光軍の戦士のブログ

. 安倍の猪突な解散総選挙は、二大売国保守政党制への地ならしだった!

安倍の猪突な解散総選挙は、
二大売国保守政党制への地ならしだった!
 










【憲法改正】FEMAって知ってる?【自民党憲法草案】






パイナップル部隊は国民を殺しまくる!







前原クーデターで民進党が解党 
対米従属・売国保守勢力の議会占領が目的

https://ameblo.jp/amanomotoyasu/entry-12314889447.html


管理人

天野 統康 さんがいい記事を書いておられますので
皆さんに、見ていただこうとリンクさせていただきました。

9月28日の安倍総理の猪突な臨時国会冒頭解散ですが、
自民党の多くの議員も解散理由は演説を聞いてみないと
分からないと正直に話しています。

そりゃそうだろうと思います。
この解散は、日本国を支配する宗主国の奥の院からの
命令なので、解散理由も取ってつけたような話ばかりです。

そして、続いて小池百合子の新党の旗揚げ記者会見。
希望の党・・・だそうです。

更に、続いて、民進党の前原代表が希望の党への合流を表明。
これも、予め、米国~奥の院から命令されていたのは明らか。

民進党の政党交付金・100億円を結納金として、
希望の党へプレゼントするそうです。
新党の立ち上げにはお金がすごくかかるから、
おまえんとこの民進党から希望の党へ提供せよと、
少し前から指示されていたのでしょう。

しかし、残念なことに、希望の党の小池百合子は、
憲法改正に賛成する人間しか受け入れないと言っています。
前原代表もそんなことは百も承知でしょう。

いわゆる護憲勢力は、みんな切って捨てられる羽目になります。
一応、前原代表は話が違うじゃないかとゴネるでしょうが、
所詮、ポーズだけに終わると予想します。

前原代表は、今回か次期の希望の党代表の座が約束されているはずです。
全ては、シナリオ通りなんですよね。
プロレスの八百長どころの話じゃない。

とってもシンプルでしょ。
皆さん、何ゆえ、あれこれと混乱した話に終始しているんでしょ。
ただ、それだけの話なのに・・・

恐らく、今回の選挙で、護憲派はほとんど落とされるでしょう。
選挙に当選した8割の人間が憲法改正派になってしまう事態になりそうです。

まさに・・・マジック!?
国民の6割が憲法改正に反対だというのに。

この演劇を見ていますと、随分と荒っぽくやっているなぁ~と
感じるのは私だけではありますまい。
こりやり方は、明らかにあせっています。

このまま行くと・・・
憲法改正を国民投票にかけるまでもなく、
議会ですんなりと憲法改正まで進みそうです。

問題なのは、その先に何を計画しているのか・・・
という一点に絞られます。

どんどん右傾化が進み、徴兵制も復活させると読んでいます。
つまり、普通に戦争が出来る国になろうとしている訳です。

来年やそれ以降に、一体何をやろうとしているのでしょうか?
残念ながら、もうその事を考えなければならない段階に
入ってしまいました。

私もこれまで、随分と反戦平和の為に記事を書いて来たつもりです。
しかしながら、不正選挙マシーンを完全支配している連中には
とてもかないません。
どうしようもありません。

私が今の政治や選挙に絶望している本当の理由は・・・
どこの政党も政治家も、この不正選挙を全く訴えないからです。
野党にしても、不正選挙が行なわれている事実を知っているのですよ。
私の不正選挙に関するネタの一部も、その野党から得たものです。
知らない訳がないのです。

不正選挙を訴えて是正しない限り、まともな選挙なんて
行われる訳がないじゃありませんか。
パッと出の維新の党が、いきなりドバっと大量得票したり、
投票結果のグラフは、絶対におかしなものばかりです。

最近、ネットの人も嫌気が差してきているようで、
不正選挙であろうと、あまり反応しなくなりました。
あきらめ・・・でしょうかね。
もう、うんざりしているのかもしれません。

「ムサシ」には、ほとんどの党がやっかいになっていた!
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=286672


日銀の異次元緩和といい、日本の極右化といい・・・
もう、何が起こってもおかしくない時代に入りました。
最終段階に入って来たと申し上げてもいいと思います。

そう、何が起こるかを心配しなければいけない
非常に危険な水域に入って来たことを意識しておくべきです。




敵は、中国か北朝鮮か・・・


「日本と中国をどのようにして戦争に突入させるか」
  ~2005年10月25日キャピトル東急

https://ameblo.jp/64152966/entry-11432403299.html


戦争している国同士のトップが
みんなイルミナティの仲間だった!

https://ameblo.jp/64152966/entry-12301620549.html



いや、最大の敵は日本国内のどうにも制御出来ない福島原発かも。
今も、福島原発の地下深く沈降している262.4t~のデブリ。


なんだ!
福島県ホームページに1号機・2号機・3号機
メルトダウンって書いてるじゃないか。

https://ameblo.jp/64152966/entry-12036721102.html



原発事故賠償条約に加盟していない日本は、
数千兆円の懲罰的賠償判決が確実!?~IMF管理下に

https://ameblo.jp/64152966/entry-12054265421.html



自民・安倍総裁が日本版FEMA創設って、
これの本当の意味分ってんの!?

https://ameblo.jp/64152966/entry-11378254747.html


日本では、人口削減に多大な貢献をした者が
イルミナティ・メーソンの上位になれるという!?

https://ameblo.jp/64152966/entry-12027537445.html








お知らせ

9月20日に、★メルマガ第56号を配信しました。

肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!
~真菌培養でアスペルギルスが
検出されないのは何故か!?


まだ届いていない読者の方は、直ぐに、メルアドのほうにご連絡下さい。



ヒマワリ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



★メルマガ第1号~ガンの本質と生還
★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】
★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】
★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」
★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』
★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』


★メルマガ第6号『白血病について』
         〇生還の為に知っておくべきこと!
        〇『白血病について』~重要資料
★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足
★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』
★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』


★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』
★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者
★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ15号 決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?
★メルマガ第16号 東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光


★メルマガ第17号 勇気を失うことはすべてを失うことである。
★メルマガ第18号 がん細胞のボディーガードを光で死滅させる画期的技術を世界に発表!
★メルマガ第19号 高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!
★メルマガ第20号 もしもの危機の時の準備を!
 〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。
★メルマガ第21号 家のローンの変動金利があなたを破産させます!
★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器 機械から、マイナスの電子を
体内に注入出来れば、結果としてマイナスイオンが体内で発生します。
★メルマガ第23号 『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』
★メルマガ第25号 『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』
★メルマガ第26号 『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』
★メルマガ第27号 『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】
★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』
★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】
★メルマガ第30号 『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』
★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!
★メルマガ第32号『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』
★メルマガ第33号 『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
 〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!
★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】
★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!
★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!
★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!
★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!
★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』
★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!
★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?
★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!
★メルマガ第46号
我々は、40万人のガン患者を救える治療法を見つけることが出来るだろうか!?
★メルマガ第47号 【高濃度ビタミンC点滴療法の真実】
★メルマガ第48号 何故〜甲状腺ガンが全国で増えているのか!?
★メルマガ第49号
女性ガン死亡者数第1位(男性第3位)は〜『大腸ガン!』〜その予防法
★メルマガ第50号
癌細胞は、体内の重水素(トリチウム)と活性酸素に起因して大増殖する!
★メルマガ第51号
決して誰も書かない川島なお美さんの死の真相とは!?


★メルマガ第52号
活性酸素を大量発生させガンを発症させる最大の真犯人はリッキーガット症候群!
★メルマガ第53号 奇跡の野菜〜マルンガイ〜と石垣島!
★メルマガ第54号 三島由紀夫の最後の遺言
★メルマガ第55号
スキルス性〜胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?






FEMA(フィーマ)は国民殺害部隊である【サリン事件】











スポンサーサイト



. ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

ムーコルはガンより怖ろしい!
~ガンとの因果関係は?










管理人

当メルマガは、一貫して真菌とガンとの因果関係を疑っています。
これは、今後も調査していくつもりです。
当然でしょう。
ガンの本質と秘密を知らずして、治療のヒントさえ分からない
のではないでしょうか。

今現在の病院やお医者さんのほとんどは、この謎が分からないまま、
上から与えられたままのガン三大治療を思考停止したままで行って
いるのが実情なのではないでしょうか。

つまり、その本質については、ほとんど分かっていないと
考えたほうがよいと思います。
無論、病院やお医者さんだけではありません。
国民も患者さんも分からないのです。
これが、偽らざるところだと私は思っています。

ところで・・・
真菌とガンとの因果関係につきましては、ニワトリが先か卵が先か・・・
つまり、免疫低下により、ガン細胞が増殖しているから、
真菌もその周辺に増殖しているのだという説。

そして、もう一つ。
免疫低下した細胞に、真菌が感染した結果としてガン細胞が増殖するとする説。
ガン検診で、一たび、ガンの疑いアリとなったら、そこからは、
ほぼ間違いなく、真菌の検査などしないでしょう。

これはこれで、大きな問題であるとは思いますが、しかし、
ガンと真菌の関係は、医学界においてはタブーになっていると思われ、
これを研究する組織や機関は皆無なのが実情です。

大きく分けて、この二つの問題があると思います。
しかし、問題はそんなに簡単ではありません。
もう一つ、第3の大きな問題があることに気づきました。

例えば、仮に・・・
免疫が低下してガン細胞になったとしましょう。
その細胞には、様々な真菌やウィルスが感染する可能性は、
恐らく、どの医学者や細菌学者も否定しないと思います。

その時に、もしその真菌がムーコルであったとしたら、
これは大変な事態です。

実は、ムーコルはガンと同等か、それ以上に怖ろしいものなんです。
以下の記事をご覧下さい。


Angel Blue ~アメリカICUナースのブログ~

死の宣告
http://angelblue.fukuwarai.net/icu%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%81%AE%E3%81%8A%E4%BB%95%E4%BA%8B%E6%97%A5%E8%A8%98/%E6%AD%BB%E3%81%AE%E5%AE%A3%E5%91%8A


午後の皮膚科のドクターの回診。
数日前から奇妙な水膨れが指や腰などに出始めたので、
皮膚科にもコンサルタントとして来てもらってるのです。
先日、皮膚科チームが水膨れ皮膚病変を少し切り取って生体検査に出したところでした。

そして、このドクターがこの患者さんの皮膚病変をカメラで写真に収めながらボソリ。

医師"The biopsy result came back positive with Mucor."

(生検の結果でMucor陽性だったんだよ。)


"Oh, really..."
 (あ、ホントにぃ・・・)

病室で仕事をしながらの会話だったので、危うく聞き流しそうでしたが・・・

"Wait! What?! Did you just say Mucor??!!"
(え?!ちょっと待って、今 Mucor って言った??!!)

医師"Yeah. Mucor."
   (そそ。 Mucor。)

"Oh...my...god..."
  (え、うそ・・・)


私は Mucor と聞いて思わず鳥肌が立ちました。

普通の病棟でもそうだと思いますが、院内、特にICUで
聞くと誰もが驚愕を覚える恐ろしい言葉、

Mucor

めっちゃくちゃ怖~~い感染症。

特にICUでは 『死の宣告』 も同様。

ものすごく、致死率が高い病気で、私が読んだ記事によると
致死率50%~85%だとか。。。

半数以上の感染者が亡くなる訳です。
しかも、これは全体的な数字で、

最初から重症な患者さんが集まるICUでは、助からないケースが
ほぼ100%と言っても過言ではないでしょう。

更に怖いことに、Mucor と判明してから亡くなるまでの時間は容赦なく、
数日、といったところでしょう。

1週間ともった患者さんは、私の経験上見たことがありません。

特にこのお爺さんのケース。
一番残酷なケースです。

骨髄白血病により病原菌と戦う白血球の数が著しく少ないのです。
健常な人の白血球数の基準値は、本によって多少異なりますが、

4000~9000

と言われています。

このお爺さんの白血球数は、たったの80程度。
Mucor に打ち勝つ力、残念ながらゼロ。。。
なんにせよ、ドクターに一刻も早く知らせなくちゃ!

ICUのドクターに知らせると早速、超強力な抗生剤をオーダー。
これで少しは回復してくれるといいけど・・・。

と思う傍ら、患者さんの意識レベルは血圧と共にどんどん低下し昏睡状態に。
血圧も2種の昇圧剤だけではコントロールできなくなったので、
3種類目の昇圧剤の点滴も加えることに。

時間の経過とともに、患者さんの状態はどんどん悪化傾向にありました。。。
免疫低下の人が感染症に弱いのは言うまでもありませんが、
糖尿病の人もいろいろな理由で感染症に弱い傾向があります。

Mucor のような カビの感染症では特に、

血糖値が高い ⇒ カビの栄養である糖分が体内に豊富 ⇒ カビが繁殖しやすい

ということもあり、糖尿病の人においての感染が悪化しやすいのです。


今回の患者さんの場合、ムコール症でよく見られる目・鼻・口の病変はなく、
メインに見られたのは、手の指と腰の辺りに出来た、赤黒い大きな水膨れでした。
また、今まで病原菌が特定できなかった肺炎を起こしていますし、

意識レベルの低下/昏睡も、Mucor が肺や脳まで侵食している可能性を考えると
いろいろなことにあっさり理由がつきます。

今まで何度か痰や血液の培養検査をしていますが、
なかなか正体を現さなかったこの犯人。
この患者さんの体を今にも食い尽くそうとしていた訳です。

この患者さん、既に重症のため、抗生剤の効き目もどれだけ見られるか
分かりませんが、
数日中にお亡くなりになる可能性が、残念ながら高いです。

この患者さんがMucor に感染したという悲しい事実を知り、
その日の私は溜め息が絶えませんでした。
もちろん患者さんの病室ではそんな姿を見せられないけれど。。。

この患者さんの展望としては、おそらく翌日にでも家族会議を開き、
現状を率直に丁寧に説明した上で、
安楽死というオプションを提示することになると思います。

コントロール出来ない病気が相手だから仕方ないのだけれど、
そんな時にはどうしても、看護師としての無力さを感じてしまいます。。。


~ 引用終わり ~
----------------------------------------------



管理人

取り敢えず、ガンと真菌との因果関係はおいといて・・・
更に、ガン細胞とムコールとの因果関係もおいといて、
このムコール症が、如何に怖ろしいかを知っておいて下さい。

先ず、もし仮に、不幸にしてガン患者になったとしても、
ムーコルにだけは、絶対に感染しないようにして下さい。

Mucormycosis ~ 画像 ~ ムコール・ムーコル
https://www.google.co.jp/search?q=Mucormycosis&hl=ja&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjtvP_aqMPWAhWLgbwKHc5uD4sQ_AUICigB&biw=1366&bih=619#imgrc=O0ZGtci9nKUo6M:&spf=1506447245133

閲覧注意

非常に酷い画像が多いので、見たくない人は見ないことをお勧めします。

戦後しばらくまで、ライ病という怖ろしい病気がありました・・・
いわゆる、ハンセン氏病ですね。
映画で有名な、『 砂の器 』・・・を覚えておられますか?
私からみれば、ライ病よりも・・もっと怖ろしく感じました。
しかも、まだその有効な治療法が見つかっていないのです。

そして、やはり、血液~培養検査してもムコール菌は検出されないのです。

驚くべきことに、これほど怖ろしい病気であるにも関わらず、
日本国内においてムーコルに関する記事が極めて少ないです。
それに、正直、申し訳ないが・・・大して参考にもなりません。
一体、何故なのでしょうか?
何か・・・秘密にしたい何かがあるのでしょうか?
私には、そうとしか思えないものを感じて仕方ありません。

ムコール・ムーコルの画像を調べながら、英文の記事を調べながら
調査をしていくつもりです。
それ以外には、役に立つ記事は、わが国~日本ではお目にかかれません。
皆さん、海外の記事を翻訳して調べないと、日本国内で真実を知る
ことなんて・・・到底出来っこないのですよ・・・泣。
日本の病院の医師のホームページには、ありきたりの事しか書いてません。(笑)

一体、日本はどうなっているのでしょうか?
本当に知りたいことは、ほとんど見つからないし・・・
そいでもって、ガン死亡率は世界で圧倒的にダントツの第一位ときています。
しかも、実際のガン死亡者は、もっともっとはるかに多いみたいですしね。

日本の政治は、一流どころか、三流よりはるかに下です。
ならば、医療現場のレベルは・・・どの程度なのでしょうか?
ガン死亡率からいうと、先進国でダントツ最低レベルがグラフに示されていますが。


つべこべ文句をたれずに・・・
静かに死んでくれりぁ~いいんだよ!

死にたくなけりぁ~ ・・・
自分で調べろ!

・・・てか。

分かりました。
自分で調べます。


あまり多くを語りませんが・・・
ここ最近、当ブログへの妨害が一段とひどくなって来ています。
真相は、もうほどほどにしておかないと、本当に消されます。
お願いですから、もうしばらく続けさせてください。 m(_ _ )m

という訳で・・・
続きは、メルマガで書くことにします。








お知らせ

9月20日に、★メルマガ第56号を配信しました。

肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!
~真菌培養でアスペルギルスが
検出されないのは何故か!?


まだ届いていない読者の方は、直ぐに、メルアドのほうにご連絡下さい。



ヒマワリ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



★メルマガ第1号~ガンの本質と生還
★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】
★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】
★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」
★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』
★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』


★メルマガ第6号『白血病について』
         〇生還の為に知っておくべきこと!
        〇『白血病について』~重要資料
★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足
★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』
★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』


★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』
★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者
★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ15号 決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?
★メルマガ第16号 東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光


★メルマガ第17号 勇気を失うことはすべてを失うことである。
★メルマガ第18号 がん細胞のボディーガードを光で死滅させる画期的技術を世界に発表!
★メルマガ第19号 高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!
★メルマガ第20号 もしもの危機の時の準備を!
 〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。
★メルマガ第21号 家のローンの変動金利があなたを破産させます!
★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器 機械から、マイナスの電子を
体内に注入出来れば、結果としてマイナスイオンが体内で発生します。
★メルマガ第23号 『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』
★メルマガ第25号 『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』
★メルマガ第26号 『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』
★メルマガ第27号 『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】
★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』
★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】
★メルマガ第30号 『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』
★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!
★メルマガ第32号『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』
★メルマガ第33号 『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
 〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!
★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】
★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!
★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!
★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!
★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!
★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』
★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!
★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?
★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!
★メルマガ第46号
我々は、40万人のガン患者を救える治療法を見つけることが出来るだろうか!?
★メルマガ第47号 【高濃度ビタミンC点滴療法の真実】
★メルマガ第48号 何故〜甲状腺ガンが全国で増えているのか!?
★メルマガ第49号
女性ガン死亡者数第1位(男性第3位)は〜『大腸ガン!』〜その予防法
★メルマガ第50号
癌細胞は、体内の重水素(トリチウム)と活性酸素に起因して大増殖する!
★メルマガ第51号
決して誰も書かない川島なお美さんの死の真相とは!?


★メルマガ第52号
活性酸素を大量発生させガンを発症させる最大の真犯人はリッキーガット症候群!
★メルマガ第53号 奇跡の野菜〜マルンガイ〜と石垣島!
★メルマガ第54号 三島由紀夫の最後の遺言
★メルマガ第55号
スキルス性〜胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?





砂の器  ピアノ協奏曲 「宿命」









. 麻生副総理の武装難民射殺発言よりもトランプ来日のほうが100万倍怖ろしい! 

麻生副総理の武装難民射殺発言
よりも
トランプ来日のほうが100万倍怖ろしい!
 









9月23日
麻生副総理「警察か防衛出動か射殺か」 武装難民対策
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170923-00000051-asahi-pol

麻生太郎副総理は23日、宇都宮市内での講演で、
朝鮮半島から大量の難民が日本に押し寄せる可能性に触れたうえで、
「武装難民かもしれない。警察で対応するのか。自衛隊、防衛出動か。
射殺ですか。真剣に考えなければならない」と語った。

麻生氏はシリアやイラクの難民の事例を挙げ、
「向こうから日本に難民が押し寄せてくる。
動力のないボートだって潮流に乗って間違いなく漂着する。
10万人単位をどこに収容するのか」と指摘。
さらに「向こうは武装しているかもしれない」としたうえで
「防衛出動」に言及した。

防衛出動は、日本が直接攻撃を受けるか、その明白な危険が切迫している
「武力攻撃事態」などの際に認められており、難民対応は想定していない。

麻生氏は先月、「少なくとも(政治家になる)動機は問わない。結果が大事だ。
何百万人も殺しちゃったヒトラーは、いくら動機が正しくてもダメなんだ」
と発言し、撤回していた。



2017年09月24日
麻生太郎氏の「〈武装難民かもしれない。警察で対応するか。
自衛隊、防衛出動か。射殺ですか。真剣に考えなければならない〉」
発言に左翼の狂い様!!!

http://eco459.seesaa.net/article/453698998.html






元外交官で城西国際大大学院講師の孫崎亨氏は
「麻生氏の狂い様、常軌を逸する。世界のどこに難民を射殺する国があるか。

『麻生氏は23日講演で、朝鮮半島から大量の難民が日本に押し寄せる可能性に触れ
〈武装難民かもしれない。警察で対応するか。自衛隊、防衛出動か。射殺ですか。
真剣に考えなければならない〉』朝日。
本当にナチ崇拝者だ」と朝日新聞の記事を引用し、批判。


コラムニストの小田嶋隆氏は「これまでの何度かの失言とはレベルが違う。
軽率さだとか、サービス過剰の結果だとか、考えの浅さだとか、
見通しの甘さだとか、反省の軽さだとか、そういう問題ではない。
根本的にあり得ない。
全方向的にまったく弁護の余地がない。まるで救いがない」と投稿した。

作家の中沢けい氏は「さんざん、Jアラートで騒いだくせに、
麻生副総裁は難民対策で『警察か防衛出動か射殺か』と発言なんて言語道断。
難民対策を全く考えてこなかった証拠。
今日は新宿ではヘイトスピーチでもがあったこの状況で、
まったく治安維持についての見識を欠いた発言。政治家の自覚欠如」
と同様に麻生氏を非難。

SEALDsを前身とする「未来のための公共」も公式ツイッターで
「ヨーロッパは難民をどう受け入れるか試行錯誤してきたのに、
安倍政権はまず射殺するか考えるそうです。
麻生副総理『警察か防衛出動か射殺か』 
北朝鮮難民対策(朝日新聞デジタル)」と表明。
「まず射殺を考える」と決めつけて批判した。

一方、これら識者らの引用したニュースが朝日新聞デジタルだったが、
このニュースを取り上げた毎日、読売新聞や共同、時事通信などが
「武装難民対策」と見出しを取ったのに、朝日だけが「難民対策」としたために、
難民に向けて射殺を検討すると早合点する向きもあり、そのためか、
朝日新聞は「武装難民対策」と見出しを変更した。


<引用終わり>
---------------------------------------------



管理人

ネットを調べていると、概ね、朝日の最初の見出しに集中しているようです。
「難民対策」に射殺か!?・・といって騒ぎになった訳ですが、
2チャンネルやネトウヨの皆さんは、この1点に絞って反撃し、
麻生副総理を擁護することしきりです。

問題の本質はそんなことではありません。
ミスリードもいいところです。
穿った見方をすれば、朝日もこのミスリードに一役買っているのではと
思わせる節があります。

このようなくだらない議論に終始するのが、今の日本の実情です。
「難民対策」に、「武装難民対策」も含まれるのは世界の常識です。

問題なのは、「難民対策」であれ、「武装難民対策」であれ、
一国の副総理が、“射殺” という禁句を使ったことです。
世界から政治オンチ~軍事オンチと侮蔑されても仕方ありません。

更に問題なのは、日本の政権が北朝鮮難民対策に射殺を考えていると
いうことが、センセーショナルに世界に伝わることです。
これでは、ただでさえ、世界から信用が無いのに止まらず、
バカ丸出し~侮蔑の対象となってしまうことなのです。

ヨーロッパにおいても、難民問題は極めてデリケートに扱われます。
様々な国から脱出した難民の人たちは、好きで難民になった訳ではありません。
生きるか、死ぬかの瀬戸際に追い込まれ、止む無く、祖国から脱出したのです。

この人たちが、麻生副総理の発言を聞いたら、一体どう思うでしょう?
日本という国は、情けのかけらも無い国だと感じるでしょう。
その感情は、周囲に~世界に・・・伝播していくに違いありません。

そして、世界の主要国からは、日本という国は・・・
難民問題のイロハさえも分かっていないとバカにされるのです。


そもそも、武装難民が小船で日本に来ることを考えるのか
といった問題もあります。
海上で見つかったら、孤立無援で、即、アウトです。
だから、この方法を採るとは考えにくい。
何ゆえ、武装して逃げるのかということです。

海上の難民は、危険を避けて規律正しく保護する方法は確立されています。
武装難民の多くは、中国国境か他の陸路のルートを選ぶはずです。

つまり、麻生副総理の発言は何の意味もないばかりか、
百害あって一利なし!
バカのたわ言に等しい。
日本の品位と信用は大いに損なわれただけのバカな発言だった。


麻生副総理は、CIA工作員のブルームにスパイとして徹底教育されたと
あるが、それにしてはあまりにもお粗末ではないか。

CIA工作員として育てられた麻生首相 
http://d.hatena.ne.jp/nk2nk2/20081201

1945年.第2次世界大戦に敗北した日本に、米軍GHQが上陸して来ると
日本の政治は米軍の命令通りに行われ.米軍の指揮下に入った。
当時、日本の総理大臣を連日GHQに呼び付け.細かい指示を与えたのが
CIA日本支局長ポール・ブルームであった。
ブルームが2008年現在の日本の出発点を決めていた。

ブルームは1898年、日本の横浜に生まれた。
世界の金塊GOLD、ダイアモンドを独占、支配する南アフリカの
オッペンハイマー一族にブルームは属していた。
父母は横浜で貴金属商を営み中国に金塊を輸出していた。

当時.日本は中国へ軍隊を送り込み侵略戦争を行っていた。
日本の軍隊に必要な武器.弾薬.ジープ.戦車等の購入費用に困った日本政府は、
中国で麻薬.アヘンの密売を命令し、その利益で武器を購入していた。
当時、中国は国家が崩壊状態であり、国の印刷する紙幣というものには信用が無かった。
そのため日本政府の麻薬密売と武器購入は金塊で支払いが行われていた。
ブルーム一族はその金塊を提供していた。

中国での戦争が拡大すればする程、武器はたくさん必要となり、
支払いのための金塊もたくさん必要となった。
貴金属商のブルーム=オッペンハイマーにとっては「戦争で商売が拡大」した。
オッペンハイマー一族は商売の拡大と共に優秀な営業マンを必要とした。
そしてオッペンハイマー一族が目を付けたのが日本育ちのポール・ブルームである。

中学卒業と同時に、ブルームは本家のオッペンハイマーに呼び寄せられ、
ジュネーブのハイスクールに入学する。
その時、ブルームは.米国のCIAヨーロッパ支局長アレン・ダレスの下で
諜報員(スパイ)としての訓練を開始する。

現在のブッシュ大統領一族は.オッペンハイマーのカナダ支部である
バリックゴールド社の経営者であり、オッペンハイマーの提供するダイアモンドを
使ったドリル製造会社ドレッサー社の経営者である。
石油を掘り出し、ダイアモンドを鉱山から掘り出すための
ダイアモンド・ドリルのメーカーである。
ブッシュ大統領一族は、オッペンハイマー一族の下請け人一族であり、
CIAの創立資金を提供していたのがこのブッシュ大統領一族であった。
オッペンハイマーの優秀な営業マンとしてのブルームの教育を
オッペンハイマーの下請け人ブッシュ一族=CIAが請け負った事になる。

当時.ヨーロッパでは.ナチス・ドイツ=アドルフ・ヒトラーがユダヤ人を
大量に殺害しその財産を奪っていた。
ヒトラーがユダヤ人から奪った貴金属.金塊の販売を担当していたのが
ブッシュ一族の経営するユニオン銀行であり、ユニオン銀行のヨーロッパ支店長が
後にCIA長官になるアレン・ダレスであった。

ブッシュ一族のユニオン銀行のヨーロッパ支店長ダレスが、
そのままCIAのヨーロッパ支局長であった点に、
ブッシュ=オッペンハイマー一族とCIAの一体化が読み取れる。

ブルームは、このダレスによって育てられ、後にCIA日本支局長となる。

CIAが、ブッシュ=オッペンハイマー一族の
「私的」な情報収集組織=スパイ組織として発足している事が分かる。

当時、CIAヨーロッパ支局長のダレスの下には、ブルームの他に
同じオッペンハイマー一族のヘンリー・キッシンジャーが居た。

ブルームは日本へのCIA工作員=スパイであり、
キッシンジャーはソ連(ロシア)に対するCIA工作員(スパイ)であった。
同じ、ダレスの部下として同じオッペンハイマー一族として
ブルームとキッシンジャーは、ジュネーブの地でしばしば共に食事や
個人的交友をしたであろう事が想像される。

スパイを養成するには、子供の頃から訓練しなければならない事は、
高校時代からダレスに教育されたブルームが一番良く知っていた。
1945年、CIA日本支局長となったブルームは日本人のCIA工作員
(スパイ)となる人材を探し始める。

ブルームは、当時、日本の吉田茂首相を毎日、呼び付け
日本の政治に様々な命令を下していた。
ブルームは、しばしば吉田茂の自宅を訪問もし、深夜まで吉田首相と会談した。

その時、ブルームが目を付けたのが吉田茂首相の孫であった。
ブルームは吉田首相の孫を自分の家に引き取り、
子供の頃から工作員(スパイ)として徹底的に教育し育て上げる。
この吉田首相の孫が、2008年現在の麻生太郎首相である。


<引用終わり>
---------------------------------------------



管理人

本当の危機は、北朝鮮問題の影に隠れてやって来る。

11月初旬に米国のトランプ大統領が来日します。
危険なのは、寧ろ、トランプ大統領が帰国してから年末までが不安視されます。

衆院選挙が行なわれた後に、トランプ大統領が来日するということの意味は、
既に、安倍自民党が勝つことが決まっていることを意味します。
そして、トランプ大統領が<裏で>要求する天文学的なお金 or(米国債)を
日本がそのほとんどを飲めば、当分は大丈夫と思いますが、
しかし、日本にはもうお金があまり無いでしょう。

出し渋ると、何かやられる可能性も全面的には否定出来ません。
米国が債務上限引き上げを12月中旬まで延長という話は・・・
皆さん、既にご存知のはずです。
トランプ大統領の来日は、それと無縁である訳がありません。

その前に、何か起こすことは得策ではありませんので、
何も起こらないと思う次第です。
北朝鮮に関しては、恐らく、尻切れトンボに終わる公算が大です。

ほとんどのテロは、アメリカCIAがやっていることを考えれば、
以上のような推論になります。


ずっと疑問だった、安部・福田短期政権の謎と深い闇!?
https://ameblo.jp/64152966/entry-11348251736.html

思い出されるのが、2008年9月1日の、福田康夫首相の突然の辞任である。
「あなたたちとは違うんです」との名(迷)セリフを残して記者会見場を後にした
「のび太総理」だが、じつは、アメリカ政府から、しつこく「ドルを融通してくれ」
との圧力を受けていたようなのだ。

しかも、それは半端な金額ではなかった。
じつに、日本が保有する全外貨準備高にあたる1兆ドル(約100兆円)の
提供を求められたという。

これは、アメリカ政府が今回の金融パニックを封じ込める目的で投入を
決めた7000億ドルを上回る金額である。
要は、自分たちの失敗の尻拭いを日本に押し付けようとした、
アメリカのムシのよすぎる話に福田前首相はキレてしまったというのである。


~ 引用終わり ~


安倍~福田~麻生と続く政権は、いずれも短命に終わった。
その後、不正選挙とマスコミを総動員して自民党は、一時的にお灸をすえられた。
そして、民主党政権が誕生したが、2011年3月11日に
ドカンとやられた。
大地震からなる原発事故で、日本は存亡の危機に立たされることになった。

今の日本は、あの当時の情況と非常によく似ています。
ヤクザの世界と同じです。
言うことを聞かなければ、どうなるか分かっているだろうな!
・・・という訳です。

自民党政権が、アメリカのいうことを丸呑みすれば、
恐らくは、勘弁してもらえるでしょう。
しかし、その莫大なツケは、間違いなく日本国民が支払う羽目になります。
結果、日本の財政危機~破綻 は・・・
戦後最大の危機を迎えると予想しています。

もうお金がありませんと、少ししかお金を出さないとなると・・・
北朝鮮問題を利用して、巨悪テロを起こされる可能性が多分にあります。
阪神大震災~123便撃墜事件~311東日本大震災・・・

ですから皆さん・・・
トランプ来日に注目すべきです。
この件は、恐らく、決して表には出て来ないと私は思っていますが、
いつの世も、真相は隠されてきたのです。

トランプ来日 と 米国が債務上限引き上げを12月中旬 ・・・
これが、年末以降の最大のキーワードになるでしょう。

場合によっては、ブログやメルマガにおいて、
緊急警報 を出すこともありますので、
その時には、皆さんにも必ずお知らせします。











お知らせ

9月20日に、★メルマガ第56号を配信しました。

肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!
~真菌培養でアスペルギルスが
検出されないのは何故か!?


まだ届いていない読者の方は、直ぐに、メルアドのほうにご連絡下さい。



ヒマワリ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



★メルマガ第1号~ガンの本質と生還
★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】
★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】
★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」
★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』
★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』


★メルマガ第6号『白血病について』
         〇生還の為に知っておくべきこと!
        〇『白血病について』~重要資料
★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足
★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』
★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』


★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』
★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者
★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ15号 決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?
★メルマガ第16号 東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光


★メルマガ第17号 勇気を失うことはすべてを失うことである。
★メルマガ第18号 がん細胞のボディーガードを光で死滅させる画期的技術を世界に発表!
★メルマガ第19号 高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!
★メルマガ第20号 もしもの危機の時の準備を!
 〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。
★メルマガ第21号 家のローンの変動金利があなたを破産させます!
★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器 機械から、マイナスの電子を
体内に注入出来れば、結果としてマイナスイオンが体内で発生します。
★メルマガ第23号 『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』
★メルマガ第25号 『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』
★メルマガ第26号 『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』
★メルマガ第27号 『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】
★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』
★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】
★メルマガ第30号 『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』
★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!
★メルマガ第32号『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』
★メルマガ第33号 『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
 〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!
★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】
★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!
★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!
★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!
★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!
★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』
★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!
★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?
★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!
★メルマガ第46号
我々は、40万人のガン患者を救える治療法を見つけることが出来るだろうか!?
★メルマガ第47号 【高濃度ビタミンC点滴療法の真実】
★メルマガ第48号 何故〜甲状腺ガンが全国で増えているのか!?
★メルマガ第49号
女性ガン死亡者数第1位(男性第3位)は〜『大腸ガン!』〜その予防法
★メルマガ第50号
癌細胞は、体内の重水素(トリチウム)と活性酸素に起因して大増殖する!
★メルマガ第51号
決して誰も書かない川島なお美さんの死の真相とは!?


★メルマガ第52号
活性酸素を大量発生させガンを発症させる最大の真犯人はリッキーガット症候群!
★メルマガ第53号 奇跡の野菜〜マルンガイ〜と石垣島!
★メルマガ第54号 三島由紀夫の最後の遺言
★メルマガ第55号
スキルス性〜胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?















. 急速に進行する極めて予後の悪い悪性ガンの正体とは!?

急速に進行する極めて
予後の悪い悪性ガンの正体とは!?









今こそ多くの人に
知って欲しい 【ガンの秘密】
https://ameblo.jp/64152966/entry-12270889591.html



管理人

ガンの真相の一端を世界に公表した・・かの有名なイタリアの
シモンチーニ博士は、医療マフィアの手によって
3年間も投獄されてしまいました。

真実を明らかにする人間には、容赦ない弾圧が待ち受ける。
私のブログも『 悪質~危険サイト 』に指定された可能性が高いです。
それ故に、過去、何万もあったフェイスブックのシェアが全て消されています。

ある読者の方から言われました・・・
「ワントンさんのブログも時間の問題かなと思います。」
「なので、今の内に、真実を知っておこうと思いました。」・・・と。

私としても、今のうちに、多くの真相を知る事が出来る
ヒントのようなものを残しておきたいと思うようになりました。
人の命に関わる情報以上に大事なものがこの世にあるでしょうか?

冒頭の画像は、真菌の接合菌~ムーコルです。
この名前を是非、記憶しておいて下さい。
いつか、きっと役に立ちます。


大日本住友製薬のビデオですが、以前、見れなくなっていたのに、
今、見れるようになっています。
驚きました。

動画をリンクしておきます。

アスペルギルス
https://ds-pharma.jp/gakujutsu/contents/zygomycetes/figure/aspergillus/

カンジダ
https://ds-pharma.jp/gakujutsu/contents/zygomycetes/figure/candida/

クリプトコッカス
https://ds-pharma.jp/gakujutsu/contents/zygomycetes/figure/crytococcosis/

接合菌(ムーコルなど)
https://ds-pharma.jp/gakujutsu/contents/zygomycetes/figure/mucormycosis/



ガンには進行の遅いものと極めて早いものがあります。
これって、寄生したカビ菌の種類にも関係しているのではないでしょうか。

もし寄生したカビ菌が、
ムーコルなどの極めて繁殖力の強い接合菌が主犯であったら・・・
ガンの増殖と進行が早いのは当然です。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/mmj/57/4/57_16.006/_pdf

ムーコル症は、
いったん発症すると急速に進行し致死的経過を辿ることが多く、
予後不良なため、早期診断、治療が不可欠。

ムーコルは、菌糸の中に隔壁がありません。
なので、菌糸の先端部分がどんどん延びていくのです。
つまり、成長が極めて早い訳です。

脳や鼻、そして、肺を侵食していきます。
真菌症の一つであるムーコル症は、極めて危険な症例なのです。

真菌症というものが存在する一方・・・
その周辺にガンという悪性細胞も発現します。

真菌とガンの因果関係が大いに疑われています。
真菌が確認されたものを真菌症と呼びます。

真菌やウィルスが確認されないものをガンと呼びます。
この境目の違いは、一体何でしょうか?

前回のブログでは、6年以上にも渡って肺アスペルギルス症との
闘病記を御紹介しました。
この患者さんの一番の疑問は、肺アスペルギルス症と診断されたにも
関わらず、真菌のアスペルギルスが培養しても見つからないことでした。

皆さん、驚くなかれ・・・
真菌は、周囲の環境が変わると・・・姿~形を変えるのです。
例えば、培養条件のペーハーを変えるだけで
真菌は別のもの、別の微生物に変化するのです。

これが、アスペルギルスを幾ら探しても見つからない原因です。
アスペルギルスだけではありません。
アスペルギルス、カンジダ、クリプトコッカス、ムーコル・・・
すべからく、み~んな同じように変異します。

これが、ガンの真相を隠している最大の原因です。
カビ菌などの真菌だけではありません。
ウィルスや細菌だって同じなのです。


カンジダは・・・白色。
アスペルギルスは・・・初期が白色でやがて黒色に染まります。
ムーコルとクリプトコッカスは、ただ今、調査中です。

ムーコルについては、徹底的に調べて、いずれ近い内に、
メルマガで記事にする予定です。

とにかく、ムーコルは大変危険な真菌です。
急速に進行する極めて予後の悪い悪性ガンは、
このムーコルが関与している可能性が非常に高い。

世界と日本の巨大医療マフィアのトップは、この怖ろしい真相を
ずっと隠し通しています。
この真相を知る医師でさえ、ほんの数十人に限られている可能性があります。

つまり、真相を知らないお医者さんに命を預けることになる訳です。
真相を知らずして・・・如何に、治療出来るでありましょうか!?

悪性ガンが既に進行している人は、
徹底的かつ劇的な体内環境の改善が求められます。
そして、アスペルギルス、カンジダ、クリプトコッカス、ムーコル・・・
これらの真菌の最弱点を知ることに尽きます。

同様に、癌ウィルスにしても然りです。


ガンの患部に、真菌やウィルスが見つかる場合もあれば、
見つからない場合もある真相を皆さんに是非、知っていただきたい。

癌は真菌の増殖が原因だという仮説はほんとうか調べた
http://tacchan.hatenablog.com/entry/2015/01/20/231913

<一部引用>

決定的なのは大日本住友製薬のこのビデオ。

腫瘍病原真菌の姿-アスペルギルス

深在性真菌症の原因として、アスペルギルスを筆頭に、カンジダ、
クリプトコッカス、ムーコルなどの接合菌が4大原因真菌といわれています。
監修が帝京大学名誉教授だの、学術指導と協力が帝京大学だの日本赤十字だ。

ビデオの中で肺がん患者の肺の癌に、
アスペルギルスの菌糸が蔓延してるようすが映っています。
アスペルギルスは免疫が低下した患者に日和見感染するのですとか言ってます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



癌とは真菌の組織塊であり腫瘍とは別物
http://www.link-21.com/earth/a10.html

ガン患者の8割が抗がん剤などの副作用で死んでいるという。
というか、そもそもがん細胞というものが特定されていないのだから、
ガンで死ぬということがどういう現象なのかわからないのである。

今日、がんとは「遺伝子変異によって自律的で制御されない増殖を
行うようになった細胞集団のなかで周囲の組織に浸潤し、
また転移を起こす悪性の腫瘍」ということになっている。
つまり、良性か悪性かの違いは、遺伝子変異によって決定づけられるというのだ。

これを角度を変えて宗教的に考えてみると、
腫瘍には天使と悪魔の両面があるといっているのと同じであることに
気づかれたのであろうか。
根拠のない遺伝子変異を中心に展開する科学の論理は、
裸の王様理論というよりもオカルト理論なのである。
がん治療の世界はオカルトの世界なのである。

2 がんは真菌の組織塊で深在性真菌症である

近年、日本では、真菌感染症や深在性真菌症の研究が進んでいる。
真菌感染症というと水虫、たむしのように患部が皮膚の角質などに止まり
真皮に及ばない表在性真菌症が治療の中心であったが、皮下組織や、脳、肺、
心臓などの内部臓器まで及ぶ深在性真菌症の研究が進んでいる。

つまり、皮膚の角質に白癬菌が広がるように、皮下組織や内部臓器に
真菌が増殖し広がる事象が認識されていて、高血圧、動脈硬化、心疾患、
脳疾患、各臓器での感染炎症などにつながると研究されているのである。

大日本住友製薬のHPには、深在性真菌症として、アスペルギルス、カンジダ、
クリプトコッカス、ムーコルなどの接合菌を動画で紹介しているのだが、
その症状はがんと同じであることに気づく。

主要病原真菌の姿(大日本住友製薬HPへリンク)
アスペルギルス
カンジダ
クリプトコッカス
接合菌(ムコール)

HPでは、アスペルギルスと肺がん、カンジダと肝臓障害との関連付けしていて、
クリプトコッカスはAISDとの関連を指摘しています。
また、ムーコルなどの接合菌は、菌糸が急激に増殖する事例を紹介している。

また、血液のがんと言われている白血病も、血液の中に、
真菌が増殖すると考えれたほうが合理的だ。
白血病=血液の真菌感染症と直接的には表現していないが、
下記のレポートは白血病と真菌感染症の関連を指摘していると言えよう。

血液疾患の真菌感染症 最近の動向
https://www.iyaku-j.com/iyakuj/system/M2-1/summary_viewer.php?trgid=4943

これらの深在性真菌症は、いわゆるがんの症例と似ていないだろうか。
いや同じではないだろうか。
細胞の遺伝子変異でがん細胞が増殖るのではなく、
放射真菌が皮下組織や内部臓器に広がっているのではないだろうか。
つまり、がんは真菌感染症でありであるということである。 

イタリアの医師トゥリオ・シモンチーニも、真菌であると言っているが、
彼の場合、人体にカンジタなどの真菌類が感染した際、人体の免疫による
防御システムが働くために、感染した細胞を腫瘍細胞という形で増殖させる
としていて、真菌が増殖するという説とは異なる。
彼は、まだ従来の神学論的なガンという概念から脱却できていないのだろう。

まとめると、いわゆるがんとは、細胞の突然変異によって増殖した細胞の
組織塊である悪性腫瘍が引き起こすものではなく、真菌の組織塊が、
免疫力の低下などで内部臓器内で増殖拡大する現象であるとうことになる。

むしろ、がんという病名をなくした方が理解しやすいかもしれない。









お知らせ

9月20日に、★メルマガ第56号を配信しました。

肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!
~真菌培養でアスペルギルスが
検出されないのは何故か!?


まだ届いていない読者の方は、直ぐに、メルアドのほうにご連絡下さい。



ヒマワリ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



★メルマガ第1号~ガンの本質と生還
★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】
★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】
★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」
★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』
★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』


★メルマガ第6号『白血病について』
         〇生還の為に知っておくべきこと!
        〇『白血病について』~重要資料
★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足
★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』
★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』


★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』
★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者
★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ15号 決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?
★メルマガ第16号 東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光


★メルマガ第17号 勇気を失うことはすべてを失うことである。
★メルマガ第18号 がん細胞のボディーガードを光で死滅させる画期的技術を世界に発表!
★メルマガ第19号 高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!
★メルマガ第20号 もしもの危機の時の準備を!
 〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。
★メルマガ第21号 家のローンの変動金利があなたを破産させます!
★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器 機械から、マイナスの電子を
体内に注入出来れば、結果としてマイナスイオンが体内で発生します。
★メルマガ第23号 『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』
★メルマガ第25号 『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』
★メルマガ第26号 『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』
★メルマガ第27号 『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】
★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』
★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】
★メルマガ第30号 『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』
★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!
★メルマガ第32号『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』
★メルマガ第33号 『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
 〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!
★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】
★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!
★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!
★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!
★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!
★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』
★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!
★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?
★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!
★メルマガ第46号
我々は、40万人のガン患者を救える治療法を見つけることが出来るだろうか!?
★メルマガ第47号 【高濃度ビタミンC点滴療法の真実】
★メルマガ第48号 何故〜甲状腺ガンが全国で増えているのか!?
★メルマガ第49号
女性ガン死亡者数第1位(男性第3位)は〜『大腸ガン!』〜その予防法
★メルマガ第50号
癌細胞は、体内の重水素(トリチウム)と活性酸素に起因して大増殖する!
★メルマガ第51号
決して誰も書かない川島なお美さんの死の真相とは!?


★メルマガ第52号
活性酸素を大量発生させガンを発症させる最大の真犯人はリッキーガット症候群!
★メルマガ第53号 奇跡の野菜〜マルンガイ〜と石垣島!
★メルマガ第54号 三島由紀夫の最後の遺言
★メルマガ第55号
スキルス性〜胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?











. 肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!
~真菌培養でアスペルギルスが
検出されないのは何故か!?








お知らせ

今夜7時に、★メルマガ第56号を配信します。

肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!
~真菌培養でアスペルギルスが
検出されないのは何故か!?




肺ガンと肺アスペルギルス症の秘密と真相を知るための
大きな手掛かりになることを願って止みません。
真相を知らずして、いかにして治療が施せるでしょうか!?

今回のメルマガはかなりの長文です。
ブログ読者の皆さんには、その一部を御紹介致します。


-----------------------------------------


アスペルギルスのカビ毒の一つである
~アフラトキシンB1は
自然界でもっとも強力な
発ガン物質として知られています。





肺にカビが生えました~肺アスペルギルス闘病記~
https://ameblo.jp/qme123/

この方の記事をずっと追っていきました。
2009年8月23日から記事がスタートし、
2016年1月6日をもって更新がストップしています。

およそ6年と4ヶ月という長い期間に渡って闘病が続いています。
さぞ大変だったことでしょう。
この方の苦難とご心痛を心よりお察し申し上げます。
実際の生の闘病記ということで大変参考になります。
決して無駄にすべきではないと思った次第です。

更新がストップした頃の記事を見てみますと、
年末から血痰が出だし、量は多くはないものの現在も続いています。
・・・とあります。

少し気になって調べますと、

肺がんの初期症状の一つに・・・
血痰(けったん)が出るというものがあります。

血痰とは、肺や気管、気管支、喉からの出血が痰に混じって出るものです。
主な原因として肺や気管支の血管からの出血や気管支などの粘膜の炎症に
よる出血、また鼻血が喉に落ちてきて血痰として出ることもあります。

じつは血痰だけで見ると90%は他の病気
(慢性化した風邪、肺炎、気管支炎、気管支拡張、肺結核、肺血栓、肺梗塞)
と診断されるので、肺がんである確立は非常に低くなっています。

しかし、肺がんの初期症状で咳があった人が85.7%、
さらに血痰が出るという症状があった人が57.1%、
咳と血痰の両方の症状が同時に見られた人は92.9%という統計があります。


更に・・・7年以上も闘病しているのに、
肺の検体からアスペルギルスが検出されないといった事実。
そして、一般細菌も検出されていないそうです。
にも関わらず、・アスペルギルス抗体が陽性というところから、
まず肺アスペルギルス症が疑われるとのことです。

これは一体どういう事なんでしょうか?


2009年当時の初期の頃の記事より
https://ameblo.jp/qme123/entry-10327506059.html

2009年8月24日

今年の春先から咳と発疹が出て、アレルギーを抑える薬で
一旦咳は落ち着いたものの、全身の発疹はずっと治まらず。
いつものように週末自転車に乗った後、嫁の実家でご飯をご馳走になり、
その後風呂からあがったところ、やたらに寒い。

周りの家族はまったくそんな事無い様子。
昼間からちょっと出ていた咳も段々強くなる。
特に気にしないようにして帰宅したが、どうも調子が悪い。
熱を計ると38度5分あった。

翌日にその病院に行ってレントゲン撮ってみたところ、
肺全体が炎症を起こしてることが発覚。

診てもらったところ、肺のう胞に真菌(カビ)が入り込んで
そいつが悪さをしている可能性があるとのこと。

通常どこにでもあるようなカビ(=アスペルギルス)で、
健常者なら吸い込んでも痰と共に排出し全然問題ないが
結核等で肺が壊れた部分があると、
そこに取り付いてしまうことがあるらしい。

今思えば去年の春にも咳が止まらず近くの内科で「たぶん百日咳」と
診断されたが、これもアスペルギルスの兆候だったのかもしれない。

疑いはあるものの、 体内からアスペルギルスそのものは見つかっていない。
とりあえず症状を抑える為にステロイド5mgを6錠/日(朝・昼・夜各2錠)服用。
これが劇的に効き、咳・皮膚炎ともに一気に治まる。

ステロイドは一旦始めると急には止められないものらしく、
それから長い期間をかけて少しずつ減量。
減量してまた症状がでるかをみることとなった。

2ヶ月ほどかけて朝の2錠のみまで減量したあたりで、やはり症状再燃。
気管支鏡で検査をする事になった。

肺の壁をこすって採取したものと洗浄液とを培養し、
アスペルギルスの有無を確認するわけだ。
1週間後に診察に行くとまだ検出できていないとのこと。

明らかにアスペルギルスがいると分かっていても
検出できないこともあるそうだ。
そこで更に1週間培養してみることに。
あわせて痰も採取して2週間の培養後にもう一度診察となった。


2009年8月27日 ~ 休暇勧告

先日上司に呼ばれ、体調のことなどを聞かれた。
曰く「他人にうつる病気ではないと聞いているが、
病名が確定していない以上100%とは言い切れない。
今は閑散期だし、病名が確定するまで休んではどうか」と。

万が一社内に蔓延したらとんでもないことになる。
これだけ社内で咳されれば心配になるのもゴモットモ。
かと言って、5ヶ月かけて調べてまだ確定しない病名。
いつになるか判らない。


4日目
先生の話によるとまだカビが検出されたわけではないが、
肺アスペルギルス症のうち恐らく「アスペルギローマ」であろうとのこと。

11日目
血液検査の結果、アスペルギルス抗体(+)で、ようやく体内に
アスペルギルスが居ることが立証された。
その他の結核、白血病、HIV等などの感染症は全てマイナス。


2011年10月19日

昨日の気管支鏡検査の時の写真を見せてもらった。
カラーコピーでやや画質は悪いが、病変部はよくわかる。





①が気管支から肺に入っていったところ。

②が球菌がある空洞の入り口。

カメラはここまでで、ここからブラシと洗浄液で採取するつもりだったが、
うまいこと空洞の中まで入れたらしい。

その中の写真が③。
黒っぽくボコボコしたカビや痰がわかる。

カメラで見ながら一部を採取してるので、いい検体が取れた模様。

組織と洗浄液を回収してカメラを抜こうとしたところ、
④の塊がポロっと落ちてきたのでそれも採取したらしい。



2011年11月13日

明日昼頃から手術予定。
呼吸器外科手術としてもかなり大変な部類に入るようだ。
アスペルギルスが生えている箇所には新たに多くの血管が集まって
くるらしく、大量出血が予想される。
更に気胸の手術で癒着剤を使用しているので
癒着を剥がすだけでもかなりの時間を要する。

一番怖いのが縫合した気管支が弾けてしまうこと。
正確な統計は出ていないが、経験値的に10%以上の確率で起こるらしい。

ただ、この合併症は大体術後10日から2週間の内に発生するので、
そこを乗り越えればひとまず成功と言えそうだ。


2011年11月19日

やはりアスペルギルスが陽性だったが、
腫れはなく、少し赤くなっただけだった。
皮膚が一番強く反応が出て通常はかなり腫れるらしい。

体内のアスペルギルス抗体が少ないのか?
先日の気管支鏡の検体培養でも結局アスペルギルスは
確認できなかったらしい。

そもそも本当にアスペルギルス症なのか?
という疑問すら出てきた(笑)

まあ、気管支鏡の画像でもわかる通り、
上葉部は腐って使い物にならない状態。
取ってしまわないといけないことにはかわりないだろう。


2015年12月17日

ここ数ヶ月で体重がまた減っているので、脂質を多めに摂って
体重増加を心がけるように言われました。

現在約45kg


2015年12月21日

2週間の入院で原因の同定まではいきませんでしたが、

・検体から一般細菌は検出されていない(アスペルギルスもだけど)

・ジェニナックが効かなかった

・アスペルギルス抗体が陽性

というところから、まず肺アスペルギルス症が疑われるとのことです。

検体の培養はまだ続けるようですが、生えてくる可能性は低いとのこと。
肺の空洞内にあるため気管支鏡で洗ったりブラシで擦ったりしても
なかなか上手いこと採取できないようです。
生えてくれれば薬の感受性なども調べられるので、
生えて欲しいような欲しくないような・・・



2016年1月6日~最後の記事

退院後初の外来受診。
肝機能が悪くなってるようで、2週間後の次回受診まで
イトリゾールは一旦休止することになりました。

年末から血痰が出だし、量は多くはないものの現在も続いています。

退院時に比べ、CRPは減少。白血球増加。

もしかしたら一般細菌が被ってきてる可能性もあるので、
オーグメンチンとアモキシシリンを1週間分処方されました。

肝機能が戻ってから真菌薬をどうするか検討するとのこと。
イトリゾールを減量すると限度額に届かなくなってしまうので
ちょっと困ることになるな・・・


~ 引用終わり ~

---------------------------------------------------



管理人

結局、6年以上にも渡る記事のほとんどを見させてもらいました。
ずっと通院し、手術も何回も行い、入退院の繰り返し。
そして、毎日のように安くない処方箋を飲み続ける。
医療費は家計を圧迫し、お仕事も思ったように運ばない。

この方の艱難辛苦は、当のご本人や家族の人でなければ
決して理解してもらえないでしょう。
にも関わらず、あまり恨み言など言われるでもなく、
そのような日々の苦難やご苦労を淡々と綴っておられます。
私も心が締め付けられるような思いで見させていただきました。

カビ菌などによる真菌症が、いかに大変なものなのかを
今回、初めて実感させられました。

2015年の後半になると、体重がどんどん減っておられます。
42歳で、現在約45kg。・・・
普通の成人男性の平均は、66kgです。
大変な事態になったことを疑わせます。


驚くべきは、6年以上にも渡る闘病生活と検査をされておられながら、
ただの一度もアスペルギルスの培養に成功されていないことです。
にも関わらず、アスペルギルス抗体が陽性とは・・・これ如何に???

この部分が最大の謎であり、大きな秘密が隠されていると思う訳です。


調べて見ると・・
培養が2回連続して陰性となる場合もあるとか。


医師の研究論文で大変貴重な記事を見つけました。

肺アスペルギルス症が先行した肺平上皮癌の1 例
https://www.jstage.jst.go.jp/article/haigan/45/2/45_2_145/_pdf

NSIP による既存の胞内に腐生性にアスペルギルスが感染し,
その後肺癌を発症したと推測された。
結論.肺アスペルギルス症が抗真菌剤に反応しない場合,
肺癌が合併する可能性を常に念頭におくべきである。


入院後経過:左S9 よりBAL を施行した.回収率は
18%,細胞数は4.1×105ml と増加し,好中球49.6%,
マクロファージ46.8%,リンパ球1.8%,好酸球1.8%,
CD4CD8 0.85,と感染を示唆する所見を認めた。

細胞診は陰性,
真菌培養でアスペルギルスは検出されなかった。


本症例では,肺アスペルギルス症と診断された2000年の時点で
すでに肺平上皮癌が存在し,腫瘍内部の壊死部分,空洞部分に
アスペルギルスが腐生していた可能性が否定できない。

しかし,その際行われた諸検査では悪性細胞が一切検出されなかったこと
から,肺アスペルギルス症が肺癌に先行した可能性が十分に考えられる。

アスペルギルス感染が肺癌発症に及ぼす機序は不明であるが,
アスペルギルスが存在する空洞内面にはprotease やmycotoxin等の
分泌物や菌体成分等による種々の炎症が認められることから,
肺癌発症へのなんらかの刺激となっていることが推測される。

しかし,アスペルギルスからの刺激によりわずか3 年程度で発癌する
というのは短すぎる印象もあり確定的ではない。
一方で,同じ部位に両疾患が発生し,過去に同様の報告が散見される
ことから,なんらかの因果関係がある可能性は極めて高いものと推測される。

いずれにしても,肺癌と肺アスペルギルス症のいずれが先行するかに
ついては,診断をする時期や技術等も考慮しなければならず,
容易に確定できるものではないと考えられる。


~ 引用終わり ~
-----------------------------------------



もみじ
続きは、★メルマガ第56号をご覧下さい。



ヒマワリ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



★メルマガ第1号~ガンの本質と生還
★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】
★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】
★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」
★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』
★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』


★メルマガ第6号『白血病について』
         〇生還の為に知っておくべきこと!
        〇『白血病について』~重要資料
★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足
★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』
★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』


★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』
★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者
★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ15号 決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?
★メルマガ第16号 東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光


★メルマガ第17号 勇気を失うことはすべてを失うことである。
★メルマガ第18号 がん細胞のボディーガードを光で死滅させる画期的技術を世界に発表!
★メルマガ第19号 高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!
★メルマガ第20号 もしもの危機の時の準備を!
 〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。
★メルマガ第21号 家のローンの変動金利があなたを破産させます!
★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器 機械から、マイナスの電子を
体内に注入出来れば、結果としてマイナスイオンが体内で発生します。
★メルマガ第23号 『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』
★メルマガ第25号 『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』
★メルマガ第26号 『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』
★メルマガ第27号 『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】
★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』
★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】
★メルマガ第30号 『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』
★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!
★メルマガ第32号『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』
★メルマガ第33号 『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
 〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!
★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】
★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!
★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!
★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!
★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!
★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』
★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!
★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?
★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!
★メルマガ第46号
我々は、40万人のガン患者を救える治療法を見つけることが出来るだろうか!?
★メルマガ第47号 【高濃度ビタミンC点滴療法の真実】
★メルマガ第48号 何故〜甲状腺ガンが全国で増えているのか!?
★メルマガ第49号
女性ガン死亡者数第1位(男性第3位)は〜『大腸ガン!』〜その予防法
★メルマガ第50号
癌細胞は、体内の重水素(トリチウム)と活性酸素に起因して大増殖する!
★メルマガ第51号
決して誰も書かない川島なお美さんの死の真相とは!?


★メルマガ第52号
活性酸素を大量発生させガンを発症させる最大の真犯人はリッキーガット症候群!
★メルマガ第53号 奇跡の野菜〜マルンガイ〜と石垣島!
★メルマガ第54号 三島由紀夫の最後の遺言
★メルマガ第55号
スキルス性〜胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?














. 臨時国会冒頭解散が叫ばれる最中~9月23日の人類滅亡説が流される!?

臨時国会冒頭解散が叫ばれる最中
~9月23日の人類滅亡説が流される!?








9月18日
<臨時国会>首相、冒頭解散で調整 10月22日投開票が軸
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170918-00000003-mai-pol

安倍晋三首相は28日の臨時国会冒頭にも衆院を解散する方針を固めた。
政府・与党は衆院選を「10月10日公示・22日投開票」の日程で
実施することを軸に調整に入った。
内閣支持率が回復基調にあるとみて、民進党など野党の選挙協力や、
小池百合子東京都知事の側近らによる新党結成の動きが進まないうちに
解散する方が得策との思惑がある。







菅野完‏ @noiehoie
https://twitter.com/noiehoie/status/909168047876911105

しかしこれで臨時国会冒頭解散となると安倍内閣は
「戦後はじめて、明示的に、憲法を守らなかった政権」ということになるな。
憲法で義務付けられてる臨時国会開催を忌避して選挙しよるわけだから

今ある憲法守れん連中が唱える改憲って
「アル中が飲酒運転を禁じる道路交通法改正を叫ぶ」ようなもんだ




管理人

臨時国会冒頭解散~で騒ぎになっている今日、機を一にして、
18日に・・・トーイツの産経新聞が、おかしな記事を紹介しています。
惨軽は、過去にたくさんの暗号記事を出している前科があります。

検索したトカナの記事の題目の冠には、いきなりイルミの目玉が登場。
イルミナティ御用達の記事という訳です。


2017年9月17日
【悲報】9月23日の人類滅亡がほぼ確定!
惑星の配置が黙示録の記述を完全再現していることが判明!

http://tocana.jp/2017/09/post_14483_entry.html


いよいよ、その時が近づいてきた。
トカナがこれまで再三に渡り警告してきた地球滅亡のXデーが
今月23日に迫ってきている。
だが、そもそも何故、今月23日に地球が滅亡するのか? 
馴染みのない読者のために、滅亡のシナリオを今一度おさらいしておこう。

■ 23日にキリストが再臨し、最後の審判が訪れる

滅亡日を9月23日と確定したのは、『Planet X - The 2017 Arrival』の
著者としても知られる、聖書研究家で天体観測家のデイビッド・ミード氏だ。
氏によると、8月21日に北米大陸で観測された皆既日食
「グレート・アメリカン・エクリプス」は、この世の終末を示しているとされる
旧約聖書『イザヤ書』の第13章、9節と10節にぴったりと重なり、
10節の記述こそ、まさに先の日食を暗示しているという。
そして、ほどなくして怒り狂った主(神)が再臨し、罪人を裁く
「最後の審判」がやって来るというのだ。


「見よ、主の日が来る。残忍で、憤りと激しい怒りとをもってこの地を荒し、
その中から罪びとを断ち滅ぼすために来る」(13章9節)
「天の星とその星座とはその光を放たず、太陽は出ても暗く、月はその光を輝かさない」
(13章10節)

また、驚くべきことに、ピラミッドの存在も同説を裏付けているとミード氏は語る。
曰く、ギザの大ピラミッド内部の2つの通路、下降通路(Descending Passage)と
上昇通路(Ascending Passage)が、9月20日以降きわめて正確に、
ある天体を指し示すというのだ。
下降通路が指し示している天体はしし座で最も明るいレグルス(しし座α星)であり、
上昇通路が指し示しているのは、“救世主”(メシア)を意味する木星だという。
そして、この2つの天体が指し示される時こそ、終末の到来だという。

ミード氏の独自分析によるニビル衝突予測であるが、
ミード氏とは別に多くの人々がミード氏の終末予想と同じ予想をしている。


「アメリカの皆既日食はキリストの再臨のシグナルであり、
9月23日から世界の終末が始まる」
(終末論系ブログを運営するマイケル・パーカー氏)

「8月21日の皆既日食は黙示録の時代が到来する前兆である」
(キリスト教福音派の書物の出版を手がけるゲイリー・レイ氏)

■ 大いなるしるし(ニビル)が天に現れる

 では、一体なにが終末をもたらすのか? 
それは『ヨハネの黙示録』第12章で予言されているという。

「また、大いなるしるしが天に現れた。ひとりの女が太陽を着て、
足の下に月を踏み、その頭に十二の星の冠をかぶっていた」
(12章1節)
「この女は子を宿しており、産みの苦しみと悩みとのために、泣き叫んでいた」
(12:2)

英紙「Express」(9月14日付)の解説によると、
ここで言及されている“大いなるしるし”こそ、謎の惑星「ニビル」であるというのだ。
ニビルは、太陽系の一番外に存在するとされる未知の惑星であり、
かねてより地球に衝突するか、最接近すると言われ続けてきた。

地球の4倍の大きさのニビルが地球に衝突したらどうなるかは想像に難くないが、
最接近時にも、その引力によって地球内部の活動に大きな異変が生じ、
気候変動などの自然災害が多発、人類は滅亡してしまうと言われており、
ミード氏は、南北の磁極が入れ替わるポールシフトの影響で、巨大な津波や
イエローストーンの噴火が引き起こされ、混乱に乗じた核戦争まで起こると予想している。

さらに、上述の『ヨハネの黙示録』の引用にも9月23日にニビルが地球に接近する
根拠が書かれているというのだ。
「Express」(9月13日付)に掲載されているゲイリー・レイ氏の解説によると、
“ひとりの女”とはおとめ座のことであり、聖母マリアの象徴とのことだ。
そして、23日には月がおとめ座の足元へ、太陽も衣服のようにおとめ座に被さり、
メシアの象徴である木星もおとめ座方向にあるという。

これは12年周期で起こる天体現象であるが、今回は「ユダのライオン」も
関わってくるため、非常に珍しいそうだ。
先述したように、ピラミッドの下降通路が指し示すのも、しし座のレグルスである。
そして、“十二の星”は、しし座の9つの星と、それと直列する火星、金星、水星の
ことであり、23日にはまるでこれらの星が冠のようにおとめ座の額に現れるというのだ。

ニュージーランドの化学者であり、クリスチャンのジョナサン・サーファッティ氏など、
ミード氏らの予想を否定する者もいるが、多くのクリスチャンが23日を警戒している。
非キリスト教徒にとっては、あまりピンと来ない話かもしれないが、
もしもの時のために心の準備だけはしておいた方が良いだろう。

それにしても、せっかくの秋分の日(祝日)に世界が終わるとはなんとも切ない。
願わくば、外れて欲しいものだが……。(編集部)

※イメージ画像は、「Thinkstock」より







管理人

謎の惑星「ニビル」!
また、出て来ました謎の惑星が・・・。

管理人は、「ニビル」は、実存しないと分析しています。
つまり、架空の惑星であると考えています。

来るぞ~来るぞ・・・と、世界の人の意識を集中する目的の為に、
創作された虚言であると申せましょう。

この「ニビル」を持ち出して、危機を煽る人は・・
大抵の場合、アチラの人間の可能性が高い。
アチラとは、無論、イルミナティの連中のことであり、
その下のフリーメーソンの人物を指します。

こんなことで、危機感を募らせるのはバカバカしい限りですが、
しかし、必ずしもそうとばかりも言っておれません。
何故なら、そういった予言に合わせて、
数々の地震やハリケーン、大災害テロを実行してきた前科があります。

ニビルが地球に接近することは有り得ない。
まして、地球と衝突することなんて絶対にない。
しかし、その代わりに何かが起こされる可能性は否定出来ません。
そういえば、エレニン彗星衝突なんてのもありました。



http://aioi.blog6.fc2.com/blog-entry-2108.html



今日まで、我々はそういった数々のシグナルを全て見落として来た。
結果、後になって判明するといった後の祭りの悔しさを味わって来たのです。
今回、記事にするのもそのような経緯と意図からです。

いつの場合でもそうですが・・・
実際に起こるか起こらないかは分かりません。
イルミナティの幹部にしか分からないのです。
しかし、警戒だけは怠らないようにしよう・・・
それが、私の明確な立場です。

皆さん、【悲報】9月23日の人類滅亡がほぼ確定!・・の記事を
何度も読み直してください。

もし何かを感じたら、その感じた心に従がって下さい。
多くは語りません。
それが「答え」になるはずです。

何も起こらなければ幸いです。

不幸にも・・・
もし何か起こったとしても、
被害のリスクを幾分~避けることにつながるでありましょう。





日本全土が消えているアメリカ海軍発表の2012年の世界地図
https://ameblo.jp/64152966/entry-10926984657.html

自民党の浜田和幸議員が、
アメリカ海軍が発表した2012年の世界地図では、
西海岸が抜けており、日本全土が消えていると、
保守の議員がおっしゃるのですよ! ↓

米海軍作成「2012年の世界地図」から消えた日本
https://ameblo.jp/hamada-kazuyuki/day-20110510.html 






お知らせ

9月10日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第55号
スキルス性〜胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



★メルマガ第1号~ガンの本質と生還
★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】
★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】
★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」
★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』
★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』


★メルマガ第6号『白血病について』
         〇生還の為に知っておくべきこと!
        〇『白血病について』~重要資料
★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足
★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』
★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』


★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』
★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者
★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ15号 決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?
★メルマガ第16号 東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光


★メルマガ第17号 勇気を失うことはすべてを失うことである。
★メルマガ第18号 がん細胞のボディーガードを光で死滅させる画期的技術を世界に発表!
★メルマガ第19号 高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!
★メルマガ第20号 もしもの危機の時の準備を!
 〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。
★メルマガ第21号 家のローンの変動金利があなたを破産させます!
★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器 機械から、マイナスの電子を
体内に注入出来れば、結果としてマイナスイオンが体内で発生します。
★メルマガ第23号 『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』
★メルマガ第25号 『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』
★メルマガ第26号 『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』
★メルマガ第27号 『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】
★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』
★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】
★メルマガ第30号 『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』
★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!
★メルマガ第32号『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』
★メルマガ第33号 『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
 〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!
★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】
★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!
★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!
★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!
★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!
★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』
★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!
★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?
★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!
★メルマガ第46号
我々は、40万人のガン患者を救える治療法を見つけることが出来るだろうか!?
★メルマガ第47号 【高濃度ビタミンC点滴療法の真実】
★メルマガ第48号 何故〜甲状腺ガンが全国で増えているのか!?
★メルマガ第49号
女性ガン死亡者数第1位(男性第3位)は〜『大腸ガン!』〜その予防法
★メルマガ第50号
癌細胞は、体内の重水素(トリチウム)と活性酸素に起因して大増殖する!
★メルマガ第51号
決して誰も書かない川島なお美さんの死の真相とは!?


★メルマガ第52号
活性酸素を大量発生させガンを発症させる最大の真犯人はリッキーガット症候群!
★メルマガ第53号 奇跡の野菜〜マルンガイ〜と石垣島!
★メルマガ第54号 三島由紀夫の最後の遺言




Deep Impact









. 熊本~北海道地震、茨城群発地震~茨城・高エネルギー加速器 SuperKEKB の関与はあるか!?

熊本~北海道地震、茨城群発地震
~茨城・高エネルギー加速器
 SuperKEKB の関与はあるか!?










シャンティさんのサイトより

2016年9月13日
高エネルギー加速器SuperKEKB
http://tenten888.blog.fc2.com/blog-entry-93.html

スイスにある大型ハドロン衝突型加速器 「LHC」。
日本のつくばにある、それより更に高性能といわれる
高エネルギー加速器「SuperKEKB」

これらのニュースが最近あちこちでみられる。
なんでも、磁場を使ってプラズマを操作したり、
地震が起きる原因になっていることがあるとも。
時空を操って、神にでもなろうとする人間があるらしい。

「LHC」とか、「SuperKEKB」って、なんだろう。
すこし調べてみることにしよう。

地震を人工的に起こすことが出来るのが、「HAARP」だ。
本来は電離層の挙動とそのメカニズムや影響について解析することが
目的という表向きだが、これは以前からよく地震兵器とさえ言われている。

さらにスイスにある世界最大規模の素粒子物理学の研究所、
「欧州合同原子核研究機構」CERNにある大型ハドロン衝突型加速器 「LHC」は、
地球の磁極に異変を起こしたり、反転させたりすることが人工的にできる。

情報
LHCは一回の実験で、全欧州の一般家庭(原発数基分)に匹敵する程の電力を
消費している施設で、大きさは東京都心にある山手線の全周(27キロ)と
同じくらいだそうだ。




昨年4月25日、ネパールでの死者が6000人という痛ましいM7.8の地震は、
地面がぬるぬると転動する非常に奇妙な揺れだったようだが、
人工地震だったことが確認されたとある。

どうやらCERNのLHC(大型ハドロン衝突型加速器 )がその当時大出力で
稼働していたようで、ネパールで強い地震が起きたのもそれが原因であるという話。

飛行機墜落事故
また昨年の3月24日に、旅客機9525便がフランス・アルプス(French Alps)の
山深い場所に墜落し、乗客乗員150人全員が死亡という事故があったが、
この時には同機はCERNの研究所に南側から接近中だった。

偶然にもこの日、CERNの地下配線がショート、
CERNの装置の再稼働が数週間延期されたという日。
CERNによって磁極が意図的に操作され南北に引き伸ばされていたことが
分かったという情報もある。

またその膨大なエネルギー量から「実験の過程でブラックホールが出来るかも」
とか、「異次元に繋がる恐れがある」等と言われていた。
いずれも実際に出来るかは分かっていないが、その膨大なエネルギー量から
周辺の環境や地球の磁場などにも変化を与えるというような話も浮上しているようだ。

LHCを管理しているCERNのマークにはなぜか「666」の輪? (笑)
陰謀論的には滅茶苦茶怪しいといわれるのも頷ける。。
LHCは第二次大戦直後くらいから研究開発が開始されているようだ。






そこに持ってきて、7月には不気味な画像が上がってきて。





LHC実験中に、研究所上空の空の色が紫に変わり、雲から強い渦が立ちのぼった
ことで、スイス上空に異次元へつながる出入り口が開かれたのかと話題になった。 

それもそのはず今年1月に、雲やUFOらしきものが一点に向かって吸い込まれていく
とんでもない現象をこの実験施設の上空で確認されていたのだから。





そしてこのCERNのLHCよりも性能において数十倍超えるという、
高エネルギー加速器SuperKEKB(スーパーケックビー)。
その運転が始まったという。
何処にあるかと言えば、なんと日本のつくば市にある
高エネルギー加速器研究機構に設置されているのだ。

2016年03月03日
http://jp.sputniknews.com/science/20160303/1715253.html

日本で、高エネルギー加速器SuperKEKB(スーパーケックビー)の運転が始まった。
この加速器は、その性能において大型ハドロン衝突型加速器を数十倍越えるものだ。
実験は、その部品の多くを製造したノヴォシビルスクの物理学者達も行う予定だ。

特にロシアの専門家達は、装置のカギを握るエレメントの一つである検出器を、
開発し作り上げた。
これは、素粒子の発生を検出する40トンの電磁熱量計で、素粒子を検出し、
そのエネルギーを測定する。

高エネルギー加速器 SuperKEKB は、
いわゆるスタンダードモデル
(然るべき物理学を基礎とした素粒子の構造と相互作用に関する理論)の
枠を超える現象を研究するためのものだ。
残念ながら、スタンダードモデルでは、物理学上のプロセスの全てを説明できない
ため、学者達は、その枠組みを越える新しい現象の模索を目指している。
SuperKEKB は、つくば市にある高エネルギー加速器研究機構に設置されている。
小林誠、益川敏英の両氏は、この装置の前身であるKEKB(ケックビー)を使った
実験及び研究で2008年にノーベル物理学賞を受賞した。


~ 引用終わり ~


2016年6月23日
関東大震災の前兆地震
【2016年の茨城県の余震回数が〇〇回!?】関連性は?

http://karaoke-diet.com/%E9%96%A2%E6%9D%B1%E5%A4%A7%E9%9C%87%E7%81%BD-%E5%89%8D%E5%85%86-%E8%8C%A8%E5%9F%8E-2016-%E5%9C%B0%E9%9C%87%E4%BA%88%E7%9F%A5-2292

関東大地震にはあるメカニズムがあった?
過去の関東大地震が起こるまでの法則をまとめると、
前兆地震が大きく関わっているみたいです。
これは、近年関東大震災が起きる確率は高そうです。

2016年、立て続けに大きな地震がありました。
熊本地震、北海道地震。
しかし、その陰で余震がすごい地域があるのをご存知ですか?

じつは「茨城県」なのです。
茨城県に余震が続くと危険な理由があります。

それは・・・




【群発地震】2017/03/24
茨城県周辺で小規模地震が多発中…M3~4の地震が続く






2017/08/03
8月2日の茨城の地震なんだが
・・・こんな地震があるかい!?

https://ameblo.jp/64152966/entry-12298233044.html



管理人

2016年は、茨城南部で震度4以上が6回起きている!




震度4以上の地震は、いずれも つくば市!!!

残りの5コは、つくば市に隣接する常総市と坂東市!!!







高エネルギー加速器 SuperKEKB は・・・
茨城県の つくば市 にある。
 

http://cocorofeel.blog119.fc2.com/blog-date-20160807.html

2010年6月にKEKBの運転を終了、そしてSuperKEKBの建設着手。

>高エネルギー加速器研究機構(KEK)は3月2日、つくばキャンパス
(茨城県つくば市)に建設した電子・陽電子衝突型加速器「SuperKEKB」が
試験運転を開始し、ビームの周回と蓄積に成功したと発表した。
今後、さらに調整を進め、早ければ2017年末にも
電子ビームと陽電子ビームの衝突を実施。
2018年秋頃より本格的な実験を開始する見込みだ。

試運転でも安心はできませんよ。





ニュートリノが火山噴火や地震を誘発することを考えれば、
この小さな、地震大国の島国に異常な数の原発があるということは、
すなわち大量のニュートリノ発生器があるのと同じこと。

加えて加速器で大量のニュートリノを作り出し、遠く離れた場所へ撃ち込んでいる。
これじゃ地震が起きないほうが不思議です。
原発もニュートリノ実験も破壊エネルギーです。
ヴィクトル・シャウベルガーふうに言うなら無秩序に向かうエネルギー。
この破壊的エネルギーが日本中を覆い尽くしているわけです。
この国がおかしくなった理由をエネルギー的に考えれば、
原発や地下で行われる最先端科学実験じゃないかと考えます。







ニュートリノが地震の端緒になるという卓見!!
http://blog.goo.ne.jp/tumuzikaze2/e/e3cc616b603226259f15aa3d3984099a

■号外12/6 「小柴先生グループは2度 ノーベル賞を受賞するか」

①ノーベル賞の小柴先生が「ニュートリノ」と地震等の関係に
 言及されていたのは前に述べた。

②小柴先生のスパークチェンバーも書いておいたが宇宙線、
 ニュートリノが飛び込むと光の奇跡を描くのが見える。
 宮城県では女川原発に設置してある。今も公開しているかは不明だが、
 見学者は非常に貴重な神秘の世界の体験が出来る。初めて目にした時は感動した。

③このニュートリノと地震の関係は誰も気付いていないが
 阪神大震災時に間違いなく記録されていた。
 当時、中央紙でも大きく報道された複数の病院のレントゲン写真の
 前代未聞の感光事件???だった。
 静電気ではフイルムを感光させる事は出来ない。
 明らかに地球内部のニュートリノ(ニュートリノ震動)の仕業だったのではないか。
 飛跡が証拠として残っている。
 大阪府内科病院や市立芦屋病院のレントゲン写真である。



ニュートリノって何? スーパーカミオカンデ 公式ホームページ
http://www-sk.icrr.u-tokyo.ac.jp/sk/sk/neutrino.html


管理人

今現在、世界の地震学界と地震学説の世界は
イルミナティによって支配されています。
このイルミナティの連中が、人工地震を起こしている真犯人です。

ですから、地震が起こる本当の原因を教える訳がありません。
いわゆる権威ある地震予知関連の団体組織は、
本当の地震起因説を潰すのが本当の目的で作られた組織です。

多くの人は、その権威ある地震学説を元に議論します。
結果、トンチンカンな議論に終始する羽目になるのです。

高エネルギー加速器 SuperKEKB は・・・
実質的に、イルミナティが管理~運営しています。
何が目的なのかを国民は知らなければ大変なことになります。
加速器の建造費だけでも何百億円もかかるはずです。

一体、誰がお金を工面しているのでしょう?
日本国民に出させているのでしょうか?
イルミナティの指示されたことには、日本国中・・誰も逆らえない。
総理大臣さえも、彼らのしもべに過ぎない。

熊本地震、北海道地震への関与の可能性もあるのであれば、
来るべき巨大地震への実験段階の可能性も否定出来ません。

実際、その証拠は幾つも上がっています。

東京湾海底に巨大地震のタネを仕込もうと
している人達がいるって本当!?

https://ameblo.jp/64152966/entry-11610412178.html

2020の東京オリンピックは最初から無い。
阪神、新潟、福島で行われた地下への液化注入が

2015から東京湾で始まるから。
地下への液化注入が翌年に何をもたらすのかk

このブログを見る人なら誰でも知る事実。
東京湾で行われる液化窒素の地下への注入は

試験的に行われた福島とは比較にならない位大量で、

この計画は今でもネットでPDFで確認出来ます。



<引用終わり>








お知らせ

9月10日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第55号
スキルス性〜胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



★メルマガ第1号~ガンの本質と生還
★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】
★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】
★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」
★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』
★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』


★メルマガ第6号『白血病について』
         〇生還の為に知っておくべきこと!
        〇『白血病について』~重要資料
★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足
★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』
★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』


★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』
★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者
★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ15号 決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?
★メルマガ第16号 東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光


★メルマガ第17号 勇気を失うことはすべてを失うことである。
★メルマガ第18号 がん細胞のボディーガードを光で死滅させる画期的技術を世界に発表!
★メルマガ第19号 高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!
★メルマガ第20号 もしもの危機の時の準備を!
 〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。
★メルマガ第21号 家のローンの変動金利があなたを破産させます!
★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器 機械から、マイナスの電子を
体内に注入出来れば、結果としてマイナスイオンが体内で発生します。
★メルマガ第23号 『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』
★メルマガ第25号 『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』
★メルマガ第26号 『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』
★メルマガ第27号 『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】
★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』
★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】
★メルマガ第30号 『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』
★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!
★メルマガ第32号『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』
★メルマガ第33号 『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
 〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!
★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】
★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!
★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!
★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!
★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!
★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』
★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!
★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?
★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!
★メルマガ第46号
我々は、40万人のガン患者を救える治療法を見つけることが出来るだろうか!?
★メルマガ第47号 【高濃度ビタミンC点滴療法の真実】
★メルマガ第48号 何故〜甲状腺ガンが全国で増えているのか!?
★メルマガ第49号
女性ガン死亡者数第1位(男性第3位)は〜『大腸ガン!』〜その予防法
★メルマガ第50号
癌細胞は、体内の重水素(トリチウム)と活性酸素に起因して大増殖する!
★メルマガ第51号
決して誰も書かない川島なお美さんの死の真相とは!?


★メルマガ第52号
活性酸素を大量発生させガンを発症させる最大の真犯人はリッキーガット症候群!
★メルマガ第53号 奇跡の野菜〜マルンガイ〜と石垣島!
★メルマガ第54号 三島由紀夫の最後の遺言











. 東北~関東の被曝クマは、より凶暴化している可能性があるので厳重注意が必要!

東北~関東の被曝クマは、
より凶暴化している可能性が
あるので厳重注意が必要!









2017年05月11日
警戒せよ! 秋田の「人食いグマ」は3頭生き残った
http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20170510-OYT8T50063.html

“主犯”の雄グマ「スーパーK」は駆除されたが…

昨年の5~6月にかけ、秋田県鹿角市十和田大湯の熊取平くまとりたいと
田代平たしろたいで、タケノコ採りの男女が次々にツキノワグマに襲われて
4人が死亡し、4人が重軽傷を負った。十和利山とわりやま(990メートル)の
南麓に広がる酪農地帯で起きたことから、戦後最悪のこの獣害事故を私は
「十和利山クマ襲撃事件」と呼んでいる。

昨年末まで、関係者の聞き取り調査を行った結果、
以前に公表したものとは少し異なる状況が浮かび上がった。
結論を先に述べると、事件の“主犯”とみられる雄グマ「スーパーK」は
昨年9月に捕獲され、駆除(殺処分)されたが、遺体を食べた可能性がある
「人食いグマ」が3頭生き残ったと推測される。
このうち、確実に食害(人間を食べること)を行っていると考えられるのは、
額の左側に古傷のある若い雄グマと、大きな赤毛の雌グマだ。
現地では今年も人食いグマが出没する恐れは十分にあり、厳重な警戒が必要だ。

~ 引用終わり ~



各地の熊被害の詳細情報
http://ha3.seikyou.ne.jp/home/kmaita/


2017年5月21日
クマに8回襲われ生還の研究者 最も推奨する対処法
http://www.asahi.com/articles/ASK5D46B5K5DUBUB008.html





管理人

2011年3月11日の東日本大震災からなる福島第一原発の
原発事故により、奥羽山脈の太平洋側のほぼ全面に渡って
かなり放射能汚染された事実は、既に、多くの人の知る事実です。

そして、東北~関東各地に生息する熊やイノシシが
相当・・被曝している事実も検査によって明らかとなっています。
しかし、残念ながら国や県の自治体は、その事実を隠しています。

被曝すると、人に限らず、動物にも少なからず影響が出て来ます。
体調が悪くなると、動物はより凶暴化するのは自然の摂理ですし、
神経や精神状態も本来のものではなくなってきます。

ツキノワグマは、本来、比較的おとなしいとされていますが、
元々は、猛獣なのです。
311以降、彼らは大なり小なり被曝しており、地域によっては
元々のツキノワグマではなくなっている可能性が大いにあります。

そういった危険性を・・本来は、国や県や市の自治体が国民に知らせ、
注意を呼びかけるべきであるのに、全くやっていません。
汚染を隠蔽し、被曝隠しだけをやっています。
これが最大の問題点です。

この核心部分を国民が知っていれば、熊による被害は半減出来たはずです。
東北~関東各地の市民は、もう何十年となく、竹の子や山菜取りをしています。
熊にも慣れっこになっています。

人が熊に襲われ死亡しており、厳重注意を呼びかけているにも関わらず、
その数日後に、平気で山菜取りに出かけています。
「熊に何もしなければ、襲って来ないから大丈夫だべ」・・・

違うんですよ。
もう、昔のツキノワグマではないのです!

原発利権を護り、汚染と被曝の真相を隠し続ける国の犠牲者は、
あらゆるところに見て取れます。

秋田の死亡した4人の皆さんは、ある意味、人災とも云えます。
今後、ツキノワグマによる悲惨な事件は増え続けると予想します。
特に、東北~関東がより危険です。


2016年8月16日
群馬サファリ
クマに襲われ従業員死亡…巡回車内で

https://mainichi.jp/articles/20160817/k00/00m/040/070000c






秋田、福島、岩手などで多くの被害が出る可能性が指摘されていますが、
群馬や埼玉、茨城、長野、神奈川、東京も要注意です。
最近、神奈川の相模原の飲食店に熊が突入して来た事件もあります。

ところで、私の郷里の広島にもクマは結構います。
沿岸部から車で40分の山間部に、普通に出没しています。

広島県の熊(クマ)目撃・出没情報
http://www.teguchi.info/kuma/hiroshima/

山口県、広島県、島根県にまたがる中国山地のツキノワグマ生息数は、
推定で約460頭~1,270頭(中心値850頭)とみられ、
生息数、生息域も5000平方キロから8000平方キロ拡大していると見られています。

平成29年(2017年)に、広島県内で出没・目撃されたツキノワグマの情報。

平成28年の状況
•目撃情報:718件
•目撃の多かった月:10月、11月、6月の順


皆さん、1年間の目撃情報が少なくとも718件もあるのです。
一部に、農作物に被害が出たことはあるようですが・・・
しかし、クマが人を襲ったという話は、近年、聞いたことがありません。

ここでも、広島県の熊と東北~関東の熊の違いが感じられます。

もう一度、言います。
東北~関東の皆さんは、被曝クマに最大限の注意を払って下さい。
また、原発が近くにある他府県の山も要注意です。

襲われて、後悔しても遅いのです。

襲う時の特徴として、大きいやつは、人の頭をつかみ顔やクビをかじってきます。
小さいやつは、執拗に人の太ももにかぶりついてきて、足から離れません。
多くの場合、出血多量で死ぬことになります。

大きいやつは、身長も180センチもあり体重は150キロを超えます。
ヒグマと大して変わらない巨大ツキノワグマもいます。
大人が20人かかっても、到底かないません。
怖ろしい・・・。



ニュース速報 なぜクマは人を“食べた”か?





2011年08月18日
19歳少女、熊に襲われて死亡 
「お母さん!今、熊に食べられてる!痛い!」
→ 母親「また大げさな嘘ついてる」

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1656380.html

イギリスデイリーメールによると、ロシアのシベリア地方に住む
19歳の少女Olga Moskalyovaさんが釣りをしている最中に、
ツキノワグマに食われて死亡したとのこと。

熊に襲われている最中に3回、母親に電話して
「今、熊に食べられてるの!!痛い!!助けて」 などと
助けを求めたそうですが、母親は 「また娘が大げさな嘘をついてるわ」と
取り合わなかったとのことです。

しかし、熊の鳴き声と咀嚼音が電話から聞こえたため母親はびっくりして
自分の夫に電話をしましたが、なんと娘と夫は一緒に釣りに来ており
夫は娘より前に熊に食われて死亡していたため電話に出ず、
母親は警察に 通報しましたが救助は間に合わなかったそうえす。

娘は最後まで母親との電話を切らず、最後の言葉は
「お母さん、こんどは子供の熊が三匹来てまた私を食べてる・・・」
「お母さん、もう痛くなくなった・・ 今までごめんなさい。
 ママ愛してる・・・」 だったそうです。







お知らせ

9月10日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第55号
スキルス性〜胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



★メルマガ第1号~ガンの本質と生還
★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】
★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】
★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」
★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』
★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』


★メルマガ第6号『白血病について』
         〇生還の為に知っておくべきこと!
        〇『白血病について』~重要資料
★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足
★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』
★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』


★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』
★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者
★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ15号 決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?
★メルマガ第16号 東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光


★メルマガ第17号 勇気を失うことはすべてを失うことである。
★メルマガ第18号 がん細胞のボディーガードを光で死滅させる画期的技術を世界に発表!
★メルマガ第19号 高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!
★メルマガ第20号 もしもの危機の時の準備を!
 〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。
★メルマガ第21号 家のローンの変動金利があなたを破産させます!
★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器 機械から、マイナスの電子を
体内に注入出来れば、結果としてマイナスイオンが体内で発生します。
★メルマガ第23号 『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』
★メルマガ第25号 『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』
★メルマガ第26号 『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』
★メルマガ第27号 『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】
★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』
★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】
★メルマガ第30号 『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』
★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!
★メルマガ第32号『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』
★メルマガ第33号 『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
 〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!
★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】
★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!
★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!
★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!
★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!
★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』
★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!
★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?
★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!
★メルマガ第46号
我々は、40万人のガン患者を救える治療法を見つけることが出来るだろうか!?
★メルマガ第47号 【高濃度ビタミンC点滴療法の真実】
★メルマガ第48号 何故〜甲状腺ガンが全国で増えているのか!?
★メルマガ第49号
女性ガン死亡者数第1位(男性第3位)は〜『大腸ガン!』〜その予防法
★メルマガ第50号
癌細胞は、体内の重水素(トリチウム)と活性酸素に起因して大増殖する!
★メルマガ第51号
決して誰も書かない川島なお美さんの死の真相とは!?


★メルマガ第52号
活性酸素を大量発生させガンを発症させる最大の真犯人はリッキーガット症候群!
★メルマガ第53号 奇跡の野菜〜マルンガイ〜と石垣島!
★メルマガ第54号 三島由紀夫の最後の遺言











. スキルス性〜胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

スキルス性~胃ガン、大腸ガン、
乳ガンの怖ろしい真犯人!?






始めに

今日、9月10日の夜に★メルマガ第55号を配信する予定です。

スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?


何日にも渡って、胃ガンについて調べていました。
胃ガンについては、ピロリ菌が主因だというのが定説になっています。
皆さんも、調べれば結構、関連記事は出て来ます。
尤も、多くのお医者さんの記事は不十分で一方的な決めつけばかりで
完全に私を納得させるものは見当りませんでした。

私の知るところでは、半分が正解で、残りの半分には
幾つもの疑問点があります。
この疑問点を解説している記事にはお目にかかれませんでした。
この医学における定説は、大きく変更される可能性を秘めています。
こういった変更は、歴史上、何度も起こっているのです。


ピロリ菌が大きく関係しているのは、いわゆる普通の胃ガンと思われます。
調べれば、ピロリ菌が犯人扱いされ、大騒ぎしている光景が
あちこちに見て取れます。
ピロリ菌が介在しているのは確かですが、大きな原因は他にあります。
これを指摘しているお医者さんは皆無でした。

ところで・・普通の胃ガンはピロリ菌で大変盛り上がっているのに、
更に、悪性度の高いスキルス性胃ガンに話が及ぶと、不思議なことに、
ピタリと話が止まります。

スキルス性胃ガンは、ピロリ菌がほとんど関係していないと
多くのお医者さんは語っておられます。
原因は何かと問われれば、遺伝だとか、生活習慣病だとか、
ストレスであるといった当たり障りのないものばかりです。

そして、結局のところ・・・
分からないといったところに話が落ち着くのです。

皆さんが、スキルス性胃ガンを知りたいと幾ら調べても、
本当に知りたいことは全く出て来ません。
残念ですが、事実です。

★メルマガ第55号では、スキルス性胃ガンの 真犯人 について書きました。

「幹細胞の動因」 の真犯人とメカニズムについても書きました。



詳しく知りたい人は、★メルマガ第55号をご覧下さい。

もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/





★メルマガ第55号のほんの一部を御紹介します。


胃がんは比較的予後が良いがんで、早期がんであれば5年生存率も
90%ほどと高い数値になっていますが、
胃がんの中でも「スキルス胃がん」は全くの別物です。

スキルスとは硬いという意味ですが、スキルス胃がんは胃壁に広がるように
進行し胃全体が硬くなるのが特徴です。
通常の胃がんは、粘膜から発生し隆起しながら、
粘膜下層、筋層、漿膜と隆起しながら浸潤していきますが、
スキルス胃がんは粘膜の下を這うように広がっていきます。

胃がんの検査に胃カメラやバリウムがありますが、スキルス胃がんの場合、
胃カメラ検査では見逃してしまう可能性があります。
バリウム検査で、胃の動きに異常があり、
スキルス胃がんが見つかるケースはありますが、
かなり進行した状態で見つかることも少なくありません。

記憶にある人も多いと思いますが、自分がガンである事を公表した
キャスターの逸見政孝さんが亡くなった原因がスキルス胃がんでした。
逸見さんのがん治療については、当時から賛否両論ありましたが、
手術や抗がん剤治療の甲斐もなく亡くなりました。


スキルス性胃ガン、スキルス性大腸ガン、スキルス性乳ガン
・・・などがあります。




ところで、以下の記事ですが・・・
フェイスブックのシェアが何万もあったはずですが、
やはり、一度、全て消されています。

アボカドの成分が白血病の原因である
「がん幹細胞」だけを攻撃することが判明!

https://ameblo.jp/64152966/entry-12145377387.html

今見ると、たったの1ですよ。・・・笑
その中の重要部分を引用します。

~ 一部引用 ~

慢性炎症の発癌のメカニズム(専門家向き)

Science (2004;306:1568-1571) に慢性炎症による
発癌について画期的な研究が報告されました。
マウスにピロリ菌を感染させて人工的に慢性胃炎、胃癌を造る事ができます。
この発癌モデルで、胃癌は胃の粘膜細胞から発生するのではなくて、
骨髄細胞(胃粘膜の損傷を修復するために動因された幹細胞)から発生
することがわかりました。
人間の胃癌でも同じメカニズムがあるのかはこれからの問題ですが、
この研究と臨床知見を組み合わせると次のような仮説ができます。

「ピロリにより胃に傷ができる。傷がひどいと修復するために
「幹細胞の動因」 が起こる。
ピロリ菌を取り除いても胃に動員された幹細胞は、やがて胃癌のもとになる。
癌を予防するなら「幹細胞の動因」の前に除菌をしなければならない。」

---------------------------------------------





【漫画】1分でわかるピロリ菌!胃炎や胃がんの原因
https://www.pirorikin.com/commic/post_54.html







【ピロリ菌のメリットとデメリット】 除菌後のメリットとデメリット
http://kenshindock.com/helicobacter-pylori-merit-304

胃がんや慢性胃炎を引き起こすとして嫌われ者のピロリ菌は、
しばしば躍起になって駆除されます。
しかしながら、最近の研究ではピロリ菌を全て取り除くと、
思いもよらぬ負の効果があることがわかってきました。

ピロリという細菌で、自身の持つ酵素の働きによって
強酸性の環境の中で生き延びることができます。
この特性のため、ピロリ菌はほとんどの細菌が生存できないはずの
胃の中でも平然と生きることができます。
ピロリ菌の栄養源は胃の粘膜であるため、ピロリ菌がいるだけで
粘膜をはぎ取られた胃は弱ってしまうのです。

しかし、人間の体はこのような有害な細菌を見逃すほど甘くはありません。
免疫は速やかに反応し、ピロリ菌をやっつけようとある物質を生産します。
この物質、ピロリ菌に効果的なのですが・・・
残念なことに自分自身の細胞も傷つけてしまいます。

このダメージを修復しようと遺伝子が盛んにコピーされ、
細胞が次々と生まれます。
しかし、このサイクルで遺伝子のミスコピーが起こると
細胞はがん化してしまいます。

このプロセスこそ、ピロリ菌が原因で起こる胃がんのメカニズムです。

ピロリ菌は胃がんのほかに、十二指腸潰瘍や胃潰瘍、
慢性的な胃炎の原因であるとして知られています。




胃液と消化酵素、胃が溶けない理由とは?
http://stonewashersjournal.com/2015/02/13/gastrointestinal4/

胃酸は強力な酸性を示す塩酸で構成されていて、
塩酸が高い消化能力や殺菌能力のベースになっています。
特にその殺菌力は凄まじく、市販されている洗剤類で「強力除菌」を
謳っているものであれば、大抵塩酸が入っているほどです。

胃の内壁、胃は何故胃液で溶けないのか?

人間の体はタンパク質で構成されています。
そして、塩酸はタンパク質などを溶かす働きを持っていて、
そこにタンパク質の消化酵素まで加わったら胃までダラダラと
溶けていきそうな気がします。

実際、食道に胃液が流れ込めば逆流性食道炎になりますし、
嘔吐などの際にはノドや口内、酸性に弱い歯などに大きなダメージがあります。

では、何故胃は大丈夫なのでしょうか?

答えはシンプルで、胃の内壁で胃酸を中和しているからなのです。
別に胃の内壁が銀で出来るからというわけではなく、胃を覆う粘膜には
アルカリ性を示す炭酸水素ナトリウムが含まれており、
胃酸と混ざると中性になります。

ここでふと疑問に思うのが、胃液は胃の内壁から分泌されているのに
何故酸性でいられるのかということ。

粘膜を保護する粘液は唾液の項目で説明した様に非常に粘性が高い。
もし粘性が低く、胃液とすぐに混ざってしまうようであれば、
胃液も中和されてしまうが、粘膜部分にアルカリ性の保護成分が留まるため、
胃壁は中和状態で保持される。
これが胃液に混ざったり、胃液と一緒に排出されてしまった場合には新しく
アルカリ性の保護成分が分泌されるため、流出してしまっても問題はない。

さらに、中和が間に合わずに溶けてしまっても、胃壁の細胞は他の体細胞に
比べて修復が早く、多少溶かされたぐらいでは問題にならない。
ただ、ストレスや細菌の影響で胃壁の中和力が落ちたり、
胃液が過剰に分泌されると、胃壁が傷ついて胃潰瘍になることもあります。

胃壁の機能はそれだけではなく、前ページの図にあるように凸凹のヒダが
ついていて胃壁のヒダで食べ物をすり潰す効果もあります。

ちなみに、胃液を中和する能力を持っているのは胃壁だけではなく、
細菌の中にも胃壁を中和する能力を持つものがあり、
「ピロリ菌」などがその代表格で、胃液の中でも普通に生存出来てしまいます。

ただ、細菌やウイルスの中にはピロリ菌の様に酸性を中和したり、
赤痢菌の様にそもそも酸性に強いウイルスなどもいるので、
少しでも摂取したら胃酸では殺せない。
ということも、十分に起こりえます。



胃潰瘍などのリスクを高める原因菌として知られている、ピロリ菌。
意外に知られていない、その有益な機能は?

答えは⇒『胃の中の免疫細胞を調整する』

ピロリ菌は、人間の体内にすむ常在菌の1種。
常在菌の数は、体を構成する細胞数の10倍にのぼり、
重さは成人の平均で約1350グラム、つまり脳と同等かそれ以上あります。
大半は有益なものか、普段はおとなしいものです。




相談者(28歳/女性)

スキルス性胃がんはなにが原因なんですか?


医師からの回答

胃がんの原因として知られるのは、慢性胃炎、ヘリコバクターピロリ菌感染による
萎縮性胃炎、塩分の多い食事、喫煙、飲酒、遺伝子変異などがあります。
がんが遺伝するというのは、この遺伝子の問題に加え、家族では生活習慣が
似ることが多いということが挙げられます。
スキルス胃がんは通常の胃がんに比べ、
ピロリ菌の関与は少ないと言われております。


ヘリコバクター・ピロリの除菌が広く行われだした頃から、
この治療を行った患者に食道炎や食道がんの発生が多いことが報告されており、
本菌は胃に対して悪影響をおよぼす傍ら、食道に対してはむしろ疾患を
防御している可能性が議論されている。











. 日本の実際のガン死亡者数は、統計よりもはるかに多いのではないだろうか!?

日本の実際のガン死亡者数は、
統計よりもはるかに多いのではないだろうか!?










ガン患者が死亡しても、ガン保険の死亡金がおりない?
http://next.spotlight-media.jp/article/265308841435276326


保険の教科書より

私の父が末期ガンで入院していた時に、父の姉が見舞いに来て
私に言った言葉はかなりショッキングなものであった。

「ガン保険って加入してても、たとえガンになったとしても、
殆どのガン患者の人の死因が最終的にはガンではなく、
ガンがもとで別の疾患が出て死亡する方が多く、
ガン保険での死亡保険金がおりることはないことが多いんだよ。」


ガン患者は最終的にガンでは死なない?

ガン患者が、最終的にガンで死ぬことは殆どない。
免疫細胞を死滅させるガンやその治療のための抗がん剤がもとで、
多機能不全とか心不全とか肺炎で最終的に亡くなる人が殆どなんだ。

その場合、当然ながら医師は
死亡診断書に[癌で死亡]とは書かない。
[死亡原因:肺炎]とか「死亡原因:多機能不全、心不全」と書く。
すると、癌保険の死亡保険金がおりないというのだ。


~ 引用終わり ~



管理人

統計というものは、死亡診断書を元にするはずです。
ガンが原因で多臓器機能不全におちいり、例えば、肺炎で死ぬ事も多数あります。
これをガン罹患死亡者数には入れないのでしょうか?

呼吸不全とか心不全とか・・・色々あります。
ここ最近の著名人の訃報で、死亡理由がガンと並んで肺炎が
大変多いことが判明しています。
たかが、肺炎ごときで死ぬのかと疑問に感じていました。
しかし、ガンや糖尿病、エイズが大元であるなら納得です。
著名人の中には、ご家族の希望で本当の病名を伏せることもあるようです。

とにかく、ガン罹患死亡者数の統計がどのように作成されているのか・・・
大変気になるところです。
何故なら、実際のガン罹患死亡者数は表に出ている数字よりかは、
はるかに多い可能性があるからです。

私が思いますに、もし実際には大変多いと仮定したら、
医師会にとっては大変都合の悪い事実であると思います。
医師会や病院、医師への信用を大きく損なうからです。

更に申せば、医師会とガン保険の会社の利害は、
ある部分において一致しています。
かたや、出来るだけお金を払いたくない。
かたや、ガン罹患死亡者数を大幅に増やしたくない。
当然、信用や権威の失墜にもつながるからです。

更に云えば、医師会とガン保険の会社は、
裏でつながっているであろうことは容易に推察出来ます。
製薬会社~厚生省~医師会~ガン保険の会社・・・
これらの大きな組織の背後には、巨大な闇の組織の存在が・・・。



皆さん!
是非、これを目に焼き付けておいて下さい!

https://ameblo.jp/64152966/entry-11330554317.html


岡山医師のツイートより










2015-07-01
白血病患者激増~患者数が、昨年の約7倍~福島、茨城、栃木、東京
https://ameblo.jp/64152966/entry-12045183016.html

以上の記事はデマだとネットに盛んに流されています。
何の事はない・・ソース元は、読売新聞であることが判明。
ソースの元記事は、ただそれを転載しただけだったのです。
騒ぎになり、無論、読売の該当記事は即座に削除されました。


数年前に、ガンに関する情報や統計といったものを一元化する為に
ある特別な組織が立ち上げられたことを記憶しておられると思います。
私が思いますに・・、真相の改竄や隠蔽が真の目的ではないかと考えています。

原発事故からなる
汚染の実情~被曝の実情~ガン発症の現実~ガン死の事実

これらは、いずれも日本最大のタブーでありトップシークレットです。
2020年に東京オリンピックを控えているので尚更です。

その為にも、秘密保護法、共謀罪を作った。
全てを闇から闇に葬るつもりです。
真相を語るものには、弾圧が待っています。

そして、日本国民には・・・・
騒がずに、静かに死んでいって欲しいのだろう。

私はそれに対抗してブログ記事を書いています。
メルマガは、最後の砦です。
しかし、これらを潰そうとしている連中がいます。



チェリノブイリから700万人もの人口減で
 平均寿命が75歳⇒55歳になった国

https://ameblo.jp/64152966/entry-11243803839.html







お知らせ

8月31日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第54号  三島由紀夫の最後の遺言

届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



★メルマガ第1号~ガンの本質と生還
★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】
★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】
★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」
★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』
★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』


★メルマガ第6号『白血病について』
         〇生還の為に知っておくべきこと!
        〇『白血病について』~重要資料
★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足
★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』
★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』


★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』
★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者
★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ15号 決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?
★メルマガ第16号 東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光


★メルマガ第17号 勇気を失うことはすべてを失うことである。
★メルマガ第18号 がん細胞のボディーガードを光で死滅させる画期的技術を世界に発表!
★メルマガ第19号 高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!
★メルマガ第20号 もしもの危機の時の準備を!
 〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。
★メルマガ第21号 家のローンの変動金利があなたを破産させます!
★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器 機械から、マイナスの電子を
体内に注入出来れば、結果としてマイナスイオンが体内で発生します。
★メルマガ第23号 『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』
★メルマガ第25号 『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』
★メルマガ第26号 『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』
★メルマガ第27号 『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】
★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』
★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】
★メルマガ第30号 『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』
★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!
★メルマガ第32号『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』
★メルマガ第33号 『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
 〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!
★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】
★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!
★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!
★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!
★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!
★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』
★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!
★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?
★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!
★メルマガ第46号
我々は、40万人のガン患者を救える治療法を見つけることが出来るだろうか!?
★メルマガ第47号 【高濃度ビタミンC点滴療法の真実】
★メルマガ第48号 何故〜甲状腺ガンが全国で増えているのか!?
★メルマガ第49号
女性ガン死亡者数第1位(男性第3位)は〜『大腸ガン!』〜その予防法
★メルマガ第50号
癌細胞は、体内の重水素(トリチウム)と活性酸素に起因して大増殖する!
★メルマガ第51号
決して誰も書かない川島なお美さんの死の真相とは!?
★メルマガ第52号
活性酸素を大量発生させガンを発症させる最大の真犯人はリッキーガット症候群!
★メルマガ第53号 奇跡の野菜〜マルンガイ〜と石垣島!














. 湾岸戦争症候群はエイズの症状そのものだ!~混合ワクチンによって免疫系がズタズタに!

湾岸戦争症候群はエイズの症状そのものだ!
~混合ワクチンによって免疫系がズタズタに!










管理人

久し振りにアンケートを実施します。

エイズウィルスは存在しない!

エイズは人為的に開発された生物化学兵器である!

A も B も正解である!


A か B か C か・・・でお答え下さい。
大変重要な問題です。
コメントも歓迎します。


もう一つ明らかになった最大の問題点は、混合ワクチンや薬物(モルヒネ)
によって免疫系がズタズタにされるという一点にあります。

つまり・・・
エイズにもなるし、ガン・白血病にもなることを意味します。

日本において、ワクチンは義務化されつつあります。
これは、ものすごい大問題ですよ。


重要関連記事

『エイズはすべてインチキだった』
~世界中の著名な医師や細菌学者が告発しています。

https://ameblo.jp/64152966/entry-12261877335.html

やはり、この ↑ 記事も一度、フェイスブックのシェアが全て消されたようです。




知られざる”ワクチン”の罪 - Thinker
http://www.thinker-japan.com/vaccine.html

~ 一部引用 ~


戦争で使用されるワクチン

現在でも世界中の軍隊の内部では、ワクチンは強制的に接種されています。
その薬害として代表的なものに、湾岸戦争症候群(GWS)があります。

湾岸戦争時に米軍兵士を中心とする多国籍軍兵士にイラク軍による
生物化学兵器攻撃対策と称して、様々な混合ワクチンと実験用薬物が
強制的に投与された事件です。

皮肉なことに自軍に投与された混合ワクチンや薬物によって、
免疫系を破壊されていた兵士は、戦場において米政府が過去にイラク側に
売却していた生物化学兵器の攻撃により致命的な被害を受けました。

その結果、多国籍軍の兵士20万人以上が複合的な要因により致死性の疾病にかかり、
すでに1万5千人以上の帰還兵が死亡しています。また帰還兵から、その妻子にも
伝染するこの病気で、人類史上最悪の奇形を持つ数千人の乳児が誕生しています。

この人類に未知である病気は、世界中で注目され、アメリカでは、
たびたびニュースや雑誌で取り上げられることもありますが、
兵士に強制接種した炭疽菌を含む混合ワクチンについては米政府はその事実を隠蔽し、
原因の表面的な議論に終始しています。そのため日本の主要メディアがその真相を
伝えることはありません。

なお、このとき
ワクチンの接種を拒否したフランス軍の兵士達は、
甚大な被害を一切受けませんでした。
 


なぜ、自国の兵士を対象に政府がこのような人体実験をするのか、
狂気の沙汰としか思えない行為を、みなさんは不思議に思われるでしょうが、
これについては、また別の機会で取り上げていきます。



生物兵器としてのワクチン

また、近代におけるワクチンの使用方法として、
生物兵器として使用されているという話があります。
これは、一見すると「都市伝説」または「インターネット上の与太話」と
思われがちですが、このテーマについて専門的に研究された著作が欧米を
中心に多数出版されています。

その中でも代表作とされるのはレナード・ホロウィッツ博士の著書
『新種のウイルス-エイズとエボラ』です。
この中で博士は、エイズやエボラ出血熱などの新種ウイルスが、
軍の生物兵器研究所で遺伝子改造によって製造された殺人目的の人工ウイルス
であることを詳細に渡って述べています。

これらの人工ウイルス製造研究は1960年代からすでに始まっており、
1970年代には完成し、世界で増え続ける人口削減のために 、肝炎や天然痘の
ワクチンに混ぜて、WHO(世界保健機構)とCDC(米・疾病管理センター)を
通じて接種され、アフリカやブラジル、アメリカで広められたとされています。

これまでに聞いたことのない方には、突拍子もなく聞こえるかもしれませんが、
エイズの発生と天然痘のワクチン接種の地域や時期が一致することについて追及を受け、
WHO(世界保健機構)は、誤って普及させてしまったとして、
エイズ・ウイルスで汚染された天然痘ワクチンがあることを認め 、
1992年米・クリントン政権の時に世界中から回収するように指示しています。

WHOいわく、アフリカミドリザルから自然発生し、ヒトに感染したとされる
殺人ウイルス・エイズですが、いくら人為的ミス とはいえ、この殺人ウイルスが
大量のワクチンに混入することなど最先端の研究施設で医療の専門家の手の元において、
あり得ることなのでしょうか。非常に疑 問の残るところです。

また、これらのウイルスの製造に関わったとされる科学者や内部告発者は、
実際に殺害されていたり、事故や病気で死亡していたり、また失踪しており、
この真相の究明をさらに難しいものにしています。


~ 引用終わり ~








一方、エイズなんて存在しないという情報もあるので、ご参考になればどうぞ。
http://blogs.yahoo.co.jp/rocket_bus_company/66642065.html

いまだかつて、
人体からエイズウイルスを単体で分離成功した医者は「一人もいない」
「エイズ薬の毒性による副作用は、エイズの症状に極めてよく似ている」
(え~~~っ!!!)

ということは、エイズの恐怖をでっち上げ、検査を受けさせて適当に陽性にし、
治療薬という名の毒薬を投与して免疫不全症を引き起こして、
人口削減のために殺していたということになります。









「悪魔の遺伝子操作~エイズは誰が何の目的で作ったか~」
ドイツ・フンボルト大 ゼーガル教授著
(この夫婦は既に亡くなっているが暗殺説が根強い)

「仕組まれた恐怖~エイズは生物兵器だった!?」
医師・医療評論家 永井明著
(2004年に急死)

両方の著者ともに急死しているのが怖いですね。
「仕組まれた恐怖」は現在入手困難とのこと。


予防注射に癌ウィルスとエイズウィルスが挿入されている事を
科学者が証言という動画は削除されているようです。



「エイズ」の真実






お知らせ

8月31日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第54号  三島由紀夫の最後の遺言

届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



★メルマガ第1号~ガンの本質と生還
★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】
★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】
★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」
★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』
★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』


★メルマガ第6号『白血病について』
         〇生還の為に知っておくべきこと!
        〇『白血病について』~重要資料
★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足
★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』
★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』


★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』
★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者
★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ15号 決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?
★メルマガ第16号 東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光


★メルマガ第17号 勇気を失うことはすべてを失うことである。
★メルマガ第18号 がん細胞のボディーガードを光で死滅させる画期的技術を世界に発表!
★メルマガ第19号 高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!
★メルマガ第20号 もしもの危機の時の準備を!
 〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。
★メルマガ第21号 家のローンの変動金利があなたを破産させます!
★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器 機械から、マイナスの電子を
体内に注入出来れば、結果としてマイナスイオンが体内で発生します。
★メルマガ第23号 『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』
★メルマガ第25号 『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』
★メルマガ第26号 『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』
★メルマガ第27号 『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】
★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』
★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】
★メルマガ第30号 『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』
★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!
★メルマガ第32号『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』
★メルマガ第33号 『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
 〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!
★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】
★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!
★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!
★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!
★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!
★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』
★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!
★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?
★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!
★メルマガ第46号
我々は、40万人のガン患者を救える治療法を見つけることが出来るだろうか!?
★メルマガ第47号 【高濃度ビタミンC点滴療法の真実】
★メルマガ第48号 何故〜甲状腺ガンが全国で増えているのか!?
★メルマガ第49号
女性ガン死亡者数第1位(男性第3位)は〜『大腸ガン!』〜その予防法
★メルマガ第50号
癌細胞は、体内の重水素(トリチウム)と活性酸素に起因して大増殖する!
★メルマガ第51号
決して誰も書かない川島なお美さんの死の真相とは!?
★メルマガ第52号
活性酸素を大量発生させガンを発症させる最大の真犯人はリッキーガット症候群!
★メルマガ第53号 奇跡の野菜〜マルンガイ〜と石垣島!











. 分かりやすいガンのお話~体内の悪魔と天使の命の戦争!

分かりやすいガンのお話
~体内の悪魔と天使の命の戦争!











始めに

つい10日ほど前ですが、お亡くなりになった小林真央さんの
関連記事の中で、もう・・海老蔵さんの隠し子の話や再婚話が出ていました。
まだ、亡くなってそんなに日は経っていないというのに・・・。
あまりに酷すぎます。
これでは、小林真央さんは浮かばれません。


メルマガにも書きましたが、芸能界と医療マフィアの闇は
とてつもなく深いと・・・あらためて感じさせられました。

小林麻央さん死去
芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

https://ameblo.jp/64152966/entry-12286425616.html

癌の芸能人は死の広告塔!
「生きて帰られては、困るんですよ」
   某大手病院の助教授

https://ameblo.jp/64152966/entry-12287322911.html




管理人

今日は、ガンの分かりやすいお話をします。

「ガン細胞は39.3度から42.5度以上になれば必ず自壊する。」

「ガン細胞は、35度前後で最も活発になる」


ガンになった人の体温はどんどん低下していきます。

何故か・・・!?

普通の人には体温を調整する生理機能を持っています。
自律神経が働いているからです。
ところが、ガン細胞は通常の体温が好きではありません。
低温を好むのです。
そこで、増殖する為に、人の体温を下げようとします。

ガン細胞の元が、自律神経に働きかけて・・・
『 暑い~暑い 』というシグナルを送るのです。
何故、それが出来るかというと、通常の細胞の遺伝子に
悪魔が取り付いているからです。

ある人が、ちょうど良い湯加減だと感じたお風呂も
ガンに取り付かれた人は、『 ワァ― 熱い~熱い 』と感じる訳です。

その悪魔は、太古の昔、低い温度の中で生息していたからです。
暑くてやってられねぇ~っていう訳でしょう。
そんな訳で、取り付いた細胞の遺伝子に働きかけて、
『 暑い~暑い 』というシグナルを送っているのです。

自律神経は、そのシグナルに呼応して、体温を徐々に下げ始めます。
そして、ガン細胞は大喜びして大活躍することになる訳です。








体温が徐々に下がっていくと、ガン細胞がどんどん増殖していきます。
これを防ぐには、体温を下げない努力が必要になります。

〇 毎日、少し熱めのお風呂に長めに入るようにする。

〇 食べ物・飲み物で冷たいものを摂らず温かいものを摂るようにする。

〇 本当に身体に良い【 塩 】を摂るようにすること。

〇 毎日、適度の運動をして筋力を落さないようにする。
  (特に、腹筋と足腰の筋力⇒筋肉は熱を生産し体温を上げます。)

〇 解熱鎮痛剤を飲まないこと。

〇 身体を冷やすことは大変良くない。




◎ 人の体温が上がるのは、病魔と闘うための戦闘態勢をとっているからです。
  ですから、熱=免疫機能を下げるべきではありません。
  但し、脳の局所高熱は例外です。⇒冷たいタオルなどで外から冷やす。
  また、解熱鎮痛剤(痛み止め)は、ガンや難病を誘発します。



食卓塩などの化学精製塩は、身体にとっての毒です。
結晶が血管を傷つけるので発ガン性物質になる可能性も考えられます。
本物の塩を摂るようにして下さい。

塩は、身体の命令系統に電気シグナルを送る大変重要な栄養素です。
人の体温を上げます。
欠乏すると、人の生命力の活力が大いに損なわれます。

原爆が投下された後、砂糖を避け塩を多く摂った人が生き延びています。

本当に身体に良い塩をお勧めします。

https://natural-self.jimdo.com/商品一覧/

ちきゅうの雫 (200g) ¥864
ちきゅうの雫 粗塩 (1kg) ¥4,320

ちきゅうの雫 ソマチット、アミノ酸たっぷりこだわりの天然塩
http://re-health123.com/saltgaia/

ちきゅうの雫の原材料となっている海水は
オーストラリアのシャークベイという海岸の海水を使っています。

シャークベイは海水の塩分濃度が高く古代に
生命の誕生の元となったストロマトライト
という藍藻類が生きている海域です。

その海域はソマチットやアミノ酸がたっぷり、
そして地球上で唯一と言っていいほど、
環境が保たれており汚染がありません。

また、地球のしずくは原材料だけでなく、
製造工程にもこだわっています。

完全な天日で2年半以上熟成されたものを洗浄、
粉砕、乾燥してパッケージにしています。

太古の海の恵みを一度ご賞味ください。


管理人

砂糖は、今のところ、天然キビ砂糖や黒糖がいいかもしれませんね。

農薬や化学添加物、重金属・・・そして、放射能。
体内から排出されにくいこれ等の異物は、永遠に活性酸素を生みます。
活性酸素は、人の細胞を攻撃し劣化させます。
これら異物の排出方法につきましては、メルマガにも書きましたが、
近い内に、概略をブログに書くことも検討しています。


特に、放射能汚染地帯においては、トリチウムが大量拡散されています。
活性酸素とトリチウムが結合すると、細胞を攻撃するミサイルと化します。
当然、体温の低下に拍車をかけます。
悪魔の降臨です。
ガンが多発するのは、寧ろ、当然と云えましょう。

更に、体温の低下や放射能は「精神面」にも大きく作用します。
大変キレやすくなるという事実も判明しています。
また、その「精神面」の悪い影響が人の健康や免疫力を更に蝕みます。
まさに、悪魔の負のスパイラルに陥ってしまうのです。

怖ろしいのは、多くの人に・・こういった自覚が無いことです。



1週間の中で、2~3日おきに体温を測定しましょう。
グラフにすると、もっといいでしょう。
あなたの身体に潜む【悪魔】の動態と傾向が判明します。

皆さん、悪魔に対して反転攻勢に出ましょう。
もし、5年後に笑顔でいたいのであるなら・・・









関連記事

ガン細胞が39.3度以上で死滅するのなら
サウナや酵素風呂に入ろう!

https://ameblo.jp/64152966/entry-11461803557.html

以上の記事は、フェイスブックのシェアが 1万以上あったはずですが、
今見てみると、たったの 5 になっています。
一度、全部消されたのでしょう。
人口削減(イルミナティ)の意に反するものは、全てこうなるという良い見本です。










お知らせ

8月31日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第54号  三島由紀夫の最後の遺言

届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



★メルマガ第1号~ガンの本質と生還
★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】
★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】
★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」
★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』
★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』


★メルマガ第6号『白血病について』
         〇生還の為に知っておくべきこと!
        〇『白血病について』~重要資料
★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足
★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』
★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』


★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』
★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者
★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ15号 決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?
★メルマガ第16号 東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光


★メルマガ第17号 勇気を失うことはすべてを失うことである。
★メルマガ第18号 がん細胞のボディーガードを光で死滅させる画期的技術を世界に発表!
★メルマガ第19号 高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!
★メルマガ第20号 もしもの危機の時の準備を!
 〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。
★メルマガ第21号 家のローンの変動金利があなたを破産させます!
★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器 機械から、マイナスの電子を
体内に注入出来れば、結果としてマイナスイオンが体内で発生します。
★メルマガ第23号 『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』
★メルマガ第25号 『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』
★メルマガ第26号 『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』
★メルマガ第27号 『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】
★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』
★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】
★メルマガ第30号 『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』
★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!
★メルマガ第32号『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』
★メルマガ第33号 『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
 〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!
★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】
★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!
★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!
★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!
★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!
★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』
★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!
★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?
★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!
★メルマガ第46号
我々は、40万人のガン患者を救える治療法を見つけることが出来るだろうか!?
★メルマガ第47号 【高濃度ビタミンC点滴療法の真実】
★メルマガ第48号 何故〜甲状腺ガンが全国で増えているのか!?
★メルマガ第49号
女性ガン死亡者数第1位(男性第3位)は〜『大腸ガン!』〜その予防法
★メルマガ第50号
癌細胞は、体内の重水素(トリチウム)と活性酸素に起因して大増殖する!
★メルマガ第51号
決して誰も書かない川島なお美さんの死の真相とは!?
★メルマガ第52号
活性酸素を大量発生させガンを発症させる最大の真犯人はリッキーガット症候群!
★メルマガ第53号 奇跡の野菜〜マルンガイ〜と石垣島!












. 多くの人は【北朝鮮弾道ミサイル発射関連ニュース】の真意を見誤っている!

多くの人は
【北朝鮮弾道ミサイル発射関連ニュース】
の真意を見誤っている!








首相官邸ホームページより

北朝鮮による弾道ミサイル発射事案について(1)
http://www.kantei.go.jp/jp/tyoukanpress/201708/29_a.html

本日5時58分頃、北朝鮮西岸より、
1発の弾道ミサイルが北東方向に向けて発射されました。
本弾道ミサイルは、6時6分頃、我が国の北海道襟裳岬上空を通過し、
6時12分頃、襟裳岬の東約1180キロメートルの太平洋上に落下した
ものと推定いたします。

~ 引用終わり ~



管理人

冒頭の画像は、8月29日、国民に避難を呼びかけた臨時ニュースです。
報道した時間は、6時2分となっています。
5時58分頃に発射された訳ですから、臨時ニュースにして出すまでの
手間と所要時間を考えますと、絶対に不可能な所業です。

防衛省から官邸へ・・・そして更に、報道機関へ通達されるまでに、
一体どれほどの時間がかかるのか・・・???
報道機関も準備と作成に、少なくとも30分以上はかかるでしょう。
これら一連の作業を瞬時に行ったことになります。
まさにミラクル・・手品と云っても良いでしょう。

絶対に不可能であるならば、予め、何日も前から用意されていたテロップと
いうことがご理解いただけると思います。
この時点で、一種のセレモニーに過ぎないことがまる分かりです。

更に、発射されて数分後には、およその着弾地点が計算されて分かります。
つまり、数分後には、絶対に日本に着弾しないこが分かる訳です。
弾道ミサイルは、必ず放物線を描きます。
飛んで行くスピード、高度、角度、方向性・・・
これらが瞬時に判定出来なければ、ミサイル迎撃システムは全く無意味なのです。

核弾頭ミサイルを保有する国は、こういった警戒システムは徹底的に
整備され万全の体制が敷かれています。
一歩間違えれば、世界大戦になってしまうので当然でしょう。
日本はアメリカとの共同監視体制を取っていますから、
核弾頭ミサイルを持っていなくとも、警戒システムはかなりのレベルな訳です。

北朝鮮弾道ミサイルは、発射数分後には、高度数百Kメートルに達しており
もうその時点で、日本には絶対に着弾しないと分かるのです。
にも関わらず、あのような避難勧告のテロップを流すことの意味とは?・・・
しかも、何日も前から準備されていたのは・・・一体何故か?


お断りしておきますが、ここまでの議論は、北朝鮮が本当に弾道ミサイルを
発射したと仮定してのものです。
実際には、発射していない可能性のほうが高いと私は判断しています。

テレビ映像もJアラートも、何の造作もなく設定し操作出来ます。
世紀の月面着陸の映像さえ、スタジオで作られるご時勢です。(笑)
911の高層ビルへ旅客機が激突した映像も巧妙に合成されたものと
判明しています。
イギリスのBBC特別報道ニュース~中継では、まだ貿易センタービルが
燃え盛り立っている映像が世間に流れている時に、貿易センタービルが
崩落して崩れ去りましたとアナウンスしています。
これは、多くのネット人が知る事実として記憶されています。







さて、それでは何故、こんなことをやっているのでしょうか?

8月30日
安倍首相公邸泊、ミサイル把握か=野党が指摘―衆院委
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170830-00000084-jij-pol

「安倍晋三首相が公邸に宿泊したのは、北朝鮮が弾道ミサイルを発射した前日だけだ」

民進党の後藤祐一衆院議員は30日の衆院安全保障委員会で、
政府の初動態勢に関しこう指摘した。
西村康稔官房副長官は「常日頃から緊張感を持って情報分析をしている結果だ」と
かわしたが、後藤氏は北朝鮮に見抜かれるとして
「普段から公邸に泊まった方がいい」と助言した。

今月、首相が公邸に泊まったのは25、28両日のみ。
いずれも翌早朝に北朝鮮がミサイルを発射しており、
事前に兆候を察知していたとみられる。
25日は夜の会合などを入れず、28日夜も公邸内で自民党役員らと会食したのみ。
出席者の1人は「首相はあまり酒を飲まなかった」と話していた。

~ 引用終わり ~



以上の記事から分かることは、事前に、北朝鮮の弾道ミサイル発射を
知っていたことは誰の目にも明らかです。
子分の日本が知っていたのですから、当然、アメリカも知っています。

ならば・・・何故、事前に北朝鮮に抗議なり警告をしないのでしょう?
アメリカも日本もですね。
やっていた事は、馬鹿げた避難訓練ばかりですが。

日本には、これだけ大掛かりなセレモニーをやるだけの能力も知恵もありません。
北朝鮮がミサイルを発射する前日に限って、安倍総理が公邸に泊まるのは、
こういった重要なセレモニーをきちんとやり遂げる為のものですが、
当然、官邸が企画したものとは到底考えられません。

官邸でなければ、アメリカ戦争屋しかいません。
一部に、政権浮揚のきっかけにしようとしたといったリテラの記事も
見受けられますが、これは的外れです。
アメリカ戦争屋が、そんなものに大して気にはかけないでしょう。
安倍の代わりの代理人政治家は、何人もいるのです。
そんな話では有り得ない。

危機感を煽り、北朝鮮に大注目させるのが一番の目的かと思います。
これで、一朝何か起こると、ほとんどの国民が北朝鮮の仕業と信じる事になる。
何かを起こす前の環境整備が真の狙いであり目的と考えます。

似たような話があります。

選挙結果はマスコミが事前予告し
開票マシーンソフトがそれに応える!


つまり、不正選挙を正当化する仕組みが完成されています。
マスコミが大宣伝をすれば、国民も納得する訳です。
「ああ・・やっぱり、そうか」~ と。
あとは、ムサシのソフトがやってくれる。
これが、不正選挙の最大の核心部分です。
選挙当日の事前調査も麻生のヒモ付き会社がやってますから、
投票締め切り直後に、『当確』が出て、はい、それで終わりとなる。


このように考えますと、我々としては警戒する必要があります。
北朝鮮の仕業に見せかけて、何かテロか事件が起こされる可能性に
ついては、用心をしておかなければならない。

以上のように洗脳された国民は、直ぐに信じるでしょう。
「ああ・・やっぱり、北朝鮮か」~ と。

やっかいなのは、いつ起こされるのか?
何が起こるのか?
これらが、皆目分からないことです。

やはり、大新聞などに掲載される【暗号記事】がカギとなるでしょう。
株価や空売りなどの投機にしろ、歴史をさかのぼれば・・・
その知られざる証拠は、一杯出て来ています。
知らないのは、情弱の一般国民だけってことです。


2011年12月21日
東京上空333の謎の飛行機雲アートについて
https://ameblo.jp/64152966/entry-11112786084.html

2月下旬に京大カンニング事件が起きた。

京大の入試問題が「aicezuki」というハンドルネームで
ヤフー知恵袋に投稿された。
中東問題に揺れる中この事件をなぜかメディアは大々的に取り上げた。

「aicezuki」逆から読むと「ikuzecia いくぜCIA 」になる。
後ほど犯人は東北仙台出身の予備校生だという事が分かる。

「いくぜCIA 」が地震実行の合図で、
東北出身が震源地であると言う暗号である可能性が高い。

そして、カンニング事件が報道されると同時にゼネコン・建築関係の
株式の出来高と株価が軒並み上昇を始めている。
特に犯人が逮捕された日は出来高が急激に上昇している。

佐田建設、東洋建設、世紀東急工業、 熊谷組、三井住友建設、大末建設、
技研興業、東日本ハウス、東海リース

他多数。
 



(2月後半から地震前日にかけて、出来高が急上昇している世紀東急工業)











この記事には一部、Amebaの健全なサイト運営に
ふさわしくない言葉・表現が含まれている可能性が
ある為アクセスすることができません。


        
公開後、30分で削除された記事!?
3.11前に電力株を空売りして数兆円も稼いだ人達!
https://ameblo.jp/64152966/entry-11136738197.html

■ 6ヶ月前の民主党代表選直後、
 電力株で相当な空売りが仕掛けられていた?

半年前といえば、民主党代表選と『TSUNAMI-ツナミ-』以外にも
興味深い事象が起きている。
電力株に的を絞った空売りが仕掛けられているというのである。

それらは昨年の代表選前後から、空売りが仕掛けられ商いが急増し、
それら全てが311大震災後の底値で買い戻されているというのである。

仮に第二次菅内閣時点で空売りの建て玉を断続的に仕込み、震災後の
事故発生で暴落しつづけるタイミングで徐々に買戻しできたとしたら、
東京電力で考えると2300円でうって800円で買戻しができたということになります。

他の電力株は、即日反発しましたので、わかりやすいですが、
売りと同時に大量の買いが入っていて、事故発生の投げ売りと同時の
絶妙なタイミングで買い戻しをいれ、差益をキープした様子がよくわかります。

いくら稼げたかは、詳細な建て玉を積算すれば計算できると思いますが、
電力会社全体でも6兆円の値動きがありますからその2割でも1兆円稼げるわけで、
連中にしたら笑いが止まらないでしょう。


空売り利益目的の原発テロ想起させる電力株チャート






お知らせ

8月31日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第54号  三島由紀夫の最後の遺言

届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



★メルマガ第1号~ガンの本質と生還
★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】
★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】
★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」
★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』
★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』


★メルマガ第6号『白血病について』
         〇生還の為に知っておくべきこと!
        〇『白血病について』~重要資料
★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足
★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』
★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』


★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』
★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者
★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ15号 決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?
★メルマガ第16号 東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光


★メルマガ第17号 勇気を失うことはすべてを失うことである。
★メルマガ第18号 がん細胞のボディーガードを光で死滅させる画期的技術を世界に発表!
★メルマガ第19号 高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!
★メルマガ第20号 もしもの危機の時の準備を!
 〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。
★メルマガ第21号 家のローンの変動金利があなたを破産させます!
★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器 機械から、マイナスの電子を
体内に注入出来れば、結果としてマイナスイオンが体内で発生します。
★メルマガ第23号 『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』
★メルマガ第25号 『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』
★メルマガ第26号 『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』
★メルマガ第27号 『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】
★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』
★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】
★メルマガ第30号 『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』
★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!
★メルマガ第32号『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』
★メルマガ第33号 『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
 〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!
★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】
★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!
★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!
★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!
★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!
★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』
★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!
★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?
★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!
★メルマガ第46号
我々は、40万人のガン患者を救える治療法を見つけることが出来るだろうか!?
★メルマガ第47号 【高濃度ビタミンC点滴療法の真実】
★メルマガ第48号 何故〜甲状腺ガンが全国で増えているのか!?
★メルマガ第49号
女性ガン死亡者数第1位(男性第3位)は〜『大腸ガン!』〜その予防法
★メルマガ第50号
癌細胞は、体内の重水素(トリチウム)と活性酸素に起因して大増殖する!
★メルマガ第51号
決して誰も書かない川島なお美さんの死の真相とは!?
★メルマガ第52号
活性酸素を大量発生させガンを発症させる最大の真犯人はリッキーガット症候群!
★メルマガ第53号 奇跡の野菜〜マルンガイ〜と石垣島!














. プロフィール

z64150528

Author:z64150528
FC2ブログへようこそ!

. 月別アーカイブ
. 検索フォーム
. リンク
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR