光軍の戦士のブログ

. 大晦日 ~ 多くの人に感謝の気持ちでいっぱいです。

大晦日 ~
多くの人に感謝の気持ちでいっぱいです。









管理人

今日は、2017年12月31日・・・
1年の最後の1日です。
色んな事を記事にしようかと考えましたが、
やはり、最終的には~感謝~しかないと思いました。

ブログ読者の皆様、有り難う御座います。
メルマガ読者の皆様、有り難う御座います。

ネットで多くの読者の皆様が居てくれるからこそ、
今の自分があります。
心より感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。

そして、多くのつながりを肌で実感しています。
最近は、電話での相談も多くなりました。
その一つ一つが、大変切実で人の命に関わるものが多いです。
また、これからの日本の行く末を心配してのものもあります。

メルマガに関して云いますと・・・
年々・・日々・・進化していると実感しています。
内容は、徐々に真相に近づいていると感じています。

実を言いますと、こういったガン・白血病や難病の核心に迫る
書き込みをしている人は、日本にはほとんどいません。
本当なんです。
検索しても、ほとんどと云っていいほど出て来ません。

時として、かなり有効な治療法を発表したりしている人はいますが、
その何人かは、監獄にぶち込まれたり、殺されています。
そして、重要なことのほとんどは、削除され消されています。

これが、今の日本の現実なのです。
検索しても、あまり良い情報は出て来ません。

実のところ、私も今は危ない橋を渡っていると実感しています。
実際のところ、ブログに書けないことも多いのです。
メルマガという非公開の空間で情報を流しているので、取り敢えず・・・
医療マフィアから見逃してもらっている可能性が高いです。
今のところは・・・ですが。

ある研究者は、監獄にぶち込まれた挙句に獄死さされています。
私も気をつけるに越したことはありません。
私のブログやメルマガがピタッと止まったら・・・
私に大きな異変があったと思って下さい。

そんな訳で、今の内により核心に迫る真相を多く残しておきたい
気持ちが強いです。
命は惜しくありません。
ですが、時局は刻々と危険水域に入りつつあります。

今の内に、より多くの情報をブログやメルマガで知っておいて下さい。
いずれ・・・あなたやご家族を助ける一助になるはずです。


急速に進行する悪性ガンの秘密 ~ より
https://ameblo.jp/64152966/entry-12339390811.html

<一部引用>

今日、悪性リンパ腫の方と長時間~お話しました。
その中で、大変興味深い内容がありました。

患者さん曰く・・・
階段を上っていると、直ぐに、息が切れる。
血中の ヘモグロビン(鉄分)濃度がかなり低い。

担当医さん曰く・・・
鉄分摂取型のガン細胞だろうとのお話。


<引用終わり>


管理人

つまり、お医者さんサイドではここで終わりなのです。
なので、本当の治療が行われる可能性は極めて低い。

私は、今直ぐに緊急にしなければならないことをアドバイスしました。
病院では、決して教えてくれないことばかりです。
というよりも、大元の真犯人がまるで分かっていないので、
適切な施術が行えないのです。

病院としては・・・
ヘモグロビン(鉄分)がかなり不足している、鉄分の補給を
勧めている訳ですが、その鉄分を栄養源にして、ガン細胞は
どんどん増殖しているのです。

皆さん・・・どうしますか・・・???
これは大変な事態です。
この真相を深く理解していなければ、
到底、患者さんを快方に導くことは不可能であることは
誰の目にも明らかです。

これ以上は無理です。
医師法や薬機法(薬事法)に抵触する恐れがあります。


詳しいことは、最新のメルマガに書きました。

お知らせ

12月30日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第66号 

悪性リンパ腫の真犯人の一つは
ムーコルか!?  ~ 其の3


まだ届いていない読者の方は、直ぐにご連絡ください。



ブログ読者の皆さんには・・・
特に、冬に気をつけなければならないことを書いておきます。

管理人

愛知県の悪性リンパ腫の方は、身体を冷やしたことから、
急に体調を崩されたそうです。

各人それぞれの身体は、健康と病魔の境を行ったり来たりと
電圧計や放射能の線量計のように、微妙に振れているのです。
身体を冷やしたことから、一気に悪いほうに流れたりするものです。

何度も言いますが・・・
身体を冷やすことは、メチャクチャ身体に良くありません。
病気やガンへの引き金になると言っても決して過言ではありません。

今は冬ですが、長袖シャツを3枚は重ね着することをお勧めします。
Mサイズを2枚にLサイズをその上から着込むのです。
そして、足にはズボン下やパッチを履いて下さい。
体温を下げるのは足や下半身から下がって、上半身の体温を
下げていくのです。

私は、その上に、更に何枚も上着を着ています。
今年の冬に、寒いと感じたことは一度もありません。

女性がスカートを着用するのは、本当に良くありません。
冷え性や便秘~子宮ガン・大腸ガンを誘発します。
止むを得ず、履かなければならない時は、麻やシルクのパンストを
履くようにして下さい。
化学繊維のパンストは、足や下腹部からマイナス電子を奪います。
静電気とは、プラス電極でありマイナス電子を奪うのです。
https://ameblo.jp/64152966/entry-11594710305.html

老化や病魔の遠因になることをお忘れなく。
特に、腹部の温度は常に温かくすべきです。
腹巻きもしたほうがいいです。

そして、もう一つ大切なことを云います。
飲むもの~食べるものは、いつも温かいものを心掛けて下さい。
胃や小腸、大腸の温度を下げることは、大変良くありません。
死にたい人に、クドクドとは申しません。

これを皆さん、大変に軽視しています。
また、冷たいビールなどを飲む際にも、温かいものも同時に飲んだり
食べたりして、温度を中和して下げないようにして下さい。

特に、ガン・白血病や難病にかかっている人は、
これを絶対に気をつけるように進言しておきます。

私の昨日の晩ご飯は、かなり温かい・・おじやでした。
何種類もの野菜とご飯とタマゴのおじやです。
ノリも入れました。
そして、ミックスジュースを頼みました。
最後に、ホットコーヒーを飲みながらタバコを一服と。
それで、しめて1500円でした。
1日に、その1食だけです。

冬は、暖かい鍋物が一番です。
それだと、冷たいビールを飲んでも大丈夫です。
湯豆腐なんかもいいですしね。

今、私が列挙したことに気をつけるだけで、少なくとも、
免疫力は3割はアップします。
病魔を遠ざけること請け合いです。


最後に、ブログ読者の皆様へ

皆様・・・良いお年をお迎え下さいますように
心よりお祈り申し上げます。

今年1年、本当に有り難う御座いました。








【光軍の戦士メールマガジン】

申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/



メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第九期メ-ルマガジン

★メルマガ第65号 ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第八期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!




交響詩「フィンランディア」  作曲 シベリウス

原曲の歌詞・日本語訳

1.
Oi, Suomi, katso, sinun päiväs' koittaa,
Yön uhka karkoitettu on jo pois,
Ja aamun kiuru kirkkaudessa soittaa,
Kuin itse taivahan kansi sois'.
Yön vallat aamun valkeus jo voittaa,
Sun päiväs' koittaa, oi synnyinmaa.

おお、スオミ(フィンランド国民の自称)
汝の夜は明け行く
闇夜の脅威は消え去り
輝ける朝にヒバリは歌う
それはまさに天空の歌
夜の力は朝の光にかき消され
汝は夜明けを迎える 祖国よ

2.
Oi, nouse, Suomi, nosta korkealle,
Pääs' seppelöimä suurten muistojen.
Oi, nouse, Suomi, näytit maailmalle,
Sa että karkoitit orjuuden,
Ja ettet taipunut sa sorron alle,
On aamus' alkanut, synnyinmaa.

おお立ち上がれスオミ 高く掲げよ
偉大なる記憶に満ちた汝の頭を
おお立ち上がれスオミ 汝は世に示した
隷属のくびきを断ち切り
抑圧に屈しなかった汝の姿を
汝の夜は明けた 祖国よ












スポンサーサイト



. ガンの真の正体・ガンジダとその特効薬とは!

ガンの真の正体・ガンジダとその特効薬とは!



 

           達人様より


http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/345.html


一部御紹介

「ガンの正体。治療可能だ」



毎年、世界中で約8百万人以上がガンで亡くなっている。
アメリカだけでも50万人以上に及んでおり、2030年には世界中で

1,200万人に上ると予想されている。
85歳以下の人々の死因で最も多いのがガンであり、

アメリカでは4人に1人がガンで亡くなっている。

「テロから一般大衆を守る」為に、私達の自由が日ごとに奪われて

いく一方で、これらの人々全員が、闇の輩達と製薬カルテルが治療

する事を組織的に拒んでいる。
その疾患により、毎年多くの人々が苦しみ、亡くなっていく。

一緒になれば、治療法を見つけることが出来る。

一緒になら私達には出来る。だが製薬会社が絡むとなると話は別だ。

「治療法」の探求に毎年莫大なお金が慈善事業を通して集められて

いるが、体制側にはそれを探求する意思は無い。

ロックフェラーが操る優生学 推進 組織、家族 計画 連盟(Planned Parenthood)の代表リチャード・デイ博士が、1969年にピッツバーグ

での医師たちの会議で、来たるべき国際社会の変革について

どう発言していたかを以下綴ろう。

個々の計画的変革が書かれた長いリストの詳細を述べる前に、

彼は集まった医師達に「録音器具の電源を切り、メモを取らない様に

」求めた。

だが、ある医師はメモを取り、後にそこで話されていた事を公にした。

40年後の現在、私達は、デイ博士が如何に並外れて正確だったかを

確かめる事ができる。1969年に彼が医師達へ話した以下の内容にある。

ほぼ全てのガンは今すぐ治療可能だ。

それに関する情報はロックフェラー研究所内のファイルにあるが、

それが今後公開される可能性は薄い。

人々をガンで死なせれば人口増加に歯止めをかける事になるだろう

とデイ博士は語った。

「あなたは他の病気でよりも、ガンで死ぬ確率が高い」。
こういった人々に情は存在しない。だからこんな事が出来るのである。

ガンの症状に対し、破壊的な薬、細胞や人体を殺す化学療法の様な

激薬によって処置する事で莫大な富を得ている以上、大手製薬会社は

それを治療したいという願望を持ってはいない。

だが、本来それはお金の為ですらない。


例の闇の輩は人口削減の方法として、

人々が必要以上に早く苦しんで死んで欲しいのだ。

そうした訳で、製薬大手陰謀グループの外部の誰かが

効果的なガンの処置法を発見すると、

医療体制派や政府機関にすぐさま目を付けられるのである


― 中略 ―


ガンの発生を許しているのは弱体化された免疫系である。免疫系が

効率的に機能していれば、免疫系は手に負えなくなる前に問題を

処理する。この場合は、カンジダを抑制する事である。

では、世界中でガン患者の数が急上昇しているので、何が起こって

いるかを見渡してみよう。人間の免疫系に対する計画的な戦争

そこにはあり、10年ごとにますます騒々しくなってきている。

飲食物の添加物、化学農業、ワクチン接種、電磁気やマイクロ波の

テクノロジーや周波数、調合薬、近代「生活」によるストレスによって、

私たちの免疫系は弱体化させられ、攻撃されている。

今日の子供達は、25種類のワクチン接種とそれらの混合物が与えられ

て、いったい防御できるのだろうか!?2歳になる前の、免疫系がまだ

育っている最中だというのに!! 何という事だ…。

これこそが例の闇の輩が人口を間引くやり方だ。疾患に対する人体の

自然免疫能を弱体化させるという手段によってである。
いま、真の恐怖映画が目前にある。何よりも早く免疫系を破壊するもの

は何だろうか?化学療法、放射線もその一つである。

化学療法とは、細胞を殺す為に考案された激薬である。


― 中略 ―



「化学療法は、治癒するはずの人々を殺している。」

化学療法は、私達がもし治癒するとすれば健康で丈夫である事が

必要だが、まさしくその組織そのものを破壊する激薬である。

シモンチーニは、ガンが真菌の感染もしくは蔓延であると気付くと、

その真菌を殺し、悪性腫瘍を除去できる何かを探し始めた。彼は、

「抗真菌剤」は作用しないと気付いた。

何故なら、真菌は自己防衛の為にすばやく変異し、真菌を殺す為に

処方された薬物を取って食べ始めさえするからだ。

その代わりにシモンチーニは、もっとずっと簡素なものを見つけた。


重炭酸ナトリウムである。これは重曹の主要成分だが、決して重曹と

全く同じ成分ではないと強調しておく。

重曹は他の成分も含んでいるからだ。

彼が重炭酸ナトリウムを使った理由は、それには強力な殺菌力があり、
薬物とは違い、カンジダはそれに「適応」することが出来ないからだ。
患者は、医者が手術無しで患者の体内を調べる為に使う内視鏡や

細長いチューブのような体内用具によって、経口で重炭酸ナトリウム

を投与される。これにより重炭酸ナトリウムをガン、すなわち真菌に

直接かける事が可能になる。

古代エジプト人は、抗真菌物質の治療特性を知っていたし、千年前の

インドの書物は、実際にガンの処置には「アルカリが有効」であると

薦めている。

1983年にシモンチーニは、肺がんで余命数ヶ月のイタリア人患者

ジェンナーロ・サンジェルマーノの処置にあたった。

数カ月後、彼は死ぬ事なく健康体に戻り、ガンは消えていた。

さらなる成功が続き、シモンチーニは自分の研究結果が有効だった事

を示す為に、科学的見地から公認された治験が開始される事を願って、

イタリア保健省にそれを提出した。

しかし彼は医療の不正操作とペテンの本当の規模を知る事になった…

― 中略 ―


シモンチーニは、重炭酸ナトリウムを使って、いくつかの本物の後期

過程のガンでさえ激減させ、全て除去する事に成功をしている。

いくつかの症例では、この治療法は何ヶ月も掛かることがあるが、

簡単に腫瘍に到達できる乳がんの様な他の症例では、数日あれば

もう十分という事はありうる。


ガンが真菌であるという事に関しては、ここに核心がある。
サルベストロールは、真菌の攻撃に対する果物と野菜の中の自然な

防衛システムである。そういう訳でサルベストロールは、カビ(真菌)害

にさらされる生物種の中にしか見つからないのである。

それは、イチゴ、ブルーベリー、キイチゴ、葡萄、クロフサスグリ、

アカフサスグリ、クロイチゴ、クランベリー、リンゴ、梨、青物野菜

(特にブロッコリーとキャベツ類)、アーティチョーク、唐辛子と黄ピーマン、

アボガド、ミズガラシ、アスパラガスやナスなどである。

さらに言えば、巨大製薬/バイオテクノロジー企業カルテルは、

この全てを知っていて、ガン、すなわち真菌の攻撃に対する

自然免疫能を弱体化させる為に、2つの重大な事を行った。

・近代農業で使われている化学殺菌スプレーは、人為的に真菌を

殺している。

 そしてこの事は、植物や農作物がその防衛力、サルベストロールを

発動する必要が無い事を意味する

今日では、有機栽培食品の中にしか、それは見られない。

・もっとも広く使われている殺菌剤は、CYP1B1に対する非常に強力

な遮断剤になっている。だから、もし化学的に生産された食物を十分

に食べれば、どれだけサルベストロールを消費したかは重要ではない。

サルベストロールは、本来のガンを破壊する因子として発動しなくなる。

これは偶然ではなく、周到な計画であり、過去の事も現在の事も、
トゥリオ・シモンチーニを失脚させる為の体制派の企みと同様である。

人々がガンを克服する事では無く、

ガンで死ぬ事が例の闇の輩達の望みである


彼等は精神的・感情的に病んでいて、人類を羊か牛と思っている。





関連記事


抹殺された奇跡のガン治療法

前編 【日本版・奇跡のガン治療】

後編 【日本版・奇跡のガン治療】


(更新版)究極の放射能対策・総まとめ 【永久保存版】



Akiane Kramarik38

          http://labaq.com/archives/51712345.html

. 白血病に関する重要記事~ガン細胞になってしまったら、効くのはアレだけ!

白血病に関する重要記事
~ガン細胞になってしまったら、
  効くのはアレだけ!







癌とは真菌の組織塊であり腫瘍とは別物
http://www.link-21.com/earth/a10.html

<一部引用>

2 がんは真菌の組織塊で深在性真菌症である 

近年、日本では、真菌感染症や深在性真菌症の研究が進んでいる。
真菌感染症というと水虫、たむしのように患部が皮膚の角質など
に止まり真皮に及ばない表在性真菌症が治療の中心であったが、
皮下組織や、脳、肺、心臓などの内部臓器まで及ぶ
深在性真菌症の研究が進んでいる。

つまり、皮膚の角質に白癬菌が広がるように、
皮下組織や内部臓器に真菌が増殖し広がる事象が認識されて
いて、高血圧、動脈硬化、心疾患、脳疾患、各臓器での
感染炎症などにつながると研究されているのである。

大日本住友製薬のHPには、深在性真菌症として、
アスペルギルス、カンジダ、クリプトコッカス、ムーコル
などの接合菌を動画で紹介しているのだが、
その症状はがんと同じであることに気づく。

主要病原真菌の姿(大日本住友製薬HPへリンク)
アスペルギルス
カンジダ
クリプトコッカス
接合菌(ムコール)

HPでは、アスペルギルスと肺がん、カンジダと
肝臓障害との関連付けしていて、クリプトコッカスは
AISDとの関連を指摘しています。
また、ムーコルなどの接合菌は、
菌糸が急激に増殖する事例を紹介している。

また、血液のがんと言われている白血病も、
血液の中に、真菌が増殖すると考えれたほうが合理的だ。
白血病=血液の真菌感染症と直接的には表現していないが、
下記のレポートは白血病と真菌感染症の関連を指摘していると言えよう。

血液疾患の真菌感染症 最近の動向
https://www.iyaku-j.com/iyakuj/system/M2-1/summary_viewer.php?trgid=4943

これらの深在性真菌症は、
いわゆるがんの症例と似ていないだろうか。
いや同じではないだろうか。
細胞の遺伝子変異でがん細胞が増殖るのではなく、
放射真菌が皮下組織や内部臓器に広がっているのではないだろうか。
つまり、がんは真菌感染症であるということである。 

イタリアの医師トゥリオ・シモンチーニも、
真菌であると言っているが、彼の場合、
人体にカンジタなどの真菌類が感染した際、
人体の免疫による防御システムが働くために、
感染した細胞を腫瘍細胞という形で増殖させるとしていて、
真菌が増殖するという説とは異なる。
彼は、まだ従来の神学論的なガンという概念から
脱却できていないのだろう。

まとめると、いわゆるがんとは、
細胞の突然変異によって増殖した細胞の組織塊である
悪性腫瘍が引き起こすものではなく、真菌の組織塊が、
免疫力の低下などで内部臓器内で増殖拡大する現象で
あるとうことになる。

むしろ、がんという病名をなくした方が理解しやすいかもしれない。

新宇宙概論より

2014/1/4 改稿


---------------------------------------------



管理人

もし、以上の論文がかなりの的を得たものであるなら、
大変大きな可能性が出て来ることになります。


「ガンの正体。治療可能だ」
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/345.html

シモンチーニは、ガンが体内のどこにあろうと、
あるいはどんな形をとろうと、
全てのガンが同じように振る舞うことに気がついた。
そこには共通項があった。
ガンの「しこり」が常に白い事だ。

白い物とは何だろう? カンジダである。

― 中略 ―


2人の英国人科学者で研究者、ガン治療薬発見グループ
(the Cancer Drug Discovery Group)の
ゲリー・ポッター教授とダン・バーク教授による
研究結果に関する記事の中で、ガンが真菌であるという
事実について記述された。
彼等の合同の研究結果は、次の事を明らかにする。

ガン細胞は、普通の細胞にはない独特の「バイオマーカー」、
CYP1B1(発音はシップ・ワン・ビー・ワン)と呼ばれる
酵素を持っている。
酵素とは、化学反応(の率の上昇)を「触媒する」
タンパク質の事である。

CYP1B1は、多くの果物と野菜の中に自然に見つかる
サルベストロール(Salvestrol)と呼ばれる物質の化学構造を
変化させる。
この化学変化がサルベストロールをガン細胞を殺す因子に変えるが、
健康な細胞へは危害を加えない。

共時性(シンクロニシティ)は完璧だ。
CYP1B1酵素は、ガン細胞内にのみ現われ、
果物と野菜の中のサルベストロールに反応して
ガン細胞だけを殺す化学物質を作る。

ガンが真菌であるという事に関しては、ここに核心がある。
サルベストロールは、真菌の攻撃に対する果物と野菜の中の
自然な防衛システムである。
そういう訳でサルベストロールは、カビ(真菌)害にさらされる
生物種の中にしか見つからないのである。

それは、イチゴ、ブルーベリー、キイチゴ、葡萄、クロフサスグリ、
アカフサスグリ、クロイチゴ、クランベリー、リンゴ、梨、
青物野菜(特にブロッコリーとキャベツ類)、アーティチョーク、
唐辛子と黄ピーマン、アボガド、ミズガラシ、アスパラガスやナス
などである。

さらに言えば、巨大製薬/バイオテクノロジー企業カルテルは、
この全てを知っていて、ガン、すなわち真菌の攻撃に対する
自然免疫能を弱体化させる為に、2つの重大な事を行った。

・近代農業で使われている化学殺菌スプレーは、
人為的に真菌を殺している。
 
そしてこの事は、植物や農作物がその防衛力、
サルベストロールを発動する必要が無い事を意味する。
今日では、有機栽培食品の中にしか、それは見られない。


---------------------------------------------



前ガン状態である細胞を過ぎて、
ガン細胞になってしまったら、
効くのはサルベストロールだけだと言います。
 

http://post-311.blogspot.jp/2013/07/blog-post.html


サルベストロールというのは、植物性の栄養物質で、
野菜や果物、ハーブなどから我々が日常的に採りこんで
いるものなのですが、これがガン細胞を殺すのにとても効果が
高いことがわかりました。それが2002-2003年のこと。

そのきっかけとなったのは、1995年、バーク教授が
アバディーン大学で教鞭をとっていたときに、
全てのガン細胞に存在する酵素タンパクを発見したこと。
正常な細胞には存在しないこの酵素を
CYP1B1(シップワンビーワン)と名付け、
ガン細胞の目印、すなわち、腫瘍マーカーとして
認識されるようになりました。
あらゆるガン細胞で、特殊な染料を使った確認作業が
行われたのです。


一般に薬剤というのは、標的にする病変にだけ効果を発揮し、
正常細胞に害を与えないものを開発しているそうですが、
抗ガン剤はご存知のように、正常細胞まで痛めつけてしまいます。

なので、このCYP1B1と名付けた酵素を使って、
ガン細胞だけを攻撃する薬を作れないか、バーク教授は
医科学専門のジェリー・ポッター教授(Prof. Gerry Potter)
にもちかけました。

ポッター教授は20年近く、有効なガンの治療薬のための研究を
続けていたのですが、その過程で、天然の植物が持つ物質には
元々ガン細胞だけを選択的に攻撃するものがあることを発見しました。

ふたりの共同研究によって、2002年に、すべてのガン細胞が
持っているCYP1B1酵素の力を触媒として、
ガン細胞を殺すことができる天然化合物が特定され、
ポッター教授がその物質をサルベストロールと名づけました。
(SalvestrolのSalveはラテン語で「救う」を意味します。)

臨床での治験データの一部はこちらのPDF文書にありますが、
従来のガン治療で治癒を諦めた患者さんたちの快復ぶりがわかります。
Nutrition and Cancer: Further Case Studies Involving Salvestrol

また、ガンの治癒だけでなく、予防としても、
他の栄養物質と一緒に摂りこむことの効果がわかります。
サルベストロール投与単独でも治癒できたケースもあります。

ただし、このサルベストロールは、
農薬・化学肥料を多用する一般の農産物では、
有機野菜や果物の30分の1ぐらいしか含まれていない
ことがわかっています。

現在、最も広く使われている防カビ剤(Fungicide)は、
農地や菜園の菌類を絶滅させてしまうものだそうです。
その菌類に反応して植物の中のサルベストロールは増えていくので、
菌類が存在しなければサルベストロールも増えないのです。

(ここでバーク教授は言及していませんが、
菌類に負けずに育つ植物の中に存在し、
人体に入った時にガン細胞と出くわして、
それを退治してしまうのがサルベストロールとすると、
ガン細胞の正体はカンジダなどの真菌という可能性もでてきます。
つまり、植物のまわりに本来ならば存在するカビのような菌類を
いわば”模擬ガン”として、攻撃する力をつけたサルベストロールは
人体の外でつくられた”免疫細胞”とでも表現できます。)

バーク教授によると、防カビスプレーには殺虫効果はなく、
植物を売りやすいようにまっすぐにするなど、
見栄えのために使われている、とのこと。
(David Icke氏の陰謀説では、そもそもが、
抗がん作用のある栄養物質をなくしてしまうため、
という解釈になります。
結果的にそうなので、それも十分あり得ます。)

ガンが目だって増加した過去数十年。
これは農産品が農薬・化学肥料漬けになったのと時期が重なります。
発がん物質が増えたというより、天然に存在する抗がん物質を
激減させられた、というほうが当っているかもしれません。
そもそも発ガン物質の作用は一般に考えられているほど
ガンとの因果関係は立証できていないのです。

なお、バーク教授によれば、サルベストロールは
抗酸化物質が効かない場合にも有効だとのことです。
CYP1B1酵素に反応することがはっきりしているので、
効果は他の物質よりも高いことは考えられます。

ですが、教授の理論にちょっと疑問が残ります。
発がんの原因には、化学物質、紫外線、フリー・ラジカル(活性酸素)、
ウィルスなど色々あり、抗酸化物質は素晴らしいものの、
「フリー・ラジカル」という一種類の発がん原因物質にしか効かない、
というのです。
そして、前ガン状態である細胞を過ぎて、ガン細胞になって
しまったら、効くのはサルベストロールだけだと言います。

ところが、高濃度ビタミンC、刺絡、温熱、免疫などの療法だけでなく、
三石巌が作った抗酸化物質(SOSやメグビーSなど)の経口摂取でも、
余命数カ月と言われた人がかなり次々と完治に到っているのです。
これは、完全なガン細胞であっても他の療法でアポトーシスに
持ちこめていることになります。
人体に備わった免疫であるNK細胞然りです。

また、化学物質や紫外線などによるストレスも、
フリー・ラジカルや活性酸素を発生させる原因とも言われ、
それが発ガンの原因とも言われます。
その場合は抗酸化物質が他の要因にも効果がある事になります。

このあたりは、シモンチーニ医師のカンジダ真菌説で説明が
可能かどうか、細胞を取り出した実験も見てみたいところです。
(ガン患者の数を考えれば、認可が下りればどの国でも簡単に
できる調査と思われますが、ガンの真実を暴いてしまった
代替療法に対する医薬利権の圧力は物凄いわけですね。)

他の抗ガン物質がCYP1B1酵素を認識したのか、それとも
ガン細胞の他の特徴を捉えて選択的に反応しているのがは
わかりません。ビタミンCは、試験管実験でもガン細胞を
殺すことが既に確認されています。

いずれにしろ、一般的な栄養療法と同じく、正常細胞には
全く害のない物質がガン細胞の攻撃や発ガンの予防に有効で
あるとわかり、もし有機野菜・果物などを毎日食べることが
できれば、サプリで補う必要もないわけです。

(現実には、それが困難なので予防としてサプリを料理に
使うことなどが推奨されています。
サルベストロールは非常に熱に強いので、
加熱で天然成分が外に出てしまった場合でも、
煮汁も一緒に食べれば摂取できます。)

なお、サルベストロールはサプリとして海外で商品化されて
いますが、因島の発酵食品、万田酵素の商品にも
サルベストロールが豊富に含まれているそうです。


---------------------------------------------


管理人

最後に・・・
ガンになるのは、それなりの理由があるはずです。
これだけをやれば、後は大丈夫というものでは無いと思います。

体質改善を計りつつ、大元の原因を改善して行く努力が
必要なのは言うまでもないことです。

ただ、今回の真菌説には、かなりの信憑性を感じました。
もし、これが真相であるならば・・・
サルベストロールのサプリは、かなり有望という事になります。

白血病の進行が早いという話が、前回の記事に寄せられました。
これも、真菌説に従がうと、早い理由に合点がいきます。
つまり、真菌が、血液と共に身体中の血管の中を常時、
グルグル循環しているので、真菌の繁殖も拡がりも
早くなるのが道理です。
これが、細胞に罹患する他の内臓系のガンと著しく違う点でしょう。

世界の医学界は、闇のイルミナティによって支配されています。
地震予知学会や地震学説も同様です。
彼等の最大の願いは、世界の人口の超大幅削減ですから、
現代の医学もかなり歪められたものと理解すべきです。

医学に関しても、我々が真相を究明していく以外には、
助かる道は無いものと心得るべきです。
救命医療の真相は、全て潰されて来た歴史をついに
多くの人間が、知るべき時代がやって来たのです。

少なくとも、今回のサルベストロールは、
試してみる価値は十分にありそうです。
試しもしないで、良し悪しを言うべきではありません。
もし、カビ菌なのだったら、治るのも早いかもしれません。



サルベストロールのサプリ
http://coynehealthcare.co.za/#products




. 急速に進行する悪性ガンの秘密

急速に進行する悪性ガンの秘密









管理人

今日、悪性リンパ腫の方と長時間~お話しました。
その中で、大変興味深い内容がありました。

患者さん曰く・・・
階段を上っていると、直ぐに、息が切れる。
血中の ヘモグロビン(鉄分)濃度がかなり低い。

担当医さん曰く・・・
鉄分摂取型のガン細胞だろうとのお話。


ヘモグロビン(鉄分)~ 引用

全身に酸素を運ぶとともに、細胞の活性化を担っています。
血液中の鉄は赤血球の中の「ヘモグロビン」という形で存在します。
ヘモグロビンは「ヘム鉄」と「グロビン」というタンパク部分からなり、
ヘム鉄は「ポルフィリン」という化合物の中に鉄が入っていて、
全身の組織に酸素を運ぶ大切な役割を果たしています。



管理人

進行が早いことと合わせ、私は直ぐに、ムーコルを疑いました。

★メルマガ第57号〜前編
ムーコルはガンより怖ろしい!〜ガンとの因果関係は?

~ 一部引用

ムーコルはガンより怖ろしい!
~ガンとの因果関係は?

https://ameblo.jp/64152966/entry-12314336564.html


・・・続きに入ります。

ムーコル症?ムコール菌症
http://oasis1973.at.webry.info/201011/article_26.html

2010年11月18日 提供:毎日新聞社
市川の院内感染:東歯大市川病院、県が立ち入り調査へ /千葉
市川市の東京歯科大市川総合病院で入院患者3人が「ムーコル症」の
院内感染で死亡したとされる問題で、県は18日に医療法に基づき
立ち入り検査することを決めた。

---------------------


「ムーコル症」の院内感染・・・3人が死亡。
恐らく、人工透析の機械そのものの汚染による複数人の感染か、
その周辺の作業過程で不備があったのではないかと推察されます。





人工(血液)透析を受けていると感染しやすい

ムコール菌の発育には鉄が必要です。

血液透析をしている人は体内に鉄が多く、
ムコール菌に感染しやすくなります。
ムコール菌は血管から侵入することの多い菌でもあります。
全身に影響を与えやすく、注意が必要です。

つまり、人工透析を媒介にして感染した可能性が非常に濃厚です。
人工透析の機械の殺菌~洗浄がきちんと行われていなかった可能性。
透析時、血管から侵入したと考えれば説明がつきます。
しかも、人工透析をしている本人各位が、
もともと感染しやすい状況であったこと。

皆さん、人工透析を受ける時には、是非、気をつけて下さい。
また、作業に従事するお医者さん看護士さんも十分注意が必要です。


ムコール症は胞子を吸いこむことによって起こります。
主に鼻と脳を侵す重度の感染症で、場合によっては死に至り、
コントロール不良な糖尿病患者など、免疫機能が低下している人に起こります。
肺に感染することも多く、まれに皮膚や消化管も侵します。
また,鉄キレート薬のデフェロキサミン(デスフェラール注)が
投与されている患者においても良くみられる。

感染組織は手術で取り除きます。
糖尿病の場合には、血糖値を正常範囲まで下げる治療を行います。
ムコール症は死亡率の高い、非常に重い病気です。
効果的治療には糖尿病のコントロール,あるいは免疫抑制の逆転
またはデフェロキサミンの中止が,可能な限り要求される。



接合菌症の病理はムコール目までの同定に留まる
http://blog.livedoor.jp/garjyusaiga/archives/52327605.html

ムコールは血管向性であるため、
原発巣から菌糸が頻繁に血管侵襲する像が観察される。
よってしばしば真菌塞栓を形成する。

外科的切除をしない場合には死亡率は60%に上り、
切除を行った場合の死亡率は11%である。

ムコールは血液培養からは生え難いが、組織検体からは培養可能。

接合菌症の最終的な診断は培養検査と組織形態学的検査に依存する。
培養検査では、組織 (喀痰、浸出液、擦過) などから得られた検体において、
特徴的な菌糸を検鏡・同定する。
菌糸と小胞子のう胞子がヒト組織中で認められる事は稀である。

---------------------



★メルマガ第40号
『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』

http://ameblo.jp/64152966/entry-11248276772.html

最後に、いずれ記事にするつもりですが、
ガンには進行の遅いものと極めて早いものがあります。
これって、寄生したカビ菌の種類にも関係しているのではないでしょうか。

もし寄生したカビ菌が、
ムーコルなどの極めて繁殖力の強い接合菌が主犯であったら・・・
ガンの増殖と進行が早いのは当然です。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/mmj/57/4/57_16.006/_pdf

ムーコル症は、
いったん発症すると急速に進行し致死的経過を辿ることが多く、
予後不良なため、早期診断、治療が不可欠。
ムーコル症に対して、抗真菌効果があるのはアムホテリシンBのみである。

恐ろしい!・・・
徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきました。


-----------------------------------------------------



管理人

メルマガには、何故、血液やガン細胞に
真菌やウィルスの存在が見つからないのか?
・・・を科学的に検証しています。

結果・・・
ガン・白血病と真菌やウィルスの関係は、切り離され
・・・ほとんどの医師が無視しています。

今こそ、秘密を解き明かす時です。
でなければ、ガン・白血病を治すことは不可能です。

原因を知らない~分からないでは・・・
到底、本当の意味でのガン・白血病を治療出来る訳がありません。

お医者さんは、いつも言います。
原因は分からないと・・・

でも、治療法だけは確立されています。
この矛盾に、多くの国民は気づくべきです。


ガン・白血病とは・・・
真犯人が極めて判別しにくい深因性感染症である!

何故、判別出来ないのか?
そこに最大の謎と秘密があります。




ガン・白血病に、真菌やウィルスが深く関与している
エビデンスは確かに存在します。


世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

https://ameblo.jp/64152966/entry-12171166003.html

HeLa細胞は、ヒトパピローマウイルス(HPV)という子宮頚癌の原因ウイルスに

感染して、そのウイルス遺伝子がHeLa細胞の中に組み込まれてしまっていたのだ

という事が後の研究でわかってきました。
 


◎ここが今回の最も重要なポイントです。


人の正常な子宮の重さは、50g前後らしいですが、子宮筋腫や子宮頸がんに
なると、250gや500gを越えるものもあるそうです。
ヘンリエッタさんから採取した子宮の重さを仮に500gとしますと、
培養に次ぐ培養で累計5000トンって云いますから、何倍になるのか?

5000トンは、1トンは1000キロですから、
1000キロの5000倍になります⇒つまり、5百万倍。
500gですから、何と・・・一千万倍。
60年間に一千万倍に増殖した計算になります。

有り得ないだろう・・・絶句。
これは、最早、細胞と呼べる代物ではない。
ウイルスのコロニーと化しているのは間違いない。

ガン細胞は

ウイルスのコロニー



カビ菌のコロニー

である可能性が高くなって来ました。



人間の科学のレベルでさえ、遺伝子組み換えが出来るのですから、
更にレベルの高いウイルスやカビ菌が、自ら、遺伝子組み換えを
行っていたとしても何等不思議ではありません。

但し、人が普通の状態の時には、免疫機能が働いて駆除する訳ですが、
様々な要因により、免疫力が著しく低下してしまった場合には、
悪玉菌が勝ってしまう場合がある訳です。
そうなると、ガン・白血病になってしまう可能性があります。







お知らせ

12月21日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第65号 
ガンと重曹〜海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

まだ届いていない読者の方は、直ぐにご連絡ください。 



【光軍の戦士メールマガジン】

申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/



メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第九期メ-ルマガジン

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第八期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!












. 「あさこはうす」熊谷厚子さん 階段で転倒し重症 ~暗殺未遂の可能性あり!?

「あさこはうす」熊谷厚子さん 
階段で転倒し重症~ 
暗殺未遂の可能性あり!?









あさこハウス~関連記事や動画が削除されまくっています
~しかし、魚拓を発見!

https://ameblo.jp/64152966/entry-11974328934.html


『青森・あさこハウスからSOS!』 
https://ameblo.jp/64152966/entry-11968731604.html







「あさこはうす」熊谷厚子さん 階段で転倒し重症 暗殺未遂の可能性あり
http://www.asyura2.com/17/genpatu49/msg/256.html

こんにちは、熊谷厚子の娘です。皆様に近況のご報告がございます。
先日以来更新なくてごめんなさい。実は母は東京滞在中に
屋外の階段で転倒し頭部に重傷を負いました。何とか今は無事です。
うまく言えなくてすみません。写真は今は控えたいとの事で
彼女の当時の持物でお察し下さい。詳しくはもう少し落ちついたらちゃんとさせて下さい。現在は母と言葉を交わせるのですが、
口にするのは謝罪やあさこはうすの事、お金の心配ばかりでとても切なくなります。



管理人

『あさこはうす』の熊谷あさ子さんは、
40年間津軽で発生例のないツツガムシ病で急死した。
暗殺の可能性アリ。

反原発の大間町長暗殺指令・・・なんてのもありました。

今現在、熊谷厚子さんは、邪魔な存在として常に監視されています。
盗聴も盗撮もされているだろうし、公安が常時マ-クしていると考えられます。

実は、階段で転倒させるなんてことは簡単に出来てしまいます。

知的障害者施設での大量殺人・植松容疑者
への高度な洗脳技術が公開されています。

https://ameblo.jp/64152966/entry-12197210369.html

<一部抜粋>

「非致死性兵器の一部の生体効果」という英文報告書は下記サイトにあり、
マイクロ波聴覚効果を利用した兵器は、報告書6~8ページに記載されています。

http://www.freedomfchs.com/usarmyrptonmicrowavefx.pdf

余談ですが、「非致死性兵器の一部の生体効果」という
英文報告書8~10ページでは、
てんかんを発生させる電磁波兵器 も情報公開されています。
基本的には、強烈な電波を人間の脳に発射して、気絶させるのです。
電波は眼に見えず、証拠が残らないから完全犯罪がされています。


ところで、その問題の埼玉で、不思議な交通事故が起こっています

2016/09/04 15:55
車にはねられ38歳女性死亡 路上で突然座り込む
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000082739.html

さいたま市の路上で、38歳の女性が車にはねられて死亡しました。
警察は車を運転していた男を現行犯逮捕しました。

4日午前0時50分すぎ、さいたま市南区の路上で、近くに住む中畑純子さんが
車にはねられ、全身を強く打って搬送先の病院で死亡しました。
警察は、車を運転していた松本英昭容疑者(73)を過失運転傷害の疑いで
現行犯逮捕しました。
取り調べに対し、「物をひいたと思った。車を止めて確認すると人だった」と
話しているということです。

警察によりますと、中畑さんは当時、知人男性と現場付近を歩いていましたが、
突然、路上に座り込んではねられたということです。

<引用終わり>





上の写真は、群衆鎮圧用の大型のものですが、
一人の人間に対して、もっと小型化されたものが
当然、あるに違いありません。


てんかんを発生させる電磁波兵器がある以上、
しかも、その施設がある埼玉ですから、
私がおかしいと感じるのも無理からぬ事とご理解いただけるでしょう。

埼玉のとっても怖い組織を知りたい人は、以下の記事をご覧下さい。

『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
http://ameblo.jp/64152966/entry-10784838369.html

テレビ・新聞・雑誌は、ほとんど真実を国民に伝えません。
実は、日本という国は、北朝鮮に負けないくらいものすごく怖い国なんです。
北朝鮮は、大っぴらにやりますが・・・
日本は、徹底して秘密裏に殺しをやります。
ほとんどの国民は、この恐ろしい真相を知らないでいます。

特に、一番恐ろしいのが・・・公安。
その中の秘密部隊は、CIA直轄の組織ですから。

公安は、当然、人をタ-ゲットにした小型化した最新の電磁波照射兵器を
持っているのは当たり前です。

実は、私の知っている有名サイトの人物もこれをやられたと告白しています。
危うく、電車が入る直前に、線路に転倒しそうになったと告白しています。

つまり、事故にみせかけて大抵のことは出来てしまうのです。
日本には、あまりにも情報弱者の人が多すぎます。
直ぐに、陰謀論だとバカにして終わりです。
何も知らないのは、あなただけです。

私は、熊谷厚子さんが狙われた可能性を大いに疑っています。
そういう意味では、東京の病院にいること自体が大変危険です。
容体が急変したとの知らせが無いことだけを祈ります。







お知らせ

12月21日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第65号 
ガンと重曹〜海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

まだ届いていない読者の方は、直ぐにご連絡ください。 



【光軍の戦士メールマガジン】

申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/



メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第九期メ-ルマガジン

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第八期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!









. 胃ガン予防でピロリ菌を駆除した人に食道炎や食道がんの発生が多い!?

胃ガン予防でピロリ菌を駆除した人に
食道炎や食道がんの発生が多い!?





お知らせ

12月21日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第65号 
ガンと重曹〜海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

まだ届いていない読者の方は、直ぐにご連絡ください。 m(_ _ )m






ピロリ菌はウレアーゼをだして、胃の中の尿素を分解して
アンモニア(アルカリ性)のバリアを作り、
胃の表面まで移動することができます。


出典より

胃の中には、食べ物の消化を助け、食べ物の腐敗を防ぐために、
胃液が分泌されています。
胃液には、金属でも溶かしてしまう強い酸(塩酸)が含まれているため、
胃の中は強い酸性(pH1~2)で、通常の菌は生息できません。

ピロリ菌が活動するのに最適なpHは6~7で、4以下では、
ピロリ菌は生きられません。
それなのに、なぜピロリ菌は胃の中で生きていけるのでしょうか?
秘密はピロリ菌がだしている「ウレアーゼ」という酵素にあります。
この酵素は胃の中の尿素を分解してアンモニアを作りだします。
アンモニアはアルカリ性なので、ピロリ菌のまわりの胃酸が中和され、
生息できるのです。



管理人

強酸の胃液の中では、ほとんどの細菌は死滅します。
ピロリ菌は、アルカリのアンモニアを生成して、自身の周囲に
拡散させ、強酸の胃液を中和させます。
その中和地帯が生息域になる訳です。

ところが、胃以外の生体の細胞においては増殖出来ません。
自身が出すアンモニアは微生物にとっては猛毒だからです。
胃の中でしか増殖出来ないのです。

ピロリ菌は、食道にも結構、生息しているようです。
実は、ピロリ菌を駆除した人に・・・
食道炎や食道がんの発生が多いことが報告されています。
この事実は、アルカリが食道炎や食道がんを抑制していることを
指しているのではないかと思うのですが、如何でしょうか?

或いは、猛毒のアンモニアが真菌やウィルスをやっつけるので
ガンを発症しないという見方もあります。
これは、ガン真菌説に基づくものです。

皆さん、私はサラリと書きましたが、
これってメチャクチャ重要なポイントですよ。

何故か・・・
ガンの真相に迫るものだからです。

なぜ、多くの医学者にはこの視点がないのでしょうか?


アンケ-トを実施します。

ピロリ菌を駆除した人に・・・
食道炎や食道がんの発生が多いのは何故でしょうか?


 ピロリ菌の出すアンモニアのアルカリが
  ガン細胞の増殖を止めている。

 猛毒のアンモニアが真菌やウィルスをやっつけるから。
  ~ ガン真菌説に基づく ~

 A と B が同時に作用していると考えられる。


A か B か C かのいずれかでお答え下さい。








私は、ピロリ菌犯人説には半信半疑です。
胃の表層粘膜に感染していると言っておりますが、
また、別の見方があります。

つまり、胃液は・・強い酸性(pH1~2)ですが、
この強い酸が曲者です。

強酸と化学反応を起こす薬物なんて結構あったりしますから。
結果、毒性物質となり、胃の表層粘膜を傷つけたり炎症を
起こしたりする可能性は普通にある訳です。

胃の粘膜が傷つくと、当然、そこからピロリ菌が入っていきます。
これを胃の粘膜がピロリ菌に感染したと見ているのかもしれません。

松くい虫の話があります。
山の木々に松くい虫が大量発生したから大変だと、
ヘリコプタ-で、殺虫剤を散布しますね。

これなんですが、国道沿いの松が大気汚染や酸性雨でやられて
樹木がスカスカになってしまうのです。
その小さな穴に松くい虫が、住み家にして繁殖する訳です。

つまり、樹木にダメ-ジを与えている環境破壊が最大の問題なのであって、
松くい虫だけを目の敵にしたってはじまらないだろうといった話になる訳です。
元気な樹木には、松くい虫は入り込めないのです。

ピロリ菌にしたって、私は同じ理屈だと思うのです。

さて、問題なのは、強酸の胃液と反応して毒物になる薬物や飲食物の特定ですが、
これは、近いうちに、メルマガで記事にしようと考えています。

おそらく・・・
お医者さんがよく使っているお薬なんかも相当ヤバイと思っています。
だって、皆さんもきっと経験しているはずです。
この薬を飲むと胃が荒れるなんて、日常茶飯事ではありませんか?

お医者さんや病院は、こういった事実を絶対に認めませんから。
だって、メシの種ですもんね。
商売なんですから。

皆さんは、今日、真実の一端を知ったのです。








【光軍の戦士メールマガジン】

申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/



メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第九期メ-ルマガジン

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第八期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!












. トヨタ~2025年を目途に全車種に電動車~日本国内が原発だらけになることが確定!

トヨタ~2025年を目途に全車種に電動車
~日本国内が原発だらけになることが確定!









2017年12月19日
トヨタ、2025年を目途に全車種に電動車を展開し、エンジン専用車は廃止へ
https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1097628.html

電動化はクルマのCO2削減に必要不可欠な要素であると語り、
2015年10月に発表した「トヨタ環境チャレンジ2050」に向けて
着実に進めているとアピール。
一方で、どんな電動車が必要とされるかについては
「環境規制や我々のようなメーカーが決めるのではなく、
お客さまや市場が決めるもの」との考え方を示した。

ここで寺師氏はノルウェーの状況を例に挙げ、
ノルウェーでは電動車比率が50%近く、世界一になっていると紹介。
そのうち20%ほどがEV(電気自動車)となっており、販売のベスト10を
EV、PHV(プラグインハイブリッドカー)、ハイブリッドカーが占めていると述べ、
その理由についてノルウェーは油田を持っており国民1人あたりのGDPが
日本の倍近くあること、水力発電が盛んで発電された電力を使って走るクルマを
優遇していることなどを挙げ、フォルクスワーゲン「ゴルフ」の場合、
通常のガソリンエンジン車よりEVのほうが安いと解説。
さらに充電施設が完備された駐車場が市街地に用意されていたり、
走行レーンが優遇されるといったEVに有利な政策が敷かれていることで、
20%というEV比率、50%以上の電動化比率が実現できていると説明した。

また、日本は電動化比率が約30%となり、
ノルウェーに次いで世界第2位になっていることも紹介。
日本はエネルギー資源の自給率が低いことから、
電力以外にも水素など多様なエネルギー源の活用を模索する必要があり、
今後はハイブリッドカーに加えてFCV(燃料電池車)の普及が
推進されていくとの見方を示した。




日本の車の台数





管理人

6千万台の車の半数・・3千万台の車が電動車になると仮定し、
タクシ-・トラック・営業車などが相当数あると考えると
1台あたりの燃費は月額平均・・・3万円以上になると推定されます。

3千万台に3万円をかけ算すると・・・9千億円!
1年間に換算すると10兆円という試算になります。
まあ、そこまでにはならないとしても、その半分でも5分の一でも
大変な天文学的数値になることだけは間違いありません。

CO2削減をうたっていますので、石油による火力発電は考えにくい。
そうすると、残るのは原子力発電以外には考えられません。
今現在の国内にある54基の原発では全く足りないのは明らか。

恐らく・・・
日本国内に原発増設ラッシュが始まるのは時間の問題なのではないでしょうか。
それも、大都市近郊に造られるでしょう。






管理人

さあ皆さん・・・どうしますか?
原発は、エアベントといって、必ず、汚染蒸気を大気に排出します。
また、海にも汚染された排水を垂れ流します。
奇形魚とか巨大魚とかで問題になっているのはご承知の通りです。

日本国内で、原発が増えるにしたがって比例して
ガン患者が激増の一途をたどっています。
その原発が更に、大幅に増えるとしたら・・・

しかも、老朽化した原発を廃炉にしないで、
そのまま使い続けるであろうことは火を見るより明らかです。
常に、事故を心配する事態になっていくことでしょう。


それに、増え続ける核燃料の深刻な問題も大変な危機的状況です。

原発再稼動によってギュウ詰めになっていく
使用済み核燃料が熱暴走するのは、
もはや~時間の問題だ!

https://ameblo.jp/64152966/entry-12331945983.html


こうしてみると、以前からのある噂が真実味を帯びてきます。
日本という島国が、「世界の核のゴミ捨て場」にされるのでは
ないかといった悪夢のシナリオ・・・

【恐怖】日本が「世界の核のゴミ捨て場」になる?
仏ヴェオリア、日本で低レベル放射性廃棄物処理開始へ!

http://健康法.jp/archives/17959

水処理世界最大手、仏ヴェオリアのアントワーヌ・フレロ最高経営責任者(CEO)
は日本経済新聞記者と会い、放射線量が低いごみの処理事業を
日本で始める計画を明らかにした。
多くの原子力発電所が廃炉になるため需要は旺盛だと判断した。

日本では8000ベクレル/1kg 以下の放射性廃棄物を、公共事業で再利用できる。
日本に運ぶだけで、処理しなくても、放射性廃棄物が再利用できる。
核ゴミは全部日本へ送ればよいというわけです。






管理人

今から20年~30年後・・・
日本は一体どうなっているでしょうか?
日本のどこへ行っても放射能汚染だらけで
世界から、忌み嫌われる国になっていないと誰が言い切れるでしょう?

残念ではありますが、小さなお子さんを持っておられる親たちは、
子供を海外のどこかに逃がしてやることを本気で考える時期に
来ているかもしれませんね・・・








お知らせ

12月11日にメルマガ最新号を配信しました。

★メルマガ第64号 
悩める白血病患者の真実

まだ届いていない読者の方は、直ぐにご連絡ください。 m(_ _ )m



【光軍の戦士メールマガジン】

申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/



メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第九期メ-ルマガジン

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第八期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!












. 【 たもぎ と モリンガで元気100倍キャンペ-ン 】

【 たもぎ と モリンガで元気100倍キャンペ-ン 】








先着100名様に年末大感謝セール!!

今年も残りわずかとなりました。
日頃から瀬戸のたもぎ商品のご愛顧有難うございます。

感謝の気持ちを込めまして久々の年末イベントセールを企画致しました。

今回は毎日の健康維持に 今話題のモリンガをプレゼント致します!

お得なこの機会をぜひご利用くださいませ。




A 5千円お買い上げの方

「有機モリンガティー茶葉」1袋プレゼント


B 5千円お買い上げの方

「有機モリンガティーパウダー」1袋プレゼント


C 1万円お買い上げの方

有機モリンガティーの「茶葉」と「パウダー」 1セットプレゼント


D 2万円お買い上げの方

モリンガサプリメント(粒)1パックプレゼント


E 3万円お買い上げの方

モリンガサプリメント1パックと(茶葉とパウダー)1セットプレゼント



★ご注文の際は A B C D E のいずれか~ご希望を備考欄にご記入ください。

★ご注文対象商品は瀬戸のたもぎホームページ掲載商品の全てです。

※上記の価格には消費税と送料は含まれません。



この機会に瀬戸のたもぎ商品とモリンガで寒さを乗り切って
お元気で新しい年をお迎えくださいませ。 m(_ _ )m


株式会社れもんカンパニー山内久美子




     




ご注文は、以下のホ-ムペ-ジよりお願い致します。
     
http://www.tamogi-seto.com/






・・・・・・・・・
放射能・化学物質検査








管理人

ビタミン・ミネラルなどの必須栄養素を豊富に含み、
しかも、体内の浄化までしてくれるモリンガは、
まさに天からの恵みという言葉がピッタリです。

一方、たもぎ茸は、超強力な抗酸化物質「エルゴチオネイン」といった
大変希少価値のある成分含むだけではなく、
β-グルカンやキシロースを豊富に含みます。

たもぎ茸とモリンガの出会いは、まさに、天から授かった
クリスマスプレゼント・・・と言っても決して言い過ぎではありません。

今回のイベントを良い機会として、より多くの人に
健康の輪が拡がることを心から願ってやみません。




超強力な抗酸化物質「エルゴチオネイン」を
豊富に含むスーパー健康キノコ~たもぎ茸

https://ameblo.jp/64152966/entry-12230559688.html





たもぎ茸は、
広島の矢野にて、綺麗な水で室内栽培されています。













. 奇跡の木 ~モリンガ~

奇跡の木 ~モリンガ~









今回は、奇跡の木~モリンガ~をご紹介します。 

( 出展より引用 )

モリンガの効果は

末期ガンで食事も摂れないほど重い症状になっていた方が「マルンガイ」を
なめることからはじめて、みるみる元気になり仕事に復帰したという驚きの
体験談を耳にしました。

優れた薬効が世界中で注目されるようになったのはごく最近のこと。
多くの学術論文が発表されており、大昔から治療にも使用され次々と
結果を出しているそうです。

マルンガイにはデトックス(排毒素効果)以外にも
驚くほどたくさんの良い作用があります。
これらは病気を治すというより90種類の豊富な栄養素と大量に含まれる
元気なソマチッドの働きによる細胞の若返り(新陳代謝の活性化)効果で、
体内の免疫力が驚異的に高められるそうです。

 
主な薬効を列記すると

●殺菌作用 ●抗酸化作用 ●抗炎症作用 ●ギャバ(γ-アミノ酸)含有

●イソロイシン・ロイシン・バリンを高含有

●肝臓機能改善・中性脂肪低下 ●便秘に(デトックス) ●血圧のコントロール

●糖尿病に(豊富に含まれる亜鉛とギャバの相乗効果)

●肌荒れ・シミに効果あり  ●関節痛に ●更年期症状に ●抗潰瘍、抗ガン

放射線保護効果があり、からだへのダメージを軽くする作用など
多くの効能が期待出来そうです。






皆さんにうれしいお知らせ!

大変貴重な~モリンガ~ですが、
皆さんにプレゼント出来る運びになりました。

明日の16日、土曜日に1年ぶりに【 たもぎ茸 】の
特別キャンペ-ンを発表します。

れもんカンパニーさんが、【 たもぎ茸 】をご購入いただいた人に
もれなく、無料で~モリンガ~をプレゼントしてくださるそうです。

◎ 有機モリンガティー茶葉
 
◎ 有機モリンガティーパウダー

◎ モリンガサプリメント(粒)


【 たもぎ と モリンガで元気100倍キャンペ-ン 】







マルンガイ関連のブロガーさんの記事を見つけました。
以下の記事には、本当に起こったことがそのまま書かれています。


2016-02-29
マルンガイがくれた奇跡!明日も元気におはよう言うよー
http://blog.goo.ne.jp/yt621011/e/d743352d03aedff46304457e34f07f5e


2016-01-31
健康オタクのマルンガイ実験報告!
http://blog.goo.ne.jp/yt621011/e/508c73e15bb02188f30d1f949edeb7bc



このブロガーさんご夫婦の愛犬momoちゃんは、
マルンガイによって、酷いガンから救われたと述懐されています。


愛犬momoちゃん





マルンガイとソマチッド①
http://kenko-syoku-i.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/post-11b0.html

「アーユルヴェーダ」は、ヒンズーの生活と供にあり、薬の芸術と言い伝えられており、
約5,000年前に体制化された世界最古の伝承医学で、第一の目的は「心身の浄化」を
することが一番大切だと記載されています。

その中で、マルンガイ「モリンガは300の病気を防ぐ事が出来ると書いています。

また、モーゼがエジプトから脱出する時、紅海を真二つに裂いたと記された
旧約聖書「十戒」にも次のように記されております。

「モーゼに率いられたイスラム人が紅海からの道のりを進み荒野にやってきた。
荒野を三日三晩進んだが、水が無い。
マーラに到着したがここの水は飲めない。
なぜなら、あまりにも濁っていたからだ。
皆はモーゼに怒りをぶっつけた。
「私たちは何を飲めばいいのです!?」
モーゼはヤハウェに祈った。
するとヤハウェは「1本の木を水の中に入れるように」と言った。
すると汚れた水は、清らかで甘い水へと変わった」

聖書 出エジプト記15章22節


また、モーゼが立ち寄った国々には必ずマルンガイ「モリンガ・オレイフェラ」が
植えられているとも言われています。
近年では国連の国際食料計画(WFP)の中でも貧困の地域の栄養失調や
飲み水の救済手段と効果が認められ話題となっています。

また、米国の国立衛生研究所(NIH)、米国保健・福祉省の一部、
および医学の研究を行って、サポートするための第一の連邦機関でも称賛する植物です!
そして、マルンガイ「モリンガ」は・人類の母なる地球と我々の健康を守る奇跡の植物です。

驚きはこれに止まらず、この植物の成長にはCO2二酸化炭素を、
一般の植物の約20倍も吸収し、地球温暖化防止にも効果を奏します。
更に水の浄化作用や地中にある汚染物質なども吸収し浄化する事も分かってきました。

育った幹は「バルサ材の様な軽さでスポンジ状」で良質なパルプとしても活用出来ます。
花は上品な香りで香水の原料になったり、お茶(フラワーティー)にして強壮茶になります。
鞘(実)は、若い鞘はインゲンやアスパラのように調理して食べます。

ピクルスにしたりして保存食にもなっています。
蚊に刺されたり、小さな毒蛇の毒などは、若い鞘を折って汁を着けると
直ぐに治ってしまいます。
葉も同様の効果が期待できます。

熟した豆(鞘))は、中の豆を使います。
豆の約40%はオイル(ベン油)で抗酸化作用の高い、高級な油が採れます。
一般にローション・香水の吸着剤・高級石鹸の原料に・・
種子の殺菌作用により口臭予防や虫歯の発生予防にも使われます。
豆から油を絞った搾りかすは、水の浄化に使われます。
上水用に使わない場合は非常に有効な栄養素を持った飼料や肥料に使われます。
樹皮は丈夫な繊維質でロープの材料や絨毯が作れます。
根はインドでのカレーの香辛料としてあまりにも有名です!
リウマチの特効薬としても有名です。


ハッキリ言って、スタッフの人生観も変ってきました!
未だにこんな植物が存在していたとは?本当に驚きました!

あなたは、普段食べている食品から摂取される食品添加物や有害物質って、
どれ位か知っていますか?


聞いてビックリですよ

⇒ 一人当たりの年間平均の食品添加物摂取量は4,000g(女性は5.000g)以上にも
なるそうです! フリーラジカルの発生です!

*****************************

現在使用許可されている食品添加物・合成保存料・防腐剤の種類

日本  1529種類

米国  200種類

英国  14種類

北欧  0種類

*****************************

これが、我々日本人の体や健康に対して、いったい何を意味しているのか?
添加物の入っていない食品を食べる方が難しいなら、
強制的に悪いものを出したらって考えられませんか?
美味しく食べて、体に悪い物だけを強制的に出せたら・・
体に悪いものは溜まらなくなり、免疫力が上がり自然治癒力が戻ってきますよね!


可食植物中世界最大級のGABAギャバ(遊戯γーアミノ酪酸)含有

可食植物中世界最大級のポリフェノール含有

しかも豊富なミネラルのおかげで、その効果も十分です!


□ギャバ ⇒発芽玄米の30倍以上 ギャバロン茶の4倍

□ ポリフェノール ⇒赤ワインの8倍以上(カカオの11倍)

□ ビタミンC⇒オレンジの7倍以上

□ ビタミンA⇒人参の4倍以上

□ 鉄分⇒ホウレンソウの3倍以上

□ カリウム⇒バナナの3倍以上

□ カルシウム⇒牛乳の4倍以上

□ タンパク質⇒牛乳の2倍以上     いづれも100g当たり


◆豊富な各種ミネラルが、ビタミンやアミノ酸の吸収と働きを助けます。

上記は、ほんの一部の成分を紹介しましたが、まだまだ驚きの成分は、
こんなものではありません。
何に良い・これが効くなんて何種ものサプリメントや健康茶を飲んでいる方には、
特にお勧めです。
【手の平一杯のサプリメントを飲んでいるあなた!】
ほとんどの成分が、この「マルンガイ」一つで摂取可能です!
赤ちゃんからご老人まで、健康でパワフルな明るい生活ために!
ぜひ一度お試し下さい。
明日の笑顔にマルンガイを!



画像は管理人より






お知らせ

12月11日にメルマガ最新号を配信しました。

★メルマガ第64号 
悩める白血病患者の真実

まだ届いていない読者の方は、直ぐにご連絡ください。 m(_ _ )m



【光軍の戦士メールマガジン】

申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/



メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com




「イエスタディ・ワンスモア」 カーペンターズ











. NHKの定時ニュースで1秒も流さなかったノーベル平和賞授賞式でのサーロー節子氏のスピ-チ!

NHKの定時ニュースで1秒も流さなかった
ノーベル平和賞授賞式でのサーロー節子氏のスピ-チ!








2017年12月10日23時08分
広島で被爆したサーロー節子さんの講演(全文)
http://www.asahi.com/articles/ASKDB4H8VKDBUHBI008.html

皆さま、この賞をベアトリスとともに、ICAN運動にかかわる類いまれなる
全ての人たちを代表して受け取ることは、大変な光栄です。
皆さん一人一人が、核兵器の時代を終わらせることは可能であるし、
私たちはそれを成し遂げるのだという大いなる希望を与えてくれます。

私は、広島と長崎の原爆投下から生き延びた被爆者の一人としてお話をします。
私たち被爆者は、70年以上にわたり、核兵器の完全廃絶のために努力をしてきました。

私たちは、世界中でこの恐ろしい兵器の生産と実験のために被害を受けてきた
人々と連帯しています。
長く忘れられてきた、ムルロア、インエケル、セミパラチンスク、マラリンガ、
ビキニなどの人々と。その土地と海を放射線により汚染され、その体を実験に供され、
その文化を永遠に混乱させられた人々と。

 私たちは、被害者であることに甘んじていられません。
私たちは、世界が大爆発して終わることも、
緩慢に毒に侵されていくことも受け入れません。
私たちは、大国と呼ばれる国々が私たちを核の夕暮れからさらに核の深夜へと
無謀にも導いていこうとする中で、恐れの中でただ無為に座していることを拒みます。私たちは立ち上がったのです。私たちは、私たちが生きる物語を語り始めました。
核兵器と人類は共存できない、と。

今日、私は皆さんに、この会場において、
広島と長崎で非業の死を遂げた全ての人々の存在を感じていただきたいと思います。
皆さんに、私たちの上に、そして私たちのまわりに、
25万人の魂の大きな固まりを感じ取っていただきたいと思います。
その一人ひとりには名前がありました。
一人ひとりが、誰かに愛されていました。
彼らの死を無駄にしてはなりません。

米国が最初の核兵器を私の暮らす広島の街に落としたとき、私は13歳でした。
私はその朝のことを覚えています。
8時15分、私は目をくらます青白い閃光(せんこう)を見ました。
私は、宙に浮く感じがしたのを覚えています。

静寂と暗闇の中で意識が戻ったとき、私は、自分が壊れた建物の下で
身動きがとれなくなっていることに気がつきました。
私は死に直面していることがわかりました。
私の同級生たちが「お母さん、助けて。神様、助けてください」と、
かすれる声で叫んでいるのが聞こえ始めました。

そのとき突然、私の左肩を触る手があることに気がつきました。
その人は「あきらめるな! (がれきを)押し続けろ! 蹴り続けろ! 
あなたを助けてあげるから。あの隙間から光が入ってくるのが見えるだろう? そこに向かって、なるべく早く、はって行きなさい」と言うのです。
私がそこからはい出てみると、崩壊した建物は燃えていました。
その建物の中にいた私の同級生のほとんどは、生きたまま焼き殺されていきました。
私の周囲全体にはひどい、想像を超えた廃虚がありました。

幽霊のような姿の人たちが、足を引きずりながら行列をなして歩いていきました。
恐ろしいまでに傷ついた人々は、血を流し、やけどを負い、黒こげになり、
膨れあがっていました。
体の一部を失った人たち。肉や皮が体から垂れ下がっている人たち。
飛び出た眼球を手に持っている人たち。
おなかが裂けて開き、腸が飛び出て垂れ下がっている人たち。
人体の焼ける悪臭が、そこら中に蔓延(まんえん)していました。

このように、一発の爆弾で私が愛した街は完全に破壊されました。
住民のほとんどは一般市民でしたが、彼らは燃えて灰と化し、
蒸発し、黒こげの炭となりました。
その中には、私の家族や、351人の同級生もいました。

その後、数週間、数カ月、数年にわたり、何千人もの人たちが、
放射線の遅発的な影響によって、次々と不可解な形で亡くなっていきました。
今日なお、放射線は被爆者たちの命を奪っています。

広島について思い出すとき、私の頭に最初に浮かぶのは4歳のおい、英治です。
彼の小さな体は、何者か判別もできない溶けた肉の塊に変わってしまいました。
彼はかすれた声で水を求め続けていましたが、
息を引き取り、苦しみから解放されました。

私にとって彼は、世界で今まさに核兵器によって脅されている
すべての罪のない子どもたちを代表しています。
毎日、毎秒、核兵器は、私たちの愛するすべての人を、
私たちの親しむすべての物を、危機にさらしています。
私たちは、この異常さをこれ以上、許していてはなりません。

私たち被爆者は、苦しみと、生き残るための、
そして灰の中から生き返るための真の闘いを通じて、この世に終わりをもたらす
核兵器について世界に警告しなければならないと確信しました。
くり返し、私たちは証言をしてきました。

それにもかかわらず、広島と長崎の残虐行為を戦争犯罪と認めない人たちがいます。
彼らは、これは「正義の戦争」を終わらせた「よい爆弾」だったという
プロパガンダを受け入れています。
この神話こそが、今日まで続く悲惨な核軍備競争を導いているのです。

9カ国は、都市全体を燃やし尽くし、地球上の生命を破壊し、
この美しい世界を将来世代が暮らしていけないものにすると脅し続けています。
核兵器の開発は、国家の偉大さが高まることを表すものではなく、
国家が暗黒のふちへと堕落することを表しています。
核兵器は必要悪ではなく、絶対悪です。

今年7月7日、世界の圧倒的多数の国々が核兵器禁止条約を投票により採択したとき、
私は喜びで感極まりました。
かつて人類の最悪のときを目の当たりにした私は、この日、
人類の最良のときを目の当たりにしました。
私たち被爆者は、72年にわたり、核兵器の禁止を待ち望んできました。
これを、核兵器の終わりの始まりにしようではありませんか。

責任ある指導者であるなら、必ずや、この条約に署名するでしょう。
そして歴史は、これを拒む者たちを厳しく裁くでしょう。
彼らの抽象的な理論は、それが実は大量虐殺に他ならないという現実を
もはや隠し通すことができません。
「核抑止」なるものは、軍縮を抑止するものでしかないことはもはや明らかです。
私たちはもはや、恐怖のキノコ雲の下で生きることはしないのです。

核武装国の政府の皆さんに、そして、「核の傘」なるものの下で
共犯者となっている国々の政府の皆さんに申し上げたい。
私たちの証言を聞き、私たちの警告を心に留めなさい。
そして、あなたたちの行動こそ重要であることを知りなさい。
あなたたちは皆、人類を危機にさらしている暴力システムに欠かせない一部分なのです。
私たちは皆、悪の凡庸さに気づかなければなりません。

世界のすべての国の大統領や首相たちに懇願します。
核兵器禁止条約に参加し、核による絶滅の脅威を永遠に除去してください。

私は13歳の少女だったときに、くすぶるがれきの中に捕らえられながら、
前に進み続け、光に向かって動き続けました。
そして生き残りました。
今、私たちの光は核兵器禁止条約です。
この会場にいるすべての皆さんと、これを聞いている世界中のすべての皆さんに対して、
広島の廃虚の中で私が聞いた言葉をくり返したいと思います。

「あきらめるな! (がれきを)押し続けろ! 動き続けろ! 
光が見えるだろう? そこに向かってはって行け」

今夜、私たちがオスロの街をたいまつをともして行進するにあたり、
核の恐怖の闇夜からお互いを救い出しましょう。
どのような障害に直面しようとも、私たちは動き続け、前に進み続け、
この光を分かち合い続けます。
この光は、この一つの尊い世界が生き続けるための私たちの情熱であり、誓いなのです。


<転載終わり>



管理人

私の父親は、広島に原爆が投下された少し後に、軍隊の一員として
救援の為に広島市に入り救援活動をしています。
つまり、入市被ばくをしてしまいました。
被ばく者である父親の子供である私は、当然、被ばく2世になります。

父親は、しばらくして肺結核をわずらい・・・
長期に渡って入院生活を余儀なくされました。
私には、入市被ばくと無関係であるとは思えないのです。
長期の入院生活は、我が家を貧乏のどん底にまで追い込みました。

そういった事情もあり、私は今回のノーベル平和賞授賞式での
サーロー節子氏のスピ-チの一件を取り上げない訳にはいきません。

NHKの定時ニュースでは、その演説を1秒も流さなかったし、
産経新聞は、ほとんど無視する有り様です。
何という国でしょうか・・・

それどころか・・・
日本政府が国連の核兵器禁止条約を妨害する国となり果てている始末です。

しかも・・・
日本国民への幾つもの増税は、
何兆円ものアメリカの武器を買う為にやっているとしか考えられません。

まさに、カルト王国と化してしまったニッポン!
そして、それに何の怒りも示さない日本国民。。。
世紀末という言葉が頭をよぎります。

しかし、それでも尚、日本を愛し正義感を持ち続けている人たちがいます。
私は、その人たちのことを 光軍の戦士たち と命名しました。
そのひとり一人が、光軍の戦士 です。

光軍の戦士たち・・・とした理由は、心に良心を持った多くの人の
集まる聖地にしたかったというのが本心です。

敵はあまりにも強大で・・・無関心の人はあまりにも多い。
しかし、どんな荒地であろうとも一厘の花は咲くものです。
その花があたり一面に咲きほこることを夢見て頑張っています。
たとえ、それが見果てぬ夢で終わろうとも・・・








お知らせ

12月11日にメルマガ最新号を配信しました。

★メルマガ第64号 
悩める白血病患者の真実

まだ届いていない読者の方は、直ぐにご連絡ください。 m(_ _ )m



【光軍の戦士メールマガジン】

申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/



メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第九期メ-ルマガジン

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第八期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!





花はどこへ行った








. 赤い血をもったミミズに ~ 骨や骨髄なんて無いぞ!?

赤い血をもったミミズに
~ 骨や骨髄なんて無いぞ!?








お知らせ

今日の午後より、メルマガ最新号を配信します。

★メルマガ第64号 
悩める白血病患者の真実


ブログ読者のみなさんには、
その中のほんの一部のみを特別に公開します。


新しくメルマガ読者になられた方からのメッセ-ジ

はじめまして、今年の秋頃からブログを拝見させていただいております。
実は主人が白血病で二度の骨髄移植をしましたが、再発をしてしまいました。
主治医からは治療はないとのお話に愕然としながらも、
主人のために何かできないかとわらをもすがるおもいです。



管理人

大変悲痛なメッセ-ジです。
やはり、白血病患者につきものの骨髄移植が出てきました。
血液は骨髄で造られているから、病魔の大元の骨髄を
移植しましょうということですが・・・

そこで、私は問題提起として、12月8日に記事を書いた訳です。

白血病~骨髄造血説と
腸管造血説のどちらが正しいか?
~この二つでは治療法がまるで違う!

https://ameblo.jp/64152966/entry-12334793912.html

記事に出てくる鶴見隆史医師や、
フェイスブックのフォロワーが10万人もいる内海聡医師。
そして、医学研究者である森下敬一博士(御茶ノ水クリニック院長)
古くは、生物学者で医学博士でもある 千島 喜久男博士の【 千島学説 】

こういった著名な医師や学者は、腸管造血説を主張されています。
にも関わらず、ほとんど大きな議論にはなっていません。
何故なのでしょうか?

白血病のまさに核心であるところの最重要部分です。
これを無視するとは到底信じられません。

更にいえば、医学の体系が崩壊するに違いありません。
もし、腸管造血説が正しいとなれば、骨髄バンクなんてものは
巨大サギ~巨悪犯罪だったと後世の人たちからののしられるでしょう。

これが、いかに世界を震撼させるかという問題にも関わらず、
一般の人たちのいかに関心の薄いことでありましょうか?
もはや、感性が壊れてしまっているとしか思えません。
自分に関係無かったら関心すら持てない?


記事へのコメントの中に大変面白いものがありました。

B.腸管造血説が正しい。無脊椎動物にも血液はあるよね。


無脊椎動物には血液や心臓がないんですか?
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1464935829

ベストアンサーに選ばれた回答

きちんとありますよ。
ヒトの血液はヘモグロビンを含むので赤ですが、昆虫類の血液は緑色、
イカやタコは青色、ホヤは白色、
ミミズはなんと私たちヒトと同じ赤色です。 
含まれる色素によって、血液の色が変わります。
心臓の形態だって同じです。

<引用終わり>


管理人

これは非常にわかりやすい。
ミミズに、骨や骨髄なんて無いぞ!
骨髄造血説は、たったこれだけで吹き飛んでしまった。
多くの人間は・・・
何故、こんな簡単なことに気づかなかったのだろう?


-------------------------------------------------------



【光軍の戦士メールマガジン】

申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/



メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第九期メ-ルマガジン

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第八期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!




ダイアナ・ロス If We Hold On Together 








. 白血病~骨髄造血説と腸管造血説のどちらが正しいか?~この二つでは治療法がまるで違う!

白血病~骨髄造血説と
腸管造血説のどちらが正しいか?
~この二つでは治療法がまるで違う!








アンケ-ト実施中

骨髄造血説と腸管造血説のどちらが正しいと思いますかか?

A.骨髄造血説が正しい。

B.腸管造血説が正しい。

C.分からない。



回答は、A.か B.か C.のどれかを選び
コメント欄のタイトルにご記入下さい。
その下のコメントという枠に、ご意見などが御座いましたら
ご自由にコメントを入れていただいて結構です。


実は、メルマガ読者さんより白血病について
深刻なご相談がありました。
それに対する私なりのご意見は、
次回のメルマガの中で明らかにしたいと思います。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

私は、患者さんの悲惨なお話をお聞きし思わず驚愕しました。
しかし、医療マフィアは恐ろしいので、ここでは公開しません。


鶴見隆史医師が、著書の中で大変面白いことを書いています。
皆さんの大きな参考になるので転載しておきます。

血が腸で造られるという腸管造血説
http://june-rose.com/posts/post12.html


1. 血が腸で造られる

血は骨髄で造られるというのが常識的な考えであり、定説です。
最近、血は腸で造られるという考えが再び浮上しています。

1. 腸管粘膜免疫が全身の70~80%の免疫力の場であること。

2. リーキガット(腸管透過性亢進)がかなり多くの病気の大元の原因

この二つのことから小腸が非常に重要なことを占めていることが考えられます。
老化を防いだり、病を癒すには、断食が効果的のようです。
腸をいったんクリーニングするからです。

きれいにした後に、大腸内の菌叢を善玉菌優位することによって
質の良い排便ができるようになります。

腸で血液が造られ、良質な栄養素を 取り込んだ血液が体中を巡り
健康を維持できるようになるわけです。

腸管が最大の免疫場であり、
腸を重要視する考え方が世界の潮流になりつつあります。


2. 血が骨から造られるというのはおかしい


血液が骨からつくられるという考えの方が、何かおかしいような気がします。
直感的に血液は腸管で造られる方が正しいのではと、
スコトーマ(心理的盲点)が外れている人には思えるのです。

専門分野の中に長い間浸っていると、視野が狭くなるものです。
食物が全身の健康を左右する最大の理由は、食物が血液となり、
その血液が全身に流れるからです。


3. 病気は食の悪さ

病気は食物が悪く、悪い食物が悪い血液を造り、
悪い血液が全身に運ばれるから起こるのではないでしょうか。

「食は血となり、血は肉となる」と言われています。


4. 腸管造血説


腸管造血説で有名な千島喜久男先生は、
第二次世界大戦中から戦後にかけて数多くの実験を行いました。

骨髄造血の間違いを見つけ、腸管造血の真実を科学データを元にして発表しました。
その発表の数々は、60年も経った現在も色あせることがありません。

人間は、長管骨(骨のほとんど)をすべて失った場合(両手両足)
貧血を起こさないという報告があります。
骨髄の中身はギラギラした脂肪細胞に満たされています。

その骨から血がどのように造られるのでしょうか。

がんは、悪い物質が正常な細胞の遺伝子を害し、がん抑制遺伝子が破壊され、
その結果出てきたのが腫瘍と考えるのが、千島先生の説です。
この説から考えると、断食によってがんは赤血球に戻り、
その赤血球は、腸に流れて排泄していくことになります。


5. すべては腸の汚れ

がんができる出発点は、すべて腸の汚れがアンモニア物質でいっぱいになった結果、
良い血が出来ず、どろどろの血(汚血)が流れ、酸素不足の最もたる臓器が、
がんになることになります。

病気治しの初めは、腸管をクリーニングすることが鍵のようです。
それであれば、断食することで腸管はきれいになります。

心筋梗塞は、血栓が血中にあるからです。

それは血の汚れが原因です。
血が汚れるのは、腸の腐敗です。
第一の原因は、食物の乱れ、
第二は、強烈なストレス、
第三に汚れた環境やライフスタイルの乱れです。

やはり一番の原因は食物の乱れです。
食が悪くて血が汚れ病気の原因を造ります。
現代医学では、腸の汚れとか血の汚れが本当にあるかどうか
疑わしいと考えているようです。

現代医学は、原因は決して追求していけないというタブーがあります。

結果的現象だけを追い、表面的な対処療法で終わってしまいます。
根本は、腸の腐敗にあります。
腸をきれいにしなければ、植物の根を治療しないで、
枝葉だけ治そうとしているようなものです。

戦後、医学会がこの説を受け入れていたら
今日のようなロボットの各部品を点検するような医療にはならなかったでしょう。

腸から赤血球が出来、赤血球から組織が出来るのが人間ですが、
逆に半断食を行うと、毒素の組織は赤血球に戻りその毒素のつまった
赤血球は腸管に戻って便になります。

良質な血液を作る食品として味噌汁が良いと言われています。


まとめ

腸で血液が造られ、良質な栄養素を取り込んだ血液が
体中を巡り健康を維持できるようになる

腸管が最大の免疫場であり、腸を重要視する考え方が世界の潮流になりつつある

一番の原因は食物の乱れ


<転載終わり>








お知らせ

次回のメルマガは、10日か11日に配信予定です。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実



【光軍の戦士メールマガジン】

申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/



メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第九期メ-ルマガジン

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第八期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!













. 名誉教授の安保徹氏、12月6日に突然死~検索すると新聞で死去のニュ―ス記事が見当らない!

名誉教授の安保徹氏、12月6日に突然死
~検索すると新聞で死去のニュ―ス記事が見当らない!








安保徹オフィシャルブログ

訃報をお知らせします。
http://blog.goo.ne.jp/toru-abo/e/b19274ada06a4cedff99601fffea1c8b

突然のことですが、
本日12月6日、安保徹先生がご逝去されました。
お通夜、葬儀・告別式につきましては、詳細がわかり次第ご連絡させていただきます。
あまりに突然のことで、日本自律神経病研究会一同、正直驚きがかくせません。
故人のご冥福を心からお祈り申し上げます。
安保先生のこれまでのご偉業にあらためて感謝申し上げます。
                    
日本自律神経病研究会事務局


<引用終わり>
----------------------------------------------


管理人

新潟大学名誉教授で著名な安保徹先生の突然死。
免疫学を専門に講演をされていて、69歳で突然の急死。

詳細を知りたかったので、安保徹~で検索して見ました。
欲しかったのは、訃報を伝える新聞社の記事でした。
大抵、新聞社の記事が真っ先に出て来るはずなのですが、
ところが、どこにもまるで見当らない。

通常、有り得ないことが起こっています。
名誉教授で著名な医学者でもある人物の死去を
ニュ―ス記事にしないなんて、ほとんど考えられません。
少なくとも、検索欄には全く出て来ていません。
皆さんも、検索して確かめてみて下さい。

どう考えても、これはおかしいです。
陰謀論ではなく、常識の話をしています。

死亡日時も大変気になります。
12月6日に突然死ってことで、18の666ですから。
数日前に、精力的に講演を行っている訳ですから、
病魔に冒されて苦しんでいた様子は無かったと推測出来ます。


お亡くなりになられた安保徹先生ですが、
過去の講演の中で、以下のように話されていたようです。

「ここだけの話、皆さんだけに言っちゃうんだけっども、
わだす狙われてるんですわ。

研究室は何度も荒らされてるし 
もし、突然死ぬようなことがあっだらば殺されたんだと思ってねー!」


と冗談半分(本気半分)に話し会場に笑いを振りまいてらしたそうです。



そこで、私は2014年の過去の記事を思い出していました。


どこのマスコミも報じない(報ステ・岩路記者の自殺)
を取り上げた「FLASH」の突然の発売中止!

http://ameblo.jp/64152966/entry-11922125310.html




安保徹先生と岩路記者に共通しているのは、
お二人とも、ある業界から極めて不都合な存在だったということです。

そして、いつの場合も病死か自殺扱いで終わってしまう。
死因が徹底検証されることは、絶対にありません。
警察、検察、鑑定医もみんな、カルトつながりのグルだという噂があります。
これでは、あの世に葬られた人は浮かばれません。

これが、今の日本の実像です。
知らないのは、一般市民だけってことになります。

安保徹先生の場合、特に、何がまずかったのでしょうか。
岩路記者と同様に、記事にならないように報道管制が敷かれている事実は、
どうしても、暗殺の2文字が頭から消えません。


日本という国はね、皆さん・・・
実は、ものすごく怖い国なんです。

平和ボケしている国民がほとんどを占めている間は、
この国が大きく変わることは、まず無いでしょう。



安保徹先生、どうか安らかにお眠り下さい。

合掌。。。




安保徹先生
『免疫革命!はじめてがんの原因が分かった!』





お知らせ

12月1日に、メルマガを配信しました。

メルマガ第27号

『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

まだ届いていないメルマガ読者の方は、直ぐにご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』








. エビデンスのない民間療法は規制しろと言うがガン患者の8割はガン3大療法で死ぬエビデンスはあるぞ!

エビデンスのない民間療法は
規制しろと言うが
ガン患者の8割はガン3大療法で
死ぬというエビデンスはあるぞ!









メルマガ読者の方よりのお便り

さきほどTBSテレビで且つ又という(わざと時を違えてみました 笑)医師が
出てきて、ネットの情報で騙された患者が出ているから、
「エビデンス」のない民間療法の掲載は規制したほうがよい、というような内容で、
ツイッターでもこんなことを言っているので不安になりました。
https://twitter.com/Katsumata_Nori/status/936519451045965824

私はVC点滴をはじめたところですが、wantonさんのブログで得た情報の方が、
医療マフィアの且つ又より信用できるし、エビデンスという言葉をお守りのように
使う輩にはまったく共感できません。
民間療法で騙されたという主婦、というテレビに出てきた老婦人の方が
アクター(演技者)ではないかと感じました。

これからwantonさんのブログも規制などがされてしまうのが不安です。

wantonさんはどう思われますか???

メルマガのほうは、バックナンバーも見たいので、そのへんも金額等教えてください。



管理人

私は、このメールをいただいたメルマガ読者の方に、
★メルマガ第1号〜★メルマガ第51号までの全記事を
無料でお送りしました。

悔しいのです。
腹立たしいのです。
悲しいのです。

毎年、40万人以上の気の毒なガン患者の人たちが死んでいきます。
そのほとんどが、ガン3大療法で死にます。
なけなしのお金までむしり取られながら・・・
病院の代替療法では、500万~数千万円の費用がかかってしまう。

私が目指すのは、ガン3大療法でも・・超高額な病院の代替療法でもない。
お金をかけずに、本当にガン患者の助けになる多くの情報・・・
第三の小さな栄光への道。
その為には、先ず、ガンの正体を知らなければ話にならない。


エビデンスのない民間療法は規制しろって・・・
ならば、ガン3大療法にエビデンスは存在するのか!?

何故、毎年40万人よりもはるかに多い人間が死んでるのか?

何故、その真相をまったく語ろうとしないのか!

何故、ガン患者を大量に死なせているガン3大療法は法律で護られるのか!

何故、ガンの真相を究明しようとする人間は叩かれるのか?



検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
 ~ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
 

http://ameblo.jp/64152966/entry-12267600469.html


皆さん、スキルス性胃がんってご存知ですか?

スキルス(scirrhous)とは、硬いという意味があり、
スキルス胃がんとは「硬性胃ガン」ということです。

同じ胃がんなのに普通の胃がんとスキルス胃がんとは、どうちがうの?
と疑問に思う方もいらっしゃると思います。
普通の胃がんは、胃の壁にがん細胞が出来るのに比べて、
スキルス胃癌は胃の粘膜の下にがん細胞が広がっていきます。
そのため、広がった部分が硬く感じられるのです。

そのため、普通の胃がんは、胃カメラなどの検査で早期に発見することが
できますが、スキルス胃がんは胃カメラでは発見しにくく、
見つかった時には、がんが進行して他の臓器に転移しているのです。

このスキルス胃がん は、30~40代の女性に多く、スキルス胃がん は、
胃がん全体の中の約1割を占めています。
また、スキルス胃がんは、進行が早い上に、悪性度が高いだけではなく、
専門医でも見つけにくいために約6割の人は発見された時には
腹膜やリンパ節に転移をしています。



胃の粘膜では、スキルス胃がんは見つかりません。
胃液は、ペ-ハ-が1とか1.5とかのすごい強酸です。
つまり、強酸が嫌いな微生物が介在していると考えられのです。
多くの人は、何故、そこに目がいかないのでしょうか?

犯人は私ですと言っているようなものです。
この真犯人が、弱った胃の細胞に取りついたのです。
そして、カビ菌やウィルスが増殖するように拡がっていくのです。

皆さんに、重要な情報を提供します。

生命科学の分野においてだと、
『ガン細胞は転移が絶対にあり得ない』そうです。
ガン細胞が細胞分裂出来ない、故に転移自体があり得ない。との事。

しかし、実際には転移も増殖もしていきます。
ここに、大きな謎とヒントがあります。
メルマガでは、この謎解きをしており、現在、進行中です。



日本の実際のガン死亡者数は、
統計よりもはるかに多いのではないだろうか!?

https://ameblo.jp/64152966/entry-12308815683.html





管理人

WHOのグラフですが、実際にはもっとはるかに急上昇している
のは間違いないです。
真実のグラフを作成すると、恐らく・・・
日本国民は 驚愕 するでしょう。
これが、日本最大のタブーであり秘密なのです。

皆さん、これを偶然だと思いますか?





カンジダについて





お知らせ

メルマガ2周年記念特別イベントは、
12月3日を持ちまして終了しました。

非常にたくさんの方が応募され、驚いています。
皆さんに感謝です。



【光軍の戦士メールマガジン】

申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/



メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第九期メ-ルマガジン

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第八期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!











. イベントは今日夜の0時で終了します。~ メルマガ2周年を記念して ~

イベントは
今日夜の0時で終了します。
~ メルマガ2周年を記念して ~











管理人

私がメルマガを始めて、ちょうど2年が経ちました。
ここまで来れたのも大勢の読者の皆さんのおかげです。

おかげ様で、
読者の方は、北は北海道から南は沖縄まで・・・
日本全国におられます。

海外では、ヨーロッパ、アジア、アメリカなどに
12名の読者の方がおられます。
本当に有難いことです。

実は、次の ★メルマガ第63号 においては、
ヨーロッパの女性読者からの深刻な難病相談を元にして、
それに応える形の記事を配信する予定です。
配信予定日は、11月30日です。


2周年を記念して何かやらなければと考えていましたが、
特に、名案というものはなかなか頭に浮かびませんでした。
ただ、カレイドスコープさんのところも、時々、
イベントをされておられるので、私も何かせねばと・・・
色々、考えて、結局やることにしました。


11月26日 より、12月3日 までの1週間を
メルマガ2周年記念特別イベント期間とします。








その1週間の期間中に申し込まれた人に、
ブログ非公開の 大変重要な記事 を情報提供します。
私が、ここ2年間で1000件以上の記事を調べましたが、
私がその中でも、最も重要と考える記事を御紹介します。
但し、これは私が書いた記事ではありません。

3ヵ月購読の方と1年間購読の新規購読の方が対象です。


更に、
3ヵ月購読の方は、過去記事の中から、3件の記事を。
1年間購読された方には、過去記事の中から、
10件の記事を選んでご指定してくだされば、
その記事を送らせていただきます。

但し、選んでいただけるのは、
★メルマガ第1号から★メルマガ第51号までの過去記事です。

実は、★メルマガ第1号から★メルマガ第51号までの過去記事は、
来年に入って段階的に全て削除する予定です。
削除されたら、もう見ることは出来ません。
見ることが出来るのは、今の内だけです。




【光軍の戦士メールマガジン】

申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/



メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



3ヵ月か1年間かの購読期間を明記し、
電話番号(出来れば携帯)を記してお申込み下さい。

時々、希望者のメルアドが迷惑メール設定になっていたり、
AUなどの契約会社などの規約が厳しいため、元からはじかれて
こちらから届かないケースがあります。
そのような時には、こちらから電話するしかありません。



時局は、まさに風雲急を告げています。
放射能も様々な地域に拡散され、
私たちの健康と命が危機に瀕しています。

そういった環境の中、あなたやご家族の皆様の
健康や命~財産を如何にして護りぬくのかが問われています。
当メルマガは、そのような真に厳しい現状を鑑み、
少しでも皆様の負託に応えられるように頑張る所存です。

ガンや白血病、そして、難病といったものに対して、
高度な救命情報サイトとして、日本の最先端を走るトップランナーを
目指すべく、日夜、勉強と研鑽を怠らず歩んでいく覚悟でいます。
来るべき経済危機の中、財産の保全も欠かせません。


10年後・・・
そして、20年後・・・
皆様と楽しい笑顔でお会い出来ることが、
唯一の私の願いです。

願わくば、皆様との絆をより深くしつつ、
これからもつながっていければ・・・
これ以上の幸せは御座いません。


光軍の戦士より








★メルマガ第1号~★メルマガ第51号までの過去記事


第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。

★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


第六期メールマガジン (2017年2月~2017年4月)

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、
解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!

★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!

★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!

★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!

★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』

★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



第七期メールマガジン (2017年5月~2017年7月)

★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!

★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?

★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!

★メルマガ第46号
我々は、40万人のガン患者を救える治療法を見つけることが出来るだろうか!?

★メルマガ第47号 【高濃度ビタミンC点滴療法の真実】

★メルマガ第48号 何故〜甲状腺ガンが全国で増えているのか!?

★メルマガ第49号
女性ガン死亡者数第1位(男性第3位)は〜『大腸ガン!』〜その予防法

★メルマガ第50号
癌細胞は、体内の重水素(トリチウム)と活性酸素に起因して大増殖する!

★メルマガ第51号
決して誰も書かない川島なお美さんの死の真相とは!?





夜空ノムコウ








. 平成の世から大乱の世へ ~ 天皇陛下譲位は平成31年4月30日

平成の世から大乱の世へ ~
天皇陛下譲位は平成31年4月30日









2017.12.1 11:23更新

天皇陛下譲位は平成31年4月30日 改元は5月1日
http://www.sankei.com/politics/news/171201/plt1712010015-n1.html


管理人

今日は、朝方までメルマガの仕事に追われていました。
2周年記念のイベント関係のお申込みへの返信やら振り込み確認メ-ルの
送信といった作業をずっとやっていました。
そんな訳で、やっと寝たのが朝の7時になってしまいました。
本当に有り難いことです。

今日のブログ記事をやっと書き始めたのが、お昼の3時です。
実は、お申込みをいただいた中で、ある一人の女性から・・・

「この社会の真相を知りたい」
「子供や家族を護りたい」

といったご希望の書き込みがありました。
真相を知りたいといった感情は、何らかの不安から
来ていると私は思っています。

特に、女性は男性に比べて防衛本能が優れています。
不安を感じるのは、防衛本能から出ていると思います。
しかし、その不安は漠然としたもので、それゆえ、
真相を知りたいという言葉が出てくるのでしょう。

彼女からのメ-ルが、妙に頭に引っかかっていた矢先・・・
目にしたのが、天皇陛下退位の記事だったのです。
私の目には、これはつながっていると感じたのです。

私は、以前から申しておりました。
東京オリンピックの2020年と2019年には気をつけるようにと。
まさに、そんな中で天皇陛下退位の記事が出ている訳ですから、
これに着目しないのは、政治的センスを疑われます。

東京オリンピックが本当に開催されるかどうかも確信が持てませんし、
温厚な現天皇陛下が退位なされるということで、
私の脳裏に直ぐに浮かんだのが、
平成の世から大乱の世へ ・・・移り変わるというイメ-ジでした。

そもそも、311が日本再占領というシナリオの中で行われた訳ですから、
その一部が失敗に終わり、未完のままになっています。
ですから、それを完成させるべく何かが計画されている可能性を
疑っているのです。

人工地震・津波といった天災テロよりも、寧ろ、
経済テロを個人的には心配しています。
或いは、その二つが同時並行して起こされることもあり得ます。

皆さんの一部には、天災テロを恐れて警戒されている方もおられると
思いますが、私に言わせれば、経済テロも非常に怖いです。

3日で、店頭から食料が消えてしまいます。
飢えると・・人はものすごく狂暴になります。
極めて治安が悪化します。

大都市と近郊農村は特に危険になります。
次の日から、皆さんが一度も経験したことも無いような悪夢が
目の前で繰り広げられられることになります。

民衆が暴徒化した中で、あなたはご自身や家族の身を護れますか?
直ぐに動いたほうが良い場合と、
決して動いてはいけないケ-スがあります。
その判断はできますか?

脱出ル-トとその方法は頭にありますか?
近い将来・・・私は、そういった事態になった時に
自分に何が出来るかを検討しています。
なので、イザという時の為に、私の携帯を名前をつけて
登録しておいて下さいとメルマガ読者の皆さんにお伝えしています。

誰からかかって来た電話か分からないというのは、
非常に具合が悪いからです。
非常事態においては尚更です。

今、私はすごく漠然としたとした話をしています。
しかし、知識と意識レベルがより高まれば・・・
漠然としたものがクリアに見えてくるはずです。

知識と意識レベルを高めるには、この社会の真相を知ること無しには
到底無理な相談です。
つまり、先ほどお話ししたメルマガを希望された女性の方は
本能的に、そのことをわかってらっしゃるのです。
だから、女性は本当にすごいと思うのです。
別に、男性を卑下するつもりはありませんが・・・


私がかねてより、2020年が危険だと申し上げているのは、
2020年が、悪魔の数秘術の世界の中で
22 という恐ろしい数字になるからです。

天皇陛下譲位は平成31年4月30日 改元は5月1日・・・は?

平成31年4月30日は 11 になります。
改元は5月1日・・は になります。
皆さん、これをまだ偶然だと思っていますか?

イルミナティの世界に偶然という文字は無いです。
全てが計画通り・・・必然なんです。
だから、私はいつも数字を取り上げている訳です。

彼らは、予告するのが好きな連中です。
何が起こるのか・・・起こされるのか?
そのヒントは、結構、身近なところにあります。

ハリウッド映画だったり、テレビドラマだったり、
有名な雑誌だったり、イルミナティカ-ドだったりします。

我々は、もっと早くに気付くべきでした。
その印というか、証拠は腐るほど出てきますから、
信じられないという人は、調べてみられてはいかがでしょうか。

もう、知らない振りだとか、無知は卒業しましょう。

日本の政治体制が極右~挙国一致体制へと急速に傾斜していますから、
戦争というキ-ワ-ドも頭に入れておかねばなりません。








お知らせ

11月29日、最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第63号

第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談


まだ届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。



★メルマガ2周年記念特別イベント実施中
https://ameblo.jp/64152966/entry-12331413312.html

12月3日~日曜日の夜0時でイベント終了です。
たくさんのお申込みに心より感謝しています。



【光軍の戦士メールマガジン】

申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/



メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com





アメノウズメ塾上級サバイバル編
①教えは政治家、預言者、宗教家から?







. プロフィール

z64150528

Author:z64150528
FC2ブログへようこそ!

. 月別アーカイブ
. 検索フォーム
. リンク
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR