光軍の戦士のブログ

. あと2日で終了します。 ”希望の春 ~ メルマガ特別イベント”

あと2日で終了します。 
”希望の春 ~ メルマガ特別イベント”










メルマガ特別イベントは
4月30日までです。
あと2日で終了します。
皆さん、~よろしくね~ ^^









半崎美子  "明日へ向かう人"









スポンサーサイト



. 岡村孝子さん ~ 急性白血病

岡村孝子さん ~ 急性白血病‼







お知らせ

希望の春 ~ メルマガ特別イベント
https://ameblo.jp/64152966/entry-12450915496.html

*イベント期間

3月31日 から・・・
新期購読者~77人に到達した時点で終了です。
(お申込みではなくお振込み者が優先順位となります。)
終了の際にはお知らせ致します。


管理人

今現在、52名の購読者がありました。
ここ最近、年間購読や2~3年購読が大変増えたのが
なかなか、77人に到達しない要因になっているようです。

そこで・・・、キリがないので
*イベント期間は、4月30日までで
終わりにすることに致しました。

*イベント内容は、記事の通りですが
それとは別に、「白血病大特集号」
ご希望の方には、3千円にて提供させていただきます。
白血病の真相が理解出来るはずです。

以上~お知らせまで
============


岡村孝子さんが患う
急性白血病はどんな病気か

https://toyokeizai.net/articles/-/278322

歌手の岡村孝子さん(57歳)が自身の公式サイトで
急性白血病と診断されたことを公表した。

私は血液内科を専門としてきた。
本稿は急性白血病について詳しく解説していくが、
岡村さんの病状について直接的に触れたり、
今後を予測したりするものではないことを
最初にお断りしておきたい。

白血病に早期診断という概念はない

有名人が白血病になると、周囲から質問を受ける。
多いのは「早く見つかったから治るかしら?」というものだ。
実はこの質問ほど回答しにくいものはない。
それは白血病については早期診断という概念がなく、
また同じ白血病でもタイプが細分化され、
タイプによって治療成績がまったく違うからだ。

同じ白血球の悪性腫瘍であっても、治癒が高率に期待できる
早期胃がんと、予後不良な癌の代表的な存在である
膵臓がんほど、さまざまなケースがある。

まずは早期発見だ。これは池江璃花子選手が白血病を
公表した際にも話題となった。
池江さんの白血病発覚について「早期発見」をポイントに
して報じたメディアは複数あった。
これは医学的には不適切だった。

白血病は血液の病気だ。
大きくは急性白血病と慢性白血病に分かれるが、
いずれも骨髄に存在する幼弱な血液細胞が
無制限に増殖することが原因だ。
早い段階から全身を循環する。
この状況は胃がんなど固形がんとは対称的だ。

固形がんは1カ所でがん細胞が生じ、
進行とともに全身に転移する。
がん細胞が原発病巣に留まっていれば、手術で摘出できるが、
そうでなければ抗がん剤や放射線治療をするしかない。
この場合、予後は不良となる。

国立がん研究センター中央病院の報告によれば、
胃がんのステージ1の場合、ほぼ100%が治癒するが、
遠隔転移を伴うステージ4の患者の5年生存率は約10%だ。
がん検診などで早期に発見し、早期に治療をしようと
勧めるのも合理的な判断だ。

ところが、白血病ではこのような概念はない。
白血病が進行すると、骨髄が白血病細胞によって占拠される
ために、赤血球・白血球・血小板などがつくれなくなる。
この結果、息切れや出血、さらに感染症が生じるが、
このような合併症があるからといって治癒しにくいわけではない。

白血病治療の予後を規定するのは、
骨髄性かリンパ性かという白血球のタイプ、
さらにそれぞれにおいて遺伝子や染色体の異常に基づく分類だ。
タイプによって治療法は異なる。

急性前骨髄性白血病(APL)というタイプの白血病がある。
この白血病は初発時に出血を生じやすく
突然死しやすいことが知られている。
脳など重要臓器に出血すれば突然死することもある。
2000年に亡くなった格闘家のアンディ・フグ選手はAPLだった。

かつてAPLは死の病だった。
大野竜三・愛知県がんセンター名誉総長は論文において
「APL患者が入院すると病室は血だらけとなり、
野戦病院さながらだった」と振り返っている。

状況を変えた治療法

この状況を変えたのは、1988年に中国の上海第二医科大学の
医師たちが活性型ビタミンAであるATRAを用いた治療を
開発したからだ。
ATRA単剤を23人の患者に投与したところ、22人が完全寛解
(骨髄中の幼弱な細胞が全細胞の5%以下になること。
白血病治療の成功の基準)となった。

その後、抗がん剤治療との併用が研究され、
現在はAPLの無再発生存率は60~80%と高率に治癒が
期待できるようになった。
医学研究が白血病患者の予後を劇的に改善した一例である。

ただ、APLのような白血病は例外的な存在だ。
いまでも成人の白血病の治癒率は高くはない。

成人の急性白血病は、8割を占める急性骨髄性白血症と
残り2割の急性リンパ性白血病に大別できる。
特定非営利活動法人「成人白血病治療共同研究支援機構(JALSG)」
によると、急性骨髄性白血病の長期生存率は40%、
急性リンパ性白血病は20%程度である。

いずれのタイプも治療では複数の抗がん剤を併用する。
副作用は強く、脱毛・嘔気・倦怠感は必発である。
池江選手がツイッターで
「思ってたより、数十倍、数百倍、数千倍しんどいです」
とツイートしたのは、このためだ。

抗がん剤は白血病細胞だけでなく、
正常な造血細胞も傷害するため、骨髄抑制を引き起こす。
白血球、赤血球、血小板を作ることができず、
赤血球や血小板の輸血、および感染症対策として
クリーンルームに入ることになる。
閉鎖的な空間に長期間にわたって「拘束」されるため、
心理的なストレスとなる。

白血病の治療が過酷なのは、治療が1回で終わらないことだ。
最初に行う抗がん剤治療は、白血病細胞の量を減らし、
完全寛解に導入することを目指す。
ただ、1回だけでは白血病細胞を撲滅することが
できないことがわかっているため、
強い抗がん剤治療を数回にわたり繰り返す。
急性リンパ性白血病の場合は、
飲み薬を持続的に服用することもある。
この結果、順調にいっても治療が終了するまでには
急性骨髄性白血病で半年から1年間、
急性リンパ性白血病で1~2年間程度はかかる。

遺伝子や染色体情報を加味して治療は個別化

さらに、近年は遺伝子や染色体情報を加味して、
治療は個別化されるようになった。

英国の医師たちが1998年に発表した多施設共同研究の
結果では、t(8;21)と表記される染色体異常を有する
急性骨髄性白血病患者の5年生存率は69%だったが、
5番染色体が欠損しているタイプの急性骨髄性白血病の
5年生存率はわずかに4%だった。

急性リンパ性白血病は、一般的に予後が不良だ。
特に年齢が高くなるほど、治療成績は悪くなる。
前出のJALSGが2002年に報告した研究では、
フィラデルフィア染色体という予後不良因子がない
急性リンパ性白血病患者の長期生存は30~49歳が32%だった
のに、55~64歳は26%にすぎなかった。

近年、チロシンキナーゼ阻害剤という新薬が開発され
状況は変わったが、フィラデルフィア染色体が陽性の
急性リンパ性白血病は、5番染色体欠損の急性骨髄性白血病と
同じく、長期予後は極めて不良だった。

このようなハイリスクタイプの場合には、
地固め療法が終了するのを待ち、
骨髄移植や末梢血幹細胞移植
(本稿では以下、まとめて骨髄移植と記す)を行うことが多い。
大量の抗がん剤や放射線を用いて、がん細胞を撲滅し、
HLAという白血球の血液型があったドナーから採取した
骨髄細胞を移植する治療である。
本稿で詳述は避けるが、骨髄移植の方法は多様化した。
ドナーソースとして骨髄バンクや臍帯血バンクも整備され、
また、前処置に用いる薬剤を工夫し、かつて50歳が上限と
されていた骨髄移植が60代でも可能になった。

初回の寛解で、そのまま骨髄移植を行った場合、
フィラデルフィア陽性の急性リンパ性白血病でも
50%程度の長期生存が報告されている。
抗がん剤や放射線の副作用、および移植に伴う免疫反応
(移植片対宿主病、GVHD)のため、20~30%程度が
合併症で命を落とす治療であるが、
骨髄移植は白血病患者にとって切り札ともいえる存在だ。
この治療を開発した米国のエドワード・ドナル・トーマス博士は
1990年にノーベル生理学・医学賞を受賞した。

さらに、今年3月、25歳以下の再発あるいは難治性の
B細胞性急性リンパ性白血病に対して、
CAR-T細胞療法という免疫療法も承認された。
ノバルティスファーマが販売するキムリア®だ。

その効果は劇的で、同社が実施した国際共同治験では、
再発あるいは治療抵抗性の小児・若年成人の
急性リンパ性白血病患者50人に投与したところ、
41人で白血病細胞が消失した。

さらに、最近の研究でキムリア®の効果は
長続きしそうなこともわかってきた。
キムリア®投与後3カ月が経過した時点で、
ほとんどの患者が寛解を維持していたのだ。
キムリア®は投与から20カ月が経過しても、
患者体内で検出されたという報告もある。

アメリカで1回5000万円を超える治療費が
問題となっているが(日本は未定)、
白血病の治療を塗り替える画期的な治療法だ。
岡村さんは適応にならないが、池江さんにとっては、
これも切り札となりえる。

タイプによって治療法や予後はまったく異なる

以上、急性白血病治療の現状の一部をご紹介した。
かつて白血病は死の病だった。
1970年に公開された映画『ある愛の詩』では、
ヒロインのジェニーは白血病で亡くなる。
この映画から約50年が経過し、
白血病は治癒が期待できる疾患となった。
医学の進歩を象徴する存在といっていい。

この間、白血病は遺伝子・染色体情報に基づき細分化が進んだ。
治療法も細分化されつつある。
この結果、白血病の解説は実に難しくなった。
タイプによって治療法や予後はまったく異なるのに、
患者のプライバシーもあり、公表される情報は
限られているからだ。
メディア報道はどうしても中途半端なものになる。
誤解と噂が広まる素地をつくる。
白血病についての国民的な認識が深まることを願っている。


<引用終わり>
============


CAR-T細胞療法

https://www.novartis.co.jp/innovation/car-t


https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-04-24/PQFQSH6K50XS01

ノバルティスの「キムリア」のコストは
pALL向けで47万5000ドル(約5300万円)、
キムリアとギリアドの「イエスカルタ 」は
DLBCL向けで共に37万3000ドル。


管理人

記事の著者曰く ↓
白血病の治療を塗り替える画期的な治療法だ。

確かに画期的な治療法かもしれませんが、
約5300万円は、あまりにも高すぎます。
普通の患者さんには到底、無理です。

しかも、それでおとなしくなってくれる
ガン細胞とは到底思えません。
恐らく・・・時間の問題で、その仕組みを
潜り抜けるガン細胞が出現するでしょう。

そう、病原菌と抗生物質の「いたちごっこ」を
思い出せば分かりやすいと思います。
院内感染が深刻な問題になっているのは、
つまり、そういうことです。

★メルマガ111号 
膠原病とサルコイドーシスの真犯人

<一部引用>

話を元に戻しますが、様々なウィルスや細菌、
カビ菌や酵母などには、それぞれに
固有の名前がついています。
しかし、これらの微生物の培養の時に、
例えば、ペーハーを変えたら全く別の微生物に
変化すると論文に書かれています。
一体・・・何になるの???

恐らく、条件はペーハーだけではないでしょう。
他にも色々な条件下で様々に変化する話は
世間に山のようにたくさんあります。
院内感染なんて、もろにそれでしょう。
耐性菌・・・とか。

究極の抗生物質として登場したバンコマイシン
でしたが、細菌がその組成である限り
必ず破壊されると謳われた万能薬でした。
しかし、病原菌がその細胞組織の組成そのものを
全て変えて生き延びたのです。

しかも、これらの微生物は様々なガン細胞から
培養してもほとんど検出不可能です。
本当に・・・一体どのように変化するのか、
是非とも知りたいものです。
これが、ガンの真相解明に最大の障壁となっています。

この研究を徹底的に進めたら・・・
ものすごい事が判明するはずです。
世界中が驚愕するに違いありません。
細菌学は根底から塗りかえられるでしょう。
これが、細菌学~世界最大の秘密です。

同時に、様々なガンや病気の真の原因も
明らかになるのではないでしょうか。
しかし、そういった研究をして来た
最先端の優秀な細菌学者さんたちは、
みな殺されました。
だから、調べてもなかなか出て来ないのです。

<引用終わり>
============


管理人

早い話、現在~世界最高峰の医学界というものは
世界の人口削減を強行に推し進めている
イルミナティがほぼ、完全支配しています。
この構図がある限り・・・
ガンの秘密や真犯人が明らかにされることは
全く期待出来ません。

ガンの解明とはまた別に・・・
世界の背景といったものを知らなければ
世の中を真に理解することは不可能です。
イルミナティさえも知らない人に何を言っても無駄です。
ガンの解明~以前の問題でしょう。


ガンの真の正体・ガンジダとその特効薬とは! 
https://ameblo.jp/64152966/entry-11122613473.html

毎年、世界中で約8百万人以上がガンで亡くなっている。
アメリカだけでも50万人以上に及んでおり、
2030年には世界中で1,200万人に上ると予想されている。
85歳以下の人々の死因で最も多いのがガンであり、
アメリカでは4人に1人がガンで亡くなっている。

「テロから一般大衆を守る」為に、私達の自由が
日ごとに奪われていく一方で、これらの人々全員が、
闇の輩達と製薬カルテルが治療する事を組織的に拒んでいる。
その疾患により、毎年多くの人々が苦しみ、亡くなっていく。

一緒になれば、治療法を見つけることが出来る。
一緒になら私達には出来る。
だが製薬会社が絡むとなると話は別だ。

「治療法」の探求に毎年莫大なお金が慈善事業を通して
集められているが、体制側にはそれを探求する意思は無い。

ロックフェラーが操る優生学 推進 組織、家族 計画 連盟
(Planned Parenthood)の代表リチャード・デイ博士が、
1969年にピッツバーグでの医師たちの会議で、
来たるべき国際社会の変革について
どう発言していたかを以下綴ろう。

個々の計画的変革が書かれた長いリストの詳細を
述べる前に、彼は集まった医師達に
「録音器具の電源を切り、メモを取らない様に」求めた。

だが、ある医師はメモを取り、
後にそこで話されていた事を公にした。

40年後の現在、私達は、デイ博士が如何に並外れて
正確だったかを確かめる事ができる。
1969年に彼が医師達へ話した以下の内容にある。

「ほぼ全てのガンは今すぐ治療可能だ。
それに関する情報はロックフェラー研究所内のファイルに
あるが、それが今後公開される可能性は薄い。」


人々をガンで死なせれば
人口増加に歯止めをかける事になるだろう

とデイ博士は語った。

「あなたは他の病気でよりも、ガンで死ぬ確率が高い」。
こういった人々に情は存在しない。
だからこんな事が出来るのである。

ガンの症状に対し、破壊的な薬、細胞や人体を殺す
化学療法の様な激薬によって処置する事で莫大な富を
得ている以上、大手製薬会社はそれを治療したいという
願望を持ってはいない。

だが、本来それはお金の為ですらない。

例の闇の輩は人口削減の方法として、
人々が必要以上に早く苦しんで死んで欲しいのだ。
そうした訳で、製薬大手陰謀グループの外部の誰かが
効果的なガンの処置法を発見すると、
医療体制派や政府機関にすぐさま目を付けられるのである。

― 中略 ―

ガンの発生を許しているのは弱体化された免疫系である。
免疫系が効率的に機能していれば、
免疫系は手に負えなくなる前に問題を処理する。
この場合は、カンジダを抑制する事である。

では、世界中でガン患者の数が急上昇しているので、
何が起こっているかを見渡してみよう。
人間の免疫系に対する計画的な戦争がそこにはあり、
10年ごとにますます騒々しくなってきている。

飲食物の添加物、化学農業、ワクチン接種、電磁気や
マイクロ波のテクノロジーや周波数、調合薬、
近代「生活」によるストレスによって、
私たちの免疫系は弱体化させられ、攻撃されている。

今日の子供達は、25種類のワクチン接種と
それらの混合物が与えられて、
いったい防御できるのだろうか!?
2歳になる前の、免疫系がまだ育っている
最中だというのに!! 何という事だ…。

これこそが例の闇の輩が人口を間引くやり方だ。
疾患に対する人体の自然免疫能を弱体化させる
という手段によってである。
いま、真の恐怖映画が目前にある。

何よりも早く免疫系を破壊するものは何だろうか?
化学療法、放射線もその一つである。
化学療法とは、細胞を殺す為に考案された激薬である。

― 中略 ―

「化学療法は、治癒するはずの人々を殺している。」

化学療法は、私達がもし治癒するとすれば
健康で丈夫である事が必要だが、
まさしくその組織そのものを破壊する激薬である。

<引用終わり>
============


管理人

皆さんにもう一度・・言います。
世間に流布されている情報はウソばかり。
真実は皆さんで見つけて下さい。
でなければ・・・
あなたや家族の人が死ぬことになります。

真実を知って下さい。
勇気をもって下さい。
決して・・・あきらめないで‼




夢をあきらめないで 岡村孝子





【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第14期メ-ルマガジン
( 今年2月から今年4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ113号 
原因不明の「痛み」の正体!?

★メルマガ112号 
発達障害や知的障害の本当の真犯人は、
 日本語で検索しても出て来ない!?

★メルマガ111号 
膠原病とサルコイドーシスの真犯人

★メルマガ110号 
日本のある大都市に忍び寄る
大災害テロ事件の可能性をまとめました。

★メルマガ109号
【平成最大の爆破事件~名古屋】

★メルマガ108号
2019年5月 ✖ デ- ~ 〇〇県❓❓❓

★メルマガ107号 
たばこの葉の発酵プロセスに使用する
酵母が ~ ガンと掌蹠膿疱症の元凶!?



第13期メ-ルマガジン
( 去年11月から今年1月までの3ヶ月間 )

★メルマガ106号
今年1月、大手新聞各社にて一斉に出された
巨大地震を臭わす暗号記事を解読してみた!?

★メルマガ105号 
汚染地域に住み内部被ばくをすると
何故~ガン・白血病や難病になるの!?

★メルマガ104号 
慢性前立腺炎とガン 〜 そして希望 〜

★メルマガ103号 
 心と身体とガン

★メルマガ102号 
自己免疫疾患なるものの真の正体!?

★メルマガ101号 
ガン・白血病~脳梗塞や心筋梗塞の最大の真犯人

★メルマガ100号
納豆菌はガンの原因菌を食べてくれて
ビフイズス菌や乳酸菌を増やす!!!

★メルマガ99号 
白血病や悪性リンパ腫の真犯人!?

★メルマガ98号
『自己免疫疾患』と診断され苦しんでおられる皆様へ



第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ97号 
アボカドの脂質〜アボカチンB〜が、
ガンの幹細胞を殺す可能性がある!!!

★メルマガ96号 
ノーベル賞受賞・本庶氏のガン治療薬
 「オプジーボ」は恐ろしい!?

★メルマガ95号
亜麻仁は肺ガン・乳ガン・結腸ガンの予防効果
と放射能被曝から身体を防御する!

★メルマガ94号 
身体から化学物質や毒物~放射能を除去する方法

メルマガ93号
【続】北海道大地震の真実 ~ Haarp ~

メルマガ92号
北海道大地震の真実

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 
ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号
第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  
悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号
悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号
スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!









. 舌癌は大抵 ~ 色が白いって知ってた!?

舌癌は大抵 ~
色が白いって知ってた!?






舌癌は ↑ 総じて みな白い‼




お知らせ

4月21日、最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ114号 
堀ちえみさんの舌癌と咽頭口頭ガン

届いていない読者の方は、ご連絡下さい。


最新のメルマガを一部のみご紹介します。

<引用>

管理人

今回、舌癌と咽頭口頭ガンの二人の方より
ご相談を受けました。
舌癌の多くの写真を見ていてあることに気づきました。
全てではないでしょうが、舌癌の患部が・・・
例外なく~みな白いのです。
またかと思われるかもしれませんが、
私は直ぐに、カンジダを疑いました。

イタリアの著名な医師のシモンチ-ニさんは、
長年~ガンを治療する時に、手術で開腔して
臓器のガン患部を見ると、そのほとんどの場合、
み~んな白いことに気づきました。

調べていくうちに、その正体がカンジダで
あることを知るに到ったのです。
「白い色は恋人の色」・・・なんて曲名の
ベッツィ一&クリスの昭和の名曲がありましたね。
ところが、カンジダは白いのです。
この名曲の題名を変えなければいけない。
「白い色はカンジダの色」・・みたいに。

シモンチ-ニさんは、ガン患部に炭酸水素ナトリウム、
別名・重炭酸ナトリウム(重曹)を塗布して
多くのガン患者さんを治療して救いました。

★メルマガ第40号
恐ろしい!〜徐々に、
ガンの真の正体が明らかになってきた。


<一部引用>

ところで、転載した記事の中で、抗真菌薬ががんに効く
と書いてありますが、当のシモンチーニは、
抗真菌薬を否定し重炭酸ナトリウム(重曹)を推奨します。
http://ameblo.jp/64152966/entry-12261035243.html

シモンチーニは、ガンが真菌の感染もしくは蔓延であると
気付くと、その真菌を殺し、悪性腫瘍を除去できる何かを
探し始めた。
彼は、「抗真菌剤」は作用しないと気付いた。

何故なら、真菌は自己防衛の為にすばやく変異し、
真菌を殺す為に処方された薬物を取って
食べ始めさえするからだ。
その代わりにシモンチーニは、
もっとずっと簡素なものを見つけた。

重炭酸ナトリウムである。
彼が重炭酸ナトリウムを使った理由は、
それには強力な殺菌力があり、薬物とは違い、
カンジダはそれに「適応」することが出来ないからだ。

<引用終わり>
============


管理人

私は、シモンチーニ医師の考え方と少し違い
抗真菌薬でもアムホテリシンBなどは
有効であると考えています。
というよりも・・・
重炭酸ナトリウムと抗真菌薬を同時並行して
使用すれば、より効果が高いと考えています。

また、原因菌はカンジダだけとは限りません。
白い色でなければ、他のカビ菌の可能性。
主要なカビ菌の色はそれぞれに違います。


<一部引用>

真菌は、比較的温暖で湿度の高い環境を好み、
アルカリ性の環境下では繁殖しにくい。
イタリアの医師トゥーリオ・シモンチーニ博士は、
ほとんどのがん患者から、増殖した真菌が発見される
だけでなく、腫瘍は概してカビのように白いことにも
注目し、がんの正体は真菌感染にあると直感した。
そして、水溶性で弱アルカリ性を示す安全な薬剤として、
炭酸水素ナトリウム(通称:重そう)を利用した
がん治療法を生み出した。

~ 中略 ~

腫瘍はアルカリに直接触れるとすぐに崩壊を始める。
そこで、消化管には経口投与、直腸には浣腸、
膣や子宮には圧注、肺や脳には静脈注射(点滴)、
上気道には吸引、乳房やリンパ節、皮下腫瘍には
局所灌流で対処した。

また、治療が困難であった箇所においても、
カテーテルを挿入して、直接炭酸水素ナトリウムを
ピンポイントで投与する方法を編み出し、
脊椎や肋骨内部等を除いて、ほぼすべてのがんを
治療できる方法を確立した。

=======


管理人

極めて重要なポイントを書いておきます。

舌ガンは・・・
目で見えるところ~手の届くところにある‼


という事実です。

<引用終わり>
============


私が何を言いたいか・・・
皆さん、お分かりですね。



白い ↓



白い ↓





口腔前癌および口腔癌におけるカンジダ
https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21978967&prev=search

口腔前悪性腫瘍および癌腫は、さまざまな病因に
よって引き起こされる一般的な上皮の病状です。
口腔内では、カンジダ症が最も頻度の高い
日和見真菌感染症です。
カンジダ症と口腔前癌および癌との関連の最初の報告以来、
口腔前悪性疾患の発症および転換におけるカンジダの役割に
関して様々な理論が議論されてきた。
ただし、正確な役割はまだ不明です。
本稿では、口腔前癌と間接癌にもかかわらず
癌におけるカンジダ症の因果的役割を仮定します。
私たちはまた、他の補助因子と一緒に
カンジダが発癌の開始と促進に役割を果たす
かもしれないことを提案します。

<引用終わり>
============


堀ちえみさんの舌癌ステ-ジ4は
~ 2001年の急性膵炎から始まった‼

https://ameblo.jp/64152966/entry-12441453321.html


もし、堀ちえみさんの小腸がリーキーガット症候群か、
或いは、それに近い状態であったとするなら
堀ちえみさんの小腸には、カンジダが溢れていたはずです。






【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第14期メ-ルマガジン
( 今年2月から今年4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ113号 
原因不明の「痛み」の正体!?

★メルマガ112号 
発達障害や知的障害の本当の真犯人は、
 日本語で検索しても出て来ない!?

★メルマガ111号 
膠原病とサルコイドーシスの真犯人

★メルマガ110号 
日本のある大都市に忍び寄る
大災害テロ事件の可能性をまとめました。

★メルマガ109号
【平成最大の爆破事件~名古屋】

★メルマガ108号
2019年5月 ✖ デ- ~ 〇〇県❓❓❓

★メルマガ107号 
たばこの葉の発酵プロセスに使用する
酵母が ~ ガンと掌蹠膿疱症の元凶!?



第13期メ-ルマガジン
( 去年11月から今年1月までの3ヶ月間 )

★メルマガ106号
今年1月、大手新聞各社にて一斉に出された
巨大地震を臭わす暗号記事を解読してみた!?

★メルマガ105号 
汚染地域に住み内部被ばくをすると
何故~ガン・白血病や難病になるの!?

★メルマガ104号 
慢性前立腺炎とガン 〜 そして希望 〜

★メルマガ103号 
 心と身体とガン

★メルマガ102号 
自己免疫疾患なるものの真の正体!?

★メルマガ101号 
ガン・白血病~脳梗塞や心筋梗塞の最大の真犯人

★メルマガ100号
納豆菌はガンの原因菌を食べてくれて
ビフイズス菌や乳酸菌を増やす!!!

★メルマガ99号 
白血病や悪性リンパ腫の真犯人!?

★メルマガ98号
『自己免疫疾患』と診断され苦しんでおられる皆様へ



第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ97号 
アボカドの脂質〜アボカチンB〜が、
ガンの幹細胞を殺す可能性がある!!!

★メルマガ96号 
ノーベル賞受賞・本庶氏のガン治療薬
 「オプジーボ」は恐ろしい!?

★メルマガ95号
亜麻仁は肺ガン・乳ガン・結腸ガンの予防効果
と放射能被曝から身体を防御する!

★メルマガ94号 
身体から化学物質や毒物~放射能を除去する方法

メルマガ93号
【続】北海道大地震の真実 ~ Haarp ~

メルマガ92号
北海道大地震の真実

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 
ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号
第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  
悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号
悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号
スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!




白い色は恋人の色  Betsy & Chris






. <厚生年金> 70歳以上になっても支払えと義務化を準備中!?

<厚生年金> 70歳以上になっても
 支払えと義務化を準備中!?









厚生年金70歳以上義務化で
日本は“ブラック国家”まっしぐら

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/252080

〈厚生年金加入、70歳以上も 厚労省 納付義務を検討〉――。
16日の日経新聞の朝刊1面トップ記事は衝撃だった。
会社員らが加入している厚生年金の保険料を納付する義務年齢に
ついて、厚労省が現行の70歳未満から70歳以上に
引き上げる検討に入った、というのだ。

======


管理人

最大の問題は、官僚や政治家、そして、ある大国が
年金資金を好き勝手に自由に使えることです。
しかも、年金資金に手を突っ込んで引き出す際に、
一般外収支として、国会で審議される義務が全く無い
という・・・まさに驚愕すべき事実です。

その結果が・・・以下です。

日本は既に、破産同然である事が判明!
 ~預金封鎖=金融統制は時間の問題!

https://ameblo.jp/64152966/entry-12126692025.html


管理人

官僚は、国民の税金や年金を自由に使って
やりたい放題の有り様。
様々な巨大利権を作り続け、天下り帝国を完成しました。
その為の天文学的な莫大なツケはすべて国民に
付け替えるというマジックを行ってきました。
一体どれだけの巨額な借金が国民に押し付けられて
きたでしょうか?

それを問題にして国会に持ち込む国会議員は
皆無といってもいいです。
告発しようとした民主党の国会議員だった
石井紘基議員は告発する予定日の朝に暗殺されました。





【現代の侍】石井紘基 暗殺と特別会計の闇
https://matome.naver.jp/odai/2147997226852760901


2002年10月25日、民主党の衆議院議員・石井紘基さんが、
世田谷区の自宅駐車場において柳刃包丁で左胸を刺され
死亡されました。

ご家族が飛び出し、直ぐに救急車を呼んで病院に向かう
途中の車の中で、もう既に、テレビのテロップに
石井紘基さん死亡のニュースが流されていました。
皆さん、救急病院で緊急処置をする前にですよ。

そして、その日の同時刻、国会の中では既に、
犯人の伊藤白水の名前が出回っていたのです。
テレビも政治・経済も司法も全てをコントロール下に
おいている巨大権力者の仕業です。

石井紘基さんは、特別会計の中に潜む巨悪の闇の
一端を国政調査権を駆使して見つけ出したのです。
そして、それを当日の国会で暴露し告発しようとして
いたまさに、その日の朝に刺殺されたのです。

一般会計 70兆円
特別会計 350兆円


特別会計は限りなく不透明でブラックボックスと
なっており、何人も決して侵してはならない
伏魔殿と化していたのです。



そして・・・
アメリカに貸したお金は
一切戻ってきません。
今も尚、更に貢ぎ続けています。
皆さん、公表されているものは一切信用出来ません。


日本は米国に、最低でも累計945兆円もの
おカネを貸しているのに、
それが返済されていない!?

https://ameblo.jp/64152966/entry-12084863367.html



『400兆円アリガトウ』と
ブッシュは小泉に御礼を言った!

https://ameblo.jp/64152966/entry-11021689630.html

2002年2月18日の日米首脳会談で、アメリカに対し
「日本がもっている国債は売りません」と、
小泉が約束してしまっています。
日本では明らかにされていませんが、事実です。

ブッシュは帰国後、興奮して
「アメリカ外交の勝利だ」と言ったそうです。
 
そのことを教えてくれたチェイニー副大統領のスタッフに、
「小泉は『あるとき払いの催促なしでいいよ』と言ったのか」
と聞いたのですが、
「アメリカには、そんな曖昧な表現はありません」
と言うのです。

「ブッシュの報告は、どのように理解されたのか」
と聞くと、
「いただいた、とアメリカ側は理解している」 
と言いました。

「アメリカはただただ奪うだけではないか、ひどすぎる」
と私が言うと、彼は
「ブッシュは小泉に、小泉が一番ほしいものを与えています」
という返事が返ってきました。
それは
「小泉さんには、ブッシュは日本の政治史上最も偉大なる
リーダーだという誉め言葉を与えています。
ブッシュが歯の浮くようなお世辞を小泉に言い続けてきたのは、
400兆(管理人注:もっとですよ)の金を
くれたことに対するお礼なのです」と彼は言いました。
日本人にとっては冗談ごとではないと思います。

============


管理人

大学を22歳で卒業して・・・
70歳未満から70歳以上までの40年以上も
年金を払わされ続け、挙句の果てには、
年金支給年齢を75歳にしようとしています。

男性の平均寿命は、81歳です。
40年以上も高額な年金を払い続け
年金をもらえるのは、生き残った人だけで
しかも、もらえる期間は10数年から6年ほどに
短縮されようとしています。

これって、完全に極めて悪質な
イカサマ詐欺ではありませんか???
何者かが、贅沢にお金を使いまくっていたのです。
国家的巨大詐欺事件ですよ。
国家反逆罪に相当します。
振り込め詐欺なんて本当に可愛いものです。

少子高齢化で、年金資金がひっ迫しているなんてのは
国家的巨大詐欺を誤魔化す為のアドバル-ンに過ぎません。
その闇を解き明かす為には、特別会計の闇を
満天下に晒す以外にはありません。
しかし、政治家は決して黙して語らずです。
命が幾らあっても足りなくなる。

日本国民はと言えば・・・
完全にマスコミに洗脳されまくってて
真実さえ知ることすら叶いません。

まあ、国家は完全に国民をなめ切っていますね。
早い話、バカにしているんですよ。
国民はいつも・・・おとなしいまま。
しかも、選挙で自民党がいつも圧勝するって???
こんな国・・・もうどうにもならんわ。

それ以上に・・・
こんな国で、この先~全く何も起こらないと
信じ切っている・・・あなた。。。
あまりに平和ボケしてはいませんか!?



2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

https://ameblo.jp/64152966/entry-12369752359.html








お知らせ

4月11日、最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ113号 
原因不明の「痛み」の正体!?

届いていない読者の方は私までご連絡下さい。


【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第14期メ-ルマガジン
( 今年2月から今年4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ113号 
原因不明の「痛み」の正体!?

★メルマガ112号 
発達障害や知的障害の本当の真犯人は、
 日本語で検索しても出て来ない!?

★メルマガ111号 
膠原病とサルコイドーシスの真犯人

★メルマガ110号 
日本のある大都市に忍び寄る
大災害テロ事件の可能性をまとめました。

★メルマガ109号
【平成最大の爆破事件~名古屋】

★メルマガ108号
2019年5月 ✖ デ- ~ 〇〇県❓❓❓

★メルマガ107号 
たばこの葉の発酵プロセスに使用する
酵母が ~ ガンと掌蹠膿疱症の元凶!?



第13期メ-ルマガジン
( 去年11月から今年1月までの3ヶ月間 )

★メルマガ106号
今年1月、大手新聞各社にて一斉に出された
巨大地震を臭わす暗号記事を解読してみた!?

★メルマガ105号 
汚染地域に住み内部被ばくをすると
何故~ガン・白血病や難病になるの!?

★メルマガ104号 
慢性前立腺炎とガン 〜 そして希望 〜

★メルマガ103号 
 心と身体とガン

★メルマガ102号 
自己免疫疾患なるものの真の正体!?

★メルマガ101号 
ガン・白血病~脳梗塞や心筋梗塞の最大の真犯人

★メルマガ100号
納豆菌はガンの原因菌を食べてくれて
ビフイズス菌や乳酸菌を増やす!!!

★メルマガ99号 
白血病や悪性リンパ腫の真犯人!?

★メルマガ98号
『自己免疫疾患』と診断され苦しんでおられる皆様へ



第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ97号 
アボカドの脂質〜アボカチンB〜が、
ガンの幹細胞を殺す可能性がある!!!

★メルマガ96号 
ノーベル賞受賞・本庶氏のガン治療薬
 「オプジーボ」は恐ろしい!?

★メルマガ95号
亜麻仁は肺ガン・乳ガン・結腸ガンの予防効果
と放射能被曝から身体を防御する!

★メルマガ94号 
身体から化学物質や毒物~放射能を除去する方法

メルマガ93号
【続】北海道大地震の真実 ~ Haarp ~

メルマガ92号
北海道大地震の真実

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 
ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号
第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  
悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号
悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号
スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!












. 免疫抑制剤とステロイドの真実

免疫抑制剤とステロイドの真実







お知らせ

4月11日、最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ113号 
原因不明の「痛み」の正体!?

届いていない読者の方は私までご連絡下さい。



ブログ読者の neru2019 様よりのコメント

03月23日
コパイバオイルの紹介
アマゾンに古くから伝わる樹液コパイバオイルをご存知ですか?
コパイバオイルは真菌に有効な成分があるそうです。
大学でもマウスを使った研究が始められているそうです。
抗がん作用の成分も40種類以上入っているとも言われています。
内服外用の万能薬です。Wantonさんに伝えたくてコメントしました。

03月23日
久留米の細川博司先生もご存知ですか…
日本で一番真実を語っているドクターです、
一番街統合診療所
ガンで苦しまれている方に教えたいです。
ただ先生の治療は、すでに抗がん剤を盛られた方は
時間がかかるそうです。
近藤先生の放置の考えと共通しています。
ガンは細胞診で針を刺すことで、爆発的に広がるそうです
「ガンは怖くない」先生の口癖です。

============


管理人

文字変換ツ-ルなんですが・・・
パソコン画面の表示が日本語の「あ」になって
いるにも関わらず、カ-ソルを少し動かしただけで
もう英語の半角英数に戻るんですよね。
これには本当に腹が立ちます。
英語圏の白人連中がネット社会やパソコンを
支配しているのだと主張しているのでしょうが・・・
私に言わせれば、モロ欠陥商品だと言いたくなります。
ホント・・・頭にきます。
ほとんど嫌がらせでしょう。

neru2019 様から貴重なコメントをいただきました。
感謝です。
久留米の細川博司先生は存じ上げませんでした。

特に気になる部分は ↓

ガンは細胞診で針を刺すことで、爆発的に広がるそうです

これから考えられることは、
ガンは、感染症である可能性が高いことを意味します。
その意味では、確かに納得出来るお話です。

ただ・・・

近藤先生の放置の考えと共通しています。

これには同意しかねます。
良性のものなら、それでも構いませんが
悪性度の高いガンは、そんなに甘いものではありません。
良性腫瘍と悪性ガンの違いを真に理解しなければ
決して、真実にたどり着けません。
つまり、悪性ガンの真実を知らなければ
ガン治療も間違ってしまうことでしょう。

コパイバオイルの紹介については、
大変貴重な情報です。
私も一度、調べてみることにします。



ところで・・・
ステロイドや免疫抑制剤について
皆さんの為になることを書いておきます。

★メルマガ112号
発達障害や知的障害の本当の真犯人は
 日本語で検索しても出て来ない!?


< 一部のみ引用します >

翌朝になっても熱は引かず、
さらに左足首と膝付近の腫れと痛み、右肩、脇の下、
右腰にも痛みが広がりました。
特に左足全体がまるで象の足の様に浮腫があり、
歩くにも困難な状態でした。


E.M 様のお身体のあちこちに一挙にひどい腫れと
痛みが出たという点で、真っ先に考えられるのは
毒物←が一番に考えられます。

毒蛇→ヘビ毒
ハチ→ハチ毒
カビ→カビ毒
ウィルス→食中毒など

咬まれたり刺されたりしたら、
いずれも酷く腫れますし痛みを伴います。
E.M 様の免疫力が大きく低下した時に
身体の内部に潜んでいたウィルスか細菌か、
或いは、カビ菌の何物かが、やっと俺達の季節が
やって来たと著しく~活性化したと考えられます。

増殖をし続け、活発に動き出したという訳です。
身体は、その動きに敏感に反応し
警戒警報 を発令し、免疫細胞 がいざ出陣です。
免疫力をフル回転させる為にエンジン全開になると
その相互的生理作用として高熱を発する訳ですね。

そして、何物か分らない悪玉菌と免疫細胞が
ガチンコで全面衝突するに到ります。
いわば、全面戦争になる訳ですね。
悪玉菌の武器は・・・猛毒~です。
これで、免疫細胞を近づけないようにします。
その毒素によって、ひどい腫れや痛み・・そして、
炎症が延々と繰り返されることになる訳です。

E.M 様に起こった症状はかなり酷いものと
見受けられました。
なので、強力な毒素を持った悪玉菌でしょう。

あれだけ酷いと・・・
カンジダよりもアスペルギルスの可能性も
考えられるところです。
アスペルギルスのカビ毒~アフラトキシンを
私は少し疑いました。
なかでもアフラトキシンB1は自然界で
もっとも強力な発ガン物質として知られています。

東京都福祉保険局
アフラトキシン
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/kabi/kabi2-1.html

あくまでも可能性として、アスペルギルスを
提起しましたが、無論、他の細菌などの可能性も有り得ます。
一つのものに決め付けるのは、いつの場合でも禁物です。

8月からステロイド、プレドニン5ミリgを1日20ミリg?
服用し、(朝5ミリ,昼5ミリ,夜10ミリg?)1ヶ月飲みました。
すると見事に足の腫れや痛みは消え、
元の大きさに戻りました。


ステロイドは、免疫細胞を弱らせ・・・
免疫力を低下させます。
すると、悪玉菌と免疫細胞との間で繰り広げられて
いた全面戦争が休戦状態となります。
当然、悪玉菌は毒素を出して必死に戦う必要が薄れる訳です。
結果→、体内毒素が低下していきます。
そして、腫れが少しづつ消えて行くと・・・
こういう事になるのは自然の摂理です。

しかし、体内の状況とというものは
以前と全く何ら変わっていません。
いや・・・むしろ、免疫力を低下させますので、
悪玉菌は一層増え続けることになります。
つまり、より悪化の一途をたどることは必定。
その上、ステロイドの大変大きな副作用だけが
延々と残り続けることになります。

それは、時間の経過とともに
更なる大きな悲劇を生み出す引き金になって
しまうのは過去の無数の前例からも明らかです。
著名なイシハラクリニック院長の石原結實氏は、
人としての寿命が→10年縮まることもあると
はっきり明言しています。
これが、ステロイドの真実ともいうべき事実です。


免疫抑制剤とステロイド

「週刊現代」2016年8月13日号より
知っておきたい「万能薬ステロイド」の重大リスク
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/49373

副作用

・糖を合成する働きを高めるため糖尿病になりやすくなる
・免疫力が低下し感染症にかかりやすくなる
・血小板の機能を亢進させるため血栓症になりやすくなる
・白内障が進行する

●骨がスカスカになる
●大腿骨頭壊死
●うつ症状~自殺

イシハラクリニック院長の石原結實氏

「ステロイドは免疫を抑制することで
様々な病気の症状を抑えています。
都合よく、体の『一部の免疫』が弱められるわけ
ではなく、全身の免疫が弱くなっていく。
外敵に抵抗する力が小さくなるのですから、
様々な病気にかかりやすくなる。

たとえばリウマチにステロイドを長期間使うと、
肺炎やがんにかかりやすくなります。
こうした病気は高齢者にとっては危険なものです。
結果的には、ステロイドを使わなかった人に比べて、
10年以上も寿命が短くなるということがあるのです」



アトピーの人の人生を変えるステロイドの恐怖
 (副作用)

https://yamayatop.com/steroid/horrorsteroid/

•感染症を引き起こす可能性を上げる
ウイルスやカビは外部からも攻撃を仕掛けてきます。
ステロイドはもともと体内で生成されるものですが、
外用することで感染症のリスクを引き上げてしまいます。
それは免疫抑制作用が働くためで、アレルゲンだけでなく
ウイルスやカビとも戦う力が弱まっているのが原因です。
当然戦う力が弱まれば感染症を引きおこすリスクも高まるのです。

•皮膚の萎縮

•体内で酸化されアレルゲンになる
人工的に作られた副腎皮質ホルモンは、
生理的に作られた副腎皮質ホルモンと比べ、
酸化しやすいという特徴を持っています。
本来酸化されにくい生理的副腎皮質ホルモンは
排便等によって排出されますが、
人工的副腎皮質ホルモンは酸化されると
体内にとどまります。
それがアレルゲン、つまりアトピーの症状を
引き起こす原因と化すのです。

•IGE抗体の増加
IGE抗体とは血液中に含まれるアトピーの症状を
引き起こす物質(タンパク質)と思ったらいいでしょう。
それが増加することによりさらなる症状を
引き起こしてしまいます。

•副腎不全
ステロイドの長期使用時に見られる副作用です。
生理的副腎皮質ホルモンが分泌されない状態に陥ります。
長い間、人工的副腎皮質ホルモンに頼っていると、
副腎ははそれに頼ろうとするためか自身の機能を
働かせようとしないみたいです。

============







【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第14期メ-ルマガジン
( 今年2月から今年4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ113号 
原因不明の「痛み」の正体!?

★メルマガ112号 
発達障害や知的障害の本当の真犯人は、
 日本語で検索しても出て来ない!?

★メルマガ111号 
膠原病とサルコイドーシスの真犯人

★メルマガ110号 
日本のある大都市に忍び寄る
大災害テロ事件の可能性をまとめました。

★メルマガ109号
【平成最大の爆破事件~名古屋】

★メルマガ108号
2019年5月 ✖ デ- ~ 〇〇県❓❓❓

★メルマガ107号 
たばこの葉の発酵プロセスに使用する
酵母が ~ ガンと掌蹠膿疱症の元凶!?



第13期メ-ルマガジン
( 去年11月から今年1月までの3ヶ月間 )

★メルマガ106号
今年1月、大手新聞各社にて一斉に出された
巨大地震を臭わす暗号記事を解読してみた!?

★メルマガ105号 
汚染地域に住み内部被ばくをすると
何故~ガン・白血病や難病になるの!?

★メルマガ104号 
慢性前立腺炎とガン 〜 そして希望 〜

★メルマガ103号 
 心と身体とガン

★メルマガ102号 
自己免疫疾患なるものの真の正体!?

★メルマガ101号 
ガン・白血病~脳梗塞や心筋梗塞の最大の真犯人

★メルマガ100号
納豆菌はガンの原因菌を食べてくれて
ビフイズス菌や乳酸菌を増やす!!!

★メルマガ99号 
白血病や悪性リンパ腫の真犯人!?

★メルマガ98号
『自己免疫疾患』と診断され苦しんでおられる皆様へ



第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ97号 
アボカドの脂質〜アボカチンB〜が、
ガンの幹細胞を殺す可能性がある!!!

★メルマガ96号 
ノーベル賞受賞・本庶氏のガン治療薬
 「オプジーボ」は恐ろしい!?

★メルマガ95号
亜麻仁は肺ガン・乳ガン・結腸ガンの予防効果
と放射能被曝から身体を防御する!

★メルマガ94号 
身体から化学物質や毒物~放射能を除去する方法

メルマガ93号
【続】北海道大地震の真実 ~ Haarp ~

メルマガ92号
北海道大地震の真実

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 
ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号
第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  
悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号
悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号
スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!











. 新札へ移行 ~ 去年4月に、メルマガで書いた事が現実に起こり始めた‼

新札へ移行 ~ 去年4月に、
メルマガで書いた事が
現実に起こり始めた‼









管理人

一応、政府は2024年に新紙幣にすると説明していますが、
かなり早くなることも心配しておくべきだと思います。

新紙幣への移行には、どうしても避けては通れない
ある恐ろしい計画への懸念がついてまわります。
それは・・・
預金封鎖 資産課税 です。

202✖ 年の何月何日を持ちまして
旧紙幣は使えなくなりますと決められたら
皆さんが持っている現金やタンス預金などのお金は
全て、銀行で新札と交換して下さいとなります。

すると、一挙に日本国中のお金を集めることが可能です。
大変混雑しておりますので、新札との交換は数日間
かかりますと発表します。
この時が・・・
預金封鎖、資産課税の絶好の機会となります。


そんな事は到底起こりえないだろうと思っている人も
おられるかと思いますが、起こりえないどころか、
そうしなければならない日本国の窮状と必然性があるのです。

私はつい去年の4月に、メルマガの中において
新札への移行で、国民は現金をすべていったん銀行に
預けざるを得なくさせられると書いたばかりです。
そしたら、ビンゴ ❢
何と・・・4月9日に
政府、24年に紙幣デザイン刷新・・と
発表したではないですか。

つまり、メルマガで書いた通りのことが起こったのです。
その深い真相については、★メルマガ第78号を
読んでいただくと、その背景が手に取るように
理解出来るはずです。
ブログでは公開出来ない部分も多い訳ですが、
そのさわり部分を少しだけ引用します。


2018年4月20日
★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?


日銀と政府の金融政策のすべてが、ハイパー・インフレ、
預金封鎖、資産課税への準備であることは明白です。


~ 中略 ~


しかし、それを遂行するには、やはり、
緊急事態条項⇒内閣独裁権を行使するでしょう。
その為に、自作自演の大規模テロが懸念されます。
2020年夏の東京オリンピック前か後にです。
しかし、これはあくまでも可能性の話です。

預金封鎖、資産課税・・なんてことをやらかすと、
時の政権は国民から完全に支持を失います。
だから、何がなんでも内閣独裁権が必要なのです。

~ 中略 ~

カレイドスコープさんは、2020年という
指標を示していますが、果たしてどうでしょうか?
確かに、2020年は大変危険な年であると思います。

しかし、仮に時期が多少ずれたとしても・・・
その危機は、5年内に確実にやって来ると
考えておいたほうがよいと思います。


◎ 皆さん、今の内に株式や生命保険などの證券類は
全て解約して整理しておいたほうがいいでしょう。

◎ タンス預金もダメです。
 新札に移行させて旧紙幣は使えなくなります。
 全て銀行に預けるしかない事態に追い込まれます。

◎ 金・銀などの貴金属は差し押さえ対象です。

◎ 海外に移住~逃げても追いかけてきます。

◎ 家のローンの変動金利があなたを破産させます!

◎ 食料品や燃料、日常品の入手が困難になります。

◎ 1万円札は紙屑同然になります。

◎ 治安がメチャクチャ悪くなる。
       ↓

※AERA 2017年7月17日号

インフレで命の危険… 
生きるために出国もあるベネズエラ

https://dot.asahi.com/aera/2017071200079.html?page=1

この数年で経済状況は急速に悪化。政情不安が重なり、
陽子さんの自宅がある首都カラカスは、
「戦地以外の殺人率は世界トップクラス」
とも言われるように。
デモも連日行われ、死者やけが人が多数発生。

今年のインフレ率は800%とも1千%ともいわれる。
陽子さんによると、未曾有の食糧難で、
食物を求めて人は野良犬と一緒にゴミ箱を漁り、
赤ん坊には米やパスタのとぎ汁を与えるしかない。
必要最低限の薬も手に入らないのだという。 

 陽子さんは週1回、強盗に怯えながら、
朝から各マーケットを回って食料品を集めた。
自宅には有刺鉄線を張り巡らせ、警報装置をつけた。

「いよいよこのままでは殺されると感じ、
精神的に不安定になり、知人の誘いで、
まずは私だけが日本に一時避難したのです」

結局、そのままベネズエラには戻れず、
夫はカラカスの自宅に留まり、
娘は、陽子さんが出国した数カ月後、別の国へ。
海外へ出国したベネズエラ人には、
一家離散が少なくないという。

「日本人には、遠い世界の出来事に思えるかもしれない。
しかしちょっと間違えれば、同様のことは起こりうる」

<引用終わり>
-----------------------------------


さて・・・
如何でしょう、皆さん。
日本国民は、戦後~かつて経験したことのない
災厄に見舞われるかもしれません。

以前、一度でも経験していれば、
まだ何とかなるかもしれませんが・・・
一度も経験したことのない修羅場の世界が
実際に目の前に現れると、ただ呆然と途方に暮れ
立ち尽くすことになるのではないでしょうか?

ベネズエラで起こっていることは、映画や
テレビドラマの話では決してありません。
数年前から、そして、今現在も続いているのです。

自宅には有刺鉄線を張り巡らせ、警報装置
・・・なんて考えたこともないでしょう。

人間は食べるものがなく飢えると、
全く別人のように凶暴になります。
食糧倉庫は襲われるでしょうし、
農家の畑も襲われます。
農家は自警団を組織するでしょう。

ハイパー・インフレ下で、生きる為に大きなお金が
必要であれば、街ゆく通行人を襲ったり強盗なども
ちゅうちょしなくなります。

何百万人もの人間が生きるのに必死になる世界。
何が起こっても不思議ではありません。
大都会ほど、より悲惨な惨状になることだけは
はっきりしています。

米や穀物にしても、どんどん値が上がってゆく
のが分かっているので、物資を市場に出さなく
なってしまうので、より深刻になっていきます。

やはり、そういった危機に直面した時、
最重要課題ははっきりしています。

◎ 食料の確保と家族の身の安全です。

◎ 生き延びる為の正確な情報です。



============




日本の 非常事態宣言
金融危機 ではなく
巨大地震 が発生した時
に発動される!?


$wantonのブログ





政府、24年に紙幣デザイン刷新
=1万円渋沢栄一・5千円津田梅子・千円北里柴三郎

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019040900133&g=eco

麻生太郎財務相は9日、紙幣のデザインを2024年度上期を
めどに刷新すると発表した。新しい肖像は、日本の資本主義の礎を
築いた渋沢栄一を1万円札、女性教育を推進した津田梅子を5千円札、
日本近代医学の先駆者である北里柴三郎を千円札にそれぞれ採用。
3紙幣の刷新は現紙幣の流通が始まった04年以来、20年ぶり。

2024年度に紙幣刷新

政府は21年度上期をめどに500円硬貨の素材や製造方法も改める。
2千円札は流通枚数が少ないため刷新を見送った。
デザイン変更後も現行の紙幣や硬貨は引き続き流通するため、
財務省は「古いお札は使えなくなる」などと言って現金を
だまし取る詐欺に注意するよう呼び掛けている。
コピー技術が年々高度化する中、偽造を防止するため政府は
約20年ごとに紙幣のデザインを一新してきた。
麻生財務相は今年初め、事務方に肖像の選定を水面下で指示し、
具体的な検討が始まった。
麻生氏は記者会見で、肖像について、容易に偽造されないよう
「昔の絵ではなく写真が残っている方が望ましい」と指摘。
明治以降の著名人のうち、軍人や政治家以外から選んだと説明した。


発表された新500円硬貨のイメージ=9日午前、財務省


04年の前回の紙幣刷新は流通開始2年前の02年8月に発表したが、
今回は5年前と大幅に早い。財務省によると、前回は偽造紙幣が
流通したため作業を急いだが今回はそれほど切迫しておらず、
両替機や現金自動預払機(ATM)の準備を考慮して
時間に余裕を持たせたという。
 
新紙幣は、傾けると肖像が立体的に浮かび上がる
ホログラムを世界で初めて採用する。
指の感触で判別できるマークを券種ごとに異なる位置に配置し、
視覚障害者に配慮。額面数字を大型化し、
高齢者や外国人にも使いやすくする。
 
新紙幣の裏面の図柄には、1万円が東京駅丸の内駅舎、
5千円が藤の花、千円が葛飾北斎の浮世絵「富嶽三十六景」
(神奈川沖浪裏)を採用。寸法は現紙幣から変更しない。
紙幣に割り振る「記番号」は現行の最大9桁では組み合わせ数が
尽きるケースがあったため、今後は10桁に増やす。
500円硬貨は現在のニッケル黄銅に加えて白銅や銅を用い、
2色構造に変更。
周縁部の一部には他の部分よりも粗いギザを刻む複雑な形状にし、
偽造防止効果を高める。

============



お知らせ

3月30日、最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ112号 
発達障害や知的障害の本当の真犯人は、
 日本語で検索しても出て来ない!?


届いていない読者の方は私までご連絡下さい。



【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第14期メ-ルマガジン
( 今年2月から今年4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ111号 
膠原病とサルコイドーシスの真犯人

★メルマガ110号 
日本のある大都市に忍び寄る
大災害テロ事件の可能性をまとめました。

★メルマガ109号
【平成最大の爆破事件~名古屋】

★メルマガ108号
2019年5月 ✖ デ- ~ 〇〇県❓❓❓

★メルマガ107号 
たばこの葉の発酵プロセスに使用する
酵母が ~ ガンと掌蹠膿疱症の元凶!?



第13期メ-ルマガジン
( 去年11月から今年1月までの3ヶ月間 )

★メルマガ106号
今年1月、大手新聞各社にて一斉に出された
巨大地震を臭わす暗号記事を解読してみた!?

★メルマガ105号 
汚染地域に住み内部被ばくをすると
何故~ガン・白血病や難病になるの!?

★メルマガ104号 
慢性前立腺炎とガン 〜 そして希望 〜

★メルマガ103号 
 心と身体とガン

★メルマガ102号 
自己免疫疾患なるものの真の正体!?

★メルマガ101号 
ガン・白血病~脳梗塞や心筋梗塞の最大の真犯人

★メルマガ100号
納豆菌はガンの原因菌を食べてくれて
ビフイズス菌や乳酸菌を増やす!!!

★メルマガ99号 
白血病や悪性リンパ腫の真犯人!?

★メルマガ98号
『自己免疫疾患』と診断され苦しんでおられる皆様へ



第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ97号 
アボカドの脂質〜アボカチンB〜が、
ガンの幹細胞を殺す可能性がある!!!

★メルマガ96号 
ノーベル賞受賞・本庶氏のガン治療薬
 「オプジーボ」は恐ろしい!?

★メルマガ95号
亜麻仁は肺ガン・乳ガン・結腸ガンの予防効果
と放射能被曝から身体を防御する!

★メルマガ94号 
身体から化学物質や毒物~放射能を除去する方法

メルマガ93号
【続】北海道大地震の真実 ~ Haarp ~

メルマガ92号
北海道大地震の真実

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 
ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号
第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  
悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号
悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号
スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!









. 新元号~【 令和 】の( 令 )は戒厳令を彷彿させる!

新元号~【 令和 】の( 令 )は
戒厳令を彷彿させる!









管理人

新元号の決定には、政府が大きく関与します。
つまり、政府の意向が大きく反映される訳です。

【 令和 】の( 和 )は、恐らくですが、
日本そのものを意味しているのではないでしょうか。
戦艦 大和 の例で言うなら
大いなる日本って意味で読み解けます。

つまり、令和っていうのは、
日本国民そのものに命令を下すという風にも
取れる訳です。

日本国民に、命令を下せるものとしては
緊急事態条項 → 戒厳令 をおいて他にありません。
(戒厳)令和・・と読み解くと
実にしっくりきます。
私が冒頭に、緊急事態条項の画像を掲げたのには
そのような意味が込められているのです。

無論、理由はそれだけではありません。
いずれ近い将来・・・
緊急事態条項→戒厳令 といった流れになる時局が
訪れようとしているからに他なりません。
そんな時に、出てきた新元号が
まさに・・・【 令和 】なのです。

日本を実質的に支配する奥の院は皆さんご存知の
イルミナティで間違いありません。
そのイルミナティの息のかかった下僕が
この【 令和 】を決定したと考えられます。

万葉集がどうのこうのと
のんきに話している場合ではありませんよ。



2019年以降 ~
大規模テロ災害に注意して下さい‼

https://ameblo.jp/64152966/entry-12432122477.html




2019年04月03日
「令和以外の5つはケチのつけようがない」
東大教授が指摘する『令』が抱える3つの問題

https://www.huffingtonpost.jp/entry/reiwa-hantai_jp_5ca41654e4b07982402401f6

「中世の人に読ませると
『人に命令して仲良くさせる』
となる」





新元号「令和(れいわ)」を決定する過程で、
政府が検討した6つの最終案がすべて明らかになった。

日本の古典に由来する案は3案で、「令和」のほか、
日本書紀を出典とする「英弘(えいこう)」、
日本古典と中国の詩経を出典とする「広至(こうし)」が
検討されていた。
また、中国の古典からは「万和(ばんな)」
「万保(ばんぽう)」「久化(きゅうか)」の
3案が出ていた。


1日放送のテレビ朝日系『スーパーJチャンネル』に
出演した安倍総理は、有識者懇談会では全員が出典を
日本の古典にすることで一致し、「令和」を推す声が
最も多かったと明らかにした。




そうしたなか、「『令和』以外の5つはケチのつけようがない」
と指摘するのは、歴史学者で東京大学史料編纂所の本郷和人教授。
令和の「令」の字に理由があるとして、3つの点を説明する。

「『令』は上から下に何か『命令』する時に使う字。
国民一人ひとりが自発的に活躍するという説明の趣旨とは
異なるのではないかというのが、まずひとつ批判の対象に
ならざるを得ない。


もうひとつは、『巧言令色鮮し仁』という故事。
“口先がうまく、顔色がやわらげて、人を喜ばせ、
媚びへつらうことは、仁の心に欠けている”という意味で、
この『仁』は儒教で最も大切な概念。
今でいう『愛』を意味し、
それに一番遠いのが巧言令色だと言っている。
そこが引っかかる。




皇太子殿下は日本中世史の研究者で、
当然『令旨』という言葉もご存知だと思う。
これは皇太子殿下の命令という意味で、天皇の命令ではない。
つまり、『令』という字は皇太子と密接な結びつきがあるもので、
天皇の密接な関係があるのは『勅』『宣』などの字。
(天皇の生前退位で定める)新元号とは少しずれている」

本郷氏はこれらを踏まえ、
「普通に使うと使役表現となり、中世の人に読ませると
『人に命令して仲良くさせる』となる。
日本の古典から取ることは何の問題もないと思っているが、
どうも自発的な感覚ではなくなってしまう」と改めて述べた。




これを受けてフリーアナウンサーの柴田阿弥は
「決まってしまったものはどうしようもないですし、
本郷先生が言うように捉える人がいるだろうということも想像できる。
いろいろな意見があって然るべきだし、どんな元号かよりも
どんな時代にしていくかの方が大切かもしれない」と意見を述べていた。

(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)

<引用 ここまで>
==================



お知らせ

3月30日、最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ112号 
発達障害や知的障害の本当の真犯人は、
 日本語で検索しても出て来ない!?


届いていない読者の方は私までご連絡下さい。



【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第14期メ-ルマガジン
( 今年2月から今年4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ111号 
膠原病とサルコイドーシスの真犯人

★メルマガ110号 
日本のある大都市に忍び寄る
大災害テロ事件の可能性をまとめました。

★メルマガ109号
【平成最大の爆破事件~名古屋】

★メルマガ108号
2019年5月 ✖ デ- ~ 〇〇県❓❓❓

★メルマガ107号 
たばこの葉の発酵プロセスに使用する
酵母が ~ ガンと掌蹠膿疱症の元凶!?



第13期メ-ルマガジン
( 去年11月から今年1月までの3ヶ月間 )

★メルマガ106号
今年1月、大手新聞各社にて一斉に出された
巨大地震を臭わす暗号記事を解読してみた!?

★メルマガ105号 
汚染地域に住み内部被ばくをすると
何故~ガン・白血病や難病になるの!?

★メルマガ104号 
慢性前立腺炎とガン 〜 そして希望 〜

★メルマガ103号 
 心と身体とガン

★メルマガ102号 
自己免疫疾患なるものの真の正体!?

★メルマガ101号 
ガン・白血病~脳梗塞や心筋梗塞の最大の真犯人

★メルマガ100号
納豆菌はガンの原因菌を食べてくれて
ビフイズス菌や乳酸菌を増やす!!!

★メルマガ99号 
白血病や悪性リンパ腫の真犯人!?

★メルマガ98号
『自己免疫疾患』と診断され苦しんでおられる皆様へ



第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ97号 
アボカドの脂質〜アボカチンB〜が、
ガンの幹細胞を殺す可能性がある!!!

★メルマガ96号 
ノーベル賞受賞・本庶氏のガン治療薬
 「オプジーボ」は恐ろしい!?

★メルマガ95号
亜麻仁は肺ガン・乳ガン・結腸ガンの予防効果
と放射能被曝から身体を防御する!

★メルマガ94号 
身体から化学物質や毒物~放射能を除去する方法

メルマガ93号
【続】北海道大地震の真実 ~ Haarp ~

メルマガ92号
北海道大地震の真実

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 
ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号
第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  
悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号
悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号
スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!





日本の 非常事態宣言
金融危機 ではなく
巨大地震 が発生した時
に発動される!?


$wantonのブログ





. 希望の春 ~ メルマガ特別イベント

希望の春 ~ メルマガ特別イベント






お知らせ

厳しい冬の寒さも去り、待ちに待った
桜舞い散る希望の春 がやってきました。
ワクワクしてきますね。 音譜
そんな時に、メルマガ特別イベントをやろうと
思い立ちまして、急遽~記事にすることになりました。

実は当初、4月の後半にと考えていたのですが、
イベントはしないのですかとの声があちこちから
聞こえて来たこともあり、感謝の意味も込めまして
やらせていただくことになりました。

おかげ様を持ちまして・・・唯一の
口コミだけで読者数も大変増えました。
去年は、一昨年の2倍にもなりました。
今や、読者の方は日本だけに止まらず
世界各国におられます。
ヨーロッパ~アメリカ~東南アジア~オ-ストラリア
本当に感謝です。


希望の春~メルマガ特別イベント

イベント内容

今年2月から4月までの第14期メルマガか
今年5月からの第15期メルマガから購読される方。

新メルマガ
★第14期メルマガ
★第13期メルマガ
★第12期メルマガ
★第11期メルマガ
★第10期メルマガ
★第 9期メルマガ
★第 8期メルマガ


3ヶ月購読 される皆様には

以上の7期分の中からご指定の1期分をプレゼント

======

1年間購読 される皆様には

以上の7期分の中からご指定の3期分をプレゼント

〇1年間継続購読される皆様には

旧メルマガの第1期から第7期メルマガを全てプレゼント

======

2年間購読 される皆様には

以上の7期分の中から7期分全てをプレゼント

======

3年間購読 される皆様には

以上の7期分の中から7期分全てをプレゼント
プラス
旧メルマガの第1期から第7期メルマガを全てプレゼント

======



ブログ読者の皆様には、日頃よりの感謝の気持ちを
込めまして、今回~特別に
メルマガ記事を一つプレゼントさせていただきます。

======

第13期メルマガバックナンバー 
(11月から今年1月末まで)~より
2019/01/31(木)
★メルマガ106号
今年1月、大手新聞各社にて一斉に出された
巨大地震を臭わす暗号記事を解読してみた!?


http://supervisor-ex.com/bkn47379/1901n02/

パスワード  wp34 半角英数

======



*イベント期間

3月31日 から・・・
新期購読者~77人に到達した時点で終了です。
(お申込みではなくお振込み者が優先順位となります。)
終了の際にはお知らせ致します。



申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



お知らせ

3月30日、最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ112号 
発達障害や知的障害の本当の真犯人は、
 日本語で検索しても出て来ない!?


届いていない読者の方は私までご連絡下さい。




いつも何度でも -Nataliya Gudziy-







. プロフィール

z64150528

Author:z64150528
FC2ブログへようこそ!

. 月別アーカイブ
. 検索フォーム
. リンク
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR