光軍の戦士のブログ

. 肝炎・腎炎・膵炎の真犯人!?

肝炎・腎炎・膵炎の真犯人!?








お知らせ

メルマガ特別イベントは、8月31日の深夜0時
をもって終了とさせていただきます。

新メルマガ移行
~1周年記念~
特別イベント 

https://ameblo.jp/64152966/entry-12393190458.html
  ↑
イベント内容は、上の記事をご覧下さい。



肝炎・腎炎・膵炎などの真犯人とは!?

管理人

肝炎・腎炎・膵炎だけではなく、
その他・各種の臓器の炎症は多く見られます。
その炎症の恐らく真相であろう大きな秘密の一部
について皆さんは知っておかれたら良いでしょう。

これらの臓器の炎症は、多臓器不全から・・・
各種のガンに発展する可能性があります。

そもそも、肝不全、腎不全、各種の臓器不全なんて
よほどの強い毒素が関与していると考えるべきです。
その最悪の毒素を出すのは、カビ菌、ウィルスなどです。

肝不全でよく出てくるのは、
A型やB型~C型肝炎ウィルスです。
ウイルスは現在,A型,B型,C型,D型,E型,
G型の6種類となっています。

炎症を起こすと書かれていますが、その毒性を
検索してもほとんど書かれていません。

ただ・・・ 出典より

肝炎とは、なんらかの原因で、
肝臓に炎症がおこった状態をいいます。
肝臓を顕微鏡で見ると、正常な場合は血液の通り道で
ある類洞に接して肝細胞が規則正しく並んでいます。
ところが炎症がおこると、肝細胞の周囲に白血球系の
細胞が入り込み、肝細胞が壊れます。
この状態が1~2か月以内で治るものを急性肝炎、
6か月以上続くものを慢性肝炎と分類しています。





なんらかの原因で・・・
炎症がおこると、肝細胞の周囲に白血球系の
細胞が入り込み、肝細胞が壊れます。




医学出典では、現象面だけを書いて
何の解説にもなっていません。
多くの人が読んでも何のことか・・・
さっぱり分らないでしょう。

これでは説明になっていません。
白血球系の細胞って一体何ですか?
何故、肝細胞の周囲にこれが入り込むのですか?


白血球系の細胞って、カンジダの可能性も
考えておく必要があります。

ステージ4の転移癌を全て消滅させた
「春ウコン」とカンジダの深い因果関係!?

https://ameblo.jp/64152966/entry-12345397132.html

●分子模倣 

カンジダ・アルビカンスの表面上のたんぱく質に
対して出される抗体(CR3-RP)は
特定の白血球の受容体と構造的・抗原的に似ています。
この「分子模倣」は抗体を免疫細胞に対して形成し、
それが宿主の抗腫瘍・抗カンジダ防衛を
遮断する可能性があります。


何も、肝臓だけの話ではありません。
腎臓もそうですし、膵臓もありますし、
その他の臓器においても同じ事がいえます。

私が一番の疑問に感じるのは、
自然界最強の毒素であるマイコトキシンの
アフラトキシンなどを産出するカビ毒や
カビ菌のことが全く関連づけられていない
という恐ろしい事実に気づくのです。


何故、そのような各種~臓器の炎症を
引き起こすに到ったかと言いますと・・・
細菌・カビ菌・ウィルスが体内において
大増殖してしまったからです。
同時に免疫力低下が関係しています。

細菌・カビ菌・ウィルスが大増殖する原因と
しては、幾つもの要因が重なっています。

★糖分の摂り過ぎによる体内の過度の酸性化

★抗生物質やピルによる悪玉菌の増殖

★大気汚染都市や放射能汚染地域においては
 人体が異常な 窒素循環 に巻き込まれる。


【放射能大観】~大量の窒素酸化物を発生させ、
  社会環境や人体にカビが大繁殖する!

https://ameblo.jp/64152966/entry-12070434932.html

1. 窒素化合物と放射性物質とカビ、細菌。
空気の成分の約 80%は窒素。
工場や自動車、放射性物質で生成された窒素酸化物
(NOx)は酸性雨や光化学スモッグの原因にもなっている。
そして窒素は環境を循環する。

9. しかし窒素化合物が体内で常に飽和状態、
又はヘモグロビンが異常となり過剰に溜め込まれた
場合にはどうなるか…。
タンパク質(窒素を含む)等が、窒素過剰な状態になれば、
細菌、カビなどの繁茂を体内で招くことになる。
つまり、人体が異常な窒素循環に巻き込まれる。

-------------------------------------


免疫力低下を招くものとして・・・

食品・毒性添加物の大量摂取であったり、
抗生物質や鎮痛剤にあると思います。
更に言うと・・・
電車やバス、病院や公共施設で大量に撒かれている
殺菌薬がその原因となります。
そして、放射能や農薬が考えられます。


以上のものによる免疫力低下と
★体内の過度の酸性化
★人体が異常な窒素循環に陥る

以上に挙げた幾つもの要因が複合的に
重なって、細菌・カビ菌・ウィルスが大増殖する。

結果、体内の免疫力低下が同時並行して起こり、
各種~臓器の免疫力も低下し、体内の双方の力関係に
変化が起こり、細菌・カビ菌・ウィルスなどが
優位になって各種~臓器が細胞への侵入を
許してしまうのである。

特に、カビ菌は毒素を出し続けるので
臓器は更に痛め続けられることになる。

しかし、カビ菌は血液や患部の培養によっても
ほとんど検出されない。
この理由については、既に知っているのですが、
その機序の説明はかなり難解なのでここでは割愛します。
深淵な生物学が関係しています。

結果、各種~臓器の炎症が起こっても
本当の原因はいまだ解明されておらず
当然・・・適切な治療が施されない結果となります。

このような炎症が長く続きますと、やがて・・・
細胞のミトコンドリアが白旗を上げます。
圧倒的多数のカビ菌の前に屈服してしまうのです。
そして、やがて・・ガンを発症します。

以上の説明は、海外の著名な医学博士により
その仕組みが医学論文の中で明確に記述されています。
ただ、残念なことに日本の医師は知りません。

あくまでも大まかに説明しました。
しかし、ここまでの話だけで
皆さんへの大きな参考になると思います。

例えば、カビ菌の代表格であるカンジダですが、
どうすれば抑え込むことが出来るかは
皆さんもある程度、ご存じだと思います。
また、対抗する強力な薬剤も存在します。

薬事法の関係もあり・・・
ここでは、あまり詳しくお伝え出来ないのが
大変残念です。

ただ、あなた や ご家族の人たち に
もし万一のことがあれば、この記事を
思い出して下さい。

ブログ的にお伝え出来るのは
ここまでです。
今の世の中というものは、
何も知らないということは・・・
そのまま死に直結します。

何故、真実が世に伝わらないのか???
真実を語る医学者や細菌学者の大変多くの人間が
・・・消されているからです。
一度に、100人の著名医学者が消されたこともあります。
国民はそんなこと、何も知りません。

大変・・・怖い世の中になってしまいました。
なので、公開記事の中でお伝え出来ることは、
自ずと制約されることを・・どうかご理解下さい。



癌患者は80%以上の人がカビに覆われて死ぬ
という実体が判明~岡山大学医学部の卒業論文。

https://ameblo.jp/64152966/entry-12081499191.html







お知らせ

8月25日に最新のメルマガを配信しました。

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

届いていない読者の方は、私まで
直ぐにご連絡下さい。


【光軍の戦士メールマガジン】

申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com


第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!










スポンサーサイト



. ガン・白血病・難病の人の生命力を直ぐに10%アップする方法!

ガン・白血病・難病の人の
生命力を直ぐに
10%アップする方法!







お知らせ

8月25日に最新のメルマガを配信しました。

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

届いていない読者の方は、私まで
直ぐにご連絡下さい。


ここ最近、腎機能低下や腎不全をはじめとして
人工透析をされておられる方々のご家族の身内の
奥様方より、何件もの問い合わせがありました。
中には、歯科医師の奥様もおられました。

メルマガ91号の中では・・・
何故、そのような腎疾患に陥ってしまったのか?
その原因について明らかにしています。

膠原病についてですが、原因や真相については
本当のところはほとんど分かっていません。
原因が分からないので、根本的治療が施される
こともなく、ステロイドや抗生物質や各種薬剤が
次々と投与されることこそが最大の問題なのです。

この原理は、ガン患者の時とほぼ同じです。
やはり、本当の原因は未解決のままです。
そして、抗がん剤、放射線治療、手術、
更に、検査~検査の繰り返し。

皆さん、この原理を是非、覚えておいて下さい。


また、人工透析の問題点と透析をより安全
~確実に行う方法についても書きました。
実は、人工透析はある一面、かなり~危険なんです。

そもそも、腎機能低下~腎不全に到る原因で
一番多いのが腎炎です。
肝炎も皆さんご存知の通り。
ここから全てが派生しているのです。

メルマガ91号の中では・・・
肝炎や腎炎の真犯人らしきものを書きました。
これは、検索しても絶対に出て来ません。
だから、治らないというのが悲しい現実です。

話を元に戻します。
腎臓の機能低下で、特に問題になるのが、
体内の老廃物と毒素の濾過がうまくいかなくなり
そして、それが蓄積することです。
毒素は、身体中をまわることになります。
結局、これは昏睡と死につながる可能性があります。

メルマガ91号の中では・・・
それに対して即効ある改善策について書きました。


腎不全に近い透析患者さんの喫緊の最重要課題
として 石灰化大動脈弁疾患 の問題 があります。
身体中のあちこちにカルシウムが溜まるという
深刻な病状が多発します。

中でも、心臓の大動脈の弁~付近に出来る
カルシウムは、石灰化大動脈狭窄に到り
即~患者さんの生命が危機的状況に陥ります。

メルマガ91号の中では・・・
心臓の大動脈の弁あたりにカルシウムが
溜まっていく本当の原理~原因・・並びに
大動脈弁石灰化の進行を遅らせる方法などに
ついて書かせていただきました。

今の医療現場の実情としては・・・
心臓の大動脈弁あたりのカルシウムが
多過ぎて手術は出来ません。
ハイ・・・それで、終わりなんです。
そこから先が全く無いのです。
そうしますと、死ぬ人が無数に出て来ます。


免疫抑制剤とステロイド ですが、
その問題点についても書きました。
この二つの薬剤は、短期間はともかく、
中期~長期に渡っては、使用し続けて
良いことは全く何もありません。
それどころか、助かるチャンスと
生きる可能性の芽を奪ってしまいます。

だって、人間が助かる道は・・・
そのほとんどが本人の免疫力にかかっているのです。
それを抑えてどうするんだって話ですよ。

何故、こういった極めて異常な治療法がまかり通るか
というと、そもそもの病気の根本原因がまるで分かって
いないからなんです。
これが、現代医療の最大の問題点だと思います。


今日は、こういった難病をはじめとして
ガン・白血病の皆さんへの応援として
少ないお金で、直ぐに、生命力や免疫力を
10%アップする方法をお伝えします。

テレビタレントの みのもんた さんは、
超人気司会者ですから、その仕事スケジュールは
ものすごくハードです。
みのもんた さん、曰く・・・
私が何十年もの間~病気もせずにやって来れたのは、
定期的に酸素カプセルに入っていたからです。


全ての病気の原因は酸素不足・電子不足・ATP不足
http://16296315.at.webry.info/201705/article_5.html

補足

【超簡単】
ATPの構造や働きをわかりやすく解説してみた!

https://aji3.com/structure-and-function-of-atp/



酸素不足は・・・
生命力の低下と免疫力の弱体化を意味します。
つまり、命の炎を消すに等しいとご理解下さい。

酸素不足は絶対にまずい!
  本当にヤバイ!


なので、緊急にしなければいけないことは、
無理やりにでも、身体に酸素を送ることです。


携帯酸素吸入器 オキシゲンインヘラー レスピア
&レスピア専用交換用酸素ガスカートリッジ5本入

https://store.shopping.yahoo.co.jp/kireispot/ke091ke092.html?sc_e=afvc_shp_2327384

価格 12,204円(税込)



その他 ↓
イワタニ(Iwatani) ピュア 酸素缶 2本セット NRS-1
¥ 1,733より

引用終わり
============


管理人

安価でしかも簡単に誰にでも出来ることを
いつも私はご紹介しています。
重曹の飲用やアルカリ温泉もそうですね。

しかし、それぞれの記事を継続して見ていなければ
その本当の重大性には決して気づかないのです。
つまり、様々な病気の根本原因を知っていなければ、
本当の意味での理解は到底無理なのです。

人というものは、真に理解していなければ、
実行には移さない生き物です。
理解していただく為には、私の記事を
継続して見ていただく以外にはありません。

それが・・・
いつか、あなた や ご家族の皆さん に
真に役に立つと
私は信じて疑いません。

人の命以上に大切なものなんて
この世に・・・
他にあるでしょうか???







【光軍の戦士メールマガジン】

申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com


第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!




Unchained Melody ライチャス・ブラザース






. 力を合わせて困難に立ち向かえば ~ 希望は決して私たちを見放さない!

力を合わせて困難に立ち向かえば
~ 希望は決して私たちを見放さない!








新メルマガ移行
~1周年記念~
特別イベント

https://ameblo.jp/64152966/entry-12393190458.html


管理人

記事の題名はダイアナ・ロスの
If We Hold On Together~から採りました。
今の私たちに一番求められているものと
共感したからです。

今年の7月後期に実施しました
メルマガ特別イベントですが、
おかげを持ちまして大変多くの
購読希望をいただきました。
皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございます。

イベント期間は7月31日をもって
終了とさせていただいたのですが、ただ
8月に入ってからもイベント特典アリの
希望者が後を絶ちません。

そこで、今回は特別に
今日、8月22日より8月31日までを
特別イベント延長期間とさせていただきます。
ただ、これ以降の延長はもうありませんので
ご希望の方は、8月31日までにお申込み下さい。

申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


お知らせ

8月31日に最新のメルマガを配信しました。

メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

届いていない読者の方は私のほうまで
ご連絡下さい。

メルマガ90号の一部を公開します。

以下 ↓ 最後のところのみ


~ 前略 中略 ~


ところで、〇〇 様 の子供の頃の話ですが、
ご両親がお仕事で大変忙しくしてて
放置されていることが多かったそうです。
食事は、200~300円ほど手渡され
ほとんど外食ばかりだったそうです。

菓子パンやコーラといったものが大好きで
食べているものといったら、そのほとんどが
化学物質の添加物だらけのもの。
これでは、いずれ病気になっても仕方無いと
いったような生活をされておられたようです。

今でこそ、添加物が大いに問題にされている
ご時勢になりましたが、40~50年前は、
そんなことを気にしている人は皆無だったのです。

思いだされるのが、2017/11/29の
★メルマガ第63号
第1回 ~
ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

この中に出て来る舞台女優様のお若い頃、
苦学をしていた時の一節。

以下 ↓

食品添加物のこと。

私の母は、食事に味の素をつ かっていました。
また、30代はじめ、わたしは東京で歌の勉強を
しながらフリーターをしていて、
食べていけなかったので、バイト先の廃棄の弁当や
パンをもらって食いつなぎました。
これも、遠い原因です。

<引用終わり>


結局、〇〇 様 も 舞台女優様 も
膠原病を患われてしまいました。

タイだったか、フィリピンだったか
忘れましたが、野犬を捕まえるのに
味の素を使っていましたね。
エサに味の素をたっぷりかけてやるんだそうです。
そうすると、食べた後、野犬はフラフラになり
そこを捕えるのだそうです。

やはり、食べ物ってものすごく大切です。
病気になるかならないかの境目になります。
運の悪い人は、それが原因で命さえも失います。
そう、味の素の野犬と同じ運命になってしまうんです。


私は、〇〇 様 からのメールを何度も
読み直しましたが、真っ先に感じたのは、
まことに失礼だとは思いますが、
よくぞ、今日まで生きて来れたものだと・・・
本当にそのように感じさせられました。

私は、率直にそのように電話で〇〇 様 に
お話ししました。
今や、綺麗ごとや気休めなど
何の意味も持たない事は
お互いがよく理解しています。

事実、私は〇〇 様 の生命力のすごさに
感嘆させられたのです。
腎不全 ~ 腎移植 ~ 更に腎機能低下・・・
ステロイドを30年間も摂取し続けた事。
免疫力はズタズタ。
ガンやどんな病気になったって何ら不思議では無い。
でも、今・・貴女は生きている。

私は思うのです。
〇〇 様 が25歳頃の時に、メルマガを通して
知り合っていたら、恐らくは・・・
まるで違った人生になっていたのではないかと
今にして思ったのです。

私なりにもっと良い治療法を伝えることも
出来たでしょうし、少なくとも・・・
腎移植という最悪の事態にはならなかったはずと
頭に浮かんだのは事実です。

ただ、もう一つの考えも浮かびました。
〇〇 様 の生命力には驚嘆させられましたが、
もしかしたら・・・
生かされているのではないかと
ふと、感じたのです。

何故、私がそのように感じたかと言いますと、
まさに、自分自身がそのような数奇な人生を
歩んで来たからです。


私の使命は人の手助けになること
~それを私の生きていた証(あかし)にしたい!

https://ameblo.jp/64152966/entry-12280374503.html


ものすごくたくさんの死ぬ機会というか
ピンチが連続して何十年もの間ありました。
徹夜仕事の帰り、居眠り運転での対向車との衝突。
にも関わらず、ケガひとつしなかったという
信じられないような出来事も経験しました。
今でも、その記録は〇〇警察署に残っています。

そして・・・

今から20数年前の話ですが、当時、
環境問題に取り組んでいました。
その時に、仲間の1人~〇〇君から言われた
言葉を今でもはっきりと覚えています。

~ 大事な情報は・・・
いつも金平さんから出て来るね! ~


生かされている・・・多分。
何かの役割があるのかもしれない。

私は、2011年3月11日を
目の当たりにして、
今こそ、何かを成すべき時だと直感しました。
そして、掛け持ちでやっていた二つのアルバイトの
一つを辞めて、ブログに全精力を費やしたのです。

私にはそのようないきさつがあります。
なので、〇〇 様 からのメールを
何度も何度も読み返しているうちに
なにやら、私と同じ様な運命を感じたのです。

〇〇 様の背後には、同じ様に苦しんでおられる
数十万人の方々がおられると思います。
〇〇 様に何かの役割があるとすれば
それは、一体何でしょうか?

〇〇 様との4時間以上にも及ぶ話の中では
そのような話までしたのです。
そして、私は彼女に以下のようにお話しました。

〇〇 様には、何かの役割があるような
気がしてなりません。
もし、そうなら、
多分、あなたは・・・死なない。

そして、最後に、私が貴女に何かをすると
いうのではなく、お互いがいつも連絡を取り合い
ながら一緒に協力しあって良い方向に向かうように
共に頑張りましょう。・・・と。


かなり長くなりますので、
科学的考察による観点からの〇〇 様への
実際の治療法についてのヒントといった
ものを後編でお届けしたいと思います。

メルマガ91号 
後編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

今日から、数日のうちに配信させていただきます。




ダイアナ・ロス If We Hold On Together





【光軍の戦士メールマガジン】

申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com


第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!




ひき潮 ~ 矢沢永吉






. 猛暑の東京オリンピックで選手に熱中症で死人が何人も出たら一体誰が責任取るのでしょう!?

猛暑の東京オリンピックで
選手に熱中症で死人が何人も出たら
一体誰が責任取るのでしょう!?








熱中症で1カ月に765人も死亡? 
 正しい数字の認識が重要

https://news.yahoo.co.jp/byline/nakazawakosuke/20180721-00090148/

実際、ひと月あたりの熱中症による
死亡者はどのくらいになるのか?

厚生労働省が発表している人口動態統計における
月別の熱中症の死者と、総務省消防庁が発表する
熱中症による救急搬送の死者数を並べてみると、

例えば、年間1731人が死亡した2010年(平成22年)
には、7月に657人、8月に765人が熱中症で
死亡していたことがわかる。

ちなみに、同年同月に、総務省消防庁が速報として
発表した熱中症による死亡者は
7月が95人で8月が62人と10分の1程度の数にとどまる。

それ以降を見ても、10倍以上、数が違っている月が多い。
こうした事実が人々に伝えられていないことも、
現状の熱中症対策が遅れていることの
大きな要因に思えてならない。

<引用終わり>
------------------------------------------


2010年における
厚生労働省 が発表した熱中症死亡者数

7月に657人が死亡!!
8月に765人が死亡!!



しかし、実際に公表された数字は
総務省消防庁 が速報した死亡者数

7月に95人が死亡!!
8月に62人が死亡!!






高須院長 東京五輪に苦言
「死者が出る。10月にずらすべき」

http://blogos.com/article/318542/



如何でしょう、皆さん。
この本当の数字を国民のほとんどが知りません。

しかし、2020年の東京オリンピックで
世界のアスリ―ト達の何人かの死亡する人が
出た場合には、大問題となることは必至です。

アスリ―ト達は炎天下の酷暑の中で猛烈に
死に物狂いで競技をする訳です。
熱中症による死への危険性は一般の人
どころではありません。

特に、マラソンは最大の問題になるでしょう。
海外の国やメディアは絶対に黙ってはいません。
必ず、日本国としての、或いは中心にいる関係者の
責任が追及されるのは間違いありません。

それだけに止まらず、とんでもない額の賠償が
発生することになりそうです。
日本の国家としての信用は地に落ちるでしょうし、
天文学的賠償は国民が支払わされることになります。

日本のマスコミと違って、海外のマスコミは
徹底的に大騒ぎすることは必定。

日本の名誉と信用がズタズタになり、
取り返しのきかない事態になるでしょう。

そこで問われるのが、何故、そんな危険性の高い
酷暑の真夏に開催時期を決めたのかですが・・・

第32回オリンピック競技大会は、
2020年7月24日から8月9日までの17日間、
日本の東京で開催される予定のオリンピック競技大会。


これは間違いなく、経済効率の観点から開催時期が
決定されたのは間違いありません。

全国の学校が夏休みに入る時期と重なり、
観客動員とテレビの視聴率が期待出来るからです。

しかし、人の命からの観点はゼロに等しい。
はなから、人の命なんて全く考えてもいない。
ただ、儲かればよいという一点だけが
最大の関心事だった訳であります。

建設~土木・・・利権。
観客動員とテレビの視聴率

儲かるのは、一部の建設会社と広告会社。
テレビは視聴率で大儲けし、更には、
利権政治屋のふところが潤うだけです。

そして、多くの死人が出たりした時の大問題が
発生したら、そのツケは全て国民に払わせる。
なんと、情けない国に成り果てたのでしょうか。

そういえば、東京オリンピック誘致には
安倍総理が最大限に関わっています。
私は知らない・・・では済まないでしょう。










しかも、安倍総理は
大噓をつきまくって誘致しています。
汚染水は、アメリカまでも流れていますし、
首都圏~関東も放射能汚染されている事実は
海外のメディアもしっかり認識しています。







管理人

安倍総理を筆頭に
東京オリンピック組織委員会~会長の
森喜朗総理も決してただでは済まない。

私に言わせると
国家反逆罪に相当する!!!


森会長などは、この期に及んで
熱中症の心配から、サマータイムの導入を
安倍総理に提言する有様です。

これなどは、もし何かあった時の為の
アリバイ作りとしか思えません。
だから、サマータイムと言ったのに
・・・なんてねぇ~。

現実に東京オリンピックが開催されるのか
どうかについては、私はまだ半信半疑なのですが、
一番危惧することは・・・

東京オリンピックで死者が出て国際問題化するに
止まらず、それを契機にして・・・
海洋汚染問題が一挙に浮上して来て
賠償問題に発展することです。

それこそ、近隣諸国は無論のこと、
世界中の国々がそれに相乗りして
大変な騒ぎにまで発展することです。

事実、鳩山元総理の研究会においては、
放射能による海洋汚染については
最悪~1千兆円規模にまで膨らむ可能性が
試算されたようです。

そうなると、国家破産です。
うがった見方をしますと、そういった流れに
なるようにシナリオが出来ているのではないか
とさえ非常に強い懸念を私は抱いております。

サマータイムがどうしたこうしたとか・・・
そんなんで騒いでいる場合じゃないですよ。
皆さん。

しかも、共謀罪を成立させましたね。









管理人

国家破産という恐ろしい言葉が
出て来ましたが・・・
実を言いますと、日銀が今やっているのは
異次元緩和であると多くの人はご存知だと
思います。
これって、ハイパーインフレに誘導する
ものだと多くのサイトで書かれています。

ハイパーインフレ
 ↓
国家破産
 ↓
預金封鎖

これを強行するには、必然的に
共謀罪と緊急事態条項が必要となるのです。
つまり、偶然なんかじゃない。
全てつながっているのです。

このあたりの事を書いたのが
★メルマガ第78号 でした。もう既に、
多くの読者の方が目にしているものです。


★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?


<一部引用>

日本の財政赤字は、表向き~1000兆円を
超えています。
しかし、これは一般会計の話です。
特別会計は、その3倍はあると判明しています。
つまり、実際には4000兆円を超える
巨額になっています。

しかも、借金は更に増え続けています。
もうどうにもならないところに来ているのです。
しかも、特別会計の暗黒の闇を消し去る必要があります。
そのの闇を暴露しようとする官僚や政治家は
みんな殺されてしまうので黙して語らずです。

解決策は、一つだけ。
リセットするのです。

ハイパー・インフレになると、4000兆円超の借金も
例えば、十分の一??? くらいまでも下落します。

その十分の一になった借金分を国民に支払わせようと
するのが、預金封鎖、資産課税 です。
大変分かりやすいでしょ。
米国や官僚達の国家犯罪を消し去り
何もなかったことにする。
つまり、そういう魂胆なのです。

早い話・・・
日本国民の生活はグチャグチャになりますわね。

しかし、それを遂行するには、やはり、
緊急事態条項⇒内閣独裁権を行使するでしょう。
その為に、自作自演の大規模テロが懸念されます。
2020年夏の東京オリンピック前にです。
しかし、これはあくまでも可能性の話です。

預金封鎖、資産課税・・なんてことをやらかすと、
時の政権は国民から完全に支持を失います。
だから、何がなんでも内閣独裁権が必要なのです。

<引用終わり>
-----------------------------------------







東京オリンピック誘致
 ↓
共謀罪成立
 ↓
日本国内~偽旗テロ事件勃発
 ↓
緊急事態条項⇒内閣独裁権~発動
 ↓
東京オリンピック
 ↓
アスリート死亡事件発生
 ↓
海洋汚染問題~国際化
 ↓
日本に1千兆円近い賠償請求
 ↓
ハイパーインフレ
 ↓
国家破産
 ↓
預金封鎖
 ↓
日本はIMF管理下に
 ↓
日本版FEMA、いよいよ始動!


皆さん・・・
一部については、あくまでも可能性について
のみ書いていますが、しかし、
可能性は皆無ではありません。
ただ、それらの全てがつながっていることに
気づいていただけたと思います。

可能性がある以上、それらの全てを
文字にしておくことです。
近い将来、必ず役に立ちます。



自民・安倍総裁が日本版FEMA創設って、
これの本当の意味分ってんの!?

http://ameblo.jp/64152966/entry-11378254747.html

<一部引用>

FEMAの真の正体は、
人口削減を推進する世界統一政府NWOの軍隊です。
日本版FEMAも当然、彼等の指揮下に入る事になります。
日本版FEMAが発動されたら、
本当の指揮官は日本人ではありません。

日本版FEMAを口にしたり推進しようと
している日本人は、世界統一政府NWOの手先です。
この手先は、民主党にも自民党にも
いるので用心して下さい。


世界各国のFEMA → 世界統一政府NWO へ移行

もちろん、ここ日本においても、
上の図式は例外ではありません。
アメリカでデフォルトが起こると、当然、
米国で大混乱が湧き上がりますが、しかし、
気をつけなければならないのは、反政府不満分子を
徹底的に炙り出すために、一般市民に混じって、
集会やデモを暴動化させようとたくらむスパイが
配置させられる可能性が非常に高いといった事実です。

そして鎮圧行動に出て、デモ隊を徹底的に検挙し、
収容所送りにする狙いです。
収容所送りにされた多くの民衆には、
ガス室が待っています。
もう既に、数百万以上の棺桶が用意されているそうです。

― 中略 ―


国民は赤,青,白,黄,黒に分類される。
それに先立つ6週間前に赤(クリスチャン)は
逮捕され即座に処刑(ギロチン)される。

青はその6週間後に逮捕拘留されCAMPに収監され,
矯正教育を受けるがNWO(統一政府・新世界秩序)に
従わず獣の刻印666を受けない者は殺される。

白は12歳以下の子どもで箱型の住居に収監され
666の刻印を付けた両親とはその屋上でしか
会うことは出来ない。
両親はBreeder(飼育者)と呼ばれる。
子ども達は新しい世界の役人として教育される。

黄は13~20歳の者でやはりNWOの警察か
軍隊に所属させられる。

黒は50歳以上の成人で直ちに殺される。


これらの殺戮には毒ガスとギロチンが使われる。
この間,アメリカ軍はほとんど外国に行っており,
国連(UN)軍がアメリカに駐留する。

国連軍はロシア,中国,ドイツ,日本,中米などの
200,000人の軍隊で構成される。

米国はNation(国)ではなくCorporation
(会社という集合体)なのであり,
それは英国(ロスチャイルド)が筆頭株主
というわけだ。

-引用終わり-










【光軍の戦士メールマガジン】


8月11日に最新のメルマガを配信しました。 
届いていない人は、私までご連絡下さい。 

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!



第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!




アメノウズメ塾上級サバイバル編
①教えは政治家、預言者、宗教家から?
 マイケル・ジャクソン 暗殺









. あなたがガンにならない必須の基礎知識を簡単に書いておきます。

あなたがガンにならない
必須の基礎知識を
簡単に書いておきます。









① パン食は止める

輸入した小麦は毒性の強い農薬とカビ毒の
マイコトキシンで汚染されています。

更に、皆さんの多くが食べている菓子パンの
ほぼ全てにマーガリンやショートニングの
毒性添加物が必ず混入されています。

また、小麦のグルテンは必須栄養素の吸収を
阻害するだけではなく、
グルテンを摂取することで消化不良や便秘、
下痢、さらにはアレルギー反応を
引き起こしてしまいます。

便秘は最悪です。
大腸ガンの引き金になります。

女性に特に多い病気として・・・

★スキルス性胃ガン
★大腸がん
★乳がん
★甲状腺がん
★子宮がん
★膠原病
★バセドウ病

以上の病気に、パン食は大いに関係があります。
スイーツやアイスクリームも駄目です。


乳がん患者の8割は
朝食にパンを食べているって本当ですか!?

https://ameblo.jp/64152966/entry-12170154782.html



② 肉食は止める。

現代のお肉はまさに毒のかたまり。
抗生物質やホルモン剤も豊富に含まれています。
真菌やカビ毒にも汚染されています。


★メルマガ第82号
白血病の子供を世話していた
看護士が白血病になった真相!


~ から一部引用します。

ソーセージ、ベーコン、サラミおよびハムを含む
豚肉には、多くの癌に関連する真菌が含まれています。
牛肉、子羊、鶏肉 、 七面鳥には
さまざまな真菌類が含まれています。
すべてのキノコを避ける必要があります。
良いキノコのようなものはありません。
キノコは、真菌の胞子を血液および組織全体に分散させる。
ピーナッツとカシューナッツには
25種類以上の真菌類が含まれています。
ミルク、チーズ、ヨーグルト、コテージチーズ、
アイスクリーム、バターなどの乳製品には
真菌が含まれています。

卵、大麦、トウモロコシ、貯蔵された穀物および穀物、
および保存されたジャガイモは真菌が完全に定着している。
アルコールには真菌が含まれています。
タバコには酵母が含まれています。
ビール酵母やパンのような形の酵母は食べてはならない。

蜂蜜、メープルシロップ、コーンシロップ、スクロースを
含む砂糖は、多形性細菌、酵母、真菌およびカビの増殖を
促進し、最大5時間の免疫系応答を抑制する。

酢、どのような形態のカフェイン 、
および高フルクトース果実は、
血液および組織を酸性化する。
オレンジジュースを飲むと、オレンジジュースの糖が
血流に素早く放出され、酸化されません。
したがって、それらは発酵され、産生された酸は
文字通り免疫系を麻酔する。
それは3~5時間それをシャットダウンします。
アップルジュースも同じことをします。
問題は過剰な砂糖です。

<引用終わり>



③ 牛乳、チーズ、生クリームは食べない。

「乳ガン」に罹患した女性
の8割が助からないという
~ 怖ろしい現実を調査中 ~

https://ameblo.jp/64152966/entry-12363086753.html



④ 鎮痛剤と抗生物質は大変に危険
 
ガン ~ 白血病の引き金になります。

★メルマガ第82号
白血病の子供を世話していた
看護士が白血病になった真相!


~ から一部引用します。

カウフマンはさらに、抗生物質がどのようにして
病気の過程において何らかの役割を果たすかを
説明する。
抗生物質は正常な保護性の腸内細菌を破壊し、
腸内の酵母および真菌が未検査のまま増殖する
ことを可能にする。
これらの内部腸内酵母も毒素を作る。

これは、免疫抑制、自己免疫疾患の症状、
または癌に至ることがあります。
「症状や病気の発症が含まれていた場合は、
抗生物質の投与が先行していた」と
彼は続けている。
「問題の根本にある真菌を探している」


抗生物質や痛み止めの乱用で胃や小腸がボロボロ
~ 結果、小腸でカンジダが大繁殖!

https://ameblo.jp/64152966/entry-12342592175.html





⑤ シャンプー、リンス、毛染め剤は使わない。

お風呂で身体を綺麗にする時には、
無添加の白い固形石鹸だけにしましょう。
頭髪の洗いもこの固形石鹸で十分です。


⑥ 食卓塩も砂糖も毒です。

砂糖は、なるべく摂らないようにしましょう。
ガン体質になります。
料理に使うのは、キビ砂糖とか黒糖とかの
自然に近いものにしましょう。

食卓塩の化学精製塩はほとんど毒です。
毒ですから、様々な病気を生みます。
しかし、良い塩は身体に絶対に必要です。
海塩を使いましょう。
塩に関しては、皆さん、大変な誤解があります。
減塩は病気の元です。


管理人

私の記事では、カビ菌やカビ毒が
よく出て来ますが、そのカビ毒の毒性は
実にすさまじいものです。

肝不全、腎不全、多臓器不全 ・・・
こういった恐ろしい病気の一大原因になって
いるのが、このカビ毒なのです。
ウィルスもそうです。

アスペルギルスのカビ毒の一つである
~アフラトキシンB1は
自然界でもっとも強力な
発ガン物質として知られています。

なので、各種の多臓器不全を起こしたって
何の不思議もないと皆さんは思われるでしょう。

しかし、日本の現代医学においては、
これらの症例に、カビ菌が出て来ることは
あまりありません。
ウィルスはよく出て来ますが。

更に・・・
白血病や悪性リンパ腫もそうですね。
小腸が白いカンジダ菌で覆われている
上の写真を皆さんも見られましたね。

あの小腸から、微細な多孔といいますか、
穴があいてタンパクや細菌やカビ菌が
どんどん血液に流れ込んでいきます。
リッキ―ガット症候群といいますが、
これが、白血病や悪性リンパ腫と全く
関係がないと皆さんは思われますか?

いかがでしょう?
驚くべきことに・・・
日本の医学の世界においては、
白血病や悪性リンパ腫を語る時に
リッキ―ガットやカビ菌は一切出て来ません。
リッキ―ガットを知らないお医者さんさえ
たくさんおられるようです。

その代わりに、抗がん剤を使いましょう。
骨髄移植をしましょうとなるのです。
信じられますか・・・皆さん。

白血病や悪性リンパ腫に限らず
その他の様々なガンにおいてもですが、
カビ菌は一切出て来ません。
一度~皆さんで調べられたら分ります。

えええ―ーって、皆さんは思われませんか?
それが、皆さんが覚醒する第一歩になります。

海外の著名な医師の学術論文においては、
これらのカビ毒のマイコトキシンが
いかにしてガンを発生させるかについて
その仕組みが科学的に克明に書かれています。

日本では問題にすらされておりません。

その海外の記事をブログに掲載すると・・・
さすがにヤバイです。
ガン巨大利権マフィアの組織から睨まれて
ブログ閉鎖に追いやられるかもしれませんし、
へたすると私の命までヤバイ・・・。

消された医大名誉教授の安保徹さんのように
なってしまうので、皆さんに伝えたくても
なかなかブログに書けないのですよ。
なので、メルマガで細々と書くしかないのです。

ガンの本質と真相・・・
これを知らないで、ガンなんかを
治せる訳がありません。
皆さんもそうは思いませんか?

少なくとも、余命が残り少ない
ガン患者さんは、本当の真実を
知る権利があります。
ただ、あんまり派手に公けにすると
直ぐに、記事も私も消されてしまいます
ので、あくまでも、じんわりと・・・
皆さんにお知らせするしかないのです。

残念ながら・・・
日本語で検索しても駄目です。
闇の権力者や利権マフィアが
あなたに見せたいものしか
出て来ないのですよ。

ガン患者さんや家族の身内の方が
藁にもすがるお気持ちで必死に探しても
金儲けの商売に通じているものしか
出て来ないのです。
私はそれを嫌というほど経験した1人です。

残念ながら・・・
今の日本は完全に海外カルトによって
占領されたカルト国家に成り果てて
しまっています。

なので、真に助かりたい人は、
そこから脱却して覚醒することです。
でなければ、徹底的に食いものに
された挙句に破産し、
苦しみながら死ぬ運命が待っています。

以下のWHOのグラフを見て下さい。
他国のガン死亡率はどんどん下がっているのに
日本だけが異常に上昇し続けているでしょ。
これを目にして、絶対におかしいと感じなければ
あなたが救われることは決してありません。






ガンや難病の原因物質
となっている毒素を
体内から除去する方法!

https://ameblo.jp/64152966/entry-12366236811.html







【光軍の戦士メールマガジン】


8月11日に最新のメルマガを配信しました。
届いていない人は、私までご連絡下さい。 

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!



第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!






. あなたが飲むアルコールはカビ毒のマイコトキシン ~ ガンの一因になります!

あなたが飲むアルコールは
カビ毒のマイコトキシン
~ ガンの一因になります!








始めに

糖尿病の本質と治療法
~ 足を切断しなくて済む治療法!


★メルマガ第89号として予定していました
以上の記事は、深刻なご相談が寄せられ、
緊急を要することもあり、
甲状腺ガンの記事に差し替えることに
致しました。
どうか、ご理解とご容赦いただきますように。


8月11日の8時30分より
最新のメルマガが配信されます。

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


以下、ごく一部を公開します。

覚えておいて、
アルコールは マイコトキシン です!


海外の記事より

2017年5月10日
これはあなたが
甲状腺の問題を抱えている理由ですか?

Doug Kaufmannによる執筆
https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=http://www.knowthecause.com/index.php/doug-s-blog/4399-is-this-why-you-re-having-thyroid-issues&prev=search

1992年、スペインの研究者は、
アフラトキシンと呼ばれる真菌毒(マイコトキシン)と
ブロイラーニワトリに対するその影響について研究しました。
これは人間が実験しようとしている
マイコトキシンではありませんが、
それが研究されればするほど、
接触する組織を殺すことが証明されます。
アフラトキシンで汚染された食品をニワトリに給餌し、
罹患組織を後で脾臓、肝臓および
甲状腺であることが判明した。

6年後、日本の医師は、白血病を有する
41歳の男性をうまく治療していました。
彼は後に真菌、アスペルギルスに起因することが
判明した肺感染症を発症するまでうまくいっていた。

この菌類はいくつかの有毒なマイコトキシンを作り、
そのうちの1つはアフラトキシンであり、
これはニワトリの甲状腺に障害を与えるものです。

この菌は真菌感染で死亡したが、
剖検までに菌が吸入して肺だけでなく、
心臓、脳、腎臓、皮膚、甲状腺を
損傷していることが判明した。

甲状腺腫脹...チーズバーガーとビールから?

真菌による甲状腺炎は、真菌のために炎症を
起こした腫れんだ甲状腺炎です。
それは最も多くアスペルギルスと呼ばれる菌に
よって引き起こされます。

あなたは、
「OK ... なぜ私はこれについて気にしますか 」
と考えているのですか?

シンプル。
あなたはそれを食べているかもしれないし 、
アスペルギルスの毒が残っているかもしれないから。

チーズを食べたり、醤油で味付けしたり、
ビール、ウィスキー、ワインを飲んだことがありますか?
アスペルギルスとその毒は、これらおよび他の多くの
一般的な食品を汚染することが知られています。

多くの医者が知らないもの

残念ながら、 医師はあなたの甲状腺の問題を
カビの曝露に帰するとは思わないでしょう 。
彼らがあなたから何かを隠そうと
しているからではありません。
これは医学部の菌学(真菌の研究)について
医師が広く教えられていないためです。

医師は、病原体(真菌と細菌の両方がある)が
患者の医療上の問題の原因であると疑われるときに、
処方パッドをつかむ傾向があります。
彼らはしばしば抗生物質を処方する。
もちろん、それはペニシリン自体が真菌代謝産物であり、
真菌感染症を引き起こす傾向があるため、
患者に逆行する可能性がある。

例えば、真菌の甲状腺炎の場合、
真菌の状態を治療するために抗菌薬を使用することは、
実際に甲状腺疾患のような病気の急速な拡大に
寄与していると私は信じている。

私は何十年にもわたって
ヒトの病気との真菌の関係を研究しました。
私は前の段落で触れた傾向に気づいた。
医学的状態が人口の大部分に急速に広がっているにも
かかわらず、何千もの科学文献があるにもかかわらず、
原因はほとんど分かっていないが、
私はすぐに真菌を疑う傾向がある 。

例:アメリカでは心臓病や癌の2つの主な死亡原因を
どうやって止めるのでしょうか?
単に症状を治療するのではなく、
原因を突き止めなければなりません!

心臓病や癌は、単に医師や医学研究者が医療訓練で
学ばないものによって引き起こされているに違いない。
それは妥当と思われませんか?
彼らは通常、真菌(菌学)の研究で単一の完全な
コースを取っていないが、 何千もの研究論文は、
真菌がヒトの免疫を抑制し、重篤な疾患を
引き起こすと結論付けている 。

1996年の本「 臨床菌学の原則と実践 」では
歯を除いて真菌がヒトの組織に含浸することが
できると CC Kibbler医師が書いています。

甲状腺は人間の組織ですが、甲状腺機能低下症や
甲状腺​​機能低下症(または他の甲状腺疾患)の診断に
関しては、大部分の医師は真菌を疑うことはありません。

私は医師が真菌を患者の症状や病気に寄与していると
定期的に判断すべきだと確信しています。
それは非常に論理的でシンプルで安全で安価なアプローチ
であり、甲状腺疾患やその他の健康上の問題に
寄与している菌を除外するのに数週間しかかかりません!

最も重要なのは、多くの場合、動作することです。
私のキャリアでは、真菌について学んだ後、
いくつかの医師に真菌が引き起こした健康上の問題を
認識する方法を教えるためにそれを取りました。


新しい質問 考慮すべき新しい戦略

あなたの健康上の問題(甲状腺またはその他)が、
カビ、カビ、酵母、菌類またはそれらが作る有毒な
マイコトキシンに関連しているかどうかを認識するのを
助けることができるかどうかを見てみましょう。

始める前に、私はあなたの病歴はわかりませんが、
あなたの医師はただ一つの要求しか持っていません。
私はあなたの甲状腺の状態がどれほど深刻であるか、
あなたの医者があなたに持っている薬は何かを
知らないが、彼/彼女はしている。
このため、現在の甲状腺治療プログラムに変更を
加える前に、医師と相談してください。
また、このニュースレターのメモを準備して、
開始前に相談してください。

要するに、これは治療計画ではない。
それは新しい考え方の始まりです。

1.あなたの甲状腺の問題はいつから始まったのですか?

あなたの甲状腺の問題を引き起こしたかもしれない
ものを考え直してください。
その時にカビに暴露されましたか?
あなたの症状が始まる前に移動したことがありますか、
あなたの新しい家にはカビの問題があります。
私はこれがまれだとは思わない。

2.あなたは一生を通して多くの抗生物質を服用しましたか?

ペニシリンとその誘導体は最も純粋な形で
成形されているので、数回の抗生物質を服用した後に
甲状腺の問題に気付き始めましたか?
はい、抗生物質はしばしば健康上の問題に関係しています。

3.パスタ、パン、砂糖、アルコールを欲しがっていますか?

ヒトの細胞/真菌細胞の関係では、
真菌は常に支配的なパートナーとなる。
真菌は人間を寄生させ、彼らは食物のために
私たちの食事から炭水化物を要求します。
あなたがそれを知る前に、あなたは14歳の時から
初めてピザファンです

病気のアルコール依存症は、しばしば、腸や胃の
病原性酵母が繁殖する腸内の真菌状態と密接に
関連していると私は長い間信じてきました。
それらの酵母は、それらが成長して増殖するのを
助けるものを欲しがる。

覚えておいて、
アルコールはマイコトキシンです!
それらのマイコトキシンは、酵母を保つために
必要なものに正確になることができます。
- もっと欲しがる。

4.栄養補助食品を摂取したときに
甲状腺の状態が緩和されることに気づいていますか?

ビタミン、ミネラル、アミノ酸、脂肪酸などの
ほとんどの栄養補助食品は抗真菌性を持っており、
多くの人がその症状が改善していることに気付きます。
あなたがサプリメントで気分が良くなったら、
これは甲状腺の問題の真菌(または栄養不足)の
成分を示すかもしれません。

5.あなたの甲状腺の問題を診断したので、
 あなたは何度も病気ですか?

病原菌はマイコトキシンと呼ばれる有毒物質を放出する。
これらは免疫力を抑制するので、
真菌が体内で増殖しているときに
免疫系が正常に機能しないため、
真菌が摂食された症状を抱える人々がしばしば
病気になることは不思議ではありません。

これらの質問のいずれかに「はい」と答えた人が
非常に多い場合は、別のアプローチを試す準備が
できているかもしれません。

私は、おそらくすべての甲状腺疾患が
真菌に起因するとは限らないことを認めている
最初の人ですが、甲状腺疾患の「菌類の連鎖」を
医師の承認を得て試験するのは簡単なので、
それを1〜2ヶ月間調べます。
カウフマンダイエット中や服用中の抗真菌薬を
服用しているときや、天然の抗真菌性サプリメントを
服用しているときには、甲状腺の改善を
記録するために医師に相談してください 。

百聞は一見に如かず

25年前、 私は病気と病気の関係を知らない
医師から信者を作りましたが、
私はこれらの科学者に絶対的な証拠を示す
ことによってそれを行いました。

私が訓練した医師の1人、Weakley博士は、
彼の次の4人の甲状腺患者がすぐに改善するのを見た。
それはその後、真菌を最初に排除する(そして安全に)
ために、すべての新しい甲状腺患者との標準的な
オフィスプロトコールとなった。

残念ながら、彼は若い男性で亡くなりましたが、
彼の最後の年の間に、彼は患者と分かち合っていた
この新しい科学的アプローチにとても興奮していました。

製薬会社が関与していない患者のために、
患者の多くがより良くなるので、
彼らが自由にできるようになるため、
すべての医師が再び医学を練習することに
興奮する一日を想像してください。

想像してみてください!

<転載終わり>
---------------------------------------------


肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!
~真菌培養でアスペルギルスが
検出されないのは何故か!?

https://ameblo.jp/64152966/entry-12312372825.html

アスペルギルスのカビ毒の一つである
~アフラトキシンB1は
自然界でもっとも強力な
発ガン物質として知られています。


---------------------------------------------


管理人

以上に続くメルマガの記事として・・・
★メルマガ第89号においては、
マイコトキシン~アフラトキシンの
カビ毒によって、どのような仕組みで
ガン細胞が発生するかといった仕組み
~メカニズムが科学的根拠を元に
克明に書かれています。

続編の記事もやはり海外の記事です。
日本語で幾ら検索しても
本質に迫る内容のものは
全く出て来ません。

これでは、ガン患者さんは到底、
真相を知ることは叶いませんし、
医師もまた同じです。

原因や真相を知ることが出来なければ
治すことも不可能だと思います。
何故なんでしょうか?
日本国内では、真相を知ることが
出来ないなんておかしいでしょう。

★メルマガ第89号においては、
その対処法も書かせてもらいました。

甲状腺異常~ガンに限らず
その他、各種のガンの多くが、実は、
微生物が深く関係している事実を
多くの国民は知らないのです。

アルコールが、実はカビ毒の
マイコトキシンだなんて・・・
大変な驚きです。

アルコールの飲み過ぎで・・
いつか~ガンになるという噂は
本当だったのです。

その科学的根拠が、海外の著名な
医学博士の長年の研究によって
克明に書かれています。

こんな事、ほとんどの人が
誰も知りませんよね。

無論、アルコールのせいだけではありません。
それ以前に、日本国内においては
毒性化学物質が無数に使われています。

食品添加物
農薬
化粧品、シャンプー、リンス、毛染め薬剤
抗生物質、抗がん剤
歯磨き粉
そして、放射能と続きます。

8月10日の記事ですが、
抗がん剤を投与され続けると
健康な人でも死ぬんですよね。
元記事は、朝日新聞の記事なんですが、
そこにアクセスすると見れないようにされています。
ウィルスが仕込まれているのかもしれません。
恐らく、これは私だけの現象ではないでしょう。
なので、検索してヤフーの転載記事をリンクしました。

骨折治療の患者、抗がん剤を39日連続投与され死亡
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6292987

つまり、抗がん剤では健康な人でも死ぬという
とってもシンプルな事実。
健康な普通の人でも死ぬのであれば、
身体が大変衰弱したガン患者に使えば・・・
という事なんですよね。


話を元に戻します。
そういった下地の悪環境が世に蔓延しています。
それらが身体の中で悪さをするのです。

体内環境の悪化 ~ 免疫力の低下

そういった最悪の環境の中で
人の身体の各部が痛めつけられます。
そして、そのような弱体化した人体に
カビ菌や様々な細菌、ウィルスが
取り付いて繁殖していくのです。

そして、猛毒を生産します。

例えば、
アスペルギルスの~アフラトキシンB1は
自然界でもっとも強力な発ガン物質ですよ。

にも関わらず・・・
日本の医学では、ガンとカビ菌の因果関係が
ほとんど論じられていないのです。

まさに、驚愕すべき事実です。
信じられますか・・・皆さん。
何もなかった事になっています。

少なくとも・・・
患者さんには、この恐るべき事実を
是非とも知って欲しいと切望しながら
私は、毎回記事にしている訳です。

実は、皆さんが大変驚くであろう
事実がいっぱい出て来ます。
その事実や真相をたくさん知る事が・・・
皆さんやご家族の皆さんが、本当に
助かる道であると私は確信しています。






【光軍の戦士メールマガジン】

第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!








. 全く政治意識ゼロのおっちゃんが、邪魔な翁長知事は消されたんだろう・・・と

全く政治意識ゼロのおっちゃんが、
邪魔な翁長知事は消されたんだろう・・・と







沖縄・翁長雄志知事が死去、67歳 9月にも知事選
https://www.asahi.com/articles/ASL886HNML88TIPE02Y.html

膵(すい)がんを公表し、治療を続けていた
沖縄県の翁長雄志(おながたけし)知事が
8日午後6時43分、膵(すい)がんのため
沖縄県浦添市の病院で死去した。
67歳だった。
米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の
名護市辺野古への移設に強く反対し、
政治的立場の違いを超えて移設反対派の支持を得てきた。

14年11月の県知事選で、辺野古移設反対を掲げ、
当時の現職に約10万票の大差をつけて初当選した。
知事就任後も一貫して移設反対を訴え続け、
安倍政権と激しく対立してきた。
翁長氏の死去に伴い、
11月18日投開票の県知事選は、前倒しされる。



7月28日
翁長知事、埋め立て承認撤回を表明 
辺野古新基地「公益に適合せず」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180728-00290207-okinawat-oki&pos=3

沖縄県名護市辺野古の新基地建設を巡り、
翁長雄志知事は27日、沖縄防衛局の工事が
環境保全に配慮していないことや
軟弱地盤などの問題が判明したとし、
前知事の埋め立て承認について
「公有水面埋立法の効力を存続させるのは公益に適合しない」
として撤回する意志を表明した。
週明けに防衛局の意見を聞き取る「聴聞」の期日を通知する。
通知から1~2週間後をめどに聴聞を実施し、
防衛局が8月17日を目安に予定する埋め立て土砂の
投入の前に承認を撤回する見通し。

<引用終わり>



管理人

8日は、いつも食事するお店がお休みで
仕方なく、居酒屋で夕食をとることに。

ホッケの干物を焼いてもらい、
野菜サラダにおにぎりと味噌汁を
美味しくいただいておりました。

その時、テレビでニュース速報が
流されていたのです。
居酒屋の店主は、「おいおい、なん何や?」と
テレビに食い入るように近付いて行きました。

「ああ~、沖縄の翁長知事が死んだんやと。」

私は、少なからず驚きましたが、
「そうなんですか」とだけ言葉にしました。

居酒屋の店主は、続けて・・・
「邪魔だから消されたんだろう」~と
はっきり口にしたのです。

私は驚きを隠せませんでした。
この居酒屋の店主のおっちゃんは、
政治にはほとんど関心がなく、
政治意識もほぼゼロといっていいほどの
お店の商売だけが生きがいのようなお人なのです。

直感で自然に出た言葉だったのですが、
思考よりも直感のほうが意識レベルとしては
はるかに高いというのが私の経験則としてあります。

実は、私も大きな疑惑を感じていました。
しかし、この件を暗殺疑惑として記事にすると
なると、また陰謀論かと言われそうでもあり、
躊躇していた経緯があります。

無論、いつものように証拠などはありませんし、
疑惑だけで記事にするのもなぁ~ ・・・と
二の足を踏んでいた訳ですが、しかし、
全く政治に関心の無い居酒屋のおっちゃんが
即座に、消されたのだろうと反応したことの意味は
大変大きいです。

つまり、このおっちゃんの意識レベルのような人は
日本全国にそれこそ数千万人以上もいる訳です。
ということは、同じ様な直感を感じられた他の人も
ものすごい数・・・おられる可能性があります。
共時性というそうですが・・・

ならば、記事にする意味は決して少なくない
と判断した訳です。

確かな証拠は全くありません。
しかし、状況証拠だけは真っ黒です。

翁長知事は、現政権と徹底的に対峙していました。
米軍や現政権にとって、徹頭徹尾~邪魔な存在
だったと申し上げてもよいでしょう。

しかも、沖縄知事選挙は今年の11月です。
その前にお亡くなりになられた訳です。
翁長さんが支持する新しい知事候補者も
応援出来なくなってしまいました。
前回の沖縄知事選の時には、対立候補との
支持の差が圧倒的にありました。
このような場合、例の不正選挙による
実力行使は大変危険をともないます。
強引にやると不正選挙がもろバレに
なってしまうので、闇の勢力は
そんな危険はおかしません。

しかし、沖縄県民の象徴ともいえる
翁長知事が居なくなったことで、
不正選挙は非常にやりやすくなるに
違いありません。
保守の沖縄知事の誕生の可能性が高い。

これで、何でもやりたい放題の図式が
出来て、辺野古新基地は加速して
工事が進むという段取りになるはずです。

ネットに通じている人はともかく・・・
いわゆる一般人の人は、政治家が暗殺される
という現実をほとんど知りません。

ターゲットにした政治家をガンにするなんて
いとも簡単に出来てしまうんです。
元総理の田中角栄さんや小渕敬三さんには
脳梗塞を起こす有名な薬物Sが使われましたね。

中川元財務大臣には、神経毒ガスが・・・

西岡武夫参議院議長には、
「免疫不全」マイコ生物兵器が・・・

松下金融相 首吊り自殺 ???・・・
https://ameblo.jp/64152966/entry-11351814888.html


私がこのように書くと、
何も証拠がない~エビデンスを出せって
のたまうバカが結構います。

本当にバカではないかと思ってしまいます。
エビデンスは真犯人しか知り得ないでしょうに。
アホちゃうか。

わが国・日本においては、不審な死を遂げた
政治家や著名人の不審死の真相を検証しようとする
ジャーナリストはたった一人もおりません。
だから、世間で話題になることさえも無いのです。
命が惜しいので無理からぬ話ではありますが、
ジャーナリストが聞いてあきれます。



米兵によるレイプ殺人現場にて
  献花する翁長知事




元米海兵隊員による
沖縄県うるま市の女性会社員(20)
レイプ殺人死体遺棄事件

http://tamutamu2015.web.fc2.com/urumasijyouseisatujin.htm


ねえ、皆さん。
総理や閣僚~自民党政治家で
レイプ殺人現場までおもむいて
献花するような人間が
ただの1人でもいましたか?

誰が、沖縄県民のことを
真剣に考えているのか?

誰が、日本国民のことを
真剣に考えているのか?

郷土を本当に愛する人間や
真に国を愛する人間が
一体誰なのか?

そのような本当の愛国者は
次々と消されていった歴史が
数多く・・・確かにあります。
この日本国内において。

何故、私が記事にするのか?
私もまた・・・
日本を愛しているからであります。







【光軍の戦士メールマガジン】

第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!




ふるさとのはなしをしよう 北原 謙二






. 清原和博さんが患う糖尿病と『足切断の噂』について思うこと

清原和博さんが患う糖尿病と
『足切断の噂』について思うこと








上の写真なんですが、実を言いますと
最初は誰なのかが分かりませんでした。
どう見ても、どこかの会社サラリーマン
としか見えませんよね。
ところが・・・
あの元プロ野球選手の清原和博さん
であったとは・・・思わず、絶句。

清原和博さんといえば、どうしても
以下の写真が強烈な印象としてあります。





使用前~使用後といったセットになった
慣用句がありますが、清原和博さんの場合、
逮捕前~逮捕後といったことになる訳ですが、
あまりに違い過ぎるのでそのあまりのギャップに
使う写真を別人の人と取り違えたのではないかと
思わせるほどの変貌です。

あぁ~ビックリといった驚きを感じざるを得ません。
この清原さんの写真が巷に出まわっていなければ
私は誰でしょう?・・・といったテレビのクイズ番組に
出てくるネタになっても決しておかしくありません。


この件に関しては、簡単にまとめている記事を
見つけましたのでリンクして引用させてもらいます。


清原和博の現在は11月足切断の真実は?
糖尿病末期症状で透析も?

https://mikano-kaiji.com/sport/baseball/1326/

以下

清原和博の11月足切断の真実は?

2016年2月2日に覚せい剤所持で逮捕され
その後覚せい剤使用でのW逮捕となった。

裁判で懲役2年6ヶ月、執行猶予4年の判決を
受けその後は持病の糖尿病の治療や覚せい剤依存の
治療にとりかかっていると報道されました。

そんな状態で一時はかなり自身の起こして
しまった事件の大きさを食い居てかなり後悔して
一時は引きこもり状態だと言われ1年弱が過ぎた
去年の2017年11月に浮上していた足切断の真相は?

結論から言って今現在2018年1月時点では
足の切断をしたという確かな情報はありません。
相当糖尿が酷い状態であることは報道で何度も
耳にしたが足切断とはリアルに怖い。

ただ状況によっては全く絵空事な話でもないようで
演歌歌手の故村田英雄さんも糖尿病の悪化から足を
切断されていた一人として有名です。


清原和博の糖尿病は末期症状が相当ヤバい

彼の糖尿病の症状はかなり酷い状態で
ヘタしたら死んでも可笑しくないレベルと
週刊誌にも書いてあった。

長年の暴飲暴食が祟ったのか、
それもこの数年の話では無くかなり前から
この糖尿病の悪化は噂されてきた。

それもそのはず健康な人の血糖値が
100~140と言われる中
清原氏の血糖値はすでに900以上と言われ
既にこの異常に高い数値を見てもいつ死んでも
おかしくないレベルの血糖値なんだとか・・・

これほどの高血糖がもたらす悪影響は
様々な症状として体を襲いもはや薬物依存だけを
心配するレベルではなく動脈硬化や脳梗塞、
脳出血、心筋梗塞や狭心症など全て上げたら
きりがないレベルにハイリスクと隣り合わせ
なのだそう。

そして先ほどの11月足切断もこれらの症状から
四肢に影響が出て『壊死』となり足の切断や指の
切断になる患者が多い。

こんな経緯から
『11月足切断』の噂が出回った様子です。

つまりいつ倒れてもおかしくない、倒れた時は
インスリンを即刻打たないと死亡するケースも
ある状態と言えるでしょう・・・

覚せい剤だけじゃないんです。
かなりヤバい体調であることは間違いありません。



清原和博の糖尿病の透析が必要と言われる数値

通常ここまでの血糖値になるまでに食事療法に
始まり、運動療法など様々な治療を進められて
行ってきたと思います。

でも常識的に考えても900以上の血糖値は
かなり異常な数値です。

清原さんの場合インスリン含む血糖値の
コントロールがいつ頃から始まったか
定かではありませんが既に合併症の管理から
透析も行っているかもしれませんね。

透析は本当に受ける方の体にも応える治療
なので医師もよほどの状況でない限り
勧めない治療法だと言われていますが、
なんといっても血糖値900以上です。

慢性腎不全などカリウムの数値が
あまりに高い数値になり放置すると
尿毒症の恐れも出るので遅かれ早かれ
この血糖値では透析の選択は免れないと思います。


清原和博の透析目前の現在

とは言えここまで糖尿病の悪化の現実が
あることから医師からも相当の食事療法や
運動の取入れをキツク指導されたはずの清原氏。

釈放後は一時糖尿病の治療と薬物依存の治療を
受けながら15㎏の減量をして1週間に1度の
通院に都内でのウォーキングも行うところを
目撃されています。

直近でメディアに姿を現した最後の姿が
雑誌2017年6月29日発売の雑誌
「Sports Graphic Number」の表紙を飾った時。

逮捕前のイカツイ風貌とは打って変わった姿は
世間でも話題となりましたね。

<引用終わり>
----------------------------------------


日本の糖尿病有病者は1000万人超
http://www.dm-net.co.jp/calendar/2017/027369.php

糖尿病が疑われる成人の推計が2016年に
1,000万人に上ったことが、厚生労働省が実施した
「2016年国民健康・栄養調査」で分かった。
前回(2012年)調査より50万人増え、
調査を開始してから最多となった。
発症に至らない糖尿病予備群は1,000万人

======






管理人

清原さんの記事は
何かの調べものの途中~偶然に目にした
記事だったのですが・・・

糖尿病予備軍含め 2050万人 だそうです。
そういえば、糖尿病についてはまだ・・・
本格的にメルマガで取り上げていませんでした。
迂闊でした。

という訳で、いよいよ8月から始まる
★第12期メルマガの最初の記事として
糖尿病を取り上げることにしました。

★メルマガ第89号
糖尿病の本質と治療法
~ 足を切断しなくて済む治療法!


糖尿病なるものを徹底解明し
そのウソやデタラメの全てを暴く。

何も知らない人には、
失明や足切断を招く悲劇が待ち受けるかも。

★メルマガ第89号では
足を切断しなくて済む治療法も
ご紹介する予定です。

病院やお医者さんからは決して得られない
貴重な情報が満載です。

2002年6月13日にお亡くなりになられた
村田英雄さんも、この★メルマガ第89号の
記事をご覧になれば糖尿病から快方へと向かわれ、
そして、白内障になることもなく、更には、
足を切断しなくても済んだかもしれない。
時既に遅しですが・・・

清原和博さんも必見です。
そんな内容の記事にしたいと思います。


デタラメ治療の結果 
糖尿病で年間3000人以上が失明、足切断

http://news.livedoor.com/article/detail/9373971/







【光軍の戦士メールマガジン】

第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!











. 【 女性の誰もが知らない最高の美顔術 】

【 女性の誰もが知らない最高の美顔術 】







お知らせ

7月31日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第88号 
神経痛 ~ 痛みの真犯人と正しい治療法を
お医者さんは教えてくれません!


届いていない読者の方は直ぐにご連絡下さい。






第11期メルマガ (5月から7月末まで)
★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り


<一部のみ引用>

第9期メ-ルマガジン 
(2017年11月~2018年1月)
★メルマガ第63号 第1回
~ ヨーロッパの女性読者 T.N様からの深刻なご相談


2017年11月29日のメルマガ過去記事です。
ヨーロッパの女性読者様は、今現在も、
ヨーロッパ各地の劇場において公演を続けている
劇団メンバーのレギュラーのお一人です。
無論、日本人女性の方です。

~ 中略 ~

2018年7月2日
T.N様より嬉しいお便りをいただきました。 

いつも素晴らしい情報をありがとうございます。
いただいた情報のおかげで、私の足は、
かなりまともになってきました。

吸いだまは、大変効果がありました。
そして、ローズマリーも。
ただ、この仕事は、いつもどうらんやすごい化粧なので、
これも良くないと思いますが、重曹の水で仕事のあと、
肌を洗うと、顔の大きなしみが、
少しずつ薄くなってきたのです。
なんとお礼を申し上げてよいかわかりません。
本当にありがとうございます。

~ 引用終わり ~
------------------------------------------------


管理人

私は、定期的に心身ともにリフレッシュする為に
広島市の中国式マッサ-ジのお店に通っています。
無論、健全この上ない真面目な良いお店です。
そのお店のオ-ナ-でありマッサ-ジ師でもある
40代の女性の方に、以上のようなお話をして
あげたところ、すごく関心を持たれました。

翌日に、彼女は「重曹」を買われたそうです。
そして、その日から毎日のように、化粧落としを
した後に、「重曹」を溶かした水溶液で
洗顔されたそうです。

それから2週間後、私がそのお店に行ったところ、
満面の笑みで迎えてくれたのです。

彼女曰く・・・
「あれはものすごくいいです。
顔の地肌がとてもきれいになりました。
本当にありがとう御座います。」

やはり、女性の綺麗になりたいと願う気持ちは
国境に関係なく強いものだと思いしらされました。


何故、「重曹」がそんなに良いのか説明します。

第一に
重曹は、掃除にも使われるように
汚れを浄化するパワ―を持っています。
顔に残っている化粧も落としてくれますし、
脂質も綺麗に落としてくれるのです。

第二に
顔のシミや吹き出物の原因になっている
顔の皮膚表面の原因物質を浄化してくれます。

第三に
顔の皮膚表面で様々な悪さをするカビ菌や細菌の
活動を抑止する効果があります。
無論、顔のアトピ-にも効果があります。
アトピ-の原因の主因は、カビ菌や細菌ですから。

*ちなみに、アトピ-にステロイドを使い続けると
あとで、大変後悔することになりますから
是非、覚えておいて下さい。

第四に
顔の皮膚表面を酸化環境から還元環境に変えてくれます。
酸化と老化は、ほぼ同じ意味になります。
最も還元されているのが赤ちゃんの顔と肌です。


すごいでしょ・・・皆さん。
こんなこと、女性のほぼ全員の皆さんは
ご存知ありません。
たった500円くらいの「重曹」で
素晴らしい「美顔」にすることが出来るのです。
化粧品メ-カ-も真っ青です。

そもそも、化粧品のほとんどに人体に良くない
ものが多く含まれています。
なので、年月を経ると女性の顔の地肌が
どんどん劣化していくことになるのです。
そうしますと、ますます厚化粧しなければ
ならなくなります。

ただそれだけに止まらず・・・
乳がんや子宮がん、バセドウ病や膠原病などの
難病の一因にさえなっている可能性が疑われています。

私の個人的な考えですが、
先ず、顔の生き生きとした肌を取り戻す。
そして、化粧はポイントだけをきっちり仕上げ
化粧そのものを最低限に留めるだけにする。
目や口元といったところですね。

私はそれで充分だと思っています。
なんといっても、生き生きとした天然の地肌の顔が
一番健康的で魅力的なのではないでしょうか。
しかも、病気の元の原因物質を身体に入れないで済みます。


更に、綺麗になりたい人には
ローズマリーエキス原液をお勧めします。

ローズマリーエキス原液を綺麗な水で薄めて
寝るときに、顔に塗布するのです。
ビタミンAも一緒に入れると更に良いです。

何故、そんなに良いのか?
★メルマガ第71号に詳細に書かれています。

第10期メルマガ(2018年2月〜2018年4月まで)

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?


簡単に説明すると・・・
人の顔や肌のうるおいは
ヒアルロン酸の分量によって左右します。
赤ちゃんの顔は、ヒアルロン酸に満ちています。

皆さん、
皮膚中のヒアルロン酸の半減期はたった1日なのです。
なので、人の身体は毎日~ヒアルロン酸を体内で
作り続けているのです。
しかし、歳をとるごとに人のヒアルロン酸~産出量は
徐々に減少していくのです。
だから、顔のしわが増えていく訳です。

それだけではありません。
人の体内には、身体全体にヒアルロン酸を分解する
酵素を持っているのです。
ヒアルロニダーゼ と呼ばれています。

このヒアルロニダーゼを多く保有している人ほど
顔や身体の老齢化が早く進行していきます。
のみならず、ガンにもなりやすいです。


★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!

~ 一部引用

ヒアルロン酸の分子量が大きいと、
細胞は数が増えないよう「命じられる」。

分子量が小さいと、
細胞は増殖するよう「依頼」される。



つまり、ヒアルロニダーゼは
⇒ガンを誘発する因子ともいえるでしょう。
個人差がありますが、このヒアルロニダーゼを
体内に多くもつ人は、ガンになりやすい
という理屈になります。

ガン細胞は、このヒアルロニダーゼを
多く出している可能性が高いです。


ところがですね、皆さん。
ローズマリーエキスは、
このヒアルロン酸を分解するヒアルロニダーゼの
働きを阻止してくれるのです。

しかもですよ・・・
顔や皮膚の炎症を抑えてくれるのです。
炎症が長引くと、病状が著しく進行します。
それだけではない。
なんと、ガン細胞の増殖まで抑えてくれるのです。
すごいでしょ・・・ローズマリーは。




ローズマリー、タイム、バジル、
およびセージを含むハーブは、
癌細胞増殖を刺激するBCL2遺伝子活性を阻害する







「NATUDRE ローズマリーエキス原液」
https://item.rakuten.co.jp/nenrin-lab/10000043/?scid=af_pc_etc&sc2id=af_113_0_10001868



今回は、美顔についてお話していますが、
顔に良いものは身体全体に良いのです。

私が、重曹のアルカリ温泉をお勧めするのも
身体全体を還元してくれるからです。
しかも、皮膚からの吸収によって
血液に入っていきます。
ガン細胞の大敵は、アルカリなのです。
何も難しいことは言っていません。
原理は、とってもシンプルです。


最後に・・・
女性だけに良いのではありません。
男性にもすごく良いことをお忘れなく。

そして、女性の皆さんに御聞きしたい。
貴女が使っている化粧品をそのまま口から
飲み込めますか?
いかがでしょう?

口から飲めないような代物を貴女の大事な顔に
使って良いものでしょうか?
化粧品、シャンプー、リンス、毛染め薬・・・
顔の皮膚から、確実に体内や血管に入っていきますよ。
是非、そのことをお忘れなく。


ベビーパウダーやファンデーションの使用で卵巣がん!
   ~米で約80億円の損害賠償命令~

https://ameblo.jp/64152966/entry-12299649901.html







【光軍の戦士メールマガジン】

第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!









. プロフィール

z64150528

Author:z64150528
FC2ブログへようこそ!

. 月別アーカイブ
. 検索フォーム
. リンク
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR