光軍の戦士のブログ

. 恐竜の絶滅と人間のガンには深い因果関係があった!

恐竜の絶滅と人間のガンには
 深い因果関係があった!









始めに

恐竜は1億5千万年もの長い時間を生き続けました。
人類誕生から今日までの歴史は、まだ600万年
程度だそうです。

つまり、恐竜は人類の25倍もの長い間、
地球上で生存し全盛を誇っていたのです。
1億5千万年もの長い時間の中では、
天変地異や気候の変動などもあったでしょうし、
様々な恐ろしい病魔にも襲われたのも
間違いのないところです。

それにも関わらず、1億5千万年もの長きに渡って
生きたことの意味は、すさまじいばかりの適応力や
耐性~生命力を持っていたと推測出来るのです。

恐竜は、約6,600万年前の巨大隕石の衝突で
絶滅したと考えられてきました。
しかしほとんどの恐竜の種は、衝突の2,400万年前
からすでに減少し始めていたという研究結果が
発表されました。

巨大隕石の衝突は最後のトドメとして
位置づけたほうが適切だと思われます。
地球の歴史の中でも、1億5千万年も生きたという
意味はものすごく重いです。

ですから、この恐竜が滅びた本当の原因を
我々~人類は、もっと重く受け止め、そして、
その原因について研究すべきなのです。

何故なら、恐竜が滅びた本当の原因が
我々~人類と無関係である訳がないからです。

恐竜の次は・・・
人類であるかもしれないのです。


皆さんに、一つ提案があります。

恐竜絶滅の原因はカビ菌
    ↑
以上の字句で検索してみて下さい。

笑えるのは・・・
日本語で検索しても何にも出て来ないのですよ。
つまり、核心部分はほぼ消されているという事実です。
今回の件だけではありません。
他の分野でも、真相を知る核心部分は
全て消されているのです。
だから、日本人は何も知らないでいます。
まさに、家畜国民のままでいろってことで。


さて、では英語で検索してみて下さい。

恐竜絶滅の原因はカビ菌
     ↓
Fungus is the cause of dinosaur extinction

たくさん出て来ます。
しかも、大変恐ろしいことが書かれています。

恐竜が絶滅し、逆に、入れ代わって
哺乳類が大きく台頭した本当の理由は
その体温と、子供を宿す胎盤にあったようです。
これによって、哺乳類がカビ菌から
護られたのです。

恐竜は、卵生ですね。
外気と気候の影響を大きく受けます。
爬虫類は、変温動物です。
しかも、卵は冷えやすい環境にあります。

これらの生態の条件が、この両者の運命を
くっきりと分けてしまったと考えられます。

地球が、数々の隕石の衝突や森林火災で、
大気が粉塵や雲によって、太陽の光がさえぎられる
時代が長く続いた時、非光合成のカビ菌が
枯れ木や枯れ草に取り付いて大繁殖期を
迎えた時代がありました。

大気にも食べ物にも、カビ菌の胞子が
蔓延していったのです。
そうった時代を起点に、恐竜が次々と
倒れていくようになったと考えられる訳です。

恐竜の卵は、カビ菌の格好の住家となり、
卵は・・・かえらないといった事が頻発する
ようになってしまったのではないでしょうか。
尤も、それでもものすごく長きに渡って
よく頑張ったと言えなくもありません。



真菌によって汚染された恐竜の卵
https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=https://www.aspergillus.org.uk/blog/why-did-dinosaurs-die-out-fungi-may-hold-key&prev=search


恐竜絶滅の原因はカビ菌
https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=https://www.dinosaurfact.net/extinction/fungi.php&prev=search


真菌の毒性、脊椎動物の吸熱、および恐竜の絶滅
:つながりはありますか?

https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=https://www.researchgate.net/publication/8060496_Fungal_virulence_vertebrate_endothermy_and_dinosaur_extinction_Is_there_a_connection&prev=search


恐竜を本当に殺したのは何?
https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=http://www.einstein.yu.edu/news/archive/63/what-really-killed-off-the-dinosaurs-scientist-suggests-an-unlikely-suspect/&prev=search



管理人

カビ菌の最も生息しやすい温度は、
22度から35度です。

35度とそれ以下の体温は、
ガン細胞が最も活性化し、そして、
大いに増殖する体温であるとされています。

あれれれ・・・
共通していますね。








哺乳類の体温は、37度以上と・・・。
カビ菌がとても生息しづらい環境だそうです。
そして、赤ちゃんは温かい胎盤で護られていました。

ところが、昨今・・・
日本国民の体温が低下~傾向にあります。

皆さん、これを決して偶然だとは
思わない方がいいです。
計画的、かつ、意図的にそのようになるように
行われているのです。

実例を挙げればキリがありません。
低体温化だけではありません。
食べ物の食品添加物や農薬、人工砂糖、
人工食塩、生活用品、痛み止め、化粧品、
放射能、医薬品、ダイエット・・・

つまり、
日本国民を低体温化し
免疫力を低下させてやれば、
絶滅した恐竜と同じ事が起こることを
イルミナティは、よ~くご存知なのです。


ちなみに、今尚~生物の種の絶滅が
すごい勢いで進んでいます。
その多くに、カビ菌が関与しています。
皆さんで調べられたら、
幾らでも出てきます。

今まさに・・・
人間が標的になっています。
ヤバイのです。
しかし、それを話題にする人は
ほとんどおりません。



★メルマガ第77号 ~
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

<一部引用>

N.N 様から寄せられた話の中で、
私なりに気になる箇所がありました。

以下 ↓

癌の転移ではなく、カビの感染というのも納得です。
抗がん剤や放射線ではなく、真菌を取り除く治療が
できたら、治る人も多いのでしょうね。

そういえば旧約聖書にもカビが生えたところは
家でもなんでも燃やさなければならないといった
箇所があった気がするのですが、
古代の書物にカビと癩(ライ)病だけ詳しく書いて
あったのにきっと意味があるのだと思います。

~ 引用終わり ~


旧約聖書・・・これが大変な曲者です。
ピラミッドは、5千年以上も前から建造された
今から考えても 奇跡 とも称される建造物ですが、
そのピラミッドを造った連中の流れをくむ者が
旧約聖書を記したと考えられます。

つまり、すさまじいまでの科学力を持っていた
事は明らかです。ピラミッドのほとんどは、
沈没したアトランティス大陸の生き残りが
造ったものだと、元イルミナティ幹部の一人~
『暗黒の母』こと、シスコさんが暴露しています。


日本からアジアを渡りアトランティスへ、
その末裔が古代ユダヤ人で、また日本に舞い戻って来た!

https://ameblo.jp/64152966/entry-11480924253.html




「ピラミッドはアトランティスの生き残りが作った」
~元イルミナティ幹部、「暗黒の母」が証言


2008年1月帰国の日にシアトル空港近くのデニーズ前で。
向かって左がシスコさん,右が元侍女のシェリーさん。
暗く悲しい過去にもかかわらず死ぬ覚悟が出来ているので 
底抜けに陽気なのが救いでもあった。
「暗黒の母」の侍女だった多くの女性は、口封じの為に、
例外なく今日まで暗殺されて来ました。
イルミナティを脱会したシスコさんと元侍女のシェリーさん
は、今でも命を狙われ続けています。
掛け値なしの文字通り、本物のイルミナティだった人達です。

~ 引用終わり ~


「ピラミッドはアトランティスの生き残りが作った」

歴史の教科書では、
こんな事は教えてくれませんね。(笑)
イルミナティだけが、真の歴史を知っているのです。

同時に、歴史の真相は隠されたままです。
特に、わが国・日本においては明治維新以降・・・
多くの歴史が書き換えられた・・つまり改竄されたと
いうことが明らかになっています。

その改竄された歴史を学校や受験生たちは
必死になって勉強していることになります。
森友の財務省や文科省、防衛省などの改竄や隠蔽・・
どころの話ではありません。
どだい、スケールが違いすぎます。(笑)

アトランティス~ピラミッド~旧約聖書~タルムード

この1万5千年の壮大な歴史の中のどこかで、
ユダヤを乗っ取ったのがイルミナティだと
覚えておけば分かりやすいでしょう。

そういった背景を元に、
旧約聖書を捉える必要があります。
つまり、とんでもない科学力を持っていた連中が
この旧約聖書を記しているのです。

その旧約聖書の中で、
特に、カビと癩(ライ)病だけ詳しく書いていると。
癩(ライ)病というのは、ハンセン氏病のことです。
皮膚が腐っていく大変恐ろしい病気です。


映画~『砂の器』、がそれですね。

甦る不朽の名作 『砂の器』!
今私たちに問いかけているものとは!?

https://ameblo.jp/64152966/entry-11263413936.html

砂の器
https://www.youtube.com/watch?v=9axACQoRn0E


このライ病と・・カビが同列に書かれています。

旧約聖書から抜粋(3)
http://www.geocities.jp/rikwhi/nyumon/az/seisyo_kyu3.html

【家屋に生じた黴・カビの処置】

主は、モーセとアロンにこう言った。
〈あなたたちが所有地として私から与えられる
カナンの土地に入るとき、あなたたちの所有地で
家屋にカビが生じるならば、家の主人は祭司に
「カビらしきものが、私の家屋に生じました」と報告する。
祭司は、カビの状態を見に入る前に、
その家屋の中にある物を屋外に出すようにと命じる。
そのようにして、家屋の中にある物が全部汚れないように
してから、家屋を調べるために入る。

そして、カビの状態を見る。家屋の壁に青黴か、
赤黴が生じており、壁の内部にまで及んでいるように
見えるならば、祭司は家から出て、入り口に立って
家屋を一週間封鎖する。
七日目に、祭司は再び来て見る。
カビが家屋の壁に広がっているならば、
祭司は命じて、カビが生じている部分の石材を抜き取り、
町の外にある汚れた場所に捨てさせる。
家屋の内側を削り取らせて、削り取ったしっくいを
町の外にある汚れた場所に捨てさせる。
別の石材を取って元の石材の代わりに入れさせ、
別のしっくいで家屋の内部を塗らせる。

しかし、石材を抜き取り、家屋の内側を削り取って、
しっくいで塗った後でも、再び黴が生じて家屋に広がる
ならば、祭司は来て調べる。
カビが家屋に広がっているならば、
それは悪性のカビであり、その家屋は汚れている。
それを打ち壊し、石材、木材、しっくいをすべて
町の外にある汚れた場所に運び出させる。
封鎖期間中に、この家屋に入った者は、すべて夕方まで汚れる。
また、この家屋で寝たり、食べたりした者は衣服を水洗いする。

~ 引用終わり ~







管理人

イルミナティの祖先は、カビをものすごく
恐れていたようです。
ライ病と同じほどか~どうかは分かりませんが。

しかし、今の日本ではどうでしょう?
そのような気配は全く感じられません。
日常的にどこにでもあるものでしかありません。
カビ病に罹患する人は、極めて稀な例で
ほとんどの人は、カビに対して無関心です。

昔から無関心だったのか・・・
或いは、無関心にさせられてしまったのか?

<引用終わり>


ブログ ツイッター フェイスブック
大変な妨害を受けています。
メルマガでも妨害が多発するようになりました。
本当に酷いものです。

何故だか・・お分かりですか?
あなた達、日本国民に真実を
知られたくないからです。

真実を語る者だけが
妨害を受けるのです。

人気ブログランキングの上位なんて、
何も妨害を受けていません。
メルマガだって同じです。

せめて・・・
私のブログ読者の皆さんだけには
その事に気づいて欲しいと
願って止みません。








【光軍の戦士メールマガジン】



申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com


第15期メ-ルマガジン
( 今年5月から今年7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ117号
「春ウコン」があらゆるガンや
難病に効果があるという話は本当か!?

★メルマガ116号 
政府が「南海トラフ」地震に関して
大手企業に極秘文書! ~ by. CIA

【 臨時版 】
日本人の土地財産を組織的に奪い取る闇の巨大組織



第14期メ-ルマガジン
( 今年2月から今年4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ115号 
5.11 〜 危機と株価の動向!?

★メルマガ114号 
堀ちえみさんの舌癌と咽頭口頭ガン

★メルマガ113号 
原因不明の「痛み」の正体!?

★メルマガ112号 
発達障害や知的障害の本当の真犯人は、
 日本語で検索しても出て来ない!?

★メルマガ111号 
膠原病とサルコイドーシスの真犯人

★メルマガ110号 
日本のある大都市に忍び寄る
大災害テロ事件の可能性をまとめました。

★メルマガ109号
【平成最大の爆破事件~名古屋】

★メルマガ108号
2019年5月 ✖ デ- ~ 〇〇県❓❓❓

★メルマガ107号 
たばこの葉の発酵プロセスに使用する
酵母が ~ ガンと掌蹠膿疱症の元凶!?



第13期メ-ルマガジン
( 去年11月から今年1月までの3ヶ月間 )

★メルマガ106号
今年1月、大手新聞各社にて一斉に出された
巨大地震を臭わす暗号記事を解読してみた!?

★メルマガ105号 
汚染地域に住み内部被ばくをすると
何故~ガン・白血病や難病になるの!?

★メルマガ104号 
慢性前立腺炎とガン 〜 そして希望 〜

★メルマガ103号 
 心と身体とガン

★メルマガ102号 
自己免疫疾患なるものの真の正体!?

★メルマガ101号 
ガン・白血病~脳梗塞や心筋梗塞の最大の真犯人

★メルマガ100号
納豆菌はガンの原因菌を食べてくれて
ビフイズス菌や乳酸菌を増やす!!!

★メルマガ99号 
白血病や悪性リンパ腫の真犯人!?

★メルマガ98号
『自己免疫疾患』と診断され苦しんでおられる皆様へ



第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ97号 
アボカドの脂質〜アボカチンB〜が、
ガンの幹細胞を殺す可能性がある!!!

★メルマガ96号 
ノーベル賞受賞・本庶氏のガン治療薬
 「オプジーボ」は恐ろしい!?

★メルマガ95号
亜麻仁は肺ガン・乳ガン・結腸ガンの予防効果
と放射能被曝から身体を防御する!

★メルマガ94号 
身体から化学物質や毒物~放射能を除去する方法

メルマガ93号
【続】北海道大地震の真実 ~ Haarp ~

メルマガ92号
北海道大地震の真実

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 
ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号
第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  
悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号
悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号
スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群! 




King Kong 2005 - Best Scenes II V-Rex vs King Kong







スポンサーサイト



. 「春ウコン」があらゆるガンや難病に効果があるという話は本当か!?

「春ウコン」があらゆるガンや
難病に効果があるという話は本当か!?









ステージ4の転移癌を全て消滅させた
「春ウコン」とカンジダの深い因果関係!?

https://ameblo.jp/64152966/entry-12345397132.html


お知らせ

5月20日、最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ117号
「春ウコン」があらゆるガンや
難病に効果があるという話は本当か!?


まだ届いていない読者の方は私までご連絡下さい。

★メルマガ117号は 必読 です。


<一部のみ引用>

(1) 突然の出血
 
当初は, 時差ボケのような睡魔に頻繁に襲われ,
体力が低下したと考えていた.
そして, 下血が急に始まった.
1989年(当時47歳)の秋のことである.
初めこの鮮血を見て, 痔にでもなったかと
軽く考えていたが, 痛む頻度が増し,
痛みも強くなっていった.
その年の暮れには出血量も多くなり,
脂汗が出るような激痛が1日2~3回起こるように
なって, ただ事ではないと感じ始めた.

末期癌と思われる激痛と下血が頻繁となり,
症状が悪化した. 会社のゴルフ仲間の先輩が,
2年前に直腸癌で亡くなった時の状況を思い出しながら,
酷似している症状の進み方に, 段々と深刻になっていった.

癌に罹るのではないかという畏れが, 頭の隅に長年あった.
親族に癌で亡くなった人はなく,
心当たりは18年前(1971年9月)の肝不全であった.
他社から依頼があった医薬品原料
(毒性が強いニトリル系化合物)製造用のテストプラント
の運転事故中にこの蒸気をほんの一息吸い込んだため,
劇症肝炎のように肝機能検査値が上がり,
血中にバゾフィールと言われる異常細胞が現れるほどの
肝不全となったことである.

内科医の父から手厚い処置を受けて一週間でかなり回復
したものの, その後もそれまで定期検診で一度も注意を
受けたことのなかった肝機能のデータが
なかなか標準値に戻らなかった.

事故後18年経ってもこれらの値は正常範囲に
入らなかったので, 事故との関連がいつも気になっていた.
化学系の研究者の仲間うちでは, アクリル繊維の研究者は
蛋白結合性の強いアクリロニトリルを永年使用するので,
肝臓癌で亡くなることが多い, とよく言われていた.
それより遥かに反応性の強いニトリル系化合物による
肝不全の発症は, 将来の肝臓癌への進行を
予感させるものだったからである.

それがついに現実になってしまったのかと思いながらも,
病院へ行くことを逡巡していた.
制癌剤開発に携わっていたときの経験から,

「病院で癌と診断されれば手術となることはまず間違いない.
自覚症状が出ている末期癌を手術したところで,
すぐに転移して死に至る可能性が極めて高く,
首尾良く行って余命は2年か」と考えたからである.

ちょうど昭和天皇のご病状が新聞紙面に
大きく取り上げられていた少し後のことである.
筆者の子どもたちはまだ成人に達しておらず,
街を歩いていて高齢の方を見かけると,
あの年齢まで生きることができないかと羨ましく思い,
また一方で, 見込みがなさそうな自分の状態を考えると,
暗澹たる気持ちになったことを今でも鮮明に憶えている.

1989年の初秋, 背中の下の方が重く, また,
うっすらとした痛みを感じ始めて肝臓癌の予兆かと
思っていた時, 出血が始まった.
はじめは痔にでもなったのかと思った.
しかし, 出血量が増えて痛みも強くなってきたので,
直腸癌の出血ではないか, と疑い始めた.
そして, 肝臓癌からの転移癌の方が先に強く出てきた
のではないか, とも考えた.

それ以前に業務で制癌剤(免疫療法剤)の開発に
関与したときに, 癌を一通り勉強し,
その後も癌関連の情報には注意していたが,
革新的な治療方法の開発はないように思えた.
そのときの知識では,
癌は静かな病気で, 自覚症状が出たときには末期癌である
と言われており, 末期癌への対策は無きに等しいとも
言われていた.
とは言え, 必死の思いだったので, [はじめに]で
述べたように制癌剤開発の時に調べたり考えたりした
資料を取り出して読み直してみた.
植物由来の開発品に期待し, 海外の著名な製薬企業に
対して導入を打診したことなども思い出しながら,
その当時着目した植物由来の制癌剤開発候補が
その後どのように展開しているかを調べ直してみた.

しかし, 大きな期待ができる制癌剤にはなっておらず,
また, 他にも卓効を示すものはなさそうであったので,
どこの病院なら適切な治療が受けられるだろうか,
と漠然と考えていた.
その当時, 末期癌で一番確かな延命方法は広島大学の
温熱療法d)ではないかと筆者は考えていたので,
出血,痛みがひどくなってからは, 毎日高温の風呂に
入って腹部から腰の付近を長時間温めていた.
そして, この方法で幾らかでも出血と痛みが
抑えられることを密かに喜んでいた.


(2) 幸運にも春ウコンに出会う
 
1989年末には自覚症状もますます厳しい状況となった.
最早, 手術も難しく頼るべき制癌剤もなさそうで,
絶望的な気持ちでいろいろと調べていた時に,
筆者の制癌剤の開発経験を頼って, 元上司のM'氏が
母親の癌について相談に来た.
末期の肝臓癌でT大付属病院に入院中だが,
医者から『これ以上すべき治療はない.
高齢なのであと半年もつかどうか』と言われている.
生の春ウコンが良さそうだという沖縄の人もいる.
どう思うかという相談だった.

すぐに調べてみると, 生産量は少ないので
一般的ではないが, ウコン(秋ウコン)とは特性が
かなり違うことがわかった.
筆者自身も大出血中で, [座して死を待つ],
[溺れる者は藁をも掴む], という心境だったので,
可能性を感じた春ウコン摂取を始めてみようと考えた.

とは言っても, 多少の可能性を感じる程度の状況だった
ので, M'氏へは, 癌は治らないと思う. 沖縄の人が
良くなったとすると, 癌との診断が誤診だった
可能性は大きい.
末期癌なので効くかどうかわからないが, やってみますか
と聞くと, 他に手段がないので, あなたが検討の価値あり
と思うなら, 母に直ぐに飲ませたいとのことであった.
商品は乾燥品だけだったが生の方が活性は強いと考え,
沖縄から生の春ウコンを直ぐに取り寄せることを約束した.

その頃は, 生の春ウコンが何処で入手できるか
わからなかった. そこで, 勤務していた会社の
沖縄事務所長IM氏に電話をして
M'氏と私が使いたいので, 生の春ウコンを販売している
信頼できるメーカーを教えて欲しいと, 依頼した.
IM氏からは直ぐに調べた結果が届き,
真面目に生産している会社はU社とN社.
一方は老舗で, もう一方は若手が頑張っている会社である.

粉末製品の日量限界は3gなので, しばらく摂るとして
何キロかは必要となる. こちらで手配すると言ってくれた.
用法用量を決めて, 自分の分を含めた3ヶ月間分の
使用量6キロを, N社へ手配するように依頼した.

生の春ウコンは秋に収穫するので晩秋から春までの間
にしか入手できないことを後々知ったが, 幸いなことに,
ちょうど依頼した時期が入手できる冬だった.
年末にも拘らず, N社は直ぐに送ってくれたので,
半分をM'氏に届けた.
M氏の末期癌に効いて欲しいと思いつつ,
こちらの直腸癌らしき出血,激痛にも
効果がでることを期待した.
春ウコン到着のその日から祈るような気持ちで摂り始めた.
商品説明には,1日3g以下と書いてあった.
この量に対して, 末期癌なので2倍量の6g/日としよう,
と考えて摂取量を設定した.
乾物換算20%とすると,
生の春ウコンの摂取量は1日30g程となる.
これを3分割して, 下ろし金で擂って摂取するように
M'氏に伝え, こちらも始めた.


(3) 劇的な回復
 
春ウコンを摂り始めて3日目, 激痛を感じていた
直腸付近が痛痒くなり, 3週間が過ぎた頃から
下血量と痛みが大幅に減少し始めた.
ほぼ3ヶ月で肛門付近の激痛が遠のき,
下血が殆ど止まった.
2つの苦痛が同時に終息したのは
1990年3月中旬のことであった.
冷静さを取り戻してみると背中の痛みも消えていたので,
当初恐れていた肝臓癌も遠のいたのか, とも考えた.
[薬の効果は, 摂り始めて3日⇒3週間⇒3ヶ月の疾患の変化で
判断できる]イ)と, 一般的に言われているが,
まさにその通りだった.

自分の方に余裕が出てきたので, 気になっていた
M'氏の母親の状況を聞いてみた.
するとM'氏は医者から
『今まで効かなかった数ヶ月前に使った
制癌剤が効き始めた. 治癒したので退院できる』と
言われて先週退院したと言われた.
[今まで効かなかった制癌剤が急に効果を出したとは
考えられないし, 制癌剤の投与は数ヶ月前に終っている.
治癒は, 春ウコンの効果以外には考えられない]との点で
M'氏と意見が一致した.
初めは春ウコンが苦いと言っていた母も, 今は,
『爽やかで飲みやすい』と言って飲んでいるとのことだった.

こちらは確定診断をしていなかったが, 回復の経過が
殆ど同じなので, こちらも癌の疑いが極めて強いと感じた.
そのときM'氏へは
癌が良くなったのは大変嬉しいが,
癌が治るとは思えないので,
春ウコンは摂り続けた方が良いと思うと話した.
大量に追加注文をして, 両者で摂り続けた.
このとき, ウイルスに近いものは体から取り除けないと
感じたので, [癌は治らない]と摂取継続を勧めた.
この視点に間違いはなかったようだ.

全く異なる部位の疾患が殆ど同じ経過をたどって軽快した.
しかも, 一例はT大付属病院で,
[末期の肝臓癌, 余命半年]と診断された患者である.
驚くようなことが起こったと感じつつ,
その理由を考え始めた.

また, 後々この効果を調べてみると,
[初めに設定した上限の倍量6g/日×3ヶ月]は
最適値に近い量だった.
一般的に言われている上限の3g/日で始めていれば,
2例の劇的な回復は起こらなかったかも知れない.
3倍量では効果がさがると考えると,
初期の設定値の幸運を強く感じている.

イ)効果のある薬であれば,
投薬を始めて3日目位に何らかの兆候が現れ,
3週間位すると効果がはっきり自覚できる.
3月位で疾患が治まる.
3月で効果のない薬はやめる.


(4) 続く不可思議 
 
痛みと出血が治まった直後にあった会社の春季健康診断
では, 検査結果が全て標準値に入った. 十年以上も
赤マークが付いていた肝機能のデータだけでなく,
やや上がり傾向になっていた血圧と糖尿病の指標も
正常域に入った.

不思議なことと思ったが, その時は血圧や糖尿の改善を
春ウコンと結び付けるところまで考えが及ばなかった.
体調が極めて良くなると同時に, 睡魔に襲われることも
少なくなり, 始終ひいていた風邪は殆ど罹らなくなった.
また, 風邪のたびに罹っていた厄介な口内炎やヘルペスが
殆ど出なくなり, 頻繁に出ていたじん麻疹も少なくなり,
煩わしさから解放された.
薬の世話にならなくてはと思っていた花粉症も
軽くなり, 翌年にはほとんど消えてしまった.

これらの改善は,
[直腸癌(?),糖尿,ヘルペスウイルス(口内炎),肝障害,
花粉症,風邪,高血圧,じん麻疹,母斑など]が全て同時並行的に
治まることがわかった最初の例であった.
しかし, 後日, 知人からの報告があるまでは癌という
最重要課題だけが念頭にあり, これらのことは
気にもしなかった.
癌らしい症状が良くなったとはいえ,
時々起きる軽い出血や痛みを疾患のメルクマール(指標)と
考えて, その後の体調管理に使った.

健康を取り戻し始めたある日, 時々出かける馴染みの店で
主人と話しているところに夫人のRDさんが来て,
風邪ばかりひいて困っているという.
そこで, 春ウコンを1ヶ月摂ることを勧め,
粉末製品を一瓶進呈した.
次回に訪ねた時に調子を尋ねると,
大変嬉しそうな顔で風邪も良くなったが,
糖尿病も良くなってきたと言われた.
糖尿病は治らない病気なので, 何かの間違いではないか
と言って店を出たものの, 少し気に引かかるものを感じた.

そのようなやり取りをしたことも忘れて, 翌月,
また店に行くとRDさんが待ち構えていて,
知り合いに糖尿病患者が2人いる.
1人は近所のコンビニエンスストアの若手従業員,
もう1人は仕事を頼んでいる税理士である.
どうしたら良いかと聞かれた.
こちらからRDさんの血糖値が正常値に更に近づいている.
春ウコンは副作用が少ない食品なので, 2人にを勧めて,
RDさんに起きたことが再現するかを見ようと話した.

1ヶ月して再訪すると, RDさんは
この1ヶ月の間に, 2人とも春ウコンで糖尿病が
少し良くなっている.
3人とも糖尿病のため朝起きるのがつらかったが,
今では血糖値が下がり朝起きるのが楽になった.
2ヶ月後の検査でヘモグロビンA1cが
どこまで下がっているか楽しみと言う状態になっていた.

[同病相憐れむ]の諺の通り,
糖尿病仲間は連絡が良いようだが,
3人の糖尿病が良くなったことで考えたことは
次のようなことだった.

まず春ウコンで風邪と癌が良くなったが,
風邪の原因がウイルスなのは確かである.
癌の原因もウイルスと言う説がある.
とすると,
春ウコンで良くなった糖尿病の原因も
ウイルスなのではないか? 
膵臓のβ細胞の中で悪さをしているウイルスが
糖尿病を起こし, これを春ウコンが抑えたのだろうか? 
春ウコンは優れた抗ウイルス薬なのか? 
そう考えると, 風邪,癌,糖尿病などに起こっている
色々な事実を, 包含して説明する合理的な考え方が
可能かも知れないと思った.
しかし, 後年, ウイルスに近い別の病原体との確信に変わった.


(5) 終わりなき戦いと, 不思議な変化
 
癌らしい症状が治まった初めの2年間は,
生の春ウコンの服用を継続していた.
2年経過した頃から乾燥粉末製品に切り替えた.
その最大の理由は, 生の春ウコンはすぐに発芽するので,
保存は冷凍が必須だった.
しかも, 入手は冬季に限られていたので,
他人からの要望に緊急対応が難しかったからである.

生に直ぐ切換えられる態勢をとりながら,
常時入手可能な粉末製品の効力を確かめた.
粉末製品の摂取量を生春ウコンの乾物換算量程度
しっかり確保して飲めば, 生と効果が大差ないことを
数年かけて実感できた.
しかも, 外出や旅行を考えると粉末製品は簡便である.
様子をみながら粉末製品へ切換え,
最終的に粉末製品を常用し始めた.
そして, それから何年かは非常用として
生の春ウコンは冷凍庫に確保しておいた.

N社の春ウコン粉末製品は,
春ウコンと秋ウコンが約4:1の混合比率の商品である
ことを後に知った.
この粉末製品で多面的な効果が見つかっているので,
効果に特段の影響を及ぼさない配合比率と考えている.
しかし, 劇的に癌を抑えたように感じた生の春ウコンも
捨てがたく, 成分と各種ウコンの比率などの
厳密な比較は, 今後の研究課題でもある.

もちろん, [癌と思われる症状]が, 完全に治った
わけではなく, 何らかの理由(精神的に, ときには肉体的に)で
体調を崩すと, とたんに出血と痛みが始まることを
繰り返し経験した.
また, 背中にうっすらと痛みと重い感じが
出てくることもあった.
それらの症状が出たときは少し多めに春ウコンを
摂ることにしていた.
すると, 数日間で症状が回復するので,
この方法を以後20年間続けてきている.
出血の間隔が空くようになった3年後(50歳),
健康のために水泳を30年ぶりに再開した.
競技会への参加にも耐えられる体となった.
15年続けてみて, 適度な練習と試合は,
体調管理に重要らしいと実感している.

痛みや出血量の長期的傾向を見ると,
後に紹介するD氏(参照:1.1.2の(3)肺癌(1))の
場合にきわめて近い.
春ウコンの摂取次第で症状の悪化⇔回復は可逆的と
みられるが, 経年的にその強度や回数が段々に
減ってきている.
減少の理由は定かではないが
明らかに軽度化傾向にあり, 服用期間と共に減衰曲線を
描いているようである(参照:4.2.2の3),4.5.8の2)).
感覚的には治癒に近づいているが, 20年経過した現在も
ゼロにはならず, 低空飛行の連続と感じている.
しかし, 春ウコンに副作用のようなものは
一切感じたことはなく, また, 摂り続けることによって
効果が低くなっていく, いわゆる[薬剤耐性]e)や
[リバウンド]f)のようなものも今のところ経験していない.

また, 癌らしい疾患を抑えたことに留まらず,
春ウコンを摂り始めてから不思議なことが
身体に色々と起こった.
これらは, すべて免疫と連動していることと
思われるので簡単に記した.
この経験を含め, 適応症拡大や各種癌が
治癒に向かう経過などを併せ考え, 試論としてまとめた.

その一つが, 右足大腿にあった
楕円形の大きな黒い母斑(ボハン=ほくろ)である.
下血の始まる2年程前から大きくなり始め,
また, 少しずつ盛り上がってきていた.
悪性母斑を触って刺激すると, 癌化すると
よく言われるので, 気にかかっていた.
下血と痛みが激しかった時は, これに気を奪われて
母斑のことはすっかり忘れてしまったが,
体調が回復してふと思い出して見てみると,
大きさは3分の1以下の三日月型となり, しかも,
皮膚は平坦になっていた.
そしてその後, ほとんど消失した.
経過観察はしていないが, 全身の回復と同時に
良くなっていったと思うので, 悪性の母斑だったようだ.

視力についても不思議なことがある.
家族に近視が多い.
中学2年にメガネをかけることになり,
2~4年に一度は眼鏡の調整をしなければならない
煩わしさが続いた.
47歳のころには, 老眼が始まったようなうっとうしさを
感じたが, 春ウコンを摂取後に軽い老眼が消えた.
その後20年間は近視のままで, 同じ視力を維持している.

また, 風邪に罹ることが少なくなり, 新種と思われる
インフルエンザに苦戦することはあるが,
世間で大騒ぎしているほど悪化せず短期間で
やり過ごしている.
風邪と併発していた口内炎やヘルペスにも
悩まされなくなった.

さらに不思議なことに, 45歳を過ぎたころから
白髪が出始めたが, 春ウコンを摂り始めてから
白髪化が遅くなった.
実年齢以下と見られがちな黒髪である.
このころ記憶に不安を感じ始めていたが,
改善したように思った.
また, 数年来, スポーツの時に悩まされていた
肘痛(いわゆる, テニスエルボー)や花粉症も
2年ほどで消えていった.
 
これらのことをすべて春ウコンと直接結びつける話
ではないかも知れないが, 幾つか起きた不思議に
感ずることである.
そして, これらの全てのことが短期間に同時並行的に
起こり, しかも, その後も改善状態が継続している.


(6) 知人への紹介と適応症の拡大
 
末期の肝臓癌と直腸癌らしき激痛,下血が治まった経験を,
もはや末期癌で治療手段がないと宣告された知人,
さらには知人の知人の癌患者に,
他に手段がないと医師から宣告されたのなら,
△△△癌は初めてだが, 春ウコンを試す価値がある
と勧めてみた.
また, 機会をみては, 癌は抑えることができそうだと
知人に伝え始めた.
その20年間の結果は次の表となった.


表1 
各種の癌への適応拡大の経過




 ◎は健在(②は数年以後は不明)
 ○内の数字は実施例の()内の数字に対応 
 イ)別名:アジュバント化学療法 
 ロ)⑥⑦⑧○23○24○27および前立腺癌⑩⑪⑫を除いて末期癌      
 「摂取」は「春ウコン摂取」,
 「拒否」は「春ウコンの継続摂取を拒否」, をそれぞれ示す.


効果に大きな期待を持って春ウコンを勧めていたが,
当初は, △△癌,○○癌にも効いたと, 驚きの連続であった.
症例が増えて行く過程では, 「初めての癌だが効果は出るか?」,
「また同じ△△癌だが, 再現性はあるだろうか?」という
心配の繰り返しであった.
この間, 癌患者が罹っている他の疾患が
同時に治まることも経験した.
また, 体調の全般的な改善度が良くなり副作用の経験も
なかったので, 知人に勧めていくうちに, 当初,
春ウコンの効果として予想しなかった広い範囲の
適応症(表2)に, 副次的に拡大して行った.


表2 
春ウコンの適応症の発展・拡大  
(*印:副次的に拡大した適応症)






(1.1の癌について, 内容の要点を一覧表とした)

表5 
各種の癌への春ウコンの効果
 (2010年1月現在)





<引用終わり>
============


これらの改善は,
[直腸癌(?),糖尿,ヘルペスウイルス(口内炎),肝障害,
花粉症,風邪,高血圧,じん麻疹,母斑など]が全て同時並行的に
治まることがわかった最初の例であった.



管理人

全て同時並行的に治まることの意味は・・・
記事の筆者は、免疫力を中心に考えておられる
ようでして、無論、その可能性もありますが・・・

やはり、微生物がガンや難病の真犯人であると
私は確信しました。
そもそも、人間の免疫力が一度に劇的に
上昇する可能性は極めて低いと私は思います。

「春ウコン」が、身体に悪さをしている
真犯人に作用していると考えるほうが
はるかに科学的だと私は思わざるを得ません。

皆さんは、いかが~感じられましたか?

類天疱瘡(ルイテンポウソウ)、C型肝炎、
MRSA、シェーグレン症候群・・なんて、
もろに、ウィルスや細菌ですもんね。

いや~ ・・・。
実は、糖尿病 もそうでしたか。
つまり、ウィルスや細菌、カビ菌ってことですね。
それだけではなく、うつ病もそうですね。
知的障害や精神疾患にカビ菌が関与していると
いうのは、科学的分析でかなりの確率で
明らかになっていると~★メルマガ112号でも
記事にしたばかりです。

そうしますと・・・
「春ウコン」っていうものを
徹底分析する必要がありそうです。

結論として、★あらゆる種類のガンも
実は、→微生物が深く関与しているという
決定的な証拠といえるでしょう。
現代医療において、最も欠落している部分です。
この視点といいますか、基本に立ち戻らなければ
決して、ガンや難病は克服できないでしょう。

隠された様々な病気の真相が
徐々に明らかになってきました。







【光軍の戦士メールマガジン】



申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com


第15期メ-ルマガジン
( 今年5月から今年7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ117号
「春ウコン」があらゆるガンや
難病に効果があるという話は本当か!?

★メルマガ116号 
政府が「南海トラフ」地震に関して
大手企業に極秘文書! ~ by. CIA

【 臨時版 】
日本人の土地財産を組織的に奪い取る闇の巨大組織



第14期メ-ルマガジン
( 今年2月から今年4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ115号 
5.11 〜 危機と株価の動向!?

★メルマガ114号 
堀ちえみさんの舌癌と咽頭口頭ガン

★メルマガ113号 
原因不明の「痛み」の正体!?

★メルマガ112号 
発達障害や知的障害の本当の真犯人は、
 日本語で検索しても出て来ない!?

★メルマガ111号 
膠原病とサルコイドーシスの真犯人

★メルマガ110号 
日本のある大都市に忍び寄る
大災害テロ事件の可能性をまとめました。

★メルマガ109号
【平成最大の爆破事件~名古屋】

★メルマガ108号
2019年5月 ✖ デ- ~ 〇〇県❓❓❓

★メルマガ107号 
たばこの葉の発酵プロセスに使用する
酵母が ~ ガンと掌蹠膿疱症の元凶!?



第13期メ-ルマガジン
( 去年11月から今年1月までの3ヶ月間 )

★メルマガ106号
今年1月、大手新聞各社にて一斉に出された
巨大地震を臭わす暗号記事を解読してみた!?

★メルマガ105号 
汚染地域に住み内部被ばくをすると
何故~ガン・白血病や難病になるの!?

★メルマガ104号 
慢性前立腺炎とガン 〜 そして希望 〜

★メルマガ103号 
 心と身体とガン

★メルマガ102号 
自己免疫疾患なるものの真の正体!?

★メルマガ101号 
ガン・白血病~脳梗塞や心筋梗塞の最大の真犯人

★メルマガ100号
納豆菌はガンの原因菌を食べてくれて
ビフイズス菌や乳酸菌を増やす!!!

★メルマガ99号 
白血病や悪性リンパ腫の真犯人!?

★メルマガ98号
『自己免疫疾患』と診断され苦しんでおられる皆様へ



第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ97号 
アボカドの脂質〜アボカチンB〜が、
ガンの幹細胞を殺す可能性がある!!!

★メルマガ96号 
ノーベル賞受賞・本庶氏のガン治療薬
 「オプジーボ」は恐ろしい!?

★メルマガ95号
亜麻仁は肺ガン・乳ガン・結腸ガンの予防効果
と放射能被曝から身体を防御する!

★メルマガ94号 
身体から化学物質や毒物~放射能を除去する方法

メルマガ93号
【続】北海道大地震の真実 ~ Haarp ~

メルマガ92号
北海道大地震の真実

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 
ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号
第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  
悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号
悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号
スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群! 









. 皆さん、今~本当に幸せですか~

皆さん、今~本当に幸せですか~











【第一話】
私が本当に信じた唯一の臨死体験実話。

http://ameblo.jp/64152966/entry-11826251538.html

【第二話】
私が本当に信じた唯一の臨死体験実話
 ~今、目の前に巨大な地球!

>http://ameblo.jp/64152966/entry-11826318880.html

【第三話】
私が本当に信じた唯一の臨死体験実話
~意識がもどる

http://ameblo.jp/64152966/entry-11826738711.html

【第四話】
私が本当に信じた唯一の臨死体験実話
~窓際からの奇跡の生還

http://ameblo.jp/64152966/entry-11827253459.html



管理人

私は無宗教の人間です。
実際に、あの世が存在するのかどうかも自分で見て来た事もありませんし、
半信半疑というのが正直な気持ちです。
しかし、この高木善之さんのお話だけは、どうしても作り話とは
到底思えないのです。

今や、宗教は人を縛る道具と化しています。
私は、それ自体に大いに疑問を感じています。
お金に縛られ、宗教に縛られ、結婚を含むあらゆる社会的常識や秩序に縛られ、
そういったあらゆる呪縛に縛り付けられているのが、今の人類だと思います。

私は、そういったあらゆるものから解放されていくのが
新人類の新しい生き方になるのではないかと思っています。

ほとんどの人が、現実の生活と自分の人生にしか関心がありません。
ですから、精神性を説く話にはあまり関心が集まりません。
みんな、自分の心の在り様に触れて欲しくないのです。
不愉快になるからでしょう。

さて、冒頭の臨死体験のお話ですが、
もし、この話が真実であると仮定したら面白いことになります。
在るのか無いのか分からない魂の精神世界が宇宙の唯一の真実という見方も出来ます。

我々が、100%信じている現実というものが揺らいできます。
その信じきっている現実こそが、仮想現実~バーチャルの世界だという
可能性も生まれて来る訳です。
あまり、精神世界に入り込むのも良し悪しですが・・・

例えば、10万年の人類の歴史を録画していたとしましょう。
超早回しにすると、あらゆるものが一瞬にして消え去ります。
生まれては消えて、消えたら、また生まれて・・・
建物も建てられては壊れていき、また建てられるという繰り返し。
その営みが、永遠に繰り返される訳ですが、もし、その録画を何度も見ていたら、
我々が信じて止まない現実こそが、あたかも、マボロシのように感じるのでは
ないでしょうか。
皆さん、その事を是非、一度イメージして見て下さい。

あくまでも仮説です、皆さん。
自分の周囲にあるものは全て現実であり、起こる事も現実である。
ところが、その全てが・・・実はマボロシに過ぎないのが宇宙の真相だとすると、
唯一の真実は、魂や精神世界であるという結論に導かれます。


ところで皆さん、ここまで魂や精神世界の話をして来ましたが、
以外に思うかもしれませんが、私はその事にあまり関心が無いのです。
そういう世界~あの世の世界が在ったらイイねといった程度のものです。
実際に在るか無いかが分からないものに深く関心が向わないのは当然です。
在ろうが無かろうが、今の自分には関係ないわ・・・というのが本音でしょう。


もう一度書きます。
私は、あの世の存在については、まだ半信半疑です。

ところが、私はもっと進んで違う別のある事に気づきました。

『 宇宙の真実は、想念の場であり、あなたの真実は、唯一、魂のみ 』

つまり、その仮説を正しいものと信じて生きてみるという話です。
良い悪いは関係ありません。
その様に思って生きて行く事も一つの生き方だと思う訳です。

そうしますと、ものすごく気が楽になりました。
そして、生きて行くのが大変楽になりました。
これも幸せに生きて行く一つの方法かもしれないと思ったのです。

自分の死さえ、宇宙の星の一瞬の瞬き程度のものと思えるようになりました。
あの世の存在の有無さえ、取るに足らない小さな話に思えて来ました。

現実生活においても変化が顕れました。
現実の社会には、実際、嫌なことが一杯あります。
自分が嫌な気分にさせられる事もままあります。

そんな時、多くの人は忘れる事で逃れようとします。
しかし、それでは、心の奥底で潜在的にずっと、それが居座るのです。
私は、その嫌な気分を意識し、それを外に捨て去る事をイメージしました。

嫌な気分を潜在的に持ち続けるのは、誰しも嫌でしょう。
そんなくだらないもので、自分の心がかき乱されるのは誰しも嫌です。
心の中から捨てればいいのですよ、そんなものは。
あ・・・、これはゴミ箱ね、といった具合に。

日々、そんな気持ちを持ち続ければ出来るようになります。
もし、より幸せな人生を送りたいと願うならやってみたら良いと思います。
私は、今では、かなり出来るようになりました。

そして、楽しいことや喜びや嬉しい事は、目一杯、心と身体で体感したい。
感動は、身体全体で味わいたい。
そう、涙するほどに・・・

ある時、NHKの衛星放送を見ていたら、ヨーロッパのお花畑の丘が
映しだされていました。
とても素敵な古典の名曲も流れていて、丘に咲き乱れた花々たちが
風に吹かれて、一斉にたなびいていました。
私の心と魂も揺れながら・・・たなびいていました。
ああ・・・あそこに飛んで行きたいと心から想ったものです。

人が腹を立てる理由のほとんどは、実にはっきりしています。
究極的には、自分の思った通りにならないからです。
私は、思い通りにならないのが当たり前なのだと思うことにしました。

親友や仲のいい友達というのは、自分にとって都合の良い人間である
場合がほとんどで、大した関係では無いものです。
ですから、裏切られても仕方無い部分もあります。
あまり、腹を立てないようにしたいものです。


天地を揺るがす雷鳴が鳴り響いた時に、驚かされたその雷に
誰も腹を立てません。
大自然を相手に腹を立てても意味が無いことを知っているからです。
地球的な観点からみた時、人もまた、大自然の中のごく一部なのだと
思うようになれれば、そんなに腹も立たなくなると思います。


如何ですか、皆さん。
もし、自分が本当に幸せに生きたいと願うなら試してみる価値はあります。
簡単に出来てしまう人もいるでしょう。
また、なかなかうまく行かない人もいるでしょう。
大事なことは、その第一歩を踏み出すことではないでしょうか。
また、無関心の人はスルーすれば宜しいかと思います。


そして、更に・・・。

自分の人生において、事あるごとに試される時があります。
その時には、ああ・・・試されているんだなと自覚する事にしています。
試練や試験みたいなものがあるといった風に。

心や魂に、ものの考え方の中心を移すと以上のような考えが芽生えて来ます。
物質や現実至上主義だと、このような考えは、ほとんど出て来ません。

但し、全てを心や魂に依拠する訳ではありません。
やはり、現実という重い世界もありますので、
バランスを執りながら生きて行く必要があります。
例えて言うならば、車の左右の両輪みたいなものです。
或いは、コインの表裏みたいに密接につながっています。

無限の心と現実のバランスが取れないと前に進んでいけません。


メルマガの前号でも出て来ましたが、あの時、
私は試されていると感じたのでした。


190cmもある元ヤクザとの激闘の記録!
~セクハラ総集編

http://ameblo.jp/64152966/entry-11714633475.html



ゲーテの言葉~より

財を失うことは小さく失うことである。

名誉を失うことは大きく失うことである。

勇気を失うことはすべてを失うことである。




恋愛の話

男性にしても女性にしても、人生の中で恋愛は生まれます。
いつもうまく行くとは限りませんし、寧ろ、うまくいかない時のほうが
圧倒的に多いと思います。

失恋もなかなかつらいものがあります。
学生の頃は、計算しなくて結構純粋だったりしますが、
社会人になると、プライドがあったり、体裁を考えたり、
かなり慎重になったりで、相手に気づかれないように装います。
誰しも傷つきたくないので、当然ともいえます。

私の初恋は、中学2年生の時でした。
その時に、彼女と私は学級委員をやっていました。
授業中に、斜め後ろにいる私の方をちらちらと彼女はしょっちゅう見ていました。
だから、好意を持ってくれていることは分かっていました。
無論、私も彼女のことが好きでした。
それが、私の初恋だったのです。

しかし、当時、私はかなり奥手で、彼女に声すらかけることが出来なかった。
ウブというか、相当な臆病者だったのです。
とうとう彼女のほうもあきらめて淡い初恋として終わりました。

今頃になって、勇気を説く自分が少し恥ずかしいです。^^
ただ、あるきっかけで、人は変われるんですよね。


失恋について一言。

80年の人生の中で、一体、どれだけの恋愛関係が出来るか分かりませんが、
トキメキ を感じる経験なんて、そんなにあるものではありません。
私は、本当に得がたい素晴らしい経験だと思います。
一生のうちに、一体何回経験出来るでしょう。
このトキメキを与えてくれたお相手の人に感謝・・・。

その事に気づいた人は、仮に、もし失恋したとしても
その時の気持ちは、微妙に変わって来ると思います。

いつか、なつかしく思い出すでしょう、あの頃の日々のことを。
切ない気持ち、悲しい気持ち、悔しい気持ち、怒りにも似た気持ち・・・
時が・・・雨のように洗い流してくれます。
そして、切なくも悲しかった日々が、やがて、あなたの大切な思い出となるはずです。

キラキラと光輝く草原の輝きにも似た
懐かしい青春の頃の・・・淡い思い出の宝石箱ですね。


最後に、私たちの身の周りは、私たちを縛るものばかりです。
ただ、驚くべきことに脳と心を縛るものは何も存在しません。
何を空想しようが、夢みようが全て自由で無限なのです。
実は、この事実というものはすごく偉大なことだと思うのです。
是非、その一点に気づいて欲しいと願っています。

しかし、実際には、心まで縛られている現実があります。
その縛りを少しづつ解放してみませんか。
幸せに生きる為の障害になっているものは、捨て去るのです。

私たちは、幸せに生きて行くために生まれて来たのですから。
これをすれば幸せに成れるのにと感じたら、
是非、実行して幸せに生きる道を歩んで欲しいです。
出来ないと思うのは、あなたの心が縛られているだけなのです。
出来るんです。

どうか皆さん、色んな幸せな人生を送って下さいますように。







【光軍の戦士メールマガジン】



申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com


第15期メ-ルマガジン
( 今年5月から今年7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ116号 
政府が「南海トラフ」地震に関して
大手企業に極秘文書! ~ by. CIA

【 臨時版 】
日本人の土地財産を組織的に奪い取る闇の巨大組織



第14期メ-ルマガジン
( 今年2月から今年4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ115号 
5.11 〜 危機と株価の動向!?

★メルマガ114号 
堀ちえみさんの舌癌と咽頭口頭ガン

★メルマガ113号 
原因不明の「痛み」の正体!?

★メルマガ112号 
発達障害や知的障害の本当の真犯人は、
 日本語で検索しても出て来ない!?

★メルマガ111号 
膠原病とサルコイドーシスの真犯人

★メルマガ110号 
日本のある大都市に忍び寄る
大災害テロ事件の可能性をまとめました。

★メルマガ109号
【平成最大の爆破事件~名古屋】

★メルマガ108号
2019年5月 ✖ デ- ~ 〇〇県❓❓❓

★メルマガ107号 
たばこの葉の発酵プロセスに使用する
酵母が ~ ガンと掌蹠膿疱症の元凶!?



第13期メ-ルマガジン
( 去年11月から今年1月までの3ヶ月間 )

★メルマガ106号
今年1月、大手新聞各社にて一斉に出された
巨大地震を臭わす暗号記事を解読してみた!?

★メルマガ105号 
汚染地域に住み内部被ばくをすると
何故~ガン・白血病や難病になるの!?

★メルマガ104号 
慢性前立腺炎とガン 〜 そして希望 〜

★メルマガ103号 
 心と身体とガン

★メルマガ102号 
自己免疫疾患なるものの真の正体!?

★メルマガ101号 
ガン・白血病~脳梗塞や心筋梗塞の最大の真犯人

★メルマガ100号
納豆菌はガンの原因菌を食べてくれて
ビフイズス菌や乳酸菌を増やす!!!

★メルマガ99号 
白血病や悪性リンパ腫の真犯人!?

★メルマガ98号
『自己免疫疾患』と診断され苦しんでおられる皆様へ



第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ97号 
アボカドの脂質〜アボカチンB〜が、
ガンの幹細胞を殺す可能性がある!!!

★メルマガ96号 
ノーベル賞受賞・本庶氏のガン治療薬
 「オプジーボ」は恐ろしい!?

★メルマガ95号
亜麻仁は肺ガン・乳ガン・結腸ガンの予防効果
と放射能被曝から身体を防御する!

★メルマガ94号 
身体から化学物質や毒物~放射能を除去する方法

メルマガ93号
【続】北海道大地震の真実 ~ Haarp ~

メルマガ92号
北海道大地震の真実

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 
ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号
第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  
悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号
悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号
スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群! 





キーシャ・クラウザー 「地球人として生きること」







. 維新~丸山衆院議員の「北方領土を戦争で取り返す」って狂人発言にチョー驚き!!

維新~丸山衆院議員の
「北方領土を戦争で取り返す」
って狂人発言にチョー驚き!!









2019/5/14
維新、丸山氏を除名 
北方領土返還めぐり「戦争」発言

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44775240U9A510C1PP8000/

日本維新の会は14日、持ち回りの常任役員会で、
戦争による北方領土返還の是非を四島の元島民に
質問した同党の丸山穂高衆院議員の除名を決めた。
丸山氏が同日提出した離党届は受理しなかった。
「大阪都構想」や夏の参院選への影響を
最小限に抑えるため厳しい処置を急いだ。

党代表の松井一郎大阪市長は除名の理由を
「国会議員としてあるまじき不適切な行為と発言だ。
外交上の問題も非常に大きい」と説明した。
丸山氏に「辞めるべきだ」と議員辞職も促した。
大阪市役所で記者団に語った。

丸山氏はツイッターで
「虚心坦懐(たんかい)に処分を受け止め、
これより先は無所属で活動する」と
議員辞職はしない考えを示した。
「元島民の皆さまをはじめ、領土の返還を願い、
その実現に向けてご尽力されてこられた全ての
国民の皆さまに謝罪申し上げる」とも表明した。

丸山氏は11日夜、北方四島へのビザなし交流で訪れた
国後島の宿泊施設で元島民の訪問団長に北方領土について
「ロシアと戦争で取り返すのは賛成か反対か」と問いかけた。
団長が「戦争なんて言葉を使いたくない」と応じると
「戦争しないとどうしようもない」などと反論した。
丸山氏は当時、飲酒した後だった。

菅義偉官房長官は14日の記者会見で
「誰が見ても不適切だ」と指摘した。
河野太郎外相はロシアとの北方領土交渉をめぐり
「このような発言、行動は決してプラスにならない」と強調した。

ロシア上院のコサチョフ国際問題委員長は13日
「最低(の発言)だ。そうした発言をするのは
問題の解決を望まない人物だけだ」と非難した。
ロシアメディアは丸山氏の党の除名処分決定や
日本国内の反応を報じた。
保守系のレグナム通信は「両政府は発言を看過するな」
とする専門家のコメントを紹介した。

丸山氏は衆院大阪19区選出で当選3回。
東大卒、経済産業省出身だ。
2015年末に都内で飲酒した際、口論になった男性の手を
かんで警察の事情聴取を受けた。
当時、禁酒を宣言していた。

<引用終わり>
============



自民党関係者からの超ド級の爆弾情報
〜維新は改憲のために作られた自民の別働隊

https://ameblo.jp/64152966/entry-12187692695.html



大体・・・
取り戻すって言っている
政治家の連中に
ロクなのがいない!!











管理人

そもそも、日本という国家は
明治維新の時から・・・存在しない。

イルミナティと半島人勢力の共同の軍事行動によって
日本国を奪い取られたのが明治維新でした。
明治維新は、日本建国史上~初のクーデターだったのです。
あの日より、日本を事実上~動かしているのは
カルト日本売国勢力であるのは間違いない。

今や、真の日本の姿はどこにもありません。

取り戻すって言っている連中は
日本を売り渡している連中の常套句である。

維新の会の本質は→自民の別働隊。
イルミナティが創作したものです。
一定の勢力を持つように操作されています。
大阪で彼らが圧勝するのは、
イルミナティの意志と命令によるものです。
不正選挙大国の日本だから何だって可能です。

核ミサイルを何千発も保有する軍事超大国の
ロシアと戦争して取り戻せって話した言葉は
もはや、狂人としか言いようがない。
馬鹿を通り越して、狂人の極みであろう。
だから、カルトだと言っているのです。

このような人物が、維新から出ているのは
何も偶然では有り得ない。
他にも似たような政治家はゴロゴロいる。
自民も維新も同根は明治維新~以来のカルトですから。

取り戻せって言うのであれば、
イルミナティと半島人勢力から
日本を取り戻せというのが正しい。
しかし、それをやろうとした政治家や官僚は
みな・・・抹殺されているでしょ。

だから、現有政治勢力は・・・
すべて、やらせのプロレスの八百長ごっこを
しているに過ぎないと思わざるを得ません。

実は、日本の保守勢力も革新野党勢力も
不正選挙が行なわれている事実を
幹部連中は、当然、知り尽くしています。
少なくとも、幹部クラスはそうです。
しかし、誰も声を上げていませんね。
これが、日本の政治の核心を表しています。

私は政治・経済や裏社会の真実というか
闇をあまりにも知り過ぎてしまいました。
もう、政治の記事を書くのがアホらしくなったのです。
政治の記事が少なくなったのは、
それが本当の理由です。

ほとんどの国民は真実を知りません。
また、真実を語る者は全て潰されていく。

私も例外ではありません。
5月11日前後から、メルマガが届かないといった
通報が50件近く寄せられてきました。
よりによって、何故~5月11日を基点に
こんなにも妨害が酷いのかと考えさせられました。

メルマガが届かないといった
読者の皆さんへの私からの返信

やはり、妨害の可能性が高いと思います。

個々に一斉送信されるメルマガが届かない原因に
つきましては不明ですが、申し訳なく思います。
やはり、妨害の可能性が高いと思います。
他の読者の方より、同じ様な通報を
たくさんいただいています。

いい加減なサイトだと思わせて
読者の心が離れることを
狙っているのだとしか思えません。

万一、届いていない時には、
一応、迷惑メールに入っていないか確認して見て下さい。
もし迷惑メールに入っていない場合には
妨害の可能性もありますが・・・
メルマガ掲示板のバックナンバーより ご覧ください。
配信する全ての記事をご覧になれます。


メルマガ読者の方よりの私への返信

ありがとうございます。
5/10配信のメルマガが届きました。
迷惑メールにも入っていなかったので妨害だったのでしょうか。

あと移動時に「危険なサイト」の表示が
出てきたのに驚きました💦
(読めたので大丈夫です)
今日は大変な1日ですが、ワントンさんに教えてもらった
私たちは覚悟をして同じ思いで祈るばかりです🙇



慟哭の詩~破れし者へ by.孫崎 享
https://ameblo.jp/64152966/entry-10856134420.html

日本社会のどの分野であれ:
「立ち上がろうとする者が出れば
これに被害を与えるシステム」だけは完璧に、
見事に、機能している。
特に最近は酷い。

個々の政治家が敗れ、個々のジャーナリストが破れ、
個々の公務員が敗れている。
持ち場から追われている。

今後も敗れていくだろう。

======


最後に・・・

私はまだ負けずに
 頑張っています。

皆さん~応援のほど
どうか
宜しくお願い致します。








【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第15期メ-ルマガジン
( 今年5月から今年7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ116号 
政府が「南海トラフ」地震に関して
大手企業に極秘文書! ~ by. CIA

【 臨時版 】
日本人の土地財産を組織的に奪い取る闇の巨大組織



第14期メ-ルマガジン
( 今年2月から今年4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ115号 
5.11 〜 危機と株価の動向!?

★メルマガ114号 
堀ちえみさんの舌癌と咽頭口頭ガン

★メルマガ113号 
原因不明の「痛み」の正体!?

★メルマガ112号 
発達障害や知的障害の本当の真犯人は、
 日本語で検索しても出て来ない!?

★メルマガ111号 
膠原病とサルコイドーシスの真犯人

★メルマガ110号 
日本のある大都市に忍び寄る
大災害テロ事件の可能性をまとめました。

★メルマガ109号
【平成最大の爆破事件~名古屋】

★メルマガ108号
2019年5月 ✖ デ- ~ 〇〇県❓❓❓

★メルマガ107号 
たばこの葉の発酵プロセスに使用する
酵母が ~ ガンと掌蹠膿疱症の元凶!?



第13期メ-ルマガジン
( 去年11月から今年1月までの3ヶ月間 )

★メルマガ106号
今年1月、大手新聞各社にて一斉に出された
巨大地震を臭わす暗号記事を解読してみた!?

★メルマガ105号 
汚染地域に住み内部被ばくをすると
何故~ガン・白血病や難病になるの!?

★メルマガ104号 
慢性前立腺炎とガン 〜 そして希望 〜

★メルマガ103号 
 心と身体とガン

★メルマガ102号 
自己免疫疾患なるものの真の正体!?

★メルマガ101号 
ガン・白血病~脳梗塞や心筋梗塞の最大の真犯人

★メルマガ100号
納豆菌はガンの原因菌を食べてくれて
ビフイズス菌や乳酸菌を増やす!!!

★メルマガ99号 
白血病や悪性リンパ腫の真犯人!?

★メルマガ98号
『自己免疫疾患』と診断され苦しんでおられる皆様へ



第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ97号 
アボカドの脂質〜アボカチンB〜が、
ガンの幹細胞を殺す可能性がある!!!

★メルマガ96号 
ノーベル賞受賞・本庶氏のガン治療薬
 「オプジーボ」は恐ろしい!?

★メルマガ95号
亜麻仁は肺ガン・乳ガン・結腸ガンの予防効果
と放射能被曝から身体を防御する!

★メルマガ94号 
身体から化学物質や毒物~放射能を除去する方法

メルマガ93号
【続】北海道大地震の真実 ~ Haarp ~

メルマガ92号
北海道大地震の真実

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 
ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号
第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  
悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号
悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号
スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群! 











. ”余命3ヶ月”全身ガン男性が「犬の駆虫薬(フェンベンダゾール)」で完治!?

”余命3ヶ月”全身ガン男性が
「犬の駆虫薬(フェンベンダゾール)」
で完治!?









がんが全身に転移…
余命3カ月の男性が犬の駆虫薬で完治?

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190504-00000011-nkgendai-life

ホント? なんて声が聞こえてきそうだ。

全身にがんが転移し、「余命3カ月」と宣告された米国の男性が、
犬の駆虫薬を飲むことで完全回復したというニュースが
世界中の注目を集めている。

英紙「サン」(4月27日付電子版)などによると、
この男性はオクラホマ州エドモンドに住む
ジョー・ティッペンズさん(写真)。

2016年に小細胞肺がん(SCLC)と診断されて
治療を始めたが、17年1月には、がんは胃、首、脾臓、
骨など全身に転移し、手の施しようのない状態になった。

医者からは「ここまで転移しては回復の見込みは約1%です。
余命は3カ月ほど」と宣告された。

ジョーさんは「余命を1年まで伸ばせるかもしれない」
という実験療法に参加すると同時に、何か奇跡を起こす
別の方法はないものか、とあれこれ調べていた。

ある日、母校オクラホマ州立大学のフォーラムを
チェックしていたら、
「あなたが、もしくは知り合いががんにかかっているなら、
連絡してみて」という投稿が目に入った。

連絡を取ってみると、驚いたことに投稿者は獣医だった。
獣医はジョーさんに、次のように説明した。

「偶然、犬の駆虫薬として使われるフェンベンダゾールが、
マウスのがん細胞を攻撃した可能性があることが
発見されたんです。
それでステージ4の脳腫瘍の患者にフェンベンダゾールを
処方したところ、6週間も経たないうちに腫瘍が
消えてしまったのです」

この話を聞いたジョーさんは実験療法を続けるとともに、
フェンベンダゾールをネットで購入、服用し始めた。
価格は1週間分でたったの5ドル(約560円)。

そして3カ月後、実験療法を受けている病院で、
PET(放射断層撮影法)スキャンを受けたところ、
がんがきれいに消滅していたというのだ。

「3カ月前……がんは頭からつま先まで、
体中に転移していました。恐ろしい転移で、
3カ月以内に100%死ぬという状態でした。
ところが3カ月後、PETスキャンには
何も映っていなかった。
どこにもがんはありませんでした」

ジョーさんは実験治療、フェンベンダゾールの他に
ビタミンEのサプリ、
大麻から抽出されるカンナビジオール(CBD)、
香辛料のウコンの有効成分であるクルクミンなどを摂取していた。

しかし実験療法を受けた約1100人のうち、
がんが完治したのはジョーさんのみ。
フェンベンダゾールが劇的に効いたとしか考えられなかった。

ジョーさんはその経緯を、公式ウェブサイト
「Get Busy Living(必死で生きる)」
で発表した。

「がん患者に誤った希望を与える」との批判も受けたが、
ジョーさんは次のように語った。

「医学的治療に関するアドバイスをする資格はありません。
でもできるだけ多くの人々に体験談を語る資格はあるはずです」

一方、フェンベンダゾールによってがんが治ったという
ケースが、ジョーさん以外に40件以上あることも判明。

ジョーさんの話を知ったオクラホマ医療研究基金が
フェンベンダゾールのがん治療の性質に関する研究を
始めているという。

<引用終わり>
============


この関連の記事では、
黄金の金玉を知らないか?~さんが
一番うまくまとめておられるので
リンクして貼っておきますね。

犬の駆虫薬で末期癌が完治?!
ガンの原因はやはりカンジタ(真菌)か

https://golden-tamatama.com/blog-entry-2019-05-06.html


管理人

今回の犬の駆虫薬で末期癌が完治~の件で
私なりに特に重要と感じた部分を
抜粋しておきます。

ジョーさんは実験治療、フェンベンダゾールの他に
ビタミンEのサプリ、
大麻から抽出されるカンナビジオール(CBD)、
香辛料のウコンの有効成分であるクルクミンなどを摂取していた。


フェンベンダゾールとウコンの有効成分が
うまくマッチングして成功したのだと思います。
つまり、フェンベンダゾールだけが重要なのでは
ないと私は考えています。

そういった意味では、ジョーさんは
本当にラッキーだったという事になります。

いつも私はメルマガに書いているのですが、
たった一つのものに頼っては危険だという事です。
フェンベンダゾールの一つだけに頼っては
うまくいかない可能性があると思っています。
ガン細胞は、たった一つのものに対しては
実に巧妙に対処~適応してきます。
決して、そんなにあまいものではありません。

ステージ4の転移癌を全て消滅させた
「春ウコン」とカンジダの深い因果関係!?

https://ameblo.jp/64152966/entry-12345397132.html



2017.02.10
がん、高治癒率の民間療法から見えてきた
  「真菌」との深い関係性

https://biz-journal.jp/2017/02/post_17981.html

偶然、抗真菌薬が
ガンに効くことが発見された事例もある


とはいえ、真菌対策ががん治療につながることを
発見した人々はたくさんいる。 
1999年、ドイツの医学博士マイノルフ・カルトハウス教授は、
白血病の3人の子供たちが二次的な真菌感染に対して
3倍の抗真菌薬を摂取した後、
予期せず完全寛解に至ったのを観察した。
2006年、彼の研究チームは抗真菌薬治療のあとに
白血病が消失した事例をさらに6件出版報告した。 

ちなみに、報告された6件において、
慢性播種性カンジダ症(CDC)に対して
抗真菌薬治療が始まると、患者たちは白血病薬に対して
ひどく反応したため、白血病治療は止められた。

急性白血病の5年後生存率が大人で25-26%、
子供で90%であったのに対して、
驚くべきことに、
カンジダ治療での生存率(治癒率)は100%だった。
彼の報告では2人の子供と4人の大人を取り上げていたため、
その数字は極めて高かったことになる

(シンプルな真菌感染を白血病と誤診されるケースも
あるが、抗真菌薬の効果は無視できない)。

偶然、抗真菌薬ががんに効くことが
発見された事例もある。
たとえば、大きな腫瘍を抱えた胃がん患者が、
安息香酸を大量に摂取したところ、
数カ月で腫瘍が消えたケースがある。
安息香酸は、食品の保存料として使われ、
諸説あるものの、バクテリアには効かないが、
防カビ剤には利用できるといわれている。

また、海外ではその危険性ゆえに法的に規制されて
いるケースもあるが、二酸化塩素の殺菌力を利用した
MMSという民間療法がある。
当初、マラリア患者が、亜塩素酸ナトリウムを含んだ、
高山病や疲労回復用の液化酸素を吸ったところ、
奇跡的に回復したことでその抗マラリア性が
発見されたものである。

だが、のちに研究が進められると、
塩素系でも二酸化塩素がより優れており、
マラリアだけでなく、がんにも効くとして
注目されるようになった。
もちろん、その背景には二酸化塩素のもつ殺菌力がある。

実は、対がん民間療法においては、過去数十年に及んで、
真菌に対して有効な殺菌剤が治療効果を上げてきた。
たとえば、殺菌力の高いヨウ素を利用したヨウ素療法、
同じくホウ砂やホウ酸を利用したホウ素療法、そして、
真菌の大敵であるアルカリ環境を導くための
セシウム療法なども海外では普及してきた。

がんは真菌の増殖と深くかかわっている。
現段階では、カンジダ・アルビカンスを
単独の病原菌とみなすのではなく、
ほかの要素も複合的にかかわっていると
みなしたほうが良さそうである。

がんと真菌との関係性を研究して注目されてきた
ミルトン・ホワイト医師は、自身が調査した
どのがん組織の中にも真菌の胞子を発見し、
がんとは「慢性的な細胞内伝染性の生物学的に
誘発された胞子(真菌)変容病」であり、
具体的には、「真菌の子嚢菌門に由来する
分生子(無性胞子)」であるとしている。

<引用終わり>
============


管理人

皆さん、実は・・・
自己免疫疾患と悪性ガンは
非常に深い関係があります。

長きに渡ってメルマガを購読している人は、
およそ~この二つをよく理解していると思います。
つまり、その機序~仕組みを大体において
理解していただいているのではないでしょうか。

人の細胞が、細菌やカビ菌に攻撃を受けて
細胞のミトコンドリアとカビ菌が
全面戦争を始めます。
その時に、細胞の内外で炎症が発生します。
これによって出てくる症状が、
自己免疫疾患~と呼ばれているものです。

最悪、人の細胞が、細菌やカビ菌に
占領されてしまったら・・・
悪性ガン になってしまいます。
つまり、遺伝子レベルで支配されて
人の細胞が、ウィルスやカビ菌のコロニーと
化してしまうのです。
染色体異常なんて、まさにそれでしょう。

普通、人はガンにはなりません。
何故、ガンになるかというと
細胞をしっかり護っているヒアルロン酸が
細菌などによって分解されてしまうからです。

つまり・・・
細胞は、無数の外敵の来襲を受けることになる訳です。
ヒアルロン酸の分解過程で炎症も起こりますが
その炎症によって、更に、体内のヒアルロン酸分解酵素
=ヒアルロニダーゼが活性化するのです。




決してガンにならない動物の秘密!?
https://ameblo.jp/64152966/entry-12310372895.html

以上の記事は大変重要です。
一度は必ず目を通してください。
更に、専門的に知りたい人は
以下のメルマガをご覧下さい。


★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

======

http://supervisor-ex.com/bkn47379/toku1812/

掲示板パスワード gemp 半角英数

======


管理人

最後に・・・
現代医学においては、カビ菌とガンの因果関係が
全く無視されたままです。
医学部でも教科にさえない有様です。
大半のお医者さんが、カンジダを増殖させて
引き起こされる→ リーキーガット症候群さえ
知らないのが実情です。

小腸から毎日のようにカビ菌やウィルスが
血管から血液に入っていくというのに・・・
白血病の中で、リーキーガット症候群が
問題にもされていないという惨状。

ちなみに、
白血病の名前の由来は
赤い血が→白くなるからです。
白い色は・・まさに、カンジダの色です。
ほとんどのお医者さんに聞いてみて下さい。
白血病って、何で白くなるんですか???
もし、答えられるお医者さんであれば、
そのお医者さんは、稀にみる超~優秀なお医者さんです。


以下の画像は小腸の中のものです。
白いピーナッツ状のぶつぶつは、
カンジダのコロニーです。
これが、カンジダの色です。
リーキーガット症候群の主要な真犯人です。






【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第15期メ-ルマガジン
( 今年5月から今年7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ116号 
政府が「南海トラフ」地震に関して
大手企業に極秘文書! ~ by. CIA

【 臨時版 】
日本人の土地財産を組織的に奪い取る闇の巨大組織



第14期メ-ルマガジン
( 今年2月から今年4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ115号 
5.11 〜 危機と株価の動向!?

★メルマガ114号 
堀ちえみさんの舌癌と咽頭口頭ガン

★メルマガ113号 
原因不明の「痛み」の正体!?

★メルマガ112号 
発達障害や知的障害の本当の真犯人は、
 日本語で検索しても出て来ない!?

★メルマガ111号 
膠原病とサルコイドーシスの真犯人

★メルマガ110号 
日本のある大都市に忍び寄る
大災害テロ事件の可能性をまとめました。

★メルマガ109号
【平成最大の爆破事件~名古屋】

★メルマガ108号
2019年5月 ✖ デ- ~ 〇〇県❓❓❓

★メルマガ107号 
たばこの葉の発酵プロセスに使用する
酵母が ~ ガンと掌蹠膿疱症の元凶!?



第13期メ-ルマガジン
( 去年11月から今年1月までの3ヶ月間 )

★メルマガ106号
今年1月、大手新聞各社にて一斉に出された
巨大地震を臭わす暗号記事を解読してみた!?

★メルマガ105号 
汚染地域に住み内部被ばくをすると
何故~ガン・白血病や難病になるの!?

★メルマガ104号 
慢性前立腺炎とガン 〜 そして希望 〜

★メルマガ103号 
 心と身体とガン

★メルマガ102号 
自己免疫疾患なるものの真の正体!?

★メルマガ101号 
ガン・白血病~脳梗塞や心筋梗塞の最大の真犯人

★メルマガ100号
納豆菌はガンの原因菌を食べてくれて
ビフイズス菌や乳酸菌を増やす!!!

★メルマガ99号 
白血病や悪性リンパ腫の真犯人!?

★メルマガ98号
『自己免疫疾患』と診断され苦しんでおられる皆様へ



第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ97号 
アボカドの脂質〜アボカチンB〜が、
ガンの幹細胞を殺す可能性がある!!!

★メルマガ96号 
ノーベル賞受賞・本庶氏のガン治療薬
 「オプジーボ」は恐ろしい!?

★メルマガ95号
亜麻仁は肺ガン・乳ガン・結腸ガンの予防効果
と放射能被曝から身体を防御する!

★メルマガ94号 
身体から化学物質や毒物~放射能を除去する方法

メルマガ93号
【続】北海道大地震の真実 ~ Haarp ~

メルマガ92号
北海道大地震の真実

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 
ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号
第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  
悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号
悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号
スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群! 










. 私が511危機説を5%とした理由

私が511危機説を5%とした理由









愛知県 の 潮汐表カレンダ-
http://sio.mieyell.jp/select?po=42301

愛知県の5月11日の満潮時の水位は
5月の中で最低クラスの150cmでした。
つまり、小潮だったのです。
愛知県のカレンダ-で確認して下さい。

511危機説にはかなりの重みがあり、
暗号記事の件もあり記事にして来た訳ですが、
私が511危機説~5%とした理由は、
511当日、愛知県が小潮だったからです。

小潮 ~ 中潮 ~ 大潮  ・・・
この中で、大潮 の時が一番危険なのは
子供にだって分かる道理です。

大潮とは・・・
干満の差が最も大きい潮汐作用 (→潮汐 ) をさす。
月に2回,月,地球,太陽が一直線上に近く並ぶとき,
すなわち,満月 (望) と新月 (朔) の時期に起る。



愛知県のカレンダ-を見ると、5月の残された
大潮は、18日 19日 20日 21日
の4日間となっています。
悪魔教の数字的には、18日が危険となりますが、
ちょうど、11日から1週間後の18日に
警戒をすべきであるという事になります。

この4日間に何も起こらなければ、
5月には何も起こらないと安心していいと
私は考えています。

とにかく、イルミナティが日本政府経由で
「南海トラフ」地震に関して大手企業に
極秘文書を出している以上・・・
我々は決して警戒を緩めるべきではないと思います。


米国イルミナティや霞ヶ関官僚連中が
日本国民の年金や特別会計の中から、国民の財産を
好き放題にズコズコと抜き取った結果・・・
日本の財政はもうどうしようもないところまで来ています。
表に出ている財政赤字なんか信じては駄目ですよ。

こういった巨悪犯罪を全て覆い隠し、
そして、何も無かったことにする為には、
日本をハイパーインフレに追い込み、事実上、
破算状態に追い込むしかないのです。
今の日銀がやっていることは、そういう事です。
異次元金融緩和・・・もその一貫です。
日銀もまた、イルミナティの支配下にあるのです。

つまり・・・国民の資産没収に到るのは必然です。
その為には、何がなんでも緊急事態条項が必要なのです。

巨大地震災害 → 国家非常事態宣言

国家非常事態宣言 → 緊急事態条項発動



陰謀論でもなんでもない。
全てが必然なのです。
巨大地震災害も必然なのであります。

その流れの中で、私は地震関連の記事を
取り上げて書いています。

肝心なことは・・・

いつ起こされるか?

だけに絞られている情況です。

しかし、それを真に理解するのは
一般の人には到底無理です。

なので、敢えて、メルマガの一部を公開します。


★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
〜ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ92号
北海道大地震の真実

★メルマガ93号
【続】北海道大地震の真実 〜 Haarp 〜

======

http://supervisor-ex.com/bkn47379/toku1812/

掲示板パスワード gemp 半角英数

======



日本という国は実質的に
既に、破産 しています。
知らないのは、我々・国民だけ。
この巨大危機を乗り切るには
緊急事態条項 を施行するしかない。
これを発動させるには
何としても 巨大災害 が必要である。









【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第15期メ-ルマガジン
( 今年5月から今年7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ116号 
政府が「南海トラフ」地震に関して
大手企業に極秘文書! ~ by. CIA

【 臨時版 】
日本人の土地財産を組織的に奪い取る闇の巨大組織



第14期メ-ルマガジン
( 今年2月から今年4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ115号 
5.11 〜 危機と株価の動向!?

★メルマガ114号 
堀ちえみさんの舌癌と咽頭口頭ガン

★メルマガ113号 
原因不明の「痛み」の正体!?

★メルマガ112号 
発達障害や知的障害の本当の真犯人は、
 日本語で検索しても出て来ない!?

★メルマガ111号 
膠原病とサルコイドーシスの真犯人

★メルマガ110号 
日本のある大都市に忍び寄る
大災害テロ事件の可能性をまとめました。

★メルマガ109号
【平成最大の爆破事件~名古屋】

★メルマガ108号
2019年5月 ✖ デ- ~ 〇〇県❓❓❓

★メルマガ107号 
たばこの葉の発酵プロセスに使用する
酵母が ~ ガンと掌蹠膿疱症の元凶!?



第13期メ-ルマガジン
( 去年11月から今年1月までの3ヶ月間 )

★メルマガ106号
今年1月、大手新聞各社にて一斉に出された
巨大地震を臭わす暗号記事を解読してみた!?

★メルマガ105号 
汚染地域に住み内部被ばくをすると
何故~ガン・白血病や難病になるの!?

★メルマガ104号 
慢性前立腺炎とガン 〜 そして希望 〜

★メルマガ103号 
 心と身体とガン

★メルマガ102号 
自己免疫疾患なるものの真の正体!?

★メルマガ101号 
ガン・白血病~脳梗塞や心筋梗塞の最大の真犯人

★メルマガ100号
納豆菌はガンの原因菌を食べてくれて
ビフイズス菌や乳酸菌を増やす!!!

★メルマガ99号 
白血病や悪性リンパ腫の真犯人!?

★メルマガ98号
『自己免疫疾患』と診断され苦しんでおられる皆様へ



第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ97号 
アボカドの脂質〜アボカチンB〜が、
ガンの幹細胞を殺す可能性がある!!!

★メルマガ96号 
ノーベル賞受賞・本庶氏のガン治療薬
 「オプジーボ」は恐ろしい!?

★メルマガ95号
亜麻仁は肺ガン・乳ガン・結腸ガンの予防効果
と放射能被曝から身体を防御する!

★メルマガ94号 
身体から化学物質や毒物~放射能を除去する方法

メルマガ93号
【続】北海道大地震の真実 ~ Haarp ~

メルマガ92号
北海道大地震の真実

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 
ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号
第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  
悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号
悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号
スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群! 




311 記録 防人の詩






. 5月11日9時46分 ~ 3回目の危険アラームが鳴りました ‼

5月11日9時46分 ~
3回目の危険アラームが鳴りました ‼






       



1回目



2回目



3回目



静岡県の放射能情報一覧
https://new.atmc.jp/pref.cgi?p=22

各地の放射線グラフが並んでいますが、
その上に、静岡県の放射線量統合グラフと
いうのがあります。
日間 週間 月間 ・・・とありますが、
週間 ←をクリックして見て下さい。


以上のグラフを見て何のことか分らない人も
おられると思いますが、分る人には分かります。
haarp が照射されるとモニタリングポストの
放射線量グラフが途切れてしまうのです。
北海道地震の時には各地のグラフが
地震前に途切れました。

今まで、2回の危険アラームが表示されましたが、
とうとう、今日・・・
3回目の危険アラームが鳴りました ‼

ということで、危険度指数5%から20%に
アップして参りました。

愛知県 の満潮時は午前10時06分です。
潮が海岸に押し寄せる力が強い時期としては
朝の8時から10時・・ということになります。

人工地震は、自然の力も味方につけますから、
満潮になる前に仕掛けるはずです。
干潮時に仕掛けるバカはいないでしょう。

なので、特に9時46分が危険と・・・
一応は、そのように言っておきます。
但し、決め付けるのは禁物です。


311から8年目~
巨大地震や大事件が
「46分」に起きる謎!!

https://ameblo.jp/64152966/entry-12445964715.html


結論として、
11日の午前中が一番危険な時間帯です。
その時間帯には、決して、海岸線には近づかない事。
大きな河川の近くにいることも危険です。

また、物が落下してくるビル街を歩いたり
老朽化したビルの中にいることも危険です。
とにかく、11日は買い置きをしておいて
じっと自宅で静かに過ごすのが安全です。

更に、浜松原発の状況も把握するように
努めて下さい。
もし万一、原発事故が起きた可能性がある場合には、
どうするかを考えておく必要があります。
もしもの場合には、海岸線の主要幹線道路は
絶対に駄目です。
放射能が真っ先にやって来る死の通り道が
海岸線なのです。
海には何の遮蔽物もないからです。

自動車で逃げるとしたら、山間部方面です。
山越えして、北陸の各地に逃げてください。
北陸に着いたら、そこから海岸線をつたって
西日本に逃げるというのが基本になります。

今から、数日分の食料と水を買い置きする。
携帯ラジオを買って置く。
11日は、朝から自宅のガスの元栓を締めておく。

これは、危機管理という意味において
大災害時の時の為の予行演習として位置づけましょう。
今回~仮に何も起こらなかったとしてもです、
イザという時の為に大変役に立ちます。

今まさに、日本という国はそのような危機的な
状況におかれていると私は確信しています。
何が起こっても何らおかしくはない。
今の日本は、まさにそのような戦時下にあるといった
厳しい認識が、是非とも、我々には必要だと思います。

実際に起こる~起こらないではなく、皆さんには
日本の今からの3年間~10年間というものは、
ずっと、そのような危機意識が必ず必要であると
肝に銘じておいて欲しいと思います。

5月11日は、
決して何も起こらないことを
心より願っています。
天に祈ります。


さて、皆さん。
以下の暗号画像の解読にトライして見て下さい。
日本政府が作成したものです。
覚醒する為には、避けては通れない関門です。
いずれ、あなたの役に立つことは間違いありません。


























. 511???~政府が「南海トラフ」地震に関して大手企業に極秘文書! ~ by. CIA

511???~政府が「南海トラフ」地震に
関して大手企業に極秘文書! ~ by. CIA







お知らせ

今日の5月10日、お昼過ぎの午後1時に
最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ116号 
政府が「南海トラフ」地震に関して
大手企業に極秘文書! ~ by. CIA


届いていない読者の方は、極力、早目に
私までご連絡下さい。
色々と準備も必要ですから。


いよいよ、問題の5.11が明日に迫りました。
当管理人は、準戦時体制に入ります。
確率的には、5%の確率であると
皆さんにはお話しています。

尤も、確率論なんてあまり意味がありません。
実際に起こってしまうと、確率論なんて
吹っ飛んでしまうからです。
皆さんには、もしもの時の為に、最低限の準備と
警戒を怠らないようにして欲しいと思います。

ところで、記事の冒頭に掲載した
M9.1南海トラフ巨大地震被害想定
~の画像ですが、明らかに・・・
暗号化された数字が列挙されています。
これを理解出来ないと全くお話になりません。

皆さん・・・
政府が作成した数字と画像ですよ。

こういった陰謀論には興味も関心もないし
関わりたくないといった人は、当ブログに
訪問したり閲覧する必要は全くありません。
覚醒したくない家畜国民のままがいいという人には
私のブログを見て欲しくはありません。


ところで、2019年1月26日に

政府が「南海トラフ」地震に関して大手企業に極秘文書!
https://www.j-cia.com/archives/14938

以上の大変気になる記事が投稿されています。
j-cia・・・という非常に怪しいサイトです。
この記事をクリックして詳細を知ろうとしましたが、
会員限定で、一般の人には見れないようになっています。

c i a の文字が入っているところを見ると
イルミナティの運営するサイトの可能性が高いです。
幾ら検索しても、その内容はどこにも出て来ません。

5月11日に、本当に決行されるかどうかについては
可能性があるというだけで、私には判断がつきません。
但し、決行されるとしたら・・・11日の午前中でしょう。

~ 中略 ~

今まさに、日本という国はそのような危機的な
状況におかれていると私は確信しています。
何が起こっても何らおかしくはない。
今の日本は、まさにそのような戦時下にあるといった
厳しい認識が、是非とも、我々には必要だと思います。

実際に起こる~起こらないではなく、皆さんには
日本の今からの3年間~10年間というものは、
ずっと、そのような危機意識が必ず必要であると
肝に銘じておいて欲しいと思います。


井口さんのサイトよりお借りします。

衝撃:政府が「南海トラフ」地震に
関して大手企業に極秘文書!

https://quasimoto2.exblog.jp/239083310/

<一部引用>

ところで、いま日本政府に不穏の動きがあるんだとか。
これである。

政府が「南海トラフ」地震に関して大手企業に極秘文書!
https://www.j-cia.com/archives/14938

要するに、日本政府が日本の企業群に

「近々南海トラフ地震が来そうだから、
対処各自よろしくお願い=自己防衛せよ」

というお達し(通達)あるいは指令、
あるいは連絡が入った模様である。

要するに、NWOシオニストのお偉方が我が国に
南海沖に核爆弾仕込んで人工地震兵器で
攻撃するかもしれないという警告である。

要するに、日本で一番リッチな地方、
愛知名古屋のトヨタを破滅させることだろう。
東海地方を潰す。

豊田の人たちは高台に逃げよ。
逃げて〜〜愛知の人たち!

ということかもナ。

東日本は潰されたわけだから、
今度は西日本を潰そうとかかる。

<引用終わり>
============


関連記事

今年1月、大手新聞各社にて
一斉に出された巨大地震を臭わす
暗号記事を解読してみた!?

https://ameblo.jp/64152966/entry-12436731726.html


豚コレラの感染源は愛知‼
https://ameblo.jp/64152966/entry-12438963404.html


亡霊のごとく現在に甦った
2015年の月間累計
330万アクセスの私の過去記事!?

https://ameblo.jp/64152966/entry-12445747281.html



$wantonのブログ




【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第15期メ-ルマガジン
( 今年5月から今年7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ116号 
政府が「南海トラフ」地震に関して
大手企業に極秘文書! ~ by. CIA

【 臨時版 】
日本人の土地財産を組織的に奪い取る闇の巨大組織



第14期メ-ルマガジン
( 今年2月から今年4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ115号 
5.11 〜 危機と株価の動向!?

★メルマガ114号 
堀ちえみさんの舌癌と咽頭口頭ガン

★メルマガ113号 
原因不明の「痛み」の正体!?

★メルマガ112号 
発達障害や知的障害の本当の真犯人は、
 日本語で検索しても出て来ない!?

★メルマガ111号 
膠原病とサルコイドーシスの真犯人

★メルマガ110号 
日本のある大都市に忍び寄る
大災害テロ事件の可能性をまとめました。

★メルマガ109号
【平成最大の爆破事件~名古屋】

★メルマガ108号
2019年5月 ✖ デ- ~ 〇〇県❓❓❓

★メルマガ107号 
たばこの葉の発酵プロセスに使用する
酵母が ~ ガンと掌蹠膿疱症の元凶!?



第13期メ-ルマガジン
( 去年11月から今年1月までの3ヶ月間 )

★メルマガ106号
今年1月、大手新聞各社にて一斉に出された
巨大地震を臭わす暗号記事を解読してみた!?

★メルマガ105号 
汚染地域に住み内部被ばくをすると
何故~ガン・白血病や難病になるの!?

★メルマガ104号 
慢性前立腺炎とガン 〜 そして希望 〜

★メルマガ103号 
 心と身体とガン

★メルマガ102号 
自己免疫疾患なるものの真の正体!?

★メルマガ101号 
ガン・白血病~脳梗塞や心筋梗塞の最大の真犯人

★メルマガ100号
納豆菌はガンの原因菌を食べてくれて
ビフイズス菌や乳酸菌を増やす!!!

★メルマガ99号 
白血病や悪性リンパ腫の真犯人!?

★メルマガ98号
『自己免疫疾患』と診断され苦しんでおられる皆様へ



第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ97号 
アボカドの脂質〜アボカチンB〜が、
ガンの幹細胞を殺す可能性がある!!!

★メルマガ96号 
ノーベル賞受賞・本庶氏のガン治療薬
 「オプジーボ」は恐ろしい!?

★メルマガ95号
亜麻仁は肺ガン・乳ガン・結腸ガンの予防効果
と放射能被曝から身体を防御する!

★メルマガ94号 
身体から化学物質や毒物~放射能を除去する方法

メルマガ93号
【続】北海道大地震の真実 ~ Haarp ~

メルマガ92号
北海道大地震の真実

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 
ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号
第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  
悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号
悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号
スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群! 



日本という国は実質的に
既に、破産 しています。
知らないのは、我々・国民だけ。
この巨大危機を乗り切るには
緊急事態条項 を施行するしかない。
これを発動させるには
何としても 巨大災害 が必要である。









. ”511に関する暗号記事をNHKが出した!?~5月11日午後17時46分?”



. ”亡霊のごとく現在に甦った2015年の月間累計330万アクセスの私の過去記事!?”









お知らせ

メルマガ読者の皆様には
幾つかの異変が見られましたので
今日5月8日、511臨時速報をお送りします。


★メルマガ115号 
5.11 〜 危機と株価の動向!?


2019-02-09
豚コレラの感染源は愛知‼
https://ameblo.jp/64152966/entry-12438963404.html



復興関連銘柄-ゼネコンの
 株価チャート大一覧

https://stock-life.net/theme/related/a501-reconstruction-general_contractor.html?size=4m

五洋建
海上土木首位。総合建設準大手級。







. 私の人生の最大の恩師は愛犬のラッキ-でした。

私の人生の最大の恩師は
 愛犬のラッキ-でした。







管理人

私は今、ブログやメルマガをやらせてもらってますが、
よくよく考えてみますと、今まで学校で勉強したことや
教わったことは、あまり大して役に立っていません。
学校はその程度のものだと今にして悟りました。

学校だけではなく、テレビや新聞・雑誌からも
本当に大事な知識は得ることが出来ませんね。
それどころか、日本国そのものがバカな人間ばかりを
大量生産する巨大な仕組みであるに過ぎないことに
私は気づきました。

本当に大切なことや重要情報は、自分が進んで
独学するしかないなと思う~今日この頃ですが、
しかし、検索しても出てくるのはクソ情報ばかり。
全ては、真実を真剣に知りたいと思うところから
始まります。
そうすると、決まって何かが出てくるものです。

私にとって、多くを学んだのは学校ではありません。
真に知りたいと願う強い欲求からでした。
そのような、知りたいといった作業そのものの現場が、
私にとっての本当の学校だったのです。

しかし、そのようにして得られた知識とというものは
本当に大事なものではありますが、同時に、根本的に
もっとはるかに重要かつ大切なものがある事も知りました。

それは、あらゆるものに対する・・・
慈愛の心 ではないかと思います。

私は以前より、人が笑う笑顔が好きでした。
楽しんでいる姿がこよなく好きでした。
人が幸せになっていく姿が大好きでした。

私のブログとメルマガへの情熱の源泉は
全てそこから生まれているように感じています。

しかしながら、現実の社会というものは
私たちの意に反したものばかりによって支配されています。
そして、多くの人が挫折し・・・倒れていきます。
それに対する悲しみや怒りが私にパワ-を生むのです。

実のところ、以前の私は経営者であり社長でした。
計算ばかりをしていた営利の人間に過ぎませんでしたが、
そのような立場の人間というものは、得てして・・・
人に冷たくなるものです。
私も例外ではありませんでした。

そんな私を大きく変えてくれたのは、
他の何物でもない・・愛犬のラッキ-でした。
柴犬でしたが、私が初めて動物を飼ったのです。
以前は、動物に対して大した関心は持ちませんでした。
犬に防寒服を着せて散歩させている人の姿を
ただ無関心に眺めているだけでした。

愛犬のラッキ-は、愛護センタ-から引き取った
のですが殺処分される寸前でした。
そういった経緯もあり、ラッキ-と名付けたのです。

生後3か月過ぎて、ペットショップで売れない
メスの子犬は、大抵は愛護センタ-行きだそうです。
なんとも・・・むごい話です。

私は初めて犬を飼うので、飼い方がよく分からず
本当に適当なことしかしてやれませんでした。
子犬の時から、ずっと室内で育てました。
気づいた時には、完全に家族の一員になっていました。
私は、車のマ-クⅡに乗っていましたが、
どこに行く時にも一緒でした。

ある日、ドライブしていた時、道路のすぐ近くに
芝生のとても綺麗な平坦な景色がありました。
これは最高と、私はラッキ-を連れて
大喜びで散歩させました。
しばらくして、カ-トに乗ったおじさんがやって来て、
ここは、ゴルフ場ですから直ぐに出てくださいと
注意されました。
ゴルフには関心もなく知らなかったものですから、
私はラッキ-を連れて、すごすごと愛車で退散したのでした。

ラッキ-との日々は、私にとって決して忘れられない
毎日だったように思います。
とても手のかかるヤンチャでアホなポッチィ―犬でした
が・・・私はこよなく愛していました。
家族の一員であるだけではなく、自分の分身とも
思えるような存在だったのです。

そんなラッキ-が、ある頃より、ガンになって
しまい、私の心は大きく乱れ心底~打ちひしがれました。
愛犬の闘病の様子を見るのは私にとっても大変つらく
耐え難いつらく悲しい日々が続きました。

動物病院では、リンパにまで転移しており、
もうどうしようもないと宣告されました。
ガンと苦闘していて苦しんでいたラッキ-でしたが、
私が自宅に帰ると、何故か、元気そうにふるまうのです。
それが何とも痛々しくて、涙したこともしばしばでした。

いよいよ・・・その日がやってきました。
ラッキ-の寝床は、2階の寝所の押し入れです。
ラッキ-が、2階への階段を上がろうとした、
まさにその時でした。
バタッと倒れたのです。

ああ・・・
ついにその時がやって来たんだと、
私は悟りました。

その時、私はあまりの心労から呼吸困難に
陥ってしまい、息が出来なくなり苦しくて
本当に死にそうになりました。

少しして、持ち直した私は動物病院に電話しましたが、
動物病院は日曜日でお休みです。
それでも何とかしたいと、私は車を飛ばし動物病院に
行きましたが、何度ベルを押しても応答はありませんでした。

車で動物病院に生き帰りの時、不思議な体験をしました。
周りの景色が・・・すべて灰色だったのです。
皆さんにこういった経験はおありですか?

自宅に帰った時、ラッキ-は既に、虫の息でした。
私はどうすることも出来ず、ただ茫然と立ち尽くしていました。
そして、やがて静かに息を引き取りました。
あまりにも深く悲しい時には・・・痛みが大き過ぎて
涙さえも出ないことを初めて知りました。

「かけがえのない」・・・という言葉の
本当の意味を知ることになりました。
そして、いつしか・・・
私はラッキ-に対して優しさや思いやりが
足りなかったのではないかと思うようになりました。

いや・・・それどころか、
人に対しても優しさや思いやりが足りなかったのでは
ないかと思うようになり始めました。

それから・・・
少しづつ、私は変わりはじめたように思います。
動物の存在って、命って・・・
なんて貴いものなんだろうと強く感じさせられました。
無論、人の命も同じです。

多分、あの日から何かが変わっていったのです。

ラッキ-・・・ごめんね。
もう少し、マシな人間になるよ。

恐らく、あの経験が無ければ今の私はありませんでした。
ブログもメルマガも・・・無かったと思います。

ラッキ-の死後、一時期、本当に死にたいと思う日々も
ありましたが、今も何とか元気に生きています。

5月28日が命日・・・。
もし、本当にあの世というものがあるのなら、
私が死んだら、ラッキ-と一緒に日本全国の
放浪の旅に出たいなぁ~・・なんて思っています。

私の人生の最大の恩師は
学校の先生などでなく
愛犬のラッキ-だったのです。



引退盲導犬、パピーウォーカーの元へ帰る





お知らせ

4月30日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ115号 
5.11 〜 危機と株価の動向!?

届いていない読者の方は私までご連絡下さい。


5月2日に、
第15期メルマガの掲示板とパスワードを
臨時版 の形で、新規読者の皆様に送りました。

【 臨時版 】
日本人の土地財産を組織的に奪い取る闇の巨大組織




【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第15期メ-ルマガジン
( 今年5月から今年7月までの3ヶ月間 )

【 臨時版 】
日本人の土地財産を組織的に奪い取る闇の巨大組織



第14期メ-ルマガジン
( 今年2月から今年4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ115号 
5.11 〜 危機と株価の動向!?

★メルマガ114号 
堀ちえみさんの舌癌と咽頭口頭ガン

★メルマガ113号 
原因不明の「痛み」の正体!?

★メルマガ112号 
発達障害や知的障害の本当の真犯人は、
 日本語で検索しても出て来ない!?

★メルマガ111号 
膠原病とサルコイドーシスの真犯人

★メルマガ110号 
日本のある大都市に忍び寄る
大災害テロ事件の可能性をまとめました。

★メルマガ109号
【平成最大の爆破事件~名古屋】

★メルマガ108号
2019年5月 ✖ デ- ~ 〇〇県❓❓❓

★メルマガ107号 
たばこの葉の発酵プロセスに使用する
酵母が ~ ガンと掌蹠膿疱症の元凶!?



第13期メ-ルマガジン
( 去年11月から今年1月までの3ヶ月間 )

★メルマガ106号
今年1月、大手新聞各社にて一斉に出された
巨大地震を臭わす暗号記事を解読してみた!?

★メルマガ105号 
汚染地域に住み内部被ばくをすると
何故~ガン・白血病や難病になるの!?

★メルマガ104号 
慢性前立腺炎とガン 〜 そして希望 〜

★メルマガ103号 
 心と身体とガン

★メルマガ102号 
自己免疫疾患なるものの真の正体!?

★メルマガ101号 
ガン・白血病~脳梗塞や心筋梗塞の最大の真犯人

★メルマガ100号
納豆菌はガンの原因菌を食べてくれて
ビフイズス菌や乳酸菌を増やす!!!

★メルマガ99号 
白血病や悪性リンパ腫の真犯人!?

★メルマガ98号
『自己免疫疾患』と診断され苦しんでおられる皆様へ



第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ97号 
アボカドの脂質〜アボカチンB〜が、
ガンの幹細胞を殺す可能性がある!!!

★メルマガ96号 
ノーベル賞受賞・本庶氏のガン治療薬
 「オプジーボ」は恐ろしい!?

★メルマガ95号
亜麻仁は肺ガン・乳ガン・結腸ガンの予防効果
と放射能被曝から身体を防御する!

★メルマガ94号 
身体から化学物質や毒物~放射能を除去する方法

メルマガ93号
【続】北海道大地震の真実 ~ Haarp ~

メルマガ92号
北海道大地震の真実

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 
ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号
第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  
悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号
悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号
スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群! 




Titanic Celine Dion







. プロフィール

z64150528

Author:z64150528
FC2ブログへようこそ!

. 月別アーカイブ
. 検索フォーム
. リンク
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR