光軍の戦士のブログ

. 怒りの感情をそのまま言葉や行動に移しちゃダメ!

怒りの感情を
そのまま言葉や
行動に移しちゃダメ!








管理人

表題の言葉を私の人生訓にしています。

職場において、「えっ・・・あの人が」といった
経験をすることが稀にあります。
温厚そうで人格者然としている上司の人が
あるつまらないことで、突然、怒りを顔に出す
といったことを目にします。

大抵の場合、ガッカリした気分にさせられます。
何故かというと、人というものは、「怒りの感情」と
いうものを相手の人間の大きさのものさしにしている
部分があるからです。

その「怒りの感情」をこんなつまらないことなどで
あらわにすることで、その人の感情といいますか
人としての限界値を知ることになるからです。

よく人間が小さいという言葉が使われますが、
まさしく、そんな風に感じてしまわれるのです。
人の感情というものは、決してウソをつきません。
その人の底が見えてしまった感じがしてしまうのです。
皆さんもそのような経験をしたことがありませんか?

尤も、私はそれが良いとか悪いとかの話をする
つもりもありませんし、損とか得だとかの話を
するつもりもありません。

喜怒哀楽は、常に人の人生について回りますし
当然の感情なのです。
大事なことは、そういった感情をそのまま言動に表す
ことの意味を知っているかどうかが重要だと思うのです。

三国志を動画で見ていますと、諸葛孔明と呉の周瑜が
暗闘と実際の戦いを繰り返しますが、いつも周瑜の負けです。
争いに感情が大きく入っているからですが、
感情は相手に最も行動を悟られるネタになってしまいます。
つまり、先の動きを読まれてしまうし逆用もされてしまいます。
早い話、勝てる道理が無いといった理屈になっちゃうんです。

勝負事もみんな同じです。
スポーツや格闘技もそうですし、囲碁や将棋も同様です。
マージャンやパチンコなんて、熱くなりカッカすれば
するほどボロ負けしてしまいます。

お酒の席では、飲んで理性のたががはずれます。
飲み屋街でもままあることですが、
花見の酔っ払い客が大ゲンカを始めるなんてことは
日本中、どこにでも見られます。
中には、殺人事件にまで発展したケースも見聞きします。

普段の生活の中でも、肩が触れ合っただけなのにカッとなり
気の短い者同士だと、さっそく言い争いからケンカになります。
どちらかが、「アッ、すいません」・・・と、一言いえば、
簡単に収まるのに、バカバカしい殴り合いを始めてしまいます。

火事とケンカはお江戸の花~なんて故事もありますが、
見物している立場の人は面白いかもしれませんが、
当事者にとって良いことは何一つありません。
5年懲役を食らう可能性だってあるのです。
そうなれば、人生は終わりなんてことになりかねません。

これらの現象から見て取れるのは、
人生の大事な時ほど冷静にならないといけないという
大きな教訓を教えてくれます。

損か得かというだけの話をしている訳ではありません。
人生の生き方の問題も含まれます。
何が重要で大切なのか・・・
これを知っておくことは、人生の中でも
一番大切だと思うのです。

例えば・・・
自分がピンチになればなるほど、その重要度は増します。
経済的に破産しそうになってしまう時もあるでしょう。
病魔にかかり命が危険に陥る時もあるでしょう。
そんな時ほど、この冷静になる時間が特に必要です。
それが・・・あなたを救ってくれます。

また、相手を傷つけないようにしたいものです。
怒りの感情をそのままに言葉でぶつけてしまうと
相手の心を大きく傷つけてしまいます。
無論、行いも言うまでもありません。
相手の人は、終生~その事を決して忘れません。
時には、報復されることもしばしばあります。


5月28日は、家族のように可愛がっていた
愛犬ラッキーの命日でした。
あれから随分と経ってしまいましたが、
あの頃のことを忘れたことはありません。

連日、仕事に明け暮れていた私を
ラッキーは随分と癒してくれました。
癒しがどれほど大切なものか教えられましたね。

ラッキーが死ぬ直前、私はあまりのつらさから
呼吸困難におちいってしまいました。
あまりにも痛い悲しみの時には、涙さえも出ないことを
始めて知りました。

私はラッキーから
かけがえのない・・・という言葉の意味を教えられました。
今思い返しても、もっとラッキーに思いやりを持つべきでした。
その事は、他人に対しても、もっと思いやりを持つべきでは
ないかと私に教えてくれました。

それから以後・・・
私は少しづつ変わっていったように思います。

今回、怒りの感情を題材にしましたが、
癒し と 怒り は対極にあるように思います。
考えてみますと、愛犬に教えられた経験があるこらこそ、
始めて、怒りの感情の本質に気づかされたとも言えます。

日常生活や職場において、怒りの感情が芽生えるのは
どうしても避けられません。
自然な感情なのですから。

そういった時、この記事を思い出して下さい。
そして、ワンクッションおきましょう。
とても些細なことですが、そうするだけで
人生はより豊かなものになると思うのです。

この世は、しがらみばかりで思うようにはいきません。
ただ、あなたの心だけは無限であり自由です。
何ものにも束縛されることはない。
どのように思って生きるかはあなた次第。
私がその事に気づくまでに、何十年も要しました。

全ては・・・私やあなた次第。
このような気持ちで生きていたい。
幸せな人生にしたい。
ならば、そのようにしたらいいと思います。






飯山一郎さんのサイトより
http://grnba.com/iiyama/

魂がふるえる話

日本航空の国際線「客室乗務員」(フライトアテンダント)、
15年働いているベテランの方のお話です。  

この方、
経営者や、政治家、プロスポーツ選手など、これまでに多くの方と
一緒のフライトをしてきたんですが、
「私は普通のサービスをしてきたので、特別心に残る事はありません」

と、言った後、
しばらくの間を空けて、
少し涙目になりながら、

「たった一回、
自分で考えて、素晴らしいサービスをしたかな~って事があります」

成田発のカナダ(バンクーバー)行きのフライトの、
ビジネスクラスでの出来事です。
飛行機が上昇して行く中、
一人の中年男性が、ジーっと腕を組みながら、
不安そうな、悲しそうな、
とにかく複雑な顔をして、窓の外を眺めていたそうです。

この客室乗務員さんは、
(きっと商売の事を考えて、不安があるのかな~、
それとも、
家族を残して単身赴任で行く事に寂しさを感じているのかな~)
と思い、後で食事やドリンクを出す時に、少しでも明るくなって頂きたく、
(よし、お名前で呼ぼう!)
と、乗客名簿を見たんです。

そしたらなんと、
Mr. & Mrs. (ミスター&ミセス)
つまり、夫婦のお名前になっていたんです!
(奥さんも一緒なんだ・・・、それなら観光か何かかな~・・・
でも、奥さんの姿が見えないなぁ~・・・)

上昇中の飛行機で、まだベルトも外してはイケナイ状況、
トイレに行っているのだろうか?と、走ってその席に向かいます。
「“奥さんドコに行かれたんですか?”
って、聴こうとした瞬間に、
声が出ませんでした・・・」

横の座席に、
シートベルトをした、
黒いリボンのしてある【遺影】が置いてあったんです・・・
はっ!として、
聞いてはイケナイと思ったけど、
「綺麗な奥様ですね。
如何されたのですか?」
って、聞いてしまったと。

そしたら、
「実は、結婚30周年で・・・
初めて海外旅行に連れてってあげようと思っていたんです。
しかし、
突然1ヶ月前に脳内出血で亡くなってしまったんです・・・
旅行自体をやめようと思ったんですが、
息子達が、
“待ち望んでいた旅行をやめると、お母さんが悲しむから
一緒に連れてってあげて”と

さらに、
“横の座席に知らない人が座ったら、お母さんがやきもちを焼くよ”と
それを旅行会社の人に相談したら、

涙を流しながら、
“その座席は奥様の座席です、
奥様との思い出の品でも何でも置いて下さい”って
それで、一番子供達の好きだったお母さんの写真を
引き伸ばして額に入れて、シートベルトをして、

飛び立った時に、
“お前の待ち望んだ海外旅行だぞ”って、語りかけたんだけど・・・
返事がかえってこなくて・・・」
そんな心境だったんです。

この方に、何をしてあげる事ができるのかな?って考えたそうです!
機長に相談したら、
「そこに奥様がいると思って接して下さい」と

奥様の好きな赤ワインを出し、
料理も全て、温めて出し、
その飛行機内にあった全てのお花を集めて奥様の【遺影】の前に
「今日からどうぞ、奥様と素晴らしい旅をして下さい」
と、手をあわせた瞬間・・・

飛行機全体に響く声で、
泣きだされてしまった・・・
その後もずーっと泣いていて、
飛行機を降りる時も泣きながら、
「本当にありがとう」と言って、
飛行機を降りていった後ろ姿は、
一生忘れる事は出来ない


___________________

「南蔵院住職」林 覚乗さんの講演CDより
   http://www.nanzoin.com/
___________________



Julie London-The end of the world





お知らせ

最新のメルマガを21日に配信しました。

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

届いていない人は、私までご連絡ください。



【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!












スポンサーサイト



. 働き方改革法案~29日にも強行採決へ~残業・月100時間ってあり得ないだろう!

働き方改革法案
~29日にも強行採決へ
~残業・月100時間って
あり得ないだろう!






衆院厚労委で、遺影を掲げ採決の様子を傍聴した
全国過労死を考える家族の会の寺西笑子代表(左)ら


働き方改革法案も採決強行 
「過労死を助長」の声聞かず

https://www.asahi.com/articles/ASL5T4KCHL5TUTFK00M.html

1年前の「共謀罪」法案以来の採決強行で、
安倍政権が最重要とする働き方改革関連法案の
成立へ道筋をつけた。
法案検討時に参照された労働時間データには
相次ぎミスが発覚。
それでも政権の体面を優先させ、
「過労死を助長する」との批判を振り切った。

25日夕の衆院厚生労働委員会。
自民党の高鳥修一委員長が「質疑を終局する」と宣言すると、
野党議員が委員長席を取り囲んだ。

「こんな採決はおかしい」「絶対ダメだ」。
怒号が飛び交う中で働き方改革関連法案の採決が強行され、可決した。

<引用終わり>
------------------------------------------






【今回通った働き方改革関連法案のここがヤバい】
https://twitter.com/T_oogami/status/1000019791543873536


・法案成立の根拠としているデータが虚偽まみれ

・月100時間の残業を合法化

・残業100時間超えで医師が面接するが、
 企業には医師の指示に従う義務はない

・1度医師が面接したら何時間でも働かせられる

・省令一つで"残業代ゼロ"の対象を拡大可能




日本人ジョーク(bot)‏  @Japanese_Joke · 5月25日
https://twitter.com/Japanese_Joke/status/999835606371860480

「国鉄を民営化した時、一本も廃線にしないと言ったよね」
「国旗国歌法の時、今後も強制はしないと言ったよね」
「派遣労働法の時、専門職だけが対象で一般に拡大しないと言ったよね」
「…それでは現状では多くの労働者に無関係な、
定額働かせ放題の高度プロフェッショナル制度を強行採決します」



管理人

私の知り合いで真っ黒なブラック企業に勤めていた
知人の話ですが・・・

朝5時に出勤して、昨日、準備したカレ-やラ-メンを
作る機材をトラックに積んで各地のイベント会場に行って
出店を出し、夕方の5時か6時ころまで販売します。
往復で3時間もかかりますから、会社に帰って
洗い物やかたずけを済ませると、大抵、夜の9時から10時に
なってやっと終わり、帰宅出来る訳ですが、
実働、16時間って計算になります。

驚くなかれ、その会社は残業代は一切払わないという
決まりになっているのです。
イベントは、毎日ある訳ではなく、大体、週一のペ-ス
なんですが、それにしても本当に酷いと思いませんか?

イベントのある日は、7時間がサ-ビス残業って話です。
会社社長は、それが当たり前だと思っているんですよ。
これはもう、ブラックというより犯罪に近いんじゃないでしょうか。

ですが皆さん、働き方改革法案が施行されるようになりますと、
"残業代ゼロ"の対象がなしくずしに拡大されていくであろうことは
過去の歴史から見ても明らかです。

現に、今でさえ残業代ゼロでやらせているところは
探せば、日本国中に無数にあると考えられますから。
つまり、それは違法でもなんでもなくなっちゃうのです。
会社は、それが嫌なら辞めろというでしょう。
高齢の人や立場の弱い人は、なかなか辞められないという
事情を見透かされているのですよ。


・月100時間の残業を合法化

月100時間ってメチャクチャだと思いませんか?
朝8時から夕方5時までが定時だとすると
朝8時から夜の9時までならOKって話ですよね。
1か月~実働25日に換算すると、毎日夜の9時まで働かせても
法律の範囲内ってことになります。
4時間だと、ちょうど100時間になりますから。

ブラック企業の酷使をそのまま合法化したようなものです。
これでは人は死んでしまいます。
だけど、過労死で亡くなったとしても、会社は合法的に
やってますと堂々と言える訳です。
これって、仮に、遺族が会社を訴えても訴訟に勝てない
のではないかと思ってしまいますが・・・
この私の理解でいいんでしょうか?

もう、ムチャクチャですわ。
今の安倍政権というか自民党政権は。
社会保障はどんどん削る一方だし、
なんて国民に冷たい仕打ちだろうと思いませんか?

やはり、政治家の主体が純な日本人じゃないからでしょうね。
日本人をいじめ倒して陰で喜んでいる奴が確実にいます。
愛国心を持った純な日本人政治家は、どんどん潰されていきます。

一回、あらゆる政治家の隠された出自を全て明らかにすれば
いいと思います。
一般の日本国民は、きっと驚愕することでしょう。
芸能人で純な日本人は、およそ2割だって話じゃないですか。
政治家は一体何割なんでしょうね?・・・純な日本人は。

政治家も官僚も、マスコミも司法も・・・
中枢を仕切っているのは純な日本人じゃない。
そういう風に、アメリカ様が決めたんだってよ。
愛国心を持っているような奴は絶対にダメだと。
くそカルトだらけだぜって話ですわ。

そのカラクリが理解出来ると、
過酷な仕打ちにも全て合点がいきます。
だけど、何十回となくやられても
それに国民が気付かないように規制されています。
今のマスコミを見てごらんよ。
ほんまに~ほんまに、それは酷いものだから。

1ヵ月でいいから、私の記事を新聞の1面に載せたら
そりゃ~、日本は劇的に変わると思いますよ。
多分、間違いなく私は殺されるだろうけどね。(笑)

まあしかし・・・
ここまでクズというかガラクタというか・・・
犯罪者の政治家集団は、世界に例をみないでしょうね。
記事にするのでさえ汚らわしい。

それに、いつまでも気づかない国民もアレだけど。
まあ、合法的過労死 が激増するでしょう。













お知らせ

最新のメルマガを21日に配信しました。

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

届いていない人は、私までご連絡ください。



【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!












. 安倍も日大も同じ大嘘つきなんだっ~ちゅうの!!

安倍も日大も同じ大嘘つき
なんだっ~ちゅうの!!


























管理人

森友や加計であれだけの証拠が出てきていながら
嘘をつきシラをきり通す安倍総理。

日大のアメフト部の部員があれだけ真相を暴露し
告発しているにも関わらず・・・
「誤解を招いたとすれば言葉足らずであったと
心苦しく思います」・・・と、やはりここでも
シラをきり通す日本大学の声明。
最高学府が聞いてあきれる。
一体何を教育しているのやら。

政治家トップの安倍総理に止まらず、
日本大学も形は違えど全く同じことやってます。
思いますに、この両者だけの話ではなく
日本国中~同じ構図が出来上がっているんじゃないの。

といった感じで話を一般化しちゃいけないけど
やはり、政治家トップの安倍総理の責任と犯罪は
極めて重いと言わざるを得ません。

政治家も官僚も大学やら企業もみな同じ。
個人や会社・組織を護る為には、み~んな、
平気でウソをつきます。

学校で教わりました。
「ウソをついてはいけません」
だけど、その学校そのものが平気でウソをつきます。

今回の日大のアメフト事件を全国の学校で取り上げて
議論したらいいと思います。
言っている事とやっていることは正反対なんですねと。
大いに盛り上がること間違いなし。
やらないだろ—ね、学校は。
化けの皮がはがれてしまうからね。

日本社会の実像なんて、こんなものかと、
生徒に気づかれたらヤバイ。
それに気づかせないのが、学校の本業ですから。

最近、私が政治のことをあまり取り上げないと
読者の人が言っていましたが、それは事実です。
もう、いい加減・・・うんざりしているんですよね。

ガラクタやバカが好き勝手ばかりしているだけで、
それをイチイチ取り上げるのがバカらしくなってしまった。
バカどもの狂奏曲の仲間入りしたくないのが本音だけど、
ほんま~バカバカしいと親父ギャグの一つも言いたくなります。

国会も、証拠隠滅~暴露・・・こんなことばかりを
1年中やってんだからね。
もっとはるかに大事なことはそっちのけでね。
その国会を一番ダメにしているのがトップの総理だと
いうんだから、もはや言うべき言葉を失いますわ。

周囲でギャ-ギャ-騒ぐんじゃないよ。
お前ら勝手にやってろみたいな・・・
かくして、日本の本質の問題からどんどんかけ離れて
いく日本の惨状を見てとれます。
そして、大切な人が次々と倒れていきます。
人知れず倒れていく・・・また倒れていく。


安倍ちゃんよ・・・
あなたが関与していることはもう完全に明らか。
既に、多くの人に知れ渡っているんだから
お辞めなさいな、総理も議員も。
それが、あんたの最後の仕事だよ。







お知らせ

最新のメルマガを21日に配信しました。

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

届いていない人は、私までご連絡ください。



【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!




鶴田浩二  傷だらけの人生






. 西洋医療は、「原因を見てはいけない」と言いきっている。

西洋医療は、
「原因を見てはいけない」
と言いきっている。









菌好きヒーラー・小中賀子(こなかよしこ)
さんのブログより

酵素栄養学でおなじみの、
鶴見隆史先生の講演会に行ってきました

https://ameblo.jp/tabetabetabe/entry-11498209837.html

<一部引用>

病気には原因がある。
天から降ってくるものではない。


○抗がん剤は、増がん剤。
(これはアメリカのがん専門医の最高権威も言っているそう)

○薬は、飲めば飲むほど悪くなる。
薬は、体にとって元来「異物」。


○東京の271人のがん専門医へのアンケート
「あなたは自分がガンになった時、抗がん剤を使いますか?」
 → 使うと答えたのはたった1人。
270人は「死んでも使わない」と言った。
(どうしてか? それは、使っても絶対治らない
ということを知っているから。延命どころでもない)


「では、あなたがガンの患者さんを持ったら、
患者さんにはどうしますか?」

 → 全員が「使う」と答えた。
(自分には使わないが患者さんには使う。
どうしてか? 
それは、「薬屋に頼まれるから」「ペイできるから」)


○薬は活性酸素そのもの。がんも酸化から始まる。
医者に行っても良いが、薬は全部捨てる。
そして何をすれば良いか考える。
病気は自分で治せる。

○日本は今や、アメリカよりも野菜の摂取量が少ない。
また、日本は世界一農薬が使われている国である。
農薬のため、野菜が持つ栄養素は軒並み1/4以下となり
更に摂取量も激減している。
これでは病気になるのも当たり前。


○小児がんは日本が世界一。
2歳で動脈硬化、産まれたときから子宮がんの子、
8歳で卵巣がんの子もいる。

○妊娠中から、栄養素や、お母さんの体の状態が良くない。
さらに産まれてからも、母乳の質、食事の質と量も良くない。


○【日本が世界一なもの】
  ・胃がん、小児がん
  ・アルツハイマー(認知症) 
(2008年には208万人、2012年で330万人)
  ・寝たきり老人
  ・奇形、流産


○免疫で一番大事なのは「腸」。
小腸に70%もの免疫があると分かってきた。
今や80%の国が「小腸免疫」を重視している。

○日本はこういった知識の普及や予防医学がとても遅れている。
なぜか? 健康になってもらうと、
医者や製薬会社、その他企業が儲からないから。

○便やおならが臭いときは
小腸免疫が下がっていると考えて良い。

○腸の腐敗から、病気が始まる。

○腸が腐敗すると、窒素残留物(アンモニア)が発生する。
これがガンの元になる。
ヒトパピローマウイルスでは、ガンにはならない。


○血圧を下げる薬で、アルツハイマーになる。
 (血圧を下げる薬は、上の血圧は下がるが、下の血圧は上がる。
 結果、血管が糸のようにものすごく狭くなり
 ひどい動脈硬化と同じ状態になる。
 これがアルツハイマーの急増の原因の一つとなっている)
○抗生物質は、悪玉菌も殺すが善玉菌も殺す。
○西洋医療は、「原因を見てはいけない」と言いきっている。
  (原因を見ず、症状だけを見る)

<引用終わり>
----------------------------------


お知らせ

最新の★メルマガ第81号は
配信担当の人が、日曜日はお休みなので
今日の21日に配信されます。

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!


管理人

酵素栄養学の鶴見隆史医師の講演記録です。
鶴見医師の他の主張が全て正しいかどうかはおいといて、
少なくとも、この講演だけに限っていえば、
ほぼ、正しいことをおっしゃっています。

一番驚いたのは、以下の箇所です。

○西洋医療は、「原因を見てはいけない」と言いきっている。
  (原因を見ず、症状だけを見る)


これは本当に驚きです。
ガンや難病の本当の原因を研究しない~探求しないと
いったことは、ずっと前から感じていたことですが。

考えるな!
症状だけを見て対処療法に専念せよ!

このように受け取っていい訳ですね。
現役の著名な医師がそう申しているのですから。
参りましたね。
これでは患者は救われません。

原因が分かって始めて治療法も分るというのが
私の不変の立場ですから・・・
この著名な医師の告発は
私と正反対の立場が、現代医療の実情だと申している訳で、
これを聞いたら、患者さんはどう思われるでしょうか?

そういえば、ガン患者の人がお医者さんに
「原因は何でしょうか?」・・と訊いても、
大抵は、「分りません」と答えるそうです。
よしんば答えたとしても、どこにでもあるような
ありきたりの説明しかしてくれません。
ストレス、酒・タバコの摂り過ぎ、生活習慣病、遺伝・・・

何の事か、さっぱり分からないのは患者さんだけではなく、
お医者さんとてあまり変わらないようです。

それでいて、猛毒の抗がん剤はどんどん処方します。
他のお薬も毎日飲むように処方されます。
それらは全て化学薬品です。
数百万年ともいわれる人類の歴史の中で、
一度も体内に入ったことのない化学成分ばかりです。
それらが、身体の中で~悪さ~をするのです。
そのゆるぎない証拠は山ほども出て来ています。
そもそも、本当の意味でのお薬の安全確認はされていません。
出来る訳がないのです。

今、私が申していることをどんな高名な医学者も
お医者さんも誰一人として否定出来ないでしょう。
私はごく普通の当たり前のことを言っているだけですから。
それに加え、私がいつもメルマガで書いているような事を
普通のお医者さんはまるで知らないみたいです。

お医者さんが知識として持っている程度のことは、
ネットで調べればそれ以上のことが出て来ます。
しかし、本質的な事はなかなか出て来ません。
大抵は、闇権力者があなたに見せたいものであったり、
病院や薬剤の宣伝ばかりが出て来ます。
ネットの世界でも、情報が遮断されているのですよね。

つい最近、メルマガ読者のお二人さんから
深刻な問い合わせが続きました。
膵臓ガンの疑いがあるとのこと。

私は、そのような方に寄り添うだけでも
大変大きな意味があると思っています。

実は、膵臓ガンの予後は大変に悪いです。
治療法にしても、現段階では思考錯誤の最中にあり、
ほとんど確立されていないと言ってもいいでしょう。

本当のことを言います。
原因がまるで分かっていないから、
予後が大変悪いのです。
だから、治療法も適正なものが期待出来ません。
現実が物語っています。

しかし、先ほども申しましたように、
日本の医療は、原因を知ろうとしません。
原因を知らずして、なんで治療出来るのか!?

私は何も特別なことを言っている訳では全然ありません。
世界中の誰に訊いても、同意してくれるような
ごく当たり前のことを言っているにすぎないのです。
違いますか?

しかし、当たり前のことを言っただけで、
弾圧されたり、法で罰せられるような社会が
今の日本社会ですから。
もし、人の命を100人助けたら
100回~監獄にぶち込まれるような社会が
今の日本の真の姿です。
まさに、カルト社会ですね。

日本だけではありません。
イタリアのシモンチーニ医師は
独特の重曹を中心にしたガン治療法で
数千人もの人の命の救命に尽力しました。
その結果、3年間も監獄にぶちこまれました。
信用を無くすのが最大の狙いとしてあったのでしょう。

多くの人は、その内容や真相を見ることなしに
前科者とだけしか見ませんから。
最近、つくづく思うのは・・・
単に、医療に関する情報だけでは伝わらないことが
たくさんあるなという実感があります。
世界の闇や陰謀系の裏情報もある程度知っている人で
なければ、なかなか理解してもらえないことが多々あります。

そんなバカなことがあるはずがないと・・・
NHKをはじめとしたメディアやマスコミの
宣伝を信じきっていたり、
今の病院やお医者さんを頑なに信じきっている人には
恐らく、イバラの道が待っていると私は思います。

もう、自分で覚醒して多くの知識を得て
自分や家族を護っていくしか
他に助かる道はないのではないでしょうか。






【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!











. マレーシア、消費税廃止へ ~ 日本国は消費税が社会保障に使われるというデマを流します。

マレーシア、消費税廃止へ
~ 日本国は消費税が社会保障に
使われるというデマを流します。






大ウソ ↑
国家的詐欺だぁー!



共産党の小池晃氏「消費税の税収の累計は283兆円で、
法人税は累計で255兆円減っている」と発言。

https://ameblo.jp/64152966/entry-11806236133.html



マレーシア、消費税廃止へ
マハティール氏、公約実現

https://this.kiji.is/369479862517318753?c=39546741839462401

【クアラルンプール共同】マレーシア財務省は16日、
6月1日から現行6%の消費税を事実上廃止すると発表した。
9日投開票の下院選で勝利したマハティール首相率いる
政党連合は政権交代から100日以内の消費税廃止を
公約に掲げていた。

消費税制度は2015年にナジブ前政権が導入し、
国民の不満の対象となっていた。

マハティール氏は16日、首都クアラルンプール近郊で記者会見し、
4月に施行されたフェイクニュース対策法など
「報道や表現の自由を抑える法律を廃止する」と説明。
令状なしの拘束や家宅捜索を認める国家安全保障会議法なども廃止する。

<引用終わり>
-------------------------------------------


先進国で最悪レベル。
7人に1人が貧困の国、日本。
満足に教育を受けられない子ども達の今とは?

http://gooddo.jp/nf/article-katariba-3sp/?from=gooddo_twt_nf3_b_1_m





管理人

消費税の引き上げが、社会保障の充実と安定化に
使われるというのは大ウソです。
社会保障は見るも無残。
あらゆるものがどんどん削られています。

なんでこんな大ウソがまかり通るのでしょうか?
これを問題にしない与党政治家や野党は
政治家として恥を知るべき。

今や、日本の大企業のほとんどが
海外資本の手におちています。
持ち株比率をみればだれの目にも明らか。

そのような大企業に国民から財産を一方的に収奪して
貢がせる仕組みが消費税の本質だと思います。
これにより、莫大な内部留保が可能となります。
内部留保の多くは、どうせ米国債に化けるのだろう。

この仕組みを誰が作ったのかは
およそ想像がつきますね。

総理の安倍晋三は、海外に50兆円も
ばらまきながら、社会保障を次々と削って
日本国民の生活は、困窮する一方です。

なんで、国民にこんな冷たい仕打ちばかりが出来るのか?
・・・日本人じゃないからです。
これが答えです。
純粋な日本人じゃない政治家を一回調べてみ。
メチャクチャ・・・い~ぱい出てくるから。
戦後、日本国籍を金で買った人もたくさんいます。
調べても出てこないのは、それが理由。
在日や帰化人だけだと思ったら大間違い。
自民にも野党にもいっぱいいます。
隠れ〇〇だらけと言っていい。

まあ、それはおいといて・・・

野党は、マレーシアを真似て
消費税廃止を公約に掲げて
選挙を戦うべき。


それが出来ないなら、野党の資格なし。

米国と官僚組織、そして海外資本大企業といった
連中が、日本国民の財産を食い物にしているのが
消費税の正体でしょう。
同時に、日本経済の弱体化を同時に図れる。

消費税を廃止し、最低賃金の大幅アップを国策として
推し進めれば、確実に、日本経済は活性化します。
こんなの子供にだって分かるよ。

バカと〇〇カルトが日本のあらゆるトップに居座って
いるから、我々・日本国民はどうしようもありません。


哀れ・・・日本国民は騙されまくって
消費税増税に対してさえも
誰も文句を言おうとしません。




ヒェー、知らなかった!
ほとんどの部門でグランプリ独走中
~安倍総理!!!

https://ameblo.jp/64152966/entry-11989747551.html


国民と生活困窮者に、あまりにも冷た過ぎる日本国政府
https://ameblo.jp/64152966/entry-11968037006.html













5月に入り、第11期メルマガに移行しましたが
5月11日に、最初のメルマガを配信しました。

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!


まだ届いていない人は、ご連絡下さい。


【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!









. 抗ガン剤は細胞分裂阻害剤~何故、副作用の無い天然エキスの癌細胞増殖阻害剤を使わない?

抗ガン剤は細胞分裂阻害剤
~何故、副作用の無い天然エキスの
癌細胞増殖阻害剤を使わない?






ローズマリー、タイム、バジル、
およびセージを含むハーブは、
癌細胞増殖を刺激するBCL2遺伝子活性を阻害する




管理人

抗ガン剤は、非常に早く増殖していくガン細胞を
「細胞分裂の阻害を引き起こす」ことによって、
その細胞の増殖を食い止めるという作用です。

しかし同時に、ガン細胞だけではなく、通常細胞も
徹底的に叩いてしまう為、本来持っている人間としての
活力を失い、最も重要な免疫力さえも喪失してしまいます。

ローズマリーの原液エキスなんてのもありますし、
飲んでも塗っても使えますから。
皆さんにお勧めしておきます。
多くの人には、この本当の意味が分からないかも
しれませんが、それが残念でなりません。


多くの人は、抗ガン剤の主原料が戦時中、大量殺傷兵器として
開発されたマスタードガスであるという事実を知りません。
マスタードガスの本質は、唯一、人を殺す為のものなんです。
その本質は、抗ガン剤として形を変えたとしても
全く何も変わりません。

しかも、最悪なことに何度も使っているうちに
抗ガン剤耐性ガン細胞が出現するのです。
ガンの記事を書く人は、この問題を取り上げません。

通常のガン細胞に、抗ガン剤を使っていると
何故、抗ガン剤耐性ガン細胞が生まれてしまうのか?
まさに、ここにガン細胞の最大の秘密が隠されているというのに
何故、誰も触れようとしないのでしょうか?
最大の核心部分に一切触れないようなものには
あまり価値が感じられません。

本来、人間や本体の細胞が何かに対しての耐性を持つ
可能性があるとすれば、それは、人の何世代にも渡って
その環境に順応するように変わっていくものでしょう。

ところが・・・
ガン細胞は、数週間から数ヶ月という大変短い期間に
抗ガン剤に対して耐性を持ってしまう種が生まれて来ます。
本来の人細胞が持っている範疇をはるかに超越しています。

私は、まさにここの所に注目すべきだと考える訳です。
通常、耐性という用語は微生物に用いられます。
分りやすい一例としては、院内感染があります。

メチシリン耐性黄色ブドウ球菌 ~ MRSA 。
バンコマイシン耐性腸球菌 。

耐性・・・っていう部分に最大の謎と秘密が
隠されていると私は考えています。
そもそも、耐性っていうのは微生物の専売特許だと
言ってもいいくらいの話になってきます。

これをヒントに頭に浮かんで来るのは・・・
もしかして、ガン細胞も微生物と何らかの因果関係が
あるのではと考えるのが自然です。

院内感染においては、化学薬品が使われました。
ガン細胞に対して使われたのも、同じ毒性化学薬品でした。
共通項があります。

マスタードガス耐性の微生物の存在???
その微生物が、人細胞を支配しているとしたら
当然、有り得る話です。
なので、抗ガン剤を使って、もし再発したとしたら、
その次に、どんな種類の抗ガン剤を使おうがダメですよ。
だって、マスタードガス耐性ガン細胞なんですから。
この簡単な原理が分からないようではお話になりません。
人はどんどん弱っていき結末は見えています。

そもそも、人の細胞のガン化というのは、
単一細胞だけに見られるものです。
それが、横に楯に無秩序に拡がっていくということは
生理学的にも有り得ない話なのです。
当たり前でしょ。
介在している微生物が存在しているという証拠です。
カビ菌やウィルス、その他の微生物の存在の可能性です。


えっ・・・
トンデモ論ですって。
トンデモ論でもなんでもありません。
実際に、その実例が100%~確かに存在します。

世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

https://ameblo.jp/64152966/entry-12171166003.html

HeLa細胞は、ヒトパピローマウイルス(HPV)という
子宮頚癌の原因ウイルスに感染して、
そのウイルス遺伝子がHeLa細胞の中に組み込まれて
しまっていたのだという事が後の研究でわかってきました。

~ 引用終わり ~


管理人

つまり、HeLa さんという女性の子宮頸ガンの細胞が
世界中で、5千万倍以上~培養につぐ培養されている訳です。
考えられないことが現実に起こっています。
もはや、人の細胞などではなくウィルスのコロニーと
化している訳です。

この事実を元に考えてみますと、
人の細胞が、カビ菌やウィルスのコロニーと化して
しまうとするならば、十分に・・・
抗ガン剤耐性ガン細胞 にも成り得ると考えるのが
最も自然な考え方といえるのではないでしょうか。

というよりも、今のところ、そうとしか考えられません。
あくまでも、今のところ・・・ではありますが。

そうであるならば・・・
我々は、今までと違うアプローチが必要になります。
いや、その事に気づくべきなのです。

これが、世界医学界最大の秘密であると同時に
最大のタブーとなっているのであります。
なので、この真相を明かそうとした医学者や細菌学者は
半世紀から1世紀の間~数百人の規模で殺されています。
その暗部を知らないのは我々だけでしょう。

また、もしそうであると仮定したら、
何やったってダメなのか???
・・・といった疑問が直ぐに浮かんできます。
だって、何に対しても耐性を持つものが生まれる訳ですから。

決してそんな事はありません。
希望は大いにあります。
ただ、ブログでは書けません。
殺された数多くの医学者や細菌学者の二の舞になりますから。

今、世間で注目されている医師や医療ジャーナリストの
人はかなり良心的な内容を皆さんに説いています。
しかし、今回~私が書いているような事には一切触れません。
だから、見逃してもらっているのでしょう。
だから生きていられるのです。

世間では、そういった本質から外れたり
寸止めであったりと・・・
そのようなサイトの記事ばかりに人気が集まっています。
かくして、秘密はずっと護られていくことになります。

私の記事は、公開後、何年かして大きな注目をされることが
ここまで何度もありましたが、10年後~30年後に
大きな役に立つことを願っています。
ブログサイトが閉鎖されずに・・・
ずっと残ってくれれば良いのですが。
サイトがボロボロの漂流船のようになったとしても・・・




青い影 ~ プロコルハルム





5月に入り、第11期メルマガに移行しましたが
5月11日に、最初のメルマガを配信しました。

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!


まだ届いていない人は、ご連絡下さい。


【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!









. 気分で決めている??? ~ 癌 の判定!

気分で決めている???
 ~ 癌 の判定!









気分で決めている癌検診
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=324417&g=131207

がん患者は年々増加中。
その一方でがんになっても治癒する確率は上昇している。
何でがん患者は増え続けるのか?
本当に治癒率は上昇しているのか?
下記の記事を読み、悪性腫瘍でないものも
「がん患者」として扱っているとすれば、
増え続ける理由も治癒率が上昇する理由も繋がる。

~以下引用~
リンク
(癌細胞の定義はない)

「現代医学は、癌細胞の定義をあきらめました」
と近藤誠医師が断言する。

「昔は、癌細胞と言えば、増殖して患者を死なせるという存在でした。
だから、悪性新生物と呼んだのです。
しかし、顕微鏡で細胞検診するほど判らなくなってきた。
よく十人十色と言いますが、癌細胞は千人千色です。
いかにも悪そうな細胞が、実はおとなしくて、
おとなしそうな細胞が凶悪になる。
だから、現代医学では、癌細胞の定義はないのです」

船瀬氏は「それはおかしいじゃないですか。
現に癌検診では、最終的な生検で、
細胞を病理医が顕微鏡で観察して、
「これは癌だ。これは違う」と判別して、
本人に癌告知をされているじゃないですか? 
癌細胞の定義がないのなら、彼ら病理医は、
何を根拠に決めているのですか?」と質問する。

近藤医師は「実にいい質問です。
彼等病理医は気分で決めているのです。
その証拠に、病理医は朝、「これは癌だ」と判定した同じ標本を、
夕方に見せると、「癌じゃない」と言う。
さらに困ったことは、外科の方から、
病理に「怪しいのは、みんな癌にしといて・・・」と言ってくる。
だから、病理医も心得たもので、
怪しいヤツは、全て癌にする」と証言している。

癌細胞も、誰が見ても癌と言う真っ黒から白まで、
グレーゾーンがある。
病理医はグレーゾーンも全部癌と言うことにして診断書を書き、
患者に告知する。
患者本人は、通知者に青くなり膝が震え、家族は泣き崩れる。
まさか、「気分で決めた告知書」なんて、夢にも思わない。
だから、検診で見つかる癌は癌じゃないのである。
つまり、ガンモドキであり、「良性」なのである。
癌細胞は何もしなければおとなしいのである。

(欧米で癌ではないが、日本では癌になる)

驚愕すべきは、癌検診の判定が気分で決められていることであり、
癌ではない良性細胞を癌だと偽って、
「診断書」をでっち上げていることである。
近藤誠医師は、何の問題も無い良性変化を、
悪性癌だとでっち上げる手口の一例を教えてくれた。

それは初期胃癌の診断である。
体調が悪い時、口内炎になった経験があるが、
口の内側粘膜に水泡が出来たり、ただれたりすることがある。
それを医学用語で「異形上皮」と言う。
上皮とは組織や臓器の表皮の事である。日本の癌学界では、
同じ変化が胃の内壁にあると、早期胃癌と判定し、胃の切除を命ずる。

口内炎を癌だと医者が言ったら、
さすがに「あなた馬鹿じゃないですか」と誰でも怒る。
ところが胃の内部だったら、「ああ、そうですか」と
顔面蒼白で受け入れてしまう。
欧米では胃の異形上皮は癌と判断しない。
2~3日の絶食をすればいやでも治る。
ところが日本では、「早期胃癌、胃の部分切除」と医者は叫ぶ。
ここでも詐欺と恫喝と傷害が堂々と行われている。

(初期大腸癌は嘘八百)

さらに悪質なのが早期大腸癌であり、
やはり粘膜に異形上皮があるだけで「大腸粘膜癌」と診断し、
「大腸部分切除」を強行する。
欧米の医師なら、「異形成」で癌ではないので、そのまま帰宅させる。
しかし、日本では開腹手術になってしまう。
欧米のドクターが知ったら、クレイジーと仰天するはずである。

日本では癌として切除するポリープも、
欧米では「高度異形成」で癌ではないので放置している。
異形上皮を何でも癌だとでっちあげて、切りまくるのは日本だけである。
(テレビドラマに「ドクターX]と言う番組があるが、
失敗しない女医の物語であり、世界最高峰の手術をすれば、
人は助かるのだというメッセージが感じられる)

ガンモドキの多くは、異形上皮つまり、口内炎レベルの病変である。
もともと癌でないので、すぐ治る。
最近、癌が治りやすくなったと言うが、
もともと癌でないのだから当然なのである。
癌保険もこのカラクリを認めている。
「契約書」の隅っこに小さな文字で
「上皮癌には適用されません」と書いてある。
保険会社は、それが癌ではないことをとっくに知っているのである。

< 引用終わり >
--------------------------------------------


2018.1.17 -
がん活性消滅療法-CEAT(シート)
前田華郎理事長より年頭のメッセージ

http://ceat.or.jp/

本日は、あってはならない誤診の話をしましょう。
健康な女性から子宮や卵巣を取ったり、
カビをがんと診断して大きく組織を取られたりする
医療が、今でも平然と行われています。

誤診はアメリカでも10~20%以上あると言うことは、
10万人の患者さんのうち1万人以上が誤診として
扱われていることになります。
その理由は、従来、顕微鏡で診断できた細菌や
ウイルスなどとは異なり、がんは、特定の周波数を持った
エネルギーですから、特別な検査法を行う必要があります。
CTやエコーなどの画像に映るものはすべてがんとは限りません。
細菌、ウイルス、カビ、原虫などを区別しなければなりません。
では、どうすれば誤診を防ぐことが出来るでしょうか。

現在、文明が高度に発達し、簡単に交信できますし、
情報も入手できます。
この原理は、同じ周波数の電波を利用しているわけです。
電信、電話、メール、みんなそうです。
しかし、生物学的共鳴反応は全く利用されていません。
聞きなれない言葉ですが、がんや全ての生物、動物、
微生物に至るまで、特有の周波数と特有のエネルギーを
持っているのです。

がんの患者さんは、がんの臓器によって特有の周波数と
がんエネルギーを持っていますが、がんの組織標本に
なったものには周波数しか残っていません。
現代医療は、このような概念がないので、
破壊された組織の変化でだけで診断するから、
誤診が生まれるのです。

CTやPET、エコー検査などは、形の変化ですが、
そこにも特有の周波数が残っていますから、
それに該当すると思われる周波数に共鳴すれば、
それは、全く同じ臓器のがんであると判定できるわけです。

共鳴した時、どのような変化が起きるのかと云えば、
今のところは、検査している人の指の筋肉が一瞬緩む
という現象があれば、同じ周波数の物が体内に存在すると
判断できるのです。
これを利用すれば、がんの有無は確実に判定できます。


2018年1月吉日
癌活性消滅療法学会
理事長 前田 華郎

< 引用終わり >
---------------------------------------------------


管理人

酷い話ですが、ほとんど事実です。
中には、現代医療の犠牲になった患者の人が
無数にいると考えられます。

しかも、それが告発されることも断罪されることも皆無。
病院や医師は、医師法によって堅く護られています。
まさに、無人の野を行くがごとしです。

今後も、誤診や犠牲者が後を絶たないでしょう。
何故、こんな事になってしまうのか?

恐らく、ガンや難病の本当の原因について
その研究や探求が欠如しているからでしょう。

そもそも、一般の病院や医師は、ガンの原因を問うても
本当のところは分からないと答えます。
原因が分からないのに、何故、治療法だけが確立されているのか?
・・・といった素朴な疑問に誰も答えられません。

怖ろしい話ですが・・・
その真相に迫ろうとする医学者や研究者は
大抵の場合、潰しにかけられます。
警察や司法は、その為に存在しています。

決して真実に触れてはいけない最大のタブーに
足を踏み入れる者は、何人といえども
例外なく、叩き潰されます。

その背景として、実質的に世界の医学界を支配している
イルミナティの存在があります。
世界の人口削減を必死に実行している彼らにとって、
人や患者が死ぬことが正義なのです。

そのイルミナティによって支配されているのが、
厚生省であり、医師会な訳です。
製薬会社は、イルミナティの尖兵です。

この単純な図式が、ほとんどの人に理解されていません。
特に酷いのが、50代から80代の中高年の人達。
全く信じていて、疑うことすら知りません。
もう、ほとんど完全に出来上がっています。

ですから、現代医学の産業を最も下支えしているのも
この年代の人達です。
言われたままに、バカスカ薬を飲みます。

この年代の人に育てられた子供も、ゆくゆくは・・・
同じ運命を辿るしかないではありませんか。

『ドクターX』『コウノドリ』『医龍』…
こういった洗脳番組ばかりを垂れ流すテレビ業界。
あまりにも真実とかけはなれた虚構の世界ばかりを
見せられて、真相を知ることから遠ざけています。


しかし、ここ最近、おかしい事に気づき始めた人達が
除々に出て来ました。
まだ、ほんの一部ですが・・・
面白いことに、その多くが女性なのですよね。

そのきっかけは、ブログやフェイスブック、ツイッターと
いったものにあるようです。
なので、その事に気づいている闇権力者たちは、
そういったネット上のサイトを陰湿に妨害したり
閉鎖に追い込もうとしています。

私とも何度かやり取りのあった
世界の裏側ニュース さんですが・・・
https://ameblo.jp/wake-up-japan/
1月24日を最後に、更新がストップしたままです。

そして、いつか忘れ去られてしまう。
私も同じ運命を辿らないとも限りませんが、
何とか、頑張っています。
しかし、妨害は熾烈を極めています。

多くのサイトのブログランキングについてですが、
その上位の多くが、権力者があなたに見せたいものです。
権力にとって本当に都合の悪いサイトは、
決して上位にはなれない仕組みになっています。
そのことをお忘れなきように。



関連記事

検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
 ~ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!

http://ameblo.jp/64152966/entry-12267600469.html




ショパン 「別れの曲」





5月に入り、第11期メルマガに移行しましたが
5月11日に、最初のメルマガを配信しました。

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!


まだ届いていない人は、ご連絡下さい。


【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!








. マイクロ波がん治療 ~ 癌が無くなると癌細胞のあった場所が温かくなる!

マイクロ波がん治療 ~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!







管理人

10日の0時過ぎに、最新のメルマガを
配信しました。

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



実は、2名のメルマガ読者の方から
マイクロ波がん治療によって治療に
ほぼ成功したとのご報告をいただきました。

お一人は、読者の方の小児ガンでした。
かなり重度の小児ガンだったそうです。
当初、通常の抗がん剤を使っておられたそうですが、
あまりにも副作用が酷くてストップされたそうです。

そういった経緯から、代替医療を模索し
その中から、マイクロ波治療を始められました。
結果は大成功で、以下のような喜びの声が届きました。

以下 ↓

【前田華郎先生のCEATという癌活性消滅療法】に
よって息子はどんどん元気になっています!!

すべての方に効果があるのかもお約束はできませんが、
もしそれを待てないでいる緊急性の高い方が
いらっしゃったらと思い取り急ぎメールしました。
ジャンプしたり走ったりしても痛みもなく
本当に本当に息子は元気で、
すべてのことにとても感謝しています!
私たちの経験が今苦しんでいる誰かを
救うことになれたら嬉しいです。

~ 引用終わり ~



もう一人の
メルマガ読者の方より


父ですが、去年4月上旬に胆のう結石で入院して
胆のうを摘出し、病理検査で癌であると診断されました。

父の知り合いの方で乳がんになった女性がいますが、
ゆるくゲルソン療法とマイクロ波を併用して
治った方もいます。

マイクロ波治療は、癌細胞を破壊する周波数の
マイクロ波を照射し、癌細胞の破壊・癌活性の消失を
行うもので、正常細胞を傷つけず、受けていると、
癌細胞がある場所が温かくなるそうです。
父は40回、乳がんの方は42回受けられたのですが、
(保険がきかず1回10,800円します)

癌がなくなると、温かくなくなるそうですよ。
二人とも、違いがすぐにわかったそうです。
体に負担がかからず(治療で痛みがなく)、
副作用もなく出来たのもありがたかったです。

( 引用終わり )
---------------------------------------------





ガン細胞が39.3度以上で死滅するのなら
サウナや酵素風呂に入ろう!

https://ameblo.jp/64152966/entry-11461803557.html


個人情報の関係もありますので、
ほんの一部のみを使わせていただきました。
感謝。

早い話、マイクロ波によってガン細胞を
加熱する訳です。
しかも、直ぐに温度が上がるので
短時間で終わるそうです。

消費税込みで、1回10,800円だそうです。
それを40回前後やってもらう訳ですが、
特に、大きな副作用もなくガン患者本人が
苦しまなくてもいいというのが嬉しいですね。

通常のガン治癒率 ⇒ 7割!

末期ガン治癒率 ⇒ 50%



★メルマガ第80号~においては、
ガン細胞を死滅するまで加熱しても
治癒出来なかった原因について書きました。



マイクロ波がん治療 (LAN-01)
http://www.tougouiryo.com/menu/micro/

副作用の無い、新しい加熱療法

正常細胞に比べがん細胞が熱に弱い性質があることは
以前から知られています。深部加温療法として、
ラジオ波を利用したがん治療器があり実績もありますが、
より高温での治療がごく短時間で、安全に出来れば、
更なる効果が期待できます。

これを解決したのがマイクロ波であり、
最先端医療として開発されたマイクロ波がん療法です。

開腹することなく、体から30cm離れた2台の治療機器から
放出されるマイクロ波が体内の腫瘍部分で交差し
効率よく加熱します。
放射線にも劣らない威力がありながら、
正常組織は温度上昇が少ないために副作用はほぼゼロ
という正に理想的な治療機と言えます。





内容紹介

治癒率7割! 驚異の治癒率を誇る
「がん活性消滅療法-CEAT(シート)」を13年、
4500症例をもとに詳しく解説します。
がん活性消滅療法は、著者の前田華郎氏が自らの
がんを克服する過程でたどり着いた
全く新しいがんの治療法です。
副作用や痛みのない「マイクロ波」を照射して
がんを消滅させるこの療法で、
手術・抗がん剤・放射線の三大療法が見放した
患者の命を救い、その治癒率は7割に達し、
末期がんであっても50%の治癒率を維持しています。

医学博士で外科医である前田氏は、
東京女子医大教授時代に前立腺がんと診断され、
既存の医療に頼らない治療法の模索を始めます。
その過程で「マイクロ波」の威力を知り、
また微小ながんも見逃さない「共鳴反応検査」を
取り入れた「がん活性消滅療法」を確立します。
今、患者からの口コミで、三大療法の限界を知った
がんの専門医の注目を集め、
この療法が広まりつつあるのです。







【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!










. 皆さんに、ある秘密を公開します。

皆さんに、ある秘密を公開します。






本題に入る前に・・・ 

「乳ガン」に罹患した女性
の8割が助からないという
~ 怖ろしい現実を調査中 ~

https://ameblo.jp/64152966/entry-12363086753.html

上の記事の拡散が妨害されています。
余程、都合が悪いんでしょうか???

フェイスブックの記事リンクからアクセスしても、
ツイッターの記事リンクからアクセスしても、
記事最下部にあるフェイスブックのシェアが出て来ない。
最新の情報にする ・・・で、初めて出て来ます。


私のフェイスブックにも、ツイッターにおいても
管理画面に違法侵入があったと報告されています。
しかし、パスワードを何度変えてもダメです。
簡単に違法侵入されてしまいます。

恐らく・・・
フェイスブックなどのフォロワー数の多い人から順に、
こちらの管理画面サイトから相手を勝手にブロックしているのでしょう。
しかも、表からは分からないように。

実際、2015~2016年当時に比べて・・・
フェイスブックのシェアは、10分の1~以下になりました。
やつ等は、すごいIT技術を持っているので、
我々にはどうすることも出来ません。

かつて、5万とか3万とかあった人気記事の
フェイスブックシェアも一度、ゼロにされています。

それに加え、今回はフェイスブックのシェア欄を消しています。
それだけではありません。
他方からのアクセスには、有害サイト にされてしまって
アクセスしにくくされています。
それをやっている本人が、超有害な張本人である事実というものは、
昔からのブログ読者の人だけに分かることなんです。
何も知らない人には、一切分かりませんから。


さて、本題に入ります。

前にも申し上げたとおり・・・
あなたが本当に知りたいと思って検索した時、
そこに出て来る多くのものは、
闇の権力者たちが、最もあなたに見せたいものです。

悲しいではありませんか。
気の毒なガン患者さんやご家族の人が、
助かりたい~助けようと必死になって調べても・・・
出て来るものは、闇の権力者たちがあなたに見せたいものなんです。

これは、私の長年の経験から云って、
まず間違いの無い・・・事実です。
この事を皆さん、是非、覚えておいて下さい。

つまり、
気の毒なガン患者さんやご家族の人や
重度の難病で苦しんでおられる人が必死に検索しても
出て来るのは、大抵は・・・クソ情報ばかりです。

今回、その真相をあなたは目で確認出来ます。
冒頭に掲げたグラフに注目して下さい。

ガン死亡率が・・・
日本人だけ、右肩上がりに激しく上昇しています。
しかしながら、それさえも事実ではありません。
実際には、もっとはるかに多くの人が
ガンで死んでいます。

日本の実際のガン死亡者数は、
統計よりもはるかに多いのではないだろうか!?

https://ameblo.jp/64152966/entry-12308815683.html


日本の本当のガン死亡者数をグラフにしたら、
一体どういう事になるでしょうか?


多くの国民が騒ぎだすでしょう。
まして、新聞の一面に、その真相グラフを掲載したら
日本国民は怒り狂うに違いありません。

マスコミという連中の本当の仕事は、
そういった国民に本当に知られたくない真相を
隠すのが彼らの本業であることが
ご理解いただけるでしょう。


更に、真相に迫ります。
皆さん、もう一度、冒頭のグラフをよく見て下さい。
鋭い人は、オヤッと感じられたはずです。

日本だけが、ガン死亡率が劇的に上昇し続けているのに
何故、他国は横ばいか・・・
大きく右肩下がりになっているのだろうか?


あら不思議・・・。
まともな人は、そのように感じると思います。

実は、その真相が分かったのです。

もう一度、書きます。
日本国内では、必死に幾ら検索しても・・・出て来るのは、
大抵は・・・クソ情報ばかりです。
無論、全てがそうではありません。

しかし、海外はまるで違います。
私は、3月31日に配信するメルマガを書くために
検索し続けていましたが、
日本国内においては、カスやクズばかりしか出て来ませんでした。
闇の権力者が、はい、どうぞ と見せてくれるものです。

その多くが、既存のガン3大治療法や製薬会社の薬剤や
健康食品に誘導するものばかりです。

思い余って、海外の記事を翻訳して調べまくりました。
色々と出て来ました・・・まさに核心に迫る情報が。

乳ガンと子宮筋腫~子宮ガン ・・・・・ エストロゲン
・・・についてです。

これ等の該当する記事を見ると、
何故、乳ガンや子宮ガンになるのか?
どうすれば良いのかなど・・・
科学的根拠を元に克明に書かれています。

皆さんは、乳ガンや子宮ガンの
エストロゲンではない
真犯人 を知ることが出来ます。


アァ~ ・・・・・ そうだったのか。

実は、この海外の記事というのは、
有料会員やサイト会員に配信されるニューズレターです。
これ等の情報によって、
海外の多くのガン患者の命が救われていると考えられます。

こういった救命情報を流すサイトが幾つもあるみたいです。
そして、非常にたくさんの人がその情報から
多くの知識を得ていると思われます。
冒頭のグラフは、まさにそれを意味している事になります。
つまり、その証拠といえるのではないでしょうか。

しかし、そういったサイトのリンクをブログに書く訳にはいかないのです。
メルマガに記載することさえも躊躇します。
もしかしたら、サイトごと消されてしまうかもしれませんので。
私のブログの数十件の記事の フェイスブックの何万ものシェア数 と
リンクが・・・たった1日でゼロにされたように。


無知のままでいる日本人は、
多くのガン患者が次々と死んでいきます。

海外では、優れた情報がたくさん流され、
命が助かるような情況が次々と生まれつつあります。

今日、皆さんは驚くべき真相を知りました。
それだけではなく、WHOのグラフを目にしました。
ご自身の目で、その真相を直接~目で確かめたのです。


皆さん、何故、私が冒頭にあのグラフを掲げたか?
ご理解いただけたでしょうか?

日本人だけが死ねば良いとでも言うのでしょうか。
そんな事は、絶対に許されるはずがありません。







お知らせ

3月20日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第75号 
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

届いていない読者の方は、直ぐにご連絡ください。


【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/



メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第10期メ-ルマガジン

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!










. セクハラ・パワハラ・差別 ⇒ 日本では日常茶飯事 ~ 告発者に待つイバラの道!

セクハラ・パワハラ・差別
⇒ 日本では日常茶飯事
~ 告発者に待つイバラの道!








麻生太郎が「セクハラは犯罪じゃない。殺人じゃない」
https://news.nifty.com/article/economy/economyall/12198-024399/


管理人

上の画像の記事がもう削除されてますよ。
都合の悪いものは直ぐに削除するんだよな、この国は。

セクハラ・パワハラ・差別 ・・・
以上のこういった問題に、世界でも最も寛容な国が
わが国~日本です。

元財務次官のセクハラ問題。
トキオの山口達也の女子高生に対するわいせつ行為。

伊藤詩織さんに対する山口敬之氏によるレイプ事件
なんてのはウヤムヤにされる始末。

共通しているのは、総じて上の立場にいる人間が
弱い立場の人間に対して行っているのが見て取れます。
しかし、これはあくまでも現象面での話です。
本質は、差別階級社会が根源にあると思います。

この差別階級社会が続く限り、こういった一連の
いわゆる弱者の立場にいる人間に対する蛮行は
決して無くなることはありません。
それこそ、日本国中で当たり前に起こり続けます。

実を申せば、若者を戦争に行かせて儲けようと
考えている連中の本質も、まさにここにあります。
未来ある若者を戦地にいかせるな!
てめえで勝手に戦争に行けよって話です。
一部の利益の為に日本を戦争に巻き込むことは
絶対に許されない!

こうして見ると、全てがつながっていることに
気づかれる事と思います。

話を元に戻しますが、例えば・・・
会社の中でセクハラ・パワハラなどで
内部告発しようとしても、そのほとんどが
ウヤムヤにされてもみ消されます。

それだけではありません。
その内部告発者の人は、会社にいられなくされます。
更には、ブラックリストに載せられ
他の会社に就職しようとしてもなかなかうまくいきません。
他の会社でも同様に内部告発されては困ると考えるからです。

かくして、内部告発者の人は窮地に追い込まれる事になります。
内部告発者の人には、自殺者が大変多い。
こんなの当たり前です。
常識なんですよ、今の腐った日本社会では。
それが分かっているから、みんな泣き寝入りするのです。

正義感の強い人は、今の日本社会では生きて行くのが大変です。
心優しき人は、片隅に追いやられていきます。
これが、偽らざる日本の病んだ社会の実像です。


本当にあった話をします。
私がアルバイトをしていた頃の実際にあった話です。

以下 ↓

私がアルバイト勤務していた職場において、
50歳台の正社員の人が上司からイジメを受けていました。
その正社員の人は、うつ病にかかり会社を1年ほど休職しました。
しかし、復帰してからは追い出しにかけられました。

問題の上司は、子飼いの協力社員をエリア社員にしてやる
とでもそそのかしたたのかもしれませんが、その協力社員は
例の正社員を追い出すべく露骨に行動を始めました。

その正社員を連日のようにキチガイ扱いしただけではなく、
周囲に、「キチガイは嫌いだ」・・・と漏らしながら
その正社員の部下でありながら、嫌がらせを続けました。

私はモロにその現場にいたのです。
ある日、その正社員~問うたのです。
「大丈夫ですか?」・・・と。

Y.さんの目には、うっすらと涙がにじんでいました。
私は決意しました。
即座に、行動に移しました。

実は、この会社名は皆さんがほとんどご存知の大手です。
会社に、正式な抗議文というか申し入れをしました。
それだけではウヤムヤにされる恐れを感じましたので、
市の人権委員会にも同じ内容の申し入れをしました。
今現在もその記録は残っているはずです。

その結果、会社内では大騒ぎになりました。
多くの関係者に聞き取り調査も行われました。
そして、私には会社幹部から何度も事情を訊かれました。

私は、申し入れの中で、事実をそのまま書きましたが、
最後のところで・・・
「もし万一、ウツ病から立ち直ろうとされている
Y.さんの身に何かあった場合、奥さんや小学生の娘さんに、
会社としてどう説明するつもりなのか?」・・・と
問い質しました。

結果、そのY.さんの身分は定年まで確約されました。
問題の上司の役員には厳重注意処分が与えられました。
ただ、子飼いの協力社員をクビにはしないように
その上司の役員は取り計らいました。
しかし、エリア社員の道は閉ざされた模様です。

会社からは、私に対して謝意が述べられました。
しかし、それはあくまでも体面を装った儀礼的なもの
でしかありませんでした。

しばらくして、問題の上司の役員による私に対しての
陰湿な報復が始まりました。
私に対しては、3つの仕事が与えられていましたが、
一つ・・・また一つと、徐々に削られていきました。
あくまでも仕事の範疇としての合法的な合理化です。
対外的には、誰も文句がいえないような形として
行われているのでどうしようもないでしょう。

2013年の8月に、その会社を辞めることにしました。
生計を立てていくことが困難になったからです。
その後、2013年の9月から有田農園に勤め、
首都圏に野菜を宅配していた事は、
皆さんもご記憶されておられる通りです。

190cmもある元ヤクザとの激闘の記録!
http://ameblo.jp/64152966/entry-11714633475.html

以上の記事の会社も、結局・・・辞めて行くような
ことになってしまいました。
皆さん、これが本当の現実なんです。

二転三転・・・流浪のアルバイト生活が続きました。
今の日本に正義なんてあるのでしょうか?

セクハラは犯罪じゃない。
女性に人権などいらない。
こんな人間が政治のトップに立てるような国に
一体どんな未来があるというのでしょうか!?







お知らせ

4月27日、
最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第79号  
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

届いていない人は、直ぐにご連絡下さい。



【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!



Good bye Yesterday







. 安倍政権・高官が、「選挙で『戦争したっていい』と信任された」~と本音を漏らす。

安倍政権・高官が、
「選挙で『戦争したっていい』と信任された」
~と本音を漏らす。







西日本新聞の記事より

2018年05月03日
今から5年前
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/desk/article/413378/

酔って帰宅した安倍晋三政権の政府高官が
番記者たちに、こうつぶやいた。
「極端なことを言うと、われわれは選挙で『戦争したっていい』
と信任されたわけだからね。
安全保障の問題とか、時の政権に
ある程度任せてもらわないと前に進めない」

当時、安全保障に関する機密を漏らした公務員などに
厳罰を科す特定秘密保護法案が国会に提出され、
世論の反発が高まっていた。
彼が口にしたいら立ちに、
「由(よ)らしむべし、知らしむべからず」
(為政者は人民を従わせるだけで、その理由を説明する必要はない)
という政権中枢の本音を垣間見た気がした。

防衛省による陸上自衛隊の日報隠し、財務省の決裁文書改ざん、
首相秘書官の面会記録否定…。あの夜の懸念は深まる一方だ。
憲法が保障する国民の「知る権利」に応えるため、
「知らせる義務」を果たしていきたい。 (坂本信博)

=2018/05/03付 西日本新聞朝刊=

<引用終わり>
-----------------------------------


管理人

まさに、これが安倍政権の本音であろう。
安倍総理本人が戦争大好き人間でありますが、
安倍総理を取り巻く政府高官も軍需産業の
利益代弁者ばかりで固められています。

選挙なんて形ばかりのもの。
インチキ不正選挙しまくりで・・・
時の政権が不正を追及されるたびに、
このインチキ不正選挙が行われる始末です。

カルトによって支配された国はこうなるという
良い見本です。
何やら、森友~加計問題で追及されて困った安倍政権が
また、連休明けに選挙をやらかすそうです。
リセットしようぜって訳です。


ここ最近、北朝鮮の金正恩が派手に動き回っています。
険悪な関係に陥っていた中国との関係修復に始まり、
韓国との友好関係を大々的にアピ-ルし、コリア統一までも
ブチ上げています。

これらの一連の動きは・・・
対アメリカの為のものであることは明らかです。

今や、軍需産業の代弁者となり果てている米国の
トランプ大統領ですが、定期的に戦争をおっぱじめないと
アメリカ産業は成り立っていきません。
北朝鮮の核を大問題として、紛争に持ち込みたい狙いが
透けて見えます。

しかし、北朝鮮に核を持たせることに最大限の協力を
したのは、アメリカとイスラエルであるという真相を
日本国民は知りませんから。

中国と北朝鮮の軍事同盟は、北朝鮮がどこかの国と
軍事問題を引き起こせば、自動的に中国もその相手国と
戦争状態になるという、「自動発動条項」になっている。

従って、北朝鮮のミサイル問題で、中国がその問題に
関知していないという事は有り得ない。
また、中国の原子力空母建設を担う米国米軍が、
中国の核兵器戦略=北朝鮮の核ミサイル開発に
関与していない等という事も原理的に有り得ない。


いつの世も、災いの種は意図的に作られてきました。
災いの種は、メシの種であり、そして、人口削減目的に
沿ったものなのであります。

今回、北朝鮮と中国の関係修復が実現したのは
この両国の思惑が一致したからでしょう。
北朝鮮は、暴走するトランプ大統領を抑えたい。
中国は、トランプの過激な保護貿易政策で大打撃を受けており
なるべく早く、トランプ大統領を下ろしたい。

近いうちに、米朝会談が行われますが、
北朝鮮が本気で核を手放すわけもありませんが、
ずるずると交渉を延ばすことだけを考えています。
あと、1年半持ちこたえれば、任期を終えるトランプ大統領は
死に体と化します。

この両者が協力すれば、トランプ大統領は軍需産業からも
支持を失うことになり、人気は更に凋落するでしょうから、
おそらく、再選はないだろうと考えています。

大変わかりやすいですね。
皆さん、その為のサル芝居を演じているだけですから。

あとは、日本の出番となります。
その為に、安倍晋三を総理にしたのですから。
日本の軍事関連企業の全ても戦争を期待しています。


戦争を阻止出来るのは誰でしょうか!?




「日本と中国をどのようにして戦争に突入させるか」
 ~2005年10月25日キャピトル東急

https://ameblo.jp/64152966/entry-11432403299.html

2005年10月25日、26日、
ブッシュの支持基盤であるネオコン派の政治家、知識人が集まる
ワシントンの政策研究所、AEI・アメリカン・エンタープライズ・
インスティテュートが主催して日本の国会議事堂裏のホテル、
キャピトル東急で「政策研究集会」が開かれた。

テーマは
「日本と中国をどのようにして戦争に突入させるか、そのプラン作り」
である。

参加者は
AEI所長クリストファー・デムス、次期総理・安倍晋三、
鶴岡公二(外務省総合外交政策局審議官)、
山口昇(防衛庁防衛研究所副所長 陸将補)、
民主党前党首・前原誠司、その他自民、民主の複数の議員。


テーマは「有事、戦争にどう対処するか」では無く、
「中国と日本をどのようにして戦争に持って行くか」である。

以上は裏付けが取れた正確な情報である。 



花はどこへ行った





4月27日、
最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第79号  
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

届いていない人は、直ぐにご連絡下さい。



【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!











. この真相を大拡散出来れば日本が戦争を起すことは不可能だ!

この真相を大拡散出来れば
日本が戦争を起すことは不可能だ!





前書き

今日は、ずっと調べものをしていました。
調べていたのは、米ロ関係の悪化に関するものです。

【英デイリーメール】プーチンが海外在住の全ロシア人に母国への引き揚げを命じた。
シリアを巡る停戦問題で米国との関係悪化が深まり、世界大戦の準備にかかっている。
既にポーランド国境付近に核ミサイルの移動を終えて臨戦態勢に入っているという。

調査が、かなり長くなり、今日中の公開は断念しました。
という訳で、過去の関連記事を再掲載させていただきます。
これもかなり重要な記事です。



とにかく、以下の記事の全文を是非、見て欲しい。
すごい真相が書かれています。
必見です。 ↓ 

「米中に対立関係なし。AIIB設立を持ちかけたのは米国」最新分析
http://www.mag2.com/p/money/6353?utm_medium=email&utm_source=mag_W000000115_sat&utm_campaign=mag_P0007731_1121

<最重要部分抜粋>

「AIIB」設立の見返りとしての南シナ海

このように見ると、アメリカと中国をはじめ多くの関係国は、
緊張緩和に向けた動きを加速させ、むしろ中国との協調関係の
形成に向かっているようだ。
中国との対立と緊張が高まる方向ではない。

ところで、欧米でも報じられない事実の報道で定評のあるのが
ロシアのシンクタンクである。
特にロシアの政府系シンクタンク『ロシア戦略研究所』のような
機関からは、驚くような内容の情報が手に入る。
今回、そのような政府系シンクタンクの記事として、
南シナ海の動きと「AIIB」の設立が実はリンクしていることを
示唆したものが複数ある。

これらの記事によると、

オバマ政権は中国に「AIIB」の設立を提案し、

中国がそれを引き受ける見返りとして、

南シナ海における中国の行動の自由を保証

した可能性が高いというのだ。

これはアメリカが、南シナ海におけるシーレーンを

中国のコントロール下におくことを容認したということだ。


もちろん、日本のようなアメリカの同盟国が中国脅威論を採用し、
中国と緊張関係にあることがアメリカの国益になる状況が存在する限り、
オバマ政権がこの事実を公表することは絶対にない。

アメリカは中国の同意を得た上で、
南シナ海における見かけ上の緊張関係を演出することだろう。


中国とアメリカは対立関係にはまったくない!


-------------------------------------------------


管理人

アメリカという国は、表で云っていることと
裏で、実際にやっていることがまるで違う場合が
大変多い国家です。
今回のは、その典型的な一例です。
中国に、米国債を売らせない目的もあったに違いない。

表では、南シナ海の危機を煽り、
日本を戦争に誘導しようとしています。
実際には、中国に南シナ海で好き勝手やっていいと
米国は裏で保証しているのです。

戦争を望んでいるのは、日米軍事関連企業だけです。
事実、安倍総理の最大の後見人は、非公式に
以下のような発言をしています。

「戦争でも起きてもらわんと、経済が持たんよ」

そして、当の安倍総理は、それに応えます。


安倍首相が官邸記者とのオフ懇で
「安保法制は中国が相手。必ずやる」と戦争宣言!

http://lite-ra.com/2015/06/post-1220.html



つまり、全て捏造された虚構を根拠にして
ブルドーザーのように驀進していることになります。

今回の記事が大々的に、世間に大拡散されると、
安倍総理の進めている戦争法案や根拠が全て崩壊します。

全てが捏造された大ウソであることを我々は世間に
訴える必要があると考えます。

私は、どんなことがあっても
郷土の日本を戦争させたくありません。
今後、何度でも、この記事を拡散するつもりです。
皆さんも、どうか拡散を宜しくお願いします。
戦争を防ぐには、今のところ、これしか方法はありません。

それにしても・・・
野党の政治家たちは一体何をやっているのだろう。




チャップリンの史上ベストスピーチ




—全文——————-

申し訳ないが。私は皇帝になどなりたくない。
支配も征服もしたくない。できることなら、皆を助けたい。
ユダヤ人も黒人も白人も。
私たちは皆、助け合いたいのだ。人間とはそういうものなんだ。
お互いの幸福と寄り添いたいのだ、、お互いの不幸ではなく。
憎み合ったり、見下し合ったりしたくないのだ。

この世界は全児類が暮らせるほど大地が豊かで、
皆に恵みを与えてくれる。
人生は自由で美しい。

しかし、私たちは生き方を見失ってしまった。

欲が人の魂を毒し、
憎しみと共に世界を閉鎖し、
不幸、惨劇へと私たちを行進させた。

私たちはスピードを手に入れ、
自分自身を孤立させた。

ゆとりを与えてくれる機械により、
貧困を作り上げてしまった。
知識は私たちを皮肉にし、
知恵は私たちを冷たく、無情にした。

私たちは考え過ぎ、感じなさ過ぎる。

機械よりも、人類愛が必要なのだ。

賢さよりも、優しさや思いやりが必要なのだ。

そういう感性なしでは、世の中は暴力に満ち、
全てが失われてしまう。

飛行機やラジオが、私たちの距離を縮めてくれた。
そんな発明の本質は、人間の良心に呼びかけ、
世界がひとつになることを呼びかける。

今も、私の声は世界中の何百万の人々のもとに届いている。

何百万の絶望した男性たち、女性たち、小さな子供たち。
人々を苦しめる組織の犠牲者たち。
罪のない人たちを投獄させる者たち。

私の声が聞こえている人たちに言う、

絶望してはいけない。

私たちに覆いかぶさる不幸は、単に過ぎ去る貪欲であり、
人間の進歩を恐れる者たちの憎悪なのだ。

憎しみは消え去り、やがて独裁者たちは死に耐えるだろう。

人々から奪い取られた権力は、人々のもとに返されるだろう。
決して、人間は永遠に生きないように、決して自由は滅びることもない。


兵士たちよ。
獣たちに身を託してはいけない!
君たちを見下し、奴隷にし、人生を操る者たちは
君たちが何をし、何を考え、感じるかを指図する。
君たちを鍛え、食事を制限する者たちは、
君たちを家畜として、ただのコマとして扱うのだ。
身を託してはいけない!
そんな自然に反する者たちなどに。

機械人間たち、
機械のマインドを持ち、機械の心を持つ者たちなどに。

君たちは機械じゃない!

君たちは家畜じゃない!

君たちは人間だ!

心に人類愛を持った人間だ!

憎んではいけない。
愛されない者が憎むのだ。
愛されずに、自然に反する者が憎むのだ。

兵士たちよ。
奴隷を作るために闘うな!
自由のために闘え!

「ルカの福音書」の17章に、
「神の国は人間の中にある」と記されている。

ひとりの人間ではなく、
一部の人間でもなく、
すべての人間の中に、君たちの中にあるのだ。
君たち、人々は力を持っているんだ!

機械を創り上げる力、
幸福を築き上げる力を持っているんだ。

君たち、人々が持つ力が、
人生を自由にし、
人生を美しし、
人生を素晴らしい冒険にするのだ!


民主義国家という名のもとに、その力を使おうではないか。

皆でひとつになろう!

新しい世界のために闘おう!

常識ある世界のために。

皆の雇用に機会を与えてくれ、
君たちに未来を与えてくれ、
老後に安定を与えてくれる世界のために。
(雇用や福祉が保証された世界のために)

そんな約束をして、独裁者という獣たちも権力を伸ばしてきた。
しかし、奴らは嘘つきだ。
奴らは約束を果たさない。
これからも決して、果たしはしない。

独裁者たちは、自分たちを自由にし、
人々を奴隷にする。

今こそ闘おう!
約束を実現させるために。

闘おう!
世界を自由にするために。

国境を失くすために。
欲望を失くし、嫌悪を苦難を失くすために。


理性ある世界のために闘おう!


科学と進歩が全人類の幸福へ、導いてくれる世界のために。


兵士たちよ!


民主主義国家の名のもとに、
皆でひとつになろう!
団結しよう!

—————————-

映像はここで終わるが、
映画は以下のように続く。


ハンナ、聞こえるかい?
顔を上げるんだ。
雲が晴れていく。太陽が輝き、あたりを照らし始めた。
人類が新しい世界に。
そこには貪欲も憎悪も野蛮さもない。
見上げてごらん。
人類の魂には翼があったんだ。
いま飛び始めた。
虹の中にも飛び始めた。
未来の希望の光に向けて。
希望に満ちた未来が我々人類のもとに


だから上を見上げてごらん。
だから上を見上げてごらん







お知らせ

メルマガ読者の皆様へ

ここ数日の内に、メルマガ第23号を配信します。

記事の題名

『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

この1年間で最も重要な記事になると思います。
ガンの元になっている大元を何とかしなければ、
いくら食事療法、温熱療法、電子治療をしても
その効果は半減以下になってしまいます。
その一番効果的な処方を記事にします。


メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器 を10月9日に配信しました。

機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。

http://ameblo.jp/64152966/entry-12207218197.html

以上の記事の続編が、★メルマガ第22号となります。

まだ届いていないメルマガ読者の方は、直ぐにご連絡下さい。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/




. 赤ちゃんに「ハイハイはこうだよ」と教えるワンコ

赤ちゃんに
 「ハイハイはこうだよ」
     と教えるワンコ








リボンがお似合いの赤ちゃんが、ハイハイをしようとしているのか
両手足をバタつかせています。
すると、見かねた犬がやり方を身をもって伝授。
赤ちゃんの「そうだったのか!」といった驚きの表情も必見です。



管理人

今日は、癒し の動画をアップしました。
癒し・・は、人の心と身体にすごく大切なものです。
案外、多くの人が軽視しているのではないでしょうか。

かつて、DNA研究で世界的に有名な筑波大学の名誉教授は、
著書や講演の中で、以下のように語っています。

過度のストレスが長く続くと
免疫細胞のスイッチが OFF になる。

何年にも渡る動物実験からの結論らしいです。
数々の実験からなる状況証拠から得たものだそうです。
しかし、何故そのような事になるかの科学的根拠の解明は、
かなりやっかいなのではないでしょうか。

人や動物の身体は、まだまだ未知な部分が大変多いです。
科学的に分析していったら、もしかして・・・
訳が分からなくなるかもしれませんね。

いずれにしても、心と身体は深く結びついている可能性だけは、
否定し難いことだけは確かなようです。


増田有華(AKB48):全身にできた癌が消えた! 
http://ameblo.jp/64152966/entry-11200922144.html

いま、増田有華(AKB48)の人気がグングンと上昇中している。
人気の秘密は、彼女のAKB48ナンバー1という歌唱力。
たしかに彼女の歌は、聴かせる!

そんな増田有華だが、じつは2歳の頃、彼女は死の淵にいた。
すい臓、ひ臓、肝臓など身体の14ヶ所に腫瘍ができていたのだ。
そのうえ、先天性の免疫不全症。
これでは癌も腫瘍も良くなるはずがない。
良くなるどころか、早期に死亡する可能性は100%に近かった。

ところがである。
ある「療法」が絶大な効能を発揮し、な、なんと、全ての腫瘍が消えた!
というのだ。
「療法」を簡単に説明すると、こういうことだ。
ご両親と一緒に有華ちゃんは歌を歌いつづけ楽しい毎日をすごした…。
じつに、これだけなのだ。

詳しくは上の動画を見てほしい。絶対に見てほしい。
上の動画には、奇跡が何故おきたのか?
このことが克明に説明されている。
そのほか…、
脳幹で分泌されるドーパミンが、NK細胞(癌細胞を攻撃し破壊する)
を激増させる機序(仕組み)も丁寧に説明されている。

また…、
オキシトシン(幸せホルモン)で免疫機能が向上し、
治るはずのない病気がなおることも説明されている。

さらに…、
人間は人とつながることで幸せになり、オキシトシンが増加する!
という説明もじっくりと聞いて欲しい。

とにかく…、
上の動画は、放射能時代を生き抜くための勇気と知恵を与えてくれる。


<引用終わり>
----------------------------------



管理人

過度のストレスで免疫細胞のスイッチが OFF になるのであれば、
その逆も・・・また真なり。

癒し ~ 楽しいこと ~ 人同士や動物との心のつながり ~が、
免疫細胞のスイッチを ON にすると置き換えることも出来そうです。

我々は、いつの日からか、この大切なことを忘れ去ったのではないでしょうか。

その心をどこかに置き忘れてきた・・・???

人が人に癒しを与えるなんてことは、滅多にあることではありません。
ところが、動物は無条件に人に癒しを与えてくれます。
人は文明の進化と共に、心を忘れてしまった。
しかし、犬や動物は文明の進化がない代わりに、
その心をずっと忘れずに持ち続けているのかもしれません。

冒頭の動画ですが・・・これから先、
赤ちゃんにとって、あのワンコはかけがえのない存在になるに違いありません。
ワンコにとっても赤ちゃんはかけがえのない存在であり続けるでしょう。
そして、無条件で信じあうことが出来る。

愛とつながりと癒しが生まれたのです。

犬の先祖がオオカミという説は正しいのか?
犬が誕生するまでの歴史に迫る!

http://tsunayoshi.tokyo/c/ad2ac31cf5420116b52863b1e1eb8623a96f4271

どうやら、太古の昔を辿ると・・・
犬も猫も熊も、同じミアキスという動物が発祥の元らしい。

ミトコンドリアDNA解析により、犬は約13万5000年前に
オオカミからの突然変異種ということが証明されました。

オオカミといえば、弱肉強食の森の王者だった存在。
そのオオカミが先祖である犬が・・・
今、赤ちゃんに「ハイハイ」を教えているのです。

泣けてきます。
癒されます。

盲導犬だってそうです。

いつしか・・・変わっていったのでしょうね。
変われないのは人間だけかもしれません。
いや、人間だって変われるはずです。
ただ、もう少し時間がかかるのでしょう。

犬や猫、うさぎ、小鳥といったペットたちを家族のように
大切にしてかわいがっている人たちは、恐らく、
もう変わり始めているのではと・・・そのように思います。

私の人生に最も影響を与えたのは、人でも書物でもなく、
愛犬の柴犬・・ラッキーでした。

あらゆる動物に対する見方が大きく変わりました。

「かけがえのない」・・・という言葉の本当の意味を教えてくれました。
自分は、人や動物に対して、冷たかったのではないかと教えられました。

このラッキーが、ガンで死ぬ間際に・・・
私も呼吸困難におちいり死にそうになりました。
あまりにもショックが大きいと、涙さえも出ないことを知りました。
ただ、まわりの景色が灰色になったことだけは覚えています。

ラッキーの死に顔は、まさにオオカミそのものでした。
驚愕した記憶が今も残っています。

ラッキーがいなければ・・・
今の私は存在しませんでした。

ブログもメルマガも・・・
多分、存在し得なかった。

ラッキーが私を変えてくれたから、今の私があります。

もし、あの世というものがあるなら、
死んであの世でラッキーと再会し・・・
一緒に、日本国中を放浪の旅に出かけることが私の夢です。

ラッキー・・・、ありがとう。
もう少しだけ待っててくれ。








お知らせ

8月31日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第54号  三島由紀夫の最後の遺言

届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



★メルマガ第1号~ガンの本質と生還
★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】
★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】
★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」
★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』
★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』


★メルマガ第6号『白血病について』
         〇生還の為に知っておくべきこと!
        〇『白血病について』~重要資料
★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足
★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』
★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』


★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』
★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者
★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ15号 決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?
★メルマガ第16号 東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光


★メルマガ第17号 勇気を失うことはすべてを失うことである。
★メルマガ第18号 がん細胞のボディーガードを光で死滅させる画期的技術を世界に発表!
★メルマガ第19号 高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!
★メルマガ第20号 もしもの危機の時の準備を!
 〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。
★メルマガ第21号 家のローンの変動金利があなたを破産させます!
★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器 機械から、マイナスの電子を
体内に注入出来れば、結果としてマイナスイオンが体内で発生します。
★メルマガ第23号 『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』
★メルマガ第25号 『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』
★メルマガ第26号 『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』
★メルマガ第27号 『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】
★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』
★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】
★メルマガ第30号 『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』
★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!
★メルマガ第32号『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』
★メルマガ第33号 『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
 〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!
★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】
★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!
★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!
★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!
★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!
★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』
★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!
★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?
★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!
★メルマガ第46号
我々は、40万人のガン患者を救える治療法を見つけることが出来るだろうか!?
★メルマガ第47号 【高濃度ビタミンC点滴療法の真実】
★メルマガ第48号 何故〜甲状腺ガンが全国で増えているのか!?
★メルマガ第49号
女性ガン死亡者数第1位(男性第3位)は〜『大腸ガン!』〜その予防法
★メルマガ第50号
癌細胞は、体内の重水素(トリチウム)と活性酸素に起因して大増殖する!
★メルマガ第51号
決して誰も書かない川島なお美さんの死の真相とは!?
★メルマガ第52号
活性酸素を大量発生させガンを発症させる最大の真犯人はリッキーガット症候群!
★メルマガ第53号 奇跡の野菜〜マルンガイ〜と石垣島!




愛はきらめきの中に








. プロフィール

z64150528

Author:z64150528
FC2ブログへようこそ!

. 月別アーカイブ
. 検索フォーム
. リンク
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR