光軍の戦士のブログ

. 私が何物も恐れなくなってしまった本当の理由

私が何物も恐れなくなってしまった本当の理由




ずいぶんと大袈裟なタイトルになって

しまいましたが、御容赦ください。 



実は私は、以前は気の弱い小心者でした。

ところがある頃を境にどんどんと変わって

いってしまったのです。




昔の私は何にでも勝ちたい人間でした。

学校の成績もトップクラス。ところが、

今では世俗的な勝ち負けには、ほとんど

無関心になったようです。




真の栄光というものは、そこには存在しないと

気付いたからに他ありません。



皆さんは幸せになりたいですか ?

私は幸せになりたいです (^O^) 。




しかし、どうしたら幸せになれるのか、皆目

分からないのが現実かもしれませんね。

幸せというものは、個人によっても違いますから。




幸せというものは、一つや二つの言葉で語れるような

薄っぺらなものではなく、実に奥が深いもののようです。

もしかしたら、宇宙ほどに広く深いものかもしれません。




ただ、一つだけ、ヒントがありそうです。


不安を感じる事の無い平穏な日々を暮らしたい。




ある本によりますと、全ての不幸の元凶は、

この 不安 にあると書いておりました。




お金が足りない・愛が足りない・健康が不安だ・


仲間はずれになる不安・病気になる不安


愛を失うかもしれない不安


出世からはずれるかもしれない不安


倒産するかもしれない不安


破産するかもしれない不安


様々なストレスから生じる不安


数え上げたらキリがありません。





究極的には自分の 死 への不安があります。

もし、死への不安が無くなったら、どんなに楽に

生きていけるだろう。




何故なら、この死に較べたら、他の不安なんて、

とても小さなものに思えてしまうから不思議です。




私は幸せに生きて行くにはどうすれば良いのか

いまだに分かりません。



しかし、それに近い生き方は出来るかもしれない。


もし、自分の死に対して、ほとんど恐れを抱かなく

なると、怖いものなんてこの世には無くなります。

当然、様々な不安なんかもほとんど無くなります。



それが、幸せに生きるための一つの道であるなら

そのように生きてみようと思ったのです。



もちろん、誰しもこのように思えるのは至難かもしれません。

そして、始めからそのようにうまくはいきません。


私は常日頃から、そのように生きて行きたいと思う

ようになって、そして月日がたって、いつからか

自分の死というものが、ほとんど怖くなくなっていました。




良い悪いは関係ありません。

ただ、そのように生きると決意しただけの話です。






ある重大な決意
http://ameblo.jp/64152966/entry-10381000844.html 

ある重大なる決意  告発
http://ameblo.jp/64152966/entry-10381024026.html  


セ ク ハ ラ  一 ~ 四 


① http://ameblo.jp/64152966/entry-10381735450.html
② http://ameblo.jp/64152966/entry-10381760815.html
③ http://ameblo.jp/64152966/entry-10381780631.html
④ http://ameblo.jp/64152966/entry-10381790079.html#main



私が上のタイトルにあるような事が出来たのも

全て、何物も恐れない心があったからこそです。


この世の中は全てガンジガラメに出来ています。

生活があり法と秩序が存在し、諸々の世界の法則や

しきたりから抜け出ることさえままなりません。




しかし皆さん

あなたの頭の中だけは全てが自由なのです。

何物にも拘束されない宇宙のように無限にひろがっています。



あなたが幸せに生きたいと願ったなら

そのように生きていけば良いではないですか。

あなたが本心からそうしたいと思ったら

そのようにすればいいのです。



私達は本来、そのために生まれてきたはずなのです。


私はその事に気付いたとき、愕然としました。



そして、何も不安を感じることなしに生きていこう

と決意したのです



そのためには、自分の死さえも安らかに

受け止めようと思ったのです



それが私が何物も恐れなくなってしまった

本当の理由です。  



今は悲しい事に

まさに放射能という目に見えない悪魔との
対峙を余儀なくされています。

私が申すまでもなく、皆さんは、
様々な事に注意を払っておられると思いますが、
最も重要な事は、
御自身の免疫力を高める事です。

この世に、怖いものなどなくなると、
免疫力が飛躍的にアップするのは間違いないと思います。

日々、少しづつ心掛けるだけで徐々に変わっていけます。

もしかすると、ある日を境に劇的に変化を遂げている
かもしれません・・・そう、私のように。 


人生において、気をつけるべき事は、
当然の事、注意して生きていかねばなりませんが、
しかし、どうせなら、気楽に生きていきたいものです。

あなたの、たった一度の人生なのですから。 

この世なんて、所詮マボロシのようなものです。


                   収納
              ↓


(更新版)究極の放射能対策・総まとめ 【永久保存版】 
http://ameblo.jp/64152966/entry-11236261764.html





勇気 | 名言集および格言集
http://www.oyobi.com/maxim01/10_09.html




スポンサーサイト



comments
5559. わんわん のんこ さん

不動心なり♪

内なる軸o(*⌒―⌒*)o
2012-07-14 22:02:47 | [編集]

5560. 無題 短足おじさん さん
其れは、私も同じですよ。
今度、庭山さんを、救う勝手連を立ち上げますので、宜しくご協力の程お願い致します。
2012-07-14 22:14:39 | [編集]

5561. (*☻-☻*) こっさん(`_´)ゞ さん
なるほど(*☻-☻*)
私も昔、異常に死に対する恐怖がありました(゚o゚;;
前世でのカルマとかがあったのかもしれません(~_~;)遺書とか小学生の時から書いてたし(゚o゚;;でも死に対する捉え方が変わったのかと思います!死んだら終わりじゃなく、肉体を去っても魂は存在すると言う事が分かったからかもしれないです!
死んだら終わりじゃないんだと分かった時に、恐れが無くなった様に思います!
2012-07-14 23:34:38 | [編集]

5563. 無題 シンシア☆ラブ さん
私も自分の死は怖くないです。でも、人の死は怖い。特に近親者の死は怖いです…。
2012-07-15 06:16:31 | [編集]

5574. Re:わんわん 『光軍の戦士たち』 さん
>のんこさん

本当に言われる通りです。

ただ、残念な事に、本当につまらない事で
心が揺れ動いてしまう時があります。

所詮は、本物ではないのでしょうね。

いつも本当に有難う御座います。
2012-07-15 06:59:53 | [編集]

5575. Re:無題 『光軍の戦士たち』 さん
>短足おじさんさん

庭山さんの件で、この前も記事にしましたが、
私に出来ることは、させていただきます。

勇気のある発言をした人というものは、
我が国、日本では例外なく孤立化させられて
しまいます。

周りの人が、無関心では決していけないと
常日頃より、そう思っています。

拡散する際には、いつでも申して下さい。
よろしくお願い致します。
2012-07-15 07:04:54 | [編集]

5576. Re:(*☻-☻*) 『光軍の戦士たち』 さん
>こっさん(`_´)ゞさん

死んだら終わりじゃないんだと分かった人は
幸いです。

ただ、私の場合、なるべく哲学的に伝えようと
心掛けています。

信じるか、信じないかで2分されますから、
精神世界を信じない人にも伝わるようにと
そういった気持ちで記事に致しました。

有難う御座いました。
2012-07-15 07:09:01 | [編集]

5579. 無題 miya さん
wantonさん、いつも心のこもったblog有難うございます(^^)

以前ご紹介頂いたアミの本を読み、死が怖くなくなりました。ただ、どなたかも書かれていましたが、大切な近親者の死には恐怖を感じます。その恐怖を克服できるのか、しなければならないのかが、よく分かりませんが…。

与えられた命だと思い、4号基に何かが起こったら、逃げられる場合は逃げよう、逃げる猶予がない場合は、その時がきたのだと思うことにしました。そう思ったら、随分と心が軽くなりました。生きているということは、生かされていることと気づくことができたのも、wantonさんのおかげだと思っています。有難うございます(・∀・)

これから、ますます暑くなると思いますので、お体ご自愛なさって下さい(^^)
2012-07-15 14:28:41 | [編集]

5591. Re:無題 『光軍の戦士たち』 さん
>シンシア☆ラブさん

精神性の高い人ほど、自分の不幸よりも
近親者の不幸に心が痛みます。

その反対の人は、逆に自分のことしか考えません。

これは、ものすごく大きな気づきになりました。

有難う御座いました。

どうか、くれぐれも御自愛下さいますように。
いつも気にしている人がいるのを忘れないでね。
2012-07-17 02:47:33 | [編集]

5592. Re:無題 『光軍の戦士たち』 さん
>miyaさん

この記事は、あくまでも個人に限定した生き方の
ヒントに過ぎません。

近親者に対する想いは、また別の話です。

他の方へのコメントを引用します。

⇒精神性の高い人ほど、自分の不幸よりも
近親者の不幸に心が痛みます。
その反対の人は、逆に自分のことしか考えません。

>大切な近親者の死には恐怖を感じます。その恐怖を克服できるのか、しなければならないのかが、よく分かりませんが…。

時間という雨が、悲しみを洗い流してくれます。
そして更に、癒してくれるはずです。
死は新たなる旅立ちと考えて、安らかに
見送ってさしあげたいですね。
悲しみと絶望という反対側には、去り行く人に
とっての祝福であるという大きな意味もあると、
そのように考えてみたいと思います。

有難う御座いました。
2012-07-17 02:59:54 | [編集]

こんにちは。
初めてコメントさせていただきます。
ブログは毎日拝見し、勉強させていただいてます。
高次元と繋がり、ネイチャリングして、低い波動の私にいつも助言をしてくれている知り合いがいます。
参考になるか判りませんが、彼女のメールを紹介します。

「あなたが心に決めるだけで、エネルギーが動き出す。
天才のエネルギー、アインシュタインの言葉を理解して。
(何かが動くまで、何も起こらない。
 問題は、低いエネルギーレベルにしか存在し ない。)
自分が決心することで、悟りの高い周波数にレベルアップする。
愛、喜び、穏やか、意欲、忍耐と努力、許し。
エネルギーレベルを上げることで、エゴを見抜き、エゴを捨て、この三次元物質世界を超越できる。」

宇宙の法則を、シンプルで解りやすく表現した説明だと思いました。
2012-09-21 23:13:23 | [編集]

6372. Re:三次元から高次元へ 『光軍の戦士たち』 さん
>イリスさん

許し っていうところが、一番むつかしく、そして
奥が深そうです。
許せないから頑張っている一面もありますからね・・・笑。
2012-09-24 07:59:42 | [編集]

. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:https://64152966.fc2.net/tb.php/1376-a4d18722
. プロフィール

z64150528

Author:z64150528
FC2ブログへようこそ!

. 月別アーカイブ
. 検索フォーム
. リンク
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR