光軍の戦士のブログ

. 己の罪深さに、突然気づいた闘牛士

              己の罪深さに、突然気づいた闘牛士



$wantonのブログ



ハートの贈りもの―2012アセンション 様より
http://blog.goo.ne.jp/narudekon/e/efe72edae78cacc592f0d067cf88d422


少し前からネットを流れている感動的な写真です。

闘牛士が、戦いの途中で突然、「哀願する無垢な動物の目にいたたまれなくなり」、
仕事を辞めてしまった、というものです。 

自分の残酷さに、はたと気づいたわけです。牛もこの後、彼を、攻撃しませんでした。
彼は、引退しました。

何だかこの写真、牛が、彼に、静かに語りかけているように見えませんか? 
テレパシーが通じてきているのかもしれません。

愛と調和のエネルギーが、日に日に強くなっています。


転載終わり

━─━─━─━─━─




"「知る」ことは「感じる」ことの半分も重要ではないのです" 

                     レイチェル・カーソン




管理人

あの画面を見て何を感じたかによって、
それ以降の世界がまるで違うものになるような気がします。 

感じた感覚的なものを言葉では説明しにくいですが・・・

あの画面の中には、今の人間を最も苦しめている根源というか
謎が隠されていそうです。

原発問題や戦争、そして自殺などといった、ありとあらゆる問題の根源が
集約されているように感じました。 

皆さんは、どのように感じられたでしょうか。

ただ、それだけではなく、これからの私たちの生きる為の大切なヒントも
あったように思います。

この闘牛士の人は、自分の感じたことを直ぐに行動に移しました。

これが、実はものすごく大事な事なんです。
しかし、同時にものすごく難しいことでもあるのですが・・・

私たちの頭の中は、損か得かの思考回路によって洗脳されてしまっています。

一例、
困っている人を見て、助けてあげたいと直ぐに感じたとしても、すぐさま
別の思考回路に切り替わります。

まてよ、こんな人に関わっても自分にとって何の得にもならないし、かえって
災いに巻き込まれるだけかもしれない。
関わるのは止めておこう。

またある時に、熱い最中、畑仕事をしているおばさんを見て、何か冷たい飲み物
でも飲ましてあげたいと感じたのだけど、またしてもそこから別の思考回路に
切り替わるのです。
止めておこう、もったいない、損だ。

皆さん、洗脳されてしまっている汚染回路を捨て去りましょう。
とてもシンプルなことですが、ものすごく重要なことです。

自分の感じたままに、すぐさま行動に移すことを心掛けましょう。
これが、これからの世界を生きていく為の大きなヒントです。

そして同時に、これが世界を変え得る非常に大きなエネルギ-へと
転化していくと思うのです。

そんな事いっても現実は・・・
こんな腐りきった現実がそんなに惜しいですか?

今回、御紹介した闘牛士さんは、その腐りきった現実に運良く気づいて
そして、それをものの見事に捨て去ったのです。

皆さん、私たちも、この闘牛士さんに続きましょう!

明日の未来を変えるのは、他の誰でもありません。
それは、あなたにしか出来ないのです。
 





    
スポンサーサイト



comments
5695. 無題 政志@たむぱん5周年だそうだ さん
あの牛は、その後どうなったのでしょうね

それがわからなければ、なにも変わらないですよ
2012-07-25 10:28:28 | [編集]

最近、人間も動物も変化してきていると思います。

何か…感覚的に近づいてきてますよね(^^)
2012-07-25 11:27:35 | [編集]

この1枚の写真に、すべての答えが集約されており、つまり我々人間が今後取りうるべき道へのヒントになると、そう思いました。

動物とも、植物とも、大自然とも、心通わせ生きるべきと。また、そうなれるハズなんだと・・・
2012-07-25 16:39:39 | [編集]

5717. Re:無題 『光軍の戦士たち』 さん
>政志@たむぱん5周年だそうださん

トラックに乗せられ解体業者のところに向かう
牛がどうなったんでしょうねと聞くに等しい
ご質問のように感じました。

一度、闘牛場に出た牛が生きて場内から出て行くことは有り得ないでしょう。

興行主も聴衆も納得する訳がありません。
今回のように誰かが止めたら、代わりの誰かが
止めを刺しにいくはずです。

2012-07-26 03:04:04 | [編集]

5718. Re:本当に考えさせられます。 『光軍の戦士たち』 さん
>す~さんさん


はい、私もそのように感じています。
一番可愛そうなのは、やはり罪も無い動物です。
同時に一番残酷なのは、人間そのものですね。

その反面、心が通い合う動物とのつながりも
かなり多くなったと思います。

一度でも、犬や猫、小鳥などの動物を飼ったことのある人は、言わなくても理解しているでしょう。
2012-07-26 03:09:11 | [編集]

5719. Re:素晴らしい写真ですね。 『光軍の戦士たち』 さん
>向日葵さん

>動物とも、植物とも、大自然とも、心通わせ生きるべきと。また、そうなれるハズなんだと・・・

本当にその通りです。
あまりにもたくさんの命を奪い、そして大自然を
壊してしまいました。

もう取り返しのつかないところまで来ているかも
しれませんが、最後の希望だけは捨てずに
生きていきたいです。

全てが円の如く繋がっているのを感じます。
多くの人に、その事実に目覚めて欲しいものです。

有難う御座いました。
2012-07-26 03:14:53 | [編集]

私もブログ読ませて頂くようになってから、遅いですが、本当に考えさせられる事多いです。

興行主は兎も角。。一度でも、犬や猫、小鳥などの動物を飼ったことのある人は。。きっと一刻も早く場内から出してあげたい!と思うでしょう。

いつまでも下記↓のようでは可哀そうすぎ!人間も動物も変化してきていると私も思います。

>一度、闘牛場に出た牛が生きて場内から出て行くことは有り得ないでしょう。
>興行主も聴衆も納得する訳がありません。
>今回のように誰かが止めたら、代わりの誰かが
止めを刺しにいくはずです。

ですが現実は、全て川の流れのようにですね。

源泉。。世界のドンってどんな方なのでしょう?
2012-07-26 06:14:56 | [編集]

5721. コロシアム廃絶! シンクレア さん
悲惨な人と動物の場内(コロシアム)廃絶。。!

2012-07-26 06:35:39 | [編集]

<スペイン 闘牛禁止・中国 犬肉祭り禁止>

スペイン北東部で、伝統の闘牛が動物虐待にあたるとして来年から禁止されることになった。

闘牛士が雄牛を倒す伝統の闘牛を巡り、動物愛護団体が「牛を刺し殺すのは虐待にあたる」として禁止を訴えるなど議論になっており、カタルーニャ州はスペイン本土で初めて闘牛を禁止する事を決めています。

闘牛に使用された牛は闘牛士を殺したとしても、闘牛は場外へ連れて行かれ殺されます。
通常、闘牛場には解体場が併設されていて、すぐに解体されます。
そして、市場に並ぶか、近くのレストランにて食事として出されます。

今までこうやって「国の伝統」という歪んだ文化によって、見世物にして殺されてきた牛たち。
どんな正当化な発言をしても、荒んでいる。
牛は食べるために、人間の娯楽のために、
生まれてきたんじゃない。

牛はね、生きるために生まれてきたんだよ。



もう1つ。
中国政府は、同国東部の金華市で毎年10月に行われる伝統行事「犬肉祭り」の開催を禁止した(公衆面前「解体ショーも」)。
祭りを撮影した写真がインターネットに流れ、批判が殺到したという。
1980年の改革解放後、祭りの内容はいくらか改められたというが、毎年祭りが近付くと檻に入れられた犬が街頭で殴り殺され、屠殺されるため、痛ましい叫び声と鮮血で地獄絵と化すという。

以上をネット上で見つけた情報です。

食文化として、日本でも捕鯨が行われてきた
過去がありますから、他国ばかりを責められません。

クジラも牛肉も犬肉もいりません。

食べなくてもいきていけます。


2012-07-26 12:57:26 | [編集]

>シンクレアさん

>一度でも、犬や猫、小鳥などの動物を飼ったことのある人は。。きっと一刻も早く場内から出してあげたい!と思うでしょう。

そう思いたいところですが、必ずしも
そうではないようです。
残念です。

2012-07-27 18:02:14 | [編集]

5730. Re:コロシアム廃絶! 『光軍の戦士たち』 さん
>シンクレアさん

>悲惨な人と動物の場内(コロシアム)廃絶。。!

全く同感。
有難う御座いました。
2012-07-27 18:03:21 | [編集]

>向日葵さん

>闘牛に使用された牛は闘牛士を殺したとしても、闘牛は場外へ連れて行かれ殺されます。
通常、闘牛場には解体場が併設されていて、すぐに解体されます。
そして、市場に並ぶか、近くのレストランにて食事として出されます。


悲しいね・・・本当に。
有難う御座いました。
2012-07-27 18:05:37 | [編集]

5778. 涙が おじきか さん
文字では上手く言い表せないのですが、気持ちが溢れるというか涙が出てきました。
命を大切に思う気持ち、行動。
最近原発再稼働反対デモの映像を見ても自然と涙が出るのです。
日本からチェンジしていきたいと心底思えてきました。
2012-08-02 17:47:53 | [編集]

5827. Re:涙が 『光軍の戦士たち』 さん
>おじきかさん

おじきかさん、見落としていて大変遅くなって
しまいました。

涙が出そうになるという事は良いことです。
それだけ優しくなっている事だと思うのです。
出来れば、それと共に、心が強くなれれば
良いのですけどね・・・
2012-08-09 21:52:17 | [編集]

. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:https://64152966.fc2.net/tb.php/1390-a89b678d
. プロフィール

z64150528

Author:z64150528
FC2ブログへようこそ!

. 月別アーカイブ
. 検索フォーム
. リンク
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR