光軍の戦士のブログ

. 【 続 】家庭で誰にでも出来るガン湯治アルカリ温泉の作り方!

【 続 】家庭で誰にでも出来る
ガン湯治アルカリ温泉の作り方!







家庭で誰にでも出来る
ガン湯治アルカリ温泉の作り方!

https://ameblo.jp/64152966/entry-12351711139.html


始めに

6月30日~最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!


実は、ローズマリーは若返りの秘薬であり
ガン予防にも大きな効果があります。
それをリンパオイルマッサージに
取り入れる手法を記事にしました。

使用するローズマリー原液は何が良いか?
使用するオイルは何が最善か?
詳細に書かれています。

今回は、★メルマガ第85号の前半部分のみを
皆さんに公開します。





ローズマリー、タイム、バジル、
およびセージを含むハーブは、
癌細胞増殖を刺激する
BCL2遺伝子活性を阻害する




管理人

古来からの昔の人は、アルカリ温泉が
不治の病や難病に効果があることを
体験的に知っていたのですね。
だから、有り金はたいて旅費を捻出し
温泉に湯治に行っていたのだと思われます。

今でも、皮膚病やガンに対しても効果が期待
出来ると謳ったアルカリ温泉が多くあります。
大事なことは、数ヶ月といった長い月日において
ずっと継続してアルカリ温泉に入ることです。





私の知り合いの人が、末期の大腸ガンを
高濃度ビタミンC点滴療法で完治しました。
巷では、この高濃度ビタミンC点滴療法は
ガンに対しては何の効果もないと一部のお医者さんは
述べていますが、実際に治している人がいます。

なんと、1日24時間の点滴を受けて、
3ヶ月間も続けたそうです。
1クールが5時間で、残りの1時間は体調や経過の様子見。
その6時間を4回の24時間も続けたそうです。
但し、1週間に1日の休養日があります。

3ヶ月後に、肛門から内視鏡を使って調べたところ、
大腸に無数にあったピーナッツ状の腫瘍のブツブツが
綺麗になくなっていたそうです。

すごいでしょ・・・皆さん。
それくらいしないとガンは治せないのです。
しかし、これにかかる費用は莫大です。
特別室に入り、完全看護が必要になります。
少なくとも、数千万円は必要でしょう。
一般の患者さんに、そんな大金はとても無理です。

私が何故、
家庭で誰にでも出来るガン湯治アルカリ温泉を
多くの人に推奨するのか?

高濃度ビタミンC点滴療法に負けないくらいの
大きな効果が期待出来るからです。
しかも、格安で誰にでも出来るのです。

但し、重要な一点を申し上げます。
私の知り合いの末期の大腸ガンの時と同様に
何ヶ月も継続してやり抜くことが非常に重要です。
この点を多くの人が理解出来ていません。
しかも、一日に何度も重曹風呂に入ることも
忘れてはいけません。
そして、喉が渇いたら重曹水を飲む。
或いは、ローズマリー原液薄め液を飲む。


これを何ヶ月も続けたところで、費用は・・・
10万円を超える程度のものでしょう。
重曹をネットでまとめ買いしとけば、
あと、ほとんど費用はかかりません。

つい最近、重度のガンで苦しんでおられる
大阪のメルマガ読者の方と携帯で1時間ほど
お話させていただきました。

その方いわく・・・
3キロの重曹を一回のお風呂に使ったそうです。
無論、65度以上の熱いお湯で熱反応を起して
3キロの重曹を全て強アルカリにしたものを
300リットルのお風呂に入れたそうです。

強アルカリといっても、大量のお風呂で
かなり薄まりますから、ご自身の肌には
何の問題も無かったそうです。

肌は、温泉同様にツルツルになったそうです。
しかも、何時間にも渡って身体がポカポカして
すごく体調が良くなったと喜んでおられました。

何度も言いますが、これを毎日~何度も入って
何ヶ月も継続することが極めて重要なのです。
普通の何でもない一般の人はそこまでやる必要は
ありませんが、ガン患者になられた人は
それなりの覚悟を決めて継続する必要性を
強く訴えておきたいと思います。

体内に、少しづつアルカリが入って行きます。
やがて、体内環境が劇的に変わることを
大いに期待出来るという訳です。


体液のpHを上げれば、
「ガン」にならないという論文は本当か!?

https://ameblo.jp/64152966/entry-11915745230.html


ガンの3大天敵とは?

●アルカリ

●高体温

●高酸素

そして、それに・・・
●マイナスイオン 
●解毒
を加えておきます。


皆さん、驚くなかれ・・・
この3つは、皆さんで簡単に実現出来ることばかりです。

この3つを具体的に書くことは割愛しますが、
聡明な皆さんが少し考えれば
誰にでも思いつくことばかりです。


ある外科医さんの記事をご紹介します。

アセンションへの道程
〜ある外科医のスピリチュアル〜

http://hemitotsy.blog.fc2.com/blog-entry-38.html

私は職業柄、高度進行癌の患者に接することが多く、
しばしば治療に難渋することもあります故、
藁(わら)をも縋る(すがる)思いで
温泉水なんかも勉強して患者、家族に
紹介することがあります。


◇ 全国から寄せられた感謝状(抜粋)

建物に入りますと、温泉そのものは古くて
サウナもないシンプルな造りで、温め(ぬるめ)で
ありましたが、特徴的だったのはコップが置いてあり、
温泉水を飲んでくださいと勧めていました。
店主に自己紹介をしましたところ、手紙の束、
全国から寄せられた感謝状を見せていただきました。
いくつか紹介いたします。

福井県在住の主婦
実は、私の夫が肝臓癌で余命1年との宣告を受けました。
霊泉を飲むようになってから腫瘍が小さくなる兆しを
見せ始め、最初は直径9cmのものが
今では1.5〜2cmとなりました。

新潟県の男性
あと一週間の命だと宣告されて苦しみもがいている
ところへ釈迦の霊泉を紹介され、体中に癌が回った
末期癌から御神水の浴用と飲用で今は完治。
TBSテレビの「そこが知りたい」で取り上げられた。
感謝の気持ちで一杯です。

東京都の男性
末期癌手術後、余命6ヶ月と医師より申されて
3年が経過しました。
飲泉を継続しております。

◇ 新潟県の男性の場合

上で紹介しました新潟県の男性は、実は有名で、
胃癌の膵浸潤と肝転移を伴い、
大腸にも腫瘍があった模様で、
新潟大学医学部で精密検査を行った後に、
釈迦の霊泉のみの治療で完治したことが
証明されたそうです。
以下、HPを見つけましたのでそのまま添付いたします。

 *****

【TVでも紹介された末期ガンからの生還】

 新潟県長岡市の荒木一栄さん(75歳)。
毎月車を運転して「釈迦の霊泉」にやって来る。
その元気な姿には、14年前に末期ガンで
「あと一週間の命」と宣告されたという
病人の面影はどこにもない。
 
「ガンで胃はすべて切除しました。
すい臓や肝臓にも転移していて、大腸には
梅干し大のガンが三ヶ所ありました。
口も聞けず、体もろくに動かない状態でした。

そして抗がん剤をやめてここに来たのです。
すると、水を飲み、入浴を繰り返しているうちに、
血の混ざったどす黒い便が大量に出ることがあって、
次第に苦しみが嘘のように消えていきました。
それから半月程湯治をし、毎日三升(5・4リットル)
の御神水を飲みました。
そのあとは御神水を飲みながら自宅療養。
驚いたことに三ヶ月ほどで大腸がんは
きれいになくなったのです。
それから4年間は月に二回入浴に訪れ、
御神水を飲み続けました。
おかげさまですっかり健康な体に戻りました。」
 
奇跡的な荒木さんの回復は、学会でも大きな話題となった。
新潟大学では月二回のCT検査があり、
さらに平成3年に前橋で開催されたガン研究者の
全国大会で六人の医師によって検診が行われた。
結果は、異常なし。
ガンが完治した健康な身体であることが確認された。
さらに、この臨床例はマスコミでも取り上げられ、
TBSテレビで紹介される。

 *****



管理人

私は科学を基礎にしています。
しかし、霊泉とかスピリチュアルだとか
アセンションとかを肯定も否定もする
つもりはありません。
ただ、あまりそういったものを前面に出すと
訳が分らなくなってしまうでしょう。

しかし、実際にやっていることは、
私が日頃より書いている事とほぼ同じです。
重曹水が霊泉に代るものであり、
家庭版アルカリ温泉が当地の温泉な訳です。

しかも、旅費や宿泊費や治療に要する日数を
考えますと、最低でも何十万以上という
高額なお金になってしまいます。
それに、お仕事を抱えながらでは到底無理な話です。


以上、ここまで
後半部分は、★メルマガ第85号に続く。







【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!




the bodyguard - Long trailer








スポンサーサイト



. 福島・浪江の馬場町長が死去 ~ 69歳は早過ぎます(涙)。

福島・浪江の馬場町長が死去
~ 69歳は早過ぎます(涙)。







【訃報】
福島県浪江町の馬場町長(69)が死去 
胃がんの手術後体調を崩し、辞職願を提出していた

https://matomedane.jp/page/10246

福島県浪江町長の馬場有さんが27日、死去した。
69歳だった。
馬場氏は2007年の町長選で初当選。
11年の東日本大震災で町は大きな被害を受け、
東京電力福島第一原発事故で全町避難を強いられた。
馬場氏は復興の先導役を務めてきたが、体調を崩し、
今月13日に辞職願を提出。30日付で辞職が決まっていた。

大半の地域で避難指示が今も続く町の復興事業に
取り組んできたほか、町が1万5000人の住民の
代理人となって東京電力に慰謝料の増額を求めるなど、
国や東京電力と対じする姿勢で知られました。

しかし平成26年に胃がんの手術を受けたあと
たびたび体調を崩し、ことしの春ごろからは
公務を欠席することが増え、治療のため任期を
1年半残して今月30日付けで辞職することになっていました。

<引用終わり>
-----------------------------------


管理人

馬場町長のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
本当にお疲れ様でしたという言葉以外にはありません。
馬場町長も犠牲者のお一人だと私は思います。

原発事故がなければ・・・
原発の推進を日本が強行しなければ・・・
恐らく、馬場町長は今もご健在のはずでした。

そもそも・・・
原発事故が起こったその直近の被曝地帯で、
人間が生活し続けるというのは、
土台、無理な相談なのです。
日本政府は、チエリノブイリの時と同じ様に
付近住民を即座に避難させるべきでした。

日本国政府は、原発行政の推進だけではなく
原発事故後の対応においても・・・幾重にも
大変大きな過ちを犯しています。

これが・・・
ヨーロッパ諸国を始めとした諸外国から
日本が最もバカにされている最大の原因です。
多くの日本国民はその現実を知らされていません。

今更の話になりますが、被曝汚染地帯に
住み続けることは、自殺行為に等しいです。
だから、あの悪の帝国といわれていた
ソ連でさえも住民を避難させたのです。
日本は避難させるどころか、福島への帰還事業を
強行に推し進めています。

とても残念なことではありますが、
今の日本は本当に狂った国になって
しまっています。
しかし、その事に気づかない国民も
関心すら持たない国民も・・・
ある意味、共犯者といえるかもしれません。

だから、日本全国に福島や関東・東北の放射能に
よって汚染されている食材が山のように
流れているのだと思います。
西日本の人は、警戒心すら失っています。
日本国~総被曝・・・という訳です。

放射能汚染地域を差別するのではありません。
問題が全く違います。
話は簡単です。

汚染食材ばかりを食べていると・・・
いずれ・・・遅かれ早かれ死ぬからです。
ガン・白血病、生存困難な難病・・・
心筋梗塞・脳梗塞、突然死・・・

何故、そのようなことになってしまうかは、
一人ひとりが是非、知って欲しいと思います。

放射能は年をとることを著しく早めます。
著しい老化現象により、数十年後に発病する
はずだったものが、今~発病するのです。

放射能汚染地域に長く住み続けると、
胃腸や肺、各種の内臓に蓄積していきます。
放射能は人の体内で強烈に酸化作用を及ぼします。
体内にミニ太陽があるようなものです。
それによって、蓄積の多い箇所から
何らかの症状を発するようになります。

どんなガンになったって
不思議でもなんでもありません。
自然の摂理なのですから。












癌細胞における「重水素」の役割
【癌細胞は、体内の重水素を利用して増殖するので、
体内の重水素を減らすことが癌治療の要!】

2014年06月23日
http://cancer-treatment-with-diet-cure.doorblog.jp/archives/39485425.html

重水素と活性酸素が化学反応を起して結び付くことで、
細胞を破壊する動きを見せるようです。
 
特に重水素は癌細胞と結び付くと結合力が強い分、
薬も効かなくなり、薬に耐性が付きやすくなるそうです。



管理人

上の記事には大変重要なことが書かれていますので、
お時間のある人は、熟読することをお勧めします。

この記事を見てて直ぐにピンと来たのが
トリチウム(三重水素)です。
二重水素(2H)と三重水素(3H)の両方を併せて、
重水素と呼びます。

皆さん、これは実に怖ろしい情報です。
以下の記事を思い出して下さい。


ベクレル換算すると、トリチウムは
セシウム137の100万倍以上、放出しています!

http://ameblo.jp/64152966/entry-12254081516.html

 【放射能警報】
東海地方が3月7日より、
トリチウム汚染地域になります!
 
http://ameblo.jp/64152966/entry-12253198503.html


トリチウムが大量に飛散・・或いは、存在してる
首都圏~関東・東北の人たちは、この一連の情報を
知ったほうがいいと思います。

そして、東海地方までも・・・
岐阜県土岐市の核融合実験の真の狙いは、
東海地方をトリチウム汚染させる
ことが本当の目的ではないかと私は疑っています。
だってそうでしょう。この実験のバックには、
明らかにアメリカの存在がある訳ですから。


この地域の人たちは、
体内の重水素を減らすなんて不可能でしょう。

先ず、水道水が全てアウトです。
農作物や海産物も全てアウト。
トリチウムは、水の中に存在する訳ですから当然でしょう。
飲み水もそうですが、お風呂からの経皮摂取は
かなり大きいと思われます。

この事実を大新聞が一面に記事にしたら・・・
きっと大騒ぎになるに違いありません。 

早い話、「あなたは、いずれガンになります。」・・と
言っているのと何も変わらないのですから。

私は、移住がいかに困難なものかを知っているつもりです。
ですから、この件に関しては慎重にしなければならないと、
常日頃より、気をつけるようにしています。

ただ、もし移住するなら、
かなり汚染度の低い西日本しかないでしょう。
或いは、海に浮かぶ離れ小島のいずれかになるでしょう。

それと、あとは地形がものすごく重要になってきます。
原発は、日本全国にありますが、
移住先の一番近くにある原発からの
影響を最小限に止める山脈を考慮してから
決めたほうがいいと思います。
それ以外ですと、海外移住しか残されていません。


トリチウム 半減期 12.32 年

セシウムのみならず、
トリチウムを摂取し続けている中・・・
ガン・白血病~数々の難病といったものを克服し
快方に向かうのは困難かもしれません。

せめて、こういった知識を持っていて下さい。
何かの時の判断材料になると思います。

明日は・・・我が身なのですから。







お知らせ

6月22日に最新のメルマガを配信しました。
★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地


届いていない読者の方は、私までご連絡下さい。


【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!




夏の思い出







. 女性にとって化粧は大切~しかし、怖い一面も知っておいて下さい。

女性にとって化粧は大切
~ しかし
怖い一面も知っておいて下さい。







バセドウ病 の比率は男性1人に対して女性4人ほど。 
甲状腺の病気全体の男女比は男性1対女性9の割合です。

★圧倒的に女性に多く、発症のピークは
 20~30代であること。

★妊娠中に発症することはほとんどない。

〇生理がないので、毎月の生理痛を抑える
 痛み止めの薬を飲む必要がない。
 
痛み止めの薬は、免疫細胞の一部をダメにします。
膠原病などの女性特有の病気の多くに、
この痛み止め~鎮痛剤が大きく関係しています。
また、ガン・白血病の引き金にもなります。

〇出産と授乳はものすごいデトックスになる。
 なので、30代後半から激減する。


シェーグレン症候群
女性に発症しやすく、
男女比は 1:14 といわれています。
発症のピーク年齢は50歳代 とされています。

シェーグレン症候群は耳鼻咽喉科領域の
代表的な自己免疫疾患であるとされています。
悪性リンパ腫の発生母地と医学論文にも
書かれており、軽視すると大変なことになります。

シェーグレン症候群は、同じ人間でありながら
なんと、女性が男性の14倍だそうです。
しかも、近年、急増しているそうです。

どう考えても、女性の化粧が関係しているとしか
今のところ考えられません。
耳鼻咽喉科領域~というのは、早い話、顔全体の
ことですから。

化粧に加え、シャンプー・リンス・毛染めなどの
化学物質も無論、大いに関係しています。

顔の皮膚は、皮膚呼吸はしていませんが、しかし、
汗腺や皮脂腺から不要なもの,有毒なものが
排泄されています。

ファンデーションなどは、そのような重要な
排泄機能を大きく阻害していると考えられます。
にきびや吹き出物が出るのは、そういった
排泄阻害に起因している部分もあるでしょう。

例えは悪いですが、便秘のような状況を
人為的に作り出しているともいえます。
便秘が万病の元なのは、皆さん、御存知の通りです。
尤も、それに加えてファンデーションそのものの
構成物質も大いに問題があるようです。

以上のようなことで一体何が起こるかというと
顔全体の肌の劣化です~酸化です。
そして、有毒物などの蓄積により
いわゆる免疫力の低下を促進します。

免疫力が低下すると、その周辺に
細菌が徐々に増え始めます。
そういった細菌やカビ菌が悪さするのが
シェーグレン症候群だと私は確信しています。
それ以外には、今のところ考えられません。

少なくとも、自己免疫疾患といったようなものでは
ないと私は考えています。
免疫を抑制するなんて、到底考えられません。
あなたの免疫があなたの細胞を攻撃している
のではなく、細菌やカビ菌の存在がそうさせているのです。

現代の医学は、原因を見ようとしませんから、
こうした間違いを犯してしまうのだと思います。

尤も、バセドウ病やシェーグレン症候群・・・
そして、膠原病といった女性に大変多い病気に
おいても、様々なガン・白血病や悪性リンパ腫に
しても、細菌やカビ菌の存在が、恐らく・・・
意図的に抹殺されている事実があります。

何故、抹殺されているのか?
原因が分からないほうが好き勝手に出来て、
しかも天文学的利益を生むからです。
無論、人口削減が根底にあると私は思います。

皆さん、不思議に思いませんか?
女性が男性の14倍も多く発病するのですよ。
女性特有の原因が必ずあるはずです。
しかし、日本国民が1億3千万人もいるのに、
これを問題として取り上げているのは・・・
ほぼ、私だけなんです。
信じられますか?
これが今、私が一番~驚愕している事実です。

シェーグレン症候群が進行すると
悪性リンパ腫になります。
シェーグレン症候群一帯の細菌やカビ菌が
激増し、血液にのってリンパにいくからでしょう。
悪性リンパ腫っていうのは、つまるところ・・・
血液の病気なのです。
血液の中に、じっと悪い連中が息を潜めて
チャンスを待っているのです。







最後に、女性の化粧についてですが・・・
とても大切なものだとは理解しているつもりです。
ですが、ファンデーションには大いに問題があります。
使わないで済むような工夫を考えたいものです。

更に、化粧品の中には有害物質を含むものも少なくありません。
極力、内容物をきちっと確認するクセを持って下さい。
何が悪いのかは、ここでは詳細に書きませんが
そういったものを判別出来るようになることは、
ガンや難病にならない為には必須です。
その知識を持つことが緊急に求められています。

あなたは、難病やガンになって途方にくれます。
しかし、その原因は日々の生活の中にあります。
今一度、化粧に対して見詰めなおされては如何でしょう。

恐らく・・・
今から、50年後~100年後には
今はやりの化粧はほとんど廃れ、
全く新しいものになっていると思います。



関連記事

ベビーパウダーやファンデーションの使用で卵巣がん!
   ~米で約80億円の損害賠償命令~

https://ameblo.jp/64152966/entry-12299649901.html







お知らせ

6月22日に最新のメルマガを配信しました。
★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地


届いていない読者の方は、私までご連絡下さい。


【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!








. 大阪地震の被災者の皆様に ~ 心よりお見舞い申し上げます。

大阪地震の被災者の皆様に
~ 心よりお見舞い申し上げます。







2018年6月18日17時47分
大阪北部地震3人死亡307人負傷 一時17万戸停電
https://www.asahi.com/articles/ASL6L35C6L6LPTIL01V.html



管理人

先ずもって、大阪地震に被災された皆様に
心よりお見舞い申し上げます。
お亡くなりになられた方は本当にご不運としか
申し上げようがありません。
どうか安らかにお眠り下さい。
合掌。。。
ご遺族の皆様のお気持ちはいかばかりかと
その深い悲しみに対しておかけする言葉も見当たりません。

また、地震の影響で交通網がストップしたり、
様々な苦難に遭われた多くの皆様にも
本当に大変でしたね~と、慰めの言葉をおかけしたいです。


ところで・・・
ちょっと気になることもあります。
不謹慎と言われるのを承知で書き留めておきたいと思います。

ネット上では、今回の大阪地震は人工地震だと
一部で騒ぎになっているようです。
ツイッタ-では、人工地震だと騒いでいる人と
それを攻撃している人に分かれて
ちょっとした騒ぎになっているようです。

この問題については、私はブロガ-ですから
避けて通るのは無責任のそしりを受けてしまいます。
私なりの考えを述べておきたいと思います。

今回の大阪地震は、8割方・・人工地震の臭いがします。
地震波形も人工地震そのものですが、その前に、
状況証拠が真っ黒なのです。

6月18日っていうのは、まさにイルミナティそのものですし、
震度6弱っていうのもそれですね。
M6.1っていうのは、つまり7ですね。
6も7も、イルミナティを代表する2つの柱になる数字です。

皆さん、暗号は解けましたか!?
https://ameblo.jp/64152966/entry-12066606299.html


気象庁発表の地震位置
北緯 34.8度 東経 135.6度
さて、この北緯と東経を足してみてね。
イルミナティそのものを表す数字になるからね。

つまりね・・・皆さん。
私が一番言いたいことは、
こんな偶然が全て出そろうことなんて、
通常、絶対に有り得ないのですよ。
全部~イルミナティの仕業を示す数字ですもんね。

自然地震において、そんな偶然が同時に起こる可能性は
数十万分の1・・・くらいかな。
つまり、通常・・・有り得ないのです。
だから、状況証拠が真っ黒だと言っている訳です。

震源の深さ13キロっていうのもそうですね。
イルミナティ13血流って有名な言葉があるくらいです。
皆さんも聞いたことがあるでしょ。

つまり、全てがそんな感じになっている訳です。
近年、ネットでは震源の深さ10キロっていうと
直ぐに、人工地震が疑われる情況になりました。
なので、13キロにしたのかなと思いました。

私のブログ読者の皆さんは、もうすでにご存じと思いますが、
震源の深さ10キロっていうのは、例えば・・・
深さ500M~1キロ~3キロ~5キロ・・であっても
みんな深さ10キロって発表するのは常識ですから。
ホント、適当なんですから。
気象庁の中堅幹部の話だから事実でしょう。
(但し、ソ-スは人命に関わるので絶対に公開出来ません)

震源の深さ13キロって聞いて、そんな深いところで
人工地震なんて起こせるものかと非難している人がいますが、
正直、無知もはなはだしい。
そんな人と議論すること自体、バカバカしい限りです。

気象庁そのものが、人工地震を起こすイルミナティによって
完全支配されていることは、今や、我々の常識です。
だから、あんな風に地震関連情報の中で
イルミナティの数字ばかりを好き勝手に並べられる訳です。

もう長年の調査から、その証拠が無数に出てきているのに、
何も知らない人があまりにも多すぎます。
情報弱者になってはいけませんね。







さて、その次はいよいよ 地震波形 です。

本物黒酒  @honest_kuroki さんのサイトより引用
https://twitter.com/honest_kuroki













管理人

どう判断するかは皆さんでご自由にどうぞ。
大阪に起こったものが人工地震であると仮定するなら、
その目的については定かではありません。
あまり適当なことを言わないほうがいいですが、
今回の大阪地震は結構小さなものです。
個人的には、地層~地盤調査目的のような気がしてなりません。
どこがどのようになっているかを知ることは、
本番の大型人工地震を決行する際には必須ですから。

大阪近辺の断層なんて関係ないでしょ。
まして、南海トラフなんてのも全然関係なし。
その断層に起因したと思わせる近い地点に
人工地震を仕掛けるのですから。
断層は過去の遺物であって、地震の要因とは
ならないことは、今や、多くの人が知る事実です。
長年に渡る洗脳のなんと恐ろしいことか・・・




人工地震津波兵器は国際政治軍事上の常識!
     浜田復興担当政務官






お知らせ

6月12日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!


届いていない読者の方は、私までご連絡下さい。



【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!












. 東日本で体調の優れない人は~内部被ばく検査センターで検査してみませんか?

東日本で体調の優れない人は
~内部被ばく検査センターで
検査してみませんか?






被爆による健康被害まとめ
(めまい、嘔吐、下痢、鼻血、口内炎、喉の痛みなど)
https://blog.goo.ne.jp/jpnx02/e/293aeae83dc5ec866351f124c082e34b


米国のスリーマイル原発事故~より
https://blogs.yahoo.co.jp/x_csv/20383501.html

e)「鼻血,下痢,吐き気,赤い発疹などは大量被曝の症状」

イ) 1979年3月28日の事故発生後,
州知事から避難命令がでる以前に
8km圏内の5%から6%の住民が自主避難した。
2日後の3月30日,当時のソーンバーグ知事 (Thornburgh) は,
8km圏内にいる子どもと妊婦に避難命令を出し,
約14万人の人達が避難をした。

ロ) 事故の1週間後,カルディコット医師は,
ペンシルバニアのハリスバーグ(スリーマイル原発から一番近い都市)
にいき,避難してきた人たちに講演をしたり質問を受けたりしていた。
そこで,避難してきた人たちがみせていた体調の状態は,
チェルノブイリ事故10年後にプリペットという町の住民が
訴えていた症状ととてもよく似ていた。

ハ) これらの症状は,めまい,嘔吐,下痢,鼻血,
口のなかに金属の味,脱毛,皮膚の赤い発疹で,
これは典型的な急性放射線障害の兆候である。

---(略)---
↑転載おわり
--------------------------------------------


2017.01.19.
【実録】
3.11以降、日本人全員が内部被ばくしている!
検査を受けてわかった衝撃的事実

http://tocana.jp/2017/01/post_12058_entry.html


【我孫子内部被ばく検査センター】
住所: 〒270-1166 千葉県我孫子市我孫子1丁目6-1
TEL: 047-128-4556 担当:新納(にいろ)
受付: 毎日10:00~19:00 ※予約は必須(下記ウェブサイトから)
検査料金: 大人5,000円 18歳未満と妊婦3,000円
※千葉県柏市・我孫子市・印西市・白井市の住民は
3,000円の助成を受けられ、18歳未満と妊婦は実質無料になる。
Webサイト: http://kensa489.com/
Facebookページ: 
https://www.facebook.com/AbikoNaibuHibakuKensa/




管理人

首都圏をはじめとした東日本では、今や
放射能や内部被ばくのことは忘れ去られています。
生きていく上で、都合が悪いから無かったことにしたい。
頭の中から消し去ったのでしょう。

ここ最近では、急性被爆よりも慢性被爆症状を
気にしなければいけない段階になっています。
しかし、急性であろうが慢性であろうが、被爆症状としては
基本的には同じようなものらしいです。

ただ、慢性被爆はガン・白血病を招いてしまう恐れが
高いので、特に注意が必要です。
一度、検査することをお勧めしておきます。


内部被爆を簡単に説明しますと、
身体内部の細胞や臓器が、常時~太陽の紫外線に
さらされている事と同じだということらしいです。

つまり、急速に酸化を促進する訳ですね。
その箇所が酸化し酸性化傾向が強くなっていく訳です。

そうなりますと、普段はおとなしい常在菌や微生物が
大いに活性化し、やがて大暴れするようになります。

ここで大事な要点を書いておきます。




細胞は日々、戦っています。
一細胞単位の中では、数百ものミトコンドリアが
化学物質や細菌、カビ菌などの外敵と戦いながら
必死になって細胞と核を護っています。

普通の一般の人は、その事実さえも知りません。
ミトコンドリアの発する悲痛な声が聞こえませんか?
ミトコンドリアが白旗を上げるとどうなるのか?
まさに、最後の防衛線です。

ここ最近、はっきりしたことは、
病魔の原因がほぼ明らかになって来たことです。
体内に入る化学物質の影響も大変大きいですが、
身体の酸化~酸性化により、悪玉菌の増殖と凶暴化が
どんどん進行し病魔におかされる事態に発展する事です。

例えば、普段はおとなしい大腸菌にしても
突然、変異し暴れ始めます。
つまり、真犯人は様々な微生物の可能性が一番高い。
しかし、その真犯人を育てたのは体内環境の悪化です。
どんどん身体の酸性化が進み、酸化も進んでいく体内環境。
体内環境と微生物・細菌・・・
この二つは確実につながっています。
多くの病気の根幹をなすものに違いありません。

つまり、放射能は身体の酸性化に大いに寄与しますから、
それと共に、細菌やカビ菌などの微生物が大増殖し
更に、凶暴化し大暴れするようになるのです。

ウィルスやカビ菌がガンと深く関わっているのは
今や常識です。
以下の記事には、そのエビデンスとしての内容が
誰も否定しようのない100%の証拠として
しっかりと確認出来ると思います。


世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

https://ameblo.jp/64152966/entry-12171166003.html

HeLa細胞は、ヒトパピローマウイルス(HPV)という
子宮頚癌の原因ウイルスに感染して、そのウイルス遺伝子が
HeLa細胞の中に組み込まれてしまっていたのだ
という事が後の研究でわかってきました。
 


つまりね・・・皆さん。
ガン細胞は大変恐ろしいものに違いありませんが、
しかし、ガン細胞そのものが真犯人ではありません。
体内環境の悪化にともなう悪玉菌の増殖と凶暴化が
その真相です。

しかし、ガンの原因となっているウィルスやカビ菌を
やっつけようとしても無理な相談です。
必ず耐性のものが生まれるからです。

そこで、皆さんに重要なヒントを教えます。

以下 ↓

海外の記事の中ですごく気になる箇所を見つけました。

微生物は、酸性化が進むにつれ進化するとあります。
つまり・・・
ウィルス ⇒ 細菌 ⇒ 真菌および酵母

驚くべきは、このように幾つも形を変えたにしても
同じ生物だと書かれているのです。
むむむむむ・・・


私も過去のメルマガで似たようなことを書いています。

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、
あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】


<一部引用>

●現代医学は大きな嘘に基づいている

  ───────────────────────────
   
この嘘は少なくとも150年前に遡る。
ルイ・パスツールが死の床にあった、
1895年あたりまで歴史を遡ってみよう。

彼の死に立ち会った人々は、
パスツールの最後の言葉を詳しく語った。

「私の細菌理論は間違っていた。
細菌を取り巻く環境が病気を左右するのだ」と。
   
もし巨大な権力を持つものがこの嘘を利用して
巨万の富を築く可能性を見いださなければ、
このとき世界観がかわっていたかもしれない。

現実には製薬産業の医療に対する強い締め付けに
よって、この嘘は現在に至るまで膨らみ続けた。
それはすべてルイ・パスツールと
アントワーヌ・ベシャンから始まった。

一方は有名で称賛を浴びた偽物、他方は変わり者扱いされた、
真実を追求する科学者であった。
彼らの周りに起こった論争は医学者を
2つの陣営に分割することになった。
   
一つは monomorphistsであり、
他方はpleomorphists (多形態性)である。

Pleomorphism は1800年代初頭に発見された概念である。
多形性の微生物は形を変える(多形、変形)微生物のことである。

ウイルスは細菌、そして菌類へと形状を変え、
またその逆にも戻る。
すべての細菌は形を変える。

病院の研究室などで、条件を全く変えずに微生物を
培養した場合、その微生物の形状は変わらないが、
例えば
成長を媒介する pH などを変えた場合、
細菌は別のもの、別の微生物に変化する。
      

    http://bit.ly/1KbZcf6


ウイルス ⇒ 細菌 ⇒ 菌類

菌類 ⇒ 細菌 ⇒ ウイルス

pH などを変えた場合、細菌は別のもの、別の微生物に変化する。

ムムムムム・・・
pH が、酸性方向にどんどん傾くと・・ガンになりやすい。
ガン細胞が好むと言われています。

<引用終わり>
───────────────────────────



管理人

最後に・・・
何が言いたいかお分かりでしょうか?

細胞のガン化というのは、あくまでも一細胞単位のガン化
であって、それが無秩序に縦に横に無限に拡がっていく
ことなど生理学的に到底あり得ないことなのです。

悪性ガンとして増殖させているのは
ウィルスやカビ菌の変異種。
これらが取り付いているのが悪性ガンの正体だとすると
血液や体液を弱アルカリにすることで
彼らを変異~弱体化することが出来る可能性について
我々は気づくべきなのです。

イタリアのシモンチ-ニ医学博士は、
まさにこれをガン治療の現場で実践している訳です。
そして、非常にたくさんのガン患者さんの治療に
弱アルカリの重曹を使って成功しています。
尤も、それが理由でガン利権巨大医療マフィアの連中に
よって3年間も監獄にぶちこまれてしまいましたが・・・。

ガン細胞は、体内環境悪化による現象に過ぎません。
真犯人は別にいることに気づかなければ、
真のガン治療には決して近づけないと思うのですが
皆さんは、いかが思われるでしょうか?






お知らせ

6月12日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!


届いていない読者の方は、私までご連絡下さい。



【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!











. 自己免疫疾患の原因はよく分かっていないと多くの医学書に書かれている!

自己免疫疾患の原因は
よく分かっていないと
多くの医学書に書かれている!







始めに

6月12日に最新のメルマガを配信しました。

メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!


届いていない読者の方は直ぐにご連絡下さい。

-----------------------------------------------


6月11日に過去記事を再アップしました。

決してガンにならない動物の秘密!? 

今日の記事はその続編みたいなものになります。
「ハダカデバネズミ」が、ガンにならない理由
・・・っていうのは、細胞を覆っている
ヒアルロン酸にその秘密があることを
知って欲しかったからです。

人間の5倍の密度のある高分子ヒアルロン酸を
持っているこのネズミは決してガンにならないそうです。
しかし、このネズミの高分子ヒアルロン酸に分解酵素を
加えると、人間と同じ様にガンになることが分りました。

はて、何故なのでしょうか?
一番考えられるのは、ヒアルロン酸が高分子で
かように密度が高いと様々な細菌・・・つまり、
微生物が簡単に細胞に近づけないからだと思われます。

そうすると・・・
細菌などの微生物が、実はガン発症と深く関係している
といった証拠になりはしませんか?
そのように考えるしかありません。
しかし、現代医学ではこの事実が秘密にされています。

ガン発症だけではありません。
自己免疫疾患とも大きな関係がありそうです。

大変怖ろしいことですが・・・
多くの細菌は、ヒアルロン酸分解酵素を出すのです。
ヒアルロニダーゼ・・・という酵素です。

このヒアルロニダーゼを出すことによって、
細菌が細胞に近づくことが容易となります。
ヒアルロン酸を分解した後は・・・
そうですね、
次は⇒当然~細胞本体への侵入を図ります。

一方、細胞には防衛軍として数百ものミトコンドリアが
待ち受けています。
こういった細菌などの外敵を「活性酸素」を出して
駆逐しようとします。
しかし、その外敵があまりにも多いと・・・
「活性酸素」の量も大きなものになってしまいます。

そうすると、何が起こるでしょうか?
そうですね、自己の細胞そのものが傷ついてしまいます。
あたかも、自己の細胞を攻撃しているような結果と
なってしまいますね。

現代医学においては、そのような現象を
自己免疫疾患~と命名しています。
あなたの免疫に問題があるのだと・・・
だから、免疫抑制剤を使いましょうと。

免疫抑制剤・・・ですか?
細菌やカビ菌などの大軍が押し寄せているのに
免疫を抑制して一体どうしようというのでしょうか?

ミトコンドリアを弱らせて働かないようにする?
白血球やナチュラルキラー細胞を眠らせる?
一時的には、楽になったような錯覚を覚えますが
その先・・・一体どうなるというのでしょうか?

う~ん・・・・・って考えてしまいます。
あなたの免疫が問題なのですか?
私には違うように思えてなりません。
問題は他にあるでしょうに。

実はね、皆さん。
自己免疫疾患の原因については
本当のところについては、
よく分かっていないと
多くの医学書に書かれているのですよ。

実際の話、原因がよく分からない症状については、
お医者さんは、自己免疫疾患と診断すれば
非常に都合がいいことは理解出来ます。
あなたに問題がありますと・・・
それで、免疫抑制剤を使いましょうと。
お金にもなるし、全てがまるく収まります。
チャンチャン・・・ってことでしょうかね。

今回の最新のメルマガではそんな事を
記事に書きました。
そもそも、あなたの免疫を抑制するなんて
有り得ないでしょう。
それで良いことなんて何も無いと確信しています。
問題は、別のところにある訳ですから。

現代医学の最大の問題点は・・・
本当の原因を追究しない点にあります。

西洋医療は、
「原因を見てはいけない」
と言いきっている。

https://ameblo.jp/64152966/entry-12377558636.html

原因が分からへんのに
どうして治療なんか出来るんでしょう?

最後に申し上げます。
私が言っていることが、正しいとか間違っているといった
議論をするのではなく、あなたが本気で調べて下さい。
あなたが真剣に考えてみて下さい。
そうすれば、自ずと答えが出てくるはずです。

何も考えない人・・・
洗脳に身をまかせている人・・・
そういった人に待ち受けているのは悲劇だけです。
それで、どうやってあなたの大切な家族を護れるのですか?







【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!



森田童子 僕たちの失敗
TBS系テレビドラマ「高校教師」主題歌。








. 決してガンにならない動物の秘密!?

決してガンにならない動物の秘密!?






2013年6月26日
「ハダカデバネズミ」が、ガンにならない理由
https://wired.jp/2013/06/26/cancer-immunity-of-strange-underground-rat-revealed/

~ 一部転載 ~

ガンの研究者から見るとマウスとハダカデバネズミは、
それぞれガンという病気の両極端にある。
マウスはガンの動物モデルとして使われるが、
それは寿命が短くガンの発生率が高いからだ。
ガン発生のメカニズムの研究や、ガンに効く薬のテストにこの特徴が役立つ。

一方、ハダカデバネズミは長年の研究においてガンが発生したことがない。
研究では通常、ガンを誘発するためにガンマ線を打ち込んだり、
腫瘍を移植したり、発ガン物質を注射したりするのだが、
ハダカデバネズミはガンにならないのだ。

米ロチェスター大学のヴェラ・ゴルブノヴァとアンドレイ・セルアノヴは、
ハダカデバネズミがガンから身を守るメカニズムを発見したのではないかと考えている。

ふたりはハダカデバネズミの腋窩と肺から採った細胞を研究していて、
細胞の周辺に化学物質が異常に密集していることを発見した。
その化学物質はヒアルロン酸(ヒアルロナン)だとわかった。

ヒアルロン酸はすべての動物に見られる化学物質であり、細胞の結合が主な役割だ。
ヒアルロン酸は力学的な強さを与えるだけでなく、
細胞の数が増える際の制御にも関係している。

ガンでは細胞の無秩序な増加が見られるため、
ヒアルロン酸は悪性腫瘍の発達に関係していると考えられていた
(たとえば悪性胸膜中皮腫の腫瘍マーカーであり、
胸水でのヒアルロン酸の検出は胸膜中皮腫を示唆する)。
しかしゴルブノヴァ氏によると、ヒアルロン酸の量と密度といった
さまざまな側面が、細胞の増殖を調整している可能性がある。

重合体であるヒアルロン酸は、ひとつの鎖に含まれるヒアルロン酸分子の数が
大きくなるほど密度が高くなる。
ヒアルロン酸の分子量が大きいと、細胞は数が増えないよう「命じられる」。
分子量が小さいと、細胞は増殖するよう「依頼」される。
ハダカデバネズミは、ヒアルロン酸の分子量が普通よりも大きく、
マウスや人間の5倍もあることをゴルブノヴァ氏は発見した。

ゴルブノヴァ氏はヒアルロン酸を分解する酵素の量を増やして、
ヒアルロン酸の分子量を減少させてみた。
するとすぐにハダカデバネズミの細胞がガンになったマウスの細胞と同じように、
大きなガンの塊へと増殖を始めるのが観察された。

さらにゴルブノヴァ氏はこの仮説をテストする別の実験において、
ヒアルロン酸を生成するようコード化された遺伝子を破壊することで、
ヒアルロン酸を減少させるという方法を使った。
そのうえでガンを抑えるのではなく発生させるウイルスを注射すると、
ハダカデバネズミの細胞が癌性になった。

ゴルブノヴァ氏は、ハダカデバネズミはヒアルロン酸の密度が高いことで、
皮膚の弾力性が増しているのではないかと考えている。
そのためハダカデバネズミは、地下の小さなトンネルで暮らすことができるわけだ。
その特徴が図らずも、ガンを防ぐという新しい役割を得たのかもしれない。




2011年07月13日
普通のネズミの約10倍の寿命を持つガンにならない「ハダカデバネズミ」
http://karapaia.com/archives/52025304.html

~ 一部転載 ~

ハダカデバネズミの細胞には、短命な通常のマウスと同様に、自由に動き回り、
細胞を傷つける性質を持ったフリーラジカルが多量に存在する。
しかしマウスと違って――というより、人間をはじめ、酸化変質のダメージを
受けているとみられる他のすべての生物種と違って――、
ハダカデバネズミは酸化と共存する術を身に付けているらしい。
実験用マウスとハダカデバネズミを比較したところ、
両者のシステムには大きな違いがあることが分かった。
ハダカデバネズミのタンパク質は、傷ついてもなお活動している。
損傷を受けても機能は保持されるのだ。

また、ハダカデバネズミはガンに対して高い耐性を示し、
ハダカデバネズミにガンが発見されたことはない。
このメカニズムは、一定のサイズに達した細胞群に新たな細胞を増殖させない
「過密」遺伝子として知られているp16という遺伝子が、
がんを防いでいるものである。

ハダカデバネズミも含めたほとんどの哺乳類は、P16が活動するよりも
かなり遅れた時期に活動する細胞の再生を阻害するp27と呼ばれる遺伝子を持っている。
ハダカデバネズミにおいては、p16とp27の共同作用が、
がん細胞の形成の阻害としての二重防壁を形成していると言われている。



関連記事

第144回 ハダカデバネズミが癌にならないわけ
http://www.geocities.jp/reborn_i131/skikou144.html


----------------------------------------------



ヒアルロン酸~ウィキペディアより

生体内では、関節、硝子体、皮膚、脳など広く生体内の
細胞外マトリックスに見られる。
とりわけ関節軟骨では、アグリカン、リンクタンパク質と非共有結合し、
超高分子複合体を作って、軟骨の機能維持に極めて重要な役割をしている。
ある種の細菌も同様な構造を持つ糖鎖を合成している。

ヒアルロン酸は、悪性胸膜中皮腫の腫瘍マーカーであり、
胸水でのヒアルロン酸の検出はこれを示唆する。
早老症において尿中ヒアルロン酸濃度が高くなる。
肝硬変では血清中のヒアルロン酸濃度が上昇する。


経口摂取

人体の水分維持に貢献しているヒアルロン酸だが、それを補うとして、
健康食品・サプリメントとしてヒアルロン酸の経口摂取を謳った商品
(いわゆる「飲むヒアルロン酸」)が存在する。
変形性膝関節症に対するヒアルロン酸の経口摂取によるヒトでの有効性については、
『飲むヒアルロン酸』が宣伝されているが、効果不十分のため特定保健用食品にも
認定されていない。

ヒアルロン酸は飲んでも分解されて全身に散らばり、
関節液に有効量移行する量を飲むことは実際に不可能であり、
医学的に効果を証明されていない。

経口摂取による皮膚の水分量増加が報告されている。
また、腸管のTLR4受容体に結合することで、
自己免疫疾患を抑制する可能性が示唆されている。


~ 引用終わり ~


肌に吸収できる「分子量」は、どれぐらい?
https://ameblo.jp/atopiclass/entry-11181399640.html

分子量が大きくなれば、分子のサイズも大きくなる、という感じです。

肌に吸収されるには、この皮膚バリアを通過しないといけないわけですが。
分子のサイズ。
つまり、分子量が小さくないと、なかなかこのバリアを通過できません。
で、気になるのは「どれぐらいの分子量なら通過できるのか?」ということです。

皮膚を通過できる分子量は、おそらく「500以下」だろうといわれています 。

ヒアルロン酸の分子量は、「100万以上」だといわれています。


----------------------------------------------




ヒアルロン酸はすべての動物に見られる化学物質であり、細胞の結合が主な役割だ。
ヒアルロン酸は力学的な強さを与えるだけでなく、
細胞の数が増える際の制御にも関係している。


重合体であるヒアルロン酸は、ひとつの鎖に含まれるヒアルロン酸分子の数が
大きくなるほど密度が高くなる。


A: ヒアルロン酸の分子量が大きいと、
細胞は数が増えないよう「命じられる」
分子量が小さいと、細胞は増殖するよう「依頼」される。
 



B: ヒアルロン酸を分解する酵素の量を増やして、
ヒアルロン酸の分子量を減少 させてみた。
するとすぐにハダカデバネズミの細胞がガンになったマウスの細胞と同じように、
大きなガンの塊へと増殖 を始めるのが観察された。




管理人

A も B も大変重要な情報です。

ヒアルロン酸の分子量が大きいとガンにならない可能性を意味します。

また、B の意味するところは・・・

ある酵素によってヒアルロン酸の分子量を減少させれば、
限りなくガン発症の危険性を高めることが可能となります。

ここのある酵素とは何でしょうか?
一度、調べて見る必要があります。

更に・・・

ヒアルロン酸の分子量を減少させれるのであれば、
ヒアルロン酸の分子量を大きく出来る可能性もある事になります。

恐らく、既に研究されている可能性があります。

ヒアルロン酸は、口から飲んでも皮膚からも吸収されません。
人や動物の生体内ヒアルロン酸は、個々の体内で合成されます。

ハダカデバネズミは、何故、高分子ヒアルロン酸を獲得出来たのか???

ハダカデバネズミは、生涯を土の中で生息します。
土は、バクテリア、カビ菌、ウィルスの宝庫です。

もし、この中のどれかに攻撃されたら、集団生活をしている
ハダカデバネズミは、集団感染して全滅してしまいます。
そして、その種は絶滅していたに違いありません。

絶滅しない為の防衛免疫機能が体内で出来上がった。
だから、何万年以上にも渡って、「種の保存」が可能と成り得たのです。

高分子ヒアルロン酸というのは、その「種の保存」に必須だったのでしょう。

皆さんに、ある 怖ろしい秘密 を教えます。

実は、カビ菌のカンジダが増えて活性化してくると・・・
腫瘍発生・成長を促進する因子を分泌します。
つまり、ガンですね。
しかも・・・
カンジダ菌自身が 免疫細胞の模倣 までやってのけるのです。

カンジダへの耐性を持たなければ、ハダカデバネズミは・・・
決して、「種の保存」が出来なかった。

その結果・・・

ヒアルロン酸の分子量が大きいと、
細胞は数が増えないよう「命じられる」


これは、あくまでも一例に過ぎません。
ハダカデバネズミは、恐らく、もっとはるかに多くの種類の
優れた耐性を持っているに違いありません。


人間がヒアルロン酸の分子量を大きくする方法について、
一度、徹底的に調べてみようと思います。

ヒアルロン酸の分子量を減少させるものについても
必ず知っておく必要があると考えます。



人も多くの耐性を持っている訳ですが、
「痛み止め」で免疫機能を劣化させ、
農薬や食品添加物などの影響で細胞が攻撃され、
放射能でトドメを刺されるといった構図が出来上がっています。

私は、これら・・日本人に対する攻撃は、
組織的~意図的に行われていると考えています。

3リットルのサイダーだったか・・・
砂糖使用のものが290円。
アスパルテ-ム使用のものが190円。

同じ容量の容器のもので、100円も違うなんて
絶対におかしいと思わなければいけません。
アスパルテ-ムをどんどん飲んで欲しいとの意図が丸見えです。


アリを駆除する殺虫剤をゴクゴク飲み、
ゴキブリや鼠も近づかないマーガリンを
バカスカ食う日本国民。

https://ameblo.jp/64152966/entry-12247891576.html








お知らせ

9月10日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第55号
スキルス性〜胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



★メルマガ第1号~ガンの本質と生還
★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】
★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】
★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」
★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』
★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』


★メルマガ第6号『白血病について』
         〇生還の為に知っておくべきこと!
        〇『白血病について』~重要資料
★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足
★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』
★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』


★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』
★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者
★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ15号 決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?
★メルマガ第16号 東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光


★メルマガ第17号 勇気を失うことはすべてを失うことである。
★メルマガ第18号 がん細胞のボディーガードを光で死滅させる画期的技術を世界に発表!
★メルマガ第19号 高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!
★メルマガ第20号 もしもの危機の時の準備を!
 〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。
★メルマガ第21号 家のローンの変動金利があなたを破産させます!
★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器 機械から、マイナスの電子を
体内に注入出来れば、結果としてマイナスイオンが体内で発生します。
★メルマガ第23号 『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』
★メルマガ第25号 『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』
★メルマガ第26号 『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』
★メルマガ第27号 『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】
★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』
★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】
★メルマガ第30号 『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』
★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!
★メルマガ第32号『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』
★メルマガ第33号 『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
 〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!
★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】
★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!
★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!
★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!
★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!
★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』
★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!
★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?
★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!
★メルマガ第46号
我々は、40万人のガン患者を救える治療法を見つけることが出来るだろうか!?
★メルマガ第47号 【高濃度ビタミンC点滴療法の真実】
★メルマガ第48号 何故〜甲状腺ガンが全国で増えているのか!?
★メルマガ第49号
女性ガン死亡者数第1位(男性第3位)は〜『大腸ガン!』〜その予防法
★メルマガ第50号
癌細胞は、体内の重水素(トリチウム)と活性酸素に起因して大増殖する!
★メルマガ第51号
決して誰も書かない川島なお美さんの死の真相とは!?


★メルマガ第52号
活性酸素を大量発生させガンを発症させる最大の真犯人はリッキーガット症候群!
★メルマガ第53号 奇跡の野菜〜マルンガイ〜と石垣島!
★メルマガ第54号 三島由紀夫の最後の遺言










. 女性の死因第一位 ~「大腸ガン」

女性の死因第一位
~「大腸ガン」








女性の死因第一位「大腸ガン」って知ってましたか? 
リンク

がんは昭和56年から日本人の死因で第一位となり
国民病として知られています。

中でも大腸がんは増加の一途をたどっており、
男性の死因第三位、女性の死因ではなんと第一位になっています。
昭和40年からの統計を見ると約6.2倍の人が亡くなられています。

元々、日本人のがんの一位はずっと胃がんで、
逆に欧米諸国では大腸がんが多いと言われてきました。
やはり、大腸がんが増えている大きな理由として
食生活の欧米化が考えられます。
農林水産省によると日本人の食生活でもっとも変化したのは
肉類の消費量で、この40年間に10倍に増えたといわれています。
穀物や野菜、魚中心の伝統的な食事から、肉食へと変わった
食生活の欧米化が私たちの腸内環境を変えてしまった結果、
大腸がんが増加してしまいました。


一番病気が多い大腸

大腸がんに限らず、大腸は一番病気の種類が
多い場所といわれています。

現代人の病気の原因の多くは腸内環境にあります。
食生活だけに限らず、生活環境の変化、ストレス、
年齢などの影響により絶えず腸内環境は変わっています。
腸内には個人差はありますが
100種類以上100兆個もの細菌が生息しています。
その腸内細菌のバランスが崩れると便秘や感染症、
大腸がんや過敏性腸症候群、潰瘍性大腸炎など様々な原因となります。

農学博士の辨野 義己さんの著書によると

今、実年齢が20歳でも、腸年齢は50歳というひとが増えている。
腸は善玉菌が多いほど健康で若々しい。
それはまるで、つやがよく、ハリのある肌のようだ。
けれども、高脂肪・高たんぱく質の食事や精神的ストレス、
運動不足、便秘が続くと悪玉菌が増加する。
増えた悪玉菌からは、有害物質が作り出され、
毛細血管から吸収されて、全身にいきわたる。
働きが鈍りさびついた大腸、「腸サビ」の現象だ。

と書かれています。
皆さんの腸年齢はおいくつですか?


あなたの腸内は腐敗してませんか?

女性の48%は便秘に悩んでいるというデータがあります。
そういう女性は特に「疲れた」「ダルい」「風邪を引きやすい」
などという症状がありませんか?

それは腸内のバランスが悪化している初期症状です。

腸内の大腸菌やウェルシュ菌が増加した腸内バランスの悪化は
腸内を腐敗させ重大な病気の原因にもなります。

想像してください。
便秘の時の腸内は温度37~38度の腸内で便が溜まっている状態です。
ビフィズス菌の世界的権威の光岡知足先生に言わせると

炎天下に生ゴミを放置しているのと同じ

状態になっています。
放置された生ゴミは腸内の悪い細菌によって腐敗し、
有毒ガスや有害物質を発生させるのです。
おなかが痛くなったり、張ったりするのは当然です。

こうして腸内に発生した有毒物質は、
免疫器官である腸内自体に直接悪影響を及ぼし、
一部は腸管から血液中に吸収されて全身に運ばれ、
各臓器や器官に悪影響を及ぼします。

大腸がんの部位別の発生率を見ると、
便秘の影響ではないのかと思わざるを得ないデータもあります。





現代人の食生活には乳酸菌が必要

食生活の欧米化により、動物性脂肪の摂取量が増え、
食物繊維の摂取量が減少しています。
動物性脂肪の多量摂取は腸内の悪玉菌を増加させる原因となります。

悪玉菌は腸内を腐敗させる菌です。
悪玉菌が増える原因は他にもストレス、運動不足、
極端なダイエットによる食生活などがあげられます。

だからこそ、現代の私たちには人体に有益な乳酸菌(善玉菌)
を増やさなければならないのです


<転載終わり>
-----------------------------------------------------------


管理人

以上の記事には大変参考になることが書かれています。
というわけで、記事に採用させてもらいました。

ただ、記事に書かれていることがその全てではなく、
他にもたくさん大事なことがあります。

女性はスカ-トですね。
下半身を冷やします。
下半身部分の機能低下から免疫低下に到ります。
便秘から大腸ガンになりやすい環境下にある訳です。

それから、皆さんが知らないことを書いておきます。
女性は、甘いスイ-ツが大好き。
今日のお昼に喫茶店に入ったのですが、
4人の若い女の子が、みんな甘いスイ-ツを食べていました。
プリンアラモ-ドとかフル―ツパフェ・・とかですね。





多量の砂糖が良くないことは知っておられると思いますが、
実は、生クリ-ムが大変曲者です。
生クリ-ムには、ガンの原因となる多くの種類のカビ菌が
たくさん存在しています。
アイスクリ-ムもそうです。
同時に、カビ毒も含んでいます。
知っていました?

これらは、小腸や大腸において・・・
悪玉菌として大活躍します。
乳酸菌だけを摂れば良いというのは間違いです。
それ以前に、悪玉菌をバンバン体内に入れていては
悪玉菌が圧倒的に優勢になってしまいます。

ちなみに・・・

ソーセージ、ベーコン、サラミおよびハムを含む豚肉には、
多くの癌に関連する真菌が含まれています。
牛肉、子羊、鶏肉 、 七面鳥には
さまざまな真菌類が含まれています。

ピーナッツとカシューナッツには
25種類以上の真菌類が含まれています。
ミルク、チーズ、ヨーグルト、コテージチーズ、
アイスクリーム、バターなどの乳製品には
真菌が含まれています。

卵、大麦、トウモロコシ、貯蔵された穀物および穀物、
および保存されたジャガイモは真菌が完全に定着している。
アルコールには真菌が含まれています。
タバコには酵母が含まれています。
ビール酵母やパンのような形の酵母は食べてはならない。


皆さん、思いだして下さい。
抗生物質や抗がん剤、ピルや西洋のお薬ばかりを
飲んでいると、以下のようなことになります。
これは、まさにガンの前期現象そのものです。






お知らせ

5月31日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第82号
白血病の子供を世話していた
看護士が白血病になった真相!


届いていない読者の人は、すぐにご連絡ください。



【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!










. 白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

白血病の子供を世話していた
看護士が白血病になった真相!








始めに

4月22日から行ったメルマガの特別イベントですが、
おかげを持ちまして、たくさんの方からお申込みを
いただきました。
有り難う御座いました。 感謝。 m(_ _ )m

メルマガからの
特別イベントのお知らせ!

https://ameblo.jp/64152966/entry-12370228534.html

お申込みをいただいて、まだお振込みをされて
おられない方も一部におられるみたいです。
イベントの権利が得られる期限を
一応の区切りとして、6月6日中までとします。
6月6日が私の誕生日なものですから。(笑)

お申込みをいただいた方の個人情報は
大変重要であり、絶対秘密にしなければなりません。
その為、お申込みをいただいた方のメールを
一斉に全て削除させていただきます。
その日が6月6日の夜になります。

なので、お申込みをいただいた方の最終お振込み期限を
6月6日にさせていただいたという次第です。
お忘れになっている方は今の内に済ませてください。


5月31日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第82号
白血病の子供を世話していた
看護士が白血病になった真相!



その中から、ごく一部をご紹介致します。


なぜ血液の病気なのに「白」がつくの?

19世紀後半に白血病が発見されたとき、
治療法が無かったので、患者さんの白血病細胞は
無尽蔵に増えていきました。
白血病細胞が増えると、実際に血液が白くなります。
このことから「白血病」と命名されました。

何故、白くなるのか?
皆さんは、既にご存知のはずです。


抗生物質や痛み止めの乱用で
胃や小腸がボロボロ
~ 結果、小腸でカンジダが大繁殖!

https://ameblo.jp/64152966/entry-12342592175.html





ネッ・・・皆さん、理解出来ましたか?
簡単でしょ。

★メルマガ第82号では、海外の有名な医学論文を
幾つかリンクして引用しました。
皆さんには、その中の一つをご紹介します。

がんは伝染性ですか?

<一部のみ引用します>

David Holland著

私は最近、大人の白血病と診断された看護師と話しました。
彼女は医師が処方した化学療法レジメンに耐え、
その間に二次的な真菌感染に苦しんだ。
抗真菌治療の強度および期間は、
化学療法の強度および期間と匹敵した。
とにかく、彼女は両方の苦しみから回復し、仕事に戻った。

後で、肝生検を含む別の後処理の結果、
彼女が持っていたいくつかの復帰症状に対して、
悪いニュースが再び育った。
「あなたの白血病は戻ってきました」
彼女の腫瘍医は彼女に言いました。
そして、彼女は次の化学療法薬のラインを取りに行きました。

彼女の癌が戻った今、彼女の死の可能性がはるかに
高かったことを考えると、彼女は彼女の次の
ラウンドの化学療法に進む前に生検について
第二意見を得ることにしました。
彼女は組織標本を別の病院に持ってきて、
彼女には本当に素晴らしいと言われた
:「あなたは白血病を持っていません」と
病理学者は指摘しています。

彼女の医師が想像したシナリオは、彼女の以前の
真菌感染が戻ってきたということでした。
しかし、この看護師のために、
より多くの疑問が提起されました。
「今度は白血病として私の真菌感染症を診断すれば、
最初は間違っている可能性がありますか?
白血病は実際には真菌感染であり、
私のいわゆる「二次的」真菌でした感染症は、
もともと白血病のように見えるかもしれないものが
本当に完全に現れていたのでしょうか?

もちろん、彼女はこれらの疑問に対する答えを
得ることは決してありません。
これらの疑問を完全に調査することは、
最初の腫瘍医または病理学者の診断上の誤りを
意味するかもしれません。

それにもかかわらず、6カ月後の激しい病院で、
高用量の強力な抗真菌薬が最終的に
真菌感染症の治癒を達成しました。
今日、彼女は再び仕事に戻り、
彼女の患者に思いやりを感じています。

彼女の職業は、過去2年間に彼女が苦しんできたことに
非常によく関連するかもしれないから、
彼女がどこで働いているか教えてくれたとき、
私は本当に私を殴った。
彼女は骨髄移植センターで働いており、
毎日、白血病の子供と接触していることが判明しています。

今、彼女が白血病のような重大なものを
「獲得」するという考えは、ほとんどの人にとっては
不本意なものになります。
しかし、私たちの頭を傷つけ、これについて疑問を
呈する誘惑は耐え難いことです。
彼女が実際に白癬ではなく
真菌感染症を経験したのはどうでしょうか?
もしそうなら、彼女は彼女の貴重な小さな患者から
これを「キャッチ」しましたか?

真菌感染症は非常に伝染性が高いだけでなく、
白血病にもつながります。
腫瘍専門医はすべてこれを知っています。
そして、これらの感染症は壊滅的です。
骨髄移植を受けた子供が「二次的」真菌感染症になった場合、
世界の抗真菌薬にかかわらず、生存する可能性は
せいぜい20%に過ぎません。

そして考えられない考えが起こります
:もしこれらの子供のすべてが白血病でなく、
むしろこの看護師と同じように真菌感染症を
持っていたらどうですか?
21世紀の医師がこの看護師の白血病に真菌感染症を
間違える可能性がある場合、
同じ運命がこれらの子供たちに落ちる可能性はありますか?

一般的に医師は、医療学校の訓練が感染症の領域で
細菌やウイルスの役割に大きく依存しているため、
真菌感染症を診断することはあまり多くありません。
真菌は抗生物質の出現以来ずっと忘れられていた敵でした。
バクテリアを殺すことができる薬を入手したら、
真菌への関心と研究は途中で止まった。

検査室は真菌感染の診断に同じ困難を呈しています。
真菌の存在を検出するための現在の検査は非常に乏しく、
古くから陳腐化しています。

これらの訓練と技術的な不備にもかかわらず、
少なくとも白血病を引き起こす真菌の役割を
示唆する数少ない報告があります。

例えば、1999年に、Meinolf Karthaus、MDは、
白血病の3人の異なる子供が突然、
「二次的」真菌感染のために
三重抗真菌薬カクテルを受けて寛解するのを見た。

Mark Bielskiは、1997年に白血病が急性であれ慢性であれ、
カンジダ・アルビカンスと密接に関連していることを
1997年に報告した。 (2)

ー 中略 ー

カウフマンはさらに、抗生物質がどのようにして
病気の過程において何らかの役割を果たすかを説明する。
抗生物質は正常な保護性の腸内細菌を破壊し、
腸内の酵母および真菌が未検査のまま増殖することを可能にする。
これらの内部腸内酵母も毒素を作る。
これは、免疫抑制、自己免疫疾患の症状、
または癌に至ることがあります。
「症状や病気の発症が含まれていた場合は、
抗生物質の投与が先行していた」と彼は続けている。
「問題の根本にある真菌を探している」


<引用終わり>
-------------------------------------------


【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!




白い色は恋人の色







. プロフィール

z64150528

Author:z64150528
FC2ブログへようこそ!

. 月別アーカイブ
. 検索フォーム
. リンク
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR