光軍の戦士のブログ

. 「311千葉劣化ウラン延焼疑惑」-検証記事・資料用

「311千葉劣化ウラン延焼疑惑」-検証記事・資料用





http://wpb.shueisha.co.jp/2011/11/04/7732/

[2011年11月4日]




10月中旬から首都圏各地で高い放射線量が計測されている。


千葉県舟橋市の公園で毎時5・82マイクロシ-ベルト、東京都でも

足立区の小学校で3・99、東村山市の小学校で2・15....。そんな中、

千葉県柏市根戸の住宅地付近の市有地からケタ違いの

『ス-パ-ホットスポット』、が見つかった。


その数値、何と57・5!この場所にいたら、

外部被曝だけで年間500ミリシ-ベルト超。

福島県でもこれほど高線量の場所に人が住んでいる場所は

ほとんどない。


土地を管理する柏市役所資産管理課の担当者が語る。


「発端は地域で計測を続ける市民からの情報提供。10月21日に

市が調査してみると、確かに土の表面と土中で驚くほど高い放射線量

が出たので、すぐさま現場付近の立ち入りを規制しました」


あまりの高い数値から、当初は汚染土壌の投棄など人為的な要因も

指摘されたが、文部科学省の調査で現場付近の側溝の一部破損を

確認。

そこから福島第一原発由来の放射性物質を含む雨水が入り込み、

土壌に沁み込んで蓄積された可能性が高いと発表された。

しかし、すさまじい高線量を持て余しているのか、10月27日時点では、

フ゛ル-シ-トで覆われたまま放置されている。


この柏市でのス-パ-ホットスポット出現に戦々恐々としているのは

首都圏の他の自治体。

いくつかの汚染スポットを抱える都内某区環境課の幹部職員が明かす。


「(柏市のス-パ-ホットスポットの)報道が出た日には首都圏でも

福島第一原発周辺と変わらない数値が出るのかと部署中が大騒ぎ

になりました。

汚染されていた場所が数㎡と限定されていたこともあり、福島由来では

ないのではないかと最後の期待を抱いていたのですが・・・・」


それにしても、なぜ、首都圏で福島第一原発周辺のような高濃度の

汚染が生まれたのか?

周囲が山に囲まれていると、雨で汚染された土地が流れ込んで、

麓(ふもと)の町の線量が高くなることは知られている。


しかし、今回の柏市の現場はなだらかな丘陵地の中腹にあたる場所だ。

現場の状況を視察したジャ-ナリストの有賀訓氏はこう見る。


「現場のある丘の頂上付近は平らになっているので、やはり、この平地や

斜面の汚染された雨や土がここに集まって凝縮された可能性が高いです。


しかし、このス-パ-ホットスポットは山に囲まれた谷にあるという訳では

ないし、頂上の平地もせいぜい150㎡ほどの小さなもの。


いくら柏市は町全体がホットスポットのようになっているとはいえ、

その程度の土が流れ込んだだけで、これほど高い濃度の汚染が生まれる

とは......。


どれだけ高濃度の放射性物質が降れば、こんな汚染が出来るのか

想像すら出来ません。


3月以降に首都圏を襲った『黒い雨』、をもう一度検証しなおす

必要があるのではないでしょうか


首都圏でも、福島第一原発の周囲と変わらぬ高濃度の放射性物質が

潜んでいた。

3月以来、政府は事実隠蔽の限りを尽くしてパニック回避の方針を

貫いてきたが、それも限界に達しつつあるということか。


今回のようなケタ違いのス-パ-ホットスポットが

首都圏で再び発見される可能性を誰も否定出来ない。




以上、転載終わり
---------------------------------------------------------------------


北西部(千葉)の過去の天気   2011年 3・4月

http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/past/12/4510.html?c=2011&m=3



東京(東京)の過去の天気     2011年 3・4月

http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/past/13/4410.html?c=2011&m=3




━─━─━─━─━─


重要関連記事 ↓

〔放射能〕千葉県柏市でなんと57.5マイクロシーベルト!

福島より高いその理由。中性子線を観測。

つまり、劣化ウランへの延焼があった?

http://blogs.yahoo.co.jp/costarica0012/23070814.html

━─━─━─━─━─



311千葉劣化ウラン延焼の証拠に寄せられた情報まとめ

http://ameblo.jp/64152966/entry-11269435872.html


ren


あの後、断続的に松戸には黒い雨や黄色い微雨が降りました。

黒い雨はイチハラ炎上の後。その後黄色になりました。

16日に出掛ける予定があったのですが、

丁度、乗車時にも降り始めたのではっきりと覚えています。

政府は「黄砂」だと仰っていた。





$wantonのブログ




 わんわん

管理人


私の知り合いの女性の方が、千葉の柏に、凝りに凝った素晴らしい

御家を建てられた直後に、柏がホットスポットとなってしまい、

今、熊本のほうに泣く泣く移住されています。


最近、その方がアメブロにブログを開設されましたので、

どうか皆さん、応援してあげて下さい。



アミになりたい。。おかぁちゃんのブログ

http://profile.ameba.jp/okaa--chan/


最新の記事

http://ameblo.jp/okaa--chan/entry-11311947354.html





当ブログのおかぁちゃんさん関連記事


被災地から避難されようとしている女性の方へ贈る詩(うた)!

http://ameblo.jp/64152966/entry-11132615163.html



被災地から私に届いた嬉しい御手紙

http://ameblo.jp/64152966/entry-11087173458.html




話は本題に戻りますが、


千葉県柏市根戸の住宅地付近で57・5ミリシ-ベルトっていうのは、

幾ら何でも高過ぎやしませんか。


放射能雲は、時間と距離と共に、拡散して希薄になるのが

自然の摂理のはずです。


雨水が側溝の割れ目から漏れ出し、その地点で凝縮されたと

ありますが、そういう理屈なら、福島やその近隣地域で、

ここ千葉県柏市根戸のものより、更に高い数値の場所が、

各地に無数にあるはずなんです。


それと、この地域の周辺には大した山も無く、比較的、平地に近い

土地柄のように思われますので、山々から膨大な水量が流れて

来ることは考えられませんので、かなり違和感があります。


文部科学省の説明からだと、他の関東山脈から流れ出している

河川周辺地域の放射線量は、柏市根戸どころではなく、

大変な数値になるはずなんです。

そのあたりの説明が全くなっていません。


そういった観点からも、やはり、「311千葉劣化ウラン延焼疑惑」が

取り沙汰される訳であります。


当ブログとしては、あのあたりは、福島由来のものと

千葉劣化ウラン延焼によるもののダブル汚染というのが

基本的な考えとしてあります。

今後もあらゆる観点から検証する事と致します。


しかし、あの問題の高濃度汚染場所の近くに学会の支部の

建物があるのは初めて知りました。

やはり、日本全国にまたがって組織があるのだと痛感させられました。

さすがにすごいものです。

最後に、やはり、例の黒い雨の降った日時とその時の状況といった

詳細な情報が欲しいところです。

皆さん、どうか情報提供をお願い致します。








スポンサーサイト



comments
5727. おかぁちゃん おかぁちゃん さん
wantonさん。。
いつも応援をありがとうございます。
感謝しています。

しかしながら関東権の広範囲の放射能汚染は
とても一筋縄ではいかないような
真実があるのだろうと思っています。
きっとダブル汚染が濃厚でしょうね。
いんな状況証拠が集まって
真実が明るみに出るといいのですが。。
2012-07-26 23:33:16 | [編集]

5740. Re:おかぁちゃん 『光軍の戦士たち』 さん
>おかぁちゃんさん

返信が大変遅くなってしまい御免なさい。
ここ数日、大変忙しかったので・・・
今日も母の49日でした。

御覧のように画像が消えています。

柏市根戸の数値には、かなり違和感を感じて
います。
作為的なものを感じているところです。
画像が、ほとんど消えているので、これも
何かおかしい感じがしています。
無論、柏は汚染はされていると思いますが、
一部については・・・?ですね。
今後、機会あるごとにもっと掘り下げて検証していく必要性を感じています。

何か分ったらお知らせしますね。
有難う御座いました。
2012-07-28 23:30:47 | [編集]

. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:https://64152966.fc2.net/tb.php/1392-b8c0e576
. プロフィール

z64150528

Author:z64150528
FC2ブログへようこそ!

. 月別アーカイブ
. 検索フォーム
. リンク
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR