光軍の戦士のブログ

. 地震直後の流言飛語やデマは駄目だが、しかし、その中には真実もあるだろう!

地震直後の流言飛語やデマは駄目だが
しかし、その中には真実もあるだろう!








管理人

上の画像は、昨年9月6日に起きた
北海道大地震のものです。
大水害でもこのような現象はあり得ません。
まして、地震であのような全面的土砂崩れは
自然の地震では考えられません。

理由は、山林の木々が土中の中にびっしりと
強固に根をはっているからです。
ですから、あの画像は実はとんでもない写真なのです。
何故、そのことに多くの人は気づかないのか!?

何が言いたいのか・・・
もし、自然地震であるなら、
あのように酷い全面的土砂崩れが起こるほどの
すさまじい地震であるなら・・・
半径50キロ圏~前後の家屋の半分以上が倒壊の
可能性があったのではないだろうか。

しかし、そうはならなかった。
これが、昨年9月6日に起きた・・・
北海道大地震の最大の秘密です。
但し、この秘密を決して暴く事なかれ!



北海道の方より大変面白い情報が寄せられました。
2月23日の北海道新聞朝刊の記事です。

<引用開始>

(出典)2019年2月23日(土曜日)北海道新聞朝刊

(標題)「これから本震」「原因は核実験」

(副題)ネットにデマ道警17件指摘

    鳩山元首相のツイートも


(本文)

胆振管内厚真町で最大深度6弱を観測した
21日夜の地震をめぐり道警は会員制交流サイト(SNS)
など、インターネット上に誤解を招きかねない情報や
デマの書き込みが相次いでいるとして注意を呼びかけている。

道警はネット上を監視して不適切な書き込みを探す
「サイバーパトロール」を実施し、地震発生直後から
22日午後5時までに計17件の書き込みを確認した。
道警は「公的機関の発表とは異なる情報で、
誤解を招く可能性がある」とする。

17件は
「親戚の自衛隊員から、これから本震が発生すると聞いた」
「原因は核実験らしい」といった内容で、
ほとんどはSNSのツイッターに書き込まれていた。

陸上自衛隊北部方面総監部(札幌)は
「隊員が地震の再発について説明することはない」とし、
気象庁も「核実験はデマ」と否定する。

17件の中には地震直後の21日夜、
鳩山由紀夫元首相のツイッターアカウントで投稿された
「CCSによる人災と呼ばざるを得ない」との
書き込みも含まれる。

CCSは地球温暖化対策として、二酸化炭素(CO2)を
地中に閉じ込める技術。苫小牧沖で実証実験が行われている。
試験を実施する日本CCS調査(東京)は
「昨年9月の胆振東部地震では専門家による検証で
関連がないとの結果を得ており、今回も同様と考えている」

と説明している。(中秋良太)

<引用終わり>
==================







「親戚の自衛隊員から、これから本震が発生すると聞いた」
「原因は核実験らしい」といった内容で、
ほとんどはSNSのツイッターに書き込まれていた。


管理人

この部分が最も気になる箇所です。
流言飛語の中には、当然、デマもあるでしょう。
デマを飛ばしているのか?
或いは・・・
事実を語っているのか?
判断がむつかしいところです。

しかし、全くのデマであれば、そのようなデマを
飛ばした人は法によって罰せられることは
理解しているはずなのですが・・・。
身元なんて、簡単に探り当てられるでしょうに。

私の感覚からすると・・・
そんな意識などまるでなく、
聞いたことをそのまま書いただけのような
素朴な感じがしてなりません。
皆さんは、いかが感じられたでしょうか?

身元が割り出せたら、親戚の自衛隊員とかの
本人までたどり着くのは間違いない。
恐らく、この件が公けになって問題の自衛隊員が
辞めさせられたとかのニュ―スを我々・国民が
目にする事は無いと思われます。
内々にかたづけられるのではないでしょうか。

とにかく・・・
事実であるにしろデマであるにしろ
絶対に騒ぎにはしたくない案件です。
ただただ、訓練中に問題の自衛隊員が
事故死しないことだけを祈ります。

いずれにしましても、このような案件が
新聞紙に載ること自体、すごい事だと
私は思いました。

自衛隊とか警察だとか・・・この組織を
決して、ひと括りにしてはいけません。
自衛隊にしろ、警察にしろ、その一部に
実に恐ろしい連中が暗躍しております。
普通の自衛隊員や警察官はほとんど何も知らない。

しかしながら、大きな堤防もアリの一穴から
崩れるの例えにもあるように、全ての秘密を
隠し通せるものではありません。
さて・・・
今回の一件が、本当にデマなのか?
或いは、単に真相がポロッと漏れただけなのか、
ここ5年の内にはっきりして来るでしょう。

ただ、皆さんは目で確認出来る事実~情報だけは
知っておかれるべきだと思います。


正月三が日、日本国民が、
今一番知らなければならない事。

https://ameblo.jp/64152966/entry-11972687922.html


東京湾海底に巨大地震のタネを仕込もうと
している人達がいるって本当!?

http://ameblo.jp/64152966/entry-11610412178.html

3. hantama  2013年09月09日 20:36

2020の東京オリンピックは最初から無い。
阪神、新潟、福島で行われた地下への液化注入が
2015から東京湾で始まるから。

地下への液化注入が翌年に何をもたらすのかk
このブログを見る人なら誰でも知る事実。
東京湾で行われる液化窒素の地下への注入は
試験的に行われた福島とは比較にならない位大量で、
この計画は今でもネットでPDFで確認出来ます。

   ↓

4. hantama 2013年09月10日 22:06

検索ワードは
二酸化炭素地中貯留技術研究開発

関連するPDFが多く出てきます。
細かい部分はご自身でご確認下さい。

新潟県長岡や福島で行われた年間10万トン規模の
実証試験の事や2015年からの本格的な地下貯蔵の
事が書かれています。
スポンサーは経済産業省ですね。

前回のコメントで書いて無いことを教えます。
2015年からの本格貯蔵の開始は 東京湾 だけではなくて、
大阪湾・伊勢湾や九州など臨海に工場地帯が有る場所全てです。

何故、南海や関東の巨大地震を煽るのか?
超巨大地震が起きることが確実に判り、
起きた時の原因を誤魔化し気が付かれたく無いからです。
陰謀論ではなく事実です。


5. hantama  2013年09月11日 03:00

[PDF] 二酸化炭素地中貯留技術研究開発

中 間評価報告書 - 経済産業省の54/110


b,実適用に向けた技術課題の抽出、課題解決に向けた検討 
 c)大規模排出地域(東京湾・大阪湾)を対象とした

システムイメージ策定 には
年に700万トンを圧入した場合と2300万トン圧入した
時の影響評価が有ります。
これはシュミレーション済みなのが他のPDFでも
確認できますが、

福島は年50万トンであの結果です。
2300万トン圧入とか想像出来ません。


それとこの計画の完全実用化は2020を目指しています
地球温暖化防止co2削減ですか、

不都合な真実 で知られるあの方も
もしかしてイルミなのですかね? 
確か原子力産業の大物ですね。
気が付く人以外には全ては計画の通り なのかもね。

<引用終わり>







【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第14期メ-ルマガジン
( 今年2月から今年4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ108号
2019年5月 ✖ デ- ~ 〇〇県❓❓❓

★メルマガ107号 
たばこの葉の発酵プロセスに使用する
酵母が ~ ガンと掌蹠膿疱症の元凶!?



第13期メ-ルマガジン
( 去年11月から今年1月までの3ヶ月間 )

★メルマガ106号
今年1月、大手新聞各社にて一斉に出された
巨大地震を臭わす暗号記事を解読してみた!?

★メルマガ105号 
汚染地域に住み内部被ばくをすると
何故~ガン・白血病や難病になるの!?

★メルマガ104号 
慢性前立腺炎とガン 〜 そして希望 〜

★メルマガ103号 
 心と身体とガン

★メルマガ102号 
自己免疫疾患なるものの真の正体!?

★メルマガ101号 
ガン・白血病~脳梗塞や心筋梗塞の最大の真犯人

★メルマガ100号
納豆菌はガンの原因菌を食べてくれて
ビフイズス菌や乳酸菌を増やす!!!

★メルマガ99号 
白血病や悪性リンパ腫の真犯人!?

★メルマガ98号
『自己免疫疾患』と診断され苦しんでおられる皆様へ



第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ97号 
アボカドの脂質〜アボカチンB〜が、
ガンの幹細胞を殺す可能性がある!!!

★メルマガ96号 
ノーベル賞受賞・本庶氏のガン治療薬
 「オプジーボ」は恐ろしい!?

★メルマガ95号
亜麻仁は肺ガン・乳ガン・結腸ガンの予防効果
と放射能被曝から身体を防御する!

★メルマガ94号 
身体から化学物質や毒物~放射能を除去する方法

メルマガ93号
【続】北海道大地震の真実 ~ Haarp ~

メルマガ92号
北海道大地震の真実

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 
ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号
第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  
悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号
悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号
スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!










スポンサーサイト



. 21日の北海道地震はCCSによる人災ではないが人工地震の疑惑は消えない‼

21日の北海道地震は
CCSによる人災ではないが
人工地震の疑惑は消えない‼
 









2月21日に起き田北海道地震について
鳩山由紀夫氏が奇妙な説を唱えている。

http://netgeek.biz/archives/136775


鳩山氏、地震は「人災」投稿
…道警が注意呼びかけ

http://news.livedoor.com/article/detail/16061219/


「北海道地震は人災」
鳩山由紀夫氏が言及した
「CCS」は陰謀論なのか?
米大学や地震学者も警告、国会質問も!?

https://twitter.com/curecontrabass/status/1098996702931869696



管理人

元総理の鳩山由紀夫氏のツイートが大炎上し、
北海道警もデマ認定し、工作員や無知の人達が
よってたかって大騒ぎになっているようです。

鳩山さんは、少し早とちりしたのではないかと
私はそのように思います。
Co2を地中に封入する作業が今でもずっと続けられて
おり、その結果が地震を引き起こす可能性があるのは
ちゃんとした知識人の間では常識です。


============

福島県の連続地震は「人工的」に惹起された可能性
http://ameblo.jp/64152966/entry-10983496347.html

新潟の地震が、Co2を地中に封入する実験で
引き起こされたのではないかと国会で追及した議員がいた。
『帯水層に高圧の二酸化炭素を封入し、
地下水に溶解させて貯留する手法。
帯水層中の二酸化炭素は超臨界流体。長岡で実証実験』
これ、福島県いわき市勿来町でもやっている。
4月11日の震源地じゃん

============


しかしながら、その可能性と北海道の地震との因果関係を
直接結びつけるのは賢いやり方とは思えません。
一番可能性として考えられるのは・・・
比較的近くで人工地震を起こし、二酸化炭素貯留帯への
影響を調査していると考えるのが現実的です。

つけ加えますと、去年9月の北海道大地震と
今回の2月21日の北海道地震とでは
その本質といいますか・・・内容は異なります。
その違いが分かる人でなければ話になりません。
去年9月の北海道大地震→harrp使用
今回の2月21日の北海道地震→harrp不使用
この二つの場合の違いの検証と調査目的。


ところで、以下が今回の地震波形です。
人工地震の可能性が9割といったところでしょうか。
北海道警がデマだと言うのであれば・・・一度、
軍事専門家にお聞きしなさいとお答えします。
尤も、軍事専門家も権力の傀儡な訳ですが。
地下核実験は、大抵は人工地震の研究です。
軍事専門家であれば、その時の地震波形を
よくご存じのはずです。


ドカ―ン と 爆発




ところで、もっと面白いものがあります。
気象庁発表の北海道地震情報です。


各地の震度に関する情報
平成31年 2月21日21時26分 
気象庁発表

https://www.jma.go.jp/jp/quake/20190221122646395-21212246.html

21日21時22分ころ、地震がありました。
震源地は、胆振地方中東部
(北緯42.8度、東経142.0度)で、
震源の深さは約30km、
地震の規模(マグニチュード)は5.7と推定されます。
この地震による津波の心配はありません。
この地震について、緊急地震速報を発表しています。

この地震により観測された最大震度は6弱です。

============


21日21時22分ころ、地震がありました。
→ 3 3 22

震源地は、(北緯42.8度、東経142.0度)
→ 4+2+8+1+4+2=21 → 3

震源の深さは約30km → 3

地震の規模(マグニチュード)は5.7
5+7=12 → 3

最大震度は6弱 → 33


3 3 22



33



おやおや、すごいことになりましたね。
イルミナティ・フリ-メ-ソンご用達の
カバラ変換を使うとこうなります。

これを偶然というのであれば、
まあ、何万分の一程度と言っていいくらいの
偶然の確率でしょう。
カバラ変換さえも知らないような人には
デマだとか文句を言う資格はありません。

気象庁こそが、数字を細工している張本人です。
今日まで、その状況証拠は腐るほどあります。
っていうか、気象庁からの内部告発もあります。
そもそも、気象庁はイルミナティの下部組織です
から、あまりにも当然の話ではあります。
震源の深さにしたって、約30kmっていうのは
ほとんどウソというかデマの可能性があります。
もうこれは、我々の世界ではほとんど常識です。

22という数字は、11を倍化して更に
その意味を強くしたものです。
11は革命的テロ決起を表す数字です。
11も22も本質的には同じ意味です。

気象庁発表の北海道地震情報で出てくる
数字は、3と22=(11)だけです。
3.11・・・あれれ、どこかで見たことありますね。
9.11・・・も、大元は同じ連中の仕業でしょう。

地震波形

気象庁発表の北海道地震情報


・・・この二つを見ただけでも、
人工地震の可能性は99%のように
私は思ってしまいます。

これって、子供にも分かるような簡単な話
なんですが、工作員連中は死に物狂いで
必死にデマ扱いしてきますからね。
何もご存じない無知な人はそれに相乗りして
ギャ-ギャ-わめき散らす日本社会の縮図が
そこに見てとれます。

そうそう、忘れてはいけないのがマスコミ連中。
彼らの最大の仕事といいますか大きな役目といえば
真相を決して国民に知らせない番人ですね。
これって、もう常識でしょう。
何故なら、マスコミもまた・・・
イルミナティ・フリ-メ-ソンの支配下にある
ろくでもない情報機関だからです。
彼らは、それ故、報酬として高い給料を
もらっている訳です。

例えば、以下の世界保健機関~WHOが公表した
世界各国のガン死亡率推移のグラフなんてものは
大手新聞の紙面には載せないでしょ。




そう・・・絶対に載せません。
国民に真相を決して知らせないのが本当の役割だからです。
あ~あ、また当たり前のことを長々と
書いてしまいました。

かくして、国民は全く何も知らないまま
家畜国民と化していく。
北海道警も・・・。

ある心ある愛国者が真実を告発すると
権力やマスコミや警察がよってたかって
徹底的に叩くという構図は・・・
今も昔も何も変わらないですね。


北海道大地震の真実
https://ameblo.jp/64152966/entry-12403453957.html


日本が地震に偽装して
地下核実験をしているのは
今や ~ 世界の常識!

https://ameblo.jp/64152966/entry-12405385617.html












【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第14期メ-ルマガジン
( 今年2月から今年4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ108号
2019年5月 ✖ デ- ~ 〇〇県❓❓❓

★メルマガ107号 
たばこの葉の発酵プロセスに使用する
酵母が ~ ガンと掌蹠膿疱症の元凶!?



第13期メ-ルマガジン
( 去年11月から今年1月までの3ヶ月間 )

★メルマガ106号
今年1月、大手新聞各社にて一斉に出された
巨大地震を臭わす暗号記事を解読してみた!?

★メルマガ105号 
汚染地域に住み内部被ばくをすると
何故~ガン・白血病や難病になるの!?

★メルマガ104号 
慢性前立腺炎とガン 〜 そして希望 〜

★メルマガ103号 
 心と身体とガン

★メルマガ102号 
自己免疫疾患なるものの真の正体!?

★メルマガ101号 
ガン・白血病~脳梗塞や心筋梗塞の最大の真犯人

★メルマガ100号
納豆菌はガンの原因菌を食べてくれて
ビフイズス菌や乳酸菌を増やす!!!

★メルマガ99号 
白血病や悪性リンパ腫の真犯人!?

★メルマガ98号
『自己免疫疾患』と診断され苦しんでおられる皆様へ



第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ97号 
アボカドの脂質〜アボカチンB〜が、
ガンの幹細胞を殺す可能性がある!!!

★メルマガ96号 
ノーベル賞受賞・本庶氏のガン治療薬
 「オプジーボ」は恐ろしい!?

★メルマガ95号
亜麻仁は肺ガン・乳ガン・結腸ガンの予防効果
と放射能被曝から身体を防御する!

★メルマガ94号 
身体から化学物質や毒物~放射能を除去する方法

メルマガ93号
【続】北海道大地震の真実 ~ Haarp ~

メルマガ92号
北海道大地震の真実

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 
ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号
第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  
悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号
悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号
スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!








. 堀ちえみさんの舌癌ステ-ジ4は ~ 2001年の急性膵炎から始まった‼

堀ちえみさんの舌癌ステ-ジ4は
~ 2001年の急性膵炎から始まった‼








お知らせ

最新のメルマガは、明日21日に配信予定です。

★メルマガ108号
2019年5月 ✖ デ- ~ 〇〇県❓❓❓







堀ちえみさん・舌がん、なぜ診断遅れた?
長引く口内炎は要注意、医師も見落としやすい

https://biz-journal.jp/2019/02/post_26766.html

タレントの堀ちえみさんが、口腔がん(左舌扁平上皮がん)に
かかっていることを公表した。
堀さんのがんはステージ4で、首のリンパへ移転しており、
今月には舌を半分切る12時間におよぶ手術に挑むと明かしているが、
舌がんは発症率が低いこともあり、その実態はあまり知られていない。
 
舌がんという病気について、血液内科医で元東京大学医科学研究所
特任教授の特定非営利活動法人・医療ガバナンス研究所理事長、
上昌広氏に解説してもらった。

堀さんは私の2歳年上。私が中学1年生のときにホリプロタレント
スカウトキャラバンで優勝して芸能界入り。
テレビドラマ『スチュワーデス物語』(TBS系/1983~84年放送)
などで人気を博した。同じ関西出身ということもあり、
親近感を抱いていた。他人事とは思えない。

彼女のブログによれば、リンパ節転移があり、
ステージは4(もっとも進んだ状態)だという。
このことを聞いた知人からは
「なぜ、こんなに診断が遅れたのか」と質問を受けた。

私は堀さんのケースは、彼女のブログに書かれているように、
さまざまな要因が重なったと考えている。
彼女が最初に舌の裏側の口内炎に気づいたのは昨年の夏だという。
なかなか治らないため、11月にかかりつけの歯科医を受診した。
レーザー治療などを受けるが、ほどなく舌の左の側面にも腫瘤ができる。
約3カ月で進行したことになる。その後、リンパ節にも転移する。
舌がんは発見が遅れると、すぐに病気が進んでしまう。

もう一つの問題は、舌がんが珍しいがんであり、
一方、口内炎はありふれているため、一般人はもちろん、
専門外の医師は舌がんをあまり疑わないことだ。
堀さんの主治医は、リウマチの治療薬の副作用で口内炎ができやすい
ため、休薬して経過をみましょうと判断したとのことである。

筆者もかつて似たような状況で舌がんを見落としたことがある。
その患者は骨髄移植を受けた白血病患者だった。
白血病は治ったが、骨髄移植後に移植片対宿主病(GVHD)という
免疫反応が起こり、治療に苦慮していた。
その治療の最中に舌に違和感を訴え、口内炎ができたが、
筆者はGVHDの一症状と当初考えた。
口内炎はGVHDの症状の一つだからだ。実は舌がんだった。
この患者は幸い口腔外科にも受診していたので舌がんと診断され、
手術を受けた。今もお元気だ。

この時、筆者が認識しておくべきだったのは、なかなか治らない、
痛みを伴わない口内炎は舌がんの可能性があることだった。
確かに、この患者も痛みはなかった。
口内炎はアフタと呼ばれる口腔粘膜の「びらん」や潰瘍のことだ。
激しい痛みを伴う。
治療薬も存在するが、通常は1~2週間で自然治癒する。

ところががんによる口内炎は、なかなか治らない。
そして進行するまで痛みがない。
堀さんも夏に出来た口内炎が11月まで治らず、当初は痛みもなかった。
あとから振り返れば、典型的な舌がんだ。
ところが、堀さんはもちろん、歯科医もその可能性に気づかなかった。
舌がんが胃がんや肺がんほど社会で注目されていれば、
誰かが気づき、堀さんに助言しただろう。
これをきっかけに、大いに認知を高めてほしいと思う。

 では、堀さんの治療はどうなるだろうか。

手術を行い、その後に放射線や抗がん剤を加えた治療になるだろう。
病期はステージ4と進行した状態だ。ただ、絶望する必要はない。
がん研有明病院の報告によれば、
ステージ4の舌がんの5年生存率は45%だ。長期生存が期待できる。
がん治療は近年、急速に進歩している。
免疫チェックポイント阻害剤ニボルマブも承認されている。

最後に舌がんの危険因子についてご紹介したい。
舌がんに限らず、口腔がんの最大の危険因子はタバコだ。
噛みタバコの消費が多いインドでは、口腔がんはありふれたがんだ。
全てのがんの3分の2を占めるという報告もある。

近年、日本では禁煙が進んでいる。舌がんの頻度は減るはずだ。
ところが、そうはなっていない。
1970年代、日本ではほとんど舌がんはなかったが、
その後、急速に増加した。この傾向は米国も同じだ。
米国がん研究所の報告によれば、2008年から12年の間に
白人男性の舌がん罹患率は年率で5.1%も増えている。
その原因は不明だ。

さらに米国では若年者の舌がんが増えている。
18年には米ヴァンダービルト大学の研究者、
19年には米ラッシュ大学メディカルセンターの研究者が
同様の研究成果を報告しているが、このような若年発症の
舌がんではタバコとの関係は指摘されていない。
また、咽頭に感染したヒトパピローマウイルスが口腔がんを
起こすことが報告されているが、若年性舌がんでは関与は否定的だ。

堀さんは関節リウマチの治療中だった。
治療薬であるメソトレキセートは、関節リウマチ治療中に
悪性リンパ腫を起こすことが知られている。
このような場合、メソトレキセートをやめれば、
腫瘍は縮小・消失することもある。
筆者が調べた範囲で、メソトレキセートと舌がんの関係について
言及した論文はなかったが、今後の研究が待たれる領域だ。

このように舌がんについては、まだまだ不明な点が多い。
堀さんの治療が成功すること、およびこれを契機に
研究が進むことを願う。
(文=上昌広/医療ガバナンス研究所理事長)

<引用終わり>
==================


管理人

堀ちえみさんは本当に大変だと思います。
今後~更なる困難が様々あるとは思いますが
何とか、快方に向かって欲しいと・・・
心よりお祈り申し上げております。

ただ、残念なことに現代医療が正しい方向に
進んでさえいれば、堀ちえみさんは2016年の
リウマチにも、そして、今年に入ってからの
舌癌にもならなかったのではないかと
大変残念な気持ちでいっぱいです。
無論、リンパ節への転移も無かったはずです。

その根拠として・・・
去年の3月1日に配信したメルマガ第72号の
中にしっかりと書かれています。

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリーキーガットが主犯!


堀ちえみさんは2001年当時に急性膵炎になって
しまわれた訳ですが、その時が、堀ちえみさんにとって
最も重要な分水嶺でした。
この急性膵炎を根本から治療していれば、
その後のリウマチや舌癌ステ-ジ4といった
悲劇は防げたはずであると確信しています。

皆さん、急性膵炎は膵臓の病気です。
膵臓は一体どこにあるでしょうか?

そうですね、小腸の十二指腸とくっついた形で
存在しています。




もし、堀ちえみさんの小腸がリーキーガット症候群か、
或いは、それに近い状態であったとするなら
堀ちえみさんの小腸には、カンジダが溢れていたはずです。





そして、膵臓は小腸とくっついています。
皆さん、カンジダが膵臓には絶対に遠征しないと
思われますか?

お聞きするまでもありませんね。
答えは・・・イエスです。
小腸に繁殖したカンジダは当然、膵臓にも
拡がるのは誰の目にも明らかです。

しかしながら、このカンジダは一旦細胞に取り付いたら
培養などしても検出するのは極めて困難を極めます。
なので、急性膵炎や膵臓ガンと関連づけられないのです。
しかも、医大などではガンと微生物やカビ菌などとの
因果関係は全くといっていいほど習いません。

ちなみに、膵臓ガンの5年生存率がメチャクチャ低いのは
膵臓に病原菌→カンジダを供給する小腸が隣にあるからです。
この膵臓ガンとカンジダとの因果関係を解明しない限り、
膵臓ガンの5年生存率は最悪のままで止まるでしょう。
つまり、治癒率の結果が現在のすべてを物語っています。

堀ちえみさんに本当に必要だったのは、
カンジダ菌を抑え込み、小腸を健康な状態に戻すことでした。
しかしながら、お医者さんはそれをしませんでした。
だって、リーキーガット症候群さえ知らないのですから
治せる訳はないと思います。

そして、堀ちえみさんが2016年に発症したリウマチですが、
これもやはり、カンジダやその他のカビ菌、細菌などが
深く関わっています。
以下のメルマガに科学的に書かれています。
大阪大学医学部の大変秀逸な学術論文を参考にしています。

★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞である
Th17が骨の破壊を誘導する!



次に、ブログ記事より引用します。

ステージ4の転移癌を全て消滅させた
「春ウコン」とカンジダの深い因果関係!?

https://ameblo.jp/64152966/entry-12345397132.html

● 炎症を誘発する 

消えていかない長引く炎症は、組織に傷をつけること、
そして損傷組織を再生させようとするときに増殖性物質を分泌することの
両方からがんを促進しますが、慢性の炎症が間違った方向に向かうときに
組織を不死状態にしてしまいます。

カンジダ・アルビカンスは、免疫抑制、乱れた食生活、化学物質への暴露などに
よって異常に増殖した時に、体内で炎症反応のカスケードを引き起こすもの
として有名です。
これらの誤った炎症反応は腫瘍細胞接着の増加を促進することが分かっていますが、
その腫瘍細胞接着が二次的な腫瘍や転移の形成を促進するものと思われます。


●Th17反応の誘導 

カンジダ・アルビカンスに反応して優勢になるCD4 T細胞の組み合わせ、
すなわちTh17細胞は、血管新生と腫瘍発生・成長を促進する因子も分泌します。


●分子模倣 

カンジダ・アルビカンスの表面上のたんぱく質に対して出される抗体(CR3-RP)は
特定の白血球の受容体と構造的・抗原的に似ています。
この「分子模倣」は抗体を免疫細胞に対して形成し、
それが宿主の抗腫瘍・抗カンジダ防衛を遮断する可能性があります。

<引用終わり>
==================


●Th17反応の誘導

ねっ、皆さん!
ものの見事に・・・
しっかりとつながったでしょ。

つまり、今日に到るまで、堀ちえみさんは幾つもの
治せるチャンスをことごとく潰したことになる訳です。
だから、今現在の結果を迎えることになった訳です。
わかりやすい話だと私は思います。

これは何も、堀ちえみさんの話に限ったことではありません。
日本国民の全ての人にいえることです。
本当の真実を知らなければ・・・
こういった結果になるという悲しい見本です。

ではどうすれば良いのかと問われる訳ですが、
それをブログに書いちゃうと、薬機法(薬事法)やら
医師法などに抵触する恐れが多分にありますので
たちどころに、ブログそのものが潰されてしまいます。
なので、皆さんにはご理解いただきたいと思います。

前回の水泳の池江選手と堀ちえみさんは同じく
放射能汚染環境下におられます。
内部被ばくは避けられませんし、
カビ菌などの大繁殖環境下でもあります。
こういった事実をマスコミや有名なお医者さんも
一切取り上げませんね。
世間の表のいわゆる権威ある情報ばかりを見ていては
あなたは決して真実にたどり着けません。
だから、私はそれをメルマガで書くことにしたのです。








【光軍の戦士メールマガジン】

申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/

メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第14期メ-ルマガジン
( 今年2月から今年4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ107号 
たばこの葉の発酵プロセスに使用する
酵母が ~ ガンと掌蹠膿疱症の元凶!?



第13期メ-ルマガジン
( 去年11月から今年1月までの3ヶ月間 )

★メルマガ106号
今年1月、大手新聞各社にて一斉に出された
巨大地震を臭わす暗号記事を解読してみた!?

★メルマガ105号 
汚染地域に住み内部被ばくをすると
何故~ガン・白血病や難病になるの!?

★メルマガ104号 
慢性前立腺炎とガン 〜 そして希望 〜

★メルマガ103号 
 心と身体とガン

★メルマガ102号 
自己免疫疾患なるものの真の正体!?

★メルマガ101号 
ガン・白血病~脳梗塞や心筋梗塞の最大の真犯人

★メルマガ100号
納豆菌はガンの原因菌を食べてくれて
ビフイズス菌や乳酸菌を増やす!!!

★メルマガ99号 
白血病や悪性リンパ腫の真犯人!?

★メルマガ98号
『自己免疫疾患』と診断され苦しんでおられる皆様へ



第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ97号 
アボカドの脂質〜アボカチンB〜が、
ガンの幹細胞を殺す可能性がある!!!

★メルマガ96号 
ノーベル賞受賞・本庶氏のガン治療薬
 「オプジーボ」は恐ろしい!?

★メルマガ95号
亜麻仁は肺ガン・乳ガン・結腸ガンの予防効果
と放射能被曝から身体を防御する!

★メルマガ94号 
身体から化学物質や毒物~放射能を除去する方法

メルマガ93号
【続】北海道大地震の真実 ~ Haarp ~

メルマガ92号
北海道大地震の真実

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 
ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号
第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  
悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号
悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号
スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!










. 水泳の池江選手は何故❓~ 白血病になったのか❓

水泳の池江選手は何故❓
~ 白血病になったのか❓











池江璃花子選手・白血病、
「早期発見」報道への疑問点…
女子選手の定期的血液検査の重要性

https://biz-journal.jp/2019/02/post_26685.html

競泳女子の池江璃花子選手が12日、
白血病を患っていることを公表した。
来年の東京五輪では金メダルの有力候補と目されており、
日本水泳界のみならず海外にも衝撃を与えているが、
弱冠18歳の女性アスリートの勇気ある告白に、
各界から応援の声が上がっている。

白血病は「血液のがん」と呼ばれ、
難病というイメージが強いが、近年では若い世代で
白血病を発生した人のうち7割以上は治っているとされる。
また、JALSG(日本成人白血病治療共同研究グループ)の
HPによれば、日本における白血病発生率は2009年では
年間人口10万人当たり6.3人(男7.8人 、女4.9人)と
なっており、骨髄性白血病が喫煙と関連があるために
喫煙者の多い男性に多いという。

白血病という病気について、血液内科医で元東京大学
医科学研究所特任教授の特定非営利活動法人・
医療ガバナンス研究所理事長、上昌広氏に解説してもらった。


上昌広氏の解説

メディアでは、『「白血病」治療のカギは“早期発見”』、
『池江は現在入院中担当医師「早期の発見だった」』
などの報道が目につく。

厳密に言うと、これらは医学的には誤りだ。
白血病は血液の病気であり、血液は全身を循環する。
胃がんなど固形がんのように1カ所で病変が生じ、
全身に転移するものと違う。
早期発見や手遅れという概念はない。

白血病治療の予後を規定するのは、
遺伝子や染色体の異常に基づく分類だ。
早期診断か手遅れかという議論は、そもそもない。
池江選手に関して、遺伝子や染色体の異常についての
情報は公開されておらず、彼女の予後がどうなるか予断は許さない。

私が気になるのは、1月13日に都内で実施された競技会で、
自身の日本記録から4秒以上遅れたこと。
18日からのオーストラリア合宿で、練習中に激しく肩で
息をするなど異変が見られたといわれる点だ。
おそらく、この時期に白血病による貧血が進んでいたのだろう。
決して早期診断ではない。

白血病の恐ろしいのは、突然死することだ。
もっとも多いのは出血だ。特に脳出血は危険だ。
2000年に急性前骨髄球性白血病で亡くなった
アンディ・フグ選手がそうだったといわれている。

池江選手の場合、脳出血による突然死を防いだという点では
「早期診断」といえなくもない。
ただ、貧血が顕在化するくらいだから、
血小板も減っていたはずだ。
出血しなかったのは、単に幸運だった可能性が高い。

私が不思議なのは、池江選手のような一流の女性アスリートが
定期的に血液検査を受けていなかったと考えられることだ。
貧血は競技成績にダイレクトに影響する。
男女を問わず、筋肉量が多いアスリートは貧血になりやすく、
生理による出血がある女性はなおさらだ。
最近は定期的に血液検査を受けるアスリートも珍しくない。
精度は落ちるが、採血をしなくてもヘモグロビンの濃度が
測定できる「アストリム」などの非観血的測定装置もある。
選手やスタッフがやる気になれば、容易に実施できる。

もし、池江選手がヘモグロビン濃度をチェックしていれば、
1月の時点で本当の意味での早期診断ができていた可能性がある。
白血病はもっとも進行が速いがんだ。
数日の遅れが命取りとなる。
逆に数日診断を早めるだけで、
出血のリスクを相当減らすことができる。

多くの人が池江選手の一刻も早い競技復帰を願っているが、
医学的に一般的な事例と照らし合わせた場合、
東京五輪は難しいかもしれない。
焦らず完治させて、2024年の五輪を目指してほしい。

一方、スポーツ界は今回のことをきっかけに、
女性アスリートの健康問題、特に貧血問題に取り組んでもらいたい。
定期的な血液あるいはヘモグロビン検査の導入を検討してはどうだろう。
(文=上昌広/医療ガバナンス研究所理事長)

<引用終わり>
==================






【放射能大観】~大量の窒素酸化物を発生させ、
  社会環境や人体にカビが大繁殖する!

https://ameblo.jp/64152966/entry-12070434932.html

空気中の放射線はオゾンや窒素酸化物を発生させる。
そして、この窒素酸化物により社会環境や人体の外部、
そして、体内にカビが大繁殖する事態に陥る。

カビの被害が増えている 放射線を好むカビが繁殖か
http://www.asyura2.com/15/genpatu43/msg/749.html

311後、東京で一番変わったのは飲食店の水がかび臭くなったこと。  

うわっ 電車の中カビ臭なにこれ

川崎も昨年から黒かび酷いです。
普通のカビというより墨汁みたいです。
何年も住んでますが、初めてです。

東京の城南地域の不動産屋の情報です。
賃貸のアパートやマンションのカビが凄いと
店子から頻繁に電話があるそうです。
去年はこんな事はなかったと。
いよいよ始まります。カビ地獄が。

家のエアコンからカビ臭半端ないわ…こんなの入れ替えちまおうぜ

「カビはまずい。カビと放射性物質はセットと思っていい。
家の中に生えるキノコと考えて対処を。
一旦生えたら相乗効果を発揮して、負のスパイラルに落ちていく。
胞子で飛んだら吸い込んでしまう。
窒素化合物の多い室内だとしたら日中に
施肥をしない植物を入れて改善を。 」


<引用終わり>
-------------------------------------



cmk2wl さんのツイ-トより
https://twitter.com/cmk2wl/status/533433586397888512

1. 窒素化合物と放射性物質とカビ、細菌。
空気の成分の約 80%は窒素。
工場や自動車、放射性物質で生成された窒素酸化物(NOx)は
酸性雨や光化学スモッグの原因にもなっている。
そして窒素は環境を循環する。

9. しかし窒素化合物が体内で常に飽和状態、又はヘモグロビンが
異常となり過剰に溜め込まれた場合にはどうなるか…。
タンパク質(窒素を含む)等が、窒素過剰な状態になれば、
細菌、カビなどの繁茂を体内で招くことになる。
つまり、人体が異常な窒素循環に巻き込まれる。


-------------------------------------



皆さん! 
シャワーは大変危険です。
今直ぐに止めましょう。

https://ameblo.jp/64152966/entry-12156711396.html


管理人

池江選手は、常日頃より本拠地の東京の温水プ-ルで
水泳の練習をされておられるのでしょう。
激しい練習のさなか、常に、水しぶきの超微粒子を
吸い込みシャワーと同じ効果を受けていると考えれば
その危険性は嫌がおうでも高まります。

つまり、塩素と放射能ですね。
それだけではありません。
温水プ-ルの水質です。
温水と放射能によってカビ菌が異様に増えている
可能性が高いと考えざるを得ません。

塩素
放射能
各種のカビ菌


こうして見ると、首都圏の水泳選手は
極めて白血病にかかりやすい環境にあると
申し上げてもよいと思います。

上の引用記事にもありましたが、白血病で怖いのは
脳出血による突然死であると血液内科医で
元東京大学医科学研究所特任教授の上昌広氏も
そのようにおっしゃっておられます。

私は当然だと思います。
カビ菌は、血管の血液の中で増殖して
血栓を作るからです。
毛細血管が特に詰まりやすいのは誰の目にも明らかです。
脳は毛細血管が網の目のように集中しています。
脳出血になりやすいのは誰にでも理解出来るでしょう。

そんな訳で・・・
首都圏や関東~東北の温水プ-ルで常時、
水泳の訓練をされている選手は、大変危険な
環境下にあると申し上げてもいいと思います。
水泳アスリ-トだけではありません。
学校の生徒にもその危険性は少なからずあり得ます。

大日本住友製薬の医療情報サイトを見てみると
白血病の中の記述に面白いものがあります。

以下 ↓

白血病患者の血液の中に・・・
カンジダなどのカビ菌が見つかると
極めて予後が悪い。

暗に、カビ菌との因果関係が示唆されています。
あくまでも示唆のレベルに止まっています。
何故なら、ガン・白血病・悪性リンパ腫の関連で
現代の医学界においては、カビ菌との因果関係は
完全に無視、或いは、タブ-となっているからです。

それだけではなく、白血病・悪性リンパ腫に
非常に関係が深いのは間違いない
リ-キ-ガット症候群さえもタブ-視されている
可能性がうかがえます。
だから、大半のお医者さんが知らないのではありませんか。
抗生物質や幾多のお薬が、このリ-キ-ガット症候群を
引き起こすので、知って欲しくないのは容易に理解出来ます。
お薬を処方出来なくなりますからね・・・。

池江選手も一度、小腸を精密検査されたほうが
いいと私は思います。
そこを治さないと、治療なんて到底無理ですから。

皆さんもご存じですね。
以下の画像 ↓




毎日のように、小腸から食べ物のカスや
細菌、カビ菌が血液の中に大量に入っていくのです。
これが、白血病と全く関係ないって・・・
子供にだっておかしいと分かるでしょう。

しかし、残念ながら・・・現代医学においては、
白血病・悪性リンパ腫とリ-キ-ガット症候群は
全く関連づけられていません。
だから、お医者さんも知らないのでしょうね。
なので、治るのが難しいとなるのではありませんか。

白血病の5年生存率なんて・・・
本当に適当に作られたものと私は感じています。
大体、白血病をひとくくりにすること自体おかしいです。
本当にヤバイ白血病もありますし、
病院から処方された「お薬」によって血液が
ちょっとだけおかしくなったものまで様々です。
それが治ったと言われても笑い話にもなりません。

本当にヤバイ白血病は・・・
上の記事にもありましたが、
ヘモグロビンの濃度が減少するやつです。
このヘモグロビンを主食にしているカビ菌がいます。
ム-コルという大変危険なカビ菌です。
だから、酸欠になり息切れするのです。

どう危険かと言いますと・・・・
増殖力が半端なくすごいのです。
なので進行もものすごく早いのです。
しかも、血液の中で増殖しますから血栓をつくるのです。

まてまて・・・
そんなこと、今の学者やお医者さんがわからないとか
知らないなんてあり得ないだろう。
といった声が、当然、聞こえてきます。
そこんとこが、最大の問題なんです。

残念ながら、現代の医学界や細菌学や広告の世界は
ほぼ完全に、イルミナティ→666の連中によって
支配されています。
いわゆる権威だとか学説といったものには
本当にウソやでたらめが多いです。
これは、医学の専門分野だけの知識では
到底~理解不能です。
合わせて、陰謀論も知る必要があります。
私に言わせると、陰謀論でもなんでもない。
厳然たる事実です。


ほぼ全てのガンは今すぐ治療可能だ。
しかし、今後公開される可能性は無い。
   ~ロックフェラー研究所

https://ameblo.jp/64152966/entry-12261035243.html


世界の人口削減を最大の目的とする
悪魔教・・・イルミナティ→666 が
人々の命を本気で救おうとしていると・・・
信じるのは気が狂っているとしか考えられません。
でも、その気が狂っている人々が圧倒的多数でしょ。
だから、骨髄バンクに登録しようと多くの人が
狂気しているのですね。
これって・・・美談ですか???
私には狂っているとしか思えません。
最低限の知識さえも・・・まるで無いのです。

ではどうすれば良いのか・・・
については、ブログ紙上では到底書けません。
ここ最近、何人ものメルマガ読者の方から
もう、あまりヤバイことはブログで書かないで欲しいと
強い要望がたくさん来ております。
私の身の上を心配してくれているのです。
本当にありがたいことです。

そんな訳で、詳しく知りたい人は
メルマガを見て下さいという他はありません。
まだまだ、突然死さされた医師の安保徹名誉教授の
ように死ぬ訳にはいかないのです。

何も知りたくない人は、ブログを閲覧する必要はありません。
まして、メルマガを購読する必要も全くありません。


白血病関連メルマガ記事

★メルマガ99号 
白血病や悪性リンパ腫の真犯人!?

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第66号 
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!? ~ 其の3

★メルマガ第64号 
悩める白血病患者の真実

★メルマガ第62号  
悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第60号
悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第57号~前編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第52号~
活性酸素を大量発生させガンを発症させる
最大の真犯人はリッキーガット症候群!

★メルマガ第40号
恐ろしい!〜徐々に、
ガンの真の正体が明らかになってきた。

★メルマガ第39号
急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!

★メルマガ第38号
急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!

★メルマガ第7号
『白血病について』の追加補足

★メルマガ第6号 
『白血病について』〜生還の為に知っておくべきこと!

★『白血病について』〜重要資料


以上の記事は、3千円で一括購入出来ます。
また、1年間か複数年を購読される人には
無料進呈させていただきます。
ご参考まで。



【光軍の戦士メールマガジン】

申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/

メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



■ 放射線が引き起こす病気










. たばこの葉の発酵プロセスに使用する酵母が~ガンと掌蹠膿疱症の元凶!?

たばこの葉の発酵プロセスに使用する
酵母が~ガンと掌蹠膿疱症の元凶!?







今日のお勧め記事

癌細胞は高酸素濃度下
(アルカリ性に傾いた状態)
では生き残ることができない!

https://ameblo.jp/64152966/entry-12352786601.html


お知らせ

最新の★メルマガ107号は、連休の関係で
少し遅くなってしまいましたが、今日13日の
夕方以降に配信される予定です。
原稿は、もう既に、担当者様に送信済みです。

★メルマガ107号 
たばこの葉の発酵プロセスに使用する
酵母が ~ ガンと掌蹠膿疱症の元凶!?



管理人

記事の題名は、★メルマガ107号のものを
そのまま使いました。

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)~で
苦しんでおられる方からのご相談です。
この病気は、大きな意味から言えば
甲状腺異常に見られる のう胞 と似ています。
その原理を分析し、どのようにすれば良いかを
思うままに書かせていただきました。


一部をご紹介します。

掌蹠膿疱症の原因は?
https://www.kansennet.jp/ppp/disease/etiology.html

喫煙

掌蹠膿疱症患者さんの喫煙率は 約80%
非常に高いという特徴があります。
禁煙のみで治ることはむしろ稀で、
喫煙が掌蹠膿疱症の発症にどのように関わっているのかは
不明な点が多いのですが、禁煙することで症状が軽くなったり、
治療効果の向上がみられる傾向があり、
喫煙が炎症物質(IL-17など)の産生を増加させたり、
歯周炎など他の因子を悪化させたりなど、
何らかのかたちで関わっていると考えられています。


病巣感染(扁桃炎や歯周炎など)

体のどこかに症状がほとんどない慢性の炎症がある場合、
これが引き金となって体の別の部位に
別の病気が引き起こされることがあり、
これを「病巣感染(びょうそうかんせん)」といいます。
掌蹠膿疱症は、病巣感染が深く関わる代表的な疾患で、
無症状の扁桃炎[病巣扁桃(びょうそうへんとう)]、
歯の根っこや周囲に潜む無症状の歯周炎[歯性病巣]、
慢性副鼻腔炎、上咽頭炎など、通常は治療の必要が
ないような状態が、掌蹠膿疱症を起こしやすい一部の人には、
掌蹠膿疱症の発症や持続につながっていると考えられています。


金属アレルギー

歯科金属などの金属アレルギーとの関連も指摘されています。
しかし、単に歯科金属の除去だけでは良くならない例も多く、
歯性病巣の治療を同時に行う場合もあります。


膿疱が形成されるメカニズム

掌蹠膿疱症では、皮膚の中にある汗管にできた
水疱に様々な「サイトカイン」が関与して、
膿疱が形成されると考えられています。

膿疱が形成されるメカニズムはまだ解明されていませんが、
細胞から分泌される「サイトカイン(タンパク質の一種)」
という物質が関与していると考えられています。
サイトカインには様々な種類があり、掌蹠膿疱症では
サイトカインの中でもインターロイキン(IL)-17、
IL-23などの物質が複雑にかかわっています。






管理人

先ず最初に、メルマガ読者様のお姉さまに続いて
娘さんまでも掌蹠膿疱症を発症されたことは、
明らかに・・・感染症である可能性が非常に高いです。
ただ、比較的~感染しにくいというだけです。
つまり、細菌やカビ菌が大きく関わっていると
考えなければなりません。
お姉さまも大変おつらいでしょうが
感染した娘さんは、本当にお気の毒です。

お医者さんや医療関係者の皆さんは、この感染の
可能性について何も知らないのでしょうか?
だから、感染への警告も適切な処置も何も
施されること無しに、娘さんは感染してしまった
と考える他はありません。

掌蹠膿疱症だけではありません。
白血病も感染しますね。
微生物が関与しているから当然ですが、

====== 中略 ======


掌蹠膿疱症と甲状腺のう胞の原因は
大きな意味では同じだと思います。
ただ、そこに到る道のりと関与する細菌やカビ菌に
違いはあるかもしれませんが、基本原理は同じだと
考えられます。

甲状腺のう胞と甲状腺異常については、一時期、
原発事故の福島県や近隣県で大変大きな問題に
なりましたが、甲状腺にヨウ素やセシウムといった
放射能が集まるからです。

注意⇒ 福島原発事故から以降、甲状腺のう胞は
大抵、誰にでも見られるもので問題にもならないし
心配する必要はない。・・・といった解説が
大きく報道されましたが、全然違いますよ。
甲状腺のう胞は、進行中の完全に病気の症状です。
問題にもならない~放置する・・・なんて、
とんでもない大きな誤りです。
私に言わせれば・・・まさに、人殺しの言説です。



どういった事が起こるかと言いますと・・・
甲状腺に集まった放射能~核種の影響により
活性酸素を大量に発生させ炎症が起こるからです。
炎症は更なる炎症を生むという生理的な仕組みがあります。
そうなると、細胞を護っているヒアルロン酸が分解されて
しまいます。

そうしますと、以前のメルマガにも書きましたが
防御壁のヒアルロン酸を失った細胞と細菌との間で
全面戦争が勃発します。
のう胞という現象は、その全面戦争と深く関わって
いると考えるべきです。

「サイトカイン(タンパク質の一種)」という物質が
一体何なのかを徹底究明すると、実に面白いことが
分るはずです。
しかし、現代医学においては微生物との因果関係が
徹底的に排除されていますから、原因については
恐らく、ずっと分らないままにされてしまうと思います。
だから、治らないといった結果だけが残る訳です。

謎は謎のままにしておくのがいいのだ。
その謎は、莫大な利益を生むのだよ。
そして、病気が治らないので死が待つことになる。
世界の人口削減にはこの手法が一番である。


・・・といったような闇の声が聞こえてきそうです。

現代医学の本質を真に理解するためには・・・
個々の科学的論証だけでは到底無理です。
人々が忌み嫌う陰謀論さえも知っておかなければ
病魔を本当に理解してもらうのはむつかしいです。
だから、多くの人々に伝わらないのです。
陰謀論でもなんでもありません。
厳然たる事実です。

====== 中略 ======


★メルマガ第82号
白血病の子供を世話していた
看護士が白血病になった真相!


~より、一部引用します。

たばこの中でがんを引き起こす原因は、
たばこの葉の発酵プロセスを加速するために
使用する酵母と砂糖です。

( 中略 )

感情~ストレスは酸を生成する発酵されるホルモンの
放出を通じて酸性を作り出します。

生物学的環境が過度に酸性化されると、
原始段階は中間段階に進化し、これは細菌である。
これは、 酵母、菌類およびカビを含む最終段階に至る。

これらの形態は、酸性化した血液および組織のような
妥協した生物学的環境において増殖し、進化する。

======


管理人

過度のストレスが長く続くと体内環境が
どんどん酸性に傾いていってしまうのですね。
だから、様々な病気を発症してしまう原因になると
我々は覚えておきましょう。

たばこの葉の発酵に使われる酵母ですが、
これには一体何が使われているのでしょう?
発酵スピ―ド重視でおかしな酵母が使われている
可能性まで考えておくべきです。

酵母っていうのは、カビ菌の仲間でもあります
から、我々は恐れる必要があります。
たばこは常時、カビ菌を吸っているのと
同じ意味になるのですから。

アルコ―ルはカビ毒のマイコトキシンであると
書きましたが、これには少なからず驚きました。
アルコ―ルの飲み過ぎでガンになるというのは
カビ毒だからなんですね。
一度に多量に飲むと急性アルコ―ル中毒で
死ぬこともあります。

もう一つが・・・醤油です。
一度にたくさん飲むと死に到ります。
アルコ―ルと同じです。
学校の寮生が何とかして学校を休みたい時に
醤油を薄めて多目に飲むんだそうです。
そうすると微熱が出ます。
そのようにしたら、なんと、休めるんだそうです。
何故、微熱が出るかというと身体の防御反応~
免疫機能が作動するからですが・・・。
本当に身体に良いものであれば、一度に大量に
飲んでも死ぬことはありません。
醤油もやはり醗酵~酵母ですね。

アルコ―ル 醤油 タバコ パン酵母・・・
みな、カビ菌や酵母が関係しています。
以上に上げたものは、みな要注意です。
こんな重要な事、学校でもお医者さんも
誰も教えてくれませんね。

とは言うものの・・・実のところ、
私もタバコが止められません。
メルマガの記事を書くのに10時間以上かかります。
調べものをしていると更に、時間は延々と延びます。
間がもてないのです。
なので、スパスパと・・・とほほ。
生活習慣を変えるというのは口ほど簡単ではありません。

ある病気を治そうと思ったら、病気になった箇所を
局部的に見ても駄目です。
その局部の病魔というものは、すべからく、身体全体の
体内環境悪化から生じていると捉えるのが出発点であり
全ての基本になると私は思います。

身体のあそこが悪い~腰が痛いといったものは
全て、その大元がある訳です。
腰が痛いだけを見ていては駄目なんですね。

特に、体内環境で重要視されるのは
血液の酸化です。
細菌がどんどん進化し増殖します。
現代の微生物学には大きなウソがあります。
以下のメルマガ記事が大変参考になります。

====== 引用終わり ======



【光軍の戦士メールマガジン】


第13期メ-ルマガジン
( 去年11月から今年1月までの3ヶ月間 )

★メルマガ106号
今年1月、大手新聞各社にて一斉に出された
巨大地震を臭わす暗号記事を解読してみた!?

★メルマガ105号 
汚染地域に住み内部被ばくをすると
何故~ガン・白血病や難病になるの!?

★メルマガ104号 
慢性前立腺炎とガン 〜 そして希望 〜

★メルマガ103号 
 心と身体とガン

★メルマガ102号 
自己免疫疾患なるものの真の正体!?

★メルマガ101号 
ガン・白血病~脳梗塞や心筋梗塞の最大の真犯人

★メルマガ100号
納豆菌はガンの原因菌を食べてくれて
ビフイズス菌や乳酸菌を増やす!!!

★メルマガ99号 
白血病や悪性リンパ腫の真犯人!?

★メルマガ98号
『自己免疫疾患』と診断され苦しんでおられる皆様へ



第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ97号 
アボカドの脂質〜アボカチンB〜が、
ガンの幹細胞を殺す可能性がある!!!

★メルマガ96号 
ノーベル賞受賞・本庶氏のガン治療薬
 「オプジーボ」は恐ろしい!?

★メルマガ95号
亜麻仁は肺ガン・乳ガン・結腸ガンの予防効果
と放射能被曝から身体を防御する!

★メルマガ94号 
身体から化学物質や毒物~放射能を除去する方法

メルマガ93号
【続】北海道大地震の真実 ~ Haarp ~

メルマガ92号
北海道大地震の真実

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 
ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号
第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  
悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号
悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号
スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!




竹原慎二氏も見落とされた
「膀胱がん」とタバコの密接な関係

https://www.mag2.com/p/news/266844







. プチイベントは今日の深夜0時で終了です。~ 感謝。。。

2019年からの
・・・特に5年間は、
大乱の世が予想されます。





$wantonのブログ








以上の記事と★メルマガ106号を
合わせて読むとわかりやすいです。


★メルマガ106号
今年1月、大手新聞各社にて一斉に出された
巨大地震を臭わす暗号記事を解読してみた!?



”2019年以降 ~ 大規模テロ災害に注意して下さい‼”
https://ameblo.jp/64152966/entry-12432122477.html

以上の記事を更に深く理解したい人は
★メルマガ第78号を読むことをお勧めします。

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?



以上のような流れをよく知ると
北海道人工地震の意味がとてもよく分かります。

★メルマガ92号
北海道大地震の真実

★メルマガ93号
【続】北海道大地震の真実 ~ Haarp ~


すべてはつながっています‼

平成の世は2019年4月30日で終わります。
2019年からの・・・特に5年間は、
大乱の世が予想されます。
その大事変にはすべて必然性があります。
真相を知る人は、そのような大乱から
自分や家族を護れるチャンスが生まれます。

新年特別イベントは終了しましたが、
「この記事を見た」と書き込んでメルマガを申し込めば
以下の4件の記事を無料で進呈させていただきます。

★メルマガ106号
★メルマガ92号
★メルマガ93号
★メルマガ78号

締め切りは、2月11日の月曜日深夜0時まで!


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/

メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com








. 豚コレラの感染源は愛知‼

豚コレラの感染源は愛知‼






1.17 阪神淡路大震災
~もうじき、20年がこようとしています。

https://ameblo.jp/64152966/entry-11977566877.html

2011年2月下旬に京大カンニング事件が起きた。
京大の入試問題が「aicezuki」という
ハンドルネームでヤフー知恵袋に投稿された。
中東問題に揺れる中この事件を
なぜかメディアは大々的に取り上げた。

「aicezuki」逆から読むと
「ikuzecia(いくぜCIA )」になる。

後ほど犯人は東北仙台出身の予備校生だという事が分かる。

「いくぜCIA 」が地震実行の合図で、
東北出身が震源地であると言う暗号である可能性が高い。

そして、カンニング事件が報道されると同時にゼネコン・
建築関係の株式の出来高と株価が軒並み上昇を始めている。

特に犯人が逮捕された日は出来高が急激に上昇している。

佐田建設、東洋建設、世紀東急工業、 熊谷組、三井住友建設、
大末建設、 技研興業、東日本ハウス、東海リース
他多数。

====== ↓ ======


がん患者 最多99万人 
全国登録データ 16年分析

https://ameblo.jp/64152966/entry-12435322208.html


★メルマガ106号
今年1月、大手新聞各社にて一斉に出された
巨大地震を臭わす暗号記事を解読してみた!?

https://ameblo.jp/64152966/entry-12436731726.html


====== ↓ ======


豚コレラの感染源は愛知


2019.2.8 20:20
豚コレラ拡大 
ウイルス侵入は1月中旬か 愛知の施設

https://www.sankei.com/life/news/190208/lif1902080054-n1.html

農林水産省は8日、長野や滋賀など5府県に
豚(とん)コレラが広がるきっかけとなった
愛知県豊田市の養豚場について、
1月中旬ごろにウイルスが侵入した可能性が高い
との見方を示した。
感染経路についてチームを派遣して調査しており、
ウイルス遺伝子の特徴や侵入時期から感染経路の特定を急ぐ。
豚コレラに対する愛知県の対応が適切だったかどうかも調べる。

農水省によると、豊田市の養豚場は子豚を出荷しているが、
1月14日に出荷した三重県の養豚場では感染が確認されなかった。
その後、18日に出荷した大阪府内の養豚場は感染しており、
この時期にウイルスが侵入した疑いが強い。

これまでは潜伏期間から、1月下旬に7例目として発生が
確認された岐阜県各務原市と同県本巣市の養豚場から、
何らかのルートで豊田市に感染した可能性が疑われていた。
だが、豊田市と7例目ではウイルスの遺伝子配列が異なっており、
可能性がかなり低くなったことも判明した。

豊田市の遺伝子は昨年9月から12月まで岐阜県で発生していた
ウイルスと同じ型で、野生のイノシシを介して
人が運んだ感染などが考えられるという。


====== ↓ ======


管理人

上の記事は産経ですが、ここの新聞は暗号記事が
一番よく出されるところです。
2月8日の産経の新聞をよく見ると・・・
出るわ出るわ・・・イルミの暗号数字が。


20:20





18






22から始まって
22の本当の意味、皆さんご存知ですよね。
そして、あとは・・・み~んな
イルミの代表的数字と来ています。

3も6も18も・・・ほぼ同じ意味→666です。

6と7がイルミの代表的数字の2本柱です。

ここでもやはり、5がポッカリと浮いてます。


「いくぜCIA 」が地震実行の合図で、
東北出身が震源地であると言う暗号である可能性が高い。

   ↓
豚コレラの感染源は愛知


まあ、普通は妄想で終わる話ですが・・・
今年~ここまで出てきた2件の大きな新聞記事が
いずれも暗号記事としか考えられないので
単なる妄想で終わらせるっていうのも・・・

まっ、話のタネってことにしておきましょう。
何も起こらないのが一番です。
私としてもそのように心から願っています。

ただ、皆さんに申し上げたいことは、
少なくとも、暗号記事であることを見破る知識くらいは
身につけておいて欲しいと思う訳です。


詳細については以下の記事を

★メルマガ106号
今年1月、大手新聞各社にて一斉に出された
巨大地震を臭わす暗号記事を解読してみた!?



どこの県で起こされるのかが分かるのが以下の記事

★メルマガ92号
北海道大地震の真実


本当は、ブログに書きたくなかった。
何故か・・・分かるでしょ。。。

大事なことは、日ごろから
情報を集め、そして、知る努力を。
そして、何かを感じ取れる感性の磨きです。

でなければ・・・
肝心な時に、何の役にも立たないどころか、
あなたやあなたの家族さえ護れません。

311以降は、戦時です。
戦争なんです。
あなたは、その中で孤立する存在・・・。
連帯して生きることを呼び掛けているのが
ブログであり、そして、メルマガなんです。



申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/

メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com








. 4件の記事~無料進呈は有料メルマガお申込みの方が対象です。

4件の記事~無料進呈は
有料メルマガお申込みの方が対象です。




管理人

”2019年以降 ~ 大規模テロ災害に注意して下さい‼”
https://ameblo.jp/64152966/entry-12438132179.html

2月6日の昨日の記事に説明の不備が見つかりました。

半数近くの方が、メルマガの申し込み欄に
「この記事を見た」と書き込むだけで
4件の記事が無料進呈されると勘違いされたようです。
もし、そんなことをすれば先に料金を払って
購読されておられるメルマガ読者様より
お叱りを受けてしまいます。
いずれにせよ、私の説明不足により
あらぬ誤解が生じてしまいました。


私としましては、当然、メルマガの申し込み者の皆さんに
対してのメッセ-ジだったのですが、説明しなくても
分かっておられるだろうとの思い込みから
説明に不備を生んでしまいました。
もし、不快な思いをさせてしまったとしたら
皆さんに大変申し訳なく思いますし、
この場をお借りしてお詫び申し上げます。
私の不徳のいたすところであります。
本当に申し訳ありませんでした。

あらためてご説明させていただきます。
4件の記事~無料進呈は有料メルマガお申込みの方が対象です。
どうか皆様、ご容赦をいただきますように・・・
平身低頭して切にお願い申し上げます。


ところで、今回も海外から何人もの方が
メルマガのお申込みをされて来られました。
その中に、大変厳しいご注文をいただきましたので
その件に関してご説明させていただきます。


フランスのパリにお住いの方からです。

以下 ↓

私はもう何年も前からこちら様のBlogを読んでおりますが、
メルマガは購読したくてもできません。 
なぜなら外国に住んでいるからです。
ゆうちょ銀行には外国からの送金は不可ですので。

日本に住んでいない者は眼中にない、国際化は必要なし、
というお考えなのでしょうけれど、
大変遺憾に思っております。

Blogには世界のどこからでもアクセスでき、
世界中に読者がいるのに、
メルマガ購読のための送金は国内のみ、
という理不尽な状況…

メルマガも国際化されますことを切に期待しております。

両親はともに他界しまして、
お金の立て替えと振込を頼めるような人は
残念ながらもう1人も日本にいません。

海外在住の長い者には珍しくないことです。
ご理解頂け閉塞的な状況が改善されましたら、誠に幸甚です。

======


管理人

大変意味のある厳しいご意見をいただき
本当に有難う御座います。

フランスだけではなく、パナマやマレ-シア、
ハワイ、ドイツ、アメリカといった幾つもの
外国からメルマガの申し込みが来ています。
これは捨てておけない重要な問題です。

なので、さっそく調べました。

外国の銀行からゆうちょ銀行の口座へ送金する方法
https://www.jp-bank.japanpost.jp/kojin/sokin/kokusou/kj_sk_ks_gaikoku.html

今までは、何らかの方法で私の郵貯の口座に
振り込んで来られた方がいましたので、もっと早く
その方に送金方法をお聞きするべきでした。
また、ある方は私の住所に現金を送金されて
来られる方も何人もおられました。

何故、もっと早く対処しなかったのだろうと
今になって悔やまれて仕方ありません。
海外からの申し込み者の人を軽視していたと
言われても仕方ありません。
本当に、反省~後悔しきりです。

取り敢えず、上にご紹介した記事をご覧になれば
日本の郵貯に送金出来ることを確認致しました。
今後、あの記事を海外の皆様にご紹介させて
いただこうと考えています。

ここ最近、海外からのメルマガ申し込みが
徐々に増えて参りました。
場合によっては、英語などの記事も出すような
段階が来る可能性も多分にあるかもしれません。
その場合、日本の記事を英訳していただける
方を探す必要性も出てくるかもしれません。
英語~中国語~ドイツ語~フランス語~東南アジア・・・
そうなると嬉しい反面、もう私だけでは
対処出来なくなるでしょう。
尤も、先の将来の話ではありますが。。。


先の記事で簡単な説明だけで文字にして
誤解を生んだのは私の失敗であり
大いに反省しております。
繰り返し本当に申し訳ありませんでした。

先の記事で申しましたように
今回のプチイベントの締め切りは、
2月11日の月曜日深夜0時まで!

皆様、宜しくお願い申し上げます。



申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/

メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com










. プロフィール

z64150528

Author:z64150528
FC2ブログへようこそ!

. 月別アーカイブ
. 検索フォーム
. リンク
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR