光軍の戦士のブログ

. 福島から私に届いた嬉しい御手紙

 福島から私に届いた嬉しい御手紙


                GANREF | ¡­õ˾¤¦ȡà



差し支えないところだけ一部のみ御紹介させていただきます



                \ۡ¼\à\ڡ¼\¸Íѥե꡼ÁǺà \¡ø³¼ »ÅÀڤêÀþ ¡Ê


3.11の直後は子どもたちの身体を心配して、いてもたってもいられなかっ

たのは事実ですが、もうひとつ現在の自分と違っていたことがあります。。

新築したばかりの家を離れることになり、家族はバラバラ・・・・・

つづき→こだわって建てた家です。天然素材をふんだんに使い、

合成物質は一切使わず、屋根も天然の石ですし、壁は内壁外壁ともに

漆喰です。床もドアもキッチンもすべて無垢材の無添加住宅です。

しかしwantonさんに出会ってから変われました。

私たちのために一生懸命仕事を頑張っている主人にはまだ本音は言え

ていませんが、私はこの世がこれから良くなるのなら、子どもたちに不安

のない未来を残せるのなら、そのために今私たちに試練があるというの

なら、今まで蓄えてきた財産も、家もすべて失ってもかまわないと思って

いるのです。私が執着していたものは何の意味も持たない幻であったと

気づけたのです。wantonさんのおかげです。ありがとうございます。

そしてこれからもずっと繋がっていたいです。

これからもよろしくお願いいたしますね。





wanton


私がブログ開設して、早2年を過ぎましたが、ここまでいただいた


御手紙の中で、一番嬉しいものとなりました。


このたった一つの事実だけでも、ここまで一生懸命にやって来て、


本当に良かったとしみじみと感じさせられました。


恐らく、私が掲載したここまで数々の記事を真剣に読んでいただいた


のだと、本当に嬉しい限りです。


長い人生の中で、恐らく、幾つかの気づきといったものはあるとは


思いますが、そのほとんどの場合、無意識に通り過ぎていってしまう


場合がほとんどではないでしょうか。


それに、人間という生き物は、余程の事でも無い限り、本質的な部分


では、決して変わる事の出来ない存在のようです。


なにしろ、偉そうに申しているこの私からしてそうなのですから・・笑。


ほんの少しだけでも変わる事の如何に困難な事でしょう。


そして、何と偉大な事でしょうか。


私が最近になって常々申している事ですが、


『ほんの小さな一歩を踏み出しましょう』・・・・と。


この事が、実は案外大変な事である事を承知した上で呼びかけています。


ものすごく困難な事ではあるのですが、変われるんですよね、現実に。


ただ今回のこの御婦人の方のように、家族があって、まして子供さんまで


いらっしゃると、変わるといってもそんなに簡単な話ではないと思います。


物心両面から、様々なしがらみにがっちりと縛られていますから。


独身の一個人とは事情がまるで違ってきます。


そんな中、ある気づきから一つの生き方の道を見出せたというのは、


まさに驚きでもあり、そして賞賛にも値すると思うのです。


福島の現実というものは、本当に過酷であり、到底私たちが想像して


いるような甘いものなどでは決してないでしょう。


今現在においても、苦難な生活を強いられ、今尚ものすごくたくさんの方々


が、様々な想いで日々を過されておられると思います。


様々な事情を抱えておられますし、軽々しくあれやこれやと言えるもの


ではありません。


何をどう伝えるのかという問題は、本当に難しいです。


伝えようとすると、逆に伝わらないのではないでしょうか。


私が避難したほうが良いと心の中で思っていても、簡単に言葉に出さない


のは、そういった事もあるのです。


まして、見せ掛けだけの奇麗事なんてものは簡単に見破られるだけです。


私はただひたすら、内なる心の声に耳を傾けながら、そのありのままを


そのまま言葉にしつつ記事にまとめるだけです。


福島の方々が、ほんの少しでも希望を見出せる事を願って止まないのです。




関連記事




Akiane Kramarik21
               http://labaq.com/archives/51712345.html


スポンサーサイト



comments
3148. ( ´ ▽ ` )ノ こっさん(`_´)ゞ さん
嬉しいお手紙ですね♪(´ε` )
執着を捨てた時、見えてくる事ってあると思います( ̄▽ ̄)
皆いろんな事に執着してるんですよね!
本当に大切なのは家でもお金でもないんですけどね(´・_・`)
2011-11-24 02:44:00 | [編集]

3159. Re:( ´ ▽ ` )ノ wanton さん
>こっさん(`_´)ゞさん

こっさん(`_´)ゞさんのおっしゃる通りです。
本当は国が全責任を持ってやるべき事なのでしょうが、御存知のように棄民政策。
それに個人で避難・移住しなさいと言っても
そんなに簡単に出来る話ではないでしょう。
いずれ、この国が如何に酷い国かを心底から
思い知らされる日がやって来ることでしょう。
有難う御座いました。
2011-11-24 21:25:16 | [編集]

. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:https://64152966.fc2.net/tb.php/1055-d99a215c
. プロフィール

z64150528

Author:z64150528
FC2ブログへようこそ!

. 月別アーカイブ
. 検索フォーム
. リンク
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR