場合は、一度、生で食べてみて
一般的な野菜よりアクが強い場合は、しゅう酸の含有量が多い可能性があります。
その場合は、生食にこだわらず、多少アク抜きをして食べたほうが良いかもしれません。


~ 転載終わり ~

―――――――――――――――――――――――――――――――――――



管理人

先ず、引用記事の訂正をしておきます。
農薬は、ものすごく身体に悪いです。
今でも、ガンの大きな一因になることが判明しています。

ですが、他のところは大変勉強になりました。
昔の野菜と今の野菜は違うんですね。
食べやすさから、しゅう酸の少ないものへと代わっていったようです。
しゅう酸が少ないから、害虫に食べられやすくなった。
それで、より一層、農薬を使うようになったということらしいです。
また、農薬を使う事により土地が荒れるので化学肥料を使うようになったと。

そうだったのか・・・知りませんでした。
だから、昔の人は茹でたりして食べていたんですね。

ところでもう一つあります。
一部に、生野菜と温野菜とでは、
一体どちらが身体に良いのかといった議論があります。

一概に、どちらが良いとも言えませんが、
鮮度と多くの酵素が摂れるいう意味では、生野菜に軍配が上がるでしょう。

但し、ビタミン摂取の観点からは温野菜に軍配が上がります。
多くの人は、加熱するとビタミンが壊れると勘違いしている人がいます。

実験!ビタミンCは熱に強い?!
http://www.bronson.co.jp/%E5%AE%9F%E9%A8%93%EF%BC%81%E3%83%93%E3%82%BF%E3%83%9F%E3%83%B3c%E3%81%AF%E7%86%B1%E3%81%AB%E5%BC%B7%E3%81%84%EF%BC%9F%EF%BC%81/


ビタミンCには還元型ビタミンCと酸化型ビタミンCの2種類があります。
このうち、熱に弱いのは酸化型ビタミンCです。
酸化型ビタミンCは、一度分解してしまうと元のビタミンCに戻ることはできません。
しかし、還元型のビタミンCはほとんど分解されません。、

結論!

以上の実験から、還元性ビタミンCについて次のことを確認しました。


● 加熱温度に関わらずほとんど分解しない

● 加熱時間を延ばしてもほとんど分解しない

● アルカリ性では速やかに分解される

● アスコルビン酸酸化酵素の存在下では酸化されやすい



効率の良い摂り方は?

これらの結果を踏まえて、
ビタミンCピュアクリスタルを効率よく摂取する方法を考えてみましょう。

● 温かい食べ物や飲み物に混ぜる

還元性ビタミンCは熱に強いため、
温かい食べ物や飲み物に混ぜても気にする必要はありません。
温度が高い方が溶けやすいので、ホットレモンや温かい汁物などに入れるとよいでしょう。


● 野菜や果物は加熱してから

野菜や果物にはビタミンC酸化酵素が含まれているものがあるため、
カット野菜やカットフルーツにかけるとピュアクリスタルは速やかに
酸化されたのち分解されてしまいます。
ビタミンC酸化酵素は50℃以上の熱ではたらきを失うといわれていますので、
温野菜や焼きリンゴなど、熱を加えた野菜や果物にかけるとよいでしょう。


● 酢の物に混ぜる

ビタミンC酸化酵素は酸にも弱く、食酢ほどの酸でもはたらきを失います。
酢の物であればキュウリなどと一緒に食べてもよいでしょう。


<引用終わり>
-----------------------



ビタミンC は人間の体内で合成できない栄養素ですから
ものすごく重要なのです。

身体に特に良いのは、還元性ビタミンCです!

そして、ビタミンB1や酵素などは加熱に弱いそうですが、
その他のビタミンや食物繊維、ミネラルは熱に強いのだそうです。


更に、もっと面白い情報があります。
この続きは、メルマガ第53号に書くことにします。







お知らせ

8月10日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第52号

活性酸素を大量発生させガンを発症させる
最大の真犯人はリッキーガット症候群!


今回のメルマガから、全て、メルマガホームページより配信します。
完全移行すると、従来のブログ記事URLを送信する手法は無くなります。
そして、ブログの過去記事に埋め込まれたメルマガ記事は
段階的に削除していく予定です。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



★メルマガ第1号~ガンの本質と生還
★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】
★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】
★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」
★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』
★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』


★メルマガ第6号『白血病について』
         〇生還の為に知っておくべきこと!
        〇『白血病について』~重要資料
★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足
★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』
★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』


★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』
★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者
★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ15号 決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?
★メルマガ第16号 東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光


★メルマガ第17号 勇気を失うことはすべてを失うことである。
★メルマガ第18号 がん細胞のボディーガードを光で死滅させる画期的技術を世界に発表!
★メルマガ第19号 高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!
★メルマガ第20号 もしもの危機の時の準備を!
 〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。
★メルマガ第21号 家のローンの変動金利があなたを破産させます!
★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器 機械から、マイナスの電子を
体内に注入出来れば、結果としてマイナスイオンが体内で発生します。
★メルマガ第23号 『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』
★メルマガ第25号 『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』
★メルマガ第26号 『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』
★メルマガ第27号 『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】
★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』
★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】
★メルマガ第30号 『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』
★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!
★メルマガ第32号『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』
★メルマガ第33号 『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
 〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!
★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】
★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!
★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!
★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!
★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!
★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』
★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!
★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?
★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!
★メルマガ第46号
我々は、40万人のガン患者を救える治療法を見つけることが出来るだろうか!?
★メルマガ第47号 【高濃度ビタミンC点滴療法の真実】
★メルマガ第48号 何故〜甲状腺ガンが全国で増えているのか!?
★メルマガ第49号
女性ガン死亡者数第1位(男性第3位)は〜『大腸ガン!』〜その予防法
★メルマガ第50号
癌細胞は、体内の重水素(トリチウム)と活性酸素に起因して大増殖する!
★メルマガ第51号
決して誰も書かない川島なお美さんの死の真相とは!?












. Facebook ~ 本格的な情報統制が始まった!

Facebook
~ 本格的な情報統制が始まった!







フェイスブックのシェア

8月15日の記事⇒ 0

8月12日の記事⇒ 9

8月10日の記事⇒ 10

8月 8日の記事⇒ 11

8月 6日の記事⇒ 17


8月16日、21時の時点


管理人

以前、私が記事を公開して3日経って、
フェイスブックのシェアが3千を超えていた時がありました。
それから数日して、また見てみると・・何と、ゼロになっていました。

2015年から2016年にかけて、私の人気記事は、
フェイスブックのシェアが、数千から数万くらいありましたが
2016年のある時期から、このシェアが激減し始めました。

特に、ここ最近は酷いものです。
毎日、10前後なんて、到底、有り得ません。
これは、6年前のレベルです。
6年前と比べて、今のアクセスは7倍から10倍に上がっています。
しかも、8月15日の記事は、なんと ゼロ です。

ですから、おかしいと誰もが思うはずです。

フェイスブックで、拡散した私の関連記事をクリックすると・・

このページはご利用出来ません
~リンクに問題があるか、
ページが削除された可能性があります。


何度も、以上のような表示が出てきます。
繰り返すと、やっと表示されるようになりますが・・・。

闇の管理人は、気づいたのでしょう。
私の記事の一番の拡散ツールがフェイスブックであることを。
これを封じれば、記事が大きく拡散されることは無い。

何故、妨害されるのか!? 

これは、極めてはっきりしています。
私が権力者にとって限りなく、
極めて不都合な真実に近いものを書いているからです。
それ以外に、理由は考えられません。

皆さんも、静かに眺めていてください。
真相究明者は、このようにして潰されていくのだという過程を・・・

私の個人メールアドレスに、時々、フェイスブックとツイッターに

他の県からの侵入アクセスがありました。
これは、あなたご自身で間違いないですか?

こういったメールが何度もきます。
ここ最近では、他県からアクセスしたことはありません。

何かを細工をされている可能性が非常に高い。


皆さんに、是非、覚えておいて欲しいことがあります。

過去の史実の大半が改竄されたものであるということ。
特に、天皇に関する史実は改竄だらけ、ウソだらけです。

何故か・・・!?
戦争の真相を知られたくないからです。
過去にあった事実を知られたくないからです。

真相究明者のところに現れてくるのは、
そのほとんどが、在日カルト工作員です。


私は、今日、珍しくコメントに返信しました。

15 Re:無題

>フルーツさんに返信

>天皇を悪に見立てる人はたいてい朝鮮系みたいですが・・・

逆じゃないですか。
天皇崇拝を標榜する国粋右翼のほとんどが、朝鮮人・韓国人なのは誰もが知る事実。

戦前・戦中・戦後の史実の多くが改竄されまくっています。
また、ウソのプロパガンダ記事も無数に流布されています。
ネットの情報の9割を支配しているのは、日本を支配するカルトの連中。
そんなものばかりを引用することのバカバカしさに気づくべきです。

戦争の真相を調べて行くと、大抵、天皇につきあたる。
だから、避けては通れないのです。
好き嫌いとは全く関係ないし、利害も関係ない。

真相を知らずして、未来を語れようか!?



『光軍の戦士たち』

2017-08-16 21:00:05


~ 引用終わり ~



管理人

先ず始めに・・・私は、
民族差別を元にした民族排外主義にずっと一貫して反対してきた人間です。
しかしながら、この問題は全く別の次元の問題です。

日本は、イルミナティによって支配された国です。
その国で、真相を究明しようとしたら、やって来るのは工作員。
その工作員は、イルミナティの手先になっている在日カルト工作員。

そして、非難中傷する時に使う手口が、相手を在日カルト扱いにすること。
しかし、真相は・・言っている本人こそが在日カルトの人間である可能性が高い。
在日を口にすると、日本人に差別と敵対感情が芽生えます。
これもまた、目的の一つです。
イルミナティにとって、ずっと敵対していて欲しい関係なのです。

つまり、攻撃と敵愾心扇動の両方を同時に仕事している訳です。

彼らは、天皇の名誉を護るといった大義名分のもとに攻撃してきます。
しかし、真の目的は・・恐るべき日本の闇を隠すのが本当の目的です。

最近の工作員は、実に巧妙化しています。
普段は、案外、まともな記事を書いてたりします。

反安倍だったり、反戦平和だったり、反原発だったりします。
私はあなたたちの仲間ですよといった顔でブログをやっています。
ところが、天皇に関わる問題になると急変して姿を現します。


一例を取り上げましょう。

同時多発テロはヤラセだよ!のサイトより

カレイドに続き、やっぱり!怪しかった
「wantonのブログ」は邪悪な在日か?
〜奴等にいいように利用されてた日本人は恥を知れ!!
&昭和天皇発言の真相は

http://insidejobjp.blogspot.jp/2016/05/wanton.html


先ずもって、記事の題名に、私のことを『邪悪な在日か?』・・と書かれています。
非常に卑怯です。
疑問符をつけて、断定はしていないと言い逃れ出来るようにしています。

もう、この時点でアウトです。
法的には、名誉毀損に該当します。
私が純粋な日本人であることは、既に、多くの人の知る事実です。

この人物は、人を誹謗中傷する内容をそのまま記事の題名にしています。
しかも、その内容は確かめもしていないデマだと断言出来るものです。
この時点で、ブログとしての信用度はゼロです。

このサイトの人物が、自分の氏素性を明らかにした上で、
私に、在日でないことを証明しろと言われれば、
直ぐにでも、変更記録のない真っ白な戸籍をブログで公開するつもりです。
私の実名は、フェイスブックやメルマガで知れ渡っていますから、
それが、私の名前の戸籍に間違いないと確認出来ます。

その代わりとして、デマを飛ばした責任をとってもらい、
ブログにおいて謝罪を求めます。
そして、謝罪後1週間以内に、ブログを完全閉鎖してもらいます。
当然でしょう。

デマを飛ばすブログには、消えてもらったほうが世の為です。
記事の題名からしてデマですが、
私の記事の内容にも、あれこれ難癖をつけています。


そして、あろうことか、記事の終わりのほうで・・・

こうして色々見てきて、昭和天皇とは 持って生まれた自分の職を
もちろん自分なりの考えではあろうけれども
至極まじめに まっとうに務め上げた方ではなかったかと思います。



思わず絶句しました。
戦争で、少なくとも日本人は310万人の人間が死んでいるのです。
巻き添えで死んだアジア人は、その何倍にも上ります。

昭和天皇は、大日本帝国の最高責任者であったことに疑いの余地はありません。
にもかかわらず、何の罪にも問われていません。
広島・長崎では、天皇家を中心とした赤十字は、生き残った被爆者を
全く治療せずに放置したのです。
そして、死ぬと解剖し、その人体実験の調査結果をアメリカに報告しただけでした。


有名な保守右翼の女性から寄せられたコメントを編集した記事です。

「ヒロシマ原爆投下前の極秘周到作戦 ■ 原発マフィアと日本赤十字」
https://ameblo.jp/64152966/entry-10928137342.html

■ 原発マフィア

どんな重大事故が起ころうとも継続中でも、彼らには関係ないようです。
先月下旬、原発を推進しなきゃダメでしょう、電気がないと話にならないでしょう、
とニヤニヤ笑うブヨブヨ太った黒いスーツ姿の関連団体が、NHKの特集番組で
インタビューに答え、番組ではさも正論のように取り上げていました。

原発マフィアたちのことは、鬼塚英昭さんの本、
黒い絆 ロスチャイルドと原発マフィア に詳しいです。
この本、衝撃的なことが書いてあります。

広島の原爆投下をあらかじめ天皇は知っていて、
軍を通じて老若男女さまざまな年齢の人間をなるべく多く被曝させるために
広島市に集めさせたとあります。

ジュノー?というひとりの医師が惨状に胸を痛め、日赤(皇室がトップ)を通じて、
広島長崎に薬を送ろうとしたら、薬はいりませんと拒否され、被爆者は放置された。

原発マフィアの調査は被曝者を観察するだけで治療をしないのは以前から
知ってましたが、なんと、彼らは被爆者が死ぬとやってきて死体から血を抜き、
それで薬をつくった。

10万人の血液から作った薬で、
スリーマイル島の事故のときにその薬を使ったそうです。
このように、原発マフィアにとっては、事故が起きればその事故によって、
新たに医療や医薬品で潤うからまったく困らない。

福島の原子力健康アドバイザーになった山下俊一教授が、教鞭をとる大学で、
福島ではいくらでもサンプルが取り放題、絶好の研究のチャンスだと、
学生に言ったそうです。

チェルノブイリでやってきたのは、どうも治療じゃなかったようです。
一部の人は(一部でなく?多くの人は?)、長年の研究者が言ってるんだから
100ミリシーベルト、いや150ミリシーベルトまでは浴びても大丈夫だ。

危険などと言ってこの山下教授の解任を求めているグリンピースは頭がおかしい!
と主張しています。
私はグリンピースの活動をすべて支持する者ではありませんが、
放射能の件については、政府が隠していることを出してくれてるので、
その点は評価します。

おかしな巨大地震が起こってから、調べてみると、
これまで信じてきたことの多くが、反証があることにビックリです。


~ 引用終わり ~


更に、天皇は信じられないような天文学的な財産と金塊を
敗戦前にスイスに移したことが報告されています。
満州から脱出する婦女子や子供を乗せる為に必要だった船をその為に使った。

それ故、暴行されて多くの死者が出ただけではなく、かろうじて帰国出来た
婦女子のほとんどがレイプされて妊娠していたと報告されています。
その上・・・
日本では、ものすごい数の子供が餓死していたというのに・・・。

戦争で浮浪児になった子の証言・浮浪児狩り
http://waiwai3.exblog.jp/23142606/

莫大な財産を持ちながら、
天皇は、この子供たちのたった一人も救うことはしなかった。
満州の婦女子や子供を救うよりも、自分の財産のほうが大事だった。

昭和天皇とは 持って生まれた自分の職を 
至極まじめに まっとうに務め上げた方ではなかったかと思います。


・・・だって。
あまりにも酷くて・・・言葉になりません。
くそカルト意外に、こんな言葉は出て来んだろう!!!

こんな人物が、私のことを『邪悪な在日か?』・・と
偉そうに、デマを流しているのです。




『ヒロヒト・ファイルとホイットニー文書~当時の筆記録はウソをつかない!』
https://ameblo.jp/64152966/entry-12163681200.html

2016年5月24日の私の記事です。
今見てみると、やはり、
フェイスブックのシェアが ゼロ になっています。

やられましたね。 \(*`∧´)/
余程、都合の悪い記事だったのでしょう。

同時多発テロはヤラセだよ!~氏は、
この記事にコメントしたものを私が公開しなかったことを怒っている
訳ですが、工作員の臭いのするものは、直ぐに削除するようにして
いますので、仕方無いでしょう。


皆さん、お分かりでしょう。
フェイスブックのシェアがゼロ・・・怪しい人物の来訪。
そして、デマ確定題名記事の公開。
み~んな、つながっていることがご理解いただけると思います。

この『ヒロヒト・ファイルとホイットニー文書』の出典元ですが、
全学共斗会議から出ています。
誰しも、過激派を連想するでしょう。
このようにして、文書の信憑性を意図的に落としている疑いが濃厚です。


本物黒酒‏ さんからいただいた情報より

この出典は国会図書館の資料番号や資料名が記されていますが、
その番号は、全く異なるホイットニー文書です。
➡国会図書館 上から4番目の資料
http://www.ndl.go.jp/constitution/shiryo/03/098shoshi.html






全学共斗会議は、出典を偽っていたことがわかります。
なぜならホイットニー文書の中でも、マッカーサーと裕仁の会談の議事録の中で、
裕仁の問題発言のあったのは1970年中頃だからです。
このツイートの出典のイタリアの大学の本に記されています
https://twitter.com/honest_kuroki/status/735148256120823812

またWhitney's papers の全文は、
批評アジア研究の専門誌に掲載があります。➡p22,23
http://criticalasianstudies.org/assets/files/bcas/v31n04.pdf

なお、批評アジア研究の専門誌が掲載しているWhitney's papers の全文と、
全学共斗会議が掲載しているホイットニー文書が同じかどうかは、
照らし合わせていないので、わかりません。

もし、全学共斗会議の英文と、Whitney's papers が同じなら、
出典先を批評アジア研究の専門誌p22,23
http://criticalasianstudies.org/assets/files/bcas/v31n04.pdf
として、全学共斗会議の日本語訳をちょうだいして、
あなた(私)のブログに掲載したらいいと思います。
出典をあえて摩り替えるのは全学共斗会議を騙る悪質な意図が覗えますので。


~ 引用終わり ~








ホイットニー文書の信憑性を全学共斗会議~過激派とリンクさせて貶める。

同じ様な話を思い出しました。

【中編】 恐るべき○○○軍事極秘ファイル
http://ameblo.jp/64152966/entry-10987403848.html

OSS地震兵器機密文書を暴露し『日本の皆さん!阪神大震災は
米軍による日本経済を弱らせるための地震兵器による攻撃だった。
近い将来、ヤツ等はさらに第二、第三と日本本土に地震攻撃をし
かけてくるだろう!』と警告を発し続けたJoe Vialls(ジョー・ヴィアリス)氏
のメッセージを日本のマスコミや指導者層は、キチガイ扱いし、嘲笑し、
無視黙殺を続けた。

そして迎えた今回の東日本大震災。
彼の口を封殺するためか、何者かによって彼は暗殺されてしまい、
彼のサイトも閉鎖された。
現在は同じアドレスで女性ヌードサイトが出てくる。

彼の名を貶め、彼の発言の信憑性を無くす意図が読み取れる。
わざわざドメイン名はそのままにして、
内容をそっくり全てポルノサイトに変えてしまうとは、
何と手の込んだことをするものだ。


~ 引用終わり ~













. 8月15日は終戦記念日~戦争している国同士のトップがみんなイルミナティの仲間だった!

8月15日は終戦記念日
~戦争している国同士のトップが
みんなイルミナティの仲間だった!








日本は明治維新から
既にイルミナティ傀儡国家だった!



管理人

今日、8月15日は終戦記念日とされていますが、
多くの日本人が、戦争の真相についてほとんど教えられていません。
かねてより、我々は、その真相により近づくべきであると考えて来ました。
123便撃墜事件もそうですが、巷に出回っている記事のほとんどが
ウソで塗り固められた捏造されたものばかりです。

その真相を出来るだけ若い人に伝えるべき時だと・・
以前より、ずっと思い続けてきました。
でなければ、全く同じ道を歩んでしまうのは火を見るよりも明らかです。


先ず最初に、明治維新とは、海外イルミナティと在日本朝鮮部落が呼応した
日本乗っ取りクーデターであったという事実。
これについては、もう既に、多くの人が知っていると思います。
日本と天皇家が乗っ取られたとの記述を多く目にします。

日本人が知らない本当の歴史~良い子の為の歴史講座
http://ameblo.jp/64152966/entry-11248829285.html

日本と天皇家が乗っ取られた事実に気づいた西郷隆盛は、
韓国や中国に決起と連帯を呼びかけて、海外イルミナティに対抗しようと
動き出したが、イルミナティの日本勢力によって滅ぼされたとあります。
歴史の教科書に出て来る『征韓論』なるものは、全くの作り話でしょうか?

明治維新政府の要人のほとんどが、在日本朝鮮部落~田布施の出身です。
今の安部や小泉は、その末裔ってことなんでしょう。

明治維新より、日本はずっとイルミナティによって占領された国だったようです。
それは、太平洋戦争の時も、全く構図は同じです。
この事を真に理解しなければ、捏造プロパガンダをずっと信じ続け、
全くトンチンカンでお粗末な議論に終始することになるでしょう。



太平洋戦争前後から今日に到るまでの概要を知るには、
フリーメーソン・イルミナティと思しき人物が書いた記事が大変参考になります。
このかなり膨大な記事を全て検証しようとしたら、何年もかかってしまうので、
全てが事実とは限りませんし、正しいとも云えません。
しかし、史実に基づいたものが多々あり大いに参考になることだけは確かです。

「ロックフェラー 対 ロスチャイルド」説の研究
  ~ アメリカとイギリスの対決の歴史 ~

http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_he/a6fhe600.html

ごく単純化して言えば、戦前日本の《政友会 対 民政党》の二大政党制とは、
《米ロックフェラー 対 英ロスチャイルド》の日本における代理戦争だったのである。
現代アメリカ政治との比較でいえば、「共和党=政友会」「民主党=民政党」の
イメージもわいてくる。

このようにして初めて、政友会の田中積極外交と民政党の幣原協調外交の
国際関係における深い意味も分かってくるであろう。
そして、このような国際関係の視座から見ると、
戦前の政治史・経済史の本質もまったく異なった相貌を見せてくる。







悪魔(ユダヤ)からの最後通告
 ~ 混迷日本にとどめを刺せ

http://ameblo.jp/64152966/entry-11370188919.html 

~ 一部引用 ~

日本ではこの重要6ポストがフリーメーソン

日本では戦後連綿として首相、外務大臣、大蔵大臣(財務大臣)、
文部大臣(文部科学大臣)、防衛庁長官、日銀総裁の6ポストは
フリーメーソンまたは無能で都合のよい人材によって占められてきた。

日本が罠にはめられて戦争を始めざるを得ず、しかもその戦争を
指導した軍部や政府の中枢がユダヤ・フリーメーソンであり、
最初から日本が負けることを想定し、負けるために多くの作戦行動
を行ない、意図的に途方もない犠牲者を出し、敗北したあと、
戦争を忌み嫌う国民に「平和憲法」を押しつけ、
戦後の日本を軍事的に無力化することが目的であった。


「日本が太平洋戦争に敗北することがあらかじめ予定されていた」

という事実を証明する出来事がある。

上野の東京国立博物館理事長の奥村英雄氏は、
日本がアメリカと戦争を始める前に、
つまり、真珠湾攻撃をするはるか前 に、
日本政府のある筋から、

東京はやがて空襲される ので、
あらかじめ博物館内の貴重な展示品を
全国各地に疎開させておくよう指示され、
奈良や東北地方に移動させたことを証言している。


日本の歴代首相、外務大臣、大蔵大臣、文部大臣、

防衛庁長官、日銀総裁などのポストは

すべて秘密組織のエージェントでなければ

座ることができない。



~ 引用終わり ~



二・二六事件の真相~昭和11年のクーデター
https://ameblo.jp/64152966/entry-11467513564.html

昭和天皇が、1938年12月ですから大戦が一年前、
これは木戸幸一の日記に出てきます。
木戸幸一にこういうことを言っています
「もう世界大戦は始まる。
そして最後に勝つのはソ連とアメリカで、
他の国は全部潰される。日本も同じように潰される。
だけど日本人は臥薪嘗胆して質実剛健を維持すれば、
10年後には復活する」と。

これは見事に予言的中しているわけですよ。
その一年後に第二次世界大戦が始まります。
真珠湾攻撃をちょうど一年後にやります。
10年後というのはちょうど講和条約の時です。
だから考えようによっては、昭和天皇だけが日本のストーリイを
全部知っていたんじゃないか、ということになりませんか? 
僕はそう思います。

で、戦争が始まる一年前に近衛が天皇に面会を申し込みます。
天皇は拒否します。それで近衛が木戸に会います。
これもまた木戸日記にちゃんと書いてます。
近衛はどういうことを言ったかと。

「お前は天皇に言え。いいか。海軍は二年しか石油がない、
戦争をすれば一年半持てばいいけど、まあ一年で終わる。
陸軍は石油を一年分しか持ってない。
この状態で戦争が出来るわけはない」と嘆いて木戸の許を去ります。
木戸日記に書いてあります「俺もそう思う。戦争すれば負けるワイ」。
これは木戸日記にはっきり書いてあります。

ところが実際は戦争は4年も5年も続いたじゃないですか。
石油のない時代は、最後の一年間くらいは石油が尽きたけど、
石油はあったんですよある程度。みなさんもご存知のように、
ガダルカナルや何とかでいっぱい負けますけど、
やっぱりあれは石油があったんですよ。
なぜ石油があったか考えてみたことありますか。
これはですね、戦争の時にアメリカが「日本には石油は売らない」。

ところが「パナマ国籍の船ならば油を積んでいって日本に売っても、
これは自分たちは攻撃できない」という理屈で、
日本に石油を間接的に売るわけです。本当なんです。
三菱が作った『昭和通商』という会社がそれを引き受ける。
『昭和通商』と三菱は同じです。それではマズイというので
『日本水産』(注 白洲次郎は取締役)という会社が代行するわけです。
魚を運ぶということではなくて、魚の代わりに石油をパナマ国籍から
もらって持って帰るので、戦争は長びくわけです。


ー中略-

その裏に見え隠れするのは、

木戸よ、このようにして日本を導かなければ、
天皇一族の運命が風前の灯となるのだよ。
お前も協力してくれ


との天皇の哀訴である。



管理人

今の平成天皇からは、あまり悪い噂は聞こえてきませんが、しかし、
昭和天皇に関しては、悪い噂がいっぱい出て来ます。

必見 

イルミナティとの合作の戦争ビジネスと人身売買ビジネス。
http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-entry-686.html

太平洋戦争当時、天皇、軍部、政治家の間で行われる重要な御前会議の内容は、
次の日には、アメリカやイギリスには筒抜けであったと云われています。

驚くべきことに・・・
太平洋戦争当時から、昭和天皇はイギリスの陸軍元帥、陸軍大将であったという事実。
これは、イギリスの官報にしっかりと記録されています。
イギリスは連合国側であり、大日本帝国の・・まさに敵国だった訳です。
おまけに、ガーター勲章まで授与されています。

人によっては、これは名誉職だと言う人もいますが、そうではなく・・・
これ等の称号は、イルミナティの人間でなければ、決して与えられない
最高の称号であるというのが真相です。

イルミナティですよ・・・皆さん。
日本人を殺害したり、一番苦しめている連中です。
つまり、世界の主要国のトップは、ほとんどが、みんなイルミナティな訳です。

ヨーロッパは、イルミナティの発祥の地ですし、
アメリカは、イルミナティに占拠された国家です。

先頃、プーチン大統領も暴露していますが、ソビエト連邦発足当時、
政権幹部の8割が、ユダヤ・フリーメーソン・イルミナティであると話しています。

そして、当時の中国共産党は、片田舎の弱小政治団体に過ぎなかったが・・・
イルミナティから莫大な資金提供と武器供与を受けていたこと。

大量虐殺を行った歴史上の支配者【ランキング】
https://matome.naver.jp/odai/2135649887103563901

■ 第1位 毛沢東 (中国) 7,800万人

■ 第2位 ヨシフ・スターリン (ソ連) 2,300万人

■ 第3位 アドルフ・ヒトラー (ドイツ) 1,700万人

■ 第4位 レオポルド2世 (ベルギー) 1,500万人


毛沢東もスターリンも、世界の人口削減に多大な貢献をしています。
アドルフ・ヒトラーも、イルミナティのヒモ付きだと云われています。
レオポルド2世も間違いなくそうでしょう。

世界の人口削減は、イルミナティの最大のアジェンダの一つです。
そのような視点から見ますと、全てに合点がいきます。

驚きを通り越して、何と表現すればいいのか・・・

大きな戦争をしている国のトップが、み---んな、イルミナティだった。

アメリカ、ソ連、中国、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、日本・・・


プロレスの八百長どころの話じゃない!

み---んな、イルミナティの仲間だった。




重要関連記事

『私の息子たちが望まなければ、戦争が起きることはありません』 
https://ameblo.jp/64152966/entry-11226322486.html

戦争で浮浪児になった子の証言・浮浪児狩り
http://waiwai3.exblog.jp/23142606/


ユダヤ系財閥、ロスチャイルド5兄弟の母グートレ・シュナッパーの言葉





お知らせ

8月10日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第52号

活性酸素を大量発生させガンを発症させる
最大の真犯人はリッキーガット症候群!


今回のメルマガから、全て、メルマガホームページより配信します。
完全移行すると、従来のブログ記事URLを送信する手法は無くなります。
そして、ブログの過去記事に埋め込まれたメルマガ記事は
段階的に削除していく予定です。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



★メルマガ第1号~ガンの本質と生還
★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】
★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】
★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」
★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』
★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』


★メルマガ第6号『白血病について』
         〇生還の為に知っておくべきこと!
        〇『白血病について』~重要資料
★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足
★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』
★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』


★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』
★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者
★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ15号 決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?
★メルマガ第16号 東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光


★メルマガ第17号 勇気を失うことはすべてを失うことである。
★メルマガ第18号 がん細胞のボディーガードを光で死滅させる画期的技術を世界に発表!
★メルマガ第19号 高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!
★メルマガ第20号 もしもの危機の時の準備を!
 〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。
★メルマガ第21号 家のローンの変動金利があなたを破産させます!
★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器 機械から、マイナスの電子を
体内に注入出来れば、結果としてマイナスイオンが体内で発生します。
★メルマガ第23号 『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』
★メルマガ第25号 『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』
★メルマガ第26号 『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』
★メルマガ第27号 『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】
★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』
★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】
★メルマガ第30号 『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』
★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!
★メルマガ第32号『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』
★メルマガ第33号 『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
 〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!
★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】
★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!
★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!
★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!
★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!
★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』
★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!
★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?
★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!
★メルマガ第46号
我々は、40万人のガン患者を救える治療法を見つけることが出来るだろうか!?
★メルマガ第47号 【高濃度ビタミンC点滴療法の真実】
★メルマガ第48号 何故〜甲状腺ガンが全国で増えているのか!?
★メルマガ第49号
女性ガン死亡者数第1位(男性第3位)は〜『大腸ガン!』〜その予防法
★メルマガ第50号
癌細胞は、体内の重水素(トリチウム)と活性酸素に起因して大増殖する!
★メルマガ第51号
決して誰も書かない川島なお美さんの死の真相とは!?



天皇のための戦争・天皇は内通していた






. JAL123便撃墜(8月12日)から32年目~旅客機が遠隔操縦出来るのは常識です!

JAL123便撃墜(8月12日)から32年目
~旅客機が遠隔操縦出来るのは常識です!












【重要追加説明】 
JAL123便墜落事故の出回っている話はウソばかり

http://ameblo.jp/64152966/entry-12188961780.html

この記事を最初に公開したのは、2012年8月15日でした。
この手の記事としては珍しく、コメントも私のも含め79ありました。
面白いことに、何人もの工作員と思われる人物が、全く同じ内容の
コメントをして来ています。
明らかに、同じ文章をコピーしたものだと分かるものです。


4 無題

はじめまして。
申し訳ないですがこんなトンデモ話を書く目的はなんなのでしょうか?

520人の方が亡くなったこの事故をあまり面白おかしく想作するのは止めて欲しいです。

ボイスレコーダーは公開されましたよ。
ネットでも聞けるはずです。


アキヒロ

2012-08-15 20:45:11


これと全く同じ文面が、他のJAL123便墜落事故の記事に幾つも来ています。
うんざりして、次からは公開せずに削除しました。
今、考えると削除せずに公開すれば良かったと思いました。

問題のボイスレコーダーですが、専門家が調査して、改竄やら編集された
ものであることが明らかになっています。
⇒ http://www.geocities.co.jp/HeartLand/1068/b/cvr_hodo.html

本物のオリジナルの録音記録は、一体どうなったのでしょうか?
恐らく、焼き捨てられた可能性が高いと思われます。

520名という航空機単独の事故としては史上最大の被害者を出したのです。
ボイスレコーダーを改竄~編集するなんて事は絶対に許されるはずがありません。
事故調査委員会がこんなことをやっているのですから、
出て来た情報を全て信じろというほうが無理な相談です。


皆さん、ボイスレコーダーを改竄~編集する目的は一体何でしょうか?
そうですね、・・・真犯人を覆い隠す為です。
日本国政府と事故調査委員会がそれを実行しました。
日本国政府にそれをやらせられる相手はたった一つしかありません。
アメリカと米軍です。
少し考えれば、簡単に分かるのではありませんか。
つまり、米軍が実行犯という答えしか出て来ないのです。

ボ―イング社は、CIAという巨大組織の傘下にあります。
今現在、ボ―イング機には遠隔操縦システムが組み込まれているのは
公然たる事実ですが、CIAの指示のもとに、そういった特別装置を
作らされていると私は考えています。
当時のJAL123便にも、その特別装置が使われたと私は考えます。

幾ら、機長が頑張ってもどうにもならないのですよ。
皆さん、ちまたに出ている写真なども全て疑ってください。
ボイスレコーダーでさえも改竄されているのですから、
あれやこれや、他のものも全て疑うべきです。
彼らは、辻褄が合うように何でも簡単に加工出来ます。
彼らCIAは、戦前~戦中~戦後・・・
世界のいたるところで、こんなことばかりやって来たのです。

JAL123便撃墜事件から、もう32年目だろう・・・
もういい加減止めにしようぜと思われる人もいるでしょう。
とんでもない!
また起こりますよ。
いや、既に、起こされています。

マレーシアの旅客機が、立て続けに行方不明になりました。
撃墜する必要さえもない。
遠隔操縦で、海に墜落させられたのでしょう。
アジアで、TPPに一番反対していたのは、他ならぬマレーシアでした。

今、北朝鮮とアメリカがガタガタやっています。
朝鮮半島付近を通過する旅客機には、当分、乗らないほうがいいでしょう。
南シナ海で中国と緊張関係が激化したら、その付近を通過する旅客機には、
やはり、乗らないほうがいいです。
これは、当たり前の常識であり自己防衛のセオリーです。

旅客機が遠隔操縦出来るなら、当然、戦争をおっぱじめる為の道具に
使うのは、火をみるようも明らかです。
あとは、北朝鮮がやった、中国がやったと・・・
支配しているメディアを使って、連日のように流せば、
疑う人なんてほとんどいないでしょう。

それは陰謀論じゃないかって・・・
陰謀論でもなんでもありません。
戦後、CIAはこのような秘密軍事作戦をそれこそ、何百回となく
ずっと一貫してやって来たのですから、陰謀論などではなく常識の範疇の話です。
あなたが本気で調べたら、腐るほど出て来ます。

アメリカは、戦争をしないと軍需産業が成り立っていきません。
軍需産業は、米国の産業の4割を占めています。
戦争は、日本の道路工事と同じで、アメリカの公共事業なんです。

アメリカ元大統領のブッシュは、他国の首脳会談との会話の中で、
はっきりと明言しています。

「景気回復の決め手は・・戦争だ!」

こういったアメリカのしもべが、日本の政治家なんです。
また、いう事を聞く政治家でないと、決して、閣僚にはなれません。
稲田防衛大臣も、アメリカがクビにしろと言ったからクビになったのです。

日本の中で、上にいけばいくほどバカが出てくるというのは本当の話です。
バカで腐ったカルトのガラクタしか出て来んのですよ。
だから、いつも問題ばかり起こしているでしょ。
逆に、聡明で愛国心のある政治家は消されていくのです。

私が、あまり政治の記事を書きたくないのは、
あまりにもバカバカしいからです。
まともに論じる気にもならない。


一番真相に迫っている記事は、多分、以下の記事。

JAL123便墜落事故の真犯人と
その恐るべき全貌がほぼ明らかになった!

http://ameblo.jp/64152966/entry-12188961780.html


上の記事で一番重要なポイントは、ボイスレコーダーの解析にありました。
その動画が、もう消されているよ。
大変重要だったんです、あの動画は・・・

日航機墜落事故・・で検索すると、
私の人気記事が一切出て来ません。
皆さんも、試しにやってみて下さい。
20ページまで開いてみたけど、私の記事は皆無でした。
いずれの記事も、累積5万以上のアクセスがあった人気記事なのに・・・
あまり見たこともないような人気のないブログ記事だけは、たくさん出ていました。



日航機墜落事故で亡くなった人の遺書とメモ書き
http://ameblo.jp/64152966/entry-10787906634.html





私は、日航機墜落事故で亡くなった人の遺書とメモ書きを見るたびに、
無念なお心が伝わってきて、頭から離れません。
今でも尚、心が大きく揺らぎます。
決して、風化させてはいけないと思います。

JAL123便は、離陸してしばらくして、墜落することが確定しました。
前方と後方の車輪が、時限装置で爆破されたからです。
戦闘機にミサイルを打ち込まれる前に、墜落の運命は既に決まっていたのです。

遠隔操縦で、御巣鷹の尾根まで誘導されて撃墜された。
撃墜したのは、米軍機です。

墜落して最初に到着したのは、撃墜の証拠を隠滅する目的でやって来た
日本人の顔をした外人特殊部隊。
その証拠隠滅作戦を見られた為に、墜落して尚、生き残った数十人の
乗客たちは、無残にも殺された。
生き残った人は、その時、気絶していて死んでいると思われたのだろう。
苦しいうなり声を上げていた人は、みんな消された。

未明になって・・その次にやって来たのが、本当の自衛隊の捜索~救助部隊。
生還した川上慶子さんの話は、まぎれもなく真実を語っていたのだ。
川上慶子さんの話は、永遠に記録し記憶に止めるべきであると思います。

この事故(事件?)の1年後から多くの航空自衛官が自殺に
見せかけられて殺されているようです。
恐らく、真実を知り得て告発しようとしたのかもしれません。

この頃より、自衛官や警察官の自殺が多発しています。
その中の半分以上が・・・
日本人の顔をしたカルトの連中によって粛清されたものと考えられます。
https://plaza.rakuten.co.jp/topsecretx/diary/200802250000/

自衛官は首吊り・・警察官は短銃自殺。
そして、政治家、官僚、ジャーナリストも次々と消されていった。
日本国民は、相変わらずお花畑の頭で何も知らないし無関心のまま。







お知らせ

8月10日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第52号

活性酸素を大量発生させガンを発症させる
最大の真犯人はリッキーガット症候群!


今回のメルマガから、全て、メルマガホームページより配信します。
完全移行すると、従来のブログ記事URLを送信する手法は無くなります。
そして、ブログの過去記事に埋め込まれたメルマガ記事は
段階的に削除していく予定です。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



★メルマガ第1号~ガンの本質と生還
★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】
★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】
★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」
★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』
★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』


★メルマガ第6号『白血病について』
         〇生還の為に知っておくべきこと!
        〇『白血病について』~重要資料
★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足
★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』
★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』


★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』
★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者
★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ15号 決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?
★メルマガ第16号 東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光


★メルマガ第17号 勇気を失うことはすべてを失うことである。
★メルマガ第18号 がん細胞のボディーガードを光で死滅させる画期的技術を世界に発表!
★メルマガ第19号 高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!
★メルマガ第20号 もしもの危機の時の準備を!
 〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。
★メルマガ第21号 家のローンの変動金利があなたを破産させます!
★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器 機械から、マイナスの電子を
体内に注入出来れば、結果としてマイナスイオンが体内で発生します。
★メルマガ第23号 『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』
★メルマガ第25号 『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』
★メルマガ第26号 『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』
★メルマガ第27号 『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】
★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』
★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】
★メルマガ第30号 『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』
★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!
★メルマガ第32号『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』
★メルマガ第33号 『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
 〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!
★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】
★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!
★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!
★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!
★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!
★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』
★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!
★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?
★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!
★メルマガ第46号
我々は、40万人のガン患者を救える治療法を見つけることが出来るだろうか!?
★メルマガ第47号 【高濃度ビタミンC点滴療法の真実】
★メルマガ第48号 何故〜甲状腺ガンが全国で増えているのか!?
★メルマガ第49号
女性ガン死亡者数第1位(男性第3位)は〜『大腸ガン!』〜その予防法
★メルマガ第50号
癌細胞は、体内の重水素(トリチウム)と活性酸素に起因して大増殖する!
★メルマガ第51号
決して誰も書かない川島なお美さんの死の真相とは!?












. 核兵器禁止条約が発効したら~日本は被爆国ではなく核兵器国と呼ばれるから批准しないのだ!

核兵器禁止条約が発効したら
~日本は被爆国ではなく
核兵器国と呼ばれるから批准しないのだ!









「総理 あなたはどこの国の総理ですか
私たちをあなたは見捨てるのですか」


長崎県平和運動センター被爆者連絡協議会の川野浩一議長は、
要望書を手渡す前に、安倍に訴えたが、安倍は無反応。
川野議長は「失礼かと思ったが、ここまで言っても無反応。残念です」と、
憤怒と落胆の表情だった。
https://twitter.com/antifa_osk/status/895273796973633536




被曝者代表の言葉を聞いてる 内閣総理大臣
表情が物語ってる

https://twitter.com/hiromi19610226/status/895107616669548545





長崎市長による長崎平和宣言

「日本政府に訴えます。核兵器のない世界を目指してリーダーシップをとり、
核兵器を持つ国々と持たない国々の橋渡しを努めると明言しているにも関わらず、
核兵器禁止条約の交渉会議にさえ参加しない姿勢を被爆地は到底理解できません」
https://twitter.com/yagainstfascism/status/895106088189665281



2017.08.09.
長崎の真摯なメッセージも安倍首相には届かず!
原爆の日に核兵器禁止条約の署名拒否を宣言した
総理大臣の信じがたい感覚

http://lite-ra.com/2017/08/post-3376.html

 日本政府に訴えます。
核兵器のない世界を目指してリーダーシップをとり、
核兵器を持つ国々と持たない国々の橋渡し役を務めると明言しているにも関わらず、
核兵器禁止条約の交渉会議にさえ参加しない姿勢を、被爆地は到底理解できません。
唯一の戦争被爆国として、核兵器禁止条約への一日も早い参加を目指し、
核の傘に依存する政策の見直しを進めてください

(中略)

しかし、このような声は安倍首相のもとには届いていなかった。
事実、広島での記念式典に続き、長崎でも安倍首相はスピーチのなかで
核兵器禁止条約に触れることはなかった。
そして、長崎の式典後の会見で核兵器禁止条約について
「条約は我が国のアプローチと異なるもの」
「署名、批准を行う考えはない」と突き放した。

唯一の戦争被爆国である日本が国際社会から求められている態度は
火を見るより明らかなはずなのに、
なぜ安倍政権はこのような態度をとり続けるのか。


~ 引用終わり ~
-------------------------------------




なぜ安倍政権はこのような態度をとり続けるのか???


答え

核兵器禁止条約が発効したら~
日本は被爆国ではなく核兵器国と呼ばれるからだ!




核兵器禁止条約が発効したら、
日本は被爆国ではなく核兵器国と呼ばれるから、
日本はこの条約を嫌うのです。

核兵器禁止条約は、1967年より前に核兵器を爆発させた国を「核兵器国」と呼ぶ。
すでに中・露が日本の核兵器爆発を曝露。
https://twitter.com/honest_kuroki/status/862616040945008640


スプートニクより 2013.06.13 , 12:15

ソ連が米国を日本の核攻撃から救った
https://jp.sputniknews.com/japanese.ruvr.ru/2013_06_13/115687091/

1945年8月、ソ連軍の参戦によって、
日本軍が米国に核兵器を使用する可能性が排除された。

1945年8月9日、米国・英国との協定に基づき、ソ連が対日戦争に参加した。
11日、太平洋艦隊およびソ連陸軍が清津港・元山港占領作戦を開始した。
両港の間には咸興(ハムフン)という港町があった。
日本軍はそこで密かに核開発を進めていた。

ソ連軍に研究施設を占拠されることを危惧した将校らは12日、
巨大な金属のコンテナーで核弾頭のサンプルを運び出し、
小型の船艇に載せて漕ぎ出し、沖に出ると間もなく点火、もろとも爆破した。
巨大な爆発であった。

直径1kmの火球が天空に燃えたあと、巨大なきのこ雲が騰がった。
米機B-29が投下した広島原爆と同程度の威力の爆弾であった。
「祖国」作戦の一環で米軍に対して使用される予定であった。
しかし、投下され、炸裂することはなかった。
いわばソ連が米国を日本の核攻撃から救ったのである。


~ 引用終わり ~
-------------------------------------



日本が「核兵器国」と呼ばれることは・・・
世界に大変なセンセーショナルを巻き起こすだろう。

しかし、・・・話はそれで終わらない。

日本の中のごく一部に、
広島原爆と長崎原爆が、大日本帝国の一部の人間による
地上起爆であるとの恐ろしい説がある。

このトンデモ説が、再燃してくるのが最も恐ろしいのである。

8月6日 nanacy さんから寄せられたコメントより

8月6日ということで、以前あったの日本製原爆の話です
そこで地上起爆でなぜ巨大クレーターが出来なかったかという議論で
今更ですが書いておきます
広島原爆はTNT火薬で15キロトン相当の威力でしたか
それだけの火薬を爆発させればクレーターができるはずと考えますが
原爆の場合は火薬と違うのです

地球に向かってくる小惑星に核ミサイルを打ち込んでも何ともないはずです
核爆弾の中で核反応が起こると、まず爆弾はそのままの状態で
無数の目に見えない中性子線が、爆弾の筐体の鉄をすり抜けて飛び出します
それが空気に当ってガンマ線を出し、熱線となって上空から降り注ぐ形です
なので原爆の凄い爆発というのは空気の爆発であって
その後の爆弾の破裂は、ウラン自体は50kg程度のものですから
それがはじけても通常の小型爆弾程度のものでしょう



管理人

例えば、広島原爆はTNT火薬で15キロトン相当の威力といっても、
原爆の凄い爆発というのは空気の爆発であって・・・
その大部分は、熱エネルギーと放射線の照射に変換される。

TNT火薬とは、その中身はまるで違うのである。
中性子爆弾などは、建物を壊さないで中にいる人間にだけ被害を与える。

少し高いコンクリートの建物の屋上で、原爆を起爆させれば、
さほど大きなクレーターは出来ない可能性が高い。

地下の浅いところで核爆発させて地下核実験をした時に、
大きなクレーターが出来た写真を見せて、地上起爆説を否定する人がいるが、
物理学をほとんど理解していないと言えよう。


私もこの地上起爆説を100%信じている訳ではないが、
しかし、調べれば調べるほどに怖ろしくなって来るのである。
投下したとされるエノラ・ゲイは、ただの天候観測機であることが判明している。

そもそも、大日本帝国軍部の一部の人間が知っていたことは確かである。

広島市への原子爆弾投下~8月6日
長崎市への原子爆弾投下~8月9日

投下される場所も日時も知っていたのだ。
しかも、あろうことか、投下される場所に・・より多くの人間を
集めたことは、資料によって100%明らかになっています。

もう、これだけの状況証拠だけでアウトだろう。
真相究明する人間が現れるのは当然ではないだろうか。

そこで、私は資料として残すことにしました。

信じる信じないはともかく、
少なくとも、日本人であるなら・・・
一度は、目を通すべきであると確信する次第です。


其の一.
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者
http://ameblo.jp/64152966/entry-11143487739.html

其の二.
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者
http://ameblo.jp/64152966/entry-11326846042.html

其の三.
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者
http://ameblo.jp/64152966/entry-11162656133.html


~ 一部引用 ~


「原爆は本当に、8時15分に落ちたのか」:中条一雄著:三五館発行

2000年8月発行の同人誌中で、
やはり「広島に原爆が落とされることがわかっていた」と、次のように書いている。

証言1:当時、小生は京大工学部冶金教室の学生でした。
原爆が投下される三ヵ月前の一九四五年五月のある日、冶金教室の主任教授の
主任教授の西村英雄先生に突然呼び出されました。
先生によると、アメリカの学会から秘密裡にニュースが先生に送られてきて、
当時の原爆製作を競争していた日本より先にアメリカで成功したというのです。
そして、その第一回現地テストを広島で行う予定が決まった。
できるだけ早く両親を疎開させなさいということでした。

水田さんは西村教授の忠告にしたがって、
両親をすぐに広島近郊の廿日市に疎開させた。
おかげで両親は原爆の被害にあわなくてすんだ。

この西村教授の忠告は、今や想像もできないくらい奇想天外ともいえる秘密情報だが、
水田さんはこう言う。

証言2:西村先生に呼び出された時、先生の横に原子物語の湯川秀樹教授が
座っておられた。
それで、てっきり湯川教授からの秘密情報かと思っていたが、
どうやらそうではないらしい。
西村先生がアメリカとの独自のルートを持っておられたようだ。

独自のルートで考えられるのでは『もはや高地なし』の一節だ。
原爆投下の約半年前の一九四五年初めごろから、一部の米国学者の間から、
「原爆使用反対」の声が出て、その中心になったのがシカゴ大学の冶金研究所だった。

・・・ここで、証言2で、「湯川秀樹」がその場所に居たと云うのは、
話の内容に信憑性を持たせるのに、十分な効果がでている。
「湯川秀樹」は日本製原爆製造の象徴だから、この「秘密情報」を大本営(天皇)に
進言すれば、大本営参謀本部は「国民に避難勧告」を出来た筈である。
それをしないで、一部の優秀な学生を、静岡や京都に避難させていた事は、
湯川秀樹始め、日本の科学者は、一人の例外も無く「極刑」に値する。

更に、大本営参謀本部は、逆に「国民を広島と長崎に集合させて、
広島原爆使用の前日にラジオ放送(NHK)田中館愛橘が、
原爆の講演演説をしているのは何故?」5月に分っていたのなら、
「避難」させるべきだ。
そこが、若木敏夫が爆心地で感じた「広島は実験場」だった、という実感である。

それから、『もはや高地なし』の話だが、アメリカの原爆使用の事なのかな?
マンハッタン計画では、原爆の製造に失敗しているのに、一体どうやったら
「アメリカ製原爆」が使用できるのかね?

B-29はテニアン島から「空気」しか輸送投下できない。
例え原爆が成功しても、当時世界最高の長超距離爆撃機B29でも、
搭載できない代物を、如何やって搭載するのか?
日本全土の展開された、大空襲に参加したB29も「爆弾と乗員と燃料と補助タンク」
を搭載すると離陸出来ないのに、ニトログリセリン以上に危険な「原爆」を搭載して、
離陸して、乱気流に巻き込まれたら、そこで「爆発」して終わりだ。


~ 引用終わり ~
-------------------------------------


管理人

原爆実験に関するものは、
米軍でもトップの人間しか知らないトップシークレット。
まして、原爆が投下される場所や日時に到っては、
合衆国政府や米軍トップの中でも、ほんの一部しか知らない超トップシークレットの事案。

それを外部に漏らすことは、国家反逆罪に問われて間違いなく極刑にさせられる。
その秘密を日本の地方の一主任教授が知っていたと・・一体誰が信じるであろうか!?
だが、事実・・知っていたのである。
絶対に有り得ないだろう!・・・違いますか?

少なくとも、こんな道理も理解出来ない、信じられない人は・・・
漫画喫茶で、漫画でも読んでいたほうがいいと思う。




昭和天皇
「原爆投下はやむをえないことと、私は思ってます。」







お知らせ

8月10日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第52号

活性酸素を大量発生させガンを発症させる
最大の真犯人はリッキーガット症候群!


今回のメルマガから、全て、メルマガホームページより配信します。
完全移行すると、従来のブログ記事URLを送信する手法は無くなります。
そして、ブログの過去記事に埋め込まれたメルマガ記事は
段階的に削除していく予定です。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



★メルマガ第1号~ガンの本質と生還
★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】
★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】
★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」
★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』
★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』


★メルマガ第6号『白血病について』
         〇生還の為に知っておくべきこと!
        〇『白血病について』~重要資料
★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足
★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』
★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』


★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』
★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者
★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ15号 決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?
★メルマガ第16号 東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光


★メルマガ第17号 勇気を失うことはすべてを失うことである。
★メルマガ第18号 がん細胞のボディーガードを光で死滅させる画期的技術を世界に発表!
★メルマガ第19号 高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!
★メルマガ第20号 もしもの危機の時の準備を!
 〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。
★メルマガ第21号 家のローンの変動金利があなたを破産させます!
★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器 機械から、マイナスの電子を
体内に注入出来れば、結果としてマイナスイオンが体内で発生します。
★メルマガ第23号 『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』
★メルマガ第25号 『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』
★メルマガ第26号 『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』
★メルマガ第27号 『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】
★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』
★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】
★メルマガ第30号 『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』
★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!
★メルマガ第32号『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』
★メルマガ第33号 『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
 〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!
★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】
★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!
★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!
★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!
★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!
★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』
★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!
★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?
★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!
★メルマガ第46号
我々は、40万人のガン患者を救える治療法を見つけることが出来るだろうか!?
★メルマガ第47号 【高濃度ビタミンC点滴療法の真実】
★メルマガ第48号 何故〜甲状腺ガンが全国で増えているのか!?
★メルマガ第49号
女性ガン死亡者数第1位(男性第3位)は〜『大腸ガン!』〜その予防法
★メルマガ第50号
癌細胞は、体内の重水素(トリチウム)と活性酸素に起因して大増殖する!
★メルマガ第51号
決して誰も書かない川島なお美さんの死の真相とは!?




日本の真相3 天皇のための戦争・天皇は内通していた








. ベビーパウダーやファンデーションの使用で卵巣がん!~米で約80億円の損害賠償命令~

ベビーパウダーやファンデーションの使用で卵巣がん!
   ~米で約80億円の損害賠償命令~








るいネットさんのサイトより

ベビーパウダーやファンデーションの使用で卵巣がん! 
米で約80億円の損害賠償命令

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=312853&g=131207

~ 転載開始 ~

2月23日、ロイター電は衝撃的なニュースを伝えました。

米ミズーリ州巡回裁判所の陪審は、22日、医薬品・日用品大手メーカー
「ジョンソン・エンド・ジョンソン」(J&J)に対して7200万ドル(約80億円)
の損害賠償支払い命令を出したと報じたのです。

卵巣がんを引き起こす恐れがあると指摘されている成分(タルク)の入った
「ベビーパウダー」などの製品を、警告表示なしに数十年にわたって販売していた
ことに対する損害賠償請求がミズーリ州巡回裁判所だけで約10000件も起こされたのです。

今回、7200万ドルの損害賠償支払い命令が出たのは、長年にわたって同社の
「ベビーパウダー」「シャワートゥシャワー」を使用した結果、卵巣がんで死亡した
女性の家族が起こしていた訴訟でした。
同様の訴訟は、ミズーリ州だけではなくニュージャージー州でも200件起こされています。
 
また、ロイター電は、J&J社の広報担当者の
「われわれは消費者の健康と安全性については十二分の責任をもっており、
裁判の結果には失望している。原告の家族に対しては気の毒に思うが、
化粧品用タルクの安全性は数十年におよぶ科学的証拠によって裏付けられている
と確信している」との、コメントを紹介しています。

日本のメーカーが戦々恐々、ファンデーションや口紅、アイシャドウなどにも
今回のミズーリ州での裁判でJ&Jに賠償支払い命令が出たことは、
他州での裁判にも大きな影響を与えることは必至です。
 
そして、なによりもこの裁判の結果に震撼しているのが
日本の大手トイレタリーメーカーのはずです。
専門家から卵巣がんの原因になる可能性があるとの指摘がある原料のタルクは、
「ベビーパウダー」「白粉(おしろい)」「ファンデーション」「口紅」
「アイシャドウ」「保護クリーム」「フェイスマウス」「パック」など、
広範囲に使用されています。
しかし、タルクの安全性を巡っては日本でも20数年来論議が続いています。
 
タルクは滑石(かっせき)を微粉化したもので、白色顔料として使われています。
また同じ白色顔料の酸化チタンのつや消しにも利用されています。
主成分はケイ酸マグネシウムで、化粧品には古くから白粉用、メイクアップ用の
下地として使われてきた経緯があります。

肌を白く見せる効果のほか、タルクを皮膚に塗ると滑りが良くなり、
吸着力が上がるという効果があります。
そうしたことから、コンドームの潤滑剤にも使用されています。
 
しかし、タルクは「1級発がん物質」に指定されているアスベスト(石綿)と
非常に似た構造式を有しており、性質も極似しています。
粉塵となったアスベストを吸入すると、呼吸器障害の「石綿症」や肺がんを
引き起こす原因になります。潜伏期間は20~50年間という長期間です。

~ 以上転載終了 ~
---------------------------------------------



管理人

ここで重要なポイントは・・・

タルク ≒ アスベスト

つまり、構造式も性質も酷似しているという事実です。

それでは、アスベストがガンをひき起こす仕組みをご説明します。


発ガン物質・・たとえばアスベスト。
これは肺がんや中皮腫の原因とされ,実際,アスベストによる中皮腫が頻発した。

正常細胞がアスベストによってガン細胞になる機序は次のようだ。

アスベストが侵入された正常細胞は,この“異物”を細胞外に排出しようとする。

細胞内の異物は,酸化させると細胞外に出て行く。
細胞内に入った異物を酸化させる仕事,酸化した異物を細胞外に追い出す仕事。
これらの仕事は,細胞内の労働者・ミトコンドリアの仕事だ。

だが,アスベストは酸化しない。
それでもミトコンドリアは,アスベストを酸化させようと,活性酸素を大量生産する。
この細胞内で大量発生した活性酸素が,遺伝子(DNA)を酸化させてしまうのだ。

これは細胞にとっては致命的である。


(引用終わり)
-----------------------------------------


次に・・・今現在、
日本の化粧品にタルクは使用されているのか?・・について調べました。

どうやら、多くの化粧品に使われていることが判明しました。
https://tenkabutu01.com/taruku-gan-kiken

日本の化粧品~ファンデーションの
「その他の成分」の一番はじめにタルクと書かれています。







女性の皆さんが、化粧品を買われる時には、
特に、以下の成分が含まれているかどうか確認して下さい。

● タルク  ドクロ

● 二酸化チタン  ドクロ

● ポルソルベート80  ドクロ



無論、他にも色々とあるかもしれませんが、少なくとも以上の3点が
使われている化粧品は使わないほうがいいと思います。

経皮摂取は、皆さんが考えている以上に、その多くが体内に吸収されるそうです。
ところで、こういった経皮摂取した毒素が、
何故か・・子宮に多く集まるといった事実があるようです。


義母の好転反応 万能酵母液その後4
https://ameblo.jp/aika-t-aika/entry-12239906668.html

皮膚からの作用って凄いんですね。
経口摂取よりも、経皮摂取のほうが伝わりやすいってことは、
ケミカルなものも要注意ってことになりますね。

シャンプー、リンス、カラー剤、化粧品。。。

挙げ出したらきりがないけど、先日のフォロー会ででも言われてましたが、
今の若者の生理痛は、そういったケミカル品(化学的に作られたもの)を
多様に使い過ぎるのが原因の一つだと。

子宮に溜め込んでしまい、生理時にその毒素を出す時に、
塊となって蓄積しているせいで、うまく排泄出来ず、痛みとなってしまうんです。

以前知人が子宮の手術をし、そこからシャンプーリンスの匂いのする不純物が
たくさん出てきたと言ってました。

これはよく聞く話で、そういった方とても多いそうです。


(引用終わり)
-----------------------------------------


最後に・・・

タルクやダイオキシンなどの環境ホルモンといったものは、
今日までの研究で、どうやら脂肪に多く集まるようです。

乳房や子宮には、脂肪が大変多いです。
子宮の脂肪は、子宮を守るための大切なものであり、悪者ではありません。
しかし、その脂肪に悪者が集まってくるのです。

乳がん、子宮ガン、卵巣がんなどの原因になっています。
目下、私はその有害物質をどのようにして体外に排出するかを研究中です。

しかし、先ずは、体内に入れないことです。
女性は、ファンデーションに気をつけること。

そして、
シャンプー、リンス、カラー剤、化粧品・・・
その全てを再点検する必要がありそうです。

当然でしょう。
これ等が、ガンをひき起こしている訳ですから。
しかも、女性は毎日のように化粧する訳ですから、
体内に入る毒物も半端ではないと思われます。

ガンになりたくない人は、今回の記事は必読です。
しかも、首都圏を始めとした東日本は放射能が加算されます。
もう一度、ゆっくり考えてみることをお勧めします。


ベビーパウダーやファンデーションに毒物が混入されていることは、
もしかすると・・偶然ではないかもしれません。
人口削減の一環として、意図してやられている可能性もあります。

● ポルソルベート80 って何だかご存知ですか?

断種剤・・つまり、子供が出来なくなるのです。

政治・経済・司法・・・
今の日本は、その全てをカルトが支配しているので、
いくら訴訟を起こしたって勝てない仕組みになっている事をご存知ですか?

あなたや家族の人を護ってくれる人は誰もいません。
あなたが覚醒して、あなたと家族の人を護るしか、
他に方法は無いのです。
無論、殺人病棟に頼るのも・・あなたの自由です。









お知らせ

7月31日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第51号

決して誰も書かない川島なお美さんの死の真相とは!?


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



★メルマガ第1号~ガンの本質と生還
★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】
★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】
★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」
★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』
★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』


★メルマガ第6号『白血病について』
         〇生還の為に知っておくべきこと!
        〇『白血病について』~重要資料
★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足
★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』
★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』


★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』
★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者
★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ15号 決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?
★メルマガ第16号 東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光


★メルマガ第17号 勇気を失うことはすべてを失うことである。
★メルマガ第18号 がん細胞のボディーガードを光で死滅させる画期的技術を世界に発表!
★メルマガ第19号 高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!
★メルマガ第20号 もしもの危機の時の準備を!
 〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。
★メルマガ第21号 家のローンの変動金利があなたを破産させます!
★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器 機械から、マイナスの電子を
体内に注入出来れば、結果としてマイナスイオンが体内で発生します。
★メルマガ第23号 『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』
★メルマガ第25号 『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』
★メルマガ第26号 『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』
★メルマガ第27号 『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】
★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』
★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】
★メルマガ第30号 『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』
★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!
★メルマガ第32号『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』
★メルマガ第33号 『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
 〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!
★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】
★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!
★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!
★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!
★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!
★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』
★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!
★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?
★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!
★メルマガ第46号
我々は、40万人のガン患者を救える治療法を見つけることが出来るだろうか!?
★メルマガ第47号 【高濃度ビタミンC点滴療法の真実】
★メルマガ第48号 何故〜甲状腺ガンが全国で増えているのか!?
★メルマガ第49号
女性ガン死亡者数第1位(男性第3位)は〜『大腸ガン!』〜その予防法
★メルマガ第50号
癌細胞は、体内の重水素(トリチウム)と活性酸素に起因して大増殖する!










. 米国務省は、すべての米国人は9月1日までに北朝鮮から出国せよとの声明を発表した。

米国務省は、すべての米国人は
9月1日までに北朝鮮から
出国せよとの声明を発表した。








8月3日 フジテレビ系(FNN)

トランプ大統領「戦争になる」
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170803-00000203-fnn-int

アメリカのトランプ大統領が、北朝鮮がICBM(大陸間弾道ミサイル)の開発を
続けるなら、アメリカと戦争になると話していたことがわかった。
これは、アメリカのテレビ番組で、共和党のグラム議員が、
トランプ大統領の話として明らかにしたもの。

それによると、トランプ大統領は、北朝鮮が核を搭載したICBMを保有することを
認めないと強調したうえで、「このまま開発を続けるのであれば、戦争になる」と
述べたという。
そのうえで、トランプ大統領は「戦争があるなら向こうである。
何千人か死んだとしても向こうのことで、アメリカで死ぬわけではない」と
述べたとしている。
朝鮮半島での戦争を念頭にしたものだが、韓国などから反発が出る可能性もある。


関連記事

8月4日のスプートニクより

北朝鮮、半年後にも水爆開発完了か 米メディア
https://jp.sputniknews.com/asia/201708053961502/


--------------------------------------



8月3日のスプートニクより

米国務省、米国人に9月1日までに北朝鮮から出国するよう求める
https://jp.sputniknews.com/politics/201708033953876/

先に米国は、「逮捕や長期拘束の重大なリスク」があるとして、
9月初めから米国人の北朝鮮への渡航を禁止すると発表した。

北朝鮮への渡航または経由を目的に使用された
米国のパスポートは無効になると強調されている。

禁止措置は、延長または短縮されなければ1年間有効となる。

なおジャーナリストや人道支援団体職員、また米国の
「国家安全保障の利益」になる場合の渡航は、適用が免除になるという。

~引用終わり~
-----------------------------------



【韓国崩壊】【北朝鮮】トランプ大統領指示、
朝鮮半島から『米国人は総撤退を開始せよ』最終的事態が開始された模様。
開戦なら3ヵ月の戦闘で100万人の民間人が犠牲に・・・【侍newsチャンネル】






管理人

トランプ大統領は、中国の習近平主席との会談で、

「北朝鮮を何とか黙らせろ。経済封鎖をしてもいいし、
軍隊を出動させても構わない。
その代わりに、南シナ海での活動には目をつむる。」

これは、大変に怖ろしい話です。
もし仮に、中国がトランプ大統領の要請に従がって動いたとしたら、
朝鮮半島有事は現実のものとなるだけではなく・・・

南シナ海における中国と日本の緊張状態は、
戦後、最悪のものとなることは必至です。
しかも、米軍は全くあてにならないとくれば、
日本が独自に大きな動きに出る可能性を示唆しています。

厳密に言えば、無論、裏から指図するのは米国で間違いなく、
日本が中国と極地紛争を起こす可能性が嫌がおうでも高まります。

米国CIAには3つの派閥があると云われており、
その中の一派は、北朝鮮とも通じていると云われています。
日本の中にも、北朝鮮と通じている勢力があります。

つまり、その背景は大変複雑な様相を呈しています。
その背後関係を明確にすることさえ困難です。

一部に、こういった表に出てくる情報はヤラセだろうと言う人もいますが、
確かに、ヤラセの部分も多々あります。
但し、ヤラセの部分があったとしても、現実に戦争が起こされる可能性も
大いに有り得るというのが私の見解です。

背後関係が非常に複雑であるという事実は、
何が起こっても不思議ではないという反証でもある訳です。
なので、いつものヤラセだろうとばかりも言っておられないのです。

トランプ大統領は、北朝鮮を何とか黙らせろ。・・と言っていますが、
しかし同時に、北朝鮮に過激な発言を許したり・・させているのも、
これまた米国CIAの一派なのです。

背後関係が複雑だと、こういうことになるという良い見本です。
これと似たような話を思い出しました。

オウム真理教には、多くの統一協会工作員がもぐりこんでいました。
ところが、ある時期から麻原彰晃が暴走し始めた。
手に負えなくなって、オウムを潰すことにした。
その時から、統一協会CIA工作員は一斉に姿を消した。

北朝鮮とオウム真理教は、その規模において全く違いますが、
私にはどうしてもかぶってしまうのです。

麻原彰晃は、CIAからの情報をある程度、知っていました。
ずっと、CIAの傀儡だったからでしょう。

だから、阪神大震災が起こされる日時と場所を知っていたのです。
地震が起こる10日も前のラジオ番組で予言をしています。
予言などではなく、知っていたのです。

麻原がスカウトされたのは、彼が在日だったからです。
オウムの村井を刺殺したのも在日でした。
こういった組織のほとんどは、在日系の人間が支配しています。
今の日本の主な新興宗教は、ほとんどがソレです。


東京上空333の謎の飛行機雲アートについて 
http://ameblo.jp/64152966/entry-11112786084.html

平成7年1月8日、オウム真理教 の麻原彰晃は
ラジオ放送「エウアンゲリオン・テス・パシレイアス」のなかで、
「1月18日に、直下型の大地震が起こる」と予言していた。
以下その後に印刷されたオウム真理教 の冊子より抜粋。

95年の1月に冥王星が宮を移す--その正確な日付は、1月18日なのである。
こうして『1月18日前後』が危険日として特定された。

更に続けて、地震の発生する場所についての検討が加えられた。
兵庫県--更に限定して『神戸』という地名が飛び出した。
神戸近辺に危険な地点がある。

『一番危険なのは神戸だ』神戸近辺が震源--つまり『神戸で直下型の

大地震がある』と麻原尊師は断定されたのである。

(緊急速報 神戸地震!「この惨事はけいこくされていた!」より)

またオウム真理教 の幹部の村井秀夫は外国人記者クラブで神戸の地震は
地震兵器によるものであると言及し以下のように述べた。

『神戸では地震前に、いくつかの要因がありました。
大規模な建築物(新しい超巨大橋、超高層ビル、港湾施設)、
地震の直前に空に光った(ピンク色の)発光現象、強い電磁気の観測が記録され、
月と太陽の潮汐力が最大となっており、地中からのラジウム放射密度が
上昇してから消えた」と、外国人記者クラブで彼は述べた。

「電磁力を使って地震を活性化させた、あるいは誰かが地中で力を起こす
装置を使ったという強い可能性がある」 』

彼はその後、テレビ放送中に包丁で刺されたが事件当日はなぜか
TBSテレビが犯人を事件が起きるずいぶん前から犯人をテープに収めていた。
あたかも犯行を知っているかのようだった。
しかも犯人が包丁を取り出すところまで写っている。
村井秀夫の最後の言葉は『ユダにやられた』だった。

しかし後に同じく幹部の上祐史浩はを”ユダ”の部分は三文字だと訂正した。
上祐史浩も記者会見やテレビ放送(朝まで生テレビ)において神戸の地震は
地震兵器によるものであると主張していた。

オウム真理教 はイルミナティ の組織の一部だったのだろう。
阪神淡路大震災のことは事前に知らされていたに違いない。
麻原教祖が地震を予言できたのは地震を事前に知っていたからだ。


【村井が消された理由】村井秀夫の語った阪神人工地震




2011年~311人工地震

2月下旬に京大カンニング事件が起きた。
京大の入試問題が「aicezuki」というハンドルネームで
ヤフー知恵袋に投稿された。
中東問題に揺れる中この事件をなぜかメディアは大々的に取り上げた。

「aicezuki」逆から読むと「ikuzecia~いくぜCIA 」になる。
後ほど犯人は東北仙台出身の予備校生だという事が分かる。

「いくぜCIA 」が地震実行の合図で、
東北出身が震源地であると言う暗号である可能性が高い。

そして、カンニング事件が報道されると同時にゼネコン・建築関係の株式の
出来高と株価が軒並み上昇を始めている。
特に犯人が逮捕された日は出来高が急激に上昇している。

佐田建設、東洋建設、世紀東急工業、 熊谷組、三井住友建設、大末建設、
技研興業、東日本ハウス、東海リース 他多数。







お知らせ

7月31日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第51号

決して誰も書かない川島なお美さんの死の真相とは!?


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



★メルマガ第1号~ガンの本質と生還
★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】
★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】
★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」
★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』
★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』


★メルマガ第6号『白血病について』
         〇生還の為に知っておくべきこと!
        〇『白血病について』~重要資料
★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足
★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』
★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』


★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』
★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者
★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ15号 決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?
★メルマガ第16号 東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光


★メルマガ第17号 勇気を失うことはすべてを失うことである。
★メルマガ第18号 がん細胞のボディーガードを光で死滅させる画期的技術を世界に発表!
★メルマガ第19号 高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!
★メルマガ第20号 もしもの危機の時の準備を!
 〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。
★メルマガ第21号 家のローンの変動金利があなたを破産させます!
★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器 機械から、マイナスの電子を
体内に注入出来れば、結果としてマイナスイオンが体内で発生します。
★メルマガ第23号 『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』
★メルマガ第25号 『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』
★メルマガ第26号 『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』
★メルマガ第27号 『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】
★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』
★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】
★メルマガ第30号 『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』
★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!
★メルマガ第32号『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』
★メルマガ第33号 『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
 〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!
★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】
★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!
★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!
★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!
★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!
★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』
★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!
★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?
★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!
★メルマガ第46号
我々は、40万人のガン患者を救える治療法を見つけることが出来るだろうか!?
★メルマガ第47号 【高濃度ビタミンC点滴療法の真実】
★メルマガ第48号 何故〜甲状腺ガンが全国で増えているのか!?
★メルマガ第49号
女性ガン死亡者数第1位(男性第3位)は〜『大腸ガン!』〜その予防法
★メルマガ第50号
癌細胞は、体内の重水素(トリチウム)と活性酸素に起因して大増殖する!











. 安倍改造内閣は「女体盛り一億総活躍担当大臣」起用で活路を開かんと欲す!

安倍改造内閣は
「女体盛り一億総活躍担当大臣」
 起用で活路を開かんと欲す!







https://twitter.com/kininaru2014111/status/893271533753212928


議長ら参加者は旭川中央警察署で事情聴取を受け、
未成年だと知って少女を手配した20代の東京JC会員など
4人が売春防止法違反と北海道青少年保護育成条例違反で逮捕され、
JCから除名処分を受ける結末となった。
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/210730/1


青年会議所(JC)は、毎年京都で総会やってますが、
ホテルにホテヘル嬢連れ込むわ、祇園で乱痴気騒ぎするわで、
はっきり言って日本の恥部です。
未成年女性を裸にした女体盛り云々の話題が出てるけど、奴らならやりかねない。
あれは解体した方が良いと考えます。
https://twitter.com/hitononaka/status/893298629313572864




安倍改造内閣はハレンチ閣僚だらけ!
16歳少女に女体盛り、
北情勢緊迫の中キャバクラ通い、
女性記者セクハラ

http://lite-ra.com/2017/08/post-3361.html

😩 女体盛り一億総活躍担当大臣

😩 ベトナム4P買春官房副長官

😩 ASKA愛人キャバクラ防衛大臣

😩 セクハラ経済再生担当大臣





管理人

女体盛り事件が起こった当時、松山政司氏は日本青年会議所(JC)の
中でもトップの中に居た人物。
会合や懇親会の概要は、当然、事前に報告を受けていたはず。
女体盛り事件の現場に居なかったなどの詭弁は通用しません。

日本青年会議所(JC)に関しては、嫌な思い出があります。
友人とスナックに飲みに行った時のこと。

空いている席に座ろうとしたその時・・・
近くにたむろしていたJCの誰かが、手で
私と友人を追い払うような仕草をして、
『 ここは、JC じゃ! 』・・と大声で言い放ったのである。

止む無く、私と友人は片隅のほうに席を移動しました。
当時、非常に嫌な感じを受けたことを今でも鮮明に覚えています。
俺たちは青年実業家で、お前達とは違うんだといったプライドを
見せ付けるかのように、私たちをゴミ扱いにした。

全てがこのような人間ばかりとは決して言うつもりはありませんが、
しかし、やっている一連の行いや評判を見ると・・・
大体が、ロクな連中ではないなと思われても仕方ありません。

松山政司氏は、その中でもトップにいた人物です。
女体盛りなどは、常日頃からやっていた訳で、
たまたま、表に出て来て問題になっただけのことです。

一事が万事と云いますが・・・
安倍政権に起用される政治家は、大なり小なり、こんな人間ばかりです。

女体盛りなどとは・・・
女性差別の極地と言ってもいいし、品性下劣もはなはだしい。
絶対にあってはいけないことです。

本来、私はこのような下ネタは書きたくもありませんが、
決して許されざる女性差別をスルーする訳にもいきません。
まして、詩織さんへのレイプ事件は絶対に無視は出来ません。

これらは、全て安倍政権の周辺で起こっています。
同時に、それら全てをもみ消そうとしています。
建前だけは綺麗ごとばかりを言いつくろい・・・
やっていることは、まさにゲスの極みではありませんか!


兵頭正俊‏氏のツイートより
https://twitter.com/hyodo_masatoshi/status/893425346044809221

お願いします。
詩織の闘いを支えるのは、まず忘却との闘いです。
何度も官邸お抱えレイピスト山口敬之の「準強姦」もみ消し事件を拡散すること。
彼女は、ほんとうに弱い立場です。
籠池泰典よりも前川喜平よりも弱い立場です。
支える必要があります。



安倍御用記者・山口敬之の
レイプ被害女性が会見で語った
捜査への圧力とマスコミ批判!

http://ameblo.jp/64152966/entry-12279231933.html


2017年05月30日

★ジャーナリスト山口敬之氏からのレイプ被害を
週刊新潮で告発した女性が会見を行なった

★山口氏は当時TBSのワシントン支局長で、
警察は被害届を受け取ることを拒んでいたそう

★山口氏は不起訴処分になり、
捜査当局の動きに安倍晋三官邸の介入が疑われているという







管理人

記事にするという事は、大きな意味があります。
情報を公開する事とあわせて・・・シェアする事の重要性。
政治のことも医療のことも・・・

話は変わりますが、つい最近、こんなことがありました。

お母様がガンになられて、娘さんに私は相談を受けました。
娘さんは、私のブログやネットで得た情報をもとに、
色々と、お母様に進言するのですが、全く言う事を聞いてくれないのだそうです。


私からの返信

身内の人の意見ほど絶対に聞かない傾向があります。

〇〇 〇〇 様

お母様のご病気に関しては大変お気の毒に思います。
何十年にも渡って洗脳されてしまったお人は・・・
どうやっても変えようがありません。

特に、身内の人の意見ほど絶対に聞かない傾向があります。
ほとんど絶望的なくらいです。
私のとこのメルマガ読者の多くの人も、〇〇様と同じ経験をされています。
時として、身内同士でかなり険悪な関係になってしまった方もおられます。

家族の人の説得に成功した人は皆無です。
ことごとく、挫折感を味わっておられます。
残念ながら、それが現実なのです。

〇〇様は、旦那様やお子さんがおられるかどうかは存じませんが、
日頃より、有益な情報を得た時に、少しでも身の周りの家族に
それをシェアするクセをつけられたらいかがでしょう。
将来、きっと大いに役立つはずです。
イザという時に、救えるチャンスが拡がります。
無論、〇〇様ご自身にとって最も役立つのは言うまでもありません。

先ずは、〇〇様ご自身が知識を得るところから始めてみませんか。

~引用終わり~


いかがでしょう・・皆さん。
特に、医療の世界ではシェアすることが
自分や家族の命を救うことにつながるのです。
違いますか・・・?
でなければ、決して家族の命さえも救えないことに気づかれることでしょう。


形は違いますが、大きな意味では政治の話も同じなんです。
より多くの事実を知り、それを周りに少しでもシェアする。
結局、それが家族や国民を護ることにつながるのです。

それ無くしては、日本は亡国への道を歩み続けます。
だから、記事一つひとつに大きな意味があると信ずるのです。

幸いにも、アメブロにはリブログの機能があります。
私は、この機能は大変素晴らしいと思っています。
皆さんも、是非、活用していただきたいと思います。




ダイアナ・ロス If We Hold On Together





お知らせ

8月31日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第51号

決して誰も書かない川島なお美さんの死の真相とは!?


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



★メルマガ第1号~ガンの本質と生還
★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】
★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】
★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」
★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』
★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』


★メルマガ第6号『白血病について』
         〇生還の為に知っておくべきこと!
        〇『白血病について』~重要資料
★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足
★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』
★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』


★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』
★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者
★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ15号 決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?
★メルマガ第16号 東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光


★メルマガ第17号 勇気を失うことはすべてを失うことである。
★メルマガ第18号 がん細胞のボディーガードを光で死滅させる画期的技術を世界に発表!
★メルマガ第19号 高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!
★メルマガ第20号 もしもの危機の時の準備を!
 〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。
★メルマガ第21号 家のローンの変動金利があなたを破産させます!
★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器 機械から、マイナスの電子を
体内に注入出来れば、結果としてマイナスイオンが体内で発生します。
★メルマガ第23号 『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』
★メルマガ第25号 『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』
★メルマガ第26号 『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』
★メルマガ第27号 『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】
★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』
★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】
★メルマガ第30号 『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』
★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!
★メルマガ第32号『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』
★メルマガ第33号 『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
 〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!
★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】
★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!
★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!
★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!
★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!
★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』
★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!
★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?
★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!
★メルマガ第46号
我々は、40万人のガン患者を救える治療法を見つけることが出来るだろうか!?
★メルマガ第47号 【高濃度ビタミンC点滴療法の真実】
★メルマガ第48号 何故〜甲状腺ガンが全国で増えているのか!?
★メルマガ第49号
女性ガン死亡者数第1位(男性第3位)は〜『大腸ガン!』〜その予防法
★メルマガ第50号
癌細胞は、体内の重水素(トリチウム)と活性酸素に起因して大増殖する!











. 8月2日の茨城の地震なんだが・・・こんな地震があるかい!?

8月2日の茨城の地震なんだが
・・・こんな地震があるかい!?
 
















管理人

皆さんに見やすいように小画面と大画面の両方をアップしました。

8月2日の茨城の地震は、多くの人の関心を集めました。
日本で起きた6回の地震の全てが茨城で起きたからです。

特に、多くの人の目をひいたのが以下の地震です。

2017年8月2日2時2分頃、茨城県北部を震源とする地震がありました。

これを ↑ おかしいと思わなければ話になりません。
何故かって・・・
2日2時2分頃~と、ぞろ目になる確率を計算してみてください。
30X24X60=41200

つまり、4万1千2百分の一の偶然の確率です。
100%・・有り得ないとは申しませんが、
少なくとも、何百年に1度出てくるかどうかの確率でしょう。
これをおかしいと感じるのが普通の人の感覚です。
しかも、足したら 6 ですよ。

2017年8月までは・・・足すと⇒18~666 です。
そうしますと、2日2時2分の部分が、他のところでは
どうなっているかを見る訳です。

下~起こった順から見てみましょう。

① 2日0時38分⇒13⇒4 南部

② 2日2時02分⇒6  北部

③ 2日3時24分⇒11 北部

④ 2日4時32分⇒11 北部

⑤ 2日5時22分⇒29⇒11 北部

⑥ 2日7時16分⇒25⇒7 南部 


次に、最大震度とマグニチュードを足した数字。

① 11 南部

② 14⇒5 北部

③ 11 北部

④  5 北部

⑤  6 北部

⑥ 14⇒5 南部


注意:11とその倍数の22は、単数化出来ません。
この二つの数字は、革命的テロ決起を呼びかける数字だからです。
それ以外の二桁の数字は、単数化して更に足していきます。


更に、以上の上下の二つのケースを合わしてみると


  日時  震度とM    深さ

①13か4 11  南部  60km 

②  6   5  北部  10km 

③ 11  11  北部  10km

④ 11   5  北部  10km

⑤ 11   6  北部  10km

⑥  7   5  南部  50km



① 2日0時38分
緯度 北緯36.0度
経度 東経140.1度
深さ 60km

② 2日2時02分
緯度 北緯 36.8度
経度 東経 140.6度
深さ 約10km

③ 2日3時24分
緯度 北緯 36.8度
経度 東経 140.5度
深さ 約10km

④ 2日4時32分
緯度 北緯 36.8度
経度 東経 140.5度
深さ 約10km

⑤ 2日5時22分
緯度北緯 36.8度
経度東経 140.6度
深さ 約10km

⑥ 2日7時16分
緯度 北緯36.1度
経度 東経140.0度
深さ 50km
    


管理人

夜中から未明にかけて起こったとされる地震ですが、
実は、そのほとんどが起きていない可能性も考えられます。
特に、③から⑤までの震度1の地震に関していえば、
小さな地震と寝ている時間ということもあり、
多くの人間が不審に思うことさえもないのでは。

無論、本当に起こした地震もあるでしょう。
いずれにしろ、何らかの暗号の可能性があります。

出て来ていない数字は・・・
1~2~3~8~9~10

出ている数字は・・・
11が 5回
5が  3回
6が  2回
7が  1回
13か4が 1回


ポイントは、イルミナティを象徴する数字が、
12個のうち、8個も出ていること。
11 と 6 と 7

出ている数字で一番気になるのは⇒ 5
5のつく日は・・・5日、15日、25日
15日は、6になります。
25日は、7になります。
ヤバイ・・・

いずれも、イルミナティを代表する数字です。

皆さん、暗号は解けましたか!?
https://ameblo.jp/64152966/entry-12066606299.html

少なくとも、11が5回も出ている時点で怪しいと思ったほうがいいです。
そして、2日2時2分頃~と、通常、有り得ない3つのぞろ目も出ています。

皆さんに知っておいて欲しいのは、地震深さのところ。
深さ100m、1km、3km・・・全て、10kmと表示されます。
60km、50km・・なんてのも適当な数字だという事です。
早い話、子供に書かせても大した違いはありません。
どうにでも好きなように数字を設定出来るのです。


ツイッターより
_________________________________________

菊池
@kikuchi_8
フォロワー様から興味深い資料を頂いた。気象庁の資料だが、
「現在、約四十カ国で、100件以上の人工降雨プロジェクトが実施されている」
と書かれている。
あまりにあっけらかんと書いてあり驚く。気象庁も認める「人工降雨プロジェクト」。
http://mri-3.mri-jma.go.jp/Research/evaluation/Assignment/assign_fy2013_22.html

ゆきはな
@kirarin22yh 9 時間
主食の供給地が、また大規模にやられました。
北海道の方が、「秋田を運転するの好き。北海道みたいな懐かしい風景。
畑と田んぼの違いはあるけどね。」というほどの、見渡す限り続く広大な水田が、
随分と水没しました。
日本は、兵糧攻めにあっているのかも。

U
@wayofthewind
返信先 @Astra_Vir26 @26MAYUKO
米の不作を三年くらい続けられると、食糧難に加えて物価も高騰し、
世相も荒れてくるでしょうから、厳しくなりそうです。
米騒動みたいなのを自作自演して、強権化に厳罰化とか、企んでいる勢力がいそう。

_________________________________________________



管理人

地震~大雨~台風~テロ・・・
何があってもおかしくない時代ですが、
その多くに「お金」が絡んでいます。

いわゆる、投機、相場、株の空売り。

_________________________________________________

桂子 Keiko
@yatsukeiko 7月23日
やっぱり。変に大騒ぎして、仕掛け人がいそうなニュースだと思ったら。。。


NHKニュース @nhk_news
ヒアリ発見相次ぎ 殺虫剤の販売急増 メーカーは増産
#nhk_news www3.nhk.or.jp/news/html/2017
______________________________________



何かが起こる!

何らかの情報を流す!

何が起こるかを知っている人間は、確実に金儲けをすることが出来る。
まぁ、副収入みたいなものですが、闇の組織の人間は・・・
今日まで、こうやって莫大な蓄財を築いてきた形跡があります。
いつも、泣くのは一般庶民ばかりです。

これが、一番確実に大きなお金を簡単に手に入れる方法です。
311の時にも、電力株や東電の株の空売りで、
数兆円の利益を得た連中が間違いなく存在しました。
皆さんが、調べたらその証拠は100%見つけることが出来ます。

今、はやっているのは・・・気象操作ビジネス!

ところが、そういった連中が調べられたり取り締まられることは皆無です。
何故なら、日本や治安当局を支配している連中がやっているのですから。
無論、マスコミも支配しています。
何だって、やりたい放題です。

日本と国民を痛めつけた上に、莫大なお金を得る仕組みは、
日本では完成されています。
人口削減とビジネス・・・
一口で2度美味しいアーモンドキャラメルどころの話ではない。

早い話、人減らしされている上に食いものにされているのです。
この事実に、ほとんどの日本人は気づいていません。

そういった意味もあって、おかしな地震を取り上げています。
正直、暗号が解けた訳ではありません。
しかし、資料として残しておく必要があります。


皆さんで、この乱数表にも似た地震速報について、
解読出来た人は、是非、コメントして下さい。
気がついたことだけでも構いません。
身に危険を感じる人は、非リンクにしても結構です。



Logo userlocal black
マストドンリアルタイム検索 茨城県
https://realtime.userlocal.jp/toots/index?popular=true&q=%E8%8C%A8%E5%9F%8E%E7%9C%8C



夏の思い出





お知らせ

8月31日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第51号

決して誰も書かない川島なお美さんの死の真相とは!?


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



★メルマガ第1号~ガンの本質と生還
★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】
★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】
★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」
★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』
★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』


★メルマガ第6号『白血病について』
         〇生還の為に知っておくべきこと!
        〇『白血病について』~重要資料
★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足
★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』
★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』


★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』
★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者
★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ15号 決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?
★メルマガ第16号 東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光


★メルマガ第17号 勇気を失うことはすべてを失うことである。
★メルマガ第18号 がん細胞のボディーガードを光で死滅させる画期的技術を世界に発表!
★メルマガ第19号 高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!
★メルマガ第20号 もしもの危機の時の準備を!
 〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。
★メルマガ第21号 家のローンの変動金利があなたを破産させます!
★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器 機械から、マイナスの電子を
体内に注入出来れば、結果としてマイナスイオンが体内で発生します。
★メルマガ第23号 『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』
★メルマガ第25号 『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』
★メルマガ第26号 『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』
★メルマガ第27号 『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】
★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』
★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】
★メルマガ第30号 『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』
★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!
★メルマガ第32号『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』
★メルマガ第33号 『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
 〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!
★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】
★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!
★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!
★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!
★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!
★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』
★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!
★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?
★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!
★メルマガ第46号
我々は、40万人のガン患者を救える治療法を見つけることが出来るだろうか!?
★メルマガ第47号 【高濃度ビタミンC点滴療法の真実】
★メルマガ第48号 何故〜甲状腺ガンが全国で増えているのか!?
★メルマガ第49号
女性ガン死亡者数第1位(男性第3位)は〜『大腸ガン!』〜その予防法
★メルマガ第50号
癌細胞は、体内の重水素(トリチウム)と活性酸素に起因して大増殖する!











. 決して誰も書かない川島なお美さんの死の真相とは!?

決して誰も書かない
川島なお美さんの死の真相とは!?








お知らせ

8月31日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第51号

決して誰も書かない川島なお美さんの死の真相とは!?


8月からは、完全にメルマガホームページに移行します。
ブログ記事URLを送信するのは、これが最後となります。
但し、緊急情報の場合にはその限りではありません。
ブログの過去記事に埋め込まれたメルマガ記事は
段階的に削除していく予定です。

-------------------------------


管理人

私は、川島なお美さんのファンでした。
真っ直ぐな女性で、人柄の良さが伝わってきました。
それだけに、残念でなりません。
2015年9月24日にお亡くなりになられて、
もうすぐ2年がこようとしています。

今回のメルマガで、川島なお美さんのことを取り上げました。
実は、意図したものではなく、記事の流れから自然とそのように
なったというのが本当のところです。

川島なお美さんに関する過去の記事を色々と調べてみましたが、
彼女が、「肝内胆管がん」から死に至った真相を書いている記事には
ついぞお目にかかれませんでした。

色々、調べて見ると、彼女の死の真相が分かってきました。
それを、★メルマガ第51号にまとめてみました。


皆さんには、そのヒントになる記事を二つご紹介します。

2015-10-03

【衝撃】赤ワインが体にいいとは嘘だった!
フランスの国立がんセンターが赤ワインはガンのリスクが高まると公表

http://kar.hatenadiary.jp/entry/2015/10/03/162521

フランス国立がんセンターが

「赤ワインを常飲するとがんの罹患率が168%増になる」

赤ワインの常飲は、
咽頭がん、食道がん、乳がんなどの罹患率も、飛躍的に高めるという。


この記事が2009年・・もうすでに6年の歳月がたっているが、
あらためて出てきた背景には川島なお美さんの胆管がんによる死去から、
川島さんと言えばワイン好きで自ら「私の血はワインでできている」を
公言するほどだったからだ。

それを証明するように、公式ブログでは
美味しい料理と共にワインの写真がよく載っていた。

川島なお美オフィシャルブログ「『なおはん』のほっこり日和」by Ameba


フランス人男性の平均寿命

フランス人男性の平均寿命は1995年で72.9歳。
2010年には77.4歳まで上昇している。


死因のトップががんで特に 肝臓がん が多く、
飲酒率の高さが背景にあるようだ。


~引用終わり~

------------------------------------------------



もう一つの記事

2016年4月18日

必見記事 ↓
印刷業で多発した職業性胆管がんと関連する、発がん性候補物質の胆汁排泄を発見
http://www.amed.go.jp/news/release_20160418.html

平成24年、塩素系有機洗浄剤を長年使ってきた印刷工場で、
多くの従業員が胆管がんを発症していることが報告されました。
日本における一般的な胆管がんの発症率や死亡率と比べて、
きわめて高い頻度であるとともに、若い年齢層での発症だったことから、
大きな社会問題となりました。


ジクロロプロパンには化学的に反応性が高い塩素元素が2つ含まれているため、
それらを解毒するために生体内抗酸化物質であるグルタチオンが結合したと
考えられます。
一方、見出されたジクロロプロパン代謝物には、塩素が2つともはずれるのではなく、
2つの塩素のうちひとつが分子構造中に残ったままのグルタチオン結合体が
含まれていました。
そのため、この代謝物が胆汁排泄される有力な発がん性候補物質であると考えられました。








管理人

印刷業で使っていたのは、塩素系有機洗浄剤。

ワイン用のブドウ畑に使っていたのは、塩素系農薬~ DDT。

そして、発症したのは、同じく「胆管がん」でした。

実は、塩素系化合物によって「胆管がん」になる仕組みは、
今日において、既に明らかになっているようです。


ここが重要なポイントなんですが、
年代物の古い高価なヴィンテージワインほど・・・特に危険なのです。
かなり危険な農薬が使われていたからです。

だから、フランス国立がんセンターが
「赤ワインを常飲するとがんの罹患率が168%増になる」と
公に警告したのです。

そういった訳で、農薬は徐々に毒性のあまり強くないものへと
切り替わっていきました。


フランス人男性の平均寿命

フランス人男性の平均寿命は1995年で72.9歳。
2010年には77.4歳まで上昇している。


死因のトップががんで特に 肝臓がん が多く、
飲酒率の高さが背景にあるようだ。


これをどう説明すれば良いのか・・・
フランス人男性は、毎日のようにワインを飲みますが、
たった15年で、平均寿命が5歳近くも延びたことについては、
先ず、考えられるのは、ある時期を境に、農薬の毒性が弱くなったことも
一因としてあるのではないかと考えています。
無論、それが全てではないと思いますが。


印刷会社従業員⇒胆管がん

川島なお美さん⇒胆管がん

フランス人男性⇒肝臓がん

胆管がんは、肝臓とくっついていますね。
全てつながってきませんか。

この三者に共通するのは、塩素系化合物です。

川島なお美さんは、年代物の古い高価なヴィンテージワインを
数十年のうちに、かなりの量を飲んでいらっしゃったのでは・・・
そう、最も危険なやつを。


そして、川島なお美さんは東京に住んでいらっしゃいました。
トリチウムは、活性酸素と反応してガン細胞を多発させる
ものすごく怖ろしい放射能核種です。
首都圏は、トリチウム汚染地帯です。


ベクレル換算すると、トリチウムは
セシウム137の100万倍以上、放出しています!

http://ameblo.jp/64152966/entry-12254081516.html

 【放射能警報】
東海地方が3月7日より、
トリチウム汚染地域になります!
 
http://ameblo.jp/64152966/entry-12253198503.html



管理人

私がここまで書いた内容を本当に理解しているお医者さんは、
恐らく、皆無に近いと思います。

川島なお美さんの関連記事で出てくる医師の解説を見ても、
まるで本質を理解していないように思います。

川島なお美さん逝去、
ワイン大量摂取とがん罹患に関係はあるのか?
医師が解説

http://biz-journal.jp/2015/10/post_11903.html


私の記事をご覧になって、上の記事を見れば一目瞭然かと思います。

つまり、真相を理解していないお医者さんに・・・
患者さんを治せるのかという大いなる疑念が生まれてくるのです。
放射能対策~防護という意味では、医大の教科にさえ無いのが実情です。
これは、患者さんにとっても致命的になる可能性すらあります。
尤も、学んでいないのだから仕方無いともいえますが。


川島なお美さん・・・
今は、静かにお眠り下さい。

合掌。。。







もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



★メルマガ第1号~ガンの本質と生還
★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】
★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】
★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」
★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』
★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』


★メルマガ第6号『白血病について』
         〇生還の為に知っておくべきこと!
        〇『白血病について』~重要資料
★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足
★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』
★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』


★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』
★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者
★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ15号 決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?
★メルマガ第16号 東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光


★メルマガ第17号 勇気を失うことはすべてを失うことである。
★メルマガ第18号 がん細胞のボディーガードを光で死滅させる画期的技術を世界に発表!
★メルマガ第19号 高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!
★メルマガ第20号 もしもの危機の時の準備を!
 〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。
★メルマガ第21号 家のローンの変動金利があなたを破産させます!
★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器 機械から、マイナスの電子を
体内に注入出来れば、結果としてマイナスイオンが体内で発生します。
★メルマガ第23号 『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』
★メルマガ第25号 『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』
★メルマガ第26号 『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』
★メルマガ第27号 『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】
★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』
★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】
★メルマガ第30号 『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』
★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!
★メルマガ第32号『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』
★メルマガ第33号 『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
 〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!
★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】
★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!
★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!
★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!
★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!
★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』
★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!
★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?
★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!
★メルマガ第46号
我々は、40万人のガン患者を救える治療法を見つけることが出来るだろうか!?
★メルマガ第47号 【高濃度ビタミンC点滴療法の真実】
★メルマガ第48号 何故〜甲状腺ガンが全国で増えているのか!?
★メルマガ第49号
女性ガン死亡者数第1位(男性第3位)は〜『大腸ガン!』〜その予防法
★メルマガ第50号
癌細胞は、体内の重水素(トリチウム)と活性酸素に起因して大増殖する!












. プロフィール

z64150528

Author:z64150528
FC2ブログへようこそ!

. 月別アーカイブ
. 検索フォーム
. リンク
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR