光軍の戦士のブログ

. 【 驚愕 】 スキルス胃ガンの真犯人が判明!

【 驚愕 】
スキルス胃ガンの真犯人が判明! 









「5年生存率7%未満」
~ スキルス性胃ガン闘病記

https://ameblo.jp/64152966/entry-12548350671.html


11月30日に配信されるメルマガ
最新号の題名が決まりました。

★メルマガ136号
【 驚愕 】
スキルス胃ガンの真犯人が判明!


主な内容

通常の胃ガンとスキルス胃ガンとの
違いは何か?

胃ガンの原因としてよく言われるのが
ピロリ菌や喫煙とアルコールです。

ところが、スキルス胃ガンの原因は
分からないと胃ガンの専門医は
はっきりと述べています。

しかし、徹底調査の結果・・・
真犯人がいることが判明しました。
ところが、その真犯人の存在の名前が
医学論文に出て来ることはありません。

思いますに・・・
意図的に隠されている可能性が高い。
その秘密を公開するのは危険が伴います
ので、ブログ紙上では書けません。

いつも言うようですが、
真犯人や原因が分からないと
ガンや難病は治せるものではありません。

原因が分からないので
スキルス性胃ガンの
5年生存率は7%未満という
惨憺たる結果になっている訳です。

本当にお前に分かるのかといった
お叱りを受けそうですが・・・
しかし、誰も否定しようがない
大変に分かりやすい実証例を上げて
極めて科学的に解説しています。

さて、真犯人が判明すると
手の内ようもあります。
全てはそこから始まるのです。
そうですね・・・皆さん。


さて、136号にはもう一つ大きな
情報が登場します。

肺ガン・肺炎・喘息・食道ガンに
関する極めて重要な救命情報が
判明しました。

恐らく、今年一番の
最重要~救命情報
です。
もし、これが静かに拡がりますと
肺ガン治療にも革命をもたらす
可能性が極めて高いです。
ガン利権マフィアは一番恐ろしい
暗殺集団なので、これも公開することは
極めて危険なので控えます。

以上の内容が今回のメルマガ最新号の
大きな内容です。
記事は8割がた出来上がっています。

関心のある人は、是非、メルマガの
本文をご覧下さい。
29日か30日には配信する予定です。

医師もガン患者さんも
無論、一般の人達も・・・誰も知らない
最先端の極秘情報が満載です。




わずか5ヶ月の間に、12人もの医師が、
たて続けに死亡や行方不明となった真相とは!?

https://ameblo.jp/64152966/entry-12177538633.html




12月31日まで
メルマガのイベント中です。

https://ameblo.jp/64152966/entry-12501380974.html



【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com




未来へ - Kiroro






スポンサーサイト



. 橋本龍太郎、小渕恵三、安保徹名誉教授に捧げる ~ 挽歌 ~

橋本龍太郎、小渕恵三、
安保徹名誉教授に捧げる
~ 挽歌 ~








管理人

ヤバイなぁ~ ・・・
こんな記事を書くのはヤバ過ぎるよ。
書くの止めようと何度も思ったけど
最近、やたらと医学的知識が増したり
検索能力が高くなってしまった為に、
知らなくてもいいような事まで分かってしまう。

これからは、あくまでも可能性の話として
だけ見ていただければ幸いです。
予め、申し上げておきますが、
私は何かを告発する気などは毛頭ありません。
ただ、皆さんは目で文字を追うことは出来ます。


橋本龍太郎も小渕恵三も安保徹名誉教授も
死因を究明していけば、たった一つのものに
突き当たります。

血栓です。
血液をサラサラにする薬もあれば・・
実は、血液を凝固させる薬もあります。

しかし、日本語で 血液を凝固させる薬
検索しても全く出て来ません。
という事は・・・
誰かの都合が非常に悪いので
消されているとも考えられますよね。

話を続けます。


名誉教授の安保徹氏、12月6日に突然死
~検索すると新聞で死去のニュ―ス記事が見当らない!

https://ameblo.jp/64152966/entry-12226985539.html


「薬をやめると病気は治る」と語った
 安保徹名誉教授が消された理由!?

https://ameblo.jp/64152966/entry-12415045838.html


安保徹氏が69歳で死去。
死因は大動脈解離。

詳細は書かれていませんが、
恐らく、血栓閉塞型大動脈解離 でしょう。


血液を凝固させる薬・・・
日本語で検索しても全く出て来ません。
英語に翻訳して→ Drugs that clot blood
やっと出て来ます。

i'm OK with that をクリックして
邪魔な字幕を消してください。


負傷した兵士に与えられた血液凝固薬は
心臓発作を引き起こす可能性があります

https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=https://www.theguardian.com/science/2010/nov/15/blood-clotting-drug-wounded-soldiers&prev=search

失血を止めるために使用される ノボセブン の試験は、
プラセボよりも効果的ではなく、
動脈の血栓のリスクを高めることを示唆しています

イラクとアフガニスタンで負傷した兵士に
与えられた薬物は、心臓発作や脳卒中を
引き起こすことにより、命をさらに危険に
さらしている可能性があります。

この治療法は、負傷した兵士の重度の出血を
止めるために使用されますが、試験では、
薬物が動脈に血栓を形成するリスクを高め、
切断と死を引き起こす合併症を
引き起こす可能性があります。

危険な副作用は、薬物がプラセボよりも
負傷した兵士の命を救うのに優れていることを
長年の試験で証明していないため、
さらに懸念されています。

NovoSeven と呼ばれるこの薬は、
血友病患者の出血を止めるために
10年以上前に認可されましたが、
軍医や民間病院で「 適応外 」ベースで使用され、
外傷や手術による大きな失血に苦しむ患者を治療します。
組換え因子7としても知られるこの薬は、
患者1人あたり数千ポンドの費用がかかりますが、
トラネキサム酸 と呼ばれる効果的な代替薬は
患者1人あたりわずか5ポンドです。

「この薬を与えられた民間人患者と負傷した
兵士の両方があり、最良の証拠は、
彼らは利益を得なかったが、
心臓発作、脳卒中および切断の可能性を経験した
であろうことを示している」とロバーツは述べた。

------------------------------------


橋本龍太郎、小渕恵三、は同じ死因。
他殺か?

https://blog.goo.ne.jp/princeofwales1941/e/2793a19780dd352427559469ec3e8325

橋本龍太郎元首相が先日腹痛のため
都内の病院に緊急入院、
大腸の大半と小腸の一部を摘出する手術を受けた。
病名は「腸管虚血」とのことだが、
一体どんな病気なのか。
腹痛は日常よく経験する症状だけに気になる。

東京都済生会中央病院・塚田信廣内科部長に聞いた。

●腸管虚血とは?
 
腹部大動脈から枝分かれしている上腸間膜動脈は、
小腸や大腸に血液を供給している最も重要な血管です。
この血管が閉塞して、そこから先に血液が
行かなくなるのが腸管虚血です。

●発症原因は? 
 
多いのは上腸間膜動脈の血栓症と塞栓症です。
血栓症は動脈硬化による病変から上腸間膜動脈の
起始部に血栓ができて、それが血管を詰まらせます。
塞栓症は心臓にできた血栓が飛んで血管を詰まらせます。


◆田中角栄元首相、
 1985年2月27日に脳梗塞発症、
 1993年12月16日死去

◆小渕恵三首相、
2000年4月1日に脳梗塞発症、
5月14日に死去

◆橋本龍太郎元首相、
2006年6月4日に腹痛で入院、5日手術、
7月1日死去

------------------------------------


管理人

私は以上の方々が暗殺されたなんて
一言も言っていません。
あくまでも可能性の話としてだけ
申し上げたつもりです。

しかし、怖いですね。

NovoSeven ノボセブン
トラネキサム酸


こういった薬の名前だけは
覚えておきましょう。
それに、他にももっと効果的で更に強力な薬は
色々とあるはずです。

つまり、こういった薬を使えば
人を簡単に、脳梗塞や血栓症や塞栓症、
或いは、血栓閉塞型大動脈解離を
引き起こせるという訳です。

そして、薬の量によっては
速やかに死に到らしめることも可能。

そう、あくまでも可能性の話をしているだけです。
それに、誰がどのようにして薬を飲ましたか?
或いは、体内に注入したかについては
一切、ノーコメントです。
皆さんのご想像におまかせします。
これ以上、書くと私も薬を盛られますから。
元財務大臣の中川昭一さんなんて・・・
モロにあれでしょうからねぇ~。







12月31日まで
メルマガのイベント中です。

https://ameblo.jp/64152966/entry-12501380974.html



【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第17期メ-ルマガジン
( 今年11月から来年1月までの3ヶ月間 )

★メルマガ135号 
肺ガンや肺腺ガンの本質と治療法とは!?

★メルマガ134号 
ヨーネ菌やクローン病の恐怖も
恐ろしい大腸ガンも全て人間が創り出している!!!


現在進行中 ↑ 今月11月から始まりました。
----------------------------------------------------




第16期メ-ルマガジン
( 今年8月から今年10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ133号 
腎臓ガンのお父さんを助けて!!!

★メルマガ132号
アボカドの成分が白血病の原因である
「がん幹細胞」だけを攻撃することが判明!

★メルマガ131号 
喘息の原因と正しい治療法について

★メルマガ130号 
白血球もミトコンドリアも
活性酸素でガン細胞をやっつける!!!

★メルマガ129号
~ 膵臓ガンからの生還 ~

★メルマガ128号 
乳ガンにおける日本最高の医学論文!!!

★メルマガ127号 
人類滅亡レベル「人類最大の脅威」~
史上最強の耐性真菌カンジダ・アウリス

★メルマガ126号 
C型肝炎ウィルスの進化を止めれば
肝硬変や肝臓ガンにはならない!

★メルマガ125号
世界で始めてC型肝炎ウィルスの
起源を解明したかもしれない。




第15期メ-ルマガジン
( 今年5月から今年7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ124号
神様は何故26年と3ヶ月の命しか
彼女に与えなかったのだろうか・・・

★メルマガ123号 
預金封鎖に対抗し、円に代えて
最も信用出来る海外の通貨とは!?

★メルマガ122号 
エイズの本当の真犯人?

★メルマガ121号 
6京円デリバティブ破綻で始まる世界恐慌は
リーマンショックの10倍の危機‼

★メルマガ120号
ワクチンもブドウ糖点滴もガン3大療法も
人口削減計画の一環であると
公文書に明記されている!

★メルマガ119号 
〜 ある一人の女性の死を見つめて 〜

★メルマガ118号 
糖尿病への本当の答え!!!

★メルマガ117号
「春ウコン」があらゆるガンや
難病に効果があるという話は本当か!?

★メルマガ116号 
政府が「南海トラフ」地震に関して
大手企業に極秘文書! ~ by. CIA

【 臨時版 】
日本人の土地財産を組織的に奪い取る闇の巨大組織



第14期メ-ルマガジン
( 今年2月から今年4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ115号 
5.11 〜 危機と株価の動向!?

★メルマガ114号 
堀ちえみさんの舌癌と咽頭口頭ガン

★メルマガ113号 
原因不明の「痛み」の正体!?

★メルマガ112号 
発達障害や知的障害の本当の真犯人は、
 日本語で検索しても出て来ない!?

★メルマガ111号 
膠原病とサルコイドーシスの真犯人

★メルマガ110号 
日本のある大都市に忍び寄る
大災害テロ事件の可能性をまとめました。

★メルマガ109号
【平成最大の爆破事件~名古屋】

★メルマガ108号
2019年5月 ✖ デ- ~ 〇〇県❓❓❓

★メルマガ107号 
たばこの葉の発酵プロセスに使用する
酵母が ~ ガンと掌蹠膿疱症の元凶!?



第13期メ-ルマガジン
( 去年11月から今年1月までの3ヶ月間 )

★メルマガ106号
今年1月、大手新聞各社にて一斉に出された
巨大地震を臭わす暗号記事を解読してみた!?

★メルマガ105号 
汚染地域に住み内部被ばくをすると
何故~ガン・白血病や難病になるの!?

★メルマガ104号 
慢性前立腺炎とガン 〜 そして希望 〜

★メルマガ103号 
 心と身体とガン

★メルマガ102号 
自己免疫疾患なるものの真の正体!?

★メルマガ101号 
ガン・白血病~脳梗塞や心筋梗塞の最大の真犯人

★メルマガ100号
納豆菌はガンの原因菌を食べてくれて
ビフイズス菌や乳酸菌を増やす!!!

★メルマガ99号 
白血病や悪性リンパ腫の真犯人!?

★メルマガ98号
『自己免疫疾患』と診断され苦しんでおられる皆様へ



第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ97号 
アボカドの脂質〜アボカチンB〜が、
ガンの幹細胞を殺す可能性がある!!!

★メルマガ96号 
ノーベル賞受賞・本庶氏のガン治療薬
 「オプジーボ」は恐ろしい!?

★メルマガ95号
亜麻仁は肺ガン・乳ガン・結腸ガンの予防効果
と放射能被曝から身体を防御する!

★メルマガ94号 
身体から化学物質や毒物~放射能を除去する方法

メルマガ93号
【続】北海道大地震の真実 ~ Haarp ~

メルマガ92号
北海道大地震の真実

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 
ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号
第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  
悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号
悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号
スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリーキーガット症候群!




名誉教授の安保徹氏、12月6日に突然死!







. 「5年生存率7%未満」~ スキルス性胃ガン闘病記

「5年生存率7%未満」
~ スキルス性胃ガン闘病記









管理人

次回の★メルマガ136号は
11月30日に配信する予定です。

胃ガンとスキルス性胃ガン

これに近い感じの題名になると思います。
今~猛勉強中です。


あるご家族のスキルス胃ガンの闘病記を
以下にご紹介させていただきました。

スキルス胃ガンで悲しくもお亡くなりに
なられた轟哲也さんは、理科系で
知識を得ようと必死にネットで調べられたそうです。

ただ、残念なことに・・・
日本語でネットでいくら検索しても
そのほとんどがクソ情報しか出て来ません。

私はこの4年間というもの、その事実を
嫌というほど経験させられました。
恐らくは、本当に核心に迫る情報は
ことごとく消されているのだと思います。

いつも言うようですが、医療情報だけでは
本当の真相を知るには到りません。
世界の闇の構造や仕組みを知らなければ
決して、核心に迫ることは不可能ですし
覚醒することも無理でしょう。

「そんなバカな」・・・で終わりです。
そういった人達は、真に覚醒することなく
不幸な道を歩んでしまわれるに違いありません。


現代のガン3大療法に沿って闘病されて
その苦しい闘病記の中の情緒的なものには
確かに心を動かされるものがありますが・・・
しかし、そういった範疇のものしか
大手メディアや雑誌には決して載らないのです。

皆さんも既にご承知のはずですね。
大手メディアやマスコミ、医学界といったものは
全て、世界の人口削減を強行に推し進める
イルミナティによって完全支配されているのです。

陰謀論でもなんでもありません。
100%の間違いない真実です。
これを知らなければ、どんなに真相を話しても
医学論を展開しても全くの理解不能でしょう。
やはり、「そんなバカな」・・・で終わりです。

世界の闇の真相と・・・
そして、
闇の扉を開いて得られる確かな真実

この絶対に必要なプロセスを経て
初めて、真実の一端に触れることが出来ます。

本当の正しい真実を知ること無くして
あなたと家族の皆さんが救われることは
極めて困難となりましょう。

本当の原因は分らないと・・・
ほとんどの医師や医学者は明言しています。
本当の原因が分からないのに
どうして、ガンや難病が治せるでありましょうや!?


残念ながら・・・
その多くのガン闘病サイトは
ガン利権マフィアによって臨検され
管理されているとしか私には思えません。
真に核心に迫るコメントは・・・
闇に葬られるだけに終わるでしょう。
私はそのような無駄なことはしません。


あなたが覚醒しなければ
あなたとご家族の皆さんは
救われないのではないでしょうか!!


私は一介の研究生に過ぎませんが
秘密のパンドラの箱を共に開けましょう








掲載日:2018年2月21日
正しい情報で、スキルス胃がんに光を
~轟哲也さん、浩美さんが歩んできた道~

https://www.gsclub.jp/tips/5428

スキルス胃がんは、胃がんの約10%を占める。
進行が速く、早期発見も治癒も難しい。
弁理士の轟哲也さんもそうだった。
2013年12月に発覚。
その後、NPO法人「希望の会」(現在は認定NPO法人)
を立ち上げて理事長に就任し、2016年8月に他界するまで、
妻の浩美さんとともに、スキルス胃がんの患者のための
活動を続けた。
浩美さんは今も患者や家族を支え、
正しい情報の周知に力を入れている。
(文:中村智志)


1冊の冊子がある。
『もしかしたらスキルス胃がん
 -治療開始前に知りたかったこと-』
NPO法人「希望の会」が2016年1月に作成して、
ホームページからもダウンロードできる。
42ページ。専門用語の解説も交えながら書かれていて、
わかりやすい。

「治療を受ける人自身が主役」
「主治医に、どんなことでも感じていることを伝えましょう」
といった診察時の心がまえから、
「体重が急に減る」「胃が動かない」など
スキルス胃がんを疑うべきサイン、スキルス胃がんの特徴、
転移の現れ方、治療方法、緩和ケア、臨床試験の参加方法、
セカンドオピニオンの取り方、ネットや書籍の情報の探し方
(「がんが消えた」などの表現に惑わされない)などまで、
幅広い。


もしかしたらスキルス胃がん

医療に関する部分は、「希望の会」理事長だった
轟哲也さんが執筆し、それ以外の部分は
妻の浩美さんが担当した。

浩美さんはこう語る。
「胃炎と診断されてピロリ菌を除去したのに、
胃の違和感が残る。内視鏡検査をしても何も映らない。
スキルス胃がんは胃の表面に出てこないで、
胃壁の内部を浸潤するので、医師でも気付きにくい。
経過観察をしているうちに、ようやく見つかったときには、
ステージ4、というケースが多いのです」
 哲也さんも、その一人であった。


最初の診断は胃炎だった

2013年1月のある朝、哲也さんは朝食を取らなかった。
代わりに、唐突に切り出した。
「今日、実は胃カメラの検査を受けに行くんだ」
おどろく浩美さんに、事情を説明した。
2012年11月の区の検診で「要再検査」となったこと。
「画像診断に自信がある。慶応義塾大学病院から独立した」
というクリニックで検査をすること。
満腹になる量が以前より減ってきている
という自覚症状があること。

哲也さんは健康に気を配っていた。
食事は野菜中心で、酒もたばこもやらない。
ジョギングやウェートトレーニングにも精を出す。
父方の家系に胃がんの人が多く、若いときから、
いつか自分も胃がんになると考えていた。
そのため、毎年、区の検診を受けていた。
 
浩美さんは勤務先の学校法人へ、
哲也さんはクリニックへ出かけた。
哲也さんは弁理士で、自宅が職場であった。
帰ってきた浩美さんに、ホッとしたように言った。
「がんではなかったよ。胃炎だと言われた」


ただ、胃の中に、胃がんの原因にもなるピロリ菌が
あったので、除去することになった。
除去には数カ月を要した。
哲也さんはその間にも、
「胃がどんどん悪くなる」と感じていた。
食後にみぞおちのあたりが痛む。少し食べると、
のどが、蓋が閉まるようなつっかえる感じがする。

そうした症状をクリニックの医師にも伝えても、
「ピロリ菌の除去をすると、逆流性食道炎のような
症状になることがあります」
 という答えが返ってきた。
地元の行きつけの胃腸クリニックにも相談したが、
検査はせずに「胃炎ですよ」と言われた。


1年後、スキルス胃がんとわかる

やがて1年が過ぎて、2013年11月、
再び区の検診を受けた。
バリウムを飲んだ瞬間、哲也さんは冷や汗が吹き出し、
胃が破裂しそうになった。
「これは、まずい」と直感した。

2週間ほど経ったころ、家の電話が鳴った。
都立広尾病院の医師からであった。
「胃のX線画像に病変が見られます。
一刻も早く精密検査を受けたほうがいい」
4日後に広尾病院で胃の内視鏡、CTスキャン、
病理検査などを受けた。結果を聞きに行く日は、
長男の健太さんの誕生日でもあった。
その朝、哲也さんが浩美さんに言った。

「今日は胃がんだって言われてくるよ」
浩美さんは「胃がんは切れば治る時代だ」と考えていて、
いつも通りに出勤した。
しかし、哲也さんからの連絡は違った。
「やっぱりがんだった。それも、スキルス胃がん。
治療法がない。
『命は数か月ぐらいと考えてください』って言われたから」
 
哲也さんは理科系で、自分でよく調べるタイプだ。
診断を受ける前から病名を推測していた。
頭が真っ白になるのではなく、
「ようやく正しい治療が受けられる」と受け止めた。

主治医からは、「腹膜播種(腹膜への転移。
がん細胞が種をまいたように広がる)があれば、
まず抗がん剤で転移をなくし、その後、胃の全摘手術を行う」
という治療方針が示された。
後で知ったことだが、腫瘍マーカー(CA19-9)は750と、
正常範囲(0~37.0)を大幅に超えていた。
このときの浩美さんには、スキルス胃がんの知識はなかった。


抗がん剤とにんじんジュース

哲也さんは告知の1週間後に入院した。
腹腔鏡手術で調べると、腹膜播種がみられた。
ステージ4。
がん研有明病院でセカンドオピニオンを受けたが、
広尾病院の治療方針で問題がない、という結論だった。
 
抗がん剤治療が始まった。点滴のドセタキセル、
飲み薬のTS-1の2種類。治療を始めて数日後、
食べ物が抵抗なく胃に入っていくようになった。
スキルス胃がんのスキルスは「硬い」という意味。
進行すると胃が陶器のようになるという。
哲也さんは、胃が柔らかくなったのを実感した。
希望が見えた。


治療を受けながら、
哲也さんは身辺整理にも力を入れたという。
一方の浩美さんは、
「この人を助けるには、私も何かしなければいけない。
私が仕事をしていたから気付かなかったのか。
作った料理が悪かったのか」
という客観的に見れば抱く必要のない懺悔の気持ちも
あって、インターネットであれこれと検索した。
そして、いわゆる民間療法に引き込まれた。
フコイダン、アガリスクなどのサプリメントを買い、
高濃度ビタミンC点滴を受けられるクリニックに行き、
にんじんジュースを低速のジューサーで一生懸命につくった。
哲也さんは、民間療法で治るとは考えていなかった。
しかし、浩美さんの気持ちを酌んで、
サプリメントを服用し、にんじんジュースを飲んだ。
 

ブログをきっかけに「希望の会」を立ち上げる

2014年1月、浩美さんは、実家の火事で母を亡くした。
哲也さんのがんを乗り越えようという気持ちに
なりつつあった矢先のことだ。
浩美さんは、実父もその17年前に大動脈瘤で亡くしている。
突然の別れのつらさ。
さらに、職場でも孤立して仕事を失う。

一方の哲也さんは、臨床試験のことも調べていた。
2014年の春、「腹腔内投与」という治療法を知る。
お腹にポートを埋め込んで直接抗がん剤を入れることで、
腹膜播種を消すという方法だ。
腹膜播種が消えれば、胃を全摘できる。

しかし、浩美さんが、この臨床試験を行っている
東大病院に連絡を取ると、
「抗がん剤を一度も受けたことがない」という
条件が付いていた。
広尾病院では実施していない。
「かかる病院によって治療の選択肢が違う」
浩美さんは不公平感を突き付けられた気がした。

スキルス胃がんは、情報が少ない。
哲也さんは2014年4月、
情報を集めたい気持ちもあって、ブログを始めた。
タイトルは「スキルス性胃がんに勝つ 
~同じ病と闘っている人達の参考になれば、と思って、
日々の闘病生活を綴ります~」。
浩美さんには黙っていた。
 
だんだん、ブログに人が集まり始めた。
ブログ上で呼びかけて、2014年10月、
患者会「希望の会」を結成した。
その時点でも、浩美さんは何も知らなかった。
 
11月、浩美さんは突然、こう誘われた。
「同じ病気の人と会うから大阪に行く。一緒に行く?」
11月23日、夫婦で日帰りで大阪へ向かった。
哲也さんはブログにこう綴った。
《お互いの経験や、知りえた情報などを出し合い、
情報を共有することができました。
今まではネット上の仮想癌友でしたが、
今日からはリアルの癌友です》(抜粋)
 
翌日には、東京でもオフ会を開いた。
哲也さんのブログの筆致も前向きだ。
《スキルス性胃ガンの話ができる、
スキルス性胃ガンだけど元気な人達が目の前にいる、
それだけでも〔希望の会〕の存在意義があると思っています》
(抜粋)
 
希望の会は、2015年3月に、NPO法人化された。
理事長は哲也さん、副理事長は浩美さん。
浩美さんの友人のデザイナーも加わるなど広がりも見せていた。


国立がん研究センター理事長との対談

2015年5月に「全国がん患者団体連合会」が
立ち上がると、浩美さんが連絡を取って参加した。
こうしたことから、専門医をはじめ各方面への人脈も広がった。

7月には、国立がん研究センター(国がん)の
理事長の堀田知光さんと対談した。
哲也さんは、希望の会で企画しているスキルス胃がん
の冊子の内容チェックなどの協力を依頼した。
堀田先生は「国がんと一緒に創りましょう。
その内容を、国がんが展開しているがん情報の
サイトでも見られるようにしましょう」と
賛同してくれたという。
 
浩美さんは、金沢大学や近畿大学などの先生にも
内容チェックを依頼した。
ときに、講演会の出待ちまでして頼んだ。
だれもが快諾してくれた。
哲也さんが執筆した医療関連の部分は、
医師たちの赤字チェックもほとんど入らなかった。
2016年1月下旬、
冊子「もしかしたらスキルス胃がん」が完成した。
哲也さんと浩美さんは、堀田先生はじめ
お世話になった先生たちに手渡した。


だが、そのころから、体調は芳しくなくなってきた。
ほとんど食べられず、食べても吐いてしまう。
呼吸困難になったり、転移した骨が痛んだりする。
バイクも手放した。介護ベッドも入れた。
愛犬の柴犬、豆太郎も16歳で天国へ行った。

哲也さんは2015年には必死に探して金沢市で
「腹腔内投与」の臨床試験も受けたが、
骨転移が判明して、胃の全摘手術には入れなかった。
東京に戻り、イリノテカン、保険適用されたばかりの
分子標的薬サイラムザといった薬で治療を続けていた。
 
そして、千葉県柏市の国立がん研究センター東病院で、
免疫チェックポイント阻害剤の「日本人で初めて」
という臨床試験に賭けた。
スキルス胃がんの患者へ臨床試験の道を
開きたいという思いもあった。


3月半ばに始めた臨床試験は、5月末に中止。
その後はサイラムザとパクリタキセルという
抗がん剤の併用療法を再開した。
 
8月8日の早朝。哲也さんは旅立った。
自ら終末期鎮静を決断し、集まった家族に別れを告げた。
最期の言葉は母への
「産んでくれてありがとう。あなたの子どもで幸せでした」
だったという。
その前日には、浩美さんに「出会えてよかった」と
感謝を伝えていた。
遺体は、哲也さんと浩美さんの遺志で剖検された。


浩美さんは8日、ブログ「あきらめない!
(スキルス胃がんステージⅣ! 私たちの挑戦」に
こう綴った。
《早朝、旅立ちました。
最期までスキルス胃がんの希望のために生きました。
私は彼の意志を継いでいくつもりです。
綺麗な朝焼けでした》(抜粋)


知ることは力になる

哲也さんと浩美さんの歩みから浮かんでくるのは、
情報の重要性だ。
簡単に正しい情報へアクセスできること。
治療法や臨床試験などのすべての情報が
素早く平等に提供されること。
スキルス胃がんそのものの知識が広まること。

 浩美さんはこう語る。

「結果が悪ければ、自分が選ばなかった道のほうが
よかったんじゃないかと思ってしまうものです。
だからこそ、医師は最初に病気のことをわかりやすく
説明して、正しい情報を知る機会を平等に与えてほしい」
 
ネットだけでなく、一般紙にも「奇跡の治療法」を
謳った書籍やイベントの広告が載る。
現実をしっかり受け止めないと、
民間療法やサプリメントに走ったり、
治療をしないという選択をしてしまったりするかもしれない。

「知ることは力になる。『希望の会』では
いつもそう言っています。
知る機会を増やすことが、患者会の役目だと思います。
亡くなった人は戻らないけれど、
制度や医療は変えられる。そこをやっていきたい」


イクメンだが食事は作らなかった

浩美さんは都立青山高校からお茶の水女子大学
家政学部へ入り、幼稚園の先生を目指した。
哲也さんは都立戸山高校から早稲田大学理工学部に入った。
2人は、早稲田大学の準体育会のようなスキーサークルで
知り合った。
浩美さんが早稲田のサークルに入った理由のひとつは、
野球の早慶戦の後に新宿で盛り上がるところに
憧れていたからだ。
ともにスキーは初心者で、哲也さんは1年先輩だった。
「いかにも理系で、どんなことでも客観視している。
ぶれない。これ、と決めたら絶対に動かない人でした。
論理的なので、議論したら必ず私が負けました」

今でも、判断に迷ったときに、
哲也さんならどうするかなと考えるという。
長男の健太さん(28)もこう話す。
「テレビひとつ買うのでも、すべてのカタログを
比較検討しました。衝動買いなんて絶対にない。
抽象的なことも好まなかったですね」
哲也さんは、いわゆるイクメンだったが、
食事だけは作らなかった。
「おふくろの味」を大切にしたい、という
ポリシーだったと浩美さんはみる。

健太さんはキユーピーを退職し、
「Medical Compass」という会社で働いている。
哲也さんともつながりがあり、厚生労働省で医療改革にも
携わっていた医師の宮田俊男さんが2016年12月に
立ち上げた会社だ。
症状を入力して質問に答えると市販薬を紹介してくれる
「健こんぱす」などのアプリを開発している。
長女の友貴さんはフリーライターとして韓国に拠点を置く。


いつまで悲しんでいてもいい

哲也さんの旅立ちから1年半近く。浩美さんには、
「静かな遺族でいたかった」という思いもある。
テレビに出たりしたことで、たとえば
リレー・フォー・ライフなどのイベント会場で静かに
追悼したいときにも声をかけられたりする。
遺族の代表として発言を求められる機会も少なくない。

「今のほうがつらいですね。立ち止まる時間ができて、
本当にいないんだな、と感じます。
家族は、忘れようとしなくていい。
若い人が配偶者を亡くしたりすると、
『そろそろいい人見つけたら』なんて善意で
勧められたりしますが、かえって心を閉ざしてしまう。
後になるほど悲しくなることもあるんです」
 2018年1月末のブログではこう書いた。


《夫が遺した言葉
【自分がいなくなった後、家内には、
支えてくれる友人達が周りに溢れるほどいてほしい。
息子や娘には、それぞれが家庭を持ち、
親のことよりも自分達の家庭の幸せのために
一所懸命に毎日を送ってほしい。
それが去りゆく者の願いです。】
これが、どんなに愛されているということだったのか、
今更ながら深く感じています。》
浩美さんは今も、活動を続ける。
若いころからの信念は、「あきらめない」。
その思いが、スキルス胃がん、ひいてはがんに
立ち向かう人たちに一筋の光を照らしている。

<転載終わり>
-----------------------------------------------------



スキルス胃がんの早期発見は可能か?
「5年生存率7%未満」の現実

https://diamond.jp/articles/-/192660

スキルス胃がんは、がんの中でも
治癒が最も困難ながんの1つです。
20代でも発症し、死に至ることがある極めて厄介ながんです。

ピロリ菌治療薬の台頭や内視鏡検査および手術技術の
発達により、胃がん全体の罹患数や死亡数は
今後減少していくと予想されます。
ところが、スキルス胃がんは発症原因が特定されて
いないばかりか、診断時には既に相当進行していることが
多く、有効な治療方法が確立されていません。

胃がん発症年齢はほとんどが60歳以降であるという
ことから公的な胃がん検診は50歳以降で十分だと
いう見解が主流です。
しかし、ことスキルス胃がんに関しては
話が単純ではありません。
若年でも発症し、しばしばその命を奪う
スキルス胃がんに対して、
どのように対処すればいいのでしょうか。

スキルス胃がんは働き盛りでも発症
5年生存率はなんと7%未満

スキルス胃がんは、膵臓がんと同様に
極めて治療成績が悪い難治がんです。
その上、若年齢(20代)でも発症することが
決して珍しくありません。

膵臓がんは、そのような若い世代での発症はまずありません。
他の胃がんも好発症年齢は60歳以降と比較的高齢です。
一方、スキルス胃がんは、自分の子どもがまだ小さく、
これからも元気に生き続けなければいけないような
(自他ともに死を受け入れがたい)世代でも発症し、
その命を奪うことがしばしばあるのです。

スキルス胃がんの患者さんの悔やまれる死に対して、
そのご家族が耐え忍ぶ姿を目にするたびに、
われわれ医療従事者は自らの無力を痛感するとともに
スキルス胃がんに対する有効な医療技術を
一刻も早く作りだす必要があることを身に染みて感じます。

スキルスとは、ギリシア語で「硬い腫瘍」を
意味するskirrhosに由来します(英語表記ではscirrhous)
スキルス胃がんは、他の一般の胃がんと異なり、
胃の壁に沿って染みこむように広がっていきます。
そのため、がんが相当に広がるまで症状が出ず、
がん発見のきっかけとなる胃粘膜の凹凸も
不明瞭であることが多いため見つけにくいのです。

胃が硬くなり内腔が狭くなってから発見される
ことがしばしばで、既に腹膜播種
(腹膜の中にがんが飛び火して直腸、卵巣、
尿管などに多発転移している状態)を来している
ケースがほとんどです。
すなわち、スキルス胃がんは根治的な手術が行える
可能性が極めて低く、5年生存率は7%未満という
惨憺たる結果となっています。







12月31日まで
メルマガのイベント中です。

https://ameblo.jp/64152966/entry-12501380974.html



【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第17期メ-ルマガジン
( 今年11月から来年1月までの3ヶ月間 )

★メルマガ135号 
肺ガンや肺腺ガンの本質と治療法とは!?

★メルマガ134号 
ヨーネ菌やクローン病の恐怖も
恐ろしい大腸ガンも全て人間が創り出している!!!


現在進行中 ↑ 今月11月から始まりました。
----------------------------------------------------




第16期メ-ルマガジン
( 今年8月から今年10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ133号 
腎臓ガンのお父さんを助けて!!!

★メルマガ132号
アボカドの成分が白血病の原因である
「がん幹細胞」だけを攻撃することが判明!

★メルマガ131号 
喘息の原因と正しい治療法について

★メルマガ130号 
白血球もミトコンドリアも
活性酸素でガン細胞をやっつける!!!

★メルマガ129号
~ 膵臓ガンからの生還 ~

★メルマガ128号 
乳ガンにおける日本最高の医学論文!!!

★メルマガ127号 
人類滅亡レベル「人類最大の脅威」~
史上最強の耐性真菌カンジダ・アウリス

★メルマガ126号 
C型肝炎ウィルスの進化を止めれば
肝硬変や肝臓ガンにはならない!

★メルマガ125号
世界で始めてC型肝炎ウィルスの
起源を解明したかもしれない。




第15期メ-ルマガジン
( 今年5月から今年7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ124号
神様は何故26年と3ヶ月の命しか
彼女に与えなかったのだろうか・・・

★メルマガ123号 
預金封鎖に対抗し、円に代えて
最も信用出来る海外の通貨とは!?

★メルマガ122号 
エイズの本当の真犯人?

★メルマガ121号 
6京円デリバティブ破綻で始まる世界恐慌は
リーマンショックの10倍の危機‼

★メルマガ120号
ワクチンもブドウ糖点滴もガン3大療法も
人口削減計画の一環であると
公文書に明記されている!

★メルマガ119号 
〜 ある一人の女性の死を見つめて 〜

★メルマガ118号 
糖尿病への本当の答え!!!

★メルマガ117号
「春ウコン」があらゆるガンや
難病に効果があるという話は本当か!?

★メルマガ116号 
政府が「南海トラフ」地震に関して
大手企業に極秘文書! ~ by. CIA

【 臨時版 】
日本人の土地財産を組織的に奪い取る闇の巨大組織



第14期メ-ルマガジン
( 今年2月から今年4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ115号 
5.11 〜 危機と株価の動向!?

★メルマガ114号 
堀ちえみさんの舌癌と咽頭口頭ガン

★メルマガ113号 
原因不明の「痛み」の正体!?

★メルマガ112号 
発達障害や知的障害の本当の真犯人は、
 日本語で検索しても出て来ない!?

★メルマガ111号 
膠原病とサルコイドーシスの真犯人

★メルマガ110号 
日本のある大都市に忍び寄る
大災害テロ事件の可能性をまとめました。

★メルマガ109号
【平成最大の爆破事件~名古屋】

★メルマガ108号
2019年5月 ✖ デ- ~ 〇〇県❓❓❓

★メルマガ107号 
たばこの葉の発酵プロセスに使用する
酵母が ~ ガンと掌蹠膿疱症の元凶!?



第13期メ-ルマガジン
( 去年11月から今年1月までの3ヶ月間 )

★メルマガ106号
今年1月、大手新聞各社にて一斉に出された
巨大地震を臭わす暗号記事を解読してみた!?

★メルマガ105号 
汚染地域に住み内部被ばくをすると
何故~ガン・白血病や難病になるの!?

★メルマガ104号 
慢性前立腺炎とガン 〜 そして希望 〜

★メルマガ103号 
 心と身体とガン

★メルマガ102号 
自己免疫疾患なるものの真の正体!?

★メルマガ101号 
ガン・白血病~脳梗塞や心筋梗塞の最大の真犯人

★メルマガ100号
納豆菌はガンの原因菌を食べてくれて
ビフイズス菌や乳酸菌を増やす!!!

★メルマガ99号 
白血病や悪性リンパ腫の真犯人!?

★メルマガ98号
『自己免疫疾患』と診断され苦しんでおられる皆様へ



第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ97号 
アボカドの脂質〜アボカチンB〜が、
ガンの幹細胞を殺す可能性がある!!!

★メルマガ96号 
ノーベル賞受賞・本庶氏のガン治療薬
 「オプジーボ」は恐ろしい!?

★メルマガ95号
亜麻仁は肺ガン・乳ガン・結腸ガンの予防効果
と放射能被曝から身体を防御する!

★メルマガ94号 
身体から化学物質や毒物~放射能を除去する方法

メルマガ93号
【続】北海道大地震の真実 ~ Haarp ~

メルマガ92号
北海道大地震の真実

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 
ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号
第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  
悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号
悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号
スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリーキーガット症候群!










. 11月22日は<ジョン・F・ケネディ>アメリカ大統領が暗殺された日です。

11月22日は<ジョン・F・ケネディ>
アメリカ大統領が暗殺された日です。









始めに

2011年当時から、ツイッターをブログの
情報源として活用していたのですが・・・
ここ最近、これはと思うツイートが激減しました。
もしかすると、権力にとって大変都合の悪いものは
見れないようにしているのかもしれません。

代りに、「桜を見る会」がどうだこうだ~
ホテルでの前日夕食会の支払いがどうなっている
とかの・・・どうでもいいような事ばかりで
ギャーギャー騒いでいる様を見るにつけ
この国も、とうとう末期的現象を呈してきたかと
悲しい気持ちにさせられます。

私は長年~ブログやってますが、10年間に
毎日6時間の調べものや勉強を続けてきました。
その結果、日本の真実~政治の裏側のかなりの
部分を知るに到りました。

そして、そういった闇はもうあまり
ブログでは書けなくなりました。
というよりも、書く気が失せてきたと
言ったほうが適切かもしれません。

政治家も官僚もマスコミもズブズブに腐った
リンゴの木に集まった同じ仲間です。
選挙はイカサマ選挙。
出口調査は権力がいいように取り仕切っている。
マスコミはその共犯者です。
日本の根幹をなすものが、何から何まで
腐りきっている。

書きたいことは山ほどあれど・・・
あまりにもバカバカしくて書く気にもなれない。
自民と野党も、プロレスの八百長の試合どころではない。
どうでもいい事ばかりで論戦をやっています。
もっとはるかに国民にとって重大な問題が
全く無視されたままです。

私の個人的な感想ですが・・・
政治を熱く語っている人は、多分、
真実のほとんどを知らないのではないかと
そのように・・ずっと感じて来ました。
裏側の多くを知ったら、呆然と立ちすくみ
言葉さえも出て来ないのではないかと・・・
私はそのように思ってきました。

もう、あまりにも腐り過ぎて地面に落下するだけを
待っているのが、日本国であり我々・国民ではないか
と私は確信しております。

日本には、支配者側の人間がたくさんいます。
フリーメーソンなんて呼ばれて喜んでいる人は
支配構造の真相をほとんど知りませんし、
ただの末端のタニマチの集まりに過ぎません。
本当の事を知っているフリーメーソンの幹部は
日本では、数百人程度しかいないでしょう。

いわゆる工作員と称される人も大勢いますが、
この人たちも、真相の大部分を知りません。
ただ、それで食っているだけの話です。
国と民を売るお手伝いをしている訳です。

私はこういった人々に対して
一言だけは言っておきたい。

所詮、あなた達でさえも削減対象にしか過ぎない!
いつか、それを思い知る時がきっとやって来るだろう。


腐ったリンゴが落下するのは間近です。
これはもうどうすることも出来ません。
しかし、その時でさえ・・・
如何にして生き延びるかを知識として
皆さんにお知らせするのがブロガーとしての
或いは、メルマガとしての責務であると~
偉そうな物言いで申し訳ないのですが・・・
しかし、誰かがそれをやらなければ
どうにもならないだろうと・・・
私はその様に思っています。


2020年以降は
腐ったリンゴが地面に
落下するのでご用心‼



2020年は、米国大統領選挙の年。

ウィキペディアより
2020年アメリカ合衆国大統領選挙は、
2020年11月3日に実施予定のアメリカ合衆国大統領
・副大統領を選出するための選挙である。

なお2020年は
テカムセの呪い の周期の選挙である。
テカムセの呪いとは、第9代アメリカ合衆国大統領
ウィリアム・ハリソンの肺炎による死から始まる、
西暦で20の倍数の年に選出されたアメリカ合衆国
大統領への一連の災難の原因とされる呪い。


2020年を悪魔教の数秘術を使うと
まさに・・・22 となります。
11は、イルミナティが世界的にテロ決起を
呼びかける時の数字です。
22は、その意味を更に強化した数字です。

ちなみに、ケネディ米国大統領が暗殺されたのは

ウィキペディアより
ケネディ大統領暗殺事件
1963年11月22日金曜日、現地時間12時30分に
テキサス州を遊説中の第35代アメリカ合衆国大統領
ジョン・F・ケネディがダラス市内をパレード中に
銃撃され、死亡した事件である。

======


暗殺は→11月22日 11と22
時間は→現地時間12時30分→3と3で→6

11と22と6
誰が本当の暗殺犯か一目瞭然です。

これをまだ偶然だと言っている人は
私のブログを見ないほうがいいです。

ジョン・F・ケネディは
国際金融資本~中央銀行発行のドルに対抗して、
初めて自国通貨・新ドル札を発行した
初の米国大統領である。
結果~一撃で暗殺された。
米国独自の新ドル札は、暗殺後、全て回収された。


2020年は、東京オリンピックが開催される
年でもあります。
東京オリンピックは2020年7月24日(金)から
8月9日(日)の17日間の日程で開催されます。

2020年の東京オリンピックが終わった
後半の8月から12月にかけて
何も起こらないことを祈ります。
何も起こらないのに越した事はないのです。


2019年以降 ~
大規模テロ災害に注意して下さい‼

https://ameblo.jp/64152966/entry-12432122477.html


私は実行犯ではありませんから、
あくまでも可能性としての話しか出来ません。
通報により、詳細は言えませんが
台風19号が千葉に上陸する前日、
千葉上空付近で、気象兵器→ harrp が
使われた可能性を強く疑っています。
台風を千葉~東北方面に誘導するのが
最大の目的であった可能性としてある訳ですが、
同時に、被害をより大きくする目的も
あったものと考えられます。


地震兵器~気象兵器は
多くの国が研究している事実!常識!
7.11柿沢議員の質問に






12月31日まで
メルマガのイベント中です。

https://ameblo.jp/64152966/entry-12501380974.html



【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第17期メ-ルマガジン
( 今年11月から来年1月までの3ヶ月間 )

★メルマガ135号 
肺ガンや肺腺ガンの本質と治療法とは!?

★メルマガ134号 
ヨーネ菌やクローン病の恐怖も
恐ろしい大腸ガンも全て人間が創り出している!!!


現在進行中 ↑ 今月11月から始まりました。
----------------------------------------------------




第16期メ-ルマガジン
( 今年8月から今年10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ133号 
腎臓ガンのお父さんを助けて!!!

★メルマガ132号
アボカドの成分が白血病の原因である
「がん幹細胞」だけを攻撃することが判明!

★メルマガ131号 
喘息の原因と正しい治療法について

★メルマガ130号 
白血球もミトコンドリアも
活性酸素でガン細胞をやっつける!!!

★メルマガ129号
~ 膵臓ガンからの生還 ~

★メルマガ128号 
乳ガンにおける日本最高の医学論文!!!

★メルマガ127号 
人類滅亡レベル「人類最大の脅威」~
史上最強の耐性真菌カンジダ・アウリス

★メルマガ126号 
C型肝炎ウィルスの進化を止めれば
肝硬変や肝臓ガンにはならない!

★メルマガ125号
世界で始めてC型肝炎ウィルスの
起源を解明したかもしれない。




第15期メ-ルマガジン
( 今年5月から今年7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ124号
神様は何故26年と3ヶ月の命しか
彼女に与えなかったのだろうか・・・

★メルマガ123号 
預金封鎖に対抗し、円に代えて
最も信用出来る海外の通貨とは!?

★メルマガ122号 
エイズの本当の真犯人?

★メルマガ121号 
6京円デリバティブ破綻で始まる世界恐慌は
リーマンショックの10倍の危機‼

★メルマガ120号
ワクチンもブドウ糖点滴もガン3大療法も
人口削減計画の一環であると
公文書に明記されている!

★メルマガ119号 
〜 ある一人の女性の死を見つめて 〜

★メルマガ118号 
糖尿病への本当の答え!!!

★メルマガ117号
「春ウコン」があらゆるガンや
難病に効果があるという話は本当か!?

★メルマガ116号 
政府が「南海トラフ」地震に関して
大手企業に極秘文書! ~ by. CIA

【 臨時版 】
日本人の土地財産を組織的に奪い取る闇の巨大組織



第14期メ-ルマガジン
( 今年2月から今年4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ115号 
5.11 〜 危機と株価の動向!?

★メルマガ114号 
堀ちえみさんの舌癌と咽頭口頭ガン

★メルマガ113号 
原因不明の「痛み」の正体!?

★メルマガ112号 
発達障害や知的障害の本当の真犯人は、
 日本語で検索しても出て来ない!?

★メルマガ111号 
膠原病とサルコイドーシスの真犯人

★メルマガ110号 
日本のある大都市に忍び寄る
大災害テロ事件の可能性をまとめました。

★メルマガ109号
【平成最大の爆破事件~名古屋】

★メルマガ108号
2019年5月 ✖ デ- ~ 〇〇県❓❓❓

★メルマガ107号 
たばこの葉の発酵プロセスに使用する
酵母が ~ ガンと掌蹠膿疱症の元凶!?



第13期メ-ルマガジン
( 去年11月から今年1月までの3ヶ月間 )

★メルマガ106号
今年1月、大手新聞各社にて一斉に出された
巨大地震を臭わす暗号記事を解読してみた!?

★メルマガ105号 
汚染地域に住み内部被ばくをすると
何故~ガン・白血病や難病になるの!?

★メルマガ104号 
慢性前立腺炎とガン 〜 そして希望 〜

★メルマガ103号 
 心と身体とガン

★メルマガ102号 
自己免疫疾患なるものの真の正体!?

★メルマガ101号 
ガン・白血病~脳梗塞や心筋梗塞の最大の真犯人

★メルマガ100号
納豆菌はガンの原因菌を食べてくれて
ビフイズス菌や乳酸菌を増やす!!!

★メルマガ99号 
白血病や悪性リンパ腫の真犯人!?

★メルマガ98号
『自己免疫疾患』と診断され苦しんでおられる皆様へ



第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ97号 
アボカドの脂質〜アボカチンB〜が、
ガンの幹細胞を殺す可能性がある!!!

★メルマガ96号 
ノーベル賞受賞・本庶氏のガン治療薬
 「オプジーボ」は恐ろしい!?

★メルマガ95号
亜麻仁は肺ガン・乳ガン・結腸ガンの予防効果
と放射能被曝から身体を防御する!

★メルマガ94号 
身体から化学物質や毒物~放射能を除去する方法

メルマガ93号
【続】北海道大地震の真実 ~ Haarp ~

メルマガ92号
北海道大地震の真実

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 
ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号
第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  
悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号
悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号
スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリーキーガット症候群!




      





. 肺ガンや肺腺ガンの本質と治療法とは!?

肺ガンや肺腺ガンの本質と治療法とは!?







お知らせ

11月20日、19時20分~
最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ135号 
肺ガンや肺腺ガンの本質と治療法とは!?

届いていない読者の方は私まで
直ぐにご連絡下さい。


管理人

あくまでもメルマガの概要部分しか
ここでは掲載出来ません。
まして、肺にまで直接届く治療法などは
決して書けませんので悪しからず。

★メルマガ135号

<一部のみご紹介>

プロローグ

癌は真菌の増殖が原因だ
という仮説はほんとうか調べた

http://tacchan.hatenablog.com/entry/2015/01/20/231913

<一部引用>

決定的なのは大日本住友製薬のこのビデオ。

腫瘍病原真菌の姿-アスペルギルス

深在性真菌症の原因として、
アスペルギルスを筆頭に、カンジダ、
クリプトコッカス、ムーコルなどの接合菌が
4大原因真菌といわれています。
監修が帝京大学名誉教授だの、学術指導と協力が
帝京大学だの日本赤十字だ。

ビデオの中で肺がん患者の肺の癌に、
アスペルギルスの菌糸が蔓延してるようすが
映っています。
アスペルギルスは免疫が低下した患者に
日和見感染するのですとか言ってます。


今こそ多くの人に
知って欲しい 【ガンの秘密】

https://ameblo.jp/64152966/entry-12270889591.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




中村獅童が経験した肺腺がんの
原因や肺がんとの違いを専門医に聞く

https://news.mynavi.jp/article/20170801-cancer/

――肺腺がんの原因について詳しく教えてください。

まず、肺がんの原因として
最も影響が大きいものは喫煙です。
喫煙が発生原因と考えられる肺がんは、
女性では20%程度ですが、男性では70%近い
と考えられています。
自分ではタバコを吸わない受動喫煙でも、
肺がんの危険が高くなることがわかっています。
喫煙と特に関係がある扁平上皮がんでは、
喫煙により発生頻度が10倍以上になる
と言われています。

一方で肺腺がんの場合、喫煙との関連性は小さく、
喫煙による危険度は1.5~2.5倍程度と考えられています。
まったくタバコを吸ったことがない人にも発生し、
喫煙している人の場合でも、喫煙量はあまり多くない
ことがほとんどです。






肺がんの種類と分類|4つのタイプとその特徴
https://oncolo.jp/cancer/lung-type

肺腺がん

肺腺がんは、日本人に最も多い種類の肺がんとなり、
男性の約40%、女性の約70%を占めます。
また、非喫煙者や女性の肺がんの多くは
腺がんとなります。
肺の末梢に発生し、進行は中程度といわれています。

肺腺がんのもう一つの特徴が、EGFR遺伝子や
ALK遺伝子といったドライバー遺伝子の変異
(ドライバーミューテーション)が
陽性であることです。

---------------------------------------------


ドライバー遺伝子

がん遺伝子・がん抑制遺伝子といった、
がんの発生・進展において直接的に重要な役割を
果たす遺伝子をドライバー遺伝子と呼ぶ。
がんの発生過程においては、ゲノム変異が起こり
やすい状態(いわゆるゲノム不安定性)となるため、
がんの発生には無関係な遺伝子にもランダムに
変異が起こることが知られている。

============


ステージ4の転移癌を全て消滅させた
「春ウコン」とカンジダの深い因果関係!?

https://ameblo.jp/64152966/entry-12345397132.html

<一部引用>

● 発がん性のある副産物の生産
 

まず、カンジダ・アルビカンスは
ニトロソアミンを生産します。
ニトロソアミンは、特定のプロトオンコジーン
(ガン原遺伝子)を活発化させる発がん物質で、
そのプロトオンコジーンがガン化の引き金になります。

次に、カンジダ・アルビカンスは
アセトアルデヒドを生産します。
アセトアルデヒドは、エタノール
(イースト菌発酵の際の副産物)の最初の代謝物
として生まれ、さまざまなガンを促進する特性を持つ、
DNA損傷性(突然変異原性)・発がん性のある
化学物質です。
(お酒にも含まれるアレです)


● 炎症を誘発する 

● Th17反応の誘導 

カンジダ・アルビカンスに反応して優勢になる
CD4 T細胞の組み合わせ、すなわちTh17細胞は、
血管新生と腫瘍発生・成長を促進する因子も分泌します。

<引用終わり>
============


管理人

肺ガンの専門医は、肺腺がんの原因として
確実なものはわかっていません。
・・・と語っています。

私の記事を見たほうが、はるかによく
理解出来るのではないでしょうか?

それにしても・・・

肺腺がんは、日本人に最も多い種類の肺がんとなり、
男性の約40%、女性の約70%を占めます。
また、非喫煙者や女性の肺がんの多くは
腺がんとなります。


ここでも、何故、肺腺がんが男性よりも
女性のほうが圧倒的に多いのかといった
肝心な部分の解説が全くされていません。
要は、何も分かっていないといったところ
でしょうか。

いつも思うことですが、多くの医師が
何故、疑問に感じ大きな議論に
ならないのでしょうか?
おかしいと疑問を感じ、そして、考え・・・
そして、議論するという重要なプロセスが
全くどこにも見当りません。

何故なのか・・・
是非、皆さんで考えてみて下さい。

お医者さんや医療関係者の皆さんは
木曜ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』
を見て楽しんでいる場合ではないですよ!!!


~ 中略 ~


いつもの事ながら、どの記事を見ても
肺ガンとカビ菌の関係は全く切り離されています。

以下の記事をご覧下さい。
肺ガンはカンジダだけではありません。
アスペルギルスやム-コルも関係してくる
可能性があります。


---------------------------------------------

肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!
~真菌培養でアスペルギルスが
検出されないのは何故か!?

https://ameblo.jp/64152966/entry-12312372825.html

アスペルギルスのカビ毒の一つである
アフラトキシンB1
自然界でもっとも強力な
発ガン物質として知られています。


---------------------------------------------


アスペルギルスなんて生活環境の中で
普通にどこにでもいます。
そして、空気中から吸っている可能性は
いつでもあるのです。

しかも、自然界でもっとも強力な発ガン物質
のカビ毒を出す訳です。
いつもはそんなには悪さをしませんが、
免疫力が落ちたり、肺に炎症が起こったりすると
増殖して大変ヤバイことになる可能性があります。

このアスペルギルスを肺ガンと全く切り離して
いるのが現代医学です。
皆さん・・・信じられますか?


肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!
~真菌培養でアスペルギルスが
検出されないのは何故か!?

https://ameblo.jp/64152966/entry-12312372825.html


尤も、私たち日本国民の肺は日常的に
毒性ガスや農薬によって叩かれています。

ガン死亡数トップ ~ 肺ガン
の本当の原因を知りたいですか!?

https://ameblo.jp/64152966/entry-12347043422.html


管理人としては、肺炎や肺ガンが怖い方は、
日頃より、花粉症用のマスクをすることを
お勧めします。
無論、今現在~肺ガンを患っている人も
マスクをしたほうがいいです。
マスクをした分、温かい空気が肺に流れます
ので、免疫の面でも助けになるはずです。
今後、一層寒くなるので尚更です。


タバコも無論、肺ガンに関係します。
しかし、世間で言われている原因~因子とは
少々、異なります。


たばこの葉の発酵プロセスに使用する
酵母が~ガンと掌蹠膿疱症の元凶!?

https://ameblo.jp/64152966/entry-12439778156.html



★メルマガ第82号
白血病の子供を世話していた
看護士が白血病になった真相!

~より、一部引用します。

たばこの中でがんを引き起こす原因は、
たばこの葉の発酵プロセスを加速するために
使用する酵母と砂糖です。


( 中略 )

感情~ストレスは酸を生成する発酵されるホルモンの
放出を通じて酸性を作り出します。

生物学的環境が過度に酸性化されると、
原始段階は中間段階に進化し、これは細菌である。
これは、 酵母、菌類およびカビを含む最終段階に至る。

これらの形態は、酸性化した血液および組織のような
妥協した生物学的環境において増殖し、進化する。

======


管理人

たばこの葉の発酵プロセスを加速するために
使用する酵母って・・・
一体何を使っているのでしょうね???
カビ菌をどんどん吸っているような事と
同じではないかと思ってしまいます。
しかし、私も吸っているので
あまり偉そうな事は言えませんが ~ 泣。







肺ガンの基礎知識として

気管支鏡検査の時の写真で見ることの出来る
肺ガンのガン細胞の色は大変重要です。

肺ガンに関与する原因真菌として考えられるのは
主として、カンジダとアスペルギルスの2大真菌です。
稀に、ム-コルがあります。
無論、他にもあってこれが全てという訳ではありません。

カンジダは → 白 です。
アスペルギルスは → 緑灰色や黄色 が多い。
ム-コルは → 少し黒っぽい赤、或いは、黒い。

~ 中略 ~

先ほど掲載したカビ菌の色ですが
覚えておいて、決して損にはなりません。
こいつが主犯なのかとシンプルに
分かりますから。
なにしろ、肺ガンとカビ菌を結びつけて
考えるなんて、病院やお医者さんは
先ず絶対にしませんから。

あなたが知っておくことが後々・・・
大変大きな役割を果たすことになる
可能性が大です。


肺ガンとカビ菌の関係

海外~医学文献より

さまざまな真菌性肺感染症は、肺がんを模倣した
放射線学的所見を生み出す可能性があります。
これらの感染性病変を肺がんと区別することは、
放射線科医と臨床医にとって依然として困難です。

このような場合、レントゲン写真の所見と臨床症状は
肺癌を強く示唆し、誤診は適切な治療の開始を
大幅に遅らせる可能性があります。
同様に、イメージング研究の発見は、病原体として
の種の検出に取って代わることはできません。
通常、病変の感染性を診断するには生検が必要です。



肺がんの真菌感染
https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=https://www.aspergillus.org.uk/content/fungal-infections-lung-cancer&prev=search

INCDMI Cantacuzino、
真菌学研究所、ブカレスト、ルーマニア

要約:がんの感染は罹患率と死亡率の原因です。
真菌症は、免疫不全患者における頻繁な
日和見感染症です。
細胞性免疫が特定の真菌感染症の発症の
素因である場合の変化。
目的:この研究の目的は、肺癌患者48人の血液培養、
気管支肺胞洗浄液および胸膜液の真菌感染症を
判定することでした。
この研究は、真菌感染症(特に日和見感染症)の
増加する発生率に対する放射線療法の影響を
評価するために設計されました。

結果:分離株の総数は639で、
次のように分布していました。

カンジダアルビカンスおよび非アルビカンス334、
接合菌115、アスペルギルス属 141
およびその他の真菌49.
カンジダ種およびその他の酵母は
全体の52.26%を占めました。

カンジダ・アルビカンスが最も頻繁に
見られる種であり、15.8%でしたが、
次にGeotrichum capitatum 8.92%、G。
candidum 7.19%、
およびCandida tropicalis 17.19%でした。
糸状菌は、Aspergillus fumigatus 7.66%、A。
flavus 4.69%、A。niger 3.59%でした。
A.ニデュランス2.34%。
接合菌は、
単離されたすべての株の17.99%を占めました
(Absidia corynbifera 5.94%、Mucor hiemalis 4.38%)。
真菌の存在と頻度は、
がんの種類に関連して説明されています。

結論:放射線療法後、
真菌感染症(55.79%)が増加しました
(酵母および糸状菌)。
微小細胞癌の患者は多形性で豊富な菌叢を持っています。

<引用終わり>
---------------------------------------------


管理人

肺ガンの大部分を占める肺腺ガンについて
その原因は分からないと専門医は
はっきりと言っています。

原因が分からないと治せないだろうなと
普通の人は思うはずです。
だから、グラフにある通り・・・
ガンにおける死亡率が断トツで一番高いのでしょう。

当メルマガサイトは、原因について
細かく究明しました。
また、治療法についても
今考えられる最善のものをヒントとして
皆さんに提示させてもらいました。

医療サイドが原因が分からないと
明言しているのですから・・・
我々が何とかする以外には無いでしょう。

こういった作業をする人が、
今の日本には誰もいないのですよ。
だから、私が取り組まざるを得ないのが
実情なんです。

尚、私は医師法や薬事法に抵触するような
事は、ブログ等において一切書けませんので
皆さんには、ご理解いただき
ご容赦いただきますように
切にお願い申し上げます。







12月31日まで
メルマガのイベント中です。

https://ameblo.jp/64152966/entry-12501380974.html



【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第17期メ-ルマガジン
( 今年11月から来年1月までの3ヶ月間 )

★メルマガ135号 
肺ガンや肺腺ガンの本質と治療法とは!?

★メルマガ134号 
ヨーネ菌やクローン病の恐怖も
恐ろしい大腸ガンも全て人間が創り出している!!!


現在進行中 ↑ 今月11月から始まりました。
----------------------------------------------------




第16期メ-ルマガジン
( 今年8月から今年10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ133号 
腎臓ガンのお父さんを助けて!!!

★メルマガ132号
アボカドの成分が白血病の原因である
「がん幹細胞」だけを攻撃することが判明!

★メルマガ131号 
喘息の原因と正しい治療法について

★メルマガ130号 
白血球もミトコンドリアも
活性酸素でガン細胞をやっつける!!!

★メルマガ129号
~ 膵臓ガンからの生還 ~

★メルマガ128号 
乳ガンにおける日本最高の医学論文!!!

★メルマガ127号 
人類滅亡レベル「人類最大の脅威」~
史上最強の耐性真菌カンジダ・アウリス

★メルマガ126号 
C型肝炎ウィルスの進化を止めれば
肝硬変や肝臓ガンにはならない!

★メルマガ125号
世界で始めてC型肝炎ウィルスの
起源を解明したかもしれない。




第15期メ-ルマガジン
( 今年5月から今年7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ124号
神様は何故26年と3ヶ月の命しか
彼女に与えなかったのだろうか・・・

★メルマガ123号 
預金封鎖に対抗し、円に代えて
最も信用出来る海外の通貨とは!?

★メルマガ122号 
エイズの本当の真犯人?

★メルマガ121号 
6京円デリバティブ破綻で始まる世界恐慌は
リーマンショックの10倍の危機‼

★メルマガ120号
ワクチンもブドウ糖点滴もガン3大療法も
人口削減計画の一環であると
公文書に明記されている!

★メルマガ119号 
〜 ある一人の女性の死を見つめて 〜

★メルマガ118号 
糖尿病への本当の答え!!!

★メルマガ117号
「春ウコン」があらゆるガンや
難病に効果があるという話は本当か!?

★メルマガ116号 
政府が「南海トラフ」地震に関して
大手企業に極秘文書! ~ by. CIA

【 臨時版 】
日本人の土地財産を組織的に奪い取る闇の巨大組織



第14期メ-ルマガジン
( 今年2月から今年4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ115号 
5.11 〜 危機と株価の動向!?

★メルマガ114号 
堀ちえみさんの舌癌と咽頭口頭ガン

★メルマガ113号 
原因不明の「痛み」の正体!?

★メルマガ112号 
発達障害や知的障害の本当の真犯人は、
 日本語で検索しても出て来ない!?

★メルマガ111号 
膠原病とサルコイドーシスの真犯人

★メルマガ110号 
日本のある大都市に忍び寄る
大災害テロ事件の可能性をまとめました。

★メルマガ109号
【平成最大の爆破事件~名古屋】

★メルマガ108号
2019年5月 ✖ デ- ~ 〇〇県❓❓❓

★メルマガ107号 
たばこの葉の発酵プロセスに使用する
酵母が ~ ガンと掌蹠膿疱症の元凶!?



第13期メ-ルマガジン
( 去年11月から今年1月までの3ヶ月間 )

★メルマガ106号
今年1月、大手新聞各社にて一斉に出された
巨大地震を臭わす暗号記事を解読してみた!?

★メルマガ105号 
汚染地域に住み内部被ばくをすると
何故~ガン・白血病や難病になるの!?

★メルマガ104号 
慢性前立腺炎とガン 〜 そして希望 〜

★メルマガ103号 
 心と身体とガン

★メルマガ102号 
自己免疫疾患なるものの真の正体!?

★メルマガ101号 
ガン・白血病~脳梗塞や心筋梗塞の最大の真犯人

★メルマガ100号
納豆菌はガンの原因菌を食べてくれて
ビフイズス菌や乳酸菌を増やす!!!

★メルマガ99号 
白血病や悪性リンパ腫の真犯人!?

★メルマガ98号
『自己免疫疾患』と診断され苦しんでおられる皆様へ



第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ97号 
アボカドの脂質〜アボカチンB〜が、
ガンの幹細胞を殺す可能性がある!!!

★メルマガ96号 
ノーベル賞受賞・本庶氏のガン治療薬
 「オプジーボ」は恐ろしい!?

★メルマガ95号
亜麻仁は肺ガン・乳ガン・結腸ガンの予防効果
と放射能被曝から身体を防御する!

★メルマガ94号 
身体から化学物質や毒物~放射能を除去する方法

メルマガ93号
【続】北海道大地震の真実 ~ Haarp ~

メルマガ92号
北海道大地震の真実

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 
ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号
第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  
悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号
悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号
スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリーキーガット症候群!










. メルマガの審査には通らないだろうと言われて・・・

メルマガの審査には
通らないだろうと言われて・・・









管理人

私がメルマガを始めたのが
2015年の11月でした。
当初、どうしていいのか分からず
カレイドスコープさんにメールで
相談したことがあります。

カレイドスコープさんは誇らしげに
以下のように私に言いました。

「 先ず、審査には通らないだろうな! 」

審査というのは、大手マグマグの
メルマガを運営している管理部の
審査という風に理解しています。

多くの人が申請しても、その審査に通るのは
わずかな極々~ほんの一部の特別??な人だけです。
実際、東海アマさんがマグマグに申請しても
何の反応も無かったそうです。

私は、申請しませんでした。
大手マグマグっていうのも所詮は権力者の
ヒモ付きでしょう。
権力からバリバリに弾圧されている私なんぞが
審査に通る訳がない。

そもそも、ブロガーとしてマグマグの審査に
通ることがそんなに自慢できる事なのかと
私は思いますね。
権力と何らかのつながりがなければ
審査には決して通らないでしょう。

ブロガーの人で、メルマガを始めたい人は
私に相談したほうが早いです ~ 笑 。
枠組みを作ってくれる業者さんを
ご紹介します。
10万円くらいでやってくれるはずです。

ブロガーの人で自分の本当のパフォーマンスを
知りたい人は、メルマガを始めれば一発で
それを知ることが出来ます。
人気ランキングなんぞ当てにはならないです。


メルマガを始めて、この11月でちょうど
4年が経ちました。
本当に有難いことです。
しかも、読者の方は日本だけではなく
世界中におられます。

ヨーロッパ各地、アメリカ、ハワイ、
オーストラリア、マレーシア、
シンガポール、香港・・・

今や、まさにインターネットの世界です。
公開ブログには世界中からアクセス出来る
訳ですから。

この4年間ですが・・・
メルマガは日々~進化しているように思います。
当初は、基礎的な情報が主でしたが、
ここ最近では、かなり核心に迫る秘密のゾーン
の領域に踏み込んでいるような状況に大きく
変わってきているのではないかと思います。

誰も知らない。
決して誰も触れない。
閉ざされた闇の秘密のゾーン。

この秘密の扉を開けようとする者には
死の洗礼が待ちうける。

だけど、誰かがやらなければならないのです。
でなければ、多くの人が苦しみ倒れて行くことが
延々と続くになります。

私は人の笑った顔が好きです。
喜ぶ顔が好きです。
人が幸せになることが好きなんです。
逆に、苦しみ死んでいくのが許せないのです。

私のブログとメルマガは、そういった気持ちが
全ての土台といいますか基本になっている
ような気がします。
それ無くしては、決して続けられるものではありません。
だから、今も続けていられるのではないかと思っています。

皆さん、ご自分を護って下さい。
あなたのご家族を護って下さい。
それが出来るのは あなた しかいないのです。


10年後の・・・
あなたの笑顔を私は見たいです。







12月31日まで
メルマガのイベント中です。

https://ameblo.jp/64152966/entry-12501380974.html



【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第17期メ-ルマガジン
( 今年11月から来年1月までの3ヶ月間 )

★メルマガ134号 
ヨーネ菌やクローン病の恐怖も
恐ろしい大腸ガンも全て人間が創り出している!!!


現在進行中 ↑ 今月11月から始まりました。
----------------------------------------------------




第16期メ-ルマガジン
( 今年8月から今年10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ133号 
腎臓ガンのお父さんを助けて!!!

★メルマガ132号
アボカドの成分が白血病の原因である
「がん幹細胞」だけを攻撃することが判明!

★メルマガ131号 
喘息の原因と正しい治療法について

★メルマガ130号 
白血球もミトコンドリアも
活性酸素でガン細胞をやっつける!!!

★メルマガ129号
~ 膵臓ガンからの生還 ~

★メルマガ128号 
乳ガンにおける日本最高の医学論文!!!

★メルマガ127号 
人類滅亡レベル「人類最大の脅威」~
史上最強の耐性真菌カンジダ・アウリス

★メルマガ126号 
C型肝炎ウィルスの進化を止めれば
肝硬変や肝臓ガンにはならない!

★メルマガ125号
世界で始めてC型肝炎ウィルスの
起源を解明したかもしれない。




第15期メ-ルマガジン
( 今年5月から今年7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ124号
神様は何故26年と3ヶ月の命しか
彼女に与えなかったのだろうか・・・

★メルマガ123号 
預金封鎖に対抗し、円に代えて
最も信用出来る海外の通貨とは!?

★メルマガ122号 
エイズの本当の真犯人?

★メルマガ121号 
6京円デリバティブ破綻で始まる世界恐慌は
リーマンショックの10倍の危機‼

★メルマガ120号
ワクチンもブドウ糖点滴もガン3大療法も
人口削減計画の一環であると
公文書に明記されている!

★メルマガ119号 
〜 ある一人の女性の死を見つめて 〜

★メルマガ118号 
糖尿病への本当の答え!!!

★メルマガ117号
「春ウコン」があらゆるガンや
難病に効果があるという話は本当か!?

★メルマガ116号 
政府が「南海トラフ」地震に関して
大手企業に極秘文書! ~ by. CIA

【 臨時版 】
日本人の土地財産を組織的に奪い取る闇の巨大組織



第14期メ-ルマガジン
( 今年2月から今年4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ115号 
5.11 〜 危機と株価の動向!?

★メルマガ114号 
堀ちえみさんの舌癌と咽頭口頭ガン

★メルマガ113号 
原因不明の「痛み」の正体!?

★メルマガ112号 
発達障害や知的障害の本当の真犯人は、
 日本語で検索しても出て来ない!?

★メルマガ111号 
膠原病とサルコイドーシスの真犯人

★メルマガ110号 
日本のある大都市に忍び寄る
大災害テロ事件の可能性をまとめました。

★メルマガ109号
【平成最大の爆破事件~名古屋】

★メルマガ108号
2019年5月 ✖ デ- ~ 〇〇県❓❓❓

★メルマガ107号 
たばこの葉の発酵プロセスに使用する
酵母が ~ ガンと掌蹠膿疱症の元凶!?



第13期メ-ルマガジン
( 去年11月から今年1月までの3ヶ月間 )

★メルマガ106号
今年1月、大手新聞各社にて一斉に出された
巨大地震を臭わす暗号記事を解読してみた!?

★メルマガ105号 
汚染地域に住み内部被ばくをすると
何故~ガン・白血病や難病になるの!?

★メルマガ104号 
慢性前立腺炎とガン 〜 そして希望 〜

★メルマガ103号 
 心と身体とガン

★メルマガ102号 
自己免疫疾患なるものの真の正体!?

★メルマガ101号 
ガン・白血病~脳梗塞や心筋梗塞の最大の真犯人

★メルマガ100号
納豆菌はガンの原因菌を食べてくれて
ビフイズス菌や乳酸菌を増やす!!!

★メルマガ99号 
白血病や悪性リンパ腫の真犯人!?

★メルマガ98号
『自己免疫疾患』と診断され苦しんでおられる皆様へ



第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ97号 
アボカドの脂質〜アボカチンB〜が、
ガンの幹細胞を殺す可能性がある!!!

★メルマガ96号 
ノーベル賞受賞・本庶氏のガン治療薬
 「オプジーボ」は恐ろしい!?

★メルマガ95号
亜麻仁は肺ガン・乳ガン・結腸ガンの予防効果
と放射能被曝から身体を防御する!

★メルマガ94号 
身体から化学物質や毒物~放射能を除去する方法

メルマガ93号
【続】北海道大地震の真実 ~ Haarp ~

メルマガ92号
北海道大地震の真実

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 
ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号
第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  
悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号
悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号
スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリーキーガット症候群!




Once Upon A Time In The West







. ウコンとビタミンCを同時に飲むとカンジダに対して5〜10倍強力になる!

ウコンとビタミンCを同時に飲むと
カンジダに対して5〜10倍強力になる!








ステージ4の転移癌を全て消滅させた
「春ウコン」とカンジダの深い因果関係!?

https://ameblo.jp/64152966/entry-12345397132.html


「春ウコン」があらゆるガンや
難病に効果があるという話は本当か!?

https://ameblo.jp/64152966/entry-12462933260.html


管理人

以上の記事は、今年1年間に出て来た
あらゆる様々な健康~医学情報よりも
はるかに重要であると私は確信しています。

去年の1月と今年5月の記事ですが、
是非~もう一度、
皆さんに読むことをお勧めします。

私も毎日、ウコンとビタミンCを飲んでいます。
合わせて4千円とちょっとです。
手軽な薬局で錠剤を買っています。


今回は、その補足です。

ウコンは多くの菌株の増殖を完全に抑制する
https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=https://www.thecandidadiet.com/turmeric-natural-antifungal/&prev=search

クルクミンは、クローン病、潰瘍性大腸炎、
さらには関節炎などの慢性炎症状態の
治療にも有効である可能性があることも
示唆されています。



抗真菌

23の菌株に対するクルクミンの有効性を
調査しているブラジルの研究チームは、
クルクミンがカンジダアルビカンスおよび
他の多くの菌株の増殖を完全に抑制することが
できることを発見しました。


研究者らはまた、ヒト細胞を使ってクルクミンを
テストしたところ、クルクミンはカンジダが
ヒト細胞に付着するのを防ぐことができることがわかった。
実際、彼らはクルクミンが市販の抗真菌薬フルコナゾール
よりもさらに強力であることを発見しました。

別の研究は、クルクミンの抗真菌性に対する
アスコルビン酸の効果を調べました。
アスコルビン酸にはそれ自体の重要な抗真菌性は
ありませんが、研究者らはクルクミンと一緒に
それを使用すると実際にクルクミンがより効果的に
なることを発見しました。

さらにもっと注目すべきことは、

クルクミンは、
それがアスコルビン酸の存在下で使用された場合、
カンジダアルビカンスに対して5~10倍有効で
あったことである。


これは、特定のビタミンCサプリメントが
クルクミンをカンジダに対してさらに効果的にするのを
助けるかもしれないことを示唆します。


ビタミンC
アスコルビン酸は、栄養素ビタミンC としてはたらく、
ラクトン構造を持つ有機化合物の1種である。

============


以下の栽培所は信用出来ると思います。

ウコンは、沖縄随一の広さを誇る和漢草園で、
落ち葉や枯葉などを発酵させた、こだわりの土壌で
無農薬・有機栽培されたウコンのみを使用しています。
https://okinawa-itadakimasu.com/%E6%98%A5%E3%82%A6%E3%82%B3%E3%83%B3/




日本薬局方 アスコルビン酸原末 ビタミンC 500g(大) (岩城製薬) ¥6,458
https://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%96%AC%E5%B1%80%E6%96%B9-%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%AB%E3%83%93%E3%83%B3%E9%85%B8%E5%8E%9F%E6%9C%AB-%E3%83%93%E3%82%BF%E3%83%9F%E3%83%B3C-500g%EF%BC%88%E5%A4%A7%EF%BC%89-%EF%BC%88%E5%B2%A9%E5%9F%8E%E8%A3%BD%E8%96%AC%EF%BC%89/dp/B001MQBTWY


管理人

ウコンに含まれるクルクミンは、
春ウコンよりも秋ウコンのほうが
多いとされていますが、春ウコンが何故、
秋ウコンよりもガンに効くのかは、
素朴な疑問として残ります。
可能性としては、クルクミン以外の成分に
秘密がありそうです。
その謎の解明は、今後の課題とします。


春ウコン + ビタミンC + 島根のえごまオイル
そして
重曹カプセル

こ4点が最重要アイテムです。

次に、納豆と本味噌とアボガド

プロバイオティクスサプリメント
ココナッツオイル、シナモンオイル、
オリーブオイル、ニンニク


ポー・ダルコ
ポーダルコは
カンジダの細胞膜を破壊することができます。



こういったものを定期的に摂取していれば
あなたのご家族は健康で安泰に暮らせると
私は確信しています。








【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第17期メ-ルマガジン
( 今年11月から来年1月までの3ヶ月間 )

★メルマガ134号 
ヨーネ菌やクローン病の恐怖も
恐ろしい大腸ガンも全て人間が創り出している!!!


現在進行中 ↑ 今月11月から始まりました。
----------------------------------------------------




第16期メ-ルマガジン
( 今年8月から今年10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ133号 
腎臓ガンのお父さんを助けて!!!

★メルマガ132号
アボカドの成分が白血病の原因である
「がん幹細胞」だけを攻撃することが判明!

★メルマガ131号 
喘息の原因と正しい治療法について

★メルマガ130号 
白血球もミトコンドリアも
活性酸素でガン細胞をやっつける!!!

★メルマガ129号
~ 膵臓ガンからの生還 ~

★メルマガ128号 
乳ガンにおける日本最高の医学論文!!!

★メルマガ127号 
人類滅亡レベル「人類最大の脅威」~
史上最強の耐性真菌カンジダ・アウリス

★メルマガ126号 
C型肝炎ウィルスの進化を止めれば
肝硬変や肝臓ガンにはならない!

★メルマガ125号
世界で始めてC型肝炎ウィルスの
起源を解明したかもしれない。




第15期メ-ルマガジン
( 今年5月から今年7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ124号
神様は何故26年と3ヶ月の命しか
彼女に与えなかったのだろうか・・・

★メルマガ123号 
預金封鎖に対抗し、円に代えて
最も信用出来る海外の通貨とは!?

★メルマガ122号 
エイズの本当の真犯人?

★メルマガ121号 
6京円デリバティブ破綻で始まる世界恐慌は
リーマンショックの10倍の危機‼

★メルマガ120号
ワクチンもブドウ糖点滴もガン3大療法も
人口削減計画の一環であると
公文書に明記されている!

★メルマガ119号 
〜 ある一人の女性の死を見つめて 〜

★メルマガ118号 
糖尿病への本当の答え!!!

★メルマガ117号
「春ウコン」があらゆるガンや
難病に効果があるという話は本当か!?

★メルマガ116号 
政府が「南海トラフ」地震に関して
大手企業に極秘文書! ~ by. CIA

【 臨時版 】
日本人の土地財産を組織的に奪い取る闇の巨大組織



第14期メ-ルマガジン
( 今年2月から今年4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ115号 
5.11 〜 危機と株価の動向!?

★メルマガ114号 
堀ちえみさんの舌癌と咽頭口頭ガン

★メルマガ113号 
原因不明の「痛み」の正体!?

★メルマガ112号 
発達障害や知的障害の本当の真犯人は、
 日本語で検索しても出て来ない!?

★メルマガ111号 
膠原病とサルコイドーシスの真犯人

★メルマガ110号 
日本のある大都市に忍び寄る
大災害テロ事件の可能性をまとめました。

★メルマガ109号
【平成最大の爆破事件~名古屋】

★メルマガ108号
2019年5月 ✖ デ- ~ 〇〇県❓❓❓

★メルマガ107号 
たばこの葉の発酵プロセスに使用する
酵母が ~ ガンと掌蹠膿疱症の元凶!?



第13期メ-ルマガジン
( 去年11月から今年1月までの3ヶ月間 )

★メルマガ106号
今年1月、大手新聞各社にて一斉に出された
巨大地震を臭わす暗号記事を解読してみた!?

★メルマガ105号 
汚染地域に住み内部被ばくをすると
何故~ガン・白血病や難病になるの!?

★メルマガ104号 
慢性前立腺炎とガン 〜 そして希望 〜

★メルマガ103号 
 心と身体とガン

★メルマガ102号 
自己免疫疾患なるものの真の正体!?

★メルマガ101号 
ガン・白血病~脳梗塞や心筋梗塞の最大の真犯人

★メルマガ100号
納豆菌はガンの原因菌を食べてくれて
ビフイズス菌や乳酸菌を増やす!!!

★メルマガ99号 
白血病や悪性リンパ腫の真犯人!?

★メルマガ98号
『自己免疫疾患』と診断され苦しんでおられる皆様へ



第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ97号 
アボカドの脂質〜アボカチンB〜が、
ガンの幹細胞を殺す可能性がある!!!

★メルマガ96号 
ノーベル賞受賞・本庶氏のガン治療薬
 「オプジーボ」は恐ろしい!?

★メルマガ95号
亜麻仁は肺ガン・乳ガン・結腸ガンの予防効果
と放射能被曝から身体を防御する!

★メルマガ94号 
身体から化学物質や毒物~放射能を除去する方法

メルマガ93号
【続】北海道大地震の真実 ~ Haarp ~

メルマガ92号
北海道大地震の真実

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 
ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号
第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  
悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号
悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号
スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリーキーガット症候群!










. 海外の医学論文より ~ カンジダ・アルビカンス:感染の種類と自然治療

海外の医学論文より ~
カンジダ・アルビカンス
:感染の種類と自然治療








食道カンジダ症とは

医師国家試験対策wiki
https://w.atwiki.jp/kumedisiketai/pages/2217.html

63歳の女性。嚥下時の前胸部違和感を主訴に来院した。
糖尿病と悪性リンパ腫とで治療中である。
食道内視鏡写真を別に示す。
病原体として最も考えられるのはどれか。

a ヒト乳頭腫〈human papilloma〉ウイルス

b マイコプラズマ

c メチシリン耐性黄色ブドウ球菌〈MRSA〉

d 結核菌

e Candida albicans






医学論文保存目的用の記事です。

海外の医学論文より

カンジダ・アルビカンス:感染の種類と自然治療
https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=https://www.thecandidadiet.com/turmeric-natural-antifungal/&prev=search

世界人口の大多数に共通するものは何ですか?
この時点で約80億人が生きていますが、
60億人で共有できるものは何でしょうか?

答えが菌類であることがわかると驚くかもしれません!
実際、ある特定の真菌。 カンジダアルビカンス。
ほとんどの人は、細菌、酵母、菌類が生息していることに気づきません。

これらの微生物のほとんどは共生であり、私たちと調和して存在し、
有害な健康影響を引き起こさないことを意味します。
他のものは病原性であり、病気を引き起こすことを意味します。
あなたの体は絶え間ない流動状態にあります。
免疫細胞とこれらの病気の原因となる薬剤との戦いの場。


カンジダ・アルビカンスは、天然の共生真菌であり、
真菌病原体でもあります。
セルが1つだけの菌類は酵母として分類され、
カンジダはこの法案に適合します。
ただし、分岐して成長する能力があるため、
菌糸として分類することもできるため、
魅力的な真菌です。

免疫系が最適に機能していない場合に合併症が発生し、
カンジダや他の潜在的な病原微生物が通常のパラメーターを
超えて増殖する機会の窓が提示されます。
あなたの微生物叢の微妙なバランスを失い、
カンジダの過成長の兆候につながるのは、この増殖です。

おそらくツグミのことを聞いたことがあるかもしれませんし、
自分自身で不快でかゆい状態になったかもしれません。
ツグミはカンジダの異常増殖の頻繁なプレゼンテーションです。
ただし、カンジダの影響は非常に多く、さまざまです。
腸内のカンジダの異常増殖は、
体全体に広範な症状を引き起こす可能性があります。


目次

• カンジダアルビカンスとは何ですか?
• カンジダ感染症の一般的な種類
• カンジダ感染のあまり一般的ではないタイプ
• 抗真菌薬に対するカンジダ耐性
• カンジダ・アルビカンスを自然にどのように扱いますか?
• ボトムライン


カンジダアルビカンスとは何ですか?

簡単な答えは、カンジダ・アルビカンスは
消化管または体の他の場所に見られる真菌です。
ただし、この微生物だけではありません。 深く掘り下げて、
この魅力的で時には破壊的な菌についてもっと調べましょう。


真菌、酵母、または菌糸?

この用語の真菌と酵母について聞いたことが
あるかもしれませんが、菌糸はどうですか?
カンジダとの関係は?
真菌の定義は、胞子を生成する生物です。
菌類は有機物を食べ、カビ、酵母、
およびキノコが含まれます。

酵母は、単一細胞の真菌の一種であり、
1つの卵形細胞で構成されています。
新しい単細胞菌を発芽させることにより、
それ自体から繁殖します。

菌糸は、カンジダ・アルビカンスのような
真菌が成長して広がることを可能にする
長い分岐フィラメントです。
これらの菌糸は、カンジダがその酵母の形に
あるときは存在しません。

カンジダは珍しい菌です。
当初は二形性とみなされていました。
つまり、酵母または菌糸として成長する
能力があることを意味します。
ただし、現在はポリフォニックとして
ラベル付けされているため、周囲の環境の違いに
より、異なる表現型が発生する可能性があります。
これは表現型可塑性とも呼ばれます。

要するに、これは、カンジダがあらゆる環境に
適応できる、変容する真菌であることを意味します。


これは人体にとって何を意味するのでしょうか?

病原性または病気を引き起こす真菌は、
菌糸形態の成長を使用して体内の組織に侵入し、
血流に入ります。
したがって、菌糸形態の成長と発達は、
単細胞酵母の形態よりも毒性が強い。

その非病原性酵母の形態では、
カンジダは単細胞酵母として存在します。
環境の変化によって菌糸の形に変化すると、
腸や他の場所で健康上の問題を引き起こし
始める可能性があります。


共生生物

カンジダは片利共生菌です。
つまり、通常、組織内および組織内、唾液、血液、
尿などの体液の両方に存在します。

通常の状況下では、カンジダはあなたの健康に
損害や損害を与えません。
あなたの肌、生殖器、粘膜、腸はすべて、
重大な健康上の問題を引き起こすことなく
カンジダを持っています。

カンジダは、砂糖やその他の栄養素の分解された
成分を利用して、再生するエネルギーを与える
ことで静かに生き残りますが、あなたの体と
調和しバランスを取りながら生きます。
ほとんどの場合、
それは正常で健康な微生物叢の一部を形成します。


カンジダアルビカンスをどのように取得しますか?

カンジダがあなたの微生物叢を埋める
ことができる多くの方法があります。
現在、私たちの大半は、
母親からの出産プロセス中にこの菌が定着した
と考えられており、それは私たちの生涯を通じて
私たちに残っています。

あなたが少数派であり、生まれてからカンジダが
定着しない場合、あなたは微生物叢の一部として
カンジダを持っている別の人間との接触を通して
人生でそうなる可能性が高いでしょう。

病院は、カンジダを通過する際に非常に効率的な場所です。
あなたが病院に入院し、カンジダに陰性であった場合、
あなたはカンジダで病院を去るかなりの40%のチャンスがあります。
原則として、病院の従業員から患者に移されます。


カンジダアルビカンスの治療が難しいのはなぜですか?

カンジダはやや扱いにくい顧客である可能性があります。
はい、それはあなたの微生物叢の一部を形成し、
何十年もあなたと平和に暮らすことができます。
ただし、カンジダの異常増殖が発生した場合、
克服するのは難しい場合があります。

カンジダが扱いにくいのにはいくつかの理由があります。
以下は、カンジダが免疫システムから身を守るために
採用している4つの戦略です。

バイオフィルム

ご存じのように、カンジダは、微生物叢の
「友好的な」メンバーとして存在することも、
病原菌の侵入者として行動することもできます。
カンジダは、抗真菌薬などの免疫系や薬物から
シールドするように作用するバイオフィルムを
作成することにより、病原性を高めます。

自然はさまざまなバイオフィルムを生み出します。
池や小川の岩の上にあるスライム、あるいは朝に歯の上で見る
不快な映画にさえ、おそらく慣れているでしょう。

これらはバイオフィルムです。
表面に付着する微生物のコミュニティ。
細菌または菌類は、それらを覆う粘着性のある
糖分の多い物質を排出し、バイオフィルムと
呼ばれるマトリックスを作成します。

バイオフィルムは、実際には、
それが覆う微生物を保護する追加の層です。
バイオフィルムは、微生物によって生成される
細胞外高分子物質(EPS)でできています。
EPSは、バイオフィルムのコアにあるメッシュを
形成する粘着性のあるストランドを形成し、
外部表面とフィルム内の微生物の両方に付着します。


バイオフィルムの効果は、細菌または真菌が
このEPSを生産する能力に依存します。
カンジダ種の中で、EPS生産には
非常に複雑で多様性があります。

カンジダアルビカンスが高レベルの抗真菌薬耐性を持ち、
薬物拡散に対する回復力のある障壁として機能する
頑固なコロニーを形成できるようにするのは、
EPSのこれらの違いです。
これらの要因の両方は、抗真菌薬がより低い有効性
または完全な無効性さえ示すことを意味します。

カンジダによって生成されたバイオフィルムを
迂回するための新しい方法を決定することは
重要な課題であることが証明されています。
研究者は、NACなどの特定の物質がバイオフィルムの
成長を抑制または逆転できることを発見しました。

酵母から菌糸への切り替え

二形性スイッチングは複雑な発音の用語ですが、
カンジダが酵母と菌糸の形態を切り替えることが
できることを意味しています。

カンジダは優れた生存者であり、周囲を感知して
環境に適応するため、幅広い環境に対処できます。
カンジダをこのような恐ろしい病原体にするのは、
この切り替え能力です。

カンジダは楕円形の酵母細胞として成長します。
ただし、利用可能な栄養素、温度、pHレベル、
またはCO2レベルが要求する場合、
菌糸に移行する能力があります。

これら2つのタイプのセルは、異なる方法で動作します。
楕円形の酵母細胞は血流に入るのに最も適していますが、
菌糸細胞は侵入し浸透する組織でカンジダの病原性を高め、
器官にコロニーを確立し、免疫細胞を避けます。

優れたシェイプシフターであるカンジダには、
別の形態であるクラミドスポアもあります。
この形のカンジダは球形で、滑らかで、多細胞です。
科学者は厚膜胞子の目的を完全には理解していませんが、
過酷な環境を生き抜くために、カンジダはこの形態に
新しい成長を変えると考えられています。
不利な条件下で実験室で誘発される可能性がありますが、
生物ではめったに見られません。

遺伝的多様性

カンジダは無性生殖し、独自の遺伝物質から
新しい酵母細胞を作成します。
ただし、状況によっては、
別のカンジダ細胞と融合することもあります。
これが発生すると、染色体間の遺伝子を交換できます。

これは、カンジダが集団全体で幅広い遺伝的多様性を示し、
環境の変化への適応に優れたさまざまなタイプの感染症を
引き起こす可能性があることを意味します。

周辺環境のpHを変更する

物質の酸性度またはアルカリ度は、pHで測定できます。
値は1〜14です。
溶液が酸性であるほど、数値は低くなります。
中性pHは7です。

人体は、血流が常に7.4のわずかにアルカリ性のpHに
維持されるように、非常に長くなります。
呼吸、飲酒、排尿、その他の身体的プロセスが
この微妙なバランスを調節します。
ただし、胃のpHは2〜4です。
結腸は5.5-7のわずかに酸性のpHを持ち、
膣はpH 4.5付近です。

カンジダ・アルビカンスは中性環境の必要性を
共有しており、pHに適応する能力は
その毒性の大部分を占めています。

カンジダは、検出した酸性度を迅速に
アルカリ化する方法を開発しました。
セルからアンモニアを排出します。
これは、わずか12時間でローカルpHを
4から7以上に上げることができます。
次に、カンジダは、酵母の形態から菌糸の形態に
切り替わるようにトリガーされ、
その結果、病原性が増加します。


カンジダは免疫系から身を隠すことができます

カンジダ・アルビカンスは、細胞壁に変化を加えることで
免疫システムとのかくれんぼの破壊的なゲームを行い、
検出から逃れることができます。

あなたは、あなたの体への侵入者を認識する
先天性免疫システムで生まれます。
病原体の表面には抗原と呼ばれるタンパク質があり、
免疫系が攻撃する必要のある細胞を示します。

免疫システムは、パターン認識受容体(PRR)と
呼ばれる特別なセンサーを含むシステムを使用します。
免疫系は、侵入者が真菌、ウイルス、
または細菌であるかどうかを正確に把握し、
最も適切な免疫応答を決定することができます。

カンジダ細胞壁は、α-およびβ-マンナンの
マトリックスで構成されています。
真菌細胞壁上のβ-グルカンは、免疫系によって認識されます。
これは、貪食作用として知られるプロセスを引き起こします。
このプロセスでは、免疫細胞の好中球とマクロファージが
病原体を消費します。

カンジダが何とか回避できたのは、この食作用のプロセスです。
表面のβ-グルカンを隠すため、食細胞が侵入するカンジダ細胞を
認識して破壊する能力が失われます。

ご覧のとおり、カンジダは免疫系を回避するために
適応するのに非常に優れています。

カンジダ感染症の一般的な種類

カンジダ感染症はカンジダ症またはカンジダ症とも呼ばれ、
人体のさまざまな場所で発生します。
これらの苦情のいくつかは非常に一般的です。
たとえば、4人に3人の女性が人生のある時点で
膣カンジダ症を経験します。

免疫系が損なわれている人は、高齢者や非常に若い人たちと
同様に、カンジダの異常増殖に苦しむ可能性が高くなります。
高糖食や抗生物質などの他の要因も、
カンジダ感染症の変化の増加に関連しています。

カンジダ感染の最も一般的な4つのタイプを以下に示します。

膣酵母感染症

酵母感染症は、外陰膣カンジダ症(VVC)とも呼ばれます。
女性の約4分の3が経験しています。
これらの女性の半数はイースト菌感染を繰り返しており、
5%が毎年4回以上の再発を伴うイースト菌感染に苦しんでいます。
酵母感染症は頑固で慢性的になり、極端な場合には
性的機能不全を引き起こす可能性があります。

原因

カンジダ・アルビカンスは、症例の90%以上で
VVCを引き起こしますが、 カンジダ・グラブラタ 、
カンジダ・トロピカリス 、 カンジダ・クルセイ 、
およびカンジダ・ パラプシローシスを含む他の犯人がいます。

カンジダは、膣および外陰部の自然な微生物叢の一部です。
しかし、女性が妊娠したり、抗生物質を使用したり、
経口避妊薬を服用したり、糖尿病にかかったりすると、
カンジダは病原性になり増殖し、VVCの症状を引き起こします。

症状

通常、VVCの症状は次のとおりです。
• 生殖器のかゆみ
• 痛み
• 白いカードのような放電
• 外陰炎、または外陰部の炎症
• 膣炎、または膣の炎症
• 腫れ
• 排尿中の痛み
• 性交中の痛み

処理

VVCの治療に使用できる、市販の抗真菌クリーム、
膣ペッサリー、および経口薬の範囲があります。
性感染症や細菌性膣炎など、他の原因となる
不調や膣分泌物があるため、
VVCが正しく診断されていることを確認してください。


自然療法

高品質のプロバイオティクスサプリメントを使用すると、
微生物叢のバランスと健康を維持できます。
ヨーグルトを含むプロバイオティクス細菌が豊富な食品も、
このバランスをサポートするのに役立ちます。

食事中の砂糖の量を減らしたり、なくしたりすると、
カンジダの食物源を制限し、
イースト菌感染のリスクを下げるのに役立ちます。
局所適用されたヨーグルトとココナッツオイルは、
VVCに対して鎮静作用があり、活性があります。

防止

行動の変化は、VVCの防止に役立ちます。
• 風通しをよくするためにゆったりとした衣服を着用
• 合成下着を使用しないでください
• トイレを使った後は手を洗いましょう
• 常に正面から背面に向かって拭いてください。
• 性器領域では、消臭剤を含む石鹸やスプレーを避けてください
• 抗生物質の使用を最小限に抑える
• 真菌を殺すために、お湯で下着を洗ってください
• 糖尿病の場合の血糖値の最適制御

口腔カンジダ症

口腔カンジダ症とも呼ばれる口腔カンジダ症は、
口腔内でのカンジダの異常増殖です。
通常、歯茎、口蓋、舌、扁桃腺、のどに
白いツグミの斑点が見られます

カンジダ・アルビカンスは、多くの場合、
悪影響を与えることなく口の中に住んでいますが、
適切な状況では制御不能になる可能性があります。

カンジダ症のこの形態は、健康な成人では
特に一般的ではありません。
若年および高齢者、および免疫力が低下して
いる人により多く見られます。

症状

感染の初期段階では、口腔カンジダ症の兆候に
気付かない場合があります。
進行すると、カンジダ症の次の兆候が見られる場合があります。

• クリーミーな白い真菌のパッチまたは病変は、
舌および内側の頬に最もよく見られ、
時には歯茎、扁桃腺、および咽頭にも見られます。

• 嚥下または摂食の困難を引き起こす可能性のある
burning熱感または痛みを伴う感覚。

• 出血

• 口の角のひび割れた赤い皮膚

• 味の喪失

免疫力が低下している人では、感染がのどにまで続き、
痛みが生じたり、喉に食物が絶え間なく詰まっている
ような感覚を引き起こしたりします。


処理

医師はフルコナゾールまたはクロトリマゾールの経口ロゼンジを
処方することがあります。
ナイスタチンのうがい薬は、成人に使用したり、
赤ちゃんの場合は口の周りを拭くことができます。
イトラコナゾールとアムホテリシンは、
頑固で重篤な症例の治療に使用されます。

自然療法

ありがたいことに、
口腔カンジダ症の治療のための
さまざまな自然療法があります。

• もちろん、砂糖を含まない
クランベリージュースを飲みます!
これは口の酸性度を高め、カンジダアルビカンスが
成長するのをより敵対的にします。

• ココナッツを使用して口の周りを振り回すと、
望ましくない微生物を口から取り除くことが
示されています。

• オレガノオイルは、
抗真菌性、抗ウイルス性、抗炎症性です。
うがい薬として、水で希釈したこの強力な
天然オイルを数滴使用します。

尿路感染症

細菌は通常UTIを引き起こしますが、過去25年間で、
カンジダによって引き起こされるUTIの割合は
著しく増加しました。

原因

他のカンジダ・アルビカンス感染症と同様に、
免疫機能が低下すると可能性が高まります。
女性、妊娠、尿路結石、泌尿器構造異常、糖尿病、
高血圧、器械的カテーテル挿入など、
特定の要因がカンジダUTIの可能性を高めます。

症状

これらは、細菌性UTIとカンジダ性UTIの両方で同じです。
一般的に、UTIが標準治療に反応しない場合、
患者はカンジダに感染していることがわかり、
培養が行われます。

症状は次のとおりです。
• burning熱感を伴う痛みを伴う排尿
• 通常よりも頻繁に排尿する必要がある
• 骨盤および下腹部の痛みまたは圧迫
• 曇り、暗く、血まみれまたは不快な臭いのある尿
• 感染がより重症になり、腎臓に影響を与える場合は発熱

処理

経口抗真菌薬は、尿中の高濃度に達することができるため、
最初の選択肢、すなわちフルコナゾールの治療法です。

プロバイオティクスと発酵食品を使用すると、
身体がミクロビオームのバランスを取り直し、
友好的な生物で尿路系を再コロニー化するのに役立ちます。
ケフィア、キムチ、 ザワークラウト 、コンブチャを
食事に追加することをお勧めします。

皮膚のカンジダ感染

皮膚カンジダ症は、カンジダの異常増殖が皮膚に影響を
及ぼし、カンジダ症の位置に応じておむつかぶれ、
爪の真菌、水虫を引き起こす場合です。

カンジダアルビカンスは、健康な皮膚微生物叢に存在します。
条件が適切な場合にのみ、過成長して刺激を引き起こします。

原因

カンジダは暖かく湿った状態で成長するのが大好きです。
おむつ、ネイルベッド、皮膚のひだ、径部、スポーツシューズ
は、増殖するのに理想的な条件を提供します。

授乳中の母親は、
赤ちゃんの口腔と自分の皮膚の間を
カンジダが行き来できます。

肥満、劣悪な衛生、きつい、合成の衣服、過度の発汗、
抗生物質の使用、および免疫システムの弱体化はすべて、
カンジダの異常増殖の可能性を高めます。

症状

かゆみを伴う発疹は、
あなたが気づく最初の症状かもしれません。
発疹が進行すると、皮膚がひび割れて
痛みを感じるようになります。
小さな水疱や膿疱が存在する場合があります。

カンジダ症は、皮膚炎、湿疹、乾癬、白癬、ヘルペス、
またはじんましんなどの別の皮膚の状態と
間違われる可能性があります。

処理

軽度の場合は、良好な衛生管理体制を順守するだけで、
状態を克服することができます。
おむつ、靴下、衣服をより頻繁に交換することが役立ちます。
カンジダが持続する場合、抗真菌性のスキンクリームは
次のステップです。

低希釈のティーツリーオイルを使用したココナッツオイルと
アップルサイダービネガーは、皮膚カンジダ症の治療に
有用であることが証明されている自然な治療法です。

腸内カンジダの異常増殖

腸内微生物叢の微妙なバランスが、
病気、抗生物質の使用、またはストレスによって
バランスが崩れると、カンジダは増殖し、
腸内カンジダの異常増殖の不快な兆候を
引き起こす可能性があります。

原因

健康が完全であれば、カンジダの繁殖は起こりそうにありません。
カンジダは、免疫システムの障害に伴う機会の窓を
つかむ可能性があります。

他の原因があります:

• 抗生物質を使用する

• アルコールを飲む

• 経口避妊薬の使用

• コントロール不良の糖尿病

• ストレス

• 砂糖と洗練された炭水化物が多い貧しい食生活

症状

最初は、 症状が明確でない場合があります。
原因不明の疲労は頻繁に起こる症状です。
カンジダ症は、
あなたの体がどのように栄養分を吸収するかに
影響することが多く、マグネシウム、必須脂肪酸、
ビタミンの不足に苦しむかもしれません。
栄養不足は疲労につながる可能性があります。

特定の状況では、腸内カンジダの異常増殖が
慢性疲労症候群を引き起こす可能性があることが
研究により示されています。

消化管の微生物叢は、消化、およびいくつかの糖、
繊維、デンプンの処理に不可欠です。
カンジダが増殖すると、消化器系の問題、便秘、吐き気、
けいれん、ガス、下痢、または腹部膨満感を
経験することがあります。

クローン病や潰瘍性大腸炎を含む慢性および
重度の消化器疾患は、腸内カンジダの異常増殖と
関連しています。

処理

腸内のカンジダの異常増殖を克服するには、
3つの必要な手順があります。
カンジダの成長を止め、腸内微生物叢のバランスを回復し、
カンジダが血流に入らないように腸を癒します。

従来の医学的アプローチは、カンジダの成長を止めること
にのみ焦点を当てており、これは抗真菌薬で達成できます。
カンジダ全体に取り組むには、
より全体的なアプローチが必要です。

カンジダを飢えさせるために、
食事中の炭水化物と糖質を制限してください。
高品質のプロバイオティクスを摂取することで、
微生物叢のバランスを取り戻すのに役立ちます。
また、赤身肉などの炎症性食品を排除し、
アルコールや不健康な加工食品の摂取量を減らすことで、
腸を癒します。

カンジダ感染のあまり一般的ではないタイプ

カンジダ症は多くの形態をとることができますが、
いくつかは他のものより深刻です。
ありがたいことに、より厳しい条件はまれですが、
潜在的に致命的です。

カンジダ血症

カンジダが血流に入ると、生命を脅かすことになる
深刻な問題を引き起こす可能性があります。
疾病対策センターは、カンジダ症、カンジダによって
引き起こされる血液の感染が毎年25,000症例あると
推定しています。

健康な人では、カンジダ血症は非常にまれです。
しかし、好中球減少症または血中の低レベルの好中球
に苦しむ人々は危険にさらされています。
好中球減少症は、
癌または他の骨髄疾患の化学療法
および放射線療法後に広く発生します。

危険因子

深刻な根本的な健康状態を持っている人は、
カンジダ血症に苦しむ可能性がはるかに高くなります。
以下の条件により、カンジダ血症はますます可能性の
ある診断になります。

• 主要な手術

• HIV、癌、化学療法による免疫抑制、またはステロイドの使用

• 広域抗生物質の使用

• カテーテル挿入または栄養チューブの配置

症状

カンジダ血症は、腎不全、発熱、ショックへの進行
などの同様の症状により、細菌性敗血症と
間違われる可能性があります。

処理

カンジダ血症の血液検査診断の後、
患者はフルコナゾール、ミカファンギン、
またはカスポファンギンの静脈内投与を開始します。
治療は、個人とその反応に応じて長期間行われる場合があります。

心内膜炎

死亡の可能性が高い非常に深刻な状態。
心腔と心臓の弁の感染です。
カンジダアルビカンスは、
真菌性心内膜炎の4分の1から2分の1の原因物質です。

危険因子

• 心臓血管手術

• 心臓の異常と欠陥

• HIV、癌、化学療法による免疫抑制、
 またはステロイドの使用

• 広域抗生物質の長期使用

• 人工心臓弁、カテーテル挿入、栄養チューブの配置


症状

真菌性心内膜炎および細菌性心内膜炎は、
同様の形で現れます。
体の痛み、咳、発熱、胸痛や呼吸困難などの
より局所的な症状を含む
一般的な系統的兆候があります。

処理

医療機器が取り付けられている場合、
これを取り外す必要があり、心臓は感染した組織の
外科的切除を必要とする場合があります。
フルコナゾールまたはアンホテリシンBの
静脈内投与が最初の選択薬です。

眼内炎

カンジダは、この炎症状態を引き起こす可能性があります。
視力喪失につながる可能性があります。

危険因子

• 最近の手術または入院

• 免疫抑制

• 医療機器を装着する

症状

片目または両目の膿およびべたつきがある場合があります。
目が炎症を起こして赤くなることがあります。
眼内炎は、しばしば最初の例では細菌感染症と診断されます。

処理

フルシトシンを含むアンホテリシンBを含む
抗真菌性アイクリーム。
フルコナゾールを使用できます。

髄膜炎

カンジダが血流に入ると、
カンジダは脊髄を通り抜けて、
脳を囲む組織である髄膜に炎症を
引き起こす可能性があります。

危険因子

• 免疫抑制

• 入院

• 手術

• コルチコステロイドまたは抗生物質の使用。

症状

カンジダによって引き起こされる細菌性髄膜炎
および髄膜炎は、同様の形で現れます:

• 吐き気と嘔吐

• 頭痛

• 痛みを伴う硬い首

• 発熱と混乱

• 光に対する感度

処理

髄膜炎が標準治療に反応しない場合、
脳脊髄液を培養してカンジダを確認し、
フルシトシンを含む静脈内アムホテリシンBを
使用する必要があります。

抗真菌薬に対するカンジダ耐性

人間の生活は真菌の影響を大きく受けます。
残念ながら、カンジダのカンジダ型と非アルビカン型の
両方で抗真菌薬に対する耐性が高まっています。

カンジダは免疫系の優れた回避者であり、
それらを殺すように設計された薬剤に抵抗し、
打ち負かす能力を急速に発達させることができます。
つまり、それが引き起こす感染症は治療と治癒が困難です。

抗真菌抵抗性はどのくらいの問題ですか?


ヒトの血流から分離されたカンジダでは、
サンプルの約7%がフルコナゾールに耐性があります。
フルコナゾールは、多くのカンジダ症の最初の
選択肢である薬剤です。

フルコナゾールとエキノカンジンに耐性のカンジダには、
利用可能な治療法はほとんどありません。
アムホテリシンBは使用できる薬ですが、
すでに危険にさらされている患者の生命を
危険にさらす可能性のある毒性薬でもあります。

抗真菌抵抗性の原因は何ですか?

抗生物質の使用と同様に、
耐性は一定期間にわたって発生する可能性があります。
多くの場合、これは抗真菌剤の誤用が原因です。
これは、患者が自己治療するか、
医師の指示に従わない場合に発生します。
抗真菌剤が正しい投与量で使用されなかったり、
コースが時期尚早に中断された場合、
真菌は抗真菌剤に耐性を持つように進化する可能性があります。

抵抗性を誘発するのは、
抗真菌薬の使用だけではありません。
抗菌薬も役割を果たすことができます。
健康なときはあなたの微生物叢は完全にバランスが
取れており、抗生物質は腸内の善玉菌の数を減らし、
カンジダを増殖させることでこのバランスをシフトします。
抗生物質を使用する場合は注意が必要です。
絶対に必要な場合にのみ服用し、
プロバイオティクスの使用を併用するのが賢明です。

抗真菌抵抗性を減らすために何ができますか?

絶対に必要でない限り、
抗生物質や医薬品の抗真菌剤は使用しないでください。
あなたがそれらを服用する場合は、
正しい用量で処方されたとおりに服用し、
フルコースをとることを確認してください。

自己治療をしても症状が改善しない場合は、
医師に相談して適切な症状の治療を行っている
ことを確認してください。

健全な微生物叢を維持することは、
抗真菌剤や抗生物質を使用する必要がないことを
確実にするための大きな一歩です。
あなたの健康をサポートする質の高いプロバイオティクスを
選択し、カンジダの繁茂と闘うのに自然に役立つ
食事療法に従ってください。

カンジダ・アルビカンスを自然にどのように扱いますか?

従来の抗真菌薬に対する抵抗性に対する懸念が
高まっているため、カンジダを自然な方法で
治療することがより広範になり、処方された薬で
観察される可能性のある副作用を排除しています。

腸内のカンジダの治療は、体の他の領域に
存在するカンジダの異常増殖を排除するための
最も重要なステップです。
これは、腸がカンジダの「リザーバー」として機能し、
正常に治療された後でも他の領域に
再感染する可能性があるためです。

正しい食事の重要性

ほとんどのタイプのカンジダ感染症は、
外部または内部で、治療の基礎は
低糖で抗炎症性の食事計画にあります。
カンジダは、
グルコース を食べること以外に何も愛しません。
したがって、体のグルコースレベルが低い場合、
カンジダは成長しすぎて健康に害を及ぼすエネルギー源を
持っていないことは理にかなっています。

腸の異常または不均衡な微生物叢は、
多くの病気や全身and怠感の原因となります。


キャンディー、ケーキ、ペストリー、通常のソーダ
など、砂糖を含む食品は避けてください 。
砂糖を含んでいないように見える食品には
注意してください。
ただし、それは隠されている可能性があります。
加工肉や他の加工された風味豊かな食品には、
多くの場合、砂糖のソースが含まれています。
また、白パンやパスタなどの洗練された炭水化物は、
体内で代謝されるとすぐに単純な糖に分解されるため、
避けてください。

プロバイオティクス

微生物叢のバランスを保つために、
食事に追加できるさまざまな発酵食品があります。
これらには、ザワークラウト、キムチ、
ライブヨーグルト、ケフィアが含まれます。

プロバイオティクスサプリメントを錠剤または
カプセルの形で摂取することは、
微生物叢が最適であることを確認するための
はるかに便利な方法です。
プロバイオティクスには有益な細菌が含まれています。
これは、理想的な食事が得られなかったり、
一連の抗生物質を使用している場合に
特に適した行動計画です。
プロバイオティクスは、微生物叢のバランスを取り戻し、
体に調和をもたらすのに役立ちます。

豊富なプロバイオティクスがありますが、
どれが賢明な投資かを慎重に検討する必要があります。
プロバイオティクスのバクテリアは
腸に到達する必要があるため、
BIO-tract time-releaseテクノロジーを使用する
バクテリアを選択してください。
バイオトラクトプロバイオティクスは、
細菌を腸に運ぶ可能性が高くなります。

また、総コロニー形成単位(CFU)を調べます。
プロバイオティクスが有効な数の生きた細菌を
腸に届けることを確実にするために、
最低100億CFUを探してください。

局所感染症の治療

カンジダは皮膚感染症を引き起こします。
これらは、皮膚に塗布することにより、
または食事を通して全身的に治療することができます。

肌が健康を維持したり、病気から回復したりするのを
助けるために、食事に次の食品を含めるようにしてください。

脂っこい魚

マグロ、マス、サケ、サバ、およびニシンは、
皮膚の健康を改善し、しなやかで潤いを保つのに
役立つタンパク質およびオメガ-3脂肪酸を
多く含んでいます。
あなたが乾燥した、フレーク状の皮膚を
持っていることに気付いた場合、
オメガ-3脂肪酸欠乏症を持っているかもしれません。

油っぽい魚には亜鉛が含まれています。
亜鉛は、新しい皮膚細胞を生成するために必要です。
欠乏は皮膚の炎症や病変を引き起こす可能性があります。

果物と野菜

彼らはあなたの健康に不可欠です。
果物と野菜はあなたの食事の主な部分であるべきです。
ビタミンEとCのアボカドと健康な脂肪を含めると、
肌がしなやかになり、病原体に耐性があります。
ブロッコリーには、しわや乾燥につながる
酸化的損傷から保護するカロテノイドが含まれています。
クルミには、必須脂肪酸、亜鉛、酸化防止剤である
ビタミンE、C、セレンが含まれており、
これらは身体が障害を克服するのに役立ちます。

局所スキンアプリケーション

あなたの台所にすでにあるかもしれない多くの食物は、
あなたの皮膚からカンジダを取り除くために局所的に
使用することができます。

ココナッツオイル、シナモンオイル、オリーブオイルは、
カンジダを殺すことができる成分を含む
皮膚保湿剤の優れた選択肢です。

においに耐えられる場合は、
生のニンニクを粉砕し、患部に塗ります。
ニンニクは強力な抗真菌剤です。

カンジダを殺すことができる食品

カンジダを殺すことができる食物を
食事に追加することは、
異常増殖の発生を防ぐ優れた方法です。

ココナッツオイル

ココナッツ油、大豆油または牛脂のいずれかを
与えられたマウスで行われた研究では、
ココナッツ油を与えられたマウスは
カンジダのコロニー形成レベルがはるかに低かった。
ココナッツオイルは、
既存の植民地化を減らすことが示されました。
ココナッツオイルには脂肪酸のデカン酸とドデカン酸が
含まれており、カンジダの成長を阻害して
殺すことができます。

オリーブとシナモンオイル

抗真菌剤耐性カンジダ株の代替治療法の探索が進行中です。
研究では、オリーブオイルとシナモンオイルの両方が、
血流中の感染症から分離されたカンジダを殺す能力が
非常に高いことがわかっています。
フルコナゾール耐性のカンジダクルセイ株の半分以上が、
オリーブオイルとシナモンオイルに
敏感であることがわかりました。

ポー・ダルコ

南米原産のこの植物について
聞いたことがないかもしれませんが、
その抗真菌性、抗菌性、抗炎症性、抗ウイルス性、
および抗寄生虫効果により、
何百年もの間、伝統医学で使用されてきました。

Pau d'Arcoには、
さまざまな細菌、菌類、ウイルス、寄生虫を
殺すことができる化学物質のラパコールと
ベータラパコンが含まれています。

研究により、ラパコールは、代替薬と同様に、
カンジダに対する強力な抗真菌剤であることが
実証されています。

ポーダルコは
カンジダの細胞膜を破壊することができます。


ポーダルコを植物から作られたお茶、
またはカプセルとして服用してください。

ボトムライン

カンジダは、消化器系、皮膚、およびその他の領域で
微生物叢の一部を形成します。 大多数の人にとって、
それは健康な微生物叢の一部であり、問​​題や病気を
引き起こすことはありません。

カンジダの問題は、
身体のバランスの取れた健康的な状態からの
変化がある場合に発生する可能性があります。
この変化の理由は、
抗生物質やコルチコステロイドなどの薬剤の使用、
ストレス、ホルモンバランスの変化、
または免疫系を弱めるがんやHIVなどの
基礎疾患が原因である可能性があります。

ミクロビオームの微妙なバランスが崩れると、
カンジダはこの機会に手に負えなくなり、
疲労や消化不良からカンジダ血症や内臓の感染などの
より深刻な状態に至るまで
問題を引き起こす可能性があります。

砂糖と炭水化物の少ない食事を食べ、
高品質のプロバイオティクスを摂取することは、
免疫システムをサポートし、
微生物叢のバランスを保つのに役立ちます。
これらの措置は、カンジダの問題と
それが引き起こす可能性のある
健康への不快な妥協を防ぐのに役立ちます。




リーキーガット症候群





. ヨーネ菌やクローン病の恐怖も恐ろしい大腸ガンも全て人間が創り出している!!!

ヨーネ菌やクローン病の恐怖も
恐ろしい大腸ガンも
全て人間が創り出している!!!











お知らせ

11月12日~深夜に最新のメルマガを配信します。

★メルマガ134号
ヨーネ菌やクローン病の恐怖も
恐ろしい大腸ガンも
全て人間が創り出している!!!


配信は深夜になります。


管理人

今回、ヨーネ菌とクローン病の関係を
調べていましたら、幾つもの大変な事実に
ブチ当たりました。

クローン病の原因はヨーネ菌の可能性が
非常に高いと云われています。
そこで、クローン病を調べてみましたら
驚くべき事実に遭遇しました。

一例 ↓

以下の記事をご覧ください。

「クローン病」とは
https://www.chugai-pharm.co.jp/ptn/medicine/karada/karada016.html

【どんな病気?】
クローン病は、小腸の代表的な病気といわれています。
口から食道・胃・腸・肛門までの消化管に
炎症、潰瘍などができる病気です。

特に小腸と大腸がつながる回盲部によく見られ、
多くは10〜20代に発症します。
中高年での発症はほとんど無いといわれます。


============


クローン病は、
多くは10〜20代に発症します。
中高年での発症はほとんど無いといわれます。


管理人

いや~、非常に驚きました。
これは大変重大なヒントです。

というか・・・
これを疑問視し、何故なんだろうと問題を
提起し、医学界や医師の間で、何故・・・
大きな議論になっていないのでしょうか???

信じられますか、皆さん?
私にはまったく信じられません。
どいつもこいつも、バカ・アホ・間抜け揃い
なのでしょうか。
人としての感性が壊れているとしか私には思えません。

原因として考えられるのは・・・
中高年に全く無縁なものにあるとしか
考えられない事に気づかされます。

例えば・・・

============


皆さん、申し訳ありません。
これ以上は、怖くてとても書けないのですよ。
絶対におかしいでしょ。
是非、皆さんもごゆるりと考えてみて下さい。
きっと、何かに気づかれるはずです。

今、ネットで騒ぎになっているヨーネ病なんですが
どうも本質から遠いとこで騒いでいるだけの
ような気がしてなりません。

というよりも・・・
本質の核心部分をボカし、目を他に逸らす為の
大げさなかく乱情報ばかりであると私は思いました。
ネットの人は、そのかく乱に協力していることに
なってしまっているような気がします。

メルマガでは、その核心部分をズバリと
書かせてもらいました。
しかし、それをブログでは伝えられない
つらさを味わいました。
尤も、消されるよりかはマシです。

大腸ガンもヨーネ菌が大きく関係しているのは
ほぼ間違いないと思います。
しかし、どう関係しているのかを知らなければ
大腸ガンを治すこともかなり困難だと思います。
これは、いくら日本語で検索しても
ほとんど出てきませんから。

その流れと経緯をきっちり知らなければ
大腸ガンからの生還も難しいと思います。
当然、大腸ガンの患者さんは知りません。
お医者さんも知りません。
大腸ガンの患者さんは一体どうすれば良いのか
といった話になってくる訳です。

大腸は身体の局部ですから、抗がん剤を点滴しても
効果は微々たるものに過ぎません。
大腸ガンの細胞に効果が出るほどの濃度で
抗がん剤を点滴すると、アッという間に
あの世行きでしょうね。
そうなりますと、いわゆる抗がん剤の副作用
だけが待ち受けていることになります。

小腸と大腸の仕組みとその環境を詳しく勉強
しなければ、一体何が起こったのか?
何故、大腸ガンになったのか?
その原因を知ることは不可能でしょう。

原因が分からないのに、大腸ガンを治せますか???


私は、ヨーネ菌それ自体は・・・
そんなに怖いものだとは思っていません。
最大の問題は、小腸と大腸の内部の
ひどい環境にあると考えています。

例えば・・・
本来、小腸・大腸 は・・・
ph8~10のアルカリ性です。

ところが、腸内環境が悪化すると
酸性に傾くのだそうです。
そうしますと、悪玉菌が更に増殖します。

悪玉菌は自らが住みやすいようにする為、
更に、より酸性環境になるように仕向けることが
出来る・・すごい生物です。

腸内環境を悪化させるものは幾つもありますが、
抗生物質やピルもその中に入ります。
そして、他の薬剤はどうでしょうか?
あまり詳しく言えないのでごめんなさい。

一つだけ、確かに言えることはあります。

ヨーネ菌やクローン病の恐怖も
恐ろしい大腸ガンも
全て人間が創り出している!!!



ヨーネ菌なんて、本来どこにでもいるような
細菌に過ぎないのではないでしょうか。

といったところで今回はこれくらいに
しておきます。
少なくとも、皆さんには一つのヒントには
なったのではないでしょうか。

より深くつっこんで知りたい人は
メルマガ本文を読んで欲しいと思います。




「薬をやめると病気は治る」と語った
 安保徹名誉教授が消された理由!?

https://ameblo.jp/64152966/entry-12415045838.html







【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第17期メ-ルマガジン
( 今年11月から来年1月までの3ヶ月間 )

★メルマガ134号 
ヨーネ菌やクローン病の恐怖も
恐ろしい大腸ガンも全て人間が創り出している!!!


現在進行中 ↑ 今月11月から始まりました。
----------------------------------------------------




第16期メ-ルマガジン
( 今年8月から今年10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ133号 
腎臓ガンのお父さんを助けて!!!

★メルマガ132号
アボカドの成分が白血病の原因である
「がん幹細胞」だけを攻撃することが判明!

★メルマガ131号 
喘息の原因と正しい治療法について

★メルマガ130号 
白血球もミトコンドリアも
活性酸素でガン細胞をやっつける!!!

★メルマガ129号
~ 膵臓ガンからの生還 ~

★メルマガ128号 
乳ガンにおける日本最高の医学論文!!!

★メルマガ127号 
人類滅亡レベル「人類最大の脅威」~
史上最強の耐性真菌カンジダ・アウリス

★メルマガ126号 
C型肝炎ウィルスの進化を止めれば
肝硬変や肝臓ガンにはならない!

★メルマガ125号
世界で始めてC型肝炎ウィルスの
起源を解明したかもしれない。




第15期メ-ルマガジン
( 今年5月から今年7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ124号
神様は何故26年と3ヶ月の命しか
彼女に与えなかったのだろうか・・・

★メルマガ123号 
預金封鎖に対抗し、円に代えて
最も信用出来る海外の通貨とは!?

★メルマガ122号 
エイズの本当の真犯人?

★メルマガ121号 
6京円デリバティブ破綻で始まる世界恐慌は
リーマンショックの10倍の危機‼

★メルマガ120号
ワクチンもブドウ糖点滴もガン3大療法も
人口削減計画の一環であると
公文書に明記されている!

★メルマガ119号 
〜 ある一人の女性の死を見つめて 〜

★メルマガ118号 
糖尿病への本当の答え!!!

★メルマガ117号
「春ウコン」があらゆるガンや
難病に効果があるという話は本当か!?

★メルマガ116号 
政府が「南海トラフ」地震に関して
大手企業に極秘文書! ~ by. CIA

【 臨時版 】
日本人の土地財産を組織的に奪い取る闇の巨大組織



第14期メ-ルマガジン
( 今年2月から今年4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ115号 
5.11 〜 危機と株価の動向!?

★メルマガ114号 
堀ちえみさんの舌癌と咽頭口頭ガン

★メルマガ113号 
原因不明の「痛み」の正体!?

★メルマガ112号 
発達障害や知的障害の本当の真犯人は、
 日本語で検索しても出て来ない!?

★メルマガ111号 
膠原病とサルコイドーシスの真犯人

★メルマガ110号 
日本のある大都市に忍び寄る
大災害テロ事件の可能性をまとめました。

★メルマガ109号
【平成最大の爆破事件~名古屋】

★メルマガ108号
2019年5月 ✖ デ- ~ 〇〇県❓❓❓

★メルマガ107号 
たばこの葉の発酵プロセスに使用する
酵母が ~ ガンと掌蹠膿疱症の元凶!?



第13期メ-ルマガジン
( 去年11月から今年1月までの3ヶ月間 )

★メルマガ106号
今年1月、大手新聞各社にて一斉に出された
巨大地震を臭わす暗号記事を解読してみた!?

★メルマガ105号 
汚染地域に住み内部被ばくをすると
何故~ガン・白血病や難病になるの!?

★メルマガ104号 
慢性前立腺炎とガン 〜 そして希望 〜

★メルマガ103号 
 心と身体とガン

★メルマガ102号 
自己免疫疾患なるものの真の正体!?

★メルマガ101号 
ガン・白血病~脳梗塞や心筋梗塞の最大の真犯人

★メルマガ100号
納豆菌はガンの原因菌を食べてくれて
ビフイズス菌や乳酸菌を増やす!!!

★メルマガ99号 
白血病や悪性リンパ腫の真犯人!?

★メルマガ98号
『自己免疫疾患』と診断され苦しんでおられる皆様へ



第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ97号 
アボカドの脂質〜アボカチンB〜が、
ガンの幹細胞を殺す可能性がある!!!

★メルマガ96号 
ノーベル賞受賞・本庶氏のガン治療薬
 「オプジーボ」は恐ろしい!?

★メルマガ95号
亜麻仁は肺ガン・乳ガン・結腸ガンの予防効果
と放射能被曝から身体を防御する!

★メルマガ94号 
身体から化学物質や毒物~放射能を除去する方法

メルマガ93号
【続】北海道大地震の真実 ~ Haarp ~

メルマガ92号
北海道大地震の真実

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 
ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号
第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  
悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号
悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号
スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリーキーガット症候群!





ヨーネ菌との関係が疑われる難病







. 粉ミルクやチーズや牛乳、牛肉が恐ろしいヨーネ菌に汚染されている!?

粉ミルクやチーズや牛乳、牛肉が
恐ろしいヨーネ菌に汚染されている!?







初めに

日本国内で粉ミルクで赤ちゃんを育てている
お母様は大変に多いのではないでしょうか?
ざっと読んで見ると・・・
粉ミルク・チーズ・牛乳・牛肉の大部分が
大変に危険であると感じました。
これは一大事です。

次回のメルマガで取り上げようと思っています。
ヨーネ菌~クローン病の本質を
調べてみようと思います。

ただ、国民が生活習慣を完全に変えるなんて
ことは・・ほぼ不可能に近いと思います。
なので、メルマガでは・・その対処法と言いますか
被害を最小限に抑えるアイテムも皆さんに
ご紹介出来ればと考えています。

さてさて・・・
一体何が出てくることやら・・・です。
もしかしたら、大変恐ろしい秘密が暴かれるかも。
皆さん、楽しみにして下さいね。



世界で蔓延するヨーネ病と粉ミルク汚染  
国際ヨーネ病学会理事・百溪英一

転載元) 長周新聞 19/11/2
https://www.chosyu-journal.jp/shakai/13956

<転載開始>

世界で蔓延するヨーネ病と粉ミルク汚染
~唯一清浄化が可能な国の酪農・畜産振興作戦~
 国際ヨーネ病学会理事  百溪英一  
    

はじめに

牛など家畜の伝染病であるヨーネ病が
世界的に大流行している。
ヨーネ病をひき起こすヨーネ菌は直接人間に
感染することはないと考えられてきたため、
その実態は一般にはあまり知られていない。

しかし、人間の難病であるクローン病や、
多発性硬化症など自己免疫疾患の原因になっている
ことを疑う研究報告は非常に増加してきており、
国際的に研究が積み重ねられてきた。

クローン病や多発性硬化症など自己免疫病の
患者数は増加の一途をたどっている。
クローン病はもともと20歳前後で発症する
ケースが多かったが、近年、低年齢化し、
ゼロ歳児が発症した事例も報告されている。

その解明が急がれるなか、私たちの研究で、
ヨーネ菌に汚染された牛の牛乳を通じて
排出される菌がこれらの発病に関連している
ことが明らかになってきた。
生きた菌だけでなく、死んだ菌を体内にとりこむ
ことが、神経難病である多発性硬化症(自己免疫疾患)
やクローン病発症の一因となっている可能性が非常に高い。

研究の途上ではあるものの、海外のヨーネ菌汚染状況は
深刻であり、撲滅が不可能なほど感染が広がっている。
ヨーネ菌は、ほぼ100%輸入牛乳を使用して
製造されている赤ちゃん用の粉ミルクに死菌が
含まれていることは疑いない状況であり、
それが乳幼児のクローン病を増加させている
可能性も否定できない。

一方で日本は長い期間、税金を投じて国家防疫の対策を
してきた結果、撲滅が可能な水準にあり、
清浄化農場も多いことから、本気でとりくめば
ヨーネ菌フリーの原乳を原料にして、
ヨーネ菌フリーの粉ミルクを製造することも
できる状況にある。
そうすれば子どもたちが難病にかかる可能性を
より低くすることができるかもしれない。

とくに、家族に自己免疫疾患を持つ家庭に生まれた
乳幼児にこれを供することができれば
発症リスクを低減できる可能性もある。
さらに重要なことは、ヨーネ菌フリー牛乳、チーズ
そして粉ミルクを製造することのできる国は
日本だけといっても良いことから、
世界中から日本の安心な牛乳や乳製品を買いに来る
状況をつくって酪農業を大きく発展させる道筋も
開けることだ。
農水省は安心・安全をスローガンに掲げているが
あえてヨーネ病を撲滅しない施策をとっている。

今後、TPPや日欧EPA、日米FTAによって、
海外から成牛の輸入が増加することが考えられ、
国民の税金を投じて撲滅直前まできたヨーネ病を
逆に大流行させる危険性がある。
さらに、現在日本では国内産の乳製品を購入できるが、
酪農業が衰退・淘汰されてしまうと、
ヨーネ菌汚染された海外の乳製品を買うほか
なくなることを心配している。

またヨーネ菌に汚染された乳製品の輸入量が
さらに増えて、食卓に並ぶことが
人体に与える影響も無視できない。
ヨーネ病について広く知っていただき、
考えていただく機会になることを願っている。


ヨーネ病とは何か

ヨーネ病は、ヨーネ菌を病原体とする腸の病気で、
BSE(狂牛病)と同じく「リストB」に
分類されている家畜伝染病の一つだ。
感染後長期の潜伏期間を経て、
慢性的な下痢症状を起こすほか、
乳牛では乳量が低下し、痩せ細って
最終的には衰弱死する。(中略)

この菌は消毒薬や環境中で非常に強い。
土の中でも1年~2年半生きるし、
北海道の凍った土地でも生きる。
ヨーネ菌は結核菌やらい菌(ハンセン病の病原菌)
の仲間で「抗酸菌」という種類だが、
性質上はらい菌に近い。
ハンセン病や梅毒も潜伏期間が長く、
最初大したことはないと思っていると、
ひどい症状があらわれる。
ひどい下痢便の牛が見つかっても
氷山の一角ということだ。

(中略)

ヨーネ病は畜産業にとってもっとも経済的打撃が
大きい感染症であり、アメリカの経済損失は
年間2億~3億㌦といわれている。
ただ、アメリカの場合、重症になった牛を殺すだけで、
無症状の感染牛は淘汰していない。
日本の家畜伝染病予防法の診断基準で検査して
殺処分すると、アメリカの牛は
いなくなるほど蔓延している。

(中略)

ヨーネ菌の排菌ルート

もう一つの排菌経路が牛乳だ。
マクロファージがヨーネ菌を乳腺へ運び、
牛乳を通じてヨーネ菌が排出される。
これは子牛への感染源として家畜衛生上の
問題であるとともに、食品の汚染という
公衆衛生上の問題を含んでいる。

(中略)

牛乳中にヨーネ菌が排出されることは、
下痢や糞便での排菌とともに、子牛への直接的で
より確実な感染経路になる。
そして、牛乳に含まれる大量のヨーネ菌を
人間が摂取していることを意味している。

国際的なヨーネ菌の汚染

あまり報道されていないが、アメリカやヨーロッパの
牧場のヨーネ菌の汚染状況は極めて深刻である。

たとえばアメリカの酪農場の大半が汚染している。
ヨーネ菌は潜伏期間が長いのが特徴だが、
アメリカではヨーネ病の診断がなされても
生産性の低下した重症の牛を淘汰するのみなので
蔓延が拡大し、次から次に重症化した牛が
あらわれる状況だ。

検査すらされていない農場も多い。
アメリカ合衆国農務省(USDA)の調査結果を
みると、小農場で63・2%、中農場は75・1%、
大農場では95・0%が汚染されている。
農務省が95・0%と発表するということは、
ほぼ100%といっているようなものだ。
最新の農務省のホームページでは、
「調査をしていないが、
現在はこれより悪くなっているだろう」と書いている。

アメリカでは日本の家畜伝染予防法のように
ヨーネ病に感染した家畜を定期検査で発見して
殺処分させる法律がないため、下痢をしている
牛からも乳を搾っており、症状がひどくなると
と畜場に回して食肉にしている。

テネシー州でと畜場を見学したさい、
つながれている牛の多くは下痢をしていた。
その臓器を見せてもらったが、
日本では見たことがないような重症のヨーネ病の腸も
あり驚いた記憶がある。
日本と同様の検査をして感染牛を殺処分すると、
アメリカ国内に牛が1頭もいなくなる可能性が
あるといっても過言ではない。

ヨーロッパはEUになってから、共通した対策が
できておらずヨーネ病の汚染状況が悪化した。
EU域内には、2010年の段階で8億6600万頭の
牛がおり、20万1027戸の農家が存在する。
しかし、ヨーネ病の防疫対策は全頭検査や殺処分などの
強制力をともなわない「任意のコントロール・プログラム」
が実施されている国や地域はまともな方である。

国境をこえて牛が行き来することも
感染を広げる要因になっている。
各国の農場規模や管理条件もさまざまで、
それぞれ法律も行政機構も違うことが、
防疫努力とプログラムの多様さと弱さを
生み出す原因となっている。
EUとして統一された防疫の基準はなく、
汚染状況は深刻である。

(中略)

日本のヨーネ病と農林水産省の対応

(中略)

98年からは5年に1度、全頭検査をするように
なり、感染牛が見つかった農場では、
3カ月間隔などのくり返し検査をして、
陽性が出なくなるまでくり返してきた。
ELISA検査の時点で陰性が出ても、
時間がたてば感染が進み陽性になる可能性がある。

くり返し検査をすることで、日本のヨーネ病汚染は
かなり解決していった。
こうした検査をしてきたのは世界中で日本だけだ。

(中略)

グラフを見ると2008年から
感染が半減していることがわかる。
だがこれは本当にヨーネ病が減ったわけではない。
それまでELISA法の問題点を黙殺してきた
農水省が、今度は陽性が多くなると
牛乳が販売できなくなることから、
ELISA検査自体をやめてしまったのだ。

現在はPCR法という高感度な遺伝子診断法が
用いられるようになり、五年ごとの全頭検査は
続いているが、これを徹底すればヨーネ病が
撲滅できるにもかかわらず、
農水省は撲滅できないように不可解な工夫をした
検査をすすめている事を指摘しておきたい。

現在のヨーネ病検査はPCR法という菌の遺伝子を
検出する高感度な手法にかわっているが、
抗体検査と同様に菌が生きているのか
死んでいるのかはわからない。
農水省は、PCR法で陽性の基準値より低い結果が
出た牛について、感染しているかどうかを確認する
ために、早期発見のできない低感度のELISA法で
検査をしている。

本当に撲滅するためには、早期に発見し淘汰する
ことが必要だが、PCR法で数値の低い
グレーゾーンの牛を農場から除去させずに、
むしろ意図的に残し、撲滅されないような
消極的対応をとっている。
ヨーネ病が撲滅されて困るのはだれであろう。
そこには農水省が製薬会社に天下りしている
ことが関係している。

農水省も厚生労働省も危険性を認識しているにも
かかわらず、なぜ本気でとりくまないのだろうか。
赤ちゃんや国民の健康を守ることを
なんと考えているのか疑問である。

ヒトのクローン病とヨーネ菌―関連が
疑われている自己免疫疾患

 
ヨーネ菌と人のクローン病との関係は、古くから
医師や研究者のなかで疑いを持たれてきた。
クローン医師(1884~1983年)が、
「クローン病は牛のヨーネ病によく似ており、
ヨーネ菌によって起こっているのだろう」とする
仮説を発表したのが最初だ。


ヒトのクローン病は厚生労働省指定の特定難病疾患だ。

(中略)

近年、生まれて数週間の乳幼児が下痢症状を起こす
ケースが増えているということも世界的に
小児科医のあいだで問題になっている。
子どもの場合、小児炎症性腸疾患(IBD)と呼んで
いるが、その中身は潰瘍性大腸炎とクローン病だ。

生まれて間もなく難病にかかった子どもたちは、
成長も著しく阻害され、人生の長いあいだを病気と
つきあっていかなければならない。
私は日本国内でゼロ歳児で発症した子どもは
血便が止まらず、6歳で亡くなったという患児の
主治医と病変の病理所見を顕微鏡下で論じたことが
あるが、担当医師の目には涙が浮かんでいた。
こうした状況を目にしてきたことが、私が孤軍奮闘
しながらも研究を続けてきた原動力である。

厚生労働省もヨーネ病が人に健康被害を与える恐れ
があると判断し、2007年から国内酪農産物の
規制を強化しており、その問題認識は持っている。
雑誌や新聞などが何度かヨーネ病の問題を
とりあげたことがあり、火がついて解決に結びつくのか
と期待したが、その後報道も途切れてしまいがちである。

ヨーネ病死菌抗原がクローン病をひき起こす


ヨーネ病とクローン病が似ているといわれる理由は、
腸粘膜の著しい肥厚と慢性的肉芽腫性腸炎の症状だ。
どちらも慢性下痢、痩せ、体重減少、不治の病
といった共通性を持っている。

(中略)
 
ヨーネ菌が感染して起こるヨーネ病と違い、
死んだ菌が人に免疫異常を起こさせてクローン病を
ひき起こしているのではないかということだ。

ヨーネ菌抗原は食品に含まれているのだろうか? 

そこで、食品にヨーネ菌抗原が含まれているのかを
予備調査した。
日本国内のスーパーで購入したヨーロッパ産チーズ
(17種類)をPCR法で検査をしたところ、
ほとんどからヨーネ菌DNAが検出された。

日本人は平均で年に2㌔㌘のチーズを食べている
といわれている。
10㌘中に34・45pgというDNAの検出結果を
もとにすると、1年に6890pgのDNAに
相当するヨーネ菌体を摂取していることになる。
ちなみにフランス人は年間20㌔㌘のチーズを食べるそうだ。

日本はクリーム、脱脂粉乳、バターミルク、
ホエイ(飼料用を除く)、バター、チーズ、粉乳、
コンデンスミルク、アイスクリームなど多くの乳製品を
輸入している。
それらの大半がヨーネ病高度汚染国からの輸入だ
【乳製品の輸入量の表】。
アメリカからはバターを年間約500㌧、
チーズを約2万1424㌧輸入している。
原乳にヨーネ菌が入っているため、
製品にも必ず死菌抗原が含まれている。

赤ちゃんの粉ミルクには脱脂粉乳を使うほか、
ホエイも原料になる。
粉ミルクはほぼ100%、アメリカ、カナダ、
ヨーロッパ、オーストラリアなどからの
輸入原料でつくっている。

加熱殺菌をすると菌は死ぬけれど、死んだ菌は
粉ミルクに入っている可能性があるということだ。
最新の乳製品の輸入動向に、以前はなかった
「学校給食用」の脱脂粉乳が含まれていることも、
看過できない点だ。
海外産のチーズには無殺菌牛乳を使っている場合もあり、
死菌だけでなく生きた菌も入っていて
人が摂取している可能性が高い。

しかし、これらの食品を食べたからといって、
だれもがクローン病などの自己免疫病に
なるわけではないことは重要な点である。
とはいうものの、牛乳や乳製品中のヨーネ菌死菌抗原を
くり返し摂取することで、ある遺伝的背景を持つ人に
クローン病や多発性硬化症などの自己免疫病が
起きる可能性が強いことが世界的な研究のなかで
次第に明らかになってきている。

どのような条件でクローン病になるのか、
ヨーネ菌抗原だけが発症の引き金になるのか、
すべては解明できていないが、せめて乳幼児に
輸入原料を用いて製造されているヨーネ菌抗原の
コンタミした粉ミルクやチーズ、ヨーグルトなどを
与えている現状を何とかすれば、難病になる可能性を
低くすることができるのではないかと考えている。
成人についても、自己免疫疾患になった人が
摂取することで、症状をより悪くする可能性がある。

乳製品や肉のヨーネ菌汚染の報告は増え続けている。
人の血液からヨーネ菌が分離されたという論文や、
腸や便などからヨーネ菌や特異抗原を検出したとする
論文も多くあり食品から菌をとり込んでいることが
示唆されている。

アレルギー疾患との関連

われわれは、126人の自己免疫病でない
大人の血清を調べ、14%の人がヨーネ菌に対する
抗体を有する事を報告し、食品を介した
ヨーネ菌ばく露が日本国内で起きている事を報告した。

また、さまざまなアレルギー疾患のある99人と
そうではない45人の対照グループで血清の
総IgEレベルとヨーネ菌特異的IgEをELISAで
調べたところ、99人の被験者のうち50人が
IgE総レベルが150IU / mL以上を示し、
対照の45人の被験者はIgEが150 IU / mL以下を
示して、ヨーネ菌がアレルギーの発症にも
関与している可能性を発表した。
これらの研究は日本人がヨーネ菌に経口ばく露され
影響を受けている事を示している。

牛肉は安全なのか

乳製品だけではなく牛肉からも
菌が分離されていることも看過できない。
スペインの食肉検査所ではヨーネ菌感染牛47頭の
うち6例(13%)の横隔膜から、
PCR法によって菌が検出された。
腸やリンパ節の菌を細胞内に持つマクロファージが
血流で全身に回り筋肉にも入るのだ。

(中略)

ヨーネ菌との関係が疑われる難病





【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第16期メ-ルマガジン
( 今年8月から今年10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ133号 
腎臓ガンのお父さんを助けて!!!

★メルマガ132号
アボカドの成分が白血病の原因である
「がん幹細胞」だけを攻撃することが判明!

★メルマガ131号 
喘息の原因と正しい治療法について

★メルマガ130号 
白血球もミトコンドリアも
活性酸素でガン細胞をやっつける!!!

★メルマガ129号
~ 膵臓ガンからの生還 ~

★メルマガ128号 
乳ガンにおける日本最高の医学論文!!!

★メルマガ127号 
人類滅亡レベル「人類最大の脅威」~
史上最強の耐性真菌カンジダ・アウリス

★メルマガ126号 
C型肝炎ウィルスの進化を止めれば
肝硬変や肝臓ガンにはならない!

★メルマガ125号
世界で始めてC型肝炎ウィルスの
起源を解明したかもしれない。


10月末で終了 ↑ 
------------------------------------------



第15期メ-ルマガジン
( 今年5月から今年7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ124号
神様は何故26年と3ヶ月の命しか
彼女に与えなかったのだろうか・・・

★メルマガ123号 
預金封鎖に対抗し、円に代えて
最も信用出来る海外の通貨とは!?

★メルマガ122号 
エイズの本当の真犯人?

★メルマガ121号 
6京円デリバティブ破綻で始まる世界恐慌は
リーマンショックの10倍の危機‼

★メルマガ120号
ワクチンもブドウ糖点滴もガン3大療法も
人口削減計画の一環であると
公文書に明記されている!

★メルマガ119号 
〜 ある一人の女性の死を見つめて 〜

★メルマガ118号 
糖尿病への本当の答え!!!

★メルマガ117号
「春ウコン」があらゆるガンや
難病に効果があるという話は本当か!?

★メルマガ116号 
政府が「南海トラフ」地震に関して
大手企業に極秘文書! ~ by. CIA

【 臨時版 】
日本人の土地財産を組織的に奪い取る闇の巨大組織



第14期メ-ルマガジン
( 今年2月から今年4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ115号 
5.11 〜 危機と株価の動向!?

★メルマガ114号 
堀ちえみさんの舌癌と咽頭口頭ガン

★メルマガ113号 
原因不明の「痛み」の正体!?

★メルマガ112号 
発達障害や知的障害の本当の真犯人は、
 日本語で検索しても出て来ない!?

★メルマガ111号 
膠原病とサルコイドーシスの真犯人

★メルマガ110号 
日本のある大都市に忍び寄る
大災害テロ事件の可能性をまとめました。

★メルマガ109号
【平成最大の爆破事件~名古屋】

★メルマガ108号
2019年5月 ✖ デ- ~ 〇〇県❓❓❓

★メルマガ107号 
たばこの葉の発酵プロセスに使用する
酵母が ~ ガンと掌蹠膿疱症の元凶!?



第13期メ-ルマガジン
( 去年11月から今年1月までの3ヶ月間 )

★メルマガ106号
今年1月、大手新聞各社にて一斉に出された
巨大地震を臭わす暗号記事を解読してみた!?

★メルマガ105号 
汚染地域に住み内部被ばくをすると
何故~ガン・白血病や難病になるの!?

★メルマガ104号 
慢性前立腺炎とガン 〜 そして希望 〜

★メルマガ103号 
 心と身体とガン

★メルマガ102号 
自己免疫疾患なるものの真の正体!?

★メルマガ101号 
ガン・白血病~脳梗塞や心筋梗塞の最大の真犯人

★メルマガ100号
納豆菌はガンの原因菌を食べてくれて
ビフイズス菌や乳酸菌を増やす!!!

★メルマガ99号 
白血病や悪性リンパ腫の真犯人!?

★メルマガ98号
『自己免疫疾患』と診断され苦しんでおられる皆様へ



第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ97号 
アボカドの脂質〜アボカチンB〜が、
ガンの幹細胞を殺す可能性がある!!!

★メルマガ96号 
ノーベル賞受賞・本庶氏のガン治療薬
 「オプジーボ」は恐ろしい!?

★メルマガ95号
亜麻仁は肺ガン・乳ガン・結腸ガンの予防効果
と放射能被曝から身体を防御する!

★メルマガ94号 
身体から化学物質や毒物~放射能を除去する方法

メルマガ93号
【続】北海道大地震の真実 ~ Haarp ~

メルマガ92号
北海道大地震の真実

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 
ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号
第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  
悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号
悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号
スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリーキーガット症候群!









. 低酸素濃度下の細胞内では腫瘍(癌細胞)が発達する‼

低酸素濃度下の細胞内では
腫瘍(癌細胞)が発達する‼







お知らせ

11月1日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ133号 
腎臓ガンのお父さんを助けて!!!

届いていない読者の方は私までご連絡下さい。
第16期メルマガの最後の記事となります。

11月からは、いよいよ第17期メルマガが始まります。
皆さん、ふるってイベントにご応募下さい。
イベントは 12月31日まで継続中 です。

イベント内容
https://ameblo.jp/64152966/entry-12501380974.html


腎臓が悪くて透析中の患者さんや
腎臓ガンの人が絶対に知っておかなければ
ならない幾つもの重要ポイントを書きました。

一例

海外記事より

人工腎臓の問題と解決策。
https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11258583&prev=search

非機能性腎臓 

透析患者は血管疾患を起こしやすく、
心血管合併症の早期に死亡する。

この問題の解決策の1つは、
透析患者の血液を抗酸化物質
( 例えば ビタミンC または E )
と接触させることである。


============


管理人

以上の点については極めて重要であるにも
関わらず日本ではあまり知られていません。
非常に残念なことです。

腎臓がんは抗がん剤も放射線も効かない事を
皆さんは覚えておきましょう。
病院は、訳の分からない患者さんに
直ぐに抗がん剤や放射線を使おうとしますから。
そして、大して意味のない検査~検査の繰り返し。

他にも幾つもの重要ポイントがあるのですが
詳細についてはメルマガ本文をご覧ください。


本題に移ります。

1931年にノーベル賞を受賞した医師は
既に癌の原因を特定していた/重曹は良い奴みたい。

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=317722

<一部引用>

■1931年にノーベル賞を受賞した医師が
 特定した癌の原因は隠蔽され続けました。

1931年にノーベル生理学医学賞を受賞した
Dr.オットー・ハインリッヒ・ワールブルクは、
低酸素濃度下の細胞内で腫瘍(癌細胞)が発達することを
最初に実証しました。
酸素が不足すると、体内が酸性に傾きます。

Dr.ワールブックは癌細胞は嫌気的(酸素を取り込まない)
であり、高酸素濃度下(アルカリ性に傾いた状態)では
生き残ることができないことも発見しました。

Dr.ワールブックによると、正常な細胞は酸素を
必要としますが、癌細胞は例外なく酸素を必要としません。
細胞の酸素濃度が35%減った状態が48時間続くと
その細胞は癌化する可能性があります。

体内のpHレベルを正常に保つには
日々の食生活が重要です。
pHバランスとは、体内(体液、血液、細胞)の
アルカリ性と酸性のバランスです。
人間が生きていくには血液のpHレベルを
弱アルカリ性(7.365)に保たなければなりません。

しかし、典型的なアメリカ人の食生活は酸性に偏った
食生活(白砂糖、精製された穀物(白い小麦粉や白米など)、
遺伝子組み換え食品、その他)を送っています。
その結果、健康を維持することができなくなっています。

pHのバランスが崩れると、
細胞の活動と機能が妨げられます。
身体が酸性に偏りすぎると、癌、循環器疾患、糖尿病、
骨粗しょう症、胸やけなどの重大な健康問題を
引き起こすことになります。

長い間、身体を酸性に傾いた状態にしておくと
老化を加速させます。
pHミラクルの著者、ロバート・O・ヤング氏によれば、
病気の原因の殆どが身体が酸性に傾いていることにあります。

なぜなら。。。
寄生虫、悪玉菌、ウイルス、カンジタ、その他の病原体は、
体内が酸性に傾いていると大量に増殖します。
しかし体内が弱アルカリ性に保たれていれば、
このような病原体や菌は中和(無力化)されます。

従って、最適なpHバランスを維持することが
健康を維持する重要な秘訣の1つなのです。

<引用終わり>
============


管理人

実は、腎臓ガンも上の記事と大きく関係しています。
それだけではありません。
白血病も悪性リンパ腫も関係しているのです。
更には、他のほとんどの各種・ガンも関係しています。





動脈も静脈も大きく腎臓とつながつていますでしょ。
血液の酸化と汚れが大元の原因であることが分かります。
しかし、現代医学では腎臓ガンと血液の問題は
切り離されているとしか思えません。
ピンポイントで腎臓のガン細胞を見ているとしか
私には思えないのです。
これでは、腎臓ガンは治せないと私は思います。

腎臓疾患の人も人工透析の怖さを
あまり知らないのではないでしょうか。
これが、最大の悲劇を生み出すのです。
病院やお医者さんは営利目的もあって
そんなことを患者さんには・・・
あまり言わないのでは。
それに、透析よりももっといい方法が
きっとあるはずです。

冒頭の酸素カプセルですが・・・
タレントの みのもんた さんが
長い年月、常用していると話しておられます。
彼ほどの超人気者は超多忙で寝る間も無い
くらいお忙しいお方です。
今までやってこれたのは、酸素カプセルの
おかげだとおっしゃっていました。

近くに酸素カプセルカプセルが無い人は
登山用の携帯用酸素ボンベがお勧めです。
あまり高くないので誰でも気軽に買えますよ。


重要記事をリンクしておきます。

全ての病気の原因は酸素不足・電子不足・ATP不足
http://16296315.at.webry.info/201705/article_5.html

補足

【超簡単】ATPの構造や働きをわかりやすく解説してみた!
https://aji3.com/structure-and-function-of-atp/




携帯酸素吸入器 オキシゲンインヘラー レスピア
&レスピア専用交換用酸素ガスカートリッジ5本入

https://store.shopping.yahoo.co.jp/kireispot/ke091ke092.html?sc_e=afvc_shp_2327384

価格 12,204円(税込)




【光軍の戦士メールマガジン】


申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第16期メ-ルマガジン
( 今年8月から今年10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ133号 
腎臓ガンのお父さんを助けて!!!

★メルマガ132号
アボカドの成分が白血病の原因である
「がん幹細胞」だけを攻撃することが判明!

★メルマガ131号 
喘息の原因と正しい治療法について

★メルマガ130号 
白血球もミトコンドリアも
活性酸素でガン細胞をやっつける!!!

★メルマガ129号
~ 膵臓ガンからの生還 ~

★メルマガ128号 
乳ガンにおける日本最高の医学論文!!!

★メルマガ127号 
人類滅亡レベル「人類最大の脅威」~
史上最強の耐性真菌カンジダ・アウリス

★メルマガ126号 
C型肝炎ウィルスの進化を止めれば
肝硬変や肝臓ガンにはならない!

★メルマガ125号
世界で始めてC型肝炎ウィルスの
起源を解明したかもしれない。


10月末で終了 ↑ 
------------------------------------------



第15期メ-ルマガジン
( 今年5月から今年7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ124号
神様は何故26年と3ヶ月の命しか
彼女に与えなかったのだろうか・・・

★メルマガ123号 
預金封鎖に対抗し、円に代えて
最も信用出来る海外の通貨とは!?

★メルマガ122号 
エイズの本当の真犯人?

★メルマガ121号 
6京円デリバティブ破綻で始まる世界恐慌は
リーマンショックの10倍の危機‼

★メルマガ120号
ワクチンもブドウ糖点滴もガン3大療法も
人口削減計画の一環であると
公文書に明記されている!

★メルマガ119号 
〜 ある一人の女性の死を見つめて 〜

★メルマガ118号 
糖尿病への本当の答え!!!

★メルマガ117号
「春ウコン」があらゆるガンや
難病に効果があるという話は本当か!?

★メルマガ116号 
政府が「南海トラフ」地震に関して
大手企業に極秘文書! ~ by. CIA

【 臨時版 】
日本人の土地財産を組織的に奪い取る闇の巨大組織



第14期メ-ルマガジン
( 今年2月から今年4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ115号 
5.11 〜 危機と株価の動向!?

★メルマガ114号 
堀ちえみさんの舌癌と咽頭口頭ガン

★メルマガ113号 
原因不明の「痛み」の正体!?

★メルマガ112号 
発達障害や知的障害の本当の真犯人は、
 日本語で検索しても出て来ない!?

★メルマガ111号 
膠原病とサルコイドーシスの真犯人

★メルマガ110号 
日本のある大都市に忍び寄る
大災害テロ事件の可能性をまとめました。

★メルマガ109号
【平成最大の爆破事件~名古屋】

★メルマガ108号
2019年5月 ✖ デ- ~ 〇〇県❓❓❓

★メルマガ107号 
たばこの葉の発酵プロセスに使用する
酵母が ~ ガンと掌蹠膿疱症の元凶!?



第13期メ-ルマガジン
( 去年11月から今年1月までの3ヶ月間 )

★メルマガ106号
今年1月、大手新聞各社にて一斉に出された
巨大地震を臭わす暗号記事を解読してみた!?

★メルマガ105号 
汚染地域に住み内部被ばくをすると
何故~ガン・白血病や難病になるの!?

★メルマガ104号 
慢性前立腺炎とガン 〜 そして希望 〜

★メルマガ103号 
 心と身体とガン

★メルマガ102号 
自己免疫疾患なるものの真の正体!?

★メルマガ101号 
ガン・白血病~脳梗塞や心筋梗塞の最大の真犯人

★メルマガ100号
納豆菌はガンの原因菌を食べてくれて
ビフイズス菌や乳酸菌を増やす!!!

★メルマガ99号 
白血病や悪性リンパ腫の真犯人!?

★メルマガ98号
『自己免疫疾患』と診断され苦しんでおられる皆様へ



第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ97号 
アボカドの脂質〜アボカチンB〜が、
ガンの幹細胞を殺す可能性がある!!!

★メルマガ96号 
ノーベル賞受賞・本庶氏のガン治療薬
 「オプジーボ」は恐ろしい!?

★メルマガ95号
亜麻仁は肺ガン・乳ガン・結腸ガンの予防効果
と放射能被曝から身体を防御する!

★メルマガ94号 
身体から化学物質や毒物~放射能を除去する方法

メルマガ93号
【続】北海道大地震の真実 ~ Haarp ~

メルマガ92号
北海道大地震の真実

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 
ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号
第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  
悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号
悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号
スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリーキーガット症候群!









. プロフィール

z64150528

Author:z64150528
FC2ブログへようこそ!

. 月別アーカイブ
. 検索フォーム
. リンク
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR